スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾乃「文化祭よ!」 まり「うに~」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:49:45.30 ID:oqably1X0

綾乃「……迷子?」 まり「うに~」 の続きです。

書き溜めあります。


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:53:28.22 ID:oqably1X0

まり「ねぇ、おねーちゃん」

結衣「どうしたの、まりちゃん」

まり「綾乃おねえちゃん……いつ遊びに来てくれるの?」

結衣「まりちゃんは綾乃に会いたいの?」

まり「うん♪」

結衣「うーん、まりちゃんのお願いを聞いてあげたいけど……」

京子「確か綾乃って……今凄く忙しいよな、結衣」

結衣「うん。文化祭がもう直ぐだし、その準備で生徒会は凄く忙しいはず」

京子「だよなー」

まり「ダメ……なの」ショボーン


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:56:47.10 ID:oqably1X0

京子「うわぁ~、まりちゃんがめっちゃ落ち込んでいるよ、結衣!?」ヒソヒソ

結衣「うん。あからさまに落ち込んでいるな」ヒソヒソ

京子「だいぶ、綾乃に懐いていたしなー」

結衣「……そうだな」

京子「なぁ、結衣」

結衣「うん?」

京子「まりちゃんを文化祭に招待しようよ」

結衣「文化祭か……なるほど、それは良案だな」

京子「だろ~」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:01:40.91 ID:oqably1X0

結衣「それなら、綾乃にも――」

京子「ちょっちまっち」

結衣「なんだ、京子?」

京子「綾乃には内緒にしよう」ドヤ

結衣「……その理由は?」

京子「おもしr――じゃなくて、綾乃への感謝の気持ちを込めたサプライズ企画にしよう」ドヤ

結衣「……まぁ、それならいいか。だけど、私と京子だけじゃ無理だぞ」

京子「まぁ、そこらへんはあかりやちなつちゃんにも協力してもらうさ」

結衣「そうだな。あと、千歳や会長にも協力してもらおうか」

京子「なんだか、楽しくなってきたぞ」ニシシ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:04:34.87 ID:oqably1X0

まり「ねぇねぇ、おねーちゃんたちの内緒話は終わったの?」

結衣「あはは、ごめんね、まりちゃん。一人ぼっちにして」

まり「ううん。平気だもん」

京子「お~、偉い偉い」ナデナデ

まり「えへへ」

京子「そんなまりちゃんにビッグニュース!」

まり「?」

京子「綾乃に会えるようにしてあげるよ、まりちゃん!」

まり「ほんと~?」

結衣「本当だよ、まりちゃん。ただ、来週まで待ってもらうけどね」ニコ

まり「わ~い、綾乃おねえちゃんに会える~」ニパァ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:08:33.18 ID:oqably1X0

そして、七森中文化祭当日



まり「ここがおねーちゃんの学校なの?」

結衣「そうだよ、まりちゃん」ニコ

まり「おお、すげぇ~」ワクワク

結衣「まりちゃんの目、輝いているな」クス

まり「ねえねえ、綾乃おねえちゃんに会えるの?」

結衣「今すぐに、という訳にはいかないけどね」

まり「そうなの?」シュン

結衣「うん。だから、取り合えずはごらく部の部室に行こう」

まり「ごらく部?」

結衣「お姉ちゃんや京子、あかりやちなつちゃんもいるところだよ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:12:13.31 ID:oqably1X0

ごらく部部室

まり「こんにちはー」

あかり「まりちゃん、いらっしゃ~い♪」

京子「お、まりちゃん、来たなー」

まり「きた~」

ちなつ「まりちゃん、久しぶりだね~」

まり「あ、ミラクるんのお姉ちゃんだ」

ちなつ「うう……名前を覚えてくれない」シクシク

結衣「まあまあ、ちなつちゃん」

京子「ちなつちゃん」

ちなつ「……なんですか」

京子「ミラクるんの衣装持ってきているよ!」ニコ

ちなつ「着ませんよ!」

あかり「あ、あかりは着てみたいな~」

あかり(コムケの時は、ガンボーだったし、人間のキャラをやりたいよぉ)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:17:22.78 ID:oqably1X0

京子「まりちゃんは、ちなつちゃんに着てもらいたいよね~」

あかり「あ、あかりはスルーされたよ~!」\アッカリ~ン/

まり「……」チラッ

ちなつ「……」

まり(ミラクるんのお姉ちゃん……何だか凹んでいる?)

