スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中「沖田、本当に行っちまうんだな」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349758914/
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:05:56.40 ID:zXrg6v800

奥都「紗羽、来月で学校辞めるってホント!?」

紗羽「うん。一応、卒業扱いだけどね」

有田「えー!? じゃ、卒業式も出れないの!?」

紗羽「ごめんね。もう、決めちゃったから」

奥都「うそー……マジなんだ……」

有田「紗羽の隠れファンクラブ会員たちが泣くよ?」

紗羽「そんなの居ないって! もー。」



田中「……」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:07:02.25 ID:zXrg6v800

ウィーン「どうしたの、大智」

田中「……いや、別に」

来夏「なになに、田中くん。いっちょ前に寂しがってんの?」

田中「……なんのことだよ」

来夏「だって、田中のその眼。完全に、飼い主に置いてけぼりくらう犬みたいだよ」

田中「なんだそりゃ」

来夏「まー、あんた達もいいコンビだったからねぇ」

和奏「いつも無神経なこと言ってた印象だけどね」

田中「いきなり出てきてひでぇこと言うな、坂井」

ウィーン「……来月……までなんだね」

来夏「ウィーンまで。どうした、にくレッドの情熱は!」

ウィーン「……うん。」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:08:00.96 ID:zXrg6v800

田中「……宮本」

来夏「ん? なに?」

田中「お前は、寂しくねぇのか?」

来夏「……」

和奏「田中、それは……」

来夏「寂しいよ」

田中「!」

来夏「寂しくて仕方ないよ。けど、だからって、暗くなる必要はないでしょ? 寂しがる表現って、一つじゃないと思うし」

来夏「あたしがもし、逆の立場だったら。どんより、悲しい雰囲気のまま、学校生活を終わらせたくない。」

来夏「だから、紗羽にそう思って欲しくないから。明るく、楽しく過ごすの」

和奏「……」

田中「……悪い」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:10:20.79 ID:zXrg6v800

来夏「だーかーら! それが暗いってーの! ほれ、いつものようにいじってみなよ!」

田中「……そうだな。わかったよ、つるぺた」

来夏「そうそう、そんな風にチビって……つるぺたぁ!? なんじゃそれ!?」

田中「事実だろ」

来夏「むきー! チビって言われるよりよっぽど腹立つんだけど!」

ウィーン「和奏、つるぺたって?」

和奏「あー……えっと……」

紗羽「何騒いでんの?」

来夏「あ、紗羽! 聞いてよ! 田中がセクハラしてきた!」

紗羽「セクハラ?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:12:52.60 ID:zXrg6v800

ウィーン「大智が、来夏につるぺた、って。どういう意味かな?」

紗羽「うわー、それはサイテーだわ」

田中「いや、それは……その……ノリっつーか……」

紗羽「モジモジしてキモイよ。なに、田中は大きい方が好きなの?」

田中「なっ……! ば、バカかお前!?」

紗羽「じゃ、小さい方?」

ウィーン「……ねえ、来夏。大きいとか小さいとか、どういうこと? 来夏に関係しているの? 来夏はどっち?」

和奏「それは……あはは。ね、来夏」

来夏「ウィーン。天然であたしにダメージ与えるのやめてくれるかな……」

田中「どっちでもいいだろ! ったく……」

来夏「よくない! かなり重要だから、そこ!」

田中「はいはい」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:15:40.08 ID:zXrg6v800

紗羽「……あ、そうだ。みんな、今日一緒に帰らない?」

来夏「いいね! ……っていきたいところなんだけど」

和奏「受験、もうすぐだしね」

ウィーン「和奏も、受験勉強してるの?」

和奏「うん。私の学力じゃまだ厳しいんだけど、一回受けてみるのも良いかも、って」

来夏「驚きだよね、この発言があの教頭先生から出て来たんだよ?」

紗羽「白祭終わってから、そんなもんじゃない?」

田中「あの冷血漢が、よくあそこまで穏やかになったもんだよな」

和奏「冷血『漢』じゃないけどね」

紗羽「ウィーンと田中は?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:18:05.98 ID:B849Fd5G0

奧都、有田って誰?


