スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やよい「私ももう二十歳かぁ…」

元スレ:やよい「私ももう二十歳かぁ…」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1334326108/
14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:33:45.58 ID:l5AOvHA1i

やよい「もうあの頃みたいに"うっうー!"なんて言えないなぁ…」クスッ


私がアイドルを辞めて四年。
765プロのみんなはそれぞれの道を進んだ。

あの頃のアイドル仲間で、私が近況を知ってるのは春香さんと美希さんと伊織ちゃんくらいだ。



17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:36:41.34 ID:l5AOvHA1i

とりわけ伊織ちゃんとは今でも頻繁に連絡を取っていて、この間もお食事をご馳走してもらった。


……場所があまりにも豪華すぎて、ちょっと気後れしてしまったのは内緒だ。

春香さんと美希さんは他のアイドルの皆さんがそれぞれの事情で惜しまれつつも辞めていく中、いまだに765プロの看板トップアイドルとして頑張っている。



24 >>15 その人とは違う人ですすいません… 2012/04/13(金) 23:41:05.79 ID:l5AOvHA1i


そして私は今、会社の事務員として日々反省を重ねる日々だ。


美希さんには、似合わないと笑われてしまったけれど、私は今の自分は嫌いじゃない。

ある程度のお給料も貰えて、長介達も養っていけているし。

…しかし、今日は実家に帰る前に、"ある人"の家に寄り道だ。



28 >>15 その人とは違う人ですすいません… 2012/04/13(金) 23:43:32.27 ID:l5AOvHA1i


そんなことを考えながら歩いて居れば、ほら。

彼の家が見えてきた。


ピンポーン

P「はーい…ってやよいか、待ってたよ」ニコッ



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:47:31.03 ID:l5AOvHA1i


やよい「こんばんは、プロデューサー」

P「あぁ、度々すまないな。さぁ上がってくれ」

やよい「はい。おじゃましまーす」


この人は、私が現役だった頃のプロデューサーだ。
今も765プロで、小鳥さんと共に頑張っている。

そんな彼の家に、私は時々ご飯を作りに来ていた。



32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:50:52.66 ID:l5AOvHA1i


始まりは、私が18の時、街でたまたまプロデューサーと会ってから。

仕事が大変で毎日カップ麺生活だという話を聞いて、見かねた私が夕食を作りにいったのだった。

私が作った料理を、笑顔で美味しい、美味しいと食べてくれる彼を見て、私はとても嬉しかった。


……それから二年、今日もまた、私は彼の家の台所へお邪魔している。



41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:02:29.02 ID:l5AOvHA1i


やよい「今日はハンバーグですよ、プロデューサー」

P「おっ、いいなぁ。俺ハンバーグ大好きだよ」

やよい「それはよかったです。ふふっ」


キッチンで彼に背を向けながらの会話。

…聞こえて来た"大好き"の単語に、少しだけ顔が赤くなってしまっているのは秘密だ。



47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:07:16.02 ID:QNgITBuMi

トントントン…


P「しっかしほんと、俺って幸せ者だよなー……」

やよい「何言ってるんですかーもう。そんなに褒めても何も出ないかなーって」

P「いやいや本心だよ。俺はもうやよいのプロデューサーじゃないのに、こうして今も世話になってる……あの頃とは立場が逆だな」


プロデューサーが苦笑混じりに言う。

…幸せ者なのは、私の方なのに。




49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:13:36.99 ID:78jmY2toi


ただの事務員とは言え、それなりに辛いこともある社会人としての生活。

そんな中で、私がどれだけこの時間を大事に、暖かく思っているか、彼は知らないのだ。

やよい「さ、そろそろ出来ますよー。プロデューサー、」

P「はいはい、食器の用意だな。よっ、と」

やよい「くすっ、ありがとうございます」

P「それは俺のセリフだよ」カチャカチャ


こんな風に息の合ったやりとりをしてくれる彼の事を、私がどれだけ心地良く思っているか、なんて。



54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:21:55.62 ID:78jmY2toi


P「……うん!美味い!やっぱり何度食べてもやよいの料理は最高だな!」ニコニコ

やよい「もう、何回目ですかー?、それ。…でも、ありがとうございますね」ニコニコ


P「…ところでやよい、仕事の方はどうだ?順調か?」

やよい「ただの事務員に順調も何も……楽しくやらせてもらってますよ?」

P「そっか、ならいいんだ」

やよい「プロデューサーの方はどうなんですか?春香さんと美希さん、元気ですか?」

P「もちろん元気さ。…まぁ美希は毎日、疲れたのーっ!て言っては俺に抱きついてくるけど」

やよい「美希さん…変わってませんねぇ」



56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:27:19.11 ID:78jmY2toi


言いつつも、私の心にはロウソクのように小さな嫉妬の炎が灯っていた。

筋違いだとは、分かっているけれど。

あれだけお世話になったプロデューサーに、今になってそんな感情を抱いたって…。

その度私の頭に浮かぶのは、皆が辞めていく中、堂々と『プロデューサーが残るなら私も残る』と言った春香さんと美希さんの顔だ。




63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:38:46.76 ID:78jmY2toi


あの二人は、恋をしていた。

だからってだけではないだろうけど、それもあって、事務所に残ることを決めたのだろう。

やよい「(それに比べて、私は何ー?)」

やよい「はぁーーーー」

P「や、やよいっ?どうしたんだいきなり?」

やよい「いえ、なんでもないですー…」

P「…そうか?ならいいんだけどさ。それでな、春香のやつがまたドジでーーー」

やよい「(うーーーー)」モヤモヤ



65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:43:16.77 ID:78jmY2toi


プロデューサーが春香さんの話をしている。

私はそれを、素直に聞くことができずにいた。


プロデューサー、やっぱり毎日大変なのかな…。

こんなにしょっちゅう私に付きまとわれたら、迷惑なのかな……。

ご飯作りに通うのも、もうやめたほうが…

P「ーーい! やよい! …聞いてるか?」


やよい「ーーは、はい!プロデューサー、聞いてますよ?」



66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:47:01.08 ID:78jmY2toi


P「ウソつけ。目が遠くを見てたぞー?」

やよい「なっ、そっ、そんなことないですよー!ちゃんと聞いてました!……たぶん」

P「ほら見ろー」


むぅー。だってプロデューサーが他の子の話ばっかりするから……

…今一緒に居るのはわたしなのに。

ーーダメだ。私、嫌な子になってる。


やよい「プロデューサー」

P「ーーん?どうした?」



68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:51:55.70 ID:78jmY2toi


やよい「…あの、私、迷惑ですか?」

P「……え?」


やよい「こんな、もう二年も、勝手にご飯作りに来て。忙しいのに、プロデューサーの手を煩わせて。お仕事大変なのは知ってるのに…」

やよい「…ほら、私の家って貧乏ですから、ウチでは誰かと一緒に居るのが当たり前だけど、プロデューサーは違うのかな、とか、それなら、グスッ、それなら私、もうこういうの、グスッ、やめたほうがいいのかな、とかーー」



