スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪女姉「ちゅーしようぜ」男「え」

元スレ:雪女姉「ちゅーしようぜ」男「え」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1332155791/

前→雪女「ちゅーしよう!」男「だが断る」
1 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 20:16:31 ID:jgbhetoU



雪女姉「どーしたんだぜ、鳩が豆鉄砲喰らったみたいな顔して」

男「……いや、俺、君の妹の恋人ですよ?」

雪女姉「知ってるぜ、それが何なんだ?全然問題ねーよ」

男「問題しかねーですよ」



3 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 20:21:38 ID:POmf3D7I

続編キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


2 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 20:19:36 ID:jgbhetoU



雪女姉「いーじゃんよー!ちゅーしよーぜ、ちゅーさせろよ、ちゅーしやがれよー」

男「」メルメル

雪女姉「?何してんだぜ?」

男「」メルメル

雪女姉「おいおい無視すんなよ、溶けちゃうぜ、ジェラートみたいに!」

男「」ピッ!

雪女姉「……ジェラートみたいにー……」



4 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 20:21:51 ID:jgbhetoU



ダダダダダダ、キキー、ドガン、ピキーン、ダダダダダダ


雪女「呼ばれたんだよ!飛び出たんだよ!じゃじゃじゃーんだよ!」

男「早かったなー、よしよし」ナデナデ

雪女「えへへー」

雪女姉「ちょっと待て」

男「何ですか、何も問題ないですよ」

雪女姉「問題しかねーんだぜ」



6 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 20:35:47 ID:jgbhetoU


オンナノコガ クルマニ ヒカレタゾー

クルマガ コオッテルワー

ナ、ナンダッテー


男「大丈夫か雪女」

雪女「大丈夫だよ!車にぶつかった時身体砕けちゃったけど、くっついたんだよ!」

男「今が冬で良かったね」

雪女「ねー!」

雪女姉「え、そういう問題?」



7 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 20:41:08 ID:jgbhetoU



雪女「で、私何で呼ばれたんだー?」

男「だいたい君の姉ちゃんのせいだよ」

雪女「なるほど!」

雪女姉「なんたる理不尽っ!あれ、でも何か気持ちいいぜぃ」

男「え」



8 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 20:53:23 ID:jgbhetoU


雪女姉「まぁ新たな性癖に目覚めるのも悪くはないけど、本題に戻るぜ男」

雪女「本題ー?」

男「……冗談じゃなかったのか」

雪女姉「私の純情を冗談呼ばわりするなよ!さすがの姉ちゃんも泣くぞ泣いちゃうぜ!」

男「ごめんなさい」

雪女「そーりー!」

雪女姉「ん、許す。許すからちゅーさせろよ」

男「させねーよ」



9 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 20:59:04 ID:jgbhetoU


雪女「姉ちゃん、男とちゅーしたいのかー?」

雪女姉「そうだぜちゅーしたいんだぜ」

雪女「わはははー!男はね、ちゅーうまいだよ!」

雪女姉「ほう」

男「ちょっと黙ろうか雪女」

雪女「だけどべろいれてくるのは嫌だなー!頭がほわほわするんだよ!」

雪女姉「ほうほう」

男「チェスト!」ペシン

雪女「痛い!」



11 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 21:11:26 ID:jgbhetoU


雪女「姉ちゃん、男とちゅーしたいのかー?」

雪女姉「そうだぜちゅーしたいんだぜ」

雪女「わはははー!男はね、ちゅーうまいんだよ!」

雪女姉「ほう」

男「ちょっと黙ろうか雪女」

雪女「だけどべろいれてくるのは嫌だなー!頭がほわほわするんだよ!」

雪女姉「ほうほう」

男「チェスト!」ペシン

雪女「痛い!」



13 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 21:26:49 ID:jgbhetoU


雪女姉「ちゅーう!ちゅーう!」

男「なにこの人キス魔?!助けて雪女!君の恋人が変態に襲われてる!」

雪女「わはははー!二人とも仲良いなぁー!」

男「ダメだ!俺の恋人は馬鹿だった!」

雪女姉「ちゅーう!ちゅーう!」

男「えぇい寄るな!くっつくな!」

雪女姉「……そこまで言われると傷付くぜぃ」


明日の仕事が早いんで寝る。明日の今頃また続き書きにくるよ!おやすみ!



