スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

れいか「みゆきさんと」なお「あかねが」やよい「喧嘩?」

URL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337490795/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:13:15.80 ID:BdRczDsw0

なお「え?でも、さっき見たみゆきちゃん、別に変わったところなかったよね?今は、お手洗いに行ってるけど」

やよい「うん……私達にも普通に、おはよう、って。挨拶してくれたよ?」

キャンディ「そりは多分、まだあかねが来てないから、クルぅ……」

れいか「いったい、何があったの?キャンディ……あら」

ガラッ

あかね「おっはよーさーん」

やよい「あ、あかねちゃんが入ってきたよ……あ」

みゆき「あっははー、ハンカチ忘れちゃったぁ……」

なお「あ、そこに丁度みゆきちゃんが……」

あかね「……」

みゆき「……」

なお「……あぁー」

やよい「ふ、二人とも……黙っちゃった」

れいか「お互いに、険悪な顔をしているわ……」

キャンディ「クルゥ……」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:14:35.75 ID:BdRczDsw0

あかね「朝も早ぅから早速忘れ物かいな、うっかりものの星空ちゃんは。せわしないなぁ、これじゃ面倒みられとんのはキャンディやのうて、自分なんとちゃう?」

みゆき「」

やよい「み、みゆきちゃんの『はっぷっぷー顔』以外の不機嫌顔って、初めてみたよぉ……」

なお「うん、だからってスケッチはやめようね、やよいちゃん」

みゆき「日野さん、早く入ってよ。入り口塞がれてたらみんな迷惑だよ?自分のことしか考えない、さすがは関西人でおまんがな」

あかね「」ビキッ

れいか「あ、あかねさんのこめかみに、絵に描いたような怒りの印が」

やよい「煽りが強烈だよぉ、みゆきちゃん」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:18:55.27 ID:BdRczDsw0

あかね「ふんっ!」

みゆき「ぷん!」

なお「二人ともそっぽ向いて、自分の席戻っていくね」

みゆき「……着いてこないでよ!」

あかね「自分こそ、うちの前歩かんといてんか!」

なお「いや、席前後でしょあんたたち……ほんと、なんでこんなことになっちゃったの?キャンディ?」

れいか「昨日の、学校までは。あんなことはなかったはず。ということは、放課後に何か……?」

やよい「私達は部活と生徒会で、昨日はみゆきちゃんとあかねちゃん、それにキャンディだけで秘密基地に行ってたんだよ、ね?」

キャンディ「クルゥ……実は……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:23:23.48 ID:BdRczDsw0

みゆき『ふーん、ふっふふーん……あぁーやっぱりピーターパンってカッコいいなぁ〜!ね、あっかねちゃぁん!』

あかね『そのロマンをうちに求めんといて……みゆきの絵本も増えよったなぁ、ここ。よ、っと!』

みゆき『えっへへー、まぁね……おぉー!あかねちゃんのコテ返しスペシャルだぁー!すっごいね!あっという間にお好み焼きが二枚ひっくり返ったよ!』

あかね『ふっふふ〜ん、もっと褒めたってー!っと、キャンディは寝てもうたから、とりあえずー二枚でよかったんやよなー?』

みゆき『うん、私が絵本読んであげてたら、眠っちゃったんだよね』

キャンディ『クルゥ……』

あかね『なーんや、子供みたいやなキャンディて』

みゆき『えへへ、そだね。家族から離れて頑張ってるけど、キャンディもまだまだ子供だもん、私がしっかり面倒みなきゃ!』

あかね『ぷっ、みゆきがしっかり面倒、なぁ?おもろい冗談ですことー』

みゆき『なにそれもー、はっぷっぷー!』

あかね『はっはは、すまんすまん。っと、うち先に片付けとくさかい、みゆき食べといてんか。コゲは早うとっといたほうがえぇし』

みゆき『うん、それじゃいっただっきまーす!』


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:27:53.07 ID:BdRczDsw0

みゆき『う〜ん!やっぱりあかねちゃんの作ったお好み焼きはおいし〜い!』

キャンディ『クル、クルゥ……いいにおいが、するクルぅ?』

みゆき『あ、キャンディ起きた?あー、もう少し早く起きてくれればよかったのにー』

キャンディ『クル?あ、みゆきずるいクルぅ!キャンディもお好み焼き食べたいクルー!!!』

みゆき『あー、ちょっと待っててね?今あかねちゃんを……』

キャンディ『あり?なーんだ、キャンディの分もとっててくれたクルゥ?ありがとークルー!はむっ!はふはふっ!』

みゆき『あっ……あー……』


なお「……」

やよい「……」

れいか「……キャンディ?きっと今ならまだ……」

キャンディ「ま、待って欲しいクル、話はまだ続くクル。キャンディが悪いわけじゃ、いや分かってるクル。キャンディも、この後ちゃんと謝るクル、待って欲しいクル!!!!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:31:08.88 ID:BdRczDsw0

みゆき『もー、キャンディ?それ、あかねちゃんの分だったんだよ?』

キャンディ『クルッ!?』

みゆき『あーいや、私達もキャンディの分を先に作っておけばよかったんだよね、うん。ごめんごめん』

キャンディ『クルぅ……あかねに謝るクル』

みゆき『あっはは、大丈夫大丈夫!ちゃんと謝れば、みんな仲良しハッピーになれるから!あかねちゃんがお好み焼き作る、きらきらしてるとこも見れるしウルトラハッピーだよ!……あ、あっかねちゃーん』

