スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぎり「にんぽぉ~ソーニャがヤンデレになります」

元スレ:あぎり「にんぽぉ~ソーニャがヤンデレになります」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1333180350/
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 16:52:30.51 ID:D8IxGDhU0

ある日の休み時間

あぎり「はぁぃ、かかりましたよぉ~」

やすな「やった!これで夢にまで見たソーニャちゃん尽くしの毎日が!」キラキラ



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 16:53:58.82 ID:D8IxGDhU0

ソーニャ「...んん...あれ?あぎり?やすな...お前ら私に何をした?!」ガシッ

やすな「ひぃぃ!違うよソーニャちゃん!」

ソーニャ「何が違うんだ?!」ギリギリ

やすな「ソーニャちゃんがいきなり倒れるから、あぎりさんの部屋まで連れて来てあげたんだよぉぉ!!ウソだけどね」モガモガ

キュッ

チーン

ソーニャ「そうなのか、あぎり」ドサッ

あぎり「ホントですよぉ~」

ソーニャ「そうか...」

ソーニャ (おかしいな...なんだかやすなの首を締めると...なんというか、こう幸せな気分が...)グッパ グッパ



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 16:55:23.46 ID:D8IxGDhU0

あぎり「どうしたの?ソーニャ?」ニヤニヤ

ソーニャ「な!なんでもない!それじゃ私は行くからな!あとやすなも連れてくから!」

あぎり「あれれぇ~?邪魔だから置いて行かないんですかぁ~?」

ソーニャ「そ、それはぁ...」

あぎり「なんだったら、私が面倒見ておいても、いいですよ?」

ソーニャ「ダメだ!!!」ドン

あぎり「そうですかぁ~」

ソーニャ「あ、その...つい、すまなかった...やすなは私が面倒を見る。じゃ、また後でな」ガタン

あぎり「ウフフフフ...」ニヤニヤ



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 16:56:52.41 ID:D8IxGDhU0

昼休み!

やすな「さー、待ちに待ったお弁当の時間がやってきましたー!」

ソーニャ「うるさいな。毎日あるじゃないか」

やすな (あぎりさんの忍法効いてないのかな...せっかくヤンデレソーニャちゃんに付きまとわれると思ってたのに...)

やすな「あ、ソーニャちゃん。今日はね、花瓶割った子とご飯食べる約束してるから今日は一緒に食べられないの」

ソーニャ「...!!っふ、ふーん...」

やすな「今日は静かにお弁当食べれるよ?よかったねぇ~ソーニャちゃん!」キラキラ

ソーニャ「よくない!!」ドン

やすな「っひ?!ソーニャちゃん?」



9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:02:31.22 ID:D8IxGDhU0

やすな「っひ?!ソーニャちゃん?」

ソーニャ「あ、いや...なんでもない...はやく行けよ...あいつのことのほうが大事なんだろ?!はやく行けよ!!」

やすな「変なソーニャちゃん...じゃ、また後でね」タタタタ

やすな (付いて来ると思ったんだけどなぁ...やっぱり効いてないみたい)

ソーニャ「...クソ...なんなんだよ...人のやすなを横取りしようなんて...」

ソーニャ (絶対に許せない...やすなは...私だけのやすなだ...!)

あぎり「ウフフフフ....」ニヤニヤ



11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:03:24.93 ID:D8IxGDhU0

そのあと

やすな「ごっめぇーん!ちょっと遅れちゃったよぉー」ヘラヘラ

花瓶「いいですよー気にしなくて。じゃ食べましょうか」

やすな「うん!お腹ぺっこぺこだよぉ~」ムシャムシャ

花瓶「あ、やすなさん、ご飯粒がついてますよ」

やすな「あーどこどこ?取ってー」



12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:04:21.32 ID:D8IxGDhU0

そのころ

ソーニャ「やすなのヤツめ...また後でとか言っておいて、もう4分23秒も経ってるじゃないか!!」

ソーニャ「...大丈夫かな...あいつドジだからコケて膝擦りむいてるのかも...は!、もしかしたら私の刺客に?!」

ソーニャ「まったく!心配ばっかりかけやがって!!探しに行こう!!」

ソーニャ (やすな...やすな...やすな...)



