スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒一「でもこのクラスで一番かわいいのは小椋さんだよなあ……」

URL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1334048275/
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 18:50:50.59 ID:GuQsHOVW0

恒一「よし」ガタッ

全員(立ち上がった!?)

恒一「……」テクテク

全員(小椋さんの周囲を回り始めた?)

小椋(え、えぇえ?何何?何なのこれぇ!?)

恒一「あ!」ピタッ

小椋(え、何!?)ビクッ

全員(動きが止まった!?)

恒一「うん、この角度の小椋さんが一番可愛い!」

小椋「……///」カァー

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 18:53:08.93 ID:MFSujBkj0

いいぞ
もっとおぐおぐを攻め続けろ恒一くん!!
接触も許可する


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 19:11:05.04 ID:MFSujBkj0

小椋(もう……今日はいきなり何なのよ……)ドキドキ

恒一「……」ジーッ

米村(榊原くんがさっきから俺の方を見ている気がする……)

恒一「……」ジーッ

米村(し、視線が痛い……何だこのプレッシャーは……!)

米村「先生!」

久保寺「何ですか米村くん」

米村「ちょ、ちょっと体調が優れないので保健室に行ってもいいですか?」

久保寺「しょうがないですね。行っていいですよ」

米村「あ、ありがとうございます」ガタガタ トコトコ ガラガラ ピシャン

全員「……」

恒一「よし」


小椋「!?」ドキドキ

恒一「偶然にも小椋さんの隣の席が空いてるしここで授業を受けようかな」チャクセキ

小椋「!?!?」ドキドキドキドキ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 19:22:24.86 ID:MFSujBkj0

小椋「」ドキドキ

恒一「前の方の席は黒板が見やすいな」

綾野(こ、こういっちゃんが隣にいる!横顔もかっこいい///)

恒一「ここからだと赤沢さんのうなじもこう見えるのか……」

赤沢(う、うなじ?私のうなじ見られてるの!?)

恒一「さて、と。机の位置が少し気になるな」ガタガタ

小椋(え?え!?何でこっちに寄ってくるの!?)

恒一「小椋さんの机とくっつけて……」ピッタリ

綾野(こういっちゃんが遠くなちゃった……)

小椋(近い近い近い近い!!!!)ドキドキドキドキ

恒一「ほら。やっぱり小椋が一番可愛い」

小椋「」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 19:23:55.99 ID:mc//h9290

一番かわいいのは小椋ちゃん
一番付き合いたいのは綾野ちゃん
一番愛おしいのは赤沢さん

つまり演劇部トリオやばい


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 19:36:36.45 ID:GuQsHOVW0

赤沢(うらやましい…、うらやましすぎるぅ!)ガンッガンッ

中尾(赤沢さん…)

杉浦(泉美……、うるさいから静かにしてくれないかしら)

恒一「そろそろ授業終わるし、自分の席に戻ろうかな」テクテク

小椋「……///」ボー

キーンコーンカーンコーン

勅使河原「やっと昼休みか、あー腹減った〜」

望月「勅使河原君、第一声がそれ?さっきの件についてはスルーなんだね」

勅使河原「まぁいないものに関わるのはまずいしな、それより早く飯食いにいこーぜ」

望月「そ、そうだね」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 19:36:49.16 ID:tS1E9m3s0

一番かわいいのは望月ちゃん
一番付き合いたいのは鳴ちゃん
一番愛おしいのは怜子さん

つまり美術部トリオやばい


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 19:40:01.67 ID:OxXvgoCV0

>>47
これほど同意できない意見も珍しい


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 19:54:48.20 ID:GuQsHOVW0

綾野「由美、私たちもお弁当タイムといきますか!」バサッ

綾野「それにしても、さっきのはびっくりしたね〜」

小椋「う、うん…」

綾野「まさかあんな大胆なことしてくるなんてね」モグモグ

小椋「みんなに見られて超恥ずかしかったし」モグモグ

綾野「でも、ちょっとうれしかった…と」

小椋「そ、そんなこと!……なくも、ない…かも///」

綾野(あ、こういっちゃんがお弁当持ってこっちに近づいてくる)



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:11:23.48 ID:eCITDEbS0

恒一「小椋さん、一緒にお弁当食べてくれるかな?」

小椋「っ!?」

綾野「っ…」

小椋「そ、それにしても彩んちの卵焼きっていっつも美味しいよね〜」

綾野「そ、そう?…でも由美のお母さんの料理のほうがおいしいと思うよ、私は」

恒一「………」

小椋「そんなことないよ、ほら食べてみてよ、ウチの卵焼き、レベルの違いが分かるから〜…」スッ

パク

恒一「うーん…普通に美味しいと思うけど、小椋さんが作ったのを僕は食べてみたいな、次は」

小椋「っ……ご、ごちそうさまっ!」カァ…


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:19:35.97 ID:eCITDEbS0

小椋(もう!何なの恒一君!いきなり来て、いきなり私の卵焼きを…)

小椋(………)ボッ

小椋「…ホント…考えらんないっ!」

恒一「何が?」

小椋「っ!?」

小椋(ど、どうして付いてくるのぉ…もう…)

小椋「………」スタスタ

恒一「…小椋さんが歩くたびにいいにおいがするなぁ…やっぱり可愛いと体臭もいい匂いなんだね」

小椋「っ…」ピタッ

恒一「あれ?どこか行くんじゃないの?小椋さん?」

小椋「………」カァ…

小椋(もう…どうしようもないじゃん…今振り向いたら顔真っ赤ってこともバレるし…もう!)


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:25:38.90 ID:eCITDEbS0

恒一「それにしても小椋さん」

小椋「っ」ピクッ

恒一「ご飯まだ途中だったよね、持ってきたから適当に空き教室探して一緒に食べよう」

小椋「!?」

小椋(う、嘘っ!私のお弁当持ってきたの…!?)