あかね『おっこのーみやーきやーでー♪お、なんやキャンディ起きたん?早かったな眠りの浅さもやっぱり子供みたいや……れ?』

キャンディ『あかねぇ、ごめんなさいクル……』

あかね『あー、そか。食べてもーたか?や、かまへんかまへん。ホットプレートはなおしてもーたけど、すぐに出せるさかいな』

みゆき『そうだよね』


みゆき『お好み焼き“くらい”、また焼いちゃえば……』

あかね『……は?』


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:37:23.04 ID:BdRczDsw0

あかね『……ちょーっと待たんかい、こら』

みゆき『?なに、あかねちゃん?』

あかね『お好み焼きくらい、て。なんやねん』

みゆき『え?』

あかね『自分、今、うちのお好み焼きを馬鹿にしてゆーたやろ、なぁ』

みゆき『え、あ、そう?そんなつもりじゃ、なかったんだけど……』

あかね『……事情が変わったわ。なんやの、人のお好み焼きとっといて、その態度』

キャンディ『く、クルッ!?ご、ごめんなさいクルあかね!キャンディ、手伝うくr』

あかね『いや、キャンディにゆうたんちゃう。あんたやあんた、みゆき。あんたがちゃーんとキャンディに説明しとけば、こないなならんかったやろが』

みゆき『え?え?わ、私のせいなの!?』


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:40:56.85 ID:BdRczDsw0

あかね『他に誰がおんねや。大体なぁ、みゆき、前ゆうとったやろ!キャンディがおかんのドーナツ食ってもーて、ぎょーさん怒られたー、て!』

みゆき『え、えぇ!?それがなに!?』

あかね『そっからなーんもキャンディ成長してへんやん!あんたが面倒みてやんとちゃうんかこら!それとも、なんや!?飼い主ににたんかのーえー!?』

みゆき『はっぷっぷー!あかねちゃんおかしいよ!なんでこんなことなんかで、そんなに怒られないといけないのっ!?』

あかね『なんか、てなんや!こちとら人生馬鹿にされとんのや!』

みゆき『だ、だからそんなつもりじゃなかったんだってばー!』

あかね『んなもんで済まされるかい!キャンディが、どこぞの野良みたくなってもーたらどないすんねんアホ!!』

みゆき『あ、アホって言った方がアホだもーん!きゃ、キャンディは私がちゃーんと面倒みてるもん!!!』

あかね『せやから、その結果がこれやーゆうとるんやろが!!!』



やよい「……なんだか、拾った子犬とか子猫のことで揉めるおかーさんと娘、みたいだね」

なお「あたしもそれ思った」

れいか「この流れならば、どちらかが冷静になって謝れそう、ですが?」

キャンディ「ま、まだあるクル……あとキャンディは犬猫じゃないクル」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:46:11.27 ID:BdRczDsw0

キャンディ『クル、クルぅ、みゆ、みゆき、あかね。け、喧嘩はやめ、クル……』

みゆき『私はキャンディとはとっても仲良しだし、そのことについて責められる筋合いはないよ!?大体、あかねちゃんのそれ八つ当たりでしょ!?お好み焼き食べられちゃったことのっ!』

あかね『っ、そんなんとちゃう!うち、うちはなぁ!』

みゆき『材料はあるんだから、作ればいいじゃん!そうすれば、すぐに……』

あかね『まだゆうかこら!あんた、うちのお好み焼きをなんやと思って……!』

キャンディ『っ!二人とも、喧嘩をやめるクルーーーーー!!』

あかね『キャンディは黙っといてんか!!!!』

ダンッ! グラッ ベチャッ!!

みゆき『あ……あぁああああーーーーーー!!』

キャンディ『く、クル!?』

あかね『し、しもた、ソースが倒れて、もーて……みゆきの、絵本に』


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:47:19.37 ID:knFZCYDn0

あーあ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:49:15.15 ID:BdRczDsw0

みゆき『ピーターパーン!あ、あぁぁぁ茶色のシミが、う、うぅぅ……』

あかね『あー……す、すまn』

みゆき『……あかねちゃんの馬鹿!!!怒ったからって、物に当たらなくたっていいじゃない!!』

あかね『なっ、う、うちかてわざとちゃうわ!な、なんや、そもそもやな、そないなとこで絵本広げとくほうが悪いんやろ!!』

みゆき『絵本は悪くないもん!!!返してよ!私の、私のピータァパァン!!!』

あかね『当たり前や、悪いのは片付けへんかったみゆきやーゆうとるんや!なんや、絵本の一つで子供みたいなこと言いよって!どーせもう何度も読んでんのやろ、えぇ機会やから卒業しー、そないなもん!』

みゆき『あ、あかねちゃんには分かんないよ!私が、私がどれだけこれを大切に、馬鹿、ばかばかばかーーーーー!』

あかね『みゆきかて、うちのことなんも分かってへんやんか、な、なんやねん!なんやねんもーーーー!!』

みゆき『なんやねんてなんやねん!!大体、なんでお好み焼きなの!?私、もんじゃの方が好きなのに!!』

あかね『は、はぁあああああ!?!?あんなゲ■みたいなもんのどこがえぇねや!みゆきこそピーターパンてなんや!あんた将来、どーしよーもない男にひっかかってまうでアダルトチルドレンにやなー!』

みゆき『子供の心いいじゃん!何がいけないの!!』

あかね『なにがなにがてうっさいねん!このさいやからゆわしてもらうけどなぁ!みゆきはなぁ!!』

みゆき『それを言ったら、あかねちゃんだって!!!!』

キャンディ『く、クル、クルぅ。みゆき、あかねぇ……』


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:55:40.72 ID:BdRczDsw0

みゆき・あかね『『キャンディは黙ってて!』黙っとき!!』

キャンディ『……はい』



キャンディ「……今に至る、クル」

なお「あー……お互いが、お互いにうっかり相手の大事なものを」

やよい「うーん……どっちの言い分もすこーしは、分かるけど。ちょっと意地張りすぎ?」

れいか「ですが、簡単にはいかなそうですね」

みゆき「つーん!」

あかね「ふんっ!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 14:59:46.12 ID:BdRczDsw0

