スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹「Q・E・D!Q・E・D!」兄「え?」

元スレ:妹「Q・E・D!Q・E・D!」兄「え?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1330434405/
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:06:45.11 ID:40iGqhre0

妹「私のパンツ、知りませんか?」

兄「なんでそんなことを俺に聞くんだ」

妹「お気に入りのしましまパンツだったんですけど……」

兄「ほうほう」

妹「兄さん、縞ぱん好きですよね」

兄「う、うん……まぁかわいいよなあーいうパンツ」

妹「以上、証明終了です。犯人は兄さんです」

兄「むちゃくちゃやがな」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:11:38.87 ID:40iGqhre0

兄「大体、盗まれたって決め付けるのも良くない」

妹「洗濯機の中も、物干し場も探しましたけどみつかりませんでした」

兄「タンスに入ってたんじゃないの?」

妹「無くなったのに気がついたのは今日ですけど」

兄「ふむ」

妹「お風呂で昨日脱いだものなんですよ」

兄「となると、物干し場で盗まれたとか」

妹「兄さんの部屋を確認させて下さい」

兄「やだよ、そんなあらぬ疑いで押し入られるのは」

妹「確認拒否……証明終了です。犯人は兄さんです」

兄「使い方間違ってないか?」

妹「間違ってません」



11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:15:49.64 ID:40iGqhre0

兄「大体、妹のパンツを盗んで俺が何の得をするんだ」

妹「それは多分、そのパンツを寄り代にして私を慰み者にするためかと」

兄「遠まわしに直接的な表現方法をありがとう。でもな」

妹「はい?」

兄「妹で欲情したりしない。だからお前のパンツを盗んだりはしない」

妹「それを証明できますか?」

兄「証明って言われても」

妹「……これを見てください」ファサ

兄「!?」

妹「イチゴ柄のパンツなんですけど、これもお気に入りなんです」

兄「な、なんでたくしあげて見せるんだよ……」




14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:19:53.06 ID:40iGqhre0

妹「こ、これを見ても欲情しませんか……?」

兄「しないしない」

妹「どうして前かがみになるんですか?」

兄「もともと猫背だから」

妹「よく見えるようにストッキングも脱ぎますね」スルスル

兄「やめろー!」

妹「膝まででいいですね……さぁ兄さん、よく見てください」

兄「あうぅ」

妹「鼻息も荒く、顔面紅潮を確認。欲情していると判断。兄さんは妹のパンツで興奮してますね」



15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:22:30.49 ID:40iGqhre0

兄「い、いきなりそんなことされたらちょっとは」

妹「兄さんは妹のパンツで興奮する人間である。そのため私のパンツ盗難に関わっている可能性も否定できません」

兄「いくらなんでも強引杉」

妹「……」ファサ

兄「よせって」

妹「縞ぱんを返してくれたらこっちのパンツを差し上げますから」

兄「だから盗ってないってば!」



17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:25:32.78 ID:40iGqhre0

妹「強情ですね……困りました」

兄「もういいだろ、俺は忙しいんだ」

妹「忙しいといってもゲームでしょう」

兄「ゲームだって大事な用事なんだ」

妹「兄さんが犯人でないのなら、私のパンツ捜索に付き合ってください」

兄「えー……」

妹「この事件には何か大きな組織の力が関与している可能性があります」

兄「組織ってなんだよ」

妹「それではまず現場検証からはじめたいと思います」

兄「待ってー」



19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:28:47.48 ID:40iGqhre0

~脱衣所~

妹「私は昨日の夜、ここで服を脱いでお風呂に入りました」

兄「当たり前だろ。ここ以外でどこで脱ぐんだ」

妹「兄さんは部屋で脱いでからお風呂に行くでしょう?」

兄「たまにはそういう時もあるけど……もともと薄着のときとか」

妹「お風呂上りまでには確かにあったんです」

兄「ふーん、洗濯したんだろ」

妹「ブラジャーがあるから、それは無いです」

兄「あ……本当だ」



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:30:58.55 ID:40iGqhre0

妹「ところで、このブラジャーをどう思いますか?」

兄「どうって言われても」

妹「しましまでしょう?」

兄「う、うん……」

妹「かわいいと思いませんか?」

兄「えーと、うん。まぁ……」

妹「どうして前かがみになるんですか?」

兄「う、うるさいな」

妹「上下セットだから、下だけなくなると非常に困るんです」

兄「それはなんとなくわからんでもない」



22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:33:59.35 ID:07+5SsFS0

つまり、盗むなら上下セットで盗むだろ


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:35:56.07 ID:40iGqhre0

兄「洗濯機の裏とかに落ちてるんじゃないのか?」ゴソゴソ

妹「兄さんの部屋にある可能性のほうが非常に高いです」

兄「まだ言うか」

妹「確かに洗濯籠の中にいれたんですよ」

兄「ふーん……」

妹「そのときの状況を再現すると、こうです」スルスル

兄「ちょ、なんで服を脱ぐんだよっ!」

妹「実況見分の一種です」プチ

兄「こ、こら」

妹「兄さんは妹の胸でなんか欲情しないでしょう?」プルン

兄「あぅぅ……」

妹「そして、パンツはこう脱いで」スルスル

兄「……」

妹「このかごに入れました」ポイ



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:39:15.24 ID:40iGqhre0

兄「……」

妹「そして私はお風呂に」ガララ

兄「おい、風呂から上がるまではあったんだからいいだろ。そこまで再現しなくても」

妹「あ……そうですね」

兄「まったく」

妹「でも、せっかくだから一緒に入りませんか?」

兄「な、なんななな」

妹「さぁ、はやくズボンを脱いで下さい」カチャカチャ

兄「何をするんだ!」

妹「いいからはやくー!」ズルル

兄「あーれー」



33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:41:51.31 ID:40iGqhre0

妹「……むむむ」

兄「な、何すんだよっ」

妹「最悪、兄さんがはいている可能性も考慮したのですが」

兄「お前の兄貴像はどこまで最低なんだよ」

妹「これでQ・E・Dならだいぶ楽だったんですが……」

兄「いいから服を着ろって!」

妹「去年までは一緒にお風呂に入ってたじゃありませんか」

兄「去年は去年、今年は今年だ」




38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:46:27.26 ID:40iGqhre0

~物干し場~

妹「話をまとめると、昨日の夜から今日の夜にかけて私のパンツはなくなりました」

兄「うむ、期間が長すぎて特定が難しいな」

妹「この家でその間ずっと滞在し、なおかつフリーダムだったのは兄さんだけです」

兄「痛いところをついてくるな」

妹「そしてご覧の通り、物干し場にも私の縞ぱんはありません」

兄「もっとよく探してみろよ……手伝ってやるから」ゴソゴソ

妹「一見協力的な人が実は真犯人はよくあるパターン……これでまた兄さんにフラグが立ちました」

兄「どないせいちゅーねん」



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:49:53.72 ID:40iGqhre0

兄「おっ!これは!」

妹「なんですか?」

兄「フッフフ、よくも人を犯人扱いしてくれたな」

妹「?」

兄「これを見ろ」ドーン

妹「縞ぱん!?ど、どこにあったんですか」

兄「いや、これ普通に干してあったから」

妹「よ、よく見せてください」

兄「ほれ」

妹「……」

兄「これでこのばかげた騒ぎも終結だな」

妹「……これはお母さんのです。私のではありません」

兄「げろげろ」



40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:54:01.78 ID:40iGqhre0

