スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夏「…またヤるんですか?」 束「うん♪」

元スレ:一夏「…またヤるんですか?」 束「うん♪」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1328103835/
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:43:55.41 ID:oCtcCj0U0

一夏「これで3日連続ですよ?いい加減に…」

束「いいの、いいの♪ 束さんが注入した特製ナノマシンのおかげで、いっくんの疲れは一日で消えちゃうし」

束「それに、束さんには避妊用のナノマシンがあるし」

一夏「…分かりましたよ。束さんには敵いません」

束「やった~。好きだよ、いっくん♪」



7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:46:37.28 ID:oCtcCj0U0

束「まずは束さんのターンからね」ビリィッ

一夏「な、何スカートを破いて…」

束「えへへ、これで束さんのスカートはミニスカになりました。これで束さんが立てば…」ムクッ

束「いっくんからは、束さんのパンツが丸見えだね~」

一夏「(今日は青紫、か……)」



10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:49:38.94 ID:oCtcCj0U0

束「いっくん、ズボンとパンツを脱いで」

一夏「はいはい、分かりました…」スルスル

束「わっ、もう大きくなってる…束さんのパンチラだけでもうこんなになっちゃったんだね」

一夏「…すみません」

束「こんな単純ないっくんには、最初はこれがお似合いだね」

グリグリ

一夏「うぁっ!」

束「ふふふ、どう~?束さんの黒ニーソによる足コキは?」グリグリ



16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:54:06.73 ID:oCtcCj0U0

一夏「やばい……足の裏の感触に加えて、ニーソによる摩擦が気持ち良すぎるっ…」ビクビク

束「いっくんってば可愛い~。…あれ?もう先っちょから何か出てるよ?」グリグリ

一夏「くっ……すみません、もう出ちゃいそうです…」ビクン ビクン

束「分かった。じゃあ、一気にいくよ!」グリグリグリ

一夏「ちょ、そんな急に早くやられたら―」ビクッ

一夏「うあぁぁっ…」ドピュ ドピュ

束「きゃん!黒ニーソにいっくんの白いのがかかっちゃったよ」

一夏「あぁぁ……」ビクビク

束「休んでる暇は無いよ?次いくよ~」



21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:58:13.49 ID:oCtcCj0U0

一夏「束さん、中にはまだ…」

束「残念だけど、まだまだ先だよ」スルスル

一夏「ぱ、パンツを脱いで何を…」

束「…こうするんだよ」ニチュ

一夏「あぁっ!こ、これは俗に言うスマタっ!」

束「束さんのアソコ、既に濡れてるから気持ち良さも倍増だよ!」ニチュ ニチュ

一夏「暖かい感触とヌメヌメした感触が、気持ぢいぃぃ!!」



24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:01:47.88 ID:oCtcCj0U0

束「喘ぎ声を上げるいっくん、可愛いなぁ…動画に…撮りたいや…」

一夏「束さん、もう限界ですっ」ビクビク

束「わ、分かったよ!我慢しないで出してっ!」

一夏「っ…ぁ……ああああぁぁ!!」ビュル ビュル

束「束さんのアソコに…いっくんの熱いのがいっぱいかかって……はぁ……はぁ…」ベタァ…



29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:05:27.71 ID:oCtcCj0U0

一夏「束さん、次は…おっぱいでお願い、します…」

束「分かったよ。パージスイッチ、ON!」ピッ

ビリィッ

一夏「服が破けて、一瞬で全裸に…」

束「ふふん、素早さを心がける為に服に細工をしておいたのだ!」エヘン

一夏「あの…代わりの服は…」

束「大丈夫!ステルス迷彩で帰るから誰にも見られないし、いっくんのYシャツがあるし!」ユサッ

一夏「………(おっぱいに目が…)」ジー



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:10:20.89 ID:oCtcCj0U0

束「さっきからおっぱい見て。そんなにしてほしいの?」ポヨン

一夏「はい、束さんのおっぱいで俺のアソコを挟んでほしいんです」

束「ストレートに言うねーいっくん。じゃあ、リクエスト通りに…」ムニュン

一夏「ぅぁ………やべぇ、すげぇ気持ちい…」

束「いっくんのアソコ、まだ硬いよ?」ムニュ ムニュ

一夏「そりゃあ、束さんの裸は…魅力的ですし、それにエロいから……性欲が絶え間無く、出てくる…というか」

束「誉めても何も無いよ?」ズニュ ズニュ

一夏「ぁ……はぁ…本当の事を、言って……うっ!」ビクビク



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:12:45.45 ID:oCtcCj0U0

一夏「あぁっ……!」ビュル ビュル

束「きゃあん!」ビチャ ビチャ


一夏「はあぁぁ……ふぅ……」

束「おっぱいと顔が汚れちゃったよ~」ペロ

一夏「そう言いながら舐めてますね」

束「だって、いっくんのだもん♪」ペロペロ

束「…なんだか、いっくんの精液飲みたくなっちゃった」

一夏「!」ドキン



33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:15:42.94 ID:oCtcCj0U0

束「ん~……相変わらず勃ったままだね」ペロペロ

一夏「うぁっ、いきなり先を舐めないでください…」ビクン ビクン

束「あはは、面白~い♪」はむっ

一夏「っ!まだ射精したばかりなのに、いきなり根本まで口に入れられたら―」

束「んふ……んふっ…」

一夏「っあ!そ、そんな激しく…」



35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:18:17.51 ID:oCtcCj0U0

束「いっふんの…大ひふひるよぉ……」

一夏「だっ…ダメだ……もう…!」ドピュ ドピュ

束「んぐっ!…ん…んぅ……」ヂュウウゥゥ