13: 一話で出てきた、モブ二人です。 2012/10/09(火) 14:18:49.51 ID:zXrg6v800

ウィーン「僕も、今日はごめん。家の近くで、本屋に寄って帰るつもりだったから」

来夏「何買うの?」

ウィーン「パークスの本を。」

和奏「パックス?」

ウィーン「パークス。平和の神様の名前だよ」

来夏「ふーん。流石は正義と平和のヒーローだね」

田中「俺は暇だぞ。特にやることないし」

和奏「さすが推薦合格者……」

来夏「おや~? って、ことは二人きりで下校ですか? ふふふ」

田中「は!?」

紗羽「何変なこと考えてんの。友達なんだから、別にいいじゃない」

田中「ああ……そう……だな」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:20:56.28 ID:zXrg6v800

和奏「ん。そろそろ予鈴なるし、席に戻るね」

ウィーン「じゃ、僕も」

来夏「はー。初っ端から世界史かー。眠たくなるなー……」

紗羽「受験生がそんな愚痴言わないの。ほら、席戻りなよ」

来夏「はーい」

紗羽「それじゃ、田中。放課後よろしくね」

田中「おう」


田中(友達……か。そりゃそうだよな。俺が宮本や坂井と同じことになったら、きっと同じように言うだろうし)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:24:01.71 ID:zXrg6v800

田中(変な勘違いをさせない予防線なんだろうけど……ショックっちゃショックだな)

田中(そもそも。俺だって、沖田のこと意識し始めたのも最近だし)

田中(今までは、普通に男女の友達って関係だったんだから。当たり前だろうな)

田中(…………沖田、本当に行っちまうんだな)

田中(友達も、家も、全部置いて。自分の夢を叶えるために)

田中(……かっこいいよな。すげえよ。俺には絶対選べない道だ)

田中(だったら、やっぱり応援……しねえとな)



――――放課後、駐輪場にて。

紗羽「そういえば、田中もチャリ通だったよね」

田中「ああ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:27:12.15 ID:zXrg6v800

紗羽「前に思ったんだけど、馬で通学ってダメなのかな」

田中「は?」

紗羽「自転車使うより、かなり早く来れたんだよね」

田中「あー……そういやお前、一回馬で来たことあったな」

紗羽「馬で きた」

田中「……なんだ、そのヤンキーみてーなポーズ」

紗羽「知らない? ネットで有名な画像なんだけど」

田中「あんま見ねーから、わからん」

紗羽「そっか」

田中「うし、じゃ帰るか」

紗羽「あ、自転車乗っちゃうんだ」

田中「え? そりゃそうだろ」

紗羽「こーいう時は、歩いて帰るもんじゃない?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:29:35.32 ID:zXrg6v800

田中「そ、そう……なのか?」

紗羽「うん。なんとなく。雰囲気の話だけど」

田中「……ま、それがいいなら。それで」

紗羽「うん」


 ――――――――


田中「……」

紗羽「……」

田中「……なぁ」

紗羽「ん?」

田中「前から思ってたんだけど」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:32:22.91 ID:zXrg6v800

紗羽「なに? 告白?」

田中「ち、ちげえよ!」

紗羽「なんだ、残念。で?」

田中「お前さ。何で、指定の靴履かねぇの?」

紗羽「ああ。だって動きにくいじゃん。革靴って」

田中「そりゃ、運動するためのもんじゃないし」

紗羽「と言ってる田中も、スニーカーでしょ?」

田中「革靴じゃ、自転車が漕ぎにくいからな」

紗羽「結局、わたしと同じ理由じゃない」

田中「……たしかに。」

紗羽「わたしね、毎朝サブレと散歩してから学校来てるんだ」

田中「へえ。サブレって、お前んちの馬だよな?」

紗羽「うん。だから、いちいち靴取り換えるの面倒で」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:35:04.08 ID:zXrg6v800

田中「そんなの、脱いですぐだろ」

紗羽「うわっ。なんか、田中が言うとエロく聞こえる」

田中「なんだそれ」

紗羽「……まぁ、後は踵の厚みがないからかな」

田中「? どういう意味だ」

紗羽「そのままの意味」

田中「スポーツやる人間からすると、だけど。踵ってすげえ負担かかるから、ぶ厚い方が良いと思うぞ」

紗羽「そうだね。でも、こっちはスポーツ関係なし」

田中「ますますわからん」

紗羽「あえて言うなら、わたしが指定靴はいたら」

スッ

紗羽「こうやって、下から覗きこむのも難しくなるよ?」

田中(ちっ、近い近い!)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:38:22.50 ID:zXrg6v800