まり「今日は……」フルフル

ちなつ「……」ホッ

京子「そっか、残念だな~」

あかり「そ、そうだ、まりちゃん」

まり「?」キョトン


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:22:14.41 ID:oqably1X0

あかり「今日はあかりたちと一緒に文化祭を回るんだよぉ」

まり「そうなの?」

あかり「うん。あ、でも、あかりたちもクラスの出し物の当番があるから、交代交代だけどね」

まり「交代交代?」

結衣「うん。私も京子もあかりもちなつちゃんも、みんなクラスの出し物があるんだよ」

まり「おお~。おねーちゃんの所に行ってみたい」ワクワク

京子「おー、いいぞ。どんと来い!」

ちなつ「私達の所にも来てね」ニコ

まり「うん」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:24:25.05 ID:oqably1X0

あかり「まずは、あかりの出番だよぉ」

まり「」パチパチ

あかり「まりちゃんは、何処か行きたい所ある?」

まり「えーと、なにがあるの?」

あかり「食べ物屋さんがあったり、ゲーム屋さんがあったり、色々とあるんだよ~」

まり「うにぃ~♪」

あかり「うう……それは流石にないよぉ」オロオロ

まり「うにぃ~」ショボーン

あかり(ま、まりちゃんが落ち込んでいるよぉ)オロオロ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:27:25.59 ID:oqably1X0

あかね「あら、あかり。こんなところで何をしているの?」

あかり「ふえ~、お姉ちゃんに、ちなつちゃんのお姉ちゃん?」

ともこ「こんにちは、あかりちゃん。あら、その子は?」

まり「……」ギュッ

あかね(くっ、あ、あかりのスカートの裾を握るなんて!)ギリッ

ともこ(ちなつにも、あんな時期があったわね)

まり「!」ビクッ


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:30:37.82 ID:oqably1X0

あかね(お、抑えるのよ、あかね! あ、相手はたかだか幼女じゃないの!)ギリ

まり(あのおねえちゃん……なんだか怖い……)ビク

あかり「あ、まりちゃん。あかりのお姉ちゃんと、ちなつちゃんのお姉ちゃんなんだよ。だから、大丈夫だよぉ」ニコ

まり「……そうなの?」ギュッ

あかね(ただ子供があかりに懐いているだけ! そこに、そこに恋愛感情はないはずよ!)

ともこ(あ~、赤座さんはいつ見ても綺麗だわ)

あかり「お姉ちゃん。まりちゃんは結衣ちゃんの親戚の子なんだよぉ」

あかね「……確かに結衣ちゃんの小さい頃にそっくりね」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:33:48.80 ID:oqably1X0

あかり「まりちゃん。お姉ちゃんたちにあいさつしようよ」

まり「こ、こんにちは……」

ともこ「こんにちは、まりちゃん」ニコ

あかね「うふふ、小さいのに礼儀正しいのね」ニッコリ

あかり「ところで、お姉ちゃんたちはなんでここにいるの? 今日は用事があるって言ってたよね?」

ともこ「赤座さんと一緒に、ちなつやあかりちゃんの様子を見に来たのよ」

ともこ(でも、これって……赤座さんとのデートみたいなものよね///)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:37:23.82 ID:oqably1X0

あかり「そうなの?」

あかね「ええ、二人を驚かせようと思ったのよ」

あかね(勿論、それもあるけど……私の真の目的は、あかりのメイド服姿を見るためよ!)

あかり「そうなんだ~。もう、あかりは驚いたよぉ」ニコニコ

あかね「あらあら。それは成功ね」ニコニコ

あかね「ところで、あかりは今何をしているの?」

あかり「あ、まりちゃんを案内しているんだよねぇ~」

まり「ねぇ~」

あかね(ああ、この二人で『ねぇ~』のポーズは破壊力満点だわ!!)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:41:14.68 ID:oqably1X0

ともこ「そうなの。お邪魔だったかしら?」

あかり「そ、そんなことないです」アセアセ

あかね「ふふふ。でも、私も久しぶりに母校をじっくり見学したいわ。だから、また後でね。あかり、まりちゃん」ニコ

あかり「うん。また後でね~、お姉ちゃん」ニコ

ともこ「ばいばい、あかりちゃん、まりちゃん」

まり「ばいばい」

あかり「それじゃー、あかりたちも出発だよ~」

まり「うん」ニギッ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:42:50.52 ID:oqably1X0

綾乃「文化祭が始まったけど、忙しすぎよ!」

綾乃「でも、みんなの笑顔が見ることができるのなら、ノンノンノートルダムよ!」

綾乃「あら……ひょっとして、迷子かしら?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:45:48.76 ID:oqably1X0

