スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スライム「魔王さまが姫をさらってきた?」

元スレ:スライム「魔王さまが姫をさらってきた?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1331201655/
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:14:15.33 ID:K+k8EWjE0


コウモリ「らしいぜ。オレの仲間たちの間じゃその話でもちきりだ」

スライム「本当なの?」

コウモリ「姫を見たやつもいるって。城のどこかに閉じ込めたとか」

スライム「すっごいなあ!」

コウモリ「だよな! さすがは魔王さまだ」

スライム「どうやってさらってきたんだろう」

コウモリ「そりゃあ正面から乗りこんで人間たちをけちらしけちらし、だろ」

スライム「かぁっこいい!」

コウモリ「まったくだぜ!」



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:16:17.29 ID:K+k8EWjE0


スライム「姫ってどんなやつかな」

コウモリ「えらい人間だからな。きっとこわくていやなやつだ」

スライム「そうだね、こわくていやなやつだ!」

コウモリ「お前、今日もお城でそうじの仕事だろ。もし見かけたらつばかけてやれ」

スライム「がんばる!」

コウモリ「それじゃあオレはいくぜ」

スライム「じゃあね!」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:18:29.69 ID:K+k8EWjE0


魔王城


魔王「ふふ……部屋の居心地はどうかね、姫?」

姫「……」

魔王「そう睨むでない。凛々しい表情もまた似合ってはいるがな」カツ……

姫「近付かないで! 舌を噛み切るわよ!」

魔王「……くくっ。これは困った」

姫「わたしを一人にしなさい。これは命令よ」

魔王「おやおや。まだオヒメサマ気分が抜けないと見える」

姫「二度言わせる気? 出てって」

魔王「ふふ。ははは……まあゆっくりしてくれたまえ」ギィ……

姫「……」


 ……バタン



6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:21:19.47 ID:K+k8EWjE0


……



スライム「ふうふう……おそうじは大変大変」ゴシゴシ

「どけ! 邪魔だ!」

スライム「うわあ!」ポヨン!

スライム「……らんぼうだなあ」

  「こら休むな!」

スライム「ご、ごめんなさい!」ゴシゴシ!

  「ここが終わったら次はあっちだ!」

スライム「はーいっ」



7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:22:41.21 ID:K+k8EWjE0


姫「"開け"」ポゥ……


 カチッ!


姫「開錠成功ね。魔法の勉強が無駄にならずに済んだわ」

姫「……」

姫(問題は。この扉の向こうに誰かいるかどうか、だけど)

姫「こればっかりは覚悟するしかないわね」

姫「……」スー ハー

姫「ん」ギィ……

スライム「あれ?」

姫「……」


 ――スライムにそうぐうした!




8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:24:07.72 ID:K+k8EWjE0


姫「っ……!」


 ガシ! ヒョイ


スライム「ひゃ――!?」


 パタン


  「ん。あれ? スライムのやつどこ行きやがった?」



9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:26:20.28 ID:K+k8EWjE0


スライム「――! ――!」

姫「静かになさい!」

スライム「……」

姫「……素直ね?」

スライム「うるさくしたらいたくする?」

姫「大人しくしてくれるならなにもしないわよ」

スライム「わかった。静かにする」

姫「ありがとう」

スライム「でもおろしてほしい」

姫「暴れないでね? はい」

スライム「よいしょ」ピョイ



10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:28:10.75 ID:K+k8EWjE0


スライム「……」ジー

姫「なに?」

スライム「人間だあ」

姫「ええ」

スライム「もしかして、きみが姫?」

姫「そうよ」

スライム「思ってたのとちがう」

姫「? どんな想像してたのよ」

スライム「んとね」



13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:30:06.24 ID:K+k8EWjE0


『キシャアアァァッ!!』

『我はヒメ! 魔界に終焉をもたらす者なり!』ギラギラ!

『跪け愚かな魔物ども! ギャオオォォン!』カッ!


姫「ちょっと待ちなさい」

スライム「え?」



14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:32:23.20 ID:K+k8EWjE0


姫「何よそれ」

スライム「えらい人間はすごくつよいって聞いたよ」

姫「そんなことないわよ」

スライム「そうみたいだね。きみはかわいいし」

姫「まあね」

スライム「でもごめん」

姫「え?」

スライム「ペッ!」

姫「きゃ!?」サッ



16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:34:17.40 ID:K+k8EWjE0


姫「何するのよっ」

スライム「姫を見かけたらつばをかける約束なの」

姫「約束?」

スライム「うん。友だちとの約束」

姫「ろくな友達じゃないわね」

スライム「悪口はだめ!」ピョン!

姫「おっと」サッ

スライム「ぷぎゅ!」ビタン!

姫「あ」



17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:36:04.79 ID:K+k8EWjE0


スライム「いたい……」

姫「あの。ごめんなさいね?」

スライム「……ゆるす」

姫「ありがとう。ところで」

スライム「なに?」

姫「わたしここから逃げたいのだけれど」

スライム「それはムリじゃないかなあ」

姫「お願い。手伝ってちょうだい」

スライム「バレたらぼく、おこられちゃう」

姫「そこをなんとか。ね? ほら飴ちゃんあげるから」

スライム「アメ!? ちょうだい!」ピョン!



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:38:16.88 ID:K+k8EWjE0


姫「で、どうすれば逃げられると思う?」

スライム「ムリだと思う」モゴモゴ

姫「……」グリグリ

スライム「いたいいたいっ」

姫「どういうことよっ。手伝ってくれるんじゃないのっ?」

スライム「アメのお返しはしたいけど。でも」

姫「もしかして監視が厳重なの?」

スライム「城にはいっぱいなかまがいるよ」

姫「困ったわね。どうにかならない?」

スライム「思いつかない」



19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:40:16.78 ID:K+k8EWjE0


姫「こっそり行けば」

スライム「きみ、いいにおいするよね」

姫「そう?」

スライム「ぼくのなかまには、すごくハナがいいのもいるよ」

姫「……そっか。それじゃあ見つかっちゃうわね。ハァ……」

姫(この子は見たところ下っ端だから人質にはならなさそうだし)

姫(開錠魔法封じがなかったのはどうせ逃げられないと踏んでいるせいね……)

スライム「ごめんね?」

姫「いいのよ。あなたのせいじゃないわ」

スライム「……」ジー

姫「なに?」

スライム「もうない?」

姫「なにが? ……って、もしかして飴のこと?」

スライム「うん!」



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:42:41.55 ID:K+k8EWjE0


姫「仕方ないわね」ゴソゴソ

スライム「♪」

姫「……」

スライム「?」

姫「やっぱりだめ」

スライム「なんでっ? まだあるんでしょ!」

姫「そうね」

スライム「いじわるしないでよお」

姫「意地悪じゃないわ。ちゃんとあげるわよ」

スライム「……どういうこと?」

姫「条件があるの。毎日ここにきてわたしの話し相手になってちょうだい。その時に一つずつあげる」

姫(情報源は確保しておかないとね)

