スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中「……沖田ってさ」 紗羽「ん~?」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1348670624/
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:54:25.84 ID:Qt7ZM8Ah0

放課後の音楽準備室

ザーザー

ガチャリ
紗羽「雨すごいねー……あれ、田中だけ?」

田中「沖田か。他のやつら休みだってよ。メール来てたぞ」

紗羽「あれ、そうなんだ」

田中「宮本はなんかCD買いに行くって。坂井は夕飯の準備、ウィーンは……わかんね」

紗羽「今日ケータイ忘れちゃったんだよね。田中帰んないの?」

田中「カッパ持ってきてないんだよ。ラケット濡らして帰りたくねーし。お前傘持ってる?」

紗羽「持ってない……予報じゃ晴れっていってたのに」

田中「そのうち止むだろ」

紗羽「みんな大丈夫かなー」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:57:46.87 ID:Qt7ZM8Ah0

紗羽「田中さー」

田中「うん?」

紗羽「もう音取れた?和奏の曲」

田中「ウィーンと歌えばなんとか。あいつ歌うまいよな」

紗羽「しっかりしてよね。和奏なんかソプラノ一人だよ」

田中「坂井はレベルが違うだろ」

紗羽「まあね……。歌って弾けるスーパー和奏」

田中「なんだそりゃ」

紗羽「なんでもいいのー」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:00:06.67 ID:DCXuo8Gu0

田中「はあ……。ウィーンの話だろ」

紗羽「よく声出てるよね。さすがドイツ帰り」

田中「関係あんのか? 別に音楽やってたわけじゃないだろうし」

紗羽「細かいことは気にしなーい」

田中「ニクレッドだしな」

紗羽「海外にも戦隊モノってあるのかなあ」

田中「いや……どうだろ。今度聞いてみるか」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:02:50.82 ID:dIxp0Iue0

田中「宮本ってさ」

紗羽「何、あんた来夏のこと好きなの」

田中「ちげーよ、何でそうなるんだ」

紗羽「だって田中だし」

田中「話をきけよ……」

紗羽「はいはい。で、来夏がどうかした?」

田中「なんつーか、元気だよな」

紗羽「なにそれ」

田中「いやだってさ、あいつ声楽部やめて合唱部作っただろ。俺らまで集めて」

紗羽「まあ確かに行動力はあるよね」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:05:24.67 ID:XsnBymPv0


田中「ちっさいくせにがんばるよな」

紗羽「時々ウザいけどね」

田中「嫌いじゃないけどな」

紗羽「やっぱり好きなの?」

田中「人としてはな」

紗羽「ほんとにそれだけ~?」

田中「しつこいっての」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:08:48.47 ID:DCXuo8Gu0

紗羽「和奏はなんで休みなの?」

田中「夕飯当番だからだと」

紗羽「そっか、お父さんと二人だもんね」

田中「あいつも、大変だよな」

紗羽「うん。でも今は合唱部のためにがんばってくれてるし」

田中「そうだな。俺たちもがんばんねーと」

紗羽「ね」

田中「しかし、坂井が料理してるとこ想像できないな」

紗羽「そういえばお弁当もお父さんが作ってるみたいね」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:11:28.54 ID:DCXuo8Gu0

田中「なんか天然で塩と砂糖間違えてそうだ」

紗羽「さすがにそれはないでしょー」

田中「でも坂井だぞ」

紗羽「それは和奏に失礼…うーん」

田中「ウィーンち行ったとき、暖炉でなんか燃やそうとしてたぞあいつ」

紗羽「……」

田中「な?」

紗羽「まぁ……和奏だし」

田中「坂井だしな」

紗羽「うん」

田中「おう」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:14:32.90 ID:DCXuo8Gu0


紗羽「……退屈」

田中「筋トレでもすっか」

紗羽「しない。どんだけ筋トレ好きなの」

田中「女子だってダイエットばっかしたがるだろ」

紗羽「うるさいクズ」

田中「ハァ……だんだん慣れてきたよ」

紗羽「罵倒されて喜ぶとかキモイ」

田中「喜んでねーよ!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:17:15.27 ID:DCXuo8Gu0

