スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤沢「恒一君が女子になる現象!?」

URL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337271346/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:15:46.97 ID:G9IAOXdz0

勅使河原「お前、ホントにサカキか?」

恒一「自分でも信じられないけど、本当だよ」

赤沢「まさか、こんなことになるなんて……」

見崎(……榊原君、かわいい)

望月(僕のアイデンティティーが……)

松井「へぇ……」ランラン

金木「ほぅ……」ギラギラ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:17:36.94 ID:wBl5CMh5i

絶対に美少女


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:19:00.03 ID:G9IAOXdz0

恒一「赤沢さん、過去にもこんなことってあったの?」

赤沢「私の知ってるかぎりではないわ。こんなこと想定外よ……」クッ

恒一「そうなんだ……」

綾野「けど、これはなかなか」フムフム

恒一「な、なに?綾野さん」

綾野「いやー、正直、かわいいかなって」

恒一「や、やめてよ。僕は男なのに……」モジモジ

勅使河原(やべぇ……。これは、やべぇ……)


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:23:38.30 ID:G9IAOXdz0

綾野「あはは。……そういえば、制服は男子のままだね」

恒一「まあ、いろいろ抵抗あるし……」

勅使河原「おい、サカキ!」ズイッ

恒一「どうしたの、突然?」タジタジ

勅使河原「…………胸、触らせてくれ」キリッ


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:27:15.20 ID:G9IAOXdz0

赤沢「なに言ってんのよ。この馬鹿ッ!」

綾野「てっしー、サイテー」

勅使河原「へ、変な勘違いすんじゃねーよ。男同士なんだから問題ないだろ」

赤沢「下心が見えすぎよ!変態!」

綾野「そうだそうだ」

恒一「僕としてもお断りしたいかな」

勅使河原「そんなこと言うなよ。それじゃあ、ほら、俺のも触っていいから」

赤沢「なんでそうなるのよ」

勅使河原「お互いが触れば、フェアだろ。等価交換だろ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:30:54.23 ID:G9IAOXdz0

恒一「答えになってないよ」

赤沢「恒一君、こいつと友達やめたほうがいいんじゃない」

恒一「……かもね」ハァ

小椋「……」ツカツカ

綾野「どうしたの、由美?」

ムギュッ

恒一「!?」

赤沢「!?」

勅使河原「!?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:34:15.47 ID:G9IAOXdz0

小椋「……なんで、あたしよりでかいんじゃボケーーー!!」モミモミ

恒一「や、やめ……!小椋、さん……っ」

綾野「由美、ストップ!ストーップ!」

小椋「フゥー、フゥー……」ガルル

恒一「はあ、はあ……」

赤沢「大丈夫?恒一君」

恒一「うん。ちょっと痛かっただけだから」

綾野「ごめんね、こういっちゃん。由美、なんだか理不尽な世の中にナーバスになってるみたいで」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:38:21.74 ID:G9IAOXdz0

恒一「いいよ。平気だから」

綾野「……えいっ」モミッ

恒一「あっ……」

綾野「……確かに私より少し大きいかも」

恒一「もう。やめてよ……」

辻井(キマシタワー)

赤沢「けど、本当に厄介なことになったわね」

恒一「うん……。けど、なっちゃたものはしょうがないよ。」

赤沢「恒一君……」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:42:13.48 ID:G9IAOXdz0

恒一「一生このままってわけでもないし。皆に何かあるよりいいよ」

赤沢(恒一君//)キュウン

赤沢「恒一君、私、対策係として必ず解決策を見つけるから」

恒一「ありがとう」

綾野「私も協力するよ」

勅使河原「俺もいるぜっ」キラッ

赤沢「望月君、そいつは縛っておいて」

勅使河原「おいぃ!」

望月「あはは……」

ワーワー ギャーギャー マカセロー



久保寺「あの、授業始めますよ……」ポツン


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:45:33.07 ID:G9IAOXdz0

〜昼休み〜

勅使河原「サカキ〜。昼飯食おうぜ」

恒一「そうだね。望月もいいよね」

望月「うん」

勅使河原「今日はさぁ、違うところで食わね?」

恒一「え?」

勅使河原「いやさぁ、気分転換もかねてさ。どっか静かな場所で……」チラチラ

望月(うわ〜)

