スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレン「ルルーシュ!ごはんできたわよー!」ルルーシュ「わかった」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350550781/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 17:59:41.29 ID:YSqZ7Fc90

スザク「……」

ルルーシュ「スザク!!貴様は友達を売り渡すのか!!」

スザク「そうだ。友達を売り、僕は上に行く」

ルルーシュ「くっ……!」

シャルル「よぉくやったぁ……」

スザク「いえ」

シャルル「では、目を」

スザク「イエス、ユア・マジェスティ」グイッ

ルルーシュ「シャルルゥゥゥ!!!!またお前は!!俺を!!!」

シャルル「シャルル・ジ・ブリタニアが刻むぅぅ!!」キュィィン

ルルーシュ「やめろぉぉぉ!!!!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 18:02:50.43 ID:YSqZ7Fc90

チュン……チュン……

ルルーシュ「……」

カレン「ルルーシュ……起きて……」

ルルーシュ「ん?カレン?」

カレン「朝ごはん、できたけど」

ルルーシュ「今、何時だ?」

カレン「もう7時。そろそろ着替えないとダメじゃないの?」

ルルーシュ「そうだな」

カレン「お弁当はテーブルの上ね」

ルルーシュ「いつも悪いな」

カレン「そう思うなら、手伝ってほしいけど」

ルルーシュ「今晩は俺が作るよ」

カレン「ホント?やったぁ」

ルルーシュ「ふふ……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 18:07:37.55 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュ「カレン、まだか?」

カレン「ちょっと待って……」

ルルーシュ「置いて行くぞ」

カレン「なによ。私が起こさなかったら寝坊してるくせに」

ルルーシュ「それとこれとは関係ないな」

カレン「じゃあ、もう起こしてあげない」

ルルーシュ「それは困るな」

カレン「そう思うなら―――」

咲世子「ルルーシュ様、カレン様」

ルルーシュ「咲世子さん。どうかしましたか?」

咲世子「ミレイ様が生徒会室に来て欲しいと」

ルルーシュ「分かりました」

カレン「なんだろう?」

ルルーシュ「どうせ、くだらないことだろ。とはいえ、待たせたらどんな貧乏くじを引かされるかわからないな。急ごう」

カレン「待ってよ、ルルーシュ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 18:12:07.58 ID:YSqZ7Fc90

生徒会室

ルルーシュ「おはようご―――」

ミレイ「おっそーい!!」

カレン「呼ばれてから10分もたってませんけど……」

ミレイ「5分で来なさい。5分で」

ルルーシュ「で、用件はなんですか?」

ミレイ「昨日、ふと思ったのよね」

カレン「何をですか?」

ミレイ「ほら、ルルーシュとカレンが結婚したのになんでか祝ってないなーって」

ルルーシュ「そういえば……。不思議と事実だけを伝えて終わりましたね」

カレン「でも、あのときはみんなからたくさんお祝いの言葉を貰いましたし」

ミレイ「ダメよ、ダメダメ!!折角、結婚したのに生徒会で盛大なパーティーもしないなんて!!」

ルルーシュ「そんな今更じゃないですか」

カレン「いいですよ。恥ずかしいし」

ミレイ「やるったらやる!!生徒会で結婚式をやるの!!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 18:16:49.70 ID:YSqZ7Fc90

ミレイ「ニーナもスザクくんもいなくなって、寂しいしねぇ」

カレン「はぁ……」

ルルーシュ「騒ぎたいだけですか……」

ミレイ「じゃあ、カレンはドレスをきないとダメよねー」

カレン「ドレスって……」

シャーリー「……」

ルルーシュ「シャーリー?どうした?」

シャーリー「うーん……」

ミレイ「おはよー。シャーリー」

シャーリー「おはようございます」

ルルーシュ「何かあったのか?機嫌が悪いみたいだけど」

シャーリー「別に。なんだか腑に落ちないだけ」

カレン「……?」

ルルーシュ「腑に落ちないって、何がだ?」

シャーリー「それが分からないから困ってるの」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 18:20:54.95 ID:YSqZ7Fc90

リヴァル「会長!!頼まれた奴、買って来ましたよっと」

ミレイ「ご苦労、リヴァルくん」

リヴァル「いえいえ。カレンとルルーシュのためですから」

シャーリー「……」

ルルーシュ「シャーリー?」

シャーリー「ねえ、ルル?」

ルルーシュ「なんだ?」

シャーリー「カレンのこと、どこで好きになったの?」

ルルーシュ「え?」

カレン「シャーリー、どうしたのよ?」

シャーリー「気になるの」

ミレイ「ちょっと、シャーリー」

シャーリー「でも」

ルルーシュ「カレンをどこで好きなった……か。……カレン、思い出せるか?」

カレン「え?うーん……ルルーシュを好きになったときのこと……?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 18:27:25.56 ID:YSqZ7Fc90

シャーリー「どうなの?」

ルルーシュ「……」

カレン「あれ?ルルーシュっていつプロポーズしてくれたっけ?」

ルルーシュ「おいおい。あれは……雨の日にお前が外でずっと待ってくれていたときだろ?」

カレン「あー、そうだったわね」

シャーリー「付き合い始めたのって半年ぐらい前からだよね?」

ルルーシュ「ああ。そうだな」

カレン「うん。私からルルーシュに告白して……」

ルルーシュ「キスしたんだよな」

カレン「も、もう!!そんなこと言わなくてもいいでしょ!!」

リヴァル「ヒューヒュー」

ミレイ「ごちそうさまー!!」

ルルーシュ「だが、いつ異性として意識し始めたのかは覚えていないな」

カレン「そうね。まぁ、そんなものなんでしょうけど」

シャーリー「そっかぁ……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 18:31:49.95 ID:YSqZ7Fc90

ミレイ「さー!!飾り付け開始よー!!」

リヴァル「よっしゃー!!」

カレン「あはは……。なんか恥ずかしいね……」

ルルーシュ「そうだな」

シャーリー「……」

ミレイ「どうしたの?」

シャーリー「……私、ルルのこと好きだったような気がするんですけど」

ミレイ「知ってるけど、それはもう諦めたって言ったじゃない」

シャーリー「諦めた?」

ミレイ「そうよ」

シャーリー「……諦めた……」

ミレイ「ほら、過去のことは水に流して!!ぱーっと行きましょう!!イエーイ!!」

シャーリー「―――恋はパワー!!!」

ミレイ「……!?」ビクッ

シャーリー「会長!!わ、私!!やっぱり諦めた覚えはないです!!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 18:37:48.88 ID:YSqZ7Fc90

ミレイ「何言い出すのよ?!」

シャーリー「だって……あの……」

ミレイ「ルルーシュとカレンは結婚したのよ?もう取り返しなんて……」

シャーリー「だって、変なんですもん!!」

ミレイ「頭が?」

シャーリー「私の記憶じゃ、すんなり諦めてるんです……。自分でも驚くぐらいスッキリと!」

ミレイ「潔い子に育って、私は嬉しいわ」

シャーリー「でも、そんなの私じゃないっていうか……」

ミレイ「過ぎたことはしょうがないでしょ?シャーリー?」

シャーリー「……」

カレン「今日の晩御飯はどうする?」

ルルーシュ「お前だけで十分だな」

カレン「何言ってるのよ。バッカじゃないの……ふんっ」

シャーリー「……っ」

ミレイ「シャーリー……ちょっと……。ここで変な諍いを起こしても誰も幸せにならないというか……」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 18:42:19.42 ID:YSqZ7Fc90

リヴァル「おーい!!この飾り曲がってないかー?!」

ルルーシュ「もうちょっと右だな」

リヴァル「わかったー」

カレン「……」

シャーリー「カレン」

カレン「なに?」

シャーリー「ルルと結婚して幸せ?」

カレン「ええ」

シャーリー「ホントに?」

カレン「何よ?ルルーシュはとても優しいし……」

シャーリー「変じゃないかな?」

カレン「変って?」

シャーリー「だって……私もルルのこと好きだもん!!」

カレン「はぁ?!」

ルルーシュ「……え?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 18:47:48.98 ID:YSqZ7Fc90

リヴァル「よっと……。こんなもんかー?」

ミレイ「ちょっとちょっと!!」

シャーリー「はー……はー……」

カレン「シャー……リー……?」

ルルーシュ「……」

シャーリー「私もルルのこと好きなのに、何もなかったって変だと思うの!!」

カレン「ちょっと待って。シャーリーだって祝福してくれたじゃない」

シャーリー「そうだけど……」

ルルーシュ「シャーリー……」

シャーリー「カレンとルルのことで一度も真剣に話したことがないって……どう考えてもおかしいよ……」

カレン「そういわれても……。シャーリーが身を退いてくれたんでしょ?」

シャーリー「うん」

カレン「なら、それでいいじゃない?」

シャーリー「……でも……私は……」

ミレイ「シャーリー……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 18:57:03.75 ID:YSqZ7Fc90

シャーリー「ごめん……。今日は帰るね」

ルルーシュ「あ……」

カレン「シャーリー、どうしたんだろう?」

リヴァル「おいってば!!」

ミレイ「もう少し左かなー」

リヴァル「りょーかい」

ルルーシュ「……」

ミレイ「ルルーシュ、どうしたの?」

ルルーシュ「カレン。確認したいことがある」

カレン「なに?」

ルルーシュ「告白した雨の日のことだが……。場所は……コンサートホールのところだよな?」

カレン「そうだけど?」

ルルーシュ「会長。俺がカレンとの結婚を報告したとき、誰が居ましたっけ?」

ミレイ「ルルーシュとカレンとシャーリーとリヴァルとニーナとスザクくんと私、だけど?」

ルルーシュ「そうですか」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 19:03:02.54 ID:YSqZ7Fc90