田中「うーん暇だ」

紗羽「二人だけでも練習する?」

田中「伴奏は無いけどな」

紗羽「それはしょうがないでしょ。じゃあ最初から」

田中「おう」

♪ ♪ ♪


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:20:41.00 ID:DCXuo8Gu0

田中「ふう。まあこんなもんか」

紗羽「うーん、やっぱり二人じゃ物足りないね」

田中「……」

紗羽「何、どうかした?」

田中「いや、さ。沖田って器用だよな。普通に歌うまいし」

紗羽「そりゃ田中よりはねー」

田中「どーせ俺はバドだけだよ」

紗羽「はいはい、いじけないの」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:22:38.67 ID:DCXuo8Gu0

田中「まあいいけどよ。運動できて歌もうまいって、結構すげーと思うよ」

紗羽「ほめてもなんもでないよー?気持ち悪い」

田中「気持ち悪いは余計だ」

紗羽「ふっふーん」

田中「お前バク転とかできるだろ。バドやってみりゃいいセンいくんじゃねーかな」

紗羽「バドはやらなーい……ん?」


紗羽「あれ、あたしアンタの前でバク転見せたっけ?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:25:12.41 ID:DCXuo8Gu0

田中「……」

紗羽「おい」

田中「……前に商店街でバイトしたときに」

紗羽「ウソ。あのときそんなアクションなかったじゃん」

田中「じゃあ見間違えだ、うん」

紗羽「怪しい……。今なら来夏と和奏には内緒にしてあげよう」

田中「なんもしてねーだろ!?」

紗羽「つまり田中は合唱部に居場所がなくなってもいいんだね」

田中「お前が言うと冗談に聞こえねーよ…」

紗羽「じゃあ白状しなさい。どこで見たの」

田中「……お前が音楽室で振り付け考えてたとき」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:28:18.93 ID:DCXuo8Gu0

紗羽「田中」

田中「はい」

紗羽「あたしそのときスカートだったよね」

田中「いやでも、タイツだったからセーフというか、」

紗羽「田中」

田中「……はい」

紗羽「覗きとかないわー」

田中「邪魔しちゃ悪いと思ったんだよ!」

紗羽「こっそり見てたんだ。ふーん」

田中「わ、悪かったよ」

紗羽「キモい」

田中「ぐっ……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:32:22.97 ID:DCXuo8Gu0

紗羽「男子ってさ」

田中「ん?」

紗羽「いっつもそんなこと考えてるの?」

田中「そんなこと?」

紗羽「だから……その、スカートとか、エロいこと」

田中「考えてねーよ!」

紗羽「まったく?」

田中「…………まぁ、たまには」

紗羽「うわー……」

田中「聞いてきたのそっちだろ!」

紗羽「正直に答えるとは思わなかった」

田中「くっ……」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:35:30.02 ID:DCXuo8Gu0

紗羽「まったく。ウィーンを見習ってほしいよ」

田中「あのな、あいつだってお前らが考えてるほど紳士ってわけじゃないぞ」

紗羽「え?」

田中「おっと、ここまでだ。男と男の約束は破れねえ」

紗羽「ちょ、ちょっと、ウィーンがなんなの?!」

田中「……」

紗羽「きーにーなーるー!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:39:18.02 ID:DCXuo8Gu0


紗羽「くそっ。……じゃあ田中の好みは」

田中「なんでそうなるんだよ」

紗羽「べっつにいいじゃん、減るもんじゃなし。あ、もしかして来夏?」

田中「もうそれはいいっつの」

紗羽「じゃあ和奏」

田中「あのな……選択肢狭すぎるだろ」

紗羽「同じ部活に美少女が3人もいるんだよ?もしかして田中ってソッチ系なの?ウィーンと仲いいもんね」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:42:30.30 ID:DCXuo8Gu0

田中「男子二人だけじゃねーか。それにウィーンは宮本だろ」

紗羽「え、なにそれ初耳なんだけど」

田中「前にそんな話をしたことが……がんばってるところがチャーミングとか何とか」

紗羽「それ好きってことなの?」

田中「わからんけど、坂井とかお前よりは好きなんじゃね」

紗羽「ちょっと。ちゃんときいといてね、明日もっかい聞くから」

田中「はいはい」

紗羽「む、田中のくせに」

田中「はいはい」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:46:24.91 ID:DCXuo8Gu0

