スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほむら「普通の時間軸に来てしまったわ」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351339631/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:07:11.42 ID:CzoBfcC60

ほむら「鹿目まどか、そいつから離れなさい!」

まどか「でも… この子、ケガしてるんだよ」

ほむら「どうしても放さないというのなら…」

さやか「お~い、まどか! こんなとこにいたんだ」

さやか「ん、なに持ってんの? ねこ?」

まどか「そうみたい、なんだけど…」

ほむら「いいから早く放しなさい!」

さやか「そうだよ!」

ほむら「えっ」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:10:26.76 ID:CzoBfcC60

さやか「のらねこ触っちゃダメでしょ? 病気持ってるかもしれないよ」

まどか「え… でも、輪っか付けてるし…」

QB「確かに飼い猫ではないけど」

さやか「うおお喋った!? しかもやっぱ野良じゃん!」

ほむら「いや、そもそもねこじゃなくて…」

まどか「ごめんね」スッ

まどか「手、洗わなくちゃ。その前に動物病院へ…」

マミ「あら、その子を助けてくれたの?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:13:48.38 ID:CzoBfcC60

マミ「ありがとう。この子は私の大事なお友達なの」

まどか「いえ… どういたしまして」

さやか(お友達!?)

ほむら(痛めつけたのは私なのだけど… 黙ってた方がいいかしら)

まどか「ケガしてたんです。すぐ病院へ」

マミ「平気よ。私の魔法で治してあげられるの」

まどか(ど、どうしよう、変なねこの次は変な子が来ちゃった……)


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:22:15.43 ID:CzoBfcC60

——マミ部屋——

ほむら(何故か私も来てしまったわ…)

マミ「QBに才能を見込まれたあなたたちには、他人事じゃないものね。説明しておくわ」



さやか「願い事が何でも、ねぇ」

まどか「いざとなると、決まらないよね」

マミ「大事な事だから、ゆっくり考えた方がいいわ」

ほむら「だめよ」

マミ「あら、どうして?」

さやか「お、さては自分より強いライバル登場が怖いんだな~?」

マミ「そんな理由なわけないでしょう」

ほむら(……あなたに言われたくないわ)


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:27:16.72 ID:CzoBfcC60

ほむら(まだ早いかもしれないけど、ここで言っておいた方がいいわね)

ほむら(前みたいにマミが錯乱してもいいように、準備して…)

まどか「…ほむらちゃんのコスチューム、あんまり魔法少女らしくないね」

ほむら「そ… そうかしら」

まどか「今度新しいの考えてあげるね!」

ほむら「ありがとう」

さやか「ほむら、迂闊に誘いに乗らない方がいいよ」

まどか「さやかちゃん、それどういう意味!?」

ほむら(その言葉、あなたに言ってあげたいわ……)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:31:23.34 ID:CzoBfcC60

ほむら「QBの説明では触れられなかったけど、魔法少女になるにはデメリットもあるのよ」

マミ「戦わなければいけない、というのはもう話したでしょう」

ほむら「それ以外にもあるの。まず、私たち魔法少女は死んだも同然の身」

マミ「…それは初耳だわ」

ほむら「この体からは魂を抜き取られ、ソウルジェムに収まっているの」

まどか「そうなのQB?」

QB「その通りだよ。暁美ほむら、君はどこでそれを知ったんだい?」

さやか「どうしてそんなことするのさ?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:34:27.64 ID:CzoBfcC60

QB「その方が戦いやすいだろう? それに、修理だってきくし」

マミ「そうね」

ほむら「!?」

ほむら「で、でも… それじゃゾンビにされたようなものだって」

QB「脆弱な肉体で戦うより、よっぽどいいだろ?」

マミ「戦いでケガしても治りが早いと思ったら、そういう仕組みだったのね」

まどか「QB、気が利いてる~!」

ほむら「待って!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:36:45.23 ID:NMBJODMj0

マミさんが豆腐じゃない!!