花子「……迷ったし」

花子「まさか、私が迷子になるなんて、思っていなかったし」

綾乃「大丈夫?」

花子「え!?」ビクッ

綾乃「あ、驚かしちゃった?」

花子「だ、大丈夫だし……別に、迷子になっていないし」

綾乃「あらあら、そうなの」クス

花子「あっ」カァー

綾乃「誰か探している人がいるの?」

花子「……姉ちゃんを探しているし」 

綾乃「そっか。なら私に任せなさい。これでも私は、生徒会の人間なのよ」ビシッ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:49:49.97 ID:oqably1X0

花子「生徒会?」

綾乃「ええ、そうよ」

花子「あ……だったら、櫻子を知っているし?」

綾乃「櫻子さん? ああ、大室さんのことね……ひょっとして、あなた?」

花子「いつもバカな姉がご迷惑をかけているし」ペコ

綾乃「そ、そんなことないわよ」

綾乃(時々プリンを食べちゃうし、色々困らせてくれるけれど……)

綾乃「大室さんの元気な姿は、生徒会の雰囲気を明るくしてくれるわ」

花子「意外……だし」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:52:46.14 ID:oqably1X0

撫子「あ、花子」

楓「花子おねえちゃん」

花子「撫子姉ちゃんに、楓!」

綾乃「家族の方ですか?」

撫子「花子、こちらは?」

花子「櫻子と同じ生徒会の人で……名前、聞いていないだし」

綾乃「生徒会副会長の杉浦綾乃と申します」ペコリ

撫子「これはこれはどうもご丁寧に。花子の姉の大室撫子です」ペコリ

楓「えーと、楓は古谷楓って言うのー」

綾乃「古谷って……ひょっとして、古谷向日葵さんの妹さん?」

撫子「ああ、楓はひま子の妹だよ」

綾乃(ひま子? ああ、向日葵さんだからひま子なのね)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:55:26.77 ID:oqably1X0

楓「おねえちゃんは、楓の自慢のおねえちゃんなの」ニコ

綾乃「ふふふ、楓ちゃんは古谷さんのことが大好きなのね」ナデナデ

楓「うん♪ 大好きなの~」ニッコリ

花子「うう、楓ばかりナデナデされて羨ましいし」

撫子「嫉妬か」ニヤニヤ

花子「ち、ちげぇし!」

楓「花子おねえちゃんにも、ナデナデしてあげてほしいのー」

綾乃「ええ、いいわよ。花子ちゃん、いらっしゃい」

花子「……よろしく、お願いするし」

綾乃「わかったわ」ナデナデ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 21:58:48.47 ID:oqably1X0

櫻子「あ、花子が杉浦先輩になでなでされている!」

花子「げぇ、櫻子!?」

撫子「よう、櫻子」

櫻子「あ、ねーちゃんも来てたのか? 暇人だな」

撫子「」プチッ

向日葵「このおバカ! 何を言っているんですの!」

楓「あ、おねえちゃん」

向日葵「楓、いらっしゃい。撫子さんと花子ちゃんもいらっしゃい」ニコ

花子「ひま姉、こんにちはだし」

撫子「相変わらず、ひま子はいい子だね。それに比べて……」ハァ

櫻子「な、なんだよ……その残念な子を見るような目は!」

向日葵「……自覚していないですのね」ハァ

櫻子「?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:02:11.67 ID:oqably1X0

綾乃「ところで、古谷さんと大室さんはどうしてここに?」

櫻子「……なんで来たんだっけ?」

向日葵「……おバカにも程がありますわよ」

撫子「こんなんでよく生徒会役員なんかやっていられるな」

花子「櫻子以外が優秀なんだし」

楓「さ、櫻子おねえちゃんにも、いい所はあるの~」アセアセ

櫻子「うう、楓だけが私の味方だよ」ギュウウウウウ

楓「く、苦しいの~」

綾乃(なんだかんだ言っているけど、本当に仲がいいわね)クス

綾乃(ところで、この二人は何で私のところに来たのかしら?)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:05:32.53 ID:oqably1X0

京子「次は、私の番だな」

まり「綾乃おねえちゃんに会えるの?」ワクワク

京子「あー、ごめん。まだ、無理なんだ」

まり「そうなの」シュン

京子(うわ~、あからさまに落ち込んでいるな)

京子「ま、まずはあかりやちなつちゃんのクラスに行くぞ」

まり「う、うん」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:09:33.21 ID:oqably1X0

