スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉「じゃ、風呂でも入ってくれば?」男「そうするよ、おやすみ」 2

元スレ:姉「じゃ、風呂でも入ってくれば?」男「そうするよ、おやすみ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1334814587/

前→姉「じゃ、風呂でも入ってくれば?」男「そうするよ、おやすみ」 1
593 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 11:51:16.98 ID:KXySqz2y0

金髪(……小柄……すっごく気持ちよさそうだったよな……)

眼鏡「……?」

……
…………

男「えー?付きあってないって……え、え?この前のホテルの時……」

姉「そ、そんなん言うてないもん、知らんもん」

姉(つ、付き合うとかそんなん、形の話で、気持ちとかそういうんが)

姉(大事なんであって、言葉にせんでも分かるっちゅーかつながっとるっちゅうか)

姉(そう言うん大事やし、付き合うとか言うたらなんや嘘くさなるし……)ブツブツ

男「酷い……また弄ばれた……」

姉「弄んでないで……遊んどるだけやっちゅうに」

姉(あぅ……また強がりいうてもうた……い、いや強がりとかやのうて)

姉(……こ、こんなん、いうのが距離の近さの証っちゅうか……えーっと)



597 ◆Sis.W.vuC6 2012/04/20(金) 12:02:32.33 ID:KXySqz2y0

書き溜めないし(´・ω・`)勢いだけで書いてもた。どないしょ。


595 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 11:56:10.27 ID:0Vd5PljY0

まってた


598 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 12:04:31.70 ID:OBbcbWGNP

のんびりやってくれると嬉しい
本来ならもう終わったものだし



604 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 12:10:30.79 ID:KXySqz2y0

男「……うう……」

姉「ま、まぁ、お陰で突っ込みのタイミングようなってきとるで、な、な」

男「慰められるとなんか、逆に落ち込んじゃいます」

姉「ややこしいなぁ」

姉(優ししたらあかんて……うちどないしたらええんよ……)

男「小柄ちゃん……」

姉「あかんあかん、学生や、しかも中学生や」

男「……中学生……なら……大学生じゃないから大丈夫だよね……」

姉「おい」バシッ

姉(なんやヤバい方向に舵切れてきたで……こやつ)



619 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 12:33:46.72 ID:KXySqz2y0

……

ソー

黒髪「ふんふん……長い間の微妙な関係で一歩踏み込めない、と」カリカリカリ

黒髪「確かに意識のある状態ではまだ二人はヤッちゃってないわけで」

黒髪「これはまだ揉めそうですな。うしっ……ネタがぐいぐいたまるっ」カリカリ

黒髪「男さんは、まだフリー、と」カリカリ

黒髪「しかし、5号室覗けるこの穴、誰があけたんだろう?」ジロジロ

……

小(……うう……この前以来、気まずくて、男さんと姉さんを避けちゃってる)

小(あのテンションなんだったんだろう……)

小(でも……ほんとにあったよね……帰ってから暫く……痛かったし……)

小(大人……になったのかなぁ……)

くちゅ

小(……いけない……また……触っちゃ……う……んっ……)



623 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 12:46:45.27 ID:KXySqz2y0

……
ちゃぽん

金髪(入ってこねーかなー?)

金髪(んー、のぼせて倒れてたら私も介抱されちゃうかなぁ……)

金髪(それで………………もうちょっと浸かってよう……)ブクブク

……

眼鏡「遅い……」

眼鏡(無いと思うんだが……まさかね)

眼鏡(……彼女も……やはり男性の方が……)

眼鏡(くそっ……ただ、生えているだけじゃないか……)

眼鏡(……でも、年上だったんだよね……彼……年上……か)



628 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 12:56:11.83 ID:KXySqz2y0

……

金髪「……」

金髪(あれー?なんかくらくなって……ほふぇ……)

くて

……

眼鏡(遅すぎる……)

眼鏡(一応見てくるか……)

……

眼鏡「……お、おい金髪っ」

金髪「ふにゃ」

眼鏡「兎に角、早くあがらせないと……」

眼鏡「緊急事態だ、君の部屋までこのまま連れて行くぞ」



633 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 13:05:38.34 ID:KXySqz2y0

……

眼鏡(連れてきたはいいが……さっきから金髪のうわ言が……)

眼鏡(気になる……)

眼鏡(白い肌が紅色に染まって湯気を出して……)

眼鏡(気はついたものの……すぐに寝ると裸で寝息を立て始めて……)

眼鏡(一体何故こんなに長湯を)

金髪「……先生……むにゃ……」

眼鏡(先生とは誰なんだ……)

金髪「……もっと……触って……そこ……ん……」

眼鏡(どんな夢を見ているのか)

金髪「……おーきいねー……ふふふ……」



639 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 13:51:07.19 ID:KXySqz2y0

眼鏡(先生と呼ばれる身近な人間は三人)

眼鏡(姉さん、男さん、そして作家の黒髪さん)

眼鏡(金髪が『大きい』と表現するものは何か?)

眼鏡(身長か、胸か……陰茎か……)

眼鏡(金髪は誰よりも胸が大きい、そこで胸ではないと分かる)

眼鏡(では身長か?金髪よりも明らかに大きいのは黒髪さんと男さん)

眼鏡(……この二人のどちらか?)

金髪「……ぷるぷる……してる……」ニヤニヤ

眼鏡(身長はぷるぷるしていない……はぁ……やはり……)

金髪「……い……れ……て……」

眼鏡(彼か……)



644 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 14:16:38.06 ID:KXySqz2y0

眼鏡(金髪のこの夢は……想像上の行為か……それとも現実の反芻か)

眼鏡(聞いても答えないのだろうな……)

眼鏡(しかし……浴室で金髪が何を待ちのぼせたのかは判った……)

眼鏡(……)

眼鏡(くっ……浴室で……関係を持っていたのか……)

眼鏡(気づかなかったっ……)

金髪「……入ってる……あったかいよぉ……」

眼鏡(……くそっ、くそっ、拘束しないと言いながらなんだこの悔しさは)

眼鏡(……男さんと……話を付けなくては……)



645 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 14:23:29.18 ID:KXySqz2y0

……

がちゃり

眼鏡「話があります」

男「え、え?僕?」

男(きゅ、急にどうしたんだろ。すごい勢いで)

眼鏡「上がらせてもらいます」

眼鏡「金髪の話です」

男(な、なんだろ?女の子同士の悩みを相談されても困っちゃうんだけど……)

男(答えもエロゲベースになっちゃうよ?)

