スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

榊原「彼女にフラれた……」

元スレ:榊原「彼女にフラれた……」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1334933026/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:43:46.31 ID:qpAXPmnQO

風呂入ったら思い浮かんだので
書いていきます




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:48:10.05 ID:qpAXPmnQO

榊原「おはよう……」

勅使河原「おう、サカキ! どうしたんだ? ヤケにテンション低いじゃねーか」

榊原「実はさ……」

勅使河原「なんだ?」

榊原「昨日、東京にいる彼女にメールでフラれちゃったんだ……」


赤沢「」ガタッ

小椋(泉美……)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:48:47.12 ID:ZKEU8wof0

綾野ちゃんと付き合えばおk


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:48:55.40 ID:x7c5H4TJ0

怜子さんチャンスです


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:49:07.69 ID:FwQVw1pH0

鳴ちゃんでお願い


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:51:52.56 ID:qpAXPmnQO

勅使河原「マジかよ……あんなに仲良いって言ってたじゃねーか」

榊原「うん……なんか好きな人ができたんだって……」

勅使河原「うわ……」

榊原「遠距離になっても何時までも仲良くしようって言ったのに……」

勅使河原「……」

榊原「所詮はこの程度にしか思われてなかったんだよ……。口では調子の良いこと言って……」

勅使河原「お、おい、サカキ……」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:55:42.73 ID:qpAXPmnQO

榊原「もう信じない……女の子なんて」ブツブツ


勅使河原「やべーな、こりゃ…」

赤沢(チャンスだと思ったのに……面倒くさいことになったわね……)

赤沢(いや………)



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:57:22.29 ID:XSPztIBg0

そうだ!ホモ‥‥


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:59:17.77 ID:qpAXPmnQO


―――……


赤沢『恒一君』

榊原『あ、赤沢さん……どうしたの?』

赤沢『大丈夫?』

榊原『……大丈夫そうに見える?』

赤沢『見えないから、心配して声をかけたんじゃない』

榊原『……いいよ、そんな心配しなくて。どうせ口だけなんでしょ?』


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:04:44.70 ID:a0XYsKGnO

赤沢『そ、そんなことないわ!』ギュー

榊原『あ、赤沢さん……』///

赤沢『私は恒一君が好き……だから本気で心配してるのよ』

榊原『でも……』

赤沢『私は恒一君だけが好き。その子とは違うわ』///

榊原『……嬉しいよ』

赤沢『恒一君……』

榊原『泉美!』ギュー

……―――



赤沢「ふふふ」ニヤニヤ

小椋(泉美が気持ち悪い…)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:11:59.59 ID:fA/SIWroO

榊原「はぁ……」

勅使河原「そ、そんな気を落とすなよ! サカキならもっと良い女が見つかるって!」

赤沢(いいわよ、勅使河原)

榊原「そんなことないよ……」

勅使河原「ほら、このクラスにだってレベル高い女子はいっぱいいるだろ!」

榊原「うん……そうだけど」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:16:48.65 ID:fA/SIWroO

赤沢(私のことね!)

勅使河原「サカキなら自然と誰か寄ってくるさ」

榊原「はは……」

赤沢(そろそろ出番かしら……)

赤沢「恒一く……」


見崎「榊原君」


榊原「あ……見崎」

赤沢「」

勅使河原「早速か……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:24:13.85 ID:fA/SIWroO

見崎「大丈夫?」

榊原「……大丈夫そうに見える?」

見崎「見えないから心配してるの」

榊原「……いいよ、そんなに心配しなくても……。どうせ口だけなんでしょ?」

見崎「そんなことない…」

榊原「……」

見崎「……」

榊原「……ごめん、言いすぎたよ……でも、今はほっといて」

見崎「…」


赤沢(あ、危なかったわ……今のタイミングじゃ話しかけても駄目だったみたいね……)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:29:28.58 ID:9kYF4WIW0

この病んでる恒一を振り向かせるのは難しいぞ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:31:38.14 ID:fA/SIWroO

〜昼休み〜


榊原「ふぅ……」

勅使河原「よし、飯だ飯!」

勅使河原「一緒に食おうぜ、サカキ!」

榊原「……うん、そうだね」


赤沢(私もご飯に誘うべきかしら……)