京子「お、あそこがあかりのクラスだぞ」

まり「おー」

千歳「あら、歳納さんやないか~」

京子「お、千歳に……」

千鶴「」チッ

京子「千鶴~、ちゅっちゅ~♪」

千鶴「歳納なんたら、てめぇーなg……」

まり「……」ジー

京子「…………あれ?」

京子(いつもなら、ここで千鶴の激しいツッコミがくるはずなんだけど……)

千鶴(くっ、さ、流石に小さい子の前で殴るのは……)チラッ

まり「……」キョトン

千鶴(いくら相手が歳納なんたらとはいえ不味いよな)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:13:01.23 ID:oqably1X0

千歳「歳納さん。そちらのお子さんはどなたなんや」

京子「あ、この子はまりちゃんって言って、結衣の親戚の子だよ」

千歳「あー、ひょっとしてこの子が綾乃ちゃんが言っていた子なんやね」

千歳(そして、今日のメインの子やね)キラ-ン

まり「メガネのおねえちゃんは、綾乃おねえちゃんを知っているの?」

千歳「勿論やで。綾乃ちゃんは私の大切な友達なんやで」

京子「そういえば、千歳」

千歳「どうかしたんか、歳納さん?」

京子「綾乃はまだ忙しいの?」

千歳「うん、そうやな~。さっき一度生徒会室に戻ってきたけど、また直ぐに出て行ってしもうたでぇー」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:16:52.71 ID:oqably1X0

まり「綾乃おねえちゃん……忙しいの?」シュン

千鶴「おい、歳納なんたら」グィ

京子「ち、千鶴……今日は積極的だな」テレテレ

千鶴「勘違いするな」

京子「あはは、分かっているよ。それで、なんだ、千鶴?」

千鶴「あ、あの子と杉浦さんと、どんな関係があるんだ?」

京子「まりちゃんと綾乃の関係か?」

千鶴「……」コクン

京子「えーと、それは……」

まり「綾乃おねえちゃん、大スキ~」ニパァ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:19:58.88 ID:oqably1X0

千鶴「!?」

千歳「綾乃ちゃんとまりちゃんか……………それはそれでありやで!」ポタポタ

まり「お、おねえちゃん。鼻血がでているよ!」アセアセ

京子「て、ティッシュ、ティッシュ!」

千鶴「姉さん、はい」

千歳「ありがとうな、千鶴」フキフキ

まり「おねえちゃん、大丈夫?」

千歳「まりちゃんも心配してくれて、ありがとうな~」

千鶴「あ、いつものことだから気にしないでね、まりちゃん」

まり「う、うん……」

まり(鼻血を出すことが、いつものこと?)

千鶴(ちょっと困った表情もかわいいな~)ポー


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:22:10.88 ID:oqably1X0

京子「なぁ、千歳」

千歳「なんや、歳納さん」

京子「ひょっとして、千鶴は……いや、なんでもないや」

千歳「ん~、多分歳納さんが思っていること、間違いじゃないと思うで」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:23:20.14 ID:oqably1X0

まり「ばいば~い」

千鶴「ばいばい」

千歳「ほな、また後でな~」

京子「それじゃー、あかりたちのメイド喫茶に入るぞ、まりちゃん!」

まり「おー」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:25:14.26 ID:oqably1X0

ガラガラ

あかり「お、お帰りなさいませ、お、おじょうさま///」

ちなつ「もう、あかりちゃんってば、そんなに照れなくてもいいのに」

あかり「え?」

ちなつ「だって、京子先輩とまりちゃんだよ」クス

あかり「え、えええええええ!?」

京子「あかり。お出迎えご苦労! って、全く気付いていなかったのかよ」

ちなつ「さっきからずっと照れっぱなしなんですよ」クス

京子「まぁ、あかりらしいといえば、あかりらしいんだけど」クス

ちなつ「そうですね」

あかり「京子ちゃん! ちなつちゃん!」プンプン


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:27:32.09 ID:oqably1X0

ちなつ「そうだ、まりちゃん」

まり「なぁに?」

ちなつ「私やあかりちゃんのメイド服姿……似合っているかな?」

まり「えへへ、似合っている」

ちなつ「うふふ、ありがとう」

あかり「ほ、本当? 嬉しいな~」パァー

京子「あかりはかわいいんだし、もっと自信を持ってもいいと思うぞ」

あかり「き、京子ちゃん?」

ちなつ「京子先輩……いたんですね」

京子「ひどっ!」

ちなつ「ふふふ、冗談ですよ、京子先輩」

京子「そ、そうだよ。私があかりみたいに影が薄いなんて有り得ないよな」

あかり「ひ、ひどいよ、京子ちゃん!!」

京子「ははは、冗談だよ、あかり。でも、メイド服が似合っているのは本当だぞ」

あかり「京子ちゃん///」カーーー


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:29:42.91 ID:oqably1X0

まり「……」

ちなつ「どうしたの、まりちゃん?」

まり「京子おねえちゃんはツンデレ?」

ちなつ「言われてみれば、そうかも」

ちなつ(それにしても、まりちゃんはどこでこんな言葉を知ったんだろう)