恒一「え〜と……」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:49:23.85 ID:G9IAOXdz0

見崎「榊原君。今日は私との約束があったんじゃないの?」

恒一「えっ……。あ〜、うん。そうだったね」

勅使河原「えっ」

恒一「ごめん二人とも。今日は見崎と約束してたんだ」

望月「いいよ。行っておいで」

勅使河原「そんな……」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:53:50.03 ID:HZy0GfvcO

てっしーにも揉ませてやってくれよ…


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:57:23.32 ID:L8V5Ugm10

いや俺がテッシ―の立場だったら同じことしてるわ‥‥
親友が女体化だろ? たまんねええ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:59:03.22 ID:G9IAOXdz0

〜屋上〜

恒一「見崎、助かったよ。ありがとう」

見崎「気にしないで。けど、勅使河原君……ひどいね」

恒一「うん……。だけど、いい奴なんだよ。今はちょっとコントロールできてないだけだよ。たぶん」

見崎「わかってる。……私だって同じだから」

恒一「見崎も?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:02:19.09 ID:G9IAOXdz0

見崎「男の友達が急に女になるなんて、誰でも戸惑うと思う」

恒一「そうだよね……」

見崎「……けどね、私は今の榊原君のこと肯定的に捉えてるの」

恒一「それってどういう……」

見崎「おもしろがってるわけじゃないの。ただ、こんな珍しい経験はないから……」

見崎「不愉快、だった?」

恒一「いや。なんだか見崎らしい」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:04:53.78 ID:G9IAOXdz0

見崎「少なくとも私はこれまで通り榊原君に接すると思う。印象だってそのまま」

恒一「そうしてくれるとありがたいな」

見崎「うん。それと……」

恒一「それと?」

見崎「……榊原君は料理がうまいからいいお嫁さんになれるね」

恒一「っ……見崎、変なこといわないでよ」

見崎「ごめんなさい」ニコ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:07:31.76 ID:G9IAOXdz0

〜放課後〜

赤沢「恒一君、ちょっといい?」

恒一「なに、赤沢さん」

赤沢「恒一君に渡したいものがあるの。私の家まで来てくれる?多佳子もいっしょなんだけど」

恒一「別にいいけど……」

赤沢「ありがとう。それじゃあ、行きましょう」

恒一「うん」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:10:05.78 ID:G9IAOXdz0

〜赤沢宅〜

赤沢「はい。この制服」

恒一「えっ、いいの!?」

赤沢「ええ。ちゃんとクリーニングには出してあるから」

恒一「けど、制服なんて……」

赤沢「いいのよ。予備のものだから」

赤沢「それに恒一君、女の子になってから背も縮んで服ブカブカじゃない」

恒一「そうだけど……」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:10:07.54 ID:rCr7uPojO

マジで理想のお嫁さんになれる気がするわ 一途で家事その他完璧


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:12:20.74 ID:G9IAOXdz0

杉浦「やっぱり抵抗ある?」

恒一「う〜ん、まあ……」

赤沢「はあ〜、しょうがない。やるわよ、多佳子」ジリジリ

杉浦「オッケー、泉美」ジリジリ

恒一「え、え?」

赤沢「さあ、着替えるわよ!」ガバッ

恒一「いやあ〜」

赤沢「多佳子、そっち押さえて」ヌガセ

杉浦「分かった」ヌガセ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:14:47.29 ID:G9IAOXdz0

恒一「もう、自分でできるから」ジタバタ

赤沢「恒一君、ブラつけてないの?」

恒一「当たり前だよっ」

杉浦「これからはつけた方がいいよ」モミ

恒一「ひゃあ!?」

赤沢「ふふっ、ひゃあだって。おもしろい」クスッ

杉浦「榊原君、肌綺麗……」ツゥー

赤沢「そうね。ここも綺麗な色で……」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:18:00.28 ID:G9IAOXdz0