69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:54:50.61 ID:78jmY2toi


何時の間にか涙が出ていた。

なんでだろう、駄目、止めなきゃいけないのに…


P「ーーーーやよいは、こういう生活、嫌か?」

やよい「グスッ…ーーえ?」

P「こんな風に時々俺の家へ来て、こんな風に一緒に飯を食べる。…こういうの、嫌か?」

やよい「私、私はーー」




70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:00:14.31 ID:78jmY2toi

涙を拭って、答える。


やよい「嫌じゃ、ありません。むしろ安らぎになってました。こういう毎日が。ーーーープロデューサーとの、日々が」


P「そっか……」

P「俺もだよ」

やよい「えーー?」

P「俺もだ。やよいが来る日は、仕事中もにやけちゃうぐらいにな。よく春香にからかわれるよ」

やよい「ホント、ですか…?」



72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:05:21.88 ID:78jmY2toi


P「あぁもちろん。本当さ。だからやよい、もう泣くな。大丈夫だから、やよいが泣くような事なんて、最初から無かったんだよ」

ギュウッ


やよい「あ……」


プロデューサーの身体、あったかい…

私の全部、不安も何もかも、包み込んでくれる、あたたかさ。

やよい「ふえぇ……」



75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:08:08.19 ID:78jmY2toi


やよい「ごめんなさい、プロデューサー、私、ちょっと変でした」

P「んーまぁ、誰にでもあることだ。気にするな」

そう言って、プロデューサーは大きな手で、私の頭を撫でてくれる。

すごく嬉しかった。


やよい「えへへっ」



80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:13:13.51 ID:78jmY2toi


やよい「ごめんなさい、プロデューサー、もう二十歳になるのに、私ってばこんなので…」

P「いいんだよ、そんなの。俺からすれば充分いつもの可愛いやよいさ」

やよい「か、かわっーー!」

P「ん?」

やよい「ぷ、ぷぷプロデューサー」

P「お、おう、どうした…」

やよい「い、今の、もう一回言って欲しいなーって…」



85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:23:02.88 ID:78jmY2toi


P「俺からすればーー?」

やよい「は、はいっ、そこですっ!つ、つつ、続きをどうぞ…」

P「充分いつものーー」

やよい「………」ゴクリッ

P「かわいいやよい、だよ…」

やよい「」

P「……?」


やよい「はあぁううぅ………」テレテレ



86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:24:25.04 ID:gD4N6v5s0

やよいはかわいいなぁ


87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:29:05.71 ID:78jmY2toi


やよい「う……」

P「う?」


やよい「うっうー!嬉しいですー!」

P「おわっ!?」

やよい「あ…いけない、私ってば取り乱しちゃって…!」アセアセ


P「クスッ(やよいも変わらないな…)」



104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 02:16:05.73 ID:78jmY2toi


やよい「そ、それじゃ!私、今日はそろそろおいとましますね!それでは!」


バビューン

P「あっ、ーーおい!やよい!」

P「行っちゃったよ……そんなに恥ずかしかったのか…?」

P「まぁ、でもーー最終的には元気になってくれたみたいで、良かったな。途中、少し恥ずかしかったが…」

P「まぁ、いいかーーー」








106 寝る前ちょっとだけ投下 2012/04/14(土) 02:16:58.44 ID:78jmY2toi

タッタッタッタッ

やよい「あううぅぅぅ!」



ガチャン!


やよい「ただいま!」ハァハァ


全速力で家へと帰った私は、全力で扉を開け、帰宅を知らせる。


長介「お、おう…お帰り姉ちゃん…ってどうしたんだよ、その汗?」



109 あかんもうダメ寝る 2012/04/14(土) 02:29:06.73 ID:78jmY2toi


やよい「な…なんでも…ない……」ぜぇぜぇ


長介「いやなんでもなくねぇだろ…」

かすみ「お姉ちゃんおかえりー」

やよい「た、ただいまぁ」


長介「ーーほら、姉ちゃん水」

やよい「あー、ありがとぉー」ゴクゴクゴク

長介「…それでさ、姉ちゃん」

やよい「?どーしたの長介?」


長介「……い、伊織ねーちゃん、今度いつ来んの?」


やよい「あー…いつ来れるかなー…」



110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 02:31:00.38 ID:3LqzDajg0

お?これはこれは長介君…


140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 10:55:00.60 ID:78jmY2toi


やよい「っていうか…」

やよい「長介の伊織ちゃん好きも長いねぇ」クスッ

長介「なっ…別にいいだろ!俺がどんなアイドル好きでも姉ちゃんにはーー!」

やよい「ホントにそれだけー?」

長介「……それだけ、だよ…それ以外なんて、無理だろ、実際」

やよい「んー、まぁねー」





141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 10:56:12.99 ID:78jmY2toi

伊織ちゃんは今、水瀬財閥ですっごく頑張っている。

話を聞くだけで忙しいのが伝わってきて、私なんかの相手をしてもらっちゃっていいのかなーとも思う。

伊織ちゃんにそう言ったら、『やよいと今でも友達で居られる事は、私の誇りよ』なんて、とても嬉しいことを逆に言われてしまった。



142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 11:04:18.15 ID:78jmY2toi


つまるところ、忙しい中でも、私達は変わらないのだと思う。

けどその忙しさで、私はともかく、長介やかすみ達とはもうしばらく会っていない。

どうやら長介は六年前、響さんと伊織ちゃんがウチに遊びに来て以来、伊織ちゃんのファンのようで。



150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 11:23:41.30 ID:78jmY2toi


長介「ま、まぁしょうがないよなっ忙しいのはわかってるし…」

やよい「長介は…」

長介「ん?」

やよい「高校で、彼女とか出来ないの?」

長介「…んーまぁ、彼女はいないよ。何度か告白されはしたけど」

やよい「えーっ?なんで断っちゃったのー?」

長介「いや、だって俺は……あぁもういいだろ!姉ちゃんはどうなんだよ?」

やよい「へっ?わたし?」



155 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 11:27:09.63 ID:78jmY2toi


長介「そうだよ!姉ちゃんこそ、二十歳にもなって、未だに恋人の一人も居ないじゃんか!」


やよい「あ、あぅ……長介のばかー」


長介「だって、姉ちゃんが高校生の時なんて、それこそ毎日のように告白されまくってたのに…」



158 >>149なるほどそれはいい けどとりあえずPとやよいの話を書かせて下さい 2012/04/14(土) 11:33:53.25 ID:78jmY2toi


やよい「いや、あれはだって、私がアイドルだった頃の名残りというか…」


テレビに出てる女の子に、興味本位で声を掛けてみる、みたいな。

そんな感じ。

高校の友達には、も、もてもてでうらやましいとか言われたけど。

そんな事は決してないのだ。


長介「ふーん……まぁ確かに、俺も友達にめちゃくちゃ聞かれたけどさ。"あの"高槻やよいってお前の姉ちゃんなのか?って」

やよい「あはは……」



161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 11:39:01.89 ID:78jmY2toi