小椋「………」プルプル

恒一「正直、お腹を鳴らしながら午後の授業を頑張る可愛い小椋さんも見たいけどさすがに可哀相だからね」

小椋「………」

恒一「ほら、早く行かないと昼休み終わっちゃうよ?」

小椋「………」テクテク

恒一「あれ?その先に空き教室ってあるの?」

小椋(だって…戻れないし、進むしかないじゃないっ…)カァ…

恒一「それにしてもやっぱりいい匂いだなあ〜…もう匂いも可愛いよ」

小椋「……くっ…」スタスタ


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:30:59.01 ID:eCITDEbS0

空き教室
恒一「あんまり掃除されてないらしいけど、ここで我慢しよっか」

小椋「………」スタスタ…ストン

恒一「ははは、小椋さん、そんなに急がなくても弁当は逃げないよ」

小椋「むぅ…」

恒一「よし、それじゃあ食べようか」ストン

小椋「………」スッ…

恒一「ダメだよ、小椋さん、勝手に人のお弁当取っちゃ」バッ

小椋「!?」

小椋(何言ってるのよ恒一くん!そのお弁当私のなのに…!)

恒一「欲しいものがあるならちゃんとその可愛いお口で言わないと、小学校で習ったはずだろ?」

小椋(そんなの…いえるわけないじゃない…)

恒一「でも小学校のころの小椋さんも可愛かったんだろうなぁ…どうして僕は夜見山で育ってこなかったんだろう…」

小椋(いいから…早くご飯食べさせてよぉ…恒一君)

恒一「さて、それじゃあ食べようか?お弁当」

小椋「!」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:35:54.70 ID:eCITDEbS0

恒一「早く食べないと時間が無いからね」スルスル…

小椋「っ」バッ

恒一「ほら、だからダメだって小椋さん、勝手に人の物取っちゃダメって言っただろう?」

小椋「……くっ…」

小椋(……お弁当は逃げないんじゃないの…?)

恒一「ほら、小椋さん、このお弁当が欲しいならちゃんとその可愛いお口で可愛い声を発して言わなきゃ」

小椋「………」カァ…

小椋(可愛いって二回も言われた…)

恒一「でもあんまり小椋さんの悲しい顔見たくないし、可愛いけど、それじゃあ食べさせてあげようかな」

小椋「!」 

小椋(よかった…やっぱり恒一君ってやさし…)

恒一「それじゃあ小椋さん、僕が食べさせてあげるから、はいあーん」

小椋「」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:40:31.02 ID:eCITDEbS0

恒一「あーん」

小椋「………」ドキドキ

小椋(どうしよう…ここで食べたらいないものの恒一くんをいるって認めることになるんじゃないのかな…?)

恒一「あーんってば…だんまりする小椋さんも可愛いけど、食べないなら僕が食べるよ」

小椋「っ…」

小椋(も、もう!恒一君の馬鹿ぁぁぁっ!)

小椋「い、今さっきの授業は何だか眠たかったなぁ〜、ふわぁ〜」アーン

恒一「………」

小椋「………」アーン…ドキドキ

恒一「はい、あーん」

小椋「………」ホッ…

パク

恒一「うーん!小椋さんのお母さんってすごい料理上手なんだね!婿に行きたいくらいだよ!」

小椋「………」

小椋(もう…どうしてそんな意地悪するのぉ…!)


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:44:06.63 ID:eCITDEbS0

恒一「あれ?小椋さんなんだか箸が進んでないようだけど…どうかしたの?」

小椋「………」

小椋(私箸自体もってないのに……恒一君が持ってるから)

恒一「あっ!後15分ぐらいで昼休み終わっちゃうな、早く食べないと!」

小椋「!」

小椋(ど、どうしよう…私も早く食べないと…でも私のお弁当は恒一君が持ってるし…)

恒一「ほら、早く小椋さんも食べないと!時間無くなっちゃうよ!」

小椋「………」

小椋(もぉ…恒一君なんてホントにいないものになっちゃえばいいのにぃ…)


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:48:19.59 ID:eCITDEbS0

小椋「………」ドキドキ

恒一「あむっ…んっ…よし、完食」

小椋「………」ソロー…

恒一「さて、この余った弁当はどうしようかな」パッ

小椋「っ……うぅ…」

恒一「!どうしたの小椋さん!何だかうめいてるけど……うめいてる声もすっごい可愛いなぁ」

小椋(……もうダメ…お腹空いて…)

恒一「どうしようかな、これ…うーん…」

小椋(………もう!何で私がこんなことしなくちゃいけないのよぉ!)

小椋「……ぁ…ん」

恒一「?今何かすっごい可愛い声が聞こえたような…」

小椋「……ーんっ!」

恒一「?」

小椋「あ、あーんっ!」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:53:25.48 ID:eCITDEbS0

恒一「………」
小椋「あーん!」

恒一「………」

小椋「あ、あぁっーん!!」

恒一「もう、分かってるって、ホント可愛い声で叫ぶなぁ、小椋さんは」

小椋「……あーん」

恒一「分かってるよ、それにしてもまるで犬みたいだな小椋さん、はいあーん」スッ

小椋(…犬……私が犬みたいだから可愛いって言ってるのかな、恒一君)

小椋「あむっ……んっ…あーん」

恒一「はい、あーん」

小椋「あーん…」

小椋(でも…そんなのどうでもいいや…今はもういないものや犬なんて関係無しに…)

