スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棚町薫「アタシが〝薫〟と呼ばれる理由」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1348839510/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 22:38:30.18 ID:AdcMIM2k0

中学生時代


橘「ご、誤解だって! 僕は決して…っ!」

棚町「誰だってそう言うのよ、こういうときは絶対にね」

橘「違うよ! いや、違わなくも無いけど……でも、絶対にそうとは言い切れないって!」

棚町「へェー、じゃあ認めるのね?」

橘「ち、ちがっ……そうじゃない! そうじゃなくてッ!」

棚町「……アンタの意見はもうどうだっていいの、このアタシがいる時点で」

棚町「アンタの罪はもう決まったも当然」

橘(ぐぉっ……な、なんなんだこの娘っ…!?)

棚町「いいから、大人しくそれなりの……アタシからの対処を受けなさい」ズチャッ…

橘「ひっ…!」

棚町「この、ストーカーッ!!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 22:39:17.25 ID:AdcMIM2k0

数分前

駅前ゲーセン

橘(……ふぅ)

橘(確かこの辺に来てたはずだ、後ろ姿しか見えなかったけど…)

橘「…居るのかな、この近くに」

橘「少し、探してみるか……この辺は僕も詳しいし」すた

どんっ

橘「───あ、すみません…!」

「あ、こっちこそすみませんっ」

橘「前を向いていなかったもので……」

棚町「まあ、こっちも見てなかったので……」

橘「ん?」

橘(あれ、この髪型どっかで見た事あるような……)ちらっ

棚町「…?」

橘(………。あ、輝日東中の核弾頭!!)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 22:40:04.25 ID:AdcMIM2k0

橘(近辺の中学生、男女問はず名を知らないものは居ない──……あの有名な豪快女じゃないか!)

棚町「………」

橘(残した伝説は数知れず、ムカツイた男子を歩道橋から突き落としそうとしたり!
  何も関係のない女子を転校にまで追いやったと言われる中学生の悪魔ッ……!!)

橘(……えーと、それで、名前はなんて言ったんだっけ?)

棚町「…まあ、いいわ。ちょっとアンタに聞きたいことがあるんだけど、いいかしら?」

橘「うぇっ!?」びくぅ!

棚町「…うぇ?」

橘「あ、あははっ……いや、なんでもない! 何でもないよっ!」

棚町「あ、そうなの…? 変なやつね」

橘(あ、危なかった…! 変にご機嫌損ねたら、僕まで何をされるかわかったもんじゃないよ…っ!)

棚町「…それで、ちょっと聞きたいんだけど」

橘「は、はいィ! なんでしょうかっ!?」

棚町「……この辺で、ここまでの髪の長さの女の子。見なかった?」ちょんちょん

橘「え? えーっと、女の子…?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 22:44:30.54 ID:AdcMIM2k0

橘(この辺までって……結構短いよな、そんな子いたっけ?)

棚町「ま、知らないっていうならそれでいいわよ」

橘「あ、うん……ごめん、別に僕は見かけてはない……かな?」

棚町「そっか、ん、まあてんきゅ。それじゃあこれで」

橘「う、うん」

棚町「…ったく、どこ言ったっていうのよ恵子は」すたすた…

橘「………」

橘(誰か探してるのかな? ここのゲーセン、けっこう広いし…)

橘「……あのっ」

棚町「……ん? なに?」

橘(あ、なに呼び止めちゃってるの僕!?)

棚町「……なによ?」

橘「あっ……えっと、あのその…!」

棚町「……」じぃー

橘(めちゃくちゃ見られてる…! そりゃそうだ! 呼び止めたの僕だもの!)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 22:48:40.18 ID:AdcMIM2k0

橘「あのー……その、ゴクリ……ぼ、僕も!」

棚町「僕も?」

橘「───僕も一緒に、探そう……かな?」

棚町「は?」

現在

棚町「覚悟しなさいよッ!」

橘(それからどうしてこの流れになったんだ……)

棚町「最初からな~んか、怪しかったのよね~……このアタシを見る目つきとか、まるで品定めしてるよな感じでッ」

橘「し、品定めって……!」

棚町「いいからおとなしくしてなさい、警備員着ちゃうじゃない…その前に一発、腹にドカンと……」すた…

橘「うひっ…!?」

橘(こえええ! 恐いよ! これが普通の女の子が出していいオーラなの?!
  僕は絶対に、これからさきこんな恐い女の子は出会わないはずだよ…! くそ、なんとして切り抜けなきゃ…!)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 22:53:55.04 ID:AdcMIM2k0


橘(……ッ! どうする、まずは何をしてくるか確認を───)

ゴビュッ!

橘「……!?」

棚町「───あら……」すた…

橘(な、なんだっ…!? 今の速さは…!)

棚町「…避けるのね、やるじゃない」

橘「っ…!」

棚町「アタシの回し蹴りを避けるのは───……ふふっ」

棚町「アンタが初めてよッ!」ブン!

橘「うわあああっ!?」ひょい

棚町「ッ…そう躱すと思ってたわ! おりゃっ!」ぎゅるびゅる

橘(何!? 回転蹴りで行った威力を抑えること無くまたその場にて回転…!
  そして勢いに乗ったまま、力強く放つその左手は……!)

ブン!

橘「───ごはぁっ!?」ドス!


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 22:59:22.56 ID:AdcMIM2k0

棚町「……ヒ~トッ!」にやっ

橘「ぐっ……」よろ…

棚町「…嘘、耐えるんだ、ひゅ~♪」

橘「……っはぁ!」

棚町「………」

橘(…い、今の拳の重さはなんなんだよ…バケモノかよ、女の子なのかよ本当に…!)

棚町「だけど、そんな対応じゃー…アタシの気も少し、晴れないわね」

橘(ああ、よかった…! お腹の中に、三冊分お宝本を隠しておいて…! だいぶ、衝撃が薄れたよ…!)

棚町「………」すっ

橘(だけど──この次が来る、次はお腹以外にくる可能性だってあるはずだ……!)ババ!

棚町「…逃げないのね」

橘「ッ……あ、当たり前だよ! 言われもないことでっ、振るわれる暴力にっ…!」

橘「僕はっ……決して屈しないのだから!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:04:42.03 ID:AdcMIM2k0

橘「………」

棚町「………」

橘(───でも、どうして僕…ストーカーって呼ばれてるんだろう…)

橘(んー、なにが行けなかったのかな……もしかして、彼女に僕が)

橘(今日はどんな悪事を働いてるの? とか、今日はどれだけの男子を泣かしたの?)

橘(とか、言ったからかなぁ……え、でも不良とかってそれを誇りに思ってるとか漫画に書いてたようなきがするんだけど…)

棚町(コイツは絶対にそうだわ……! 最近、アタシの後ろで視線を感じる正体…!)

棚町(しかも、コイツが言ったこと全部……最近アタシがやったこと言い当ててるし、なによ…どうして男子を殴ったこと知ってるのよ…)

棚町(ちょっと酷くやりすぎちゃったから、誰にも言わないようソイツに強く言っておいたのにッ……)

棚町&橘(とにかく、コイツは危険……ッ!)

橘「……くっ」

棚町「くっ……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:08:48.09 ID:AdcMIM2k0

橘(と、とにかくヤラレっぱなしはダメだ…! なにか打開を得る場面を作り出さないと…!)

橘「……僕は、ひとつだけお前に言いたいことがある!」

棚町「……なによ」

橘「お前は……」

橘(えーと、何を言おうかな……)

橘「───そんなんじゃ、探してる人には会えないぞ!」

棚町「ッ……!?」

橘(こ、こんな感じかな…? そ、そうだよ! こんな風に騒ぎを起こしてしまったら、
  探し人にも逢えるはずなんてないよ、絶対に…!)

棚町(こ、コイツッ……! 恵子の場所を知ってるの!?
   もしかして、アタシがどれだけ探しても見つからない理由って……もしかしてっ!)

棚町「……良い度胸ね、アンタ」

橘「え?」

棚町「いいわよ、受けて立ってあげる……このアタシが目の前に居るんだから、そんなフザけたことはしなくもいい……」ぎりりっ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:12:25.27 ID:AdcMIM2k0

橘「………」

橘「え?」

棚町「その腐った人格を……このアタシの拳で、叩きなおしてあげるから…ッ」

橘「え、ちょ、まって!」

棚町「問答無用ッ!」

橘「ふぇっ!?」

棚町「アンタをボッコボコにした後にッ……恵子の居場所も、吐いてもらうわよっ!」だっ

橘「ひぃいい!?」


「───きゃあっ!?」


棚町「っ……!?」ぴたっ

橘「っ……ひぃいっ……」がくがく…

棚町(この声……恵子、の声よね…?)

棚町「───恵子っ!? どこにいるのっ!?」ばっ


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:15:15.61 ID:AdcMIM2k0

たったったった!

橘「ううっ…顔だけは、顔だけはやめて……」

橘「……ん? あれ?」きょろ…

橘「……」

橘「どっか、居なくなった…?」

~~~~~

棚町「恵子っ!?」

「や、やめてくださいっ…」

男子「ねえ、いいじゃん? 暇なんでしょ?」

「だ、だから私は友達と待ち合わせをしててっ…」

男子「なーにいってるの、どこにも居ないじゃん。それにここまで付いてきたんだから、それなりの…ね?」

「う、ううっ……」

棚町「………居た…」ズンズン…


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:18:15.67 ID:AdcMIM2k0

「で、でもっ…」

男子「ね? ほら、こんなゲーセンよりもいいところ知ってっから───」

棚町「──それなら、アタシも知ってるわよ…この場所よりも、良い所」

男子「え?」

「あっ……」

棚町「それは……こんな場所よっ!」ぐいっ!

男子「うわぁっ!?」

どん!

棚町「………」

男子「なッ……ちょっ…お前ッ…!」

「あ、か、薫……!」

棚町「もう大丈夫よ、恵子。アタシがついてるから」

田中「あ、うん…!」

男子「なん、だよッ……お前! 力強っ…!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:22:08.13 ID:AdcMIM2k0

棚町「…どうしかしら? そろそろ良い所にいけるんじゃなくて?」

男子「がっ……ぐっ…」ぐいっ

棚町「無駄よ、アンタみたいなヒョロヒョロに…解けるような力じゃー無いわよ」

男子「や、やめっ…!」

棚町「ええ、やめてあげる。だけど、アンタが知ってる情報を全部吐きなさい」

男子「意味がっ…わかっ…!」

棚町「………」ぐりっ

男子「うぎっ…!?」

棚町「───良いから、無駄なことは言わない」

田中「っ…っ……っ…」おろおろ…

男子「ッ…!」

棚町「早くしないと、気を失うわよ。答えるなら縦に一回、答える気がないのなら横に一回首を振りなさい」

男子「…ッ……」

棚町「どうしたの、早く」

「───おーい、まだナンパしてるのかよ…早く、ってうお!?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:25:31.01 ID:AdcMIM2k0

「なになに~? はやく次の所にいこうって~…」

「み、見ろよ…! なんか捕まってるぞ!」

「ええっ!?」

棚町「……仲間?」

田中「ふぁっ…?」

男子「けほっ……た、助けてくれ!」

「……おい、なにやってるんだお前」

棚町「…いいわね、もっと聞き出す相手が増えたじゃない」ぱっ

ドサ…

「だ、大丈夫…!?」

男子「ゲホッ…カホッ…! 急にソイツが掴みかかって…!」

男子2「どういうことだ、お前。こいつが言ってることは本当か」

棚町「………」

女子「ひ、酷い…ねえ! 警察呼ぼうよ警察!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:28:40.53 ID:AdcMIM2k0

棚町「………」

男子2「いいから答えろ、どうしてこんなことをした」

棚町「それはアンタ達が答えることじゃないの?」

男子2「はぁ…?」

棚町「アンタ達が何を隠してるかは知らない、だけど…」

棚町「…アタシは絶対にそれを聴きだして、全力でそれをぶっ潰すだけ」

女子「…何言ってるの?」

男子2「………」

棚町「…いいから吐きなさい、さもないと」

男子2「──調子に乗ってるんじゃない、ふざけるな」

棚町「っ……」

男子2「意味わんねーこと言ってるんじゃねーよ」

棚町「ハッ……反抗する気?」

男子2「………」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:31:09.34 ID:AdcMIM2k0

田中「か、薫……!」

棚町「…アンタは早く、誰か呼びに行きなさい」ぼそっ

田中「えっ…!?」

棚町「いいから、早く」

田中「で、でも…」

棚町「良いから!」

田中「っ………う、うん……」

たったった…

男子2「…あの子をどうして逃した」

棚町「さあ? その倒れてる奴に聞けばいいじゃない」

男子「けほっ……」

男子2「お前、なにかやったのか?」

男子「……な、なにも…」

棚町「しらばっくれてんじゃないわよ……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:34:00.61 ID:AdcMIM2k0

男子「っ……」

男子2「…俺が知ってるのは、さっきの女の子をナンパしてたことしか知らない」

男子2「もし、それがしつこいようだったのなら……謝る」

棚町「………」

男子2「だが、ここまでやられるようなことをしてないのなら……」ずいっ

男子2「──いくら女だからって、許さねえ」

棚町「…へぇ、いい度胸ね。それってなに、仲間意識ってやつ? 笑えるわね」

男子2「…殴るぞ」

棚町「こっちも殴るわよ」

男子2「……」

棚町「……」

女子「ちょ、アンタらやめなって…!」

棚町「──先手必勝……」ばっ

男子2「なっ……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:37:08.43 ID:AdcMIM2k0

棚町「…とりあえず、寝ときなさい!」ぶぉっ

「───ちょいと待ったぁ!」

棚町「っ…!?」

男子2「……!?」

「待った待った! 待つんだそこの人た……ごはぁっ!?」ドサ…

棚町「あ…反射的に殴っちゃった」

男子2「……」

「…痛いよ! どうして殴るんだ!?」

棚町「あ、アンタが急に前に出てくるから悪いんでしょ!?」

橘「違うよ! お前が拳を止めてから前に出たろうちゃんと!?」

棚町「そ…それでも! アタシの喧嘩に割って入ったことは罪に決まってるじゃない!」

橘「罪ってなんだ罪っ! お前は神様にでもなったつもりかよ! 僕はだな、ただ、こんなことを───」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:41:25.07 ID:AdcMIM2k0

男子2「…なんだ、お前」

橘「だから違うって! ……ん、僕? それは逆に僕が聞きたいよ! お前誰だよ!」

棚町「あんたも仲間なんでしょ!? ……言ってやりなさいよ、コイツ邪魔だって!」

男子2「え、ええっ!?」

橘「なんだよ…! 君をかばったせいで僕は殴られたんだぞ!」

棚町「あんた仲間ならコイツどうにかしなさいよ! 邪魔なのよさっきから!」

男子2「…? …!?」

橘「邪魔ってなんだよ! せっかくお前の喧嘩を止めようとしたのに!」

棚町「ハァッ!? 誰がそんなこと頼んだのよ! 」

橘「誰も頼まれてない! ただ、僕がやろうと決めただけで!」

棚町「あーわかった! そいつらに頼まれたんでしょう!? それで後からアタシを罠にはめるために…!」

橘「はぁっ!? なにいってるんだこの…!」

棚町「あ、あんたこそ何言って…!」

男子2「……………」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:45:44.34 ID:AdcMIM2k0

橘「………」バチバチバチ

棚町「………」バチバチバチ

男子2「…お、おい」

橘&棚町「ああんっ!?」

男子2「……いや、なんでもない」

橘「あ! ほら、そうやって相手をビビらせるから無駄な喧嘩になるんだろ!?」

棚町「なにをわかったような口、聞いてんのよゴラァ…! 元はといえば、全部あんたのせいでしょ!?」

男子2「………」

「──あのーよ、そこのヤツ。ちょっといいか?」

男子2「……え?」

「どうも聞いた限りだと、こんな雰囲気だとは思はなかったんだが…まあ、いいぜ」

梅原「ちょいと、顔。貸してくんねえかな? あ、いや。別に喧嘩しようってワケじゃない」

男子2「…アイツらの知り合いか?」

梅原「おう? んー、どうだがなぁ……まあ、片方は知り合いだな」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:49:57.61 ID:AdcMIM2k0

橘「それだから核弾頭とか呼ばれるんだよ! 悪魔!」

棚町「……死にたいらしいわね、ありがとう、その名前で呼んでくれたのを感謝するわ」ゴキ!

男子2「…よくわからないが、大変だなお前」

梅原「しゃーなしだ、友達だからな」

梅原「というわけで、こんな感じでいいか?」くる

田中「う、うん……ありがとう! 梅原くん…で、いいんだよね?」

梅原「おう、同じクラスの子の頼みって言われちゃー断ることなんてできやしねえぜ」

田中「なんてお礼をいったら……」

梅原「いいってことよ、後はキチンと俺に任せな」

梅原「……とりあえず、田中さん。あんたはあっちのことを任せたぜ?」

橘「うぉおおおおおおお!!」

棚町「ぐっ……やるわねアンタ!! 負けないわよ!!」

田中「う、うん……出来るかな私に…」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:53:01.92 ID:AdcMIM2k0

数十分後

橘「はぁっ……はぁっ……」

棚町「はぁっ……ふぅっ……」

田中「…あの」

橘「…ま、まだだ…っ」

棚町「そ、そうねっ……」

田中「じゃあ、次の勝負に入るの…かな?」

橘「あ、ああっ……ジャッジを頼むよ……田中さん…!」

棚町「け、恵子っ……後、ジュース買ってきて……!」

田中「え? あ、うん……炭酸でいいの?」

棚町「いや、最近出た限定品のトマトジュースで……いいから…」

田中「わ、わかったよ…橘くんもなにかいる?」

橘「み、水で……!」

田中「うんっ」たったった…


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:57:27.28 ID:AdcMIM2k0

橘「……いい子だね、田中さん」

棚町「……当たり前でしょ…狙うんじゃないわよ」

橘「し、失敬な! 僕はそんなホイホイと女の子を狙うようなっ…!」

棚町「っはー……わかってわよ」

橘「え…?」

棚町「そんなこと、こんな馬鹿らしいことやってれば嫌でもわかる」

橘「…どういうこと?」

棚町「………」

橘「お、おい」

棚町「……ひとつ聞いていいかしら」

橘「なんだよ…?」

棚町「アタシって、もしかしてなにか勘違いしてる感じ?」

橘「…はあ?」

棚町「だ、だからっ…その、なんかいつもと違うなって思うワケよ! こう…スッキリしないっていうか…!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:01:47.12 ID:ZpTncF010

橘「…何言ってるんだよ」

棚町「っ……なんでもない、わよ」ぷいっ

橘「……?」

田中「──あ、薫~! ごめんね、限定品のトマトジュースなかったからラーメンの缶詰を……」

棚町「恵子!」

田中「は、はいぃっ!?」びくっ

棚町「…か、帰るわよ!」ぐいっ

田中「えっ? えっ?」

棚町「いいから! とにかく帰るの!」

田中「えっ、でもっ……!」

棚町「ぐっ……」

橘「………」

棚町「そこのアンタ!」

橘「な、なんだよ…」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:05:07.21 ID:ZpTncF010

棚町「っ~~~~~! …な、名前…」ぼそぼそ…

橘「は? もっと大きな声で言ってくれ」

棚町「っ……アンタの名前! 教えなさいよ!」

橘「…え、ええ…それはちょっと…」

棚町「なんで嫌がるのよ!?」

橘「う~ん……」

田中(…薫の聞き方が悪いって思うんだけど…言ったら怒られるだろうな)

棚町「いいから早く! 言いなさい! あと学年も!」

橘「うっ……し、仕方ないなぁ…」

橘「───橘純一、三年だよ」

棚町「…へ? 同じ学年?」

橘「そうだけど」

棚町(年下だと思ってた…)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:09:57.51 ID:ZpTncF010

橘「それでこんなこと聞いてどうするんだよ?」

棚町「っ……な、なんでもない、とりあえず聞いただけ…よ」

棚町「そ、それじゃあ! 帰るから! ついて来ないでよ!」

橘「だ、だから別に僕はストーカーじゃないって!」

棚町「…フン!」

田中「あはは……またね、橘くん」ふりふり

橘「あ、うん…またね田中さん」

橘「………」

橘「…なんだっていうんだよ、本当に…あいてて…頬が、痛いよ…ぐすっ」

梅原「───波乱がありそうだな、うむうむ」

橘「うおわぁっ!? う、梅原!?」

梅原「よう! 元気か大将!」

橘「げ、元気かって…この顔を見てみろよ、元気にもなれそうにもないから」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:12:51.17 ID:ZpTncF010

梅原「おう……すっげー赤くなってやがるな」

橘「うん……絶対に明日、腫れてるよねこれ」

梅原「まあ言うだろ? 怪我は男の勲章だってよ、なあ大将?」

橘「時代を考えてくれ…」

梅原「ははは、それでそれで……ちょっとばかし橘にお願いがあるんだが」

橘「…ん、なんだよ?」

梅原「ジュース三本分の代金、もらおうか?」

橘「へ?」

