スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪歩「ゆっくり進んで、歩いていこう」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347456104/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 22:21:44.05 ID:WvoWygfO0

雪歩「プロデューサーは今日はずっと事務所なんですかぁ?」

P「あぁ、今日はずっと事務所で業務だ」

雪歩「そうなんですかぁ」

P「雪歩も今日は久々の休みじゃないのか?」

雪歩「はい」

P「事務所にでなくても、家でゆっくりしててもいいんだぞ」

雪歩「はい……けど、台本も読みたかったので……」

P「ふーん、そうなのか」

雪歩「はい」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 22:28:25.54 ID:WvoWygfO0

P「そういえば、この前の講演は良かったな」

雪歩「えぇ!? ほ、本当ですか?」

P「あぁ、評判も良いらしいぞ」

雪歩「そ、そうなんですか」

P「雪歩は毎日、演技の勉強頑張ってたもんな」

雪歩「はい」

P「うっし、俺も仕事頑張らないとな」


雪歩「えへへ♪」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 22:33:16.79 ID:WvoWygfO0

P「……」カタカタカタ

雪歩「……」ペラ……ペラ……

P「……」カタカタカタ

雪歩「……」スッ

P「……」カタカタカタ



雪歩「こ、これお茶です。どうぞ」

P「ん、ありがとう雪歩」

雪歩「い、いえ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 22:38:56.60 ID:WvoWygfO0

P「……」カタカタカタ

雪歩「……ふ~ん♪」……ペラ

P(雪歩が鼻歌だなんて珍しいな)

雪歩「ん~♪」……ペラ


P「何か良い事でもあったのか?」

雪歩「ひゃ、ひゃい?」

P「いや、機嫌良さそうだから何か良い事でもあったのかなって」

雪歩「べ、別になにもありませんよ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 22:42:37.28 ID:WvoWygfO0

P「あ、そう」

雪歩「はい」

P「……ふーんそっか」カタカタカタ

雪歩「はいぃ」


P「……」カタカタカタ

雪歩「……」………………ペラ……





14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 22:53:22.43 ID:WvoWygfO0


P「ん、もう、こんな時間か。……雪歩! まだいたのか?」

雪歩「はい、後少しだったので」

P「じゃあ、それ終わったら言ってくれ」

雪歩「はい」




雪歩「本当に良いんですか? 送ってもらうなんて悪いです」

P「気にするな、アイドルをこんな時間に一人で帰すのもあれだし」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:00:32.73 ID:WvoWygfO0

P「雪歩は最近仕事はどうだ?」

雪歩「仕事ですか?」

P「前と違って仕事が多くなっただろ、疲れとかは溜まってないかと思ってな」

雪歩「えっと……お仕事は楽しいですよ」

雪歩「演技の練習も上手くいったら嬉しいです」

P「そうか……そういえば、男の人はまだ苦手なのか?」

雪歩「と、得意ではないですけど……喋るくらいならなんとか」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:11:42.36 ID:WvoWygfO0

P「じゃあ、やっぱり雪歩は男が多く出る仕事は避けた方がいいか」

雪歩「……あの!」

P「どうした?」

雪歩「お、男の人が出る仕事でも……が、頑張ってやってみたいですぅ」

P「えっ! 大丈夫なのか?」

雪歩「このままじゃあ、やっぱり駄目だと思うし……」

P「……雪歩は頑張ってるな。よし、俺も手伝うから一緒に頑張っていこうな」

雪歩「は、はい!」

雪歩「それにこのままじゃあ恋愛も出来ないし……」ボソッ

P「ん? なんか言ったか?」

雪歩「はうぅ、なんでもないですぅ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:19:06.15 ID:WvoWygfO0

雪歩「プ、プロデューサーは今度の日曜日は……休みなんですか?」

P「確か仕事は入ってないな」

雪歩「そっか……」

雪歩「……」

雪歩「あ、あのプ、プロデューサー」

P「なんだ?」

雪歩「えっと、あの、今度の日曜……」

P「うん?」

雪歩「……こ、今度の日曜日にどこかに行きませんか!?」

P「お、おう」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:25:34.83 ID:WvoWygfO0

P「雪歩に遊びに誘われるとは思わなかったよ」

雪歩「あっ! こ、これはそのデートとかじゃなくて、男の人になれる為の事で……うぅ……」

P「分かってる分かってる」

雪歩「だ、だから、全然プロデューサーが特別とかではなくて、あぁいや、特別じゃないって訳でもなくて……」

P「分かってるから落ち着け雪歩」

雪歩「はうぅ……」



P「落ち着いたか?」

雪歩「ごめんなさい、コーヒーも買ってもらっちゃって」

P「気にするなって」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:33:20.85 ID:WvoWygfO0

