スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紬「まろやか?」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1348237270/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:21:10.20 ID:5Atwwyg30

ちょっとむかし。とある洋館にひとり少女が住んでいました。
少女の名前は秋山澪。彼女は吸血鬼でした。

吸血鬼は人の生き血を吸って生きていきます。
しかし、澪は人見知りで恥ずかしがり屋だったので、その勇気がありませんでした。

このままでは駄目だと考えた澪の両親は、彼女一人を残して館から出て行きました。
吸血しなければならない状況を作り、澪に一人前の吸血鬼になってもらうためです。

しかし澪はなかなか家をでる勇気が持てず、すっかり衰弱してしまいました。

一人の少女が館を訪れたのは、その頃のことです。

紬「森に花を摘みにきたのはいいけど、迷っちゃったみたい」

紬「ここはどこかしら」

紬「あら、あんなところにお家があるわ。ちょっとお邪魔してみましょう」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:22:29.41 ID:5Atwwyg30

紬「誰かいますかー?」

紬「あれ、鍵が空いてる」

紬は扉を開け、館に入りました。
澪はそれに気づいていたのですが、怖くて自分の部屋に閉じこもっていました。

紬「誰もいないのかしら‥…ひょっとして空き家かしら。ちょっと探検してみましょう」

紬は次々と部屋を巡り、ついには澪の部屋の前に辿り着きました。

紬「あれ、この部屋から人の気配を感じる」

澪「‥‥」

紬「この布団‥‥あやしい」

紬はベッドの上の布団が膨らんでいることに気づきました。
誰かが隠れていると確信した紬の顔には、悪い笑顔が浮かんでいました。

紬「わっ!!!」バッ

澪「うおおおおあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!」

紬「キャッ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:25:01.48 ID:5Atwwyg30

澪「わ、私をどうするつもりだ」

澪「食べてもきっと美味しくないぞ」

びっくりした澪は自分が食べられてしまうと思い込んでしまいました。
布団で頭部を守りながらガクガクと震えています。

紬「驚かしてごめんなさい。食べたりしないから出てきて」

澪「‥‥ほんとう?」

紬「本当」

澪「‥‥嘘だっ! そうやって安心させた後、パクリと食べちゃうんだ」

紬「どうしたら、信じてくれる?」

澪「‥‥」

澪は少し考え、布団の下から紬の顔を覗き込みました。
紬はとても綺麗な金色の髪をしていました。
やわらかく輝く髪を見て、異国のお姫様みたいだな、と澪は思いました。

澪「‥‥きれい」

紬「えっ」

澪「その髪、さわってもいい?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:27:45.82 ID:5Atwwyg30

紬「‥‥うん」

紬はためらいながらも承諾しました。
すると澪は布団から出てきて、恐る恐る紬の髪を触りました。

澪「やわらかくてすべすべだ」

紬「くすっぐったい//」

澪「きれいな、髪」

紬「あなたの髪も、とってもきれい」

澪「//」

紬「触ってもいい?」

澪「うん」

紬はやさしく澪の髪を撫でました。
澪は気持ちよさそうに目を細めます。

紬「でもお肌はちょっと荒れてるみたい」

澪「‥‥っ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:29:34.80 ID:5Atwwyg30

その言葉を聞いた澪はまた布団を被ってしまいました。
荒れた肌を見られるのが嫌だったのです。

紬「ごめんなさい。無神経なこと言ってしまって」

澪「いいんだ。仕方のないことだから」

紬「ひょっとして、アトピーか何かの病気?」

澪「ううん。違うんだ」

紬「家から石鹸をもってきてあげる。とってもお肌がすべすべになるの」

澪「違うんだ。私は吸血鬼なんだ」

紬「吸血鬼?」

澪「うん」

紬「‥‥」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:32:03.13 ID:5Atwwyg30

澪「長い間血を吸わなかったから、肌がカサカサになっちゃったんだ」

紬は少し考えてからこう言いました。

紬「それじゃあ、私の血、吸う?」

澪「へっ」

紬「私の血を吸ったら、お肌きれいになるんでしょ?」

澪「いいの?」

紬「うん」

澪は紬の首筋を見つめました。
両親が帰ってこない以上、いずれ血を吸う必要があります。
紬の首筋はとてもやわらかそうで、その中にある血もとても美味しそうだと澪は感じました。