赤沢(もし誘ったら……)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:39:06.66 ID:fA/SIWroO

―――……


赤沢『恒一君』

榊原『赤沢さん、どうしたの?』

赤沢『私と一緒にご飯食べない……?』

榊原『うん、じゃあ一緒に食べよっか』


〜屋上〜


榊原『凄いね、赤沢さん……これ全部自分で作ったの?』

赤沢『ええ……恒一君に食べてほしくて』


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:44:42.94 ID:fA/SIWroO

榊原『あ、赤沢さんがわざわざ僕のために……』///

赤沢『恒一君のためにしか作らないわ』

榊原『え?』

赤沢『私の料理は一生恒一君にだけ食べて貰うから』///

榊原『嬉しい……泉美!』ギュー

赤沢『恒一君!』ギュー


―――……

赤沢「ふ、ふふ」タラー

赤沢(あ、完璧すぎて鼻血がでたわ…)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:49:39.64 ID:fA/SIWroO

勅使河原「場所は屋上でいいか?」

榊原「うん、いいじゃないかな…」

赤沢(ま、マズいわ……このままじゃ行っちゃう!)

赤沢「こ、恒一く…」


綾野「こういっちゃん!」


榊原「え……あ、綾野さん」

赤沢「」

綾野「私も一緒に行っていいかな?」

榊原「え、別にいいけど……」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:13:22.56 ID:fA/SIWroO

榊原「いいよね、勅使河原?」

勅使河原「……」

勅使河原「……あ、悪い、サカキ! そういや課題のことで先生に呼び出しにくらってたんだよ」

榊原「え……」

勅使河原「だから、2人で食っといてくれ、悪い!」

綾野「じゃあ、行こっか♪」

榊原「う、うん」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:15:11.57 ID:9kYF4WIW0

てっしーは本当エロゲの主人公親友ポジだよな


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:20:56.48 ID:fA/SIWroO

〜屋上〜

綾野「こういっちゃんのお弁当美味しそう…… 手作りなの?」

榊原「うん……そうだよ」

綾野「一口ちょうだい」

榊原「はい、どうぞ」ヒョイ

綾野「……」

榊原「?」

綾野「分かってないなーこういっちゃんは……」

榊原「……どういうこと?」

綾野「あーん」

榊原「え……」

綾野「食べさせてほしいの! あーん!」

榊原「……はい、どうぞ」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:30:30.21 ID:fA/SIWroO

綾野「んっ」パクッ

榊原「……どう?」

綾野「美味しい!」

榊原「ホントに……?」

綾野「うん、毎日食べたいくらい美味しいよ!」

榊原「……」

榊原(東京の彼女に料理をこんな誉められたこと無かったな……)

榊原(それどころか『料理が趣味なんて止めてよ、もっと男っぽい趣味をさぁ〜』とか言われたりしたな……)

綾野「? どうかした?」

榊原「……ううん、なんでもないよ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:37:22.93 ID:fA/SIWroO

綾野「ふぅ、美味しかったねー」

榊原「そうだね……」

綾野「……ねぇ、こういっちゃん」

榊原「?」

綾野「また、一緒にご飯食べてくれる?」

榊原「うん、それくらいなら全然いいよ。なんなら綾野さんの分もお弁当作ってきてあげよっか?」

綾野「ほんと? ありがとう、楽しみにしてるね」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:38:37.39 ID:uTRVcOmvO

東京の彼女は別れて正解だったような悪い性格してそうだな


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:48:37.36 ID:fA/SIWroO

〜放課後〜


勅使河原「おい、サカキ! 一緒に帰ろーぜ!」

榊原「うん、そうだね」

勅使河原「お、ちょっと元気でてるじゃねーか……ははーん」

榊原「な、なに?」

勅使河原「さては綾野と何かあったな?」
榊原「? 別に何もないけど」

勅使河原「隠さなくて良いぜ、サカキ……」

榊原「?」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:51:50.29 ID:fA/SIWroO

赤沢(いったい恒一君に何があったの……)

赤沢(で、でも、まだ大丈夫!)

