スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバP「蘭子の発言を徹底的に曲解する」

引用元:
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:56:12.80 ID:rB0kiucp0

神崎蘭子(14)
  



蘭子(ふぅ……今日のお仕事、大変だったなぁ)

蘭子(あ、プロデューサーさんだ)

蘭子「我が下僕よー!」

P「ん、蘭子?」

蘭子「闇に飲まれよ!」

P「……そうだったのか」

蘭子「……?」

P「蘭子の下着は黒なのかー」

蘭子「!?」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:02:18.19 ID:rB0kiucp0

蘭子「な、何を戯言を!?」

P「え、だって闇に飲まれよって言っただろ?」

蘭子「確かにその通りだが、何故……」

P「だから、闇っていうのは黒い色だろ? で、飲まれよってことはそれを身につけてると」

P「だから『闇に飲まれよ!』っていうのは『今日の下着は黒です』っていう意味に……」

蘭子「な、ならぬわっ、愚か者っ!」

P「そうなのかー」

蘭子「そうだっ!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:03:47.30 ID:RyPNp3Bn0

早急に禁断の書の続きを紐解くのだ(続けてください、どうぞ)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:11:00.69 ID:rB0kiucp0

P「うーん、じゃあどういう意味なんだろう」

蘭子「何故わからぬのだ、愚か者め……我が下僕たるものがその様でどうする!(な、なんでわからないんですかプロデューサー!? いつもはわかってくれるじゃないですか!)」

P「なるほど、わからん」

蘭子「……」

P「涙目なのが可愛いがわからん」

蘭子「このっ……!(も、もうっ……!)」

P「闇に……闇? まさか」

蘭子「よ、ようやく解したか……(わ、わかってくれましたか?)」

P「わしにしね というんじゃな?」

蘭子「!?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:16:05.14 ID:rB0kiucp0

蘭子「何故そうなる!?(な、なんでそうなるんですか!)」

P「だって……闇に、飲まれよ、だぞ?」

蘭子「……」

P「闇って、暗いし怖いじゃないか。それに飲まれるってことは……」

蘭子「え、えっ……」

P「死ね、と……俺のことが嫌いだと言いたかったわけか……」

蘭子「ち、ちがっ……」

P「うん? 血が? 血が欲しい?」

蘭子「否っ! 我が言霊を正しく解せー!(違います! そんな意味じゃありません!)」

P「うーん、やっぱりわからないなー」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:19:35.22 ID:24hvmGUqO

Pがニヤニヤしながらいってるのがよくわかります


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:23:35.10 ID:rB0kiucp0

蘭子「うぅ……愚か者ぉ……(プロデューサーのばかぁ……)」

P「そんなこと言われてもなぁ……うーん……」

蘭子「もう知らぬ!(もう知りませんっ! ふーんだ!)」

P「あ、そうだ蘭子」

蘭子「……何用だ(……なんですか?)」

P「お疲れ様。今日もよかったぞ」

蘭子「……ふ、ふふん! 我が力の前では些事に等しい!(あ……はい! ありがとうございます!)」

P「さじ? ……ふむ、楽勝だったってことか」

蘭子「あ……多少は歯ごたえが……(え、少し……いえ、だいぶ大変だったけど……)」

P「よーし、激しい仕事増やすぞー」

蘭子「にゃぁっ!?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:33:01.49 ID:rB0kiucp0

 別の日

蘭子(ふぅ……今日はとっても暑いなぁ……)

蘭子(あ、プロデューサーだ!)