17 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 17:54:04 ID:eIIdqtnc



雪女姉「なぁ、そんなに私とちゅーするの嫌か?」

男「良いとか嫌とかの問題じゃないです、というか何でそんなに俺とちゅーしたいんですか」

雪女姉「………」プイッ

雪女「姉ちゃん、そっちにはだれもいないよ!」

男「教えてくれたらちゅーしてあげますよ」

雪女姉「うっ……意地悪だぜお前は……」



20 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 18:11:13 ID:eIIdqtnc


雪女姉「まぁ話してやろーじゃねーか!これには深い事情があるんだぜ」


━━━回想


鬼娘「雪女姉っちはさ、ちゅーってしたことある?」

雪女姉「え」

河童娘「何を分かりきった事を聞いてるんですか鬼娘さん!あの雪女姉さんですわよ?ち、ちっ、ちゅーくらいしたことあるに決まってるでしょう!」

雪女姉「え」

鬼娘「そうだよなー、あの雪女姉っちだもんなー」

河童娘「そうですわよ!《氷の口付け》の異名を持つ雪女姉さんですわよ!」

雪女姉「(……それ私のハンドルネームなんだぜ)」



21 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 18:19:48 ID:eIIdqtnc



鬼娘「なーなー雪女姉っち、ちゅーってどんな感じなんだ?」

雪女姉「えっと……(この前男とちゅーしたのが初めてとか言えない雰囲気なんだぜ……)」

河童娘「私も一応後学の為に聞いておきたいですわ!是非!是非是非!」

雪女姉「……えーと、その、あの」

鬼娘「?」

河童娘「どうなさったんですの雪女姉さん」


雪女姉「ちょっと待ってろ!」



22 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 18:23:36 ID:eIIdqtnc



━━━回想終了


雪女姉「ということでちゅーさせろ、ちゅーの感覚を私は知りたいんだ!」

男「深いようで、浅い」

雪女「わはははー!私は知ってるぞー!ちゅーはな、幸せになれるんだ!」

雪女姉「リア充溶けろ!ジェラートみたいに!」

男「その言い回し好きだな君」



23 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 18:42:02 ID:eIIdqtnc


男「というか君、前に俺にちゅーしたじゃないですか。凍らせられたせいであんまり覚えてないけど」

雪女姉「あれは……違う」

雪女「どうしたんだ姉ちゃんー!何が違うんだー?」

雪女姉「違うったら違うんだもん!もういい!男に頼んねーぜ!!ばーかばーか!!」


ダダダダダダ


男「意味が分からない…」



24 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 18:43:25 ID:eIIdqtnc


雪女「男!」

男「何だよ」

雪女「あのね、姉ちゃんの事を追いかけてほしいんだよ」

男「……どうしてだ?」

雪女「私、馬鹿だから分かんないけど、きっと姉ちゃんは男に来てほしいと思ってるよ!」

男「………」

雪女「男!」

男「っすぐ戻る!」



25 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 18:48:31 ID:eIIdqtnc



━━━━雪山


雪女姉「(追いかけてもくれないんだな)」

雪女姉「(まぁそりゃそうだぜ、恋人でもねーんだから)」

雪女姉「(恋人・か)」

雪女姉「はぁ……吹雪いてきやがった」

雪女姉「(そういえば、男に会ったときもこんな天気だったぜ……)」


━━━回想



26 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 18:53:02 ID:eIIdqtnc



雪女「姉ちゃん!雪!雪だぞ!うわーー!冬!冬!冬!」

雪女姉「うるせーぜ雪女、冬になって嬉しいのは分かるけどはしゃぎ過ぎだぜ」ソワソワ

雪女「つららうめーー!」バリバリ

雪女姉「やめて!」

雪女「ん?姉ちゃん、あそこ何か落ちてんぞ」

雪女姉「どれどれ」


男「」


雪女姉「人間だーーー!!」

雪女「だー!」



27 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:01:30 ID:eIIdqtnc


雪女姉「おい大丈夫かお前!生きてるか!?」ユッサユッサ

男「」

雪女「どうしよう姉ちゃん!」

雪女姉「おおお落ち着け雪女、息はしてるから死んではいないぜ!ただし身体が冷えきっちまってるからこのままじゃヤバイ!」

雪女「じゃあ暖めれば良いんだな!」

