スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星空みゆき「獅子咆哮弾?」響良牙「ハッピーシャワー?」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351006453/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 00:34:13.78 ID:ecbtNti10

みゆき「今日はみんなでピクニックー!」

キャンディ「楽しみクルー!」

あかね「ええ天気や!絶好のアウトドア日和やで!」

なお「早く山頂を目指そうよ!みんなでお弁当を食べよう!」

やよい「待って、なおちゃんゼーゼーわたしそんなに速く、歩けない......」

れいか「焦らずゆっくり行きましょう。お昼までもう少しありますから」

あかね「それにしても、ウチら以外にもピクニックに来てる人結構おるんやなぁ」

みゆき「ほんとだね。あ、見て。すごく大きなリュックサックを背負ってる人が居るよ。あの人もピクニックかな?」

良牙「風林館高校はどこだー!?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 00:39:46.64 ID:9t3MwYPe0

なお「何か叫んでるね」

やよい「あの人は多分ピクニックじゃないんじゃないかな......」

れいか「なにやら道を探しているようですが」

みゆき「迷子なのかな。でもこの登山道一本道だよ?」

あかね「なんにしても困ってるんやったら助けてやらんとな。おーい兄さーん!そんなに焦ってどないしたんやー!?」

良牙「ん?あんたたち地元の人間か?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 00:43:42.25 ID:9t3MwYPe0

あかね「せや。兄さんなんか困っとったみたいやけどどないしたん?」

良牙「いや、ちょっと道に迷ってしまってな」

れいか「どちらに行かれるおつもりなのですか?」

良牙「風林館高校を目指してるんだが、お前たち知らないか?」

なお「風林館高校?聞いたことないなぁ」

やよい「わたしも分かんないや」


8: レベル足らなくて細切れになるスンマセン 2012/10/24(水) 00:46:05.66 ID:9t3MwYPe0

れいか「地図とかお持ちではないのですか?」

良牙「簡単な地図ならここに」

あかね「これ東京と違うか?」

みゆき「ここ栃木だからもっと南だよ」

良牙「そうか南か。ありがとう、助かる」

なお「というかお兄さんの荷物大きすぎない?旅でもしてるの?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 00:51:14.75 ID:9t3MwYPe0

良牙「旅というわけではないんだが、俺は出かけるときはいつもこんな感じだ。何故かなかなか目的地に着けないんだ」

れいか「どこか遠方から来られたんですか?」

良牙「いや、風林館高校の隣町から出発したはずなんだが気づいたらこんなところに」

一同(極度の方向音痴なんだ......)

良牙「とりあえず目指す方向が決まって助かった。それじゃ」スタスタ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 00:53:28.99 ID:9t3MwYPe0

あかね「気ぃつけてなー」

やよい「なんだか怖そうな人だったね」

れいか「そうでしょうか?真面目な好青年といった印象でしたが」

なお「でも威圧感はあったよね。体格が良かったし」

あかね「せやな。荷物も軽々かついどったしな」

みゆき(なんだか、どこか寂しい感じのする人だったなぁ......)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 00:57:41.27 ID:9t3MwYPe0

アカオーニ「良い天気オニ!人間どももたくさん居るオニ!」

子ども「パパ!ママ!早くー!」

男「最初に張り切りすぎると後でバテちゃうぞ~」

女「ママ腕によりをかけてお弁当作ってきたから山頂で食べましょうね」

アカオーニ「ただ山に登るだけなのにみんな幸せそうオニ!ムカつくオニ!」

アカオーニ「バッドエンドに染めてやるオニ!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:01:36.50 ID:9t3MwYPe0

良牙「目指すべき方向も分かった。なんとかたどり着けそうだな」

良牙「ん?なんだあの変な格好をした大男は?」

アカオーニ「世界よ!最悪の結末、バッドエンドに染まるオニ!白紙の未来を黒く塗りつぶすオニ!」

良牙「な、何だこれは!?ち、力が…」

アカオーニ「人間どもの発したバッドエナジーが悪の皇帝ピエーロ様をよみがえらせていくオニ!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:04:37.69 ID:9t3MwYPe0