妹「そんなに嫌そうな顔しなくてもいいじゃありませんか」

兄「くぅう、母ちゃんのパンツに触ってしまった」

妹「ちゃんと洗濯してますよ?」

兄「そういう問題じゃない」

妹「私のは洗濯してなくても盗るくせに?」

兄「しつこいなぁ。ていうか盗るのは洗う前じゃないと意味無いだろ」

妹「……今の発言は危険ですね。自分が犯人だと認めたようなものです」

兄「違うってば!一般的にはそうだろ」

妹「まあ、まだ証明終了しないでおきます」

兄「あくまで第一容疑者なんだな、俺は」



43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:59:10.39 ID:40iGqhre0

妹「でも、私のパンツは触っても平気なんですか?」

兄「うーん、お前のは……平気かな」

妹「ふ、ふーん……どうしてですか?やっぱり妹に欲情する変態だから?」

兄「棘があるなぁ、もう」

妹「最初から言ってくれれば、兄さんにさしあげても良かったのに」

兄「誘導尋問のつもりか」

妹「母さんのパンツじゃだめなんですか?」

兄「俺が犯人じゃないという前提で話すけど、母さんのパンツとか無理。有り得ない。見たくも無い。キモイ」

母「ほほー……あんたいい根性してるわね」ボキバキ

妹「あ、母さん」

兄「ひぎぃ」



44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 23:03:41.55 ID:40iGqhre0

兄「いてて……」

妹「災難でしたね」

兄「お前母さんいるの知ってて話したろ……ったく」

妹「ふふ、どうでしょう」

兄「ここはもう実況見分おしまいか?」

妹「あ、これは私のパンツですよ」ヒラヒラ

兄「よせって」

妹「ゴムが少しゆるくなってるんです、ほらほら」ビヨーン

兄「やめろー!」

妹「やはり妹のパンツに過剰な反応を……怪しさは募るばかり、マル」

兄「何書いてるんだ?」

妹「捜査日記です。こうしてデータを蓄積して論理を構築していくのが私のやり方です」

兄「一丁前のことをいいやがる」



46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 23:08:59.32 ID:40iGqhre0

兄「で、どうするんだよ。洗濯籠にもない、物干し場にもない」

妹「そこまではスタート時点でわかってたことですから」

兄「カラスがつついて持っていった可能性は?」

妹「推理小説は人が犯人でなくてはなりません。そういう決まりがあるんです」

兄「チンパンジーが犯人の推理小説の名作を知ってるけど」

妹「そ、それはもう古いです」

兄「どの道、鳥が犯人だったらお手上げだけどな」

妹「とりあえず、次は私の部屋ですね」

兄「まだ続くのか……」



47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 23:14:26.79 ID:40iGqhre0

~妹の部屋~

兄「なんで風呂場で脱いだパンツをお前の部屋で探すんだ?」

妹「可能性としてはいくつか考えられます」

兄「聞こう」

妹「まず、私の縞ぱんだけ母さんが洗濯し、干せたところでタンスにしまった」

兄「なんでお前のだけ別口で洗うんだよ。そんなに汚れてたのか?」

妹「兄さん、口の利き方に注意して下さい」ゴリッ

兄「足を踏むのはやめてくれ、痛い」

妹「どんなにありえなそうなことでも、他の可能性を排除し、残ったものが真実です」

兄「ホームズの決め台詞だな」

妹「もうひとつは、兄さんがその獣欲をみたした後、何食わぬ顔でタンスにしまいこんだ……」

兄「そこまで露骨に間抜けな犯行を犯す奴がいるだろうか」

妹「いるんですよ、世の中には結構」



52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 23:27:09.68 ID:40iGqhre0

妹「じゃあ、タンスの中を見てみます」

兄「ここはまだ確認してないのか?」

妹「はい」

兄「早い段階で探すべきところだろ。もしあったらどうしてくれるんだ」

妹「その時は縞ぱんを兄さんに差しあげます」

兄「いや、いらないから」

妹「そろそろ本当のことをいってもいいんですよ?」

兄「バカなこと言ってないで見てみよう」ガラ

妹「そこは、私の下着がいっぱい入ってます」

兄「そ、そのようだな……」

妹「どうですか?ありますか?」

兄「うーん……」ゴソゴソ

妹「えっちですね。私の下着の山に手を突っ込んで」

兄「そんなこというなら手伝わないぞ」




53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 23:31:18.30 ID:40iGqhre0

兄「えーと、ピンクの縞ぱんがあるけど」

妹「それはまた別のですね」

兄「この、黒と白のやつは」

妹「それも違います。無くなったのは水色のですから」

兄「なんでそんなに一杯縞ぱん持ってんだよ」

妹「にいさ……男性が好む下着だと聞いて」

兄「人によると思うけどな」ゴソゴソ

妹「に、兄さん。あんまり引っ掻き回さないでください」

兄「調べてるんだからしかたないだろ……おや」

妹「なんですか?」

兄「トランクスがあるけど、これもお前の?」

妹「ギク」

兄「なんだよ、その露骨に怪しい反応は」



54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 23:34:53.97 ID:40iGqhre0

兄「なんか俺が去年なくした奴に似てるけど……」

妹「そ、それは母さんが捨てるっていってたもので」

兄「え?そうなの?」

妹「もったいないから、私が部屋着にしてたんです……けっして兄さんみたいな使い方はしてないです」

兄「俺みたいなってなんだよ」

妹「こう……私の下着で、ごしごししてるんですよね?」シュッシュ

兄「パントマイムは止せ、生々しい」

妹「わ、私は他のところを調べますから!あんまり散らかさないでくださいね」

兄「はいはい」




57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 23:40:38.32 ID:40iGqhre0

妹「兄さん兄さん」

兄「なんだよ、タンスにはないぞ」

妹「ここを見てください」

兄「窓枠……なんだよ、これがどうした」

妹「よく見てください。窓枠に少しだけ土がついています」

兄「あ、本当だなぁ……なんだこれは」

妹「これは、賊が外から私の部屋に侵入してきた可能性を示すものです」

兄「そうかなぁ……猫かなんかだと思うけど」

妹「兄さんが昨夜、あるいは今日の昼、ここから侵入し、タンスからパンツを盗んでいった……」

兄「ちょ」

妹「兄さんの靴に土が付着していればQ・E・Dですね……検めさせてもらいますよ」

兄「仮に俺が犯人でも、なんでわざわざ外から入らなくちゃいけないんだよ」

妹「そう思わせることが兄さんの作戦です。靴を持ってきてください、さぁさぁ」



60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 23:47:06.07 ID:40iGqhre0

兄「気が済んだか」

妹「うぅ……そんなはずは」

兄「犯人俺説から少し離れたほうがいいんじゃないのか?」

妹「あ、洗ったんです!靴を洗って、何食わぬ顔で持ってきた……」

兄「そもそもここ二階じゃないか。伝って登れるような雨どいも無い」

妹「それはきっと、兄さんが部屋から窓伝いに侵入してきたんです」

兄「それなら、靴を履いてるのは変じゃないか?」

妹「あぅぅ……」

兄「もーいいだろ。新しいのを買ってやるから諦めろ」

妹「まだですッ!兄さんの部屋を確認します」

兄「あーもう、好きにしてくれ」



61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 23:52:02.19 ID:40iGqhre0

~兄の部屋~

兄「どこを調べるんだ?」

妹「というか兄さん、散らかってますね」

兄「まぁ、こんなもんだろ」

妹「だめですよ、いくら冬でもウジがわきます、こんな部屋」

兄「そんなに汚くも無いと思うんだが…」

妹「とりあえず兄さんの部屋の掃除もかねて捜索しましょう」

兄「えぇー……いいよ」

妹「駄目です。依然として一番怪しいのは兄さんなんですよ」

兄「はいはい」

妹「いま掃除機を持ってきますから、ちょっと待っててください」



64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 00:05:40.82 ID:uKD3x2Cx0

妹「♪」ガーガー

兄「悪いな、部屋の掃除までさせて」

妹「捜査のためですから、気にしないでください」

兄「この本もまとめて捨てるか」

妹「ちゃんと資源ごみにださないと駄目ですからね」

兄「わかってるよ」ペラッ

妹「掃除の最中に古い雑誌を読み返すのは止めましょう」

