スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クー子「……ニャル子ラブホテル行こ?」

URL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337008712/
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 01:25:14.87 ID:8peDP0jn0

ニャル子「冗談じゃねーですよ!私がラブホテルに行く相手は真尋さんだけですよ!」

クー子「……そんなことを言わずに」

ニャル子「しつこいですね!私がラブホテルに行く相手は真尋さんだけですよ!」

クー子「……残念」

ニャル子「いいですか!私がラブホテルに行く相手は真尋さんだけですからね!」 チラッ

クー子「……ニャル子、もうわかったから」

ニャル子「いいえ、わかってません!私が行く相手は真尋さんだけなんです!ね、真尋さん!」 チラッ!チラッ!

真尋「え?なんだって?」

ニャル子「……そうですか、どこぞの友達が少ない主人公のように聞こえないフリでスルーですか」

真尋「いや、本当に聞いてなかった。おまえの声そのものを」

ニャル子「もっとひどいじゃないですか!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 01:51:31.55 ID:8peDP0jn0

ニャル子「とか言いながらも、真尋さんもお年頃。興味がないわけではありませんでしょう?」 ギュッ

真尋「腕をからめるな!胸をおしつけるな!」 バッ!

ニャル子「おや〜? 顔を赤くしちゃって、満更でもないご様子」

真尋「う、うるさいうるさい!」

クー子「……少年、こうなったら三人で行こう。ニャル子と私と少年でくんずほぐれつ……ハァハァ」

真尋「ややこしくなるからおまえは黙ってろ」

ハス太「み、みんなが行くならぼくも行くよ!」

真尋「いや、その理屈はおかしい」

みー!みー!

真尋「うん、シャンタッ君もちょっと静かにしてようか」

ニャル子「ええい、意気地のない!いいから行きますよ!ホラ!」

真尋「あ、おい!引っ張るなって!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:07:20.73 ID:8peDP0jn0

真尋「ちょ、ちょっと待てってば!」 バッ!

ニャル子「なんですか!ここまで来て!もうラブホテルは目の前ですよ!」

真尋「ここまで来て、っておまえが連れてきたんだろーが!」

ニャル子「いやん、抵抗しようと思えば出来たはずですのに」

真尋「あんな万力のようなパワーで抵抗なんか出来るか!」

クー子「……少年、往生際が悪い」

真尋「いいか、おまえら大事なこと忘れてるぞ」

ニャル子「はて?何でしょう?」

真尋「鏡の前で自分の姿をよく見てみろ」

ニャル子「誰が見ても愛らしい美少女ですが?」

真尋「自分で言うな」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:13:58.71 ID:KIKvPwZU0

真尋「そうじゃなくて、学校の制服だよ。これでラブホテルは無理だろ。だからさっさと……」

ニャル子「チッチッチッ。YES I AM」

真尋「どこのエジプト人だよ」

ニャル子「真尋さんこそお忘れですか」

真尋「何をだよ」

ニャル子「シャンタッ君が周囲からどのように見えているかを!
      我々もまたその技術により服装が違うように見せるぐらい容易いですよ」

真尋「相変わらずムチャクチャな設定だよな……って呆れてる場合じゃない!駄目なもんは駄目だ!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:19:17.49 ID:KIKvPwZU0

ニャル子「どうしても駄目だとおっしゃる?」

真尋「どうしてもだ」

ニャル子「絶対に駄目ですか?」

真尋「絶対にだ」

ニャル子「もう許してもいいのでは?」

真尋「絶対に許さない。絶対にだ。ってなんの話だ? とにかく駄目だ」

ニャル子「そうですか、しかたないですね……」

真尋「どっか他のところで遊ぶならいいけどな」

ニャル子「ではでは、違うラブホテルで遊びましょうか!」

真尋「そろそろ刺すぞ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:25:29.57 ID:KIKvPwZU0

ニャル子「クー子、ハス太君、シャンタッ君、どうやら真尋さんは行きたくないようです」

真尋「あたりまえだろ」

ニャル子「仕方ないので、強制連行しましょう」 ガシッ!

真尋「はあああああ!?」

クー子「……賛成」 ガシッ!

真尋「おい!」

ハス太「まひろくん、ごめんねっ!」 ガシッ!

真尋「おまえもかよ!」

みー!みー! ガシッ!