スライム「……」

姫「これでどう?」



21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:44:15.65 ID:K+k8EWjE0


スライム「うーん。一度にたくさん食べたいなあ」

姫「でもそうしたらすぐになくなっちゃうわよ? 少しずつ楽しむのもいいんじゃない?」

スライム「そっかあ……それもそうだね」

姫「じゃあわたしたちの間だけの約束よ? 他の奴には秘密だからね」

スライム「わかった」

姫「ちゃんと守ってよ?」

スライム「そっちもね!」ギィ


 パタン



22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:46:07.75 ID:K+k8EWjE0


スライム「♪」

  「あ。この、どこいってやがったスライム!」

スライム「!」

  「てめえサボってたな!」

スライム「あわわ……」

  「お前は掃除箇所の追加! あとげんこつ一発だ!」

スライム「ご、ごめんなさーいっ」



23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:48:32.49 ID:K+k8EWjE0


 ガチャ

側近「姫。私は魔王さまの側近職を務めさせていただいている者です」

姫「……」

側近「何か不都合はありませんでしたか?」

姫「……別に」プイ

側近「なにかご入用のものがあればお持ちしますが」

姫「何もないわ。早く消えて」

側近「そうですか……では」ギィ

姫「あ。待って」

側近「?」

姫「飴が欲しいわ。出来るだけたくさん」

側近「飴、ですか? はあ。分かりました」

姫「なくなったらその時は言うから追加しなさいね」

側近「……は。ではごゆっくり」

 ……パタン



24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:50:45.66 ID:K+k8EWjE0


次の日


 ガチャ


スライム「おじゃましまーす」

姫「いらっしゃい」

スライム「アメちょうだい」

姫「はいどうぞ」

スライム「わーい!」



25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:52:11.07 ID:K+k8EWjE0


スライム「おいしい」モゴモゴ

姫「良かったわね」

スライム「なんのお話する?」

姫「そうねえ」

姫(脱出のために必要な情報……となると)

姫「魔王のことについて聞きたいわ。どんな奴なの?」

スライム「つよくてかっこいい!」

姫「いや、そうじゃなくて」

スライム「あと背がたかい! うらやましい!」

姫「えっと」

スライム「でもお顔がこわいよね」

姫「……そうね」



26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:54:28.89 ID:K+k8EWjE0


姫(あまり有益な情報は期待できないそうにない、か……)

姫「他には?」

スライム「かっこよくてつよい!」

姫「それもう言ったわよ」

スライム「あれ?」

姫「……」

スライム「……えへへ」

姫「……ハァ」

スライム「ごめんね?」

姫「いえ、別にいいけれど。魔王が強くて格好いいというのはどうかしらね」

スライム「?」



28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:55:58.05 ID:K+k8EWjE0


姫「あれは卑怯者だわ」

スライム「悪口?」ムッ

姫「事実よ。わたしを誘拐した手口を思い出す限り、少なくとも格好いいとは思えないわね」

スライム「さらった方法?」

姫「あなたは魔王がどうやってわたしをさらったと思ってるの?」

スライム「ええと。まっすぐすすんで、人間たちをけちらしけちらし!」

姫「もしそうだったなら、まだ魔王らしいんでしょうけど」

スライム「……ちがうの?」

姫「ええ」



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 19:58:29.65 ID:K+k8EWjE0


姫「魔王は老婆に化けてたわ」

スライム「おばあさんに?」

姫「ええ。遠方の名のある占い師だと嘘をついてパパに謁見を求めたのよ」

スライム「ふうん?」

姫「パパは大の占い好きだからころっとだまされてね。魔王を城に招き入れてしまったの」

スライム「……」

姫「でも、魔王の汚い手口はそれにとどまらなかった」

スライム「え?」

姫「城に入った魔王は次にわたしの友達を人質に取ったわ」



32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:00:36.49 ID:K+k8EWjE0


姫「その友達は大人も顔負けに強かったけれど。でも不意を突かれてはひとたまりもない」

スライム「じゃ、じゃあ」

姫「わたしはその友達にひどいことをしてほしくなかったから。魔王の取引に応じてここまで連れられて来たの」

スライム「そんな……」

姫「分かった?」

スライム「……」

姫「あなたは信じたくないでしょうけれど」

スライム「……」プルプル

姫「?」

スライム「嘘だ!」

姫「っ!」ビクッ



33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:02:27.08 ID:K+k8EWjE0


スライム「魔王さまはかっこいいんだ! そんなずるいなことしないもん!」

姫「……」

スライム「出まかせだよ。そうだ、姫ちゃんがウソついてるんだ!」

姫「嘘じゃないわ」

スライム「信じるもんか!」

姫「……」

スライム「うう……わーん!」


 バタン


姫「しまった。泣かせちゃったわね……」



35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:04:46.91 ID:K+k8EWjE0


……



スライム「……」

コウモリ「お。どうしたんだよお前、こんなところで。そうじの仕事はもう終わったのか?」

スライム「……」グス

コウモリ「え?」

スライム「ねえ。魔王さまはかっこよくてつよいよね?」

コウモリ「あ? そりゃ当たり前だろ!」

スライム「うん……でも姫ちゃんがね」

コウモリ「……姫?」

スライム「あ」



37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:06:00.19 ID:K+k8EWjE0


姫「もうあの子からの情報は見込めないかしらね……」


 ドンドン!


姫「窓? 何かしら」


 ガチャ


「うらっしゃあああぁぁぁいッ!」

姫「え?」


 ドンガラガッシャーンッ!



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:08:07.88 ID:K+k8EWjE0


姫「いたた……なんなのよぉ」

「お前か! オレのダチに変なこと吹き込みやがったのは!」

姫「……蝙蝠?」

コウモリ「おう! お前が姫だな!?」


 ――コウモリにそうぐうした!