長介「じゃあ、今働いてる会社は?誰かいい人とかいないの?」

やよい「今の会社はー……若い女の人はたくさんいるけど、男の人は奥さんとかお子さんがいたりする人ばっかりだよー?」

長介「あー、そっか…」

やよい「まぁ、私はいいの!」


二十歳になって、恋人の一人もできた事ない、なんて。

そんなのいいんだもん。



164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 11:42:56.92 ID:78jmY2toi

長介「……じゃあ、あの人は?」

やよい「ん?」

長介「Pさん」

やよい「っ!」

長介「今日もご飯作りに行ってあげてたんでしょ?」


その言葉に、先程あった一件を思い出してしまう。

プロデューサー、あたたかかったなぁ。


やよい「あぅ……」カアアァ



166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 11:47:56.59 ID:78jmY2toi


長介「(あー、これは…)」

長介「(…当たり引いたなぁー)」



やよい「ぷっ、ぷろでゅーさーわ!」

長介「お、おう…」

やよい「ちがうの!」

長介「………」


やよい「ほんとにちがうからね!?」

長介「………」


やよい「なんか言ってよぉ…」

長介「いや、なんていうか…」


かすみ「お姉ちゃん、どう見てもPさん本命じゃない」

長介・やよい「「かすみっ!?」」





167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 11:50:37.09 ID:78jmY2toi

ちょっとタバコ吸ってくるのでペース遅くなるかもですすいません

あと、ゲスト出すので安価
>>170



170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 11:52:54.16 ID:u7gFK19P0

ゆきぽ




173 雪歩了解 2012/04/14(土) 11:56:05.33 ID:78jmY2toi


やよい「そ、そそそそそんなことないよ!」

かすみ「お姉ちゃんもう二十歳だよ?そろそろ自分の気持ちに向き合ってもいいと思うな」

長介「女の意見こえぇな…容赦ねぇ」

やよい「あうぅ…」



174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 12:00:31.58 ID:78jmY2toi


やよい「あ、あれーもうこんな時間!」チラッチラッ

やよい「ほら、二人ともそろそろ寝ないと!」チラッチラッ

かすみ「もぉ、またそうやって」

長介「あーでも、俺明日部活の朝練あるから早いんだった」

やよい「ね?ほら、かすみもー」チラッチラッ

かすみ「………もぉ。とにかく、お姉ちゃん。明日にでもPさんに気持ちを伝えること!」


やよい「う、うっうー…」



175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 12:02:58.05 ID:78jmY2toi


そうして、今日の夜はふけていきました。

明日は日曜日。仕事はお休み。

ベッドの中、私はさっきのかすみの言葉を考えながら、眠りについたのでした。



176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 12:09:41.28 ID:78jmY2toi

そして、次の日。

時刻はお昼。

やよい「プロデューサーの家の前まで来ちゃった…」

自然と足が向いてしまったのは、プロデューサーの家。

でも今日は、特に行くって連絡もしてないし…

そんな事を考えながら、家の前で立ち止まっていたら。

雪歩「……あれ?…もしかして、やよい、ちゃん?」

やよい「……えっ?」



178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 12:12:07.88 ID:78jmY2toi


やよい「雪歩さん…ですか?」

雪歩「そうだよー!うわー、久しぶり、やよいちゃん!」


まさかの雪歩さんとばったり!

雪歩さん、すっごく綺麗になってる…


やよい「お久しぶりですー!えと、雪歩さんもプロデューサーのお家に?」




180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 12:22:08.06 ID:78jmY2toi

雪歩「うん!今日はね、三人でプロデューサーの家に遊びに行こうってなってて…」

やよい「三人、って…?」


雪歩「あ、ほらあそこ!…真ちゃーん!美希ちゃーん!」

真「雪歩ー!うわー久しぶり!すっごく綺麗に…ってやよい!?」

やよい「真さん…!?」

美希「みんな久しぶりー!あれ、やよいも?」

雪歩「そうなんだよ!今そこでばったり!」


美希「それは奇遇なの!ね、ね、やよいもハニーの家でご飯食べようよ!」



181 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 12:26:40.33 ID:78jmY2toi


突然の再開に驚きが追いつかない。

雪歩さんも真さんも美希さんもすっっっごく綺麗になってるし!

やよい「はわー、皆さん綺麗になってますー…」

真「あははっ、ありがと。やよいもすっごく可愛くなってるよ」

美希「ね!美希、ちょっとびっくりしたの!」

やよい「そんな…美希さんにはとても敵いませんよぉ…」テレテレ



182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 12:30:29.89 ID:78jmY2toi


美希「まぁ私は今もアイドルやってるからねー!でも、雪歩も真もやよいも、すっごくキラキラしてるって思うな!」

やよい「えへへ、ありがとうございます!」

雪歩「立ち話もなんだし、プロデューサーの家、お邪魔しない?」

真「そうしよっか」


やよい「あ、あの!じゃあ、私が皆さんの分のご飯作ってもいいですか…?」



187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 12:49:33.17 ID:78jmY2toi


真「えっ、やよい、いいの?」

やよい「はいっ!久しぶりに会えたんだし、ご馳走させてください!」

美希「やったーなの!早くいこ、みんな!」

雪歩「うんっ。じゃあ行こうか!」


ピンポーン

P「はーい……おぉ、雪歩!真!久しぶり!」

真「へへっ、お久しぶりです、プロデューサー!」

雪歩「お邪魔してもいいですか…?」


P「もちろん。待ってたよ」

美希「ぶぅー。ハニー、ミキはー?」ムスッ

P「はいはい、美希もな。いらっしゃい。……と、やよい…」

やよい「えっと、こんにちは、プロデューサー」



190 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 12:59:55.70 ID:78jmY2toi


雪歩・真・美希「「「!!!!!」」」


真「(この雰囲気…これはもしかして…)」チラッ

雪歩「(うん、これは…)」コクリ


真・雪歩「「(この二人、デキかけてる!!!)」」ズバアアアアアン!!