15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:08:13.58 ID:D8IxGDhU0

べつのばしょ

花瓶「えー自分で取れるじゃないですか」

やすな「こういうのは気分が大事だよ!ほら、彼氏だと思ってさ」

花瓶「やすなさんはおもしろいですね。じゃ、取りますよー」

シャキン

ソーニャ「お前...何をしようとしている?」

花瓶「あ、やってしまったーやってしまったぞー」

やすな「ちょっ!ソーニャちゃん!何してるの?!」

ソーニャ「あ、やすな」ニコ

やすな「...ソーニャ...ちゃん?」

ソーニャ「おい、お前...やすなに何しようとした?」ギロッ

花瓶「ごごごご飯粒を取ろうとして」ガクガク



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:11:01.13 ID:D8IxGDhU0

ソーニャ「やすなに馴れ馴れしくするな...死ぬぞ」

花瓶「はいぃぃぃ」シクシク

やすな「ソーニャちゃん!ちょっとひd

ソーニャ「やすな、ご飯粒がついてるぞ」サッ

パクッ

ソーニャ「うむ、美味」ニコ

やすな「ソーニャちゃん/// って!!誤魔化さないで!」

ソーニャ「誰だよコイツ?殺していいか?」ニタァ



19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:12:58.14 ID:D8IxGDhU0

やすな「ダメだよ!!私の大切なお友達なの!」

花瓶「お友達ですぅ」シクシク

ソーニャ「ふーん...」サッ

ソーニャ『今度やすなに触ったら死ぬからな』コソコソ

花瓶「うわぁぁぁぁぁん」タタタタ

やすな「あ、いっちゃった...」

ソーニャ「トイレ我慢してたらしい」



21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:17:20.50 ID:D8IxGDhU0

やすな「なんだかおかしいよソーニャちゃん。頭でも打ったの?」

ソーニャ「やすな...私の心配してくれるなんて...」ギュッ

やすな「えぇ?あ、うひょぃぉ!?」

やすな (なんだかソーニャちゃん今日はおかしいよ...顔も赤くなっちゃって...)

ソーニャ「やすなぁ...寂しかったんだぞ」ウルウル

やすな「しゃいこぉぉぉ!!」

やすな (あぎりさんありがとぉぉ!)

あぎり「ウフフフフ...」



22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:18:17.90 ID:D8IxGDhU0

ほうかご

ソーニャ「やすな!帰りはどこに行くんだ?」

やすな「えーとねー、じゃーあぎりさんに会いに行こうよ!」

ソーニャ「あぎり...どうしてもか?」

やすな「えーいいじゃーん!あぎりさんおもしろいしキレイだし!」

ソーニャ「...」グッ

やすな「おぁっ、く、苦しいよソーニャちゃん...」ギリギリ

ソーニャ (やすなやすなやすなやすなやすなやすな)

ソーニャ「っっは!」パッ

やすな「ヒドイよソーニャちゃん!わたしなんにもしてないのにぃ!」

ソーニャ「ご、ごめん...つい...」シュン



23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:19:14.90 ID:D8IxGDhU0

やすな「まぁいいか...じゃ、行こうよ!」

ソーニャ「うん...」

ソーニャ (あぎりに取られるあぎりに取られるあぎりに取られる)

やすな「あれ?どしたのソーニャちゃん?」

ソーニャ「あ、あぶないから!て...」サッ

やすな「え?」

ソーニャ「手!繋げよホラ!あぶないだろ!こけたりしたら!!」ギュッ

やすな「もう、子供じゃないんだから」

ソーニャ「...」ウルウル



26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:22:27.66 ID:D8IxGDhU0

やすな「むう、分かったよぉ」

やすな (ちょっとめんどくさいな...でもいっか!かわいいし!)