41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:10:13.36 ID:K+k8EWjE0


姫「ええと。確かにわたしが姫だけど」

コウモリ「まずは土下座」

姫「は?」

コウモリ「それから魔王さまへの謝罪を述べること!」

姫「……あなたもしかしてスライムの友達?」

コウモリ「ペッ!」

姫「おっと」サッ

姫(……間違いないわね。あの子、話しちゃったのか)



42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:12:20.73 ID:K+k8EWjE0


 コンコン

  「側近です。すごい音がしましたが、大丈夫ですか?」

姫「何でもないわ! さっさと消えなさい!」

  「……わかりました」

コウモリ「……」

姫「……行ったわね」

コウモリ「オレを突きださないのか?」

姫「突きだしてほしいの?」

コウモリ「……フン! そんなことより早く土下座しろィ!」

姫「お断りよ」

コウモリ「んだと!?」

姫「だって謝る理由がないもの」

コウモリ「この小娘が!」

姫「そういうあなたも、声を聞く限りじゃまだまだ子供のようだけど?」

コウモリ「ムッ!」



43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:14:35.37 ID:K+k8EWjE0


コウモリ「うっせえうっせえ! オレはガキなんかじゃねえやい!」

姫「はいはい。ちょっとこっち来なさい」

コウモリ「誰が行くか――ってうお!?」

姫「はい捕まえた」

コウモリ「放せ!」バタバタ

姫「暴れると怪我が広がるわよ」

コウモリ「!」

姫「さっき飛び込んできたときにやっちゃったのね。翼の皮に傷がついちゃってる」

コウモリ「そんなの別にいだだっ!」

姫「はい、これで大丈夫」

コウモリ「……」

姫「あとこれ飴ちゃんね」

コウモリ「ムグ!」



45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:20:07.57 ID:K+k8EWjE0


姫「そしたらまた明日、スライムと一緒にいらっしゃい」

コウモリ「あ、待てよ!」

姫「じゃあね」

 ポイ! バタン!

コウモリ「っとと。ちくしょう。あの女め!」パタパタ

コウモリ(しかし。思ってたよりなんというか)

コウモリ「! いやいや! とにかく明日だ。明日もう一度リベンジだ!」

コウモリ「……」

コウモリ「アメ、おいしいな」



46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:24:48.47 ID:K+k8EWjE0


翌日


姫「ごめんなさい」

スライム・コウモリ「え?」



48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:29:59.48 ID:K+k8EWjE0


スライム「やっぱりウソだったの?」

コウモリ「ほれ見ろ!」

姫「違うわよ。嘘はついてないわ」

スライム「え? じゃあなんで謝るの?」

姫「なんて言ったらいいのかしら。あなたたちにいやな思いをさせちゃったから、ってとこね」

コウモリ「……?」

姫(純心な子供たちの気持ちを傷つけるのは、さすがに良心が痛むもの)

スライム「なんだかよく分からないけど……謝ってくれるならもういいよ!」

コウモリ「あ、お前! だまされてるぞ多分!」

姫「いえ騙しては、ないけど」



49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:35:11.75 ID:K+k8EWjE0


コウモリ「だってこいつ、魔王さまを馬鹿にしたことにはかわんねーし!」

スライム「でも姫ちゃんはウソついてないよ。きっと」

コウモリ「証拠はあるのかよ」

スライム「ないけど。ぼくだってあたまがすっきりすればウソかちがうかぐらいわかるよ」

コウモリ「でもよ!」

姫「あなたはキーキーやかましいわね。男らしくないわよ?」

コウモリ「うっせブス!」

姫「……」ピキ!



51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:39:38.20 ID:K+k8EWjE0


スライム「……落ちついた?」

姫「思う存分暴れたらなんだかすっきりしたわ」

コウモリ(うう、翼の傷が……)

姫「ごめんなさいね。手加減できなくて」

コウモリ「オレのほうが手加減してたし!」

姫「あーはいはい。もうそれでいいわよ」

スライム「ふふ」

姫・コウモリ「?」

スライム「姫ちゃん、なんだか重しがとれた顔してる」

姫「……」

スライム「さらわれてきて心細かったんだよね」

コウモリ「……」

スライム「ぼくたちでよければ、これからも話し相手になるよ」



52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:44:56.60 ID:K+k8EWjE0


姫「……ふふ」

姫(まさか、モンスターに気を使われるなんてね)

コウモリ「何笑ってんだ気持ちわりい」

姫「……」ツネリ

コウモリ「あいだだだっ!」

姫「はい、飴ちゃん」

スライム「まいどー!」

コウモリ「あ。オレにもよこせ!」



53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:49:24.31 ID:K+k8EWjE0


数日後


スライム「今日はコウモリ君は来られないんだ」

姫「そう。うるさいのがいなくてせいせいするわ」

スライム「でも姫ちゃんちょっと残念そう」

姫「そんなことないわよ」

スライム「ふふ」

姫「今日は何か聞かせてもらえる?」

スライム「うん。北の森のオオカミ王の話」

姫「楽しみね。聞かせて」

スライム「んーとね」

姫「! 誰か来るわ。隠れて」

スライム「わわ!」



55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 20:55:05.01 ID:K+k8EWjE0


 ガチャ


魔王「ご機嫌いかがかな、姫」

姫「愚問ね。ここに来てからわたしの機嫌がいいことがあると思って?」

魔王「はは。それは失礼した」

姫「分かったらさっさと消えて。目障りよ」

魔王「しかし……最近の姫は心なしか上機嫌に見える」

姫「あら、魔界に目の医者はいないのかしら」

魔王「我の目はこの上なく冴えわたっておるよ……出てこいスライム」

スライム「!?」ビク!

姫「っ!」

スライム(あわわ……)

魔王「……二度言わせる気か?」

スライム「ご、ごめんなさい! すぐに出ますっ」



57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:00:11.43 ID:K+k8EWjE0


魔王「……ふふ」

スライム「……」オドオド

姫(なんとなくまずい、わね……)

魔王「お前は一体ここで何をしていたんだ、スライム?」

スライム「え、ええと……」

姫「……わたしが側近に頼んで、話し相手を用意してもらったのよ」

魔王「ほう……なるほど。側近が」

姫(すぐバレるでしょうけれど、この子が逃げるだけの時間は稼げるはず……)



59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:05:23.15 ID:K+k8EWjE0


魔王「ふうむ」カツカツ

姫「近付かないで!」

魔王「スライムがどうなってもいいのか?」ボソ

姫「っ!」

魔王「ふふ」ガシ

姫「つっ! 放しなさ――んむ!」

スライム「あっ……!」



61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:10:17.79 ID:K+k8EWjE0


魔王「――ん」

姫「……っ」

魔王「美味なる唇であった」

姫「……くっ」

スライム「あわわ……」

魔王「侍女に湯浴みの用意をさせている。身体を隅々まで清めておけ」

姫「……!」

魔王「ふふ。数刻後を楽しみにしておるよ」

姫(この下衆が!)