恒一「も、もうやめ」グスッ

赤沢「あっ、ごめんなさい」

杉浦「ごめん」

恒一「……ここからは一人でやるから」グスン

―――――
―――


恒一「……できたよ」

赤沢「へぇ、似合うじゃない」

杉浦「うん。かわいい」

恒一「あ、ありがと」

恒一(まずい、なんだか嬉しいような……)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:20:17.19 ID:G9IAOXdz0

赤沢「明日からはこれを着るのよ」

恒一「うん……」

赤沢「まだ、抵抗があるようだったら、多佳子みたいに少し着崩してもいいから」

杉浦「このパーカー貸してもいいよ?」

恒一「いいよ。大丈夫」ブンブン

杉浦「そう」

赤沢「それじゃあ、次は……♪」ガサゴソ

恒一「まだ、するの……」ガクッ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:22:55.51 ID:G9IAOXdz0

〜夜・恒一宅〜

レーチャン「レーチャン、ゲンキ、ゲンキダシテネ」

恒一「うん。そうだね」

恒一(大変な一日だったな)チラ

恒一(あの制服、明日から着るのか……)

恒一(どうしよう。今はあまり抵抗がなくなってきてる気が……)

恒一(これから、どうなるのかな……)


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:25:47.42 ID:G9IAOXdz0

怜子「恒一く〜ん、ブラ買って来たわよ!あとショーツも」

恒一「ハア〜、憂鬱だ……」


〜翌日・学校〜

恒一「おはよう」ガラッ

勅使河原「オッス。サカ、キ……」

望月「うわ、榊原君スカートだ」

綾野「おおー!こういっちゃんカワイイー!」

恒一「あはは……」

勅使河原(ヤバイぞ、これ……)ハアハア


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:28:18.94 ID:G9IAOXdz0

恒一「勅使河原、鼻息荒いよ」

勅使河原「すまねぇ。……なあ、サカキ」

恒一「なに?」

勅使河原「…………スカートの中見せてくれ」キリッ

赤沢「はい、粛清」ガツン

勅使河原「痛ぇ!冗談だよ冗談」

赤沢「目が本気だったわよ。恒一君、向こう行きましょう」

恒一「……うん」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:30:44.45 ID:G9IAOXdz0

勅使河原「ちぇー」

望月(こいつ、そろそろ危ないな……)

望月(けど、親友としてこのまま見過ごしたら、二人とも不幸なことになるよね。だったら……)

望月「柿沼さん、ちょっといい?」

柿沼「はい?」

望月「実はさ、勅使河原君が君の趣味に興味があるみたいなんだ」ゴニョゴニョ

柿沼「本当ですか!?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:33:10.37 ID:G9IAOXdz0

望月「うん。けど、やっぱり自分が男だからいろいろ悩んでるみたいでさ」

柿沼「そうなんですか……」

望月「僕としてはこういうのは個人の自由だと思うから応援したいんだ。だからさ、協力してくれないかな?」

柿沼「……わかりました。協力しましょう。今日の放課後でいいですか?」

望月「ありがとう。それじゃあ、今日の放課後に」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:36:09.51 ID:G9IAOXdz0

〜体育の時間〜

赤沢「恒一君、もう体育は受けられるのよね?」

恒一「うん」

赤沢「それなら更衣室はここだから、着替えましょう」

恒一「け、けど……」

赤沢「……昨日みたいに手伝って欲しい?」クスッ

恒一「じ、自分で出来るって//」

恒一(うわ〜、恥ずかしい……。というか、皆普通に着替えてるし……)ヌギヌギ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:38:28.14 ID:G9IAOXdz0

綾野「あっ、こういっちゃんブラしてるー!」

恒一「綾野さんっ、大きい声出さないでよ。恥ずかしい」

綾野「だってー。ってか、それ自分で買ったの?」

恒一「これは……怜子さんが……」

綾野「へぇ、そうなんだ。カワイイね」

恒一「ありがとう。……綾野さんのも可愛いと思うけど」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:41:56.80 ID:G9IAOXdz0

綾野「おっ、言うね〜。けど、私としてはもうちょっとサイズがね〜」モニュモニュ

恒一「うっ//」

綾野「多佳子と泉美なんてすごいよ。ほら、見て」

赤沢「なに?」バン

杉浦「ん?」ババン

恒一「す、すごいね//」

綾野「でしょー。二人ともどこでブラ買ってんのさ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:43:58.66 ID:G9IAOXdz0