P「よし、じゃあ今度の日曜日はどっか行くか」

雪歩「はい」

P「うーん、雪歩はどこか行きたい所はあるか?」

雪歩「それは、プロデューサーに決めてほしい……です」

P「だな、よし任せろ。俺がデートをしっかりプロデュースしてやるさ」

雪歩「で、デートじゃないです」

P「そうだった、そうだった」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:41:51.23 ID:WvoWygfO0

雪歩「プロデューサー、ここまでで大丈夫です」

P「了解、じゃあまた今度な」

雪歩「……」

P「?」

雪歩「こ、これ良かったら食べて下さい」

雪歩「じゃ、じゃあ送ってくれてありがとうございました」
ダッ

P「あっ、ありがとな~雪歩~。……で、これは……お菓子か?」

P「ちゃんと梱包されてるけど、手作りっぽいな」ポリっ

P「うん、旨い」



雪歩「良かった~しっかり渡せて~」ホッ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 23:50:50.51 ID:WvoWygfO0

雪歩「今日事務所に行った甲斐があったなぁ」

雪歩「それに、プロデューサーと、デ……遊びの約束も」

雪歩「……///」

雪歩「け、けどこれは男の人の苦手を克服するためのもので」

雪歩「全然、デートとかではないですぅ」


雪歩「……ふふ~ん♪ ふ~ん♪」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 00:01:25.79 ID:zXfvi8cL0

――――――――――――――――――――――

P「おっ、早いな雪歩、まだ時間まで30分はあるぞ」

雪歩「用事があって、ちょっと早くついちゃって」

P「そうなのか、じゃ早速いくか?」

雪歩「はい」


P「それにしても、雪歩はそうゆうフワフワの服が良く似合うな」

雪歩「そ、そうですかぁ?」

P「あぁ、それに服のおかげか今日は一段と可愛く見えるな」

雪歩「えへへ、ありがとうございます」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 00:09:08.12 ID:zXfvi8cL0

雪歩「プロデューサー、何処に向かっているんですか?」

P「それはな――――」




P植物園だ」

雪歩「うわぁー」

P「雪歩はなんか花好きってイメージがあったし、ここなら男の人とかも多くはいないだろうしな」

雪歩「植物園って初めてなんで楽しみですぅ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 00:17:38.98 ID:zXfvi8cL0

―――――――――――――――――――
雪歩「いろんな花がありましたねプロデューサー」

P「植物園だしな」


雪歩「ふぅー、静かだから落ち着きますぅ」

P「それは良かったよ……そろそろ、飯でも食にするか?」

雪歩「あ、あのぉ」

P「うん?」

雪歩「じ、実は――――」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 00:21:58.74 ID:zXfvi8cL0

雪歩「ど、どうですか?」

P「旨いよ、このサンドイッチ」

雪歩「良かったですぅ」

P「この前のクッキーも美味しかったし、雪歩は料理の才能もあるな」

雪歩「そ、そんな私は全然ですよ」

P「いやいや、いいお嫁さんになるって」

雪歩「お、お、お嫁さん!? な、何をいってるんですか、プロデューサー///」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 00:30:58.18 ID:zXfvi8cL0

P「ふぅ旨かった、ごちそう様雪歩」

雪歩「美味しいって言ってもらえて私も嬉しいですぅ」

P「はは、じゃあ俺は飲み物買ってくるから雪歩はここで待っててくれ」

雪歩「はい」


ガチャン ガチャン
P「っと……雪歩はミルクティーでいいんだよなっと」

P「ん、ここからも雪歩が見えるな」


雪歩「」キラキラ

P「……ふつくしい」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 00:37:13.33 ID:zXfvi8cL0

P「雪歩、これジュ―ス」

雪歩「あっプロデューサーありがとうございますぅ」ニコッ

P「うっ……あぁ」ドキッ

雪歩「はぁ~、美味しい」

P「……」

P「よーっし、ここで重大発表」

雪歩「?」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 00:45:09.80 ID:zXfvi8cL0

P「実は雪歩にドラマの撮影が入ってたんだ」

雪歩「ほ、本当ですか?」

P「あぁ……で、その撮影は男の人と共演だ」

雪歩「えっ」

P「男と共演って事で断ってたんだけどな、この前の雪歩の話を聞いてオファーを受ける事にしたんだ」

雪歩「あうぅ……」

P「よし、一緒に頑張ろうな雪歩!」

雪歩「……はいぃ」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 00:54:20.61 ID:zXfvi8cL0

――――――

雪日「ひゃ、ひゃうぅ……」

監督「カットー」

雪歩「うぅ……すいません」

監督「勘弁してよ雪歩ちゃーん、もう4回目だよ」

雪歩「すいません」

監督「すいませんって言われてもね……」

雪歩「うぅ……すいません……」

P「す、すいません」

監督「はぁ……一回休憩ー」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:01:28.57 ID:zXfvi8cL0

