スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「響がメルニクス語しか喋れなくなった」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350834484/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:48:04.13 ID:g6jfoXeG0

響 「ウ バエムティ エ プディイドワンディ!」

P 「参ったな」

小鳥「参りましたね」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:54:00.13 ID:g6jfoXeG0

響 「プススティ エディン トゥヤ バイディドゥス
   オムドゥンディスティイイドゥ?」

P 「なぁ、いつもどおり日本語で喋ってくれよ」

響 「ウ エトゥ ティアン セトゥン エス オソエル」

小鳥「本当、これはなんて言葉なんでしょう」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:00:55.08 ID:Bw78lGgo0

誰かイヤリングもってこい


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:01:54.39 ID:g6jfoXeG0

響 「オトゥ ウスムティ ウティ エオドゥウブルン」

P 「なんだ?お腹すいたのか?」

響 「ティアウス ウス エ ギイドゥ ワアエムワン!
   ウ リヌン ヤイオ!」

小鳥「予想外にはしゃいでいますね…」

貴音「どうなされたのですか」

P 「おぉ、貴音か
  実は響がな、日本語しゃべれ無くなって…
  でもこれは貴音でもわからんよなぁ…」

響 「プディイドワンディ!
   ウ リヌン ヤイオ!」

貴音「なるほど、メルニクス語ですか」

響 「バイバ!」

P 「おぉ、わかるのか!」

貴音「プロデューサーが好き、と響は申しております」

響 「イイプス…」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:09:48.85 ID:g6jfoXeG0

P 「ほ、本当にそんなこと言ってるのか?」

響 「アンワクー!」バタバタ

貴音「…ほんの、冗談でございます」

響 「タカネ…」

小鳥「名前は言えるんですね」

貴音「ですが、メルニクス語でしたら多少心得がございます」

P 「おぉ、これは助かったよ!」

響 「ギルルヤ エ タカネ ウス バイムドゥンディホル!」

貴音「ふふ、ありがとうございます」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:16:32.36 ID:g6jfoXeG0

小鳥「それにしても困りましたね…
   今日のラジオ収録は他の子にお願いしましょうか」

P 「そうだな
  しかし、それだけじゃないぞ
  日常生活も困るだろ…」

響 「ウ エトゥ エルディウガティ」

貴音「自分は大丈夫、と申しております」

P 「大丈夫とは言ってもな
  常に貴音が通訳しているわけにもいかないし…」

響 「ウティ ウス エグディンントゥンムティ」

貴音「はいさーい、自分もだぞ、と申しています」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:24:29.60 ID:g6jfoXeG0

貴音「それではプロデューサー、これをお着け下さい」

P 「なんだこれは、ピアスか」

小鳥「わぁ、綺麗なアクセサリーですね!」

貴音「響も、これをつけるのです」

響 「ヤンス」

P 「ピアスはなぁ…穴開けてから6ヶ月の間
  献血できなくなるだろう?
  だからなぁ…」

貴音「響と献血!どちらが大切なのですか!」

P 「…響だよな」

響 「ウス ウティ ムンワンスセディヤ
   ティイ バイディディヤ?」

貴音「そこで悩む必要はあるのか?
   と申しております」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:29:25.13 ID:g6jfoXeG0

貴音「このぴあすは、おぉじぇのぴあすと申しまして、
   メルニクス語がわかるようになる装飾品でございます」

P 「つまり、ほんやくコンニャクみたいなもんか」

貴音「はて、それは何でしょうか」

小鳥「いいなー
   貴音ちゃん、私の分はないの?」

貴音「申し訳ございません、在庫を切らしておりまして」

P 「うし、つけたぞ
  響、どうだ!」

響 「ウティ ウス エルル ディウガティ!」

P 「変わらんな」

貴音「いい忘れておりましたが、
   二人の間に信頼関係が無いと翻訳されないのです」

響 「イア…」

P 「お、落ち込むな、響!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:43:10.12 ID:g6jfoXeG0

