スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さやか「結局あたしはアイツとヤリたかっただけなんだ」

元スレ:さやか「結局あたしはアイツとヤリたかっただけなんだ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1333695639/
8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 16:52:36.83 ID:C0xU6GMQ0

 ペタペタ
ほむら(明後日には退院…)

ほむら(しばらくは通う事になるけど、この病院ももう長いもんね)

ほむら(こうなるとけっこう名残おしいところも…)

上条「さやか! さやかぁぁぁああああ!!!」バンバンバン!!

ほむら(!?)



9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 16:53:14.06 ID:C0xU6GMQ0

ほむら「今の声、この病室から聞こえたような…」

上条「さやかとセクロスしてエエエエエエエエエエエ!!!!!!!!」

ほむら(な、何言ってるのよ///  確か名札が… 上条恭介?)

ほむら(やっぱり、男の子の部屋には近づかない方がいいね。もう帰ろうっと)ペタペタ



10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 16:59:05.58 ID:C0xU6GMQ0

さやか「もぅ、今日は生理だからダメって言ってるでしょ! あたしもう帰るよ」

 バタン

ほむら「あ……」

さやか「もしかして今の、聞いてた?」

ほむら「///」コク

さやか「ごめんね、あいつもう長い事入院しててさ、もう溜まってしょうがないんだわ」

ほむら「溜まったって… ///」

さやか「あれ、知らないの?」ニコニコツヤツヤ



12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:02:49.76 ID:C0xU6GMQ0

ほむら「あの… さやかさん? いつも、その…」

さやか「ああ、してるよ」

ほむら「ひぃ///」

さやか「大丈夫だって、生でしたことないから」

ほむら「だ、ダメですよ! そんなことしちゃ」

さやか「え~? なんでダメなの?」

ほむら「だって… そういうことすると、赤ちゃんできちゃうって……」



13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:09:17.85 ID:C0xU6GMQ0

さやか「だから生でしないんだって」

ほむら「なんですか、生って!」

さやか「シッ! 声大きいよ!」(そこまでは知らないのか……)