255 すいません!寝てました! 2012/04/14(土) 18:31:53.56 ID:78jmY2toi

美希「(うーん…これは……なの)」

雪歩「(ど、どうする…真ちゃん?)」

真「(と、とりあえず僕達は、部屋に入ってようか)」

雪歩「(う、うん…)」

美希「(やよい……)」


P「あー…昨日あの後は…大丈夫だったか?」

やよい「は、はいっ。もう全然。…突然帰っちゃってすいませんでした…」



259 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 18:42:08.69 ID:78jmY2toi

P「いや、それはいいんだが…」

やよい「あの……」

P「ん?どうした?」



かすみ『とにかく、お姉ちゃん。明日にでもPさんに気持ちを伝えること!』

やよい「う、うっうー…」

やよい「(この後…お時間…)……」



P「…?どうしたんだよ?やよい」



262 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 18:48:51.16 ID:78jmY2toi


美希「…ハニー!」

P「!…お、おう美希…」

美希「なに話してるのー?ミキ、もうお腹すいたかも!」

P「…あぁ、すまないな。…悪いやよい、話は後ででもいいかな?」

やよい「あ…はいっ、全然大丈夫ですー…」

美希「やよいも、早く行こっ?」

やよい「う、うんっ」


美希「(やよい…ごめんなさいなの…)」



263 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 18:57:34.26 ID:78jmY2toi


真「さて!それじゃ……」

真・雪歩・P「「「いただきまーーす!」」」

やよい「はーい召し上がれー」ニコニコ


真「…んんっ!やよい、美味しいよこれ!」モグモグ

美希「きくらげ炒飯、だっけ?すっごくすっごく美味しいって思うな!」パクパク

雪歩「やばいですぅ…手が止まらないですぅ…」ムシャムシャ




268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 19:17:31.79 ID:78jmY2toi

P「うん。美味いぞ、やよい」


やよい「えへへ…美味しくできたみたいで、良かったですー」パクパク

P「いやー、それにしても、真と雪歩は本当に久しぶりだな!今、何やってるんだ?」

雪歩「真ちゃん今、夢の国で働いてるんですよ!」

美希「うっそ!真くん凄いの!」




269 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 19:22:07.17 ID:dTMO9Hvu0

ハハッ


271 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 19:25:40.23 ID:78jmY2toi

真「いやーあはは…そんなそんな…」

雪歩「ジャングルク○ーズの船員さんなんだよねー♪」

やよい「あーでも、似合ってますねー」

美希「すごーい!ね、ね!アレって実際どうなの?台本とかあるの?」

真「あーあれはね、台本に数種類のパターンがあって、それを組み合わせて使ってマンネリを回避してるんだよ」(ガチです)




275 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 19:31:16.41 ID:78jmY2toi

P「真お前、そんなことペラペラ喋って大丈夫なのか…?」

やよい「真さん…消されないでくださいね…」

真「あはは…まぁホントはダメなんですけど、プロデューサー達ならいいかな、と」

雪歩「真ちゃん…」キラキラ


P「…雪歩は今なにを?」



281 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 19:47:01.37 ID:78jmY2toi


真「雪歩はあれだよね、任○堂のサポートセンターの対応係」

P「す、すすすすっげー!」

美希「ハニー驚きすぎなの…確かに凄いけど」

やよい「雪歩さんいい声ですもんねー…適任って気がします」

P「いやお前…○天堂ってちょっと半端ないぞ…」

P「(俺より安定してるんじゃないか…?)」



286 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 19:56:47.20 ID:78jmY2toi


真「やよいは今なにを?」パクパク


やよい「私は全然…しがない事務員ですよー」モグモグ

雪歩「どこの事務所なの?」

やよい「えと、MAVERICK DC GROUP、ってところなんですけど…わかります?」


美希「わかる!わかるわかるの!」

P「美希興奮しすぎなの…」

美希「だってMAVERICK DC だよ!?そりゃ興奮もするってもんなの!」



324 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 22:13:45.41 ID:x5vAHxvBi


雪歩「…そんなに凄いところなの?」

美希「そりゃもう!…って事はやよい、hydeさんとかに会ったことあるの?」

やよい「あー、あのすっごいカッコいい人ですよね?はい、事務所付き合いで何回か」

美希「うーらーやーまーしーいー!!!この話、貴音が聞いたらきっと卒倒するの!」


やよい「美希さんがロック好きなのはなんとなくわかりますけど、貴音さんですかー?」

真「あー、確かに。貴音のラルク好きはちょっとびっくりするぐらいだよね…」

P「っていうか三人とも凄いな…いや、この場合ウチの社長が凄いのか…?」




331 ちなみにラルクネタは趣味で入れました。わからなかった方ごめんなさい 2012/04/14(土) 22:23:35.21 ID:x5vAHxvBi


そして夜も更けて、片付けも終わった頃。

真「あ、ごめんね皆、ボク、そろそろ帰らなきゃ…」

雪歩「そっか、真くん明日早いんだっけ…」

真「そ。夢の国は遅刻には厳しいんだよねー」

美希「…ハニー、ミキ達はそろそろお暇するの!また明日ね!んんーっ!」

P「別れのキスをせがもうとするなっ!お前酒飲んだだろ!?」


美希「ちぇっ、なの」


やよい「………美希さんっ」

美希「んー?どうしたのやよい?」

やよい「帰る前に、ちょっとだけ、お話いいですか…?」



335 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 22:32:28.82 ID:x5vAHxvBi


美希「……うん、いいよ。…えと、ごめんね真くん、雪歩。先に帰っててなの」


真「うん、わかったよ美希。じゃあ雪歩、行こっか」

雪歩「あ、はいっ。それじゃ、やよいちゃん、美希ちゃん、プロデューサー、また」

P「うん。たまには事務所にも遊びに来てくれ。いつでも歓迎する」


雪歩「クスッ。はい、必ずいつか」ニコッ

真「それじゃ、お疲れさまでした!プロデューサー!」


ガチャッ バタン…



337 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 22:37:44.45 ID:x5vAHxvBi


美希「じゃあ、私達も行こっか」

やよい「あ、はいっ。それじゃプロデューサー、また…」


P「おう。またいつでも来てくれ」

美希「ハニー、また明日なの!」

P「明日も仕事が詰まってるからなー。頑張ってくれよ、美希」

美希「もちろんなの!それじゃあね!」



……そうして、私達はプロデューサーの家を後にする。

美希さんの、"また明日" という言葉に、少しの羨ましさを感じながら。

…何もしないでも会う理由があるって、いいなぁ。



338 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 22:44:10.86 ID:x5vAHxvBi




…帰り道。

雪歩「真ちゃん、あの二人を置いて先に帰って、本当に大丈夫だったのかな…?」


隣を歩く雪歩が、僕にそう聞いてきた。

真「うーん、どうだろうねぇ…」


ケンカになって、仲違いして、このままもう会わなくなってしまう、とか。

そんな事を全く考えなかったわけではないけれど。


真「…でも、二人とも良い子だから。大丈夫じゃないかな」

雪歩「でも…うぅー、心配ですぅ…」






339 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 22:52:32.37 ID:x5vAHxvBi


不安そうな顔をして、おろおろする雪歩。


真「あはは。雪歩は本当に心配性だなぁ」


そんな彼女の手を、僕はギュッと握る。


雪歩「…!真、ちゃん…」


少しだけ驚いて、けれど雪歩は僕の手を握り返す。

真「頑張ったね。雪歩」ニコッ

誰も彼女の本心に気づかないのなら、せめて僕だけは笑顔を向けてあげるのだ。




340 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 22:55:37.29 ID:x5vAHxvBi