まり「うーんと、ミラクるんの同人誌でよく出てくる」

ちなつ「……同人誌?」

まり「うん」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:32:34.14 ID:oqably1X0

ちなつ「……」ペシ

京子「ふぎゃん!」

あかり「ち、ちなつちゃん。ぼ、暴力はよくないよぉ」オロオロ

ちなつ「まりちゃんに同人誌を見せるなんて、まだ早いですよ」

京子「??」

あかり「あわあわ」

まり「……早く席に着きたいな」ボソ



あかね「あ~、メイド服姿でおろおろするあかりもかわいいわ」ウットリ

ともこ(赤座さんとデート♪ 赤座さんとデート♪)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:35:17.76 ID:oqably1X0

ちなつ「まりちゃん、よろしくね」

まり「うん」コクン

まり「何処に連れて行ってくれるの?」

ちなつ「勿論、結衣先輩のクラスよ!」

まり「おお、おねーちゃんのクラス」ワクワク

ちなつ「それに、まりちゃんが会いたがっている杉浦先輩のクラスでもあるんだー」

まり「おお」キラキラワクワク

ちなつ(結衣先輩の時より、目を輝かせているのが納得いかないけど)

ちなつ「さ、行きましょう」

まり「うにぃ~」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:36:33.97 ID:oqably1X0

綾乃「あら、今の声何処かで……」キョロキョロ

綾乃「気のせい……みたいね。それにしても、今日はてんてこ舞いだわ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:38:54.10 ID:oqably1X0

ちなつ「ここが結衣先輩のクラスよ」

まり「はやく、はやく」

ちなつ「はいはい」

ガラガラ

結衣「い、いらっしゃいませ」

ちなつ「!?」

結衣「ち、ちなつちゃん?」アセアセ

まり「わ~、おねーちゃんのパンダさんかわいいよ~」

結衣「あ、ありがとう、まりちゃん」テレッ

まり「えへへ」

ちなつ「はっ! 結衣先輩、素敵です~~」

結衣「ち、ちなつちゃんもあ、ありがとう」テレ

京子「結衣はさっきから照れまくりだな」ニヤニヤ

結衣「殴るぞ」ボコ

京子「って、もう殴っているぞ、結衣」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:40:57.06 ID:oqably1X0

まり「京子おねえちゃんの服は……何なの?」キョトン

京子「トメィトゥ」ドヤッ

まり「……」

結衣「うん、こういう反応が当然だよな」

ちなつ「それにしても、どうして京子先輩だけ野菜なんでしょうね」

京子「それは京子ちゃんが真の主人公だからさ!」

ちなつ「意味が全くわかりません」イラ

結衣「」イラ

まり「あかりおねえちゃんが主人公じゃないの?」

京子「うっ!」

ちなつ「流石の京子先輩も、子供の純真な眼差しには弱いんですね」クス

結衣「そうみたいだな」クス


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:43:50.44 ID:oqably1X0

ドカーーーーーーーーーーーーーン


まり「!?」

ナ、ナンダ、イマノバクハツハ!

ちなつ「……爆発って」タラー

ドウヤラ、リカシツデバクハツガアッタミタイダゾ

結衣「……理科室って」タラー

マタ、ニシガキセンセイガヤッタミタイヨ゙

京子「やっぱり、西垣ちゃんかよ!!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:46:48.00 ID:oqably1X0

理科室

綾乃「またですか、西垣先生!」

西垣「おお、杉浦か」

綾乃「な・に・が、『おお、杉浦か』ですか!」

西垣「怒るな、杉浦」

綾乃「怒らせるようなことをしているのは、どこの誰ですか!」

西垣「だが実験に失敗はつきものだ」ドヤ

綾乃「だからって、この忙しい時に、実験をして爆発を起こさないでください!!」

西垣「だが断る!」

綾乃「って、そんなに力強く断言しないでください」グッタリ


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:51:22.76 ID:oqably1X0

結衣「まりちゃん。お待たせ」

まり「おねーちゃん、着替えちゃったの?」

結衣「う、うん」

まり「おねーちゃんのパンダさん、とってもかわいかったもん」ニッコリ

結衣「まりちゃんも、ちなつちゃんと同じようなことを言うんだね」

まり「そうなの?」

結衣「まりちゃん、そんなことよりも」

まり(あ、おねーちゃん、話を逸らした)