なお「とりあえず後で二人と、別々に話しをしてみようか」

れいか「そうね。もうすぐ授業が始まるから、今すぐにとはいかないけれど」

やよい「うん。でも、二人とも単純だから、時間がたったら元通り、だったりして?」

なお「言うね、やよいちゃん……そうなってくれれば、ありがたいけどね」

キャンディ「みんなごめんクル。キャンディが……キャンディは駄目な妖精クル」

れいか「……よく頑張ったわね、キャンディ?きっとあなたがいなければ、二人はもっといがみあってたかもしれないわ?」

キャンディ「……そう、クル?」

なお「うん。さ、ここからはみんなで仲直りのために頑張ろう?ね?」

やよい「波乱の喧嘩回も、みんなで乗り越えれば怖くないんだよ!」

キャンディ「クルッ!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 15:03:54.48 ID:BdRczDsw0

バッドエンド王国

鬼「うむむむむぅ」

狼「ウ〜ルルル〜、俺様ウルフルン〜♪……あぁん?アカオーニ、どうした珍しく難しい顔しやがって」

鬼「ちょっと勉強中オニ、邪魔するなオニー」

狼「てめぇが、勉強?はっ、こりゃぁ明日は酸性雨だな……ってぇと、あれか?こないだクソジョーカーがでしゃばって渡してきた、あの分厚い紙の束でも眺めて……?」

『泣いた赤鬼』

狼「」

鬼「……俺様が悪になった原点を思い出して、すこ、少しでも力を……」

狼「もうやめろ!てめぇ自身がバッドエナジーに囚われかねねぇだろうが!!!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 15:10:27.98 ID:BdRczDsw0

鬼「すまんオニ。思えばアオオーニとは、喧嘩みたいになってもう随分会ってない、オニ……」

狼「だから、凹んでんじゃねぇよ、ったぁく……どっかで元気にしてんだろ。聞いた話じゃ善人、いや善鬼か?らしいから、ひょーっとしたらのたれ死んでっかもだけど、なぁ」

鬼「どっちオニ!?」

狼「知るかってーの。ほら、これやるよ。ババア風に言えば『プレゼント・フォー・ユー』だ」

鬼「赤っ鼻、オニ?でも俺様は、こないだの出撃で手持ちは……」

狼「やるっつってんだろ。それで一暴れして、スッキリしてきやがれ馬鹿が。てめぇがしょぼくれてちゃ、張り合いがねーんだよ

鬼「……オニ!そうするオニ!ウルフルンは羽鳥の次に良い奴オニー!」

狼「悪い奴に決まってんだろ黙れバーカ!」

ジョーカー「おぉーぉぅ、うーるっふるんさぁ〜ん!っふふぅん、ツンデレとは世のトレンドを分かってらっしゃぁる〜!」

狼「キモいからやめろクソジョーカーが」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 15:17:13.13 ID:BdRczDsw0

なお「……(授業の後に、とは、言ったものの)」

佐々木先生「それじゃ、始めます。教科書は……」

あかね「……あ、しもうた。あれ入れたから、うっかり……せ、せんせ!すんませーん!日野ちゃん教科書忘れてしまいましたーぁ!」

佐々木「……せめて真面目にあやまりなさーい!もう」

アハハハハハハハハハハ!

あかね「は、ははー、かなわんわーせんせには……」

みゆき「……ぷっ」

あかね「……なんや。うちが忘れものしたんが、おもろいんか」

みゆき「べっつにー、何も言ってないもーん。はっぷっぷーだ」

あかね「……ふんっ!」

みゆき「ぷんっ!」

れいか「……(思っていた以上に、溝はふかそう、ですね)」

やよい「……(『あかねちゃんの気持ちが少し変われば……ね?結び合う……』よし、これでいこう。磁石探しておかなきゃ!)」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 15:22:37.04 ID:BdRczDsw0

なお「……どうする?さっきの二人、見てたよね?まだまだ険悪みたいだ」

れいか「えぇ……どうやらお互いの一挙動が、全て自分を貶めるものだ、と、思うようになっているみたい」

やよい「あ、そんなことになってたんだ」

みゆき「……」ゴソゴソ

キャンディ「クル?みゆき、そりなにクル?」

みゆき「あ、うん。えっとね……あ。あの、ひnちが、あかねt」

「あかねー、ちょっと今日の練習のことでさー」

あかね「んー、すぐ行くわー!」

みゆき「あ……」

あかね「……なんや、星空さん早弁でっかー?二時間目も始まってへんのに腹ペコハッピー、こら傑作や」

みゆき「ち、ちがうもん!早く行きなよ、エース“候補”さん」

あかね「……ふん!」

みゆき「ぷん!」

なお「……一々とげがあるね、二人とも」

れいか「まずはみゆきさんから、説得しましょうか」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 15:27:26.37 ID:BdRczDsw0

れいか「みゆきさん?少しお話、しませんか?」

みゆき「あ、れいかちゃん、みんな……えーっと、キャンディが話したの?」

キャンディ「クルぅ……ごめんなさいクル」

みゆき「あ、ううん!あのね、私も困ってて。私今まであんまり、お友達と喧嘩、って……したこと、ないから。はは」

やよい「みゆきちゃんも、仲直りしたい、って思ってるんだ!よかった」

なお「じゃぁ、話は簡単だよ。一緒に謝りにいこう?ね?」

みゆき「で、でも……あかねちゃんが先に、怒り出したんだよ?私から謝ること、なのかなぁ?」

れいか「……それは」

なお「みゆきちゃんは、あかねに謝ってほしい?」

みゆき「……うん」

なお「じゃ、もっと簡単だね。あかねに『私は悪くないから、謝ってください』って。言いにいこっか」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 15:33:24.59 ID:BdRczDsw0