魔王「くれぐれも妙なことを考えぬように。自分の身、そして友の身のことを考えたまえ」ギィ


 ……バタン



63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:14:56.01 ID:K+k8EWjE0


姫(初めてが……)ゴシゴシ

スライム「ごめん……ごめんなさい」

姫「あなたが謝ることじゃないわ」

姫(この子を利用しようした罰が下った……というのは考え過ぎかしらね)

姫「……」

スライム「ど、どうしよう」

姫「どうしようもないわ」

スライム「でもきっと姫ちゃんがひどいことされちゃう……」

姫「それは。それは……」


  『姫、俺からのプレゼントです。受け取っていただけますか?』



64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:17:47.51 ID:K+k8EWjE0


姫「……」

スライム「……」

姫「あなたは逃げて」

スライム「そんなことできないよ!」

姫「時間がないの。急いで。こっそり行くのよ」ギィ

スライム「でも、でもぉ……」

姫「ありがとう。この数日間、楽しかったわ」

スライム「……」

姫「早く」

スライム「……」プルプル

姫「?」



65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:19:22.18 ID:K+k8EWjE0


スライム「姫ちゃん!」

姫「な、なに?」

スライム「姫ちゃんはぼくの友だち?」

姫「……あなたはどう思う?」

スライム「ぼくは友だちだと思う。いや、今決めた。姫ちゃんはぼくの友だち!」

姫「ふふ……ありがとう」

スライム「だから」

姫「……?」

スライム「ぼくは友だちを助けるよ!」



67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:22:03.10 ID:lxqd/Ehj0

スライムかっけー


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:22:45.22 ID:7WOzlaxI0

スライムちゃんちゅっちゅ


70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:25:52.84 ID:K+k8EWjE0


……


 ヒュウウウゥゥゥ……!


姫「――ッ!」

スライム「っと!」


 ボイン! ボイン! ボイン……


スライム「うん。着地成功! できるとは思わなかったけど!」

姫「す、凄いわねあなた。あの窓の高さから着地できるなんて……」

スライム「ご褒美にアメちょうだい!」

姫「いくらでもあげるわよ!」



72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:28:57.45 ID:K+k8EWjE0


  「ん、あれは……」

  「姫だ! 姫が逃げた!」

  「スライムも一緒だ!」

姫「気付かれたわね」

スライム「逃げるよ姫ちゃん! 掴まって!」

姫「どうするの?」

スライム「こうする!」プクー!

姫「わわ!? 膨らんだ!?」

スライム「きのう姫ちゃんが教えてくれたボールのマネ! 行くよ!」


 ググ……ビョンッ! バイン!


姫「速い!」

スライム「どんどん引き離すよっ!」

姫「いっけー!」



73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:34:29.04 ID:K+k8EWjE0


……


洞窟


コウモリ「で。なんでオレのとこ来るんだよ」

スライム「疲れた……」

姫「ありがとうね」ナデナデ

コウモリ「聞けよ! っていうか一大事じゃねえか姫が逃げたなんて!」

スライム「でも、あのままあそこにいたら姫ちゃんが」

コウモリ「ちょっとは考えてこうどうしろよな! オレまでとばっちりじゃん!」

姫「……ごめんなさい」

コウモリ「うっ。そう素直に謝られると……」

コウモリ「……チッ!」



74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:39:02.62 ID:K+k8EWjE0


スライム「コウモリ君は、ぼくの友だちだよね」

コウモリ「絶交したくなってるけどな」

スライム「姫ちゃんとも友だちになってあげてほしいんだ」

コウモリ「ぐ……そ、それとこれとは話がべつだ! オレは巻き込まれるのはごめんなんだ!」

姫「……すぐに出ていくわ」

コウモリ「そ、そうだ。さっさと行っちまえ!」

スライム「……じゃあね、コウモリ君」

コウモリ「あばよ!」



75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:44:34.63 ID:K+k8EWjE0


コウモリ「……」

コウモリ「お、オレは悪くないかんな」

コウモリ「魔王さまに逆らうやつがいけねえんだ!」

コウモリ「だから」


  姫『翼の皮に傷がついちゃってる』


コウモリ「だから……」


  姫『はい、これで大丈夫』


コウモリ「うう……」


  姫『あとこれ飴ちゃんね』


コウモリ「くっそくっそ!」バサッ!



76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:46:53.30 ID:K+k8EWjE0


森の中


スライム「急いで! すぐそこまで誰か来てる!」

姫「はぁ、はぁ……」


……



大鼻豚「フゴッ、フゴッ!」

側近(連れてきた豚どもの反応が活発だな。近いか)

側近「……姫! いらっっしゃるのでしょう!」

側近「魔王さまがひどく心配してらっしゃいます! あの方をこれ以上困らせる前に戻るのが得策かと!」

側近「でないと、"帰ってから身が持ちません"よ!」



77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:48:21.33 ID:K+k8EWjE0


姫「帰るって、何よ……! わたしの帰るべき場所はあそこじゃないのに!」ゼィ ゼィ

スライム「早く早く!」


  「まあ、私がすぐにお迎えに上がりますのでご心配なく!」


姫「くっ……!」

スライム「追いつかれちゃうよぉ……!」


  ガサガサ!


姫・スライム「!?」



78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:50:30.05 ID:K+k8EWjE0


側近(この茂みの向こうだな)


 ――ガサ!


コウモリ「ん? これはこれは側近さま!」

側近「……?」

コウモリ「どうかしましたか。そんな変な顔して」

側近「いや……ここに不審なやつが来なかったか?」

コウモリ「不審? って、どんな?」

側近「……」

コウモリ「ん?」

側近「……いや、なんでもない」



79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:55:40.42 ID:K+k8EWjE0


大鼻豚「フゴ……」

側近(豚どもの反応も鈍い……逃げられた?)

コウモリ「用がなければオレ、ちょっと忙しいんで失礼しますよ?」

側近「ああ」

コウモリ「……」パタパタ

側近「待て」

コウモリ「っ!」ドキィッ!

側近「お前は確か……伯爵家の息子だったな」

コウモリ「は、はひ……そうですが……」

側近「いや、それだけだ。行け」

コウモリ「失礼しました……!」パタパタ!



80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 21:58:47.89 ID:K+k8EWjE0


     ・
     ・
     ・



81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:00:35.50 ID:K+k8EWjE0


空の上


姫「あの。ありがとうございます蝙蝠の皆さん」

スライム「ありがとー!」

  「いいってことよ。伯爵家の坊ちゃんたってのお願いだしな」

姫「でも……わたし、魔王のところから逃げてきてて」

  「あーあー。聞こえねーなー」

  「俺たちは何も見てないし聞いてない」

  「たまたま集団で飛びたくなって、たまたま荷物を運んじまった。それだけだな、うん」

姫「……ありがとう」グス

  「おっと、涙はまだとっときな。俺たちにできるのは少し運ぶことだけだからな」

  「この先は嬢ちゃんたちだけでなんとかしな」

スライム「りょーかい!」ビシッ!