P「大丈夫か雪歩?」

雪歩「……はい」

P「……ごめんな雪歩、いきなりこんな仕事は難しかったよな」

雪歩「わ、私が旨く出来ないのが悪いんですぅ」

P「けど、いきなり男と手を繋ぐってのも難しかったよな」

雪歩「はぅ……」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:08:17.83 ID:zXfvi8cL0

雪歩「頑張り……ます」

P「いいんだぞ無理しなくても」

雪歩「でも……」

P「大丈夫だ雪歩は何も悪くないさ。この仕事を入れた俺が悪いんだからな」

雪歩「違うんです、苦手な物でも頑張って克服したいんです。プロデューサーと一緒に」

P「雪歩……」ガっ

P「あぁ、雪歩なら絶対大丈夫だ!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:13:36.91 ID:zXfvi8cL0

雪歩「はい、頑張りますプロデューサー」

P「おう!」


P「そうだ、雪歩の好きな飲み物持ってきたんだ」

雪歩「いつも、ありがとうございますぅプとデューサー」

P「はは、雪歩、手を放してくれないと飲み物とれないぞ」

雪歩「す、すいませんつい……」



P「ん?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:18:27.27 ID:zXfvi8cL0

P「今、俺達手を繋いでる……よな?」

雪歩「えっ……あわわわ」

P「雪歩、今のままセリフ!」

雪歩「えっ、は、はい」


雪歩「―――――」

P「うん、ちゃんと出来てるじゃないか雪歩」

雪歩「本当ですか」

P「おう」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:22:46.40 ID:zXfvi8cL0

雪歩「よ、良かったですぅ~」

P「だな、この調子なら大丈夫だ」

雪歩「はい」

P「……」

雪歩「……」

……

P「こ、このままだと飲み物飲めないな」

雪歩「え、えっと……」

P「こ、この感覚を馴れた方が良いかもな。もうちょっとこのままでいてみるか?」

雪歩「は、はい」
ニギニギ


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:27:12.10 ID:zXfvi8cL0

ニギニギ

P「なんか、変な感じだな」

雪歩「けど、もうちょっとこのままが……」

P「あぁ」

雪歩「……」

P「……」
ニギニギ


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:28:41.66 ID:J2gBlU7j0

何をニギニギしてるんですかねぇ…


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:31:32.85 ID:zXfvi8cL0

そろそろ休憩おわりま~す

P「ん、時間だな」

雪歩「うぅ……」
パッ


P「あっ、雪歩、ちょっとでも飲み物飲んどいた方がいいぞ」

雪歩「でも、今の手の感触を忘れたくないですぅ」

P「……」

P「な、なら俺が雪歩に飲ませるっていうのは?」

雪歩「ふぇ?」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:35:51.58 ID:7337q/AK0

どうやって飲ませるんですかねぇ(ゲス顔)


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:37:40.37 ID:zXfvi8cL0

P「じゃ、じゃあ缶を傾けるぞ」

雪歩「はいぃ」

クイッ
雪歩「んくっ……んくっ……」

P(なんかエロいな)

雪歩「んっ……はぁ……」

P「ど、どうだ?」

雪歩「す、すごく甘いです///」

雪歩「も、もう一か――」

休憩おわりま~す

雪歩「うぅ……」

P「よし、頑張ってこい雪歩」

雪歩「はい」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:47:05.93 ID:zXfvi8cL0

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

雪歩「おはようございますぅ」

P「おっ、おはよう雪歩」

春香「おはよう雪歩」

春香「雪歩また仕事決まったんだってね」

雪歩「う、うん」

春香「この前のTVドラマの出演から調子いいよね」

雪歩「そうかな?」

春香「うん、男の人との演技だったのに、すっごい上手だったよ

雪歩「えへへ、ありがとう春香ちゃん」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:53:24.31 ID:zXfvi8cL0

春香「雪歩は苦手な物を克服していってるんだね」

雪歩「うん、ゆっくりだけど」

春香「そうなんだ」


春香「でも、どうやって克服したの?」

雪歩「それは秘密ですぅ」

春香「えぇー」



雪歩「プロデューサー」ボソッ

P「ん?」

雪歩「今日も手を繋ぐレッスンお願いしますね」

おわり


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 01:55:39.62 ID:zXfvi8cL0

支援いただきありがとうございました


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 02:08:42.66 ID:HITxv9I/0

おつ


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 04:42:21.46 ID:C7NVGXUT0


よかった


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 08:38:42.42 ID:6MqXHKuc0



癒される


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。