小椋「あむっ…んむっ…」

恒一「おいしい?小椋さん?」

小椋「………」コク

小椋(ただ…幸せだから…)ポッ…


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:59:08.28 ID:eCITDEbS0

久保寺「それではSHRを終了します、また明日」


綾野「由美〜、今日は色々大変だったねぇ〜」

小椋「……うん」

綾野「でも今日は早く帰って寝ちまいな、変な奴に巻き込まれないように…」

恒一「小椋さーん、クラス一可愛い美少女小椋さーん!」

小椋「」ピクッ

赤沢「」ミシッ

恒一「あ、いた、一緒に帰ろ?」

綾野「っ…ほら、早く帰ろう由美」

小椋「……ごめんね彩、私今日寄りたいところがあるから一人で帰るね」

綾野「え!ちょっと由美!」

恒一「それじゃあ帰ろうか、小椋さん」

小椋「………」コク

綾野「……由美」

赤沢「………小椋さん…後悔しないでね」コォ…


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:01:04.58 ID:FhuioJ8u0

もう小椋ちゃん完全に落ちている・・・


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:05:00.72 ID:eCITDEbS0

恒一「それにしても僕と一緒に帰ってよかったのかな、小椋さん?」

小椋「………」スタスタ

恒一「しかも、綾野さんに一人で帰るって嘘付いてたし」

小椋「………」スタスタ

恒一「嘘付くのはいけないけど、小椋さんは可愛いから許さなきゃね」

小椋「っ……」スタスタ

恒一「さて、それで一体どこに寄るの?小椋さん?」

小椋「!?」ピタッ

小椋(そんなの恒一くんと一緒に帰る口実に決まってるのに…)

恒一「?どこか行くんじゃなかったの?」

小椋「………」スタスタ

恒一「それにしても黙って下校してる小椋さんも可愛いなぁ〜」

小椋(……可愛いの基準が分かんなくなってきた…)


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:09:37.13 ID:eCITDEbS0

川原
恒一「ここは確か…」
小椋「………」ストン

恒一「あ、座るんだ…よいしょ」
小椋「………」

恒一「………」

小椋「………」スッ…

恒一「?どうしたの小椋さん、いきなり木の棒なんて掴んで…」

小椋「………」カキカキ

今から書くのはただのらくがきです。
決して誰かに当てて書いてるものじゃありません。

小椋「………」カキカキ

恒一「木の棒で書いても可愛いんだなぁ〜、小椋さんの字は」

小椋「っ……」カキカキ

一体可愛いの基準って何なの?……かなぁ。

恒一「可愛いの基準……」チラッ

小椋「」ピクッ


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:17:08.99 ID:eCITDEbS0

恒一「うーん…」

小椋「………」

恒一「僕的にはぁ…可愛いの最上級が小椋さんで可愛いの最下級が小椋さんで、基準が小椋さん…かなぁ」

小椋「………」カァ…

小椋(そ、それってどういうことよ…最下級まで私って……もう!あーっもう!)

小椋「………」カキカキ

可愛いって言えば済む問題じゃないと私は思う…と私は考えてる

恒一「………」

小椋「………」ドキドキ

恒一「でも可愛いものは可愛いから仕方ないんだよね、小椋さん、超かわいい」

小椋「っ…」

小椋(どうしてそんなこと普通に言えちゃうのよぉ…恒一君はぁ…)

恒一「さて、落書きまだ増えないのかな」

小椋(もう私…恒一くんと話したくなったじゃん……もういやぁ!)


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:17:17.85 ID:79cFhAZE0

小椋ちゃんまじ可愛い


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:20:55.29 ID:eCITDEbS0

小椋「………」カキカキ

恋って自分の本能に従うべきだとあなたも思うよね、私も思うんだ。

恒一「あれ?これってらくがきなのに誰かのこと…しかも文もなんだか乱れてきて…」

小椋「………」ドキドキ

恒一「…でも…僕もそう思うよ」

小椋「っ…」カキカキ

恒一「………」

もしそれが、いないものだとしても?

小椋「………」ドキドキ

恒一「………」

恒一「誰であろうと恋したなら、仕方ないよね」

小椋「っ……そうだよね」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:26:42.97 ID:eCITDEbS0

恒一「…小椋さん?」

小椋「私…もう我慢できないよ…恒一君」

恒一「……僕もだよ、可愛い小椋さんが話しかけてくれないなんて…本当にいないものになってしまうかと思ったぐらいだ」

小椋「……そんなこと言っちゃダメだよ恒一君」

ギュッ

小椋「そんなこと言ったら本当に消えちゃうかもしれないじゃん…ね?」

恒一「はは、そうかもね…でもこんな可愛い小椋さんを置いて消えることなんて考えられないけどね」

小椋「もう…いい加減恒一君は可愛いって言いすぎだよ…」

恒一「可愛いんだから仕方ない…それとも、他に何か言って欲しいの?」

小椋「……そのくらい察してよ…恒一君ってニブチン君なの…?」

恒一「………分かってるよ、小椋さんの可愛いお口で言わなくても」カキカキ


好きだよ、小椋さん

小椋「………」カキカキ

私も。


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:26:51.79 ID:ufka+QaLO

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:28:42.07 ID:mz8oQxDo0

非常に良いですね


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:31:11.08 ID:eCITDEbS0

翌日
小椋「おはよー、綾野ぉー!」
綾野「………」スッ…

小椋「えっ…なんで…」

赤沢「………」

小椋「…そっか、私もいないものになっちゃったのか」

赤沢「………」フッ

小椋「でも、そっちの方が都合がいいよね、恒一君?」

恒一「うん、おはよう、今日も可愛いね小椋さん」

赤沢「っ!!!」(忘れてたぁぁぁああああぁ

小椋「それじゃあ今日も一緒に授業受けよっか?恒一君」

恒一「うん、そうだね、はぁ…今日も可愛い小椋さんが見れるから幸せだなぁ」

小椋「も、もう!」


小椋「可愛いって言うぐらいなら好きって言ってよ!……恒一君のニブチン」

赤沢「」ガタッ

終わり


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:33:49.15 ID:eCITDEbS0

小椋さんのキャラ良く分からなかったのにのっとりして更に勝手に終わらせてごめん
気に食わなかったら誰か書いてくれ
それじゃあ俺も風呂入って寝るから
>>151頑張ってくれ