みゆき「……」

なお「……言えないってことは、みゆきちゃんはもう分かってるんだよね?」

みゆき「……ごめん。ごめんね。私も悪い、私の方が、悪いって。分かってる、うん。だけど、あかねちゃんに……あかねちゃん、きっと怒ってて。許して、くれないよ」

やよい「……大丈夫だよ、みゆきちゃん。あかねちゃんが、本当にみゆきちゃんのことを嫌いになるはずなんて、ないもん!」

れいか「そうですよ。あかねさんも、意地になっているだけです。まずはみゆきさんの方から、歩み寄りましょう?ね?」

みゆき「でも、で、も……」

キャンディ「みゆきっ!みゆきは、昨日。あかねのお好み焼きを食べたキャンディに、言ってくれたクル」

みゆき「え……?」

キャンディ「ちゃんと謝れば、みんな仲良しハッピーになれるクル!……そうクル?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 15:39:20.53 ID:BdRczDsw0

みゆき「……うん。ありがとう、キャンディ……でも、やっぱり。私……」

なお「あー、ごめんね、答えを迫っちゃって。ほら、まだ一日は長いしさっ。もう少し考えてからにしようか?」

みゆき「……うん。ありがとう、ありがとうみんな、ごめんね?」

れいか「いいえ、気になさらないで。辛いのはみゆきさんなのですから」

やよい「みゆきちゃん、スマイル、スマイル!ねっ!?」

みゆき「……うんっ。ぐすっ」

キャンディ「……みゆきぃ」

みゆき「ぐすっ。キャンディも、ありがと。でもちょっと、ぐすっ。一人にして?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 15:41:56.90 ID:BdRczDsw0

なお「……思ったより重症だ」

れいか「そう思う?小さい弟妹たちの喧嘩を日夜仲裁し続けて早十四年の、喧嘩師のなお?」

なお「れいか、それ喧嘩する人みたいになってるから。うん、みゆきちゃんってほら、けっこう気にしだすと、とことん落ち込むタイプじゃない?」

やよい「うん。ふっきれると、すっごくまっすぐなんだけどね」

キャンディ「クルぅ……」

なお「あかねにこれ以上嫌われたくない、っていうのが邪魔して、謝ることが出来なくなっちゃってるよ」

れいか「……あのままでは、何も進展しないわ。それどころか、かえって悪化してしまうのに」

なお「そこが、本人としてももどかしいとこなんだ、きっと。でも、なんだか自分で打開策を見つけてる気がするけどね、みゆきちゃんは」

やよい「?そうなの?」

なお「うん。それじゃ、あかねのとこ行こうか」

キャンディ「クル!今度こそキャンディ、役に立つクル!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 15:47:28.73 ID:BdRczDsw0

「あかねー、聞いてた?」

あかね「……あ、すまんすまん。なーんや春の陽気に誘われてもーて、あっはははー!」

「もー、しっかりしてよねー」

「あ、あれじゃないあかね?ひょっとして、星空さんがうつった?」

あかね「……は?」

「ほらー、最近星空さんと仲いいじゃん、あかねって」

「あの子のハッピーがうつったんじゃなーい、って!ははは!」

あかね「……全っ然、おもろないな、自分」

「は、は……え?」

あかね「それ、うちにゆうのはどういうつもりなん?みゆきがなに?馬鹿にしとんの?」

「え、あ、いやほら、あかねさっき、星空さんとなんか険悪だったし……」

あかね「それで、あんたがみゆきを馬鹿にしていい道理になるんかこら。あんまいちびってんとちゃうぞこの……」

なお「あーかねっ。どうどう」

あかね「んなっ、なんやなお!離しーこの、っちょやめ、制服伸びるやろがー!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 15:55:25.50 ID:BdRczDsw0

れいか「バレー部のみなさん、すみません。お話は終わりましたか?あかねさんをお借りしたいのですが」

「あ、青木副会長……えぇ、もう終わったわ」

やよい「えっとね、あかねちゃんはちょっと機嫌が悪いだけだから、あんまりさっきの……」

「あー、うん。私もちょっと言い過ぎたよ」

あかね「そ、れ、を!うちにゆうな!みゆきに……!」

なお「はいはい、あかねこそあかねが言うな。さー、こっちこっちー」

あかね「だから離せっちゅーのに!わこうたから、もう暴れへんて!!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:02:20.40 ID:BdRczDsw0

やよい「喧嘩してるのに、みゆきちゃんが馬鹿にされると怒るんだね、あかねちゃん?」

あかね「……あれは、陰口叩いとるのが腹たっただけや。みんなかて同じことゆうやろ、きっと」

れいか「えぇ。私達は仲間ですから。それで、あかねさん?仲間なら、私達のいいたいことも分かっていただけます、よね?」

あかね「……なんや、みゆきが泣きついてきたんか。けったいやなぁ」

キャンディ「キャンディが、みんなに話したクル……あかね、ごめんなさいクル。みゆきを許して……」

あかね「何度もゆーとるやろ、キャンディがどうこう、っちゅー話やあれへん。みゆき自身の問題や、これは」

なお「あかねも、でしょ。意地はっちゃってさ」

あかね「意地ちゃうし、うちのは正当切れや」

なお「それが意地なんだってば。もー、みゆきちゃんに言ったのと同じこと言わせたいの?」

あかね「なんやもう、さっきからみゆきみゆきて……あんたら他に友達おらんの?」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:02:54.28 ID:CG3bxEbri

喧嘩してる相手の悪口を他人に言われて怒るシチュエーション


いいよね


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:06:24.29 ID:BdRczDsw0

れいか「……」

やよい「……」

なお「……」

キャンディ「……」

あかね「あ、ちゃうな。うちらの他に友達おらへんのは、みゆきの……方で……」

なお「あかね」

あかね「……」

なお「本気で言ってるなら、あたしはあかねを迷わずぶん殴る」

あかね「……ごめん。うち、最低や。さっきあの子に怒ったこと、ゆえへんやん……アホか、うち」

れいか「……あかねさん。仲直り、しましょう?今のあかねさんは、無理して、とても無理して怒っているようにみえて。とても、辛そうです」

あかね「……」

やよい「あかねちゃん、あかねちゃんがちょっと勇気を出してあげれば、きっとみゆきちゃんは……」

あかね「……うちな」

あかね「みゆきがお好み焼き食べるとこ見るの、好っきゃねん」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:09:27.23 ID:BdRczDsw0