あききょうしつ

ガララ

やすな「あぎりさん居ますかー?」

ソーニャ「今日は居ないみたいだな帰ろうか」

やすな「ちょっと待ってみようよ」

ソーニャ「どうせ隠れてるんだろ?!そこか!」シュッ

ザクッ

あぎり「...」バタッ

やすな「あぎりさぁぁぁん!!!」



28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:23:57.08 ID:D8IxGDhU0

ソーニャ「やすな!さわるな!死体はばっちぃんだぞ!」ガシッ

やすな「ソーニャちゃんヒドイよ!!」

ソーニャ「大丈夫だ。またどうせ変わり身の術だろ」

ガララ

あぎり「どぉ~もぉ~」

やすな「あぎりさん!」

ソーニャ「ほらな」

あぎり「今日はやけに殺気立ってますねぇ~」トテトテ

あぎり「よぃしょ、かもん」ズルズル



29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:25:53.55 ID:D8IxGDhU0

やすな「変わり身だと分かっててもびっくりするよね」

ソーニャ「あぁ、殺しても殺しても出てくるからキリがない」ニタァ

やすな (目が笑ってない...)

あぎり「それでぇ、今日は何の御用でしょうかぁ~?」

やすな「あぎりさん!一緒に遊びましょう!」

あぎり「そうですねぇ~、じゃ~ぁ~、手裏剣の投げ方を特別におしえましょぉ~」ジャラン

やすな「うわぁ!やったぁ!!」

ソーニャ「ふんっ、そんなもの投げても楽しくない。私は行くぞ」

やすな「へーんだ!ソーニャちゃんよりうまくなっちゃうもんねーだ!」



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:28:04.49 ID:D8IxGDhU0

ソーニャ「かってにしろ」トテトテ

ソーニャ (あぎりは正面からでは倒せない...)

ソーニャ (かわいそうなやすな...あぎりに誘惑されてるのに気付いてないんだ...)

ソーニャ「私がやすなを守るんだ...」


ちょっとあと

あぎり「こうやって、よいしょっと投げるといいですよぉ~」

やすな「こうですか?」

あぎり「もうちょっとぉ~肩をこうやって上げ...!」

やすな「こうですか?」

ッキューーーーーン...



