スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレン「ルルーシュはあたしに好きになれってギアスをかけたんだ!」

URL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1335665487/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:11:27.68 ID:jUeVWdXp0

イカルガ 艦内 総帥室

カレン「……」

ルルーシュ「おい。例の件はどうなっている?」

ルルーシュ「なるほど。わかった。引き続き頼む」

カレン「……」

ルルーシュ「ん?どうした、カレン?何か用か?」

カレン「ね、ねえ……」

ルルーシュ「なんだ?」

カレン「……あたしにギアスかけたことあるでしょ?」

ルルーシュ「それを知ってどうする?」

カレン「あ、あたしに変なギアス使ったでしょ?!絶対にぃ!!」

ルルーシュ「……は?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:15:49.97 ID:jUeVWdXp0

カレン「だって……最近、おかしいから……」

ルルーシュ「何がだ?」

カレン「気がついたらルルーシュのことを考えてる自分がいて……」

カレン「ゼロが……ルルーシュが目の前を通る度に目で追ってる自分がいて……」

ルルーシュ「何を言っている?」

カレン「今までこんなことなかったのに……!!」

カレン「いつだっ?!」

ルルーシュ「おぉ!?」

カレン「いつ、あたしにギアスを使ったんだ?!答えろ!!」

ルルーシュ「まて、落ち着け。顔が近い」

カレン「……っ?!」

ルルーシュ「そもそもそれを知ってお前になんの―――」

カレン「い、今、キスしようとした!!そうでしょ?!」

ルルーシュ「……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:20:57.18 ID:jUeVWdXp0

カレン「もうやめてよ……こんな密室で……」

ルルーシュ「ならば出て行け。仕事の邪魔だ」

カレン「な、な……」

ルルーシュ「カレン、自分の役割を忘れているのか?」

カレン「役割って……」

ルルーシュ「お前は俺の―――」

カレン「いうなっ!!そんな恥ずかしいこと!!」

ルルーシュ「……」

カレン「あ、あたしの気持ちを……惑わすなっ!!」

ルルーシュ(なんだ……今日のカレンはいつになく荒れているな)

カレン「うぅぅ……」

ルルーシュ(体調でも悪いのか)

カレン「……あの……ギアスのことだけど……あたしにかけたんでしょ?」

ルルーシュ「はぁ……しつこいな。―――ああ、そうだ。かけた」

カレン「や、やっぱり!!ふざけるな!!この!!この!!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:26:08.60 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「それで、かけられていることを知ってお前はどうする?退団するのか?」

カレン「……卑怯だ」

ルルーシュ「は?」

カレン「そんなことできないって知ってるくせに!!卑怯だ!!ルルーシュ!!」

ルルーシュ「……」

カレン「あたしはもうお前の傍から離れられない!!そんなギアスを使ったくせに!!そんなことをいうなんて!!」

カレン「―――卑怯者!!!」

ルルーシュ「お前の忠義には感謝している」

カレン「ありがとう」

ルルーシュ「それで謝罪が欲しいのか?」

カレン「え?」

ルルーシュ「ギアスをかけられたことに対して怒っているのだろう?」

カレン「そうだよ」

ルルーシュ「俺に謝ってほしいのか?」

カレン「……いや……えっと……どうだろう……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:30:14.60 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「なんだ。要領を得ないな」

カレン「と、とにかく謝れ!!今ここでっ!!」

ルルーシュ「分かった。―――すまなかった」

カレン「うん」

ルルーシュ「これでいいか?」

カレン「……うん」

ルルーシュ「では、出て行ってくれ。まだ仕事があるのでな」

カレン「うん」

ルルーシュ(変な奴だ)

カレン「……」

ルルーシュ「……」カタカタ

カレン「……」ジーッ

ルルーシュ「……なんだ?!もう用は済んだだろ!!」

カレン「うるさいっ!!ギアスをかけたからあたしはこうなってるんだ!!責任をとれ!!」

ルルーシュ(カレン……何が言いたいんだ……!!)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:31:48.95 ID:yUyz/mHai

かわいいじゃないか


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:35:48.87 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「ええい。とにかく後ろに立つな!!気が散る!!」

カレン「ご、ごめん……」ササッ

ルルーシュ「全く……」

カレン「って!!なんで逆ギレするの?!ルルーシュが悪いんでしょ!?」

カレン「ねえ!!どうしてそんなギアスをかけたの?!」

ルルーシュ「必要だったからだ」

カレン「それは……あたしのことが……?」

ルルーシュ「気になったからだ」

カレン「……!!!」

ルルーシュ「これ以上、説明することはできない」

カレン「なによ!!ギアスなんてかけなくても得意の戦略で手に入れればよかったのに!!」

ルルーシュ「面倒だったからな」

カレン「さいてー!!!他人の心を操作してまであたしのことが欲しかったのかっ?!」

ルルーシュ「そうだ」

カレン「え……そんな……はっきり……」モジモジ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:41:56.70 ID:jUeVWdXp0

カレン「―――って、これは許されない!!絶対にっ!!」

ルルーシュ「非人道的だと罵るか?」

カレン「そうだよ……。き、気持ちは嬉しいけど……ギアスに頼るなんて……だめだ」

ルルーシュ「お前は万能なカードが手札にあっても、後生大事にし、墓まで持っていくのか?」

カレン「え?」

ルルーシュ「俺は違う。そのようなカードがあるなら、状況を見て有効的に使っていく」

ルルーシュ「それが戦略だ」

カレン「だ、だからって……!!」

ルルーシュ「カレン。お前にギアスをかけたのは本当に必要だったからだぞ?」

カレン「なら、そんな不思議な力に頼らなくても!!」

ルルーシュ「お前、学校に殆ど顔を出さなかっただろうが。それでどうやって落とす?」

ルルーシュ「話しかけるのも難しいぐらいだったのに」

カレン「そ、それは……教室で昼ごはんに誘うとか……色々あったはず……」

ルルーシュ「そうしている時間が惜しかった」

カレン「そ、そこまであたしのことを……」ドキドキ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:44:06.28 ID:33q1LDZ7O

カレン「ルルーシュはあたしにいいともで滑るギアスをかけたんだ!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:44:32.89 ID:RMsSlMqc0

>>30
許された


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:47:39.52 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「もういいか?」

カレン「……でも、あたしはルルーシュを許すわけにはいかない」

ルルーシュ「構わん」

カレン「なのに……あたしは……」

ルルーシュ「……」

ルルーシュ(カレンにかけたギアスは『質問に答えろ』だったな……)

カレン「くそ……いやなのに……どうして……許しちゃうの……あたし……」

カレン「ギアスが……ギアスが……憎いのに……」

ルルーシュ「カレン」

カレン「な、なによ?!」

ルルーシュ「質問に答えろ」

カレン「―――はい」

ルルーシュ「お前は俺にどうしてほしい?」

カレン「抱いてほしい」

ルルーシュ「ほう」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:48:46.92 ID:Ry5s4Vqm0

ほぅ…


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:49:15.18 ID:x3R9Z0QU0

こ、これは


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:53:35.08 ID:jUeVWdXp0

カレン「―――え?」

ルルーシュ「なんだ……そういうことか」

カレン「な、なによ……近寄るな……!!」

ルルーシュ「抱いて欲しいのか?」

カレン「ひっ」ビクッ

ルルーシュ「くくく……なんだ……そういうことか」

カレン「やめろ……くるな……」

ルルーシュ「カレン……」

カレン「いや……こないでぇ……」

ルルーシュ「……」

カレン「もう……」

カレン(ごめん……お母さん……あたしは……悪い子だった……)

ルルーシュ「―――断る」

カレン「……」

ルルーシュ(事に及べば経験がないことがバレるからな。そんなことが発覚すればゼロの威厳に関わる……!!)