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:38:45.06 ID:CzoBfcC60

ほむら「いい? 私たちの体には魂がこめられてないのよ!」

まどか「ほむらちゃん、そういうの信じてたの?」

ほむら「え、信じてるって…?」

さやか「ああ~ スピリチュアルとか、パワーナントカ系の」

マミ「信じるもなにも、魔法少女は本当にいるわ。二人ともその目で見たでしょう」

さやか「うん、まぁ、確かに……」

ほむら「納得してくれたようね」

マミ「でも魂が体に入ってないとかは、正直それほど困らないような……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:45:53.10 ID:CzoBfcC60

ほむら「あなたも他の魔法少女に会った事はあるでしょう?」

ほむら「みんなQBに騙されていたのよ!」

QB「騙すという行為自体、ぼくたちには理解できないなぁ」

さやか「あんたねこにムキになってどうすんのさ」

マミ「でもどうして教えてくれなかったの?」

QB「聞かれなかったからさ。知っておかなきゃいけない情報だなんて、思わなかったんだよ」

ほむら「ほら見なさい! コイツはそういう…」

まどか「訊けばいいじゃない」

ほむら「はい」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:50:07.07 ID:CzoBfcC60

QB「そうだよ。他にも何か気になる事があったら、何でもきいてね」

ほむら(まずい……)

ほむら(しかしこっちの切り札はまだあるのよ!)

ほむら「ならこれは知ってる? ソウルジェムの濁りきった魔法少女がどうなるか」

マミ「魔法が使えなくなるわね」

ほむら「それだけじゃないわ。ソウルジェムはグリーフシードに変わり、私たちは魔女になるの」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:55:33.74 ID:CzoBfcC60

マミ「それは本当なの!?」

QB「そうだよ。魔法少女が希望を与えた分、絶望をまくようになっているのさ」

まどか「何のために、そんなことを……」

QB「希望と絶望の帳尻を合わせるのさ」

ほむら「そうやって魔女になった魔法少女を、私はもう何度も…」

さやか「奇跡も魔法も、代金後払いってわけね」

ほむら「」

さやか「願いが叶うとかさぁ、正直ちょっとうさん臭いって思ってたんだ」

さやか「タダより高い物はないっていうし、そうなってた方がむしろ納得いくわ~」

まどか「なかなか甘い話ってないもんだよね」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:59:09.28 ID:V32rNstl0

物分かりがいいってレベルじゃねーぞ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:01:38.36 ID:CzoBfcC60

ほむら(いけない、二人とも迷った末に契約しそうな気配がしてきたわ……!)

ほむら(今まで話が通じなくて手を焼いてたけど、普通に通じても問題なのね)

マミ「どうにかして止める方法はないの?」

ほむら(それでもマミなら!)

ほむら「一つだけあるわ」

ほむら「魔女を生み出す前に、ソウルジェムを砕いてしまうの」

ほむら「食い止めるには死ぬしかないってことよ」

ほむら(これで……)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:07:44.24 ID:CzoBfcC60

マミ「ああ、なんだ…」

ほむら(いい加減にして!)ビキビキビキ

マミ「魔法が使えなくなったら、どの道魔女にやられてしまうもの」

ほむら「でも、死ぬまで戦い続けることに…」

QB「それはもう説明したじゃないか」

さやか「でもずっと続けるってのはキツいなぁ」

マミ「私はそのつもりでいるからいいけど」

マミ「決心が固まらないなら、二人とも私たちの魔女退治を見学してみるといいわ」

まどか「『たち』…?」チラッ

ほむら「……もういいわ。私も手伝うわよ」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:09:10.53 ID:dUJV9Bxb0

え、こいつら元魔法少女を糧にしてることはスルーすんの?


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:10:32.90 ID:V32rNstl0

>>36
まあ後払いなら仕方ないね


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:16:58.38 ID:CzoBfcC60

 カタン
マミ「何かしら?」

QB「郵便受けに手紙が来てるよ」

マミ「どれどれ… 『え、こいつら元魔法少女を糧にしてることはスルーすんの?』」

ほむら(ありがとう! ありがとうナイスフォロー!)