なお「……」

あかね「ほんま美味しそうに食べよるし。せやのに、みゆきにあないなゆわれてもーて」

れいか「……」

あかね「したら、なんや自分でもわけわからへんくらい、頭に血ぃが、な……」

やよい「……」

あかね「つまらん意地や、わかってんねん。でも、うちもみゆきの、大事なもん……もう、どの面下げて……あやまればえぇねん、なぁ!」

れいか「それでは、このまま拒絶し続けるのですか?」

あかね「わかっとる、わかっとるんや、うちがアホで間違うてることくらい!でも、でも……」

キャンディ「あかねぇ。みゆき、キャンディに言ってたクルぅ」

あかね「……なんや」

キャンディ「みゆきも、あかねのお好み焼きが。あかねがお好み焼きを作るのを、見るのが好き、って。きらきらしてて、ウルトラハッピー、って。言ってたクルぅ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:15:14.90 ID:BdRczDsw0

あかね「……」

キャンディ「仲直り、してほしいクルぅ。キャンディ、キャンディは……」

やよい「……もういいよ、キャンディ。頑張ったね。はい、ハンカチ」

れいか「……あかねさん。お昼休みに、待ってます。いつもの場所で」

なお「みゆきちゃんと一緒にね。あかね……ちょっと頭冷やしてから、おいでよ。ね?」

あかね「……おーきに、や、おーきにちゃうわ……大きな世話や、自分ら」

なお「ほんっと、手がかかって困るよ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:22:41.71 ID:BdRczDsw0

やよい「大丈夫だと思う?二人とも」

れいか「あとは、お二人自身で考えてもらうほかありません。……それで、駄目なら」

なお「緑川家伝統の、二人っきりで真っ暗な納屋に一日中閉じ込める、といこう、うん」

やよい「す、すっごく効果がありそうなのがいやだね……よーし、私、二人が絶対仲直りできるように、漫画を描いちゃおっ!」

れいか「漫画、ですか?」

やよい「うん!可愛いイラストで、二人が仲直りしてる場面を!」

なお「よく分からないけど、二人がそれで和むならいいよね。お願いできる?」

やよい「任せて!えーっと『喧嘩は〜〜〜〜』っと……」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:28:28.46 ID:BdRczDsw0

昼休み

あかね「……」

みゆき「……」

やよい「……け、険悪ムードからお通夜に変わっている……」

なお「来てくれただけよしとしようか……えー、オホン。二人とも?」

れいか「お二人とも、何かお互いに言いたいことがあるのでは、ないですか?」

あかね「……うちは……べ、別に。星空さんのーが、なーんかあるんとちゃうのー?」

なお「……ひっぱたいてやろうかこいつ」

やよい「な、なおちゃんどうどう、抑えて抑えて」

みゆき「わ、私は……ない、もん。日野さん、には……なんにも」

なお「……じゃあなんで二人ともここ来たのさ、筋が通ってないよ、筋が!!」

れいか「……なお、落ち着いて。お二人とも、お弁当のほかに鞄まで持ってきたのには、何か理由がおありですか?」

あかね「……」

みゆき「……」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:29:29.93 ID:knFZCYDn0

二人っきりで真っ暗な納屋にとな・・・


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:31:29.17 ID:BdRczDsw0

やよい「ま、また膠着状態に……よーし、それじゃこれの出番だねっ!ねっ、二人とも!あのね、こんな風に……あぁっ!?」

なお「あ、突然の突風でやよいちゃんの描いた漫画が空へ!?」

れいか「なんという悲劇でしょう」

やよい「わ、私の絵ってなんだか毎度こんな扱いな気がするよぉー!?」

あかね「……」

みゆき「……」

やよい「そ、そしてこの空気。どう、どうすれ、ば……」




鬼「良い子はいねーがー!俺様が食っちまうオnうぉ!?なにオニこの紙は!?なんだか前もこんな目にあった気がするオニー!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:33:19.76 ID:BdRczDsw0

鬼「オニー?お、またピースたんゲフン、ピースが描かれた紙オニ?どれどれ?」

鬼「……真ん中に涙目のピースと、そっぽ向いてるピンクいのと橙の、オニ?」

鬼「それで、ピースが……喧嘩は駄目だよぴかぴかりん☆……って、言ってるオニ?」

鬼「……」

鬼「……喧嘩、オニ?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:38:19.21 ID:BdRczDsw0

なお「よし、もういいや。二人の歩み寄るのを待つ段階はここまで。これからうちに行こうか二人とも。大丈夫、嫌と言っても蹴り転がす」

あかね「!?」

みゆき「!?」

れいか「なお、まだ早いです。最終手段はまだ早いですから」

キャンディ「みゆきぃ、あかねぇ。二人とも、どっちも大好きなはずクルぅ。お願いクルぅ」

やよい「みゆきちゃん、あかねちゃん……け、喧嘩はだめだy……だ、駄目だ、この空気ではさすがにあれは、言えない、うん」

あかね「……なんや、外野がわーわー、ゆうとるけど。みゆ……星空さん」

みゆき「……なに、あか……日野さん」

あかね「うちは、謝る気はあらへん。それだけ、言いに来た」

みゆき「っ。そ、そっか。うん、それじゃ、私だって。お、同じだよ、はっぷ、っぷー」

あかね「……せやけどな、せやけど。これだけはあんたに……」



鬼「世界よ!最悪の結末!!バッドエンドに染まるオニ!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:40:50.86 ID:BdRczDsw0

なお「よーし二人とも歯ぁくいしばれー……なっ!?」

れいか「この声は……!」

鬼「白紙の未来を、黒く塗りつぶすオニー!」

やよい「お、お空が暗く……お、鬼さんだー!?」

鬼「人間どもの発したバッドエナジーが、悪の皇帝ピエーロ様をよみがえらせていくオニー!お、プリキュアいたオニー?」

あかね「……いたオニー、やあれへんやろ。ここはうちらのがっこや、なに晒す気やあんたらは何度も何度も」

みゆき「……学校の、人たちが」

「一生昼休みがいい……」「部活なんてしたくない」
 「午後一の体育は吐ける……」

キャンディ「み、みんな!とにかく変身クルー!」

あかね「やよい、ちょっと」

やよい「よ、よーし……え?な、なに?あかねちゃん」

あかね「ちょっと、立ち位置変わってんか。やりづらい」

やよい「えっ、っちょな、お約束は崩しちゃだめだよ!?そんな、あ、あかねちゃーーん!?!?」

プリキュア!スマイルチャージ!