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:55:37.76 ID:hxzpnZEC0

このへたれっぷりは間違いなくルルーシュさん


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 11:55:53.52 ID:oddaykPl0

さすが童帝っすね


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 12:00:56.01 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「それだけはできないのだよ。カレン」

カレン「……」

ルルーシュ「他のことならできる限りの手は打ったがな」

カレン「……なによ……結局……そういうことか……」プルプル

ルルーシュ(悪いなカレン。ゼロの威光を損なうような真似だけはできん)

カレン「そういう……プレイかっ!?」バンッ!!

ルルーシュ「なんの話だ?」

カレン「俗に言う『永遠のおあずけ』ってやつでしょ!?ふざけるなっ!!」

ルルーシュ「お前、どんな本を購読している?」

カレン「抱け!!抱きしめろ!!責任をとれ!!!」

ルルーシュ「わかったわかった。抱きしめるだけなら……」

カレン「やめろ!!女の体を物みたいに扱うなっ!!」

ルルーシュ(面倒だな……。このままでは収集がつきそうもないか)

ルルーシュ「―――C.C.か?俺のところまでこい。引き取って欲しい荷物がある」

カレン「くそ……ギアスなんて……卑劣だっ!!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 12:07:03.80 ID:jUeVWdXp0

休憩室

C.C.「水だ」

カレン「あ、ありがとう」

C.C.「かなり錯乱しているようだったな。何か言われたのか?」

カレン「……ゼロは……あたしに何をさせたいんだろうって」

C.C.「お前は奴にとっての騎士みたいなものだろ?」

カレン「……それだけなのかな」

C.C.「え?」

カレン「もしかしたら……夜のあ、ああ、いて……とか……」

C.C.「……ああ。お前いやらしい女だな」

カレン「いやらしくない!!ゼロがゼロが悪いんだっ!!!」

C.C.「……」

カレン「そんな目でみるなぁ!!あたしはいやらしくない!!ないからぁ!!!」

C.C.「いや、哀れんでいるだけだ。安心しろ」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 12:11:46.25 ID:jUeVWdXp0

カレン「こんな鬼畜なギアスをあたしにかけるなんて……許せない……!!」

カレン「許せないのに……心は……許してる……」

C.C.「大変だな」

カレン「C.C.!!どうしよう!!あたし……あたし……!!」

C.C.「なんだ?」

カレン「……あんな卑怯な男……嫌いなのに……だいっきらいなのに……」

C.C.「……」

カレン「……だい……すき……なの……」

C.C.「ああ。すごいジレンマだな」

カレン「もう……毎日、頭の中がぐちゃぐちゃで……」

C.C.「お前、そんな精神状態で戦場に出てたのか?」

カレン「だって!!ゼロがあたしに期待をもってるから……!!やるしかないじゃない!!」

C.C.「まぁ……そうだな」

カレン「はぁ……どうしよう……このままじゃ……あたし……こわれちゃう……よ……」

C.C.(面倒なものを押し付けてくれたな、坊や。恨むぞ)


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 12:17:55.48 ID:jUeVWdXp0

C.C.「で、お前はどうしたいんだ?」

カレン「どうって……」

C.C.「嫌いだけど大好き。恨んでいるけど愛している」

カレン「……」

C.C.「お前は今、理性と本能の狭間で葛藤しているわけだ」

カレン「うん」

C.C.「惚れてはいけない相手だとわかっているのに、惚れてしまった自分。だから苦しいんだろ?」

カレン「そう……かな」

C.C.「兵士として生きるなら、本音を殺さないといけないときもある」

カレン「……わかってるけど……」

C.C.「でも、まぁ、惚れたのは仕方ない。さくっと嫁にしろだろ言ってみればいい」

カレン「で、できるかっ!!そんなこと!!―――そ、そもそも……あんたはどうなの?ルルーシュのこと……」

C.C.「私は愛人だ。本妻は譲ってやるよ」

カレン「そんなのダメ!!なにいってるのよ?!」

C.C.「なんだ、古い考えだな。いいじゃないか、ゼロに何人女がいても」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 12:24:37.01 ID:jUeVWdXp0

カレン「そんなのあたしは許せない!!」

C.C.「じゃあ、ご破算だな。諦めろ」

カレン「アンタが愛人じゃなくなればいいだけだ!!」

C.C.「お前、ゼロのことは嫌いなんだろ?ギアスによって惚れているだけで」

カレン「え……そ、そうだよ!!」

C.C.「なら、愛人がいることに憤慨するなら、身を引けばいいじゃないか。何を言っているんだ?」

カレン「そ、それとこれとは……」

C.C.「同じだ」

カレン「……」

C.C.「神楽耶だっているのだぞ?いちいちそんなことで怒るなら、やめておけ」

カレン「あ、あんたは……いいの?」

C.C.「私を愛してくれるなら、ゼロに100人の嫁がいても構わない」

カレン「な……?!」

C.C.「惚れたほうの負けなんだよ。こういうことは」

カレン「アンタ……すごいね……あたしの……負け……だ……」ガクッ


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 12:29:45.76 ID:jUeVWdXp0

C.C.(面白いやつ)

カレン「……そうだね。こんなことで悩むなら……この気持ちを殺すしかない」

C.C.「うんうん」

カレン「幅射波動だぁ!!」ガッ

C.C.「どうした?自分の胸を押さえつけて。苦しいのか?」

カレン「はじけろぉ!!!」

C.C.「……」

カレン「どーんっ」

C.C.「すっきりしたか?」

カレン「したっ!!もうゼロのことなんてどうでいい!!」

C.C.「すごいすごい」パチパチ

カレン「これが紅蓮の力だっ!」キリッ

C.C.(こいつ、バカだ)

カレン「ありがとう、C.C.。気持ちの整理がついた。仕事に戻るよ」

C.C.「ああ。私も楽しかったよ、割と」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 12:33:00.52 ID:eDUZYJh50

なにこれかわいい


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 12:34:37.85 ID:v0vxzcPp0

アホかわいい


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 12:38:41.75 ID:jUeVWdXp0

格納庫

カレン「ふんふーん」ガチャガチャ

ラクシャータ「ん〜」

カレン「あれ?ラクシャータさん。どうかしたんですか?」

ラクシャータ「実はね。グレンをガウェイン使用にできないかって、ゼロから言われてて」

カレン「ガウェイン使用って……まさか、一機で幅射波動とハドロン砲を使えるようにするんですか!?」

ラクシャータ「そうそう」

カレン「す、すごい……!!でも、ハイスペックすぎませんか?」

ラクシャータ「そうなのよねぇ。だから、いっそのこと二人乗りにしちゃおうかなって思ってるのよ」

カレン「二人乗り?紅蓮をですか?」

ラクシャータ「もちろん、今ある紅蓮を改造するんじゃなくて、全く新しい紅蓮を開発することになるけどね」

カレン「二人乗りの紅蓮……」

ラクシャータ「まぁ、そんな機体だと蜃気楼よりも高性能だから、ゼロに乗ってもらわないといけない」

ラクシャータ「で、あと一人は紅蓮に乗りなれてる……あなたしかいないわけよぉ」

カレン「あ、あたしと……ゼ、ゼロ……が……ふ、ふふ、ふたり乗り……?」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 12:45:20.56 ID:jUeVWdXp0