さやか「あのね」

さやか「妊娠とかしないで済む方法があるの」

ほむら「ほぁ…… そんなのが」

さやか「だからしても平気なんだよ!」



14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:14:23.32 ID:C0xU6GMQ0

ほむら「ダメですよ!」

さやか「なんでさ!?」

ほむら「だって、そういうのは… 私たちにはまだ早いと思うから//////」

さやか「じゃ、入れなきゃいいんだ?」

ほむら「いれ、いれ… って/// 変なこと言わないで~」

さやか「変じゃないよ。どういうことするか、知らないの?」

ほむら「知らないよ! …そ、そんなことする子、いないもん……」

さやか「よ~し、じゃあしっかり教えてあげちゃおうかな!」



16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:19:37.09 ID:C0xU6GMQ0

ほむら「い、いいですよ、そんなこと…」

さやか「え~? いいの? ホントに知りたくないの~?」

ほむら「うぅ~ん… いや、やっぱりいいです!」

さやか「え、何? やっぱりって何? ちょっと迷ってた?」

ほむら「迷ってなんか…… ///」

さやか「だよねぇ~ あんまり話さないけど、皆ホントは知ってるもんね!」

さやか「となると知りたくなっちゃうよねぇ~」グイグイ

ほむら「……あ、あのぅ………ポソポソ…///」



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:23:33.16 ID:C0xU6GMQ0

さやか「聞こえないなぁ~ 聞きたくないなら、さやかちゃんはもう帰ろうかなぁ~」バイバイ

ほむら「…教えてください!」

さやか「!」クルリ

ほむら「///」カァァ


——ほむルームへやって来ました——

さやか「個室なんだ。他の人がいなくてよかった」

ほむら「それで、まずはどうしたら…?」

さやか「緊張しないでいいよ。ベッドに座ってて」

ほむら「は、はい…」



19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:27:06.18 ID:C0xU6GMQ0

さやか「では早速」 ムニッ

ほむら「ひゃんっ!」

さやか「ムニッて… あんたもしかして、ブラつけてないの?」

ほむら「パジャマの時は外してるだけです。普段はしてますよ、ちゃんと」

さやか「そっか、じゃあもうちょっと触るよ~」ムニムニ



21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:31:55.21 ID:C0xU6GMQ0

ほむら「そそそそんなトコ触って何するんですか!///」

さやか「下準備が大事なの。もしかして、イヤだった?」

ほむら「イヤっていうか…… くすぐったいです///」

さやか「ああ、触られ慣れてないとそうなるかも。ちょっと我慢しててね」プチプチ

ほむら「はい… な、なんでボタン外してるの!?」

さやか「直接触った方がいいかなと」プチ

ほむら「美樹さん、手つめたいよ」

さやか「ほむらがアツいんじゃない?」クニ

ほむら「っ!!」ヒクン



23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:35:44.32 ID:C0xU6GMQ0

  グイ

さやか(あらためて見ると…… ちっさいなぁ……)

ほむら「今、小さいって思ったでしょ?」

さやか「う、うん… 正直言ってこれは」

ほむら「やっぱりね… あんまり見ちゃだめだよ… 恥ずかしいもん///」

さやか「ほ~ぅ、ではじっくり拝んでおこうかな」

ほむら「だめだってば~///」

さやか「いいんだよ。そうやって、見られて恥ずかしいって気持ちに、男の子は弱いからね」



26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:39:20.05 ID:C0xU6GMQ0

ほむら「そうなの?」

さやか「恥じらいは大事だよ。無くしちゃうと取り戻せないしね」

ほむら「じゃあやっぱり見ちゃだめ!」

さやか(あ…… 隠しちゃった)

 グイグイ

さやか「これこれ、ちゃ~んと見せなさいよ~」

ほむら「いやぁ~……///」



29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:42:16.41 ID:C0xU6GMQ0

さやか「ちっさくたっていいじゃない。かわいいよ。色もきれいだしね」 ちゅっ

ほむら「み、美樹さん!? そんなところ///」

さやか「赤ちゃんできたら、こっから飲ませてあげるんだよ~」

ほむら「できません! まだできないから!」

ほむら(あ、でも…… 美樹さんが私の胸に吸い付いて…)

ほむら(赤ちゃんみたい…? かわいいかも……///)



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:46:23.57 ID:C0xU6GMQ0

 ぷはぁ
さやか「どう? まだくすぐったい?」

ほむら「うん…… なんだか…」

さやか「じゃあねぇ、今度は片方なめて」(もう片方は指で)

ほむら「あっ…///」

さやか(うわぁ…… なにこれ…? やわらかい……)

さやか(ずっと寝てると、こうなっちゃうのか…? まさかね)



32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:47:43.70 ID:C0xU6GMQ0

さやか「ねぇねぇどっちがいい? 手で触ってる方と、なめてる方と」

ほむら「んっ… こ、っこっち///」ポンポン

ほむら(美樹さん… こうして撫でてると、ますますかわいい…!)

さやか「よ~し、じゃもう片方もなめてあげるね!」 ちゅぅ

さやか(いいわコレ……)





33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:51:08.16 ID:C0xU6GMQ0

ほむら「あの、そろそろ本題に…」

さやか(忘れるとこだった!)プハァ

さやか「あれ、ほむら顔赤いよ」

ほむら「そんなこと… あ… あるかも…」

さやか「もしかして、おっぱい舐められて興奮しちゃった?」

ほむら「ち… ちがうよぉ///」

ほむら(落ち着かないと… 息があがってきてるの、バレちゃうよ)