みゆき「これは、バッドエンド空間!?」

キャンディ「あそこクルー!」

子ども「ピクニックなんていいから部屋に引きこもりたい…」

男「家族サービスめんどくせぇ…」

女「海外旅行とか行きたい、今時ピクニックって…」

れいか「アカオーニ!これはあなたの仕業ですね!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:06:47.02 ID:9t3MwYPe0

アカオーニ「げ、プリキュアオニ!?」

やよい「見て、さっきのお兄さんもいるよ」

良牙「どうせまた道に迷ってしまうに決まってる…」

アカオーニ「いっつもいっつもしつこいオニ!この青っ鼻で片づけてやるオニ!出よ、アカンベー!」

リュックアカンベー「アッカンベ~!」

あかね「あ、兄さんのリュックが!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:09:07.29 ID:9t3MwYPe0

みゆき「ピクニックを楽しんでる人を不幸にするなんて許せない、行こうあかねちゃん!みんな!」

良牙「あ、かね…」ピク

一同「プリキュア!スマイルチャージ!!」

中略

一同「輝け!スマイルプリキュア!」

アカオーニ「アカンベー!プリキュアどもをやっつけるオニ!」

良牙「あかね、さん…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:11:32.01 ID:9t3MwYPe0

アカンベー「アッカンベ~」 ガサゴソ ビュン

サニー「うわ!頭からリュックサックの中身を取り出して手当たり次第投げつけて来おる!」

マーチ「く、この攻撃のせいで迂闊に近寄れない」

ビューティ「わたしが何とかします。プリキュア!ビューティブリザード!」

パキィン

ハッピー「うまい!足下を凍らせて動きを封じた!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:13:38.62 ID:9t3MwYPe0


ピース「いや、待って!」

アカンベー「アッカンベ~」シュボ メラメラ

サニー「ライターを取り出して氷を溶かしおった…」

アカンベー「アッカンベ~」 ビュンビュン

ピース「今度はバンダナを取り出して振り回し始めたよ!?」

良牙「あかねさんは、乱馬と結婚を…」ズズズ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:15:43.09 ID:9t3MwYPe0


サニー「兄さん何でバンダナなんか持ち歩いとるんや?」

アカンベー「アッカンベ~」ビュン

マーチ「うわああああああ!」

ハッピー「マーチ!」

アカオーニ「いいオニ!もっとやるオニ!」

良牙「俺は、あかねさんとは、結ばれない…」ぐももももも


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:17:58.20 ID:9t3MwYPe0

ビューティ「なんとかして隙を作らないといけませんね」

良牙「気が重い…」

サニー「でもどうやってや?青っ鼻には技も効かへんで!?」

良牙「俺は…」

ハッピー「みんなあきらめないで!何か手があるはずだよ!」

良牙「不幸だ…!」シュウウウウウウウウウ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:20:04.94 ID:9t3MwYPe0

良牙「どこの誰かは知らんが、俺を不幸にするとは迂闊だったな...!」

良牙「喰らえ!獅子咆哮弾!」

ドオオオオン

一同「!?」

アカンベー「ア、アッカンベ~!」 スザアアア

アカオーニ「な、なんだオニ!?アカンベーが吹き飛ばされたオニ!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:22:31.28 ID:9t3MwYPe0

良牙「はっ!俺は何を?これは一体?」

ハッピー「な、なに今の?」

ビューティ「今、ハッピーシャワーのような技が…」

マーチ「アカンベーを吹き飛ばした?」

ピース「でも、青い鼻のアカンベーに技は効かないんじゃ…?」

サニー「今の、兄さんがやったんか?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:24:44.96 ID:9t3MwYPe0

良牙「おまえたちは?雰囲気が違うけどさっきの五人組か?」

ハッピー「う…ごめーんお兄さん。わたしたちがさっきの五人組かどうかは秘密なの~」アセアセ

サニー「って、それをいったらバラしとるんと同じやないか!」

アカオーニ「どうなってるオニ!あの男は何者オニ?青っ鼻に技は効かないんじゃないオニ?」


34: 文字制限きっつ・・・ 2012/10/24(水) 01:28:33.47 ID:9t3MwYPe0

良牙「なんだあの化け物?おまえたちは一体?」

ビューティ「説明は後です。アカンベーを倒すのに協力していただけないでしょうか」

良牙「あの化け物のことか」

ビューティ「そうです。さっきの技をもう一度撃っていただくことはできますか?」

良牙「ああ、いけるぜ」

ビューティ「その技を、もう一度アカンベーにたたき込んでほしいのです」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:31:19.41 ID:9t3MwYPe0