眼鏡「単刀直入に聞きます」

眼鏡「先生は金髪と関係を持ちましたか?」

男「え?」

男(ま、まさかあのあとも金髪さんに抜いてもらってるとか思われてる)

男(ご、誤解だよー!!)



649 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 14:35:12.83 ID:KXySqz2y0

男「い、いやいや……1回だけだって」

男(1回切りで済ませたいよ、あんな恥ずかしいこと……ぅぅ)

眼鏡「!」

眼鏡(……っく……1回だけ……だけと軽く言うが……)

眼鏡(…………まさか……本当に……していたなんて……)

眼鏡(自信が……ボロボロに崩れていく……な)

眼鏡(確かに男さんは良い人だ……性別を別にすればボクだって今では好きだ)

眼鏡(大学の教官でもありしっかりと生活基盤を持っている……)

眼鏡(ボクじゃ……ダメなのかい?金髪……)

眼鏡(でも、男さんは……金髪とボクの関係を知りながら……)

眼鏡(許せない……このままじゃ済ませられない)



650 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 14:40:06.89 ID:m1/E3PaL0

許せない…シコシコ


651 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 14:41:20.28 ID:KXySqz2y0

男「あ、あの眼鏡さん?……どうしたんですか……」

男「ほんとにあの時の事は僕も申し訳ないと思ってるんです」

男(自分の恋人が……風呂場で男の人のちんこ握らされて出されて……)

男(そんなのやっぱやだよね……)

眼鏡「申し訳ないと思ったら、どうしてしてしまったんですか」

男「あ、してしまったというか何というか……」

男「やっぱ男なんで……どうしようも無くて……」

眼鏡「どうしようも無い……そうなんですか」

眼鏡(やはり男なんて性欲の塊なんだ……金髪が誘ったかもしれないが)

眼鏡(結局、穴があれば挿れる……それだけのいきものなんだ……)

眼鏡(だから……これは復讐だ)



653 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 14:50:42.92 ID:KXySqz2y0

男「え、え、えええええ、ちょ、ちょ、眼鏡さん……ふ、服脱がないで」

眼鏡「金髪にはできてボクにはできないんですか?」

眼鏡「どうしようもならなくなるんじゃないんですか?」

しゅるしゅる

眼鏡「……男さんの好きな女の子の裸ですよ?」

男「え、そんそんな」キョロキョロ

眼鏡「ボクには魅力がありませんか?」

男「い、いや、か、可愛くて……綺麗です……よ」チラチラ

眼鏡「では、ボクともできますよね?」

ぐいっ

男「な、何を?」

眼鏡「セックス」チュッ

眼鏡(これは復讐だ……金髪への)



656 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 15:03:12.51 ID:KXySqz2y0

……

黒髪「おほほほほほぅ……こいつぁ……参った」カリカリカリ

黒髪「く、スケブが足りねえっ」ダッ

がらっ

黒髪(男さん、ネタが豊富すぎて、私、1日、押入れから出れませんよっ)

黒髪「えーっと新しい……スケスケブ……」

黒髪「あ。あと、呼んであげなきゃっ」ダダダダ



659 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 15:14:35.64 ID:KXySqz2y0

……

男「ちょーーーーっとまったぁっ」

男「よくわかりません」

男(キスされた?え?なんで?)

眼鏡「……簡単なことです」

ぷちぷち
ぱさ

男(あ、あ、ブラジャーまで外しちゃった……)

男(くそっ、目が、目が離せない……秘境な……いや卑怯なっ)

眼鏡「ボクに触って……」グイ

男「!」

男(手を胸に引っ張られて……柔らか……い……)

男(なんだこのマシュマロメロンのような感触……)

眼鏡「愉しんでくださればいいんです」ニコ



663 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 15:24:14.89 ID:KXySqz2y0

男「やっぱりよくわからないよ」

眼鏡「先生……これはお仕置きなんです……」フフフ

眼鏡(金髪への、ね)

男「え、え、え」

男(どうしてこれが僕へのお仕置きになるのかわからないけど)

男(眼鏡さんを不快にさせてしまったのは事実だよね……)

男(……せめて……気の済むまで……じっとしていよう)


男(そ、そりゃ、まぁ、こんなお仕置きなら嬉しいやってか)

男(現金なものでさっきから勃起が収まらないんだけど……)

男(金髪さん、姉さん、小柄ちゃんごめんなさい……こんな僕)



665 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 15:35:56.51 ID:KXySqz2y0

ドン

男(眼鏡さんに押されて倒れるように布団に寝かされてしまった)

男(上から伸し掛かる眼鏡さんのおっぱいが重力で引っ張られて)

男(洋なしのようにプランプランとしてる)

眼鏡「先生……先生は……大きな胸は嫌いですか?」

男「……」

眼鏡「小柄のような小さな胸が好きなんですか?」

男「……」

ぷにゅ

眼鏡「ホントは大きな胸が好きなんですよね?」

男(はい……)

眼鏡「……知ってます……」

眼鏡「ここが教えてくれます……」サワ

男「オゥフ」



670 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 15:50:32.19 ID:KXySqz2y0

眼鏡(金髪のような大きな胸が本当は好きなんだね、先生)

ぐ……

男(眼鏡さんが口の端に笑みを浮かべながらゆっくり顔を近づけて来て……)

ちゅ……ぱ

男(ん、舌がいきなり口に差し入れられてきたあああ、あばばば)

眼鏡「……ん」

男(……ゆっくり、口を離して……口と口の間に糸引いちゃってる)

眼鏡「……ふふ、ふふふ……」

男(笑いながら眼鏡さんが僕の服のボタンを外していく……)

眼鏡「ボクの方だったか……」

男(少し震える手で、でも手際よく外していく)

男(シャツがめくれると見えた肌に眼鏡さんの舌が……ちろちろと……)



671 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 15:52:20.12 ID:L+nEycGL0

パンツを盾にした


672 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 15:55:50.08 ID:93NyvThf0

パンツを矛にした


673 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 15:56:27.43 ID:dA6UBV+Ri

では、そのパンツでパンツを突いたらどうなるのかと問いた


675 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 16:00:56.31 ID:oHkRhTbbQ