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:46:36.04 ID:BdRczDsw0

ハッピー「……キラキラ輝く、未来の光!キュアハップィー!」

ピース「あ、えっと!ピカピカぴかりん☆じゃん、けん、ぽん!キュアピース!」

サニー「……太陽サンサン、熱血パワゥァ!キュアサニェー!」

マーチ「勇気凛々、直球勝負!キュアマーチッッ!」

ビューティ「深々と降り積もる、清き心。キュアビューティ!」

五つの光りが導く未来

輝け!スマイル?プリキュア!


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:54:38.40 ID:BdRczDsw0

鬼「ふんっ、なんだかいつもより張り合いがないオニ!お前たち、やる気あるオニ!?」

サニー「……ハップィーやて(笑)」

ハッピー「……人のこと言えないよね、サニェーさん(爆)」

マーチ「ちょっとサニー、ハッピー!何やってんのこんなときに!」

鬼「……ふんっ、これはピースの嘘じゃなかったオニね……アカンベェ!!こいオニー!!」

やよいの漫画「」ギュワンッ!

アカンベェ「アカーーーンベェーーーー!」

ビューティ「あれは……白黒の大きいハッピーに、赤っ鼻が!?」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:57:20.39 ID:BdRczDsw0

ハッピー「えぇ!?なにあれ可愛くないよぉ!はっぷっぷー!」

サニー「えぇから集中しー、大差あれへんし」

ハッピー「……もう!なんなのサニー!大体、サニーは!!」

サニー「なんや、文句なら後にしーや!今は……!」

マーチ「後にするのは二人ともだよ!何やってるのさっきから!!!」

ビューティ「お二人とも、先程まではまだ許されます。ですが、気持ちは切り替えていただかないと……」

ピース「そ、そうだよハッピー!サニー!みんなで協力、しないと……!」

キャンディ「クルッ!?ピース、マーチ、ビューティ!背中を見せちゃ駄目クルゥウウ!!」

アカンベェ「アーーーッカァーーーン!!!!」

マーチ「っ!な、なにこれ!へんなので拘束、もう!!」

ピース「ふぁぁ!?ね、練りけしで動きが、できなく!?」

ビューティ「くっ!油断、しました!」

ハッピー「あ、み、みんなぁ!だいじょうぶ……」

鬼「ピンクいのを、掴み挙げるオニ!アカンベェ!!」

ハッピー「え、わ、わぁああーー!?」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 16:59:15.57 ID:BdRczDsw0

鬼「たわいないオニ。お前らの力はこんなもんだったオニー?やっぱり俺様に頭脳戦は向いてなかったオニ、こうすればこんなにも簡単だったオニー!」

サニー「あんま、調子こいとるんとちゃうぞこら!まだ、うちがおるやろ!」

鬼「そうオニ、お前さんだけ残って、ピースと緑のと青いのは拘束。それで、ピンクいのはアカンベェに締め付けられてるオニー」

ハッピー「っく、ぁ、ぁあ!」

サニー「!ハッピー、い、今……」



鬼「助けるオニ?喧嘩している相手を?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:04:30.78 ID:BdRczDsw0

サニー「!?あんた、なんでそないなこと……」

鬼「どうでもいいオニ。お前は喧嘩しているこのピンクいのを、本心から助けたいオニ?怒って、腹が立って、大っ嫌いで!!いなくなればいいって思ったはずオニ?それでも助けるオニ?」

サニー「……」

鬼「バッドエナジーの高まってるこの場所でくらい、素直になっちまえばいいオニ!絆なんて、友情なんて脆いものオニ!たった一度の喧嘩で台無しに、そんなもんなんだオニ!!お前も分かるはず、今のお前の!!心なら!!!」

サニー「……うちの、心」

ハッピー「さ、にぃ……」

マーチ「サニー!サニー!!」

ビューティ「はや、く、ハッピーを!」

ピース「サニー、お願い……!」

サニー「……せやな」

鬼「そうオニ。お前は憎んだハッピーを、見捨てれば。それで……」


サニー「あんまアホぬかしなや、このどアホがぁああああああ!!!!!!!!!!!!」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:08:49.01 ID:BdRczDsw0

カッ!ボワァアアアアアアアアアアアアアアアア!!!

アカンベェ「あ、アカァアアアン!?!?!?」

ハッピー「わぁ!?あ、あれ、私は熱くないや」

サニー「ハッピーいまや、飛び降り!!!」

ハッピー「う、うん!っ、っとと……サニー、その」

サニー「後や!ドたまにきたで、この赤ら顔!!いてこましたらぁ!!」

鬼「……何故オニ?俺様は、人間の負の感情もよく分かるオニ。さっきのお前さんは、揺らいでこそいたけど本心からそこのピンクのに怒ってたはずオニ。なんで、助けてやるオニ!」

サニー「あぁ、なんや、喧嘩で絆がどーたら、か?だからアホぬかすなゆーとるんや……」

サニー「うちらの、友情が!!たった一度の喧嘩で壊れてまうわけ、ないやろが!!!」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:12:06.27 ID:BdRczDsw0

