スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菫「いいだろう。なってやるよ、魔法少女!!」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1348918408/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:33:28.41 ID:34ZptYeL0

菫さんが可愛いもの好きで魔法少女に憧れているという風潮


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:34:34.50 ID:34ZptYeL0

休日
白糸台駅

照「ごめん。遅れた」トテトテ

淡「テルーおっそーい!」

尭深「おはようございます」ペコリ

誠子「おはようございまっす!」

菫「おはよう、照。別にまだ集合時間は過ぎていないぞ。まあ、お前が一番最後っては珍しいな。たいていは淡だし」

照「楽しみにしてたから早く出てきたのに…」

淡「嘘だー。どーせ寝坊したんでしょー」

誠子「淡じゃないんだから、宮永先輩が寝坊なんてするわけないだろ!」

淡「ぶー!」

照「ふう…」

菫「なんだ?お疲れ気味だな」

尭深「そんなに気にするほどのことでも無いと思います…けど」

淡「やっぱり寝坊だ!それで走ってきたから…」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:36:15.28 ID:34ZptYeL0

誠子「まーだ言うかー」グリグリ

淡「痛い痛いすみません」

照「誠子。許してあげて」

誠子「むぅ…宮永先輩が言うなら…」スッ

淡「ありがとテルー!セイコ意地悪!」ササッ

尭深「あ。宮永先輩の後ろに隠れた」

誠子「ぐぬぬぬ…」ワナワナ

菫「相変わらずお前は淡に甘いな」

照「そんな事無い…と、思うけど」ナデナデ

淡「むっふー」スリスリ

尭深「頭撫でながら言っても説得力無い…です…」

照「ん?」

菫「まあいいさ。で、どうしたんだ?」

照「ここに来るまでに迷っちゃって」

菫「ぶっ!?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:37:33.68 ID:34ZptYeL0

誠子「いやいや。ありえないですって。ここ、いっつも使ってる駅じゃないですか」

尭深「ナイスジョーク…?」

淡「それはいくらなんでもないよ。テルー…」

照「それが、嘘じゃないんだ。今日に限っていつも歩いてる道が知らない道に見えて」

菫「お前…そんな電磁波で方向感覚狂った鳩みたいな」

照「困ったから途中でコンビニ寄って道聞こうと思ったら、ただ聞くのも悪いしと思ってお菓子買ってるうちに目的忘れちゃって」

菫「ダメダメだなぁ!」

淡「テルーポンコツ!」

誠子「宮永先輩って、部活中はしっかり者でも、アレですかな。プライベートは結構うっかりさん的な」ヒソヒソ

尭深「あざと可愛い」

照「…」グスッ

淡「あー!泣~かした!泣かした!」

誠子「あわわわ」

尭深「ご、ごめんな…さい…」

菫「こんな程度で泣くなよ…」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:39:58.58 ID:34ZptYeL0

照「うん…」ゴシゴシ

淡(かわいい…)

誠子(かわいい…)

尭深(かわいい…)

照「そ、それじゃあ、早く行こうか」

菫「おお、そうだったな」

誠子「おっと、そうでした!」

尭深「はい。早くしないと、時間、間に合わないかも…」

淡「大変だ!」

菫「各自Suicaのチャージは足りてるな?早速街まで行こうか」

誠子「はい!宮永先輩、荷物持ちましょうか!」

照「いや、いいよ。ありがとう誠子」

菫「誠子、私の時も言ったが、今日はプライベートだから」

誠子「いっけね。そうでした!わかりましたー」

淡「みんな早く早くー!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:41:10.13 ID:34ZptYeL0

尭深「淡ちゃん。待って」

照「そういえばさ、菫」

菫「なんだ?」

照「今日って、何しに行くんだっけ」

誠子「」ズルッ

尭深「宮永先輩…」

菫「お前…」

照「いや…その…ごめん」

誠子「先輩~」

尭深「本当に…大丈夫、ですか…?」

照「うん。…多分」

菫「頼むぞ?まったく…」

照「い、今は、そう。朝。朝だし。まだちょっと寝ぼけてるのかも…」

菫「まあいいけど…」

淡「早くー!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:43:05.27 ID:34ZptYeL0

菫「こら、淡!一人で勝手に改札潜るな!」

誠子「あー!わかったわかった!今行くから待ってろ!」

尭深「先行ってます」ペコリ

菫「ああ。淡がふらふらどこか行かないよう監視頼む」

照「菫。菫。で、目的って…」

菫「本当に忘れたのか?」

照「…」

菫「今日は部活休みで、『元』レギュラー陣で街の方へ遊びに行く約束だっただろ」

菫「私達も引退したことだし、な」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:44:55.15 ID:34ZptYeL0

菫(そう)

菫(夏は終わった)

菫(私達3年生は引退し、今は誠子が部長)

菫(本格的な受験勉強…と言っても私も照も推薦はほぼ決まったようなものだが…受験勉強前の息抜きに、と誠子達が企画してくれたのが今日)

菫(元レギュラー陣だけでの、初めてのプライベートの遊び)

菫(淡が照と離れたくないとワガママ言ってたのがきっかけ…らしいが、まあ、今日は新部長達の心遣いに甘えさせて貰って気を緩めて目一杯遊ぼうと思う)

菫(もしかしたら、今日の照のポンコツも、今までの全国3連覇という目標への重圧から解放されたが故の、本来の気性…なのかもしれんな)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:48:27.55 ID:34ZptYeL0

新宿かどっか

ガヤガヤ

淡「おおー。やっぱこっちはちゃんと東京してるねぇ~」

誠子「ちゃんとって…白糸台だって一応立派な東京都なんだけど」

淡「あっちはなんか東京っぽくないんだもん!」

菫「まあ、言いたいことも気持ちもわからんでもないが…」

照「24区はやっぱり特別だよね」

尭深「ん?」

誠子「へ?」

淡「テルー?」

菫「…」

照「あれ…?わ、私、今なんか変な事言った?」オドオド

誠子「今、24区って…」

菫「どこ増やした」

照「えっ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:50:18.61 ID:34ZptYeL0

淡「テルー大丈夫?頭」

誠子「…」ゴチン

淡「ごめんなさい!」

誠子「あんまり失礼なこと言わないの!」

尭深「調子悪いならまた今度の機会でも…」

照「い、いやいや!大丈夫だよ!ちょっとボケてみただけだから!」

菫「お前のボケは分かりづらい」

誠子「空気を切り裂く感じで発言するんで、なんかマジな雰囲気が怖いです」

尭深「こう、冗談にしても、手心をですね…」

照「ご、ごめんごめん。そんなみんなで集中砲火しないで」アワアワ

淡「テルーギャグの才能ないよ」

照「あう」ショボン

菫(なーんか変だな今日のコイツ。いくらなんでもポンコツ具合が半端じゃない。みんなと遊びに出るってんでハシャぎ過ぎてんのか?)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:52:45.96 ID:34ZptYeL0

淡「ギャグと言ったらセイコだよね!」

誠子「おう!まっかせとけ!」

淡「隣の家にへいが出来たってね~」

誠子「かっこい~!」

尭深「古典的かつつまらない。3点」

誠子淡「「手厳しい!!」」

菫「…まあ、いいか。最初はどこに行きたいって話だった?淡」

淡「映画館!」

菫「映画館…ねぇ」

菫(映画館…か。そういえば、今年はまだプリキュア見てなかったな。今、見そびれた春の映画の再上映やってるんだよな)

菫(っていうか、そろそろ一人でコソコソ見に行くのも辛くなってきた。年齢的に)

菫(まわりお子様連れか大きいお友達ばかりだし)ガックリ

菫「…」チラッ

淡「どしたのスミレー?」キョトン

菫「いや…」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:53:17.78 ID:34ZptYeL0

菫(…コイツの保護者役としてなら、大手を振って見れるよな)

菫「…何見たいんだ」

淡「ふっふっふ~」

菫(…趣向がお子様っぽいし、結構期待してるんだが)

淡「ホラー」キリッ

菫「え゙」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:56:52.47 ID:34ZptYeL0

2時間後
映画館

菫「…」ボーーー

誠子「んー!肩凝ったー!」ノビー

淡「きゃー♪怖かったねーテルー」ダキッ

照「…」カタカタ

誠子「マジビビリしてますね。宮永先輩ホラー弱いんだ。でも、へー。貞子ってこんな話だったんだー。なんか思ってたよりショボ…ゲフンゲフン」

尭深「…」ブルブルッ

誠子「大丈夫?尭深。アンタもホラー苦手か」

尭深「せ、誠子ちゃん。ちょっとお手洗い付き合って…」

誠子「はいはい。じゃあ、弘世先輩。私らちょっと行ってきますんで、待ってて下さーい」

菫「ん」ボーー

淡「あ、私もー!」

照「わ、私も…!置いてかないで誠子!」モジモジ

誠子「私は今度映画見るならアクションがいいなー。ランボーとかエクスペンタブルズみたいなの」スタスタ

淡「えー?今度はコメディがいいー」トテテテ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:58:28.47 ID:34ZptYeL0

尭深「恋愛物は嫌い?」テクテク

照「ジブリかディズニーか動物…」フラフラ

菫「ああ…行ってこい…」ボー

菫「…」

菫「行ってこい…」ボー

菫「…ハッ」

菫「っ!」バッ

菫「~~~っ!!」キョロキョロ

菫「あ、あれ!?みんなは…」

菫「…」

菫「…ああ。トイレか」ホッ

菫「…」ヘナヘナ

菫「あう」ペタン

菫「こ、怖かった…」

菫「特にあの貞子が井戸から這い出てくる場面とかモニターから手伸ばして来る場面とか…なんだよあれ…絶対劇場で心臓麻痺起こして死んだ人いるぞ」ブツブツ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:01:24.45 ID:34ZptYeL0

菫「こ、こう…ぶわーーーっと…」

菫「あ、あわわわ…」カタカタ

菫「だ、駄目だ。体の震えが止まらない。みんなが帰ってくるまでに平静になっておかないと私のイメージが…」

菫「何か元気になれる要素…元気になれる要素…」キョロキョロ

菫「…あ」

菫「…プリキュアの劇場グッズ…」


【女の子は誰でもプリキュアになれる!!プリキュアオールスターズ、新たなるステージへ――】


菫「…見たかったな」ボソッ

菫(今日を逃したらもう劇場には来れないよな…)

菫「…」

菫(昔っから、憧れてたんだ。プリキュアとか、魔法少女とか、そんな子供染みたヒロインに)

菫(可愛い格好して、魔法でみんなの夢を叶えて、悪い敵をやっつけて…恋をして)

菫(そんな、どうしようもない子供染みた、妄想を。未だ、捨てきれずにいる)

菫(馬鹿馬鹿しい。私はもう受験生だぞ)プイッ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:02:56.58 ID:34ZptYeL0

菫「…」

菫「…」

菫「…」チラッ

菫(グッズ。デコレーションステッカーくらいなら…有り…か?)

菫「…」コソコソ

「いらっしゃいませー」

菫「す、すみませーん…」

「はい!何をお求めでしょう!」

菫(…うん。デコステくらいならありだ)

菫「そ、その…」

「はい!」

菫「そ、その…プリキュアの、デコステッカーを」

「…(哀れみ)」

菫(ぐああああ!!一気にアレな人を見る目になったぁああああ!!?)

菫「その。つ、包んで戴けますか?……め、姪が、どうしても欲しいと言っていたものですので」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:04:17.62 ID:34ZptYeL0

菫(これでどうだ!そうだ!私はその…あれだ!姪が欲しいと入ってたのをたまたま思い出した、優しい普通のお姉さんだ!これだ!)

「包装ですか?生憎プレゼント用の包装はありませんが…」

菫「そ、それでいいです!」

菫(よし通ったーーー!!)

(この人、姪とか嘘なんだろうなー)

菫「あ、すみません。それと」

「…はい。なんでしょうか」

菫「パ…パンフレットも…一緒に…あの、紙で見えないように包装してか…」

淡「スミレー何買ってるのー」ヒョコッ

菫「あksdljそいふぃあうhふじこ!!?」

(あーあー)

淡「…って、あー。これプリキュアだ~」

菫「あ、淡!?いつの間に…」

淡「これもうお会計済ませたー?」

「え、ええ…」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:05:18.21 ID:34ZptYeL0

淡「じゃあもう持ってっていいよね!」

「へ?」

菫「あ、ちょっと…」

淡「テルー!見てみてー!」ダッ

菫「淡ーーーーーーーーーーーーー!!!!」ダッ

(哀れな…)

照「どうしたの淡」

誠子「なに子供っぽいの買ってんの淡」

尭深「子供っぽいとは思ってたけど、そこまで子供っぽいとちょっと引くよ。淡ちゃん…」

淡「菫がこんなの買ってたーーー」

誠子「は?」

尭深「う」

照「ん?」

菫「わ、私のイメージがあああああああああ!!」


「…」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:06:02.77 ID:34ZptYeL0




「…あいつか」




30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:08:40.10 ID:34ZptYeL0

カフェ

菫「…」ブッスー

照「菫。ごめんね。許して」

誠子「すみません弘世先輩。いや、あまりにも意外で…」

尭深「ごめんなさい」ペコリ

淡「まったくだよ!みんな、あのあと爆笑するだなんて…」

菫「誰が諸悪の根源だ!」ポカッ

淡「申し訳ありません!!」

菫「この!この!アンポンタン!礼儀知らず!天然畜生!」ブンブン

淡「ごーめんーねースーミーレー」ガクガク

照「す、菫。その辺で許してあげて。淡が首振り人形みたいに揺れてるよ…」オドオド

誠子「これ以上脳みそ揺すってこれ以上馬鹿になったら面倒見切れないので」

尭深「先輩。びーくーる。びーくーる」

菫「むぅ…」ピタッ

淡「おーほーぅー揺れるー」カクンカクン


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:11:17.60 ID:34ZptYeL0

菫「…ったく。反省したか?したなら、もう人の嫌がる事するな。行動する前に結果を考えろ!」

淡「かしこまり!」ビシッ

菫「…みんな、無様を晒してすまなかったな。つい取り乱してしまった」

照「ううん。私達の方こそごめんね」

誠子「人間、隠したい趣味の一つや二つありますって!私はむしろ弘世先輩のその趣味、知れて好感度上がりましたけどね!」

菫「は?」

誠子「だって、ねぇ?」チラッ

尭深「うん。完璧人間の弘世部ちょ…元部長の可愛いとこ、見つけた」ニコッ

菫「完璧って…止してくれ。私はまだまだ未熟者で…」

誠子「何事も卒なくこなし、曲者ぞろいの白糸台麻雀を部長として1年間見事に統率してきた人間の言う台詞じゃないですよ。それ」

菫「あのなぁ誠子。お前だってこれから1年同じ役割を…」

照「菫。今はお小言はいいから」

尭深「ギャップ萌え」

菫「萌えって…」ガックリ

菫「…わかったよ。取り敢えず私の恥ずかしい少女趣味を受け入れてくれてありがとうな。あんまり公言するんじゃないぞ。特に淡」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:13:41.36 ID:34ZptYeL0

照「良かったね。菫」パクパク

菫「なんだかなーって感じだが、まあ結果的には…って、照!?お前いつの間に!」

淡「ああー!テルーのデラックスジャンボプリンパフェもう来たの!?」

誠子「でかっ!来るの早っ!そして食べるのも早っ!」

照「おいしいよ」パクパク

淡「うー。いいなー」

菫「みんなの分待てよ。協調性のな…」

誠子「ん?」クルッ

菫「…ん?どうした誠子」

誠子「…あ。いえ…なんか、視線を感じたんですが…」

菫「視線?その方向には誰も居ないが」

誠子「あれー?」

淡「もしかしてオバケ!」

尭深「やめてください」

菫「私も尭深に賛成だ。ひ、非科学的な」キョロキョロ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:18:13.91 ID:34ZptYeL0

誠子「うーん…でも、確かに…って、居ないんなら仕方ないか。すみません、勘違いだったかも」

淡「やっぱりオバ」

菫「殴るぞ」

淡「何卒御容赦下さい」ペッコリン

尭深「あ、私の緑茶と宇治金時も来た」

淡「宇治金時美味しそう!」

菫「いつも緑茶だな尭深」

尭深「アイデンティティですので」

菫「はあ」

淡「わーい!私のプリンケーキも来たー!!」

照「それも美味しそう。ねえ淡。ちょっと食べっこしようよ」

淡「うん!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:22:13.95 ID:34ZptYeL0

誠子「私のロシアンティーとナッツも来ましたね」

菫「あとは、私のだけか…それ、渋いな。いつもはこういう場面だとがっつり食べるのに」

誠子「なんとなくです。先輩のまだですかね?今度店員近くに来たら聞いてみましょうか」

菫「ああ、誠子。ありがとう、助かるよ。後、みんなは遠慮せずに先に食べていてくれ。待たせるのは心苦しいから」

淡「わかった!」

誠子「それでは失礼して…」

尭深「先に頂きます」

菫「ああ」

菫「…」

菫(早く来ないかな。楽しみだな。クレーム・ブリュレ。ここのカフェのスイーツはどれもネットで評価高いしな…)

菫「…」ソワソワ

照「パクパク」

菫「…」ソワソワ

尭深「ズズ…」

菫「…」ソワソワ


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:24:40.79 ID:34ZptYeL0

淡「美味しいね!テルー」

照「うん」モグモグ

誠子「ああ、淡。口にクリーム付いてる…」フキフキ

淡「モガモガ」

尭深「ふふ…」クスッ

菫「…」ソワソワ

菫(…まだか)イラッ

「…あの、すみませんお客様」

菫(来たっ!!)