35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:54:24.96 ID:C0xU6GMQ0

さやか「あたしは正直言って、ちょっと良かったかな」

ほむら「良かったって……!」

さやか「でね、これがあたしじゃなくて、男の子だったら、どうなると思う?」

ほむら「それは… こ、興奮、するんですよね」

さやか「だからどうなんのさ」

ほむら「その…  ………が、固まるんですよね///」



36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:55:32.81 ID:C0xU6GMQ0

さやか「お~、よく知ってるねぇ」

さやか「それで硬くなったのを、ほむらのここへ」スッ

ほむら「!!」ビクッ

さやか「ちょっとほむら? 大丈夫!?」

ほむら「ビックリして… そんなとこ触っちゃだめだよ、汚いよ」



37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 17:57:20.18 ID:C0xU6GMQ0

さやか「自分で触った事とかは?」

ほむら「おしっこの時と、…あれの日にだけ」

さやか(生理きてたんだな)

さやか「じゃあちょっと慣れようか」クニクニ

ほむら「んっ…!!」



38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:00:22.84 ID:C0xU6GMQ0

ほむら「美樹さん…  っ!」

さやか(息が荒くなってきてる… これはいけるかも)

さやか「我慢しなくていいよ」

ほむら「我慢…?」

さやか「声出そうなんでしょ? 我慢しないで出しちゃいなよ」

ほむら「声なんて……  あっ!」

さやか「いいの出てるじゃない」

ほむら「///」



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:04:03.26 ID:C0xU6GMQ0

さやか「どう? じわっと来ない?」

ほむら「こ、こないよぉ」

さやか「どれどれ~ 直接確かめちゃうよ」スゥ

ほむら「!!? 手、入れないでぇ~…」ガッ

さやか「女の子の方の準備が出来てくるとね、だんだんヌルッと…」グググ

ほむら「やだよぅ…///」

 トントン
杏子「ほむらいるの? 入るよ~!」



40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:06:06.88 ID:7wNhkaVb0

杏子良いタイミングだもう混ざっちまえ


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:08:44.22 ID:C0xU6GMQ0

さやか「え、誰!?」アタフタ

ほむら「友達だよ! ど、どうしようこんな格好で」オロオロ

 カラカラ
杏子「お、新しい友達かい」

ほむら「そうなの。さっき来てくれて」

杏子「あたし、佐倉杏子な。よろしく!」

さやか「あたしは美樹さやか」

杏子「ミキ… サヤカ…? どっちが名前だかわかんないな! 変わってるな」

ほむら(三人ともそんな感じじゃ……)

杏子「それで、体拭いてくれてたんだな。ありがとう」



42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:11:08.13 ID:C0xU6GMQ0

さやか(コイツまさか…… この格好のほむら見ても、変なことしてたと思ってない? ってコトは……)

杏子(あれ…? このさやかって、どっかで見たことあるぞ……? 見たとこ入院してる人じゃなさそうだけど、この病院のどこか……)

杏子(いい漁場だからけっこう巡回してるけど、毎日会う人が多くて、覚えきれないな……)

ほむら「佐倉さん、これは…」オドオド

さやか「今ほむらにね、どうやったら赤ちゃんできるか教えてあげてたの」

杏子「? 結婚するだけじゃないの?」

さやか「おわぁ……」 (やっぱり!)



44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:14:26.96 ID:C0xU6GMQ0

さやか「処女には処女の友達がいるもんなんだ… しかも二人とも無毛っぽいし」

杏子「失礼なヤツだな! 毛くらい生えてるぞ!」(ちょろっとだけど……)

ほむら ポソッ「佐倉さん、もう生えてるんだ……」

あんさや「えっ」

ほむら「えっ」



46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:17:28.25 ID:C0xU6GMQ0

さやか「気を取り直してですね」

ほむら「はい」

杏子「はい」

さやか「処女コンビにどうやったら赤ちゃんができるか教えちゃうよ!」

杏子(そんなこと、マミも教えてくれなかったぞ… 今度教えてあげようっと)

ほむら(処女ってなんだろう…?)

