スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「真」雪歩「真ちゃん」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1348495348/
3: >>1 こちらでも。改めてありがとうございます 2012/09/24(月) 23:05:50.47 ID:uvGegU580


-移動中-

P「しかし、今日も暑いな…」

P「1つ目と2つ目の現場が近いから歩きにしたが、タクシーを呼べばよかったな」

P「二人とも大丈夫か?」

真「はい、ボクは大丈夫ですよ」

雪歩「はいですぅ……ふぅ、ふぅ…」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:08:02.94 ID:uvGegU580


P「あっ、雪歩。なんだったらその荷物…」

真「雪歩、その荷物貸して」ヒョイ

雪歩「わっ、悪いよ、真ちゃん」

真「いいからいいから。トレーニングにもなるし」

雪歩「えへへ、ありがと。真ちゃん///」


P「……ぐぬぬ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:10:41.96 ID:uvGegU580


-事務所-


雪歩「プロデューサー、真ちゃん。お茶をどうぞ」コトッ

P「おぉ、雪歩。ありがとう」

真「いつもごめんね、雪歩」

雪歩「ううん。私が好きで淹れてるだけから気にしてないで」

P「ズズッ…いやー、今日も美味いよ」

真「うーん…ズズッ…やっぱり雪歩のお茶は格別だね」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:13:56.51 ID:uvGegU580


雪歩「あっ、真ちゃん!」

真「どうかした?」

雪歩「その湯のみ、私の…」

真「ああっ、ごめん雪歩! ボク全く気付かなくって!」

雪歩「ううん、いいの。むしろ真ちゃんなら…///」

真「雪歩…///」


P「……ぐぬぬ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:17:06.37 ID:uvGegU580


-楽屋にて-


P「じゃあ、外にいるから、衣装合わせ終わったら呼んでくれ」

真「今回の衣装はめちゃくちゃ可愛いですね!」

P「たまには真のお願いも聞かないとな」

ガチャ

P「~♪」

真『…ちょ、ちょっと、雪歩やめてよ!』

P「……」ピタッ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:21:35.15 ID:uvGegU580


雪歩『で、でもっ、真ちゃんがちゃんとブラを着けれてないから…』

真『はあっ…/// ゆっ、雪歩!そんなところ、急に…やんっ///』

雪歩『ご、ごめんね、真ちゃん。でも、この衣装ならもっと胸を上げたほうがっ…』

雪歩『……はい、できたよ真ちゃん!』

真『はぁ…はぁっ…』

真『いくら雪歩でも、次は急にやったら怒るからね…///』


P「……ぐぬぬ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:25:27.02 ID:uvGegU580


-再び事務所-


P「忙しいところに来てもらって悪いな」

P「雪歩」

雪歩「プロデューサー、どうしたんですか?」

P「単刀直入に聞く」

P「雪歩は俺の真をどう思ってるんだ?」

雪歩「ま、真ちゃんですか…? …私の大切な友達…ですけど…」

雪歩「プロデューサーこそ『俺の真』って、どういうことですか?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:30:32.50 ID:uvGegU580


P「意味も何も、そのままだが」

雪歩「でも、真ちゃんはプロデューサーとは付き合ってません」

P「そんなの、俺が一番知ってる」

雪歩「じゃあ、なんで…」

P「付き合ってなくても、それでも俺の真であることには代わりない」


16: IP変わったかも、ご勘弁 2012/09/24(月) 23:35:27.77 ID:318fbyJU0


雪歩「そっ、それは、おかしいです!真ちゃんは、皆の真ちゃんですぅ!」

P「なっ、何を言ってるんだ!真は俺の真だ!」

雪歩「っ…プロデューサーの真ちゃんじゃなくて、皆の…。ううん…、私の真ちゃんです!」

P「おい、皆のじゃなかったのか!」

雪歩「違います!私の真ちゃんです!」

P「俺の!」

雪歩「私のですぅ!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:40:10.10 ID:318fbyJU0