蘭子「我が下僕よー!」

P「お、蘭子?」

蘭子「煩わしい太陽ね!」

P「太陽? うーん、確かに今日はやたら日が照ってるなぁ」

蘭子「地獄の釜が開き、灼熱の業火に焼かれるかのよう……(本当に暑くて太陽がまぶしくて……)」

P「……」

蘭子「生命の雫がこぼれそう……(汗、いっぱいかいちゃいそうです)」

P「うん? トイレか?」

蘭子「!?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:40:47.21 ID:rB0kiucp0

蘭子「何をいうかっ! 無礼者めっ!(な、何いってるんですかプロデューサーのばかぁっ!)」

P「あれ、違うのか?」

蘭子「あたり前だ、恥を知れーっ!(あたりまえですっ、は、恥ずかしいこと言わないでください!)」

P「うぅん、だけど生命の雫がこぼれそうなんだろう?」

蘭子「う、うむ……(は、はい。暑くて汗が……)」

P「生命の雫ってことは……つまり、身体から出るものってことだ」

蘭子「……」

P「だから、トイレかなーって」

蘭子「何故そうなるのだっ!(な、なんでそうなるんですかぁっ!)」

P「まったく、乙女がはしたないなーって思ったんだけど、オブラートに包んでるのかなって」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:46:35.60 ID:rB0kiucp0

蘭子「我が言霊を捻じ曲げようなど、言語道断!(変に解釈するのやめてくださいっ!)」

P「捻じ曲げたつもりはないんだけどなぁ……俺は、思った通りに解釈しただけで」

蘭子「むぅ……小癪な……(なんなんですか、もうっ……)」

P「……あっ」

蘭子「如何した?(どうしたんですか?)」

P「ひょっとして、生命の雫ってさ」

蘭子「よ、ようやく解したか!(わ、わかってくれたんですか!?)」

P「……こういうことだよな、ほら」

蘭子「……? なんだ、これは……?(なんですか、これ……?)」

P「ナプキンだけど」

蘭子「なぷっ……!?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:53:20.53 ID:rB0kiucp0

P「……タンポンのほうがよかったか?」

蘭子「な、ななななっ……」

P「あれ? つまり生理が来たってことじゃ……」

蘭子「愚か者!」ポカッ

P「いてっ!?」

蘭子「お、おろか、ものっ!」ポカポカ

P「痛い痛い、地味に痛い! やめて、叩かないで!」

蘭子「わ、我が言霊を何と心得る! 貴様の思うように捻じ曲げようとは、恥を知れー!(な、なんてこと言うんですか! 私そんなはしたない子じゃありません!)」ポカポカ

P「ははは、何言ってるのか全然わからないなー」

蘭子「……!」ポカポカ

P「いたたっ、いたい、痛いから、ごめん、ごめんなさいっ!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:00:13.01 ID:rB0kiucp0

 別の日

蘭子(最近プロデューサーが変な風に解釈しちゃうから、憂鬱だなぁ……)

蘭子(なんでなんだろう……よーし、じゃあ今日はちょっと変えてみよう!)

蘭子(って思ったら、プロデューサーがあんなところに……ゆ、勇気を出して……)

蘭子「プ……プロ……プロデューサー!」

P「おう蘭子……蘭子!?」

蘭子「ど、どうし……た、んですか?」

P「……おぉ……普通に話してる……」

蘭子「ふ、フハハハ! この程度容易い!(わ、私だってやる気になればこれぐらいできちゃうんですよっ!)」

P「あ、戻った」

蘭子「ぅぁ……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:08:08.10 ID:rB0kiucp0

P「どうしたんだ、急に?」

蘭子「い、いつも……プロデューサーが、私のいうことを……」

P「言うことを?」

蘭子「捻じ曲げ……曲解、するから……」

P「……」

蘭子「何故……なんで、そんなこと、するんですか……?」

P「……」

蘭子「……プロデューサー?」

P「そうだな……」

蘭子「……」

P「あえて言うなら……」

蘭子「……っ」

P「可愛いからかな」

蘭子「……ふぇっ?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:20:54.11 ID:rB0kiucp0

P「蘭子が一生懸命伝わらないのに訂正してくるのが可愛かった」

蘭子「そ、そんな……」

P「だからつい、な?」

蘭子「……」ムスッ

P「あぁ、そんなにふくれないでくれよ……」

蘭子「愚か者めっ、私がどのような思いだったか……(プロデューサーのばかぁ……私、すごく嫌な気分だったんですよ……?)」

P「ごめんってば……」

蘭子「我が言霊を解せる者は希少だというのに、まったくっ!(わかってくれる人、あんまりいないんですから! もうっ)」

P「ははは……まぁ、確かに蘭子はしゃべりかたが特徴的だからなぁ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:28:37.76 ID:VrIRYs3Z0