さやか「まず、杏子が来るまでほむらに教えてたのはね」



48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:19:28.42 ID:7wNhkaVb0

マミさんは顔真っ赤にして杏子を叱責すると言う可愛らしい役割ですね


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:21:59.22 ID:C0xU6GMQ0

さやか「……で、男の子は硬くなるし、女の子は受け入れるようになるの」

杏子「/// おまえら… そんなことしてたのか…///」

ほむら「ごめんね…」

さやか「それで受け入れる準備というのがですね」

さやか「せっかくだからほむらに脱いでもらおうか!」

ほむら「えぇ/// 恥ずかしいよ///」

さやか「杏子も期待してることだしさぁ、頑張って!」



50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:25:41.90 ID:C0xU6GMQ0

ほむら「」チラッ

杏子「…ごめん」

ほむら「そんな……」

さやか「それじゃおしり上げて」

ほむら「やめて… 自分で脱ぐから///」

 スルスル

ほむら「…もしかして、下のパンツも…?」

さやか「当然!」



52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:30:56.23 ID:C0xU6GMQ0

ほむら(どうしよう。恥ずかしいけど、ここまで来たら……)

ほむら(それに私たちくらいの子は、みんな知ってるんだしね!)

 スルリ

さやか(ついに無毛が……!)

杏子(うわ、ホントに生えてない!?)

さやか「すべっすべだぁ……」

ほむら「あんまり見ないでぇ///」



53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:35:49.46 ID:C0xU6GMQ0

さやか「見ないなんて、とんでもない」グイッ

ほむら「きゃあっ!? あ、あ脚広げないでよぉ///」

さやか「ほ~ら、ほむらのここ、濡れてきてるよ~」ツツ

ほむら「ひゃん!」

杏子「ホントだ… ほむら、おしっこ我慢してるの?」

さやか「違うよねぇ~、さっきまで受け入れ準備万端だったもんね!」

さやか(ん…? コイツ今、既にじわっと来てるのを『我慢してる』って言ってた?)

さやか(もしかして普段から… あ、いや、今はおいとこう)

さやか「それとも、今こんなに見られて興奮しちゃった?」クイッ

ほむら「…してないよ! …見られたって……」



55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:41:18.08 ID:C0xU6GMQ0

ほむら「早くしてよぅ、恥ずかしいんだから……」

さやか「へぇ、早く入れてほしいんだ? あんたよくそんな恥ずかしいこと言えるね」

ほむら「///」カァァ

さやか「ではお望み通り…」

 ツプ

ほむら「ひぃっ!? は、入ってるよ美樹さん!」

杏子「やめろっておい… そこ、生理の穴だよ。入れるトコじゃないだろ!?」

さやか(こいつはそっからして知らないのか…… まったく)



58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:47:11.43 ID:C0xU6GMQ0

さやか「もっと奥まで入れるよ~」ズブズブ

ほむら「待って美樹さ…… ん、ああっ!!」

さやか「ほむらの中、もうグッショグショだよ」

ほむら「いやぁっ! 美樹さん、だめ…! 抜いてぇ!」

さやか「え、痛かった? ごめんね」

ほむら「ううん痛くないけど……」

ほむら「奥まで入れたら、本当に赤ちゃんできちゃうよ……」

杏子「えっ… そうやるもんなのか……?」

さやか(こいつら何なの?)