マミ「……暁美さん」

ほむら「ええ、あなたにとっても辛いでしょうけど、それが」

マミ「もし私がソウルジェムを砕けなくて、魔女になったら、真っ先にたおしてくれないかしら」

マミ「やっぱり人を呪うより、グリーフシードになって使ってもらう方が役に立てるもの」

ほむら「…覚えておくわ」

ほむら(やっぱりそうなるのね…)


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:22:50.34 ID:CzoBfcC60

マミ「それにしても、言われてみれば今まで戦ってきた魔女も、何人かは元魔法少女だったのね」

QB「この国では、成長途中の女性の事を『少女』というだろう」

QB「穢れを溜め込んで、魔女になりつつある君たちは、『魔法少女』というわけさ」

まどか「穢れ……」

マミ「穢れを溜めると少女は女になる、ね……」

一同「……」ゴクリ

まどか「マミさん今えっちなこと考えたでしょ///!」

マミ「か、考えてないわよ!」

QB「しかし、実際に成長途中の少女と大人の女性では…」

マミ「こらQB! 女の子の前でそんな話しちゃいけません!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:31:05.39 ID:CzoBfcC60

——数日後——

マミ「ふぅ… 暁美さん、平気だった?」

ほむら「勿論よ。あれくらいでやられるわけないもの」

まどか「マミさんかっこいい~!」

マミ「もぅ、見せ物じゃないのよ」

まどか「願い事も考えてるんですけど、なかなか決まらなくって」

ほむら「私としては、決めないでほしいのだけど」

さやか「その願い事なんだけどさ、自分のことじゃないとダメなの?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:33:54.68 ID:CzoBfcC60

まどか「もしかして、上条くんの?」

マミ「確かにそういう前例もあるけど… やめておいた方がいいわ」

さやか「あるの?」

マミ「本当にその人のためになるかどうかなんて、わからないものよ」

さやか「それもそうだけど……」

ほむら「マミもこう言ってることだし、やめておきなさい」

さやか「明日、本人と相談してみます」

マミ「ちゃんと聞いておかないとね」

ほむら「止めなさいよ!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:42:03.48 ID:CzoBfcC60

——病院——

恭介「さっきさやかが来たんだ」

仁美「今日もでしたの?」

恭介「なんだかワケのわからないことを言ってたよ… 魔法でケガが治るとか」

恭介「あたしは死んじゃうけど、奇跡って本当にあるの! とか……」

仁美「……さやかさん、学校では普段通り振る舞っていますのに」

恭介「うん… 実は僕もこの間、けっこうハデに八つ当たりしちゃって…」

仁美「お二人とも、あまり思い詰めてはいけませんわ」

恭介「このままだと面倒見る方が先に参っちゃうからね」

恭介「早いとこ新しい生き甲斐探さないと」

仁美「美樹さんに教えられてしまいましたね」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:50:10.24 ID:CzoBfcC60

——学校——

マミ「結局、その上条くんはなんて?」

さやか「夜電話があったんですけど、う~ん…… よくわからないなぁ」

さやか「バイオリンのことではもう悩んでないからいいよ、って」

まどか「上条くん、どうしちゃったの?」

さやか「不思議だよね。ともかく、これであたしはもう契約しないことにしとくわ」

ほむら「よかった……」

さやか「安心した?」

ほむら「あなたが契約すると、毎回ロクなことにならないから」

さやか「……『毎回』?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:58:51.87 ID:CzoBfcC60




マミ「ワルプルギスの夜ね。噂には聞いた事あるけど」

さやか「そのデッカい魔女って、そんなに強いの?」

ほむら「何度戦っても、倒せた事はないわ。よくて進路を少し逸らしただけよ」

まどか「ほむらちゃん、今までずっと私を助けるために……」

ほむら「これであたなに契約してほしくないというのが、わかってもらえたかしら」

まどか「わかったよ。QB! ちょっと来て!」

QB「なんだい?」

まどか「わたし、契約する! ほむらちゃんと一緒にワルプルギスの夜と戦うよ!」

ほむら「待ちなさい!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:03:31.22 ID:CzoBfcC60

まどか「ワルプルギスの夜が来るのって、転校してきてから一ヶ月だよね?」

ほむら「そうよ。でも契約してはいけないって、わかってくれたのではないの!?」

まどか「大丈夫。ほむらちゃんが頑張ってきたのを、無駄にはしないから」

QB「願い事は決まったのかい?」

まどか「『一ヶ月したら、魔法少女になる前の、元の体に戻る』それが私の願い!」

QB「いいよ」

ほむら「……は!?」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:07:00.23 ID:CzoBfcC60