小鳥「プロデューサーさん、ラジオの出演、
   春香ちゃんにお願いしました」

P 「それは助かりました」

ガチャ

千早「プロデューサー、おはようございます」

P 「おぉ、おはよう」

千早「あの、本日はプロデューサーが
   オーディション会場まで案内して下さる、
   との事でしたが…
   なんですか、そのピアスは」

P 「あぁ、すまん
  そのことなんだがな、用事ができたんで、
  同伴するのは難しそうだ」

千早「…どのような用事ですか」

響 「バアエティ ウス ティアウス?」

P 「つまり、こういうことだ」

千早「はぁ?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:47:18.71 ID:g6jfoXeG0

千早「我那覇さんが、メルニクス語とやらしか喋れなくなった
   にわかには信じられませんが」

響 「ウ エトゥ シディディヤ」

千早「いえ、いいのよ、我那覇さんが悪いわけじゃないわ」

響 「ティアエムクス ヤイオ!
   ワイール!」

千早「わかりました、こういうことであれば、
   本日は一人で行ってきます」

P 「すまんな、後で埋め合わせはする」

千早「それでは…
   ふふ、埋め合わせの内容は、道すがら考えてみます」

P 「そうしてくれ」

小鳥「千早ちゃん、これ地図よ」

千早「ありがとうございます」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:52:44.56 ID:g6jfoXeG0

小鳥「ところでプロデューサーさん、
   ラジオ出演は代役を頼みましたが、
   この…グラビア撮影はどうしましょう」

P 「グラビア撮影か…
  ラジオみたいに喋ったりしないしな…
  響は、大丈夫そうか?」

響 「イフ ワイオディスン ウ エトゥ プンディフンワティ!」

小鳥「プロデューサーさん、わかりました?」

P 「いや、まだだ
  だが、なんとなく言いたいことはわかるよ
  大丈夫なんだな、響」

響 「ヤンス」

小鳥「あ、私もこれわかりますよ!」

P 「多分誰でもわかるよ」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:57:56.51 ID:g6jfoXeG0

小鳥「じゃあ、そろそろ出発しないといけない時間ですね」

P 「そうですね」

響 「プロデューサー!
   ルンティ オス グンティ ギウムグ!」

P 「…おう」

小鳥「どうしました?」

P 「いえ、なんでもないです」

小鳥「困った事があったら、すぐに電話して下さいね!」

P 「ヤンス」

小鳥「もー!プロデューサーさんまで!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 02:08:17.24 ID:g6jfoXeG0

響 「…」

P 「どうした、響」

響 「ミム…」

P 「…まぁそう気を落とすなよ?
  俺だってショックだったんだ
  俺と響は、信頼関係が築けてると思ってたんだがなぁ」

響 「プディイドワンディ…」

P 「でもな、さっきちょこっとだけ、
  響の言葉が聞こえたんだ
  だから、後ちょっとで全部わかるようになるさ」

響 「ウ アイプン シ」

P 「今は全く分からないがな!
  あっはっは!」

響 「ヂムティ ティンエスン!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 02:21:17.08 ID:g6jfoXeG0

P 「おーい響、着替え終わったかー?」

響 「ヤンス」

P 「そうか、そろそろ撮影だぞ」

響 「バエウティ エ トゥウモティン」

P 「ん、どうした?」

響 「…ヂンス ウティ フウティ?」

P 「そうだな、似合ってるぞ」

響 「エディン トゥヤ バイディドゥス
   オムドゥンディスティイイドゥ?
   バン エディン スティディイムグ ビムドゥ
   イフ エフフンワティウイム
   ブンティバンンム ティアントゥ!
   プロデューサー!
   ウ リヌン ヤイオ!」

P 「おーまてまて、ドードー
  何を言ってるかわからん」

響 「ヤイオ トスティ ブン クウドゥドゥウムグ!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 02:33:37.45 ID:g6jfoXeG0