そして、パンツ(矛)とパンツ(盾)の戦いが始まり、戦いは3日3晩続いた
そして、戦いの末に両者は砕けちり26の真の紋章となり、世界を創った



676 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 16:04:28.10 ID:KXySqz2y0

眼鏡「しょっぱいよ……先生」

男「ご、ごめん、今日は汗をかいちゃってって」

眼鏡「これが……先生の本当の味……お風呂で流す前の味」

眼鏡(さっき唇をあわせて男さんの中に入った時に気がついた)

眼鏡(ボクは……男さんに嫉妬してたんじゃない……)

眼鏡(……ボクは金髪に嫉妬してたんだ……)

眼鏡(お仕置きなんかじゃない……他ならぬボクが……)

眼鏡(ただ、男さんに惹かれていたのか……)

眼鏡(金髪も男さんも欲しがるなんて欲が深い女だ……ボクは……)

男(何が起こってるのか未だに理解できないけれど)

男(眼鏡の隙間から見える眼鏡さんの裸眼の視線がとても淫靡に見えて)

男(じっとされるがままになりたい気分が広がってる)



678 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 16:11:20.94 ID:KXySqz2y0

……

小「……ん……はぁはぁ……んん」

がちゃり

小「……ぇ?」

黒髪「小柄ちゃん小柄ちゃん、ちょっと……ってわーお」キラキラ

さっ

小「な、なんででちょ、う」カァー

小(あわわ、一人でいじくってるの見られちゃった……)

小(とっさにスカートは下ろしたけど……パンティが足首にかかったままだよぉ)

黒髪「ま、まぁまぁ、ちょっと来てみてよ、うちの部屋に」

小「今からですか?」

黒髪「そうそう今すぐっ、早く」グイッ

小「わ、っとっと」

小(あ、パンティが脱げて部屋の奥に飛んじゃって……わ、引きずられるー)

ずるする



680 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 16:25:50.77 ID:KXySqz2y0

ずるずる

小「あ、あの黒髪さん……一体何を……」

黒髪「さっきしてた事はまた後でインタビューさせてもらいたいんだけど」

黒髪「今はそれよりもっと凄いことがね」キラキラ

小(な、なんか目が輝いてるような)

がちゃ

黒髪「ほら、ちょっとそこの押し入れ入ってみてみて」

小(あれ?先客……金髪さん?……押し入れから足が出てる)

小(……わっ、ほんとに作家さんの部屋だ……あれが作画したりする台かな?)

小(何も知らないで設計用の台って言われたらそう信じちゃうけど……)

黒髪「ほらっ」



683 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 16:36:49.28 ID:KXySqz2y0

小「は、はい?」

ごそごし

小(金髪さんの横にモゾモゾと潜り込んでみる)

小(あれ?明かりが押し入れの壁から……こっちって……5号室!?)

小(…………穴が……二人がかりだと見難くて……え?眼鏡さん!?)

黒髪「見た?」キラキラ

黒髪「凄いことなっちゃってるでしょ」

小「何で……眼鏡さん?」

金髪「……」ジー

小(金髪さんは金髪さんで切なそうに穴を見つめたままで)

黒髪「いやぁ、まさか眼鏡から迫っていくとは意外だったよ」

黒髪「勉強になるよね」カリカリカリ



686 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 16:51:02.02 ID:KXySqz2y0

眼鏡「何見てるんですか?ボクのおっぱいですか?」

男「うん」

眼鏡「触って、舐めて、吸ってくれてますか?」

男(上半身は全部脱がされちゃった……)

男(下半身も臍のあたりを舐められているときにズボンを脱がされて)

男(パンツ一枚だ……眼鏡さんもパンティ一枚だ……)

男(ボーイッシュな見た目と裏腹に、薄くてふりふりのピンクのパンティで)

男(そのギャップと目の前で動く度にたぷんたぷんと揺れるおっぱいで)

男(僕の性欲はこれ以上ないくらい沸騰しちゃってて……正直恥ずかしい)

男(パンツの中でビクンビクン動いて染みを作ってるちんこも……)

男(パンツの上から軽く甘噛みしてくる眼鏡さん……コレが本当の眼鏡さん?)

男(何か何がどうダメかよくわかんなくなってきた……だって気持ちいいんだもん)



692 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 17:19:04.75 ID:KXySqz2y0

するっ
ポポポポローン

眼鏡「あはっ、凄く元気になっちゃって」ツン

男「あふ」

眼鏡「へー……これが金髪の……」

眼鏡「……気持ち良かったんですか?先生?」チラ

男「うん」

男(質問の意図を考える余裕がもうないや……)

男(え?)

ぽよん

男(顔の前に雪見だいふくが降ってきた)

男(いちご付き)

男(何も考えずに、いちごを口に含み転がす)

眼鏡「きゃぅっ」むにゅ



694 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 17:27:43.06 ID:KXySqz2y0

男「うぇ……むぐ」

眼鏡「ごめんなさい力が抜けちゃって」

男(雪見だいふくが顔に降り積もっても僕は幸せなだけ)

男(いちごを一生懸命食べるだけ)

ぺろぺろころころ

男(だいふくも口に押し込まれてくる)むにょ

眼鏡「はぁはぁ……何これ……信じられない……」

男(僕のギンギンに張ったちんこが体を捻る眼鏡さんにあたる)

男(パンティ越しに湿った所をツンツンっと突っついたりして)

眼鏡「ふぐぅ……」

男(その度にその瞬間だけ……ボクっ子じゃなくて普通の女の子の声をだす)

男(とても愉しくなってきた、はは)



697 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 17:37:36.86 ID:KXySqz2y0

眼鏡「……わざとボクに当ててますね?」

男「うん」ツン

眼鏡「ふにゅぅ……」

男「もごもご」ぺろり

男(その度、顔には凶悪なだいふくが押し付けられる)

眼鏡「ひんっ……」

男(心持ち眼鏡さんがぐったりして体を預け気味になっている)

男(僕がパンティをついても、ふにゅとか、あんとか可愛い声をあげるだけで)

男(僕の胸のあたりに紅い頬を当ててふぅふぅと息を吹きかけてる)

男「あのぅ、普段もですけど今の眼鏡さんも凄く可愛いです」

眼鏡「っ……ぅぐぅ……///」

男(声を出そうとしたけど力が入らなかった感じだ)



703 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 17:52:20.09 ID:KXySqz2y0