結衣「お待ちかねの綾乃の所に行こうか」ニコ

まり「わぁーい、綾乃おねえちゃんに会える」ニコニコ


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:55:31.63 ID:oqably1X0

まり「ここに綾乃おねえちゃんがいるの?」

結衣「うん。綾乃はいつもここでみんなのために頑張っているんだよ」

まり「うん」ギュ

結衣(まりちゃんの手がすごく汗ばんでいる)

結衣「ノックするけど、心の準備はいい?」

まり「……」コクン

コンコン

結衣「失礼します」

まり「し、しちゅれいしまちゅ」

結衣(あ、噛んだ。カワイイな♪)

まり(は、恥ずかしい)マッカカ


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 22:59:41.51 ID:oqably1X0

りせ「……」

結衣「あ、会長。こんにちは」

まり「こ、こんにちは」

りせ「……」ニコ

まり「ね、おねーちゃん? なんであの人喋らないの?」ヒソヒソ

結衣「喋れないじゃなくて、声が小さいだけなんだよ、まりちゃん」ヒソヒソ

りせ「……?」

結衣「ところで、会長お一人だけですか?」

りせ「……」コクン

まり「あ、綾乃おねーちゃん……いないの?」

りせ「……、……」フゥ

結衣「あ……ひょっとして、さっきの爆発の所為?」

りせ「……」コクン


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:03:39.57 ID:oqably1X0

まり「おねえちゃんに会えないの……?」ショボーン

結衣「あ、まりちゃん……」

結衣(綾乃に会うことを、よっぽど楽しみにしているんだな)

りせ「……」ナデナデ

まり「なでなでしてくれて、ありがと~」ニコ

りせ「///」キュン

結衣(……ひょっとして、会長も堕ちたたのか?)

りせ「……」ナデナデ

結衣「きっともう直ぐ戻ってくるはずだ」

まり「……本当?」

りせ「……」ニッコリ

結衣「会長も頷いているし、ここで、綾乃を待っていようよ。まりちゃん」ニッコリ

まり「うん」ニッコリ


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:08:09.75 ID:oqably1X0

千歳「綾乃ちゃん、おつかれさま~」

綾乃「ありがとう、千歳」

千鶴「杉浦さん、お疲れ様でした」

綾乃「千鶴さんもありがとう」ニコ

千歳「でも、綾乃ちゃんは今日は働きすぎやで」

千鶴「姉さんの言うとおり。杉浦さんも少しは文化祭を楽しむべき」

綾乃「う、でも仕方ないでしょ。これが副会長としての役目なんだから」

千歳「それはそれとしても、綾乃ちゃんは働きすぎなのは確かなことや」

綾乃「で、でも」

千歳「綾乃ちゃんが準備から色々と頑張ってきたのは、みんな知っとる」

千鶴「だから、杉浦さんが休んでも文句を言う人はいません!」

綾乃「ありがとう二人とも。でも、まだまだ余裕ありま温泉y……」グラリ


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:12:01.46 ID:oqably1X0

千歳「あ、綾乃ちゃん!?」

千鶴「す、杉浦さん!?」

綾乃「だ、大丈夫よ。ちょっと、眩暈がしただけ――」

千歳「全然大丈夫じゃないやで、綾乃ちゃん!」

千鶴「姉さんの言うとおりです。休む時はしっかりと休むべきです」

綾乃「千歳、千鶴さん……そうね。貴女たちの言うとおりね」クス

綾乃「生徒会室で少し休ませてもらうわ。だから、後はお願いね」ニッコリ

千歳「任せとき」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:16:01.41 ID:oqably1X0

千鶴「あとは、姉さんや古谷さんに任せれば全く問題ないはず」

千歳「ふふふ、それに綾乃ちゃんには待ち人がおるしな~」

綾乃「待ち人?」

千鶴(待ち人って、さっきのあの可愛い女の子のことなのかな?)チクッ

千歳「それは行ってからのお楽しみやで」

綾乃「う、うん」

綾乃(……変な千歳ね? でも、その厚意はありがたく受け取るわ)


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:20:26.72 ID:oqably1X0

㌧!㌧!㌧! ㌧ビョウシ ㌧㌧

結衣「誰からのメールだろう」

結衣「……」

まり「おねーちゃん?」

結衣「会長、ちょっといいですか」

りせ「……」

結衣「カクカクシカジカということで協力お願いできますか」ヒソヒソ

りせ「……」コクン

まり「おねーちゃん、どこか行くの?」

結衣「うん。ちょっと会長と一緒に行かないといけない用事が出来たんだ」

結衣(うう、下手な言い訳だよな。これって……)