兄「ついな」

妹「『……らめぇッッ!おにいひゃ……イクよぉっ……』」

兄「音読はやめような」

妹「これは重要な証拠になりますね。裁判の際には提出させていただきます」

兄「たまたまこういう漫画も連載してるってだけだろ!」



65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 00:13:23.36 ID:uKD3x2Cx0

妹「ふぅ……一通り片付きましたね」

兄「見つかったか?お前のパンツは」

妹「……見つからないです」

兄「つまり、この部屋にはないってことだ」

妹「お、おかしいです……そんなはずは」

兄「ふーむ……」

妹「やっぱり兄さんが履いてるんです、そうに違いありません」

兄「さっき確認したじゃないか。履いてないし」

妹「この家のどこにも無いのです。パンツが一人で歩き回るはず無いでしょう」

兄「そらま、そうだけど」




66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 00:14:22.96 ID:uKD3x2Cx0

妹「たった今、ひとつの仮説を思いつきました」

兄「聞こう」

妹「……女の子のパンツは、非常に面積が小さいです。それはわかりますか?」

兄「言ってる事はわかるけど、意味がわからない」

妹「つまり、その上からボクサーパンツを履けば、見た目はわかりません」

兄「なんという暴論」

妹「この事件の真相は……兄さんのパンツ二枚重ねによる犯行の隠匿、これでQ・E・Dです」

兄「ま、待て」

妹「待ちません、いきますよー!」ズルルル

兄「アッー!」



69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 00:20:12.91 ID:uKD3x2Cx0

兄「うぅ……」ボロン

妹「あれ……履いてない」

兄「さっきからそう言ってるじゃないか!」

妹「そ、そんな……私の推理が……」

兄「推理と思いつきの違いを学ぼうな」

妹「むっ……!生意気です」

兄「それよりパンツをもとに戻してくれ、寒い」

妹「ふーふー」

兄「息を吹きかけるなっ」

妹「なんか、芋虫みたいです」ジーッ

兄「凝視するなよ」

妹「……くんくん」

兄「においを嗅ぐのも止めてくれ」



71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 00:23:46.50 ID:uKD3x2Cx0

妹「とりあえず、兄さんが履いてないことはわかりました」

兄「ご覧の通りだ」

妹「しかし、私のパンツを何らかの事情で使用した可能性は否定できません」

兄「はぁ……なんだか面倒くさくなってきた」

妹「何かしら証拠が挙がる気がしますので、調べさせてもらいます」

兄「は?」

妹「何か、水色の繊維でもみつかれば、重大な証拠になるんですが」サワサワ

兄「うひゃひほうっ!」

妹「へんな声を出さないでください……糸くずひとつでも大事な証拠になるんです」サワサワ

兄「うおぉ……」ムクムク



72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 00:26:24.79 ID:uKD3x2Cx0

妹「あ……」

兄「な、なんだよっ!」

妹「おちんちん、大きくなってきました」サワサワ

兄「触られると大きくなるのは自然の摂理だ」

妹「ふぅーん……シワがなくなって調べやすくなりました」ツンツン

兄「つつくな」

妹「……れろっ」ペロ

兄「な、なんで舐めるんだよっ!」

妹「つ、つい……」




74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 00:30:41.89 ID:uKD3x2Cx0

妹「なかなか見つからないです……」サワサワ

兄「くぅっ……だから使ってないって……」

妹「兄さん、この毛の中が怪しいです」サワサワ

兄「そんなこといわれても」

妹「んー……顔に棒が当たって邪魔です……」ニギッ

兄「はふぅ!」

妹「ん?兄さん?」ニギニギ

兄「握るのは止めてくれ」

妹「へぇ……どうしてですか?」ニギニギ

兄「ちょっと変な気持ちになるから」

妹「兄さん兄さん」シコシコ

兄「しごくなー!」

妹「あはは、これは面白いです」



79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 00:36:09.86 ID:uKD3x2Cx0

妹「本当のことを言ったら、開放してあげますよ」シコシコシコ

兄「ほ、本当のことって……」ビクビク

妹「私の縞ぱん、返してください」シコシコシコ

兄「だ、だから知らないってば」

妹「まだ、そんなことを言うんですか……ぱくっ」カプ

兄「っ!」

妹「パンツなんか盗まなくても、ちゅぱ……言ってくれればいいのに」チュパチュパ

兄「盗んでないっ」

妹「待っふぇくらふぁいね、今脱ぎまふから…」シュル

兄「な、なんでパンツを」

妹「……私のパンツで……こうしたんじゃないんですか?」シコシコシコシコ

兄「アッー!」

妹「さぁ兄さん、いい加減吐いてください」



81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 00:41:07.71 ID:uKD3x2Cx0

兄「くぅう……」ビクビク

妹「汚してもいいですよ……洗濯しますから」シコシコシコ

兄「ま、また無くなったらどうするんだよ」ビクン

妹「また無くなったら兄さんと一緒に探します」シコシコシコ

兄「そ、そんなに簡単にパンツがなくなるわけないだろ」ビクン

妹「ふふ、そうですね」シコシコシコ

兄「つまり……最初からそんなものは無かった……と」ビクビクン

妹「えっ…」シコシコシコ

兄「俺の推理では、お前の狂言の線が非常に濃厚だ」

妹「」ギク



87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 00:51:14.85 ID:uKD3x2Cx0

妹「そ、そんなはずないです、私は……」シコシコシコ

兄「そもそも、お前のその縞ぱんとやらを、俺は見たことがない」

妹「それが根拠ですか……?買ったばかりかもしれないですよ」シコシコシコ

兄「いつもお前は、買ったばかりのパンツは俺に見せてくるじゃないか……」ビクビクン

妹「縞のブラジャーがありましたけど……それは?」シコシコシコ

兄「上下のアンバランスで萌えを刺激するためのお前の作戦……」

妹「完璧です……兄さん」シコシコシコシコ

兄「こ、これが俺のQ・E・Dだッ!」ドピュピュ

妹「きゃッ!!か、顔に……」

兄「ふぅ……」


第一部完



88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 00:51:57.90 ID:KRUDgskU0

よし第二部いこうぜ!


130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 08:37:40.68 ID:uKD3x2Cx0

~数日後~

妹「兄さん兄さん」

兄「ん?どうした」

妹「冷蔵庫にプリンがあったんですけど」

兄「あーあったな」

妹「兄さんプリン好きですよね?」

兄「まぁ好物だな」

妹「あれば食べちゃいませんか?」

兄「ちょっと待って」

妹「犯人は兄さんでQ・E・D!」

兄「またかい」



131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 08:42:17.43 ID:uKD3x2Cx0

妹「さぁ、正直に言ってくれれば私だってそんなに怒りませんよ?」

兄「あのさ、こないだもそうだったけど」

妹「なんですか?」

兄「なんで俺が第一容疑者なんだよ。他にも食いそうな奴いるだろう」

妹「居ないです。兄さんが一番怪しいです」

兄「大体あのプリンは俺がお前に買ってきた奴じゃないか」

妹「そうですが」

兄「なんで俺がお前に買ってきた奴を俺が食うんだ?論理的におかしくないか」

妹「自分が買ってきたもの→だから食べてもいい→食べた……以上、証明終了です」

兄「おまえ探偵だけは向いてないな」

妹「むっ、失礼な」



133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 08:46:25.31 ID:uKD3x2Cx0

兄「とにかく、俺は食べてないぞ。母さんが食ったんじゃないか?」

妹「まだそんなことをいいますか」

兄「でもなぁ、ホントに知らないんだって」

妹「そこまで言うのであれば、私も後には引けないです」

兄「ど、どうしようっていうんだ」

妹「私のプリン捜索に一緒に付き合ってもらいますよ」

兄「やれやれ……」

妹「さ、行きましょう兄さん。まずは現場検証です」

兄「待ってー」



134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 08:53:14.01 ID:uKD3x2Cx0