男(どんどん気持ちが高ぶってきて……)

男(ああ、ダメ男だ……眼鏡さんに挿れたくなってきてる……僕)

男(……パンティ越しで突くので我慢しよう……)つんっ

男「あ」

男(ちょっと強く突いちゃったかも)

眼鏡「ふにゅっく……あん……あの……ボク……」

男「……ご、ごめん」

眼鏡「よく分からないから……お願いします……せんせい」ギュ

眼鏡(あ、ボクの処女はこの人にあげるものなんだ……)

眼鏡(だって……抱かれているだけでこんなにお腹が熱くなって……)

眼鏡(次から次に溢れて来て……そしてほっとする)



706 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 18:07:26.08 ID:KXySqz2y0

眼鏡「今日は安全日だから……このままで」

眼鏡(そんなの知らない……でも……1度きりなら……せめて……)

眼鏡(あぅ……また……パンティ越しに……)

にゅん

眼鏡(ん……ぁぅ……嘘……パンティが奥に押し込まれてる)

にゅ

眼鏡(あぅっ……パンティが……男さんの形に中に残ってる……)

にゅず

眼鏡(あ……ずれて……横から)

みゅずん

眼鏡「あぐっ」

眼鏡(濡れてクタクタになったパンティの横から男さんが入り込んできたっ)

眼鏡(重いっ、そして熱いっ、何かが差し込まれてる、痛いの!?わかんない)



709 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 18:19:46.00 ID:KXySqz2y0

男(入っちゃったっ……しかも生で……やばいやばいやばい)

男(安全日だからとかそんなの関係ないんだよね)

男(男としてダメだよね、職も失っちゃう!?)

男(抜かなきゃっ)ぐい

眼鏡「だ……め……」

男「でも……抜かないと……」

眼鏡「ふふ……これから抜くんでしょ?」

男「あ、いやそうじゃなくて……生ですし」

眼鏡「だ・か・ら?」

男「もう我慢汁でちゃってます危ないです」

眼鏡「出しちゃえば楽になるのに」チュ

男(どういう気だぁぁ、妊娠→発覚→失職のコンボ狙ってんの?)



710 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 2012/04/20(金) 18:20:08.44 ID:EPPiuFv80

ふぅ…











で、このエロゲはいつ発売されるのですか?



715 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 18:28:15.41 ID:KXySqz2y0

……

小「何……と」

小(入った……しかも……ゴム無しで……酷い……卑怯っ)

小(私だって、生では挿れてもらってないのにっ)ムー

金髪「……」ツー

小(え?金髪さんの目から……涙が……)

金髪「……悔しい……」

小(そうだよね……眼鏡さんを男さんに)

金髪「……気持ちよさそう……」

小(そうそう気持よくさせられ……あれ?)

金髪「……私も挿れてもらってないのに……」

小(え?)

黒髪「いい台詞いただきましたっ、男さんモテモテですゾ、うひひひ」カリカリカリ

小(え、えええええええええええ)



718 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 18:37:31.06 ID:KXySqz2y0

……

黒髪(押入れを二人が占拠してるから直接見れない……うううう)

黒髪(押し入れから飛び出す可愛いおしりが2つ……)

黒髪(そう言えば、こっちの反応も観察しないとね)

ぺろん

黒髪(あれ?……んー、何で?小柄ちゃん……のスカート捲ったらパンティがない)

黒髪(どっかに飛んでった?蒸発した?そもそも無かった?)

黒髪(べっとべとじゃない……はちみつが股からこぼれたように太ももに流れを作ってる)

黒髪(というか、全然気づいてないの?)

黒髪(金髪ちゃんの方は……っと……)

ぺろん

黒髪(こっちはパンティ履いてるね……べとべとなのは一緒だけど)

黒髪(恋人をNTRても……いや恋人の浮気かもしれないけど)

黒髪(そういうのを見ても濡れちゃうのね、ふんふん)カリカリカリカリ



720 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 18:47:39.39 ID:KXySqz2y0

黒髪(さて、金髪ちゃんのパンティも脱がさなきゃね)スルスル

黒髪(よく集中してること……)スルッ

黒髪(全部脱がすまで、まーったく気が付かないなんて)

黒髪(陰唇の外観も勉強になるわ、二人共よくスケッチしとかなきゃ)カキカキカキ

……

小(あれ?何かお尻が涼しい?)

小(ふへっ……え?黒髪さん?指?……え、触ってる?)

小(ど、どしよう……え、え、え、えーと……今は隣の部屋が大事!)

小(気持ちいいだけだからそのままにしておこう)

……

黒髪(思わず触っちゃったけど、反応しないもんね?)

黒髪(研究、研究♪)くにくに



725 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 18:58:46.46 ID:KXySqz2y0

黒髪「味も調べなきゃね」ペロペロ

小「うきゅっ」キュッ

黒髪(流石にぶるっと反応があったか、でもジッと穴の向こうを見たままね)

黒髪(構わず調べさせてもらいますゾ、フヒヒヒ)ペロペロ

黒髪(こりゃ愉しい)ペロリン

黒髪(気分がいいし、私も脱いじゃえ)

ごそごそ

黒髪「クロスアウッ」ばっ



726 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 18:59:03.57 ID:KXySqz2y0

※解説しよう※
 黒髪刑事が洋服(コンバットスーツ)を
 かなぐり捨てる(クロスアウト)時間は
 わずか、0.005秒に過ぎない!
 では、クロスアウト過程をもう一度見てみよう。

黒髪:ブラウスのボタンに右手を掛ける
黒髪:スカートのフックに左手を掛ける
黒髪:ブラウスのボタンを高速で外しつつ
黒髪:スカートのフックを外してスカートを剥ぎ取る
黒髪:パンティに左手を掛けおろしつつブラウスを剥ぎ取る
黒髪:ブラウスを剥ぐ勢いでブラジャーのフックを外し
黒髪:パンティとブラジャーを脱ぎ捨てる
黒髪:パンティとブラジャーとスカートとブラウスが光速を突破
黒髪:洋服(コンバットスーツ)がエーテルの海に消え去る



763 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 21:48:40.68 ID:KXySqz2y0