シャーリー「はぁ……」

ヴィレッタ「何をしている?」

シャーリー「先生……」

ヴィレッタ「またルルーシュと喧嘩か?」

シャーリー「……先生、ルルとカレンが結婚しているのはご存知ですよね?」

ヴィレッタ「無論だ。学生同士の結婚なんて後にも先にもあいつらぐらいだろうな」

シャーリー「……」

ヴィレッタ「どうした?」

シャーリー「なんか変なんですよね」

ヴィレッタ「……変?」

シャーリー「どうしても納得できないんですよ。ルルとカレンが結婚したなんて……」

ヴィレッタ「……」

シャーリー「なんかこう、喉に何かが貼りついたときみたいな気持ち悪さがあるんですよね……」

ヴィレッタ「そ、そうか。まあ、深くは考えるな」

シャーリー「んー……」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 19:08:05.04 ID:YSqZ7Fc90

地下施設

ヴィレッタ「報告は以上です」

スザク『シャーリーが……』

ヴィレッタ「問題はないと思いますが」

スザク『……』

ヴィレッタ「どうされますか?」

スザク『検討してみます。引き続き監視をお願いします』

ヴィレッタ「はい」

ロロ「殺しちゃえばいいのに」

ヴィレッタ「そういうわけにもいかない。昨日、記憶の改竄が行われたばかりなんだからな」

ロロ「不安分子は殺しておくのが利口ですよ?」

ヴィレッタ「余計なことはするな」

ロロ「分かっていますよ」

ヴィレッタ「……」

ヴィレッタ(またシャーリーか……)


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 19:15:10.71 ID:YSqZ7Fc90

黄昏の間

シャルル「ほう……。ワシのギアスに抗うか……!!」

スザク「シャーリーも強靭な精神を持っているようです」

シャルル「いや。ワシの考えた設定が浅すぎた故だろう」

スザク「では、どうされますか?」

シャルル「気づかれては厄介だな……」

V.V.「僕にいい考えがあるよ、シャルル」

シャルル「兄さん……」

V.V.「要するにそのシャーリーって子が邪魔なんでしょ?」

シャルル「障害になるやもしれませんからね」

V.V.「元々、ルルーシュにはナナリーという妹がいた。でも、今はいないでしょ?」

シャルル「兄さん……まさか……」

V.V.「そのシャーリーをルルーシュの妹にしちゃえばいいんだよ。兄妹という絆と記憶が刻まれれば、些細な矛盾は気にしなくなるよ」

スザク「でも、顔が似ていないから……」

V.V.「血の繋がっていない兄妹にしちゃえばいいじゃないか。それで解決だよ」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 19:18:59.32 ID:YSqZ7Fc90

数日後

スザク「……」

シャーリー「え……どこここ?!」

シャルル「よぉくきたな……」

シャーリー「怖い!!」

シャルル「だまれぇい!!!」

シャーリー「ひっ」

スザク「シャーリー、皇帝陛下の目を見るんだ」

シャーリー「ど、どうして?」

スザク「いいから!!」

シャーリー「でも……」

スザク「見るんだ!!」グイッ

シャーリー「うわ!?」

シャルル「シャルル・ジ・ブリタニアが刻む!!―――お前は今から!!!ルルーシュの義妹ぉぉぉ!!!」キュィィン

シャーリー「は―――」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 19:22:56.71 ID:YSqZ7Fc90

チュン……チュン……

ルルーシュ「……」

カレン「ルルーシュ!ごはんできたわよー!」

ルルーシュ「ん……」

シャーリー「ルルー。カレンが呼んでるよ」ユサユサ

ルルーシュ「あ……ああ……。おはよう、シャーリー」

シャーリー「うん。おはよう。ルル。ほら、顔洗ってきたら?」

ルルーシュ「偶にはお兄様って呼んでくれないか?」

シャーリー「もうそんな歳じゃないの!」

ルルーシュ「寂しいな。昔はもっと可愛かったのに」

シャーリー「今だって可愛いでしょ!!」

ルルーシュ「違うな。間違っているぞ」

シャーリー「可愛くないって言いたいの?!」

ルルーシュ「美人になりすぎなんだよ」

シャーリー「も、もう!!妹をからかわないで!!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 19:26:55.74 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュ「はいはい」

シャーリー「結婚しても変わらないんだから」

カレン「シャーリー、お皿運んでよ」

シャーリー「はーい」

カレン「……」

シャーリー「……」カチャカチャ

カレン「不思議ね」

シャーリー「え?」

カレン「少し前まで同級生だったのに……」

シャーリー「今じゃあ、私のお姉様だもんね」

カレン「ふふ……そうね」

シャーリー「ちょっと悔しいけど……」

カレン「シャーリー……」

シャーリー「……」

ルルーシュ「何をしているんだ、二人とも。朝食にしよう。遅刻するぞ?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 19:33:10.84 ID:YSqZ7Fc90

生徒会室

ミレイ「うーん……」

ルルーシュ「どうしたんですか、会長?」

シャーリー「ずっと唸ってますね」

ミレイ「いや、カレンとルルーシュの結婚式って盛大にやったわよね?」

カレン「ええ。もうすごい騒ぎになるほどに」

リヴァル「花火100連発はやっぱ圧巻だったな」

ルルーシュ「火事にならなかったのが不思議なぐらいだな」

シャーリー「ホント、ホント」

ルルーシュ「二度とやりたくないな。シャーリーが火傷したら大変だ」

シャーリー「もう!ルル!子ども扱いしないで!!」

ルルーシュ「妹扱いだよ」

シャーリー「一緒でしょ!!」

リヴァル「相変わらずのブラコンですかぁ?」

ルルーシュ「黙っていろ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 19:42:01.63 ID:YSqZ7Fc90

カレン「たまにこっちが妬けちゃうぐらいのブラコンよね」

ルルーシュ「カレン!!」

シャーリー「カレン!!」

ミレイ「もしかして。やっぱり二人って一線越えてたりするの?禁断の兄妹愛ってやつ?」

ルルーシュ「あ、あるわけないだでしょう!!」

シャーリー「そ、そうですよ!!どうしてルルなんかと!!」

ルルーシュ「なんかとはなんだ!!なんかとは!!」

シャーリー「ルルなんてなんかで十分でしょ!!」

ルルーシュ「もう少し可愛げのある妹になってくれないか?」

シャーリー「十分、可愛いです」

ルルーシュ「あのなぁ……」

カレン「いつもこんな調子なんですよ?私の入る隙がないぐらいなんです」

ミレイ「新妻としては辛いわよね。妹とイチャイチャする旦那を近くでみるのは」

カレン「全くです」

ルルーシュ「カレンも余計なことはいうな!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 19:48:53.32 ID:YSqZ7Fc90

ミレイ「仲がいいのは結構なことよね」

シャーリー「まぁ……はい……」

ルルーシュ「……」

リヴァル「でも、あのときはどうして何事もなくルルーシュとカレンが結婚できたんだっけ?」

ルルーシュ「え?」

リヴァル「だって、ルルーシュは二言目にはシャーリーシャーリーって言ってたし、シャーリーもルルーシュのこと―――」

シャーリー「リヴァル!!」

ミレイ「そうよね。私はてっきりシャーリーと結婚するものとばかり思ってたし」

カレン「それ、私の前で言いますか?」

ミレイ「だって、考えても見てよ。ルルーシュは妹のことをこれでもかってぐらい過保護にしてたじゃない?」

シャーリー「そんなこと……」

リヴァル「熱でたってだけで授業サボったときもあったよな?」

ルルーシュ「当然だ。シャーリーに熱が出たんだぞ。授業よりも看病が優先だ」

カレン「咲世子さんもいるのに?」

ルルーシュ「それは……」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 19:59:05.77 ID:YSqZ7Fc90

ミレイ「まぁ、二人の間に血縁関係はないから……」

ルルーシュ「会長。その話は……」

ミレイ「そうね。ごめんなさい」

シャーリー「……」

カレン「はい。この話は終わりにしましょう。昔は昔だし」

ルルーシュ「……それもそうだな」

シャーリー「うん」

ミレイ「じゃあ、リセーット!!」

ルルーシュ「魔法の言葉ですか?」

ミレイ「じゃあ、生徒会会議を始めます。何かある人ー」

ミレイ「なーし。では、解散」

ルルーシュ「……」

カレン「ルルーシュ、帰りましょ?」

シャーリー「ルルー、いくよー?」

ルルーシュ「シャーリー。ちょっといいか?」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:07:40.78 ID:YSqZ7Fc90

シャーリー「もう、なに?」

ルルーシュ「俺に告白したことあるよな?」

シャーリー「え……?」

ルルーシュ「リヴァルの話で何か引っ掛かるんだ」

シャーリー「告白って……昔のことでしょ……」

ルルーシュ「雨の日に……」

シャーリー「やめて!!」

ルルーシュ「……!」

シャーリー「私とルルはただの兄妹……だから……」

ルルーシュ「そうだな……。で、そのあとシャーリーに童貞とか罵られて……」

シャーリー「はい?」

カレン「兄妹だけでコソコソしないでほしいんだけど。私も一応身内だからね」

ルルーシュ「ああ、悪かったな」

シャーリー「ほら、もうかえろ!」

カレン「ルルーシュ、行くわよ」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:14:10.50 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュの部屋

リヴァル『ルルーシュは二言目にはシャーリーシャーリーって言ってたし、シャーリーもルルーシュのこと―――』

ルルーシュ「……そこまで俺はシャーリーなんて言ってたか?」

ルルーシュ「いや、言ってた。確かに口癖のようにシャーリーの名前を口にしていたな」

ルルーシュ(でも、何故だ……。どうして……)