ほむら「ちょ、ちょっと待ってQB! 確か元に戻すのは僕の力を越えている、って」

QB「何を言っているんだい?」

QB「普段は無理だけど、契約するときの願い事なら、そのくらい簡単さ!」

ほむら「そんな……」

まどか「へぇ~ これがわたしのコスチューム?」

QB「君がノートに描いてた通りにしておいたよ」

まどか「ありがとう! これから一ヶ月だけよろしくね、ほむらちゃんとマミさん!」

マミ「一緒に戦う仲間ができて嬉しいわ」

ほむら「じゃあ、私が今までしてきたことって……」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:18:56.06 ID:CzoBfcC60

—— それから ——

ほむら(ワルプルギスの夜をあっさり倒せたのはよかった)

ほむら(時間停止は使えなくなったけど、まどかが契約してた頃に使ってた弓矢を貸してもらっているし)

ほむら(残る問題は…)

まどか「ほむらちゃん、おっはよ~!」スリスリ

ほむら「おはようまどか、でも少し離れなさい」

まどか「えぇ~ 昨夜からずっと、ほむらちゃんに会いたかったんだよ!」

ほむら「たった一日でしょう」

ほむら(今までのことをわかってくれたうえに、一緒に戦ってから妙な連帯感がうまれてきたからか)

まどか「ほむらちゃんがいない時間は長く感じるものなの!」

ほむら「はいはい」

ほむら(まどかがずっとこの調子だわ……)


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:22:32.39 ID:CzoBfcC60

ほむら(確かに『まどかのために戦う』というのもあったけど)

まどか「ほ~むらちゃ~ん」スリスリホムホム

ほむら(これはこれで違うような……)

仁美「お二人とも、朝からお熱いようで」

ほむら「まどかが放してくれないのよ」

さやか「そういうあんたも、最初の頃ほど抵抗しなくなってきたのね」

ほむら「あきらめただけよ……」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:27:17.24 ID:CzoBfcC60

ほむら(大体どういうこと、これは!?)

ほむら(教室でイチャイチャするなんて、端から見れば恋人同士じゃない!)

ほむら(女の子同士でそういうのは……)

まどか「あれ、ほむらちゃんどうしたの?」

さやか「急におとなしくなって」

ほむら(え、いや、でもだからといって)

ほむら(男の子とならしてみたいとか、そういうことでもなくて///)カアァッ

仁美「効いてるようですわ」

さやか「まどか、もう一押し!」

まどか「任せて!」ギュゥ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:32:39.81 ID:CzoBfcC60

ほむら(もしや)

ほむら(この時間軸のまどかたちは、いつになく聞き分けがよかった)

ほむら(もしかすると、こういうのがけっこうマトモなのかもしれないわね)

 キーンコーン……

ほむら「ほらチャイム鳴ったわよ! 早く席に戻りなさい!」

まどか「は~い…」

ほむら(あ… もしこういうのがおかしくないのだとしたら、今のは言いすぎだったかしら……)

ほむら(そうね。大体、私もよくわからないし…)

ほむら(詳しそうな人に相談してみましょう)


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:36:29.93 ID:CzoBfcC60

——放課後——

仁美「珍しいですわね。暁美さんが二人きりでお話したいなんて」

ほむら「他に相談できる人がいなくて…」

仁美「フフッ まどかさんに妬かれてしまいますね」

ほむら「そのまどかのことなのだけど…… このところ、おかしいと思わないかしら?」

仁美「あら、どこもおかしくなんてありませんわ」

ほむら「朝から抱きついて来るなんていつものこと」

仁美「大好物です」

ほむら「?」

仁美「続けて、どうぞ」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:44:58.40 ID:CzoBfcC60