マーチ「そうか!さっきの技でアカンベーの隙を作るんだね!」

サニー「それならレインボーヒーリングを奴にたたき込めるな!」

ピース「お願いしますお兄さん!平和を守るためなんです!」

良牙「いまいち飲み込めないが、あの化け物は放置するのはマズそうだ。いいぜ、もう一度獅子咆哮弾をお見舞いしてやる」

キャンディ「わーい!ありがとうクルー!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:33:29.10 ID:9t3MwYPe0

良牙「うわ!人形がしゃべってる?」

キャンディ「キャンディは人形じゃないクル!」

良牙「人形じゃない、ってことは…可哀想に、おまえはどの呪泉郷で溺れたんだ?」

キャンディ「じゅせんきょうって何クル?」

アカオーニ「何をごちゃごちゃ言ってるオニ!アカンベー、今の内にやっちゃうオニ!」

アカンベー「アッカンベ~」シュッ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:35:45.25 ID:9t3MwYPe0

良牙「うわ!人形がしゃべってる?」

キャンディ「キャンディは人形じゃないクル!」

良牙「人形じゃない、ってことは…可哀想に、おまえはどの呪泉郷で溺れたんだ?」

キャンディ「じゅせんきょうって何クル?」

アカオーニ「何をごちゃごちゃ言ってるオニ!アカンベー、今の内にやっちゃうオニ!」

アカンベー「アッカンベ~」シュッ


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:38:37.43 ID:9t3MwYPe0

ハッピー「バンダナを手裏剣のように投げつけてきたよ、4つも!」

サニー「あれはウチらでくい止めるんや!兄さん、頼んだで」

サニー「プリキュア!サニーファイヤー!」チュドーン

ピース「プリキュア!ピースサンダー!」チュドーン

マーチ「プリキュア!マーチシュート!」チュドーン

良牙「うお!おまえらこんな技まで使えるのか!?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:40:43.88 ID:9t3MwYPe0

ハッピー「気合いだ!気合いだ!気合いだ!気合いだー!」

ハッピー「プリキュア!ハッピーシャワー!」チュドーン

良牙「なにぃ!?俺の獅子咆哮弾そっくりだ!」

キャンディ「今クルー!」

良牙「お、おう!ん゛~~~(あかねさん…)」

良牙「獅子咆哮弾!」 ドゴオオン


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:42:52.89 ID:9t3MwYPe0

アカンベー「アカン…」

ビューティ「今ですみなさん!」

中略

一同「レインボーヒーリング!」

アカオーニ「悔しいオニ!次はこうはいかないオニ!」

やよい「やったぁ!アカンベーを倒せた!」

良牙「おまえら、いつもあんな化け物と戦ってるのか?大変だな」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:44:53.71 ID:9t3MwYPe0

れいか「お兄さんこそ、さっきの技は何だったのですか?」

なお「そうだよ、アカンベーを吹き飛ばすなんて」

あかね「凄かったなぁ!ハッピーシャワーみたいやったで 。なぁみゆき」

みゆき「そ、そうだね…」

みゆき(確かに、構えや技そのものはそっくりだったけど、)

みゆき(なんだか、いやな感じのする技だった…)


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:50:39.97 ID:9t3MwYPe0

良牙「俺もおまえらについて聞きたい気分だ」

やよい「それだったら一緒にピクニックしませんか?」

なお「それいいね!山頂でお弁当でも食べながら話そうよ」

良牙「いいのか?」

あかね「遠慮はいらんで!ウチのお好み焼き分けたるわ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:52:59.23 ID:9t3MwYPe0

良牙「お好み焼き?おまえが作ったのか?」

あかね「そうや。ウチのお好み焼きは美味いで!」

良牙(右京みたいな奴だな)

良牙「じゃあ山頂を目指そう。俺は響良牙、よろしくな」

キャンディ「キャンディはキャンディクル!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:55:02.01 ID:9t3MwYPe0