59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:53:07.94 ID:C0xU6GMQ0

※ほむ知識
 入れる → 奥を刺激 → できる

※あんこ知識
 結婚 → 懐妊



60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:55:39.55 ID:C0xU6GMQ0

さやか「あのねほむら、男の子は興奮すると、硬くなるの、わかるでしょ?」

ほむら「うん」

さやか「女の子はね、中が湿ってくるの。今ほむらがそうだったみたいに」

ほむら「…うん///」

さやか「つまり男の子の硬くなったのを、ここに入れるのね。そこまでは知ってる?」

ほむら「……大体は」

ほむら(入れるのは知ってたけど… そういう仕掛けになってたなんて…… 美樹さんはどこで聞いたんだろう)ドクンドクン

杏子「いや無理だろ」

さやか「ほぁ?」



63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 18:59:57.05 ID:C0xU6GMQ0

杏子「だってそこ入れる穴じゃないじゃん。無理だって」

さやか「…難しいこと言うなぁ」

さやか「でも実際入っちゃうんだよコレが。さっき見たでしょ?」

杏子「う~ん……」

さやか「それでね、男の子はここに硬くなったのを入れるの。そしたら気持ちいいみたい」

杏子「やっぱ無理だって」

ほむら「そうだね」

さやか「どこがよ?」



65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:03:57.74 ID:C0xU6GMQ0

杏子「男の子って、そこぶつけたらすっごい痛がるじゃん。気持ちいいとかないよ」

さやか「…そりゃ、ぶつけたらね」

さやか「でも女の子のここだったら、柔らかいからいいの」

杏子「へぇ… 中はそうなってるんだ……」

さやか「感触でいうと、唇の裏みたいなもんだからね」

杏子「」

ほむら「」

さやか「…あんたら今、舌で唇舐めてるでしょ?」

杏子「なんでわかったんだよ!///」



67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:09:06.15 ID:C0xU6GMQ0

さやか「男の子は気持ちよくなると、精子というのを出します」

ほむら「出すって……」

杏子「その、先っぽから…… だよな?」

さやか「そうね。おしっこと同じところ」

杏子「それは… いいの? なんと言うか、衛生的な意味で」

さやか「構造上、おしっことは一緒に出てこないからいいんだよ」

さやか「でも入れる前にちゃんと洗っておいた方がいいね! そこは練習しとかないと」

杏子「お、おおぅ……」(練習かぁ)



68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:13:33.51 ID:C0xU6GMQ0

さやか「ではお待ちかねの、赤ちゃんができるとこについて説明するよ!」

杏子「いよいよか…」

ほむら(いよいよ…)

さやか「精子が女の子の中に出されると、スーッと奥の方へ入っていくの」

杏子(なんか痛そうだなぁ……)

ほむら「外へ流れて行っちゃうんじゃないの?」

さやか「それがね、精子は自力で動けるから、メダカみたいに流れに逆らって泳ぐんだよ」

ほむら「へぇ~…」

杏子(いたっ いたたっ…!!)プルプル



69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:17:12.60 ID:C0xU6GMQ0

さやか「入って行った精子が子宮に届くと、赤ちゃんになるの」

さやか「だから、精子が入ってこないように防げれば、妊娠しないで済むってわけ」

ほむら「…中を閉じるの? 難しそうだね」

さやか「いや自力でそれができたら人間じゃないって……」

杏子「精子が出る時だけ抜けばいいじゃん」

さやか「そうなんだけどね」



71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:22:38.25 ID:C0xU6GMQ0


さやか「精子は男の子が気持ちよくなった時にまとめて出るんだけど、その前からちょっとづつ出てるんだよ」

杏子「じゃそれで妊娠しちゃうなぁ……」

さやか「うん。だからね、男の子とする時は、入れる時に必ずこれを使うの」

杏子「なにこれ?」

さやか「コンドームっていうの。今日は特別に、一個開けて見せてあげるよ」

ほむら「うわぁ~い」

杏子「こんなもんで防げちゃうのか」



70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:21:30.76 ID:C0xU6GMQ0

 ピリッ

さやか「これを… 今はあたしの指で再現するけど、こうして」スルスル

杏子「おお~……」

ほむら「かぶせちゃうんだ」

さやか「ね? こうすれば女の子の方に精子は来ないでしょ?」

杏子「すごいな! これ誰が考えたの?」

さやか「いや知らないけどさ」



72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:26:09.68 ID:C0xU6GMQ0

さやか「ともかく、二人ともまだ当分しないだろうけど」

さやか「する時はちゃんとコンドーム使ってね!」

あんほむ「は~い!」

さやか「コンドーム付けないのを、『生』っていうの」

さやか「男の子は生でしたがるけど、絶対させちゃダメだからね」

杏子「生でしたら、精子入ってきちゃうもんな」

さやか「そうそう。あとコンドームの使い方も、ちゃんと説明書読んでからね」



73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:30:09.73 ID:C0xU6GMQ0

——翌日——

 トテトテ
杏子(大漁、大漁… やっぱこの病院は稼げるなぁ)

杏子(まだ早いし、ほむらの部屋へ行く前に、小児病棟のチビちゃんたちと遊んでやるかな)

杏子(顔馴染みになっておけば、むこうでも動きやすい……)

上条「さやか! さやかぁぁぁああああ!!!」バンバンバン!!