~~~~~~~

橘「……もうからっぽだよ…」

梅原「しかたねーだろ、ちゃんと説明しなかったお前が悪い」

橘「だ、だからってさ~…普通は殴ってくるか? おかしいだろ?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:17:57.09 ID:ZpTncF010

梅原「いや、それでも橘が悪いぜ? ……相手はあの中学の悪魔だぞ」

橘「…うん」

梅原「そんなヤツ相手にまともにやっかむ方が罪ってもんだぜ?」

橘「……んなこと、わかってるよ僕だって」ごにょごにょ

梅原「はぁ~……いーや、わかってないな橘は」

梅原「───今回のことで、お前は相当なことをやっちまったんだよ」

橘「……どういうことだよ」

梅原「はぁー……いいか? 大将、俺はお前のことを大層信頼してるし、そこまでの男だと思ってるつもりだ」

橘「あ、ありがとう……なんだよ、気持ち悪いな急に…」

梅原「ああ、だけどよ? こういった場合、お前さんはどうなっちまうのかってのは……俺にもさっぱりわからねえんだ」

橘「つまり?」

梅原「つまり、俺もわかってない」

橘「…何が言いたいんだよ、お前は」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:22:09.21 ID:ZpTncF010

梅原「まあ、頑張れってこった!」ばしんっ

橘「いっ…!?」

梅原「…大丈夫だって、お前ならなんだってやって退けるだろ? な? うん?」

橘「……い、意味がわからない! どうして僕は叩かれた!」

梅原「あっはっはっは! それじゃー家まで競争だ!」だっ

橘「なっ…ちょ、お前部活やってるんだから卑怯だぞ!」

梅原「剣道部舐めるなよー!」だだだだだ!

橘「くそっ…待て! さっきのジュース代のワケを教えてもらおうか!」だっ

橘(あーもう、どうして今日はこんな目に…! 僕はただ…)

橘(…あの子の姿を、見に来ただけだっていうのに!)

橘「待て! 梅原ァー!」ダダダダ!

~~~~~~
学校

橘「おはよー」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:30:30.49 ID:ZpTncF010

ユウジ「おはようさん」

橘「おう、今日もお宝本か?」

ケン「あったりめーだろが」

マサ「俺らに油断はありえない」

橘「…後で僕も参加させてくれ」

ユウジ「ああ、良いぞ! 橘の目利きは俺らは信頼してるからな!」

ケン「そうだな、今度またお宝本説明会を開いてくれよ」

マサ「男子はこぞってやってくるぞ、絶対に」

橘「ああ、まかせろ!」

ユウジ「…ところで、その頬の湿布は何なんだ?」

橘「……うん、聞かないでくれると嬉しいよ」

ケン「ま、まさか…! 前に言っていたローアングル探偵団の実行を…!?」

マサ「ヒュ~♪」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:34:08.74 ID:ZpTncF010

ユウジ「ど、どうして俺を誘わなかった!?」

橘「……」

橘「───それは、お前らにはまだ荷が重いからだよ!」

ユウジ&ケン&マサ「なん、だと……?」

橘「言うべきか、言わざるべきかと悩んでいたが……ふふ、しかし、ここは男同士の約束にて結束された仲間…」

橘「…僕も正直に言うが、お前らにはまだ早いんだ!」

ケン「くっ…橘がいうと説得力があるぜ…」

マサ「ああ、だなっ…!」

ユウジ「なるほどな…それで、お前は一体全体…誰にそのローアングルアイを行ったんだ?」

橘「え?」

ケン「気になるな、教えろよ橘」

マサ「参考程度に教えてくれ!」

橘「あ、うん……えっと、あはは…! それはねぇ~…うーん…」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:38:19.92 ID:ZpTncF010

橘(やばい、適当に答えたらえらく期待されてしまった…どうする!?)

橘「う、うーん……それは内緒かな?」

ユウジ「おいおい、橘ともあろう男が……出し惜しみだと?」

ケン「わかちあおうぜ、その勇姿をよ」

マサ「大丈夫、俺らにはわかってるよ」

橘(なんだよその生暖かい目は…! コイツら、絶対に僕が失敗して殴られたと思ってるな!)

橘(くっそ~…見てろよ、そしたら、適当に誰か名前をあげて…あっと言わせてやるからな…!)

橘「あ、ああっ…! いいだろう、じゃあ言ってやろうじゃないか!」

ユウジ「おお! 誰なんだ一体?」

橘「う、うん! それはだな! 同じクラスの蒔───」


「───失礼するわよー!」がらり


橘「……ん?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:41:28.17 ID:ZpTncF010

ユウジ「…誰だ? こんな今朝に五月蝿いやつだな…」

ケン「お、おい…馬鹿!」

マサ「……!」

ユウジ「あわわわっ…!」

ケン「…なんで、このクラスに…!」

マサ「ひぃいっ…!」


「──………」きょろきょろ


ユウジ「…だ、誰か探してるぞ…!」

ケン「エモノだ! 獲物を探してやがるんだ!」

マサ「誰だよ…あの核弾頭を怒らせた奴は…!」

橘「………………ちょっと、僕、トイレに行ってくるね」ダラダラダラダラ…


「───あ、居た」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:44:39.39 ID:ZpTncF010

橘「ッ……!?」びくぅ!


「───探したわよ、ヘェ…やっぱ三年だったんだ。知らなかったわね」


橘「………」ダラダラ…


「───何よ、さっきからそっぽ向いて……こっち向きなさいよ、アンタ」


橘「……な、なんだよ…僕に何の用だよ!」

棚町「んー? 別に? 特に用なんてないけど…あって欲しいの?」

橘「い、いやっ……そうじゃなくて、そうじゃなくて! どうして僕を!」

棚町「だから、特に意味ないってば」

橘「う、嘘だ! あ、あれだろ!? 昨日のことで……!」

棚町「………昨日のこと?」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:48:43.41 ID:ZpTncF010

棚町「……あ、あー! 昨日のことね! うんうん! そういえばそうだったわ!」ぽんっ

橘「…え?」

棚町「いやー、アタシって基本馬鹿だからさー。色んな事忘れちゃうのよね、あははー」

橘「あははーって…嘘だよね? 昨日のこと忘れるとかありえないよね…?」

棚町「うーん、アタシにとってけっこう日常茶飯事のことだし……アタシが覚えてるのって」ちらっ

橘「っ…?」

棚町「んふふ───……アンタの顔ぐらいよ、本当に」

橘「…は?」

棚町「そういうコトだから、今日の放課後開いてるでしょ?」

棚町「ちょっと付き合いなさい、一緒に行きたい所あるからさ」

橘「へ…? いやちょっと待って…!」

棚町「いいから、いーから、ね? そんじゃまった~」ふりふり

がらり…ぴしゃっ


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:51:54.86 ID:ZpTncF010

橘「…………」

橘「……なん、だったんだ一体…」

ユウジ「……お、おい」

ケン「あ、ああ……」

マサ「た、橘……」

橘「…え? なに?」

ユウジ「お前…もしかして、あの棚町薫に……」

ケン「…手を出したっていうわけじゃ…」

マサ「な、ないよなっ! なっ!?」

橘「……ええっ!? 何言ってるの!?」

ユウジ「っ……すっげええええええ! 橘! おま、お前!」

ケン「あの悪魔にローアングル決めやがったとでも言うのかよ!」

マサ「大物だ……怖いもの知らずだ…命が惜しくないとでもいうのかよ!?」

梅原「───ちぃーす、どうした、今日も元気だなお前ら」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:55:20.08 ID:ZpTncF010

ユウジ「梅原ァ!? 聞いてくれよ…! 橘が命惜しくないんだってさ!」

梅原「は?」

ケン「死ぬ気なんだってよ! 止めてくれヨォ!」

マサ「お前なら出来るだろ! コイツを止めることをよ!」

橘「い、いや…お前ら勘違いっていうか…その、ちょっと黙っててくれ五月蝿いから!」


「ねえ、今の訊いた…?」

「橘くん、自殺するの…?」

「というか棚町さん、橘くんのこと誘ってなかった…?」


橘「っ……ほら! 黙って! 勘違いが広がる前にさ!」

「───ねえねえ、橘くん」

橘「っ……あ…!」びくっ

「さっきのって、薫だよね?」

橘「……あ、うん。そ、そうだよ…うん」

橘「───蒔原、さん…」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:59:41.36 ID:ZpTncF010

蒔原「へー、やっぱりそうなんだ。ふーん」じっ

橘「うぐっ……えーと、なにか言いたいことでもあるのかな…?」

蒔原「ううん、べっつに~……なんだかちょーっとだけ、なんだけど」

こそ…

蒔原「……悔しいかなって、思ってさ」ぼそ

橘「えっ……?」

蒔原「あははー」

橘「そ、それって……」

梅原「だぁーから! お前らさっきから何言ってるんだって!」

ユウジ「うめはらァ…! 惜しいやつをっ…! 惜しいやつをッなくそうとしてるんだぞぉ~…!」

ケン&マサ「橘ぁー!」だだっ!

橘「え…? あ、ちょ…お前ら! こっちに走り寄ってくる────」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:02:10.93 ID:ZpTncF010

放課後

橘「……」


「…ねぇねぇ、どうなるんだろうね?」

「うんうん、気になるよねー!」


橘「……」


「来るのか……あの悪魔が…」

「来るだろう…絶対に……」


橘「……」


「ううっ…橘ァー」

「…もういいってそのノリ」

「どうしてそこまで橘が好きなんだよお前」


橘(なんだろう、この注目されてる感じ……!)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:05:07.68 ID:ZpTncF010

橘(いや、わかるけどね。あんな今朝のことがあったんだから…! そりゃ放課後に注目されるのもわかるよ!)

橘(…だけど)ちら


「…おい、アレが橘か?」

「ひょろひょろしてんな、本当にアイツなのかよ」


橘(っ…どうして他のクラスの人達も僕を見に来てるわけ!? どうしてさ!)

梅原「よう、大将」

橘「う、梅原……」

梅原「おう、なんていうかよ」

橘「う、うんっ…」

梅原「……」ぐっ

橘「人事だと思いやがって……ッ!」

梅原「あっはは、すまんすまん……だがよ、俺が言ったとおりじゃねーか」

梅原「───いやはや、とんでもねえことしちまったな? 橘?」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:08:37.27 ID:ZpTncF010

橘「…僕はまったく意味が分からないよ…!」

梅原「大丈夫だ、俺もわかってねーから」

橘「……」

梅原「…まあ、とにかく、俺が大将に居ることはこれぐらいだ」

橘「…え?」

梅原「色んな道を、見てこいってよ」

橘「…う、うん…?」

梅原「それだけだ、俺に言えることはそんだけだよ」

梅原「…んじゃ、帰るわー。頑張れよ~」すたすた

橘「えっ、お、おい…! どういう意味だよ梅原…!」がたっ

梅原「自分で考えろって、お前ならわかるってもん──」

がらり

梅原「──って、おう!?」

「──残ってるでしょうね!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:13:06.07 ID:ZpTncF010

橘「っ……!」

梅原「──おう、棚町さんよ…アイツならそこにいるぜ」

棚町「あん? ……アンタそういえば、昨日ゲーセンに居た…」

梅原「お、覚えててくれてんのかい? 嬉しいねぇ」

棚町「…いや、違う。恵子がちょっと頼ってたやつじゃない、なに、恵子とどんな関係よ!」

梅原「ええっ!? そこ疑われてる感じ!? い、いやっ…俺は部活の集まりでちょっと話す程度でよっ…!」

棚町「…本当にぃ~?」じっ

梅原「本当だって!」

棚町「…ま、信用してあげなくもないけど。とにかく、恵子に酷いことしたら許さないから」

梅原「だからしねーって…!」

棚町「ま、そんなことより! ……ん~、あ! いたいたっ」

橘「っ……」びくっ

棚町「なによ、用意万端じゃない。立ち上がって待っててくれたの? んふふ」

橘「えっ? いや、そういうことじゃなくて…これは」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:17:00.56 ID:ZpTncF010

棚町「いいのよ、恥ずかしがらなくって。このアタシに誘われたんだから、期待しても仕方ないわよね~」

橘(…正直、行きたくないとは言えない…!)

棚町「それじゃあ、さっそくだけど。行っくわよ~」ぐいっ

橘「えっ…? ちょ、まって…!」

棚町「カバンは置いて行きなさい、どうせ中身なんて入ってないんでしょ? わかるわかる、アタシもそうだからさ~」すたすた

橘「そ、そうじゃなくって…!」

棚町「…なによ、なにかまだいいたいことでもあるわけ?」

橘「い、いや…その、お前は一体なにがしたいんだよ…?」

棚町「…さあ?」

橘「へ?」

棚町「知らないわよ、そんなこと考えてないし。ただただ、やりたいことだけをやってるだけ」

棚町「───アタシという女に、行動する理由はやりたいって気持ちだけよ?」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:19:52.31 ID:ZpTncF010

橘「……馬鹿なの?」

棚町「さぁー? んじゃ、聞きたいことは終わったみたいだし、行くわよー」ずりずり…

橘「おおっ…! 力、強っ…!」

棚町「それぇー!」

びゅんっ!

橘「うわぁああああああああああああああああ!!」


ぱたん

「…おお、連れて行かれた…」

「きゃー! 棚町ってば大胆!」

「安らかに眠れ……橘…」

「お前の残したお宝本は…俺らが後生大事に使ってやろう…」

「うむ……」

蒔原「…………」

梅原「…はっ、やっぱ面白いなぁ大将は」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:34:22.07 ID:ZpTncF010



棚町「───着いたわよっ」

橘「はぁっ…! はぁっ…! こ、ここは…っ?」

棚町「見れば分かるじゃない、ファミレスよファミレス」

橘「い、いやっ…わかるけど! そうじゃなくてどうしてここにっ…!」

棚町「いーから、入るわよ黙って!」

かんからーん

橘「えっ、ええっー! どうして僕が……」

~~~~~

棚町「んー、どれにしようかしらね~……あ、これとか美味しそうじゃないっ」

橘「…おい」

棚町「ん、なーにー?」ぺら

橘「…どうして僕をココに連れてきたんだよ」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:38:31.19 ID:ZpTncF010

棚町「ちょっとね、食べたかったものがあるのよ実は」

橘「食べたかったものって……」

棚町「その商品はちょっとアタシ一人じゃ食べれないものでさ、だからアンタも連れてきたってワケ」

橘「いやいや、どうして僕なんだよ。だったら…田中さんでもいいじゃないか」

棚町「ダメよ、恵子は。というかアンタ……どうして恵子の名前知ってるの?」

橘「え? だって元同じクラスだし…」

棚町「へェー、そうなんだ。ふーん」

橘「…なんだよ、さっきの梅原みたいに僕を怒るつもりか? 言っとくけどな、あの時も行った通り…」

棚町「知ってるわよ、そんな男じゃないって言いたいんでしょ?」

橘「あ、うん……覚えてるじゃないか」

棚町「だっから行ってるじゃない、アンタのことなら覚えてるって」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:47:40.94 ID:ZpTncF010

橘「お、おう……」

棚町「んふふ、そういうことっ」

橘「っ……」

橘(なんだよ、そういうのちょっと卑怯だと思うよ!)

