スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

照「保健室の荒川先生」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350163470/
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 06:32:17.49 ID:IE4Q/Mkh0

菫「失礼します」ガラ

宥「失礼します……」

憩「弘世さんに松実さん。ってことは……あはは、今日もやってもうた感じか」

宥「ごめんなさい……」

菫「本人は大丈夫だと言い張るんですが、何分血が出てて……」

憩「傷口そのままにしとくんは危ないからなぁ。消毒するからこっち来てー」

宥「はい……」

菫「宥の運動音痴は筋金入りだな……」

憩「今日はどうしてもうた感じ? この前はバレーで転けて、その前はバスケで突き指してたけど」

宥「マラソンの最中に足がほつれて転んじゃって……」

憩「はは、マラソンで転んだか。松実さんはおもろいなぁ」

菫「笑いごとじゃありません……」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 06:40:07.69 ID:IE4Q/Mkh0

宥「私、いつもいつも菫ちゃんに迷惑かけて……先生にも……」

憩「うーん、別に気にせんでもええと思うで? ウチはこれが仕事やし」

憩「弘世さんもこうやって二人で授業抜け出せて、満更でも無さそうやし」

菫「なっ……」

宥「えっ……?」ドキッ

憩「こんなちょっとした怪我でおんぶしてくるなんて、なぁ?」ニヤニヤ

菫「わ、私は宥の大事を取っただけでそんな下心は……!」

憩「あはは、冗談冗談。ほい、終わりっと。二日もすれば綺麗に治ってると思うわ」

宥「あ、ありがとうございます」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 06:46:21.26 ID:IE4Q/Mkh0

憩「松実さんももうちょっと気を付けや? 体育するたびに怪我するのも嫌やろ」

宥「ごめんなさい……」

憩「こんなしょっちゅう来られるとワザと怪我してるんかな思ってまうわ」ケラケラ

宥「そそそ、そんなことは……!」

憩「保険委員でも無いのに毎回弘世さんが付き添ってきたり、ホンマ二人は仲良しやね」

宥菫「「……」」カァァ

憩「そんじゃま、いつもどおり見学届け渡しとくわ」

憩「……寄り道してもええけど、怪しまれん程度に戻りや?」ニッコリ

菫「寄り道なんてしません!!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 06:47:25.15 ID:IE4Q/Mkh0

次の来訪者
>>12


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 06:47:56.21 ID:+JNA+bfq0

クロチャー


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 06:55:21.20 ID:IE4Q/Mkh0

コンコン

憩「どうぞー」

玄「失礼します……」

憩「はいはい。あ、初めてやんな? この入室確認書ぱぱっと書いちゃって」

玄「は、はい」カキカキ

憩「ありがとー……ふむふむ、松実玄さん。3年生に松実宥さんっていうお姉さんおったりする?」

玄「え、どうしてお姉ちゃんの名前を……?」

憩「お姉さんはここの常連さんやからなー。二回も来てくれれば顔と名前は覚えるわ」

憩「うん、確かにお姉さんによく似てる……」ジーッ

玄「そ、そんなにまじまじ見られると恥ずかしいです……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 07:04:54.51 ID:IE4Q/Mkh0

憩「今日の4限目もお姉さん来とったで。マラソンで転んだとかで」

玄「ほ、本当ですか!?」

憩「まあ大した怪我やないから」アハハ

玄「そうですか……」ホッ

憩「二人は仲良さそうやね、そんなにも心配して」

玄「お姉ちゃん昔から怪我とかよくしてたし、目が届くところにいない時は少し不安です……」

憩「そっか。でも大丈夫やと思うで? 松実宥さんには過保護なくらい親身に接してるクラスメイトがおるから」

玄「えっ……そ、それって、誰ですか……?」

憩「弘世菫さん、って子なんやけど、知らん? 濃い青髪でロングヘアーで、真面目そうな弓道部の子」

玄「もしかして、あの時の……!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 07:11:16.72 ID:IE4Q/Mkh0

憩「あの時?」

玄「す、すみません、こっちの話です……」

憩「二人ともホンマに仲良くてなぁ。よく二人でここに来るんやわ」

玄「それは一体どういう理由で……?」

憩「体育の時間に怪我した松実さんを弘世さんが連れてくる、ってパターンがよくあるかな。週1くらい」

玄「そうですか……」

憩「お姉さん取られたみたいで寂しかったりする?」

玄「っ……い、いえ。そんなことは……」

憩「察するに、嫉妬半分安心半分って感じやね」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 07:18:37.78 ID:IE4Q/Mkh0

玄「……先生はすごいですね。ほんの少ししか話してないのに」

憩「まあスクールカウンセラー兼任やから、そっち方面の勉強もしとるんやわ」ニコ

玄「なるほど……」

憩「たぶんお姉さん昔からあんな感じで、自分がしっかりせえな、とか、お姉ちゃん守らな! とかっていう気持ちが強かったんやろうけど」

憩「お姉さんもええ年やし、ちゃんとお姉さんのこと見てあげてる子も今はおるから、妹ちゃんがそこまで気張らんでええと思うで?」

玄「……」

憩「まあお姉ちゃん好きで、お姉ちゃん離れでけへん、って言うんやったら話は別やけども」アハハ

玄「そ、そんなことないです! たぶん……」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 07:24:17.55 ID:IE4Q/Mkh0

憩「それやったらお姉ちゃんのことは任せて、自分のことももうちょっと考えな」

玄「自分のこと……」ドキッ

憩「用件に相談、って書いてあるけど。今日はどういった相談? お姉さん関係あったりする?」

玄「お姉ちゃんのことは……気になるけど、しばらく見守ろうと思ってて」

憩「なるほど」

憩(思ったより理性的な子やなー)

玄「今日は、その……別の相談が」

憩「ふむふむ。内容はどんなもん?」

玄「先生は、そのっ……初対面の相手に好き、って言われたら、どうしますか……?」

憩「……えっ?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 07:31:34.16 ID:IE4Q/Mkh0

憩「えっと、恋の相談?」

玄「こ、恋、かどうかは、自分でも正直分からないです……ただ……」

憩「とりあえず、何があったか説明してくれる?」

玄「は、はい」

―――――――――

憩(要約すると、初対面の先輩に告白されてキスを迫られたそうです)

憩(そして流されるがままに唇……とまではいかなくてもおでこにキスされたと)

玄「……どう思いますか、先生?」

憩「ど、どう思うって言われても……」

憩(すごい話やなぁ、っていうのが正直な感想なんやけども……)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 07:39:10.26 ID:IE4Q/Mkh0

玄「私、その人にいきなり告白されて、すごくドキドキして……」

玄「で、でも! これって普通じゃないですよね……? 普通だったら、付き合ってください、とか、お友達になりましょう、とか……」

憩「いくら惚れたから言うても、いきなりキス迫るようなアホはそうおらんとは思うわ……」

憩(それで迫られるがままにキスされたこの子も相当アレやと思うけど……)

玄「あの人はどういう気持ちで私にあんなことをしたんでしょう……」

玄「キスし終えると、お礼だけ言って帰っちゃったし……」

憩「うーん、どういう気持ちで……」

憩(ホンマに惚れとるんやったらいきなりそんなこと出来るわけないし)

憩(ってことは……罰ゲームとか? いや、そんなことでそこまで必死にはならんか)

憩「うーん……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 07:45:01.55 ID:IE4Q/Mkh0

憩「ごめんなぁ、妹ちゃん。ちょっと相手側が考えてることはウチにも分からんわ」

玄「そう、ですか……」

憩「相手さんに訊いてみるのが一番早そうやな……名前とか分かる?」

玄「えっと……3年生の宮永照さん、です」

憩「!?」

憩「え、そ、それはホンマなん? 間違いとかじゃ……?」

玄「赤い髪の毛でおもちがあまり無くて、すごくカッコいい人、ですよね……?」

憩(初対面の相手にはあの子がカッコ良く見えるんか……てかなにやってんねん……)

憩(あー、でも。なんとなーくやけども事情が見えてきたような……)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 07:53:15.44 ID:IE4Q/Mkh0

玄「先生……?」

憩「とりあえず相手側のことは置いとこか。またウチから詳しく話聞いて、また妹ちゃんに知らせるわ」

憩「それで、妹ちゃんは好きって言われてどう思ったん?」

玄「え、えっと……ドキドキ、しました……」

憩「そっか。それでなし崩しでもキスされて、相手のことが気になって仕方が無いと」

玄「はい……」

憩(これは呼び出しやなぁ……場合によっては鉄拳制裁せんと)