澪「本当にいいの?」

紬「うん」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:33:15.13 ID:5Atwwyg30

澪「‥‥」カプッ

紬「‥‥っ」

小さな牙を紬の首筋に突き立て、血を吸い始めました。
澪は血の味を楽しみながら、顔に触れる紬の髪の感触を楽しみました。
数十秒ほどの食事の後、澪は口を離しました。

澪「まろやかー」

紬「まろやか?」

澪「うん」

紬「あっ、肌が綺麗になってる」

澪「‥‥本当だ」

紬「吸血鬼って凄い!」

澪「//」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:35:21.43 ID:5Atwwyg30

紬「ねぇ、他に何かできるの?」

澪「ちょっと力が強いんだ」

紬「他には?」

澪「怪我の治りもちょっと早いんだ」

紬「凄いっ!」

澪「//」

紬「ねぇ、私とお友達になってくれないかな?」

澪「‥‥いいの?」

紬「うん!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:36:39.69 ID:5Atwwyg30

紬「私の名前は琴吹紬」

澪「ことぶきつむぎ‥‥?」

紬「うん。親しい人はムギって呼ぶわ」

澪「琴吹さんでいいかな」

紬「うん」

澪「私は、秋山澪」

澪「親しい人は‥‥澪って呼ぶ」

紬「澪?」

澪「うん?」

紬「うーん。あっ、ひょっとして澪ちゃんは桜が丘の生徒?」

澪「えっ、なんで知ってるんだ?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:37:53.69 ID:5Atwwyg30

紬「同じクラスだから」

澪「琴吹さんも桜ヶ丘に通ってるの?」

紬「うん。あっ、それじゃあ、りっちゃ‥‥田井中律さんも知ってるよね?」

澪「もちろん知ってるよ。たった一人の友だちだから」

紬「りっちゃんから一度だけ澪ちゃんのこと聞いたことあるわ」

澪「律‥‥」

田井中律は狼少女でした。
吸血鬼が栄養を吸収できるのは人間の血からだけなので、律の血を吸っても意味がありません。
だから、最近は律が来ても居留守を使っていました。
カサカサの肌を見られるのが嫌だからです。


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:38:57.54 ID:5Atwwyg30

紬「澪ちゃんは学校にこないの?」

澪「えっと‥‥」

紬「学校楽しいよ。そうだ澪ちゃん、軽音部に入らない?」

澪「軽音部?」

紬「うんっ! 軽音部。りっちゃんがメンバー集めてやろうって。後一人足りないんだけど」

澪「琴吹さんもメンバーなの?」

紬「うんっ!」

澪「全部で何人なの?」

紬「今のところ3人だよ」

澪「律と琴吹さんと‥‥あと一人か」

紬「唯ちゃんって言うの」

澪「唯ちゃん?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:41:35.21 ID:5Atwwyg30