~キッチン~

妹「ここが犯行現場です」

兄「そんな大げさな」

妹「この冷蔵庫の中に今朝は確かに入ってたんですよ」

兄「それは俺も見た」

妹「最後に見たのはいつですか?」

兄「えーと、朝飯のときかなぁ」

妹「私と一緒ですね。その時どう思いましたか?」

兄「え、別に。プリンがあるなぁって」

妹「食べたいと思いませんでしたか?」

兄「えーと、まぁ……っておい、何書いてんだよ」

妹「兄さんの発言は証拠として記録に残します。つまり食べたいという意思はあった、と」

兄「陰険な警察みたいな真似しやがって」



135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 08:57:17.90 ID:uKD3x2Cx0

兄「この間みたいに自作自演なんじゃないのか?」

妹「ち、違いますっ!今度はちゃんとプリンは存在してます」

兄「そうだけど、自分で食べて騒いでるとか」

妹「それは有り得ません。なぜなら私は今一刻も早くプリンを食べたいと願ってますから」

兄「結構マジっぽいな」

妹「私は冷蔵庫の中をもう一度見てみます……兄さんはゴミ箱のなかに空がないか見てみてください」

兄「なんで俺が……」ゴソゴソ




139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 09:06:02.50 ID:uKD3x2Cx0

妹「ふぅ……見つからないですね」ゴソゴソ

兄「うわ、くっさいなぁゴミ箱……」ゴソゴソ

妹「後でちゃんと手を洗ってくださいね」

兄「わかってるよ、もう」

妹「んー……無いですね」ポヨン

兄「こら、お前の尻が当たって邪魔だ」

妹「セクハラですね、兄さん」ポヨンポヨン

兄「物探しに集中できないから」

妹「甘いものを食べた後は私のお尻で欲情ですか?いい気なもんですね」ポヨンポヨン

兄「お前わざとやってるだろ!」

妹「冷蔵庫とゴミ箱の位置関係により、この結果は必然です」ポヨンポヨン

兄「くっ、ゴミ箱を向こうに持っていけばいい」ガタタ

妹「あっ兄さん!」



141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 09:13:35.82 ID:uKD3x2Cx0

妹「冷蔵庫の中にはありませんでした……」

兄「ゴミ箱にあったこれは?プリンのカラ」

妹「蓋をよく見せてください……あ、これは違いますね」

兄「どうしてそういい切れる」

妹「蓋にはマジックで名前を書いておいたんですよ」

兄「あ、あっそう……」

妹「つまり犯人はキッチンで食べたのではなく、いずこかへプリンを持ち去った可能性が高いです」

兄「まぁここで食ってるのをお前に見つかったら面倒だしな」

妹「さて、どうしましょうか」

兄「新しいのを買ってやるからもういいだろ」

妹「駄目です。あの日あの時兄さんが買ってくれたプリンは世界でただひとつなんです」

兄「おおげさだなぁ」




142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 09:18:05.11 ID:uKD3x2Cx0

兄「というか、こういう場合は聞きこみが妥当だろう」

妹「?」

兄「家族全員に聞けばいいだろ。プリン食ったかって」

妹「家族はほぼ出かけています。平日の昼間ですから」

兄「あ、そう……」

妹「兄さん、歯みがきをしたのはいつですか?」

兄「え?朝飯の後だけど」

妹「その後何か飲んだり食べたりしましたか?」

兄「いや、ついさっきのことだし」

妹「ふぅん……私もそうです」



143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 09:22:22.88 ID:uKD3x2Cx0

妹「キスしましょう、兄さん」

兄「え?」

妹「だから、私とキスしましょう」

兄「な、なんでえっ!」

妹「兄さんが犯人であれば、口腔内にカラメルやバニラエッセンス等の残渣物があると仮定」

兄「残ってなかったらどうするんだよ」

妹「同時に私がプリンを食べていないという証明にもなりQ・E・Dです」

兄「まて、少し落ち着きたまえ」

妹「私は落ち着いてますよ、兄さん……さ」ギュ

兄「手を繋いでどうするつもりだ」

妹「諦めてキスしましょう……大丈夫、私も初めてですけどカウントしませんから」

兄「わー!」



144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 09:28:52.66 ID:uKD3x2Cx0

妹「んっ……ちゅ」チュ

兄「んっ……」

妹「はぁ……兄さん、くひを開けてください……れろっ……」

兄「あ、あーん……」

妹「れるっ……ちゅば……ちゅっ……んっ!ぷはぁ…」クチュクチュ

兄「な、長いんじゃないか」

妹「そんなことないれす……ちゅっ……ちゅっ……もっと舐めないと……わかりません……」チュバチュバ

兄「んむっ」

妹「はぁっ……!兄さん……兄さん……ちゅぱっ……」ギュ

兄「な、なんでしがみついてくるんだよっ」

妹「もっと奥まで……舐めないと……れるっ」クチュクチュ



150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 09:37:49.43 ID:uKD3x2Cx0

妹「下を出して下さい、兄さん……」

兄「こ、こうか」

妹「はむっ」カプ

兄「!?」

妹「んっ……変です……甘くない……」レロレロ

兄「だから、食べてないってば……」

妹「私のはどうですか?」チュパチュパ

兄「ん……特に、甘くは無い……」

妹「お互い、犯人では無い、ということですね……」

兄「うん……」

妹「もう一回しましょうか」

兄「えっ」

妹「もしかしたら、奥歯のほうに証拠が残ってるかもしれないです」チュ

兄「んむむむむっ」

妹「兄さん……兄さん」チュパチュパ



152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 09:42:07.26 ID:uKD3x2Cx0

兄「ふぅ……」

妹「たくさん探しましたけど、どうも兄さんは犯人では無いですね」

兄「最初からそう言ってるだろ!」

妹「私はどうでしたか?」

兄「いや、プリンっぽい味は無かった」

妹「謎は深まるばかりですね……」

兄「買ってやるって、な。もういいだろ」

妹「二つ買ってくれますか?」

兄「なんでだよっ!無くなったのは一個だろ!」

妹「無くなった分も合わせて、二つ食べたいです」

兄「あーもうわかったよ」

妹「えへへ、兄さん大好きですっ」ギュ



155 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 09:47:51.49 ID:uKD3x2Cx0

兄「さ、じゃあ買ってくるから」

妹「私も一緒に行っていいですか?」

兄「そこのコンビニにいくだけだぞ」

妹「二人でお出かけしたいですから」

兄「ふぅん……しかし、いいのか?真犯人は」

妹「迷宮入りの事件も多々あるものですよ、世の中には」

兄「もっとちゃんと探せば出てきそうだけどな」

おばあちゃん「お兄ちゃんやー」

兄「あれ、婆ちゃんいたのか」

妹「!?」



156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 09:50:57.06 ID:uKD3x2Cx0

おばあちゃん「私は互助会にでかけるから、あとのことは頼むよー」

兄「うん、わかった」

妹「き、気をつけてください、お婆ちゃん」

おばあちゃん「あぁ、妹ちゃん、さっきはプリンありがとうねー」

兄「は?」

妹「」

おばあちゃん「とっても美味しかったよー」

妹「そ、それは良かったです」

兄「おい、どういうことだ」

妹「うぅ、急にお腹が」タタタッ

兄「まてやー」

おばあちゃん「おやおやー」



157 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 09:53:46.24 ID:uKD3x2Cx0

おばあちゃん「どうしたのかねー」

兄「ったく、また自作自演かよ」

おばあちゃん「ほっほっほ、お兄ちゃんに構って欲しいんじゃないのかねー」

兄「なんだよ、見てたの?」

おばあちゃん「二人でハグハグしてたのは見てたよー」

兄「げげ」

おばあちゃん「ほっほっほ、仲が良くていいねー」

兄「仲がいいというか、えーと」




159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 09:57:55.61 ID:uKD3x2Cx0