ルルーシュ(そうだ。確かにカレンのことも好きだ。愛している。だが、俺はそれ以上に妹のことを……)

ルルーシュ「……」

ルルーシュ「まてまて。俺はどうしてそんなにシャーリーを気にしていた……?」

ルルーシュ「シャーリーだからか。妹だからか……」

ルルーシュ(なのに何事もなくカレンと結ばれている現実は酷く違和感がある)

ルルーシュ「わからない……」

カレン「ルルーシュ?そろそろ寝る?」モジモジ

ルルーシュ「カレン、今日は気分じゃない。すこし散歩にでてくる」

カレン「え……」

カレン「初夜はいつになるのよ……」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:20:41.90 ID:YSqZ7Fc90



ルルーシュ「……」

咲世子「ルルーシュ様、夜風は体に障りますよ?」

ルルーシュ「咲世子さん。少し考えごとを……」

咲世子「考え事ですか?」

ルルーシュ「咲世子さん。俺は少しまでまでシャーリーのことばかり気にしていたように思えるんですが」

咲世子「ええ。ルルーシュ様はシャーリー様のこと大変可愛がっていました」

ルルーシュ「例えばどのように?」

咲世子「そうですね……。お料理を振舞ったり、シャーリー様が寝るときはいつも抱き上げてベッドまで―――」

ルルーシュ「シャーリーを抱き上げる?」

咲世子「はい。いつもそうしていたではありませんか」

ルルーシュ「ああ。そうですね。って、それはシャーリーが中等部の……」

咲世子「……」

ルルーシュ「咲世子さん。俺にもう一人、妹がいるということはないですよね?」

咲世子「シャーリー様……一人では……?いえ……あれ……?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:27:24.24 ID:YSqZ7Fc90

シャーリーの部屋

ルルーシュ「シャーリー!!」

シャーリー「きゃぁ!?」

ルルーシュ「……シャーリー……リー……」

シャーリー「な、なに……急に……?」

ルルーシュ「シャーリー。俺と風呂に入ったことあるよな?」

シャーリー「……あるけど?」

ルルーシュ「どうして一緒に入ってたんだ?」

シャーリー「そんなの……ルルと入りたかったから……」

ルルーシュ「だが、かなり最近まで入っていたよな?」

シャーリー「う、うん……。カレンと結婚してからやめようって話、したじゃない」

ルルーシュ「おかしい……」

シャーリー「な、なにが?」

ルルーシュ「シャーリー……いつの間にそんなに豊満な胸部になったんだ……?もっと小さな丘だっただろ……」

シャーリー「セクハラ!!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:32:21.82 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュ「すまない……。だけど……」

シャーリー「……そういえば」

ルルーシュ「どうした?」

シャーリー「ルルとお風呂にはいった記憶はあるけど……。ルルの裸があんまり想像できない……」

ルルーシュ「実は……俺もシャーリーの裸は想像できない」

シャーリー「どうしてかな……?」

ルルーシュ「ついでに言うとカレンの裸もだ」

シャーリー「え……。まだなの……?」

ルルーシュ「浮かんでくるのは、華奢でありながら魅力的な裸体と、妙にお尻の大きな体だけだ……」

シャーリー「……」

ルルーシュ「……」

シャーリー「ルル、私たち、疲れてるんだよ……きっと……」

ルルーシュ「そうだ。そうだな。忘れよう」

シャーリー「お休み……ルル……」

ルルーシュ「ああ。悪かったな。変なこといって。おやすみ」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:39:01.91 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュの部屋

カレン「すぅ……すぅ……」

ルルーシュ「……」チラッ

カレン「ん……ルルーシュぅ……」

ルルーシュ「……」ジーッ

ルルーシュ(違う。カレンのお尻では遠く及ばないでかさだった……)

ルルーシュ(なんなんだ……記憶の片隅にある巨大なお尻は……)

ルルーシュ(ここに居た……。誰か違う女が……)

ルルーシュ「カレンでもシャーリーでも咲世子さんでも会長でもない……。もっとお尻の大きな女がいたはずだ……」

ルルーシュ「誰だ……!!誰がいたんだ……!!」

ルルーシュ「考えても出てこないな……。寝るか」

ルルーシュ「……」

カレン「ルルーシュぅ……ふふ……」

ルルーシュ「カレン……」

ルルーシュ「おやすみ」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:40:34.53 ID:Tyy5SAIT0

どれだけ記憶に焼き付いてんだよ


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:42:49.08 ID:l2Cu20RG0

そりゃあんな尻が日常的に近くにあったら
脳内に焼き付くわ


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:43:39.73 ID:YSqZ7Fc90

翌日 中庭

ルルーシュ「シャーリー、ほら、口元に……」スッ

シャーリー「や、やめてよぉ……」

ルルーシュ「ほら、とれた」

シャーリー「いつまでも子ども扱いなんだか!!」

ルルーシュ「妹は一生妹なんだよ」

シャーリー「もう!」

カレン「ルルーシュ、はい。あーん」

ルルーシュ「カレン、恥ずかしいから……」

カレン「シャーリーにするのはよくて、私にされるのは嫌なの?」

ルルーシュ「そういう言い方をするな」

カレン「なら、いいでしょ?はい、あーん」

ルルーシュ「全く……」


リヴァル「いいなぁ……ルルーシュ……」

ミレイ「青春よねぇ……。いや、もうそんなの通り越してるか……」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:47:11.61 ID:YSqZ7Fc90

リヴァル「おーい、ルルーシュ。約束の時間だぜー」

ルルーシュ「ああ。そうだったな」

シャーリー「ルル!!どこ行くの?!授業は?!」

ルルーシュ「上手くいい訳しておいてくれ」

シャーリー「だめだってばぁ!!」

カレン「遅くなるの?」

ルルーシュ「夕食までには戻ってくる」

カレン「わかったわ」

シャーリー「カレンも止めないと!!」

カレン「止めたって止まらないでしょ?」

シャーリー「それは……」

ルルーシュ「よくわかってるな、カレン」

カレン「妻だからね」

ルルーシュ「怖い奴だ」

カレン「でも、危ないことはしないでよ、ルルーシュ?」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:51:42.03 ID:YSqZ7Fc90

カジノ

リヴァル「今日も圧勝だったな!」

ルルーシュ「貴族相手は楽でいい」

リヴァル「いやールルーシュさまさまだな!!」

ルルーシュ「ふっ。さてと、そろそろ帰るか」

リヴァル「新妻と可愛い妹が待ってるもんな」

ルルーシュ「そうだな」

バニー「えー?もうかえっちゃうんですかぁ?」

リヴァル「うわぁ!?」

ルルーシュ「ええ。たっぷりともうけさせて貰いましたからね」

バニー「そんなぁ、もっとゆっくりしていってくださいよぉ」

ルルーシュ「そういうわけにも―――」

バニー「サービスしますからぁ」プリンッ

リヴァル「うわー、いいお尻」

ルルーシュ「……」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:55:16.89 ID:YSqZ7Fc90

バニー「せめて、もう1勝負だけでもやっていきませんかぁ?」

リヴァル「ルルーシュ、どうする?」

ルルーシュ「……」

バニー「なんですか?」

ルルーシュ「……」

リヴァル「ルルーシュ?」

ルルーシュ「リヴァル、先に帰ってくれないか?」

リヴァル「は?なんで?」

ルルーシュ「用事を思い出した。とても大事な用事をな」

リヴァル「べ、別にいいけど……」

ルルーシュ「悪いな」

リヴァル「じゃ、じゃあな」

ルルーシュ「ああ」

バニー「思い出したのか?」

ルルーシュ「ああ……。全てをな」キリッ


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:55:33.36 ID:Tyy5SAIT0

尻で思い出すとは・・・


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 20:56:12.21 ID:YO/10Szb0

衝撃的だもんな


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:01:56.40 ID:YSqZ7Fc90

C.C.「とりあえずこれを渡しておく」

ルルーシュ「これは……」

C.C.「お前のナイトメアは用意してある」

ルルーシュ「そうか」

C.C.「今まで随分と楽しい生活を送っていたようだな?」

ルルーシュ「カレンもシャーリーもシャルルの玩具にされたようだな……」

C.C.「お前の周囲にいる人間は全員だ」

ルルーシュ「シャルルめ……!!」

C.C.「今すぐ行動を起こすのか?」

ルルーシュ「それは……まだ早い」

C.C.「……」

ルルーシュ「もうしばらくは普通の学生を演じる。監視の目もあるしな」

C.C.「本当にそれだけが理由かな?」

ルルーシュ「何が言いたい?」

C.C.「別に。お前が行動を起こすまで私はここで働いているから、いつでもこい。それじゃあな」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:06:34.88 ID:YSqZ7Fc90

黄昏の間

シャルル「……」

V.V.「ルルーシュ、思い出しちゃったみたいだね」

シャルル「C.C.の仕業でしょう」

V.V.「どうするの?」

シャルル「次なる一手は既に打ってあります」

V.V.「ルルーシュをもう一度、捕らえるの?」

シャルル「もうそれはできないでしょう。ルルーシュには三度も同じことをしましたから、奴も警戒しているはずです」

V.V.「なら……」

シャルル「……」

スザク「皇帝陛下」

シャルル「来たか……枢木よ……」

スザク「連行してまいりました」

シャルル「久しいな……」

コーネリア「……なんのつもりですか?」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:12:34.18 ID:YSqZ7Fc90