P「はぁ…はぁ…」


雪歩「ふぅ…ふぅ…」


P「ちょっと、落ち着こう…」

雪歩「そ、そうですね…」

P「冷静に考えてくれ。雪歩は女。真も女だ」

P「ここに友情以外の感情が芽生えるのはおかしい!」

雪歩「…っ!」

雪歩「…そっ、それを言うなら、プロデューサーだって、アイドルとプロデューサーの関係ですぅ!」

雪歩「ファンや事務所の皆を裏切るんですかっ?」

P「…っ!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:44:15.70 ID:318fbyJU0


P「くそっ、俺はもう帰る」

雪歩「…好きにしてください」

P「今度、真を連れてきて、直接本人に選んでもらうからな」

P「それで決着つけるから、それまで持ち越しだ」

雪歩「……っ」プイッ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:49:13.51 ID:318fbyJU0


・・・
・・



ガチャ


P「……ただいまー」

雪歩「……」

P「…おかえりの一つもないのか?」

雪歩「……」

雪歩「…寄り道して、遅い時間に帰る人にはありません」プイッ


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:53:02.43 ID:f702IwIL0

え?


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:54:04.41 ID:318fbyJU0


P「さっきの件で、真の家に行って、時間が取れそうな日程を確認してただけだよ。とりあえず、次の日曜日は確保したから」

雪歩「また、真ちゃんに浮気ですか?」

P「くっ…、真が可愛いんだからしょうがないだろ…」

P「それで、晩ご飯は?」

雪歩「もう、全部食べちゃいました。自分で冷蔵庫の残りでも探してくださいっ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:55:36.10 ID:qj8ufnpU0

ん?


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 23:58:22.72 ID:318fbyJU0


雪歩「私は先に寝ますぅ!」

バタンッ

P「なんだよ、雪歩のやつ…」

ガチャ

P「……」

P「こんなにいっぱい食えるかよ…」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:00:56.02 ID:wEoJzi/F0


P(一言で言うと、俺と雪歩は付き合って同棲している)

P(いつからか…どうしてなのか…。語るほどでもない、ほんの些細なきっかけから)

P(しかし、一つ、普通のカップルと違うと言えば…)

P(……俺と雪歩は真が好きなだけ…)

・・・
・・



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:05:29.71 ID:wEoJzi/F0


-日曜日-


真「こんにちはー」

P「おぉ、よく来たな真」

雪歩「いらっしゃい、真ちゃん」

真「……」

真「………あっ、あはは…」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:10:20.00 ID:wEoJzi/F0


真「本当に二人が同棲してたんですね…」

P「あぁ、言ってただろ?」

真「いや、何か舞台裏でも言い争ってたりしてるから、てっきり仲が悪いのかと…」

雪歩「そんなことないよ!」

真「……」

真「…………あの」

P「?」

雪歩「?」

真「……あの、ポスターは…?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:15:16.19 ID:wEoJzi/F0


P「あぁ、あれか?見ての通り、真が写った等身大ポスターだよ」

P「しかも、壁一面に全パターンだ。どうだ、可愛いだろ?」

真「……。……あそこに飾ってるのは?」

雪歩「あれは、真ちゃんがこの間のライブで着てた衣装だよ」

雪歩「実は、プロデューサーに頼んで回収してもらったんだけど、洗ってないから真ちゃんの良い匂いがするんだ、えへへっ///」

真「……」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:19:49.90 ID:wEoJzi/F0


P「ちなみに、その隣にあるのは、真に内緒で作った等身大の抱き枕な」

P「交互に抱いて寝るって雪歩と約束してるのに、昨日も一昨日も雪歩が抱いて寝たんだぞ、ズルいと思わないか?」

雪歩「むっ、その前にプロデューサーが3日間手放さなかったからですぅ!」

P「あれ、そうだっけ?」

真「……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:21:10.63 ID:nik8eCIl0

お、おう


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:23:49.88 ID:wEoJzi/F0


雪歩「あと、抱き枕には、真ちゃんがレッスンで使ったトレーニングウェアを着せてるんだよ?かわいいよね?」

P「もちろん、雪歩に頼んで更衣室から拝借したから、洗ってないけどな」

真「………」

真「……………」

真「うわああああああああああ!!!!」

P&雪歩「どっ、どうした!(どうしたの?)真!(真ちゃん?)」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:26:54.11 ID:wEoJzi/F0