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:29:26.69 ID:D8IxGDhU0

やすな「うわっ!なんだ?!」

あぎり「...」べローン

やすな「あぎりさん!!!」

ソーニャ「どうした?!」バタバタ

やすな「あぎりさんがぁぁぁ!」

ソーニャ「あぎり...クソっ!こんな事でやられるなんて...」



32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:36:18.25 ID:D8IxGDhU0

ガララ

あぎり「どぉしたのぉ~?」

やすな「あぎりさん!」

ソーニャ「...ッチ...」

あぎり「なんだか、あぶない感じがしたので、ちょっと留守してましたぁ~」

やすな「あぎりさんすごい!!」

ソーニャ「...」ムスッ

ソーニャ「死ねなくて良かったなあぎり」

あぎり「おかげさまでぇ~」

やすな「まったく誰がこんなことを!」

あぎり「そうですねぇ~、以外と近くに居る人かもしれませんよ?」チラッ

ソーニャ「かもしれないな」

やすな「あ、もうこんな時間。そろそろ帰ろうかソーニャちゃん、あぎりさん!」

ソーニャ「先に校門で待っててくれ。ちょっとあぎりと話があるんだ」

あぎり「そのようなのでぇ~、先に行っててくださいね~」グイグ



34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:37:10.15 ID:D8IxGDhU0

やすな「えー、なんだかわかんないけど、じゃ先に待ってるからね!結局来ないとかはダメだからね!!」バタバタ

ポロッ

あぎり「あ~さいふ~」

ガララ バタン

あぎり「...行きましたねぇ~...」

ソーニャ「そうだな」

あぎり「で、どぅしたのぉ~」

ソーニャ「お前、よけるの上手かったな」

あぎり「そうですねぇ~。でも、あんな距離で外すなんて、考えられませんよぉ~」

ソーニャ「どこの組織のスナイパーだ?」



35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:38:37.37 ID:D8IxGDhU0

あぎり「さぁ~?でも、八重歯が特徴的でしたねぇ~」

ソーニャ「お、やっぱりあぎりも見えたか」


どっかのビルのおくじょー

?「クッソー!双子だったのか?!」

没キャラ「これじゃ殺しても殺しても出てくるからキリがないぞ!」

没キャラ「こうなったら直接やってやる!」グッ



36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:40:53.99 ID:D8IxGDhU0

空教室

あぎり「はぃ~。それでぇ?話って何でしょうかぁ~?」

ソーニャ「これ以上やすなと関わるな。変な誘惑しやがって」

あぎり「なんのことぉ~?」

ソーニャ「とぼけるな!さっきやすなを手裏剣投げに誘って腕触ってただろ!」

あぎり「そうですかぁ~?」

ソーニャ「もういい!とにかくこれ以上関わるな!」

あぎり「なんだかわからないけど、わかりましたぁ~」

ソーニャ「...違う組織だったら今頃は息してなかったぞ」

ガララ バタン

あぎり「まじめな人ほどかかりやすいんですよねぇ~」

あぎり「でも、これはちょっと効きすぎですねぇ~...」



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:45:15.66 ID:D8IxGDhU0

校門!

やすな「どうしよう...ホントは置いてけぼりで、皆もう帰っちゃったんじゃないかな...」

ソーニャ「やすな!」タタタタ

やすな「ソーニャちゃん!ちゃんと来るなんて珍しい!」

ソーニャ「あぁ、これからはもう離れないよ」

やすな「ソーニャちゃん...ありがと!」

ソーニャ「だから安全な私の家に来ないか?」ニタァ



40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:48:08.80 ID:D8IxGDhU0

あき教室の前~

没キャラ「ここだなー!忍者め!!お前を消して私がレギュラーになってやる!!」

ガララ

没キャラ「忍者!出てこい!!今度は外さないぞ!!」

没「...どこだ?」キョロキョロ

デルルン

あぎり「どぅしたのぉ~?」

没キャラ「あ...はっ...あぁぁ...」ドサッ

あぎり「あらあら、隙だらけですねぇ~」

没キャラ「逆さまなのに毛が下がってない!!」

あぎり「にんぽぉ~ですからぁ~」

没キャラ「クッソぉ!降りてこい!正々堂々と戦え!!」ドンッ

イタッ!