棚町「…ん~、やっぱり余計なモノ頼むと食べれなくなりそうね、これだと」

橘「…おい、一体何を頼む気なんだ」

棚町「来れば分かるわよ……すみませーん、注文いいですかー」

橘(…なんだろう、一体何を頼む気なんだ…?)

~~~~~~

店員「おまたせしましたー、超ラブリーエキサイティングプロレスパフェです」

ドンッ!!

橘「……っ!?」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:51:17.29 ID:ZpTncF010

店員「ごゆっくりどうぞ」

橘「えっ……あ、はい……」

棚町「さぁー食べるわよ~」

橘「ちょ、ちょっと待て! これって一体…!?」

棚町「パフェじゃない」

橘「パフェだね! い、いやそうじゃなくって…これ、なんていうかその~……」ちら

橘「……うっ…」

橘(なんだかこう、カップル御用達のっ…! イチャイチャするようなパフェじゃないかっ!?)

棚町「なんなの、アンタって甘いの嫌いなタイプ?」

橘「えっ? す、好きだけど…」

棚町「じゃーいいじゃない、食べましょ食べましょ」

橘「んぐっ……で、でも! その……お前、気づかないのか…? 周りの視線とか…っ」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:55:17.33 ID:ZpTncF010

棚町「べっつにいいじゃない、アタシ達が普通に食べてればそれでさ~」

橘「ええっー……」

棚町「言っとくけど、これ割り勘だから」

橘「なにっ!?」

橘(ね、値段はっ!? ……なんだこの値段は!? 酷いよ! 流石にこれは酷い!)

棚町「ぱくぱくっ……早くしないと、アタシが全部頂いちゃうわよ~?」もぐもぐ

橘「あっ……く、くそっ…!」

橘「っ……し、仕方ない! 据え膳食わぬは男の恥だ!」ぐっ

棚町「ふっひっひ~、いい度胸ふぉほうひゃふぁい!」

橘「い、イチゴは僕のものだぞ! 食べ過ぎだ!」

棚町「ぱくぱくぱく」

橘「あー! バナナはだめだよ! 僕が食べるから! もぐもぐ!」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:01:20.21 ID:ZpTncF010

~~~~~

棚町「──ふぃー……もう、当分甘いモノは食べなくていいわ~……」

橘「うっぷ……僕も一生食べなくてもいいかも…」

棚町「くっく、だめね~…それじゃあ」

橘「お前……よく食えたな、こんだけの量を…僕、半分も食べてないぞコレ」

棚町「だって女の子だし、甘いモノは別腹よ別腹」

橘「…そういうものか、だめだ座ってるのもキツイ」ぱたん

棚町「ぎょーぎが悪わね、牛になるわよ?」

橘「牛になってもいいよ……というかもう、生クリーム食べ過ぎで本当に牛になりそうだ…」

棚町「…しょうがないわね、んしょっと」ぱたり

橘「……」

棚町「……ん、なに?」

橘「…いや、机の下で視線が合うのって不思議な感じがして…」

棚町「ふふ、そうね…確かに」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:04:56.57 ID:ZpTncF010

橘「多分だけど、周りの人とか店員とか……行儀の悪いか、カップルと思われてるぞ…」

棚町「…そおーかしら?」

橘「そうだって、二人してソファーに寝転がってるんだぞ? 対向かい側でさ」

棚町「んふふ、言われてみれば確かにそうかも」

橘「……なぁ」

棚町「ん」

橘「結局…お前って何がしたかったの?」

棚町「どーいうこと?」

橘「…こうやって僕を教室から釣れだして、みんな僕達のことに注目してただろ」

棚町「そうだっけ?」

橘「そうだよ、そして今朝のこともそうだし……そしてファミレスに連れてきたこともだ」

棚町「………」

橘「…なんだよ、言えないっていうのか」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:08:52.46 ID:ZpTncF010

棚町「…やっぱり、意味が無いとだめ?」

橘「だ、だめだ」

棚町「どうしても?」

橘「どうしてもだっ」

棚町「……特に、意味なんて本当に無い」

橘「嘘だ」

棚町「ホントよ、アンタを連れだしたのも…こうやってファミレスに来たことも」

棚町「───ただただ、アタシの興味本位でやったこと」

橘「ただの興味で、人を釣れ出すことが出来るのか?」

棚町「ふふん、それが棚町薫って女よ?」

橘「…大した自信だ、だけど自慢になってない」

棚町「…かもね、ふふっ」

橘「……」

棚町「あ、でもっ! ここのファミレスに連れてきたことは…ちゃんと理由はあるわよ?」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:13:37.95 ID:ZpTncF010

橘「…ちゃんとした理由?」

棚町「そそそ。それはね…ほら、アタシたちの学校ってバイト禁止じゃない?」

橘「…そうだな」

棚町「それでさー、高校になったら色々なバイトしようと思ってて~。まずは下調べってのをしたかったのよね」

橘「ここで働くつもりなのか?」

棚町「うん、そのつもり。だからまずはその場所の名産品って奴を味わってみたかったの」

棚町「…そうすれば、ここはどういう場所なのかなってわかったりするし、それに店側に印象が残ったりするじゃない」

橘「…確かにな。こんなデカイの頼めば印象にも残るだろうさ」

棚町「そーいうのも含めて、ちょっとここには来ておきたかったのよ。
   だから恵子とはこれなかった感じ、だって男女じゃなきゃアレ頼めないし」

橘「………」

棚町「まあ、理由も言わず連れてきたことは……うん、きちんと謝る。ごめんなさい」

棚町「…だけど、やっぱり、来たかったのよ。ちゃんとね」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:18:00.74 ID:ZpTncF010

橘(…なんだよ、色々とぶっとんだ思考を持ってると思えば…
  ちゃんとした考えも持ってるんだな。意外…でも無いか、普通に考えれば)

棚町「…それに」

橘「…うん?」

棚町「………」もじ

橘「…なんだよ、どうした?」

棚町「……アタシだって、その……恥ずかしかったわよっ…こういうのっ」

橘「えっ……?」

棚町「だ、だからっ…………パフェとか、男子と二人で食べたこと無いし……」

棚町「その…………けっこう、照れるというか……うん、そんな感じ! いーーーだっ!」んべっ

橘「いーって……いやいや、恥ずかしいなら頼むなよ」

棚町「ふんっ」ぷいっ


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:22:56.87 ID:ZpTncF010

橘「……はぁ、まあいいよ」

棚町「え?」

橘「僕はそれで納得してやる。お前はお前で、それなりの理由があった」

棚町「う、うん」

橘「だから僕をココに連れてきて、パフェを一緒に食べた」

棚町「そ、そんな感じ」

橘「じゃあそれで納得する」

棚町「…納得しちゃうの?」

橘「いいってば、嘘だったとでも言うのかよ」

棚町「う、嘘じゃないわよ!」

橘「うん、じゃあそれでいいじゃないか。僕は信用するから、お前の言ってること全部さ」

棚町「………」

橘「ん、なんだよ。なんか変なこと言った?」

棚町「……アンタって、その」

棚町「……ううん、やっぱり、なんでもない……うん」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:28:12.31 ID:ZpTncF010

棚町「…………」

橘「……?」

橘(なんだよ、急に黙って……変な空気になっちゃっただろ。
  変なことを言ったと思ったのなら、怒ればいいものの…いや、怒られる意味が分からないけど)

橘「というか、それよりもたち───」

店員「───お客様」

橘&棚町「はいぃいっ!?」ばっ

店員「店内でおくつろぎの所、申し訳ございません。ですが、当店は他のお客様の目がある為…もう少し」

橘「わ、わかりました! すみません!」

棚町「あ、あははっ! どーも! ごめんなさい~!」

店員「いえいえ」にこ

すたすた…

橘「……」

棚町「……」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:32:09.56 ID:ZpTncF010

橘「…その、で、出るかもう?」

棚町「…そ、そうね…目的の物は食べたし」

橘「……」

棚町「……」

橘「じゃあ、先に出てくれ……僕が払っておくから」

棚町「えっ…?」

橘「お勘定、僕が払うよ」

棚町「はっ? いや、だって割り勘って言ってたじゃない…」

橘「…いや、僕だってちょっといい経験ができたんだ」

棚町「へ? 経験?」

橘「う、うん……だって、僕だって初めてだったから」

橘「お、女の子とっ……一緒に、パフェ食べたの」

棚町「………」

橘「そういうことだから! 先に出てくれ、なっ!」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:36:30.13 ID:ZpTncF010

棚町「……ぷ、なにそれ、アンタ本気で言ってるの?」

橘「な、なんだよ! お前だって、恥ずかしがってただろ!?」

棚町「だからって……全部払うとか、なに、男らしさアピールそれ?」

橘「ぐぬぬっ……払ってやらないぞ、そんなこと言ってると!」

棚町「あはは~! では、おねがいします~」たたっ

橘「くっそ……なんだよ、正直に言えばからかいやがって」

橘「………」

橘「……なんだよ、本当に」

橘「…よくわからないな、アイツも…」すたすた

~~~~~~

棚町「ごちそーさまですっ」

橘「うむ」

棚町「本当に奢ってくれるなんて、なになに、アンタっていいところの坊ちゃんなの?」

橘「…違うよ、たかろうとしても無駄だからな」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:41:16.56 ID:ZpTncF010

棚町「そんな人を悪女みたいに言わないでくれないかしら、これでも筋が通った根性のある女よアタシ?」

橘「………」

棚町「うっ……なによ、その目は…!」

橘「別に、僕はなにも言ってないよ、ただ見つめてるだけだから」

棚町「な、なんか言いたそうにしてるじゃないっ! その感じの眼は!」

橘「べっつにー…」すたすた

棚町「んぐっ……この、背がアタシより小さいくせにっ」

橘「っ」カチン!

棚町「…あ、もしかして気にしてた?」

橘「───男にとって、女の子から背を馬鹿にされることは屈辱なんだ……」

橘「……幾ら僕でも、怒るときは怒るぞ!」

棚町「あはは~」

橘「笑って誤魔化すな!」

棚町「だ、大丈夫よ! こ、これからがあるじゃない! …もう三年だけど」

橘「ぐぉー!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:46:21.19 ID:ZpTncF010

橘「おまっ…お前!
  そういえば三年って行った時、驚いてたよな!? そうか背が小さいから年下だと思ってたのか!?」

棚町「ひゅ、ひゅ~……♪」

橘「口笛へたくそ! くそっ…悪かったな! 僕の家系は背がみんな小さいんだよ!」

棚町「そ、それは……ご愁傷様です」

橘「哀まれた!? なんだこのっ……!」

「──あ、純一~!」

橘「…え? この声は……」

橘「───……梨穂子?」

梨穂子「う~ん! こんばんわ~、学校の帰り~?」

橘「うん。そうだけど……梨穂子も帰りか?」

梨穂子「そうだよ~、ちょっと街に用があってね~……あれ?」

棚町「……」

梨穂子「あ、棚町さ~ん。こんばんわ~」

棚町「…こんばんわ」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:49:36.96 ID:ZpTncF010

橘「あれ? 知り合い?」

梨穂子「同じクラスだよ~、ね?」

棚町「…そうね」

梨穂子「え、えっと~……その、えへへ」

橘「おい、お前……なんだよ、いきなり素っ気ないな」

棚町「……ちょっとアンタ」ぐいっ

橘「な、なんだよ…うおっ!」

棚町「……あの子、桜井さんよね」

橘「そ、そうだけどっ……?」

棚町「…友達? アンタと?」

橘「お、幼馴染みだよっ…それがどうした…!」

棚町「…ふーん、そうなんだ」ぱっ

橘「……?」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 02:55:35.49 ID:ZpTncF010

梨穂子「…? ……?」

棚町「──あ、ごめんなさい桜井さん。急に変な空気出しちゃってさ~」

梨穂子「あ、うん……大丈夫だけど、純一こそ棚町さんと知り合いなの?」

橘「えっ? 知り合いっていうか…うん、なんというか…」

棚町「ただの知り合いよ」

梨穂子「え? そうだんだ、けっこう仲良良さそうに見えたけど~…?」

橘「…おい、何を疑ってるんだ梨穂子」

梨穂子「ふぇっ!? あ、うんなんでもないよっ! うんうん!」

棚町「あのね桜井さん、コイツの言ってる通りアタシらはなんの関係も───」

店員「───お客様~! 超ラブリーエキサイティングプロレスパフェを頼んだお二人様~!」

店員「完食の場合に出される、景品のほうを貰われてないようですけどー!」

棚町&橘「……」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 03:00:20.07 ID:ZpTncF010

梨穂子「……あれ? なんだかあの店員さん、純一と棚町さんの方を見てる気がするんだけど…あれ?」

棚町「…逃げるわよ」

橘「…ああ、今僕もそう思ってた所だ」

梨穂子「えっ?」

棚町&橘「うぉおおおおおおおっ!」

ダダダダダダダダ!!

梨穂子「ひぁっ!?」

店員「──あ、逃げた! 完食カップル二人、逃走! 追跡用バイト準備!」

店員ab「ラジャー!」

店員「射ッーーーーー!!!」

店員ab「ゴオ!!」ズバッシュッ!

梨穂子「ひゅわぁっ!?」

ダダダダダダダダ!!


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 03:04:06.56 ID:ZpTncF010

梨穂子「……な、なんなだっの一体…?」ぽかーん

~~~~~

橘「はぁっ……はぁっ……まいたか?」

棚町「しっ!」

「どこへ行った……絶対に逃さん!」

「探さなければ、俺達がどやされる!」

橘「……」

棚町「……」


ダダダダダダダダ……


棚町「───行った、見たいね……ふぅう」

橘「な、なんだあの人達は……えらく執拗に追いかけてきたけど、そこまでする必要はあるのか一体…!」

棚町「…あそこのファミレスは情熱が凄まじいのよ、噂に聞いてたとおりね」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 03:08:04.41 ID:ZpTncF010

路地裏

橘「…えらい所にバイトする気なんだな、お前」

棚町「…だってソッチのほうが楽しいじゃない」

橘「よくわからないよ…僕には」

棚町「うふふ、でしょうね」

橘「……というか完全に逃げなくても良かったんじゃなかこれって、
  そもそも梨穂子に変に疑われることを避けるために………」

棚町「………」じっ

橘「ん、なんだよ僕のこと見つめて」

棚町「…アンタってさ、こう、なんていうのかしら」

橘「なんだよ」

棚町「……面白いやつよね、やっぱ」

橘「馬鹿にしてるのか」

棚町「そうじゃない、そうじゃなくて……」

棚町「……上手く言えないけど、最初に会った時から初めてな感じがして…」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 03:12:47.97 ID:ZpTncF010