杉浦「私は海外ブランドの通販。このサイズだとここらへんババ臭いのしかないし」

赤沢「私はデパートと通販半々くらいね」

恒一「そうなんだ……」

見崎「……」

小椋「爆発しろっ!」

渡辺「なんだか面白い話してるね」

恒一「渡辺さん」

綾野「おっ、なべっち」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:46:50.77 ID:G9IAOXdz0

渡辺「その呼び方やめて。んと、話戻すけど、実は和江もスゴイのよ」

綾野「え!?どれどれ……」チラリ

佐藤「な、なんですか……」ババン

恒一「本当だ……大きい」

渡辺「ほらほら、その無駄にでかいのもっと見せろー♪」

佐藤「や、やめてよぅ」ユサユサ

恒一(ゆ、揺れてる……)

小椋「爆発しろっ!!」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:50:07.54 ID:G9IAOXdz0

綾野「いや〜、これで四天王が揃いましたな」

恒一「え、あと一人は?」

綾野「そんなの、ねぇ」チラ

桜木「〜♪」ヌギヌギ

綾野「ゆ〜か〜り〜。えいっ」モギュ

桜木「ひゃああんっ」

綾野「あれ?また大きくなった?」モムモム

桜木「綾野さん、やめてください〜」ブルンブルン


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:53:03.92 ID:G9IAOXdz0

恒一(こ、これは見ていいものなのか……//)

綾野「こういっちゃん見て。ゆかりはお腹もモチモチなんだよ」

桜木「ひ〜ん。見ないで〜」グスン

恒一(刺激が強すぎる……//)

小椋「爆発しろよおおおぉ!!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:53:30.25 ID:/TZ81+0h0

佐藤さんと結婚してええええええええ


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:54:56.39 ID:BB7vDqyZ0

桜木さん可愛い


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:55:53.80 ID:OMA2eAvA0

小椋さんいいな


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:57:47.39 ID:G9IAOXdz0

赤沢「彩、そこらへんにしなさい。恒一君も遅れるわよ」

恒一「ごめん……」

綾野「は〜い」

桜木「うぅ……//」


〜昼休み〜

多々良「あの、榊原君お昼ご一緒しませんか?」

恒一「かまわないよ」

多々良「ありがとうございます」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:00:23.53 ID:G9IAOXdz0

恒一「けど、いいの?僕なんて誘って」

多々良「はい。女子同士友情を深めましょう」

恒一「う、うん……」

有田「やっほ。榊原君」

中島「よろしくね」

多々良「いつもは三人で食べてるんですよ」

恒一「そうなんだ。今日はよろしく」

有田「けど、ホントに女の子だねぇ」

中島「そうよね。ちゃんと女の子してるよね」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:03:27.60 ID:G9IAOXdz0

恒一「やめてよ。改めて言われると恥ずかしいよ」

多々良「あら、榊原君のお弁当おいしそうですね」

有田「もしかして、三神先生が作ってんの?」

恒一「違うよ。自分で」

中島「すご〜い」

多々良「ご自分でなんてすごいです」

有田「女子力たか〜い」

恒一「そんなんじゃないよ。前の学校で料理研究部に入ってただけだから」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:06:43.06 ID:G9IAOXdz0

恒一「女子力なんて言ったら多々良さんの方がよっぽどすごいよ」

多々良「そ、そうですか」テレ

有田「まあねぇ、恵はこれぞ女の子って感じだもんねぇ」

中島「そうそう」

恒一「そのサラサラな髪は憧れるなぁ。何か秘訣ってあるの?」

多々良「特別なことは何もしてませんよ」

中島「いいよね。ストレートって憧れちゃう」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:09:21.65 ID:G9IAOXdz0

有田「榊原君はどんなシャンプー使うの?リンスはしてる?」

恒一「そういえばリンスって使ったことないや」

多々良「それでしたら、三神先生のをお借りして使ってみたらどうですか?」

恒一「うん。そうしてみる。けど、前より髪が伸びたから洗うの大変だよ」

多々良「そうですね。わかります」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:13:07.99 ID:G9IAOXdz0