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:32:36.69 ID:79cFhAZE0

これはこれでいいかもしれん



184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:32:56.57 ID:xc/Kmza80

乙です
良い終わり方だった


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:34:12.63 ID:GuQsHOVW0


最後まで書き切ってくれてありがとう




91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 20:18:04.81 ID:23j4e2RTO

見崎「…榊原君は私のこと可愛いと思う?」

榊原「うん、可愛いと思うよ」

見崎「」///

赤沢「そんな…わ、私は!?」

榊原「うん、赤沢さんも可愛いと思うよ」

赤沢「」///

榊原「あ、でも」

見崎、赤沢「?」

榊原「一番可愛いのは小椋さんだよなあ…」

見崎、赤沢「」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:03:41.43 ID:23j4e2RTO

勅使河原「うちのクラスって女子のレベル高くねーか?」

望月「同世代には興味ないけど、確かにレベルは高いよね」

勅使河原「サカキはどう思う?」

榊原「うーん、言われて見れば確かにレベル高いかも」

女子「」ガタッ


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:10:38.72 ID:23j4e2RTO

見崎「榊原君」

榊原「! どうしたの見崎?」

見崎「…私のこと可愛いと思う?」

榊原「え!? いきなりどうして?」

見崎「いいから答えて」

榊原「そうだね…見崎は無口で無愛想なのは残念だけど、小柄で可愛いと思うよ。守りたくなるようなタイプかな」

見崎「」///


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:15:43.82 ID:23j4e2RTO

赤沢「こ、恒一君!」

榊原「赤沢さん?」

赤沢「わ、私は!?」

榊原「え?」

赤沢「だから! 私が可愛いかって聞いてるの!」

中尾(赤沢さん可愛い)

榊原「うーん、赤沢さんは可愛いというよりは綺麗な感じかなあ…」

赤沢「」///


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:21:10.25 ID:23j4e2RTO

綾野「こういっちゃん、私はー?」

榊原「綾野さんまで」

綾野「私、可愛くない…?」シュン

榊原「ううん、そんなことないよ」

綾野「ほんと…?」

榊原「可愛いよ。綾野さんほど笑顔が似合ってる子はいないよ。だから悲しい顔しないで?」

綾野「」///


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:27:27.44 ID:23j4e2RTO

多々良「榊原君…」

榊原「まさか…多々良さんも?」

多々良「…うん」

榊原「うーん、多々良さんは可愛いって感じじゃないかな…」

多々良「え…」ジワッ

榊原「いや、違う違う。綺麗って言った方が合ってるってこと。多々良さんは人形みたいな美しさがあるからさ」

多々良「」///


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:35:36.89 ID:23j4e2RTO

勅使河原「サカキ…誰にでも良い顔してるとろくなこと無いぞ?」

榊原「? 僕は思ってることを言っただけだけど」

勅使河原「もう何も言えねーよ……てかサカキはみんな可愛いって言うけどさ、正直なところ誰が一番可愛いと思ってんだよ」
榊原「え?…それはさすがに…恥ずかしいというか」テレッ

見崎、赤沢、綾野、多々良「聞きたい!」
榊原「」ビクッ



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 21:46:11.15 ID:23j4e2RTO

勅使河原「ほら、諦めて言っちまえ」

榊原「う、うーん、悩むけど…」

見崎、赤沢、綾野、多々良「」ドキドキ

榊原「やっぱり小椋さんかな」///

小椋「え? 私?」///

見崎、赤沢、綾野、多々良「」


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:48:04.81 ID:23j4e2RTO

勅使河原「なんでだよ! 今まで話題にすら出てねーぞ!」

榊原「え? でも転校してきた時から可愛いなーって思ってたし」///

小椋「さ、榊原君…」///

小椋「わ、私も…」

ガシッ

榊原「!?」

小椋「始めて見た時からずっと気になってた…」///


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 22:55:10.02 ID:23j4e2RTO

榊原「小椋さん…」

榊原(小椋さんが近い///)

小椋「榊原君…」

小椋(もうこのまま…///)

見崎「はい、ストップ」

榊原「み、見崎」

榊原(あ、危ない…みんなの前でキスするとこだった…)

小椋「…」///



204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:01:13.26 ID:23j4e2RTO

赤沢「ねぇ、恒一君」

榊原「な、何?」

赤沢「小椋が一番可愛いと決めつけるのは早いと思うの」

榊原「え?」

赤沢「現時点では小椋が一番可愛いと思ってるかも知れない」

赤沢「でも恒一君は私たちの全てを知っているわけじゃないでしょう?…だから」

榊原「?」


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:08:35.72 ID:23j4e2RTO

赤沢「私たちの全てを知ってから一番を決めて欲しい」

榊原「!?」

赤沢「恒一君にはこれから5日間の間私たちと順番に付き合って貰うわ」

榊原「何に付き合うの?買い物?」


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:14:50.42 ID:23j4e2RTO

赤沢「恋人同士のお付き合いよ!1人に与えられる時間は1日。順番は公平にクジで決めるわ」

見崎「異議なし」

綾野「私も」

多々良「私も」

小椋「そ、そんな…榊原君は私が一番だって言ったよ!そんなことしても結果は変わらない!」

見崎「なら何でそんなに焦ってるの?」


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:20:25.76 ID:23j4e2RTO

小椋「…」

見崎「負けるのが怖いの?」ニヤリ

小椋「…分かった。私もやる!」

榊原「僕の意思は?」

赤沢「さぁ、クジを引きましょ。クジには1〜5の数字が書いてあるから」

榊原「…」


クジ結果
1日目 綾野
2日目 赤沢
3日目 多々良
4日目 見崎
5日目 小椋


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:20:31.03 ID:aU6ubYlv0

強気な鳴ちゃんちゅっちゅ


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:26:58.46 ID:23j4e2RTO

1日目

榊原「ふあぁ……昨日は色々ありすぎて全然寝れなかったよ…」

榊原(学校に行くの、嫌だな…)

榊原「でも行かない訳にはいかないからなあ…」

ピンポーン

榊原「?」

榊原(誰だろう…?)