菫「はい。なんでしょうか」クルッ

「その…大変申し上げにくいのですが…」

菫「は?」ピクッ

「あ、あの…お客様のご注文なされたアイスコーヒーとクリーム・ブリュレなのですが…」

菫「はい」ヒクッ

菫(…なんで何も持ってきてない?)ヒクヒク


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:25:49.71 ID:34ZptYeL0

「…作った筈のものが、急に何処かに行ってしまいまして…」

菫「…」ピクッ

「…いえ。その…確かにさっきまでは確かに有ったんですが…」

菫「な…ななな…」ワナワナ

「い、今、急いで新しいのを作っておりますので…」

菫「なんじゃそりゃああああああああああ!!!」


「…ゲッフ」

「…チュー」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:29:59.35 ID:34ZptYeL0


菫の部屋

菫「…ふう」ボフッ

菫「…」ガサガサ

菫「…えへへ」

菫(プリキュアのステッカー。かわいいな)

菫(パンフレットは…明日読もう)ウキウキ

菫(枕元においておこうか。いい夢が見られるように)ゴソゴソ

菫「…」

菫「…楽しかったな、今日。ありがとう。誠子。尭深。それに、淡」

菫「私と照に、想い出を作ってくれたんだろう?まったく…私たちは良い後輩に恵まれたよ」

菫「映画も怖かったが楽しかったし、あの後結局出てきたクリーム・ブリュレとアイスコーヒーも、多少のトラブルはあったがとても美味しかった」

菫「その後はみんなで買い物もしたし…」

菫「…」

菫「…私としたことが、大人げないことで怒ってしまったな。情けない」

菫「どうも、最近短気で困る。ケアレスミスも多いし…調子が良くないというか…」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:30:57.85 ID:34ZptYeL0

菫(照じゃないが、部活を引退して気が抜けたか?)

菫(…だとしたら、少々気を引き締め直さねばいかんな。引退したとはいえ、私は白糸台の弘世菫なのだ。情けない姿を衆目に晒すのも憚られる)

菫(推薦があるとはいえ、学業を疎かにする訳にもいかないし…)ウト…

菫(兎に角、明日は日曜だし、早起きして…授業の…予習…で…も…)ウツラ…ウツラ…

菫「…」

菫「…」スヤスヤ


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:33:34.92 ID:34ZptYeL0

「…」

「…ふむ」

「…」ゴソゴソ

菫「すー…すー…」

「なんやこれ」

「…プリキュア?」

「ふん」ポイッ

「…」

「こいつが」

「やっぱ『そう』なんか?」

「そげな感じしなかったばってんなー」

「…ま、しゃーないか。それでもこいつだってんだから」

「えーっと…名前名前」ゴソゴソ

「弘世菫…って、げっ!今思い出した!こいつ、あいじゃなかか!白糸台の!」

「うげ~…マジですか」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:34:06.53 ID:34ZptYeL0

「…はぁ。どっかで見たことあるとは思ったけど…」

「…ま、よか」

「初仕事。やったるけん」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:38:52.18 ID:34ZptYeL0

菫「すー…すー…えへへ…ぷりきゅあ…」

「おい。おい、おまえ。起きろ」

菫「すー…」

「おい。おまえ。起きろ」

菫「ん…」

「寝ぼけとう場合じゃなかぞ」ユサユサ

菫「ううー…」ギュッ

菫(誰…?ママ?うるさい…今日は休日だよ…)

「こんガキ…布団掴みやのっち。意地でも起きなか気か」

菫「プリキュアまでには起きるから…」ムニャムニャ…

「こいつ。いい歳こいてからに…いい加減に…!」ギュッ

菫(うるさいなぁ…)

菫「うみゅ…」モゾモゾ

「起きんかい!!」バサッ!!

菫「おわあああああ!?」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:41:23.37 ID:34ZptYeL0

菫「痛てっ!!」ドシン!!

菫「いたたた…ぐお…腰打った…」サスサス

「ようやっとお目覚めか眠り姫」

菫「っ!?なっ!?なんだなんだ!?ってか。誰だ!?」キョロキョロ

菫(くっ!部屋が暗くて姿がよく見えない!)

「くくくくく…」

菫(携帯…駄目だ、枕元だ。布団ごと引き摺り落とされたせいで私が離れてしまった!)

菫「なんでこの部屋に人が居るんだ!?窓は鍵かけたし、第一此処は2階だぞ!」

菫(なんとか会話して注意を引きつつ明かりを付けて…)

「ふん。そんな事か。容易か事よ」

菫(眩しさに怯んだところを取り押さえる!この声は女だし…シルエットからも武器の類は持っていなさそうだ。いけるか?)ジリッ

「うちは魔法んマスコットやけんな」

菫「は!?」

「ふひひひ…やはり驚いたか」

菫(こ、こいつ!気狂いか!?)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:43:29.66 ID:34ZptYeL0

菫「な、ななな何を訳のわからない事を…!」

「そしておまえはうちのパートナーとしての才能の保持者…らしい」

菫「!!?」

「お?動揺したばいな。そうやろう!そうやろう!」

菫「よ、世迷言を…」ジリッ

菫(こ、こいつ…本格的にヤバイぞ!)

「ふん。そう言われるんは分かっとったわ」

菫「あ、当たり前だ!」ジリッ

菫(放っておいたら何をするかわかったもんじゃない!先手必勝だ。やはり暴れ出す前に急いで取り押さえ、然る後に大声を上げて人を呼ぶ!)

「そして、そう言われた時の対策も」

菫「…言ってみろ」コツン

菫(…よし、リモコンが足に当たった。この部屋のライトは点灯するまでのログタイムが1~2秒ほどある。スイッチを押してすぐに仕掛けるぞ。それにこいつ、少し喋ってから大きく息を吸う癖があるな)

「よか。ならば聞くが良い」

菫(その時が何か語りたそうにしてるし、気持ち良さそうに存分語るが良い。隙を見て直ぐ様襲いかかってやる…!)ググッ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:44:24.03 ID:34ZptYeL0

「そう」

菫(今だ!足で明かりを…)カチッ

チカッ

「おまえには…」

チカッ

菫(そして…!その足に力を貯めて、直ぐ様奴の足元にタックルを…!)ググッ

「魔法少女の才能がある」

菫(今だ…って、え!?)

菫「…え」

菫「…魔法少女!?」ビクッ

「そう。魔法少女」

パッ

菫「…何言ってんだお前」

菫(…明かりが…点いた。最悪だ。攻めのタイミングを逃した)


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:49:08.28 ID:34ZptYeL0

「おっ。明かり点いたか」

菫(…くっ。奴の方が一枚上手だったか?癪に障るな。いや。だが、もう今更嘆いても仕方ない。別の手を考えるか)

菫(冷静になれ。相手は異常者だ。隙を見せずに相手を観察しろ。なに、麻雀でいつもやっている事だ。私には出来る。そうだな、まずは…)

菫「…すまないが、その前にまず、君が何者なのかを教えてくれないか?」

菫(『未知』は人を不安にさせ、相手をより大きく見せる。少しでも意味の分かる情報を得なければ)

「魔法少女とは、この世の法則より解放されしモノ。魔を操り、超常の力を行使する」

菫「聞けよ」

「…せからしかぁ」

菫「…ってか、君は、あれだな。その方言、博多の人だな?同い年くらいか?こんな真似をして…ご両親が泣くぞ」

「なんや。うちん事忘れとうん?かー!せからしか!せからしか!」

菫「忘れて…って、君は私の事を知ってるのか。いや、そもそも君のような…子…は…あー」

「思い出したばいか!!そーだ!直接やないけど、おまえんとこの高校っちは何度も戦っちいる!」

菫「…確か、新道寺の中堅の…」

仁美「江崎仁美たい!!」メェー

菫(なんだその鳴き声(?))


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:50:05.79 ID:d4EnSE7P0

なんもかんも政治が悪い



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:52:28.41 ID:34ZptYeL0

10分後

菫「…で。なんだってんだ一体。…ほれ、コーヒー淹れてきたぞ」スッ

仁美「どうも。ズズ…うん。良い豆使っちるね」

菫「これインスタント……って!だから!何だったんださっきのは!」ズイッ

仁美「まあそう焦んなさんな」

菫「人の家に不法侵入しておいて、よくもそんな言い草を…!」ワナワナ

仁美「うん。わかった。わかったから国語辞典振りかぶらんといて」ドードー

菫「…」コトン

仁美「言うても、大体主題は全部伝えたえましたしなぁ~」ズズー

菫「魔法少女がなんちゃらってのか」

仁美「うむ」コックリ

菫「今度は警察呼ぶぞ」ギロッ

仁美「タンマタンマ」アセアセ

菫「…はぁ。わかったよ。取り敢えず最後まで聞いてやるから。気が済んだら帰れ。ってか、なんで東京まで出てきてるんだお前は」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:55:40.56 ID:34ZptYeL0

仁美「いろいろあってうちは先日、魔法少女のパートナーっちなる力ば手に入れたんよ」

菫(いきなり凄いとこから話し始めやがったこいつ)

仁美「そしておまえはうちの相方の魔法少女足り得る素質を持っちる」

菫「はあ。それで」

仁美「うちと契約して、魔法少女になってよ!」メェー

菫「却下だ」

仁美「即答!?」メェー!?

菫「友人3人の内一人だけ魔法少女になれないような名前しやがって、何が『魔法少女になって』だ馬鹿馬鹿しい。生憎カルトや酔狂のごっこ遊びに付き合ってやれる暇は私には無い。お帰り願おうか」

仁美「まあそうつんけんなさんな」メェー

菫「五月蝿い。これ以上の会話は必要ないと判断させて貰った。君の与太話にいつまでも付き合ってやれるほど私の人間の器は大きくない。痛い目を見たくなければ早急にこの部屋を…」

仁美「あー…そーは言われてもうちだっておまえに契約してもらわんっち都合の悪かし」メッヘッヘッヘ

菫「くどい。そしてうざい」

仁美「それにね」

菫「…うん?」

仁美「契約せんと…後悔するよ?」ジーッ


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:58:12.48 ID:34ZptYeL0

菫「…?」

菫(あれ…急に…眠気…が…?)

仁美「メーッヘッヘッヘ。秘技、羊催眠。うちやって魔法少女のマスコットとしてこんくらいはかけられるようになっちるんばい」

菫「ぐ…!」フラッ

菫(まさか…!ほ、本当に…魔法が…!?)

仁美「おまえ、魔法少女に憧れよったんやろー?んー?」グルグル

菫「何故…それ…を…」

菫(目だ…あの…目が…)クラクラ

仁美「プリキュア」

菫「…」

仁美「好いとっちゃんちゃなぁ?」

菫「け、けど…ま、魔法なんて、現実には存在しない…し…」

仁美「好いとっちゃんちゃなぁ?」

菫「…ああ…うん…」

仁美「ならなんば迷う必要のある事か。受け入れるのよか。契約せんね…契約せんね…」ゴゴゴゴゴ


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:00:44.15 ID:34ZptYeL0

菫「う…うう…」

仁美「ほれ…ほれ…契約しろ…契約しろ…『うん』と言え…『うん』と。それだけでええ…ええよ…そしたらおまえはその瞬間から人の枠を超越した魔人と化す…」グルグル

菫「ぐ…うう…こいつどう見ても暗黒寄り…」

仁美「ほれ!言え!!言って楽になれ!!メーッヘッヘッヘ!!」グルグル

菫「だ、誰か…助け…ぐあああ…!!」

仁美「さあ!『うん』と言え!!」グルグル

菫「こ…かっ…!」

菫(く、口が…勝手に…!)

菫「う、うう…う…」

仁美「うん!うん!うん!」

菫「ううー!」ポロポロ

仁美「言え!!さあ!!言え!!『うん』と!!」

菫「こ…」

仁美「…うん?」

菫「この…!」ガシッ


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:09:40.84 ID:34ZptYeL0

仁美「ひょっ!?」

仁美(あれ…なんでうち首の後ろ掴まれと…)

菫「このうんこ野郎ーーーーーー!!」ゴスッ

仁美「ゴフッ!!?」

仁美(こ、腰の入った膝蹴り…!?)

菫「はぁ…!はぁっ!はぁっ!このっ!このっ!このっ!」ゴスッ ゴスッ ゴスッ ゴスッ

仁美「ラメ゙エ゙エ゙エ゙エ゙エ゙エ゙エ゙エ゙エ゙エ゙エ゙!!?」

仁美(すかさず首相撲からの連続ティー・カウ(膝蹴り)だとぉおおお!!?)

菫「ふっ!はっ!死ねっ!」ゴスッ ゴスッ ゴスッ

仁美「がはぁっ…!」

菫「はぁっ!はぁっ!くっ!」

仁美「」フラフラ

菫「これでどうだっ!!」ドゴォッ!!

仁美「かっ!?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:10:48.90 ID:34ZptYeL0

菫「はぁ…はぁっ…!」ペタン

仁美(な、ナイス…)

仁美(ミドルキック…)

仁美「…メェー」バタリ

菫「…はぁ…はぁ…」

仁美「」シーーーン

菫「…や、やってしまった…いや、助かったのか?」

仁美「…」ピクピク

菫「…やり過ぎた。仕方ない。一応…うん。一応。このまま捨てるのも寝覚めが悪いし…起きるまで待ってよう…か……うん。一応…」

菫「…」

菫「…一応…な」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:13:17.39 ID:34ZptYeL0

1時間後

仁美「ボーダーデール!?」ガバッ

菫「起きたか」

仁美「こ、ここは!?」キョロキョロ

菫「私の部屋だ。不法侵入者」

仁美「ぬ。弘世菫!よくもやっちくれたな!」キシャー!

菫「まあ…悪かったよ。お前の方が絶対悪いと思うけど」

仁美「そいに、いつん間にか縄で縛られとう!?ぐお…しかも荒縄やけん。動くっち痛か!」

菫「悪いが、拘束させて貰ったよ。目が合うと怖いことになりそうだから、君の顔の向きも私の居る場所の逆だ。荒縄なのは…たまたま部屋にあったからだな」

仁美「なしけん荒縄なんかがたまたま部屋に…」

菫「黙秘権を行使する」

仁美「…焼いて食う気か」

菫「するか!!」

仁美「いやあああああ!!ジンギスカンはいやぁああああああ!!」

菫「ええい叫ぶなうっとおしい!お前の話、聞いてやるからもうちょっと詳しく聞かせろ!!」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:18:11.52 ID:34ZptYeL0

仁美「…魔法少女、興味あると?」ピタッ

菫「…」

仁美「…メヘヘヘ」ニヤニヤ

菫「…べ、別に…その…興味があるとか、そういうのでは無いんだが…」

仁美「ほうほう。純情乙女すみれちゃんは、受験生にもなって魔法少女に憧れちゃうんでちゅかー?魔法処女が」ニヤニヤ

菫「ギギギ…!!」

仁美「…で?何言わんっちしとった?『だが…?』『だが』、なんなん?うん?だが、魔法少女に…?」

菫「ふ、ふんっ!魔法少女?馬鹿馬鹿しい。そんなものが本当に存在するとでも言いたいのか?」

仁美「…」ニヤニヤ

菫「…くだらない」

仁美「…」

菫「…」

仁美「…」

菫「…ま、まあ、だが、もし」ソワソワ

仁美「…」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:19:36.19 ID:34ZptYeL0

菫「もし仮に」

仁美「…」

菫「…仮に、そんなものが実在するというのなら」モジモジ

仁美「…」

菫「…なってやっても…良いけど…」ゴニョゴニョ

仁美「…」

菫「ば、場合によっては…だからな!!」

仁美「メェー…」

菫「あ、哀れみの声を出すな!!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:31:09.44 ID:34ZptYeL0

仁美「…プリーズ」ボソッ

菫「…」

仁美「まあ、説明してからやっちもよかばってん『プリーズ』って言葉が欲しかなぁ」

菫「…」イラッ

仁美「契約前に魔法のマスコットボコって荒縄で縛ってベッドに放置とか…そんな魔法少女聞いたこともなか」

菫「…」

仁美「これは謝罪の言葉と『お願いします』って言葉が聞きたかなぁ~…」

菫「…」

仁美(くくく…勘違いすんなや。うちが上。おまえは下だ。その辺のとこきっちり条件付けたるけん)

菫「…」スッ

仁美「」ゾクッ

菫「…」

仁美「ひっ!?」

菫「…カリッ」

仁美(み、耳甘噛されとう!?)


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:38:50.54 ID:34ZptYeL0

菫「『先程はすみませんでした』」

菫「『プリーズ(お願いします)』」

菫「『耳噛み千切られたくなかったら言うべき事を全部話せ』」ゴゴゴゴ

仁美(こ、こいつ怖か~~~~!?)