みゆき「わたしは星空みゆき」

やよい「黄瀬やよいです」

なお「緑川なおです」

れいか「青木れいかと申します」

あかね「日野あかねや」

良牙「あかね!?」

あかね「どうしたんや、びっくりして?」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:57:05.80 ID:9t3MwYPe0

良牙「い、いや。何でもない…」

あかね「兄さんは良牙さんやな。ウチらの名前は覚えてくれたか?」

良牙「ああ。そっちからキャンディ。みゆき。やよい。なお。れいか。あかね、さん…」

あかね「って、なんでウチだけさん付けなんや!?」

良牙「す、すまん。だがこればかりはちょっと…」

良牙(だああ!他人とは言えなんか呼び捨てできないぜ!)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 01:59:23.17 ID:9t3MwYPe0

-山頂-

良牙「へぇ。変身して戦う伝説の戦士プリキュアねぇ」

キャンディ「そうクル!世界がバッドエンドに染まるのを阻止するクル!」

れいか「それで響さんにお伺いしたいのですが、先ほどの技は一体?」

良牙「獅子咆哮弾のことか」

みゆき「獅子咆哮弾?」

良牙「あぁ。不幸な気分を溜めてそれを撃ち出す技だ」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:03:19.27 ID:9t3MwYPe0

やよい「不幸な気分を?」

良牙「嫌なこと考えて重くなった気分を闘気に変えて撃つだけの簡単な技だ」

れいか「なるほど。バッドエンド空間での不幸な気持ちを撃ち出したというのですね」

良牙「あぁ。凄く嫌なことを思い出してしまったからな。気づいたら撃ってた」

なお「てことは浄化の力じゃないんだ」

あかね「凄い技やな。やるやん良牙さん!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:08:57.61 ID:9t3MwYPe0

良牙「俺からしたらおまえ等の技の方が驚きだぜ...炎とか雷とか」

みゆき「あれはね、スマイルパクトっていう道具に力を込めるとでてくるの」

良牙「スマイルパクト?」

れいか「変身したり技を使ったりするためのアイテムです」

良牙「なるほど。さっきの技はこのアイテムがないとでてこないわけか」

やよい「そう。だからなくしちゃうと大変なの」


52: 支援ありがとうございます 2012/10/24(水) 02:11:09.00 ID:9t3MwYPe0

なお「ちなみに必殺技を使った後は凄く疲れちゃうんだ」

良牙「特定の感情に依存しない点は便利そうだが対価もあるんだな」

あかね「その獅子咆哮弾っちゅう技には対価はないんか?」

良牙「特にないぜ。極端に疲れることもないし道具もいらねぇしな。ローリスクハイリターンってやつだ」

みゆき(本当にそうかな...?)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:13:51.27 ID:9t3MwYPe0

みゆき(技を使う度に不幸な気分にならなくちゃいけないなんて)

みゆき(そんなの絶対ハッピーじゃない)

みゆき(なにをリスクに感じるかなんて人それぞれ)

みゆき(でも、わたしならそんな技はいやだ)

みゆき(できれば、良牙さんにあの技は使ってほしくないな…)

良牙「ちなみにおまえ等の技はどんな技なんだ?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:16:01.36 ID:9t3MwYPe0

れいか「わたしの技は『ビューティブリザード』、手から吹雪を撃ち出します」

なお「わたしの技は『マーチシュート』、風の球をだしてそれを蹴って相手にぶつけるんだ」

やよい「わたしの技は『ピースサンダー』、両手をピースの形にしてそこから雷を発射するの」

あかね「ウチの技は『サニーファイヤー』、炎の球をだしてそれをアタックして敵にぶつけるんや」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:18:03.61 ID:9t3MwYPe0

みゆき「わたしの技は『ハッピーシャワー』、気合いをためてそれを撃ち出すの」

良牙「ハッピーシャワー?おい、みゆきのだけなんか路線が違わないか?」

みゆき「う、それは言わないで...」

良牙「ま、いいや。最初は獅子咆哮弾に似てるから興味があったがどうでもよくなった」

みゆき「え?」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:20:22.84 ID:9t3MwYPe0