ガチャ

綾野「こういっちゃん♪」

榊原「」


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:27:53.28 ID:79cFhAZE0

小椋の敗北が見える


218: 以下名無しにかわりましてがVIPお送りします 2012/04/10(火) 23:28:53.33 ID:LjQI7uCA0

俺には勝利が見える


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:29:07.53 ID:LVmoSDl90

勝のは小椋!


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:33:21.74 ID:23j4e2RTO

綾野「来ちゃった」///

榊原「あ、綾野さん!? 何で朝から僕の家に!?」

綾野「一緒に学校行くからだよ?」

榊原「なんで!?」

綾野「私たち付き合ってるんだから当たり前じゃん!」///

榊原「あ、はは、そうだったね」

榊原(まさか朝から始まるなんて…)


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:42:00.19 ID:23j4e2RTO


学校


榊原「お、おはよう」

勅使河原「おう、サカキ!…と綾野…」

綾野「ふふっ♪」ダキッ

勅使河原「朝から仲がよろしいこった…」

榊原「なんかごめん…」

綾野「こういっちゃん♪」ムギュッ


228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:45:25.81 ID:23j4e2RTO

榊原「うっ」///

榊原(綾野さん柔らか…って僕は何を…)

赤沢「…これ見てる方は辛いわね…」ギリッ
見崎「今は我慢」

多々良「仕方ないよね…」

小椋(榊原君…)



231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:51:50.79 ID:23j4e2RTO


昼休み


榊原「ふぅ」

榊原(なんか今日はいつもより疲れたよ…)
綾野「こういっちゃん?」

榊原「はいっ!?」

綾野「どうしたの?ボーっとしてたけど」
榊原「な、何でもないよ!綾野さんこそどうしたの?」

綾野「お昼ご飯一緒に食べよーよ!」

榊原「あ、うん」

綾野「じゃ、屋上いこっ♪」



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/10(火) 23:58:59.09 ID:23j4e2RTO

屋上


綾野「2人っきりだね♪」ギュッ

榊原「ちょ、ちょっと駄目だよ」

榊原(色々と当たってるし///)

綾野「私はこういっちゃんなら構わないよ?」

榊原「綾野さん…」///

綾野「彩」

榊原「え?」


233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 00:03:12.52 ID:24o1a7KeO

綾野「彩って呼んで?」

榊原「彩…」///

綾野「よろしい♪」

榊原(はっ、僕は何を)

榊原「…そろそろご飯食べない?」

綾野「もう!せっかくいい雰囲気だったのにー」

榊原「時間もないし、ね?」

綾野「むー」


240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 00:09:48.13 ID:24o1a7KeO

放課後


綾野「こういっちゃん、一緒に帰ろーよ!」

榊原「あ、うん」

勅使河原「結局1日中イチャイチャしやがって」ギリリッ

望月「勅使河原、顔、顔」


帰り道


綾野「…今日はありがとね」

榊原「えっ?」

綾野「無理やり付き合わせちゃってさ…ほとんど私が振りまわす感じになっちゃったし」

榊原「…」

綾野「やっぱりこんな女の子嫌だよね…」グスッ


243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 00:18:03.13 ID:24o1a7KeO

榊原「……ないよ」ボソッ

綾野「…え?」

榊原「そんなことないよ!」

綾野「こういっちゃん…」

榊原「確かに振り回されっぱなしで疲れたよ…でもさ」

綾野「…?」

榊原「それ以上に価値がある彩の笑顔が見られたから僕は嬉しかったよ」ニコッ

綾野「」///

綾野「…こういっちゃんー!!!!」ダキッ

榊原「わっ!?…飛びついてきたら危ないよ」

榊原「彩…」ギュッ

1日目終了


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 00:23:59.04 ID:24o1a7KeO

2日目

榊原「最悪だ…」

榊原(思い出したら恥ずかしい!なんであんなこと言ったんだろ…)

榊原(また寝不足だし…大丈夫なのか僕は…)

ガチャ

榊原(今日は早くから学校に行こう。また家に来られたら嫌だし)

赤沢「おはよう、早いわね恒一君」

榊原「」


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 00:29:49.08 ID:24o1a7KeO

赤沢「何してるの?ほら、学校行くわよ」
榊原「…赤沢さんは何してるのかな?」

赤沢「え?彼氏を迎えに行くぐらい当たり前でしょ」

榊原(なんかデジャヴ)

赤沢「ほら手」スッ

榊原「?」

赤沢「手を繋いでって言ってるの!言わせないでよ」///

榊原「あ、うん」


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 00:36:08.88 ID:24o1a7KeO

学校


榊原「おはよう」

赤沢「お、おはよう」///

勅使河原「サカキ…いやもういいや」

榊原「?」

赤沢「ふふっ」///

中尾(これは夢だ)

多々良「いいなぁ…」

見崎「まだ我慢」

小椋(信じてるよ…榊原君)

綾野「こういっちゃんこういっちゃんこういっちゃんこういっちゃんこういっちゃん」ニヤニヤ


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 00:41:28.20 ID:24o1a7KeO

昼休み

榊原「ふぅ」

榊原(授業は特に何事もなく終わったな。赤沢さんは楽に終わりそうだ)