有田「あっ、そうだ。榊原君、髪型変えてみない?」

恒一「え?」

中島「いいわね。ヘアピンとシュシュあるよ」

―――――
―――


キーンコーン カーンコーン

有田「あれ、もう終わりか」

中島「おもしろかったわね」

多々良「またご一緒しましょうね」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:16:32.23 ID:G9IAOXdz0

恒一「うん」

恒一(なんだか、普通にガールズトークしてしまった……)


〜翌日〜

恒一「おはよう」ガラッ

勅使河原「オッス!サカキ」

恒一「……勅使河原、今日は普通だな」

勅使河原「なに言ってんだよ。俺はいつも普通だぜ」

恒一「そうか。良かったよ」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:19:58.15 ID:G9IAOXdz0

勅使河原「……ところでよ、お前、千曳先生ってどう思う?」

恒一「え!?……シブい人かな?」

勅使河原「だよな。憧れるよな」

恒一「?」

望月(ふふふ……)ニヤ

柿沼(腐腐腐……)ニヤ


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:22:58.64 ID:E//wDjUm0

ナニが行われたんだ・・・?(困惑)


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:23:58.34 ID:G9IAOXdz0

猿田「それにしても榊原の奴どんどん女らしくなってるぞな」

王子「そうだねぇ」

米村「……」

水野「……」

川堀「……」


〜放課後〜

川堀「なあ、榊原ちょっといいか?」

恒一「なにかな?」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:26:47.76 ID:G9IAOXdz0

川堀「水野がお前に相談したいことがあるんだとよ」

水野「実はさ、付き合ってる彼女と喧嘩しちまってさ。お前に仲介を頼みたいんだよ」

恒一「えっ、僕が!?」

水野「おう。お前なら俺と彼女、両方の立場に立って考えられると思うからさ」

米村「水野の彼女さんも女がいた方がいいだろ。頼むよ」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:29:23.82 ID:G9IAOXdz0

恒一「う〜ん。……まあ、いいかな。けど、あんまり役に立てないと思うよ」

水野「いいよいいよ。ありがとな。恩に着るよ」

川堀「それじゃあ、行こうぜ。もう待ってるんだ」

〜体育倉庫前〜

恒一「それで、彼女さんはどこ?」

水野「いないよ」

恒一「え?」

ドンッ

恒一「うわっ?!」ドサッ


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:32:57.86 ID:G9IAOXdz0

川堀「なあ、榊原。ちょっとくらいいいだろ」

恒一「え、え?」

水野「彼女なんて嘘なんだよ。まあ、彼女がいたらこんなことしないか」

米村「榊原君さあ、俺たちと友情を深め合おうよ」サワサワ

恒一「や、やめろ……」

川堀「そんなツレないこと言うなよ。くくっ」

水野「ここには誰も来ないからさ。ゆっくり楽しもうぜ」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:34:08.99 ID:0Gg19yQ60

うわぁぁぁぁぁぁ


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:34:09.59 ID:UGoCJwGo0

やめろーーーー!


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:35:38.46 ID:G9IAOXdz0

恒一「きゃあああああっ!!」

ガツンッ

恒一「え……?」

米村「いてぇ……」

水野「誰だ!?」

金木「大丈夫か?榊原」

恒一「金木さん……」

川堀「なにすんだよっ」

金木「こっちの台詞だっ!馬鹿!寄ってたかって女襲って」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:37:07.82 ID:ThWSkpW70

金木さんかっけえ


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:38:52.68 ID:G9IAOXdz0

水野「なんだと!?お前もやられたいのか」

松井「杏子ちゃ〜ん。先生呼んできたよ〜」

川堀「! どうする?」

水野「しょうがねえ。逃げるぞ」

米村「ま、待ってくれぇ」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:41:27.98 ID:G9IAOXdz0

金木「はあ、平気か?榊原」

松井「大丈夫、榊原君?」

恒一「うう……ぐすっ……。こわ、かった……」ポロポロ

金木「もう、大丈夫だからな」ナデナデ

松井「安心、してね」ナデナデ

恒一「うわあああああんっ」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:40:08.66 ID:G9IAOXdz0