橘「そりゃそうだろ、初めてなんだから」

棚町「………」

橘「……おい、なんだよ。もしかして走りすぎて具合でも悪いのか?」すっ

棚町「っ……」びくっ

ばしっ

橘「いたっ…!」

棚町「───あ、ごめんっ…!」ばばっ

橘「お、おう……?」

棚町「ごめん、急に手を叩いて…」

橘「いや、僕の方こそ変に近づいて悪かった……」

棚町「う、うんっ……だけど、アタシも何も叩かなくても…」

橘「気にし過ぎだって、お前はそういったやつだろ? 僕もキチンと理解してるよ」

棚町「……うん」

橘「おう、それにしても凄い力だなぁ~…なにか鍛えてるのか?」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 03:16:11.44 ID:ZpTncF010

棚町「別に……得には……」

橘「へえ、そうなんだ」

棚町「………」

橘「……いや、本当に大丈夫か? 具合悪いんなら、無理せず家に…」

棚町「……ねえ、アンタ」

橘「ん、なんだよ」

棚町「アンタってさ……その」

橘「うん?」

棚町「────好きな人、いるの?」

橘「………」

橘「え?」

~~~~~~

自宅

橘「ただいま~」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 03:21:26.92 ID:ZpTncF010

美也「おっかえり~、にぃに、」

橘「ん」ずい

美也「なにそれ? おわぁっ!? こ、これってあそこのファミレスの有名な…!」

橘「それ食べてきたんだ、そしたら貰った」すたすた

美也「でもあれってカップルじゃないと食べれないんだよ!? に、にぃにもしかして……」

橘「梅原と食べた」

美也「……なにそれー」

橘「あはは」

美也「期待しちゃったみゃーに謝ってよ! もうっ~……あ、美味しそう。クッキーなんだねこれ」

橘「美也が食べていいよ、全部」

美也「ほんとっ! にっしし、にぃに好きだよー」すたすた…

橘「ったく、こんな時だけ言いやがって……」

橘「………好き、か」

~~~~~

橘「ど、どういうこと?」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 03:29:44.25 ID:ZpTncF010

棚町「そのままの意味よ、アンタって好きな人……いるのかってコト」

橘「っ……どうして、お前がそんなこと気にするんだよ…?」

棚町「いいから、答えて」

橘「……」

橘(ど、どういうことだ…? え、もしかして僕に……ちょっと好意を寄せてるってことか!?
  どうして!? 何があってそうなってるの!? いや、でも恋は唐突にってよく言うしな……)

棚町「……」

橘(この思いつめた表情……間違いない、これは僕に恋をしている表情だ!)

橘(なんて僕は罪づくりな男なんだろう……こんな悪魔とまで謳われた女の子を…ふふ、恋に落とさせるなんてさ!)

橘(…だが、僕はこれでもれっきとした男。そして、きちんとした日本男子!
  女子に恥をかかせるべきでもないし、そして自分の気持ちに正直にならなければならない!)

橘「……居るよ、好きな子」

棚町「っ……本当に、居るの?」

橘「ああ、居るよ」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 03:40:36.21 ID:ZTSHTSSR0

棚町「そうなんだ、居るんだ好きな奴……」

橘「……」

橘(ああ、居るんだ……僕には好きな子が。そしてそれは───お前じゃない)

橘(三年になってからずっと憧れていた、あの子……僕はあの元気な笑顔を見るだけで、それだけでいいのだから)

棚町「…でも、その好きな奴とは付き合って無いんでしょ?」

橘「えっ? あ、うん……まだ僕の片思いだけど?」

棚町「…そう、よね。どうもそれっぽいし」

橘「……?」

橘(まさか! 付き合ってないのなら、アタシにもチャンスはあるわよね!? 的な流れ!?
  なん、だと……そんなこと、お宝本でしか聞いたこと無いよ!?)

橘(そうなると、僕は……いやいや待て待て! 橘純一! しっかりしろ! 僕の好きな女の子は一体誰だ!?)

橘(その子のためなら、なんだってすると決めていたはずだ! だから……よし、ここはちゃんとお断りを…っ)


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 03:46:35.65 ID:ZTSHTSSR0

橘「あの! たなま───」

棚町「──わかったわ、よし!」

橘「…うえ?」

棚町「そういうこっとね~……うんうん、アタシもお人好しね~ほんっと」

橘「…えっと、どういうこと?」

棚町「とにかく、アタシの中で整理は着いたわ。これでアンタ…にたいして引け目無く」

棚町「これからちゃんと付き合っていけると思う」

橘「…はい?」

棚町「だーかーら、こう……なんていうのかしら。さっきみたいにさ、誰彼に勘違いされるときに」

棚町「表立って、嘘偽りなく、アンタの……トモダチだって言えるってコト!」

橘「トモダチ?」

棚町「そそそ! 友達、友達よアタシと」くいっ

棚町「アンタはねっ」

橘「…友達…」

棚町「いや?」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 03:51:39.52 ID:ZTSHTSSR0

橘「嫌じゃないけど……ええっ!? 友達!?」

棚町「そーよ? やっぱりこういうのって、中学生だと恥ずかしいノリかしら?」

橘「いや、そういう訳じゃなくてっ……友達? なの?」

棚町「しつこいわね……嫌なら嫌ってハッキリ言いなさいよ」

橘「………」

棚町「………」

橘「……よ、よろしく」

棚町「よろしくっ」

~~~~~~

自宅

橘「はぁー……何だったんだ、本当に…」

橘(あのあと、店員に見つかって無理やり景品渡されたけど…あっちはあっちで…)

橘(嬉しそうに景品貰ってるしさ……意味がわからないよ)


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 03:58:11.23 ID:ZTSHTSSR0

橘「……でも、友達…か」

橘「アイツ、どうして僕に…友達なんて言ってきたんだろう」

橘「……全くわからない」

橘「……友達、か」

~~~~~~

風呂場

棚町「………」

棚町(──あー…本当今日は疲れた、人生の中で一番疲れたかも)

棚町(まあ、でも、それなりに収穫はあったし…ま、いっか)

棚町「………アイツってば、変な顔してたわね」

棚町「うふふっ……まったく、どーせ下らない勘違いでもしてたんじゃないかしら」

棚町(あそこで普通は誰だって、勘違いすると思うし……好きな奴入るかって聞けばさ)

棚町(アタシがイジワルな聞き方したせいよね、うんうん)

棚町「……友達、か」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:02:42.83 ID:ZTSHTSSR0

ざぷんっ…

棚町(こうやって言葉にして友達……とか、ちょっとこっ恥ずかしいわよね)

棚町(アタシも何をやりたかったのか、なんて、ちっとも自分でわかってないし)

棚町(……だけど、アタシはこれだけは分かってる)

棚町(ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、アイツのことを気に入ってると)

棚町(他人から知り合いに、それから……友達になりたいって)

棚町(…なんだかとっても、居心地がよくて、まるで……)ぶくぶく…

棚町「ッ……ぷはぁ!? し、死ぬ!? 溺れ死ぬっ…!?」

棚町「はぁっ…はぁっ……ふふっ、あははっ」

棚町「はぁーあ、久しぶり……こういう感じ」

棚町「…早く明日に、ならないかなぁ」

次の日

橘「おはよう、梅原」

梅原「うっす、橘」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:07:45.70 ID:ZTSHTSSR0

橘「だんだんと…寒くなってくるなぁ…」

梅原「おう、もうじき冬だぜー…大将…」

橘「……」

梅原「……受験」

橘「言うな」

梅原「…おう」

すたすた…

橘「……そんなことはわかってるんだよ、梅原」

梅原「おう、だがよぉ……考えなくちゃいけないことだろ」

橘「…まあな、うん」

梅原「…まだ大将は良いぜ、得意科目があるんだからよ」

橘「梅原は……頑張れ」

梅原「……応援してくれよ、大将」

「──な~にあんたら、辛気臭顔して~」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:11:40.57 ID:ZTSHTSSR0

橘&梅原「え…?」

棚町「ぐんもっ!」びしっ

梅原「ぐんもって……お、おう…おはよう棚町さんよ」

棚町「おはよう梅原君、それに……」ちら

橘「…なんだよ」

棚町「…んふふ、ぐんも!」

橘「………」

棚町「あら? 返してくれないの…?」

橘「…おはよう」

棚町「よろしい」

梅原「…なんだなんだ、急に昨日から仲良くなってやがるな二人共ぉ!」

棚町「わかる? そうなのよ~…コイツとアタシ、ちょっと距離が…ふふ!」

梅原「な、なんだぁその意味深な回答は!? 橘!? どういうことだ!?」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:16:32.30 ID:ZTSHTSSR0

橘「ちょ、お前……そんな言い方だと勘違いされるだろ!」

棚町「やーねー、こういうことも出来ない友達だなんて…アタシは、嫌」

橘「だからって…! ちょっと、くっつきすぎだって!」

梅原「ん? ん? 結局どっちなんだ?」

橘&棚町「友達!」

梅原「…そ、そうか」

橘「友達ならもっと節度ある付き合い方をだな…!」

棚町「そんなの誰が決めたのよ? アンタ? 違うでしょ?」

橘「一般的に、ってことだよ! お前は一般的思考が欠けてる!」

棚町「アンタも人のこと言えないでしょー? 同類よ同類!」

梅原「………」

梅原「…おい、ちょっと待ってくれ、俺を置いていくな二人共!」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:20:13.66 ID:ZTSHTSSR0

教室

橘「…はぁー」

橘(疲れた……朝から疲れた…色々と考えなくちゃいけないことがあるっていうのに…)

橘「…なんだっていうんだよ、本当に」

「おはよー、橘くん」

橘「…え? あ、ううん、おはよう……」

橘「って、おはよう! おはよう蒔原さん!」

蒔原「うん、おはよ~」

橘「あ、えっと~……あはは! ごめんね? なんか雑な挨拶になっちゃって…」

蒔原「いいよー。気にしてないから~」

橘「そ、そっか……」

蒔原「…大丈夫? ちょっと顔色悪い気がするけど…?」

橘「えっ!? あ、うんっ…大丈夫だよ! 平気平気!」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:24:01.64 ID:ZTSHTSSR0

蒔原「………」じっ

橘「…うん? 僕の顔に何かついてるかな…?」

蒔原「ちょっとごめんね、よいしょっと」ぴた

橘「っ~~~~!?」

橘(ま、蒔原さんの手がっ……! 僕のおでこに…!?)ドキドキドキ!

蒔原「う~ん、ちょっと熱が……あるかもね」

橘「…ふぇっ!?」

蒔原「橘くん、熱がすこしあるかもよ? 気をつけないと、受験も近いんだしさ」

橘「そ、そうだね! うん! 気をつけるよ!」

蒔原「そうだよ、気をつけなきゃダメだからね?」

橘「あ、ありがとうっ…!」

蒔原「ううん、いいんだよ、それじゃね」すたすた

橘「……」ぽやー…

橘(ああ、蒔原さんっ……なんていい子なんだろう…!)


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:29:55.19 ID:ZTSHTSSR0

橘(僕の体調の心配をしてくれるなんてっ…ううっ、しあわせすぎて涙が出てきそうっ)

橘「………」

橘「…しばらく、おでこは洗わないようにしておこう…」

昼休み

橘「さて、ごはんごはんっと……今日の弁当はなにかな~」

がらり!

棚町「はろー! きたわよー!」

橘「……さて、弁当食べようかな」

棚町「今日は一緒に……あら?」

橘「確かー…ここにあったような、あれーないなー」

棚町「んー、なになに? 無視ってワケ? へーそうなの、そういう感じ…よいしょっと」すとん

橘「どこにしまった───…うおっ!?」

棚町「ふんふーん♪」

橘「お、おい! お前っ……ちょっとどうして僕の机に座るんだよっ」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:34:41.73 ID:ZTSHTSSR0

棚町「え? ここで食べようと思って…」

橘「机の上ってなんだよ!? おかしいだろ!?」

棚町「どこで食べようとアタシの勝手じゃない」

橘「そうかもしれないけど、ここは僕の机だ!」

棚町「あら、机の上が嫌なら……アンタの膝の上にでも~」

橘「………わ、わかった。了解した!」

棚町「膝の上で食べていいの?」

橘「ち、違う! それはそれは……じゃなくて! …い、一緒に食べるから勘弁してください」

棚町「うふふ、最初からそーいえばいいのよ、まったく」すとん

橘「ぐぬっ…」

棚町「さーて、ちょっとこの辺の席を勝手に借りてもいいわよねー」ガタガタ…

橘「…いいんじゃなか、僕は知らないけど」

棚町「冷たいわね~。ま、勝手に座るけど」すとん


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:38:36.64 ID:ZTSHTSSR0

橘「……」

棚町「アンタって弁当なの? いいわね、家の人に作ってもらってる感じ?」

橘「…そう、だけど。お前は今日はパンなのか」

棚町「そそそ。お母さんが働いてるからさ」もぐもぐ

橘「あ、そうなのか…僕の所も共働きでさ、だけど弁当だけは作ってくれるんだ」ぱか

棚町「感謝しなさいよ、そういうのって本当に大変なんだから」

橘「わ、わかってるよ。五月蝿いな……」もぐ


「……なんかいい雰囲気だな二人」

「昨日一体、なにがあったというのだ…!?」

「橘ァ……橘ぁー!」


橘(なにか、また注目されてるような気がする……)

「──あの、ちょっといいかな」

橘「え……? あ、蒔原さん…?!」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:43:18.75 ID:ZTSHTSSR0

蒔原「うん、ごめん二人の食事邪魔して」

棚町「ん、蒔原じゃない。どうしたの?」

蒔原「…あのさ、薫。ちょっと私も……一緒に食べていいかな?」

橘「えっ!?」がった!

棚町「ちょ、アンタ五月蝿い! …アンタも? 一緒に?」

蒔原「ダメ?」

棚町「…別に構わないけど、アンタは平気?」

橘「う、うんうん! だだだっだ、大丈夫だよ!」こくこく

蒔原「本当に? ありがとう、橘くん!」

橘「う、うん…!」

「きゃあ! マッキー言ったよ!」

「まけるなー!」

橘「……?」

棚町「あ、そういえば忘れてたけどこっちも人を呼んでるのよね」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:46:15.30 ID:ZTSHTSSR0

橘「え? 誰か呼んでるのか?」

棚町「そうよー、そろそろ来ると思うけど……あ、きたきた」

田中「薫~? あ、やっぱり居た…」

梨穂子「…えーと、おじゃましま~す」

棚町「こっちこっち! 二人共~!」

橘「田中さん!? それに……梨穂子!?」

田中「あはは~…こんにちわ、橘くん」

梨穂子「えへへ」

橘「ど、どいうことだよ…!」

棚町「アタシが呼んだの」

橘「ど、どうしてっ?」

棚町「な~に言ってるのよ、アンタのためでしょ?」

橘「…はい?」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:50:59.36 ID:ZTSHTSSR0

棚町「だから…」ぐいっ

棚町(アンタのためを思って、やっとの思いで連れてきたんじゃない…! わかりなさいよ、そういうところ!)

橘(ま、まったく意味がわからないんだけど…っ!)