良牙「おまえの技は特定の道具を使わないと出せないんだろう?」

良牙「もし俺にもできる技なら教えてもらおうと思ったが無理なようだな」

みゆき「良牙さんハッピーシャワー使いたいの?」

良牙「俺も武闘家の端くれだからな。強くなれる可能性があるなら使いたかったんだ」

良牙「それじゃ俺はそろそろ旅を再開する。お好み焼き美味かったぜあかねさん」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:23:02.98 ID:9t3MwYPe0

れいか「気を付けてくださいね」

あかね「店にきてくれたらいつでもご馳走するで!」

やよい「今度はまよわないようにね」

なお「無事着けるといいね」

みゆき「無理しないでね」

キャンディ「また遊ぼうクル~!」

良牙「あぁ、また会えたらな」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:25:33.04 ID:9t3MwYPe0

-数日後・バッドエンド王国-

テレビ「北海道に生息していたエゾオオカミは人間による駆除や気候、病気などが原因で絶滅したと考えられており…」

ウルフルン「く~なんて可哀想なんだエゾオオカミ!」

テレビ「本日は絶滅したエゾオオカミの特集でした。また来週お会いしましょう」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:27:44.67 ID:9t3MwYPe0

テレビ「こんにちは。お昼のニュースです。本日…」プチン

ウルフルン「くそー人間どもめ!自分たちの都合でエゾオオカミにひどいことを!」

ウルフルン「よーし!北海道に行ってエゾオオカミたちの弔いをしてくるぜ!」

ウルフルン「エゾオオカミの敵は討ってやるぞー!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:30:02.83 ID:9t3MwYPe0


-北海道某公園-

キャンディ「涼しいクル~」

やよい「ホント、北海道は涼しいね~」

あかね「厳しい残暑なんか忘れてまうな」

みゆき「ふしぎ図書館があれば暑いの我慢しなくてすむね」

なお「あれ?あそこにいるのって?」

良牙「風林館高校はどこだー!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:32:03.21 ID:9t3MwYPe0

れいか「響さん!?」

良牙「む、おまえたちはこの間の。何でこんなところに?」

あかね「それはこっちの台詞やで」

良牙「俺はただ東京目指して南に向かって旅をしていただけだ!」

れいか「南…?ここは日本の最北端、北海道ですけど…」

良牙「なんだって!?そんなバカな!」

一同(想像以上の方向音痴なんだなぁ…)


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:35:19.44 ID:9t3MwYPe0

良牙「ところでおまえ等はなんで北海道に?」

あかね「ちょっと涼みにな」

キャンディ「ふしぎ図書館のワープを使って来たクル」

良牙「ワープ?」

れいか「わたしたちはある方法を使って瞬間移動することができるんです」

なお「今年は残暑が厳しいから涼しいところでのんびりしたかったんだ」

良牙「そいつは便利だな。心底うらやましいぜ」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:41:32.23 ID:9t3MwYPe0

良牙「水場か…」

れいか「どうしたのですか?」

良牙「なんでもない、行こう」

なお「良牙さん私のお弁当も少し分けてあげるよ」

やよい「わたしの卵焼きもあげる」

れいか「わたしの焼き魚も分けてあげます」

みゆき「わたしのタコさんウインナーも」


66: 順番ミス 2012/10/24(水) 02:43:34.64 ID:9t3MwYPe0

みゆき「せっかくだから良牙さんものんびりしていこうよ」

あかね「今日もお好み焼き弁当持ってきてるから分けたるで」

良牙「本当か!?最近ろくなもん食ってないから助かるぜ」

なお「じゃあどこかでお弁当広げて食事にしようか!」

やよい「じゃああそこのため池の近くなんてどう?」

みゆき「いいね、あそこで食べよう!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:46:12.35 ID:9t3MwYPe0