仁美「わ、わかった。今は、話すから…」

菫「…ぷは」スッ

仁美(この胸の鼓動は…恋!?…では絶対に無い)ドキドキ

菫「…で?魔法少女がなんだって?」ドカッ

仁美(胡座かいて地べた座んなさんなや。いい年の女子が)

仁美「…魔法少女とは」

菫「…ああ」

仁美「この世の法則より解放されしモノ。魔を操り、超常の力を行使する」

菫「…それはさっきも聞いた。もっと具体的に」

仁美「…つまり、魔法を使って常人よりいろんな事が出来るって事」

菫「…」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:47:43.88 ID:34ZptYeL0

仁美「まあ、普通のテレビでやってる魔法少女とやれることは大体一緒たい」

菫「…何故そんなものが」

仁美「わからん。うちも『選ばれて』マスコットになっただけやし」

菫「選ばれて?」

仁美「ある日、突然な。目覚めたんやけん。使命に。パートナーになるべき魔法少女の才能ば持った少女ば探せっち」

菫「突然?」

仁美「うん。それ以外はわからん。で、そうは言われてもどうすれば良いのか途方に暮れていたところを…」

菫「…ああ」

仁美「『ある人』に、助けられた」

菫「ある人?」

仁美「そう。その人は、色々なことを知っていた。魔法少女の使命、マスコットの役割、そして、どうすればパートナーになるべき少女に出会えるのかも」

菫「…待って欲しい」

仁美「おう」

菫「…色々整理させてくれ」

仁美「…」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:58:17.40 ID:34ZptYeL0

菫「えっと…まずは…」

菫「そうだな。まずは、そう。突然目覚めた。そこだ」

仁美「…」

菫「どういう事だ?その…マスコットって、あれか?魔法少女に付き物の可愛い謎の生物ポジションって事だろう?」

仁美「然り」

菫「…どう見ても君、人間じゃないか…いや、若干羊っぽい見た目ではあるが」

仁美「なんで目覚めたんかはうちもわからなかった。ある日、部活帰りに帰り道を歩いていると突然頭に指令が来て、それに居ても立っても居られず衝動的にその足で東京行きの新幹線に飛び乗った」

菫「凄い行動力だな」

仁美「金が無かったんで駅員に催眠を…」ゴゴゴゴ

菫「あー!それはいいから!」

仁美「…だが、別に何をする為に東京に来たって訳も無かった。半日歩いて疲れて、もう帰ろうかと思った」

菫「なんて行き当たりばったりかつ無意味な…」

仁美「駅に向かう途中、折角だからスタバでも寄ってから帰ろうと思って、適当なスタバに寄ったところで…」

菫「…」

仁美「…『あの人』に出会ったんだ」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:09:11.73 ID:34ZptYeL0

菫「…」

仁美「『あの人』はいろんな事ば知っちいた」

菫「…」

仁美「魔法少女の事、パートナーの事、そして、うちらがやるべき、いや、成さねばならぬ事についても…」

菫「…それは、誰だ」

仁美「…お前も知っているはずだ。有名人やけんな」

菫「有名人…だと…」

仁美「そう。その人は、魔法少女」

菫「!!」

仁美「…現存する、最強の魔法少女…!数々の異名を持つ…!!」

菫「…っ!」ゴクリ

仁美「『星の魔法少女』、『英雄』、『爆乳』、『もうそろそろちょっと年齢的にきつい』、『喰らう者』、『守護者』、『天使の屑(エンジェルダスト)』、そして『牌のお姉さん』!!」

菫「っ!それは、まさか!!」

仁美「瑞原はやり(28)たい!!」メェー!!

菫「はやりんだとぉおおおおおおおおお!!?」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:12:53.70 ID:4Yfb2DQR0

はやりんキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:17:39.24 ID:34ZptYeL0

仁美「そう!はやりん!!」

菫「な…あ、あの人も魔法少女だと言うのか!」

仁美「この道10年の大ベテランだと!」

菫「凄いな!18で魔法少女デビューか!別の意味でも凄いな!」

仁美「まあ…兎に角。同じ魔法少女の波長を持つはやりんに声をかけられ、ついでになんか長ったらしい名前の甘ったるい飲みもん奢って貰いつつ話を聞いたのだ」

菫「で…!で…!はやりんはなんと!」

仁美(なんやこいついきなりテンション上がった)

菫「おい!早く!」ウキウキ

仁美「…で、だ。まず、魔法少女のなんたるかってのを教わったんやけど」

菫「うん!うん!」

仁美「その目的は」

菫「目的は!?」ワクワク

仁美「風潮被害を防ぐ事」

菫「…は?」

仁美「『風潮』被害」メェー


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:24:34.32 ID:34ZptYeL0

菫「風『潮』…?風評被害じゃ…なくてか?」

仁美「ん」コクリ

菫「…なんだそれ」

仁美「…この世には、様々な噂が流れている。正しい話も、全くを持って見に覚えもないような話も。それはわかるか?」

菫「…まあ」

仁美「風潮被害。それは、人々の悪意無き悪意が産んだ、恐るべき悲劇なのじゃ」

菫「口調変わってるぞ」

仁美「その被害に晒されたものは、無意識の内にその風潮に従った行動に向かってしまう。そう、あたかも…ほら、電柱…じゃなかった、あの、鉄の、高い明かり光ってるやつへ向かう昆虫のように」

菫「走光性を例に出してるのか?ってか、語彙力…」

仁美「おまえのように被害の軽い奴は良い」

菫「私も!?」

仁美「どころか、お前はもうかなり侵食されている。かなり進行が早い部類だ」

菫「な…!」

仁美「どんな影響があるのか、それは詳しくはわからない。もしかしたら。…あるいは。お前のその魔法少女好きすらも…」

菫「…」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:37:51.87 ID:34ZptYeL0

仁美「誰が流した噂かはわからない。どこで広がったかもわからない。だが、確かにどこかでされている根拠の無い噂。風評。その束なった存在。風潮。噂と言う名の風に作られた、潮の流れ」

菫「それ…は…」

仁美「恐るべきは、風評被害と違って、風潮被害には実際に本人がその行動を取ってしまうという点」

菫「…」

仁美「特に悪質な風潮は、大変なことになる。場合によっては、その尊厳の本質や命までも奪われかねない」

菫「…どうすればいい」

仁美「そのために魔法少女が居る」

菫「…」

仁美「魔法少女には、風潮被害を浄化する力がある。その力を使って、被害ば未然に防ぐのだ」

菫「…」

仁美「勿論危険はある。すでに風潮被害によって凶暴化し、悪辣の限りを尽くして暴れまわる者も居る。そいつらとは、戦う事になる。傷付く事もあるだろう」

菫「そのための、力…か」

仁美「…力ば貸せ、弘世菫。うちは力が欲しい。そのためには、お前の協力が居る」

菫「何故、そこまでして?」

仁美「…目的がある。とても、大切な。守りたいものも、ある。この国に住む、全ての人達の為に…成さねばならぬ事が…あるたい」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:46:53.83 ID:34ZptYeL0

菫「…」

仁美「…」ギリッ

菫(決意の瞳。固く握られた拳。真剣な表情。…覚悟を持った人間の表情)

仁美「頼む!」ペコッ

菫(本気の声。彼女の態度に、嘘は無い。これは…信頼に値する人間のそれだ)

菫(江崎仁美。君は…いったいそこまでして、なんの為に戦う事を選んだ…?)

菫「…1つ、聞きたいことがある」

仁美「…答えられるなら」

菫「その魔法の力で、君は一体何を成そうというのか」

仁美「決まってる。風潮被害に苦しむ人の為。それが全て…!今、うちは誰からかもわからぬ『声』よりも、自分の意志で戦うことを望んでいる!」

菫「…そのために、傷付くことも、傷付けることも受け入れると?」

仁美「覚悟の上!!」

菫「…ふう」

仁美「…」

菫「…ま、どうせ、私もそんな事知って、放っておくわけにはいかんしな」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:50:56.31 ID:34ZptYeL0

仁美「…っ!」

菫「ああ。試すような質問して悪かった」

仁美「なって…くれるか…!!」

菫「ああ。構わんさ。どうせ兼ねてより年甲斐もなく魔法少女に憧れていた身だ。こんなのも、やってみると案外面白いかもな」

菫「…例えそれが、風潮被害とやらに毒された結果だとしても、だ」

仁美「じゃ…じゃあ!!」

菫「ああ」

菫「いいだろう。なってやるよ、魔法少女!!」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:58:06.61 ID:34ZptYeL0

仁美「感謝する!」

菫「いいさ。それより、どうやって契約するんだ?こう、魔法のグッズとかあるのか?杖とか」

仁美「…」

菫「…何故そこで黙る」

仁美「…」ジリッ

菫「…なんだよ」タジッ

仁美「…魔法少女になるには、いくつかの条件がある」ジリッ

菫「お、おう…」タジッ

仁美「一つは、契約者に魔法少女としての才能がある事」ジリッ

菫「ああ…それは…さっきも、きい…た…」タジッ

仁美「ニつ目に、契約者と、そのパートナーの相性。うちにはお前。おまえには、うち」ジリッ

菫「そ、それも…把握してる」タジッ

仁美「三つ目。契約者とパートナーの間で、契約に関して合意の言葉が交わされる事。一方的な契約出来ない」ジリッ

菫「だからさっきあんなに『うん』と言わせようとしたのか…」タジッ

仁美「そして、四つ目。契約に関する合意が互いに為されたら、最後に…」ゴゴゴゴゴ


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:03:39.27 ID:8RPsYeU80

菫「ひっ!」

仁美「両者がキスする事じゃああああああああああああああ!!!」ガバッ

菫「『じゃ』は広島弁だ!!!!」

仁美「ムッチュー」メェーーー

菫「ムグッ!?」

菫(羊臭っ!!?)

仁美(さっきジンギスカン食ったからな)

菫(こいつ、直接頭の中に…!)

仁美(念話は基本)

菫(こんなタイミングで知りたくなかった!それに羊もどきのくせに羊食うな!そもそも人んち来る上にキス前提でんなもん食うか!?)

仁美「チューーー」

菫(…ってか)

菫「いい加減に離れろぉおおおおおおおおおおおおおおおお!!」ゲシッ

仁美「メヘェエエエエエエエエ!!?」

菫「はぁ…っ!はぁ…っ!ぜぇ…っ!はぁ…っ!」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:11:21.48 ID:8RPsYeU80

仁美「」シーーーン

菫「う…ううう…ひ、酷い…は、初めてだったのに…うううう…」ポロポロ

菫(ファーストキスがジンギスカン味とか…)シクシク

仁美(ラムにレモンかけたからレモン味で可ばい)

菫「黙れ!死ね!!」ゲシゲシ

仁美(ぎゃああ!!)

菫「こ、この…変態羊!詐欺羊!強姦羊!その巻き毛全部刈り取って枕に詰めてやる…!!」ゲシゲシ

仁美(や、やめ…!痛か!あと、なんかに目覚める!!)

菫「こ、この…!!第一、何も変わってないじゃないか!!全部嘘か!!」プルプル

仁美「よーっこらせーっくす」ムクリ

菫「…」イラッ

仁美「いや。既に契約は成立しとる」

菫「…じゃあ、なんで変わんないんだよ!」

仁美「衣装は自前だ」

菫「…」ポカーーーーーン


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:19:27.83 ID:8RPsYeU80

仁美「まあ、経験値が有って魔力を上手く扱えればそれくらい可能かもしれんが」

菫「…そ、そうなのか?」

仁美「おまえまだレベル1やけん。別段他の魔法少女に比べて才能ある訳でも無いし」

菫「」ガーーーン

仁美「…ついでに言えば、武器とかもまだ無理っぽいな」

菫「ま、魔法は!」

仁美「ふむ…」

菫「」ドキドキ

仁美「おお。これは凄い」

菫「!!」パアアア

仁美「消しゴムのカスを狙ったところに飛ばせるとは。レベル1でここまで出来るやつは中々居ないかも。いや、他の例知らんが」

菫「役に立つかぁああああああああああ!!!」

菫「なんだそれ!なんだそれ!衣装も無い、武器も無い、おまけに魔法は消しゴムのカスをシャープシュート!?ふざけるな!!」

仁美「うちに言われても」

菫「そんなんでどうやって戦えってんだよ!!」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:26:28.56 ID:8RPsYeU80

仁美「安心すると良い」

菫「…」ジトー

仁美「そこのベッドを持ち上げてみろ」

菫「…持ち上げ…って、無理だろそんな…」ヒョイ

菫「…軽」ポカーーン

仁美「どやぁ」ドヤァ

菫「…」

仁美「お前は、魔法少女が何故強いと思う」

菫「…魔法が使えるからだろ」

仁美 「それは決定的ではない」

菫「…強力な魔法の武器」

仁美 「少々役不足だ」

菫 「仲間との絆で奇跡を起こす?」

仁美 「それは確かに恐るべきことだ。だが無敵か、とは少し違う。もっともっともっともっと単純なことだ」ゴゴゴゴゴ

菫「…お前の言わせたいことは分かった」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:35:45.39 ID:8RPsYeU80

仁美「…力が強い?そうだ 魔法少女はとっても力持ちなのだよ、弘世菫」

菫(こいつたまに口調変わるなぁ)

仁美「反射神経、集中力、第六感、身体能力、特殊能力、耐久力、魔法、変身能力 etc etc」

菫「…」

仁美「しかし最も恐るべきはその純粋な暴力・・・『力』だ。人間達を軽々とぼろ雑巾の様に引き千切る」

菫「いや。人間引き千切っちゃ駄目だろ」

仁美「そして魔法少女はその力を自覚する事が出来る。単一能としてでなく 彼女の理知を持って力を行使する『暴君』だ」

菫「いや、正義…」

仁美「魔法少女との近接戦闘は死を意味する。いいかね弘世菫。魔法少女とは、知性ある幼い『魔女』なのだ。これを最悪といわず何をいうのか…」

菫(はやりんは既に幼くは…いや、これは口が裂けても言うまい)

仁美「そいでな?弘世菫。おまえは1つ勘違いばしとる」

菫「…なんだよ」

仁美「人間ば敵に回さない、思っちおるかもしれんけんの、そいな、間違いだ」

菫「何!?」

仁美「いや。確かに、人間では無か…っち言うても良かかもしれん。そん意味では、善良なる人類ば滅ぼす必要は存在せんのか…」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:45:05.05 ID:8RPsYeU80

菫「…どういう意味だ」

仁美「この国の為たい」

菫「…」

仁美「風潮被害も大事だが、手始めにまずは…そん力でマスゴミ在日中韓全部ぶっ潰すぞ!!」

菫「はあ!?」

仁美「決まっとる!こん国に巣食う蛆虫ども全部叩き潰す暴力が手に入ったんだ!そん力を行使せずにどげん使う!!」

菫「ば…お前、何言って」

仁美「手始めに朝日新聞に行っち一人残らず八つ裂きに行くぞ!さあ!HARRY!HARRY!HARRY!」

菫「ネトウヨだこいつ!?」

仁美「メーッヘッヘッヘ!!KYは空気読め無かやなくっち、自作自演でサンゴに刻んだイニシャルの事たーーーい!!」

菫「待て待て待て!!」

仁美「む?毎日変態新聞先んのがよかか?まい、そんならそんでからもよかの…」

菫「お前!さっき全ては風潮被害に苦しむ人の為が全てって…」

仁美「詭弁に過ぎん!!契約のためのなぁ!!」

菫「お前ってやつはぁあああああああ!!」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:47:12.94 ID:t1zroSbBO

自分が一番風潮被害受けてる気がするwwwwww


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:48:19.95 ID:BIauXV+S0

羊→ネトウヨ
新しい風潮が誕生した


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:49:02.99 ID:lmrE1GwZ0

なんもかんも政治が悪い



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:50:40.44 ID:8RPsYeU80

仁美「しゃい行くぞ、同志菫!!武器の無かんの不安なら、用意してからやる!ゲバ棒のよかか?そいっちも火炎瓶?地元に帰れば手榴弾だってどんぐり拾うみたく手に入るぞ!!メヘェー!」

菫「あああああああこいつはもおおおおおおおおおおおおお!!!」

仁美「メェエエエエエエエーヘッヘッヘ!!!」

仁美「メエエエエエエエエエエエエエエエエッヘッヘッヘーーーーーーーーーーーーー!!!」


第一話
「サディスト菫とネトウヨ羊」 終わり


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 01:22:24.91 ID:8RPsYeU80

菫「早くもメゲそうだ…せめてもう少しまともなパートナーを…」ゲッソリ

仁美「むっ!?」ピクッ

菫「なんだ。今度はどうした」

仁美「感じるばい…新たな風潮被害が誕生するのを…!」

菫(感じるって…)

仁美「仕方ない。国賊滅ぼすのは後ばい。まずは風潮被害の拡大し、取り返しん付かん事になるんば防がねば」

菫「お、そこは真面目にやるのか」

仁美「仕事サボっとったら、後ではやりんに叱られるからな」

菫「ふっ…」ニヤリ

仁美「…記念すべき初仕事だ。どうよ?気分は。…怖いか?」

菫「…そうだな」

菫(魔法少女の初仕事…か。ふふ…笑えてくるな。いや、本当はそんな状況では無いのかもしれんが…)

菫「…いや」

菫「楽しみだよ」

菫(私もまだまだ子供だな)


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 01:32:01.08 ID:8RPsYeU80

菫「で、どこだ?その風潮被害者の居る場所は」

仁美「ちょっと待て…」

菫「…」

仁美「大阪だ!!」

菫「え…」

菫(ま、間に合うのか!?空飛ぶ魔法とか…)

仁美「明日ん朝だな。始発で行けば間に合うわ。ついでに朝食食べる時間もあっけん」ゴロン

菫「へ?」

仁美「今日はここ泊めてくれ。宿探すのダルい。金無かし」

菫「…そ、そんな…ユルいもんなのか」

仁美「ん」

菫「…だったら、私の風潮被害も誰か解決出来たんじゃ…」

仁美「軽度ん奴はよっぽど余裕なか限りほっちくけんね。実害なかし」

菫「そ、そういうもんなの…か?」

仁美「ん。それに、むしろその風潮被害を喜んで受け入れ、其れとともに生きていく選択ばした者も居る。風潮ってのはそんなもんだ」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 01:48:09.67 ID:8RPsYeU80

菫「…」

仁美「ま、影響の深刻化したら大概助けるさ。ほとんどはそーやけん。最後に一気に風潮の暴走する、そんタイミングでしか感知も風潮退治も難しい」

仁美「やけん、うちもおまえの傍に来て、ようやくお前の中に風潮被害に影響されとうんわかったくらいやし」

菫「そういうものか」

仁美「ん。風潮ってのは、既にある部分ではそいつの一部なんだ。だから、普段は唯のそうしたいという欲求としてほぼ本人っち一体化しとる。やけん、最後の最後にそん欲望の暴走してから本人ば取り込む」