一夏「ああっ……そんな強く吸わなくても…」ガクガク

束「ぷはっ、いっくんの精液、たっぷり頂きました♪」



36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:21:28.87 ID:oCtcCj0U0

一夏「束さん…まだ中に出させてくれないんですか?」

束「あぁ、もういいよ~。次はいっくんのターンだから」ガバッ

一夏「精液まみれの股やおっぱいを見せつけますか…」

束「だって拭くの面倒くさいんだもん。このままヤろうよいっくん♪」

一夏「仕方ありませんね…拭いてる時間を使いたくないし、このままいきますよ?」

束「うん!いいよ」



37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:25:50.93 ID:oCtcCj0U0



束「んっ、あっ……あん……いっくん……いっくん…」

一夏「束さんの中、いつ挿れても気持ちいです…」

束「いっくんのも、何回も出してるのに凄く硬いよっ……敏感になってる束さん、いつも以上にビクビクしちゃうなっ……」

一夏「束さん、束さん…っ」

束「せ、セックスしてる時は、呼び捨ての上で束姉って呼ぶ約束したよ、ね…」

一夏「分かった。……束姉」

束「いっくん……いっくん…」ギュッ



41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:28:42.40 ID:oCtcCj0U0

一夏「んちゅ……ん……んふっ…」

束「れろ……ん…にちゅ…いっくん…」

一夏「束姉、そろそろ出る…」

束「うん…いっくん、奥で出して……」

一夏「………っ!!」ビュル ビュル ビュル

束「あっ、あ…あああああぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」



42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:34:26.06 ID:oCtcCj0U0

――シャワールーム――

束「いっくん、激しすぎだよ~」

一夏「束さんだって、あんなに俺のを出させてだじゃないですか」

束「それは、いっくんが単純だからだよ」

一夏「いや、束さんのテクニックが巧すぎるんですよ」

束「え~?そうかな~」

一夏「それに…」ムニュ

束「ひゃん!」

一夏「おっぱいも…」スリスリ

束「あんっ…」

一夏「お尻も…」チュッ

束「ん…」

一夏「唇も、最高に魅力的ですし」



44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:37:17.74 ID:oCtcCj0U0

束「い、いっくん。流石にシャワー浴びてる時にヤるのは」

一夏「残念ですが、今は俺のターンです」

束「ちょっ、待っ……あんっ」ビクッ

一夏「…束姉、動くぞ」

束「心の準備がまだ……あぁんっ!」

――――――
――――――



45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:39:39.28 ID:oCtcCj0U0

――ベッドの中――

束「いっくん…」

一夏「何ですか?」

束「いつまで束さんのおっぱいに顔を埋めてるのかな?」

一夏「だって、明日の朝になったら束さんいなくなってますし…」

一夏「それに…」

束「それに?」



一夏「俺、束さんの事が好きですから」



46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:45:35.33 ID:oCtcCj0U0

束「もう…いっくんったら…」ナデナデ

一夏「今、赤くなりましたね?」モニュ モニュ

束「直球で言われると、流石の束さんでめ照れちゃうな……って、何お尻触ってるのかな?」

一夏「あぁ、すみません。つい癖で」

束「…シャワールームの件もあるし、もう一試合行こうか」

一夏「えっ?」

ガバッ

一夏「ちょ、またヤるんですか?」

束「調子に乗った罰だよ。もう一回束さんと付き合ってもらうからね♪」

一夏「…またシャワー浴びる事になりますよ?それに、明日もー」

束「いっくんの体は束さんの特製ナノマシンがあるから大丈夫!」

束「シャワーは何回でも浴びたいな。いっくんの裸も見れるし♪」

一夏「はぁ…降参です。束さんが飽きるまでヤっていいですよ」

束「うん。じゃあいくよー!」

―――――――――



47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:49:05.62 ID:oCtcCj0U0

―――翌朝―――

チュン チュン

一夏「ん…朝か…」

一夏「…体の疲れが無い。束さんのナノマシン、すげぇ…」

一夏「………」

ドンッ

箒「一夏!朝の鍛錬を始めーー」

一夏「あ、箒。おはよう」

箒「なっ…」

一夏「えっ?」

箒「何、裸で寝てるんだあぁぁぁぁ!!」バシーン

一夏「うわらばっ!!」



48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:52:40.22 ID:oCtcCj0U0



―束の研究所―

束「あぁ、早く夜にならないかなー」

くーちゃん「…また性交の計画を立ててるんですか?」

束「だって、いっくんとラブラブになれるなんて夢のようなんだしー」

くーちゃん「それよりも、ボロボロになった服を作り直すこっちの身にもなってください…」ヌイヌイ

束「えへへ、ありがとうくーちゃん♪」


おわり。
補足でくーちゃんというキャラは、7巻の最後に出てきます。



54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:57:00.87 ID:oCtcCj0U0

最近、束姉熱が上がってきた。
また束姉SS書くかも


じゃ



51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:54:59.53 ID:As6RXVnL0

おっつん


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:56:26.56 ID:zy52z1T1O

おつ


56 忍法帖【Lv=25,xxxPT】 2012/02/01(水) 23:59:40.62 ID:3dp44xIL0

乙・・・おもしろかつた

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。