83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:05:02.77 ID:K+k8EWjE0


コウモリ「――はひぃ、なんだかどっと疲れた……」パタパタ

  「お。坊ちゃんお疲れっス!」

スライム「ありがとうコウモリ君!」

姫「あなたのおかげで助かったわ」

コウモリ「……べつにお前のためじゃねーし。友だちのスライムのためだし!」

姫「あら。じゃあわたしとは友だちになってくれないの?」

コウモリ「な、なってやるよ。ただし義理だからな。いいか、義理だぞ!」

姫「ふふ。ありがとう」

コウモリ「……フン!」



86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:10:01.36 ID:K+k8EWjE0


……


夕方 死火山の山腹


  「俺たちが運べるのはここまでだ。ここからは嬢ちゃんたちで頑張れよ!」

姫「ありがとうございました」

スライム「助かったよ!」

  「どういたしまして!」

  「坊ちゃんも行くんですかい?」

コウモリ「まーな」

  「お父さまが心配してらっしゃいましたよ。あまり無理しないでくださいね」

コウモリ「しばらくしたら帰るからよろしく言っといくれ」

  「新しい燕尾服を用意して誕生日を楽しみにしてらっしゃるんですから、気をつけてくださいよ。それでは」



87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:12:51.48 ID:K+k8EWjE0


姫「そろそろ日が沈むわね」

スライム「今日はここで野宿かなあ」

コウモリ「こっちに洞窟があるぜ。ここでなら安心して過ごせるだろ」

……




90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:16:17.67 ID:K+k8EWjE0


姫「なんだか……」

スライム「ひろーい!」

コウモリ「なんだここ? 自然にできたもんじゃないっぽいけど」

姫「……っ」ブル!

姫「いやな予感がするわ。引き返しましょう」

姫(……? こんなところに岩なんてあったかしら?)

コウモリ「っ!?」

スライム「姫ちゃん危ない!」


 ズン!



91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:20:18.18 ID:K+k8EWjE0


「……避けたか」

姫「な……?」

スライム「うわあ!?」

「うるさい侵入者どもめ。儂の眠りを妨げた罪は重いぞ」

コウモリ「こいつは……火竜だ!」

火竜「礼儀がなっておらんな若いの」ギロ


 ――火竜にそうぐうした!




92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:22:23.47 ID:K+k8EWjE0


火竜「久々に目覚めて調子が悪いわい」

スライム「まずいよ姫ちゃん。プライドがたかくてゆうめいな火竜だよ」ヒソ

姫「怒らせるとよくなさそうね……ここはわたしにまかせて」ヒソ

火竜「ふわぁぁ……」

姫「火竜さま!」

火竜「ん?」

姫「わたくしは人間界の姫です。
  このたびは知らなかったとはいえ、無礼にもあなたさまのお住まいに踏み込んでしまい申し訳ありませんでした」

火竜「ふむ」

姫「そのことにつきましては謝罪したうえで速やかに退出いたしますので、どうかお許しいただけないでしょうか?」

火竜「……」

スライム「……」ドキドキ

コウモリ「……」



93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:24:36.82 ID:K+k8EWjE0


火竜「よかろう」

姫「ありがとうございます!」

火竜「しかし、だ」

スライム「?」

火竜「勝手に踏み込んだ上で安眠を妨げたことへの償いが不十分ではないかね?」

コウモリ(……まずいな)

姫「その点については丁重に謝罪させていただき――」

火竜「お主、なかなか良い指輪をしておるな」

姫「……それが何か?」

火竜「謝罪の印にそれを渡してもらおうか」

姫(くっ……)



95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:27:32.83 ID:K+k8EWjE0


姫「これは、友人からの頂き物です」

火竜「渡せないと言うのかね?」

姫「いえ……ですから大事にしていただきたいのです」

火竜「よかろう。さっさと外せ」

姫「……」

火竜「それから」

コウモリ「!? まだ何かあるのかよ」

火竜「……」ギロ

コウモリ「う……」

火竜「指輪は謝罪の印。償いはまた別だ」

スライム「そんな!」

火竜「儂のものになれ、女」

姫「……!」



96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:28:29.01 ID:K+k8EWjE0


姫「それは、一体どういう意味で?」

火竜「儂は、美しいものを集めるのが好きだ。集めたものを並べてずっとずっと眺めていたい」

姫「……」

火竜「お主は美しい。だが、時間がたてばその美貌も醜く衰えていくだろう」

姫「話が見えません」

火竜「お主を水晶に閉じ込め、それを儂のものにする」

スライム「ええ!?」

火竜「お主にとっても悪い話ではないぞ。なにしろその美しさを永遠に保っていられるのだからな。ははは!」

姫(この……!)

コウモリ「ちょっと待てやこの変態爺! 黙って聞いてりゃ――」

火竜「うるさい」ヒュボ!

コウモリ「!?」


 ドゴオッ!



97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:31:38.49 ID:K+k8EWjE0


スライム「コウモリ君!」

姫「"光矢"!」ビシュッ!

火竜「ふん」ピシ

スライム「姫ちゃん! 怒らせちゃ――」

姫「もうそんなこと言ってる場合じゃないわ! あなただけでも逃げなさい!」

火竜「愚かな……」

姫「もう一発行くわよ!」ポゥ

火竜「遅い」ヒュボ!

姫「あ――」


 ドゴォッ!



98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:32:27.12 ID:K+k8EWjE0


スライム「あ……」

火竜「ふんっ」

スライム「……」プルプル

火竜「どうした逃げないのか? 今なら見逃してやってもよいぞチビ」

スライム「チビっていうな」

火竜「ん?」

スライム「よくも……よくもぼくの友だちを殺したな! ぜったいにこうかいさせてやる!」

火竜「命はもっと大事にすべきだよ」フゥ

スライム「行くぞ!」ググ

火竜「好きにしろ。そして死ね」ヒュボ!


 ドゴォッ!



101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:34:34.64 ID:K+k8EWjE0


 モクモクモク……


火竜「……む?」

「まったく。弱いのに無茶しやがって」

スライム「うう……」

火竜「お主、何者だ?」

「オレ? 礼儀がなってない若いのだけど」

火竜「先ほどの蝙蝠? いや……」

「合ってるぞ? でもちょっとだけ違う。へへへ……」


吸血鬼「夜はオレの時間だぜ!」


 ――コウモリは吸血鬼にへんしんした!



102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:35:36.08 ID:kgC12vlE0

ぼっちゃああああああん!!


103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:36:24.85 ID:dc3zli6M0

ぼっちゃんかっこいいー!


104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:39:16.95 ID:K+k8EWjE0


姫「いつつ……」

スライム「あれ……?」

吸血鬼「間一髪だったけど。なんとか助けられたな」

火竜「……吸血鬼一族。伯爵家の者か」

吸血鬼「その通り! 今更吠え面かくなよ!」バッ

火竜「ふん……」ヒュボ!