菫「取り込む…」

仁美「そん取り込もうっちした時ん意志ば、うちらマスコットは感知するとよ。ただ、そうと決めた意志も、動き出し表に出るんにパワーが居る。やけん出てくるまでにタイムラグのあるって事」

菫「…」

仁美「そん時ば叩く。そのタイミングで、しかも魔法少女にしか出来ん事たい。他でやったら、最悪本人は死ぬ」

菫「…」

仁美「わかった?」

菫「…済まない。博多弁で、少々噛み砕き切れなかった事がある。つまり…まとめるとどういう事なんだ?」

仁美「風潮被害が暴走したら本人が暴れるんで、そしたら魔法少女がぶん殴って沈める。風潮被害が収まる」

菫「…よくわかった」

仁美「メッヘッヘ…んじゃ、寝るわ」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 01:52:59.95 ID:8RPsYeU80

菫「ああ。…おやすみ」

仁美「おやすみ…」

菫「…って、待て!」グイッ

仁美「メッ!?」

菫「来客用の歯ブラシやるから歯磨け!風呂入れ!ジンギスカン臭いんだよ!!」

仁美「メェー…」

菫「風呂場はそっち!脱衣所の下の棚に歯ブラシもあるから!綺麗にして寝ろ!じゃあな!私は先に寝る!」

仁美「おま…んな適当な…」

菫「…すー…すー…」

仁美「うお…マジ信じらんねー。2秒で寝やのった」

仁美「…」

仁美「…やーい。キチガイ暴力女~」

菫「…」

仁美「…ちっ」

仁美「…ま、ただで使わせてくれんなら使ってやるメェー」トテトテ


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 02:05:51.73 ID:8RPsYeU80

翌日
大阪

仁美「やって参りました。食い倒れの街、大阪!」

菫「しまった…早く起きたからプリキュア録画するの忘れてた…」サアー

仁美「ん?どうしたん?同志菫。顔面キュアビューティだぞ」

菫「青い顔って言いたいのか…」

仁美「まあまあ。どうせアニメなんざ後でネットでゴニョゴニョして…」

菫「堂々犯罪宣言かこの羊悪魔!!」ギュッ

仁美「や、やめりぃ!首締めるな!」

菫「この…!ぷ、プリキュアを穢すな!それに、アニメはリアルタイムで見てこそその価値が…」ギシギシ

仁美「ま、待て!落ち着け!同志菫!今はそんな事をしている場合じゃない!!」

菫「ああん!?」メシッ

仁美「あ、あいつらを見ろ!!」ビシッ

菫「…あいつらって」チラッ

「あかん!これ以上はもう止めて!怜!!」

「喧しい!!今日こそは出るんや!!うちが勝つんや!!」


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 02:15:35.44 ID:8RPsYeU80

竜華「駄目やって!それ部の大切なお金や!あかん!絶対にあかん!!」

怜「硬っ苦しいなぁ竜華は!せやから、うちが愛する部の為に部費を何倍にも増やしてやろうって」

竜華「そんなんでお金増えても嬉しくない!!それに、怜アンタ、勝って帰ってきた試しないやろ!!」

怜「途中までは勝ってん!せやけど、あと一回勝ったら止めようって時に限って当たらんのよ!」

竜華「負けるまで打つからそうなんねん!!」

怜「えーーーい!五月蝿い五月蝿い!竜華うざい!うざい!!どっか行け!!」

竜華「そんな!」ガーーン

菫「…」ボーゼン

仁美「…風潮被害、末期に近い被害者だ」ヒソヒソ

菫「お、園城寺怜…」ヒクヒク

仁美「どうやら、この風潮被害はギャンブル中毒…っちいったところかね」

菫「あ、あの園城寺怜がここまで変わるのか…」

怜「…ん?お姉さん…どっかで見たことあるなぁ」

菫「あ…ああ。やあ。インターハイで会っただろう?弘世菫だよ。園城寺さん」


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 02:20:02.11 ID:8RPsYeU80

怜「弘世…」ウーーン

竜華「ああっ!これは白糸台の!すんません、エライ見苦しいとこお見せしてしもうて!ほら、怜!行くで!」

怜「んー…」

竜華「怜!」

怜「…ねえ、お姉ちゃん」

菫「なんだい?」

怜「ええ太ももしとるなぁ。ちょっとうちの事膝枕してくれへん?」

菫「は?」

竜華「怜!?」

怜「ね?ね?ちょっとだけ。ちょっとだけでええから~」クイクイ

菫「えーっと…」

竜華「怜!?急にどうしたん!?怜の膝枕はうちだけとちごたん!?」

怜「もう竜華なんかポイーや」ツーン

竜華「ポイー!?」ガーーン

菫(…どうしよう)


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 02:26:34.92 ID:8RPsYeU80

仁美『これは難しいなぁ』

菫(羊!?なんだ、念話か…)

仁美『羊っち…まあよかや。これな、複合型かもしれん』

菫『複合型だと?』

仁美『そう。たまにな。居るんよ。風潮被害ばやたらに受けやすいやつ』

菫『と、言うことは…?』

仁美『参ったなぁ…話には聞いよったばってん、あんま居なかっち話やったし、初回でいきなり当たるっちは…』

菫『おい!風潮被害が複合したらどうなるんだ!答えろ!』

仁美『うん。風潮被害が重複したらな』

菫『ああ』

仁美『単純に強くなる』

菫「な…」

怜「…」ピクッ

竜華「…怜?」

怜「…」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 02:32:59.74 ID:8RPsYeU80

菫「…ん?」

仁美『おい。ルーキー。これはマズイかもしれんぞ』

菫「どうしました?」

竜華「あ、弘世さん。なんか、怜が急に動かなく…」

怜「…」

仁美『おい。聞いっちんんかアバズレ』

菫『黙ってろ。なんだか彼女の顔色が悪い。病弱な子だった筈だしもし何か有ったら事だ』

竜華「怜?怜?どうしたん?」ユサユサ

怜「…」ガクガク

菫「落ち着いて。あまり動かすのは良くない。今救急車を呼びますので、その後でゆっくり日陰に運びましょう」

竜華「あわわわ…怜?怜?いやや…こんなの初めてやん…ねえ…怜?怜?」ポロポロ

怜「…」

菫「ええと、すみません。彼女の行きつけの病院の電話番号などは…」

竜華「あ…そ、それは…待って下さい。今携帯を…」ゴソゴソ

仁美『おい!』


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 02:37:48.77 ID:8RPsYeU80

菫『ああもう!五月蝿いな!一体何を…』

仁美『来るぞ!!』

菫「へ?」

怜「オールジークハイル!!」ブンッ

菫「うおっ!!?」サッ

竜華「怜!!?」

怜「ふははははははーー!!」

菫「な…」

菫(今…園城寺さんが殴りかかってきた…!!?)

怜「ふはははー!全てはヒトラー総裁の為にーーーー!!」

菫「…」

竜華「怜!!?」

怜「黙れ黄色人種!!うちは偉大なるゲルマンの魂なるぞ!!」

菫「…」

怜「ジーークッ!ハイルッ!!ジーークッ!ハイルッ!!ジーークッ!ハイルッ!!」ビシッ ビシッ ビシッ 


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 02:43:47.71 ID:8RPsYeU80

菫「これは…」

仁美『トリプルだと!!?』

菫「トリプルって…ってか、お前念話使う必要なくないか」

仁美「…いかん。彼女はギャンブル中毒、セクハラおっさん、ネオナチ被れの3つの風評被害を受けていた…!」

菫「いきなり大盤振る舞いだな」

仁美「これは…新人には危険過ぎる…!!」

菫「はあ」

菫(なんでか危機感を感じられないのは)

怜「ジーークッ!ハイルッ!!ジーークッ!ハイルッ!!ジーークッ!ハイルッ!!」ビシッ ビシッ ビシッ 

竜華「怜ーーーーー!!」

菫(この間抜けな絵面のせいなんだろうなぁ…)ゲッソリ

竜華「あかん止めて怜ーーーーー!!」

菫「えーっと…殴ればいいんだったか?」

仁美「だからー!危ないって…」

菫「大丈夫だって。たぶ…」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 02:50:27.11 ID:8RPsYeU80

菫(園城寺さんが消えた!?)

菫「な…どこに…」

仁美「後ろたい!!」

菫「え」

怜「ふふ…アカンなぁ。敵を前にしてアホみたく油断するなんて…」ボソッ

菫(耳元…!声!?馬鹿な、いつの間に…)

怜「アンタ、魔法少女やろ?きちっとわかっとるんよ…うち、今、体の奥から声が聞こえるん」

仁美「くっ…!暴走風潮被害たい!」

怜「アンタをここでやっつけんと…ウチ…消されてまうんやろ?それは嫌やから…」ガシッ

菫「がっ!」

菫(しまった…!羽交い締めにされ…!ぐっ!凄い力だ!)

怜「アンタをここでやっつける」ニヤッ

菫「こ、この…!」

菫(どう来る!?打撃…極め技…投げ技…な、なんとか反撃を…)

怜「覚悟しいや」モニュッ


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 03:00:32.33 ID:8RPsYeU80

菫「ひっ!?」

菫(え…む、胸?)

怜「ふむ…太もももなかなかの物をおもちだと踏んでたが、おもちの方もなかなかのなかなか…」モニュモニュ

菫「ふぁ…」

菫(え…ちょ…なんで、胸…揉んで…)

怜「白いうなじもたまらんなぁ…」ペロッ

菫「ひゃんっ!」

怜「レローー…じゅるっ!」

菫「くんっ!」

仁美「おおお!?園城寺怜の細く長い指が同志菫の制服越しのバストを生き物のように柔らかく揉みしだき、同時に真っ赤な舌がゆっくりとねちっこく、絡めとるような蛇の動きで白い首筋を伝ってゆく!?」

菫(なんで官能的な実況してんだお前は!!)

怜「ふふ…感じとる…?可愛い声…飴玉転がしたようなちっさくて、可愛い悲鳴…」

菫(コイツもコイツでなんかアレだし!!)

怜「…はーむっ」パクッ

菫「うふっ!?」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 03:07:13.75 ID:8RPsYeU80

竜華「あかん!怜!弘世さんの可愛らしく形の良い耳を、たっぷりと唾液を滴らせたあんたの小さな口で優しく咥えたらあかん!!」

菫「ちょ…」

菫(なんで清水谷さんまで実況してるんだ!)

怜「じゅぷ…じゅぶぶ…くちゅ…」

菫(耳がくすぐった…あふうう!?)

菫「ま、待って!」

怜「…ぷは。…な~に?」クスクス

菫「な、なんで、やっつけるでこんな、セクハラ紛いな…」ハァハァ

怜「ふふ…知らんの?あんた、新人さんやね」

菫「…」

怜「ええよ。教えたる」

菫「何を…」

怜「魔法少女は、処女しか成れんのよ」モニュッ

菫「ふあああああ!?」

怜「せやから、犯されたらあんたらはゲームオーバー…」モニュモニュ


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 03:21:40.75 ID:8RPsYeU80

菫「あっふ…!」

菫(ちょ…!これ…まず…!)

怜「ふふ…可愛い。ええ子やね。強気な眼差しが涙で潤んで…唆るわ…」

菫(ま、待って待って待って…!)

怜「ロングスカートたくし上げて…ほら。もうひざ上まで来とるよ?ん?どうする?ん?」

菫「ちょ…や、やだ…」

菫『ひ、仁美!助け…』

仁美「最近んスマホはデジカメっちなんら変わらんけんなぁ。病弱系女子高生に後ろから羽交い締めにされて犯されるクールビューティーの図。これ、幾らで売れるかいな」パシャパシャ

菫『助かったらお前を真っ先に殺す!!助からなくても殺す!!』

怜「ここまでスカートたくしあげたら…うちの手、あんたの大事なとこ、弄れるよ?ん?どうする?ん?」ツツッ…

菫「ひ…」

菫(し、清水谷…さん…っ!い、一般人だけど、親友がこんな状態だったらせめて注意を引く援護射撃を…)チラッ

竜華「はぁ…はぁ…あかん…はぁ…怜…そんな、うち…はぁ…あんたのことは…はぁ…うちが一番愛してるのに…はぁ…そんな、寝取りだなんて…はふぅ」ビクンビクン

菫(寝取られて感じてるぅうううう!!?)

仁美「おや。こっちも風潮被害者やったか」パシャパシャ


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 04:48:23.19 ID:8RPsYeU80

菫(どうすんだこれ!!)

怜「ふひひ…さあ、行くよ…今、うちの指があんたのあそこに入るよ?ほら、カウントダウン…」

菫「ひっ!い、いや…」

怜「3…」

菫「だっ!嘘だろ!?」

怜「2…」

菫「うううーっ!」ジタバタ

怜「暴れても無駄よ。さあ、1…」

菫(も、もうダメだ…!)

怜「ふひひひひ、ぜ…」

「はいそこまでーーー!!」

怜「!?」

菫「え…」

「マジカル☆ラリアーーット(はあと)」ドゴオ

怜「ちょ…ごふっ!?」ドカーーン


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 04:56:39.97 ID:8RPsYeU80

菫「は?」

怜「が…こ、この威力…は…!」ガクガク

菫(園城寺さん生まれたての子鹿みたいになってる!)

「ふふふー。大丈夫?君。怪我…なかった?」

菫(いや…違う。今注目すべきはそこじゃなくて…)クルッ

「うん、大丈夫そうだね。けど、新人さんだからってはりきって危ない事、あんまりしちゃダメだぞっ☆」

菫「あ…貴女は…」

「でも、よくやったね。一人で、頑張った。あとは、もう、大丈夫だから。この私…」

菫「き、来て…くれたんですね…!」ウルッ

「ここは危ないよ。早く逃げて、みんな!はやりが来たからには後はもう大丈夫だから☆」

菫「瑞原プロ!!」

はやり「いえーっす☆はやりんだよー☆」キャルーン☆

菫「や、やったぁ!!」

はやり「はやりんはやりんマジカルきゅーん♪魔法少女☆プリティープリティーマジカル(はーと)はやり!推参っ!とうっ!」

仁美(このプロきつい…)


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 05:05:17.88 ID:8RPsYeU80

怜「こ、この…ダボがァ…!」ガクガク

竜華「と、怜!大丈夫!?」

怜「許せん…!こ、この…!黄色人種の癖に…!日独伊三国同盟も忘れてうちの事360度回転する勢いでラリアットなんざ…許せへん!竜華もそう思わへん!?」

竜華「と、怜…!やっぱ、アンタは結局うちのとこ帰ってきてくれるんやね?」ジーーン

怜「一緒にアイツらやっつけよう」

竜華「うん!!」

怜(邪魔な元嫁は使い捨てたる)ニシシシ

竜華「覚悟しいやー!魔法少女どもーー!」ガオー

菫(風潮被害って怖いなぁ…)

仁美「ふっ。無事やったか」ヒョコヒョコ

菫「お前は後で解体して殺す」ギロッ

仁美「待て待て待て!こっそり命の恩人にそん仕打ちはいかんぞ!」

菫「ああ!?」

仁美「実は、携帯カメラでお前を撮影しとるごと見せかけて、はやりんに救助ば求めとったんだ」メェー

菫「お。お前…!?」ジーン


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 05:08:42.17 ID:jvlbRozu0

はやりん(28・処女)


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 05:20:18.88 ID:8RPsYeU80

菫「す、すまない。あれは敵を欺くための演技だったんだな。お前、唯の腹黒羊だと思ってたけど、頭のキレる腹黒羊だったんだな…!」ウルウル

仁美「ふっ。よすたい。照れる」

仁美(まあ、写真は撮ったけど)

菫「はっ!そうだ!はやりん!か、加勢しなければ!流石に2対1では…」

仁美「そん必要はなか」

菫「え…」

仁美「あの人は、最強の魔法少女(28)やけんね」

菫「何?」

仁美「もうすぐ決着着くちゃ」チラッ

菫「な…」

仁美「よく見ておけ。あいの最強戦士ん戦い方だ」

菫(す、凄い…!やっぱり、はやりんくらいになると私みたいに不恰好な戦い方じゃなくって、こう、必殺技的な光線出したり出来るのか!?)

菫「べ、勉強させていただきます!」

菫(そして…ゆくゆくは、貴女に肩を並べられるような魔法少女に…!)


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 05:28:12.62 ID:8RPsYeU80

はやり「えーーいっ!マジカル☆垂直落下式パワーボム(はーと)」ゴギュ!!

怜「がぶっ!?」

菫「予想外の超パワー型!!?」

はやり「か・ら・のー☆」ギシッ

竜華「怜ーーーーー!!」

はやり「マジカル☆餅つき式☆パワーボムー☆」ドゴォ!! ドゴォ!! ドゴォ!!

怜「」ゴッ ゴッ ゴッ

竜華「怜ーーーーーーーーーー!!!」

はやり「まず一人っ☆」ポイッ

怜「…」グチャッ

竜華「怜ーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」

怜「」クタァ

菫「おい。あれ、死んでないか」

仁美「下、コンクリ…まあ、あれたい。今の園城寺怜は風潮被害の暴走で身体能力も大幅に向上してる設定だから…」

菫「設定言うな」


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 05:34:33.49 ID:8RPsYeU80

はやり「次は君だよ☆」

竜華「あわわわ…」オロオロ

はやり「逃げられない」ジリッ

竜華「ぐううう…!と、怜の仇ーーーーー!!」タタタタ

はやり「たあーっ!マジカル☆ベアハッグ(はーと)」メギョッ!