P 「いやなんだ、言語がわからなくても、
  なんとなーく言いたいことが分かっただけなんだ」

響 「ウトゥ シディディヤ ヒディ
   トゥウソムドゥンディスティエムドゥウムグ」

P 「…うん、本題に戻るが、
  その水着、すごい似合ってるぞ」

響 「ティアエムク ヤイオ」

P 「そうだ、自信を持っていいぞ
  おっと、ただ、あまり喋らないほうがいいかもな」

響 「なんで?」

P 「カメラマンに、いらぬ心配を掛けたくないからな」

響 「へウディ ンミオガ」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 02:41:30.83 ID:g6jfoXeG0

カメ「うーんいいねー響ちゃん!
   次は元気に谷間を強調してみようか!」

響 「~♪」


P 「うん、順調だな
  言葉が通じない以外は普通の響なんだよなぁ…」

カメ「じゃあ次は寝っ転がってみようかー!」

響 「ヤンス!」

P 「あっ、バカ!」

響 「バアエティ ウス ウティ?
   ウス ウティ トゥヤ へオルティ?」

カメ「おーいいねー!沖縄の言葉かなー?
   響ちゃんらしいよー!」

P 「…まぁカメラマンに言葉は通じなくてもいいもんな」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 02:50:44.95 ID:g6jfoXeG0

P 「響、お疲れさん」

響 「へへん!自分頑張ったぞ!」

P 「おおっ!響が何を言っているかわかる!」

響 「ディンエルルヤ?」

P 「…ちょっとだけだったが」

響 「バアエティ ドゥウドゥ ヤイオ セヤ?」

P 「まぁまぁ、そう怒るな」

響 「怒ってないぞ!」

P 「あはは…」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 02:54:33.99 ID:g6jfoXeG0

P 「ただいま戻りましたー」

響 「ただいまだぞー!」

小鳥「あ、おかえりなさい!
   響ちゃん、プロデューサーさん」

P 「音無さん!聞いてください!
  響の言うことが、ちょっとだけ分かるようになったんですよ!」

響 「トゥン ティイイ!」

小鳥「あら、そうなんですか?
   良かったじゃないですか
   私もピアス欲しいなぁ」

P 「うーん、これもう一組無いんですかね」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 02:59:03.57 ID:g6jfoXeG0

響 「プロデューサー、今日はもう仕事ないのか?」

P 「そうだな、今日はもう無いぞ」

小鳥「あらまっ!本当に普通に喋ってますね」

P 「全部がわかるわけじゃないですけどね」

小鳥「それじゃあ、今日は
   響ちゃんを家に帰したらどうでしょう」

P 「そうですね
  他の子に見つかって、千早みたいに揉めたら大変ですから」

響 「バンルル エルル トゥウスス ヤイオ…」

小鳥「今のはなんて言ってるんですか?」

P 「わからん」

響 「もう!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 03:05:10.44 ID:g6jfoXeG0

P 「そういうわけだ、響
  一人で帰れるか?」

響 「ヤイオルル アエヌン ティイ ヂ ウティ
   イヌンディ トゥヤ ドゥンエドゥ ビドゥヤ!」

小鳥「嫌がってますね」

P 「…よし、しょうがない!
  音無さん、今日は響と一緒に帰ります」

響 「バイバ!」

小鳥「うーん、本来なら止めたほうが
   プロデューサーとアイドルですし、止めるんですが
   緊急事態ですしね…」

響 「本当に一緒に帰るのか?」

P 「響が嫌じゃなかったらな」

響 「嫌じゃないぞ!
   めんそーれ!」

P 「こういうのって、トリリンガルっていうんでしょうか」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 03:09:38.64 ID:g6jfoXeG0

小鳥「それじゃあ気をつけて下さいね、プロデューサーさん」

響 「ギイドゥ ブヤ!ピヨコ!」

P 「それでは今日は失礼します

小鳥「また明日ー」



小鳥「プロデューサーさんとお揃いかー
   羨ましいなー」

貴音「真、憧れます」

小鳥「あら、貴音ちゃん帰ってきてたの?」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 03:23:36.22 ID:g6jfoXeG0