おばあちゃん「お兄ちゃんが家に帰ってくることになって、喜んでいたからねー」

兄「人の失業を喜ぶなんて、あいつは鬼か」

おばあちゃん「妹ちゃんはねー、お兄ちゃんが大好きだからねー」

兄「そうなの?」

おばあちゃん「いっつも、お兄ちゃんの話ばっかりしてたんだよー」

妹「おばあちゃあああああああんっ!」

兄「トイレから大声が」

おばあちゃん「ほっほっほ、じゃあ出かけようかねー」

兄「いってらっしゃい」

妹「おばあちゃんっ!それ以上話したらここで首吊って自殺しますから!」

兄「もう行ったぞ……」



160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 10:02:29.72 ID:uKD3x2Cx0

兄「おーい、もう出てこいよ」

妹「……いやです」

兄「察するにお前は」

妹「なんですか?」

兄「構って欲しかっただけなのか?」

妹「……それが兄さんのQ・E・Dですか?」

兄「うむ」

妹「底の浅い推理ですね」

兄「もう推理ってレベルじゃない気もするけど……」

妹「おばあちゃんが言った事は気にしないでください。アルツハイマーが進んでいるんです」

兄「ひでえこと言うなぁ」



161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 10:06:02.28 ID:uKD3x2Cx0

兄「まぁ違うなら違うでいいよ」

妹「いいんですか?」

兄「いいから出て来いよ。行くぞ」

妹「ど、どこにですか」

兄「プリン買うんだろ。婆ちゃんのぶんもあわせて3つ」

妹「……いいんですか?」

兄「しかたないだろ……お前が食べたいっていうんだから」

妹「け、計画通りっ!です」ガチャ

兄「ウンコは流したか?」

妹「してないですっ!」


~2部完~



164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 10:08:40.22 ID:08sm/GCHO

三部いこうぜ!


384 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 09:13:54.53 ID:CMsoAPnv0

妹「兄さん兄さん」

兄「なんだよ一体」

妹「私たちに仕事の依頼が来ました」

兄「は?」

妹「事件です。私の灰色の脳細胞が疼いています」

兄「いや、俺たち探偵じゃないだろ」

妹「探偵には免許も資格もいりませんよ。自分が探偵だと思えば探偵なのです」

兄「何の実績も無いのに……」

妹「私たちはすでに『縞ぱん事件』『消えたプリン事件』を解決したじゃないですか」

兄「どっちもお前の自作自演だったわけだが」



388 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 09:19:03.43 ID:CMsoAPnv0

兄「大体、俺は忙しいんだ。そんなことをしている暇はないぞ?」ピコピコ

妹「ぴこぴこはいつでもできますから」ブチ

兄「アッー!セーブしてないのにー!」

妹「さ、依頼人が向こうで待ってます」グイ

兄「ったくしょーがないな……どうなってるんだ」

妹「行きますよ、兄さん」

兄「待ってー」

妹「色々あります」



390 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 09:25:33.71 ID:CMsoAPnv0

~リビング~

妹友「こんにちわー」

兄「なんだよ、依頼人とか言ってお前の友達じゃないか」

妹「始めはこうして知り合いの悩みを解決するものです。そのうち口コミで評判が広がるものですよ」

兄「広まっても困るんだけど……」

妹友「むふふ」

妹「今お茶を出しますから、ちょっと待っててください」

妹友「はーい。お兄さん久しぶりー」

兄「あぁ、相変わらず元気そうで何より」

妹友「そうでもないの。もうハートブレイク寸前なの」

兄「そ、そうなんだ」

妹「詳しくお伺いしましょう」カチャ

妹友「ありがとー」



391 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 09:33:06.70 ID:CMsoAPnv0

妹「私は大体の事情を知ってますから、兄さんに説明してあげてください」

妹友「んーと、私の彼氏のことなんだけどー」

兄「あ、彼氏いるんだ」

妹友「私たちくらいの年なら、普通いるよー」

兄「へぇ、妹には居ないけどな」

妹「わ、私はどうでもいいです!兄さんだって彼女も居ないし仕事も無いじゃないですか」

兄「どっちも不可抗力だろ」

妹「恋人は努力次第で作ることができます」

兄「見解の相違だな。がんばっても出来ない奴は出来ない」

妹「それを証明できますか?頑張れば付き合えない人はいないです。努力が足りないんです」

兄「それがお前のQ・E・Dか?じゃあ頑張れば芸能人ともサッカー選手ともつきあえるってのか?」

妹「芸能人だろうがスポーツ選手だろうが実の兄だろうが私は付き合えると思います」

兄「最後に変なの混じってなかった?」

妹「混じってません」

妹友「あのー……」



394 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 09:38:35.89 ID:CMsoAPnv0

兄「おっとすまん。議論に夢中に」

妹「ごめんなさい。話の続きをどうぞ」

妹友「えーとね、付き合ってる彼氏が最近冷たいって言うか」

兄「ふむ」

妹友「構ってくれないっていうか、会ってても素っ気無いというかー」

兄「なんか普通の恋愛相談みたくなってるけど」

妹「最後まで話を聞きましょう」

兄「はいはい……ちなみに付き合って何ヶ月?」

妹友「3ヶ月っすー」

兄「あー……それは別れの周期だな」

妹「そうなんです?」

兄「よく言うだろ、3の周期で訪れるってやつだ」



397 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 09:44:24.77 ID:CMsoAPnv0

妹友「これはなんとなく勘だけど、別の女の影を感じるんですよー」

兄「ほほう……ちなみに彼氏はイケメンなの?」

妹友「んー、お兄さんと同じくらいには」

兄「はっはっは、そりゃモテるだろうなー」ドヤッ

妹友「そうなんですよーえへへ」

妹「……」

兄「なんだよ」

妹「別に」

妹友「それで、彼氏の素行調査をお願いしたいんですけどー」

兄「素行調査って……なんか地味だな」




400 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 09:52:08.53 ID:CMsoAPnv0

妹「本来探偵とは地味な活動の繰り返しですよ兄さん」

兄「そういうのは警察の仕事じゃないの?探偵は頭を使ってぱぱっと解決するもんだろ」

妹「それは警察の能力が低かった前時代の話です」

兄「俺たちそもそも素人だけど……」

妹「ほんとの探偵さんに頼むと、費用も時間もかかりますからね」

兄「一種の浮気調査みたいなもんかな?」

妹友「浮気してるかわかんないけど、そうだと思いますー」

兄「ふーん、もし浮気してたらどうするの?」

妹友「んー……別れるかなー。私も時間無駄にしたくないし」

兄「浮気してなかったら?」

妹友「最近様子がおかしい理由を突き止めて欲しいですー」

兄「なるほど……」

妹「これは責任重大ですよ兄さん。ひとつのカップルの命運が私たちの手に委ねられてるんです」

兄「まぁ、プリンとかパンツとは一線を画す話ではあるけど」




401 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 09:57:02.24 ID:CMsoAPnv0

妹友「じゃ、お兄さんのケータイ教えてもらっていいですかー?」

兄「え?なんでまた」

妹友「えへへー、捜査の状況を逐一知りたいもん。だめかなぁ」

妹「だ、だめですッ!」

妹友「えーなんでー」

兄「駄目だぞ、探偵といったってサービス業なんだ。要望をむげに断るわけにもいかん」ピピ

妹友「ありがとー!」

妹「ちょっと兄さんっ」

妹友「ねーお兄さん、寝れないときとか夜メールしてもいい?」

兄「あ、あぁうんいいよ(かわいいなぁ)」

妹「な、なんですかこの流れは……」



405 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 10:07:01.66 ID:CMsoAPnv0