…やよいと美希を、辛いだろう、大変だろうと言うなら。

そんな彼女達をとても心配し、そして…


雪歩「…ありがとう」グスッ


静かに恋敗れた彼女もまた、大変に辛いことを僕は知っているから。

何もできない僕は、ただただ彼女の手を握る。


雪歩「…あはっ、バレバレだったかな?私の気持ち…」

真「…いや、多分誰も気付いてなかったと思うよ」

雪歩「そっか。…なら、いいんだ」




343 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 23:00:34.00 ID:x5vAHxvBi


真「……雪歩」

雪歩「なに?真ちゃん」


真「今日は、ボクのウチに泊まる?」

雪歩「え、でも……いいの?」

真「もちろん。雪歩ならいつでも構わないよ?」


そう言うと、雪歩は立ち止まり、少しの間うつむいて。


雪歩「……うえぇーん!ありがとう真ちゃぁーん!!」バッ!


…感極まったように、僕の胸に飛び込んで来たのだった。



349 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 23:08:38.24 ID:x5vAHxvBi



…帰り道。


タタッ クルッ

美希「…それで、話ってなにかな?やよい。…なーんて、大体分かるけどね」クスッ


しばらく無言で歩いた後、美希さんは私の数歩前に躍り出ると、立ち止まり、そう聞いた。

自然と私も立ち止まり、足音が消え、静寂が訪れる。


やよい「…あの、わたし…」


いくら年を重ねようと、こういう事にはいつまでも慣れないものなのだろうか。

もっとも、慣れるというほどこんな経験は無いのだけれど。



351 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 23:16:44.03 ID:x5vAHxvBi


やよい「わたし、私…」


なかなか言葉が出ない。
言わなければいけない事が、悲しいから。


美希「……分かるよ、やよい。ハニー……ううん、違ったね、 "プロデューサー" の、事でしょ?」

やよい「……!」


"プロデューサー"。

そう言った瞬間の美希さんの切なそうな表情に、思わず私は息を呑む。

月明かりに照らされた彼女は、状況を忘れて見惚れかける程、美しかった。



353 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 23:23:50.60 ID:x5vAHxvBi


美希「あはっ。やよい見てれば分かるの。だってやよい、しばらく見ないうちに、春香や雪歩と同じ目をするようになってた」


少しだけ下を向いて、乾いた笑いを零し、そう語る美希さんは、とても綺麗だった。

ずっとずっと、ひたすらに長い間、ただ一人を好きであり続けた、美希さんは。

誇張でも何でもなく、他の誰よりも美しく見えた。


やよい「(こんな、こんな綺麗な人に、私は……)」


それは、思わず私が、これから覚悟を持って言おうとしている事に疑問を感じてしまうくらいに。



355 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 23:34:07.81 ID:x5vAHxvBi


私を、春香さんや雪歩さんと同じ、と言う美希さんは、うつむきながら話を続ける。



美希「…それはね、 "恋をしている女の子の目"。 ご飯を食べてるときも、食器の片付けを手伝ってもらってるときも。…やよいがプロデューサーを見る時はいつも。そんな…… キラキラして、凄く可愛い顔を、してたんだよ」


やよい「美希、さん……」



361 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 23:43:59.25 ID:x5vAHxvBi


美希「私は…私と春香は、みんなが765プロを辞めてからもずっと、プロデューサーの事を見てきた。お仕事も頑張ってやった。でもね、でも…それ以上に……」


美希さんが顔を上げる。

やよい「………っ!」


その頬には、一筋の涙が、月明かりに照らされていて。


美希「それ以上に、私は…私達はっ! 」


それは、最高に美麗な化粧に見えた。


美希「"恋をしてた"っ!プロデューサーが、大好きだったっ!」



364 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 23:54:26.28 ID:x5vAHxvBi


それは、テレビを付ければその姿を見ない日は無い、スーパーアイドル星井美希の、慟哭だった。

そして、美希さんは眉尻を下げ、真剣な顔をくしゃくしゃに歪めて、切なそうに、言った。


美希「…でもね、ダメみたい。私じゃあ……多分、春香でも。プロデューサーの一番には、なれないの」


美希「それでね、今日一日、やよいとプロデューサーと、みんなと過ごして思ったんだ」

やよい「………」


美希「"あ、ハニーの一番はこの子なんだな" って。それが、やよい。…貴女なの」



365 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 00:01:49.65 ID:x5vAHxvBi


やよい「ですけど美希さん、私は…っ!」

いくら恋愛経験の無い私でも、それくらいは分かる。

こんなの、完全に後出しの横取りだ。


美希「……私の事は気にしないで。…たぶん春香も、おんなじ風に言うと思うな」


やよい「でも…でも……!」

やよい「…なら、美希さんの六年間の想いはどうなるんですか!ちゃんと決着も着けないで、私の事は気にするな、って…そんなの!」



370 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 00:10:13.84 ID:eZN7mx5Xi


私が言うと、美希さんは困った様な表情を浮かべ。


美希「……本当に本当に、やよいは良い子だなぁ、なの」


そう呟いて、吹っ切れた様に笑った。




372 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 00:11:17.55 ID:eZN7mx5Xi


そして。


美希「……よし!そんなに言うなら、決着、ここでつけちゃおうなの!」


突然、そんな事を言い出した。

やよい「えっ……?」


美希「とりあえず私が自分にケリを付ければ、やよいは前に進もうーっ!てなるんだよね?なら、やる事は一つなの!」


言うが早いか、美希さんはケータイを取り出して、耳に当てる。

やよい「ちょ、ちょっと美希さん、もしかしてそれ…!」


美希「…あ、もしもし、ハニー?」

やよい「えええぇぇぇぇ!?」



419 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 02:16:21.60 ID:eZN7mx5Xi


P『美希?どうした、何か忘れ物か?』


美希さんが携帯をスピーカーモードにしてくれているので、私にもお互いの声が聞こえてくる。


美希「ううん違うの。忘れたのは物じゃなくて、言葉。……それも、六年越しの、ね」


P『?お前、何言って、、、』


美希「…プロデューサー!」

P『……どうした?』


美希「美希の言葉…聞いてくれる?」




423 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 02:24:12.13 ID:eZN7mx5Xi


普段じゃ聞けない真剣な声色に、自然とプロデューサーも真剣になっていくのが伝わってきた。


P『…あぁ、わかった。状況はまだよく飲み込めていないけど、聞かせてもらうよ。美希の言葉』


美希「…そっか。ありがとうなの。…じゃあ、言うね」


雰囲気が、変わる。




美希「……ミキね、プロデューサーのこと、大好きなの!」


とびっきりの笑顔で、美希さんは受話器の向こうへと、想いを伝えた。



424 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 02:28:58.69 ID:eZN7mx5Xi