P 「いやー悪いな
  急に押しかけることになって」

響 「そんな事ないぞ!」

P 「そうか、ありがとな」

響 「ウ リヌン ヤイオ
   ティアンディンヒディン ルンティ
   ヤイオディ アエウディ ヂバム!」

P 「…いつになったら全部わかるんだろうなぁ」

響 「プロデューサー…」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 03:29:10.13 ID:g6jfoXeG0

響 「そのっ、プロデューサーは、
   自分の事どう思ってる?」

P 「どうって…信頼してるよ
  俺から見て、響は最高のアイドルだ」

響 「そういうことじゃなくて!」

P 「なんでなんだろうな
  こんなに響を信頼してるのに」

響 「ヂ ヤイオ リヌン トゥン?」

P 「なんで言葉が通じないんだ」

響 「むー…」

P 「響?」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 03:37:21.41 ID:g6jfoXeG0

響 「ヒディ ンゼトゥプルン
   ウフ ウ セウドゥ ウ バエス テドゥルヤ
   ウム リヌン バウティア ヤイオ
   ヤイオドゥ ティアウムク ウ バエス ルヤウムグ
   だから…」

P 「だから?」

響 「…ウトゥ シディディヤ」チュッ


P 「おわぁっ?!
  ひ、響?!いきなりどうしたんだ?!」

響 「自分の気持ち、だぞ」

P 「えっと…それはつまり…」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 03:49:00.41 ID:g6jfoXeG0

響 「もう!プロデューサーは鈍感だな!
   どうせ伝わらないだろうから言うけど、
   自分は!プロデューサーが大好きなんだぞー!

   アイドルとしてじゃなくて、女の子として!
   …この気持ちが伝わらないなら、
   言葉も伝わらなくて当然さー!」

P 「…ごめん」

響 「早く言葉を理解してほしいぞ」

P 「響の気持ちに気づいてやれなくて、ごめん」

響 「…へ?
   もしかして、さっきの言葉…」

P 「あぁ、響のキスで、目が覚めたよ
  俺も、響の事が…」

響 「う…うぎゃー!
   は、恥ずかしいぞー!」バタバタバタ

P 「ま、待て響ー!
  せめて、せめて止まって返事を聞いてくれー!」

響 「無理だー!止まったら死んじゃうー!」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 03:56:34.49 ID:g6jfoXeG0

小鳥「いいなぁ、ペアルック…
   ねぇ、貴音ちゃん
   あのピアス、どこで買ったの?」

貴音「そこの109で」

小鳥「へー、109に、あんなの売ってるのね」

貴音「…プロデューサーと響の手前、黙っておりましたが
   あのぴあすには、言葉が翻訳されるような効能はございません」

小鳥「あら、そうなの?
   プロデューサーは、響ちゃんの言葉が分かった、って言ってたけど」

貴音「小鳥嬢…偽薬効果、というものをご存知ですか」

小鳥「言語の問題を偽薬効果で片付けるのはどうかと思うわ」

貴音「いけずです…」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:01:10.49 ID:g6jfoXeG0

小鳥「それにしても貴音ちゃん、明日から大変よ
   響ちゃんがメルニクス語しか喋れないとなると
   色々業務に支障が出るわ」

貴音「それならばご心配に及びません
   一晩休めば、響はメルニクス語の事は忘れておりますゆえ」

小鳥「…貴音ちゃん、何かしたの?」

貴音「ふふ、とっぷしぃくれっとです」


お し まい







千早「プロデューサーと一緒にオーディション来たかったなぁ…」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:17:52.17 ID:1o4b8iu50

おつ!


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:28:05.12 ID:4UvldXXK0

おつおつ


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:39:39.09 ID:+cyAMYB20

乙!
ホモルーデンスの称号と25ジイニをやろう


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。