~翌日~

兄「ここがその彼氏の通ってる学校か……」

妹「私たちの隣の地区にある学校ですね」

兄「ていうかどうやって知り合ったんだ?」

妹「妹友ちゃんとは部活で知り合ったらしいですよ」

兄「ふーん……ていうか、学校の中の様子を探れないのは痛いな」

妹「写真は預かってます。この方が出てきたら尾行開始です」

兄「でもさぁ、素行調査なんて一日で結果がでるとは限らないじゃん」

妹「そうですね」

兄「まさか何か起きるまでずっと続けるのか?」

妹「最低でも日々の行動をアルゴリズム化できるまでは続ける必要がありますよね」

兄「最悪だぁ」

妹「兄さんは暇だからいいじゃないですか」



409 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 10:14:19.90 ID:CMsoAPnv0

兄「うぅー寒い!寒いよぉ」プルプル

妹「だらしないですよ、兄さん」

兄「もうやだ、帰る。立ってるだけでつまんないし」

妹「こら、駄目ですよ。仕事なんですから」

兄「報酬も無いのに……うぅ寒い」

妹「ほら、手を握ってあげますから」ギュ

兄「あ、ありがとう」

妹「こうして立ってれば、きっとカップルに間違われて怪しさ半減です」

兄「そうかなぁ……」

妹「ついでに腕を組んでもいいですか?」

兄「こ、こら、体を押し付けるな」

キーンコーンカーンコーン

妹「授業が終わったみたいですね」

兄「お前が学校どうしたかは聞くまい」



410 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 10:20:38.85 ID:CMsoAPnv0

妹「……」

兄「……」

妹「……来ないですね」

兄「学校でだべってるとか」

妹「その可能性もありますね」

兄「それか部活やってるんだろ?グラウンドか体育館とか」

妹「その可能性もありますね」

兄「もしかして妹友ちゃんと約束あるとか」

妹「だったらすぐ出てくるでしょう。頭を使って下さい」

兄「……」ムカ

妹「寒いからって思考停止してたらだめです……って兄さん!」

兄「なんだ?」

妹「ど、どうしてお尻を触るんですか……んっ……!」

兄「いやぁ頭が上手く働かなくてつい」



450 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 14:39:44.36 ID:CMsoAPnv0

妹「に、兄さんっ!」

兄「どうした」モゾモゾ

妹「スカートの中から手を出して下さい。対象があらわれました」

兄「お、本当だ」

妹「さ、尾行を開始しますよ……気が付かれない様に注意して下さい」

兄「面識ないんだから平気だろ、見られても」

妹「いいからこっちです」コソコソ

兄「はいはい」コソコソ



452 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 14:43:55.95 ID:CMsoAPnv0

男「……」スタスタ

兄「しかし写真で見たときも思ったけど、スポ根って顔だなぁ」

妹「アニメでいそうな顔です」

兄「あーいう顔が好きなのな?妹友ちゃんは」

妹「なんでも、サッカー部の主将だとか」

兄「ふーん……そりゃモテるだろうな」

妹「そうですね、私はあんまり興味ないですけど」

兄「しかし、どこに行くんだろうなぁ」

妹「歩行速度から推定して、何か目的のあるものと思われます」

兄「繁華街のほうに向かってるけど、家は向こうなのかな」

妹「兄さん、人が多いですけど見失わないようにしましょう。こっちです」

兄「待ってー」



454 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 14:46:07.09 ID:CMsoAPnv0

男「……」スタスタ

兄「お、ツタヤに行くみたいだぞ」

妹「何かDVDでも借りるんでしょうか」

兄「さぁなぁ……とりあえず俺たちも入ろう」

妹「そうですね」

店員「いらっしゃいませー」

男「……」キョロキョロ

兄「何か挙動不審だな……」



456 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 14:49:45.26 ID:CMsoAPnv0

男「……」スタスタ

兄「邦画コーナーにいくみたいだ」

妹「洋画には『用が』無いんですね」

兄「……」

妹「……」

兄「……」

妹「笑うとか、つまらなければつまらないとか、何かしらリアクションが無いと悲しいです」

兄「すいませーん!暖房効いてないみたいなんですけどっ」

店員「えっ!そんなことないと思うんですけど……」

妹「もうっ!兄さん!!」バシバシ

兄「あはは……悪かったよ」

妹「もうっ!勇気を出して言ったのにっ」





458 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 14:53:22.96 ID:CMsoAPnv0

兄「えーと……あ、いたぞ」

妹「邦画コーナーでうろちょろしてますね」

兄「あ、あの辺はセクシー映画だな」

妹「セクシー映画とは」

兄「アダルトビデオコーナーに入る勇気が無い人用のコーナーだな」

妹「サッカー部主将のくせに気が小さいですね……」

兄「それは関係ない。それにあれはあれで需要があるんだぞ」

妹「兄さんも借りたことがあるんですか?」

兄「古いにっかつとかは妙にエロイんだよな……」

男「……」カタ

妹「あ、手に取りましたね」

兄「彼には妙に親近感がわくなぁ」



459 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 14:57:15.88 ID:CMsoAPnv0

店員「ありがとうございましたー」

妹「帰ったら一緒に観ましょうね」

兄「なんでホラー映画なんだよ」

妹「兄さんがビビるのを見るのが好きなんです」

兄「ちょっと性格悪いんじゃないか?」

妹「兄さんの借りたのは何ですか?」

兄「『ミート・ザ・ペアレンツ』だな」

妹「好きですね、それ……」

男「……」スタスタ

兄「おっと、次だ次」



460 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 15:00:25.72 ID:CMsoAPnv0

男「♪~」スタスタ

兄「しかしあれだな、こうして尾行してると」

妹「なんですか?」

兄「いや、人のプライベートを覗き見している感が物凄いな」

妹「仕方ないです、それが仕事ですからね」

兄「しかも、それをちょっと楽しいと感じてる自分がいる」

妹「あ、それはなんとなくわかります」

兄「興信所でバイトしてみようかな」

妹「私もやりたいです」

男「ん?」チラ

兄「おっと……自然に自然に」

妹「手を繋ぎましょう。カップルだと思われるように」

兄「そうだな」ギュ



461 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 15:04:14.92 ID:CMsoAPnv0

男「……」スタスタ

兄「しかし、どこに行くんだろうな」

妹「さぁ……」

兄「家に帰るんじゃないっぽいけど」

妹「妹友ちゃんとは約束してないみたいですね。さっきメールで確認しましたから」

兄「ふーん……となると、ホントに浮気とかだったりして……」

妹「それをしっかり確かめましょう」

兄「おう……ってなんか」

妹「何です?」




462 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 15:06:38.68 ID:CMsoAPnv0

兄「なんか、幼女の泣き声が」

妹「え……兄さん……」

兄「ひくなひくな!マジだってば!」

妹「幻聴じゃないんですか?」

兄「本当だってば、どこからだろ」

幼女「……ぁーん…わぁーーん……」

男「大丈夫?お母さんはどこかな?」

幼女「……わかんない……」

兄「おや」



463 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 15:10:51.51 ID:CMsoAPnv0

男「お兄ちゃんが一緒に探してあげるから、ね?もう泣かないで」

幼女「うん……ありがとう」

男「肩車をして、すいませーーーん!この子のお母さんはいませんかーーーー!」

兄「うぉ、道のど真ん中で叫び始めた」

妹「でも、いい人ですね」

兄「これはプラス査定だな……」

妹「ちょっと兄さん、面接してるんじゃないんですからね」

兄「そ、それはわかってるけど」

妹「誰に優しくしてようが、浮気してたらそのままちゃんと報告するんですからねっ」

兄「わかってるって……つーかまだ疑いがほんのちょっとあるだけなんだろ?」

妹「それはそうですけど……」

お母さん「幼女ちゃーんっ!」

幼女「おかあさーん!このお兄ちゃんがねっ」

兄「……」



467 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 15:16:08.45 ID:CMsoAPnv0