玄「これって、その……恋、なんでしょうか……?」

憩「う、うーん、そうやなぁ……他人に好意向けられて嫌な気分する人なんておらんし」

憩「そういう嬉しいと思う気持ちと恋心をごっちゃにしとる可能性がある、と思うかな」

玄「なるほど……」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 08:03:04.56 ID:IE4Q/Mkh0

憩「まずは思い込みすぎず、冷静になることやな」

憩「ウチもめちゃくちゃタイプの人に好きって言われたり」

憩「でこチューさせてって本気で言われたら、冷静じゃなくなってええよ言うてまうかもやし」アハハ

玄「そうですよね……わ、私が別段おかしいってわけじゃないですよね……」

憩「う、うん。だからそんなに思い詰めんでも大丈夫やで。でこチューくらいスキンシップみたいなもんやよ」

玄「そうですよね! スキンシップですよね!」

憩「そうそう。なんならウチでも妹ちゃんにでこチュー出来るで」ニッコリ

憩(とりあえず、どんな事情があっても妹ちゃんが傷つかんようにだけ心持ちを上向きにせんと)


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 08:11:42.28 ID:IE4Q/Mkh0

憩「とりあえず相手側の事情についてはウチから訊いとくから、また後日知らせるわ」

玄「ありがとうございます。私、直接訊けるような勇気なかったから……」

憩「まあそれが出来ればウチに相談なんてせえへんわな」アハハ

玄「荒川先生、今日はどうもありがとうございました。おかげで、胸がすっと楽になりました」

玄「私、ずっとそのことばかり考えてて、自分はおかしいんじゃないかと思っちゃって……」

憩「妹ちゃんは何にもおかしくないから心配せんで大丈夫やで」ニコ

玄「先生……」ウルウル

憩(この子も涙もろいんやなぁ)

玄「あっ、もうこんな時間……料理研でミーティングあるので、失礼します」

憩「はーい。思い詰めすぎず、気楽に構えなさいね」

玄「はい! 改めて、ありがとうございました」ペコリン

憩(とりあえずは相談解決……かな?)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 08:12:40.04 ID:IE4Q/Mkh0

次の訪問者>>40


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 08:16:05.94 ID:gj/svUhgP BE:2802636285-2BP(0)

胡桃


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 08:27:13.08 ID:IE4Q/Mkh0


―――――――

憩「今日はまあ、今のとこはいつもくらいの訪問者かな……」

胡桃「失礼します」ガラ

憩「あ、胡桃ちゃん。こんばんはー」

胡桃「こんばんは先生。今日も……いいですか?」

憩「ええよ。ほんじゃ、早速しようか」ニコ

胡桃「よろしくお願いします」ペッコリン

憩(鹿倉胡桃ちゃん。2年生。その小さい身体がコンプレックスなのか、月2回ほどこうやって身長を測りに来ます)

胡桃「今月こそ伸びてるはず……!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 08:33:16.01 ID:IE4Q/Mkh0

憩(相変わらずちっちゃいなぁ……小学6年生でも十分通用するわ)

憩「えーっと……130cm。ぴったりやね」

胡桃「み、ミリも変わってないですか……?」

憩「残念ながら」ニコ

胡桃「そんな……」

憩「みんなまったく伸びへんなぁ。1年生の頃から測ってるつもりやけど、誰一人として成長してないような気がするわ」

憩「この前も天江さんと薄墨さん来とったけど、まったく変わり無しやったし」

胡桃「あの二人も……!」

憩「ウチとしては同じ学年クラスなんやし、三人まとめて来て欲しくはあるんやけども」アハハ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 08:41:02.57 ID:IE4Q/Mkh0

胡桃「身長を気にしてるなんて普通知られたくないです……」

憩「まあそうやわな。普段仲良くしてても、身長に関してはみんなライバルやもんな」

胡桃「衣に負けたくも無いし、初美にもいつか勝ちたいです。そのために毎日牛乳飲んで9時に寝てるのに……」

憩(優等生やなぁ……てか三人ともぱっと見まったく変わらんけども)

胡桃「先生……どうすれば身長って伸びますか?」

憩「難しい質問やなぁ。一般的には胡桃ちゃんがしてるみたいな方法って言われとるけど、結局は遺伝が大きいから」

胡桃「い、遺伝……」

憩「まあその遺伝もあやふややから、体質って言った方がええかな?」

憩「身長伸びる人はなーんもせんでも180cm超したりするし、逆に胡桃ちゃんらみたいな子たちもおるし」

憩(かなり珍しいけども)


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 08:46:24.24 ID:IE4Q/Mkh0

憩「背高い人に話聞いたりしたら面白いかもな」

胡桃「背が高い人って言えば……」

憩「胡桃ちゃんらと同じクラスで2年の井上さんとか、あとは有名人で3年生の姉帯さんかな」

胡桃「純に姉帯さん……」

憩「まあ二人とも女の子にしてはかなり規格外やね。姉帯さんは井上さんもびっくりしてたくらい大きいけど」

胡桃「その二人に話を訊けば、何かヒントが……!」

憩「でもまあ正直、あんまし期待できんとは思うかなぁ」

憩「あの子らも胡桃ちゃんらがちっちゃいのと同じ理由でおっきい訳やし」アハハ

胡桃「ですよね……」はぁ


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 08:53:27.66 ID:IE4Q/Mkh0

初美「失礼しまーす……げっ、胡桃」

胡桃「あ、初美!」

憩「あらら。なんとも奇遇やね」ニコ

初美「な、何してるですか胡桃? こんなところで」

胡桃「そ、そういう初美こそ保健室に何か用なのかな? 超健康優良児のクセに保健室なんて」

初美「うるさいですねー……私だって保健室に用の一つや二つくらい……」

憩「はっちゃんも身長測りにきたのー?」

初美「せ、先生それは言わない約束!」

憩「まあまあ。胡桃ちゃんもよう来とるから」

胡桃「ちょ」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 08:57:27.09 ID:IE4Q/Mkh0

憩「普段仲良いって聞くのに、身長のことになるといがみ合うんやね」アハハ

初美「同類はみんなライバルですよー……!」ゴゴゴ

胡桃「ただでさえ小さいのにその中でも小さいなんて屈辱以外の何物でもないからね……!」ゴゴゴ

憩「あはは、なるほどなー」

憩(二人ともかわええわぁ)

憩「それじゃあ早速はっちゃんも測ろうか。ちなみに胡桃ちゃんの身長は」

胡桃「せせせ、先生!!」

憩「トップシークレットらしいわ」

初美(気になる……)


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 09:04:27.34 ID:IE4Q/Mkh0

憩「はっちゃんこっち来てー」

初美「はいですよー」

胡桃「てか胡桃、水泳部は? この時間帯なら絶賛部活中だと思うけど」

胡桃(だから鉢合わせにならないようにこの時間帯狙ったのに……)

初美「排水溝? が壊れたとかでプール使えないらしいんですよー。一日でも水に浸かっていないなんて落ち着かないです」

胡桃「なるほど。そんなことってあるんだ」

初美「胡桃も部活は……って、あんなお遊びサークルは基本自由参加ですか」

胡桃「まあね」

憩「んじゃそろそろ身長発表するね。ひゃく……」

初美「せ、先生!?」

憩「あはは、冗談冗談」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 09:08:17.36 ID:IE4Q/Mkh0

胡桃(気になる……!)

憩「そんじゃま、耳打ちで」ニコ

初美「当たり前ですよー……」ジトー

憩「……」ボソボソ

初美「うぅ……」

胡桃(よし、伸びてない)

憩「ま、はっちゃんも気にしないで。な?」

初美(胡桃より高いのか気になります……)

胡桃(たぶん負けてると思うけど、もしかしたら……)

憩(熾烈な戦いやなぁ)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 09:15:05.78 ID:IE4Q/Mkh0

コンコン

憩「ん? 今日はえらい多いな。はーい、どうぞー」

衣「失礼する」ガラ

胡桃「あ」

初美「あ」

衣「あっ……お、お前らなんでここに……!?」

憩「今日は面白い日やわぁ。三人が同時に揃うなんて初めてやでー」ニコニコ

胡桃「そ、そういう衣こそ、放課後のこんなところに何の用かな?」

初美「ひ、引きこもりの衣には似合わない場所ですねー」

衣「ふ、二人も十分に似合わないと思うが?」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 09:21:27.22 ID:IE4Q/Mkh0

憩「衣ちゃんも身長測りに来たの?」

衣「衣『も』? ってことは……」ジロジロ

胡桃「な、なに?」

初美「なにか文句あるですかー……」

衣「ふっ」

初美「あー! 今鼻で笑いましたよコイツ!」

胡桃「私たちの中で一番ちっちゃいクセに生意気だね……!」

衣「何を言う! お前らなんかに遅れを取った覚えなどない! 寝言は寝て言え!」

憩(小学生の喧嘩にしか見えない……)