赤沢(ここで一緒に帰る約束をすれば……)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:56:39.28 ID:fA/SIWroO

―――……

榊原『え、僕と?』

赤沢『ええ、一緒に帰りたいの。いいでしょ?』

榊原『う、うん』

赤沢『じゃあ、はい』スッ

榊原『?』

赤沢『手を繋ぐのよ』

榊原『え……ちょっと恥ずかしい……』


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 02:05:26.12 ID:fA/SIWroO

赤沢『いいからっ!』ギュッ

榊原『わ、わっ』///

赤沢『そんなに驚かなくてもいいじゃない……』

榊原『い、いや違うんだ……』

赤沢『?』

榊原『赤沢さんと手を繋いでると凄くドキドキしちゃって……』///

赤沢『恒一君…』


―――……

赤沢「こういうのもアリね」ニヤニヤ

小椋「榊原君、もう帰ってるよ……」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 02:06:55.93 ID:9kYF4WIW0

空回りしちゃう赤沢さん可愛い


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 02:14:59.77 ID:fA/SIWroO

〜翌日〜


榊原「……おはよう」

勅使河原「お、おい、サカキ…… なんでまたテンション下がってんだよ……」

榊原「実はさ……」

勅使河原「どうした?」

榊原「元彼女がまた付き合おうって……」
勅使河原「え、良かったじゃねーか!」

榊原「……好きな人に告白したら断られたんだって」

勅使河原「……」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 02:15:37.30 ID:2OJBA7Bd0

最低な女だな


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 02:22:47.07 ID:fA/SIWroO

榊原「……流石に断ったよ」

勅使河原「そりゃ、そうだろ」

榊原「……そしたら逆ギレされて、悪口言われまくり」

勅使河原「……」

榊原「……どうやら僕は裏でかなり悪口を言われてたらしい」

勅使河原「あ、あのさ……」

榊原「……もう信じない……女なんてどいつもこいつも……」ブツブツ


勅使河原「駄目だ、流石にダメージが大きすぎてどうしようもねー……」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 10:49:33.56 ID:fA/SIWroO

赤沢(あの感じじゃ今は話しかけない方が良さそうね……)

赤沢(もう少し様子を見ましょう)



榊原「……」ブツブツ

勅使河原「どうすんだ、これ……」


綾野「あれ、どうしたの?」

勅使河原「あ、綾野……サカキをどうにかしてやってくれ……」

綾野「? よく分かんないけど……」

赤沢(馬鹿ね、今話しかけても無駄だわ)


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 10:55:46.17 ID:fA/SIWroO

綾野「こういっちゃん、大丈夫?」

榊原「……綾野さん」

綾野「大丈夫じゃなさそうだね……何かあったの?」

榊原「……聞いてどうするの?」

綾野「え……」

榊原「……どうせ、僕のことなんて考えてないくせに」

綾野「そ、そんなこと」

榊原「……分かってるよ。表では優しくしてても、裏では悪口言いまくって笑ってるんだよね」

綾野「ひどいよ、こういっちゃん……」

榊原「……酷いのはそっちの方だ」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 11:01:15.23 ID:fA/SIWroO

綾野「うぅ……」グスッ

榊原「……出たよ……なんなの? 泣けば許してくれるとでも思ってるの?」

綾野「……」グスッ

榊原「……女ってみんなそうだよね」

綾野「こういっちゃんの馬鹿!」

パシーン

榊原「……鬱陶しいよ」


赤沢(あ、あれが恒一君? なんであんなことに……)

小椋(彩……)


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 11:11:55.07 ID:fA/SIWroO

〜昼休み〜


榊原「……」ブツブツ


勅使河原「ヤバいぞ、こりゃ……俺が話しかけても反応ねーよ……」


綾野「……」


勅使河原「綾野もかなりヘコんでるし……」

勅使河原「どうすりゃ、いいんだよ……」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 11:17:51.95 ID:fA/SIWroO

赤沢(私が恒一君をなんとかしてあげたいけど……さすがに厳しいわね……)

小椋「……」スクッ

赤沢「え?」


小椋「榊原君、ちょっと屋上まで来てくれる?」

榊原「……別にそれぐらいなら」


勅使河原(頼む、小椋! なんとかしてやってくれ!)