P『…………知ってたよ』


美希「…そうだよね。…でも、ちゃんと言葉にして伝えたのはこれがはじめてなの」


P『……うん』


美希「実は、誰かを好きになったのもはじめてだったんだ」


P『……うん』


美希「最初はわがまま言えてラクな人、ぐらいの印象だったけど」


P『……うん』


美希「いつのまにか、好きになってた」



425 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 02:33:05.77 ID:eZN7mx5Xi


P『……うん』


美希「なんだかライバルも多くてね?ミキ、正直ちょっと焦ったの」

P『……うん』


美希「……その間、色んな男の人にたくさん告白されたの」

P『……うん』


美希「でもね、ミキが好きなのは、いつでもプロデューサーだけだった」

P『……ははっ、……そりゃ、ありがたい話だな』



428 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 02:40:59.84 ID:eZN7mx5Xi


美希「でしょ?プロデューサーに振り向いて欲しくて、すっごく積極的になったの」

P『……うん』


美希「……プロデューサー」


いつのまにか、私は泣いていた。

P『………』

溢れる涙が、止まらなかった。



美希「好き」

P『……うん』


美希「…好きっ」

P『……うん』





431 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 02:47:02.90 ID:eZN7mx5Xi

それでも、涙を拭って、美希さんを見ると。

美希さんも、泣いていた。
端正な顔を、くしゃくしゃにして。


美希「だい…すきぃっ」

P『……うん』

泣きながら、愛を語っていた。


P『……ありがとう』



432 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 02:50:57.52 ID:eZN7mx5Xi


美希「…グスッ、最後に、聞かせて?」

P『……何だ?』


そして、美希さんは最後の質問をする。


美希「…ずっと、これから、ミキの事だけを見ていてくれますか…?」


プロデューサーは今、どんな顔をしているのかが、気になった。


P『…っ!……すまない、美希。それは……それは、できない』





433 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 02:55:19.99 ID:eZN7mx5Xi


その言葉を聞いて、美希さんは静かに笑った。


美希「…………そっか。…あーあ!振られちゃったの!まぁ、分かってたけどね」


P『え……?』


美希「プロデューサーの一番は、もういる、ってこと。今日会って分かったの」


P『じゃあ、美希はなんでこの電話…』


美希「…もう!この鈍感プロデューサー!なの!」



437 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 03:02:31.05 ID:eZN7mx5Xi



美希「…けじめを、付けたかったからだよ。それだけ」


P『……そう、か…』


美希「…ふんっ!もうプロデューサーなんて知らないの!これで区切りは付いたんだし、さっさと新しい人見つけて、次の恋探すの!」


P『……そっか。それも少し…残念だな…』

美希「………っ!…プロデューサーのバカっ!!」


美希「……今日はもう、切るね…?」

P『あ、あぁ、また明日な。美希…』


美希「うん。また明日」


…最後に美希さんは携帯を耳から離し、顔の前に画面を持って来、笑顔で叫んだ。


美希「……さよならっ! "ハニー" っ!!」



439 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 03:10:17.59 ID:eZN7mx5Xi

プツッ ツー ツー ツー


満足気な顔で携帯をしまい、私へ向き直る美希さん。


美希「……ふぅっ。…終わったよ、やよい。長くなっちゃってゴメンね?」

やよい「あ、いえ、私こそ……聞いちゃってごめんなさい…」


美希「あはっ、いいのいいの。それより、これで私の気持ちにピリオドは打ったよ?…あとは、やよい次第なの」


やよい「はい…わかってます」


さすがの私も、ここまでされたら……こんなきれいなものを見せられたら、決心が着いた。


やよい「…今からプロデューサーの家、戻っても大丈夫ですよね」


美希「さっすがやよい!それでこそ765プロのアイドル、なの」ニコッ



441 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 03:20:04.84 ID:eZN7mx5Xi


やよい「あはは…"元"ですけどねー」


美希「それじゃ、行ってらっしゃい。お二人の幸せを、祈ってるの」


やよい「……はい。本当に、ありがとうございました、美希さん」


美希「…なんか、やよいももうすっかり大人だねぇ。感慨深いの」


やよい「むっ、なんですかそれー。私そんなに子供っぽかったですかぁ?」

美希「んー、まぁね。でも、あの時のやよいも可愛かったよ」


やよい「…あぅ。あ、ありがとうございます……」



442 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 03:21:14.52 ID:w94l2BDvP

なんて大人な美希なんだろう


446 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 03:29:28.52 ID:eZN7mx5Xi


美希「こんなに可愛ければ、プロデューサーなんて全然余裕、って思うな」


やよい「…だといいです」


美希「まぁ悩んでても仕方ないよ!ほら、早くいかないと!」


やよい「……はいっ。…それじゃ美希さん……また、一緒に遊んでくれますか…?」



447 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 03:30:21.26 ID:eZN7mx5Xi


美希「もっちろん!むしろ今日の事でミキ達、すっごく仲良くなれたって思うな!」


やよい「うぅ…ミキさん大好きですー!」バッ

ダキッ

美希「キャッ!…もうやよい、抱きつかないでなのー」



やよい「…美希さん、私行きますね…」ボソッ

美希「……うん。いってらっしゃい。やよい」

…抱きつきながら耳元で囁くように呟いた言葉は、ちゃんと美希さんに届いたみたいだ。

ギュッと私を抱きしめて、言葉を返してくれた。



566 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:03:29.03 ID:eZN7mx5Xi

美希「プロデューサーには、私からメールしておくの」


やよい「私、最後までご迷惑を…」


美希「いいってことなの!ミキ、やよいには目の前の幸せだけを見てて欲しいって思うな!」


やよい「美希さん……」


…本当に、この人は。
どこまでかっこ良く、秀麗であれば気が済むのだろう。



568 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:04:41.35 ID:eZN7mx5Xi

美希「そうだ、やよい!最後にアレやろうよ!」


そう言うと美希さんは、右手を挙げて、私を見た。


やよい「…あー、アレですか……」


それは、私が大人になるに連れて自然とやらなくなった、アレだ。



570 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:05:35.80 ID:eZN7mx5Xi

けれど、今だけは。

あの頃に戻って、目の前にいる素敵な人の "またね" を受け取ろう。


やよい「…わっかりましたっ!それじゃ、行っきますよ~っ!」


私も右手を挙げ、美希さんの目を見て息を合わせ、


美希「……はいっ!」


振りかぶった手の平を、小気味良く合わせる。


美希・やよい「「ターーーッチ!!」」パンッ!!