ラクシャータ「何か問題でもある?」

カレン「あ、ありますよ!!!なにをいってるんですか!!!」

ラクシャータ「あら?ゼロのこと嫌いだったっけ?」

カレン「いや、大好きですけど!!!それとこれとは別の問題があ、ああると思います!!」

ラクシャータ「どんな?」

カレン「機内の風紀が乱れるとかっ!!」

ラクシャータ「あっはっはっは。別に水着で乗れなんていわないわよ?」

カレン「いや……男女が二人で個室とか……問題が、っが……!!」

ラクシャータ「ちょっとどうかしたの?」

カレン「だって……ほら……ゼロは……女好きだし……愛人が100人で……」

ラクシャータ「はぁ?」

カレン「あたしの貞操があぶないっ!!!」

ラクシャータ「ふーん」

カレン「あぁぁ!!だめ!!そんなの絶対!!!」

ラクシャータ(なんか面白そうだし、二人乗りで設計しよっと)


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 12:50:25.71 ID:jUeVWdXp0

カレン「はぁ……そんな……だめだめ……あんな獣と一緒なんて……」

カレン「それもこれもギアスのせい……」

カレン「くそっ……ルルーシュ……卑怯だ……」

ゼロ「カレン」

カレン「なっ!?」ビクッ

ゼロ「紅蓮の新しい機体について聞いたか?」

カレン「はれんちだっ!!」

ゼロ「破廉恥?それが新しい機体の名前か?センスがまるで無いな」

カレン「あたしは乗らない!!乗るもんかっ!!!」

ゼロ「そうか。ならばC.C.に頼むか」

カレン「……っ?!」

ゼロ「邪魔をしたな」

カレン「あ……」

カレン(だめだ……耐えろ……ここで呼び止めたら……負けだ……!!)

ゼロ「……」スタスタ


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 12:54:33.88 ID:jUeVWdXp0

休憩室

カレン「はぁ……なんであたしがこんな目に……」

神楽耶「お疲れ様です」

カレン「あ、神楽耶様」

神楽耶「何か悩み事でもあるのですか?」

カレン「……ちょっとね」

神楽耶「私でよければお話を……」

カレン「大丈夫です。お気持ちだけで……」

神楽耶「では、当ててみせましょう」

カレン「え!?」

神楽耶「恋の悩みではありませんか?」

カレン「……違います」キリッ

神楽耶「そうですか……」

カレン「はい。違います」グイッ

神楽耶「あの……胸倉をつかまれると……くるしいぃ……」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:00:35.97 ID:jUeVWdXp0

カレン「あ、し、失礼しました!!!」

神楽耶「はぁ……。まさか、そんなに取り乱すとは思いませんでした」

カレン「本当にすいません!!!」

神楽耶「あの……そこまで深刻な悩みでしたら、是非とも話していただけませんか?」

カレン「神楽耶様には打ち明けられない悩みですから」

神楽耶「……では、私の悩みを聞いていただけますか?」

カレン「え?神楽耶様の……ですか?」

神楽耶「はい」

カレン「あ。あたしでよければ」

神楽耶「ありがとうございます」

カレン「でも、あたしに相談しても助言なんてできないと思いますけど」

神楽耶「いいえ。貴方だから相談したいのです」

カレン「分かりました」

神楽耶「我が夫、ゼロ様のことなんですけど」

カレン「……」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:06:40.81 ID:jUeVWdXp0

神楽耶「ゼロ様は黒の騎士団をおまとめになるために毎日、多忙なことは承知しています」

カレン「はい」

神楽耶「ですが、新妻に対して少し冷たいのです」

カレン「冷たい?態度がってことですか?」

神楽耶「はい。夜の営みにお誘いしてもいつも断られてしまっ―――」

カレン「それで?」グイッ

神楽耶「しゃべ……れ、ま……せん……はな、し……て……手、を……」

カレン「ああ!!!すいません!!!」

神楽耶「はぁ……」

カレン「……それで。夜の営みって」

神楽耶「はい。そろそろ身ごもっていたほうがいい時期かもしれないと思って」

カレン「ど、どうしてですか……?」

神楽耶「もしゼロ様の身に万が一のことがあれば大変ですから。先にこういうことは済ませておく―――」

カレン「へえ」グイッ

神楽耶「くるしぃ……やめて……くだ、さい……」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:12:31.22 ID:jUeVWdXp0

カレン「それでゼロはいつもなんて言ってるんですか?」

神楽耶「あ……ぁ……」

カレン「答えてくださいよ、神楽耶様」

神楽耶「くる、しぃ……」

カレン「ゼロはなんて言ってるんですか?」

神楽耶「で、ですから……ことわ、られて……い、ます……」

カレン「そうですか」フッ

神楽耶「ごほっ……ごほっ……!!」

カレン「よかった」

神楽耶「あの……怒ってらっしゃいますか?」

カレン「いいえ」

神楽耶「ここで相談なのですけど、どのような言葉を選べばゼロ様を上手くお誘いできるのでしょうか?」

カレン「しりませんっ!!!!」バンッ!!!

神楽耶「ひっ」ビクッ

カレン「あたしが知りたいぐらいですっ!!!」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:19:32.61 ID:jUeVWdXp0

神楽耶「そ、そうですか……申し訳ありませんでした。同じ悩みを抱えていたのですね」

カレン「あ、いえ。そういうわけじゃ」

神楽耶「そうです。二人でゼロ様を褥まで誘惑してみてはどうでしょう?」

カレン「え?」

神楽耶「新妻と側室の貴方が一緒なら、きっとゼロ様も―――」

カレン「神楽耶様」

神楽耶「はい」

カレン「あたしはゼロのことなんとも思っていませんから。勘違いしないでください」

神楽耶「そうなのですか?私はてっきり貴方もゼロ様に選ばれた女性と思っていたのですが」

カレン「違います」グイッ

神楽耶「わ、わがり、まじだ……だが、ら……く、び……しめ……」

カレン「申し訳ありません。用事があるのでこれで」

神楽耶「ごほっ……!!ごほっえほ……」

神楽耶「はぁ……今夜も私一人でお誘いしなくてはならないのですね……」

カレン「……」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:24:12.72 ID:jUeVWdXp0

廊下

カレン「はぁ……なんでこんなことであたし悩んでるんだろう……」

カレン「……」グッ

カレン「幅射波動!!ワイドレンジだぁ!!!」

カレン「はぁぁぁぁ!!!はじけろぉ!!!」

カレン「どーんっ」

カレン「―――よし。吹っ切れた」

カレン「さてと―――」

カレン「あたしはあたしのやるべきことをしないと!!」

カレン「……」キョロキョロ

カレン「あ……」トテトテ

ゼロ「……ん?」

カレン「……」ジーッ

ゼロ(なんだ、カレンのやつ。俺を睨んでいるな……)

カレン「……」ジーッ


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:30:18.97 ID:jUeVWdXp0

ゼロ「おい!!カレン!!」

カレン「みつかった!?」

ゼロ「俺の質問に答えろ!!―――何をしている?!」

カレン「神楽耶様が近づいてこないか見張っていたの」

ゼロ「神楽耶様……?どういうことだ?!」

カレン「今日もいやらしいことに誘うって言ってたから」

ゼロ「なるほど……。それは助かるな。断るのはいつも手間だったからな」

カレン「―――あ、あの、別になんでもないから!!」

ゼロ「カレン。今朝から様子がおかしいぞ」

カレン「……もう吹っ切れたんだ!!アンタのことなんてなんとも思ってないんだ!!」

カレン「ホントだからね!!」

ゼロ「つまり退団するというのか?」

カレン「それはしないけど」

ゼロ「なら、もっと近くにいろ。そんなに離れていてはしたいことができないぞ?」

カレン「え?」ドキッ


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:33:17.48 ID:SbnkLHKI0

はしたないこと にみえた


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:35:40.03 ID:ApD117u30

>>135
なんてこった…違ったのか…


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:36:25.64 ID:jUeVWdXp0

ゼロ「ほら、もっと近くにいろ」

カレン「ぜ、ぜろ……あの……」モジモジ

ゼロ「なんだ?」

カレン「いや……だって……」

ゼロ「何だ?」

カレン「……」

ゼロ「守ってくれるんだろ?」

カレン「え……」

ゼロ「神楽耶様から俺のことを」

カレン「ど、どうして、そのこと……いや、別にそんなつもりは毛頭ないっていうか……」

ゼロ「実は毎日熱烈に誘われていて困っていた」

カレン「そ、そうなの?」

ゼロ「ああ。だから、露払いしてくれるなら助かる」

カレン「……うん。がんばってみる」

ゼロ「頼む」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:42:21.34 ID:jUeVWdXp0