鬼「うるさい、うるさいオニ!やれ!やるオニ、アカンベェ!!!」

サニー「あぁ、そや!うちは意地はって!!ハッピーにひどいことばっかゆうとった!!」

アカンベェ「あ、アカァン、アッカァンッ!!」

サニー「っ!!!けどなぁ!!本当は、本当は!!腹たってたんは、ハッピーにちゃう!!!あないなことしかゆえん、アホな自分が!!なにより……っだぁああっらぁあああ!!」

アカンベェ「あ、ッカンッ!?」

サニー「なによりむかついて、こんな自分はもう、ハッピーに、って……!!!」

サニー「見捨てるやと!?!?嫌うやと!?!?アホぬかすなアホ!!!!嫌いな相手にここまで考えるかい!!!!!いらんツッコミさすなやっ!!!!」

サニー「喧嘩、しとっても!うち、うちは!!!ハッピーが!!!!!」

アカンベェ「アァァ……ッカーーーーーン!!!」

サニー「っ、し、しもt」

ハッピー「ったぁああああああああっっ!!!!」

アカンベェ「!?!?あっかーーーんっっ」

サニー「は、ハッピー……助けてくれたんか」

鬼「オニ!おかしいオニ!お前も、お前も!!喧嘩してたくせに!どうしてオニー!」

ハッピー「そんなの、決まってる……私も、サニーと同じ気持ちだったからに、決まってる!!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:16:35.31 ID:BdRczDsw0

ハッピー「私の大好きなものを、大切な人に認めてもらえないのは悲しい!!」

ハッピー「他の人なら、あんなに怒らないもん!悲しくならないもん!!!」

ハッピー「喧嘩になるのは、仲が悪いからってだけじゃないの!!!仲が良いから、喧嘩になることだってあるんだもん!あなたには分からないかもしれないけど、私は!!!」

ハッピー「私は、サニーが、あかねちゃんが大好きだから!!!」

ハッピー「だから、喧嘩なんかで……私達は、ばらばらになんてならない!!!!」

ハッピー「この喧嘩は……ウルトラハッピーエンドのための、たったの一幕なんだから!!!!」

ハッピー「私とあかねちゃんは、もっともっとこれから!!!!ハッピーなことが待ってるに、決まってるんだからぁ!!!」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:19:18.93 ID:BdRczDsw0

サニー「ようゆうた、みゆき!いくで……とぉおっらぁっ!!

ハッピー「うん!はっ、たぁああ!!!!」

アカンベェ「アッカ、アカァンッッッ!?!?!?」

鬼「ぐっ、な、なんであんなに息の合った動き、認めんオニ、俺様は、俺様は認めないオニ!!!」

サニー「いくで、みゆき!!!巧く上げぇやー!!」

ハッピー「うん!あかねちゃん!!!」

マーチ「……なんだか二人で盛り上がって、二人で解決しちゃったね、はぁーぁ」

ビューティ「ふふっ、よかったじゃない。より一層、深い絆になったみたいだし」

ピース「あれは……合体必殺技!?っひゅー!二人ともわかってるぅー!!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:22:09.15 ID:BdRczDsw0

ハッピー・サニー「「プリキュア!」」

サニー「サニィーーー……」

ハッピー「ハップィー、シャワーーーァ!」

サニー「ファイヤーーーーーーーーッ!!!!」

鬼「!?!?橙のが出した炎の球をピンクいのが技で打ち上げて、上乗せされたでかい球を橙のが打ちこんだオニ!?そんな、そんなもんをなんで一発でできちまうオニーーーー!!!」

サニー「んなもん、きまっとるやろ!」

ハッピー「友情パワゥァ!だよね!!」

アカンベェ「アカァァン べエエエェェェェ……」

鬼「……ふん!知らんオニ、そんなくだらないもの!!!」シュンッ


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:30:05.62 ID:BdRczDsw0

パッ

キャンディ「空が元に戻ったクルぅ。デコルも手に入ったし、みゆきとあかねも元通り、クル?」

あかね「……せやな。や、もうちーっと、残っとるか」

なお「はぁ、やっとこれで……え?なに?」

みゆき「……そうだね。私、まだ。あかねちゃんに、謝れないよ」

やよい「一件落着……えぇ!?」

れいか「やよいさん、なお?答えは、お二人の鞄にあるみたいよ?」

あかね「……れいかには叶わへんわ、ほんま。……あ、あんな、みゆき。あの、渡したいもの、あるねん」

みゆき「……私も。あの、先に!先に渡させて!?元はと言えば、私が……えっと、こ、これ……」

やよい「?あれ、どうしてもう一つお弁当箱持ってきてるの?みゆきちゃん?」

なお「……あ、それ中身、まさか……」

あかね「……」

パカッ

みゆき「え、えへへ。下手っくそだけど……お好み焼き。作ってみたんだ」

みゆき「……全然、上手くいかなかったよ。あかねちゃんみたいには」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:35:51.28 ID:BdRczDsw0

あかね「あったりまえや、うちは年季がちがいますー」

みゆき「……だよね。あかねちゃんが、これまでいーっぱい頑張ってきたこと、とか。私、私……あの、ごめんなs」

あかね「……」

パクッ

みゆき「あ……」

あかね「……中まで火ぃ、通ってへん。具材もてんでバラバラや。こんなもん店で出したら、一日でつぶれてまうで」

みゆき「……」

あかね「……でも、なんでやろな。こんな美味いお好み焼き、うち、初めて食べたわ。みゆき、あんたが言いかけたこと。うちがこれゆうてからにしてくれへん?」



あかね「おーきに、みゆき」

みゆき「うんっ、うん!!」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:40:19.87 ID:BdRczDsw0

あかね「ん、で。う、うちからなんや、けど……こ、これ」

みゆき「?アルバム、かな?開けていい?」

あかね「……笑うんちゃうで、や、笑らかすのは関西人の本望やけど、ほんまもう……」

みゆき「あ……」

あかね「う、うち、やよいみたく絵ぇ上手ないし!れいかみたく字も上手く書けへんし!なおみたく器用でもあらへんから、なんや、けったいなもんなってもーた、けど!」

みゆき「……あかねちゃん、手づくりの。絵本?」

あかね「……オコノミマンの冒険や。わ、笑いー、存分に笑いやもう、こうなったら」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:48:52.95 ID:BdRczDsw0