雪女姉「私達雪女だぜ?暖めるって言ったってどーすりゃいいんだよ……」

雪女「取り敢えず人肌で暖めるんだよ!」ギュウッ

雪女姉「いや私達、人じゃねーぞ」

男「!……つめたっ!!」バッ

雪女「おぉ!起きたぞ姉ちゃん」

雪女姉「マジかよ」



28 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:26:15 ID:eIIdqtnc


男「ここはいったい……というか冷たい!君冷たいですよ!」

雪女「わはははー!私雪女だからな!冷たいぞー!」ヒンヤリ

男「……雪女?」

雪女姉「そうだぜお前、私達は雪女だぜ」

雪女「がおー!」

雪女姉「しかしお前、何でこんな所で倒れてたんだぜ?しかもそんな薄着で、馬鹿じゃねーの」

男「………」



29 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:46:39 ID:eIIdqtnc


男「……親と、喧嘩して」

雪女「おとーさんとおかーさんだな!」

雪女姉「それでそれで」

男「頭に血が上って、少し冷静になろうと思って、家を出て……気付いたらここに」

雪女姉「……ば」

雪女「馬鹿だろお前!」

男「え?」



30 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:54:54 ID:eIIdqtnc


雪女「冬に雪山に入って、死にたいのかお前は!死んだらおとーさんとおかーさん悲しむだろ!」

男「………」

雪女「おとーさんとおかーさんを悲しませる奴は馬鹿なんだぞ!ばーか!」

男「………」

雪女「喧嘩するのは良いんだ!私もよく母ちゃんと喧嘩するもん!だけど死ぬのは馬鹿だ!馬鹿なんだよ!」

男「………そうだな、馬鹿だ俺」

雪女「分かれば良いんだよ!分かれば!」

雪女姉「雪女……」



31 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 20:21:59 ID:eIIdqtnc


雪女「お前名前は何だ!」

男「男、です」

雪女「行くぞ男!」

男「えっとどこに……?」

雪女「男の家だ!私が麓まで無事に送り届けてやるぞ!だからおとーさんとおかーさんにごめんなさいしろ!」

男「……うん」

雪女「レッツゴー!」

雪女姉「早めに帰ってくるんだぜー」


男「あっあの!」

雪女姉「何だぜ男」

男「助けてくれて、ありがとうございます」ペコ

雪女姉「礼なら、お前を見つけてお前を起こした妹に言え。私は何もしてねーぜ

男「はい!」



32 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 20:42:17 ID:eIIdqtnc


━━━━回想終了


雪女姉「(あの時、男を見つけたのが雪女じゃなくて私だったら……)」

雪女姉「(ううん、私が見つけたとしても、男は雪女を好きになっただろうな)」

雪女姉「(……何してんだ、私は)」

雪女姉「(妹の恋人に迫って、拒まれたら罵倒して逃げて、未練たらしくぐちぐち考えて)」

雪女姉「(馬鹿じゃねーの私)」



33 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 20:57:26 ID:eIIdqtnc


雪女姉「(もう男には会わねー方が良いよなぁ……)」

雪女姉「……グスッ」

ダダダッ

男「雪女姉!!」

雪女姉「」ビクッ

男「ぜーはー…こんなところにいたのか…」

雪女姉「な、何のようだぜ男」

男「……戻りますよ、雪女も心配してます」

雪女姉「……む」



34 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 21:04:39 ID:eIIdqtnc


雪女姉「今は放っておいて欲しいんだぜ…男とは、話したくない」

男「放ってなんか置けません」

雪女姉「……私は、恋人のいる男にちゅーしようぜと迫るような女だ。男もそんな女は嫌いだろ」

男「嫌いならわざわざこんな吹雪の中探しませんよ」

雪女姉「っ、優しくするな!」



35 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 21:38:52 ID:eIIdqtnc


雪女姉「私の事なんか何とも思ってねーのに優しくすんじゃねーぜ!これ以上私を惨めにすんな!」

男「落ち着け!」

雪女姉「うるさい!」

男「………」

雪女姉「……ごめん、言い過ぎたぜ。だけど丁度良い機会だし、そのまま私の話を聞いてくれ」

男「…はい」



寝ます。長くなってすみません。明日には終わらせます。



37 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 19:57:18 ID:71z9DNtA