スザク「……」

シャルル「お前の行動など筒抜けだ、コーネリア」

コーネリア「……」

V.V.「ギアスのことを調べていたそうだね?」

コーネリア「知っていたのですね……父上……」

シャルル「とぉぉぜんだ」

コーネリア「なら、どうしてユフィを見殺しにした?!」

シャルル「……」

コーネリア「何か言ってください……」

シャルル「ワシはこう考えておる」

コーネリア「……」

シャルル「ルルーシュには平穏の中で死んでほしいとな」

コーネリア「馬鹿な……。もうルルーシュは後戻りできない場所にいるのですよ?!」

シャルル「奴は非力ではあるが有する思想は厄介だ。故に牙を抜く必要があぁる」

コーネリア「牙……?」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:17:45.08 ID:YSqZ7Fc90

シャルル「奴には全てを与えた。妻に妹に得難い友人を!!」

コーネリア「……」

シャルル「その温床が奴の足を鈍らせる」

コーネリア「それで……?」

シャルル「しかし、奴はまた牙を剥いた。また抜歯せねばならん」

コーネリア「私でルルーシュの牙を抜くというのですか?」

シャルル「日常という檻が強固になればなるほど、奴は身動きがとれなくなる」

コーネリア「私はもう……ルルーシュのことなど!!!」

V.V.「僕は嘘つきが大嫌いだ」

コーネリア「な……」

V.V.「憎みきれていないくせに」

コーネリア「……」

シャルル「さぁ、コォォネリアよ!!次なる一手になってもらうぞ!!!」

スザク「皇帝陛下の目を見てください!!」グイッ

コーネリア「い、いやだ……やめろ……!!」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:21:31.85 ID:YSqZ7Fc90

数日後 ルルーシュの部屋

ルルーシュ「……」カタカタ

カレン「ルルーシュ、コーヒーいれたけど、飲む?」

ルルーシュ「ああ。ありがとう」

カレン「最近、よくネットしてるけど、何かあるの?」

ルルーシュ「少しな」

カレン「ふぅん……」

ルルーシュ「……どうした?」

カレン「ねえ、結婚してからもう半年なんだけど……」

ルルーシュ「そうだな」

カレン「あの……そろそろ……初夜……」モジモジ

ルルーシュ「カレン」

カレン「なに?」

ルルーシュ「体は大事にしたほうがいい」

カレン「私……妻よね?」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:24:58.26 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュ「そうだが」

カレン「だったら!」

ピンポーン

ルルーシュ「誰かきたみたいだな」

カレン「こんな夜に?誰かしら?」

ルルーシュ(まさか……C.C.……?いや、それはありえない……)

カレン「私が出るから」

ルルーシュ(監視役の誰か……?)

カレン「はい?どちらさまですか?」

ルルーシュ(まだボロは出してない……はずだ……!)

カレン「え?は、はい……」

ルルーシュ「どうした?」

カレン「ルルーシュ……」

ルルーシュ「なんだ?」

カレン「ルルーシュの許嫁がきたみたいだけど?」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:29:08.51 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュ「許嫁?」

カレン「……そんなのいたの?」

ルルーシュ「いるわけないだろ」

カレン「でも、ルルーシュの許嫁と言えばわかるって」

ルルーシュ「なんだと?」

シャーリー「ふわぁぁ……だれかきたのぉ……?」

カレン「起こしちゃった?ごめん」

シャーリー「それはいいんだけど……」

ルルーシュ「分かった。俺が出る」

カレン「う、うん……」

ルルーシュ「代わりました。ルルーシュです。申し訳ないが私に許嫁など―――」

『とにかく開けて』

ルルーシュ「名前を聞いてもいいですか?」

『アーニャだけど』

ルルーシュ「知りません。帰ってくれますか?」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:34:33.33 ID:YSqZ7Fc90

『でも、ここに行けって記録が』

ルルーシュ「とにかく帰ってくれ。迷惑だ」

『開けて。寒い』

ルルーシュ「失礼します」ガチャン

カレン「悪戯?」

ルルーシュ「だろうな」

シャーリー「もういい迷惑なんだから……ふわぁぁ……」

カレン「おやすみ、シャーリー」

シャーリー「うん」

ルルーシュ「じゃあ、俺たちも寝るか」

カレン「寝るの?!」

ルルーシュ「普通にな」

カレン「……そう」

ルルーシュ「……」

ルルーシュ(しかし、アーニャ……どこかで聞いた名前だな……)


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:35:20.50 ID:eEpFdWiE0

こら寒がってるじゃないか入れてあげなさい


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:40:01.49 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュ「アーニャ……」カタカタ

ルルーシュ「そうか!!ラウンズのナイトオブシックス、アーニャ・アールストレイム卿!!」

ルルーシュ「いや、まて……そんな大物がここに来るわけ……」

ルルーシュ(まさか……監視目的で……?)

ルルーシュ(だが、露骨な手段をとるとも思えないが……)

ルルーシュ「……」

カレン「ルルーシュ?寝ないの?私の隣、ガラ空きなんだけど」

ルルーシュ「……すこし、散歩に行ってくる」

カレン「え……」

ルルーシュ「先に寝ててくれ」

カレン「ルルーシュ!!」

ルルーシュ「……アーニャ……確かめておくか……」

カレン「……」

カレン「……もう倦怠期なのかしら」グスッ


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:44:35.66 ID:YSqZ7Fc90



アーニャ「寒い」ガタガタ

ルルーシュ「……」

アーニャ「あ」

ルルーシュ(やはり、ラウンズの……!!)

アーニャ「部屋にいれて。あとココアもいれて」ガタガタ

ルルーシュ「あの。どうして貴方のような人物がここに?」

アーニャ「これ」ブルブル

ルルーシュ「携帯……?」

アーニャ「そこに記録がある。私はルルーシュの許嫁。今すぐ嫁げって」ガタガタ

ルルーシュ「……」

アーニャ「……いれて」ブルブル

ルルーシュ「そんな水着みたいな格好でくるからだろう?」

アーニャ「……くしゅん」

ルルーシュ「とりあえず、入れ」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:51:34.29 ID:YSqZ7Fc90

リビング

アーニャ「ふぅ……」

ルルーシュ「俺は一学生だ。君とは身分が違いすぎる」

アーニャ「……」

ルルーシュ「だから、嫁ぐ必要はない」

アーニャ「でも、記録にあるから。私にとってはそれが全て」

ルルーシュ「何を言ってる?」

アーニャ「記憶がよく食い違う」

ルルーシュ「なに?」

アーニャ「なかったことがあったり、知らないことを知っていたり。私はずっとそう」

ルルーシュ(記憶障害なのか?)

アーニャ「だけど、その記録は本当。私そのもの」

ルルーシュ「ここに書いてあればそれは君にとって真実であり、絶対ということか」

アーニャ「そう」

ルルーシュ(このタイミングだ。シャルルの差し金と考えてまず間違いないが、何が目的なのか全くわからない。しかし、何か意味があるはず)


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 21:56:17.83 ID:YSqZ7Fc90

カレン「ルルーシュ。どうかしたの?」

ルルーシュ「カレンか」

アーニャ「……」ゴクゴク

カレン「その子……誰?」

ルルーシュ「……」

アーニャ「ルルーシュの許嫁。よろしく」

カレン「私はルルーシュの嫁よ。よろしく」

アーニャ「……」

カレン「あ?」

ルルーシュ「カレン。落ち着け」

カレン「嫁のほうが強いわよね?」

ルルーシュ「よくわからないが」

アーニャ「許嫁も相当強いけど」

カレン「あん?」

アーニャ「やる?」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:03:14.47 ID:YSqZ7Fc90

シャーリー「もう……なぁにぃ……?」

ルルーシュ「起こしたか、悪いな。シャーリー」

シャーリー「それはいいんだけど……。何かあったのぉ?」

ルルーシュ「なんでもないよ。ほら、寝てくれ」

シャーリー「もう子ども扱いしないでってば」

ルルーシュ「……そうだな。本当はしたくない」

シャーリー「ふわぁぁ……」

ルルーシュ(シャーリー……すまない……。できることなら、お前だけでも元に……)

アーニャ「許嫁は約束されたお嫁」

カレン「嫁は成就した女なんだけど」

アーニャ「……」

カレン「……」

ルルーシュ「もう夜も遅い。寝よう」

アーニャ「うん」

カレン「三人で?」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:09:16.96 ID:YSqZ7Fc90

翌日 生徒会室

カレン「……」

リヴァル「ルルーシュ。カレンのやつ、機嫌悪そうだけど、なんかあったのか?」

ミレイ「もう離婚調停?」

ルルーシュ「違いますよ」

シャーリー「昨日、ルルの許嫁を名乗る女の子が来ちゃって」

ミレイ「許嫁!?」

リヴァル「お前!!義理の妹に嫁さんにメイドさんまでいて、許嫁ってなんだよ!!おい!!」

ルルーシュ「俺にもよくわからないんだ」

リヴァル「どういうことだよ?」

ルルーシュ「俺自身、許嫁がいたということを昨夜知ったんだ」

ミレイ「もしかしてルルーシュが生まれる前に親同士で交わされた約束事だったとか?!」

ルルーシュ「可能性はありますね」

リヴァル「俺にもそんな星の下で生まれたかった……」

シャーリー「妹の立場から言わせてもらうと、その節操のなさはどうかと思うけどね」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:15:45.55 ID:YSqZ7Fc90

ミレイ「そんなにいるんじゃ、シャーリーも大変ね」

シャーリー「全くですよ。……どういう意味ですか?」

リヴァル「あーあ。ホント、ルルーシュばっかだよなぁ」

ルルーシュ「隣の芝は青く見えるだけで、それほどいいものじゃない」

リヴァル「これ以上、俺を怒らせないほうがいい」

ミレイ「リヴァルもそのうちいいことあるわよ」

リヴァル「俺みたいな平凡な人間は新しくきた保険医さんで目の保養をさせてもうぐらいしかないっすよ」

シャーリー「保険医?」

ルルーシュ「……なんだそれは?」

リヴァル「知らないのか?一昨日から赴任した保険医が居るんだよ」

ミレイ「あのとんでもバディの人でしょ?健全な男子学生の目には毒よねぇ」

シャーリー「へー、知りませんでした」

リヴァル「ルルーシュ、見に行くか?」

ルルーシュ(胸騒ぎがする……。確認はしておくべきか……?)