竜華「」ボギゴギッ

菫「なんか砕ける音…」

仁美「なんもかも政治が悪い…」

菫「…」

はやり「えいえいえい!追撃!追撃☆」メシッ ボキッ メコッ

竜華「」ガクガク

仁美「痙攣やばい」

菫「そろそろ止めた方が」

はやり「これでとどめだー!はやりん☆ブレーンバスター!」ゴキッ

竜華「」ゴッ


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 05:42:12.32 ID:8RPsYeU80

怜「」チーン

竜華「」チーン

はやり「ぶいっ☆」

菫「…」

仁美「惜しい人材を亡くした…」ナムナム

菫「おい!まだ死んで…ない…よな?」ヒソヒソ

はやり「大丈夫だよ!はやりの魔法で死んだ人はいないから☆」

菫「そ、そうですかー!」

仁美「もはやそれこそが奇跡」

はやり「これで二人が気付いたら、元通りになってるはずだよ☆」

菫「乱暴だ。やり方もそうだけど、アフターケアが何より乱暴だ」

仁美「流石近距離パワー型魔法少女(28)」

菫「そんな区分あるのか!?」

はやり「まあ、こんなところで立ち話もなんだから、二人共、一緒においで☆はやりが頑張った二人にご飯を奢ってあげる!」

菫「こんなパチンコ屋の前なんかに二人を放置したら、浮浪者に何されるかわかりません。連れてきますからね」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 05:56:38.36 ID:8RPsYeU80

松屋

はやり「それじゃあここにしよー!」

菫「え」

はやり「…嫌?」

菫「いや…い、嫌って…訳じゃ…た、ただ瑞原プロとちょっとイメージが合わなかっただけで」

菫(ま、松屋…!?)

はやり「そう?じゃあ食券買ってねー。好きなの頼んで良いからね☆」

仁美「ココ壱の良かなぁ。安倍さん応援するつもりでカツカレー食えたんに…」ブツブツ

菫(こいつはこいつで微妙に図々しい事言ってるし!)

怜「あ、あれ…うち…」パチッ

竜華「うう~ん…あれ…?ここどこ…」ムクリ

菫(普通に起き上がった!)ビクッ

仁美(むしろ生きてた!)ビクッ

はやり「おっ!起きたね?少女達折角だし君たちにもご飯奢ってあげる☆」

怜「え…あれ?なんではやりんがこんなとこにおるん?え?あれ?あれれれ?」アワワワ


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 06:05:44.60 ID:8RPsYeU80

はやり「実は、君たちは斯斯然然で…」

竜華「そんな…俄には信じられへんよ…」

怜「魔法少女…?風潮被害…けど、うち、確かにそんな事やったような…うう…」

菫「いいのか?こんあ簡単に何があったか話しても」ヒソヒソ

仁美「暴走状態から意識の戻るっち、風潮被害に合っとった時ん記憶は霞のかったごと虚ろげなんやけん。ばってん、やったこつは残るけん、アフターケアきちんっちやるなら、そこ説明してからやらんっち混乱するたいね」

菫(博多弁むずっ!)

怜「そ、そうだ!部費!部費はどうなったん!?」

竜華「あっ!確か、怜が持ってたカバンの中に部費入った茶封筒が…」

怜「…これや」スッ

竜華「…中身検めるで」

怜「…」コクン

竜華「…」ゴソゴソ

怜「…」

竜華「…中身、一銭も減ってへん…」ホッ

怜「」よ、良かったぁ…」ヘナヘナ


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 06:11:06.28 ID:8RPsYeU80

菫「どうやら、被害は未然に防げたようだね」

竜華「本当に、ありがとうございます」ペコリン

怜「もしうちがこのみんなの大切なお金使ってしもうとったなんて事になってたら…自分で自分許せなくなるところでした。本当に、感謝してもし切れないです」ペコリン

菫(なんか、こういうのいいなぁ…)

仁美「ん?あれ?けど、さっきの会話聞いてると初犯じゃないような…」

はやり「あー!きたきた!」

菫「へ?」

はやり「みんなのメニュー、来たよ!ほらほら、みんな!ご飯食べた食べた!」ズイズイ

仁美「おおう?」

怜「わっ」フラッ

竜華「おっと、大丈夫?怜」サッ

怜「うん…ありがと」

竜華「ええって」

はやり「」ニコニコ

菫(…ん?)


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 06:16:35.81 ID:8RPsYeU80

はやり「それじゃあみんな!いただきますしてご飯食べるよー!せーの☆」

仁美「いただきまーす!」

はやり「ああん!おいしいとこ取られた!?」ガーン

怜「あはは…いただきます。瑞原プロ」ペコリ

竜華「いただきます。…ごちそうになります」ペコリ

菫(もしかして…)

はやり「とほほ…はーい。どうぞー」ショボーン

菫『瑞原プロ。瑞原プロ』

はやり「じゃあ私もいただきまー…って」

はやり『どうしたの?菫ちゃん…だっけ?』

菫『ええ。弘世菫です。今後共宜しく御指導御鞭撻お願い致します』

はやり『ふふ。真面目な子だなぁ。なーに?ご飯食べないの?』

菫『その前に1つ、伺いたいことが』

はやり『はいはーい☆答えれることならなんでも答えちゃいますよー☆』

菫「…」


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 06:28:18.87 ID:8RPsYeU80

菫『あの…これは、その、例えば。そう、例えばの話なんですが』

はやり『んー?』

菫『…誰かがギャンブルで浪費したお金を把握して、その分だけお金を茶封筒の中に補充する魔法、とか使えます?』

はやり「…」

菫『…例えば、自腹ででも』

はやり「…」

菫『…その…結構な高給取りでも松屋でご飯食べざるを得なくなる…よう…な…』

はやり「…ふふ☆」ニコッ

菫「…」

はやり『はやり、わっかんなーい☆』

菫「…ふっ」

菫『ですよね』

仁美「カレギュウ大盛りおかわり!!」メェー!


第二話
「爆乳ロリ(28)と今月の給料」 終わり


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 06:33:52.76 ID:8RPsYeU80

???

「ふふ…面白い子、見ぃつけたぁ♪」

「…」

「私の遊び相手になってくれるかも♪」

「…」

「ね、そう思わない?」

「…」

「美子ちゃんも」



221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 06:50:28.67 ID:RjtPFYH70

・久が女たらしだという風潮
・まこがスタンド使いだという風潮
・ハギヨシ&京太郎はただのタコス師弟なのにそれ以上のガチホモだという風潮
・福路美穂子がヤンデレだという風潮
・蒲原と衣が仲がいいという風潮
・睦月が投牌戦士だという風潮
・照が方向音痴かつシスコンだという風潮
・菫が可愛いもの好きな乙女だという風潮
・亦野が歴戦を経た軍関係者だという風潮
・Megan Davinがおっさんだという風潮
・セーラがガスを出すという風潮
・泉がワキガだという風潮
・憧が売春しているという風潮
・宥が油ものの暖かい空気を浴びていた空調
・小走がなんでも解決してくれるという風潮
・ギバードがマジキチだという風潮
・霞の実年齢が社会人クラスだという風潮
・滝見春がデブだという風潮
・哩と姫子が花田ラブな風潮
・小鍛治がアラフォーだという風潮
・三尋木がヤクザの愛人だという風潮


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 07:05:41.17 ID:eYLoLT550

>>221
いくつかつっこみたいがいろいろあるんだな・・・。


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 08:49:22.46 ID:QlZhP5a10

>>221
小走先輩はそのままでも何ら問題無いというか魔法少女より役に立つような気が


253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 12:07:51.58 ID:8RPsYeU80

その日の夜
菫の部屋

菫「…」カリカリカリ…

菫(結局あの後、私達3人は園城寺さんと清水谷さんを家まで送って、新幹線で帰宅した)

菫(どこかの違法羊と違って瑞原プロはきっちりと乗車料金も支払っていたし、どころか私達の分の運賃すら支払ってくれた)

菫(曰く『これも社会人の務めだから☆』との事だったが、心苦しい所はあった。学生という立場ではあるものの、自分の幼さを思い知らされる気分でもあったからだ)

菫(東京に帰ってから、彼女はすぐに番組の収録があるらしく、直ぐにテレビ局へ向かってしまった)

菫(だが、電車の中で今後風潮被害退治の際に一緒に行動する約束を交わしたし、定期的な念話でのやり取りや魔法少女としての修行の方法の指導等もして戴ける事になり、実質的な師弟関係と言えよう)

菫(…助けて戴いた上に世話になりっぱなしで、情けないものだ。早く一人前…そう、魔法少女としても、人間としても一人前になって、恩返しをしたいものだな…っと)

菫「…」カリカリカリッ…トンッ

菫「…本日の日記終了、っと」パタン

菫「…ふう」

菫「…」

菫「…ところで」

仁美「…チュー」

菫「なんでお前うちに居るんだ」


260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 12:20:17.87 ID:8RPsYeU80

仁美「んあー?」チュー

菫「しかも何飲んで…って!おい!それ私が買って冷蔵庫に入れてた抹茶オレじゃないか!」ガタッ

仁美「この渋味と甘さの絶妙なハーモニーがなんとも…」チュー

菫「なーんで勝手に飲んでるかこの卑し羊は!」ギリギリギリ

仁美「ぐおおおおお!?頭が!頭が割れる…っ!?わ、分かった!分かったから離せ!!」

菫「ふんっ!」ポイーッ

仁美「メヘッ!」ドサッ

菫「お前は、ほんっとうに、なんて言うか、酷いな!」

仁美「おまえだって変わらんわ。このサディスティック魔法少女め。…いたたた。どういう握力してんだ」サスサス

菫「っていうか、どうやったら元に戻るんだ」

仁美「うん?」キョトン

菫「いや…魔法少女になったはいいけど、姿変わらないからこう、メリハリも付かんし、どうやって変身前に戻れば良いのか…」

仁美「ああ」ポンッ

菫「『ああ』って…私も今言うまで随分悠長だったが、お前は大概…」

仁美「変身解除ん方法はな」


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 12:26:33.44 ID:8RPsYeU80

菫「ああ」

仁美「…」

菫「?」

仁美「…ちょっとそこにまっすぐ立ってみろ」

菫「…こうか?」スッ

仁美「両拳を握って」

菫「…」ギュッ

仁美「脇を締めて、握り拳を鼻先まで持ってくる」

菫「…」スッ

仁美「身体を左右に揺するように動かし」

菫「…」ユラユラ

仁美「両足を交互に、膝から下だけ後ろに投げ出すように跳ね上げる」

菫「…」ブンッ ブンッ

仁美「リズミカルに、全て同時に」

菫「…なんか恥ずかしいなこれ」クネクネ


263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 12:29:38.97 ID:8RPsYeU80

仁美「…」

菫「…ま、まだか…」クネクネ

仁美「まだたい」

菫「うううう…」カアアア

仁美「まだ…」

菫「は、恥ずかし…」クネクネ

仁美「まだ」

菫「うううう…」ユラユラ

仁美「…」

菫「…」クネクネ

仁美「…」

菫「…」クネクネ

仁美「…まあ」

仁美「…別に念じれば戻るんばってんね」

菫「嫌がらせかこの野郎ぉおおおおおおおお!!!」


265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 12:35:11.31 ID:8RPsYeU80

仁美「メーッヘッヘヘ!!」ゲラゲラ

菫「ぐううう…!この羊頭のバフォメットめ…!!」プルプル

仁美「…まあまあ。ところで、念じてみな?元に戻るー元に戻るーっち」

菫「…」

菫(元に戻るー元に戻るー)

菫「…」ガクン

菫「…あ」

菫(今…何か、私の身体から出た…感じが…)

仁美「ん。元に戻ったな」ニコニコ

菫「…」

仁美「ん?どうした?」

菫「…なんだか、喪失感が…」

仁美「…ふ~~ん」

菫「…変身解除すると…なんだか、寂しい…ん、だな…」

仁美「…まあ、またいつでも変身すれば良かよ」


267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 12:42:40.04 ID:8RPsYeU80

菫「変身…って、見た目は変わらないけど、そうだ。変身…!」

仁美「うん?」

菫「変身だよ!じゃあ今度はどうやって変身すれば良いんだ!?」

仁美「そーやねぇ」

菫「…嘘教えんなよ」

仁美「変身は条件付けよ」

菫「条件付け?」

仁美「ん。条件付け。訓練されれば解除の時みたく簡単にオンオフ出来るが、緊急に変身しなけりゃいかんタイミングもあっけんちゃろうしな」

菫「…それで?」

仁美「だから、初心者はまず、変身に儀式を織り込むたい」

菫「儀式って…」

仁美「まあ、一般的な魔法少女の『あれ』たいね」

菫「『あれ』…ってまさか…」

仁美「そう」

仁美「変身ポーズと名乗り口上。あと、変身後の名前も付けておこうか。切り替えって大事よ」


269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 12:58:23.47 ID:8RPsYeU80

菫「う…っく…!そ、それは…!」ビクッ

菫(あ、憧れてはいたが、実際にやるとなるときつい…)

仁美(おまえの考えとうこつが手に取るようにわかる)

菫「…け、けど…まあ、仕方ない…のか。うん。わ、私の体裁とか気にしてる場合でも無い…し…な…」ニヤニヤ

仁美(そいでやってみたい衝動に一瞬で負けやのった)

菫「え、えーっと…まずは、こうポーズ取って…こうして…ああ、こっちの方が見栄えいいかなぁ…」ワキワキ

仁美「…あんま複雑なん止しとけよ」

菫「あ、あと…前口上は…どうしようか。えーっと…『罪の無いみんなを苦しめる悪い風潮被害は、スミレにお任せ☆』…キャラじゃないな。クール系魔法少女の方針で攻めるべきか…」ブツブツ

菫「『優しい月光の光を浴びて闇を切り裂く…』いや、日中だったら格好が付かんな。えーっと…『あなたのハートを狙い撃ちっ!』…うん。この路線は良いかも。もうちょっと突き詰めて…」ブツブツブツ

菫「取り敢えず名乗り口上は保留として、後で辞書で良さそうな単語を拾っておこう。それより、魔法少女名。魔法少女名は非常に大事だぞ。これに大半がかかっていると言っても過言ではない」ウーーーン

仁美(凄い勢いで考えとっとうと…)

菫「そういえば、はやりんはなんて名乗ってるんだ?」

仁美「ん…ああ。あの人は魔法少女マジカル☆はやりん名乗っちるちゃ」

菫「なるほど…あの人らしい、実にシンプルかつ機能美溢れる美しい名前だ」ホウ…

仁美(わかんねー。さっぱりわかんねー…)


272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 13:19:45.10 ID:8RPsYeU80

菫「なら、やはり私もこう、頑張って良い名前を考えなければ」

菫(そしていつかあの人と肩を並べられるように…)

菫「うーん…どうする?えーっと…やはり何某☆スミレで行くべきか。うん、そうだな。その系列で、私のイメージに合いそうな単語を…」

仁美「バイオレンス☆スミレ…サディスティック☆スミレ…シリアルキラー☆スミレ…」ボソボソ

菫「うーん…迷うなぁ…」ギリギリギリ

仁美「おおおお!?いつの間に足四の字の体勢に!?」

菫「ラブリー…ビューティー…いや、流石に烏滸がましいか…」ギリギリ…

仁美「がぁあああ!?あ、足が…!!」

菫「なあ、どうする?仁美。お前も良い名前有ったら考えてくれないか」ギシギシッ

仁美「や、やっぱりバイオレンス☆スミレじゃなかか!」

菫「まだ言うか!」メキッ!

仁美「ラメエエエエエエエ!!?」


275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 13:30:41.74 ID:8RPsYeU80

菫「…ふう」

仁美「…」ピクピク

菫「…おっといかん。もうこんな時間か」

仁美「なんや?どげんした?」ムクリ

菫「もう寝る時間だ。明日は学校だからな」イソイソ

仁美「受験生なんに自由登校まだなんか?」

菫「ああ…それでお前はあっちこっちふらふら出来るのか。受験勉強はいいのか?」

仁美「…まあ、うちはなんげななるけん」

菫「なんとかなるって?意外と頭いいのかお前」

仁美「ふふん」

菫「…まさか受験でも催眠を…」ジトー

仁美「せんわ!!」

菫「どうだか…まあいい。お前もさっさと歯磨いて寝ろ」

仁美「ういうい」

菫「…来客用の布団は、クローゼットに入ってるから」


277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 13:38:37.14 ID:8RPsYeU80

仁美「お?お?遂にデレたか?ん?」ニヤニヤ

菫「…なんで布団貸してやるだけでデレ扱いされねばならないんだ。私はそこまで鬼じゃないぞ」

仁美「そっか。おまえ、修羅ん類やもんな」

菫「ベランダで寝るか?」

仁美「それは勘弁」

菫「ったく…まあいい、おやすみ。明日帰ってきたら、また色々考えるぞ。お前も良いアイディア考えておいてくれよ」

仁美「メェー」

菫「なんだそれ…あふ…」

仁美「…」

菫「…本当、お前の顔見てたら…羊過ぎて…眠…く…な…る…」

仁美「…」

菫「…すー…すー…」

仁美「…おやすみ。菫」

仁美「…どーっこいしょーと」コロン

仁美「メッヘッヘ。ラテ飲んだくらいで歯なんざ磨いてられっか面倒臭か。こんまま寝かせて貰うに決まっちる」ゴロゴロ


280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 13:43:54.01 ID:8RPsYeU80

菫「ん…」

仁美「…っ!」ビクッ

菫「うーん…」モゾッ

仁美「…」ドキドキ

菫「…仁美…」ムニャムニャ

仁美「お、起きんしゃいた?」ビクビク

菫「…歯…ちゃんと…みが…」

仁美「…」

菫「虫歯…歯医者…怖い…から…」

仁美「…」

菫「…くぅ」

仁美「…」

仁美「…仕方ない」ムクリ

仁美「やっぱ、歯ぁ磨いてくるか」テクテク

菫「んー…むにゃ…」


282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 13:52:14.27 ID:8RPsYeU80

翌朝

菫「それじゃあ、行ってくるよ」

仁美「ん」

菫「くれぐれも問題起こすなよ」

仁美「ん」

菫「…親御さんには連絡したか?」

仁美「ん」

菫「…本当にしたんだな?突然娘が消えたら、絶対に心配するぞ」

仁美「東京の友達んとこ泊めて貰って一緒に勉強しとる事になっとるばい」

菫「…」

仁美「ほれ、さっさち行かんか」シッシッ

菫「あ、ああ…わかった。それじゃあ行ってくるけど…」

仁美「なんかあったらすぐ念話せんねちゃ」

菫「ああ。わかってる」

菫(なんだか不安だなぁ…)


283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 13:57:42.85 ID:8RPsYeU80

白糸台高校

菫「着いた」

菫(…土日挟んだだけなのに、なんだか物凄く久しぶりに来たような気分だ…)

菫「…」

菫「…行くか」

照「あ、菫だ。おはよう」

菫「ん?ああ…照。おはよ…!」

菫「て、照!!?なんだそれは!!」

照「え?」ギュルンギュルン

菫「なんなんだその右腕はああああああああああ!!?」

照「え?右腕?」ゴウウウウウウウウン

菫「うおおおおお!!?」サッ

菫(な、なんかトルネード状の低気圧が掠めてったぞ!?)