黒髪(さてさて、金髪ちゃんのここもクニクニっと)クニュクニュ

金髪「ぅんっ……」ヌチョリ

黒髪(こっちの方が小柄ちゃんより粘度が高いなぁ、ふむふむメモメモ)カリカリカリ

黒髪(でも、指に吸い付いて来るみたいになってる)ニュローリ

黒髪(自分のとも比べてみないとね……)クニクニ

黒髪(この前は気がついたら真っ白になって暴走しちゃってたから……)

黒髪(ふむふむ……私のが一番粘度が低そうだなぁ)クニュ

黒髪(味はどれどれ……)ペロペロ

金髪「ひゃんっ」ギュウ

黒髪(塩気が強い……って、そういや金髪ちゃんは便所から引っ張ってきたっけ)

黒髪(ごめんごめん……でもまぁ悪くないよ、うん)ペロリ

黒髪(二人共綺麗なだなぁ……うい奴らめっ、このこのぅ)クニュクニュ

金髪・小「……ふみゃっ」



767 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 21:56:46.11 ID:KXySqz2y0

……

眼鏡「動いてもいいんだよ……」

男「動いたら出ちゃうので動けません……抜いてください」

眼鏡「あは、だーめ、体に力入んないや……さっきのズーッンってので」

眼鏡「全身に電気がビリビリって走っちゃったんだよね」

眼鏡「あ、決して不快じゃないよ……むしろ、そう快感だった」

眼鏡「先生は、今、気持よくないのかな?」

男「恥ずかしながらとても気持ちよくて困ってます」

男「上から下りてもらえないですか」

男「このままだと僕中で出しちゃいます……」

眼鏡「ボクはこのままじっとしていたいんだ」

眼鏡「……とっても気持ちが良くてね……じわじわと幸せなんだ」

男「僕も気持ちはいいんですがそれではマズイというか」



770 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:04:09.04 ID:KXySqz2y0

眼鏡「じゃあ……」

にゅろ

男「あ、待って待ってまって……」

眼鏡「ちょっと動いただけだよ……ボクが気持ちいい範囲で」

男「僕もそうなんです、だからやばいんです」

眼鏡「そうですね、これが終わってしまうのはボクも寂しい」

眼鏡「暫くこのまま甘えさせてください……先生」ピト

男(うー、先生って呼ばれる度に罪悪感が……)

眼鏡(先生って呼ぶ度に、胸に幸せが満ちてくる……)

眼鏡(もしかして、ボクって……教師萌?)

眼鏡(女子高で先生先生と騒いてる子たちを馬鹿に出来ないや……)フフ

男(あ、眼鏡さん笑ってる可愛い)



774 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:08:53.73 ID:KXySqz2y0

金髪「終わった……?」

小「まだですね……しばらく感触を愉しんでるんでしょう」

金髪「詳しいね小柄ちゃん……そっか……経験したことあるんだもんね」

小「……ペースが違う感じですけど……ゆったりして……」

小「私も1度切りなのでよくわかってないです」

金髪「あれ?あの後、抱いてもらえてないの」

小「軽く、避けられてるような一歩引かれてるような……」

金髪「そっか、姉さんとくっついちゃったんだもんね」

小「……私、まだ諦めてません……諦めるきれません」

金髪「いいね、その姿勢。お姉さん応援しちゃうよ」

黒髪「……行けるかもしれませんよ、それ」クチュ

黒髪「だって男さんって今フリーだから」クチュクチュ



775 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:15:17.65 ID:KXySqz2y0

小「え?フリー」

黒髪「姉さんが男さんとは付きあってないと、男さんに向かって」

黒髪「明言してました。今朝方」クチュピチャ

金髪「チャンスじゃん、小柄ちゃん」

黒髪「そしてあなたもね、金髪ちゃん」クチュ

金髪「え……違う違う、違いますって……まさかあはははは」

小「……金髪さんも……男さんが……?」

小「そう言えば、さっきの呟き……」

金髪「え?何か言ってた?」アセアセ

黒髪「挿れて欲しいとの旨発言してましたね」チュクチュク

金髪「いいい、言ってない言ってない、男の人なんて……なんて……」

黒髪「興味がないなんて嘘です」

黒髪「眼鏡さんと付きあっててもずっと気になってましたよね?」チュク



779 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:22:47.51 ID:KXySqz2y0

金髪「そんなこと……」

小「好きが二つあったって不思議じゃないですよ」

小「私、男さんが好きですが……姉さんも好きです……まぁ先輩として」

小「素直になれない気持ちはよく分かりますから……」

金髪「うう……」

黒髪「いつから、気になってたんですか?」クニニュク

金髪「……この前のホテルの時から……」

金髪「小柄ちゃんに優しそうにしてる姿を見て……ちょっと」

金髪「その後、お風呂に一緒になろうとしたりしたけど……」

金髪「かわされ続けちゃって……だからただの一方通行で……」

黒髪「金髪ちゃん……可愛い……」

小「あの、黒髪さんさっきから盛んに私達の……その……」

小「あそこをいじくってますけど……その……」モジモジ



780 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:26:37.44 ID:bA4SgOQc0

おせーよwwww


782 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:29:13.88 ID:KXySqz2y0

黒髪「気持ちわるかった?」

小「いえ……どちらかと言えば気持よくて……困ってます」

黒髪「どうして?」

小「黒髪さんが女の人だからです」

黒髪「私は別に構わないわよ?」チュクチュク

小「……恥ずかしいんです……その……気持ちよくなるのが」モゾ

黒髪「凄く興味深いんだもの、是非触らせて欲しいわ」ペチョ

金髪「……眼鏡が気持よくて私が気持よくなっちゃダメな訳ないもん」

金髪「黒髪さん……黒髪さんのも触らせて……いえ、舐めさせてください」

金髪「小柄ちゃんのも……ちょっと興味があるの……」

小「え?!」

金髪「キスしていい?」



784 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:33:36.29 ID:AgYffiCK0

俺のパンツどっか行ったから新しいの買ってくるけど、おまいらの分も買ってこようか?