真尋「いや、どこも掴まれてないから」

みー…

ニャル子「さあ!レッツラゴーです!」

真尋「うああああああ!はぁぁぁぁぁぁなぁぁぁぁぁぁせェェェェェェ────ッ!!」 ジタバタ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:33:17.91 ID:KIKvPwZU0



ニャル子「ほう、これがラブホテルというものですか」 ガチッ!

真尋「はぁぁぁぁぁぁなぁぁぁぁぁぁせぇぇぇぇぇ!」

クー子「ここでニャル子と私がアレをソレしたりソレをナニしたり……ハァハァ」 ガチッ!

真尋「はぁぁぁぁぁぁなぁぁぁぁぁぁせぇぇぇぇぇ!」

ハス太「わー、すごいねー。このボタンはなにかな? うわっ、ベッドが動いたよ」 ガチッ!

真尋「はぁぁぁぁぁぁなぁぁぁぁぁぁせぇぇぇぇぇ!」

ニャル子「真尋さん、空気読んでください」

クー子「……少年、空気読んで」

ハス太「まひろくん、さすがのぼくもようごできないよ」

真尋「頼むから僕の嫌がってる空気をおまえらが読めよ!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:38:18.09 ID:KIKvPwZU0

ニャル子「ときにクー子、ハス太君、あれはなんでしょうね」

クー子「……どれ?」

ハス太「ん?」

 ガッ!ゴッ! バタリッ×2

真尋「お、おい……」

ニャル子「さあ、シャンタッ君。たまにはカプセルの中に帰りなさい」

みー!

真尋「お、おいってば……」

ニャル子「ふふふ、これで部屋には2人きり」 ジュルリ…

真尋「……ニャ、ニャル子……さん……?」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:51:04.33 ID:KIKvPwZU0

真尋「ニャル子!落ち着こう!冷静に!」

ニャル子「私はいつだって落ち着いてますよ。タバコだって逆さまに持ったりしません」

真尋「ぐぐ……なんで僕は動けないんだ!? もうおまえらの拘束は解かれてるのに!」

ニャル子「ふっふっふ、我々ニャルラトホテプ星人は影を踏むことで動きを止めることができます」

真尋「え、なにその設定。今まで踏まれたことなかったっけ」

ニャル子「最近目覚めたんですよ。穴の影響で」

真尋「ごめん、意味がわからない。おまえがこの宇宙に生まれた意味が」

ニャル子「愛を確かめ合う場所でツンな真尋さんもまた素敵です……ぽっ」

真尋「口で言うな」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 02:58:17.52 ID:KIKvPwZU0

真尋「っていうか本当に離してくれ!頼むから!」

ニャル子「一つだけ何でも言うことを聞いてくれるなら解放しましょう」

真尋「オチが読めるからそれはイヤだ!」

ニャル子「なんてノリの悪い」

真尋「クー子!ニャル子とエッチなことしたいだろ!起きろ!」

ニャル子「無駄です」

真尋「ハス太!黄衣の王形態で助けてくれ!」

ニャル子「無駄無駄無駄無駄」

ニャル子「さあ、真尋さん」 するっ

真尋「う…」

ニャル子「私と」 するするっ

真尋「うう…///」

ニャル子「愛しあいましょ?」 すとんっ


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 03:07:49.42 ID:KIKvPwZU0

ニャル子「這い寄る混沌ニャルラトホテプ、今日は混沌ではなく愛で這い寄りますよ」 ずい…

真尋「寄るな!這い寄らんでいい!」

ニャル子「どうしたんですか?言葉のわりにはお顔が真っ赤ですよ?期待してらっしゃるのでは?」 ずい…

真尋「や、やめろ!」

ニャル子「わからないんですか? 真尋さんは『運命』に負けたんです。
      私と『愛の道』を歩むことこそ『運命』なんです」 ずい…

ニャル子「さあ、邪魔な服なんて脱いでしまいましょうね」

真尋「ううう…」

ニャル子「はうん、真尋さんの肌、とってもお綺麗です…」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 03:15:02.52 ID:KIKvPwZU0

真尋「ニャ、ニャル子……お願いだから、下は、下はやめて……」

ニャル子「お断りします」

ズルッ!