照「あれ…なにこれ…」ギュルンギュルン

菫「しかも今気付いた風!!?」


286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 14:03:36.11 ID:8RPsYeU80

照「あわわ…菫、大丈夫?怪我は無い?」スッ

ギュゴゴゴゴ

菫「うわあああああ!!?」ササッ

照「あっ!ごめ…大丈夫…」スッ

ギュリリリリリリ

菫「ぎゃあああああああ!!照!落ち着け!お前の右腕に纏ってる台風みたいなのが、お前が手伸ばしたら私襲ってくるんだよ!」サッ

照「わわわわ!ど、どどどどうしよう!菫!」

菫「そんなの私が聞きたいわ!」

照「ど、どうしよう!こんな腕じゃ授業受けれない!今日は学食のプリン安いのに!」

菫「ズレ過ぎだ!!このポンコツ!!」

照「ぽ、ポンコツって…」ウルッ

菫(なんだ!?誰だこいつ!こいつ本当に『この程度じゃ調整にもならない』とか言ってた宮永照か!?)

照「うえええ…」シクシク

ゴゴゴゴゴゴゴ

菫(低気圧が暴れまわって…はっ!まさか、これも風潮被害の一種か!?)


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 14:10:47.44 ID:8RPsYeU80

ギュルルルルルルル

菫「くっ!」サッ

菫『おい!おい!羊!聞こえてるか!!』

仁美『うるっさいメェー。今おまえの部屋でハチクロ全巻読破にチャレンジしてるんだから邪魔すん…』

菫『うるさい!それどころじゃない!おい!感じるか!風潮被害だ!』

仁美『メェ?』

菫『タイムラグあるんじゃなかったのか!』

仁美『…おおう』

菫『なんだその反応!』

仁美『思ったより成長早いなぁ。さっきまだ大した反応やなかったから、放課後でも間に合うっち思っとったんやけど』

菫『お前の悠長さが原因かこの役立たず!!』

仁美『まあ、仕方なか。今から行くから、おまえそいつばなんとかしとけ』

菫「くっそ…!」サッ

仁美『幸い、まだ完全に暴走しとらんばい。今ならまだそんな手強くなか。ってか、多分風潮事態が…』

菫『なんだ!?』


289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 14:16:07.55 ID:8RPsYeU80

仁美『反応から察するに風潮事態がポンコツち言うか、ショボか』

菫「ショボイって…」

照「あ、淡だ。おはよう淡」フリフリ

ギュルルルルル

菫「おわあああ!?」ササッ

菫(どこがショボイんだ!!)

淡「うわ…テルーどうしたの?その手の凄いやつ。一昨日買った?」

照「うーん…いつ付いたのか…」

菫『羊ぃいぃいいいい!!』

仁美『せからしかぁ…能力の凄いんなら、多分本体のポンコツなんやちゃ』

菫「ほ、本体…だと…」チラッ

淡「それじゃあまた後でねー。テルー」フリフリ

照「うん。またね」フリフリ

ギュウウウウウウウン

菫「…い、いける…か…?」ゴクリ


291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 14:26:01.49 ID:8RPsYeU80

照「あ…!そ、そうだった!菫!これ、ど、どうしよう!プリン!」

菫「プリンの優先順位高いなおい!」

照「むっ!何言ってるの!私の優先順位の一番はいつだって妹の咲だよ!ペロペロしたい」

菫(こいつも複数の風潮被害を受けてるのか!?だが、羊の予想通りポンコツって風潮被害がその中に含まれてるなら…!)

照「菫?」

菫(能力はとんでもなくても、本体の強さは大した事が無いはず…!)ギロッ

照「あ、あの…どうしたの菫…怖い顔…」

菫(怖いのはあの右腕だけ…ならば…!)

照「すーみーれー」ピョンピョン

菫(後ろを取って…!)バッ

照「あれ?菫が消え…」

菫「足を掴んでうつ伏せに引きずり倒す!!」グイッ

照「ひゃっ!?」ズテッ

照「いたたた…」グスッ

菫(そしてすかさず腰に乗って…キャメルクラッチだ!)グギギギギ


303: さるさん3回目 2012/09/30(日) 15:23:39.41 ID:8RPsYeU80

照「いたたたた!いたい!痛いよ菫!」ジタバタ

菫「すまん照…だが、お前を救うにはこれしか…」メキメキ

照「腰!腰が死んじゃう!壊れる壊れる!」

菫「」ゾクッ

照「い、痛い…すみ…助け…」シクシク

菫「こ、これ…は…」

菫(照の泣き顔…)

照「うえええ…」グスグス

菫「…」ゾクゾクッ

菫(…いい)メキメキメキ

照「うあああああ!!?」

菫「ふ…ふふふ…いいな…この表情…」ニイー

照「あ…はぁ…はぁ…や、やめ…て…すみれ…私…これ以上…死んじゃう…」ポロポロ

菫「大丈夫。まだいけるさ」メキメキ

照「ふああああああ!!?」ジタバタ


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 15:31:34.08 ID:8RPsYeU80


菫(ま、まだ…大丈夫だよな?その…風潮被害のお陰で頑丈になってるはずだし…)ドキドキ

照「うああああ!!」

菫「もっと…もっと泣いてくれ…いい声で…」ゾクゾクッ

照「はっ…はっ…ご、ごめんなさい…菫…わ、私、なにか菫怒らせることした…なら…あ、謝るから…」

菫「いや、別にお前は悪くないさ…」ユッサユッサ

照「あああああああ!!」

菫「ところで、いつになったら消えるんだ?風潮被害」メシメシ

照「うぐ…うううう…」

照「」ガクン

菫「あ、落ちた」

照「」

菫「…ふう」

菫「風潮被害、退治完了…!」

仁美「なんばしよっとおまえは」

菫「ああ、仁美。見ろ。私一人の力で風潮被害を退治したぞ。意外とあっけなかった」


307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 15:37:49.70 ID:8RPsYeU80

仁美「…マジかぁ」

菫「ふふ…結構簡単なもんだな。まあ、油断は出来ないが、やっとこれで私も魔法少女として第一歩を歩んだ事に…」

仁美「…菫。おまえ…」

菫「ん?」

仁美「…おまえ、よくもまあ変身せず風潮被害を…」ドンビキ

菫「…」

仁美「…」チラッ

照「」ピクピク

仁美「…気絶してるだけたい。今のうちに変身して殴っとけ。前口上とか無くても、集中しまくれば出来るたい」

菫「…あ、ああ…」

菫「…」

菫「…」シャランラ

菫「…出来た…のか?この、何か温かいものに包まれるかのような多幸感というか、万能感というか…」

仁美「ほれ、ポカッと」

菫「…てい」ポカッ


308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 15:42:07.16 ID:8RPsYeU80

照「…」シューーーー

菫「…なんか煙みたいのが出たぞ」

仁美「風潮被害の残滓たい」

菫「これが…」

仁美「…おめでとう。バイオレンス☆スミレ」

スミレ「その名前を定着させようとするな!!」

照「う・・・うーん・・・」

仁美「おっ。起きた起きた」

菫「あ、そうだ!照!だ、大丈夫か!?すまない!調子に乗ってやり過ぎた…」

照「あ、あれ・・・私…」フラフラ

菫(良かった…無事だった…)

菫「照…」

照「菫…?」

菫「…」

照「…」ボーー


311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 15:48:39.29 ID:8RPsYeU80

菫「…て、照…?」

照「…なんだかよくわからない…けど…」

菫「…」

仁美『こん子は特になんもおかしな事しとらんし、余計な説明して巻き込む必要も無かね。黙っちおこうか』

菫『…わかった』

照「あのね?菫」

菫「…なんだ」

照「私、菫に、お礼を言わないといけない気がするんだ」

菫「…照」

照「ありがとう。菫」ニコッ

菫「…」

菫「…ううん。こっちこそ…ごめんな…」ギュッ

菫「…」ギューーーッ

照「…?」キョトン

仁美「…風潮被害退治完了、やね」


312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 15:52:27.08 ID:8RPsYeU80

菫「…」ギュッ

照「…菫。あったかいけど、ちょっと痛い…」

菫「…あ、ああ。すまんすまん」パッ

仁美「…ところで、お取り込みのとこ申し訳なかんばってん」

菫「…ん?」

仁美「授業」

菫「あっ!」

照「ああっ!」

菫「い、急げ照!遅刻する!」

照「う、うんっ!」

菫「走るぞーーー!!」タタタタ

照「わかった!」タタタタ

仁美「いってらっしゃーい」

仁美「…」

仁美「…」チラッ


314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 15:57:47.43 ID:8RPsYeU80

シューー…

仁美「…」

シュルルル…

仁美「あー…」

シュルシュルシュ…バクッ



仁美「…モニュモニュモニュモニュ」

仁美「…」

仁美「…コクン」

仁美「…」

仁美「帰りにスタバ寄ってこ」クルッ

仁美「…」テクテクテク


仁美「…ケプッ」


第三話
「ポンコツ照と低気圧」 終わり


326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 16:46:28.79 ID:8RPsYeU80

鹿児島

春「ポリポリ」

仁美「いたぞ!暴走風潮被害だ!」

菫「こいつが…!」

春「ポリポリ」

菫「…なんか食ってるな。黒糖か?さっき覗いた土産物屋にもあったし。で、これはなんの風潮被害だ?羊」

仁美「うーむ…」

菫「彼女は永水女子の選手だったな。見た感じどこも変わらないが…」

仁美「…デブだという風潮」

菫「何?」

仁美「…間違いない。この感じ、デブだっちゆう風潮たい」

菫「デブって…別に見た感じそんなんでもないが…」

仁美「それは暴走が始まったばっかだからやね。今黒糖食ってるから、多分放おっておいたらどんどんデブる…!」

菫「それはかわいそうだ…さっさと助けてやろう。手荒になるが許してくれよ」

仁美「変身せーよ」


330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 16:53:42.90 ID:8RPsYeU80

菫「わかってるさ」シャランラ

仁美「お?前口上や決めポーズは諦めたか?」ニヤニヤ

菫「…まだ良いアイディアが無いんだ」

仁美「…まあ、頑張れ」

菫「さあ、行くぞ…!」ジリッ

春「ポリポリポリ」

菫「まずは様子見…」シュッ

春「ポリポリ」ポヨン

菫「何!?」

仁美「菫ん左ジャブがおっぱいに吸収された!?」

菫「な…拳が…抜けない…!拳法殺しか!」ジタバタ

春「ふふ…」ニコッ

菫「くっ!?」

仁美「菫!」

春「ばん」ゴスッ


333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 16:56:24.55 ID:cSDX5eNO0

春でそのレベルなら霞さんは…


335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 16:59:52.54 ID:8RPsYeU80

菫「かはっ!」

仁美「腹に膝がめり込んだ!」

菫「こ、この…!」フラッ

菫(くっ!手、手が…胸から抜けない…なんだこれ!?藻掻けば藻掻くほど脂肪の奥に吸い込まれる…!)

春「ばん。ばん。ばん」ゴッ ゴッ ゴッ

菫「がふっ…!くっ!あぐぅ…」

仁美「菫!何おっぱい手に突っ込んだままヤラレっぱなしになっちるんだ!一回距離取れ!」

菫「そ、れが出来たら苦労しな…」

春「もう一回」ゴスッ

菫「かっ!」」ズルッ

菫「…」ペタン

春「膝から崩れ落ちた。無様。汚い。惨め。…ふふふ」

菫「こ、いつ…!調子に乗るなよ…!」

春「調子に乗ってるから、貴女の膝、踏んであげる」グリッ

菫「ああああっ!?」ビクビクッ


338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 17:11:06.34 ID:Ne0SbuKZ0

はるるが隠れSだという風潮


339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 17:12:54.72 ID:8RPsYeU80

春「どうしたの?魔法少女。この程度?弱い。弱い。退屈。まるでゴミ…」グリッ

菫「あ…ぐぅ…!」

春「けど、苦痛に歪んだ顔だけは可愛いかも。ね、もっと泣いて。叫んで。その後で、ゆっくり犯してあげる」ギュッ

菫「うわあああああ!」

菫(くっ!手さえ自由になればこんな奴…!)

春「年下に踏まれて…だらしない悲鳴あげて…情けないね…」

菫(こ、この…!)

菫「くっそデブがぁあああああああああああ!!」ギリッ

春「っ!?」

菫「どうだこの豚野郎!ガキの癖にいっちょ前にでっかい脂肪の塊ぶら下げやがって!うっとおしいんだよこの!!」ギリギリギリ

仁美(僻みたい…自分だってそこそこええ乳しとる癖に)

春「い、いたたたたた…」

仁美「なんだ?菫おまえ何を…ああ。飲み込まれた手ば使っておっぱいに握撃かましとんのか」

菫「潰れろ。豚」ギチッ

春「い、痛い…や、やめ…あううう…」ペタン


340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 17:20:21.82 ID:8RPsYeU80

仁美「おっぱいクロー…なんて身も蓋もない技…」

春「や、やだ…もう…やめ…ちぎれる…」ハァハァ

菫「ふん。だがこんなんじゃ気絶はさせられないよなぁ…?」パッ

春「はぁ…はぁ…い、痛かった…」ギュッ

菫「おや、いいのか?便利な両手を大事な胸を隠すのなんかに使っていて」

春「え…」

菫「もっと大事な首が空いてるぞ」ニヤリ

春「ちょ…」

菫「ほっ!」スルッ

春「かっ!?」

仁美「出たーーー!バイオレンス☆スミレのフロントチョークばーーーい!!」

菫「その呼称止めろ!!」ギリギリ

春「…くふっ…!」ジタバタ

菫「残念。もう逃げられない」ギリギリ

仁美「おっとっせっ!おっとっせっ!おっとっせっ!」


343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 17:24:24.54 ID:8RPsYeU80

春「はっ…!はっ…!ふうっ…!」ジタバタ

菫「…」ギチギチ

春「あ…ふっ…!」ジタバタ

菫「…」ギチギチ

春「くっ…」ジタバタ

菫「…」ギチギチ

春「…」ジタ…

菫「…」ギチギチ

春「…」バタ…

菫「…」ギチギチ

春「…」パクパク

菫「…」ギチギチ

春「…おえっ」

菫「…」メキッ

春「ブクブク」


345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 17:35:17.60 ID:8RPsYeU80

菫「…勝った」スッ

春「」ドサリ

仁美「流石ばい。暴力の権化」

菫「黙れ悪徳の権化」

仁美「さあって。そんじゃあ目的も達成した事やし、その子ん目覚めたらとっとと東京帰るかね」

菫「いいのか?お前の実家九州だろう?折角こっちにきたんなら顔くらい出していけば…」

仁美「そげな日も経っちなかし、気にするこつ無かっち」

菫「まあ、確かにお前に出会ってからまだ4日だが…」

仁美「宮永照の風潮被害倒してから順調たい。今が波の乗り時ぞ」

菫「そうだなぁ。あれから2件ほど解決してるが…っていうか、意外と多いな。風潮被害」

仁美「ん」

春「あ…あれ…私…」ヨロヨロ

菫「気が付いたか」

春「えっと…」キョロキョロ

菫「黒糖ばかり食べていては栄養が偏ってしまうよ?ちゃんとバランスの良い食生活を心がけるように」


346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 17:41:00.58 ID:8RPsYeU80

仁美『さっさと行くぞ。こっちはあんま長居する場所じゃなか』

菫『わかったようるさいなぁ…』

春「あの。貴女は…?」キョトン

菫「…」

菫「…通りすがりのおせっかいさ」

春「はい?」キョトン

仁美「ぶふっ!」

菫「…」カアアア

仁美「くっ…くくく…通りすがり…通りすがりのおせっかいって…」プクククク

菫「う、うるさい!行くぞ羊!」

仁美「わかったわかった。通りすがりの羊はクールに去るメェー」スタスタ

菫「こ、このやろう…!スタスタ

春「…なんだったんだろう。あの人達…」

春「…」

春「…まあいいや。神社のお掃除の仕事の最中だったし。お掃除の続きしよ」


348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 17:46:10.83 ID:8RPsYeU80



春「…」サッ…サッ…


春「…あ」


春「おはようございます」ペコリ


春「…え?体調…ですか?ええ、別にこれといって悪くはありませんけど…」


春「…体重?やだ。私太ってないですよ?」


春「ほら、身体もこんなに軽い」ピョンピョン


春「…胸が揺れるのは仕方ないじゃないですか」ササッ


春「…というか、それは貴女にだけは言われたくないです…」


春「…お出かけですか?ええ、いってらっしゃい。いつも大変ですね」


春「霞さん」


349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 17:47:13.68 ID:8RPsYeU80




「くすくすくす…」




354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 18:01:00.32 ID:8RPsYeU80

菫「それにしても…ここが永水女子のある街かぁ…いや、街っていうより、町?村?」ボーー

仁美「まさか無人駅っちは…電車も1時間に1本とかクラスっちは…」ボーー

菫「お前のとこはもうちょっと発展してるのか」

仁美「大都会たい」

菫「そうかー」ボーー

仁美「そうよー」ボーー

菫「…さっき電車通ったばかりだから、次は…げ。50分後!?」

仁美「携帯ゲームでも持ってくれば持っちくれば良かかねー」

菫「勉強道具は持ってきたけど…この風景の中だとさすがになー」

仁美「糞マジメ」

菫「お前がふざけ過ぎなんだよ」

仁美「…はー。スタバも有るわけで無し。コンビニすら無し…」

菫「確かに喉乾いたな…構内の自販機で何か買うか。何飲む?」

仁美「ん。カフェオレ」

菫「はいはい。待ってろ。今買ってきてやるから」


356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 18:09:35.23 ID:8RPsYeU80

菫「それにしても、はやりんと来れなかったのは残念だったなぁ」テクテク

仁美「んー?なんだってー!?」

菫「はやりんと来れなくて残念だってー!」

仁美「まあ、しょんないー!あん人社会人やし、大事な収録の重なっちしもたからなー!」

菫「だよなー!いや、わかってはいるけどさー!」

仁美「交通費だして貰っただけ感謝せなつまらんーー!」

菫「わかってるってーーー!」

菫「…まあ、それでも、あの人と一緒に戦ってみたいって思いは、中々誤魔化せないんだよな」ボソッ

菫(…だから、せめてまたあの人と一緒に戦えるその日までに、少しでも強く…強くなっておかなくては…)

菫「…っと。自販機の前に着いたか。えーっと、小銭小銭…」ゴソゴソ

菫「…」ピタッ

菫「…」

「…」

菫「…何か、御用ですか?」

「うふふ♪」


358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 18:17:07.22 ID:8RPsYeU80

菫(いつの間に背後に…?さっきまでこの駅は文字通り無人…誰も居なかったはず)

「貴女に…お礼を言いたくて」

菫「お礼?」

菫(…なんだこの感じ。なんだか…物凄く嫌な感じがする。まるで背中に凍りついた鉄柱でも突っ込まれたかのような…)

「ええ。お礼です」

菫「…身に覚えがありません」

菫(この声…どこかで聞いたことがあるような…?)