まり「そうなの?」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:23:26.83 ID:oqably1X0

結衣「だから、ちょっとだけ、ほんの数分だけお留守番してくれないかな?」

まり「……うん」

結衣「まりちゃん、ごめんね」

りせ「……」ナデナデ

結衣「本当にすぐに戻ってくるからね」

まり「うん。わかった~」

ガラガラ


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:25:20.02 ID:oqably1X0

 
まり「一人になっちゃった」




まり「おねーちゃんたち……早く帰ってこないかな~」





まり「ひま……うにぃ~」
 
 
 


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:29:16.46 ID:oqably1X0

ガラガラ

まり「おねーちゃん?」

綾乃「会長、ただいま戻りm……え!?」

まり「あ、綾乃おねえちゃ~~ん」パタパタ

綾乃「え、え、え!?」

綾乃(ななななな何で、まりちゃんがここにいるの!?)

まり「おねえちゃんに会いたかったもん」ダキィ

綾乃「!?」

まり「おねえちゃんは……まりに会えて、嬉しくないの?」

綾乃「ううん。そんなことある訳がナイ・ナイ・ナイアガラよ!」

まり「ほんとう?」

綾乃「勿論よ。私もまりちゃんに会いたかったわ」ニコ

まり「えへへ」ニコ

綾乃(あ、まりちゃんの笑顔でさっきまでの疲れが吹っ飛んでいくわ)
 


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:34:37.96 ID:oqably1X0

綾乃「そういえば、会長はどこに行ったのかしら?」キョロキョロ

まり「かいちょう?」

綾乃「ああ、えーと、黒髪で小柄で大人しそうな人よ」

まり「……おねーちゃんと一緒に出かけた~」

綾乃「船見さんと?」

まり「うん」

綾乃(何か緊急の用件が発生したのかしら?)

まり「おねえちゃん」ギュ

綾乃「ところで、まりちゃんはどうしてここに?」

まり「綾乃おねえちゃんに会いにきた~」ニコ

綾乃「うふふ、それは光栄ね」ニコ
 


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:38:41.09 ID:oqably1X0

綾乃「でも、船見さんが前もって教えてくれたら、もっと早く会えたのにね」

まり「おねーちゃんはそうするつもりだったけど、京子おねえちゃんがさぷらいずって言っていたー」

綾乃「歳納京子が?」

綾乃(そうなると、船見さんもこれに噛んでいると考えられるわ)

綾乃(それにさっきの千歳の言動からすると、千歳もグルであると考えるのが妥当ね)

まり「ねぇねぇ、綾乃おねえちゃん」

綾乃「なぁに?」

まり「綾乃おねえちゃんに絵本を読んでもらいた~い」

綾乃「絵本ね、いいわよ。でも、この部屋にあったかしら?」
 


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:44:22.47 ID:oqably1X0

ナイナイナイナイナイアガラ

綾乃「あら? 誰かしら」ピッ

綾乃「……歳納京子から?」

綾乃「なになに」

京子『困っている綾乃にプレゼントだよ~。会長ちゃんの机の横にある紙袋を進呈!』

綾乃「紙袋……これのことかしら?」ガサゴソ

まり「おねえちゃん、何が入っているの?」

綾乃「さぁ……あら、これは!」

まり「あ、絵本だぁ」

綾乃(歳納京子はここまで見通して、これを準備してくれたのかしら? だとしたら――)

まり「絵本以外にも、何か入っているよ。おねえちゃん」

綾乃「あら、本当だわ。こ、これは……」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:49:55.85 ID:oqably1X0

まり「うわ~、おねえちゃんのおむね大きい~」

綾乃「そ、そそそそんなことないわよ///」カァーー

まり「まりもおねえちゃんみたいに大きくなるのかな~」

綾乃「えーと、まだ、まりちゃんは心配するような歳じゃないわよ」アセアセ

まり「そうなの?」

綾乃「ええ、今のまりちゃんは、私がまりちゃんのくらいの年頃と全く変わらないわよ」アセ

まり「将来有望?」

綾乃「えーと……」

綾乃(ど、どう答えればいいのよ!?)