棚町(ハァ!? アンタが昨日、アタシに向かって好き───)

梨穂子「───あの、その~」

棚町「あ、うん! どうしたの桜井さん?」

梨穂子「う、うん…やっぱりその、私は自分のクラスで…」

棚町「え~! そんなこと言わないで、桜井さん一緒に食べたらいいじゃない~」

梨穂子「でも……」ちら

橘「?」

棚町「ほら、アンタからも何か言いなさいよっ」どすっ

橘「うごっ! ……よくわからないけど梨穂子…いいよ食べよう一緒に…うん」

梨穂子「い、いいのかな?」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 04:57:00.61 ID:ZTSHTSSR0

田中「桜井さん、私も一緒に食べたいし…だめかな?」

梨穂子「あ、うん…! いいよ、私も大丈夫だから!」

棚町「じゃあみんなで仲よく、食べましょ!」

橘「……」

蒔原「…なんだか、人が多くなってきたね橘くん」こそっ

橘「えっ!? あ、うん…そうだね!」

蒔原「…やっぱり、ちょっと嫉妬しちゃうな」

橘「え……それって…」

蒔原「…橘くんの周りって、いろんな人が集まるよね」

橘「あ、うん…?」

蒔原「そういうの、ちょっと憧れる…かな? あはは」

橘「えっ……そ、そうかな…? あはは、えへへ!」

棚町「ちょっとそこの二人、机動かすの手伝って!」

橘「お、おおっ!」すたすた

蒔原「……………」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 05:02:12.29 ID:ZTSHTSSR0

~~~~~
梅原「──よう、マサ……何やってるんだ廊下で」

マサ「っ!? う、梅原! ちょっと見てくれ!」

梅原「なんだよ…こっちは早く飯を食べたいんだがよ……」ちらっ

梅原「っ……!?」

ケン「…信じられるか、俺は信じられねえ」

ユウジ「橘ァ! 橘ァ…!」


棚町「アンタのそれって、卵焼き? アタシのちょっとくれない?」

橘「嫌だ」

田中「あはは、薫…これなら上げるよ?」

梨穂子「わぁ~美味しそう! それって手作りなの?」

蒔原「橘くん、このおかずいる?」

橘「えっ!? じゃ、じゃあもらおうかな……」

棚町「ぱくっ」

橘「あああああっーーーー!!」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 05:07:19.09 ID:ZTSHTSSR0

棚町「おいひぃ~! やるわね蒔原っ!」

蒔原「ど、どうも」

田中「…薫、行儀悪いよ」

梨穂子「あはは~」

橘「許せんっ…お前は! お前は!」

棚町「むぐぅっ!? んっ!? けほっ!?」

橘「ど、どうした!? 喉に詰まったのか!?」

棚町「っ……っ……っ…」こくこくっ

橘「え、ええっ! なにやってるんだよお前はっ……梨穂子水!」

梨穂子「は、はいっ」ずいっ

橘「コレをゆっくり飲むんだ……って、カラじゃないか!」

梨穂子「あ、全部飲んじゃったの忘れてた……えへへ」

橘「えへへ、じゃないよ! ど、どうしよう!」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 05:11:09.90 ID:ZTSHTSSR0

田中「わ、私水買ってくるよ…!」がたっ

蒔原「それよりも、誰かに水をもらったほうが…!」

橘「いや、それよりも僕のがある!」ずいっ

橘「ゆっくり飲めよ……そうそう」

棚町「ごくっ…ごく……こく……」

橘「ど、どうだ…?」

棚町「ぷはぁー…けほっ、けほ……うん、大丈夫…」

田中「よ、よかったー……」

梨穂子「一時はどうなるかと思ったよ~……」

蒔原「……でも、それって間接キスだね、二人とも」

橘&棚町「!?」

蒔原「あ、ごめん。余計なこと言っちゃったかな…? えへへ」

棚町「こんの、変態っ!」

橘「え、ちょまて理不ぐはぁ!」どたっ!


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 05:14:06.50 ID:ZTSHTSSR0

梅原「……」

マサ「くっそくっそ……くやっしい~!」

ケン「…アイツは、なんだってそうだったさ…あの時だってそう、何も知らぬ女の子を…」

ユウジ「橘ぁああああ!!」

梅原「……はぁ、色々大変だな…ほんとによ」

~~~~~~

放課後

橘「いてて……」

棚町「ごめんって言ってるじゃない…もう」

橘「ごめんって言えば治るものじゃないよ、これって!」

棚町「だからってそう、見せつけるようにしなくたっていいじゃない」

橘「見せつけたくもなるよ! ったく……まあ、お前が無事だからいいけどさ…」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 05:18:28.98 ID:ZTSHTSSR0

橘「それで……今日の放課後も僕の所にきて、どうしたんだ」

棚町「あ、うん……ちょっとさ、また付いてきて欲しい所が~…あったりして」

橘「………」

棚町「っ……で、でも! 別にアンタが嫌だっていうのなら無理に誘わないけど…」

橘「……なんだよ、いつもらしく強引に連れて行けよ」

棚町「えっ…?」

橘「お前さぁ……いや、ワザとそうしてるかわからないけど、時々ひ弱になるよな」

棚町「………」

橘「…そういうの、見てるとなんかこう……」

棚町「…アタシらしくない?」

橘「…まな」

棚町「そっか、そうよね……うん」

棚町「んじゃ、アタシらしくいうけど。ちょっとこれからアタシに付き合ってくれない?」

橘「断る!」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 05:27:52.78 ID:ZTSHTSSR0

棚町「ちょ、ちょっとぉ!?」

橘「…冗談だ、行ってやるよ」

棚町「な、なによそれ…! びっくりするじゃないっ」

橘「あはは、どーだ。僕もやられっぱなしじゃないんだぞ?」

棚町「ぐぬっ…」

橘「あはは」

棚町「…と、とにかく一緒に来てくれるんでしょうねっ」

橘「ああ、いいよ。もうどこにでも連れていけばいいさ」

棚町「……後悔しても遅いんだから」くるっ

橘「………」

すたすた…


「………」

蒔原「……………」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 05:31:06.91 ID:ZTSHTSSR0

「──ねえ、あれってどう思う?」

「──さあ、棚町だし何も考えてないんじゃない?」

「──あはは、それ言いすぎだから~!」

蒔原「………」

「──だけど知っててアレやってるなら最低だよね~」

「──そうそう、蒔原が可哀想じゃん」

「──どっちにしたって、あれだよ。マッキーが……」

蒔原「…ううん、別に平気だから」

「本当に? でも…」

蒔原「ちょっと悔しいよね、でも、やっぱさ」

「橘くんってわかり易いほど、マキのこと好きだもんね~」

蒔原「……」

「こういうのって、ちょっと負けた気がしないでも……あ、ううん、なんでもないよ!」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 05:35:51.23 ID:ZTSHTSSR0

蒔原「…あはは、そんなことないって…多分だけど、橘くんって」

蒔原「───アタシにベタ惚れだって思うよ?」

「きゃー! 大胆!」

「いうねぇーマッキー!」

蒔原「だから、そういうのってちゃんと期待に沿わなくちゃだめじゃん?」

蒔原「負けたとか、勝ったとか、そういうのって……もとから」

蒔原「無いに等しいんだよ、こういうのって」

~~~~~~



橘「ここは…?」

棚町「…その、紳士服売場かしらね?」

橘「………」

棚町「さ、さーて! 入るわよー!」うぃーん


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 05:41:17.10 ID:ZTSHTSSR0

橘「スーツがいっぱいだな…」

棚町「そ、そうね……」

橘「…ところで、どうして僕をこんなところに?」

棚町「っ…え、えーと! その……うん!」

橘「いや、うん! じゃなくて」

棚町「なによー、このアタシから問いただそうってわけ?」

橘「普通に聞いてるだけだ」

棚町「っはぁ……そうね、確かにこんな場所に連れてくるにはそれなりの理由が必要よね」

橘「おう」

棚町「それはね」

橘「なんだ?」

棚町「………やっぱり言えない」ぷいっ

橘「おい!?」

棚町「あ、アンタは黙って…! 大人しくスーツを着ればいいのよ! ほら早く!」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 06:05:34.68 ID:ZTSHTSSR0

棚町「へー…色々な種類のスーツがあんのね」

橘「……ん、これとかどうだ? 僕に似合ってない?」

棚町「……」

橘「……なにか言ってくれよ」

棚町「あ、うん! に、似合ってる…かも?」

橘「似合ってないならそういえばいいじゃないかっ」

棚町「あはは~」

橘「ったく……それで、お前はなにを買うつもりできたんだ?」

棚町「え? アタシは別に買うつもりなんて…」

橘「いいよ誤魔化すな、こんな用も無さそうな所に来たんだ……元から何を買うつもりか決めてるんだろ?」

棚町「……」

橘「手伝ってやるよ、昨日みたいに」

棚町「アンタ……」

棚町「……うん、ありがと」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 06:09:38.32 ID:ZTSHTSSR0

棚町「これ…なんだけどさ」すっ

橘「ネクタイ?」

棚町「うん、ネクタイ……こういうのってセンスとか意外と問われるじゃない?」

橘「まあな、ブランドとか…よく偽物も多いらしいし」

棚町「だからちょっとアタシも不安でね…うん、まあアンタに聞いたってしょうがないことは分かってるけど」

橘「お前的には、それがいいって思ってるの?」

棚町「…うん」

棚町「赤色が……凄く似合うって、そう思うから…コレを選ぼうって思うんだけどさ…まだ少し、踏ん切りがつかなくて」

橘「…プレゼントなのか」

棚町「へっ? あ、うんっ……そういう感じ、かな? あはは~」

橘「………」

棚町「どうなのかな…やっぱ、もっとお金を貯めて…マシな奴を買ったほうが…」

橘「それでいいと思うよ、僕は」

棚町「え…?」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 06:12:47.29 ID:ZTSHTSSR0

橘「お前が何処の誰にそれを送るのか……まあ気になるけど」

橘「───お前みたいな奴が、そんなにも一生懸命に悩んで買うやつなんだ……」

橘「……ちゃんと相手も、嬉しがってくれるに違いないよ」

棚町「………」

橘「そういうもんだろ? プレゼントってさ」

棚町「…そう、よね」

棚町「………」

棚町「…うん、わかった。コレ買ってくるから、ちょっと待ってて!」くる

橘「おう」

棚町「…ありがと、助かったわ」

橘「いいってことよ」

棚町「…てんきゅ」

すたすた…


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 06:17:17.14 ID:ZTSHTSSR0

~~~~~~

橘「ほれ、トマトジュース」ぽいっ

棚町「おっ? てんきゅ!」ぱしっ

橘「…限定品とか書いてあったけど、本当にそれでよかったのか?」

棚町「そそそ、これが飲みたかったのよ。何処にも売ってなくてさ~……マズッ」

橘「だろうと思った」

棚町「ナニコレ~……うげぇー…まぁ全部飲むけどっ……ううっ…!」

橘「…あはは、変なやつだな本当に」

棚町「んぐっ……なによ、急に失礼なことを言って」

橘「いや、やっぱり変なやつだよお前」

橘「……そのジュース、今日プレゼントする人の好物のやつだろ?」

棚町「っ……な、なんでわかったのよ!」

橘「赤色」

棚町「…そ、それだけ?」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 06:21:12.84 ID:ZTSHTSSR0

橘「まあ勘とも言うな、当たってるみたいだし」

棚町「…こっちはまんまとはめられた気分よ」

橘「はは、ここ最近好き勝手してくれたお返しだよ」

棚町「……ほんと、なによアンタってさ」

橘「…ん?」

棚町「…どうして、あの時アンタ…アタシを止めたのよ」

橘「あの時って……ゲーセンの時のこと?」

棚町「うん」

橘「それは……なんとなく?」

棚町「嘘、そんなのありえない…だって、アタシはアンタを殴ろうとしてたじゃない」

棚町「それから後すぐのことだったのに……アンタはアタシの喧嘩を止めに来た」

橘「………」

棚町「今になっては全部、勘違いってわかることだけど…その時はアンタも全部を理解してたはずじゃないでしょ?」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 06:25:39.52 ID:ZTSHTSSR0

橘「…まあな」

棚町「じゃあ、どうして止めれたのよ」

橘「…なに、それが気になってるのか?」

棚町「…まあね、それなりに」

ごく…

棚町「ぷはっ……そんなヤツ、アタシは初めて会ったから」

橘「ふーん、初めてか……」

棚町「…それで? どうしてアンタは止めにこれたのよ?」

橘「別に理由なんてないよ」

棚町「だから、そんな嘘をついても───」

橘「──嘘じゃないよ、これは」

棚町「………」

橘「本心さ、ただたんに駄目だって思ったからお前の喧嘩を止めただけ」

橘「そこにたいそれた理由なんて無いし、志があるわけじゃない」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 06:29:51.32 ID:ZTSHTSSR0

橘「僕みたいな人間は、ああいった喧嘩は許せないってだけだよ」

棚町「…止めたいから、止めたってワケ?」

橘「そのとーり、お前と一緒さ僕は」

橘「お前もやりたいから、こうやって僕を連れて回れる。
  僕もやりたいから、ああやって人の喧嘩を止めることが出来る」

橘「簡単に言えば、空気が読めないお人好しってわけだ、僕の場合はな」

棚町「………」

橘「今までそうやって生きてきたし、まぁ実際の所……いい目にあったことも少ないけれど」

橘「これが僕だから、しょうがないんだよ」

棚町「……なんか、カッコいいわねアンタ」

橘「…だろ? 惚れてもいいぞ、答えるつもりはないけど」

棚町「なによそれ、惚れていいって言うなら責任取りなさいよ」

橘「いやだー、お前みたいな女は責任取りきる自信が無い」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 06:35:45.67 ID:ZTSHTSSR0

棚町「いくじなし」

橘「…それはどうも、すみませんねぇ」

棚町「………」

橘「………」

棚町「くすっ……」

橘「ぷっ……」

棚町「あははっ……くすくすっ…なによ、惚れていいって…ばかじゃないの」

橘「お前こそっ…いくじなしって、僕が良いよって言ったらどういうつもりだったんだよ」

棚町「…はぁーあ、アンタってホント馬鹿よね」

橘「お前に言われたくない」

棚町「アタシもアンタに言われたくない」

橘「…まあお互いに馬鹿ってことで、ここはひとつ」

棚町「…ま、それでいいわ。だけど、これから先、そういった事言ったら怒るわよ」

橘「肝に銘じて置きます」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 06:39:30.98 ID:ZTSHTSSR0

棚町「あ、そうだ! ちょっとアンタ、こっち向いて」

橘「ん、どうした……っておいおい!」

棚町「よいしょっと…」

橘「ぷ、プレゼントなんだろ? どうして箱から出すんだよ…!」

棚町「んーん、いいから黙ってなさい……ほら、動かないで」くいっ

橘「お、おお……」

しゅるる…

棚町「ん……こうかしら、うん」

橘「……」

棚町「───よし、出来た。どう? 着けた心地は?」

橘「おとなになった気分、かな」

棚町「うふふ、馬鹿っぽい返事」

橘「そりゃ悪かったな」

棚町「……。でもよかった、サイズはぴったりみたいね…」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 06:43:48.64 ID:ZTSHTSSR0

橘「まさかだと思うけど、これ…僕へのプレゼントじゃないよね?」

棚町「…本気で言ってるの?」

橘「まさか。そろそろ僕だって気づいてるよ」

棚町「ど、どう気づいてるっていうのよ」

橘「───お父さんにだろ、このプレゼントは」

棚町「……」

橘「それに、昨日のファミレスのパフェ…
  …それもまあ、なんだ、お父さんと食べに行くつもりなんじゃないか?」

棚町「そ、それは……っ」

橘「…どうなんだ、ここまで付き合ったんだ、教えてくれてもいいだろ」

棚町「…………」

橘「…うん?」

棚町「……そうだけど、それがなにっ」ぷいっ

橘「別にぃ? いやいや、ちょっとお前にも可愛い所あるんだな~ってさ」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 06:47:54.81 ID:ZTSHTSSR0

棚町「こ、このまま…! 絞め落とすわよアンタ…っ!」きゅっ

橘「や、やめてください……」

棚町「……」

橘「で、本当の所はどうなんだ?」

棚町「…………っはぁー、そうよ全部アンタの言うとおり…」

棚町「…お父さんのために、色々としてたのよ」

橘「………」

棚町「誕生日が……近いから、アタシも……色々と送りたくて」

棚町「だからー……らしくないなって思っても、アタシは……一応お礼としてさ」

棚町「……こうやってものを贈ろうって、そう思ってるのよ、悪い…?」ちら

橘「悪くないよ、かっこいい」

棚町「……うん」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 09:41:40.44 ID:y30SaO0B0

棚町「…もうひとつだけ、アンタに言いたいことがあるんだけど」

しゅる…しゅるしゅる

橘「ん」

棚町「……」

棚町「…アンタの身長、馬鹿にしてごめんね」

橘「別にいいよ、本当のことじゃないか」

棚町「…なんかね、こう…いつも通りにしちゃったのよ」

橘「いつも通りって?」

棚町「……お父さん、との」

橘「どうしてそこで、お父さんが……あ、もしかして」

棚町「気づいちゃった? そうなの、アタシのお父さんも…アタシより低くてさ」

棚町「──そしてちょっと、アンタにそっくり…くす」

橘(だから……最初から僕に馴れ馴れしかった、という訳か?)