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 09:30:57.16 ID:IE4Q/Mkh0

胡桃「遅れは取らないとか言っちゃって……見た目でも衣が一番『こども』なのは明白なのにね」

初美「その通りなのですよー。衣ほど乳臭い高校生なんてこの世に存在しないです」

衣「そんなことはない! 衣が一番お姉さんだ! てかこども言うな!!」

憩「まあまあ三人とも落ち着いて。身長のことで熱くなんのは分かるけども」タハハ

衣「憩! この中で誰が一番お姉さんに見える!?」

憩「へっ?」

胡桃「私だよね先生!? こんな小学生にしか見えない二人と比べたら一目瞭然だよね!?」

憩「え、っと……」

初美「何をふざけたことを言ってるですかー!」

初美「ちんちくりんで色気の欠片もない胡桃と衣に比べたら私が一番レディーに決まってます! そうですよね!?」

憩「」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 09:39:00.27 ID:IE4Q/Mkh0

衣「憩!」

胡桃「答えを!」

初美「聞かせてください!」

憩(きゅ、究極の選択や……先生としてウチはどういう答えを出せば……)

憩「えっと、そうやな……ここは分かりやすく、身長の高さで決めよか」

「「!」」

憩「ほら、ウチの主観が必ずしも正しい答えやとは限らんし」

憩「そういう不明瞭な尺度で順序を決めるのは良く無いから……」アセアセ

衣「確かに一理ある……」

胡桃「ちゃんとした基準がある方が言い訳もつかないしね」

初美「それじゃあそれでいいです。衣、身長ちゃっちゃと測ってください」

衣「ふっ、そんな強気でいいのか? 衣の身長を聞いたとき、泣く事になるのは貴様だぞ?」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 09:45:17.94 ID:IE4Q/Mkh0

初美「ほざくのも今のうちですよー……!」

胡桃「先生! やっちゃって!」

憩「了解でーす……」

憩(胡桃ちゃんと初美ちゃんの身長は同じやった)

憩(まあミリ単位の違いはあるけど、それは伝えてないから問題ないとして……)

憩(重要なのは衣ちゃんの身長やな)

衣「よ、よろしく頼んだ」ドキドキ

憩(もしこの子の身長が130cmより大きかったり小さかったりしたら……)ドキドキ

胡桃「……」ジーッ

初美「……」ジーッ


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 09:49:31.22 ID:IE4Q/Mkh0

憩「うっ」

憩(128cm……)

衣「な、何センチだ?」

憩「……」

憩「……」ボソボソ

衣「本当に!?」

胡桃「!?」

初美「な、何センチですか衣!?」

衣「130cm! 2センチも大きくなった!!」

「「えええ!?」」

胡桃「ってことは……」

初美(まったく同じ……)


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 09:55:14.09 ID:IE4Q/Mkh0

衣「ふっふーん、どうした二人ともー? 私の身長に高さにぐうの音も出ないかー?」

初美「な、何を言うですか! 私も130cmです!」

胡桃「ええ!? 初美も!?」

衣「ほ、本当なのか憩?」

憩「う、うん。全部本当だよ」

憩(衣ちゃんの身長以外は……)

胡桃「ってことは……」

初美「引き分けですねー……」

衣(二人とも意外と大きかった……成長してなければ負けていた……)

衣「ふ、ふっ、それでこそ我がライバルであり同胞だ」

胡桃「まさか衣と同じとはねー……なんかショックだなぁ……」

初美「私もですよー」

衣「失礼なー!」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 10:02:33.09 ID:IE4Q/Mkh0

憩(まあ、優しい嘘ってことで……)

憩「いやぁ、三人ともまったく同じ身長なんてびっくりやわー」

胡桃「ま、良い勝負だったね」

初美「次やるときは私が一番でしょうけどねー。運動してるし」

衣「成長期に入った衣に勝てるわけあるまい! 次来たときには3cmは伸びてるはず!」

胡桃「どうせ2年くらい測ってなくてその結果でしょ」

初美「なるほど。それなら納得です」

衣「そんなわけあるか!」

憩「まあまあその辺にしといて」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 10:09:51.84 ID:IE4Q/Mkh0

初美「しかし、なんか気が抜けちゃいましたよー……」

胡桃「まさかの展開だしね……」

衣「衣は身長が伸びて嬉しい!」

胡桃(素直に羨ましいなぁ……)

初美「そんじゃま、衣の130cm祝いに三人でどこか行きましょうか」

衣「おお! それは良いはみれす行こう!」

胡桃「なんでお嬢様なのにそこでファミレス?」

初美「お嬢様だからこそじゃないんですかー」

憩(ふふ、仲良しで微笑ましいわ……)

胡桃「っと、先生、今日はどうもありがとうございました。またよろしくお願いします」ペッコリン

憩「喜んで」ニコ

初美「次来る時はなんかお土産持ってくるですよー」

衣「ばいばい憩! また会おう!」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 10:10:48.58 ID:IE4Q/Mkh0

次の来訪者>>83


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 10:12:46.51 ID:b0Uot6zE0

ジョインジョイントキィ


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 10:19:06.05 ID:IE4Q/Mkh0


――――――――――

憩「昨日はなんだかんだで忙しかったなぁ」

憩「一日誰も来ないときもあるし……今日はどんなもんでしょう」

コンコンコン

憩「お、3限目にして遂に」

憩(しかもこのノックは……)

憩「どうぞ、園城寺さん」

怜「こんばんは。ノックで分かるとは、先生は流石やなぁ」

憩「アンタが一番保健室によう来るからな。んで、今日はどないしたの? はい入室確認書」

怜「今日は、まあ……こんなところで」カキカキ

憩「……持病て」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 10:24:03.57 ID:IE4Q/Mkh0

憩「せめて症状くらい書きなさいよ」ハァ

怜「別にええやん。ウチと先生の仲やし」

憩「サボりやったら帰って欲しいんやけどもなー」

怜「そんな殺生なこと言わんとってや。藤田先生の理科がウチには難解過ぎて、頭痛が酷くなったんや」

憩「藤田先生にそのまま言っときますわ」

怜「やめてー」

憩「ふふ。ま、いつもの場所空いてるから、寝ていき」

怜「おおきに」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 10:29:54.02 ID:IE4Q/Mkh0


―――――――――

怜「……なぁ、憩」

憩「学校でその呼び方はやめて欲しいんやけど……」

怜「ええやん。どうせウチら二人きりやし」

憩「はぁ……」

怜「ところで、なんかナース服変わってない?」

憩「!」

怜「図星か」

憩「まさか気付かれるとは……」

怜「ウチで気付かんかったら誰も気付かんやろ」

憩「ふふ、まあそやろな」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 10:35:47.77 ID:IE4Q/Mkh0

怜「スカートの丈短くなってるよな?」

憩「うっ」

怜「寒くなってくる季節やのにまたなんでやろ、思って」

憩「……別になんでもええやろ。黙って寝とき」

怜「ええー、気になるやん。教えてや。誰かに色目使ってたり?」

憩「そんなことしてません」

怜「またまたー。でも憩と仲良い人なんてパッと思い浮かばんしなぁ……ウチくらいしか」

憩「と、友達少ないみたいな言い方やめてくれへん?」

怜「だって本当のことやん。年の差結構あって、先生らとも心の底から打ち解けてる雰囲気なさそうやし」

憩「それは怜が先生らと過ごしてるウチを知らんだけや」

怜「……へぇ」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 10:42:33.78 ID:IE4Q/Mkh0

憩「先生らの中でもここによう来る人はおるから、その人らとは仲ええつもりやでー」

怜「例えば?」

憩「恒子さん……じゃなくて福与先生とか、えり……じゃなくて、針生先生とか」

怜「ふーん」

憩「あと誰やろ。あー、理事長とか三尋木先生もたまに来るわ」

怜「あの二人が……想像できん……」

憩「スクールカウンセラーは生徒以外の相談にも乗るからなー」

怜「……どんな話すんの?」

憩「えらい突っ込んでくるんやね。らしくないやん、園城寺さん」

怜「その呼び方やめて」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 10:49:18.64 ID:IE4Q/Mkh0

怜「二人きりなんやから、いつも通り怜って呼んでや」

憩「ウチは公私混同はせえへんの。社会人の常識や」

怜「むかつくわぁ……年下のクセに……」

憩「……何度も言っとるけど、年齢について他の子に話したら怒るからな」

怜「ウチと憩だけの秘密やな」

憩「先生方は知っとるけどな」

怜「……ホンマ、おもろないこと言うんやなぁ」ハァ

憩「本当のことやからねー」

怜「……寝るわ」

憩「おやすみ」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 10:58:23.05 ID:IE4Q/Mkh0