「いいえ。身に覚えがあるはず。とぼけても、むぅ~だ♪」

菫「とぼけてなんて…」

菫(くっ…!振り向かなければいけないのに、身体が云う事を聞かない…?)

「いいえ。私の大事な分家の子を…風潮被害から救ってくれたお礼、言わなきゃね」クスッ

菫「ふ…」

菫(何!?)

仁美『変身して前に翔べ!菫!!』

菫「っ!?」シャランラ


360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 18:18:59.56 ID:WA0BaSMO0

潰す睾丸はないだろ(震え声)


364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 18:25:14.05 ID:8RPsYeU80

菫「くっ!」バッ

「あら」スカッ

菫「なっ!?何を…」

「ふふ…バレちゃった。結構勘の鋭い子ねぇ。それとも…ふふ。誰かが声をかけてくれたのかしら?」ニギニギ

菫「お、お前は…永水女子の…!」

霞「うふふ♪こんにちわ、弘世菫さん。石戸霞です。さっきは春ちゃんを助けてくれてありがとう」ペコリン

菫「な…今、何を…」

霞「何を…って。ちょっと肩を掴もうとしただけよ?そんなに怯えられても…傷ついちゃうわ」クスクス

菫(なんだ?こいつ…なんか…やばい…!)ゾクッ

仁美『菫!逃げるぞ!』

菫『は!?』

仁美『こいつはヤバイ!』

菫「ヤバイって…」

仁美『こいつは…こいつだけは…!この…この…!』

仁美『この『魔法少女プリティー☆かすみん』だけは危険過ぎるばい!!』


365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 18:26:01.45 ID:WA0BaSMO0

かすみんが魔法少女という風潮


370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 18:32:05.95 ID:cSDX5eNO0

はっちゃんと霞さんが同い年という事実


372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 18:32:53.07 ID:8RPsYeU80

菫「なっ!」

霞「」ニコニコ

菫「ま、魔法少女だとぉおおおお!!?」

霞「あら、もう気付いたの?」

菫「ば、馬鹿な!だって…お前、私も…魔法少女で…!」

霞「ええ知ってるわ。だって、貴女、この間大阪に居たでしょ?見てたもの」

菫「!!」

菫(園城寺怜の時か!)

霞「あれが初めての実戦で…無様な初戦ではあったけど、私の目は誤魔化せない。貴女…『持ってる』わ」

菫「な…」

霞「貴女から感じる才能の塊…強者たるべくして生まれた人間の匂い…闘争の匂い…血に飢えた野獣の匂い…」

菫「何言ってるんだお前…」

霞「貴女なら私の渇きを癒してくれる…一目見てそう感じた…そう。これは一目惚れ…」ジリッ

菫「何を…訳のわからないことを!!」

霞「貴女は知らないの?まだ気付いてないの?分からないの?いいわ。なら教えてあげる。貴女は同じ…私と同じ…そう…」


379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 18:49:43.23 ID:8RPsYeU80

菫「止めろ…!違う…!私はお前とは違う…!同じ魔法少女同士で争いなんて馬鹿げてる!一体何を目的に…」

霞「それは貴女が私と同じ、生粋のドSの才能の持ち主だから!!」

菫「!!?」

霞「くすくすくす!気付いてないの?本当に!?本当に気付いてない!?嘘でしょ!?だって、貴女暴力を楽しんでる!!魔法少女になって良かったって思ってるでしょう!!」

菫「おい羊!魔法少女にも風潮被害はかかるもんなのか!!」

仁美「かからない…が、魔法少女になった時点までにかかっていた風潮被害は、消えない」

菫「!!」

仁美「魔法少女プリティー☆かすみん。九州最強の魔法少女にして、最新の魔法少女。その雷名は全国の魔法少女に響き渡っているという」

菫「九州最強…だと…」

仁美「風潮被害者として暴走5歩手前くらいで既に史上最大級の強大さを誇る風潮被害者だったのを、マジカル☆はやりんが三日三晩かけて取り押さえた化物中の化物」

菫「何!?」

仁美「だが風潮被害を浄化している途中で脱走し、数週間姿を消した後、魔法少女になって世に再び現れた」

菫「…」

仁美「大分浄化されて風潮の力は相当落ちてはいるものの、魔法少女としての才能も高く、新人ながらそこらのベテラン魔法少女数人を軽く凌駕する」

仁美「惜しむらくは、その風潮の凶悪さ故に、血の気が非常に多い事。強い者、気に入った者を見つけると、誰でも嬲ろうとする習性がある…らしい」


383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 19:02:24.51 ID:8RPsYeU80

霞「はい、正解。そうです。私がそのプリティー☆かすみんよ」クスクス

菫「なんだってそんな奴が…」

霞「だから、言ったでしょう?貴女…良いわ…その気の強い眼差し、威風堂々とした態度、知的な風貌、クールな佇まい、スラっとした抜群のスタイル…どれを取っても立派な王者然としていて…それでいてその本質は、ドS」

霞「隠し切れない血に飢えた獣の本性が見え隠れして…だからこそ…屈服させてしまいたい…叩き潰して…這いつくばらせて…泥まみれの顔を踏んで、命乞いをさせたいの…ねえ…わかるでしょ…」

菫「わかるか変態サド女!!」

霞「…良い」ゾクッ

菫「ひっ!」

霞「良いわ…その可憐な花弁のような唇から漏れる、鋭くハスキーな口汚い罵り声…ああ、でもだからこそその声で泣かせたい…鳴かせたい…啼かせたい…哭かせたい!!」

菫「…」ジリッ

霞「逃げられないわよ?ここは私のホーム。どこに逃げようと逃がさない。ふふふ…うふふふ…ふふふふふ…」

菫「…仕方ない…こうなったらもう、覚悟決めるぞ。羊」

菫「…」

菫「…羊?」クルッ

シーーーーーン

菫「あの野郎逃げやがったああああああああああああああああああああああ!!!」


388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 19:13:26.37 ID:8RPsYeU80

霞「…」

菫「あの…あの羊…羊め…羊…くそう…!絶対後で刈る…刈り殺してやる…くそ…畜生…畜生…!」プルプル

霞「えーっと…いい?」

菫「…」

霞「…そんなにテンション下げられるとなんだかちょっと調子が狂うのですけど…」

菫「…いいよ。もうなんだっていいよ。かかってこいよ」クイクイ

霞「えーっと…じゃ、じゃあ、行きます」

霞(なんだか想像してたのと違う…もっとこう…お互い憎悪し合うような…そんなの期待してたのに…)シュン

菫「ん。来ないんならこっちから行くぞ奇乳」

霞「き…っ!?」

菫「先手必勝っ!」バッ

霞「しまっ…」

菫(こいつ、背が私より低い分リーチも短いし、胸がアホみたいにでかいから動きがトロそうだ。なら、まずヒットアンドアウェイで攻めて、冷静さを奪ってみるか)

菫(って訳で、ビンタ!)パーーーンッ

霞「痛っ!?」


392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 19:18:27.38 ID:8RPsYeU80

菫(あれ?)

霞「痛たた…」ヒリヒリ

菫(結構あっけなく入ったな…)

霞「よくもっ!」ブンッ

菫(掴みかかってきた!)サッ

霞「っ!?」スカッ

菫(…思った以上にトロいぞ?)

霞「くっ!」ブンッ

菫「ふっ!」ヒョイッ

霞「またっ!?」スカッ

菫(…念のため、試してみるか)

菫(もう一発ビンタ!)パーーーンッ

霞「あうっ!?」

菫「…あれ?」

霞「う…ううう…」ヒリヒリ


393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 19:24:03.16 ID:8RPsYeU80

菫「…」パーーーンッ

霞「あうっ!?」ヨロッ

菫「…」パーーーンッ

霞「あぐ…!」

菫「…」パパパパパパーーーーン

霞「あ、あふ…」ペタン

菫「…え」

菫(蹲った…)

霞「…」

菫(…罠か?)

霞「…」

菫(…ちょっと腹に蹴りいれてみようか?)

霞「」ウルウル

菫「…気が引けるなぁ」ゴスッ

霞「うぶっ!?…がふ…!」


397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 19:29:43.17 ID:8RPsYeU80

霞「かはっ…けほっ…はぁ…!はぁ…!」

霞「かふっ…!えほっ!えほっ!」

菫「…嘘だろ…」

菫(私が強くなったとか…な、訳…無い…よな…?幾らなんでも九州最強がこんな手応えない訳…)

霞「ふ…ふふふ…ど、どうしたの…お、おいでなさい…こ、この程度じゃ私は倒せ…」ガクガク

菫「膝震えてるぞ」

菫(…結局、噂なんてこんなもん…なのか…?それとも、名を騙った紛い物か…何にせよ、期待はずれで面白くも無い…)

菫(…って、私は何を考えてるんだ)ブンブン

霞「ぐっ…!はぁ…はぁ…!く…だ、駄目…もう立てない…」ペタン

菫「…もう止めにしようか」

霞「はぁ…はぁ…」

菫「…なんか、弱いものいじめな感じでその…気分悪いし…」

霞「ペッ」

菫「…」ビチャッ

菫「…」ビキッ


398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 19:35:45.95 ID:8RPsYeU80

菫「…なんだ?もっと蹴られたいのか?ん?なら今度は背中蹴ってやるよ死ぬほど」ゲシゲシゲシゲシ

霞「ああああああああ!!」

菫「…」

霞「はぁ…はぁ…はぁ…」

菫「…流石にもう駄目だな。これ以上は…」

菫『…はぁ。羊。おい。終わったぞ。なんかやたら弱かった。逃げたの許してやるから戻ってきて…』

仁美『いいから今のうちに逃げろ!!』

菫『はあ?だから、かすみんはお前が言ってたより全然弱…』

仁美『馬鹿!!かすみんはまだ…』

菫「っ!」ゾワッ

菫「っ!?」クルッ

菫「…」

菫(だから…!)

美子「…」

菫(…だからいつの間にお前らは湧いて出てくるんだよ!!)


402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 19:42:34.32 ID:8RPsYeU80

霞「はぁ…!はぁ…!うううう…!うううううう…!!」

美子「…」クイクイ

霞「美子…ちゃん…」

美子「…」ナデナデ

霞「…ふふ。ありがとう。痛いの、撫でてくれてるのね?」

美子「…」コクコク

霞「うふふふ…痛いのが飛んでいきます…」ナデナデ

美子「…」キュー

菫「なんだあいつは…」

仁美『菫!おい!?どげんした!?菫!』

菫『仁美…お前の友人が居るぞ』

仁美『は?』

菫『インハイで私と対戦もした…ええと、なんだったかな。安河内美子さん。彼女が石戸霞のパートナーか』

仁美「なんやっち!?」ガサッ

菫(なんで駅の対面の植え込みに居るんだよ)


404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 19:47:12.08 ID:8RPsYeU80

美子「…」チラッ

仁美「美子…」

美子「…」ジーッ

仁美「…ひ、久しぶり…」

美子「」プイッ

仁美「…っ!」

菫(なんだ?)

美子「…」クイクイ

霞「ん…そうね。ちょっと、遊び過ぎたかもね。結構ギリギリだったわ…ちょっとだけ手加減してくれてたから怪我しないで済んだけど…」

菫「ん?」ピクッ

美子「…」

霞「ふふ…わかったわ。これが終わったら、二人で一緒にチキン南蛮食べに行きましょうね?」ナデナデ

美子「」コクコク

菫(だから、何故お前たちマスコットは共食い(?)をしたがる)

仁美「…菫。気を付けろ」


407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 19:54:37.96 ID:8RPsYeU80

霞「…うふふ。さて…それじゃあ、美子ちゃんに心配をかけちゃったみたいだし…そろそろ本番…行きましょうか…」フラフラ

菫「無理するなよ。一発小突いたら崩れ落ちそうだぞ」

霞「ふふ…気にしなくていいのよ」

菫「…」

霞「終わるのは貴女だから」シャランラ

菫「な…」

菫(馬鹿な!?ま、まさか…まだ変身していなかったと言うのか!!?)

霞「変身!」ピカーーーッ

菫「発光っ!?」

菫(いいなーーーーーー!!)

霞「フレッシュ・プリティー・キャルルルーーン♪」クルクルー

菫「前口上と変身ポーズまで!?」


411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 19:59:23.49 ID:8RPsYeU80

霞「お菓子の国からやってきた、優しい魔法のお姫様♪」キュピーン

霞「ちょっとヤンチャでドジっ子だけど♪」キュピーン

霞「正義の心で悪い子には♪」

霞「お仕置き」クスッ

霞「くすくすくすくす…」ニヤニヤ

菫(非常に悪い顔してる!!)

霞「愛と正義と希望と憎しみの魔法少女、プリティー☆かすみん、ここに推参♪」ビシーッ

菫「…」

霞「…」

美子「…」

仁美「…」

霞(決まった…!)

菫(くっ…!悔しいが格好良い…!!)

美子「…」

仁美(この業界きつい…)


414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 20:04:39.11 ID:nkqZMjPI0

なんだろう・・・むねがくるしいよ・・・


415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 20:09:20.81 ID:8RPsYeU80

霞「さあ…さっきたっぷり甚振ってくれたお返し…その肢体と心に、きっちりと刻み込んであげる」クスクス

菫「くっ…!さっきまで変身もせずに戦ってた…だと?馬鹿な。何のためにそんな事を」

霞「ふふ…ハンデよ」

菫「ハンデ…だと?」

霞「ええ。正直結構ダメージ大きいのだけど…けど、それくらいでもしないと、今の貴女じゃ余りにつまらなすぎるから」

菫「つまらない?」ピクッ

霞「ええ。退屈と置き換えてもいい。サメとメダカくらいの戦力の差があるから…」

菫「…!」ギリッ

仁美(あ、いかん。挑発にがっつり乗っちる)

仁美「お、おい菫。ちょっと冷静にだな…」

菫「…」ゴツン

霞「…くすっ」

菫「…」

霞「…」

仁美(…デコぶつけてメンチ斬り合っちる)


420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 20:22:32.87 ID:8RPsYeU80

菫「随分と舐めた事をしてくれたものだな。聞けばお前も所詮は新人に過ぎないそうじゃないか。九州の片田舎で最強を謳う井の中の蛙が鮫を自称するか。道化が」

霞「あらあら。尻に付いた殻も取れない稚魚の間違いだったかしら?世の中を知らない小物はどちら?」

菫「世界で初めて稚魚に負けた鮫を演じてみるか?自信過剰」

霞「トラウマになるくらい世の中の仕組みを叩きこんであげる。世間知らず」

菫「…殺す」

霞「潰す」

菫「くくくくくく…」

霞「うふふふふ…」

菫「来いよ。小娘。可愛がってやる」ニヤニヤ

霞「おいで。お嬢ちゃん。相手してあげる」ニヤニヤ

菫「…ふふふふふ…」

霞「・・あはははは…」

菫霞「「あーっはっはっはは!!」」

仁美「メ、メェー…」

第四話
「クスクス霞と無言のインコ」 終わり


432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 20:40:28.29 ID:jvlbRozu0

新道寺メンバーはみんなマスコットなのかな


441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 21:13:16.70 ID:37/CoRNp0

>>432
哩さんも人妻風潮があるんですがその辺は……


447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 21:40:14.77 ID:8RPsYeU80

美子「…」

仁美「…」

美子「…」

仁美「…あの」

美子「」プイッ

仁美「…」

仁美「…わかった。話しかけんばい」

美子「…」

仁美「…はぁ」

仁美(いやぁー…参った…)

仁美「…」

仁美(参った参った…)

霞「うふふ…ねえ…もう終わり?ねえ…ねえ…?私まだ30%も出してないわよ?ねえ?」グリグリ

菫「ぐ…うう…この…!顔を…踏むな…!」ボロッ

仁美(まさか、ここまで実力ん差のあっけんっちはねー。やっぱ逃げとくべきやったか)


450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 21:50:55.28 ID:8RPsYeU80

霞「格好悪いわね?あれだけ派手に見栄切って…これ?ねえ…口だけのお馬鹿さん」ゴッ

菫「ぶっ!黙れ…奇乳…気持ち悪いんだよ豚」

霞「顔地べたに擦りつけて言う台詞がそれ?良いわ…身の程をわかってない感じが実に良い…ねえ?ゴミクズさん」グリッ

菫「がっ!」

霞「ふふ…でも…綺麗な顔を踏み躙るのは興奮するけど、あんまり汚したら駄目よね。後でクシャクシャに歪んだ泣き顔を拝むんですもの」スッ

菫(顔から足を退けた…?)