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 11:23:26.47 ID:fA/SIWroO

〜屋上〜


榊原「……で、話って?」

小椋「彩のことなんだけど……あんな言い方ってないと思うの」

榊原「……あー、やっぱりね…」

小椋「……」

榊原「……それで謝れとか言うんでしょ? そのパターンは飽きたよ」

小椋「ちゃんと、謝ってあげてほしい……彩は真剣なんだから」

榊原「……どいつもこいつも同じような事ばかり」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 11:31:32.85 ID:fA/SIWroO

榊原「……東京にいた時もよくあったよ。『あの子は真剣に告白してるのよ! 謝って!』とか。僕はただ普通にフっただけなのにさ…」

小椋「……」

榊原「……それで周りの圧力に耐えられないから、嫌々付き合ったのに……何故か最後は僕がフラれるんだよ」


榊原「……もう女なんて嫌いだ」


パシーン

小椋「ふざけないでよ……」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 11:39:43.47 ID:fA/SIWroO

榊原「……ははっ、ふざけてるのはどっちだよ」

小椋「彩と私をそんな人と一緒にしないで……」

榊原「……一緒だ、僕からしたら鬱陶しいだけなんだよ」

小椋「違うよ! 榊原君は彩の思いを踏みにじった!」

小椋「いつもの榊原君ならこんなことは……」

榊原「……いつもの僕ってなんだよ。僕はいつもどおりだ」

小椋「……もういい」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 11:43:51.19 ID:fA/SIWroO

〜放課後〜


榊原「……帰ろう、勅使河原」

勅使河原「お、おう」チラッ


綾野「……」

小椋「……」


勅使河原(小椋でも駄目だったか……)


赤沢(いったいどうなってるの……)


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 11:52:40.59 ID:fA/SIWroO

勅使河原(やはり、俺がなんとかするしかないのか……仕方ねぇ)

榊原「……勅使河原?」

勅使河原「サカキ」

榊原「……なに」



勅使河原「お前ってホモなのか?」



榊原「!?」

榊原「な、何だよ、急に」

勅使河原「いや、今日やたらと女が嫌いって言ってたから……」

榊原「そんなわけないよ!」


ザワザワ




130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 12:03:24.96 ID:fA/SIWroO

勅使河原「でも、女なんてどいつもこいつも、とか言ってたじゃねーか」

榊原「別に女の子みんなが嫌いとは言ってないよ!」

勅使河原「つまりは女が好きなんだな?」
榊原「そうだよ!」

榊原「はっ……」


ザワザワザワザワ


榊原「勅使河原……」キッ

勅使河原「冗談だよ、冗談」

勅使河原「でも、今ので分かっただろ、サカキ……」

榊原「……?」

勅使河原「お前、今自分で言ったじゃねーか……女みんなが嫌いなわけじゃないって……」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 12:05:03.27 ID:gUVWiuep0

てっしー良い奴だなぁ


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 12:10:22.04 ID:fA/SIWroO

榊原「……」

勅使河原「女にも良い奴はいる、そう思ってんだろ?」

勅使河原「なのに、今のお前は元カノを意識しすぎて、女なら誰でも否定してしまってるんだ」

榊原「……」

勅使河原「少なくともこのクラスにはそんな女いないぜ? みんな真剣にお前の事を考えてくれるはずだ」

榊原「……」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 12:39:34.98 ID:fA/SIWroO

綾野「……こういっちゃん」

榊原「あ、綾野さん……」

勅使河原「な、サカキ?」


榊原「……うん」


榊原「ごめん、綾野さん!」



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 12:48:35.76 ID:fA/SIWroO

綾野「ううん、いいよ……」

榊原「綾野さんは本気で僕のこと心配してくれてたんだね……」

綾野「……うん」///

榊原「嬉しいよ、ありがとう…」

綾野「……」///

小椋「良かったね、彩」



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 12:57:59.31 ID:fA/SIWroO

榊原「小椋さんも……ごめんね」

小椋「私は全然気にしてないよ」

榊原「でも……」

小椋「だって思いっきり叩いちゃったし……」

小椋「ね?」

榊原「うん…」


勅使河原「良かったな、サカキ」


赤沢(あれ?)


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 12:58:30.09 ID:uTRVcOmvO

赤沢さんww


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 14:00:45.16 ID:fA/SIWroO

榊原「じゃあ、みんなで帰ろっか」

勅使河原「そうだな」

綾野「私はこういっちゃんと2人っきりで帰りたいなー」チラッ

榊原「あ、綾野さん……」///

小椋「えー……そしたら私勅使河原と2人っきりになっちゃうよ……」

勅使河原「なんだよ、その言い方……」

榊原「と、とりあえずみんなで帰ろうよ」


赤沢(あ、あれ?)