――――――――――

コンコン

憩「はーいどうぞー」

「すみません先生、ちょっと擦りむいちゃって……」

憩「あらら。とりあえず見せてくれる?」


怜(憩はいつも通りやなぁ)

怜(ウチと接するのも他の子と接するのも、大して変わらずに……)

怜(……特定の生徒に対してえこひいきすんのはアカンやろうし)

怜(公私混同せん、ってのも立派やとは思うけど)

怜(……やっぱりおもろないなぁ)

怜(ウチと憩、二人だけの空間に誰かが入ってくるのも気に食わんわ……)


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 11:05:06.38 ID:IE4Q/Mkh0

憩「はい、出来上がり♪」

「ありがとうございました、先生」

憩「お大事にねー」

憩「ふぅ……」

怜「お疲れさん」

憩「こんなもんで疲れてたら身体もたんわ。てか起きたてたんや」

怜「さっきからずっと起きてるで」

憩「頭痛いんとちゃうかったっけ?」

怜「うーん、この枕固いからなぁ。あんまり良くはならんなぁ」

憩「そんなことばっか言って……」ハァ


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 11:11:13.10 ID:IE4Q/Mkh0

怜「……今って何時?」

憩「うーんと……11時ちょうどくらいやから、授業終わるまであと20分ほどかな」

怜「そっか……」

憩「授業参加する気になった?」

怜「うぅー、元素記号がウチの前頭葉を襲うぅ……」

憩「なんやそれ」アハハ

怜「……なあ憩」

怜「膝枕してくれへん?」

憩「嫌です」

怜「辛辣やなぁ……」

憩「どこの学校に生徒に膝枕する先生がおるの」

怜「憩が第一人者やな」

憩「アホ言いなさんな」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 11:20:08.50 ID:IE4Q/Mkh0

怜「……そんなこと言わんとやってや」

憩「言ってるやろ。公私混同はせえへんて」

怜「……ええやん。ちょっとくらい。他の生徒と同列なんて、嫌や」

憩「あのなぁ……」

怜「なー。やってーやー。ひーざーまーくーらぁー」

憩「駄々こねない。それでも年上か……」

怜「……膝枕してくれへんかったら憩の年齢言うからな」

憩「なっ」

怜「本当はきゃぴきゃぴのセブンティーンや言いふらしたる」

憩「……そ、そんなこと言ってもやらんからな」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 11:27:03.81 ID:IE4Q/Mkh0

怜「うぅ……憩のアホ……」

憩「アホはと……園城寺さんでしょ。そんなに元気やったら教室戻りなさい」

怜「あぁ、貴重な時間が……次の時間も休もかな」

憩「こら」

怜「膝枕してくれるまで絶対に動かへん……無理やり連れてこうもんなら教育委員会訴えたる……」

憩「……今日はどうしたん、我がままばっか言って。お利口さんな園城寺さんらしくないで」

怜「憩がそんな呼び方でウチのこと呼ぶからや」

憩「保健室ではいつもこうやろ」アキレ

怜「……アホ」

憩(学校外では頼りになるお姉ちゃんやのに、どうしてここまで変わるのか……)


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 11:34:06.64 ID:IE4Q/Mkh0


キーンコーンカーンコーン

憩「あ、チャイム」

怜「……」

憩「動く気なして」

怜「……学校終わるまで動かんもん」

憩「……はぁ。ホンマ、しょうがないんやから……」

怜「!」

憩「……4限目のチャイム鳴ったらすぐに帰るんやで」

怜「うん……」

憩「はぁ。短い時間でも居留守使うなんて、養護教師(保健室の先生)失格や……」カラン

出張中

怜「鍵も締めて」

憩「当たり前や……」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 11:40:10.56 ID:IE4Q/Mkh0

怜「憩、早く」

憩「はいはい」トサッ

怜「……やっぱり、丈短い。太ももの面積広なってる」

憩「別にええやろ。……ウチかってたまにはそういう気分になるの」

怜「セブンティーンやもんな」

憩「うるさい」

怜「それじゃあ、失礼するな……」

憩「っ……」

憩(やっぱこのくすぐったい感じ馴れへんわ……)

怜(憩の膝枕……久しぶりや……)


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 11:47:24.67 ID:IE4Q/Mkh0

怜「はぁ……気持ちいい……」

憩「チャイム鳴ったら終わりやで」

怜「そんな寂しい事言わんとってや……あったかいんやから……」

憩(うぅ、いくらプライベートで親交が深いとは言え、一人の生徒と先生がこんなことしてるなんて……)

怜(この背徳感というか、学校でみんなに内緒で憩とこういうことしてる、ってのがたまらんわ……)

怜(校内屈指の人気者、荒川先生。そんな人の素性を知ってて、下の名前で呼んでるのはウチだけか……)

怜「ふふ……」

憩「はぁ……」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 11:54:34.77 ID:IE4Q/Mkh0

怜「……なぁ。憩」

憩「なんですか」

怜「下の名前で呼んでや」

憩「これ以上は何も出来ません」

怜「ケチ」

憩「十分大盤振る舞いしてるつもりですけどもー」

怜「呼んでくれるまで離さへんから」ギュッ

憩「なっ」

キーンコーンカーンコーン

憩「ほ、ほら、チャイム鳴ったで! 約束守って!」

怜「嫌や」

憩「と、怜!?」

怜「別にええやん。昼休みまで……」」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 12:02:01.68 ID:IE4Q/Mkh0

憩「あ、あのなぁ」

怜「ええやん、憩も一緒に寝よ」グイッ

憩「きゃっ……ちょ、ちょっと……!?」

怜「おやすみー」




憩(結局昼休みまで付き合う事になりましたとさ)


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 12:02:34.86 ID:IE4Q/Mkh0

次の来訪者>>134


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 12:03:51.11 ID:Zm/+AATW0

一緒にお昼寝すばらっ!

安価なら洋榎


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 12:15:19.48 ID:IE4Q/Mkh0


――――――――――

憩「はぁ……酷い目に遭った……」

憩「おかげで午前中に終わらそうと思ってた仕事残してまうし……」

憩「今日は残業かもなぁ……」

洋榎「失礼しまーす……」ガラッ

憩「はいはい……って愛宕さん。珍しいね、愛宕さんが授業中に保健室やなんて」

洋榎「体育の授業中にちょっとぼーっとしてもうて……」

憩「ぼーっと? ……とりあえず、どこ怪我したの?」

洋榎「この辺にデカいたんこぶが……」

憩「あっちゃー。また派手にやったなぁ……軽い打撲かもやでこれ」

洋榎「とりあえず冷やしといたら治る感じのアレやないの?」

憩「まあマシにはなるけど……でも病院行くほどじゃないかな」

洋榎「そらよかったわー」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 12:23:14.42 ID:IE4Q/Mkh0

憩「はい、氷。とりあえずこれ当て続けて」

洋榎「ほーい。って冷めたっ……こういうのって氷持ってる手が痛くなってくるよなー」

憩「あるあるやねー。タオルあげるわ、これ使って持ったらマシちゃう?」

洋榎「さすが憩ちゃん。至れり尽くせりやで」

洋榎「ところで。授業戻ったらアカン?」

憩「うーん、出来ればここで安静にして欲しいかなぁ」

洋榎「そっか……んじゃあそうするわ」

憩(なんか、聞き分けが良い愛宕さんって不気味やわ……)

憩「で、何やっててこんなんなったの?」

洋榎「ソフトボールやな。フライ取り損ねて」

憩「愛宕さんが?」

洋榎「情けない話やけどもなー」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 12:30:11.75 ID:IE4Q/Mkh0

洋榎「まあウチも人間やから。フライの一つくらい取り損ねるで」タハハ

憩(信じられない……体育の授業で初心者が打ち上げるようなフライをあの愛宕さんが……)

洋榎「ふいー。冷たい冷たい」

憩(妙に大人しいというか、しおらしい雰囲気も気になるし……ちょっとお話してみようかな)

憩「最近ソフトボール部はどんな感じ?」

洋榎「まあ基本的には普段と変わらず……やけども」

憩「?」

洋榎「副部長がここ最近めちゃくちゃ不機嫌やなー……」

憩「ソフトボール部の副部長といえば……末原さん?」

洋榎「そうそう。ちょっと前に面倒なことがあって、それ以来なぁ」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 12:42:05.02 ID:IE4Q/Mkh0