ゼロ(カレンが何を考えているかはギアスによってすぐに分かるな)

ゼロ(最近、挙動不審だったし、傍に置いておき、気になったことは質問すればいいか)

カレン「……」キョロキョロ

ゼロ「さてと、物資のチェックをしなくてはな。玉城ではあてにならないし」スタスタ

カレン「……」トテトテ

ゼロ「カレン?」

カレン「な、なに?」キョロキョロ

ゼロ「そんなに警戒しなくても―――」

C.C.「おい。ピザがまだ到着しないのだが、どうなって―――」

カレン「がおーっ」

C.C.「……なんだ、珍獣でも飼い始めたのか?」

ゼロ「番犬だ」

C.C.「そうか。首輪でもつけたらどうだ?迷子になったら困るぞ?」

カレン「ゼロはあたしがまもるっ」

C.C.(こいつ、情緒不安定だな)


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:48:21.08 ID:jUeVWdXp0

格納庫

ゼロ「これで全部か」

藤堂「ああ。問題はない。それより―――」

カレン「……」キョロキョロ

ゼロ「どうした、藤堂?」

藤堂「紅月カレンの様子が変ではないか?」

ゼロ「いつものことだ。気にするな」

藤堂「そうか」

千葉「藤堂さん。お弁当作ったんですけ―――」タタタッ

カレン「……」ギロッ

千葉「な、なんですか……?」

藤堂「向こうで話を聞く」

カレン「ふぅ……」

ゼロ「……」

ゼロ(監禁しておいたほうがいいかもしれないな)


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:53:42.80 ID:B/jj+7wW0

カレンの性格だと関係深めたらむしろ悪化するにきまってる


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 13:56:02.36 ID:jUeVWdXp0

総帥室

ルルーシュ「カレン、いい加減にしろ」

カレン「え?」

ルルーシュ「質問に答えろ」

カレン「はい」

ルルーシュ「何があった?」

カレン「ギアスのせい」

ルルーシュ(質問の仕方が悪いのか……?)

ルルーシュ「ギアスのせいとはどういうことだ?」

カレン「ギアスのせいであたしはルルーシュのことが好きになってしまったから、色々困っている」

ルルーシュ「なんだと?」

ルルーシュ(ギアスのせいで俺に惚れた……?なんだそれは……)

ルルーシュ「何に一番困っている?」

カレン「ルルーシュに甘えたいのに、甘えられない。抱きつきたいけど恥ずかしいからできない」

ルルーシュ(惚れているのは間違いないみたいだが……ギアスによって惚れたとはどういう意味だ……?副作用でもあるのか?)


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:02:23.57 ID:jUeVWdXp0

カレン「―――あの」

ルルーシュ(ギアスをかけた相手はそういう感情を持ってしまうのか……?)

ルルーシュ(そこまでは考えたことが無かった……)

ルルーシュ(だが、まて……確かにシャーリーはまた俺に好意を持ってくれている……ような気もする)

カレン「ルルーシュ?」

ルルーシュ(ということは何か?今までギアスをかけた相手は……俺のことを……)

カレン「……?」

ルルーシュ(だとしたら、色々と利用できるかもしれない)

ルルーシュ(命令実行後も俺に従順になってくれるなら……くくく……)

カレン「どうかした?」

ルルーシュ(一度、学園に戻って確かめてみるか……)

ルルーシュ「カレン。俺は一度、学園に戻る」

カレン「え?!どうして?!」

ルルーシュ「向こうでやることもあるからだ」

カレン「……」


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:09:25.39 ID:jUeVWdXp0

格納庫

ゼロ「蜃気楼を」

ラクシャータ「はいはい。ところで、新型のことなんだけど」

ゼロ「二人乗りの紅蓮か。名は破廉恥といったか?」

ラクシャータ「なにそれ?」

ゼロ「違うのか?」

ラクシャータ「まぁ、いいけどぉ。とりあえず大まかな設計プランはできあがったんだけど」

ゼロ「もうか」

ラクシャータ「どうかしら?」

ゼロ「―――特に問題はなさそうだな。続けてくれ」

ラクシャータ「それじゃあ、ちょっとやってみるわねぇ」

ゼロ「頼むぞ」

カレン「ゼロっ!!」

ゼロ「どうした?」

カレン「あ、あたしもいくっ!!」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:13:02.74 ID:u+fwfbTP0

このままじゃマジで破廉恥に名前がなりかねんな


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:14:54.20 ID:jUeVWdXp0

蜃気楼内

ルルーシュ「……」

カレン「ちょっと!!どこ触ってるのよ?!」ギュゥゥ

ルルーシュ「どこも触ってない。お前が抱きついてるだけだろ」

カレン「だってこうしないと乗れないし……」

ルルーシュ「あのな」

カレン「……」ギュゥゥ

ルルーシュ(まぁいい。これもギアスの副作用というやつか)

ルルーシュ(学園に戻って、色々と確認してみないとな)

ルルーシュ「ところでカレン。変装はしておけよ」

カレン「うん。分かってる」

ルルーシュ(まずは会うべき人物は……)

ルルーシュ(ヴィレッタだな……)

ルルーシュ(もし俺の考えが正しければ……奴も……くくく……)

カレン「……」ギュゥゥ


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:19:34.70 ID:jUeVWdXp0

アッシュフォード学園 地下室

ルルーシュ「問題は無いか?」

カレン「……」

ヴィレッタ「ルルーシュ。定時報告通りだよ」

カレン「……」ギロッ

ヴィレッタ(なんだ……すごい敵意を感じる……)

ルルーシュ「カレン、ちょっと席を外してくれるか?」

カレン「ど、どうして?!」

ルルーシュ「頼む」

カレン「で、でも……」チラッ

ヴィレッタ「……なんだ?」

ルルーシュ「カレン、俺の言うことがきけないのか?」

カレン「……わかった。外で待つ」

ヴィレッタ「どうかしたのか?」

ルルーシュ「すこしお前と二人きりで話がしたかっただけだ」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:26:37.74 ID:jUeVWdXp0

ヴィレッタ「私と?なにかあるのか?」

ルルーシュ「……お前、俺のことをどう思っている?」

ヴィレッタ「ど、どういうことだ?」

ルルーシュ「正直に答えて欲しい」

ヴィレッタ「……そういわれても……困る……」

ルルーシュ(ふはははは!!この反応……どうやら可能性は高いな)

ヴィレッタ(ただの憎い上司なんていったら、どうなるか分からないし……)

ルルーシュ「ヴィレッタ……今ここで俺が服を脱げといえば脱ぐか?」

ヴィレッタ「な、なんだその質問は?!」

ルルーシュ「いいから答えろ」

ヴィレッタ「……それは……その……」モジモジ

ルルーシュ「どうなんだ?」

ヴィレッタ「卑怯だ。そんなの断れるわけないだろ……」

ルルーシュ(確定……だな)