ザーザーザー

紗羽「雨やまないなー」

田中「……雨女」

紗羽「なんか言った?」

田中「なーんにも」

紗羽「……」

田中「……」

紗羽「……雨男」

田中「聞こえてんじゃねーか!」

紗羽「ふーんだ」


50: (もうすぐ終わります) 2012/09/27(木) 00:50:44.34 ID:DCXuo8Gu0

紗羽「あーめあーめふーれふーれふーんふーふふーん」

田中「……沖田ってさ」

紗羽「ん~?」

田中「どうなんだよ」

紗羽「なにが?」

田中「タイプとか、好きな、やつとか」

紗羽「……なんでそんなこと聞くの?」

田中「……別になんでもねーよ」

紗羽「……」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:52:36.55 ID:DCXuo8Gu0

ザーザーザー

紗羽「あたしはさ」

田中「ん」

紗羽「……」

田中「……なんだよ」

紗羽「運動とか、できる人がいいな」

田中「は?……ああ、さっきの話か」

紗羽「……あとイケメン!」

田中「なんだそりゃ」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:54:16.45 ID:DCXuo8Gu0

紗羽「うっさい!なんでもない!」

田中「な、なんだよ」

紗羽「田中は」

田中「え?」

紗羽「田中のタイプ。まだ聞いてない」

田中「…そんなん聞いてどうすんだよ」

紗羽「べっつにー」

田中「……」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:55:32.47 ID:2AfTB1bK0

TARITARI見ると高校に戻りたくなるな


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:56:13.20 ID:DCXuo8Gu0

田中「……俺も、運動できるやつとか、嫌いじゃない」

紗羽「……へえ、ふーん。そうなんだ」

田中「おう」

紗羽「ふーん」





田中「なあ」
紗羽「あのさ」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:58:34.90 ID:DCXuo8Gu0

田中「…悪い」

紗羽「…なんであやまんの」

田中「あのな、えーと」

紗羽「……」

田中「つまりだな、」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:00:40.40 ID:DCXuo8Gu0



ピーンポーンパーンポーン
“まもなく完全下校時間です。校内に残っている生徒は帰宅してください…繰り返します…”


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:01:27.90 ID:DCXuo8Gu0


田中「……」

紗羽「…えっと」

田中「お、おお、雨止んだな」

紗羽「あ、うん、そうだね」

田中「……帰るか」

紗羽「そう、だね、うん」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:04:15.82 ID:DCXuo8Gu0

駐輪場

田中「お前んちどっちだっけ」

紗羽「坂下って左だけど」

田中「送ってくわ。もう暗いし」

紗羽「でも、田中んち反対でしょ」

田中「いいって。チャリだし」

紗羽「ラケットは?」

田中「準備室置いてきた」

紗羽「そ、そんなに私と帰りたいのかーしょうがないなぁ田中は」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:07:44.04 ID:DCXuo8Gu0

田中「……おう、かもな」

紗羽「え、あの、」

田中「とりあえず乗れって」

紗羽「……?」

田中「うしろ」

紗羽「あ、うん、お邪魔します」

田中「よっと」

紗羽「……重くない?」

田中「別に。ぜんぜん軽いって」

紗羽「……ばーか」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:12:55.36 ID:DCXuo8Gu0

田中「じゃいくぞ」

紗羽「……しっかり漕いでよねー田中!」

田中「うわ、おい揺らすなって!」

紗羽「あははっ!ねえ田中ー!」

田中「なんだー?」

紗羽「明日一緒に登校しよっか!」

田中「はぁ?!」

紗羽「いいでしょー!迎え来てよ!セクハラされたことバラすよ!」

田中「セクハラって…わーかったよ、行けばいいんだろ、行けば!」

紗羽「わかればよーし!」

田中「だから揺らすなっつーの!」




紗羽「ふふっ。 田中のばーか!」



終われ


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:26:57.87 ID:DCXuo8Gu0

支援ありがとうございました。おやすみなさい。


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:15:02.36 ID:2AfTB1bK0

距離感がいい



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:16:45.32 ID:hu3vss+J0

うーん男子高出身としては死にたくなるよね


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:17:01.55 ID:9NBB1h39P

良かったよ。乙


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:17:28.03 ID:ZdxiK6jE0



サラッと読めて内容もサラッとしててよかった(小並感)


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 02:11:47.06 ID:veXat7SdO

乙。台詞も自然だったし雰囲気出てて良かった


82: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/09/27(木) 01:15:33.12 ID:0nMpJ+qc0

tts1.png


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。