572 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:07:26.15 ID:eZN7mx5Xi


そして。

美希さんとの "またね" を終え、私は今。


やよい「…………ぅー…」


再び、プロデューサーの家の前まで来ていた。


やよい「(緊張がマッハでヤバいですぅ…)」


しかしだからと言って、逃げ帰るわけにはいかない。

美希さんから連絡もいってるだろうし……何より私自身が、それを絶対によしとしない。


やよい「(………よーし…!)」


緊張を振り切り、インターホンを押す。



577 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:10:44.93 ID:eZN7mx5Xi


ピンポーン


P「はい……あぁ、やよい。さっきぶりだな…」


やよい「は、い。こんばんは、プロデューサー」


P「……あぁ」


さっきの美希さんの一件が尾を引いて、上手く喋れない。



578 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:12:58.96 ID:eZN7mx5Xi


P「……あー、まぁとりあえず上がってくれ。さっきの今で、まだ少し散らかってるが」


やよい「あ、はいっ。お邪魔します…」


雰囲気が、どこか重い。
そりゃそうだろう。美希さんのあんな劇的な告白の後だ。



580 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:17:51.17 ID:eZN7mx5Xi


断ったとは言え……いや、断ったからこそ、なのか。

プロデューサーも、思うところがありそうな顔だった。


P「美希から連絡は受けてたが……どうしたんだ、やよい?」


けれどプロデューサーはそんな顔を隠して、私に用件を聞く。


…これからする "話" の内容を考えると、気が重い。


P「なんだかよくわからないが、大事な話見たいじゃないか?」


…けれど、そう、大事な話だ。



581 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:20:13.56 ID:eZN7mx5Xi


私が今ここに居れるのは、美希さんのお陰なんだから。

ここまで来て、当の私が、気後れしてるわけにはいかない。


やよい「はい。大事な、話です。…とっても」

P「ははっ、なんか怖いな…なんだ?」


…プロデューサー、真面目な顔してる。



586 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:48:32.59 ID:eZN7mx5Xi

でも、その前に。

"私" の大事な話を、始める前に。


やよい「えと、まず……さっきの美希さんとの電話、ごめんなさい、私も聞いてました」


聞かなくちゃいけない。


P「…なんだ、やよいもそこにいたのか……」


やよい「…はい。それで、プロデューサーに聞きたいことがあります」


プロデューサーが美希さんを、振った理由を。



589 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:59:20.57 ID:eZN7mx5Xi


やよい「どうして、プロデューサーは…美希さんを、振ったんですか?」


P「………!」


プロデューサーの顔に驚きが浮かぶ。


P「それが、お前の "大事な話" か?……いや、それより、やよいがそれを聞いてどうする…?」


やよい「私の大事な話に、必要なんです。お願いします、教えてください、プロデューサー…」



592 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 20:20:55.24 ID:eZN7mx5Xi


P「俺が…美希を振った理由…」


プロデューサーが迷ってるのが分かる。

でも、聞かなくちゃ。


美希さんのために。

私の、ために。


P「……俺と美希はプロデューサーとアイドルだ…それに」


プロデューサーが真剣な顔で、けれどどこか遠くを見て、言う。


P「好きな人…いるんだよ。俺」



594 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 20:24:54.25 ID:eZN7mx5Xi


……私だと、いいな。

美希さんの事は分かっているけれど、私は素直にそう思った。


思って、しまった。


やよい「…そう、ですか。…わかりました。ありがとうございます」



595 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 20:28:40.03 ID:eZN7mx5Xi


P「……俺の理由はこれだけだ。次は、やよいの "大事な話" だぞ?」


そして、この時が来た。


やよい「(緊張する…)」


心臓がバクバク言ってるのが分かる。

やよい「…はい、そうですね。私の、大事な話……」



597 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 20:33:47.18 ID:eZN7mx5Xi


やよい「えと、あの……」


ぷ、プロデューサーの顔が見れない…!

そして私今絶対顔赤い…!

プロデューサーの部屋が暑いとかじゃ、なくて…。


やよい「実は私、私は……」


緊張と恥ずかしさの極みの私がその時思い出したのは、さっきの美希さんの言葉。



美希『ミキ、やよいには目の前の幸せだけを見てて欲しいって思うな!』



そう、だよね。

…頑張らなくちゃっ。



600 残念ながらこれはハッピーエンドのお話です 2012/04/15(日) 20:43:00.75 ID:eZN7mx5Xi


やよい「私は…じゃないです。 "私も" 、プロデューサーが……好きなんです」



P「………っ!」


プロデューサーが見れない。

顔が熱い。

胸がドキドキしてる。


P「……それは…知らなかった、な」



602 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 20:46:12.44 ID:eZN7mx5Xi


やよい「それで、そのー……よ、よよ、よろしければ、わた、私と、お付き合いして、ほしいかなー、って……あぅ」


下を向きながら、必死に紡ぎ出した言葉、ものすごいカミカミだった。


P「………まじか」


やよい「ま……まじです」




605 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 20:51:37.86 ID:eZN7mx5Xi


やよい「こっ、これわですね!」


P「お、おう…」


やよい「プロデューサーの好きな人が!」


P「おう…」


やよい「わ、私だといいなーっ、と、いう可能性に賭けての告白ですので!」


P「おう…」


やよい「こ、断っていただいてもそれわ!」

やよい「か、賭けに負けた、というだけの、話、ですので…」


P「おう…」



やよい「わ、私は、一向に、かま…構わな……えぅ…えぐっ、グスッ……」



606 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 20:56:10.25 ID:eZN7mx5Xi


私、泣いてる……


告白って、こんなに胸が詰まることなんだ…


今、プロデューサーがどんな顔をしているのか、見れない。


困ったような顔だったらどうしようかな、とか。

でも、嬉しそうな顔かもしれないし…とか。


なんだか色々な気持ちが駆け巡って、涙が止まらなかった。



608 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:01:14.43 ID:eZN7mx5Xi


やよい「うぁぅ…ぷろでゅーさー……好きです…ぐすっ、ほんとに、ほんとに……好きですよぉ…」


P「やよい……」


あーもう、いつまで泣いてるのよ、私…

こんなの、二十歳の大人の態度じゃないのにぃ…


P「…やよいっ!」バッ!