ヴィレッタ(現状を軍にリークされて地位を剥奪されては困るし)


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:27:47.51 ID:BTI7v21M0

流石は童帝だな


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:32:13.98 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「ふはははは……。よし。助かったよ」

ヴィレッタ「それで……脱げばいいのか?」

ルルーシュ「それはまたの機会に取っておこう」

ヴィレッタ「よかった……」

ルルーシュ「では、引き続き頼むぞ」

ヴィレッタ「ああ」

ルルーシュ(だが、まだ二人だけか……。もう少し確証が欲しいところだな)

ルルーシュ「次は……」

カレン「ルルーシュ、終わったの?」

ルルーシュ「ああ。次だ」

カレン「次?」

ルルーシュ「……」トゥルル

咲世子『はい』

ルルーシュ「聞きたいことがある。俺の部屋で会おう」

咲世子『はい。わかりました』


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:38:21.22 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュの部屋

ルルーシュ「入ってくれ」

カレン「お、お邪魔します……」

咲世子「お帰りなさいませ」

ルルーシュ「咲世子、ちょっと向こうの部屋に移動してくれ」

咲世子「はい」

カレン「あたしは?」

ルルーシュ「コーヒーでも飲んでいろ」

カレン「そ、そんな」

ルルーシュ(もし咲世子まで俺に好意を持っているとすれば、俺のギアスには副作用があると考えていいだろう)

ルルーシュ(そうなれば第一条件はクリアされたも同然だ)

咲世子「あの、聞きたいこととはなんでしょうか?」

ルルーシュ「単刀直入に聞こう。―――俺のことは好きか?」

咲世子「勿論です。ルルーシュ様」

ルルーシュ(あはははは!!!これはいい!!!)


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:43:17.25 ID:fnnIv7+Wi

童貞は勘違いしやすいから困る
だから落し物拾ったからって優しく声をかけないでください


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:43:47.30 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「そうか……。それは愛していると捉えてもいいのか?」

咲世子「如何様にも」

ルルーシュ「俺も愛しているぞ、咲世子」

咲世子「勿体無いお言葉です」

ルルーシュ(C.C.め。このような副作用があることをどうして言わなかった)

ルルーシュ(もっと効率のいい作戦がとれてきたというのに)

ルルーシュ「咲世子。スザクは今、学園内にいるか?」

咲世子「はい。恐らくは」

ルルーシュ「よし、最終確認といくか」

カレン「ルルーシュ、おわった?」

ルルーシュ「カレン、お前はここにいろ」

カレン「え!?でも、あたしは……」

ルルーシュ「スザクと会う。お前を連れて行くわけにはいかない」

カレン「そ、そう……。気をつけてね」

ルルーシュ「ああ。すぐに戻る」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:47:25.79 ID:17SYry4XP

これは・・・


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:49:30.93 ID:jUeVWdXp0

屋上

スザク「ルルーシュ。突然どうしたんだ?」

ルルーシュ「スザク、いきなり呼び出して悪かったな」

スザク「それは構わないけど」

ルルーシュ(スザク、お前も俺に惚れているなら……このまま黒の騎士団に引き込んでやる)

スザク(なんだろう……?)

ルルーシュ「スザク。実は聞きたいことがある」

スザク「なんだ?」

ルルーシュ「俺のこと好きか?」

スザク「なんだよ、それ」

ルルーシュ「いいから答えろ」

スザク「……好きだった」

ルルーシュ「……」

スザク「……」

ルルーシュ(過去形だと?!どういうことだ!!!)


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:54:47.80 ID:Ewjsjfsy0

ワロタ


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:57:20.24 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ(まさか時間が経過したから……!?いや、ヴィレッタは最初期にギアスをかけた。そのヴィレッタは俺に惚れていた)

ルルーシュ(つまり時間は関係ないことになる。では、なんだ……何が原因だ……!?)

ルルーシュ「おいおい。随分な言い方だな。俺、何かしたか?」

スザク「悪い。僕の正直な感想なんだ、ルルーシュ」

ルルーシュ「好きだったって、今は違うってことだよな?」

スザク「……」

ルルーシュ(まて……もしかしたらカレンのように自身の感情をコントロールできていないだけかもしれない)

ルルーシュ「俺はお前のこと大好きだけどな」

スザク「ありがとう。でも、僕はもう……」

ルルーシュ「待ってくれ。俺たち親友だろ?」

スザク「ああ。親友だ」

ルルーシュ「なら……」

スザク「だけど、僕は君を心から慕うことができなくなったんだ」

ルルーシュ「……俺はお前のことを愛している」

スザク「とても嬉しいけど、ダメなんだ。すまない」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 14:58:14.19 ID:Ewjsjfsy0

ホモくせえやり取りwww


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:06:12.18 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ(バ、バカな……!!!ギアスの副作用はないのか……?!)

スザク(ルルーシュ……やはり記憶は戻っていないのか)

ルルーシュ「スザク……」

スザク「ルルーシュ……ごめん」

ルルーシュ「まて!!好きだったといったな」

スザク「……ああ」

ルルーシュ「いつまで俺のことが好きだった?」

スザク「……一年前かな」

ルルーシュ「一年前……?」

スザク(ユフィのことさえなければ……僕は……ルルーシュのことを好きでいられたかもしれない)

ルルーシュ(やはりギアスの副作用はあった。―――そうか、ユフィか!あの一件でギアスの副作用が消えたのか)

ルルーシュ(なるほど……わかってきた。副作用ゆえにギアスのような強制力はない。ただ感情が揺らぐだけか)

ルルーシュ(スザクは俺に対して強い憎しみを持っていたから……)

ルルーシュ「そうか……残念だな……」

スザク「すまない……。僕もルルーシュのことは好きでいたかった……いたかったんだ……」


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:09:50.93 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「……」

スザク「ルルーシュ……あの……」

ルルーシュ「もういい。わかった」

スザク「待ってくれ。でも、僕たちは!!」

ルルーシュ「スザク……」

スザク「僕たちは……親友でいよう」

ルルーシュ「……ああ」

カレン「―――うあぁぁぁああああ!!!!!」

スザク「?!」

ルルーシュ「なっ!?」

カレン「あぁ……!!!!あぁぁぁ……!!!!」

スザク「カレン?!」

ルルーシュ(馬鹿な?!何故、ここにいる!!!)

カレン「あぁぁああああ!!!!!」ダダダッ

スザク「まて!!」ダダッ


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:12:16.65 ID:u+fwfbTP0

やっちまったな


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:12:35.76 ID:V22+t0cli

よく最後まで見てたな


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:14:27.76 ID:jUeVWdXp0

廊下

カレン「うあぁあぁあああ!!!!!!」ダダダッ

ミレイ「なに?なんの―――って、カレン?!」

カレン「あぁぁ!!!あぅあぁぁぅぅ!!!!」

ミレイ「え?なに?」

カレン「あぁぁぅぅうううあぅあぅ……!!!」ウルウル

ミレイ「とにかく生徒会室に!!」

カレン「いやぁぁ……ぁぁぁ……!!!」ポロポロ


スザク「くそ……見失った」

ルルーシュ「はぁ……はぁ……スザク、急にどうしたんだ?」

スザク「悪い、ルルーシュ。急用ができた。それじゃあ」ダダダッ

ルルーシュ「……」

ルルーシュ(カレンめ……余計なことを……!!)

ルルーシュ(惚れるという副作用、いい面だけではないということか……!!)