〜体育倉庫内〜

金木「落ち着いたか?」

恒一「うん……。あの……」

松井「なに?」

恒一「せ、先生は……?」

金木「あ〜、あれはな」

松井「嘘なの」

金木「呼べるような時間なくてな。とっさの機転かな」

恒一「そうなんだ」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:47:02.70 ID:G9IAOXdz0

恒一「あの、その、ありがとう。来てくれなったら今頃どうなってたか……」

金木「あたしはただ、悲鳴が聞こえたから来ただけだよ」

松井「うんうん」

恒一「けど、僕はすごく感謝してるんだ」

恒一「なにかお礼ができればいいんだけど……」

金木「お礼か……。それなら、あたしと亜紀にキスしてよ」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:53:20.90 ID:G9IAOXdz0

恒一「え!?」

金木「いや、実はさ、あたしらも榊原のこと狙ってたというか」

松井「女になった榊原君、すごく可愛くてね。欲しくなっちゃったの」

恒一「そんな……えっと……」

金木「けどさ、さっきのあいつら見て、無理やりはダメだなって気付いて」

松井「うん。やっぱり抵抗あるよね」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:58:36.06 ID:G9IAOXdz0

金木「だからさ、今のは冗談として流してくれよ」

松井「けど、これからは仲の良い友達でいさせてね」

金木「そうそう。これでチャラってことで。うん、この話はおしまい」

榊原「…………よ」

金木「え?」

榊原「キス……しても……いいよ」カア


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:59:16.18 ID:FxJnr7vr0

ゴクリ…


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:04:57.58 ID:G9IAOXdz0

松井「……無理、しなくていいよ」

恒一「無理じゃないよ。助けてもらったんだし、僕は……」

金木「ホントにしちゃうぞ。今なら冗談で済むぞ」

恒一「いいよ。いやじゃない」

松井「……」

金木「……わかった。お前、経験ある?」

恒一「ない……です……//」

金木「わかった。それなら目瞑って……」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:10:46.79 ID:G9IAOXdz0

恒一「……んっ」チュッ

金木「……目、開けていいぞ」

恒一「」ポワー

金木「どうだった?」

恒一「……やわらかかった」

金木「ふふん。これで榊原のファーストキスの相手はあたしだからな。覚えとけよ」

恒一「はい……」

松井「榊原君、次は私だよ」クイクイ


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:18:36.11 ID:G9IAOXdz0

恒一「うん……」

松井「んっ……」チュッ

恒一「……松井さんのもやわらかい」

松井「榊原君も素敵な味だったよ」

金木「そうだな。榊原のキス顔、スゲー可愛かったぞ」

恒一「あはは。ありがとう//」

金木「それじゃあ、帰るか」

松井「そうだね。三人で帰ろう」

恒一「うん……。あれ?」フラッ


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:27:24.25 ID:G9IAOXdz0

金木「大丈夫か?」

松井「立てる?」

恒一「ごめん……なんだか……体に力が……」ハアハア

金木「」ドキン

松井「」ドキン

金木「……ごめん、榊原。もうちょっとだけいいか」

恒一「へ?……んっ、んん……っ」

金木「ちゅっ、ん……ちゅ……」

恒一「……んっ、ぷはっ……はあ、はあ」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:33:33.31 ID:G9IAOXdz0

金木「はぁ〜。……ごめんな。お前が可愛すぎて我慢できなくなった」

松井「……ちょっとだけ続けていい?」

恒一「えっ、続けるって……?」

金木「怖い思いは絶対させない。嫌だったらすぐやめるから」

松井「もう少しだけ、可愛い榊原君を見せて」

恒一「……うん。僕ももう少し一緒にいたい//」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:41:13.63 ID:G9IAOXdz0

金木「榊原……」キュン

松井「榊原君……」キュン

恒一「あの、それで、どうするのかな……?」

松井「私とキスしよう、ね」

恒一「うん。……んっ、ちゅ……」

松井「んん、ちゅぅ……ふぁむ、ちゅ……」

金木「榊原、ゆっくり触るから。気持ち悪かったら言えよ」

恒一(金木さんの指、僕の胸……撫でてる)