橘「…ふーん、そうなんだ」


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 09:46:15.04 ID:y30SaO0B0

棚町「今は反省してるから、その……ごめんね」しゅる…

棚町「…ん、取れたわ」

橘「…おう」

棚町「………」

橘「………」

棚町「…本当にアンタって不思議なやつ」

橘「…そればっか言ってるな、お前」

棚町「それしか思えないのよ、アタシは…アンタにそうとしか思えないの」

棚町「…びっくりするじゃない、それだけ、そっくりだとさ」

すっ…

棚町「う~っん! っはぁー、今日も付きあわせちゃってごめんなさいね」

橘「うん…」

棚町「それじゃ、これで。帰り道わかるでしょ?」

橘「わ、わかるよっ」


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 09:50:41.42 ID:y30SaO0B0

棚町「うふふ、そんじゃこれで。今日も1日…てんきゅねっ」

橘「………」

橘「……なんだよ、本当に」

橘(お父さんのために、とか…不思議な奴とか……ごめんなさい、とか)

橘(僕が知っている…周りが知っている、棚町薫ってヤツと……全然印象が違うぞ)

橘「……でも」

橘「どうして、あんなふうに……寂しそうに笑うんだろう」

橘「…全く意味分からないよ」

~~~

「………」

蒔原「……」すっ…

蒔原「───いい雰囲気とか、ムカツクなぁ……くすくす」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 09:55:29.11 ID:y30SaO0B0

次の日

橘「………」

橘(今日はアイツ、全然姿を見せないな…なにかあったのかな)

梅原「よう、大将。今日も辛気臭い顔してやがんな」

橘「…なんだよ、梅原」

梅原「はは、本当のこと言っただけだろ?」

橘「……」

梅原「まあ周りの奴らの受験やらで忙しそうだしな、みんな同じ空気だって」

橘「まあな…」

梅原「…それで、今日は着てねえみたいだな、棚町さんもよ」

橘「うん、それは…僕も気になってた」

梅原「おっ? お前さん……もしかして?」

橘「ち、違う。変に勘ぐるなよ…お前はそうやってすぐになっ」

梅原「オー怖い怖い、大将はすーぐ怒るんだからよ~」


171: ていせい 2012/09/29(土) 09:57:26.14 ID:y30SaO0B0

数日後

橘「………」

橘(最近はアイツ、あれから全然姿を見せないな…なにかあったのかな)

梅原「よう、大将。今日も辛気臭い顔してやがんな」

橘「…なんだよ、梅原」

梅原「はは、本当のこと言っただけだろ?」

橘「……」

梅原「まあ周りの奴らの受験やらで忙しそうだしな、みんな同じ空気だって」

橘「まあな…」

梅原「…それで、今日も着てねえみたいだな、棚町さんもよ」

橘「うん、それは…僕も気になってた」

梅原「おっ? お前さん……もしかして?」

橘「ち、違う。変に勘ぐるなよ…お前はそうやってすぐになっ」

梅原「オー怖い怖い、大将はすーぐ怒るんだからよ~」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:02:23.15 ID:y30SaO0B0

橘「…………」

梅原「…そんなに気になるんなら、教室に確認行けばいいじゃねえか」

橘「…それは」

梅原「なんか違うってか、はぁーん。それはそれは…なんていうか、恥ずかしいのか?」

橘「っ……違うって言ってるだろ、もう!」がたっ

すたすた…

梅原「…ありゃ、少し押しすぎたか。怒らせちまったぜ」

梅原「…………」

梅原(…大将、もっといろんな物を見てくれ。コレはチャンスだからよ…)

梅原(答えはひとつだけじゃない、そのことを…もしかしたら棚町さんは…見せてくれるかも知れねえから)

梅原「……頑張れ、橘」

~~~~~

渡り廊下一階

橘「……っはぁー…」

橘(僕も、気にし過ぎなんだよ…本当にさ)


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:07:01.33 ID:y30SaO0B0

橘「……飲み物飲みたいけど、購買部しまってるしな」

橘「水でいっか……」きゅ…

じゃばじゃば…

橘「……冷たっ」

「──あら、そこにいるの…」

橘「え?」

棚町「はろー」

橘「んぐっ……お前!」

棚町「な、なによ。そんな大きな声を出さなくもいいじゃない……びっくしりした」

橘「あ、うん…ごめんごめん」

棚町「ひっさしぶりに顔を見れば……もう、アタシをびっくりさせるなんてやるじゃない」すたすた

橘「別にびっくりさせようとしたわけじゃ…」

棚町「あっはは、知ってるわよそんぐらいのこと」

きゅっ

棚町「…というか、水を出しっぱなしにしないの。もったいないでしょ」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:10:46.94 ID:y30SaO0B0

橘「ああ、すまん…」

棚町「…んー?」じっ

橘「な、なんだよ…?」

棚町「アンタ、ちょっとまた顔色悪くなってない?」

橘「えっ? …別に具合は悪くないけどな」

棚町「そうよねぇ、別に熱なんて……無いと思うし」すっ

橘「っ……」

棚町「───ん、やっぱり無いわね。ちゃんと平温だし」

橘「……」

棚町「…なによ? アタシの顔を見つめて」

橘「…女の子って、そんな風にオデコ触るのって……普通のことなのか?」

棚町「え? んー……普通ってことはないと思うけど、まあ、それなりに仲良ければするんじゃない?」

橘「…そ、そういうものか」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:15:35.10 ID:y30SaO0B0

棚町「そんなモンよ」

橘「……それで、どうして最近は顔を見せなかったんだ」

棚町「へ?」

橘「ここの所、僕がいる教室……来なかっただろ」

棚町「もしかして……寂しかったの?」

橘「違う、急に居なくなったから…教室の奴らがうるさいんだよ」

橘「橘くんふられちゃったの? やら、残念だな~とかさ」

棚町「あらあら、まあまあ」

橘「来れば騒がしくって。来なくても騒がしいって…どういうことだ本当に」

棚町「前者は謝る、だけど後者は知らないわよ」

橘「全部お前のせいだっ」

棚町「言いがかりよ、ぜーんぶはアタシのせいじゃない」

橘「……ぐむ…」

棚町「ま、来なかったのには色々と……理由があったのよ、隣いいかしら?」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:19:41.35 ID:y30SaO0B0

橘「…いいよ、別に。それよりも聞かせろ」

棚町「聞いてくれるんだ、てんきゅ」

橘「ぐっ…いいから、話せって」

棚町「まー色々と? ちょっと問題があってさ~……特にアンタに話せることはそんなに無いんだけど」

橘「……」

棚町「ちゃんと、あのプレゼントは渡せたわよ。無事にね」

橘「そうか、喜んでたか?」

棚町「そりゃーもう! 当たり前よ、好みに合わせて買ってあげたって言ったら、凄く喜んでた」

棚町「…本当に、びっくりするぐらい、喜んでた」

橘「………」

棚町「…ありがとね、感謝してる」

橘「いいよ、それを聞けただけで僕も安心だ」

棚町「…うん」

橘「それじゃあ、後はあの……超ラブリーパフェだっけ? あれを一緒に食べるだけだな」


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:23:27.21 ID:y30SaO0B0

棚町「っ……そう、ね」

橘「まあ、僕が思うに。あんなの二人じゃ絶対に食べきれないと思うけどな…僕も頑張ったところもあるし」

棚町「……」

橘「お父さん甘いの好きなのか? そうだったとしても、年配の方にあれだけ糖分を取らせるのは…
  …あ、それならお母さん連れて三人で食べれば────」

棚町「………」

橘「──ん、どうした?」

棚町「………」

橘「お、おい?」

棚町「あっ、うんっ! そうよね! 三人で食べれば…いいわよねっ」

橘「う、うん……」

棚町「…そうよね、確かに」

橘「……?」

棚町「………」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:29:01.22 ID:y30SaO0B0

橘「……どうしてそんな顔をするんだ、たなま───」


「薫ぅー!!」たたたっ


棚町「えっ?」

橘「な、なんだ?」

田中「はぁっ…はぁっ…やっと見つけた…」

橘「田中さんどうしたの? そんなにも焦って…」

田中「橘くんっ…えっと、薫にちょっと用があって…っ」

棚町「どうしたの、恵子?」

田中「そ、そのねっ…えっと、輝日南中の方でっ……色々と問題が起こったらしいのっ…」

橘「…問題?」

田中「…うんっ、っはー……そのね? 落ち着いて聞いてね?」

田中「───輝日東中の生徒が一人、輝日南中に連れて行かれたらしいのっ…!」


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:33:43.91 ID:y30SaO0B0

棚町「連れて行かれた…?」

橘「…え、どういう意味?」

田中「よくわからないんだけどっ……その、やっぱり…この前のことじゃないのかな…?」

橘「この前って……もしかして、ゲーセンの時の…?」

田中「う、うん…どうやらあの時の女子中学生を、輝日南が探してるみたいで…っ」

田中「それでっ……色々と聞き出すために、とりあえず誰かを連れて行ったって…」

棚町「っ………」だっ

橘「なんだよ、それ───ちょっ! お前どこに行くつもりだ!?」

棚町「行ってくる! 恵子とアンタは、先生に具合悪くなったって言っておいて!」だだだっ

田中「か、薫っ……!?」

橘「なにを無茶なことをっ……それで!? 田中さんもっと詳しく教えて!」

田中「えっええ!?」

橘「いいから、もっとくわしく教えてくれ!」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:37:54.88 ID:y30SaO0B0

~~~~~

橘「はぁっ…はぁっ…!」


田中『あのね、どうやら連れて行ったのは…輝日南の女子生徒たちって言われてるみたい…』


橘「んくっ……アイツ、足早すぎだろ…!」


田中『聞いた感じだと、まったく無関係の女の子みたいで…しかも、薫のことも全然知らない子で…!』


橘「くそ、このままじゃ間に合わないっ…あ、そうだ!」

橘「だけど、ここから教室も遠い……仕方ない、アレをやるかっ……!」

橘「すぅううううう────」

橘「───うめはらまさよしぃいいいいいいいいいいい!!!」


「な、なんだ…!?」

「外から声が…!」

がら…がらり


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:41:20.05 ID:y30SaO0B0

橘(よ、よし! 窓が開いた……これでもう一回叫べば…)

橘「うめはらぁああああああ!! 自転車のかぎぃいいいいいいいいいい!!」

「…あれ、橘?」

「なにやってるんだ、授業もう始まるぞ…」

橘「はぁっ…はぁっ…お願いだ、気づいてくれ…梅原…!」


「──おらよ!!」ぶんっ


橘「っ……!」ぱしっ

梅原「──行ってこい大将! よくわかんねーけど、急いでるんだろ!?」

橘「っ……ああ、ありがとな! 行ってくる!」だだっ

梅原「おうよっ!」

橘「ありがとう、梅原……!」

~~~~

橘「はぁっ…はぁっ…!」ぎぃぎぃ!


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:47:58.57 ID:y30SaO0B0

橘「キツイっ……坂が多いよ、この辺…!」

ぎぃぎぃ……

橘「──はぁ、ふぅ……でも、どうにか着いた…!」がしゃんっ

橘「はぁっ…はぁっ…静かだな、授業始まってるだもんな、そりゃそうだよ…」

橘「…んく、駄目だ。怖気着いたってしかたない」

橘「アイツ……大人しくしてろよ、本当にっ…!」だっ

~~~~

輝日南 廊下

橘「……」こそっ

橘(…どうにか入り込むこと出来たけど、どうしよう! これって不法侵入だよね!?)

橘(凄く今更だけど、怖くなってきた! ど、どうしよう…受験で問題になってきたら、あわわっ…!)

橘(と、とにかく…早急にアイツを見つけて、連れて行かないと…っ)こそこそ…

がやがや…

橘「あれ? なんだろう、授業中だっていうのに…騒がしいな…?」


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:51:30.24 ID:y30SaO0B0

橘(あそこは……離れのトイレ? すごい生徒が集まってるな…)

がやがや…

橘(もしかしてあそこにいるのか…? ううっ、でおm知らない生徒ばっかり……どうしよう、僕…!)

橘「っ……恐れるな、橘純一…っ…! 大丈夫!」パンパン!

橘「……よし、行くぞ」すたっ

~~~~~~

「……なんか静かになったよね?」

「さっきの子のせいなのかな…?」

「やっぱり先生呼んでこようよ…」

橘「あの…すみません」

「…え? あ、誰?」

橘「えっとー……その、輝日東中の~」

「あ、さっき入っていった女子の知り合いっ?」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:55:52.06 ID:y30SaO0B0

橘「さっき入っていった子って……もしかして、髪型がその…」

「そうそう!」

「貴方、その人と関係者!?」

橘「ま、まあ…そうなるかも」

「じゃ、じゃあ止めてあげて!」

橘「と、とめ…?」

「さっきからトイレの様子が変なんだよっ! いや、あの、それなりに理由は知ってるんだけど…」

「…いいっていわなくて、問題になったらどうすんの」

「だ、だって…このままじゃ…」

橘「…えっと、もう少し詳しく状況を教えてくれないかな?」

「あ、あのねっ……ウチの学校の生徒が、その、輝日東の人に聞き出すって話しをしてて」

「それを女子トイレで話してたんだけど…そのとき、いきなり輝日東の女子が入ってきて…」

橘「…連れ出す、話しをしてた?」


187: ていせい 2012/09/29(土) 10:56:46.17 ID:y30SaO0B0

橘「さっき入っていった子って……もしかして、髪型がその…」

「そうそう!」

「貴方、その人と関係者!?」

橘「ま、まあ…そうなるかも」

「じゃ、じゃあ止めてあげて!」

橘「と、とめ…?」

「さっきからトイレの様子が変なんだよっ! いや、あの、それなりに理由は知ってるんだけど…」

「…いいっていわなくて、問題になったらどうすんの」

「だ、だって…このままじゃ…」

橘「…えっと、もう少し詳しく状況を教えてくれないかな?」

「あ、あのねっ……ウチの学校の生徒が、その、輝日東の人に聞き出すって話しをしてて」

「それを女子トイレで話してたんだけど…そのとき、いきなり輝日東の女子が入ってきて…」

橘「…聞きだす、話しをしてた?」


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:00:41.65 ID:y30SaO0B0

「あ、うん……」

「ほら、余計なこというからっ…」

橘「どういうことかな、聞き出すって…僕らの学校の生徒で、なにか問題でもあったの?」

「…うっ……」

「その…色々と…あってさ…」

橘「…詳しく教えて」

「……」

「……その、ね。この前のことなんだけど…ゲーセンで輝日東と輝日南の生徒でいざこざがあったらしくて…」

橘(ゲーセンって言えば、やっぱり僕がいた時のこと…かな)

「それで、そのときの女子生徒を……探しだそうって、話になってて…」

「まあ、ホントにやるかってのはわかってないけど……その…」

橘「…そっか、ありがとう」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:04:05.61 ID:y30SaO0B0


橘「じゃあ誰かが連れて行かれたとか、そういったことじゃないんだね」

「えっ? まさか、そんなこと!」

「ありえないよっ…!」

橘「…うん、だと思った」

橘(田中さんが言っていたことと、
  少し矛盾がある…どこから聞いた話か分からないけど、所詮は噂程度)

橘(ったく、それを真っ向から信じやがって……何やってるんだよ、アイツはっ)

橘(…だけど、あれから全く女子トイレから出てこないだなんて)

「…ど、どうする?」

「やっぱり、先生を呼びいったほうが…ちょうどウチら自習中だし…職員室に行けば…」

橘「っ……ちょっと、だけ待ってくれないかな!」

「えっ…?」


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:07:47.06 ID:y30SaO0B0

橘「先生を呼びに行くのは…もう少しだけ、待っててくれないかな…?」

「で、でもっ…」

橘「お願い、いきなりこんな事言われて…迷惑だってのもわかってる!」

橘「…だけど、コトを大きくしたくは無いんだ…っ! どうか、お願いします!」ばっ

「……」

「……でも、どうするの…?」

橘「──僕がどうにかするから!」

「えっ?」

「どうにかするって…そりゃ、アタシたちも生徒だけでどうにかしたいけどっ…」

橘「だ、大丈夫! 僕が…僕が絶対にどうにかするから!」

「え、ええっ…!」

橘「……」

「でも、〝女子トイレ〟だよ…? 入ったらそれだけで、問題になるんじゃ……」


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:13:57.91 ID:y30SaO0B0

橘「っ……ゴクリ」

橘(確かにそうだ……場所は他校の女子トイレ、例え止める言葉目的だったとしても…
  その場所に足を踏み入れるのは、なんていうか、僕としての立ち位置が今後変わってしまう…)

橘「………っ…」


『───…びっくりするじゃない、それだけ、そっくりだとさ』


橘「……ああ、わかった…僕はアイツに…」

橘「──悲しい顔をして、ほしくないんだ……」

橘「…アイツは何時だって笑ってて、我侭で、そして元気で…」

橘「…今の僕に無いものを、沢山持っている」ぐっ…

橘「それは決して、僕が見過ごしていいものじゃない……ちゃんと、ちゃんと…っ」

橘「……友達として、アイツの横にたってやらないとダメなんだ!」すたっ!