杏子(!? な、なんだ…?)

杏子「今の声、この病室から聞こえたような…」

上条「さやかとセクロスしてエエエエエエエエエエエ!!!!!!!!」

杏子(な、何言ってるんだコイツ///)



76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:34:05.27 ID:7wNhkaVb0

あんあん近づいちゃだめだ


78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:34:38.27 ID:C0xU6GMQ0

さやか「まだ生理終わってないからダメって言ってるでしょ! あたしもう帰るよ」

杏子(あ、思い出した! さやかってよくこの病棟へお見舞いに来てたんだ)

上条「ではせめてこのしびんにだな」

杏子(? しびんって、あれだよな……?)

さやか「もぅ、しょうがないなぁ。貸して」

上条「あ、いや、ぼくが持ってるからいいよ」

さやか「ちゃんと支えててよ」

杏子(おいどうする気だよ……)



79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:36:34.91 ID:C0xU6GMQ0

上条「生理って本当だったんだ」

さやか「変なとこチェックするんじゃないの。 ……いくよ」

杏子(いくの!?)

 ショロ…… ティロティロティロ

杏子(……)ポカーン



81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:39:52.70 ID:C0xU6GMQ0

——ほむルーム——

杏子「ついに明日退院だな。おめでとう!」

ほむら「ありがとう。退院してもまた会えるよね?」

杏子「当たり前だろ! マミもお茶会しようって、楽しみにしてるぞ」

ほむら「わぁ~、 お友達の家へ遊びに行くなんて、久しぶりだよ」

ほむら「美樹さんも呼んでいいかな?」

杏子「ハハハッ そうだな、いろいろ教えてもらっちゃったもんな!」

ほむら「うん///」



85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:42:43.25 ID:C0xU6GMQ0

杏子「…その、さやかだけどな」

ほむら「今日も来てるのかな」

杏子「ああ。さっき来たみたい…… でね、その、してたのね///」

ほむら「また?///」

杏子「しかも今日は… ちょっと上級者向けみたいだった!」

ほむら「上には上があったんだね…」ゴクリ

杏子「あとでコッチ来たら聞いてみようぜ!」

ほむら「うん! どんなのかなぁ」ワクワク



 おしまい



89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:43:33.50 ID:tAuTFm7VP

終わりだと……


90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:47:01.57 ID:6PVznwB60

乙乙乙


92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:48:49.84 ID:C0xU6GMQ0

読んでてくれたみんな、ありがとう!

マミさんも出したかった



93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:51:36.36 ID:tAuTFm7VP

人間関係どうなってるん?


94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 19:58:43.35 ID:C0xU6GMQ0

>>93
ほむ:退院前。病院を徘徊してるあんこと友達
さやか:上条さんのお見舞いでよく来てる。開始時点で他三人とは面識なし
あん:病院に集まって来る魔女が目当てに、お見舞い名目でよく病院に来てる。
   怪しまれないよう長期入院中のバァさんを幻覚魔法で騙して孫と思わせたり、
   小児病棟に入院中の小さい子と遊んであげて、仲良くなったり
   小児病棟ロビーのテレビでプリキュア見てたほむらを小学生と勘違いして声をかけたのがきっかけで友達に
マミさん:たぶんあんこと仲良く魔法少女
まどか:忘れてた



99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/06(金) 20:12:08.08 ID:yn0/IUqUO


次もメガほむを…


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。