綾乃(まりちゃんは、船見さんの親戚の子よね。そうなると、船見さんみたくなるのかしら)
 


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:54:07.32 ID:oqably1X0

まり「おねえちゃん?」

綾乃(船見さんって、私よりスタイル……いいわよね)ジー

まり「おねえちゃん。ジッと見られると恥ずかしい///」

綾乃「ご、ごめんなさい」アセアセ

綾乃(まだ、まりちゃんは子供よ。私は子供相手に何を考えているのよ!?)

綾乃(で、でも、まりちゃんも船見さんみたいになったら……)ズーーン

まり(お、おねえちゃんが凹んでいる!?)

綾乃「と、取り合えずは会長や船見さんが戻ってくるまでに着替え終わりましょう」

まり「は~い」
 
 
 
 
 


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 23:58:23.82 ID:oqably1X0

まり「えへへ、おねえちゃんの羊さん、かわいい~」

綾乃「あ、ありがとう///」

まり「おねえちゃん、おねえちゃん。まりのもかわいい?」

綾乃「え、ええ……か、可愛いわよ」

まり「うにぃ~♪」ニコニコ

綾乃(本当に幸せそうな顔をしているわね)

まり「うにになれる夢が叶った~。うにぃ~♪」

綾乃「よ、よかったわね。夢が叶って……」

綾乃(しかし、うにの軍艦巻きの着ぐるみパジャマで喜ぶまりちゃんって、ちょっと変わっているわ)

まり「うにぃ~♪」

綾乃「さぁ、まりちゃん。こっちに来て」ポンポン

まり「は~い」トテトテトン
 
綾乃「え!?」
 


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 00:03:03.89 ID:0BR5p/k40

綾乃(ま、まりちゃんが私の膝の上に!?)アセアセ

まり「えへへ、おねーちゃんのおひざの上でいつも絵本を読んでもらっているの~」

綾乃「そうなの?」

まり「うん。だから、おねえちゃんのおひざの上で読んでもらいたいな~」ウワメヅカイ

綾乃(そ、その上目づかいは反則よ! 可愛すぎて、罰金罰金バッキンガムよ!)

まり「おねえちゃん……ダメ?」

綾乃「ふふふ、いいわよ」ニッコリ

まり「わ~~い♪」

綾乃「それで、まりちゃんはどの絵本を読みたいの?」

まり「えーと……これ~」

綾乃「分かったわ。それじゃ、コホン。むかーし、むかし――」

…………
………
……

 


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 00:07:55.61 ID:0BR5p/k40

綾乃「めでたし。めでたし」パタン

まり「……」スヤスヤ

綾乃「あら。寝ちゃったのね」

まり「」スヤスヤ

綾乃「ふふふ、気持ちよさそうに寝ているわね」クス

綾乃「ちょっとこの角度から、まりちゃんの寝顔が拝見できないのが残念ね」

まり「おねぇちゃん……………だ~いすき~」ムニャムニャ

綾乃「私もまりちゃんのこと大好きよ」ニコ

まり「ふにゅ~い」

綾乃「何だか、まりちゃんの幸せそうな寝息を聞いていたら……」ウト

綾乃「私も……なんだか、眠く……なって……」ウトウト

綾乃「……」スヤスヤ
 
 
 
 


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 00:11:41.53 ID:0BR5p/k40

生徒会室の外

千歳「綾乃ちゃんが幸せそうに寝ておるな~」

りせ「……」ホッ

西垣「杉浦は働きすぎだから、丁度良かったな」

あかり「まりちゃんのうにパジャマかわいいね~」

ちなつ「でも、よくまりちゃんサイズのがありましたね」

京子「私のお手製だぞ」ドヤァ

千鶴「おまえは無駄にスペックが高いな」

櫻子「なぁ、なんで生徒会室に入らないんだ?」

向日葵「櫻子……少しは空気を読みなさい」

結衣「取り合えずは、作戦成功かな」
 
 


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 00:13:19.75 ID:0BR5p/k40

 
 
 
綾乃「まりちゃん、文化祭楽しかった?」

まり「うにぃ~♪」



おしまい
 
 


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 00:15:28.49 ID:0BR5p/k40

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
綾まりは、これでネタ的には(今の所)最後です。

今度はまりちゃんを誰と絡まそうかな。


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 00:16:47.41 ID:2MVIVqP0O

乙乙
うにかわいいように


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 00:17:10.39 ID:5xq+m+530

おつおつうにうに
できれば楓ちゃんとの絡みをお願いしたいうに


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 00:18:25.84 ID:0BR5p/k40

>>86
楓ちゃんとの絡みか。
ちょっと考えてみます。


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 00:17:24.13 ID:MO7eZ9I+0


うに~


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 00:33:40.14 ID:6SMN8wjsO

おつ

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。