赤沢「恒一君」

榊原「どうしたの、赤沢さん?」

赤沢「お昼ご飯食べましょう?」

榊原「あ、うん」


252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 00:46:43.71 ID:24o1a7KeO


屋上


赤沢「静かでいいわね」

榊原「うん、そうだね」

赤沢「早速食べましょうか」ムギュッ

榊原「うん、赤沢さん。近いよ」

赤沢「そ、そう? 恋人同士なら自然な距離でしょ?」///

榊原「…そうだね」

榊原(もう…諦めよう)


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 00:50:44.20 ID:24o1a7KeO

赤沢「じゃ、じゃあ恒一君…あーん」

榊原「え?」

赤沢「え?じゃなくて口開けなさいよ!あーん!」///

榊原「あ、あーん」パク

赤沢「美味しい?」

榊原「う、うん」モグモグ

赤沢「良かった」ホッ


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 00:54:12.59 ID:24o1a7KeO

放課後

榊原「赤沢さん、帰ろう?」

赤沢「ひ、ひゃい!?」

榊原「?」

赤沢(まさか恒一君から声をかけてくるなんて)

中尾「」

勅使河原「」

望月「ほら、2人とも帰るよ」ズルズル


258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:02:35.50 ID:24o1a7KeO

帰り道

赤沢「♪」ギュッ

榊原(機嫌良いな、赤沢さん。いつもムスッとしたイメージだから余計に可愛く感じる)

赤沢「ねぇ、恒一君?」

榊原「な、なに」

赤沢「…この場所覚えてる?」

榊原「…ここは」

赤沢「覚えてないならいいのよ」

榊原「僕と赤沢さんが出会った場所でしょ?」

赤沢「!」


259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:09:11.55 ID:24o1a7KeO

榊原「あの時の赤沢さんの泣き顔、今もはっきり覚えてるよ」

赤沢「な、なんで」

榊原「赤沢さん綺麗だったから」

赤沢「ふぇ?」///

榊原「忘れるわけないよ」

赤沢「恒一君…」


260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:11:50.17 ID:24o1a7KeO

榊原「でも赤沢さんは泣き顔より笑顔の方が何倍も綺麗で素敵だ」

榊原「今日そう思ったよ」

赤沢「」///

赤沢「ねぇ、恒一君最後に1つ良い?」

榊原「何?」

赤沢「…その、名前で…泉美って呼んで?」

榊原「…」

榊原「綺麗だよ、泉美」ニコッ

赤沢「…ありがと、恒一」ボソッ


2日目終了


263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:13:50.55 ID:wqk2u35N0

赤沢さんが幸せそうでなにより


264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:18:59.66 ID:24o1a7KeO

3日目

榊原「はぁ、僕は馬鹿だ」

榊原(何でまたあんなこと言ったかな。夜に思い出して顔真っ赤になったよ)

榊原「さてと」

榊原(どうせいるんだろうな)

ガチャ

シーン

榊原(いない!いないよ!やっと平穏な日々が!)

トントン

榊原「」

多々良「榊原君、おはよう」ニコッ


266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:23:56.81 ID:24o1a7KeO

多々良「どうかした…?」

榊原「いや、何も…」

多々良「ふふっ、それじゃ行こっか」スッ

榊原「あぁ、うん」ギュッ

多々良「ひゃう」ビクッ///

榊原「あ、あれ?嫌だった?」

多々良「う、ううん全然」///

多々良(普通に手を繋いでくるとは思わなかった…)ドキドキ


268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:25:10.20 ID:JxqPLtv+0

多々良さん清純かわいい


272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:29:39.01 ID:24o1a7KeO

学校


恒一「おはよう」

勅使河原「おう、サカキ! 今日は1人か!」

多々良「」ギュッ///

恒一「あはは…」

勅使河原「」

望月「いい加減学びなよ」

見崎「さすがにイライラしてきた」

小椋(榊原君は私が好きだから、大丈夫よね…大丈夫…)

赤沢「恒一かっこいい恒一かっこいい恒一かっこいい恒一かっこいい恒一かっこいい」ニヤニヤ

綾野「こういっちゃんこういっちゃんこういっちゃんこういっちゃんこういっちゃん」ニヤニヤ


273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:30:54.94 ID:Yh0MGUty0

病んでらっしゃる


275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:33:56.88 ID:24o1a7KeO

昼休み


榊原「ふぅ」

榊原(なんかやけに授業中視線を感じたけど……気のせいかな)

多々良「榊原君?」

榊原「あっ、多々良さん。一緒にお昼ご飯食べよっか」ニコッ

多々良「あ、うん」///

勅使河原「」ガツガツ

望月「やけ食いはやめなよ」


276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:38:32.43 ID:24o1a7KeO

屋上

榊原「美味しそうだね、多々良さんのお弁当。手作り?」

多々良「うん、一応」テレッ

多々良「食べてみる?」

榊原「うん、ありがと。あーん」

多々良「ふぇ!?」///

榊原「え? 食べさせてくれないの?」

多々良「う、うん。別に良いけど」///

多々良(なんでこんなに積極的なんだろ…)ドキドキ


278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:44:01.35 ID:24o1a7KeO

多々良「はい、ど、どうぞ」ソー

榊原「ん」パク

榊原「美味しい!凄く美味しいよ」

多々良「えへへ…ありがとう」///

榊原「お返しに僕のも食べる?」

多々良「うん」

榊原「はい、あーん」

多々良「んっ」パク

多々良「美味しい…!」

榊原「ありがと」ニコッ


281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:47:57.90 ID:24o1a7KeO

放課後

榊原「一緒に帰ろう、多々良さん」

多々良「うん」

多々良「あ、あの」

榊原「?」

多々良「…手」スッ

榊原「…分かったよ」ギュッ

望月「あれ?勅使河原がいない」


284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:55:35.41 ID:24o1a7KeO

帰り道


榊原「多々良さんって何部だっけ?」

多々良「吹奏楽部だよ」

榊原「へー、今度部活の演奏見に行っても良いかな?」

多々良「うん、大歓迎だよ……でも」

榊原「でも?」


286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 01:59:33.53 ID:24o1a7KeO