紬「うん。素直でとってもいい子なの。私の入れた紅茶もとっても美味しそうに飲んでくれるの」

澪「紅茶?」

紬「うん。いつも練習前にティータイムをやってるの」

澪「いいなぁ‥‥」

紬「澪ちゃんもおいでよ」

澪「だけど‥‥」

澪は迷いました。
軽音部は楽しそうです。
しかし外界との関わりを断って久しい澪は、なかなか踏ん切りを付けることができませんでした。

紬「迷ってるんだ?」

澪「‥‥うん。最近人に会ってないから、怖いんだ」

紬「そうなんだ‥‥」

澪「‥‥」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:42:39.19 ID:5Atwwyg30

紬「‥‥あのっ、澪ちゃん」

澪「‥‥?」

紬「明日学校にきてみない? 私がずっと一緒にいるから」

澪「いいの?」

紬「うん。だってお友達だもん」

澪「‥‥あっ、ごめん」

紬「えっ」

澪「さっき律のことたった一人の友だちって言ってごめん。琴吹さんとも友達になったのに」

紬「‥‥澪ちゃんって繊細なんだね」

澪「うん、そうなんだ」

紬「ふふっ」

澪「笑うなんて酷い‥‥」

紬「ごめんなさい。澪ちゃんがあまりに可愛かったから」

澪「//」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:45:23.29 ID:5Atwwyg30

二人は約束をかわして別れました。
次の日の朝早く、紬は澪の家に迎えに行きました。

紬「澪ちゃん、いきましょ」

澪「本当に大丈夫かな?」

紬「大丈夫だって、ねっ」

紬は澪の手をとりました。

澪「あっ‥…やわらかい」

紬「澪ちゃんの手もやわらかい。それにとってもすべすべ」

澪「//」

紬「さぁ、行きましょ」

澪「‥‥うん」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:46:44.34 ID:5Atwwyg30

二人はゆっくりと森を歩き出しました。
久しぶりのおいしい空気を澪はいっぱい吸い込みました。
紬はそれをニコニコ見つめました。愛しそうに。

しばらく歩くと、通学路に出ました。

律「おーい! ムギ‥‥と澪!?」

澪「り、りつ」

紬「りっちゃんおはよう」

律「なぁ、どうして澪が‥‥」

紬「実は‥‥」

紬と澪は律に昨日のことを話しました。
澪はちょっとだけ居心地が悪そうにしています。

律「そんなことがあったのかー」

澪「うん」

律「でも、なんで今まで私に会ってくれなかったんだ?」

澪「い、言いたくない」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:48:29.31 ID:5Atwwyg30