「え、あっ……!」

「は、入った…!」


橘「──薫!! ここにいるんだろ!!」


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:19:51.52 ID:y30SaO0B0

薫「……へ?」

「な、なに…?」

「きゃああ! だ、男子!」

橘「ぐっ、お、お前っ…やめろそういうことは! 例え薫が怒ったとしても、
  それは勘違いであって、それにお前が出るような場所でも無いんだよ!!」

薫「あ、うんっ…って、そうじゃないわよ!」

橘「そうなんだよ! 僕はだな、お前がまた変なことをして受験に失敗でもしたら…
  …お父さんに顔見せ出来ないだろ!? と、友達としてな! 友達としてだぞ!!」

薫「え、ちょっ…アンタ!」

橘「なんだよ!」

薫「ちょっと落ち着きなさいって! 何を急にわけのわからないことを…っ」

橘「だから言ってるだろ!?」

薫「っ…だから何よ!」

橘「お前が心配なんだよ!! 薫!!」

薫「っっ…」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:24:28.41 ID:y30SaO0B0

橘「僕はお前が心配で心配でっ……だからここまで追いかけてきた!
  お前は僕の気持ちなんてっ…さっぱりだろうけど! でも、僕はお前を止めに来た!」

薫「止めに来たって…」

橘「友達だから! 僕ら友達なんだろ…そういったよな!?」

薫「う、うん……!」

橘「友達なら、友達っていうのなら……僕は薫の間違いを訂正してあげなくちゃいけない」

橘「なにかをしようとしてるのなら、全力で手伝ってあげるさ!」

橘「だけど! 今のお前は……間違ってる! だから友達として、僕は薫を止めてやる!」

橘「───そんな僕が邪魔だと言うのなら殴れ。だが、それでも僕は薫を止めるぞ!」

薫「………」

「………えっと…」

「……棚町さん、その人は…?」

薫「……っはぁ~、ただの馬鹿よ」

橘「ふぅーっ! ふぅーっ!」


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:28:20.50 ID:y30SaO0B0

薫「ねえ……その、アンタ」

橘「なんだよっ」

薫「アンタ、ちょっと少しは冷静になって…この状況を見て、アタシが何かしでかすように見える?」

橘「えっ?」

「あはは…」

「こ、こんにちわ…?」

橘「……」

橘「え?」

薫「……はぁー、何を勘違いしてるのかわっかんないけど、あれ?」

薫「───もしかして、アタシが喧嘩してるとでも思ってたわけ?」

橘「う、うん……違うの?」

薫「ちっがーうわよ! どーしてアタシがそんな無茶なことしなきゃいけないのよ!」

橘「だ、だって…薫だし…核弾頭だから…」

薫「フンっ!」ブン!


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:33:41.00 ID:y30SaO0B0

橘「ぐふっ」

薫「…それ、言ったら怒るって言ったわよね」

橘「…は、はい…」

薫「…なんかごめんなさいね、びっくりしたでしょ?」

「う、うん……なんていうか、ちょっと」

「で、でも…心配しにきてくれたんでしょ…?」

薫「うっ……そう、みたいだけどさ…」

橘「……」ぴくっぴくぴく

薫「あのね、そのまま聞いてて欲しいんだけど…」

薫「…アタシは別に、恵子が言ったこと信用してないわよ」

橘「で、でもっ……お前、凄い速さで走っていったから…」

薫「馬鹿ね、そういうことじゃないわよ。ただ単に、情報が欲しかっただけ」

橘「じょ、情報…?」

薫「そう。最近さ、アタシ誰かに見られてるような気がしてたのよ」


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:37:21.46 ID:y30SaO0B0

橘「見れられ…?」

薫「そう、だから恵子が言ってたことが少し…関係があるのかもって」

薫「それに、ちょっとばかし野暮用もあったから」

薫「…もう一度言うわね、あの時、本当にごめんなさい」

「あ、うんっ! いいんだよ……アイツも悪かったんだし、あのあともこっ酷く叱っておいたから」

薫「でも…首を締めるほどじゃなかったと思うし」

「そんなわけないよ! かっこいいよ、そういうのって、憧れるし」

薫「あ、憧れるって…ま、嫌な気分じゃないけど」

「アタシたちも、その御礼っていうか…そういうの言いたくってさ」

「色々と探してたんだけど…なんていうか、これでチャラになったね」

薫「あはは、そうねっ」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:40:56.09 ID:y30SaO0B0

薫「そういう訳よ、わかった?」

橘「…大変わかりました…」

薫「よろしい、それで…あら?」

「あのー……」

薫「えっと…まさか、結構人……集まっちゃってる感じ? それ?」

「う、うん……だけど、さっきの人が入ってから…みんな聞き耳立てるから…状況は、はい…わかってるかな?」

薫「そ、そっか…ふぅ、アンタもなにしでかしてるのよ! 女子トイレよここ!」

橘「わ、わかってるよ……」

薫「あら、復活早いわね」

橘「…そりゃ慣れてるからな、友達として」

薫「そ、そお…?」

「それと…すみません、もうひとつ報告が…」

「先生がこっちにきてます、騒ぎを聞きつけて…っ」


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:44:35.05 ID:y30SaO0B0

橘&薫「えっ?」

「だから、そのー……にげたほうがいいのかなって、あはは」

橘「……」

薫「……」

橘「──薫、トイレの窓から行くぞ!」

薫「──りょーかい、アンタ達! その先生とやらを足止めしといてくれない!?」

「はいよー!」

「は、はやく逃げて逃げて!」

橘「いけるか? 足持つぞ?」

薫「勢い付けて飛ぶから、手で支えてて…!」ぴょん!

橘「よいしょっと!」

薫「届いた! アンタも……───」

薫「───純一も、早く手を貸して!」

「……」

純一「おう! 引っ張ってくれ! 薫!」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:47:37.16 ID:y30SaO0B0

~~~~~

純一「うおおおおっ!」

薫「っ…ヤバ、先生とやら着てるわよ!」

純一「おおお!!」

薫「もうちょっと静かに走りなさいよ!」

純一「うん、そうだな……」

薫「それで……ああもう、この坂を降りてるところで後ろ姿がバレそう…!」

純一「……」

薫「もっと早く移動できるものがあればっ…!」

純一「あ、そうだ! 自転車がある!」

薫「あるのっ!? はやくそれに乗るわよ!」

純一「わ、わかった! あ、あったアレアレ!」

薫「純一が漕ぎなさいよ!」

純一「わかってるって! 早く乗れ薫!」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:50:52.24 ID:y30SaO0B0

純一「うごぉっ……動け、僕の足っ…!」

ぎい…ぎいい…

薫「ちょ、ちょっと…アンタ大丈夫なの!? 遅いわよ!」

純一「だ、だいじょうぶだって…坂に入れば……スピードは出るから…!」

薫「来てる来てるわよっ! はやくはやくっ!」ドスドス!

純一「いって、痛い! 殴るなよ!?」

薫「しょうがないでしょ!?」

純一「もう、坂に入るからさっ…よいしょっと!」ぐぉっ!

しゃー!

純一「……入った!」

薫「ダメよ! 油断してないで漕ぎなさい!」

純一「あいよっ!」きぃきぃ!

薫「早い早い! イケるわよ純一!」

純一「あったりまえだよ!」


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:57:53.60 ID:y30SaO0B0

しゃーーーーー!

純一「うぉおおおおおお!!」

薫「あっは! きもちぃい…!」

純一「ああ、そうだな…! 風が気持ちいな!」

薫「…くっす、あはは! うふふ…なによこれ…っ」

純一「えっ? なにか行ったか薫!?」

薫「うんっ! ───アンタ…薫って呼んだわね!」

純一「お前だって! 僕のこと純一って呼んでるじゃないか!」

薫「アンタが下の名前で呼ぶからでしょ!?」

純一「そりゃまあな!」

薫「どうしてっ……下の名前で呼んだの!?」

純一「どうして!? そんなの当たり前だろ!?」

純一「──お前と僕は、友達だからに決まってるじゃないか!」


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:01:01.87 ID:y30SaO0B0

薫「友達だからー! 薫って呼ぶわけ!?」

純一「ああ、そうだ! 僕はお前と友達! だったら下の名前で読んだって不思議じゃないだろ!?」

薫「っ……あはは、そうね! 確かにそう!」

薫「だけど、友達っていうのは…ちょっと違うかも!」

純一「えー! どういうことだよ!?」

薫「こんな馬鹿みたいなことやって、受験だってもしかしたら問題になるかもって思うのに!」

薫「なのにアンタはそんなアタシに加担してくれて! ここまでのことをしてくれてる!」

純一「おう!」

薫「それってさぁー! 所謂アレってやつじゃない!?」

薫「──悪友って言う奴よ!!」

純一「なんだそれ! あはは! 上手いな薫!」

薫「でしょ!」


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:04:47.87 ID:y30SaO0B0

純一「悪友かっ…確かに! そうだな僕達って!」

薫「あははっ」

純一「だったら僕はっ……その言葉通り、もっとお前と付き合ってやる!」

薫「どういうことー!?」

純一「お前の我侭に、ずっと付き合ってやるって言ってるんだよ!」

薫「我侭って! ぶっ飛ばすわよ純一!」

純一「あはは! 御免被る!」

薫「っ……アタシだって、純一にずっと加担して上げてあげるわ!」

薫「どんなことがあろうと、アタシはずっと純一に付き添っててあげる!」

純一「嬉しいこといってくれるじゃあないか! それ、もっとスピード出すぞ!」

薫「きゃー!」

純一「あははは!」


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:08:46.33 ID:y30SaO0B0

純一「……なぁ、薫!」

薫「んーー、なにー?」

純一「……ありがとうな、お前のお蔭で元気が出たよ」

薫「え? なにー? 聞こえないー?」

純一「…いや、いいよー! 聞こえなかったらそれでー!」

薫「なによー! 言いなさいよはっきりとー!」

純一「秘密だ!」

薫「何よ本当にー! もうっ……」

薫「……馬鹿なんだから、純一は」ぎゅっ…

~~~~

純一「はぁっ……」

薫「はぁっ…死ぬかと思った…」

純一「ああ、あの坂の後のカーブ…よく曲がれたよな僕達…」

薫「絶対に頭ぐっしゃーいったと思ったわよアレ…」


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:11:22.71 ID:y30SaO0B0

純一「……でも、僕たちは今」

薫「平気だし……いいわよね?」

純一&薫「……ぷっ」

「あははっ……」

「うふふっ……」

数十分後

梅原「おう、おかえり大将」

純一「おう、ただいまー」

梅原「こってり絞られてきたか?」

純一「ん、まあな!」

梅原「そうかそうか、んなのに元気だな…」

純一「まあな!」

梅原「…いや、本当に元気だな橘」


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:15:11.78 ID:y30SaO0B0

純一「色々と……すっきりしたんだ、僕は」

梅原「おう、そうか。そりゃまーよかったぜ」

純一「……色んな物が見えたよ、なんていうかさ」

梅原「……」

純一「小さな事で悩んでた僕は、本当に小さな人間だったんだなって…」

純一「できることと、できないこと。そうやって二つに分けて自分のことをわかってたつもりだったけど…」

純一「…まあ、なんていうか、出来るんだな人って奴は」

梅原「そうか、んまー……いつもの大将に戻ってくれただけで、いいんだぜ俺は?」

純一「え?」

梅原「──受験、頑張ろうぜ?」

純一「うぉおおっ……思い出させるなよ、お前…!」

「───あの、橘くん……」

純一「あ、蒔原さん」

蒔原「だ、大丈夫だった? なんかい色々とやってたみたいだけど…?」


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:18:21.58 ID:y30SaO0B0

純一「……」

蒔原「…橘君?」

純一「うん、大丈夫だったよ! 大変だったけど、全部どうにかしたからさ!」

蒔原「そ、そうなんだ…」

純一「…それでさ、蒔原さん」

蒔原「あ、うん! なにかな?」

純一「……ちょっとお話があるんだけど、いい?」

~~~~~~

屋上

棚町「……」ずずっ…

棚町「…やっぱまずわね、これ」

棚町「トマトジュースとか、どうしてのめるのかしら……」

「───ここにいたんだ、棚町さん」

棚町「…んむ?」

梨穂子「こんにちわ~」


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:21:51.72 ID:y30SaO0B0

棚町「桜井さん……アタシに何か用?」

梨穂子「…ちょっとだけね、うん」

棚町「……?」

梨穂子「隣、いいかな?」

棚町「いいケド……どうぞ」

梨穂子「ありがとう」すっ

棚町「……」

梨穂子「…今日は、純一と色々とやってたみたいだね」

棚町「ぶはぁっ……あ、やっぱりいろんな人が知ってる感じ?」

梨穂子「うん、輝日東中の殆どが知ってるんじゃないかな…?」

棚町「そ、そおなんだ……やっば~…本当にアタシって馬鹿…」

梨穂子「…くす」

棚町「…何よ桜井さん、笑わなくたっていいじゃない」


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:27:14.45 ID:y30SaO0B0

梨穂子「あ、ごめんね~。でも、ちょっと嬉しくって……」

棚町「え?」

梨穂子「……純一が、やっと純一らしくなったなって」

棚町「アイツが、アイツらしく…?」

梨穂子「…うん、そうなんだよ。最近の純一って、ちょっと…暗くてね」

梨穂子「棚町さんは……あれがもしかして純一だって思うかもしれないけど」

梨穂子「もっともっと、笑う人だったんだ~……うんっ」

棚町「へえ……」じゅるる…

梨穂子「それでね、今日…廊下でたまたま純一の顔を見た時…あ、いつもの純一だって思ったの」

梨穂子「───いつもの、私が知っている純一だって…そう思えたんだ」

棚町「…そんなに違ってたの? アイツ?」

梨穂子「うん、すっごーく違ってたよ? びっくりするぐらいにね」

梨穂子「…だから、ありがとうって言いたくて。棚町さん」

棚町「あ、アタシに? 別にアタシは特になにも…っ」


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:30:45.04 ID:y30SaO0B0

梨穂子「ううん、凄いよ棚町さん……私は素直に尊敬してる」

梨穂子「純一があんな風に笑えるようになったのは……」

梨穂子「……私には無理だったから、ね」

棚町「……でも、アイツは…」

梨穂子「……純一は、好きな子がいるんだよ」

棚町「っ……そ、それ…!」

梨穂子「だけど、私じゃないんだ」

棚町「……え?」

梨穂子「えへへ、やっぱり~…棚町さん勘違いしてたでしょ?」

棚町「ち、違うのっ? だってアイツ、え?」

梨穂子「私と純一は幼馴染、そういってなかったかな?」

棚町「…う、うん」

梨穂子「だからね、それ以上はなくて…それ以下でもなくて」

梨穂子「私と純一は、そんな関係なんだよ?」


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:34:21.14 ID:y30SaO0B0

棚町「じゃ、じゃあ…結局、アイツがすきなやつって……?」

梨穂子「……」

棚町「…桜井、さん?」

梨穂子「純一が、女の子を好きになるのって……多分、今回が初めてなんだなって思うんだ」

梨穂子「だから純一がどんな子を選んでも…それが、純一が本当に好きだって思えるのなら」

梨穂子「…それは、ただしい『恋』なんだなって思うの」

棚町「…どういう意味、それ?」

梨穂子「……あはは、どうなんだろうね、これって」

梨穂子「私には……うん、わからないよ、ごめんね」

棚町「………」

梨穂子「…それじゃあ、これで」すっ

梨穂子「──純一を、これからもよろしくね?」

すたすた…


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:37:39.79 ID:y30SaO0B0

棚町「桜井…さん」

棚町(一体…なにがいいたのか、さっぱり……)

棚町「…………」

棚町「…アイツが好きなら、それが正しい恋か」

棚町「……どうしてそんな達観したようなこと、言えるのかしら」

棚町「幼馴染だから…?」

棚町「……………」

「──今度のクリスマスにっ…」

棚町「…ん?」

「──その、僕とで、デデデ!」

棚町「なにあれ、校舎裏で誰か……純一!?」

「──デートを……してくれませんか!?」

棚町「デート!? えっ? えっ? 相手は誰───」

蒔原「………」


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:40:54.60 ID:y30SaO0B0

棚町「──蒔原………」

棚町「………!」ぐっ

棚町「純一ッ…!」くるっ

「───待てよ、棚町」

棚町「っ…?!」

「どこ行く気だ、ええ?」

棚町「ッ…どきなさいよ、アンタには関係無いでしょ」

「いや、関係あるな。アイツの所に行こうってんなら」

梅原「───俺は、お前を止めなくちゃいけねえ」

棚町「…いいからどきなさいよ」

梅原「駄目だ、落ち着け棚町」

棚町「っ…何も知らないくせに、いいからはやくアタシは純一の所に…!」

梅原「──今回の件、黒幕は誰か俺は知ってるよ」


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:44:58.67 ID:y30SaO0B0

棚町「っ……!?」

梅原「お前がどうして輝日南に行ったのか、そしてどうして行かなければならなかったのか」

梅原「…大体は予想がつく、そしてどうしてそうなったのかもな」

棚町「アンタッ…!」

梅原「棚町もわかってるんだろ? だからそんなにも怒ってる」

梅原「……アイツと蒔原が、近くにいることに対してな」

棚町「わかってるんならっ…そこをどきなさいよ! アイツがどんな奴に何を言おうとしてるか…!」

梅原「………」

棚町「わかってるなら! 止めなきゃダメじゃない!」

梅原「…駄目だ」

棚町「どうしてよっ!」

梅原「っ……アイツが選んだことだからだよ!」


228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:45:43.50 ID:QEc5qErH0

梅原マジイケメン


232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:49:05.02 ID:y30SaO0B0

棚町「選んだって…」

梅原「あの橘が、ちゃんと考えて、選んだことだからだ!」

梅原「アイツはっ…口では色々というけどよ! すっげー臆病者なんだよ!」

梅原「恋に対して…これでもかってぐらい、真剣に悩むやつで…!」

梅原「好きな女の子にたいして、真面目に考える馬鹿なやつで…!」

梅原「だから、そんなヤツが……今回、キチンと自分の考えを持って…」

梅原「……ああやって、女の子を誘えたんだ」

梅原「そんな橘の努力と勇気を、邪魔するわけにはいかねえだろ!」

棚町「──だからって! なんでアイツなのよ!」

棚町「アイツは! 絶対に……なにか裏でものごとを考えてるやつよ!?」

棚町「今回のことだってそうじゃない! わかるわよ、どうせアタシを罠にはめようとかそういうことだったんでしょ!?」

棚町「気に入らないから、アタシをっ…輝日南に向かわせて、問題を作ろうとした…!」


233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:54:47.26 ID:y30SaO0B0

棚町「軽いのよっ…考え方が! 物事に対して、現実を見る目が全くない!」

棚町「そこから何が待ってるのかなんて、結果がどうなろうと、アイツは全く…ッ!」

梅原「…それでも、駄目だ」

棚町「ぐっ…アンタに何を言っても無駄ね、退きなさいさもないと殴るから!」

梅原「駄目だ」

棚町「な、なんでよっ!」

梅原「…ダメだって、棚町」

棚町「っ……なんでよ、どうして…っ…!?」

梅原「……」

棚町「どうして……ダメなのよ、アタシは…アイツに……」

梅原「……俺だって、アイツを止めてやりたい」

棚町「っ……」

梅原「どうしてあんな奴を好きになったんだよって、俺だって…そう言ってやりたい」

梅原「だけど……だけどよ! …だけど、それは…言えるわけねえだろ……」


235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:00:12.04 ID:y30SaO0B0

棚町「………」

梅原「…アイツが一生懸命に悩んで悩んで…それでも、好きだって思った相手をよ」

梅原「──この俺が、ダメだって言えるか?」

棚町「っ……」

梅原「俺は、ダメな親友だ……なんでもわかってるつもりでも、なんにもアイツを救ってやれねえ…馬鹿な男だ」

梅原「だが、それでも……やっぱり、俺はアイツにとって親友でありたいんだよ」

梅原「橘純一ってやつを、認めていたんだいよ!」

棚町「………」

梅原「絶対に…今回のことは、否定してやっちゃいけねえ! アイツの本当の気持ちを、蔑ろにしちゃいけねえんだ!」

梅原「あの男は正しいんだって! 唯一、全部知ってる俺だからこそ! 言わなくちゃいけない言葉だろ!?」

棚町「………」

梅原「……その後に、何が待ってるかなんて。考えたくもねぇ…信じたくもねえし、なってほしくないと思ってる…」

梅原「…だけど、それでも俺は…こうやって、お前を止めるアイツの『親友』でありたい思ってる!」


236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:05:31.17 ID:y30SaO0B0

梅原「……殴ってでも行きたいなら、行けばいい。俺は死ぬ気でしがみつく」

棚町「……」

梅原「殺す気でかかってこい、俺もそれなりの覚悟で挑む」

梅原「───俺は命を張ってでもアイツの覚悟を守り切るからな」

棚町「……なによ、それ」

棚町「…アンタはただ、そうやっていい親友って奴を…演じたいだけじゃない」

梅原「……」

棚町「アイツにたいして…現実を突きつけるのが恐いから…アイツがショックを受けるのが…恐いから」

棚町「──ただ単に、それが恐いからそんなこを言えるんでしょ!? 最低よアンタはッ!!」

梅原「………」

棚町「そんなものッ……アタシがやってやるわよ! アイツがどんなに傷つこうとも!
   このっ…このっ! 悪友のアタシが! ちゃんとしっかりとアイツに───」

梅原「──……」ぼそっ…

棚町「──えっ…?」


240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:09:49.57 ID:y30SaO0B0

梅原「………」

棚町「……なに、それ、マジで言ってるの…?」

梅原「…ああ、本当のことだ」

棚町「うそ、ありえない、どうして……」

梅原「……そうだな、確かにありえないだろうな」

梅原「だけど、アイツはそういうやつだって俺は知っている」

棚町「ばか、なんじゃないの…?」

梅原「……いいや、馬鹿じゃない、アイツは本気だ」

梅原「───今回の件のこと、黒幕のこと、アイツは全部知っている」