多々良「なるべく私を見ててね?他の人ばっかり見てちゃ嫌だから…」///

榊原「ははっ、大丈夫だよ」

多々良「…?」

榊原「僕が見たいのは恵だけだから」

多々良「さ、榊原君!?」///

多々良「急に名前で呼ぶなんて…」///

榊原「違うよ」

多々良「え?」ドキドキ

榊原「恒一、だよね?」

多々良「…」///

多々良「…恒一君」///


3日目終了


287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 02:02:03.73 ID:I1ywjbjf0

またやったのか‥‥


290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 02:06:27.95 ID:24o1a7KeO

4日目

榊原「ふぅ」

榊原(何でだろう。もう恥ずかしいとすら感じなくなってきたよ…。でも結局昨日は夜中の多々良さんの電話のせいで全然寝れなかったよ)

榊原「眠い…」

榊原(布団から出たくない)

見崎「大丈夫?」

榊原「あぁ、多分大丈夫だよ」

見崎「そう。なら良かった」

榊原「…」

榊原「うん。ちっとも良くないよ。何で僕の部屋にいるのさ」


293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 02:11:23.26 ID:24o1a7KeO

見崎「私が榊原君の彼女だからでしょ?」

榊原「そんな当たり前みたいな顔しないでよ…」

見崎「それより早く起きて」

榊原「うん、目が覚めたし起きるよ…」

見崎「着替えて」

榊原「とりあえず出てってよ…」


296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 02:17:58.90 ID:24o1a7KeO

学校


榊原「おはよう…」

勅使河原「大丈夫か、サカキ?顔色が…」
榊原「ははっ、大丈夫だよ…」

見崎「…」ギュッ

榊原「見崎、痛いよ…」

勅使河原「サカキと見崎だとイライラしないから助かるわ」

小椋(榊原君、体調悪そう…大丈夫かな…)
多々良「恒一君のために頑張らなきゃ恒一君のために頑張らなきゃ恒一君のために頑張らなきゃ」ニヤニヤ

赤沢「恒一かっこいい恒一かっこいい恒一かっこいい恒一かっこいい恒一かっこいい」ニヤニヤ

綾野「こういっちゃんこういっちゃんこういっちゃんこういっちゃんこういっちゃん」ニヤニヤ


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 02:23:51.02 ID:24o1a7KeO

昼休み

榊原「ふぅ…」

榊原(駄目だ、フラフラする…相変わらず視線も感じるし…)

見崎「榊原君」

榊原「あぁ、見崎。お昼ご飯一緒に食べよっか」

見崎「」コクリ

勅使河原「いつもどおりじゃん」

望月「この2人だとね」


300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 02:29:58.18 ID:24o1a7KeO

屋上

榊原「なんかこうして見崎とご飯を食べるのも久しぶりな気がする」

見崎「最近私は1人で食べてたから」シュン

榊原「あぁ、ごめんね。今日は一緒だから」ナデナデ

見崎「ん」///

見崎「榊原君」

榊原「ん?」

見崎「それ頂戴。あーん」

榊原「はい」ヒョイ

見崎「」ジトー

榊原「冗談だよ…あーん」

見崎「ん」パク

見崎「おいひ」モグモグ


302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 02:34:12.79 ID:24o1a7KeO

放課後


榊原「見崎、帰ろう」

見崎「」コクリ

勅使河原「よっ、ラブラブだな! お二人さん!」

望月「なんだコイツ」

榊原「勅使河原ウザいよ」

見崎「うざっ」ボソッ



303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 02:41:36.50 ID:24o1a7KeO

帰り道


見崎「榊原君」

榊原「どうしたの?」

見崎「足が痛い」プルプル

榊原「知らないよ…」

見崎「おぶって」

榊原「まぁ、いいけど」ガシッ

見崎「ん、ありがとう」


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 02:45:05.87 ID:24o1a7KeO

榊原「ほんとに見崎は僕がいないと全然駄目だよね」

榊原「僕がいなくなったらどうするの?」

見崎「榊原君はずっと一緒いてくれるから、考えるだけ無駄」///

榊原「はい、はい…」

見崎「…榊原君は私を見捨てないよね?」///

榊原「うん、そうだね」

榊原「…いつまでも僕が守ってあげるよ」

見崎「」///


4日目終了


308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 02:53:32.83 ID:24o1a7KeO

5日目


榊原「……」

榊原(頭が痛いよ…昨日なに言ったかもイマイチ思い出せないし……なんか電話も鳴り止まなかったし)

榊原「…今日で終わりなんだよね」

榊原(頑張ろう)

ガチャ

榊原「あれ、いない…」

榊原「…まぁ、いいか」

小椋「ま、待って!」ギュッ

榊原「あ、小椋さん…」


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 02:58:08.63 ID:cZs40Jm90

ついに小椋さん


310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 03:00:24.60 ID:24o1a7KeO

榊原「何で電柱の裏に隠れてたの…?」

小椋「そ、それはその……恥ずかしくて」///

榊原「別に気にしなくも良いよ。気楽に行こーよ…」

小椋(緊張する…)///

榊原「手繋ぐ?」

小椋「え、え!?」

榊原「そんなに驚かなくても…」

小椋「い、いいの?」

榊原「全然いいよ。気にしないで本音を出しなよ」

小椋「うん…じゃあ繋ぐ」///


313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 03:06:25.05 ID:24o1a7KeO