律「そんなこと言わずにさ~」

澪「嫌なものは嫌だ!」

紬「メッ! りっちゃん!!!」

律「うおっ!」

紬「女の子は色々あるんだから、りっちゃんは追求しちゃ駄目よ!」

律「まぁムギがそう言うなら‥‥」

紬「わかってくれればいいの」

律「‥‥ん?」

紬の言葉は、自分のことを女の子扱いしていないのでは、と律は思いましたが。
紬がそのような皮肉をいう訳がない、と思い、文句は言いませんでした。


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:49:55.76 ID:5Atwwyg30

紬「それじゃあ、そろそろ行きましょうか」

律「あぁ」スタスタ

紬「‥‥りっちゃん、一人で歩いていっちゃ駄目」

律「えっ」

紬「りっちゃんは澪ちゃんのもう片方の手を握ってあげて」

澪「えっ?」

意外な提案に面食らってしまった律でしたが、
それはそれで面白そうだと思い、紬の言葉に従いました。

律「澪の手暖かいな」ギュ

澪「ううっ、これは恥ずかしいよ」

紬「そう?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:51:27.39 ID:5Atwwyg30

律「それにしてもこの状況、あれを思い出すよ」プッ

澪「あれって?」

紬「CIAに捕獲されたエイリアンの図のことね!」

律「そう、それ!」

澪「お、おまえら‥‥」ピキピキ

律「澪が」

紬「怒ったー」

二人は手を解き、澪を置いて走り出しました。
澪は怒ったフリをして二人を追いました。
学校はもうすぐそこです。


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:56:10.97 ID:5Atwwyg30

教室に入ると、皆の視線が澪に集まりました。
その中の一人が近寄ってきました。そうです、平沢唯です。

唯「ムギちゃん、りっちゃん、その子は?」

紬「新しい軽音部員よ?」

澪「へっ」

唯「へぇ?そうなんだ?。ふーむ」

唯はじっと澪のことを見つめました。
澪は少し居心地が悪そうにしています。

唯「えいっ」

澪「きゃっ」

突然唯は澪に飛びつきました。

唯「なかなか良い抱き心地ですな?」

紬「ふむふむ」

澪「は、はなれてくれ」バシ

唯「あっ‥‥」

澪は走って教室から出て行ってしまいました。
紬はそれを追いかけます。


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:57:47.06 ID:5Atwwyg30

澪「はぁはぁ‥‥びっくりした」

紬「澪ちゃん、大丈夫?」

澪「あぁ、うん。あの唯って子、誰にでもあぁなのか?」

紬「唯ちゃんが抱きつくのは、気に入った子だけよ」

澪「‥‥私は気に入られたってことか」

紬「いや?」

澪「嫌じゃやないけど、いきなり抱き付かれるのは困る」

紬「そうね。じゃあ唯ちゃんに言っておくから」

澪「えっ、それはいいよ」

紬「そう? じゃあ言わないでおくね」

澪「あぁ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:58:53.46 ID:5Atwwyg30

澪はこの日、ずっと紬と律の影に隠れて過ごしました。
休み時間も、トイレに行くときも、ずっと一緒でした。
やがて放課後になり、四人は部室に集まりました。

唯「澪ちゃんも楽器やるの?」

澪「あぁ、私はベースを弾くんだ」

唯「ベース! 凄い!!」

澪「//」

紬「唯ちゃんはね、ギタリストなの」

澪「へぇ?平沢さんギター弾けるんだ」

唯「えへへ?」

澪「琴吹さんは何をやるの?」

紬「私はこれ」

澪「キーボードか」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:00:17.05 ID:ca0j08BS0

律「私はだな‥‥」

澪「律はドラムだろ。知ってるよ」

律「そ、そうだな」シュン

唯「ねぇ、せっかく四人揃ったんだから、合わせてみようよ」

紬「そうね、やってみましょ」

律「あぁ、そうだな」

澪「‥‥できるかな」

澪は不安そうな顔をしましたが、紬と律に押されて演奏しました。
四人で合わせるのは初めてでしたが、演奏はとても楽しく明るいものでした。
演奏しながら澪は、学校に来てよかったと思いました。


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:01:21.62 ID:ca0j08BS0

紬「澪ちゃん上手!」

唯「うんうん。すっごくうまかった」

澪「//」

唯「それにひきかえ、ねぇ」

律「な、なんでこっちを見るんだ」

唯「りっちゃんってさ、部長さんなのに下手だよね」

律「ひ、酷い‥‥」シュン

澪「まぁまぁ律。これからだって」

律「うぅ‥‥」

律が落ち込んでいると、ティーセットを持った紬がやってきました。

紬「お茶をいれるわー」

唯「お菓子もあるの?」

紬「えぇ、今日はロールケーキよ!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:02:26.08 ID:ca0j08BS0

澪「ロールケーキ」ゴクリ

紬「ふふふ、澪ちゃんも好きなんだ」

澪「うん」

紬「それは良かった」

紬はお茶の準備を始めました。

受け皿を並べ、カップを置き、皿を並べ、ティースプーンとフォークをセットする。
紅茶をカップに注ぎ、ロールケーキを切り分けて、皿に盛り付ける。

その一連の流れはとてもゆったりとしていましたが、全く無駄のないものでした。
いつの間にか澪は紬に見蕩れていました。

澪「きれい‥‥」

唯「澪ちゃん?」

澪「‥‥ううん、なんでもない」

紬「どうぞ、澪ちゃん」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:03:31.41 ID:ca0j08BS0

澪「ありがとう」

澪「‥‥」ゴク

紬「どう?」

澪「美味しい‥‥」

紬「おかわりもあるから、どんどん飲んでね」

澪「あぁ」ゴク

唯「ムギちゃん、ムギちゃん。私にも早く」

紬「ええ、唯ちゃん。今いれるわ」

ティータイムは終始和やかでした。
美味しいお茶と美味しいお菓子、楽しそうに過ごす3人。
澪は軽音部にきて本当に良かったとひしひしと感じました。


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:04:37.46 ID:ca0j08BS0

律「‥‥納得行かない」

澪「律‥‥?」

律「こうなったら練習あるのみだ!!」

唯「さっきの演奏気にしてたんだ」

紬「おっ、りっちゃんやるきね?」

律「あぁ、これからドラムマニアやりに行くぞ」

紬「えっと‥‥」

唯「ムギちゃんは知らないんだ。ゲームのことだよ。ドラムを叩くゲーム」

律「あぁ。ドンドンドコドンってリズムに合わせて叩くんだぞ」

紬「面白そう!!」

律「じゃあ今日の部活はこれくらいにして、みんなで行こうぜー」

唯・紬「おー」

澪「‥‥」

紬「澪ちゃん?」

澪「‥‥私はいい」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:05:42.98 ID:ca0j08BS0