吸血鬼「おっと」

火竜「チィ……!」ヒュボ! ヒュボ!


 ドゴォッ! ドゴォッ!


吸血鬼「当たんねーよバーカ!」

火竜「この……!」

吸血鬼「よ!」ビュッ!

火竜「ぐあッ! 目がァッ!」



106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:43:36.66 ID:K+k8EWjE0


吸血鬼「今だスライム!」

スライム「うん!」ビュン!


 スポッ!


火竜「もごッ!」

スライム「お口に着地しましたー! 続いてふくらみまーす!」プクー!

火竜「もごごッ!」

吸血鬼「これで火弾は撃てねえだろ!」

火竜(この……!)

吸血鬼「そしたら仕上げだ! 姫、やっちまえ!」

火竜「!」

姫「行くわよ! "溜撃光矢"!」ギュォッ!


 ――ズドン!



108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:49:01.05 ID:K+k8EWjE0


……



火竜「ぐぐ……」

吸血鬼「おっし。これでしばらくは安全だろ」

姫「あなた吸血鬼だったのね……」

スライム「あれ? 言ってなかったっけ?」

姫「聞いてはないわね。まあそれはともかく」

吸血鬼「もちっと傷めつけとくか?」

姫「……」ツカツカ

火竜「儂を殺すか……」

姫「"癒しよ"」ポゥ

火竜「ぬ?」

吸血鬼「おい!?」



109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:52:57.41 ID:K+k8EWjE0


姫「ここに勝手に踏み込んだのはわたしたち。となれば元はといえばわたしたちのせいよね」

吸血鬼「でもこいつ、変態だぜ!」

姫「それとこれとは話が別」

火竜「……」

姫「大丈夫。暴れられない程度にとどめとくから」

火竜「図に乗るなよ小娘……」

姫「……」

火竜「儂はそういう余裕が気に食わん……!」

スライム「♪」ポヨン

火竜「……?」



110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:54:56.91 ID:K+k8EWjE0


スライム「ムリしちゃだめだよ? まだ治したばっかりだから」

火竜「何のことだ? ……あ」

スライム「歯、ちょうしいいでしょ? ぼく、そういうのとくいなんだ」

火竜「……」

スライム「さいきんぐあい悪くなかった? きっと歯がよくなかったんだよ」

火竜「……」

スライム「ごきげんが悪かったのもそのせいだよね」

火竜「小僧……」

スライム「これでかってに入ってきちゃったおわびにならないかな?」



111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:57:32.65 ID:K+k8EWjE0


火竜「あー……」

姫・吸血鬼・スラ「?」

火竜「儂は疲れた。寝る」

姫「え?」

火竜「zzz……」

吸血鬼「なんだこの爺?」

スライム「……ふふ」



112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:58:17.75 ID:K+k8EWjE0


次の日


姫「じゃあ出発しましょうか」

スライム「おー!」

コウモリ「この爺、まだ寝てるのな」

火竜「ウウム……」

姫「まあいいじゃない。起こさないように行きましょう」

火竜「ムニャ……洞窟の奥、左。抜け道」

姫「……?」

火竜「zzz……」

姫「寝言、かしらね」

スライム「ありがとうおじいちゃん!」

コウモリ「チッ、素直じゃねえの」

姫「あんたがいうの?」ウリウリ

コウモリ「やめろっ」



113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 22:58:51.45 ID:K+k8EWjE0


数刻後


スライム「うわあ……!」

コウモリ「こいつは……」

姫「海ね」



115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:00:38.11 ID:K+k8EWjE0


スライム「すっごーい! おっきーい!」

コウモリ「ひゃっほーい!」バシャバシャ!

姫「朝日があっちから出ていて、東に人間界があるから。海沿いに行けばいいはずよね」

スライム「うわーい!」

コウモリ「とりゃーい!」

姫「追手は掛かっているはずだから急がないと」

スライム「姫ちゃん助けてえ! コウモリ君がおぼれたあ!」

コウモリ「ブクブク」

姫「あーはいはい! 今行くわよ!」



119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:05:34.20 ID:K+k8EWjE0


姫(服が冷たい……)

コウモリ・スライム「キャッキャ!」

姫「……もういいでしょ! そろそろ行くわよ」

コウモリ・スライム「もうちょっとだけー!」

姫「はあ、まったく」

「いやはや、元気のいいことですな」

姫「元気がいいのはいいんだけれど。それが過ぎると困りものよ、ね……?」

側近「ふふふ」


 ――側近にそうぐうした!



120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:10:55.67 ID:K+k8EWjE0


姫「――ッッ!」ダダダ!

スライム「どうしたの、ってうわあ!」

コウモリ「掴むな!」

姫「いるのよ!」

スライム・コウモリ「?」

  側近「やあ」

スライム・コウモリ「――ッッ!」



121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:14:08.39 ID:K+k8EWjE0


姫・スラ・モリ「うわああぁぁぁッ!」ダダダ!


  側近「そんなに急いで逃げられるとちょっとショックです」


姫「"光矢"!」ビシュッ!


  側近「ふうむ。そこまで嫌われてますか」カキン!


姫「効かない!?」

側近「やっぱりショックですな」

姫(いつの間に前に回り込んで――!)ズザッ!



122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:16:36.27 ID:K+k8EWjE0


スライム「掴まって姫ちゃん!」プクー!

姫「ええ!」ガシ

スライム「ん!」ビョン! バチャン!

側近「海に逃げますか」

コウモリ「ここまでならさすがに追ってこれないだろ」



側近「困りましたねえ」

側近「こんなに嫌がられるとは」

側近「繰り返しですが。ショックです」バサ!



124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:19:39.71 ID:K+k8EWjE0


コウモリ「げげっ! あいつも飛べるのかよぉ!」

  側近「待っててくださあい。すぐ行きますからねえ」

コウモリ「くんなああぁぁ!」

姫「"光矢三連"!」ビシュシュシュッ!

  側近「効きませんな」キキキン

姫(ここまで、かしら……)

スライム「……ねえ」

姫「安心して。あなたたちに痛い思いはさせないから」

スライム「ええと、そうじゃなくて」

姫「?」

スライム「前。何か来る……!」

姫「え?」



126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:22:39.06 ID:K+k8EWjE0


 バシャシャシャシャシャシャ!


  「あれは間違いない……姫!」

  「そして上のは、敵か!」チャキ!



128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:28:24.68 ID:K+k8EWjE0


姫(すごい速さでこちらに向かってくるあれは……舟?)

姫「誰……?」


  「姫――!」


姫「……まさか」


  「お迎えに、あがりました!」


姫「勇者……!」


  勇者「今助けます!」


  ――勇者があらわれた!



130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:34:09.57 ID:K+k8EWjE0


側近「あれは、まさか……!」


  勇者「おおおおおッ!」ダンッ!