あぎり「あ~、そのダルマはぁ~」

シューーーーーーッ



41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:48:52.70 ID:D8IxGDhU0

没キャラ「なんだこれは?!うわぁぁ!!ケホッケホッ...うぅ...目が...」ドサッ

あぎり「まったく...(シュコー) しょがないですねぇ...(シュコー)」

没キャラ「うぅ...やすにゃ...ソーニャ...」スヤスヤ

あぎり「...」ジーッ

あぎり「...」ジュルリ



42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:52:14.28 ID:D8IxGDhU0

かーえり道

やすな「あ、あぎりさんの教室に財布忘れて来た!!取りに行かなきゃ!!」

ソーニャ「財布なんてどうでもいいから家に来いよ。前来たがってたじゃないか」

やすな「えー、でももう遅いよー」

ソーニャ「じゃ泊まっていけばいい」

やすな「なんだかおかしいよ...」

ソーニャ「私はやすなから離れないって言っただろ。だからやすなも私とずっと一緒に居なきゃダメなんだ」

やすな「えぇ...ソーニャ...ちゃん」

ソーニャ「やすなはドジで馬鹿だから私が全部面倒を見てやらないとな。でも、ずっと一緒に居るんだからそう大変なことでもないだろ?」



43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:53:36.06 ID:D8IxGDhU0

やすな「ちょっと!何言ってるのかわかんないよ!頭でも打ったの?」

ソーニャ「そうだ!やすなは犬の真似がうまいから私の家の座敷牢で飼えばいいんだ。これならやすなも安全だし、穢されることもない!」

やすな「ソーニャ...ちゃん?」

ソーニャ「ずっとずっと一緒に居ような、やすな」ニコッ

やすな「/// ソーニャちゃんったら...って!ごまかさないでよ!なんか変だよソーニャちゃん!落ちてた物でも食べたの?」



44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:54:53.14 ID:D8IxGDhU0

ソーニャ「食べ物か?食べ物の事なら心配するな。私が毎日作って食べさせてやるよ」

やすな「やった!わたし米沢牛のステーキね!!って!ちがうよソーニャちゃん!」

ソーニャ「朝から晩まで面倒みてやるからな。髪をといたり、お風呂に入ったり、歯を磨いたり。あと、その...気が向けば...その...ゴニョゴニョ」モジモジ

やすな「もうわけわかないよ!独り言ばっかじゃん。私もう帰るね、バイバーイ」トテトテ

ガシッ



46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:00:48.05 ID:D8IxGDhU0

やすな「...手?イタタタ!」ギュー

ソーニャ「離れるなって言ってるだろ!こけたりしたらどうするんだ!」

やすな「やだ!離してよっ!」

ソーニャ「えーと、このゴミ箱だったな」ゴソゴソ ポイポイ

やすな「あバナナの皮!滑るよソーニャちゃん!」

ソーニャ「ん...あった、手錠」ジャラ

やすな「えっ...」

ガシャン

ソーニャ「学校の回りじゃこんなもの使えないからな。ここからなら大丈夫だ。私も」ガシャン



47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:01:58.13 ID:D8IxGDhU0

やすな「まさか私が手裏剣投げてる間に?!」

ソーニャ「よくわかったなやすな。えらいぞー」ナデナデ

やすな「もう好い加減にしてよ!冗談キツすぎ!私もう帰るから!」ジャラ

ソーニャ「ダメだ!!一緒に来い!!」グイグイ

やすな「ヤダ!」ズルズル

ソーニャ「なんで?こんなにやすなのこと大切にしてるのに、なんで?」

やすな「怖いよ...ソーニャちゃん、怖い...」



48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:03:10.82 ID:dPrX2/eI0

盛り上がってきましたよ


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:03:38.90 ID:D8IxGDhU0

ソーニャ「そうか...わかったぞ!あぎりに忍法をかけられたんだな!!クッソぉ!あぎりのやつめ!!やすな!今すぐ私の家に来て忍法を解くんだ!」

やすな「...」

ソーニャ「やすなは私の物なんだ!なのに皆私のやすなを取ろうとする!許せない!やすなは私だけの恋人なんだ!」

やすな「ソーニャちゃん...うわっ!!バナナの皮っ」ツルッ

クルクル バキッ!!

ソーニャ「がぁっ!」ドサ

やすな「あー!!ソーニャちゃんごめん!」



50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:05:22.13 ID:D8IxGDhU0

ソーニャ「ん...んんー...こ...このバカやすなー!!」バキッ!!

やすな「ふぇぇぇぇぇ...」

ソーニャ「あー!!また手錠かかってるじゃないか!!お前だなー!!」

やすな「ちがうよ!ソーニャちゃんがやったんじゃん!」

ソーニャ「そんな嘘誰が信じるかぁ!!」



54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:07:19.17 ID:D8IxGDhU0

やすな「あれ?ソーニャちゃん...治った?」

ソーニャ「は?」

やすな「どうしてこうなったか覚えてる?」

ソーニャ「んー...そういえばお前を殴る以前の記憶が飛んでる...」

やすな「ほら!もう、ソーニャちゃんが治って安心だよー。心配させないでよね!」

ソーニャ「は?」



55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:07:58.43 ID:D8IxGDhU0

やすな「私がいないとほんとソーニャちゃんはダメなんだから」

ソーニャ「何言ってんだお前?」

やすな「クソぉ!分かってもらえない!」

ソーニャ「私を助けた結果がこれか?」ジャラ

やすな「...ま、いっか...でも、今日はずっとソーニャちゃんと一緒にいれて、私嬉しかったよ」ニコ

ソーニャ「やすな...」



56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:09:31.89 ID:D8IxGDhU0

ソーニャ「私も今日はなんだか充実してた気がする」

やすな「どうして?」

ソーニャ「わからない。でも、やすなが居たことは覚えてる」ニコ

やすな「えへへ...ソーニャちゃん大好き!」

ソーニャ「でも鍵がどこにあるのか思い出せないんだ」

やすな「キルミーベイベー!!」



57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:09:55.73 ID:D8IxGDhU0

あききょうしつ

あぎり「じゃぁ~今度はこっちの忍具を使ってみましょ~」

没キャラ「やー!!帰してくれー!!」バタバタ

あぎり「あらあら、動くとあぶないですよぉ?」ブィーン...

没キャラ「やすにゃ!ソーニャ!!助けてえぇぇ!!!」


「やんでつないでゆりがさく」



63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 19:00:17.16 ID:ok28M9mL0

おつ


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:51:06.79 ID:dPrX2/eI0

もうちょっとあぎりさんと没キャラのあたりを

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。