憩「それは部外者が訊いてもいい感じの話?」

洋榎「もちろん。普通やったら笑い話にもならんくらいくだらん話やで」

洋榎「ただ、どうしてかそれが恭子の逆鱗というか、なんか気に入らんことに触れたらしくて」

憩「何があったんか訊かせてや。面白そう」

洋榎「えっとな……」

―――――――――――

憩(簡潔にまとめると、生徒会長……もとい竹井さんの悪ふざけで愛宕さんがキスされて、その現場を見られたそうです)

洋榎「まあ確かにウチが目撃した立ち場としても、練習が始まってるにも関わらずそんなふざけたことしとる部員がおったら蹴っ飛ばすと思うわ」

洋榎「ただ、それにしては尾を引きすぎてるというか……ウチとしてはいつまでそんなくだらんこと引きずんねん、って感じで……」

憩(うーん、これは末原さんが憤慨するのも無理はないかなぁ……)


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 12:50:14.38 ID:IE4Q/Mkh0

憩(てか竹井さん……あの子も本当に厄介というか、面倒ごとを起こすというか……)

洋榎「なぁ、どう思う憩ちゃん? いくらなんでも怒りすぎやと思えへん?」

洋榎「一週間前くらいから今までずっとやで。口聞いてくれへんし……」

憩「ウチは末原ちゃんの気持ちわかるかなぁ」

洋榎「えっ……ほ、ホンマに? なんで恭子はそんなに怒っとんの?」

憩(洋榎ちゃんは鈍感なんかなぁ……結構賢そうに見えるけども、恋愛は別なんかな?)

憩「自分が何とも思ってない人がそんなことしてたら、何やってんねんコイツ、くらいで済むんやろうけど……」

憩「末原ちゃんにとって愛宕さんはそうじゃなかったってことやなー」

洋榎「ウチの部長という立場がまずかったんか……」

憩(うーん、そうじゃないねんなぁ)アハハ


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 13:01:37.09 ID:IE4Q/Mkh0

憩「まあでも、それも半分くらいは理由になってそうやねー」

洋榎「半分くらい?」

憩「末原ちゃんはソフトボール部一筋やから、めちゃくちゃ部を愛してると思うねん」

憩「で、その愛する部の象徴とも言える愛宕さんは、生徒会の役員でもあるわけやん」

洋榎「うんうん」

憩「自分が末原ちゃんの立場としたら、なんかそれだけでも嫌じゃない?」

洋榎「む……」

憩「例えば、自分が本気で好きな人が自分のとこだけやなく、別の人らのところでも仲良さげ楽しげにしてるというか……」

洋榎「それは確かに気に食わんな。どっちかハッキリせえ! ってなる」

憩(うん、いやまあ、まさにその通りなんやけど……)


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 13:08:49.30 ID:IE4Q/Mkh0

洋榎「つまり恭子は、ウチがソフトボール部と生徒会を掛け持っとるのが嫌なんか……?」

洋榎「でもウチは両方本気でやっとるし、疎かにしたことなんて無いって断言出来……!」

憩「うん、まさにその通り。だから愛宕さんが部と生徒会を両方やってることについては、末原ちゃんも認めてるし納得いってるねん」

憩(心の奥底ではこっち一本にして欲しいとか、そういう気持ちはあるやろうけど)

洋榎「じゃあなんで……?」

憩「今度はこれが部と生徒会じゃなくて、末原ちゃんと竹井さんに置き換えて考えてみ?」

洋榎「!」

憩(愛宕さんは恋愛ごとに鈍感なだけで、頭も良いし勘も鋭いから……)

洋榎「ひ、久に嫉妬した、ってこと……?」

憩「そういうこと」ニコ


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 13:16:50.55 ID:IE4Q/Mkh0

憩「まあそれに加えて、もっとドロりとした感情もあるやろうなー」

洋榎「つまり、恭子はウチのこと……」

洋榎「……!!」

憩(やっと分かったか)

憩「まあ、そんな生徒会のボスでもあり恋敵でもある竹井さんと」

憩「ソフトボール部の部長で主将で、自分の好きな人でもある愛宕さんがキスなんてしてるとこ見た日には……ね?」

洋榎「……」

憩(愛宕さん可愛い顔しとるなぁ……相当動揺してるみたいやけど……)


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 13:26:57.72 ID:IE4Q/Mkh0

憩「しかも愛宕さん、竹井さんに無理やりキスされたわけじゃないんやろ?」

憩「それってつまり竹井さんを受け入れたってことで、愛宕さんは軽い気持ちでやったことかもしれんけど……」

憩「生徒会とソフトボール部とか、末原ちゃんの気持ちとかもろもろ考えたら……相当まずいことしたと思うで?」

洋榎「……!!」

憩「まずはちゃんと謝って、自分がどう思ってるのかを話さんとな」

憩(しかし、竹井さんはホンマにトラブルメイカーやなぁ……何の目的でそんなことを……)

洋榎「……すまん、憩ちゃん。いや、ありがとう。頭思いっきりぶん殴られた気分やわ」

洋榎「恭子のとこ行ってくる」ダッ

憩「ちょ、まだ授業中……」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 13:33:17.94 ID:IE4Q/Mkh0

憩「行ってもうた……」

憩「思い立ったらすぐに行動で、愛宕さんらしいなー。安心したわ」

憩「これも青春、なんやろうなぁ……」

憩(……ウチまだ17やのに、なんでこんな年寄りみたいなこと……)





憩(後日談。愛宕さん3ーC乱入事件は後の伝説になりましたとさ)


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 13:46:44.74 ID:IE4Q/Mkh0

保守させて申し訳ないです
次の来訪者

>>179


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 13:47:40.06 ID:HsJfvAfH0

おつやでー
安価ならたかみちゃん


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 13:55:53.17 ID:IE4Q/Mkh0


―――――――――

憩「言うてる間に放課後かぁ」

憩(愛宕さんどうなったんやろ……)

憩(まあ、あの子も有名人やし、そのうち風の噂として耳に入ってきそうやな)

コン…

憩(……ん? 今のは……ノック?)

憩「はーい、どうぞー」

尭深「失礼します……」ガチャ

憩「初めて……だよね? これぱぱっと書いちゃってくれる」ニコ

尭深「……」コク…

尭深「……」カキカキカキ

憩(これまた保健室には似合わないくらいに奥ゆかしい子が来たなぁ……)

憩(どういう用件だろう?)


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:02:33.53 ID:IE4Q/Mkh0

尭深「どうぞ……」

憩「ありがとー」ニコ

憩(渋谷尭深さん。2ーB、茶道部……部長、か)

憩「茶道部の部長なんだね。二年生なのにすごいわぁ」

尭深「部員が少ないから、必然的に……」

憩「それでも何かの集団の長になるってことはすごいことやで。もっと誇ろう!」

尭深「……」

憩(顔赤いけど……シャイな性格なのかな?)

憩(保健室に来る子は黙ってれば勝手に喋りだすような子ばっかりだから、こういうこの相手は大変かも……)


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:09:55.03 ID:IE4Q/Mkh0

憩(さて、用件はっと……その他……)

憩「えっと渋谷さん、今日はどういったご用件で保健室に?」

尭深「……猫」

憩「え?」

尭深「……付いて来て、欲しいです……」

憩「う、うん……?」

尭深「……」ギュ

憩「あっ、ちょ……し、渋谷さ……」

―――――――――

憩(手を掴まれ連れ出されてしもた)

憩(見た目よりずっと積極的なんかなぁ……)

尭深「……」テクテクテク


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:11:30.91 ID:+JNA+bfq0

茶道部にはもーちゃんとかいるんかな


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:13:20.04 ID:HsJfvAfH0

そーやね
劔谷の梢ちゃんが部長でもよかったかもな


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:19:11.73 ID:IE4Q/Mkh0

憩「なぁ渋谷さん。一体どこに向かっとるの?」

尭深「……茶道部室」

憩「茶道部室……そういえば茶道部って部員何人くらいおるの?」

尭深「……私を入れて、5人くらい?」

憩「ぎ、疑問系で訊かれても困るかな……」

憩「そういえば、茶道部って普段なにしてるの?」

尭深「……お茶を淹れて、飲む」

憩「そっか……お茶飲むのかー……また用事は済んだらでいいから、私にも淹れてもらえるかな?」

尭深「……どうして?」

憩「うーん、どうして、か……渋谷さんが淹れたお茶を飲んでみたいから、かな?」

尭深「……」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:30:52.39 ID:IE4Q/Mkh0

尭深「……分かった。用事が終わったら、淹れる」

憩「ふふ、楽しみにしとくわ」

憩(相変わらず用事が何なのか分からないままやけど……ま、なんとかなるか)

憩(茶道部室に行けば他の子から事情を訊ける、はず……)