ニャル子「ああ、これが夢にまで見た真尋さんのご子息」

真尋「くぅ……見られた……ニャル子に見られた」

ニャル子「これはまた元気でご立派なお子さんですね」 じゅるり

真尋「もうやめて…」

ニャル子「むふふ……SAN値は下がったかもしれませんね、サンを見られただけに」

真尋「ああ、色々な意味で最低だ……」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 03:23:35.41 ID:KIKvPwZU0

ニャル子「それでは、真尋さんのご子息、いただきま〜す……はむ」

真尋「ううっ」 ビクゥ!

ニャル子「んはぁむ……おいひいです、真尋さん、とっても……んちゅば」

真尋「ニャ、ニャル子、や、やめ…」

ニャル子「ん〜?なにをですか〜?んちゅ……はむ…じゅる…ちゅ〜〜、ちゅばっ」

真尋「う、ううう……だから、僕の…」

ニャル子「じゅるるるるるぅぅぅっ!」

真尋「はぁう!くっ!」

ニャル子「ぅぅぷぱぁっ! おやぁ?最後までよく聞こえませんね〜。んちゅ…」

真尋「く、この…」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 03:30:53.51 ID:KIKvPwZU0

真尋「ニャ、ニャル子…た、たのむ」

ニャル子「んふ、かわいいリアクションしちゃって…ちゅぶっ、はむっ…」

真尋「うぁ…っ!」

ニャル子「んちゅぷっ……そんな顔されると、もっといじめたくなっちゃいます!」

じゅっぽじゅっぽじゅっぽ!

真尋「うあぁぁあ…!ぁは…っ!はぁ!」

ニャル子「ぷぱッ!どうでふ…?きもひいいんでしょう? ほらほらぁ!」

じゅるっぽ!じゅるっぽ!じゅるっぽ!

真尋「くっ!ニャ、ニャル子!だ、ダメだ……もう、ホントに…」

ニャル子「いいんですよ!出しちゃってください!私のお口の中に!いっぱい出しちゃってください!」

真尋「うぅ……ダメだ…!出るぅ……ッ!」

 ビュ!ビュル!ビュルルル…!

ニャル子「んむぅ!?んん……!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 03:38:04.75 ID:KIKvPwZU0

ニャル子「んんん……ッ!」 ゴクゴク…

真尋「うぁぁ……出しちゃった…」

ニャル子「……ん…ぷはぁ!ご馳走様でした!」

真尋「…飲まれちゃった…」

ニャル子「もう最高に美味しかったですよ!やめられないとまらない!クセになる味ですね!」

真尋「くっ、抵抗さえ出来れば……!」

ニャル子「むふふ……出来ますよ?」

真尋「えっ!って、あれ、動くぞ……いつのまに」

ニャル子「途中から解放してましたから」

真尋「う、嘘つくな!今やったんだろ!」

ニャル子「本当ですってば。それでも私のなすがままにされてたのは…」

真尋「う、うううう……」

ニャル子「どういう意味でしょうかねぇ?」 ニヤニヤ


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 03:42:57.47 ID:KIKvPwZU0

真尋「うううううう……!」

ニャル子「なんだか、さっきから唸ってばっかりですね」

真尋「誰のせいだと思ってるんだよ!だいたいおまえが──」

ニャル子「はい?」 くぱぁ…

真尋「お、お、おまえが……」

ニャル子「なんですか?」 くちゅ…

真尋「だ、だから、お、おまえ……が……」

ニャル子「私が?」 くちゅ…

真尋「お、おまえが悪いんだ!」 ガバッ!

ニャル子「きゃあ!?」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 03:46:57.66 ID:EytKAsdbO

ラブ(クラフト)ホテルかと思ったのに


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 03:49:15.87 ID:KIKvPwZU0

ずっ!

ニャル子「ああ、真尋さんのが!」

真尋「こ、こんな可愛いくせに僕のこと一途に想いやがって!」 

ニャル子「ああ、中に!中にぃ!」

真尋「こっちまで、す、好きになっちゃったじゃないか!」

ずっ!ずぷっ!

ニャル子「ッ! こんな時にそんなこと言われたら、嬉しすぎておかしくなっちゃいますぅ!」

真尋「ゆ、許さないからな!おまえが悪いんだ!責任取れよ!」

ニャル子「は、はい!もちろん……ですっ……!はぁん!」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 03:55:03.27 ID:KIKvPwZU0

ずぷっ!じゅぽ!じゅぽ!