紗羽「わたし達、あんまり身長かわらないもんね」

田中「そっ、そういや……そうだな」

紗羽「……親のせいにするつもりはないんだけどさ」

田中「ん?」

紗羽「この年になって、初めて思った。もっと背が低かったらなー、って」

田中「……宮本が聞いたら、キレるぞ?」

紗羽「ふふ。かもね」



 ――――――――


田中「……」

紗羽「……」

紗羽「……あ。綺麗だねー、夕日」

田中「そうだな」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:41:16.73 ID:zXrg6v800

紗羽「海の近くに住んでて良かったー、って思うんだよね。こういう景色見るとさ」

田中「たしかにな」

紗羽「……そうだ」

田中「?」

紗羽「田中、今日バドミのラケット持ってる?」

田中「ああ、あるけど。ってか略すな」

紗羽「えー……。部活もないのに持ってきてるんだ……」

田中「聞いたのお前だろ。なんでそこで引くんだよ……」

紗羽「一本だけ?」

田中「いや、練習用とか試合用とか合わせれば三本ある」

紗羽「三本も!?」

田中「それぐらい普通だし」

紗羽「ふーん……じゃあもちろん、羽根もあるんだよね?」

田中「シャトルか? そりゃ、もちろん」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:43:16.24 ID:zXrg6v800

紗羽「ふふん」

田中「?」

紗羽「ちょっとだけ、やってかない? バドミントン」

田中「え?」


 ――――――――


シュパァン! パシュッ!

紗羽「うわっ! 変な動きした! 素人相手にカーブかけるの!?」

田中「バドミントンにカーブは、ないぞー」

紗羽「そうなのー?」

田中「むしろ、シャトルが軌道を変えたら壊れてる証拠だ! ほっ!」

紗羽「そうなんだ。知らなかったー!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:46:22.19 ID:zXrg6v800

田中「大体な、屋内で、風のないところでやるもんなんだって。バドミントン、はッ!」

紗羽「じゃあ、こんな海岸の近くで潮風に煽られてやるのってー、間違ってる?」

田中「だから言った、ろッ! 風で曲がるからやりにくいって!」

紗羽「そうなんだー。ま、面白いからいいけどー」

田中「面白いか?」

紗羽「面白いよー。勝ち負けじゃなくて、単に打ち合ってるだけなんだもーん!」

田中「俺はいつもみたいに動けなくて、少しやりにくい!」

紗羽「足場は砂浜だしねー!」

田中「……まー、いいけどよー! 良い運動には、なっからッ!」

紗羽「……」

スパァン! シュパァン!

紗羽「というか!」

パシッ!


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:49:19.17 ID:zXrg6v800

田中「あ、こら。そんな風にシャトルを掴むな。羽根が痛むだろ」

紗羽「ごめん。でも、これ、すっごい疲れるじゃん!」

田中「当たり前だろ。バドミントンなんだし」

紗羽「こんな激しいスポーツだったっけ……」

田中「一応、沖田でも打ちやすいように打ってるつもりなんだけど」

紗羽「そうなの?」

田中「ラリー続かない方がつまんねーし」

紗羽「そうなんだ。優しいね、田中」

田中「…………。いいから、再開してくれ」

紗羽「あ、ごめんごめん」

ヒュッ、スパァン! パァッ!


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:52:31.60 ID:zXrg6v800

紗羽「田中はさー」

田中「んー?」

紗羽「バドミントンで、プロになりたいんだよねー?」

田中「……まーな」

紗羽「ずっと、言いそびれてたんだけどー」

田中「?」

紗羽「田中さ、わたしが騎手になるって言った時にー!」

田中「ああー!」

紗羽「カッコいいって、言ってくれたよね!」

田中「そうだっけー?」

紗羽「そうだよー。それがさ、わたし、すっごく嬉しかったんだー!」

紗羽「だから、ありがとねー!」

田中「……おー! 気にすんなー!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:55:41.25 ID:zXrg6v800

紗羽「田中が、バドミントンでプロを目指すって夢もさー」

田中「んー?」

紗羽「結構、カッコいいよー!」

田中「!」

ブォン!

紗羽「あ、全国ベスト8が空振った!」

田中「か、風で軌道が変わったんだよ」

紗羽「ほんとにー?」

田中「ったく……あー汚れちまった」

紗羽「わたしのせいじゃないよ?」

田中「はいはい。俺のせい。」

紗羽「ふふ。」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 14:58:35.72 ID:zXrg6v800

田中「……シャトル変えて……っと、おし、いくぞ」

紗羽「うん。でも、そろそろ日も落ちてきちゃったね」

田中「ああ、それもそうだな」

紗羽「次のラリー終わったら、帰ろっか」

田中「……わかった。じゃ、いくぞ」

紗羽「こい!」

シュッ、パン! スパァンッ!