良牙「ほんとか!ほんとにいいのか!」

良牙「うっめー!久しぶりだぜこんな美味い飯!」

キャンディ「みんなお料理上手クル~」

あかね「よろこんでもらえてなによりやで」

やよい「っていうかなんで傘さしてるの?」

良牙「ね、念のため…」

一同「?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:48:30.45 ID:9t3MwYPe0

みゆき「わたしお茶持ってきてるからみんなで飲もう」

みゆき「あれ、水筒のふたが硬くて開かないや」

あかね「どれ貸してみ。おりゃー!」ギリギリ

あかね「ぜーぜー、ホンマや。ビクともせんで…」

なお「大丈夫?わたしがやろうか?」

あかね「なんの!どりゃあーーー!!」

ギュル スポーン


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:50:32.92 ID:9t3MwYPe0

あかね「あかん!開いたけど手がすっぽ抜けてしもうた!!」

みゆき「良牙さんあぶなーい!」

良牙「なんの!」サッ

ビシャアー

なお「おお!傘で受け止めた!」

やよい「すごーい!早速傘が役に立ったね!」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:53:01.53 ID:9t3MwYPe0

あかね「すまん!大丈夫やったか!?」

良牙「ふっ。危ないところだったぜ…」

子ども「食らえー!水鉄砲攻撃ー!」キャッキャ

子ども2「そんなの当たらないぜー!」キャッキャ

良牙「ん?」

ビシャアー

一同「あ」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:55:07.21 ID:9t3MwYPe0

れいか「こら。水遊びをするときは周りに気をつけなくてはいけませんよ」

子どもたち「ごめんなさーい」

あかね「あーあ良牙さん、せっかくお茶は受け止めたのになぁ、ってあれ?良牙さんは?」

やよい「え?ほんとだ、いない」

なお「急にいなくなっちゃったね」

れいか「でも衣服や所持品はここにありますよ。もぬけの殻ですが」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:57:12.16 ID:9t3MwYPe0


キャンディ「服の中が動いてるクル。何かいるクル」

みゆき「本当だ。これは…」

Pちゃん「…」

みゆき「豚さんだー!?」

Pちゃん「ぴー!ぷぎー!」

みゆき「どういうことー!?」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 02:59:21.50 ID:9t3MwYPe0

あかね「なんで良牙さんがおらんようなって代わりに豚が!?」

やよい「かーわいー!」

なお「おーいしそー!」

れいか「みなさん落ち着いてください!敵の攻撃という可能性も…」

キャンディ「良牙クル~!」

一同「え?」

キャンディ「この豚さん、自分が良牙だって言ってるクル」

一同「えー!?」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:01:52.99 ID:9t3MwYPe0

Pちゃん「ぷぎー!?(俺の言葉がわかるのか!?)」

キャンディ「わかるクル!」

Pちゃん「ぷぎぷぎ!ぴーぷぎー?(そいつは助かる!ちょっと通訳をたのめないか?)」

キャンディ「おやすいご用クル!」

みゆき「キャンディ、ほんとにこの豚さんが良牙さんなの?」

キャンディ「ほんとクル。今から通訳してあげるクル」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:04:34.76 ID:9t3MwYPe0

Pちゃん「ぷぎー。ぷぎぷぎ。ぴー」

キャンディ「良牙はとある事情で、水をかぶると豚さんに変身しちゃうらしいクル」

やよい「それでさっき傘さして水を警戒してたんだ」

あかね「なんや可哀想な体質やなぁ」

Pちゃん「ぴーぴー。ぴーぷぎゅ」

キャンディ「お湯をかぶると元の姿に戻れるらしいクル」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:06:46.83 ID:9t3MwYPe0

キャンディ「だからみんなにお湯を沸かしてほしいって言ってるクル」

みゆき「よーしわかった!」

なお「そういうことなら助けてあげないと!」

キャンディ「リュックの中にカセットコンロと鍋があるらしいクル」

れいか「ではそれを使ってお湯を沸かしましょう」

あかね「水はため池の水でええな」

やよい「今の姿の方がかわいいのにな~」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:11:00.37 ID:9t3MwYPe0

ウルフルン「ここが北海道か。涼しいな」

子ども「まてー!」

子ども2「つかまらないぞー!」

ウルフルン「どいつもこいつも浮かれ騒ぎやがって」

ウルフルン「エゾオオカミはこの地で人間どもにひどい仕打ちを受けたというのに!」

ウルフルン「決めた!この公園の人間どもをバッドエンドに染めてやるぜ!」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:13:25.48 ID:9t3MwYPe0