自称クールだけど一見パッションでその実キュートな蘭子ちゃんかわいい


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:28:39.83 ID:rB0kiucp0

蘭子「その罪、雪ぎたくば我に贄を捧げよ!(許してほしかったら、お詫びをください!)」

P「……」

蘭子「……? 如何した? (どうしたんですか?)」

P「生贄か……」

蘭子「そう、漆黒の甘き罪や……(そうですよ、例えばチョコレートケーキとか……)」

P「じゃあ、俺が生贄ってことでどうだろう?」

蘭子「え……?」

P「私を捧げましょう! ……なんて、な?」

蘭子「ぁ……えっと……」

P「……どうした、蘭子?」

蘭子「……プ、プロデューサーを、くれるんですか……?」

P(あ、可愛い)


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:31:51.56 ID:zTDLqsfT0

(可愛い)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:33:10.81 ID:8TxvZwRo0

(可愛い)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:34:52.03 ID:rB0kiucp0

P「いや、今のはまた曲解してだな……」

蘭子「……ダメ……?」

P(上目づかいか……うむ、実に素晴らしい。最高だ)

蘭子「……」

P「よし、わかった。俺が生贄だ! どんと来い!」

蘭子「……! その言葉、偽りはないな?(う、嘘じゃないですよね?)」

P「あぁ、勿論さ!」

蘭子「で、では告げる……!(じゃ、じゃあ言いますね……)」

P(セクハラしまくったわけだし多少は俺も痛い目みないとな……さぁ、鬼が出るか蛇が出るか……!)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:42:03.55 ID:rB0kiucp0

蘭子「誓う、この世のすべてを、我が手中に収めん!(きっと私、トップアイドルになってみせます!」

P「……?」

蘭子「だが、孤独たる王は絶対ではない……(でも、きっと1人じゃ頑張れないと思うんです……)」

蘭子「故に、再度誓おう!(だから……!)」

蘭子「我が友として認めしそなたと共に、この世界を制覇せんと!(私、やっぱりプロデューサーと一緒が一番だと思うんです!)」

蘭子「……常に、そなたは我と共にあれ!(これからも、一緒にいてください!)」

P(天使が出た)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:46:25.24 ID:rB0kiucp0

蘭子「……これぞ、我が望み。さぁ、はたしてみせよ!(これが私のお願いです。いいですか……?)」

P「……うーん、よくわからなかったなぁ」

蘭子「えっ……」

P「ごめんな、うまく翻訳できなかったよ。なんて言ったんだ?」

蘭子「う……ぅうー……」

P「そんなに睨まれても、困るなぁ……」

蘭子「……プロデューサーの、いじわる……」

P(可愛い)


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:52:19.99 ID:rB0kiucp0

蘭子「……」スクッ

P「あ、おい蘭子……ちょっとどこに……」

蘭子「一緒に、トップアイドルになりたいっていったんです!」

P「……!」

蘭子「……うぅ、やっぱり恥ずかしい……プロデューサーの、ばかーっ!」

P「ちょ、ちょっと待って! 蘭子、ストップ! おいてかないでくれ!」

蘭子「い、今は我が『瞳』が暴走を起こしつつある! こちらを見るな!(は、恥ずかしくって顔が見れないんですおいかけないでください!)」

P「何それ見たい! 蘭子、待って! チョコケーキおごるから! 絵の具セットも買うからー!」


おわり


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:53:43.04 ID:rB0kiucp0

美味しい素材だと思ったけど処理しきれなかった……
すみませんでした。でも蘭子ちゃんかわいいですね

保守支援ありがとうございました!


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:54:34.67 ID:GW+kwQ2m0

最高だった。次にも期待
やみのま!


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:54:57.06 ID:Hr28uqTB0

闇に飲まれよ!


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 23:59:08.95 ID:RyPNp3Bn0

やみのま


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:01:10.50 ID:FN0PYiNr0

やみのま!


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。