紗羽「あー、やっぱ動きにくい!」

田中「スニーカーだろ、お前」

紗羽「普段、こんなところでスポーツしないじゃん!」

田中「それもそうだなー」

紗羽「ほっ! よっ!」

田中(……もうすぐ終わりか)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 15:02:22.37 ID:zXrg6v800

スパァン! シュパァン!

田中(もう、ひと月もすりゃあ沖田は……居ないんだな)

田中(遠い国で、必死で騎手になるため、行っちまうんだ)

田中(俺が同じ条件なら……絶対、諦める気がするし)

田中(やっぱ、この思いきりの良さはすげーわ)

田中(宮本が言ってたように。暗い雰囲気で、送り出されたら)

田中(ただでさえ不安なのに、たまんねーよな)

シュパン! スパン!

田中(だから、明るく……せめて、楽しく)

田中(送り出して……)

紗羽「あはは。やっぱスポーツって楽しいよねー!」

田中「…………ッ」

ポトッ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 15:05:14.66 ID:zXrg6v800

紗羽「? 田中、どしたの? いきなり止まって」

田中「……」

紗羽「シャトル、汚れるよ?」

田中「……沖田」

紗羽「ん?」


田中(やっぱり、俺は……!)


田中「俺、さ」

紗羽「うん」


田中「沖田に…………行って欲しくない」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 15:08:31.21 ID:zXrg6v800

紗羽「!」

田中「せっかく、仲良くなっただろ。なのに、すぐまた離れちまうのって……」


田中「すげぇ……寂しいと……思う」



紗羽「……」

田中「……悪い。いきなり、こんなこと……」



紗羽「ううん。ありがとう」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 15:11:45.19 ID:zXrg6v800

田中「え……?」

紗羽「みんなさ、意地っ張りなんだよね」

紗羽「暗くなったり、別れを悲しんだら、わたしがためらっちゃうから」

紗羽「だから、みんな無理して、明るく振る舞ってる」

田中「……知ってたのか」

紗羽「見てればわかるよ、そんなの。特に来夏なんかね」

田中「……でも、それは」

紗羽「わたしを思いやって、考えてくれてることもわかってるよ」

紗羽「でもさ。それでも、やっぱり言って欲しいことって、あるんだよね」

紗羽「寂しいとか、行って欲しくない、とか」

田中「……」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 15:14:36.55 ID:zXrg6v800

紗羽「だから、言ってくれてありがとう」

田中「……俺は……」

紗羽「あ。そうだ。わかってるだろうけど、言うね」

田中「え?」

紗羽「それでも、わたしは行くよ」

田中「……」

紗羽「夢だったから。出来る可能性は、全部試したい。納得できるまで」

田中「……そうだな。」

紗羽「だから田中も、頑張ってね」

スッ

田中「……?」

紗羽「なにしてんの、ハイタッチでしょ。ほら」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 15:16:21.07 ID:zXrg6v800

田中「あ、ああ」

紗羽「お互い、絶対に夢をかなえようね」

田中「ああ。俺は世界に、沖田は日本に、行けるように」

紗羽「……なんか変な感じ」

田中「大きな夢には、変わりないだろ」

紗羽「そうだね。約束だよ。破らないでね」

田中「おう。沖田こそな!」


パァン!





おしまい


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 15:17:34.28 ID:zXrg6v800

以上です。恋愛なようで、そうでないような。そんな感じ。
書き溜めしてから投下のスタイルなので、投げっぱなしジャーマンにはなりません。


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 15:19:45.04 ID:C8tiIXc30


この距離のまま〆るとはよくわかってるジャマイカ


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 15:23:46.40 ID:zXrg6v800

>>52
二人のお話(というか紗羽側)が動くなら、やっぱり空港イベントの後からかな、と

TARI TARIのSSは結構少ないので、もっとみんなもやってくれたら嬉しいな、って思ったり


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 15:21:12.91 ID:J8MNGJFF0

乙!このほろにが微甘がいい


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 15:39:44.42 ID:xwD5MNHH0


こういう雰囲気いいな


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。