ウルフルン「世界よ!最悪の結末、バッドエンドに染まれ!」

ウルフルン「白紙の未来を黒く塗りつぶすのだ!」

子ども「水鉄砲なんておもしろくない…」

子ども2「おいかけっこも疲れるだけだ…」

ウルフルン「人間どもの発したバッドエナジーが、悪の皇帝ピエーロ様をよみがえらせていくのだ!」

みゆき「これは、バッドエンド空間!?」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:15:46.06 ID:9t3MwYPe0

Pちゃん「ぴぃ…」

キャンディ「良牙もバッドエンドに染まっちゃってるクル!」

れいか「あそこです!」

ウルフルン「プリキュア!?チィ、また邪魔しに来やがったのか!」

あかね「公園にいる人をむやみにバッドエンドに染めるなんてゆるさへんで!」

やよい「そうだよ!良牙さんもこんなに元気をなくしちゃったじゃない!」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:18:10.97 ID:9t3MwYPe0

Pちゃん「ぷぎゅぅ…」

ウルフルン「あぁん?そんな小汚ぇ豚なんざどうだっていいんだよ!」

ウルフルン「しゃらくせぇ。今日はこの赤っ鼻で相手してやるぜ。出よ!アカンベー!」

ガスコンロアカンベー「アカンベー!」

みゆき「行こうみんな!」

一同「プリキュア!スマイルチャージ!!」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:20:29.78 ID:9t3MwYPe0

中略

一同「輝け!スマイルプリキュア!」

ウルフルン「しゃらくせえ!やっちまえアカンベー!」

アカンベー「アカンベー!」

カチッ ボワッ

サニー「うわ!こいつ火をおこしおったで!」

アカンベー「アカンベー!」

ボォォォォ

ビューティ「熱くて迂闊に近寄れませんね」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:24:32.62 ID:9t3MwYPe0

ボォォォォ パチパチ

マーチ「いや、近寄れないどころか…」

メラメラメラ

ハッピー「飛び火してる!」

ピース「まずいよ!公園が焼けちゃう!」

マーチ「ここは私のマーチシュートで」

ビューティ「待って!風は火の勢いを強めてしまいます!ここはわたしが!」

ビューティ「プリキュア!ビューティブリザード!」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:27:50.84 ID:9t3MwYPe0

パキィン

マーチ「うまい!吹雪で炎を消した!」

ピース「でもどんどん飛び火してて消火が追いついてないよ!ピースサンダーも火を起こしちゃうから消火はできない」

アカンベー「アカンベー!」メラメラ パチパチ

サニー「アカンベーを食い止めるんはウチに任しとき!」

ハッピー「ならわたしは消火を!プリキュア!ハッピーシャワー!」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:30:49.35 ID:9t3MwYPe0

チュドーン

ビューティ「なるほど、爆発で炎を消したのですね」

ハッピー「でもまだ消火しきれてない!」

サニー「とりゃー!」ドカ ドゴ

アカンベー「アカンベー!アカンベーー!」パチパチ

サニー「あかん、飛び火までは防ぎきれん!」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:32:54.26 ID:9t3MwYPe0

ウルフルン「いいぞアカンベー!その調子だ!」

ハッピー「このままじゃ勝てないよ!」

ビューティー「今回も良牙さんの力さえ借りられれば…」

マーチ「私たちは!」

ピース「池の水でバケツリレーくらいしかできない!」

ビューティ「池…そうだわ!サニー、あのため池にサニーファイヤーを!」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:35:56.09 ID:9t3MwYPe0

サニー「池に?何でや?」

ビューティー「考えがあるのです!お願いします!」

サニー「何やようわからんけどわかった!プリキュア!サニーファイヤー!」

ジュワ ゴポゴポ

ビューティ「今です!マーチ、あのため池にマーチシュートを!」

マーチ「わ、わたし?うん、わかった!プリキュア!マーチシュート!」

バシャア ビュオオォ


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:38:49.47 ID:9t3MwYPe0

ハッピー「サニーの炎が水を沸騰させて、マーチの風が池の水を巻き上げた!」

ビューティ「そうです。これはお湯の雨です!」

シュワァァァァァァ

ウルフルン「なに!?チクショー、炎が消えていきやがる!しかしなんでわざわざお湯に?」

ビューティ「それは」

良牙「獅子咆哮弾!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:41:21.64 ID:9t3MwYPe0