ほむら「とにかく、まどかの私に対するスキンシップというのが…」

ほむら「その… 恋b、いや、少々行き過ぎではないかと……」

仁美「そうだとして、何が問題ですの?」

ほむら「私も線引きというか、加減がわからなくて」

仁美「どこまでなら一般的な範囲なのか、と」

ほむら「そうなるわね」

仁美「なら問題ありませんわ! 大事なのは暁美さんの気持ちではなくて?」

ほむら「……正直、鬱陶しいのだけど」

仁美「人からどう見えるか、などと意識する必要はないということですわ」

ほむら「なるほど…」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:52:51.20 ID:CzoBfcC60

仁美「そのうえで、まどかさんの気持ちに応えるべきだと思いますわ」

ほむら「そうね… ありがとう。参考にさせてもらうわ」

ほむら(あまり話したこともないけど、あの中では一番常識人らしい志築仁美が言うんですもの)

ほむら(まどかが間違ってるわけではないのね)

ほむら(なら私もまどかの気持ちに応えられるようにならないと)

ほむら(あの戦いに比べたらラクなものよ…… きっとね……)


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:58:22.74 ID:CzoBfcC60

——そして翌朝——

まどか「ほむらちゃ~ん! 14時間ぶりのほむらちゃ~ん!!」ダキッ

ほむら「おはよう、まどか」スッ

さやか(手が!)

仁美(テガ!)

さやか「…ついに陥落ですかコレは」

仁美「大いなる一歩ですわね」

上条「……僕が入院してる間に何があったのよ?」

中沢「鹿目ちゃんに嫁が来た」

上条「だから何があったんだって」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:06:36.29 ID:CzoBfcC60

まどか「ほむらちゃんにいいもの作ってあげたよ! 昨夜完成したの」

ほむら「あら、何かしら?」

まどか「ティヒヒヒ、学校終わったら持って行くね」

——ほむ部屋——

マミ「鹿目さん、完成したんですって?」

ほむら「知ってたの?」

マミ「ええ、作り方を教えたのは私よ」

 バサッ
まどか「これだよ! わたしとお揃いのコスチューム!」

ほむら「……」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:11:57.19 ID:srASEtbn0

ほむら「さすがにそれは… 私には似合わないんじゃないかしら…」

まどか「そんなことないよ! ほむらちゃんは何着てても可愛いんだから!」

ほむら「それに、サイズが合うかしら」

まどか「ほむらちゃんのからだのサイズを間違えるわけないじゃない」

マミ「せっかく作ってもらったんだし、着てみたら?」

ほむら「でも、ほら… 変身したらいつもの服になるんだから」

QB「変身した時その衣装が出てくるように、ソウルジェムを改造しておくよ」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:16:59.46 ID:srASEtbn0

ほむら(落ち着くのよ… はい深呼吸して)スーハースーハー

ほむら(どう考えても似合うわけないけど、このまどかが勧めて、しかもわざわざ作ってくれたんだもの)

さやか(マミさんがコスチュームの作り方を教えた辺りに突っ込んでいいんだろうか……)

ほむら「わかったわ。QB、お願いできる?」

まどか「やったぁ!」

ほむら「着るだけでそんなに喜んでもらえるなんて、私も嬉しいわ」

ほむら(やけに大げさに喜んでるようだけど)

ほむら(手作りだから、思い入れが違うのかしら……?)


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:23:59.64 ID:srASEtbn0

QB「できたよ~」

ほむら「では早速着てみるわよ」

 ホムン

さやか(うっわ……)

マミ(これは…… 背中押しといてあれだけど)

ほむら(この二人、絶対よからぬテレパシーを飛ばしあってるわね…)

さやか(マミさんこらえて!)

マミ(美樹さんこそ耳赤いわよ!)

さやか(だって、ほむらがアレ……)

ほむら(///)プルプルホムホム


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:28:11.78 ID:srASEtbn0

まどか「ほむらちゃん似合ってるよ! 可愛いよぉ~!」キュウウ

さやか「えっ」

マミ「シーッ!」

ほむら「ほらほらまどか、そんなに強くしがみついてはいけないわ」

ほむら「せっかくの衣装にシワがついてしまうでしょう」

まどか「いいの! 今日だけいいの!」ムギュウゥゥ  クニクニ

ほむら「もぅ… 甘えん坊さんなんだから」ナデナデ

さやか(ほむらが乗ってる……!!)