785 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:34:24.04 ID:k79gPgvD0

>>784
たのむ



790 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:42:50.79 ID:KXySqz2y0

小「え、あ、わわ」

金髪「……素敵な肌……」チュッ

小「……んぐぐぐっ……」

黒髪「おお、二人共分泌量が増えたっ」チュプチュプ

小(後ろから黒髪さんに弄られて、唇から金髪さんが侵入してきて……)

小(視線の先には男さんがゆっくり腰を動かして眼鏡さんをビクンビクンさせてる)

小(全てがごちゃごちゃになって全身がしびれちゃう……)ビク

小(力抜けちゃう……)クテン

黒髪「二人共出ておいで」クイクイ

黒髪「もっと全身観察させてちょうだいっ」ペロリ

小(黒髪さんにされるがままになっちゃおう……)

小(きっと気持ちいいんだ……)



793 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:52:14.95 ID:KXySqz2y0

黒髪「ぬふふ、経験にまさる知識なしですな……さてさて」

金髪「黒髪さんっ」チュ

黒髪「んぐ……」

金髪「素敵な唇……柔らかいです……おいしい」

小(ど、どうしよう二人が始めちゃった)

小(私も何だか物足りない……疼いちゃう……熱い……)

金髪「……小柄ちゃん、おいで」ニコ

小(……えへ……呼んでもらえた……)

黒髪「こんな攻め方がっ、勉強になりますっ」カリカリカリカリ

小(凄い、金髪さんと裸でもつれながら黒髪さんメモも取ってる……)アハハ

金髪「ここに足を開いて……座って」

小(……どんなことされちゃうんだろう……)



795 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:00:31.44 ID:KXySqz2y0

……

眼鏡「……ぁ……ふ……ぃっ……ふぇ……」

男(うっとりという様子で目を閉じた眼鏡さんは)

男(すっかり体重を僕に預けて、口からたまに声とも付かない喘ぎを出してる)

男(ほとんど動いていないのに気持ちよさが全然収まらなくて)

男(一触即発の状態になっている)

男(眼鏡さんの幸せそうな表情で僕も幸せな気分になっている)

男(気を抜くと、そのまま射精してしまいそうだ……)

男(そのことを口にするたび眼鏡さんから『いいのに』と言われてる)

男(いいのかなぁ……)

がちゃ

姉「よう、男…………なっ、なっ、なっ何してんねええん」

どぴゅ



798 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:06:01.06 ID:KXySqz2y0

どくどくどくどく
びくんびくん

男(あばばばばば、姉さんが訪ねてきた衝撃で出ちゃった)

男(腰が誰かのもののようにビクンビクン跳ねてしまう)ビクッ

眼鏡「姉さん……ごめんなさい……でも、凄く気持ちがいいです」

姉「な、な、なんで眼鏡と、あんたま、ま、まさか無理やり、けだものおおおお」

眼鏡「違います……襲ったのは私です」

眼鏡「私の理由で……男さんを襲いました」

眼鏡「だからごめんなさい」

男「……どうせ僕は姉さんと付き合ってるわけじゃないけどね」フゥ

姉「うううううううう、ぐるるるるるる」

姉「あ、で、でも、でも、学生に手を出しちゃダメええええ」

眼鏡「ごめんなさい、それも私が手を出してしまいましたので」

姉「うううう……男のあほおおおおおおおぉ」ダダダダッ



804 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:21:57.39 ID:KXySqz2y0

眼鏡「出ていってしまいましたね……ボクが怒らせちゃった」

男「責任の一旦は確実に僕にもあります、はい」

眼鏡「でも、とても気持ちがよかったです……初めてにしては上出来でした」

眼鏡「ボク、女の子では金髪が一番ですけど男さんは……」

眼鏡「男の人の中で一番ですね」

眼鏡「ボクとしては男さんと金髪と仲良くしたい」

眼鏡「どうしたらいいんでしょう……」

男「去年までは縁がなかった悩みが多すぎて頭がパニックです」ハァァ

眼鏡「ボク、気がついた気持ちを金髪に正直に伝えてみます」

ガク

眼鏡「あは、まだ腰抜けてます……」

眼鏡「しばらく……まだしばらくこうさせてください……先生……」



813 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:29:39.14 ID:KXySqz2y0

……

小(……あ、また、軽く……イっちゃった……)

小(あぅ……金髪さん……どうして私の気持ちいいとこが分かるんだろう)

金髪「……ここ?」クチュ

小「……ぁっ」ビクッ

黒髪「……ぁ……ああああああああ、ぅ……ふ」ビクビク

金髪「黒髪さんは本当に敏感ですね、ふふふ」

黒髪「気持よすぎるよぉ……」ギュッ

金髪「指がしっかり挟まれちゃいますよ」

黒髪「くーん……」

小「……金髪のここ……綺麗……」ペロペロ

金髪「えへへ、あんまり見せびらかせないのが残念だよね」



822 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:35:57.44 ID:KXySqz2y0

……

眼鏡「……よし、いけそうです」

ぐい
ふら……

男「大丈夫?」がしっ

眼鏡「はい、そうだ……先生……お風呂入りませんか?」

男「そうだね、だいぶべたついちゃったし」

男(姉さんどこ行っちゃったんだろ……)

眼鏡「では、私準備してきます」

男「……え?一緒に?」

眼鏡「もちろんですが……」ハテ?

男(まぁ、賢者さんも居ることだしもう大丈夫かな……)



824 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:42:13.37 ID:KXySqz2y0

……

金髪「小柄ちゃん……何その舌……だ、だめそれ以上だめだって」

小「ここですか?ここなんですか?金髪ひゃん」ペロペロクチュクチュ

金髪「ぁんっ……ああんっ……だめ……でちゃう……いっちゃう……あん」ビクッ

ぷしゅっ

小「わっ」ピチャ

黒髪「はぁはぁ……お、おぉおおおお、こここれは潮吹きっ」カキカキカキ

黒髪「金髪ちゃんいい、さいこうっ、もうちょいっ」カキカキカキ

ぷしゅ……

金髪「……ううぅ……だめだって……言ったのに……」ポー

黒髪「……っと、スケッチひとまず終了っ、ねぇお風呂はいろう?」



825 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:42:32.95 ID:KXySqz2y0

……

がらがら

男・眼鏡「あ」

金髪・黒髪・小「あ」



830 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:46:33.68 ID:KXySqz2y0

……

金髪「狭いねー、男さん」

男(……う、う、分けて入ればいいのに全員入っちゃった)ブクブク

眼鏡「何とか入る位だね……」

小「は、早く洗いますね」

黒髪「うひゃー、あ、ごめん小柄ちゃん」ぷにゅ

男(洗い場も狭い)

男(眼鏡が金髪に気を使ったのか、浴槽には僕、金髪さん、眼鏡さんが)

男(洗い場は、黒髪さん、小柄ちゃん)

男(さっきから真正面が金髪さんの顔で、うっかりするとキスでもしてしまいそう)

男(そして問答無用で、その巨乳が僕の胸に押し付けられている)

男(背中からは、眼鏡さんが胸を僕に押し当てている)

男(……もう満足したはずだったんじゃないのかいマイサン?)