真「なっ、なんなんですか、これはっ!!」

P&雪歩「?」

真「天井にまでボクのポスターやブロマイドを貼ってるし!」

P「どこにいても、真の視線を感じられるんだ、最高だろ?」ニヤニヤ

真「部屋にBGM流れてると思ったらボクの歌だし!」

雪歩「部屋のどこにいても、真ちゃんの声が聞こえるんだよ?」ニコニコ

真「なんなのこれはあああああーーーー!!!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:29:44.37 ID:wEoJzi/F0


真「正直、玄関開けた時からボクの視線ばっかりで怖かったけど!!」

P「俺と雪歩が1日かけて部屋を飾ったんだぜ」

雪歩「そういえば…、あれが二人でした初めての共同作業ですぅ…///」

真(何処で照れたの?!)

真「……二人は」

P「?」

雪歩「?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:32:51.09 ID:wEoJzi/F0


真「二人は本当に愛し合ってるんですか…?」

P「……」

雪歩「……」

P「そんなの当たり前だけど…」

雪歩「いくら真ちゃんでも、言っていいことと悪いことがあるよ…」



シーン



真(えっ、ボクが悪いの?)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:36:17.78 ID:wEoJzi/F0


P「そもそも、好きじゃなきゃ同棲しないし」

雪歩「私も、男の人で触れ合えるのは、プロデューサーだけだよぉ…」

真(……じゃあ、なんでボクはこんな空間に閉じ込められてるんですか…)

P「最近の雪歩は真にかまってばっかりで…」

雪歩「プロデューサーこそ、真ちゃんのことしかみてないですぅ…」


P「……雪歩」チラッ


雪歩「……プロデューサー」チラッ


真(………)


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:39:45.01 ID:wEoJzi/F0


P「なんかごめんな、雪歩…つい真の事になると…」

雪歩「いえ…いいんです、プロデューサー…私も真ちゃんが…」


P「雪歩は悪くないよ、俺が…」 イチャイチャ


雪歩「私が悪いんですぅ…」 イチャイチャ



真(………)


真(は?)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:41:32.91 ID:l+yutRKm0

これは真はキレていい


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:41:56.32 ID:wEoJzi/F0


P「今日ぐらい、たまには一緒に寝ようか…?」 イチャイチャ

雪歩「ええっ!もうプロデューサー。真ちゃんの前で恥ずかしいですぅ…。でも…、今日ぐらい…」 イチャイチャ


真「……」

真「ボクもう帰ります…」


P「どうしよう、俺、一緒寝るだけじゃ…」 イチャイチャ

雪歩「……私は…いいですよ…」 イチャイチャ


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:44:12.70 ID:wEoJzi/F0



ガチャ


真「…じゃあ、また明日、事務所で」


P「じゃあ、今日は二人の寝てる真ん中に、真の抱き枕な?」

雪歩「はいですぅ」



真「っ?! それだけはやめてえええぇぇぇぇっっ!!!!」


P&雪歩「?」


-おしまい


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:45:13.90 ID:wEoJzi/F0

支援ありがとうございました

まこりん、ごめんよ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:46:16.48 ID:LdSFZi1L0

乙。笑った。


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 00:51:35.72 ID:7pcEMcdi0

真悲惨すぎてワロタ


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25(火) 01:00:13.99 ID:4oz6vScl0


まこりん可愛い


この記事へのコメント

- 名無し - 2012年09月25日 16:27:52

ドロドロの三角関係…そう思っていた時期が私にもありました

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。