――――――――――

尭深「着いた」

憩「ほえー。茶道部室ってこんな場所にあるんやね……」

友香「あ、尭深先輩帰って来た!」

美幸「やっと帰って来たよもー……」

尭深「二人ともただいま」

憩「えっと、お二人は……?」

尭深「茶道部の部員。この子が1年で」

友香「ども!」

尭深「この人が3年」

美幸「あ、よろしくお願いします……」


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:42:13.01 ID:IE4Q/Mkh0

憩「あ、三年生いるんや……」

美幸「茶道部は代の移り変わりが早くて、この時期にはもー部長は変わるんです」

友香「まだ他にも部員はいるっすけど、今日は私ら三人以外休みです!」

尭深「……休みです」

憩「な、なるほど……」

憩(まあ、こういう部活は基本自由やからなぁ……)

憩「っと、で、用事って何かな? ウチ、渋谷さんに何も告げられずにここまで連れて来られてんやけど……」

友香「せ、先輩……」

美幸「尭深ちゃん、ちゃんと訳は話さないとー……」

尭深「……ちゃんと言った。猫って」

憩「猫? あ、そういえば……」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:50:57.95 ID:IE4Q/Mkh0

美幸「猫、だけじゃ普通分からないってもー……」

友香「えっと、説明させてもらうと、茶道部室の窓から見えるところに猫がいて、そいつが怪我してるんです……」

憩「猫が怪我……」

尭深「……足のところから血が出てて、動けないみたい。助けて欲しい」

憩「あー、なるほど。そういうことなんやなー」

美幸「説明不足でごめんなさい……」

友香「自分からも謝るんでー……」

尭深「……ごめんなさい」

憩「あはは、まあようあることやから気にせんとって」アハハ

憩(しかし、なるほどなー……猫、か……)


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:58:20.23 ID:IE4Q/Mkh0

尭深「来て。案内する」

憩「おー、かなり本格的な和室やねー……」

友香「私らいつもここでお茶淹れたりしながらくっちゃべってます!」

美幸「茶道部ではお茶は立てる! 何度も言わせないでよもー……」

憩(なかなか雰囲気良さそうな部やな……全然どんな部か知らんかったけど……)

尭深「……あそこ」

憩「あー……本当だ。素人目で見ても酷そうだね……」

尭深「……助かる?」

憩「助ける、やで」ニッコリ

尭深「……!」

友香「カッコいい……」

美幸(保険の先生って、動物治せるのかな……?)


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:09:43.92 ID:IE4Q/Mkh0

憩(さて、大口叩いたは良いものの、まったくどうすればいいんか分からへん……)

憩(保険の先生言っても、人と動物なんて処置の仕方絶対違うやろし……)

憩「……とりあえず、なんでも出来そうな人呼ぼか」

「「?」」

―――――――――

戒能「ハロー、みなさんこんばんは」

憩「どうも、お忙しいところすみません」

美幸「か、戒能先生……」

友香「ど、どういうことでー……?」

尭深「荒川先生……?」

憩「いや、ごめんな渋谷さん。ちょっと専門外やわ。素人が下手なことするより、ある程度知ってそうな人のがええかな、と思って」アハハ


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:18:27.37 ID:IE4Q/Mkh0

戒能「で、荒川先生。私は何をすればいいんでしょう? 猫の悲しげな鳴き声が聞こえますが……」

憩「いや、戒能先生、アフリカで獣医の助手してたらしいとかっていう噂聞いたから……」アハハ

友香「噂!?」

美幸「どういうことなのよもー……」

戒能「なるほど。あの猫は怪我をしているんですね。了解です。応急処置だけならなんとかしてみます。とりあえず、保健室からこれだけの道具を……」

憩「ふむふむ……」

友香「マジでー!?」

美幸「この人めちゃくちゃだよー……」

尭深「治りますか……?」

戒能「あの状態なら、早い段階で処置してちゃんとした獣医に見せればノープロブレムです」

尭深「……!」パァァ

憩(いやぁ、戒能先生は頼りになるなぁ……大抵のことは出来るって聞いたけど、まさか本当やとは……)


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:30:31.63 ID:IE4Q/Mkh0


―――――――――――

憩(戒能先生の応急処置の後、猫は動物病院に連れて行かれました)

憩(怪我の具合は見かけだけで、戒能先生が大雑把な作業はやっていたので消毒とかしかすることはなかったそうです)

憩「……以上が猫ちゃんの経緯でした」

尭深「良かった……」ホッ

美幸「心配して損したよもー……」

友香「遅くまで学校に残ってる意味なかったですね」アハハ

憩「応急処置をした上に、動物病院にまで連れて行ってくれた戒能先生にあとで土下座せえなな」ニコ


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:40:03.57 ID:IE4Q/Mkh0

尭深「……先生。本当に、ありがとうがとうございました」ペッコリン

美幸「ございましたー……」ペコ

友香「感謝です!」

憩「いえいえ。ウチ、なんもしてないし」

憩(割とホンマに)

尭深「……きっと先生を呼んでいなければ、私たちだけで無理に獣医に連れて行こうとして……」

尭深「猫の様態が酷くなっていました」

尭深「本当に、ありがとうございました」ペッコリン

憩「……自分の力じゃどうにもならんときに人のこと頼れるって結構すごいことなんやで?」

憩「ま、三人ともよく出来ました、ってことで」ニコ

尭深「先生……」


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:46:51.77 ID:IE4Q/Mkh0

憩「さて、三人とももう帰り。日落ちとるわ」

美幸「本当だ……もーこんな時間……」

友香「ずっと猫の心配してましたからね」アハハ

憩「渋谷さん。今日は遅いから無理やけど、また遊びに行くからお茶お願いな?」

尭深「……はい」ニコ




荒川(……さて、ウチは残業やなー……こういう仕事と承知でやってますけども……)


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:47:22.38 ID:IE4Q/Mkh0

過去最高に難しかった
次の来訪者
>>225


225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:48:44.39 ID:4N5rCOzZ0

そろそろ咲さん


230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:57:00.04 ID:IE4Q/Mkh0


――――――――――

憩(昨日はホンマに忙しかったなぁ……)

憩(午前は怜に振り回され、午後は愛宕さん、立て続けに渋谷さんで……)

憩「それに関係あるかは知らんけど、今日は放課後まで特に何もなかったなー……」

憩(ウチが働かんでええのが一番幸せな状態なんやと思うけど……)

コン コン

憩(そういう訳にもいかんよなぁ)

憩「はーい。いますよー」

咲「失礼します……」ガチャ

憩(1年生かな? 何にせよ初めてやなー……)


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 16:02:41.68 ID:IE4Q/Mkh0

憩「どうもこんばんわ。早速やけど、この紙ぱぱっと書いちゃってくれるかな?」

咲「は、はい」

咲「……」カキカキカキ

憩(物静かな雰囲気の女の子やなー……いかにも文学少女って感じの……)

咲「あ、書けました」

憩「ありがとうね」ニッコリ

憩(……宮永咲。1ーB、文芸部)

憩(うーん。なんか、所々既視感のあるプロフィールやなぁ……)

咲「……」モジモジ


233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 16:09:24.85 ID:IE4Q/Mkh0

憩(しかし綺麗な字やなぁ……まあそれは置いといて、宮永……宮永……)

憩「あ」

咲「へっ?」

憩「もしかして、3年にお姉ちゃんおる? 宮永照っていう赤髪の」

咲「えっ……あ、は、はい。宮永照は私の姉です……」

憩「なるほどなぁ、通りで……」ジロジロ

咲「あ、あの……」

憩「いやぁ、ごめんな。しかし、お姉さんに似てるね」

咲「えっ……ほ、本当ですか?……」

憩「うん。顔立ちも面影あるし、髪型の特徴もそっくりやし、同じ文芸部やしな」ニコ


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 16:18:51.01 ID:IE4Q/Mkh0

咲「そ、そうですか……えへへ……」

憩(この子もお姉ちゃん子なんやろうなぁ……そんなオーラが滲み出てるわ……)

憩(まあ、この学校の妹ちゃんはみんなお姉ちゃん大好きな子ばっかやけど……)

憩「で、今日の用事に相談って書いてあるけど……どんなお悩みで?」

咲「その……お姉ちゃんのことなんですけど……」

憩「宮永さんのこと?」

咲「じ、実は……私……!」

咲「お姉ちゃんのことが好きなんです!!」

憩「……」

憩「そ、そっか。えっと……それはどういう……?」

咲「……」カァァァ

憩(な、なんか。今までで一番ヤバげな雰囲気が……)


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 16:20:36.23 ID:HsJfvAfH0

咲がシスコンという風潮


240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 16:23:36.70 ID:yKJw64TO0