側近(な!? 一瞬でこの高さまで!)

側近「くっ!」ジャキ!

勇者「シッ!」ビュッ

側近「が――ッ!?」ドス!

側近(勇者……か……)


 ヒュルルル……バシャン!


勇者「……」スタ!



131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:36:24.03 ID:K+k8EWjE0


スライム「……すごーい」ポカーン

コウモリ「……化け物かよ」ポカーン

姫「勇者……!」

勇者「……姫。お待たせして申し訳ありませんでした」



136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/08(木) 23:40:19.35 ID:K+k8EWjE0


海岸


姫「遅すぎ!」

勇者「すみません……」

姫「誰のせいでこんなことになったと思ってるの!?」

勇者「あの日人質に取られた俺のせいです」

スライム「え? もしかして……」

姫「そうよ! 勇者が不意をつかれたからこんなことに!」

勇者「面目ない……」

コウモリ「あんなに、つよいのにか?」

勇者「人はいつも百パーセントじゃいられないからね」

姫「偉そうにしないでよ!」ペシペシ!

勇者「すみません……」



139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:00:19.20 ID:I8EODcWZ0


勇者「でも、無事でよかった。君たちが姫を守ってくれたのかい?」

スライム「うん! がんばった!」

コウモリ「オレは別に……流れでなんとなくだよ」

勇者「そうか。ありがとう」

姫「……」

姫(無事……じゃないわよ)

勇者「どうしました、唇が何か?」

姫「……なんでもないわ」



140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:05:08.81 ID:I8EODcWZ0


姫「……そんなことよりあなたねえ!」

勇者「はい……」

姫「あなたねえ……!」

スライム「姫ちゃん」

姫「……」

スライム「ちょっとだけでいいよ。甘えちゃおう?」

姫「……」

スライム「姫ちゃんはがんばったからさ」

姫「……グス」

スライム「ね?」

姫「ヒック……う……グス」

勇者「……」ギュッ

姫「怖かった……怖かったよぉ……!」

勇者「……」ナデナデ



141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:10:33.18 ID:I8EODcWZ0


スライム「よかった」

コウモリ「……」ムス

スライム「コウモリ君はちょっと残念かもだけど……」

コウモリ「あ!? 何がだよ!」

スライム「だいじょうぶ。コウモリ君も十分かっこいいよ」

コウモリ「ったりめーだろ!」

スライム「すぐにいい子が見つかるさ!」

コウモリ「なにいってんのかわかんねー!」

スライム「ふふふ」



142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:16:15.93 ID:I8EODcWZ0


……



姫「じゃあ魔王城に突撃よ」

スラ・モリ・勇者「えっ」



143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:16:53.78 ID:/zBc5Bmf0

えっ


144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:17:42.77 ID:1UDDMYUn0

えっ


147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:18:31.26 ID:DuznXwPC0

えっ


149 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:19:11.08 ID:C4T/9qX40

えっ


151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:20:29.74 ID:s3C91jK70

えっ


152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:20:37.56 ID:I8EODcWZ0


勇者「今……なんと?」

姫「魔王城に行くわよ」

スライム「ええ!? なに言ってるのさ!」

コウモリ「頭おかしいんじゃねえの?」

姫「……」グリグリ

コウモリ「いたたた!」

姫「やっぱりやられっぱなしってのは性に合わないわ! やり返さないと!」

勇者「つまり……魔王をさらうので?」

姫「あ、えっと。そうじゃなくて、ただ単にぶちのめさないと気が済まないってこと!」

勇者「危険です! 俺が一人で……!」

スライム「ぼくも行く!」

コウモリ「お、オレも行ってやってもいいぜ」

姫「わたしも」

勇者「……」

勇者(姫はこうなるとテコでも動かないんだよなあ……頭が痛い)



153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:22:03.87 ID:C4T/9qX40

せめて準備をだな


156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:24:15.87 ID:I8EODcWZ0


魔王城


魔王「側近からの連絡が途絶えた?」

  「はっ。そして申し上げにくいのですが……」

魔王「申してみよ」

  「勇者が……こちらに向かっています」

魔王「ぬ。あの小僧か」

  「若干名の連れがいるとの事です。数刻後にここまで」

魔王「分かった。我が直々に相手をしよう」

  「な!? で、ですが!」

魔王「所詮あの時人質にできてしまう程度の小僧だ。倒すのに苦はあるまい」

  「それでも!」

魔王「くどい!」

  「っ……! わ、分かりました……」



158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:29:43.01 ID:I8EODcWZ0


数刻後 魔王城前


魔王「ふうむ」

勇者「……」チャキ!

スライム「……」プクー

コウモリ「……」バサバサ

姫「……」ポゥ……

魔王「何しに来たのだお前らは?」

勇者「汚い手口で姫をさらって愚弄したこと、今ここで償わせてやる」

姫「右に同じ」

スライム「上におなーじ!」

コウモリ「下に同じだぜ!」

魔王(こいつらは阿呆なのか?)



159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:33:57.35 ID:I8EODcWZ0


魔王「まあいい……我の力、思い知らせてやろう」ゴゴゴ!


 ――魔王がたたかいをいどんできた!


姫「……! すごい魔力」

魔王「もう逃げる気も起こせぬぐらいに叩きのめしてやる」

スライム・コウモリ「うう……」

勇者「行くぞッ!」ダン!

魔王「来いッ!」



161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:40:50.51 ID:I8EODcWZ0


勇者「やあああッ!」

魔王「ふはははは!」


 キィン! ガキン! ドゴ! ドゴオッ!


スライム「ち、近寄れないよ!」

コウモリ「どうする!?」

姫「わたしたちは機を待ちましょう」

コウモリ「でもよ!」

姫「今行っても勇者の足を引っ張るだけよ」

スライム「チャンスを待てってことだね。分かった!」



162 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:45:39.36 ID:I8EODcWZ0


勇者「くっ!」ギギギ!

魔王「どうした。おい、どうした勇者!」グググ!

勇者「この……!」

魔王「このままでは我が競り勝つぞ。分かるだろう、死が刻々と近付いているのが!」

勇者「ぐ、ぬ、ぬ……」


  姫(まずい……!)

  スライム「あわわ……!」

  コウモリ「……」ゴクリ


  「ずいぶんと、楽しそうではないか」


勇者・魔王「?」


  火竜「儂も混ぜろ」ヒュボ!



163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:46:13.74 ID:1UDDMYUn0

爺さんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!


164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:48:06.06 ID:I8EODcWZ0


 ドゴオッ!


魔王「くっ! お前は火竜!」

  火竜「久しぶりだな魔界の長よ」バサッ バサッ

魔王「なにをしに来た!」

  火竜「なに、空の散歩をしていたらお主が困っておるようでな。加勢に来た」

魔王「要らぬ! 去れ!」

  火竜「遠慮するな」ヒュボ!