学校

榊原「おはよう…」

勅使河原「おっす、サカキ…今日は小椋か…さすがだな」

小椋「」///ギュッ

望月「勅使河原、目が虚ろだよ」

見崎「榊原君と一生一緒榊原君と一生一緒榊原君と一生一緒榊原君と一生一緒榊原君と一生一緒」ニヤニヤ

多々良「恒一君のために頑張らなきゃ恒一君のために頑張らなきゃ恒一君のために頑張らなきゃ」ニヤニヤ

赤沢「恒一かっこいい恒一かっこいい恒一かっこいい恒一かっこいい恒一かっこいい」ニヤニヤ

綾野「こういっちゃんこういっちゃんこういっちゃんこういっちゃんこういっちゃん」ニヤニヤ


316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 03:14:10.90 ID:24o1a7KeO

昼休み

榊原「……」

榊原(あれ、なんかフラフラする……頭が痛いよ……小椋さんとお昼ご飯食べなきゃいけないのに)

榊原「小椋さ…」

ドサッ

小椋「さ、榊原君!?」

榊原「」

小椋「榊原君!!榊原君!!大丈夫!?」

サカキバラー ダイジョーブカー ホケンシツニツレテケー
マカセロー ワタシガヤルワ コウイチクーン


322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 03:23:43.04 ID:24o1a7KeO

保健室

榊原「んっ……あれ、ここは…」

小椋「榊原君!?」

榊原「あっ、小椋さん。どうしたの?」

小椋「……どうしたの?じゃないよ! 榊原君半日は寝てたんだよ!」

榊原「え!? 僕そんなに寝てたの!?」

小椋「ほんとに心配したのに…」グスッ

榊原「ご、ごめん」



328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 03:35:38.84 ID:24o1a7KeO

小椋「い、いいよ、謝らなくても…とにかく無事で嬉しかったから…」///

榊原「ありがとう……そんなに心配してもらえるだなんて嬉しいよ」テレッ

小椋「もう心配させないでね?」///

榊原「うん、分かったよ。」

榊原「ていうか、僕半日寝てたってことは今、夜中だよね?」

小椋「もう0時過ぎてるよ…」

榊原「小椋さん家に帰らなくて大丈夫なの?」

小椋「うん、大丈夫だよ。先生とお母さんに榊原君と一緒に保健室にいるって言ったから」



330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 03:43:23.92 ID:24o1a7KeO

小椋「榊原君は今晩とりあえず保健室で様子見らしいから」

榊原「そうなんだ、小椋さんは僕の付き添いって形で泊まるの?」

小椋「…うん、今晩は私もここで寝るから…」///

榊原「でもベッドは1つだよ?」

小椋「…一緒に寝るから」ボソッ

榊原「え?」

小椋「一緒に寝るの!」///


335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 03:58:31.03 ID:24o1a7KeO

榊原「う、うん。別にいいんじゃないかな」

小椋「」///

数分後


小椋「榊原君、狭くない?」ギュッ

榊原「うん、大丈夫だけど」

榊原「抱きつかれるのは恥ずかしいよ…」テレッ

小椋「でも、こうするしかないし…」ギュー


336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 04:05:31.53 ID:24o1a7KeO

榊原「さっきより強く抱きしめてない?」

小椋「き、気のせい!」///

榊原「そうかな…」

小椋「ごめん、嘘…さっきより強く抱きしめてる…」///

榊原「だ、大丈夫だよ、もう心配しなくても」テレッ

小椋「ううん、これは心配とかじゃなくてただ私が榊原君を抱きしめたいだけ…」///

榊原「小椋さん…」


338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 04:10:10.28 ID:24o1a7KeO

小椋「榊原君…」///

榊原「……」ジー

小椋「榊原君?」

榊原「うん、やっぱりそうだ」

小椋「何の話?」

榊原「小椋さん」ガシッ

小椋「ひゃあ!? な、なに急に」///


榊原「僕は君が好きだ」


342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 04:19:51.71 ID:24o1a7KeO

小椋「…え?」

榊原「僕は君が一番可愛いと思う。他の誰よりも」

小椋「え、え?」///

榊原「結局こんなことはやる必要は無かったよ。やっぱり小椋さん、君が一番だ」

小椋「榊原君…」

榊原「僕は何があろうと君を守り通すよ。だから、これからも僕の側にいていてください」

小椋「…」

榊原「へ、返事は…」ドキドキ




343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 04:32:58.05 ID:24o1a7KeO

小椋「こちらこそ、よろしく…」///

榊原「ありがとう、小椋さん…」ホッ

小椋「…でもその呼び方はいや」

榊原「え?」

小椋「由美っ」

榊原「ゆ、由美?」///

小椋「何?こ、恒一」///

榊原「ふふっ、これからもよろしくね、由美」

小椋「こちらこそ、恒一」


チュッ







350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 04:41:33.69 ID:24o1a7KeO

読んでくれた人マジありがとう

初めてだったが書いてて
楽しかったです


345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 04:34:55.25 ID:D+jSmzSf0

やっぱり小椋さんが一番可愛い

乙でした


348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 04:37:36.61 ID:4eCl4W4xO

あの4人病みそうだな


354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 04:44:28.76 ID:24o1a7KeO

ホントはここから
あの4人にはヤンデレ化して貰う予定でした


356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 04:47:55.80 ID:a1Kh0xaO0

>>354
いいなそれ
ついでに言えば5人の中から選び取る描写があると嬉しかった


357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 04:52:16.04 ID:24o1a7KeO

ごめんね
もう眠すぎて眠すぎてw

最後は自分でも何書いてるか分からなくなった


358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 04:55:31.92 ID:a1Kh0xaO0

まぁ何はともあれおつかれ
俺得な良スレだった


378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 11:23:12.00 ID:WNKBLqqb0


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。