>>239
???「ナシですね」


242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 16:27:01.62 ID:IE4Q/Mkh0

憩「う、うん、そうやな。ほな質問変えるわ」

憩「その好きは……その、ライク? ラブ?」

咲「……ライクです。たぶん」

憩「そっか……ライクか……」

憩(限りなく黒に近そうなグレーって感じやな……)

憩「まあ、お姉ちゃん離れでけへん子はいっぱいおるし、そこまでマイノリティでもないと思うで?」

咲「出来れば、お姉ちゃん離れはしたくないです……」ウルウル

憩(何か惹かれるモノがあるんやろうなぁ。松実玄さんにしろ、この子にしろ……)


243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 16:35:32.05 ID:IE4Q/Mkh0

憩「そっか……お姉ちゃん大好きなんやね」

咲「……はい」

憩「出来ればこの先も末永く今の姉妹関係でいたいと」

咲「……もうちょっと、距離が近くなっても大丈夫、です」モジモジ

憩「な、なるほど……咲ちゃんがお姉さんのこと大好きなんは分かったわ。それを前提にどういったお悩みで?」

咲「実は……最近、お姉ちゃんの周りにたくさん女の人が増えてきていて……」

憩「つまり、お姉さんがどこぞの馬の骨かも分からん誰かに取られるのが怖い、ってことかな」

咲「! ……すごいです先生、その通りです……」


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 20:27:41.37 ID:IE4Q/Mkh0

憩「まあ、この会話の流れやったら大体分かるわ」アハハ

憩(ただ単に大好きなお姉ちゃんが取られるのが怖い、ってだけやったらええんや けども)

憩(この子の場合、何かそれ以外の、ただならぬ理由がありそうなオーラが……)

咲「先生、私どうしたらいいんでしょう……?」ウルウル

咲「お姉ちゃんがいなくなったら、私……!」

憩「うーん、正直に言うと、そない心配せんでも大丈夫やと思うで? あの宮永さんが誰かとお付き合いしてる姿なんて想像でけへんし」

憩「そもそも誰かと付き合ったからと言って咲ちゃんを蔑ろにするとも思えんし」

咲「……蔑ろにされなくても、お姉ちゃんが誰かと付き合ったりキスしたりするなんて……嫌です」

憩「神聖なお姉ちゃんに気軽に触れられたくない、ってこと?」

咲「はい……」


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 20:37:06.17 ID:IE4Q/Mkh0

憩(ちょっぴり病的な何かを感じるわぁ……)アハハ

咲「昔からの馴染みの人とか、私がよく知ってる人とかならまだいいんですけど……」

憩「ウチが知る限りじゃ、宮永さんの昔からの馴染みって弘世さんくらいかなぁ」

咲「菫さんは、はい。大丈夫です。お姉ちゃんとは幼稚園児のときからのお友達なんで」

憩「ほえー。あの二人そんな長かったんや」

咲「まあ、だからと言って私とかと特別仲が良いってわけでもないんですけど」アハハ

憩「他に宮永さんと付き合い長い人っておるの?」

咲「私と菫さんくらいに長いのは、この学校の1年生で私と同じクラス大星淡ちゃんですね」

憩「あのダンス部の元気な子?」

咲「はい。知ってるんですね」アハハ


307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 20:47:56.26 ID:IE4Q/Mkh0

咲「幼馴染みで家も隣で」

咲「昔からずーっと一緒に三人で遊んでたように思えます」

憩「そっかぁ。大星さんと宮永さんらがそんな関係やとは……」

咲「この高校に入ってから、お姉ちゃんにも同年代の仲の良い友達が増えてることを知って……」

咲「良い事だとは思うんですけど……やっぱり、私たちが知らないお姉ちゃんがいることは……すごく寂しいです」

憩「なるほどなぁ」

憩(なんか咲ちゃんの気持ちが分かってきたように思えるなぁ……)

咲「あ、そうだ。聞いてください先生、この前、お姉ちゃん知らない女の人にキスしてたんです……!」

憩(松実さんか……)アハハ


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 20:55:14.09 ID:IE4Q/Mkh0

咲「私でもキスとかされたこと無いのに……酷いと思いませんか!?」

咲「あんなにも簡単に好きとか言って、キスして……羨ましい……」ブツブツ

憩(なんか羨ましい聞こえたような気が)

憩「そやなぁ……もしかしたらキスされてたその人、宮永さんにとってすごく付き合いが長くて」

咲「あり得ないです。お姉ちゃんにあんな知り合いいませんでした。断言できます」

憩(なんで断言出来るんでしょー……)

憩「えっと、それじゃあ、宮永さんが一目惚れしちゃった」

咲「そんなことあり得ません!!」

咲「……たぶん」

憩「はは、そこは自信ないんや」


311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:02:52.03 ID:IE4Q/Mkh0

咲「お姉ちゃんの気持ちはお姉ちゃんにしか分からないから……」

憩(所々理性的なのが救いやなー)

咲「お姉ちゃんがその人に一目惚れって、あり得ますかね……?」

咲「2年生の松実玄さん、って人らしいんですけど……」

憩(ある程度のことは調べてそうな雰囲気……)アハハ

憩「うーん、あり得へん話ではないんちゃうかな? 宮永さんも人間やし、松実玄さん可愛いし」

咲「そ、そんな……」

咲「……胸、ですか?」

憩「……え?」

咲「私が胸小さいからお姉ちゃんは……」ジワァ

憩「なんでそうなるの!?」


316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:10:48.97 ID:IE4Q/Mkh0

咲「淡ちゃんも小さいです……いや、私に比べればアレですけど、松実玄さんに比べれば……」

咲「それに引き換え私は……」

憩「さ、咲ちゃん落ち着いて。胸の大きさは関係ないと思うから……」

咲「じゃあどうして……?」

憩(まあ、そう言われるとこれと言った答えも浮かばへんのよねぇ)

憩「うーん、考えてもしゃあないし、お姉さんに直接訊いてみたら?」

憩「なんかきっと重大な事情があるんやって」

咲「キスしないと死んじゃう病気とか……?」

憩「いや、そこまで重大でもアホらしくも無いと思うけど……」


319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:17:31.60 ID:IE4Q/Mkh0

咲「でも、お姉ちゃんそういうこと訊くのは……」

憩「ちょっと勇気ない感じ?」

咲「はい……」

憩(宮永さんに関してかなりアグレッシブに動いてそうやのに)

憩(なんで直接ってなったら臆病になるんや……)

憩「……よし。ほんならウチが手伝ったるわ」ニッコリ

咲「えっ……? でもどうやって……」

憩「まあまあ。ちょっと待っといて」

憩「……」

キーンコーンカーンコーン

憩『3年A組宮永さん。宮永照さん。校内にいましたら、至急保健室まで来てください』

憩『繰り返します。3年A組宮永さん……』


322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:24:28.05 ID:IE4Q/Mkh0


―――――――――

憩「さ、これであとは来るの待つだけやな」ニコ

憩(松実さんの相談に対してもケリ付けなアカンかったし、ちょうどよかったわ)

咲「お、お姉ちゃんがここに……!」アワワ

憩(急にそわそわし出すあたり咲ちゃんも分かりやすいなぁ……)

憩「ま、この際やし、思ってること全部ぶつけたらええで」

憩「もっと構えとか、あんまし知らん子とイチャイチャするなとか」

咲「そう、ですよね……ちゃんと気持ち伝えないと、ダメですよね……」

憩「うんうん♪」

憩(宮永さん、早く来てくれたらええけど……)


330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:31:24.69 ID:IE4Q/Mkh0


――――――――――

咲「……来ない、ですね」

憩「う、うん……おかしいなぁ、帰ったんやろか」

咲「今日は文芸部あるので、学校にいるとは思うんですが……麻雀部の方に行ってるかもですけど……」

憩「……もしかして、迷ってるとか?」

咲「えっ」

憩「いや、あの子保健室に来るときいつも誰か側におったから……」

菫「失礼します」ガラ

照「失礼します……」

憩「あ、来た」

照「うぅぅぅ……」


333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:38:42.65 ID:IE4Q/Mkh0

憩(弘世さんに首根っこ掴まれとる……)