シャーリー「ルル、ダメだからね?」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:20:51.00 ID:YSqZ7Fc90

医務室

リヴァル「ま、ルルーシュも男なら一度ぐらいは見ておくべきだもんな」

ルルーシュ「まぁな」

シャーリー「もう……ダメ兄なんだから」

リヴァル「失礼しマース」

コーネリア「……ん?どこを怪我した?言ってみろ」

リヴァル「えーと……」

コーネリア「頭が悪そうだな。悪いが馬鹿につける薬はない」

リヴァル「ひでぇ!!」

ルルーシュ「……」

コーネリア「なんだ?怪我人がいないなら出て行け」

シャーリー「本当にすごい……」

ルルーシュ(シャルル……!!あいつ……!!)

コーネリア「こっちも暇じゃないのでな。用がないなら退室してくれ」

リヴァル「は、はい。すいませんでした」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:28:24.07 ID:YSqZ7Fc90

リヴァル「な、ルルーシュ。すごかっただろ?」

ルルーシュ「確かにな」

シャーリー「……はぁ。自信なくなった」

リヴァル「まぁ、ルルーシュは周りにいっぱいいるから感動も薄いか」

ルルーシュ「そんなことはない」

シャーリー「ルル、もう帰ろう?カレンも待ってるだろうし」

ルルーシュ「そうだな」

ルルーシュ(コーネリアにヴィレッタがいる学園か……。気を抜くことができるのはベッドの上だけだな……)

リヴァル「はぁ……こんなことでしか自分を慰められないのが悲しいな……」

シャーリー「あはは……」

リヴァル「笑い事じゃないんだよ!」

シャーリー「ごめん……」

リヴァル「会長さえ……会長さえ振り向いてくれたら……!!」

ルルーシュ(そろそろ手を打つか……。このままでは全てのマスが敵の駒で埋まってしまう!!)

ルルーシュ(まずは……)


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:35:29.28 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュの部屋

ルルーシュ「久しぶりだな」

C.C.『どうした?』

ルルーシュ「学園にこい」

C.C.『なに?正気か?』

ルルーシュ「お前が必要なんだ、C.C.」

C.C.『……そこまで言うなら行ってやろう。しかし、無駄なリスクが増えるだけだぞ?』

ルルーシュ「どうもおかしい」

C.C.『なんのことかな?』

ルルーシュ「今まで異変にはすぐに気がつかなかったが、連日は明らかな異変が俺の周囲で起こっている。しかも、その異変に気がついているのは俺だけだ」

C.C.『それはシャルルによる記憶改竄がお前にだけ行われていないということだな』

ルルーシュ「何故、改竄せず、周りに壁だけを置いていくのか。答えは簡単だ。俺の記憶が戻ったことをシャルルは知っている」

C.C.『……』

ルルーシュ「理由はわからないが、そうとしか思えない」

C.C.(私がシャルルのギアスを無理やり解いたから、感付かれたとはいえないな。ルルーシュ、絶対に怒るだろうし)


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:39:07.57 ID:kyJ9CghC0

尻で解いたんですね


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:44:49.12 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュ「とにかく学園にこい。お前がいても状況はこれ以上悪化しない」

C.C.『わかった。では、三日後に合流する。で、バニーでもやればいいのか?』

ルルーシュ「それもいいが、ボディーガードをしてほしい」

C.C.『私がか?おいおい。見た目より丈夫ではあるけど……』

ルルーシュ「ギアス能力者がいるかもしれないからな」

C.C.『なに?』

ルルーシュ「俺の記憶が戻った場合の対処法としてまず考えられるのがギアス能力者を配置しておくことだろう」

C.C.『ギアスの盾になれというのか』

ルルーシュ「ああ」

C.C.『出来ればいいがな』

ルルーシュ「お前にしかできない」

C.C.『分かった。行ってやろう』

ルルーシュ「会えるのを楽しみにしている」

C.C.『精々、死ぬなよ』

ルルーシュ「俺は死なない。世界を変えるまでは」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:48:55.95 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュ「……」

カレン「ルルーシュ?」

ルルーシュ「どうした?」

カレン「あの……これでも体には自信あるんだけど……」モジモジ

ルルーシュ「また今度な」

カレン「……ルルーシュ!!」

ルルーシュ「どうした?」

カレン「私のこと……嫌いになったの……?」ウルウル

ルルーシュ「な……」

カレン「私はルルーシュのこと好きなんだけど……」

ルルーシュ「カ、カレン……おい……」

カレン「傍に置いておきたくないほど……嫌いなら……あきらめるけど……」

ルルーシュ「いや……そうじゃなくて……」

カレン「目障りじゃないなら……傍にいさせてよ……」

ルルーシュ「えっと……」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:50:06.02 ID:BnHPEmG60

本編見ると
シャーリー=嫁
C.C.=愛人・母親
カレン=友達以上奴隷未満
会長=とても親しい幼馴染のような先輩
スザク=妻
な気がする。


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:51:31.62 ID:Tyy5SAIT0

>>146
何言ってるんですか?
ナナリー=嫁
ナナリー=愛人・母親
ナナリー=友達以上奴隷未満
ナナリー=とても親しい幼馴染のような先輩
ナナリー=妻
こうですよ


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:52:34.86 ID:BnHPEmG60

ナナリーに先輩と母親と愛人は無理だろどう考えても…


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:54:51.37 ID:Tyy5SAIT0

>>150
全部全て何もかもナナリーでいいんだよナナリーで


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:11:13.04 ID:BwnsYjck0

>>150
ナナリーは私の母になってくれたかもしれなかった女性だ


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:13:25.70 ID:2KtcdfbR0

>>160
乗り換えかこのロリコンニュータイプめ


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 22:54:14.53 ID:YSqZ7Fc90

カレン「ルルーシュ……」

ルルーシュ「嫌いなわけないだろう。良く考えろ、カレン」

カレン「本当に?」

ルルーシュ「ああ」

カレン「じゃあ、好き?」

ルルーシュ「……ぁぁ」

カレン「聞こえないんだけど」

ルルーシュ「ああ!!」

カレン「はいかいいえで答えろ!!」

ルルーシュ「はいだ!!」

カレン「ルルーシュ、お腹すいたでしょ?今、ご飯つくるから、待っててよ」テテテッ

ルルーシュ「……」

ルルーシュ(まあいい。現状は維持しておく。C.C.がくるまでヴィレッタに感付かれても厄介だしな)

カレン「これはレンジでチンしようっと。―――弾けろ、ブリタニアっ♪」

ルルーシュ(俺は何も間違えていない!!)


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:00:18.58 ID:YSqZ7Fc90

カレン「はい、できたよ。ルルーシュ」

ルルーシュ「ああ、ありがとう」

カレン「ふふ。美味しい?」

ルルーシュ「ああ」

カレン「ありがとう」

ルルーシュ(そういえば、カレンの身体能力はどうなっているんだ?この状態でも戦えるんだろうな……)

カレン「なに?」

ルルーシュ「ふっ!」バッ

カレン「!?」グイッ

ルルーシュ「がっ?!」

カレン「いきなり、殴ろうとしてどういうつもり?」ググッ

ルルーシュ「い、いや……顔にソースがついていたから……」

カレン「あ、そうなんだ。ごめん」

ルルーシュ(よかった……戦力としては十分だ……。よし……)

カレン「もう恥ずかしい……どこでついたのかしら……」ゴシゴシ


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:05:44.38 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュ「ご馳走様。美味しかったよ」

カレン「うんっ。じゃあ、食器洗うからちょーだい」

ルルーシュ「俺がやるよ。これぐらい」

カレン「いいから。家事は妻の仕事なんだから」

ルルーシュ「そ、そうか……」

カレン「ルルーシュに任せると、私のやることなくなっちゃうし」

ルルーシュ「なら、任せる」

カレン「うん」

ルルーシュ「ふぅ……」

アーニャ「……ルルーシュ」

ルルーシュ「アーニャ、どうした?」

アーニャ「ココア、許嫁が入れたけど、のむ?」

ルルーシュ「……ああ」

アーニャ「美味しいから、飲んで」

ルルーシュ(アーニャはどうなんだ……。スパイと考えるのが自然だが……。少し探りを入れるか……)


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:10:53.77 ID:YSqZ7Fc90

アーニャ「……」

ルルーシュ「アーニャ。お前は俺と結婚したいということでいいのか?」

アーニャ「ルルーシュに嫁ぐけど」

ルルーシュ「俺のことがその……好きなのか?」

アーニャ「わからないけど、嫁ぐ以上、好きになる」

ルルーシュ「そうか」

アーニャ「……うん」

ルルーシュ「なら、俺の言うことを聞いてくれるか?」

アーニャ「いいけど、あと3年待って」

ルルーシュ「え?」

アーニャ「ルルーシュを犯罪者にしたくないから」

ルルーシュ「別にそういうのは期待してないが」

アーニャ「……」

ルルーシュ「アーニャ……?」

アーニャ「胸をどうにかしたほうがいいってこと?」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:17:47.65 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュ「違うな、間違っているぞ」

アーニャ「そう。安心した」

ルルーシュ(感覚がズレているのか。それとも演技なのか……)

アーニャ「……」ゴクゴク

ルルーシュ(ちぃ……確証を得難いな。既に堕ちているのか?)