霞「ほら、立ちなさい?仕切りなおしましょうよ」

菫「くっ…」ヨロッ

霞「先手も取らせてあげる」

菫「…後悔させてやる!」

菫(さっきは打撃を全部裁かれた。こいつ、打撃防御が半端じゃない。それなら今度は組み技で仕掛ける!)

菫(おあつらえ向けに向こうは巫女服、柔道着とつくりは大体同じだ。投げ飛ばしてやる!)

菫「獲った!」ガシッ

霞「うふふふ…」

菫(よし!このまま背負投げで…)ググッ


452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 21:58:18.15 ID:8RPsYeU80

菫(あれ…)

霞「うふふ…うふふふふ…」

菫(動かない…)

霞「馬鹿ねぇ…こんな子供騙しの技で…」グイッ

菫「なっ…!」

霞「私に…勝てるとでも…」グググ

菫「ぐあ…」ヨロッ

菫(や、やばい…後ろを向いたまま押し潰される…)

霞「襟が開いてしまったわ。でも、それだけ。うふふふ…寝技に持ち込んで欲しい?…嫌だって言っても押し倒してあげる」ググッ

菫(だ、駄目だ…耐えられ…ない…)

霞「えいっ!」ギュッ

菫「」グシャッ

霞「よいっしょ」ギュッ

菫(胴を脚で挟まれた!)

霞「送り襟絞め」ギュッ


457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 22:05:21.84 ID:8RPsYeU80

菫「…っ!…っ!」ジタバタ

菫(喉…!締められ…っ!)

霞「えいっ♪」コロン

菫「ぐえっ!」

菫(仰向け…!まず…い…)

霞「…」ギュー

菫「かっ…」

菫「が…ぁ…」バタバタ

菫「…」

菫「」カクン

霞「はい、また私の勝ちですね」スッ

菫「ひゅっ!?こふっ!けほっ!えふっ!」

霞「くすくすくす」

菫「はぁ…!はぁ…!はぁ…!」

仁美(一方的過ぎる…ああやっち落としたりダウンする度に技ば解いて仕切り直させるとよ。これは心の折れる…)


459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 22:14:54.96 ID:8RPsYeU80

菫「こ、このぉ…!」フラフラ

霞「ふふ…良いわぁ…まだ心が折れないのね…殺意が消えないのね…良い…良いわ…貴女」

菫「ふ、ふらへんら…」ヨロヨロ

霞「今回は味見だけのつもりだったのに…食べ過ぎちゃうかも…」クスクス

菫「ら、らめんら…」

仁美(駄目やん。もう呂律も回っちなか…今すぐにでも奴から逃げなかっち、壊さるる)

霞「さあ、次はどうする?また殴りかかってくる?それとも、組み合う?寝技はお勧めしないわ。私の得意分野だから」クスクス

菫「あ…う…」ガクッ

霞「あら。それとも…ここで終わってしまうの?」

菫「~~~っ!」ガリッ

霞「っ!」

菫「…いて」ツーッ

霞「…くふ…くふふふ…くふふふふ…!舌を噛んで気付け…!!やっぱり最高…!!」

菫「…ふん」ゴシッ

菫(さて、どうしたものか…)


464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 22:23:43.96 ID:8RPsYeU80

霞「さあ…次は何して遊ぶ?ほら…ほら…ほら!」

菫(ちょっと…今の私じゃ手に負えないなぁ…こいつ)

菫「五月蝿い小娘が。ちょっと待ってろ、今直ぐにお前に屈辱を味あわせてやるから」

霞「まあ!怖い!」クスクスクス

菫(むかつく…!!)

霞「…いいわ。なら5分だけ待ってあげる。けど、もしその間に何も思いつかなかったら…そうね。もう貴女、いらないわ。魔法少女を引退させてあげる」

菫「…っていうのは」

霞「犯して…壊して…捨てるの」

菫「…ふん。いつまでも余裕の上に胡座かいてると、足元を掬われるぞ。天狗」

霞「ふふふ…じゃあ、今から5分…」

菫(ふぅ…)

菫(…もしこれで相手が羊みたいな奴だったら…)チラッ

仁美「…」ソワソワ

菫(1分くらいしたら問答無用で襲いかかって来そうだが。まあ、この糞生意気な餓鬼ならそんな事はしまい。性格的に)

菫(その間に、何か奴に一泡吹かせる策を練らなくては…)


468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 22:30:45.32 ID:8RPsYeU80

霞「1分経過ー」

菫「…」

菫(殴りに行ったら捌かれる。投げに行ったら潰される。組んだら寝技に持ち込まれてアウト。極め技…?どうやってそこまで持ち込むかもわからないな)

菫(…魔法は、消しゴムのカスを好きな場所に飛ばせる、だっけか。使えん)

菫(…割かし詰んでないか?これ)

菫「…」

霞「2分経過ー」

菫(ここは…やはり、癪だがなんとか逃げて後日リベンジだ。絶対に地べたに這い蹲らせて土の味を叩きこんでやる)

菫(…逃げる策…かぁ)

霞「3分ー」クスクスクス

菫(逃げる策…どうやって逃げる?走って逃げる…?いや駄目だ。あいつの機動力がわからんし、第一ここはアウェーだ。土地勘が無い場所で逃げ果たせる相手では無い)

霞「ふふふ…4分…」

菫(だったら、ここはやはり…)

霞「4分30秒」クスッ

菫(…電車か)


470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 22:40:04.61 ID:8RPsYeU80

霞「29ー」

菫(次の電車は…カウント終了の3分後か。中々良いタイミングだ)

霞「25-」

菫(結構経ったんだな。遊ばれていたとはいえ、奴相手によくここまで無事で入れたものだ)

霞「20-」

菫(だが、カウントが終わったら本気で来るかもしれん。いや、あの口ぶりと性格からして、絶対に来る)

霞「15-」

菫(3分…保たせて、隙を作って電車に乗り込む。いけるか?)

霞「10」

菫(…いや。それだけでは駄目だ)

霞「9」

菫(電車に一緒に乗られたら詰む)

霞「8」

菫(電車に飛び乗り、同時に奴が乗り込めないように仕向ける必要がある)

霞「7」


472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 22:44:09.26 ID:8RPsYeU80

菫(それまでに組まれたら終わりだな)

霞「6」

菫(ここは無様でも距離を取って応戦するしかない…か)

霞「5」

菫(…よし。来いよ。糞アマ)

霞「4」

菫(そっちが全力で来るなら)

霞「3」

菫(こっちだって全力で相手してやる)

霞「2」

菫(精々気を付けるこった)

霞「1」

菫(うっかり喉元食い千切られんようにな)

霞「ぜ…」

仁美「メェッヘッヘッヘーーーーーーーー!!!」


474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 22:50:10.98 ID:8RPsYeU80

菫「」ズルッ

霞「…へ?」

仁美「動くなきさんらー!」

菫「きさんらって…私も?」

霞「もう…何よ羊ちゃ…ああっ!!?」

菫「…」

菫「…おお…もう…こいつは…」ガックリ

仁美「こんおなごしん命は預かったーーーー!!」グイッ

美子「…」

霞「美子ちゃん!!」

菫「お前…」

仁美「おおーっとぉ!動くんじゃねぇ!一歩でも動いたらこん女の大事な冠羽がバッサリよ!!」シャキーン シャキーン

菫(どっからハサミ出した)

霞「やめて!威嚇でもやめて!!お願いだから!!」

仁美「動くんじゃなかぁあああああああ!!」シャキシャキシャキシャキシャキシャキ シャキーン


477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 22:57:25.70 ID:/FA+spSC0

羊先輩ゲスすぎわろた


483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 23:08:20.65 ID:8RPsYeU80

霞「いやああああああああ!!」

菫「お前…その子、チームメイト…」

仁美「メェエエエエエッヘッヘッヘーーーー!!」

霞「やめて!お願いだから!ねえ!!」

仁美「なら交換条件…分かっとるよなぁ?ええ?」

霞「くっ…!わ、分かったわ…あなた達にはこれ以上手を出さないから…」

菫(こっちが完全に悪役だ!?)

仁美「おおん?手を出さないから?随分と強気に出たもんたいなぁ?あん?」

霞「こ、この…!」プルプル

菫(やめろ!無駄に挑発するな!)

仁美「手を出さないで下さいお願いします…やろ?」メェー

霞「て、手を…出さないで…下さい…!おっ!ねっ!がい…っ!しますっ!!」プルプル

菫(くっ!悔しいが超気持ちいい!!今回ばっかりはちょっとだけ褒めてやる羊!!)

仁美「メェハァッハァアアアア!!」

ガタンゴトンガタン…


484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 23:13:19.27 ID:8RPsYeU80

プッシュー

霞「」ギリギリ

菫「…電車、来た」

仁美「ふん…ならば行くぞ菫。王のように。勝者のように」

菫「…なんか、すまん」ペコリ

霞「次は…殺すわ…」

菫「…」

霞「…はっきりと分かった。やはり貴女…くだらない。あんな羊如きに助けられて…そんなゴミ…要らない…」

菫「…お前はその羊に一杯食わされたけどな」

霞「っ!!」

菫「…ふん」

霞「…覚えてなさい。弘世菫」

菫「覚えておいてやるよ。プリティー(笑)かすみん」

霞「っ!!」ギシッ!!

仁美「おい!早く乗れ!」


485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 23:17:44.74 ID:8RPsYeU80

菫「…次は殺す?ふん…それはこっちの台詞だ。覚えてろ」

霞「…雑魚が調子に乗るな」

菫「…」クルッ

ドアガシマリマース

仁美「…」ドン

美子「…」ヨタヨタ

霞「…大丈夫?」ギュッ

美子「…」ピトッ

プッシュー

菫「…」

ガタン…ゴトン…ガタン…

菫(…次は殺す…か)

菫(悔しいが、今回は完敗だ。力も、技も、経験も…)

菫(…だが、覚えてろよ。糞女。今度会った時こそは…)

菫「…私が勝つ」ボソッ


490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 23:25:51.26 ID:8RPsYeU80

菫(絶対に今より強くなって…お前を叩きのめして…這い蹲らせてやるからな…)

菫「…ふう」

仁美「…ふう」

菫「…仁美。すまない、今回は助かったよ。とっさの機転だったな。必死に策を考えたが、結局逃げるまでの時間稼ぎにすらならないような手段しか思い浮かばなかった」

仁美「だろうっち思っとったんたい」

菫「…そうか」

仁美「ばってん今回はお互い様ちゃ。うちも他に色々やっちみたの、結局時間内までには不発やったし」

菫「ん?」

仁美「いやぁ、まあ、でも結果オーライか?多分今頃…くくくくく」

菫「…どうした?何か他に策が有ったのか?凄いな。私には全然思いつかなかった。参考までに教えてくれないか」

仁美「メッヘッヘ…よかよか。今頃きっと面白かこつになっちるし、特別に教えてやる」

菫(面白い事?)

仁美「ちょい耳を拝借」

菫「う、うん…」

仁美「ヒソヒソ」


492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 23:33:31.23 ID:8RPsYeU80

菫「お前…」

仁美「メヘヘヘ。どうよ。最高だろう?…って、ん?どげんした菫。頭抱えて」

菫「今回は完敗だ…!」

仁美「ん?あー…まあ仕方なか。奴は特別たい。やけん今度は喧嘩売るにしてからも、もうちょっと与し易い奴だけ選んで因縁付ける事に…」

菫(完敗だ!力も、技も、経験も…!)

菫(そしてなにより…)チラッ

仁美「まあ、このうちの叡智さえあらば、大抵ん奴はなんげななるっち思うのなー!」

菫(パートナーの性根において!!)ガックリ

仁美「メーーーーヘッヘッヘーー!!」


494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 23:40:18.74 ID:8RPsYeU80

駅のホーム

霞「ごめんね?美子ちゃん。私がついあんな女に夢中になっちゃったせいで、貴女を危険な目に遭わせてしまって…」

美子「…」フルフル

霞「…ありがとう、優しいのね…」ギュッ

霞「…」

美子「…」ナデナデ

霞「…ふふ。私、駄目ね。美子ちゃんにはお世話になってばかり」ギューッ

美子「…」

霞「…おねえさんキャラ…たまに、しんどいな」

美子「…」

霞「…」

美子「…………あ」

霞「!」

美子「…あの…ね」

霞「…」


497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 23:44:23.40 ID:8RPsYeU80

美子「あのね」

霞「…」

美子「おないどし…だから…」

霞「…」

美子「あまえても…いい…よ…」ポンポン

霞「…」

霞「…ありがとう」ギュッ

美子「…」ナデナデ

霞「…」ギュー






505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 23:52:41.85 ID:8RPsYeU80

「あれー?どげんしたの霞ちゃんそげんな破廉恥な格好でーー」

霞「へっ!?」ガバッ

「あらー。どげんかっかで見た格好のべっぴんさん居るって思っよーねぇ、石戸さんとこん霞ちゃんこつせんかー」

「隣の子は都会の子かねー?ぎやまん付けとるねー」

霞「え?えっ!ちょ…ご、ご近所のご老人会のみなさん!?」

「霞ちゃんおっぱい見えちょるじーー」

霞「え…あ…きゃあ!?」ババッ

「立派に育ったなぁー。こっさめ来た頃まだこーんなちっちゃかったちー」

「霞ちゃん小さい頃から田吾作さんとこの牛っこの乳好きだったからー」

「じさま方、そりゃ『せくはら』言じゃっとよー」

「おお、横文字ー」

「ハイカラやのー」

霞「な、なんで皆さんがここに…」

「んー?なんかなー。羊のカッコしたつ変な子がこっさめに外人さん来ちょるじーーって言うもんじゃからよ~」

「サイン貰おうかと」


506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 23:55:46.26 ID:/3eAwkxJ0

そして鹿児島はど田舎という新たな風評被害が


509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 23:59:30.82 ID:8RPsYeU80

「うちの孫撫でて貰っよーねぇ健康に育つかと」

霞(やられた!!)

「まあ、霞ちゃんが元気そうで良かったわー」

「そうだねー」

「霞ちゃん煮豆食べるかい?」

「うち寄ってイモ食ってけ」

「おはぎあるよ」

霞(なんで田舎の御老人は人に物食べさせるの好きなわけ!?)

「焼酎」

「こら!まだ霞ちゃん娘っ子じゃろが!」

「あれ~?じゃっどっけかー?」

「まあええ、ええ。20も18もワシらの歳なっよーねぇ一緒たい」

「それもそだなー。村の集会所空いちょるじゃろか?宴会しごつ」

「じーーし!そんじゃ今日は霞ちゃんのおっぱいのますますの発展と健康を願って!」

「飲むどー!」


513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 00:11:06.34 ID:NLd2svOC0

霞「ちょ…わ、私は…」

「ほれ、そこな都会っ子も」

美子「」オロオロ

霞「ま、待って下さ…」

「今年はええ酒出来たんだどー」

「あら、ゴンベさんとこん焼酎今年いいんかい!そら楽しみだなー」

「じゃっどなー」

「神代さんとこん神主さんも呼ぶかー」

「だーなー。神様んとこん子のおっぱい見よーねぇ神主さんも呼ばんとな」グイグイ

霞(ひいいいいい!?)ズルズル

「ん~だもこ~ら~い~けなもんな~♪」

「あっそーれ♪」

「集会所カラオケあったよなー」

霞(お、覚えてなさいよーーー!!弘世菫!!それと、羊ーーーーーー!!!)ズルズル

第五話
「誓いの霞と決意の菫」 終わり


514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 00:14:27.34 ID:NLd2svOC0

尚、原住民の方々はもんじろうに鹿児島弁が無かったので宮崎弁で代用した模様。あと胡散臭い謎の方言を適当に作って混ぜ混ぜ
ネイティブの人、怒らないでね

もう今日終わりかなー?けど、ちょっと目休めてから判断する


515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 00:18:10.20 ID:xbqb2bFRO

おつおつ


516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 00:18:46.84 ID:WspNv7jSP



そういえば、霧島神宮駅は有人駅(深夜早朝のみ無人)なのに
あたかも終日無人駅であるかのような風潮被害が…


518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 00:20:31.03 ID:bgizQkAh0

おっつおっつ
鹿児島はなんか秘境みたいなイメージあったわ


521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 00:22:49.30 ID:dy3EmfoP0


次はどんな子が出てくるのか楽しみだ


528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 00:59:06.42 ID:76JsThp1O

おつ


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。