アカンベー「アカン!?」

ドゴオオォォ

ウルフルン「なに!何なんだ今のは!?」

良牙「俺を不幸にしたのは貴様か…」

ビューティ「そう、わざわざお湯にしたのは彼を元の姿に戻すためです!」

サニー「良牙さn、って何で裸なんちょっと///」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:43:46.16 ID:9t3MwYPe0


ハッピー「うわぁ!服!服を着てー!」

マーチ「キャンディ、ドレスデコルをはやく///」

キャンディ「了解クル!」レッツゴー ド レ ス

ピース(うは、いい体だった///)

ビューティ「不覚、これは想定外でした///」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:47:14.28 ID:9t3MwYPe0

良牙「豚になった上こんな醜態を…」

ウルフルン「てめぇさっきの小汚ぇ豚か!?何で人間に?あの技も一体なんだ!」

良牙「全て貴様のせいだな、許さん!」

ウルフルン「く、アカンベー!やっちまえ!」

アカンベー「アカンベー!」

良牙「獅子咆哮弾!」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:50:33.88 ID:9t3MwYPe0

ドゴオオォン

ピース「今だ!プリキュア!ピースサンダー!」チュドーン

アカンベー「アカン…ベ~」

キャンディ「やかんデコルゲットクル~!」

ウルフルン「くそ!覚えてやがれ!」

なお「ありがとう良牙さん!」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:54:55.03 ID:9t3MwYPe0

れいか「今回も響さんのおかげで助かりました」

やよい「眼福、じゃなくて、ありがとうございました」

あかね「相変わらず凄いなぁ獅子咆哮弾、ほんまおおきに!」

良牙「あぁ、そいつはよかった…」

みゆき(なんだろう、良牙さん元気がなくなってる気がする)

キャンディ「豚さんの格好もかわいかったクル!」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 04:00:57.10 ID:9t3MwYPe0


良牙「そのことは忘れてくれ、頼む…」

なお「でも何でそんな不思議な体質に?」

良牙「中国に呪泉郷という呪の泉があってな。そこで溺れたらこうなっちまったんだ」

みゆき「そうなんだ。可愛そう…」

やよい「気にすることないですよ!本当に可愛かったですから!」

良牙「お前それ慰めになってないぞ…」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 04:06:02.68 ID:9t3MwYPe0

れいか「元に戻る方法はないんですか?」

良牙「男になる呪泉郷に入れば元に戻れる」

あかね「一応手はあるんや。戻れるとええなぁ」

良牙「そうだな。お前らも中国に行くときは気をつけろよ」

なお「そうだね。何かと不便になりそうだし気をつけるよ」

良牙「それじゃ俺はまた旅に出るぜ」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 04:09:02.61 ID:9t3MwYPe0

みゆき「もういっちゃうの?」

良牙「あぁ。なんだか疲れた。早めに目的地を目指すことにする」

あかね「そっか。今度は迷いなや」

良牙「あぁ。またな」スタスタ

やよい「行っちゃった」

れいか「少し落ち込んでらっしゃるようでしたね」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 04:12:16.52 ID:9t3MwYPe0

あかね「まぁあんな体質じゃ苦労は絶えんやろな」

なお「でも不思議な泉もあるもんだね。溺れるとあんな体質になるなんて」

やよい「呪いかぁ。おっかないね」

みゆき(元気がなかったのは体質のせいだったのかな?)

みゆき(わたしは、)

みゆき(あの獅子咆哮弾っていう技のせいに思うんだけど…)


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 04:17:20.92 ID:9t3MwYPe0

すんません、ここで一旦切ります、明日があるから寝ないといけない
長らくvipにきてなかったからこんなに文字制限と秒数規制に手間取るとは思わなかったorz
諸事情で再開が数日先になるかもしれん
まとめられ(ることはないと思うけどもしまとめられ)たら後日続きを投下させていただきます


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 04:33:50.12 ID:fBu2G+Ch0


これほど続きが気になるSSは久々だ


この記事へのコメント

- 名無しさん - 2012年10月27日 03:03:04

俺得スレすぎる

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。