みゆき「……っふ、ふふっ。なにこれ、鰹節がマントなの?」

あかね「あー、そぉやぁ?食べごろ出来立てはユラユラ揺れよるから、あんま上手く飛べへんねん」

みゆき「……ふふっ」

あかね「それ、描こ思うてな。図書館行って、なんや、ごっつ久々に絵本コーナーなんか行ったわ。は、恥ずかしかったでもー」

みゆき「楽しかった?」

あかね「恥ずかしかったゆーとるやろ!で、でもな……なんや、こういうのも悪くないな、思えたわ」

みゆき「あんまり、活かされてないけどね、ふふっ」

あかね「う、うっさいわ!どーせ下手くそやわるいか!」

みゆき「うん、お話もコロコロ変わるし、1ページごとに主役の見た目が様変わりしてる、けど」

みゆき「私、こんなにあったかくて。すごく、すごくいい絵本。初めて、読んだよ?あかねちゃん?ずっとずっと、大事にするね」


みゆき「ありがとう、あかねちゃん!」

あかね「……うん」





みゆき・あかね「「ごめんなさい!!!」」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:52:32.80 ID:XwsYkjpB0

アカオーニさんの仲直りさせる才能はすごいんじゃね


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:57:08.18 ID:BdRczDsw0

鬼「……ふんっ、くだらないオニ」

なお「敵に塩を送る、あんたの行動も大概だと思うよ?」

鬼「オニっ!?!?な、なんで俺様がまだここにいるって分かったオニー!?か、完璧に隠れていたはずオニー!?」

キャンディ「クっクっクルぅ。こういう時にキャンディが役に立つクルぅ〜」

れいか「そうでなくとも、虎柄のお下着がはみ出ていましたけどね?」

やよい「ふふふっ。鬼さん、なんでかは知らないけど。二人が喧嘩をやめるように、協力してくれたんだよね?」

鬼「ピースたnゴホン!!!な、なんのことか知らんオニ!俺様はそんなもん、興味ないオニ!……ただ」

鬼「……悪の俺様にだって、仲間がいなくなるとどれだけ大変かくらい、わかるオニ。お前さん達には強くあってもらわないと張り合いがない!それだけオニ!ふん!!」

なお「あ、っそ。はははっ。あんたいい奴だね?」

鬼「ふざけんじゃないオニ!俺様は悪い奴オニっ!!〜〜〜っ!帰るオニー!次会う時は、絶対絶対コテンパンの泣いたプリキュアにしてやるオニーーー!!」

やよい「あ、走って行っちゃった……鬼さーん!ありがとーっ!ぴかぴかぴかりん☆」

鬼「じゃんけんぽn言わすなオニーーーーーーーーー!!!!」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:59:56.19 ID:dHbxVKc/0

ええなあ…
20話当たりでやってもおかしくないぞ


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 18:08:09.82 ID:BdRczDsw0

あかね「お、かえってきよったなぁこらぁ〜。つ、ついさっきまで喧嘩しよった二人を残すてどういうことやねんあんたら!気まずかったやろが!」

みゆき「えー、そう?私は、へへへぇ、嬉しかったよ?あっかねちゃーん!」

あかね「抱きつきなやっ!がっこのど真ん中でなにさらすんじゃーい!」

キャンディ「仲良しこよし、クルぅ」

なお「そうだね……はぁー、長かったー。もう、これっきりにしてよねー二人とも」

れいか「ふふっ、そうね。出来ればご遠慮願いたいわ」

やよい「……私は、二人のあんまり見られない表情がすこーしだけ、楽しかったりしたなぁ。ふふふっ」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 18:10:23.57 ID:BdRczDsw0

あかね「ほぉーう、やっよいちゃーん?せやったら……日野ちゃんの超怒り顔を拝ませたろかーこらー!」

みゆき「えっへへぇ、私のもおまけだよやーよいちゃーん!」

やよい「ふわっ!?え、っちょ、そんな待って、そのくすぐる手はやめ、やめてぇーー!乱暴しないでぇー!わーん!」

なお「ははは、まったくもう。でも私達らしいね、喧嘩してもすぐにスマイル、って」

れいか「えぇ、とても。キャンディ?あなたたちの国は、もっともっと素晴らしいのかしら」

キャンディ「クルぅ。でも、みんなも全然負けてないクル〜!」

みゆき「……えへへ!」


みゆき「みんな笑顔で、ウルトラハッピー!」






あかね「や、やよいすまん、まさかこけよるとは……」

やよい「ぴーーーっ!あかねちゃんの、あかねちゃんのオコノミマーン!!!!!」


今度こそ、完


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 18:13:35.24 ID:BdRczDsw0

スマプリは多分喧嘩回ないんちゃうかなー、とおもたからセルフ供給や!
日野ちゃんが途中りんちゃんさんと被ってしゃーなかったのはナイショやで!
じゃあの!


 ABC朝日放送 日曜朝八時半

 スマイルプリキュア! 
 
 大好評放送中!

 関連グッズも続々発売中!!


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 18:10:56.95 ID:XwsYkjpB0

おつ


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 18:14:41.58 ID:bcZ7/zhy0


おもしろかった


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 18:22:41.49 ID:/tOWGuteO

喧嘩回無いかもしれないけど、これ見ちゃうとあって欲しいなって思うわ


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 18:29:22.27 ID:iTNa5llA0

乙キュア

この記事へのコメント

- 名無しさん - 2012年05月21日 23:54:22

喧嘩回は伝統ですよね

- 名無しさん - 2012年05月22日 00:47:38

誰かこいつを東映に連れていけ

No Title - (´・ω・`) - 2012年05月24日 00:34:06

最高の喧嘩回だった
マジで脚本家としてつかってやれやw

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。