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:20:07.24 ID:jUeVWdXp0

生徒会室

ミレイ「カレン?大丈夫?」

カレン「うぅ……うぅ……」ブルブル

ミレイ「久しぶりの再会なのに……」

カレン「ルル……」

ミレイ「え?」

カレン「ルルーシュ……が……」

ミレイ「ルルーシュがどうしたの?」

カレン「ス、ザク……に……あいし、てるって……」

ミレイ「!?」

カレン「あた、し……どうして……いいのか……わからな、くなって……」

ミレイ「それ本当に?」

カレン「もう……何を……信じて……い、いいのか……わ、か、らな、い……」ウルウル

ミレイ「ああ……泣かないで……」

カレン「神楽耶様の誘いを……断ってたのも……な、っとく……で、きた……」ポロポロ


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:21:10.59 ID:wKgSZ8nMi

カレンが秘密を大放出


238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:26:38.34 ID:jUeVWdXp0

廊下

ルルーシュ「ええい……カレンめ……どこにいる……!!」

ルルーシュ「スザクよりも先に見つけなければ……!!」

ミレイ『生徒会副会長ルルーシュ・ランペルージ。今すぐ生徒会室まで来るように』

ルルーシュ「え?」

ルルーシュ「くそ……こんなときに……!!」

ピリリリ

ルルーシュ「ロロか!」

ロロ『兄さん、大丈夫?』

ルルーシュ「ちょうどいい。お前もカレンを探せ」

ロロ『うん』

ルルーシュ「いいか、くれぐれもスザクよりも先に見つけるんだぞ」

ロロ『わかったよ』

ルルーシュ「とりあえずはこれでいい」

ルルーシュ(何度も放送されてはスザクが怪しむかもしれない。生徒会室に急ぐか)


240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:33:16.49 ID:jUeVWdXp0

生徒会室

ルルーシュ「会長、なんですか?」

ミレイ「……」

ルルーシュ「あの……」

ミレイ「まあ、座って」

ルルーシュ「ええ……」

ミレイ「ルルーシュ。私ね、別に人それぞれで良いって思ってる」

ルルーシュ「何の話ですか?」

ミレイ「私だって何度もお見合いをことわってるしね」

ルルーシュ(なんだ……?話が見えない)

ミレイ「だからね、なんというか……まぁ、その……えーと……」

ルルーシュ「会長?俺も暇じゃないんで、はっきり言ってもらえますか?」

ミレイ「じゃあ、訊くけど……。スザクくんのこと、愛してるの?」

ルルーシュ「……え」

ミレイ「答えてくれない?」


246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:36:45.43 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「いきなりなんですか?」

ミレイ「いいから」

ルルーシュ「いや、好きですよ?愛してるまでは過剰な表現ですけど」

ミレイ「それは……一人の男性として?」

ルルーシュ「まあ……そうですね」

ミレイ「そっか……そうなんだ……」

ルルーシュ「それだけですか?」

ミレイ「……カレン」

ルルーシュ「え?」

カレン「……」

ルルーシュ「カレン!?」

カレン「……ルルーシュ……いままで……ごめん……」

ルルーシュ「な、なにがだ?」

カレン「あたし……邪魔だったんでしょ……?」

ルルーシュ「何をいってるんだ?」


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:38:22.90 ID:Ewjsjfsy0

何故そんな答え方を…


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:42:01.59 ID:j4i1+oXP0

日本人なら友愛とか家族愛みたいな言い方があるが
ブリタニアだとライクとラブはハッキリ分かれるしな


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:42:30.69 ID:jUeVWdXp0

ミレイ「私も反省してる……」

ルルーシュ「ど、どういうことですか?!」

ミレイ「もっと早く気がつくべきだったのね……。あれだけシャーリーのアプローチに無関心だったもんね……」

ルルーシュ「は……?」

ミレイ「そうよね……今思えば……気がつける場面はたくさんあったのに……」

カレン「気がつきたくなかった……」

ミレイ「ルルーシュ……ごめんなさい」

ルルーシュ「な、なんのことですか?!」

ミレイ「リヴァルのことも好きだったの?」

カレン「もしかして……藤堂さ―――」

ルルーシュ「カレン!!」

カレン「あ……」

ルルーシュ「ひ、ひさしぶりだな。よし、一緒にお茶でも―――」

カレン「やめて!!そんな気もないくせに!!」

ミレイ「ルルーシュ、もう世間体を気にしなくてもいいの……大丈夫……私は味方だから」


253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:45:13.22 ID:Ewjsjfsy0

何この空気wwwwww
やめてたげてよお…


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:50:17.76 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ(くっ……なんだこの状況は……!?理解できない……!!!)

ミレイ「はぁ……私もそれなら諦められる……」

カレン「どうして……どうして……あたしの心を操ったの……あたしのこと……好きになれないくせに……!!!」

ルルーシュ(とにかくこの場から脱出しなければ……)

ルルーシュ(ロロを呼ぶか)

ミレイ「ルルーシュ……こんなこと訊くのは失礼だってわかってるんだけど……いつから意識してたの?」

ルルーシュ「あ、ちょっとまってくだい」

カレン「はぁ……どうしたら……こんなの……」

ミレイ「カレン……」

ルルーシュ「―――ロロか?生徒会室までこい」

ミレイ「で、どうなの?自分は少し違うとか感じたの何歳ぐらい?スザクくんみたいな人がタイプだったの?」

ルルーシュ「だからなにを言って」

ガラッ

ロロ「兄さん。お待たせ」

カレン・ミレイ「……!!!」


261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:54:57.71 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「ロロ、よかった」

ミレイ「ああ!!そうか!!また思慮が足りなかった!!」

ルルーシュ「え?」

カレン「女に囲まれるのストレスだった?」

ロロ「何の話?」

ルルーシュ「わからん」

ミレイ「リヴァルも呼ぶわ!!安心してルルーシュ!!」

カレン「この際、スザクも呼びましょう!!!」

ミレイ「そうね!!そうね!!」

ルルーシュ「何を言っている!!」

ロロ「あのー」

ミレイ「いつもルルーシュと同じ部屋だったわね?」

ロロ「え?は、はい」

ミレイ「夜のルルーシュってどうなの?優しい?」

ロロ「えーと……兄さんはいつでも優しいですけど」


267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:56:35.08 ID:S9vOwAdL0

会長腐ってんな


268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 15:59:59.43 ID:jUeVWdXp0

ミレイ「いつでも……?!」

カレン「やっぱり……」

ルルーシュ「会長、カレン」

ロロ「兄さん、どういうこと?」

ルルーシュ「わからない。突然……いや、最初から話がズレているような……」

ロロ「ところで兄さん、早くしたほうが」

ルルーシュ「そうだな。頼む」

ロロ「はい」キュィィン

ルルーシュ「ロロ、カレンの足を持て」

ロロ「はい」

ルルーシュ「よし。運び出すぞ」

ロロ「よっと」

ミレイ「―――ねえ、もっと兄弟の夜を聞かせて……あれ?」

ミレイ「ルルーシュ?!ロロ?!カレン?!」

ミレイ「消えた……」


276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:05:51.32 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュの部屋