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 14:19:18.42 ID:fA/SIWroO

〜翌日〜


榊原「おはよう……」

勅使河原「おう、サカキ…って何でまたテンション下がってんだよ」

榊原「実はさ……」

勅使河原「またこのパターン……」

榊原「昨日、元カノになんでもう一回僕と付き合いたいの? って聞いたんだ……そしたら……」

榊原「顔が良いからに決まってんじゃん、だって……」

勅使河原「あぁ……」

榊原「僕は顔以外見られて無かったんだよ……」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 14:26:09.65 ID:fA/SIWroO

勅使河原「いや、そんなことは……」

榊原「女の子は顔しか見てないんだよ……」

勅使河原「あ、あのな、サカ…」


綾野「おはよー、こういっちゃん!」

小椋「おはよう、榊原君」

榊原「あぁ、おはよう……」

綾野「また、テンション低いね……どうしたの?」



171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 14:31:23.75 ID:fA/SIWroO

榊原「……綾野さん、1つ聞いて良い?」
綾野「いいよ、なに?」


榊原「……僕の一番良いところってどこかな」

勅使河原(嫌な予感が……)


綾野「うーん……顔かな」


榊原「」ガクッ

勅使河原「さ、サカキ!」


綾野「いや、やっぱり優しいとこ……ってこういっちゃん!?」

勅使河原「やっちまったな……」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 14:33:35.26 ID:T3ms1/S+0

ヒデェ…


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 14:42:38.95 ID:fA/SIWroO

〜昼休み〜


榊原「僕は顔だけの男……僕は顔だけの男……」ブツブツ


勅使河原「おい、綾野……どうすんだよ」
綾野「うぅ……ごめん」

小椋「最初から優しい性格って言ってれば良かったね……」


赤沢(どうやら、チャンスが来たようね)

赤沢(ここで性格が好きって言えば……)


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 14:50:43.95 ID:fA/SIWroO

―――……


赤沢『恒一君』

榊原『あ、赤沢さん……』

赤沢『恒一君は顔だけの男じゃないわ』

榊原『そんなこと……ないよ』

赤沢『少なくとも私は恒一君の優しいところが好き……』

榊原『赤沢さん…』


241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 20:38:25.00 ID:fA/SIWroO

赤沢『……恒一君は?』

榊原『え?』

赤沢『私のどこが好き……?』

榊原『ぼ、僕は……』

榊原『真面目で優しくて頼りになるところが好きかな……』///

赤沢『嬉しいっ!』ギュー


―――……


赤沢(よし、話しかけましょう)


246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 20:49:32.34 ID:fA/SIWroO

赤沢「こ、恒一君!」


榊原「……赤沢さん?」

赤沢「恒一君は見た目だけの男なんかじゃないわ!」

榊原「……は?」

榊原「……何なの、急に」

榊原「そんな口先だけの慰めいらないんだけど。どうせ赤沢さんも僕の見た目だけしか見てないんでしょ?」

赤沢「え、え…?」

榊原「やっぱり否定しないんだね。そういう人だと思ったよ。はっきり言って赤沢さん、うざいよ」

赤沢「う、うぅ……」


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 20:56:18.02 ID:fA/SIWroO

赤沢「……」グスッ

榊原「……勅使河原ご飯食べよう」

勅使河原「で、でもよ」

榊原「……いいから」

勅使河原「おう…」

綾野「あの、私たちもいい……?」

榊原「……来なくていいよ」

綾野「あぅ……」

小椋「……」


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 20:56:19.17 ID:uKBEbknR0

恒一てめえ


251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:03:48.66 ID:eXUE6DLL0

左右されすぎだろwwwwww


253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:05:28.68 ID:fA/SIWroO

〜放課後〜


榊原「……帰ろう、勅使河原」

勅使河原「お、おう……」

勅使河原(やべーな、こりゃ……もうどうしようもねぇ……)


見崎「榊原君」


榊原「……なに?」

見崎「ちょっと屋上に来て」

榊原「……僕、早く帰りたいんだけど」

見崎「いいから」ガシッ

榊原「……」


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:08:05.94 ID:kNv2qZmb0

きたか…!!