雪女姉「私、お前の事が好きなんだぜ」

男「!?」

雪女姉「知らなかったろ?言わなかったもん」

男「……」

雪女姉「おかしいだろ?笑えよ男。妹の好きなやつを好きになっちまったんだぜ、私は」

男「………」

雪女姉「自分でもおかしいって分かってる。だから、何度だって諦めようとしたさ……お前らが恋人同士になれば諦められると思って、応援したりしたぜ」

男「………」

雪女姉「だけど無理だった!諦められなかった!だって好きなんだもん、大好きなんだもん!」

男「………」



38 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 20:09:06 ID:71z9DNtA


雪女姉「私みたいな馬鹿野郎にも優しくしてくれる男が私は大好きだぜ!」

男「ちょっ」

雪女姉「メロメロなんだぜ!フォーリンラブなんだぜーーー!」

男「(何か恥ずかしくなってきた……)」

雪女姉「男!頼みがある!」

男「は、はい!」ビクッ



39 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 20:19:10 ID:71z9DNtA


雪女姉「私を、これ以上ないっくらいこっぴどくフってほしいんだぜ」

男「え」

雪女姉「それぐらいされなきゃ、きっと私は諦められない。ずっとズルズル恋を引きずっちまう」

男「………」

雪女姉「なぁ、頼むぜ」

男「っ、分かった」

雪女姉「……男」


男「━━━俺は雪女が好きだ。大好きだ。だから、君の気持ちには答えられない」



41 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 20:58:31 ID:71z9DNtA


男「だけど、俺は君の気持ちを知れて……嬉しかったです」

雪女姉「え」

男「俺みたいな奴を、好きになってくれてありがとーです」ペコッ

雪女姉「………ずるいぜ、そんなこと言われたら、諦められるわけねーじゃんよ」

男「すみません」


雪女姉「でも、さんきゅう。やっぱ優しいぜお前は」



43 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 21:30:25 ID:71z9DNtA


雪女姉「ほら、吹雪も止んだし、帰ろうぜ!」ニコッ

男「……ああ!」



━━━━━━



雪女姉「ただいまだぜ!雪女」ダキッ

雪女「おかえり姉ちゃんー!」ダキッ

雪女姉「きゃっ、どこさわってるんだぜ妹ー、この変態さんめー」プニプニ

雪女「わははー!」


キャッキャッ ワハハ


男「………」



44 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 22:27:00 ID:71z9DNtA


雪女姉「なーにしょぼくれた顔してんだぜ男」ミミニ イキフゥッ

男「冷たい!」ヒンヤリ

雪女「わははー!私もやるぞー!ふぅーふぅー!」

男「ぎゃー!」ヒンヤリ

雪女姉「ふぅー!」

雪女「ふぅー!」

男「ぎゃー……」ピキーン


雪女姉「男ーーー!?」

雪女「男が凍っちゃったよ!?」



45 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 22:47:14 ID:71z9DNtA



男「毛布って暖かい」モフモフ

雪女姉「」ドゲザー

雪女「」ゲザー

男「やめなさい」

雪女姉「私って奴は……私って奴は……!」

男「落ち着こうか君」

雪女「お腹空いたー」

男「君は少しは反省しなさいよ」



47 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 22:55:41 ID:71z9DNtA


男「ほら君も顔を上げてください」

雪女姉「……許してくれるのか?」

男「はい、別に凍らされるのは慣れてますから」

雪女姉「くそう!格好いいじゃねーか!」ダキッ

雪女「そうだぞ!男は格好いいんだよー!」ダキッ

男「うわっ」

雪女姉「そんな奴にはちゅーしてやるぜ!」

雪女「私も私もー!ちゅー!」

男「ぎゃーーーー!」




━━━━おわり



49 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 23:11:22 ID:71z9DNtA


前回のキャラクター達を気に入ってしまい何となく始めた続編でしたが、何となく纏まった感じになったようです!

支援ありがとうございました!



50 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 23:17:53 ID:dD/fU.72

乙!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。