 ガタッ
マミ「ご、ごめんなさい。私ちょっとお手洗いへ…」

さやか(マミさんずるい!)


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:33:59.49 ID:srASEtbn0

マミ「もう契約しないことになったんだから、魔女退治についてくることもないのよ」

まどか「いいんです! ほむらちゃんがわたしの作ったコスチュームで戦うところ、見てみたいから」

ほむら「あらたまって言われると照れるじゃない///」

さやか「あたしもまどかと同じ気持ちだよ!」

ほむら「いやあなたは帰りなさいよ」

さやか(マミさん、マミさん!)

さやか(戦ってる最中に笑わないでくださいね!)

マミ(わかってるわよ!)


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:39:25.72 ID:srASEtbn0

さやか「まどか、アンタ今日は目が輝いてるよね」

まどか「そりゃあもう!」

さやか「ほむらのあの衣装、作るの大変そうだもんね」

まどか「そうでもないよ。サイズ変えただけだから」

さやか「最初から作ったんじゃないの?」

まどか「あれは私が契約してた頃のコスチューム」

まどか「QBに頼んで、とっておいてもらってたんだ」

さやか「ああ、弓矢と一緒に」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:42:11.60 ID:MK+sb+FY0

QBさん便利だな


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:47:50.74 ID:srASEtbn0

まどか「さやかちゃん、いいと思わない?」

さやか「…正直言って、ほむらにはあんまり似合わないんじゃ……」

まどか「そういうことじゃないの」

まどか「ほむらちゃんが、わたしの着た服を着て、あんなに激しく動き回ってるなんて」

まどか「想像しただけでもう……」ウェヒヒフヘヘ

さやか「お、おう…」


マミ「そっちへ行ったわ! 暁美さん!」

ほむら「トドメをさすわ! 必殺必中、トゥインクル・アロー!!」


まどか「ほらほらほらほら見てよ見てよ!!」

さやか「うん…… 見てるよ」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:57:49.46 ID:srASEtbn0

まどか「次はなに着せよっかなぁ。夢が広がるよね!」

さやか「もうちょっとほむらに合うヤツがいいんじゃない?」

まどか「えぇ~」

さやか「何が不満なのよ?」

まどか「ほむらちゃんが恥ずかしがってくれなきゃ」

さやか「そこまで狙ってんのかよ!」


魔女「ピギャアアァーーーーーッ!」

ほむら「やったね、マミさん!」

マミ「え? ええ……」

ほむら「どうしたの? 嬉しくないの?」

マミ(この子までおかしいわ…… そろそろやめさせた方がいいのかしら)


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:00:41.16 ID:DOvgGObw0

あんこちゃんまだー?


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:02:15.04 ID:srASEtbn0

—— 後日談 ——

ほむら「佐倉杏子とも協力できないかしら」

マミ「できればそうしたいけど、あなたも彼女の事は知っている」

ほむら「ええ。何度となく一緒に戦ったわ」

まどか「誰なの?」

マミ「私が鹿目さんたちと出会う前に、一緒に戦っていた魔法少女よ」

マミ「ただ、いろいろあって、別れちゃったけど…」

ほむら「普段は隣町にいるけど、いざという時協力できるよう、連携をとっていてもいいと思うの」

さやか「マミさんも、何があったか知らないけど、ちゃんと仲直りした方がいいよ」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:10:21.67 ID:srASEtbn0

ほむら「というわけで、まずはマミの代わりに私が来たわ」

杏子「何の話だよ、いきなり?」

ほむら「戦力は不足していないものの、ワルプルギスの夜のようなことがまた起こるかもしれない」

杏子「非常事態のために、か… 他に何か狙いがあるんじゃないだろうな?」

ほむら「単刀直入に言うわ。巴マミと仲直りしてほしい」

杏子「ならお断りだね。誰があんなヤツと」

ほむら「私は本音で話したのよ。あなたのも聞かせてもらいたいわね」

杏子「……言ったろ。お断りだって」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:16:08.41 ID:srASEtbn0