アーニャ「ふぅ……」

ルルーシュ「アーニャ。率直に訊ねる」

アーニャ「なに?」

ルルーシュ「俺と結婚するために軍を辞める覚悟はあるか?」

アーニャ「どうして?」

ルルーシュ「嫁を戦場には立たせたくないからな」

アーニャ「……」

ルルーシュ(さあ、どう答える……)

アーニャ「……じゃあ、今から辞表書く」

ルルーシュ「!?」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:22:03.39 ID:YSqZ7Fc90

アーニャ「寿退社するため退役します……」カキカキ

ルルーシュ「……」

アーニャ「じゃあ、行って来ます」

ルルーシュ「待て」

アーニャ「なに?」

ルルーシュ「本気か?」

アーニャ「うん」

ルルーシュ(この目……本気だな……。迷いがない。ここまでの演技ができるなら、騙されてもいい)

ルルーシュ「分かった。アーニャの想いが本物であることは十分にな」

アーニャ「そうなの?」

ルルーシュ「ココア、美味しかった。ありがとう」

アーニャ「おやすみ、ルルーシュ」

ルルーシュ「おやすみ」

ルルーシュ(アーニャはどうやら俺の味方になってくれそうだな……。存分に利用させてもらうぞ……フフフハハハ……)

カレン「ルルーシュ、寝る?」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:28:14.23 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュ「すぐに行くから待っていろ」

カレン「……うんっ」

ルルーシュ(C.C.にカレン、そしてアーニャ……。これだけの駒があればヴィレッタごときは制圧可能だな)

シャーリー「あれ、ルル。まだ起きてたの?」

ルルーシュ「シャーリー……」

シャーリー「ん?」

ルルーシュ(そうだ。シャーリーだけでも解放してやらないと……。このままシャルルの駒にさせてたまるか……!!)

シャーリー「なに?」

ルルーシュ「シャーリー……」

シャーリー「え……?」

ルルーシュ「……」ギュッ

シャーリー「ちょっと!!いくら兄妹でもダメ!!」

ルルーシュ「お前だけは必ず守る……必ずな……」

シャーリー「お兄ちゃん……うん……ありがとう……」ギュッ

ルルーシュ「シャーリー……」


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:33:51.39 ID:YSqZ7Fc90

三日後 図書室

C.C.「……久しぶりだな」

ルルーシュ「会いたかったぞ」

C.C.「冗談がうまいな」

ルルーシュ「よし。これで前提条件は全てクリア。いくぞ」

C.C.「本当に私たちだけでやるのか?」

ルルーシュ「問題はない」

C.C.「なら、お前を信じるとしよう」

ルルーシュ「行くぞ」

C.C.「ああ」

ルルーシュ「俺からナナリーを奪い。そして他の者を玩具のように扱った報いは受けてもらうぞ!!シャルル!!」

ルルーシュ「手始めに俺の監視役どもを制圧する」

C.C.「人数は?」

ルルーシュ「並みの相手ならギアスで十分だ。問題は……」

C.C.「ギアスが通じないヴィレッタと、いるであろうギアス能力者か」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:37:59.31 ID:YSqZ7Fc90

地下施設

ルルーシュ「女子更衣室でも覗きにいけ!!」キュィィン

見張り「そうだ。覗きにいこう」タタタッ

C.C.「悪魔だな」

ルルーシュ「死ぬよりはマシだろ?フフハハハ」

C.C.「ここだな」

ルルーシュ「……」ピッ

ウィィン……

ヴィレッタ「ん?―――なに?!」

ルルーシュ「ヴィレッタ先生。どうも」

ヴィレッタ「お前……記憶が……」

ルルーシュ「……」

ロロ「……」キュィィン

C.C.「ふっ!―――なるほど、便利なギアスを持っているな、クソガキ」

ロロ「がっ……!?お、お前は……!!!」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:44:17.02 ID:YSqZ7Fc90

ヴィレッタ「は?!ロロ!!」

ルルーシュ「なんだ?」

C.C.「どうやら体感時間を止めるギアスらしい。私がいて命拾いしたな」

ルルーシュ「全くだ」

ヴィレッタ「ルルーシュ……!!」

ルルーシュ「どうやらあなたたちに俺の情報は降りていなかったか。完全な捨て駒ということか」

ヴィレッタ「なに……」

ロロ「こんなことで……!!」

C.C.「残念なお知らせだ。お前はもう一度ギアスを使えば、楽になる」チャカ

ロロ「……」

ヴィレッタ「何が目的だ……」

ルルーシュ「ここを無力化させるだけですよ」

ヴィレッタ「またゼロに戻るのか……」

ルルーシュ「当然でしょう?」

スザク「―――今の君にそれだけの覚悟があるのかい?」


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:50:05.21 ID:YSqZ7Fc90

ルルーシュ「なっ……!?」

スザク「皇帝陛下の言うとおりになるなんて……。信じたくなかったよ」

ヴィレッタ「来ていたのですか……」

スザク「ルルーシュ……」

ルルーシュ「貴様……」

スザク「ゼロに戻るなら。この場で討つ」

ルルーシュ「……」

スザク「ゼロは死んだ。それでいいだろ」

ルルーシュ「どういう意味だ?」

スザク「……」

ルルーシュ「俺に覚悟がないとはどういう意味だ?」

スザク「今の君は恵まれているじゃないか」

ルルーシュ「なに?」

スザク「魅力的なお嫁さんがいて、血が繋がっていない妹がいて、年下の許嫁がいて、美人な保険医がいて、お尻の大きな愛人がいて……。これ以上、何を望むんだ?!」

ルルーシュ「俺はそのようなものを望んでいないんだよ!!!スザク!!!」


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 23:58:47.40 ID:YSqZ7Fc90

スザク「君は間違っている!!!」

ルルーシュ「俺は間違ってなどいない!!」

スザク「お前がいるから!!!彼女すらできない哀れな男性が生まれるんだ!!!」

ルルーシュ「知るか!!!」

スザク「ルルーシュゥゥゥ!!!」ガッ!!!

ルルーシュ「ぐっ!?」

スザク「君はそれでいいのかもしれない!!だけど!!!我を通す者の陰で涙を流す者もいることを自覚するんだ!!!」

ルルーシュ「俺は俺の望むものを手に入れるために多くの血を流してきた!!もう止まることなどできない!!」

スザク「止まるんだ!!俺が世界を変える!!!」

ルルーシュ「貴様の方法で変わるのはいつになる?!10年か?!20年か?!俺はもう1日たりとも無駄にしたくはない!!」

スザク「そのための犠牲なら払ってもいいというのか?!」

ルルーシュ「そうだ!!それが大義のためならばな!!」

スザク「君は屑だ!!」

ルルーシュ「なんとでもいえ!!俺が目指す世界のためならば、どんな汚泥もかぶってやる!!!」

スザク「この……!!」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:06:42.66 ID:YSqZ7Fc90

C.C.「ルルーシュ、どうする?枢木までいるとなると分が悪いぞ」

ロロ「お前たちは皆処刑だ……」

ヴィレッタ「諦めろ、ルルーシュ」

スザク「ルルーシュ……君には普通の男が何度転生しても手に入れることのできないものが揃っているんだぞ?」

ルルーシュ「俺が望むのはナナリーだけだ」

スザク「……ナナリーがいればそれでいいのか?」

ルルーシュ「違うな。ナナリーが笑っていられる世界を望む」

スザク「何を言っても無駄なんだね……ルルーシュ」

ルルーシュ「ああ。お前とは分かり合えない」

スザク「なら!!ここで!!」

ルルーシュ「無策でここにくると思うな!!―――カレン!!」

スザク「え?!」

カレン「私の旦那からはなれろぉぉ!!!」バキィ!!!

スザク「ぐ!?」

カレン「スザク。男の嫉妬は醜いんだけど」


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:13:44.36 ID:B4eX2/7c0

ヴィレッタ「カレンまで……?!見張りはなにをやっている!?」

モニター『キャー!!覗きよー!!』

ヴィレッタ「……!?」

ルルーシュ「見張りなら鼻の下を伸ばしながら婦女子の着替えを観覧していますよ」

ヴィレッタ「ルルーシュ……!!」

スザク「カレン……」

カレン「なに?」

スザク「君はギアスによってルルーシュのことを好きになっているだけなんだ」

ルルーシュ「スザク!!」

スザク「君は偽りの愛に尻尾を振っているだけだ!!」

カレン「……ギアスにかかってるからなんなの?」

スザク「え……」

カレン「私はルルーシュのことが好きだし、愛してる。それが全てよ!!紅月カレンを甘く見るな!!」

スザク「くっ……」

C.C.「……暫く見ないうちに一皮剥けたな……カレンめ……」


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:19:11.29 ID:B4eX2/7c0

ルルーシュ(だが、どちらにしてもここは退却したほうがよさそうだな……)