カレン「……」ソワソワ

ルルーシュ「カレン、どうしてあのようなことをした?俺はここで待っておけと言った筈だ」

カレン「だ、だって……」

ルルーシュ「命令も守れないようでは黒の騎士団に置いておくことはできないな」

カレン「ちょっとまってよ!!だって……これはギアスのせいでしょ……」

ルルーシュ「……」

カレン「勝手にギアスをかけておいて、そんな無責任なこというの?!」

ルルーシュ「おい」

カレン「卑怯だよ!!」

ルルーシュ「……ああ。俺は卑怯だ」

カレン「な……!!」

ルルーシュ「俺は卑怯で嘘つきで外道だ」

カレン「その上……男好き」

ルルーシュ「そうだな、男―――いや、それはない」


280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:11:50.50 ID:jUeVWdXp0

カレン「嘘だっ!!」

ルルーシュ「なんでそのような結論に至った?」

カレン「だって……スザクに告白してたじゃない!!!」

ロロ「え……兄さんって……そうだったの……?」

ルルーシュ「違う!!あれは―――」

カレン「いいよ!!無理に取り繕うとしなくても!!!」

ロロ「兄さん……そうだったんだ……そっか……」

ルルーシュ「やめろ!!誤解だ!!あれはギアスの副作用を調べるための質問だ!!他意はない!!」

カレン「でも、ミレイ会長に質問されたときも好きだって言ってた!!!」

ルルーシュ「それは友人として好きということだ!!」

カレン「やっぱり好きなんじゃないかっ!!!」

ルルーシュ「いい加減にしろ!!」

カレン「あたしのことを散々弄んで、なにがしたかったの!!?」

ルルーシュ「おい!!」

ロロ「兄さんが……じゃあ……お風呂も一緒に入ってくれるかな……」


283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:13:06.27 ID:xVOjt4cd0

あぁもう一人めんどくさいのが・・・


286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:14:55.05 ID:CiIYaGNo0

雑巾はバケツの中にでも浸かってろ


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:16:25.68 ID:jUeVWdXp0

カレン「くそぉぉ!!!」ガッ

ルルーシュ「ぐっ……カレン……離せ……」

カレン「幅射波動だ!!弾けろ!!!」

ルルーシュ「カレン!!落ち着け!!」

カレン「うぅ……あたしの……きもち……かえしてよぉ……うぅ……っ……」

ルルーシュ「……」

ロロ「兄さん……あの……一緒に……」

ルルーシュ「ロロ、地下室に戻れ」

ロロ「え?でも……」

ルルーシュ「俺の言うことが聞けるな?」

ロロ「うん……」

ルルーシュ「……カレン」

カレン「……なによ」

ルルーシュ「俺を憎め」

カレン「ど、どういうこと……?」


290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:21:03.10 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「もし、お前の今の感情がギアスによる副作用なら、俺を憎むことで消える」

カレン「え……副作用?」

ルルーシュ「ああ。そこまで強い強制力はない」

カレン「……ちょっと待って。あたしにかけたギアスって……なに?」

ルルーシュ「質問に答えろ」

カレン「……」

ルルーシュ「それだけだ」

カレン「……そ、それだけ?」

ルルーシュ「お前からレジスタンスの情報、シンジュクでのことを聞いただけだ」

カレン「……」

ルルーシュ「どうかしたか?」

カレン「ルルーシュはあたしに好きになれってギアスをかけたんじゃ……」

ルルーシュ「何故、そのようなギアスをかけなければならない?無駄遣いだろ」

カレン「……」

ルルーシュ「カレン?大丈夫か?」


291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:24:32.83 ID:x3R9Z0QU0

無駄遣いww


293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:26:11.64 ID:Ewjsjfsy0

ばっさりですわ


294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:27:14.33 ID:jUeVWdXp0

カレン(じゃあ……この気持ちはギアスじゃなかった……?)

カレン(ルルーシュに対するこの感情って……!!!)

ルルーシュ「いいか、カレン。ギアスは一人に一度しか―――」

カレン「ねえ……ルルーシュ?」

ルルーシュ「どうした?」

カレン「好きじゃないから!!別に!!ルルーシュのことなんて!!!」

ルルーシュ「なに?」

カレン「むしろ嫌いな部類だから!!勘違いしないで!!」

ルルーシュ「……」

カレン「そ、そう!!ゼロは好きだけど、ルルーシュは嫌いなんだ!!」

ルルーシュ「おい」

カレン「大体、ルルーシュは男が好きなんでしょ?!そんな男、あたしは願い下げだっ!!」

ルルーシュ「またその話になるのか……」

カレン「だって……」

ルルーシュ「俺にそんな趣味はないと言っているだろう」


296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:32:05.03 ID:jUeVWdXp0

カレン「信じられるか!!今更っ!!」

ルルーシュ(ちっ……このままではいらぬ噂が立ってしまいかねない……)

ルルーシュ(ゼロに特殊性癖があるなんて広まったら……)

カレン「……」

ルルーシュ「カレン……分かった」

カレン「な、なに……?」

ルルーシュ「質問に答えろ!!!」

カレン「はい」

ルルーシュ「俺にどうされたい?」

カレン「強く抱きしめて」

ルルーシュ「わかった……」

カレン「……え?」

ルルーシュ「カレン、今から証明する」

カレン「まっ―――」

ルルーシュ「……」ギュッ


303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:36:37.69 ID:jUeVWdXp0

カレン「あ……ぃ……」

ルルーシュ「……」ギュゥゥ

カレン「こ、こんな……こと……さ、されて……も……」

ルルーシュ「なんだ?」

カレン「ま、また……ギアスで……聞いた……?」

ルルーシュ「悪いな、カレン。俺にはお前がなにを求めていたのか分からなかった」

カレン「さい……てい……」

ルルーシュ「ああ……俺は最低だ」ギュゥゥ

カレン「……嘘つきで……卑怯で……」

ルルーシュ「外道だ」

カレン「……」ギュッ

ルルーシュ「……」

カレン「ルルーシュ……あたし……」

ルルーシュ「なんだ?」

カレン「……やっぱり……あたし……嫌いになれない……」


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:40:24.29 ID:RnQb2gr+P

カレン「……やっぱり……あたし……嫌いになれない……ホモが……嫌いな……女の子なんて……いない」


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:41:54.34 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「そうか」

カレン「だから……ギアスの副作用は……消えない……と思う……」

ルルーシュ「残念だったな」

カレン「うん……とっても……」

ルルーシュ「カレン……」

カレン「ルル……シュ……」

ピリリリリ

ルルーシュ「ん?電話か」

カレン「あ……」

ルルーシュ「―――私だ。どうした?なにかあったのか」

カレン「……はぁ」

カレン(って、あたし何をしようとしてたの!?)

ルルーシュ「なるほど……。分かった、すぐに戻ろう」グイッ

カレン「え、なに―――んぐっ!!」

カレン(こ、れ……キ……ス……?!)


311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:45:53.89 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「ふぅ……。え?いや、なんでもない」

カレン「……」

ルルーシュ「―――カレン。戻るぞ。仕事ができた」

カレン「え……あの……」

ルルーシュ「証明するといった。俺に変な趣味はない」

カレン「いや……」

ルルーシュ「まだ足りないのか?」

カレン「十分!!!十分です!!!」

ルルーシュ「ふん……」

カレン「……」

ルルーシュ「いつまで呆けている?」

カレン「は、はい!!」

ルルーシュ「全く」

カレン「えっと……今のって……その……バイってこと?」

ルルーシュ「もういい。カレンは嫌いだ」


312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:47:00.80 ID:eJ7SqQn30

だめだこいつ


318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:49:14.31 ID:jUeVWdXp0

イカルガ 格納庫

カレン「はぁ……」

C.C.「どうした?」

カレン「え?」

C.C.「ずっと顔が綻んでいるが?」

カレン「あのさ……C.C.……ギアスの副作用ってあるの?」

C.C.「副作用?」

カレン「かけられた方になにか後遺症みたいな」

C.C.「記憶の欠如はあるだろうが、それ以外はないよ」

カレン「……やっぱり……」

C.C.「なにかあったのか?」

カレン「C.C.!!」

C.C.「な、なんだ?」

カレン「あたし……今度こそ決めた!!」

C.C.「何を?」


320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:53:12.89 ID:jUeVWdXp0

休憩室

ゼロ(カレンには少し酷いことをしてしまったか……)