ほむら「あなたが素直に言えないのなら、私があててみせましょうか」

杏子「ほぅ、わかるってのかい?」

ほむら「お見通しよ。あなたが本当はマミと別れたままでいたくないことも」

杏子「やめろよ」

ほむら「今でも心の一部でマミのことをひきずっていて、叶うなら昔のように甘えに行きたいことも」

杏子「いや… それはどうかなぁ…」

ほむら「マミの部屋で食卓を囲んだことを懐かしく思い出し」

杏子「そりゃあ、タダ飯はありがちけどさ」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:22:46.15 ID:srASEtbn0

ほむら「そこから当然のごとくお風呂に入る流れになって、髪を洗いあったりしたいとか」

杏子「なんだその具体的なのは」

ほむら「洗っているうちにふと首から下へ目が行ってしまい」

ほむら「あ、マミの背中って白いんだな、と……」

杏子「ちょっと待て」

ほむら「生まれかけた邪な思いを力ずくでねじ伏せるも、お風呂あがりに不意打ちでクラッときて」

杏子「おい、いい加減にしろよ!」

ほむら「もう早く寝てしまおうと言いたいところだけど、そのタイミングで寝ようというのも抵抗あって」

ほむら「余計な事考えないよう、いそいそとベッドに入るものの」

ほむら「もう頭の中では大変なことになってて、『マミ、起きてる?』とかやってしまうのもお見通しよ!」

杏子「いくら何でもそこまで行ってなかったぞ!」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:29:17.79 ID:srASEtbn0

杏子「ったく、一体何なんだよ……」

ほむら(あれ?)

ほむら「もしかして、違うのかしら……?」

杏子「当たり前だろ!」

ほむら「そう… ごめんなさい。私とまどか… 見滝原の元魔法少女は、いつも大体そんな感じだから」

ほむら「あなたたちも同じようなものかと」

杏子「気味が悪いわ」

ほむら「見滝原では珍しくもないことよ」

杏子「それお前らの間だけで、だろ」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:35:06.84 ID:srASEtbn0

ほむら「どうにか来てもらえたわ」

マミ「佐倉さん…」

杏子「ぬか喜びすんなよ。気に入らなかったらすぐ解消だからな」

マミ「それでもいいの。あなたとまた一緒に戦えるんだもの」

さやか(マミさんもけっこう意地っ張りなとこあるんだね)

まどか(素直が一番だよ。本当の意味で)


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:42:33.98 ID:srASEtbn0

——結界——

ほむら「杏子。私もマミも格闘戦は専門外だから、アテにしてるわよ!」

杏子「わかってるって。おいマミ、腕は衰えてないだろうな?」

マミ「誰に言ってるのかしら? さぁ、変身するわよ!」マミン

ほむら「するなら今のうちね」ホムン

杏子「ブフッ!!!」

マミ(しまった!)

杏子「ちょっ… ちょっと待って… なにその恰好……」ガクッ

マミ(立てないほど!?)


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:53:15.72 ID:srASEtbn0

ほむら「大丈夫? 杏子ちゃん!」

杏子「いやオマエのせいだろ! しかも変な呼び方すんなよ!」

ほむら「わ、わたし何もしてないよ!」

杏子「ご、ごめんマミ…… やっぱ二人で行って……」

マミ「それしかなさそうね……」



さやか「おかえり、早かったね」

まどか「杏子ちゃん一人だけ? ほむらちゃんとマミさんは?」

杏子「まだ中にいるよ。あいつら、いつもああなの?」

まどか「? そうだけど、どうかしたの?」

杏子「いやさ…… こりゃ尋常じゃない街に来ちゃったわ……」

まどか「そんなことないよ。普通だよ」

杏子「……普通って、難しいよね」


 おわり


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:54:55.15 ID:srASEtbn0

こんな時間までみんなありがとう

無性にバカみたいな百合スレを書きたかったんだ


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:55:35.80 ID:eILUP3Cm0


普通ではなかったな


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:56:26.54 ID:JbBX4+pr0

普通すぎて乙しかできない


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:57:34.93 ID:Pf1NkgeR0

普通だったが乙しよう


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 02:10:43.80 ID:YfHO+6fQ0

普通に乙


この記事へのコメント

- 名無しさん - 2012年10月29日 10:41:32

「どこが普通だよ!」という突っ込みも
読み終わった頃には無くなっていました

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。