 ドゴオッ! ドゴオッ! ドゴオッ!



166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:49:23.22 ID:I8EODcWZ0


魔王(あやつめ、明らかに我を狙って!)

火竜「久しぶりのせいか、上手くいかんわい」ククク

魔王(しかしやつも竜族の実力者……下手に機嫌を損ねるわけには)

魔王「チッ! ならば!」カッ!


 ――ブワ!


魔王「来い! 闇夜の使いたちよ!」



169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:51:39.21 ID:I8EODcWZ0


勇者「くっ、辺りが暗く……まだ日が出ているはずなのに!」


  火竜(これでは儂も手が出せんな)


魔王「ふふふ……この魔法は限定空間内に夜を導くものだ。我は全てを把握しておるが、お前たちには何も見えん!」

勇者「まずい……」

魔王「覚悟しろ!」


「いいや」


魔王「……?」


吸血鬼「覚悟するのはそっちの方だぜ! 魔王さまよお!」




171 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 00:54:03.84 ID:I8EODcWZ0


魔王「しまった、吸血鬼が!?」

吸血鬼「おそいぜ!」ビュン!

魔王「がッ!」ドゴゥ!

吸血鬼「夜は俺の住処だっつーの!」

魔王(くぅ……術を解かねば)グッ


 シュウゥゥン……


姫「待っていたわよこの時を!」

魔王「何!?」

姫「"特大溜撃光矢"ッ!」


 ズ――ドンッ!



173 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:02:18.92 ID:I8EODcWZ0


魔王「ぐおお……」ドサ

姫「やったわ!」

スライム「すっごーい!」

コウモリ「へへ!」

勇者「……いや。まだだ」

姫「え?」

魔王「……。くくく……」ビキビキ!

スライム「な、なに?」

魔王「この姿になるのハどれくらいぶりだったカ……」ビキビキビキ!

コウモリ「ひっ……」

魔王「ふ、ふフ……」ムクリ

魔王「ハーッハッハッハッハッハッ!!」ズゴゴゴゴッ!



175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:04:59.15 ID:I8EODcWZ0


魔王「お前たちは運がいイ。痛みを感じる暇もなく死ねるのだからナ」フワ


 ――ビュン!


勇者「! 一瞬であんな上空に!」


  魔王「全力ダ! 全力で無に帰してやル!」ヒュイィィィィン!


勇者「くっ……」

スライム「勇者くん! ぼくがきみをあそこに届かせる!」

勇者「え?」

スライム「だからきみは魔王を倒す手段を用意して! 時間がない!」

勇者「……よし分かった!」



179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:07:57.65 ID:I8EODcWZ0


勇者「姫! 申し訳ありませんが指輪をこちらに!」

姫「どういうこと!?」

勇者「剣と指輪はもともと一つのものなんです!」

姫(それをわたしに預けてくれてたんだ……)

姫「分かったわ!」シュッ!

勇者「……」パシ! カチ!


 ――剣に指輪をはめこむことによって、真の力がひきだされた!




180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:11:50.40 ID:I8EODcWZ0


スライム「いくよ! ぼくに乗って!」プクー!

勇者「ああ!」

スライム「……!」ググ!

スライム「それぇッ!!」ビュンッッ!

魔王「グオオオオオオッ」カッ!

勇者「うおおおおおおおッッ!!」シュッ!!


……




181 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:14:08.72 ID:I8EODcWZ0


     ・
     ・
     ・



182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:17:58.79 ID:1UDDMYUn0

どきどき


183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:18:02.58 ID:I8EODcWZ0


「それから!?」

子スライム「それからどうなったのさ!?」

少女「ふふ。聞きたい?」

子スライム「もちろん!」

子コウモリ「オレも!」

少女「ええとね。勇者は邪悪な魔王を倒して、世界に平和が訪れましたとさ」

子スライム「え?」

子コウモリ「それ、だけ?」

少女「そうよ? 案外呆気ないでしょ」



185 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:19:07.93 ID:I8EODcWZ0


子コウモリ「面白くねー」

子スライム「うーん……」

少女「物語のおしまいって、結構そんなものよ?」

子コウモリ「でもなー」

子スライム「いや、ぼくは面白かったよ。ありがとね!」

少女「そう、よかったわ。そしたら飴ちゃんどうぞ」

子スライム「わーい!」

子コウモリ「うめえ!」

少女「これから竜おじいちゃんのところ行くんだっけ?」

子スライム「うん! おじいちゃん優しいからだーいすき!」

子コウモリ「ちょっとガンコだけどな」

少女「おじいちゃんによろしくね」

子スライム「うん! じゃあね!」



187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:19:50.47 ID:I8EODcWZ0


少女「ふう」

「あら、あの子たちは帰ったの?」

少女「ええ」

「なんのお話してたの?」

少女「えへへ。ママたちのこと」

「ふふ……そう」

少女「あの子たち喜んでたわ。全部本当の事だなんて信じないでしょうけど」

「そうね」

少女「あーあ。わたしもママたちみたいな冒険してみたいなー」

「馬鹿なこと言わないで。あなたがさらわれたらママはどうしたらいいか……」

少女「冗談よ冗談」



191 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:20:38.21 ID:I8EODcWZ0


「ふふ。じゃあ食事にしましょう。先に行ってるわね」

少女「ええ」


  「――大変だー!」


少女「?」

子スライム「大変大変!」

少女「どうしたの?」

子コウモリ「りゅ、竜のおじいちゃんが、悪い人たちにつかまっちゃった!」

少女「どういうことよ?」

子スライム「助けに行かなきゃってこと!」

少女「え? え?」



192 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:21:17.98 ID:I8EODcWZ0


子スライム「行くの行かないの!? 急がないと手遅れになっちゃう!」

少女「……行く! もちろん行くわ!」

子コウモリ「じゃあ早く行こうぜ!」

少女「ママ、ごめんね。ちょっとだけ行ってきます!」


 ギィ……

    ……バタン!




194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:25:27.10 ID:I8EODcWZ0


……ここからのお話はいつか、語られるかもしれません

でもとりあえずは、ここでおしまい



196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:26:37.60 ID:I8EODcWZ0

支援保守に感謝


201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:28:04.34 ID:0LptvBd10

乙!
スライムかわいいよスライム!!



204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 01:33:14.69 ID:4Hbt8bR70

さまよえるおつ


211 忍法帖【Lv=2,xxxP】 2012/03/09(金) 02:19:05.38 ID:Y1rrgBqU0

乙様!


212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 02:47:53.61 ID:DyydPP6VP


楽しかった

すらいむかわいい


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。