紬「えっ?」

澪「私は行きたくない」

律「そんな事言わずにさー。澪も行こうぜ」

澪「ごめん律。久しぶりに外に出たから疲れてるんだ」

澪「私はいいから琴吹さんと平沢さんと3人で行っておいでよ」

律「うーん」

紬「‥‥私も澪ちゃんと一緒に帰るわ」

律「それじゃあムギ頼むよ」

澪「いいよ。琴吹さんも楽しんできなよ」

紬「だけど‥‥」

澪「ドラムマニアに興味津々だったじゃないか」

紬「‥‥」

澪「それじゃあ、私は帰るよ。さよなら」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:07:47.97 ID:ale9bH+T0

澪はそう言い残して帰ってしまいました。
もちろん四人で遊ぶのが嫌だったわけではありません。
澪はゲームセンターに行くのが嫌だったのです。

人が沢山いる場所、しかも素行の良くない人がたむろしている場所。
澪にはまだそんなところに行く勇気がありませんでした。


澪「はぁ‥‥」

澪「なんだか妙な空気にしてしまったな」

澪「でも軽音部は楽しかった」

澪「うん。明日から頑張ろう」

澪は長い独り身生活のせいで、独り言がくせになっていました。
傍から見たら、ただのかわいい妙な人です。

そんな澪の後を追いかける少女がいました。そう、紬です。

紬「澪ちゃん!!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:09:30.35 ID:ca0j08BS0

澪「琴吹さん、どうして‥‥」

紬「約束したから」

澪「約束?」

紬「私がずっといっしょにいるって、約束したから」

澪「でも、もう放課後だよ」

紬「家に帰るまでが学校です!」

澪「‥‥ぷっ」

紬「澪ちゃん?」

澪「琴吹さんって真面目な顔して面白いこと言うんだね」クスクス

紬「//」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:10:45.33 ID:ca0j08BS0

澪「それじゃあ一緒に帰ろうか」

紬「うんっ!」

二人は歩き出しました。
ゆっくりと、一歩一歩しっかりと。
夕焼けで赤く染まった街を通り過ぎ、少し暗くなった森を抜けて、澪の家に着きました。

澪「上がっていってよ。お茶ぐらい出すから」

紬「うん」

澪「琴吹さんはそこら辺に座ってて、今用意するから」

紬「うん」

ソファに座った紬は辺りを見回しました。
すると一枚の写真が目に入りました。そこには幼い澪と律が写っていました。


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:12:08.94 ID:ca0j08BS0

澪「はい、麦茶で良かったかな?」

紬「ありがとう。ねぇ、あの写真」

澪「あっ、あれか」

紬「うん。小さい頃の澪ちゃんとりっちゃんだよね」

澪「あぁ、そうだよ」

紬「ふたりともかわいいわ?」

澪「そうかな? 今とそんなに変わらないと思うけど」

紬「うふふふ」

澪「ねぇ、琴吹さん」

紬「なぁに?」

澪「私はこれから上手くやっていけると思う?」

紬「不安?」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:13:28.22 ID:ca0j08BS0

澪「うん。今日も最後は妙な空気にしちゃったし」

紬「澪ちゃんは人が沢山いるところに行くのが嫌だったんだね」

澪「‥‥! 気づいてたんだ」

紬「うん」

澪「琴吹さんは凄いな。それにひきかえ律のやつは」

紬「りっちゃんも気づいてたと思うけど」

澪「えっ」

紬「澪ちゃんが人ごみ苦手だって知ってるから」

紬「だからこそ、ゲームセンターに連れて行こうとしたんだと思う」

澪「‥‥そうなのか」

紬「うん。りっちゃんなりの気遣いじゃないかな」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:14:32.44 ID:ca0j08BS0

澪「‥‥はぁ」

紬「澪ちゃん?」

澪「いやさ。律にも琴吹さんにもこんなに気遣われて、情けないなって」

紬「そんなことないと思うけど。ベースだってとっても上手だったし」

澪「あぁ、ベースは独りで練習してたから‥‥」

紬「ねぇ、澪ちゃん」

澪「なんだ?」

紬「少しずつ慣れていけばいいと思うの。一歩ずつ」

澪「そうかな?」

紬「うん。私はそう思う」

澪「‥‥」

紬「私ね、今とっても楽しいの」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:15:54.22 ID:ca0j08BS0