~ファミレス~

男「……」

兄「今度は一人ファミレスかぁ」

妹「私たちはこの辺に座りましょうか」

兄「うん」

妹「さ、兄さん、何か食べましょう」

兄「おいおい、尾行中だぞ」

妹「向こうも注文してますし、何も頼まないのもおかしいですよ」

兄「そりゃそうか……じゃ、パスタでも適当に」

妹「カルボナーラとバジリコにしますから、半分こしましょう兄さん」

兄「はいはい」

妹「あと、いちごミルク頼んでいいですか?」

兄「お前普通に食事を楽しむ気まんまんだな」

妹「腹が減っては探偵はできませんから」



468 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 15:19:49.68 ID:CMsoAPnv0

兄「でも、妙だなぁ」モグモグ

妹「何がですか?」ズズズ

兄「普通、あの年頃の男の子が一人でファミレスなんてこないだろ」モグモグ

妹「それは世間一般の普通であって、彼の普通はどうだかわかりませんよ」モグモグ

兄「そりゃそうだけど、俺がいいたいのは待ち合わせの可能性が高いなって事」モグモグ

妹「あっ!兄さん!半分以上食べましたね!」

兄「お前だってもう4/5は食ってるじゃないか!何が半分こだよっ」

?「おまたー」

男「よっ」

兄「あ……」



471 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 15:24:38.85 ID:CMsoAPnv0

女「遅くなってごめんねー。髪のセットに手間取っちゃってさー」

男「いいよ、そんなに待ってないから」

兄「うは……ビンゴかぁ」

妹「こ、これは……大当たりみたいですね」

兄「女の子の顔、わかるか?お前と同じ制服みたいだけど……」

妹「ちょ、ちょっとここからだとわからないです……」

兄「つーかすげぇ髪型だな……アフロっぽいけど」

妹「きっとブラックミュージックをリスペクトしてるんですね」

兄「あんな髪型のやつ学校にいたらすぐわかるだろ、心当たりはないのか?」

妹「えーと、生徒はたくさんいますから……よくわからないです」

兄「うーむ、まぁ顔が可愛けりゃあの髪型もありなのかなぁ」



472 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 15:27:33.51 ID:CMsoAPnv0

兄「ちょっとトイレに行く振りして確認してみてくれよ」

妹「だ、駄目ですよ……もし知り合いだったら気まずいです」

兄「おいおい、そんな消極的な」

妹「とりあえず、カメラで証拠を押さえておきましょう」パシャリ

兄「おっ準備がいいな」

妹「探偵7つ道具の一つです」

兄「あとの6つは?」

妹「えーと……順次登場予定です」

兄「適当なこといってごまかしただろ今」

男「それじゃ行こうか」

女「うんっ!今日はどこつれてってくれるのー?」

兄「出るみたいだな。いくぞっ!」



473 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 15:33:13.04 ID:CMsoAPnv0

~映画館~

兄「映画館かぁ、デートって感じだな」

妹「この時点でただの友達って線はなさそうですね」

兄「うん……何観るんだろうな」

男「何が観たい?」

女「えっとねー!アフロ田中がいいなっ」

兄「ぶっ」

妹「どうしたんですか?」

兄「いや、おかしくて思わず噴いてしまった」

妹「私は3丁目の夕日64が観たいですね……」

兄「俺もそっちがいいな、せっかく観るなら」

男「……アフロ田中また今度にして、今日は3丁目の夕日にしない?」

女「うー。いいけどさー」

兄「お、やった」

妹「私たちもチケットを買いましょう」



475 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 15:41:05.68 ID:CMsoAPnv0

~シアター内~

『じゅんのすけぇええええええっ』

兄「うぅっ吉岡くんの演技は泣けるわ」

妹「はい、兄さんハンカチですよ」

兄「ありがと」チーン

妹「ふふ、涙もろいんですね」

兄「1と2はトータルで30回は観たからな。思い入れが半端ないんだ」

女「……んもう、だめだってばぁ……こんなところで……」

男「……大丈夫だって、誰も見てないから」

妹「に、兄さんっ……なんか不穏な感じです」

兄「あ、そういや尾行してるんだっけか……」




483 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 15:59:43.03 ID:CMsoAPnv0

妹「あれはもう、浮気確定ですね」

兄「ただのセフレかもよ?本命は妹友ちゃんで」

妹「そ、そんなの都合が良すぎますっ!許せないですっ!」

兄「いまはそんなことより映画のほうが大事だ。ちょっと黙っててくれ」

妹「もう……」

兄「昭和っていいよね」

妹「私は平成生まれだからわからないです」





484 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 16:03:53.11 ID:CMsoAPnv0

~ゲームセンター~

兄「今度はゲーセンか。もう普通にデートだな、あれは」

妹「間違いありませんね」

兄「何してるんだろ」

妹「あれはUFOキャッチャーですね」

男「大物捕ったどー!」

女「きゃーすごーい」

兄「観察されてるともしらずはしゃいでやがる」

妹「私も撮ります」パシャリ

兄「こんだけ証拠があれば充分だな、きっと」

妹「兄さん兄さん、私たちも少し遊びませんか?」

兄「そうだなぁ……まだあいつらはここにいそうだし」

妹「兄さんと一緒にプリクラが撮りたいです」

兄「了解」



485 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 16:07:13.51 ID:CMsoAPnv0

妹「もうっ!なんで歌舞伎みたいな顔して写るんですかっ!!」

兄「いや、普通に撮っても面白くないだろ……」

妹「こういうのは面白くなくてもいいんですっ!」

兄「ほらほら、モタモタしてると置いていかれるぞ」

妹「あっ待ってください」

兄「でも、お前はよく写ってるな」

妹「え……そうですか?」

兄「ケータイに張って置こうかな」ペタ

妹「……」

兄「どした」

妹「な、なんでもないです……行きましょう」

兄「だいぶ、時間も遅くなってきたけど平気か?」

妹「私は大丈夫ですよ」



486 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 16:11:27.17 ID:CMsoAPnv0

~ラブホテル街~

男「……」

女「……」

兄「あーあー……よりそうように歩いちゃってまあ」

妹「これはもう言い逃れできませんね」パシャリ

兄「妹友ちゃんにはかわいそうな結果になってしまったな」

妹「仕方ないです……どんなことでも知らないより知ったほうがいいです」

兄「それもホームズのセリフだな」

男「……なぁ……いい?」

女「……うん、私もえっち、したい……」

兄「うぉ、なんて刺激的な……彼女の髪がアフロじゃなければ」

妹「鼻の下伸ばしてないで追いかけますよっ!あそこのホテルですっ!」ダッ

兄「ちょ、ちょっとまって」



487 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 16:14:31.58 ID:CMsoAPnv0

~ラブホテル~

兄「なぁ、何もわざわざ俺たちまで中に入らなくても」

妹「駄目ですよ、最後まで真実を追究するんです」

兄「とはいえ、俺たちだけでこの部屋に入ってもしかたないだろ……」

妹「大丈夫です、使われてるのはこの部屋と隣の部屋だけですから」

兄「なんでそんなことがわかるんだ?」

妹「フロントで確認しました」

兄「で、どうするんだこれから」

妹「盗聴を開始します」

兄「へっ」



488 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 16:22:53.27 ID:CMsoAPnv0

兄「盗聴器なんてそんなマニアックなもんまで持ってるのか?」

妹「正確に言うと、聴診器ですけど」

兄「ヴィレッジとかで売ってるやつか」

妹「これを壁に当てると、隣の部屋の物音くらいは……」ピト

兄「聞こえるのか?」

妹「よく兄さんの部屋の音はこれで聞いてますけど」

兄「おい、ちょっと聞き捨てならんことを今」

妹「しっ!静かにっ……!」

兄「……」

妹「聞いてみて下さい兄さん。決定的な証拠です」

兄「ど、どれどれ」ゴクリ



489 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 16:25:50.47 ID:CMsoAPnv0