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:48:10.02 ID:G9IAOXdz0

恒一「あっ……はあ……」

松井「痛くない?」

恒一「うん。平気……っ」

松井「よかった。少し脱がすね」

プチ シュル

恒一「あっ……恥ずかしい……//」

金木「綺麗だよ。ほら、直接触るから」

恒一「あ、んっ……あぁ……くぅん……」

恒一(直接触られてる……。体、熱いよ……)


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:58:33.14 ID:G9IAOXdz0

松井「榊原君、顔トロンとしてるよ。カワイイ」

金木「ああ。スゲー可愛いよ」

恒一「み、見ないでよ……んっ、あん……っ」

松井「杏子ちゃん、そろそろいいかな?」

金木「そうだな。……榊原、亜紀が下の方触るから」

恒一「う、うん……」

松井「痛かったら言ってね」

クチュ

恒一「ひゃああんっ」ビクッ

松井「すごい……トロトロ」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:03:29.69 ID:eIkH3XzM0

お前元男だったこと忘れてるだろ!それでいい!


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:06:42.75 ID:G9IAOXdz0

恒一「あっ、うう……ふぁあ、んん……っ」

松井「榊原君のここ、すごく熱い」クチュクチュ

恒一(あ、頭……ふわふわする……)

恒一「んっ、ああ、こ、こわい……よぅ……っ」

金木「大丈夫。ほら、キスしよう」

恒一「んんっ……ちゅう、はぁむ、んっ……ちゅっ」

恒一(ああ、気持ちいい……キスも……あそこも……)


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:15:04.10 ID:G9IAOXdz0

恒一「なんか……くる……あっ、んっ、きちゃ……うぅ……っ」ビクビク

松井「いいよ。そのまま、身を任せて……」クチュクチュ

金木「怖くないからな」チュッチュッ

恒一「ああっ、んっ……っくぅん、も、だめぇ……!」

恒一「んっ、あ、あ、ひゃあ、ああ、あ……ああああぁぁぁあああっ!!」ビクン

恒一「はあ、はあ……」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:29:06.00 ID:G9IAOXdz0

金木「大丈夫か?」

恒一「うん……。なんとか……」ハアハア

松井「榊原君、すごく可愛かったよ」

金木「そうだな。それにエロかった」

恒一「や、やめてよ。恥ずかしい//」

恒一「……それで、僕は恩返しできたかな?」

金木「う〜ん、まだだな」

松井「そうだね〜」

恒一「ええ!?」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:36:05.44 ID:G9IAOXdz0

金木「女のうちは、榊原はあたし達の恋人だからな」

松井「いい?」

恒一「…………いいよ。僕も一緒にいたい」カァア

金木「よし!決まりだな」

松井「うん。それじゃあ、帰ろう」

金木「っと、その前にもう一回」チュッ

恒一「んっ……」

松井「私も」チュッ

恒一「ンッ……」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:45:41.98 ID:G9IAOXdz0

金木「さて、帰るか♪」

恒一「もう、二人とも……」

恒一(でも……すごく甘いな……)クスッ


〜数日後〜

赤沢「恒一君、ごめんなさい。手を尽くしてるんだけど、いろいろ難しくて……」

恒一「大丈夫だよ。焦らずゆっくりでいいよ」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:49:58.54 ID:G9IAOXdz0

赤沢「ありがとう。そう言ってくれるとこっちも救われるわ」

金木「お〜い。榊原」

松井「榊原く〜ん。いっしょにお昼食べよう」

恒一「うん。今行くよ」

赤沢「最近、金木と松井と仲良いわね」

恒一「うん。二人とも大事な友達なんだ」ニコ



おわり


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:53:07.02 ID:G9IAOXdz0

お付き合い頂きありがとうございました
違うアプローチもできそうだし、皆このネタで書けばいいと思う


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:55:56.31 ID:FxJnr7vr0

おもしろかった!乙!

>>1の違うアプローチとやらもぜひ読んでみたいから暇があったらまた書いてくれよな!


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:56:47.49 ID:pmhtM/Esi


次は多々良っティルートを


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:45:23.76 ID:EQbY5tpM0

乙でした!!


別エンドも期待したい

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。