真尋「ニャル子!」

ニャル子「真尋さん!キスしてください!」

真尋「んっ!」

ちゅっ ちゅぶっ ぶちゅっ れろれろれろれろ

ニャル子「ああ!最高です!そのサクランボを舐めまわすような舌遣い!脳がとろけます!」

真尋「どういうっ!たとえッ!だよっ!」

じゅ!じゅぶ!じゅっぶ!


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 04:00:52.56 ID:KIKvPwZU0

ニャル子「ん!真尋さん、私、本当に幸せです!んはっ!最高に幸せです! はっ、はぁん!」

真尋「ニャル子!好きだ!大好きだ!ずっと前から好きだったんだ!」

ニャル子「っ!またそんなこと言われたら……私、もう、もう……!」

じゅっぽ!じゅっぽ!じゅっぽ!

真尋「くっ、僕も……また……」

ニャル子「ください!はぁんっ!真尋さんの遺伝子!ぁん!たっぷりと中にください!」

真尋「い、いいのか!後悔すんなよ!」

ニャル子「さ、砂漠の砂の!ん!一粒ほども!後悔なんて!しません!ぁん!」

真尋「ニャル子ぉぉぉ!」

ニャル子「真尋さぁぁん!」

真尋「ううううぅぅ〜〜〜!」

ニャル子「イ、イッちゃいますぅぅぅ〜〜〜〜!」

ビュルルルルルル……!


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 04:07:39.54 ID:KIKvPwZU0

真尋「はぁはぁ……」

ニャル子「はぁはぁ……」

真尋「はぁはぁ……」

ニャル子「ひっひっふぅ……」

真尋「その呼吸法はまだ早いだろ」

ニャル子「そうですね、『まだ』早いですよね。うふふ」

真尋「ば、ばか!調子のんな!///」

ニャル子「……調子に乗りたくもなりますよ。ようやく、結ばれたんですから」 うる…

真尋「なにも泣くことはないだろ…」

ニャル子「だって、本当に嬉しいんですもの。あの真尋さんがようやく……」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 04:08:45.37 ID:zeVvd6Q/P

まったく……ふぅ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 04:12:18.91 ID:KIKvPwZU0

真尋「あー…………その、ニャル子」

ニャル子「はい、なんですか?」

真尋「その、なんだ……今まで悪かったな、その、キツくあたったりして…」

ニャル子「……」

真尋「なんていうか、恥ずかしかったんだよ、認めるのがさ……」

ニャル子「……」

真尋「ニャル子?」

ニャル子「もうっ!」 ぎゅうぅ!

真尋「お、おい!?」

ニャル子「反則ですよ!そこまでデレるなんて!罪ですよ罪!ますます惚れちゃうじゃないですか!」

真尋「そ、そうか。なにかわからないけど悪かったよ」

ニャル子「惚れたついでに、今度は私が真尋さんのを掘るというのはどうですか?」

真尋「調子にのんな!」 ガンッ!

ニャル子「うう、短いデレ期でした……」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 04:23:01.18 ID:KIKvPwZU0

ニャル子「さて、じゃあ帰りましょうか」

真尋「ん、そうだな」

ニャル子「愛してますよ、真尋さん!」 ギュッ!

真尋「ん…」

ニャル子「僕もだよ、とか言ってくれないんですか?」

真尋「さすがに何度も言うのは恥ずかしいんだよ」

ニャル子「えへへ…」








クー子、ハス太「……少年(まひろくん)、わたし(ぼく)たちのこと置いて帰るなんてひどい」

真尋「あ、ごめん」

クー子「……ちなみに地域最安のご休憩で6万円。払ったの私だから後で返してね、少年」

真尋「完全にぼったくりだろ!というか最後の最後にそこを回収すんのかよ!」

  完


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 04:33:44.11 ID:KIKvPwZU0

途中でID変わっちゃったけど乗っ取りSS何とか最後までやれました(性的な意味で)
支援してくれた人ありがとうでした
さあ、もうみんな寝ようぜ(性的じゃない意味で)


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 04:32:24.37 ID:iH7njcgk0


こんな時間によくやってくれたものだ


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 05:18:26.55 ID:l4ZFEB810

>>69
中に!中に!を言いたかっただけだろwwww



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 07:59:55.41 ID:kRkKiMCk0

良かった!おつ!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。