澪「楽しい?」

紬「うん。たまたま訪れた家を探検したら、お姫様みたいな綺麗な女の子が出てきて‥‥」

紬「私と友達になってくれて‥‥」

紬「その子は同じ学校の子で‥‥」

紬「軽音部で一緒に演奏して‥‥」

紬「こうやって、一緒にお喋りして‥‥」

紬「本当に、とってもとっても楽しいの!!」

澪「琴吹さん‥‥」

紬「澪ちゃんは楽しくない?」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:16:58.69 ID:ca0j08BS0

澪「私も楽しいよ」

澪「突然人が家に入ってきたときはどうなるかと思ったけどさ‥‥」

澪「やってきたのはお姫様みたいに綺麗な女の子で‥‥」

澪「その子は同じ学校の子で‥‥」

澪「とっても優しくて面白い子で‥‥」

澪「血はすっごくまろやかで‥‥」

澪「あっ」

話しているうちに、澪は紬の血の味を思い出してしまいました。
視線は紬の首筋に釘付けです。

澪「‥‥ごめん」

紬「吸う?」

澪「いいの?」

紬「えぇ」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:18:02.51 ID:ca0j08BS0

澪「それじゃあ」カプッ

紬「‥‥」

澪「まろやかー」

紬「やっぱりまろやかなんだ」

澪「うん。とってもまろやかで、包み込まれるような優しい味」

紬「//」

澪「//」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:19:07.68 ID:ca0j08BS0

紬「だけど、澪ちゃんも同じ事を考えてたなんて」

澪「同じ事?」

紬「お姫様みたいだって」

澪「だってとっても綺麗な髪で、綺麗な瞳だから」

紬「眉毛は太いよ」

澪「それもかわいいと思う」

紬「//」

紬は澪にほめられて真っ赤になってしまいました。
容姿を褒めてもらったことは何度もありましたが、
眉毛まで褒めてもらったのは初めてだったのです。


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:21:46.28 ID:ca0j08BS0

澪「それより私がお姫様だなんて、そんな柄じゃないよ」

紬「そんなことない!!!」

澪「わっ」

紬「髪の毛は艶のある綺麗な黒だし、瞳もぱっちりしてるし」

紬「ちょっと病弱そうだし、おしとやかだし」

紬「お姫様そのものよ!!」

澪「//」

力説されて、澪も頬を真っ赤に染めました。
紬の言葉は力強く、1点の嘘偽りもないことは明らかです。


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:22:51.19 ID:ca0j08BS0

澪「琴吹さんは人を褒める天才だと思う」

澪は照れくさそうに言いました。

紬「そういう澪ちゃんのほうこそ」

紬も照れくさそうに言いました。

澪「ねぇ、琴吹さん」

紬「なぁに?」

澪「ムギって呼んでいいかな?」

紬「うん。よろこんで!」

澪「これからよろしく、ムギ姫」

紬「あらあら、そんな呼び方したらりっちゃんが嫉妬するわよ」

澪「律が? ないない。律はお姫様って柄じゃないから」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:26:03.02 ID:ca0j08BS0

紬「そうかな? ジュリエットとか似合いそうだけど」

澪「‥‥ぷっ」

紬「澪ちゃん?」

澪「やっぱりムギってときどき面白いことを言うね」

紬「もう‥‥だけど、それなら私にもチャンスがあるのかな」

澪「なんのこと?」

紬「うふふ、なんでもないわ」

澪「教えてよ」

紬「秘密」


二人の関係はまだ始まったばかり。
紬の秘密が明かされるのは、もっと後のお話。
彼女たちにはまだまだ時間があるのです。

めでたしめでたし?



おしまいっ!


70: 元ネタ 2012/09/22(土) 00:29:14.94 ID:ca0j08BS0


maroyaka1.png


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:35:02.54 ID:W+7Txsza0

乙!

>>70
かわいい


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:40:32.85 ID:1Y3i8BaA0

こんなのも


maroyaka2.png


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:55:30.26 ID:muFcQQ5x0

なかなかよかった乙


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 01:17:01.21 ID:TVefPifDO

おつ


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。