833 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:49:37.52 ID:KXySqz2y0

男(湯に入ったときはしんなりしてたちんこが今はまたフル勃起……)

男(たまに金髪さんのお腹に当たっちゃってるんだよね)

男(前のノリだとすぐに騒ぎ立てると思ったのに……)

男(ちらっと見た後、顔を逸らして……なんと頬を染めてる)

男(お湯は湯あたりしないようにぬるめに調整したから……)

男(どうしちゃったんだろう、この変化……眼鏡さんの変化と関係が?)

眼鏡「金髪……ボクは君に言いたいことがあるんだ」

男(きた)

眼鏡「もしかしたら、ボクと男さんが風呂に入っているのを見て」

眼鏡「気づいたかもしれないけど……」

金髪「知ってる……見てたもん」

男「え?」



834 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:57:22.05 ID:oJuh21CFi

姉ェ…


838 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:04:20.59 ID:ySQtKXiJ0

眼鏡「え?」

小「あ、私も見ました」

黒髪「私、よく見えませんでした……」ショボン

金髪「私も言わせて」

眼鏡「なんだい?」

金髪「私も男さんとセックスしたい」

眼鏡「え?……なんだって?」

眼鏡「もう、しちゃった後じゃ……」

金髪「どうして?処女なのに?」

男(なんか誤解があったような……それがなかったらこうなってなかった?)

金髪「でも、もう、これで……んうっ」

にゅぷり

金髪「ごめんなさい……男さん」



840 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:04:58.55 ID:ySQtKXiJ0

男「うぉ……」

男(金髪が腹に当てていた僕のちんこを体をずらして)

男(一気に自分のあそこに導いてきた……)

男(びっくりする間もなく僕は金髪さんとつながっている)

金髪「……痛い……」

眼鏡「そ、そりゃそうだよ、いきなりだなんて」

金髪「いきなりじゃないわ……お風呂に入った時から……」

金髪「ずっと挿れたくて挿れたくて……んぁ……仕方なかったもの」

金髪「濡れてたの……ふっぁ」

男(顔が近い)

ちゅ……

男(おっぱいが二人の引力で押しつぶされて鏡餅のように広がってる)



844 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:15:39.04 ID:kRgzzyde0

金髪「……皆こんな痛かったの?」

小「それなりに……」

眼鏡「痛気持ちいい、って感じだからな」

黒髪「へー」

黒髪「でも、お風呂だと粘液が流れてしまって余計に痛いかもしれないですよ」

金髪「そ、そうなの?」

黒髪「って、聞いたことがあります」

男「浴槽の外に持ち上げるよ」ぐい

金髪「ん……ぐぅ……はぁはぁ……」

黒髪「うわぁ……一気に根本まで入っちゃってますね」

金髪「うぅぅぅ……ぐす……」ジワッ



845 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:17:41.26 ID:kRgzzyde0

男「ご、ごめん」

金髪「ごめんなさいは私の方です……男さんも痛いですよね」

男「あは、僕は主に……その出しすぎで痛いです」

黒髪「そうなんですか?」

男「何でかは知らないけど……何度も出すとおしりとの間あたりが痛く……」

黒髪「そう言えば、粘液の分泌を促進する方法があるんですが……試します」

金髪「はい」

男「はい」

黒髪「では、男さん……ちょっと……ごにょごにょごにょ」

金髪「?」

男「それ……僕がですか?」

男「……金髪さん……可愛いです……好きです……」チュ



848 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:21:59.76 ID:kRgzzyde0

金髪「……///」ニュル

黒髪「ほら……」

小「何故ですか」

眼鏡「性的に、嬉しいこと気持ちいことがあれば濡れる、そういうこと」

黒髪「つまり、好きって言われて金髪さんが気持ちいいってことです」

黒髪「だって……」

金髪「……言っちゃダメえす……」

男(何だかめまいがするよ……何があったんだよ僕に……)

眼鏡「金髪は男が大好きだ、と」

金髪「うぐ……でも……眼鏡ちゃんも大好きなんだよぉ」

金髪「どっちも嘘じゃないんだもん」

眼鏡「ふぅ……先週なら怒ってたかもしれないけど……」

眼鏡「今のボクには自分のことのように理解できるよ……金髪」ンデナデ



849 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:22:26.75 ID:kRgzzyde0

金髪「……ありがと、眼鏡……そして男さん……」

ちゅ
ちゅちゅちゅ

男(キスまみれになってるよ)

男(それと同時に、挿れたあそこがキュッキュとしまってくる)

男(刺激されると動きたくなるのが男であって……)

男(僕からも金髪さんに激しくキスを求めていった)

男(周りはどうなっているのかすっかり忘れちゃって)

男(金髪さんが大きな声をあげるのも構わずズンズン腰を動かしてしまった)

金髪「あんあん……う……ぁん……はぁ……んっ……ふぁ……」

金髪「き、もち……いいいいああぁい……すごっく……あ。あ、ああああ」

金髪「だめ、だめ、だめでちゃうでちゃうでちゃう……ああああふぁああ」

男「僕も……でちゃ……うっ」ずん

びゅっく



850 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:25:23.88 ID:kRgzzyde0

しゃー

男(腰が熱い……)

金髪「……でちゃ……た……おしっ……こ」

男(おしっこか……)

男(お風呂でよかった)

男(存分に漏らしちゃえばいいんじゃないかな)

金髪「……ん」ブルッ

男「出終わった?」

金髪「……///」コクン

黒髪「……はー」

黒髪「ブラヴォー!!!金髪ちゃん、男さん最高です……良い物見れました!」

黒髪「これで冬のネタまで完ぺき……ふふふふふふ」ニヤリ



852 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:28:30.46 ID:kRgzzyde0

……

トントン

小「ねえ、黒髪さん……」

黒髪「ん?」

小「今、下宿で処女なの黒髪さんだけになっちゃいましたね」

黒髪「え、うそ……」

眼鏡「本当です」

黒髪「人の心配してる場合じゃなかった!」

黒髪「男さん!あなたを先生と見込んでお願いが!!」

男(変な予感しかしません)