スザク「ルルーシュ……逃げる気か?」

ルルーシュ「なに……?」

スザク「君に会わせたい人がいる」

ルルーシュ「会わせたい人……?」

カレン「誰よ?」

C.C.「……まさか」

スザク「総督に繋いでください」

ヴィレッタ「ああ」ピッ

ルルーシュ「総督だと……?」

スザク「こんど新たに就任される人だよ。モニターを見てくれ」

ナナリー『―――お兄様?』

ルルーシュ「……!?」

ナナリー『お兄様?いらっしゃるのですか?』

スザク「……」


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:23:18.34 ID:B4eX2/7c0

カレン「……誰だっけ?」

C.C.「枢木……」

ルルーシュ「何の真似だ?」

スザク「……」

ナナリー『お兄様……。私、全てをスザクさんからお聞きしました』

ルルーシュ「全て……?!」

ナナリー『ゼロのこと……ギアスのこと……』

ルルーシュ「スザァァァク!!!」

スザク「……」

ルルーシュ「貴様は!!!」

スザク「ルルーシュのことを全て話す。それがナナリーが出した条件だった」

ルルーシュ「なに……!?」

スザク「総督になるための条件だよ」

ルルーシュ「じゃあ……ナナリーは……!?」

スザク「自分の意志で総督の座についた。もう君が戦う理由はない!!」


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:26:57.97 ID:B4eX2/7c0

ルルーシュ「な……!?」

スザク「ナナリーは自分の意志で世界を変えるつもりだ」

ルルーシュ「ふざけ……!!」

ナナリー『お兄様……』

ルルーシュ「ナナリー……おれは……おれはぁ……!!」

C.C.「これまでか……」

カレン「……この子、だれだっけ?」

ナナリー『―――お兄様。聞いてください』

ルルーシュ「……」

ナナリー『中から変えるのは……はっきりいって無理です』

スザク「!?」

ヴィレッタ「え……」

C.C.「ほう……?」

カレン「あ!!思い出した!!ルルーシュの実の妹のナナリーだ!!」

ルルーシュ「……ナナリー?」


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:29:34.93 ID:ooKdrjWfO

カレンはちょっと黙ってようね


230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:33:24.68 ID:B4eX2/7c0

スザク「ナナリー!!何を言い出すんだ!?」

ナナリー『私が総督になっても知らないところで日本人の皆さんに対する圧政が行われています』

スザク「それは……」

ナナリー『総督になればあるいはと思いましたが、所詮は小娘の戯言で一蹴されてしまう。少し考えれば分かったことなのですけど』

ルルーシュ「……」

ナナリー『だから、一度外側からシステムを壊しましょう。お兄様』

スザク「ナナリー!!!どうして!!」

ナナリー『私の言うことを聞いてくれない人ばかりですから……』

スザク「僕がいる!!ジノも!!アーニャもいるじゃないか!!」

ナナリー『たった三人のラウンズでは……ちょっと……』

スザク「……」

ルルーシュ「ナナリー……俺にどうしろと……?」

ナナリー『ゼロとしてブリタニアと戦ってください。私はお兄様が壊した世界を中から修復します。勿論、今とは違う形でですが』

ルルーシュ「……本気か?」

ナナリー『私とお兄様なら造作もないことだと思います』


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:41:42.79 ID:B4eX2/7c0

スザク「ナナリー!!目を覚ますんだ!!それでどれだけ多くの血が流れると思っている!?それがわからない君じゃないはずだ!!」

ナナリー『中から変える間にも罪のない日本人の方々、世界中にいるナンバーズと呼ばれ差別されるの人たちが血を流しています!!』

スザク「!?」

ナナリー『流れる血の量が少なくて済む方法があるのなら、私は躊躇うことなくそちらを選びます。これは可笑しなことですか?』

スザク「でも……間違った方法で得た結果に価値なんて―――」

ナナリー『スザクさんにとって間違いでも、私にとっては正しいことです。不満があるのなら、軍から抜けてもらっても構いません』

スザク「……」

ルルーシュ「ナナリー……いいんだな?」

ナナリー『よろしくお願いします。お兄様』

ルルーシュ「容赦はしないぞ?」

ナナリー『優しい世界でありますように』ニコッ

ブツッ……

ヴィレッタ「……」

スザク「……」

ルルーシュ「撤収するぞ。もうここに用も価値もない」


242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:43:17.29 ID:Io/dbC/k0

スザク涙目


247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:47:01.11 ID:B4eX2/7c0

C.C.「そうだな」

ロロ「ま、まて……!!」

C.C.「殺してもいいんだぞ、クソガキ」

ロロ「……っ」

カレン「ルルーシュ……」

ルルーシュ「カレン。今のお前は覚えていないかもしれないが、紅月カレンは黒の騎士団のエースだった」

カレン「……」

ルルーシュ「カレンさえよければ……」

カレン「夫が戦えっていうなら戦う」

ルルーシュ「カレン……。ありがとう。だが、絶対に死ぬな」

カレン「ルルーシュがそういうなら死なない」

ルルーシュ「いくぞ」

C.C.「よし」

カレン「おー」

スザク「……こ、ここで逃がしたら……!!」


251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:51:37.00 ID:B4eX2/7c0

スザク「待つんだ!!」

C.C.「しつこい男は嫌いだ」

カレン「ホントに」

ルルーシュ「外に出れば勝ちだ!!いくぞ!!」

C.C.「わかっている」

カレン「まだなにか策があるの?!」

スザク「まて―――」

モルドレッド『止まってくれるぅ?』

スザク「!?」

ルルーシュ「フフフハハハハハ!!!」

スザク「ア、アーニャ!!何の真似だ!!」

ルルーシュ「アーニャ!!ここは任せるぞ!!」

モルドレッド『はいはぁ~い』

スザク「アーニャ!!何をしているのか分かっているのか!?」

モルドレッド『あなたこそ何をしているのかわかってるわけぇ?』


253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 00:53:12.81 ID:Io/dbC/k0

マリアンヌじゃねえか


261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:00:05.73 ID:B4eX2/7c0

スザク「ど、どういうことだ……?」

アーニャ『ルルーシュはねぇ、たくさんのお嫁さんに囲まれて世界を変えちゃうんだから』

スザク「は?」

アーニャ『勿論、夫の計画が失敗したときの保険だけどね』

スザク「なにを……」

アーニャ『いい?作り変えられた世界で必要なのは絶対的な王なのよ。それを捕まえようとするなんて、ナンセンスだと思わない?』

スザク「ルルーシュはただの人殺しだ!!」

アーニャ『英雄や王で独りも殺さずその椅子に座り続けた者はいないわ。あなただって、今の地位に来るまでにどれだけの人を殺してきたの?』

スザク「それは……僕は正しいことを……」

アーニャ『正しい人殺しってなぁに?』

スザク「……!?」

アーニャ『二元論で語れるほど、世の中は甘くないとおもうけどぉ。どう思う?』

スザク「……」

アーニャ『ルルーシュには少なくともナナリーとシャーリーとカレンとアーニャと……ついでにコーネリアを孕まして、夫亡き後に君臨してもらわないとね。アレが失敗した場合だけど』

スザク「ま、待ってくれ……アーニャ……君は……どうするつもりだ?まさか……ルルーシュにつくのか……?」


268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:05:03.27 ID:B4eX2/7c0

アーニャ『ルルーシュにつくわよ。何言ってるの?』

スザク「裏切るのか?!」

アーニャ『友人を裏切った貴方がいってもねえ』

スザク「……」

ジノ『アーニャ!!見つけたぞ!!』

スザク「ジノ!!」

アーニャ『ハドローン!』ゴォォ!!!

ジノ『うわ!?』

スザク『アーニャ!!!』

アーニャ『それじゃあ、追って来てもいいけど、そのときはボイスレコーダーに最後の言葉を吹き込んでおいてね?』

スザク「アーニャァァァ!!!!!」

ジノ『待て!!!』

アーニャ『ハドローン』ゴォォォ

ジノ『うそだろ?!』

ドォォォン!!!


273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:12:06.13 ID:B4eX2/7c0

スザク「そんな……どうして……どうして……」

ヴィレッタ「今、ルルーシュ、C.C.、カレン、シャーリー、コーネリアの5名が学園敷地内から姿を消しました」

スザク「……」

ロロ「追います」

スザク「いや、いい。やめるんだ。追っても無駄だよ」

ヴィレッタ「これからどうなるというんだ……」

スザク「こんなの絶対に間違っている……僕はやる……たとえ一人でも自分の正義を信じて……戦う!!」

ヴィレッタ「……」

ロロ「レジスタンスと同じ思考ですよね」

ヴィレッタ「しっ」

スザク「……」

ヴィレッタ「では、逃げた5名の行方を至急捜索します」

ロロ「ラウンズを入れたら6人ですね」

ヴィレッタ「モルドレッドはすぐに補足できるだろう。急ごう」

スザク「……僕はどうしたらいいんだ……」


280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:21:07.00 ID:B4eX2/7c0

ルルーシュ「まずは扇たちを救出する」

カレン「扇……?」

コーネリア「おい。怪我人はどこにいる?いないぞ?」

ルルーシュ「今からわんさか来ますよ」

コーネリア「そうか。ならいいんだ」

シャーリー「ルル……私は本当にルルの傍にいればいいの?」

ルルーシュ「ああ。俺の帰る場所になってくれればそれでいい」

シャーリー「……うん」

C.C.「しかし、どうやって救出するつもりだ?」

ルルーシュ「そろそろ連絡がくる」

ナナリー『―――お兄様』

ルルーシュ「どうだ?」

ナナリー『中華連邦とも連絡を取りました。黒の騎士団のみなさんの身柄は中華連邦総領事館で渡しますね。あくまで取引をしたという形で……』

ルルーシュ「くくく……よし……」

カレン「おうぎ……?だれ……だっけ……?まぁ、いいか」


290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:27:28.00 ID:B4eX2/7c0

数日後 中華連邦総領事館

ゼロ「では、団員たちの身柄は我々が貰い受ける!!」

扇「助かった……」

玉城「さっすがゼロだぜぇぇ!!!」

藤堂「……」

ギルフォード「さぁ!!姫様を渡せ!!」

ゼロ「……できない相談だな」

ギルフォード「約束が違うぞ!!」

コーネリア「怪我人はいないか!!私が治療する!!!」

ゼロ「彼女は大事な医療班のリーダーだからな」

ギルフォード「くっ……!!ゼロは卑怯にも約束を反故にした!!うてぇ!!」

ゼロ「くくく……」

モルドレッド『うざい奴、嫌い』

ギルフォード「モルドレッド……ラウンズ……!?」

アーニャ『私のダーリン、殺させない』ゴォォォ


293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:34:17.05 ID:B4eX2/7c0

ゼロ「日本人よ!!私は帰ってきた!!!」バッ!!