  ( ゚д゚) ガタッ
  /   ヾ
__L| / ̄ ̄ ̄/_
  \/   /


258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:14:01.76 ID:fA/SIWroO

〜屋上〜


榊原「……で、なに?」

見崎「言いたいことがあるの」

榊原「……早く、言ってよ」


見崎「最近の榊原君、ウザい」


榊原「え……」

見崎「何なの、彼女にフラれたくらいで騒いじゃって」

見崎「全部相手のせいにしてるけど、フラれた原因が自分にあるかもって考えないの?」

見崎「見た目だけの男って言われるのも納得。そんな性格だから言われたんじゃない?」

榊原「」


261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:16:05.69 ID:kNv2qZmb0

鳴さんかっこいい///


267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:19:51.93 ID:fA/SIWroO

見崎「それだけ、じゃあね」

榊原「……」



〜翌日〜


勅使河原「おいおい、サカキいつもより遅くねーか」

綾野「確かに……大丈夫かな、こういっちゃん……」

小椋「若干、彩のせいでもあるからね…」
綾野「うぅ……」


268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:20:04.17 ID:fpllcTou0

これはキレるで 俺だったらww


269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:25:22.18 ID:fA/SIWroO


ガラッ


榊原「おはよう、勅使河原」ニコッ

勅使河原「お、おう……サカキどうかしたのか?」

榊原「え? 別に何にもないけど」

綾野「こういっちゃん……」

榊原「あ、綾野さんと小椋さんもおはよう」ニコッ

綾野「あ……」ドキッ

小椋「……っ」ドキッ

榊原「昨日はあんな言い方してごめんね、2人とも……」


270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:27:23.52 ID:+o8IF3TK0

>>268
これがお前と恒一きゅんの差だ雑魚


274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:35:24.39 ID:fpllcTou0

>>270
うるせぇ無能赤沢www 


272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:32:38.72 ID:fA/SIWroO

綾野「い、いいよ……私があんな言い方したのが悪かったんだし……」

榊原「ううん、そんなことないよ。やっぱり僕には内面に魅力が無かったんだよ」

榊原「あんなウジウジしてさ、なんか吹っ切ったら馬鹿みたいに思えてきたよ」

綾野「こういっちゃん……」

勅使河原「やっと元のサカキって感じだな」

小椋さん「良かった……」


278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:48:28.37 ID:fA/SIWroO

榊原「見崎」

見崎「どうしたの、榊原君?」

榊原「……ありがとう」

見崎「? 私は何にもしてない」

榊原「そんなことないよ、見崎のおかげで吹っ切れたんだから」

見崎「そう、なら良かった」

榊原「あとさ、もし良かったらなんだけど……」

見崎「……?」

榊原「こ、今度一緒に遊びに行かない?」

見崎「……別にどっちでもいい」プイッ

榊原「……あれ、ひょっとして照れてる?」

見崎「そ、そんなことない」


279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:49:24.66 ID:QtECVRv30

おや、恒一くんの様子が…


284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:51:53.09 ID:HFmwtB7A0

赤沢さんェ…


289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 21:59:00.13 ID:fA/SIWroO

勅使河原「おい、ずるいぞ! 俺も一緒に遊びに行っていーか?」

綾野「こういっちゃん私もー」

小椋「私も行こっかな」

榊原「えー……まぁ、いいけどさ……」

見崎「私は行くとは言ってない」プイッ

榊原「ははっ……楽しみだね、見崎」

見崎「……うん」



赤沢(わ、私は……?)






295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 22:04:52.87 ID:fA/SIWroO

最後まで読んでくれた人
本当にありがとうございました

こんな適当な終わり方ですいません
※ホントは赤沢さんendを考えてました


292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 22:01:30.18 ID:GN2TZmMf0



赤沢さん不憫かわいい


297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 22:08:07.50 ID:NzrvkgHd0



303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 22:22:39.00 ID:yriTPbGp0



うん、ゴホン、まぁ、なんだ…赤沢さんエンドとやらを書いてもいいんだぜ…?


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 22:37:29.14 ID:M/02h6rR0


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。