菫「申し訳ないです先生。遅れました」

憩「いや、全然大丈夫やで?」

菫「コイツ、呼び出された瞬間帰ろうとして」

憩「あらら」

菫「行けと言っても逃げそうな雰囲気だったので……無理やり連れてきました」

照「うぅぅぅ……」

咲「お、お姉ちゃん……」

憩「なるほどなー。ってことは、呼び出されることに対して心あたりがあるわけか」

照「こ、心あたりなんて無いです。私なにもしてないです」

菫「おまえなぁ……」


335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:45:13.89 ID:IE4Q/Mkh0

憩「まあ訊けば分かるでしょ。色々知ってそうな弘世さんもおるし」

憩「じんも……じゃなくて、質問にはちょうどええわ」ニコ

照「」

菫「しっかりと報いを受けろ。あんな連中集めてあんなことしておいて、何も音沙汰が無いわけがないだろ……」

照「うぅぅ……賢者はいつも愚者の犠牲になる……」

菫「殴るぞお前」

憩「まあ、質問するのは私やなくて咲ちゃんなんやけどね」

照「咲……?」

咲「うぅぅ……」モジモジ


338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:51:08.77 ID:IE4Q/Mkh0

憩「ウチらは気にならんように遠く行っとくから、お二人だけでお話して」

憩「さ、弘世さん。こっちこっち」

菫「は、はい……」


照(菫と先生がいなくなった………)

照(これは……チャンス……)ソローリ

咲「あ、あの……」

照「!」ビクッ

照「な、なに……?」

咲「お姉ちゃん一体何をして……?」

照「い、いや、ちょっと花を摘みに……」


340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:56:02.86 ID:IE4Q/Mkh0


菫「アイツ……」

憩「なんかもう見てて気持ち良くなってくるな」アハハ


咲「あの、お姉ちゃん。話があるんだけど……いいかな?」

照「は、はい……」

咲「と、とりあえず座ろうよ。ね?」

照「いや、花を……」アセアセ

咲「お姉ちゃん……?」

照「あ、後で行きます」


342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:01:30.14 ID:IE4Q/Mkh0

咲「……」

照「……」

咲「なんか、こうやって向かい合って話すって珍しいね」アハハ

照「そうだね……なんか悪い事したみたいな気分……」

菫(いやいやいや)

咲「その、ね。今日お姉ちゃんをここに呼び出してもらったのは、私なんだ」

照「咲が……?」

咲「色々と訊きたいことがあって……」

照「それは家では話せないことなの?」

咲「う、うん。淡ちゃんとかもよくいるし、ちょっと話しにくいと言えば話しにくいかも」

照「そっか……」


343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:07:34.03 ID:IE4Q/Mkh0

咲「えっとね……お姉ちゃんは、その、好きな人とか……いる?」

照「す、好きな人……?」

咲「うん……」

照「えっと、それはどういう意味の好き?」

咲「……キスするとかの好き」

照(キスするとかの好き……)

照「……うん。そういう意味なら、好きな人はいるよ」

咲「えっ……!?」



憩「そ、そうなんや……なんか意外やわ……」

菫「いや、アイツのことです。また何か意味をはき違えてそうな……」


345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:15:29.78 ID:IE4Q/Mkh0

咲「そ、それって……私の知ってる人?」

照「咲が知ってる人もいるよ?」

咲(えっ……どど、どういうこと!?)

咲「お、お姉ちゃん? 好きな人だよ?」

照「うん、好きな人」

照「咲のことも大好きだよ」ニコ

咲「!?」ドッキーン



菫「またあんなこと言って……」

憩「松実玄ちゃんが勘違いするのも分かる気がするわ……いや勘違いかはまだ分からんけども…‥」

菫(何の悪気もなく純粋な気持ちで言ってるんだから厄介なんだアイツは……)


347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:23:16.94 ID:IE4Q/Mkh0

咲(お姉ちゃん、私のこと大好きって……)

咲「あぅ……ぁ……」カァァ

照「どうしたの咲? 顔が赤い」スッ

咲「ふぁ!?」

咲(お姉ちゃんの手……ほっぺに……!)

照「熱でもある? 先生呼ぼうか?」

咲「だ、だだ、だいじょぶ……」

照(また赤くなってる……)



憩「なんか宮永さんってすごいんやね……」

菫「アイツが人見知りのおかげで被害は最小限で済んでますがね……」

菫(私も昔、本気で……)


350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:30:08.69 ID:IE4Q/Mkh0

咲「あ、あの……お姉ちゃん……」

照「なに?」

咲「お姉ちゃんは……私のこと、大好きなんだよね……?」

照「うん」

咲「それなら、その……」

咲「キス、して欲しいです……」ウルウル

菫(完全にネジを飛ばされてるな……)

憩(あっちゃー……これはまずい気が……)

照「うん、いいよ」ニコ

咲「……!」


353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:36:00.36 ID:IE4Q/Mkh0

咲(私、遂に……お姉ちゃんと……)

照(キスくらい言ってくれればいつでもしてあげるのに)

照「それじゃ、するね」スッ

咲「ま、待って! ここ、心の準備が……!」

照「ふふ、咲は可愛いね」チュッ

咲「ぁ……」

咲(おでこ……)プシュー

照「咲?」

憩「はいストップストップー……」

菫「尋問されて責められるはずがどうしてこうなるんだ……」

照「せ、先生に菫……いたんだ……」


356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:39:14.47 ID:3rrn2LTJ0

照さんにとってキスは仲のいい人とのスキンシップってことか


358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:43:11.06 ID:Pbxo1fh00

なんだ、じゃあ俺も照とキスしてくるわ


359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:47:36.99 ID:4N5rCOzZ0

じゃあ俺も


382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:26:34.89 ID:IE4Q/Mkh0

憩「松実玄さんがあんな風になった理由がよう分かりましたわ……」

菫「自制出来ない分、竹井や園城寺よりタチが悪いぞお前……」

照「ふ、二人とも一体何を……」

咲「ふにゃぁ……」

憩(咲ちゃんの相談何一つ解決出来てないと思うけど、本人幸せそうやからこれでいいんかな……ってよくないか)

憩「宮永さん!!」

照「は、はい!」

憩「さっき弘世さんから訊いたで……? 宮永さんずいぶん面白い事やってたみたいやなぁ……」ゴゴゴゴ

照「ひっ!?」


386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:33:45.14 ID:IE4Q/Mkh0

憩「恋する乙女の純情な心を弄ぶような行為は教師として見過ごせません」

憩「反省文、400時詰め原稿用紙20枚分と明日から1週間校内清掃をすること」

照「そ、そんな……何も悪い事してないのに……」

菫「悪い事してる自覚がないのが一番悪いんだよ……」ハァ

憩「分かりましたか?」ニコ

照「あ、あれは高尚な研究であって……」

憩「分かりましたか?」

照「分かりました……」

憩「それとちゃんと松実さんに事情説明して謝る! 他の子も連れて来なさい!」

照「はい……」シュン

菫(あぁ、なんという常識人……)ジーン


392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:45:24.11 ID:IE4Q/Mkh0


―――――――――――

菫(その後、続いて呼び出しを食らった竹井と園城寺も仲良くお説教を食らった)

怜「委員長がチクるから……」セイザ

久「私は反省してたつもりなんだけどなー……」セイザ

照「賢者はいつの時代も愚者の犠牲に……」セイザ

菫(その後、各々謝罪に出向いたりしたのだが……それはまた別の話)

―――――――――――

憩「はぁ……宮永さん、気軽に人に好きって言ったりキスしたらアカンで?」

照「そんなことしてな……」

憩「してなかったら咲ちゃんはこんな風にはなりません」

咲「……ふふっ」ポケー

憩「……そういうことは本当に好きな人が出来たとき、その子だけにしてあげ」


396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:55:26.13 ID:IE4Q/Mkh0

照「私はみんなが本当に好きです」キリッ

憩(いっぺん襲われるかなんかせな分からなさそうやなこの子……)ハァ

憩「まあええわ。いつか身を以て学ぶときが来るから……」

憩「宮永さん、咲ちゃんと一緒にもう帰り。これからはアホなことしたアカンで?」

照「はい。……咲、咲」ペチペチ

咲「ふぇ……? あ、お姉ちゃん……」ポケー

照「帰ろうか」ニコ

咲「うん……」ニヘラ



憩(これで解決……なんかな? いや、ウチではこれ以上何も出来そうにないし、被害出るとしても宮永さんやから別にええか……)

憩(もうこんな時間……明日も明日で大変そうやなー)

憩「ま、楽しいからええけどな♪」

終わり


403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:58:02.60 ID:IE4Q/Mkh0

ご支援本当にありがとうございました
途中で死んたり席外して申し訳なかったです
次からこの設定で書く時は前スレ貼ります

お疲れ様でした


398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:56:13.60 ID:r+vOvK9K0

乙ですよー


402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:57:35.65 ID:nJghWei20


咲さんが幸せそうでなにより


406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:58:52.22 ID:I93ZwAd3O

乙でした



この記事へのコメント

- 名無しさん - 2012年10月16日 04:29:19

咲さんコワイよ

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。