~~~~~

梅原「アイツは変えようとしてるんだ…蒔原のことを」

棚町「…なんで」

梅原「…好きだからに決まってるだろ」


純一「──……!」

蒔原「───……?」


243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:17:21.26 ID:y30SaO0B0


梅原「あの男は……あそこで頑張ってやがる男は、そういう奴なんだよ」

棚町「………」


純一「───……!?」

蒔原「───くすくす…」


棚町「……どうして、言い切れるのよ」

梅原「なんで知ってるかってか? …そりゃまあ、俺だって知りたい」

梅原「だけど、アイツは知ってた。俺にそうやって…伝えてきたんだ」


『──僕はそれでも、好きだから』


梅原「っ……アイツは、馬鹿なやつだ。本当に、俺だって…止めてやりてぇよ」

梅原「だけど、橘は……好きだからって、自分が初めて好きになった女の子だからって…」


244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:22:10.42 ID:y30SaO0B0

梅原「……間違ってるなら、止めてやらなくちゃだってよ」

棚町「……」

梅原「意味がわっかんねーよな、俺だって……さっぱりだ」

梅原「ずずっ……だけど、やっぱ期待したくなっちまうだろ。言い切られちまうとよ…」

梅原「…だから、俺はアイツを信用する」

棚町「………」

梅原「もしそれがダメだったとしても、俺は…絶対にアイツの側に居てやるんだ」

梅原「そして毎年クリスマスによ…男どもで盛大に祝ってやってさ、馬鹿だったなぁあの頃はって」

梅原「…笑ってやりたいんだよ、俺は」

棚町「……」

梅原「…アイツに次の大事な人ができまで、俺は……おう、一緒にいてやるんだぜ」

棚町「………」

梅原「…ばかだって思うだろ?」


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:25:31.58 ID:y30SaO0B0

棚町「……ばかよ、ばか」

梅原「くはは! だろだろ! …それに俺たちも馬鹿だ」

棚町「……」

梅原「こうやって…アイツの恋の頑張りに、一生懸命になっちまってる」

梅原「…大丈夫だ、なにがあっても幸せしか残ってねえよ、これってよ」

棚町「……」

梅原「…棚町、お前もずっとアイツのそばに居てやってくれ」

棚町「……」

梅原「しあわせになろうが、不幸になろうが、それでも…ずっとその『悪友』のままでいてくれ」

棚町「……」

棚町「……言われなくたって、そんなの」ぼそっ

梅原「そうか、そりゃーよかったぜ。俺も安心だよ」

棚町「……」


246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:29:05.35 ID:y30SaO0B0

純「───……ホントに!!」

蒔原「───……」こく…


棚町「あーあ、あんなに嬉しそうにしちゃって…」

棚町「馬鹿ね、本当に……アンタってどうしてそこまで、こうなのよ…」

棚町「……ばか、それじゃあアタシも…」ぎゅっ…

棚町「……応援したく、なっちゃうじゃない…」ぼそ…

梅原「……。さーて、飯でも食いに行くかぁー」すたすた

棚町「…アタシは、もうちょっとここにいる」

梅原「そうかい、おう……んじゃまたな、棚町」

棚町「………」

ざぁあああああ~……ひゅうう~……

棚町「…寒いわね、今日も」


247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:33:37.64 ID:y30SaO0B0

棚町「…はぁーあ……」

棚町「…クリスマスってアンタ、当分先じゃない」

棚町「ぷっ……テンパりすぎよ、ホント」

棚町「あーあ、そこまでアイツ……ちゃんと真っ直ぐにすきでいられるのかしらねえ~…」

棚町「……」

棚町「……仕方ない、このアタシが最後までキチンと!」

棚町「メンドウ見てあげようじゃないのっ!」

棚町「…このアタシが、悪友としてね」

棚町「…………」

ざぁあああああ~………


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:36:38.19 ID:y30SaO0B0

12月25日

「………」

「……っはぁー…寒いなぁ」

「一段と冷えてきた気がするよ……あはは、なんといっても…」

「僕の心がぽっかりと、穴が開いてる……からかな」

「……どうして、来てくれなかったんだろう」

「やれることは、やったつもりだったのに。色んな人に女の子の喜びそうなものを聞いて…」

「それから、デートではどんな場所で過ごせばいいのか…一生懸命、一生懸命…」

「…だけど、彼女は来てくれなかった」

「…………」

「……あはは、寒いなぁ」


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:41:15.21 ID:y30SaO0B0

「こんなんも、寒いなんて思ったこと…いつぶりだろうか」

「ああ、そうだな…それは…受験とか恋とか、そういうことで悩んでた時期かな」

「あの時の自分は、自信がなくて…度胸がなくて、そして……周りに迷惑ばっかりかけてて」

「どうしようもない僕で、どうしようもなかった僕で……」

「………」

「…だけど、いつの時からか…それは急にガラリと変わって」

「僕は、色々と頑張ることが出来たんだ」

「………なんでだっけっかな。どうして僕は頑張れたんだっけ」

「あ、そうか……あの時、僕はアイツと──出会ったから…」

「彼女と、あの…僕より背の小さくなった女の子と一緒に…」

「ここまで頑張ってこれたから……かなぁ」

「………」


251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:45:30.36 ID:y30SaO0B0

「……ありがとう、って伝えたい」

「彼女に、ここまで僕を強くしてくれて……ありがとうと、この気持ちを伝えたい」

「ここまで頑張れたのは、君のお陰だよって……感謝の気持ちを彼女に伝えたい」

「…あはは、僕も弱ってるなぁ。アイツに感謝なんてさ」

ふわ…

「──あれ、これって……まさか雪?」

ふわふわ…

純一「ホワイトクリスマスだなんて…今年も寒かったからなぁ」

純一「………」

純一「この景色を……僕は、一体誰と見たかったのだろう」

純一「雪の降る夜景が広がる……この公園で、僕は」

純一「僕は、誰と……」

きぃ…

純一「…ん?」


253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:48:30.48 ID:y30SaO0B0

「──やっぱり、ここに居たんだアンタ」

純一「…なんだよ、心配して見に来てくれたのか?」

薫「さあ? なんのことかしら?」

純一「すっとぼけるなよ、全部わかってたくせに」

薫「…くす、見事にふられちゃった感じ?」

純一「…泣くぞ」

薫「いいわよ、アタシの胸の中でたーんとお泣きなさい」

純一「え、いいの?」

薫「…コラ」

純一「あはは、冗談だよ……ほら、見てくれ薫…雪だよ」

薫「知ってるわよ、自転車でここまで来たんだから」

純一「そっか……でも、雪だ。雪が降ってるんだ」

薫「………」


256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 13:52:55.03 ID:y30SaO0B0

純一「ふわふわと……覆い隠すように、あたり一面に雪が降ってる」

薫「……」

純一「ゆっくりと……ゆっくりと……」

薫「…純一」

純一「…だけど、僕は……雨が良かったな」

薫「……」

純一「そうすれば、そうすれば……色々と隠せたのに…」

純一「…こんなにも綺麗で、ゆっくりと降るのなら……、っぐす……」

純一「……もう、隠せないよ……」

薫「……馬鹿ね、本当にアンタは馬鹿よ」

純一「…ああ、そうだな……」

薫「……それに、頑張りすぎよ……本当に」

純一「あはは、だな……うん…ぐすっ…」


259: 連投スマソ 2012/09/29(土) 13:57:17.18 ID:y30SaO0B0

薫「……」

純一「っはぁー……泣いちゃだめだよな、こういうのってさ」

薫「…うん」

純一「ちゃんと、前を向かなきゃいけないよな……わかってるんだ」

薫「うん」

純一「だけど、だけどっ……やっぱり悲しくって、僕は…」

薫「……うん」

純一「…あーもう、嫌だ嫌だ。お前に甘えてばっかりで、嫌になるよ」

薫「うふふ、甘えればいいじゃない。今日ぐらいは、許してあげなくもないわよ?」

純一「……本当にか?」

薫「うそ」

純一「くそっ、ジュースの一本でも驕らせようと思ったのに…」

薫「甘い甘い、それぐらい棚町さんなら見破れるってもんよ」


265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 14:07:16.51 ID:y30SaO0B0

純一「…薫は相変わらずだな、本当に」

薫「当たり前でしょ、それがアンタにとってアタシじゃない」

純一「…そうだな、確かに…」

純一「───そうだったな、お前はさ……」

薫「………」

薫「さーて、純一! 今日はいっぱい騒ぐわよ!」

純一「……あはは、言うと思った」

薫「なーによそれ、可愛くないわね。そこは『え…薫…?』とか言ってくるもんでしょフツー」

純一「言って欲しいのか?」

薫「気持ち悪いから、ヤダ」

純一「だろ、だから言わなかったんだよ」

薫「…んふふ、ちょっと調子が戻ってきたんじゃない?」

純一「ん、そうかもな」


268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 14:12:51.09 ID:y30SaO0B0

純一「じゃあ……行くか、いいよどこにでもついてってやるから」

薫「あったりまえじゃない! どこにだって連れてってあげるわよ?」

純一「んー、例えば?」

薫「そうね~……あ、ファミレスとか!」

純一「また~…?」

薫「またってなによ、またって。じゃあアンタが行きたい場所言いなさい、それなら」

純一「結局人任せかよ……いいよ、だったら連れってやる。自転車借りるぞ」

薫「あ。アタシも載せなさいよ」

純一「当たり前だろ? …いつまでも一緒にいるって言ったじゃないか」

純一「…ほら、またあの時のように。二人乗りするぞ!」

薫「…ふふ、そうね」すとん

薫「じゃあー! 純一&薫号! はっしーん!」

純一「あいよっ!」

きぃこきぃこ…


269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 14:17:01.16 ID:y30SaO0B0

純一「…なあ、薫」

薫「ん?」

純一「…その、ありがとな」

薫「えー? なに? きこえないー?」

純一「う、うそつけ! 今回は聞こえてただろ!」

薫「あっは、バレた? ついでに言うと、前の時も聞こえてたわよ?」

純一「なっ……!」

薫「…ありがとうな、お前のお蔭で元気が出たよ……ぶっほ! ひっひ、ひぃ~! か、かこよすぎ純一っ! あっははは!」

純一「な、なんで一字一句覚えてるんだよ!?」

薫「あんなの忘れようにも忘れられるわけないでしょ、ずっとずっと覚えててあげるんだからっ」

純一「や、やめてくれ!」

薫「だーめっ」

ぎゅうっ

純一「おわぁっ…!? ちょ、急に抱きついたら危ないだろ薫……!」


270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 14:21:30.19 ID:y30SaO0B0

薫「いーから黙って漕ぎなさい! アンタ、アタシを連れてってくれるんでしょ?」

純一「お、おう……」

薫「だったら大人しく、真面目に漕ぐの! …その代わりアンタを応援しててあげるからっ」

純一「途中で運転変わったりとか僕、望んでるんだけど…」

薫「だめよ! 頑張りなさいっ!」

純一「うわぁっ!? だから抱きつくなっての…!」

薫「あははっ……純一!」

純一「な、なんだよっ…?」

薫「ちょっと薫って、呼んでくれない?」

純一「え、いつも呼んでるじゃないか……」

薫「ちっがーうのよ、それはいつも通りの『薫』でしょ?」

純一「…なんだよ、これからは違うとでもいうのか?」


271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 14:25:16.02 ID:y30SaO0B0

薫「そそそ。わかってるじゃない、だから呼んでー呼んでー」

純一「ああ、もう…甘えるなよ…わかったから、呼ぶよ呼んでやるって」

薫「うんっ」

純一「はぁ……じゃあ言うぞ?」

薫「…うん」


純一「薫」


薫「っ……なあに、純一?」

純一「へ? いや何も考えてないけど…?」

薫「えっー! 考えて起きなさいよ! ばか純一!」

純一「馬鹿ってなんだよ…って、コラ! 怒るぞ暴れると!」

薫「あはは! うりうり!」

純一「っだあああああ! 薫! やめろって!」

薫「やだー! ずっとずっと、こんな風にやってあげるんだから!」

薫「…覚悟しておきなさいよね、純一? んふふ!」


276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 14:32:33.70 ID:QEc5qErH0

乙!
久々にアマガミやろうかな


279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 14:45:22.35 ID:s6t5UazW0

おつです
また書いてください


282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 15:16:35.13 ID:DJYPLbu60

あったわー俺にもこんな青春あったわー懐いわー


あったわー


この記事へのコメント

- 名無しさん - 2012年10月01日 04:52:00

ふぅ、いいもじゃ公だった

- 名無しさん - 2012年10月13日 02:48:17

これはいいプジョル

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。