ギュッ…


やよい「……え…?」


気がつけば、優しく包まれていた。




612 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:06:02.11 ID:eZN7mx5Xi



やよい「…ぷ、プロデューサー、これ、って……」


P「俺も、やよいが好きだ」



やよい「う……あぅ……ひぅー」


し、信じられない。

冷静に考えられない。

ほんとかな。


やよい「ま、まじですか…?」


P「……マジですっ!大マジです!」


やよい「うぅ…私、信じちゃいますよ?そしたら、撤回は、めっ、ですよ?」


P「構わないよ。…むしろ、信じてくれ」



614 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:10:49.69 ID:eZN7mx5Xi



やよい「じゃあ、信じます。…だから……」


P「…うん?」



やよい「もっと、ギュッ、て、してください…」


P「……あぁ」ギュウッ


やよい「ぁう……」


P「これでいいか…?」


やよい「ぷ、プロデューサー」


P「…なんだ?」


やよい「わたし、幸せです」



616 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:14:14.51 ID:eZN7mx5Xi


プロデューサーのぬくもりを身体いっぱいで感じながら、私は伝える。


やよい「すっごく、すっごく幸せです」


P「……やよい」


やよい「はい?」


P「俺で、いいのか…?」


やよい「ふふっ、もぉ…」



やよい「…プロデューサーじゃなきゃ、ダメなんです」



618 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:19:45.97 ID:eZN7mx5Xi

やよい「大好きですよ…プロデューサー」


P「うん。俺もだ」


やよい「これからも、ずーっと一緒です」


P「もちろん。俺たちはずっと…だろ?」


やよい「…私、その曲好きです」クスッ


P「えと、やよい…」


やよい「はい?」


P「えと、そろそろ離しても、よろしいでしょうか…これ、結構体勢が…」


やよい「あっ、ごめんなさいっ」

やよい「でも、最後に一つだけ、いいですか…?」



621 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:22:25.89 ID:eZN7mx5Xi


P「?なんだ…?」


私は、少しだけ身体を離して、プロデューサーの目を正面から見据える。


…すっっっごい近くて緊張するけど。

…私の憧れ、この人に叶えてもらわなきゃ。


やよい「……んっ」


目を閉じて、少しだけ唇を上に向ける。


P「……っ!」



627 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:28:03.82 ID:eZN7mx5Xi



P「やよい……」


プロデューサーの顔が近づいてくるのを感じる。


………そして。



P「……」チュッ


プロデューサーと私の唇が、重なった。


やよい「んぅ……ちゅ…ぅん……」



629 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:29:04.14 ID:R3iw0sEa0

えんだあああああああああああああああああ


630 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:31:00.69 ID:9esAyrWE0

いやあああああああああああああ


632 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:31:45.45 ID:eZN7mx5Xi


私の、ファーストキス。


やよい「んん……ちぅ…」



って、あれ、これ、息が…続かな…


やよい「……ぷはっ!…あぅぅー」


P「……やよい、大丈夫か…?」


……かっこわるいぃ…

二十歳のくせに、キスもできない自分が、腹立たしかった。



633 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:32:08.83 ID:8L09QZxk0

ハタチのやよいとちゅーしてぇわー


636 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:35:13.63 ID:9YlG06pbO

ああああああああああああああああああああああああああああやよいいいいいいいいいいいいいいいい


639 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:38:25.84 ID:eZN7mx5Xi


やよい「あぅ、ごめんなさい…私こういうのはじめてで、やり方とかあんまりよくわからなくて……」



恥ずかしさと申し訳なさで、縮こまってしまう。


P「……いいんだよ。これから、二人で何回でもできるんだから。気にすることない」


やよい「……ぷろでゅーさぁ…!」


ギュッ


プロデューサーの優しい言葉が嬉しくて嬉しくて、思わず抱きついてしまった。


やよい「ね、プロデューサー……?」


P「…ん?なんだ?」


やよい「じゃあ、もぅいっかい、キス、して……?」



642 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:40:55.73 ID:9YlG06pbO

やよいが殺しに来てる…


644 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:45:14.82 ID:eZN7mx5Xi


P「あぁ、やよいが望むなら、何度でもするよ…」


チュッ


やよい「んっ……んぅ…ちゅぅ……ぁぅ……」


やよい「ふ…んぁ……ちぅ……んんん!」

やよい「……ぷぁっ!……ぷ、ぷろでゅーさー…」ジトー



やよい「…べろ入れたー……」



648 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 21:50:42.96 ID:eZN7mx5Xi

P「……な、なんのことかなー…?」


やよい「いや、さすがにとぼけても無駄ですよっ!? 分かるに決まってるじゃないですか!」


P「うぅ…すまん、やよい」


やよい「い、いや、まぁ、私たちもう恋人同士ですから、ダメ、では無いんですけどぉ…」


やよい「とりあえず、き、今日は、普通のちゅーでお願いします……」


P「……わかった。ごめんな、やよい」


やよい「……うぅん。もういいの。許してあげます」





やよい「……だから、もう一回…」




……そんな感じで、今日の夜は更けていった。



676 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 22:17:25.38 ID:eZN7mx5Xi



…そして、一週間後。


やよい「…プロデューサーっ!」ダキッ


P「うぉわっ!」


あの夜から私たちは付き合う事になったけれど、お互いに次の日からの仕事が忙しくて以来会えずにいた。

なので、今日は丸々一週間振りの再開、というわけだ。


P「や、やよいっ…部屋に入るなり抱きついてくるとは思ってなかったよ…!」


やよい「だってだって、あれから一週間ずーっと会えなかったんですよ?私がどんなに今日をどれだけ楽しみにしてたかっ!」





678 やべぇ誤字だ 2012/04/15(日) 22:21:17.77 ID:eZN7mx5Xi



P「ははは…まぁ、俺も楽しみだったけどさ」


やよい「ですよねっ!…プロデューサー大好きですーっ!!」 チュッ


P「んんっ!…やよい……お前はほんとに、なぁ…」


やよい「……?なんですか?」


P「可愛いやつだな、と思ってさ」


やよい「あぅ……」


P「そうやって照れるところも、な?」


やよい「……んもぅ」





682 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 22:26:45.35 ID:eZN7mx5Xi


P「ははっ。…それで、今日の晩ご飯は、やよいが作ってくれるんだっけ?」


やよい「あ、はいっ!…へへー、もう食材も買ってあります!」


プロデューサーの話によると、あれから美希さんは更に頑張って仕事をこなすようになったらしい。


今度会ったら、お礼を言いたいと思う。




683 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 22:29:17.11 ID:eZN7mx5Xi

P「へぇー、そりゃあ楽しみだな。それで、今日のメニューは?」


美希さんだけじゃなくて、他のみんなにも、いつかちゃんと伝えなきゃ。



やよい「今日のメニューは…じゃかじゃん!」


でも、今は。




やよい「うっうー!もやし祭りですー!」




プロデューサーとの幸せを、噛み締めよう。





終わり



694 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 22:34:34.52 ID:eZN7mx5Xi

こんな感じで、終わりです

途中のラルクネタは完全趣味で、美希の電話でのPとのやり取りは、ハチクロの真山と山田のパクリです

保守と画像支援ありがとう

次はアフターってことで、長介と伊織の話を765プロ総出演で書きます


それじゃ、このスレは落としてやってください



686 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 22:30:55.14 ID:LQx2hUfG0

良かった



687 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 22:31:14.62 ID:9YlG06pbO

やよいはかわいいなあ!乙


693 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 22:32:59.30 ID:TZRVCZgLO

乙したぁあああああ

この記事へのコメント

No Title - 名無しさん - 2012年04月18日 07:59:35

別人にしか見えない

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。