ゼロ!!ゼロ!!ゼロ!!

アーニャ『ゼロっ、ゼロっ、ゼロっ』

カレン「ゼロ!!ゼロ!!!ゼロ!!!ゼロ!!!」

ゼロ「皆の者!!ナイトメアに搭乗しろ!!まだ終わってはいない!!」

藤堂「用意がいいな」

千葉「よし」

ギルフォード「撤退だ……撤退しろ……」

ランスロット『まだ、自分がいます!!』ギュルルル!!!!

ゼロ「来たか……」

ランスロット『ゼロ!!お前を倒して僕が正しいことを証明す―――』

紅蓮『いいよ』

モルドレッド『こい』

斬月『スザクくん。無駄な抵抗だ』

ランスロット『……うわぁぁぁぁ!!!!』


296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:36:12.40 ID:1UOKAYqvO

スザクさんフルボッコやでぇ


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:39:34.06 ID:B4eX2/7c0

モルドレッド『えいやー』ゴォォォ!!!

ランスロット『くそ!!まだだぁ!!』

斬月『であぁぁぁ!!!』ザンッ!!!

ランスロット『ぐぁ?!』

紅蓮『捕まえたぁ!!!』ガキィィン

ランスロット『くっ……?!』

紅蓮『弾けろぉ!!ブリタニアァ!!!!』

ランスロット『くそぉぉ!!!僕は諦めない!!!絶対に諦めるものかぁぁぁぁ!!!!』

ドォォォン!!!!

ゼロ「よし。脅威は去ったな」

玉城「やべえ!!今の爆風で扇がふっとんだぁ!!!」

南「医療班!!」

コーネリア「任せろ!!」ダダダッ

ゼロ「フフフハハハハ!!!!やれる!!やれるじゃないか!!!」

コーネリア「……唾付けておけば大丈夫だろう」


300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:41:37.39 ID:qa1UFo0g0

扇いいいいいいい


303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:42:54.05 ID:mvZBmf6pP

ネリ様の唾ってむしろご褒美


308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:45:18.52 ID:B4eX2/7c0

ゼロ「諸君、これからが大変だ。気を引き締めてくれ」

千葉「ゼロ。ブラックリベリオンのとき、どうして逃げ出した?説明はあるんだろうな?」

ゼロ「見れば分かるだろう、千葉よ」

千葉「え?」

コーネリア「……」

藤堂「コーネリアを仲間に引き入れるためだったのか」

ゼロ「そうだ」

千葉「ならば、そのとなりにいる女はなんだ?」

ゼロ「ん?」

シャーリー「……」オロオロ

ゼロ「私の影武者になる人物だ。知略計略に長けている」

シャーリー「え?!」

千葉「なら、いいけど」

シャーリー「よ、よろしくおねがいします!!」ペコッ

千葉「……礼儀正しいな」


312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:52:12.66 ID:B4eX2/7c0

ナナリー『おにいさ―――ゼロ』

ゼロ「これはこれは、ナナリー総督。何か御用ですか?」

C.C.「……」

玉城「ブリタニアの総督がなんのようだよぉ!!」

ナナリー『あなた方の卑劣な行為。看過できるものではありません。即刻、日本から退去してください』

千葉「なんだと?!」

藤堂「ふざけるな!!」

ナナリー『蓬莱島というところがありますから、そこに新しい日本でもなんでも作ればいいです』

千葉「貴様!!少し可愛いからと侮辱が過ぎるぞ!!」

藤堂「……待て、千葉」

千葉「はい?」

藤堂「奴らから拠点の提供をしてくれたようなものだぞ……」

千葉「……」

ナナリー『ゼロは悪魔です!!大嫌いです!!パセリぐらい嫌いです!!』

ゼロ「気が合いますね、ナナリー総督。私も貴方のことは子猫を愛でてる程度の情しかもてませんよ』


317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 01:59:40.27 ID:B4eX2/7c0

ナナリー『さようなら』

ブツッ

ゼロ「聞いたな、皆の者。新天地で新たな国をつくるぞ!!」

玉城「ブリキ野郎ども!!俺たち日本人を日本から追い出すなんて!!ひでーやつらだ!!今にみてやがれ!!!」

C.C.「酷い演技だ。藤堂辺りは感付くんじゃないか?」

ゼロ「感付いたにしろこちらにとってメリットしかない。文句のつけようなどないだろ?」

C.C.「悪魔め」

ゼロ「魔女が」

カレン「よし。みんな!!移動開始!!」

シャーリー「列を乱さないようにしてください!!」

コーネリア「怪我したら速やかに言うのだぞ!!」

アーニャ「記録……」パシャ

ゼロ「行くぞ!!未来は我らにあり!!!」

ゼロ「世界は変わる!!!変えられる!!!!」バッ

カレン「かっこいいフレーズ……メモしておかないと……」カキカキ


321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 02:04:05.23 ID:B4eX2/7c0

黄昏の間

V.V.「……いいのかい?」

シャルル「ふふふ……ふはははは……ぬぁっはっはっはっはっは!!!!」

V.V.「……」

シャルル「ルルーシュめ……やりおったわぁぁ!!!!」

V.V.「でも、まだまだだよね」

シャルル「ええ。側室がたったの4人では……ダメですね……」

V.V.「じゃあ、そろそろ僕も行くよ」

シャルル「兄さん……」

V.V.「大丈夫さ。ルルーシュが本当に王の器があるのなら、僕でも抱けるはずだよ」

シャルル「それほどまでにルルーシュのことを……」

V.V.「ルルーシュはシャルルに似ているからね。僕は好きだよ」

シャルル「……がんばってください」

V.V.「うんっ」テテテッ

シャルル(ルルーシュ……兄さんを……たのぉぉむ……)


323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 02:06:16.28 ID:qa1UFo0g0

伯父さんどうにかしろ


327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 02:08:21.25 ID:Io/dbC/k0

ホモはいいです


328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 02:08:33.06 ID:NHJwCBFCO

冗談抜きで勘弁


329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 02:08:33.62 ID:B4eX2/7c0

総督府

ナナリー「ふぅ……これでよし」

スザク「ナ、ナリー……どうして……」

ナナリー「お兄様……次にあえるときは……世界が変わるときですね……」

スザク「ナナリー……僕の話を……」

ナナリー「……」

スザク「こんなの間違っている……」

ナナリー「スザクさん?」

スザク「ナナリー……」

ナナリー「邪魔しないでくださいね?」

スザク「……」

ナナリー「それでは」ウィィン

スザク「ははは……」

スザク「ハハハハハハハハハ!!!!!アハハハハハハハハ!!!!!!!」

スザク「アーッハッハッハッハッハッハッハッハ!!!!!」


335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 02:16:03.22 ID:B4eX2/7c0

数週間後 蓬莱島 自室

カレン「ルルーシュ!ごはんできたわよー!」

ルルーシュ「わかった」

シャーリー「ルルー、新聞」

ルルーシュ「ありがとう」

アーニャ「歯磨きセット」

ルルーシュ「悪いな」

コーネリア「体温を測る。ズボンを脱げ」

ルルーシュ「どこで測る気ですか」

C.C.「お前の周りは女だらけだな」

ルルーシュ「そうか?黒の騎士団は男のほうが圧倒的に多いぞ?」

C.C.「そういうことじゃない」

ルルーシュ「今日の一面は……。たった一人の抗議デモ……。正義は我らにあり……。スザクも必死だな」

C.C.「世界が変わればこいつも大人しくなるさ」

ルルーシュ「そうだな。こんなスザクは見たくないな……」


336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 02:19:06.71 ID:jHkjpK3L0

これは悲しすぎる


341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 02:22:42.93 ID:3do74X8Y0

一人なのに我らって・・・


344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 02:26:14.34 ID:B4eX2/7c0

V.V.「ルルーシュ。新しいギアスが出来たよ」

ルルーシュ「ほう?」

ジェレミア「ギアスキャンセラーでございます」キュィィン

V.V.「ルルーシュのギアスが実質何回もかけられるようになったよ」

ルルーシュ「なるほど。それは使えるな。ありがとう、V.V.」ナデナデ

V.V.「……♪」

ルルーシュ「よし、そろそろ行くか」

ゼロ「―――イカルガの進捗状況は!!」

シャーリー「えっと、いい感じです!!」

ゼロ「中華連邦との会合日程は!!」

カレン「天子様はお昼寝するそうなんで午前中か17時から19時までの間でお願いしたいと言ってます!!日にちについてはいつでもいいらしいです!!」

ゼロ「わかった。では、各員持ち場につけ!!!」

「「はいっ!」」

ルルーシュ(ナナリー、待っていろ。二人が、いや、みんなが笑っていられる優しい世界を必ず作ろう!!そのために俺は進み続ける!!!)


END


348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 02:27:23.76 ID:4xvFRu+F0


スザクェ…


358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 02:36:01.67 ID:OBWo4bSo0


V.V.が普通に愛されていたwww


363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 03:09:09.71 ID:ltk+DvnP0



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。