隣の部屋『んっ……あっ!んんっ…だめぇっ……!』

兄「おおぅ……これは素晴らしい」

妹「聞こえますか?」

兄「よく聞こえるぞ。なんということでしょう」

妹「これはもう完全にアウトですね」

兄「うむ……うむ……」

隣部屋『あっあっあっ!あーーーーーーっ……!』

兄「や、やべぇ……勃起してきた」ムクムク

妹「に、兄さん……」

兄「不可抗力だ、勘弁してくれ」



490 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 16:29:52.88 ID:CMsoAPnv0

妹「……」スリスリ

兄「ちょ」

妹「いいから……兄さんは隣の物音を聞いていてください」カチャカチャ

兄「う、うん」

妹「すっごく、大きくなってます」ポロン

兄「な、なんでかなぁ」

妹「盗聴、興奮してるんですか?」シコシコシコ

兄「さ、さぁ」

妹「ふふ、ほんとにえっちですね兄さん」カプ

兄「!?」

妹「んっ……れろっ……ちゅっ…ぢゅっ……ぷはぁ……」チュパチュパ

兄「うっ……」

隣部屋『やぁああっ……!いっちゃうよぉ……!』

兄「や、やばい……なんだこの状況は」



492 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 16:36:45.49 ID:CMsoAPnv0

隣部屋『……あっ…!んぁっ……あっ…』

兄「はぁはぁ……」

妹「ちゅぱっ……じゅるっ……れる……隣はどうですか?」チュバチュバ

兄「ま、まだ盛り上がってるみたいで」

妹「そう……ですか……んっんっ……んっんっ…」シコシコシコ

兄「うぅううっ……ちょっと待って」

妹「どうしてでふか……れるっ……じゅる……れろれろ」シコシコシコ

兄「も、もう出そうだから」

妹「そうなんですか……?いいですよ、口の中に出しても……」シコシコシコ

兄「うっ……うっうああっ!」

妹「んっ……じゅるるるっ……!んっ!!」

兄「い、イクッ!!」ドピュルルル

妹「んん~~ッ!!!」

兄「す、すまん……つい頭を押さえてしまって」

妹「い、いいですけど……けほけほ」



493 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 16:38:56.33 ID:CMsoAPnv0

兄「ふぅ……」

妹「ちょっと、疲れてしまいました……」

兄「まだ、時間あるから寝たらいいんじゃないかな」

妹「ごめんなさい……いいですか?」

兄「時間が来たら起こしてやるから」

妹「わかりました、お願いします」コテ

兄「……」

妹「くーくー……」

兄「寝たか……」

兄「あれ、そういやなにしに来たんだっけ……」



495 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 16:42:12.02 ID:CMsoAPnv0

~隣部屋~

男「ふぅ……」

女「ねーねー、もう一回しようよ」

男「いや、もう時間ないんじゃないかな」

女「あ、そうだねー」

男「シャワー浴びてきたら?汗かいたでしょ」

女「うん、私が先でいいの?」

男「いいよ、ていうかいつまでそのアフロのかつらかぶってるの?」

女「あ、忘れてた」スポ

男「ププ、結構似合ってたけど」

妹友「そうかなぁ、あー頭痒かった」



501 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 16:50:42.05 ID:zmK9yYsz0

なるほど


504 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:04:32.86 ID:CMsoAPnv0

男「なんで僕らがこんなことしなきゃいけなかったんだ?」

妹友「んー、お兄ちゃんと尾行の振りしてデートしたいって妹ちゃんが」

男「普通に頼めばいいじゃないか」

妹友「好きなんでしょ、こういうの」

男「変わった子だね」

妹友「ねーねー聞かれてるの知っててするのって興奮するね」

男「はは、また頼もうか」

妹友「それもいいかもー」




506 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:07:31.59 ID:CMsoAPnv0

~数日後~

妹友「で、どうでしたかー?」

兄「うん、非常にいいづらいんだけど」

妹「気を確かに持って聞いて下さい」

妹友「うんうん、聞くよー」

兄「結果から先に言うと、黒だな」

妹友「あっちゃー、やっぱりね」

妹「妹友ちゃん、気を落とさないでくださいね」

妹友「うんうん、わかってるわかってる」

兄「な、なんか余裕あるな」

妹友「そんなことないですよー」




507 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:08:05.23 ID:3P5P6y1v0

そのはっそうは なかったわ


509 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:12:12.95 ID:CMsoAPnv0

兄「写真もあるんだ。ほら」

妹友「うっわー、アフロ髪だー」

妹「街中ではかなり目立ってました」

妹友「この女の子と浮気してたの?」

兄「あぁ、ホテルにも行ってたみたい」

妹友「ふーん」

兄「俺の言うことじゃないけど、彼氏とは別れたほうが……」

妹友「うーん、一時の気の迷いなら許してあげる。」

兄「え?」

妹「さすが妹友ちゃん、こころが広いです」

兄「こないだは二股かけられるくらいなら別れるとか言ってなかったっけ」

妹友「やっぱり彼氏大好きだしー、サッカー部だしー主将だしー」

兄「あれま」



510 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:15:30.58 ID:CMsoAPnv0

兄「最近の女の子は浮気OKなんだ、勉強になった」

妹友「私だけですよー」

妹「私は……殺します」

兄「こわっ!ボソっと言うなよ」

妹友「とにかく、これで調査は終了ですね。ありがとうございましたー」

兄「あ、でも」

妹友「なーに?あ、もしかして私と付き合いたいとか?でもなー」

妹「それはだめですっ!」

兄「い、いや……その彼氏なんだけど次の日もまた、違う子とデートしててさ」

妹友「えっ」

妹「えっ」



512 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:17:03.00 ID:3P5P6y1v0

えっ


515 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:18:44.34 ID:MO8VULy/0

アウトー


516 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:19:44.15 ID:CMsoAPnv0

兄「なんか妹が急にやる気なくしたから、俺一人で調査してたんだけど」

妹友「ど、どういうことっ」

妹「え……さ、さぁ」

兄「これが次の日の写真。茶髪で結構遊んでそうな感じだった」

妹友「がびーん」

妹「い、妹友ちゃん、しっかり」

兄「で、これが昨日の写真……ラブホ前で撮ったんだけど。また違う子だな」

妹「な、なんて絶倫ですか」

兄「まぁ……妹友ちゃんがいいっていうならこれはこれでおしまいだな」

妹友「う……ぅう……」

妹「い、妹友ちゃん……?」

妹友「うがぁああああああああああああああああっ!!!!!殺す!絶対殺すぅっ!!」

兄「うおおおっ!」ビク



517 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:19:44.45 ID:iw97kjJG0

兄貴賢い。


520 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:23:42.34 ID:tb+ODDbP0

余計なことをwww


523 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:24:13.11 ID:CMsoAPnv0

妹友「うひゃっひょおおおおおおっ!!コロスコロスコロスコロ」

妹「お、落ち着いて下さい」

兄「さっきまでと反応が違いすぎる」

妹友「待ってろやぁドグサレチンポがぁあああああっ」ダダダダッ

兄「あ、待って……」

妹「……行っちゃいましたね」

兄「あーあ、マジで殺したりするんじゃないだろうな」

妹「まったくもう、なんであんなことしたんですか」

兄「いや、そういう話だっただろ……」

妹「そ、それはそうなんですけどっ!」

兄「なんにせよ、浮気調査はもうごめんだなぁ。気が滅入るよ」

妹「うぅ、こんなはずではなかったんですが……」

兄「なんだって?」

妹「なんでもないですっ」



524 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:25:13.27 ID:CMsoAPnv0

という訳で3部おしまい

保守ありがとうございます。いっこうにクオリティがあがらず申し訳ない



529 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:27:52.01 ID:jpiw5MEW0

さっさと4部せんかい!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。