神楽耶「ゼロさまー!!」テテテッ

ゼロ「神楽耶様」

神楽耶「今日こそは契を―――」

カレン「はぁぁぁ!!!!」ガシッ

神楽耶「え?」

ゼロ「カレン!?」

カレン「幅射波動だぁぁぁ!!!!」ギリギリ

神楽耶「いたたたた!!!!頭がわれてしまいます!!!」

カレン「弾けろぉぉぉ!!!」ギリギリ

神楽耶「ゼロさまぁぁぁ!!!!」ジタバタ

ゼロ「おい!!カレン!!やめろ!!」

カレン「どーんっ」ポイッ

神楽耶「あぅ……」


322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:55:09.39 ID:g63wgBerO

退団されても文句は言えんぞコレ


328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:03:17.18 ID:CiIYaGNo0

カレンさん、仮にも相手は上の身分なんだから…


327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 16:59:18.04 ID:jUeVWdXp0

ゼロ「おい!!何をしたかわかっているのか!?」

カレン「ゼロ!!」

ゼロ「な、なんだ?」

カレン「あ、たしで……よければ……その……」モジモジ

カレン「すきにしていいからっ!!」

ゼロ「……」

神楽耶「ゼロ様、私もめちゃくちゃにしてくださってもかまいません」

カレン「こんな子供より、あたしのほうがいいとおもう!!」

神楽耶「子どもとはなんですか!!」

ゼロ「あのな……」

C.C.「モテモテだなぁ。坊や?」

ゼロ「黙れ、魔女」

C.C.「お前、別のギアスでももってるんじゃないのか?」

ゼロ「黙れといってる!!」


331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:04:06.22 ID:jUeVWdXp0

数ヵ月後

ラクシャータ「はぁい。できたわよぉ」

ゼロ「これが……」

カレン「新型機……!!」

C.C.「幅射波動とハドロン砲が使える新型か」

ラクシャータ「そう。超ハイスペックナイトメア。破廉恥よぉ」

ゼロ「ふはははは!!これさえあれば!!」

C.C.「で、二人乗りなのか?」

ラクシャータ「じゃないとまともに動かせないからねぇ」

カレン「誰と誰が乗るの……?」

ゼロ「私とカレンだ」

カレン「えぇぇ?!!??」

ラクシャータ「とりあえず起動テストやってみましょうか」

ゼロ「よし。いくぞ、カレン」

カレン「あ、はい!!」


333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:05:45.17 ID:ZisuBKYv0

破廉恥って名前に誰か疑問持てよwwwwwwww


339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:07:20.07 ID:2/T0tUYu0

破廉恥って字面的に結構よくね?


342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:09:00.64 ID:jUeVWdXp0

機内

ゼロ「各部正常。起動!!」

カレン「起動!!」

ラクシャータ『どう?』

ゼロ「問題はなさそうだ」

ラクシャータ『そう。よかった』

カレン「ゼロ……これならブリタニアを……」

ゼロ「ああ!!いける!!いけるぞ!!」

カレン「じゃあ、少し動かす?」

ゼロ「そうだな。破廉恥、出る!!」

カレン「―――何も問題はなさそう」

ルルーシュ「ふぅ……。ああ、これなら実用可能だろうな」

カレン「……」

ルルーシュ「どうした?」

カレン「あ……いや……なんか、久しぶりに二人きりになった気がして……」


343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:10:05.10 ID:ZisuBKYv0

破廉恥、出る!!
じゃねぇよwwwww


346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:10:23.41 ID:CiIYaGNo0

覇煉薙とかならまだ言い訳できる


348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:13:39.19 ID:jUeVWdXp0

ルルーシュ「そうだな。最近は色々と忙しかったからな」

カレン「ねえ……ルルーシュ?」

ルルーシュ「なんだ?」

カレン「戦いが終わったら……アッシュフォード学園に……」

ルルーシュ「勿論だ」

カレン「うれしい……」

ルルーシュ「カレン……」

カレン「ん……」

ルルーシュ「ん……」

ラクシャータ『あーちょっとぉ』

カレン「は、はい?!」ビクッ

ラクシャータ『ハドロン砲撃ってみてくれない?』

ルルーシュ「よし、カレン!!ハドロン砲!!発射!!!」

カレン「ハドロン砲!!発射!!!」

―――ドォォォォォン!!!!!


351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:18:06.31 ID:jUeVWdXp0

ラクシャータ「はい、おかえり」

ゼロ「おい……何故、砲身がいきなり爆発した……?」

カレン「死ぬかとおもった……」ブルブル

ラクシャータ「幅射波動との相性があまりよくなかったみたいね。まだまだ改善の余地があるわ」

ゼロ「ええい!!あれでは空飛ぶ棺桶だ!!」

ラクシャータ「あはは。うまいこというわね」

ゼロ「くそ……!!」

C.C.「バチが当たったな」

カレン「なんの……」

C.C.「お前ら、戦ってる最中にいちゃつくなよ?」

ゼロ「なっ……!?」

カレン「見てたの?!」

ラクシャータ「あーら。機内でなにしてたのー?」

C.C.「単純な罠にひっかかって。可愛いやつめ」

ゼロ・カレン「……」


354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:23:34.22 ID:jUeVWdXp0

アッシュフォード学園

ルルーシュ(くそ……とんだ恥をかいた)

ルルーシュ(だが……カレンとの約束は守らないとな……。そのためには……)

咲世子「ルルーシュ様。お待ちしておりました」

ルルーシュ「ああ」

咲世子「では、こちらを」

ルルーシュ「ん?スケジュールか……。―――んん!?!?」

ルルーシュ「おい……なんで……男とのデートがびっしりと……!?」

咲世子「ミレイ様が男性を紹介してくれましたので」

ルルーシュ「は?!」

咲世子「男性のほうからデートしてほしいといわれたので……お受けしたのですが……」

ルルーシュ「バ、バカな……!!!」

咲世子「今から30分後にはアメフト部主将の方と―――」

ルルーシュ「……」

ルルーシュ(カレン……俺は……死ぬかもしれない……)


355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:25:06.92 ID:2/T0tUYu0

何故断らない


358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:27:25.99 ID:Uj6nVXX40

卒業できるな
処女を


360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:29:42.63 ID:jUeVWdXp0

イカルガ 格納庫

カレン「……♪」ガチャガチャ

C.C.「どうした?楽しそうだな」

カレン「え?そ、そんなことないよ!!」

C.C.「破廉恥内でいいことでもあったんだろ?私を差し置いて、いい度胸だな」

カレン「あたしはもう逃げないよ。戦いからも……恋からも……!!」

C.C.「ほう……?やる気満々だな」

カレン「ああ」

C.C.「ま、精々愛人の枠で納まらないようにな」

カレン「狙うのは本妻だけだ」

C.C.「……」

カレン「……」

C.C.「なるほど。私もうかうかしていられないな……」

カレン「C.C.!!あたしだって、愛してるんだから!!―――ゼロのことを!!!」


おしまい。


361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:31:02.37 ID:wKgSZ8nMi

乙破廉恥


373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:45:49.05 ID:NBopV4Eui

破廉恥な乙だ


374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 17:53:46.90 ID:lWS9rsl0O

ラブラブ破廉恥乙


378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/29(日) 18:11:13.09 ID:xVwOtdhL0


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。