黒髪「この黒髪めも、ちゃちゃーっと女にしてください」

黒髪「経験にまさる知識なしというのが座右の銘」

黒髪「もう、あなたのちんこを挿れてもらわないと納得行きません」

黒髪「お願いします」ジー



856 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:33:00.39 ID:kRgzzyde0

金髪「抱いてあげなよ、せーんせ、ほら私から抜いて……」

金髪「勃起が収まらないうちに……ん……ね……ぁんっ」ニュポ

男「で、でも……もう……」

黒髪「できればバック……後背位でお願いします」クルッ

黒髪「その……まだですよねバックって……」

男「……バリエーションで決定するなんて……」

黒髪「あと……顔見られると恥ずかしいです……から」ポッ

男(あれ?……まだ戦う気かいマイサン?……)

男(確かに黒髪さんほどの美少女から誘われるなんて)

男(この先の人生ないかもしれないもんな……)

男(無理をおして入りたい気持ち……分かっちゃうよ……)



857 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:33:17.67 ID:kRgzzyde0

男「では……入れさせてください」

小「……」ゴクリ

黒髪「待ってください……あの2つ告白させてください」

黒髪「一つは……私、多分処女膜がありません……」

黒髪「色んな自慰をやりすぎてしまって……その……ぷっちょで……」

黒髪「ですので、思い切りお願いします」

黒髪「それから二つ目……」

黒髪「私、男さんが好きです……ざっくばらんに言うと」

黒髪「見ていると話しているといつもムラムラします」

黒髪「最近の自慰は男さんを思ってしています」

黒髪「だから今……凄く……ドキドキしてます」

黒髪「無茶苦茶にしてください……それと……」



861 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:36:40.87 ID:kRgzzyde0

黒髪「それとお願いです」

黒髪「私を抱いた後は……姉さんを大事にしてあげてください」

黒髪「姉さん……男さんが大好きなんです」

黒髪「男さんが越してくる前から従弟の話を嬉しそうにしてました」

黒髪「側で聞いている私が好きになってしまうくらいにね」

金髪「知らなかった……」

黒髪「あなた達が入る前からだからね」

黒髪「姉さんの男さんに対する愛情は、よくわかってます」

黒髪「自分のことだと照れて反発しちゃうみたいだけど」

黒髪「大事に大事にしてあげてください」

黒髪「私、男さんの事を話す、姉さんも大好きなんです」

男「……はい」



863 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:38:51.24 ID:kRgzzyde0

黒髪「じゃ、バックで……お願いします」

ずぅん

男(軽く言ってるのに何だか凄く気持ちが入って突いちゃった)

男(って、おい!なんじゃああああああーーーー)

男(黒髪さんのおまんまんの気持ちよさ)

男(とろけてしまいそう……熱い熱い……)

男(そして、前からとは違う引っ掛かりが……)

男(……膜がないにしても、ここまで変わるものなのか?)

黒髪「……ぁ……」キュ

男(大きく声をだすんじゃなくて肩を震わせて声を殺している)

男(ぷるぷる震える背中がまた愛おしく綺麗だ)



865 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:41:53.55 ID:kRgzzyde0

ずにゅずにゅ

男「きもち……いい」

黒髪「……うれし……ぃ///」

男(今日これだけ射精してなかったら一瞬で終わってた)

男(そして何より……全然避妊できてねえっす)

男(もうヤケクソだ、できちゃってたら全員僕のお嫁さんになってもらう)

男(子沢山で人生楽しむぞ)

にゅっちょにゅっちゅ

黒髪「……ん……ん……」

男(黒髪さんの声とは裏腹に中は暴れていると言っていい)

男(絡みつき、しまって、また緩んで飲み込んでという動きを)

男(次々としてくる……凄い……こんなに……)



866 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:42:55.74 ID:kRgzzyde0

黒髪「……はぁはぁ……」

男「はぁ……はぁ……」

男(ちんこに余裕が全然ない……でも、心地いい……)

男(挿れて出す動きの度に、射精の衝動が頂点に近づいて引き返す)

男(いつの挿入で出してもおかしくない気持ちよさが続いている)

にゅっちょっちょ

男(あ)

どく

黒髪「……あ……」ビクッ

どくどくどく……どぴゅ……

男「……はぁはぁ……」

黒髪「これが……射精……ですか…………凄く熱くて……」

黒髪「どうしてこんなに幸せなきもちになるんですか?」ニコ



870 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:44:39.46 ID:kRgzzyde0

……

小(私だけゴム付き……)ショボン

小(いつか生で射精してもらうんだから……)



874 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:53:19.05 ID:kRgzzyde0

……

ばたん

男「……帰ってたんだ、姉さん」

姉「ちょっと屋根の様子見てただけや」

男(姉さん……布団に座り込んでる)

男(目に涙の筋が見える)

男「あのさ……さっき」

姉「知らん」

男「ごめんなさい……って……うーん、言わない」

姉「あほ」

男「僕、でも姉さん傷つけたかな……何も知らないで」

男「姉さんが言葉で言ってくれないからって……不安になってた」

男「でも、沢山、姉さんから好きの態度受け取ってたよね」



875 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:53:36.19 ID:kRgzzyde0

男「僕……姉さんが好きだよ……ずーっと」

男「姉さんも僕が好きだよね、ずーっと」

男「姉さんが言わないんだから、僕が言うことにするよ」

男「違ってたら否定してくれたらいいからね」

姉「そんなん言うな」

姉「言葉にしたら嘘くさなるやろ……」

姉「お前なんか好きちゃうわ」ガシッ

男「うん」

姉「……おかえり」

おしまい



876 ◆Sis.W.vuC6 2012/04/21(土) 00:53:53.11 ID:kRgzzyde0

……
……

姉「あ、今日は朝まで寝かせへんからな」

男「え?」

姉「満足するまでおわらんで」

男「え?」

えええええええ

おしまい!



884 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:59:49.78 ID:Tz6htTsA0

あ…終わってた…

最高だった



891 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:07:14.47 ID:Yay/PuDD0

乙なんだよ


895 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:15:45.35 ID:eCM/lmh/0

ふぅおつ


910 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 02:12:12.87 ID:2gmxnPEqi

はじめて文字で抜いた
ほんとうにありがとうございました


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。