スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木胡桃「わたし、落語家になったんだよ」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347626202/
1: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 21:36:42.34 ID:5E08sCah0

わたしは、波浪浮亭木胡桃
落語家をやってます
女のコが落語家なんて珍しい
そう思う人が、多いかもしれません
でも
わたしが落語をやるのには、理由があるのです

がらっ

木胡桃「おはようございまーす」

魔梨威「おはよーさん、今日も元気だねぇ」

この人は、蕪羅亭魔梨威さん
同じく落語家をしています
そう
わたしが落語家をしている理由

それは、この人にあるんです


11: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 21:42:25.72 ID:5E08sCah0

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

~数年前~

木胡桃「うぅ、今日こそは学校行こうと思ったのに」

木胡桃「また、さぼっちゃったよ」

この頃
わたしは不登校をしていました
いろんな悩み
いろんな不満
少しづつ、少しづつ積み重ねていったわたしは
ある夏
ついに、それらを爆発させてしまったのです

木胡桃「それにしても」

木胡桃「今日は、高校のコ達が多いな」

木胡桃「なんかあったのかな」


13: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 21:48:22.12 ID:5E08sCah0

ドンッ

木胡桃「あ、ごめんなさいっ」

生徒A「んだよ、いってぇな」

生徒B「って、あれ?」

生徒B「こいつ、どっかで見たことね?」

木胡桃「・・・あ」

その人達は
わたしが極力、関わりを避けてきた女のコ達でした

生徒A「あー、そういえばいたよな、一学期には」

生徒B「急に来なくなっちゃって、どしたん?」

木胡桃「そ、それより、なんでこの時間に?」

生徒A「ただいま、テスト期間中~♪」


16: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 21:55:05.12 ID:5E08sCah0

生徒B「そっかー、学校来てなきゃ」

生徒B「テストなんて、かんけーねーもんな」

生徒A「いいよなー、引きこもりは」きゃはは

木胡桃「・・・わたしだって、好きでやってんじゃないし」ぼそっ

生徒A「あ?」

生徒B「いま、なんか言ったか?」

木胡桃「な、なにも」

生徒A「そーだ」

生徒A「学校こねーってことは、悩みとかあんだろ?」

生徒A「それをうちらが、聞いてやるとかよくね?」

生徒B「おー、いいじゃん」

生徒B「カラオケとかどーよ?」


17: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 21:59:40.26 ID:5E08sCah0

木胡桃「わ、わたしはいーよ」

生徒A「おい」

生徒A「話聞いてやるっつーのに、なんだその態度」

生徒B「ほら、怒らせんじゃねーって」

生徒B「どうせ、時間あんだろ?」

生徒A「もちろん、金もなー」





木胡桃「あ・・・あ」


18: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 22:04:09.92 ID:5E08sCah0

魔梨威「やめときなよ、嫌がってんじゃねーか」

そこに居たのは
見たことのない制服の
見たことのない女のコでした

生徒A「なんだてめー」

生徒B「うちらは、友達なんだ」

生徒B「邪魔してんじゃねーよ」

生徒A「な、うちら友達だよな?」

木胡桃「え、あの」がたがたっ


19: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 22:09:16.57 ID:5E08sCah0

魔梨威「ったく、情けないねぇ」

木胡桃「え?」

魔梨威「違うなら違うって、ちゃんと言え!」

魔梨威「嫌なら嫌って、ちゃんと言え!」

魔梨威「あんたの口は、なんの為についてんだい!」

みんなが呆気にとられていました
わたしにとっても
知らない女のコに怒られるなんて
初めての経験だったし

だけど
その一言は、わたしの忘れてたなにかを
思い出させてくれたのです


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 22:15:57.76 ID:uB4Z/TwV0

マリーさんイケメンすぎる


23: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 22:16:53.69 ID:5E08sCah0

木胡桃「ば、バカにしないで!」

木胡桃「それくらい、自分で言えるもん!」

木胡桃「わ、わたしは、わたしはっ」

ぐっ

木胡桃「あんた達なんかと、カラオケなんか行きたくない!」

木胡桃「行きたきゃ勝手に行け、バーカ!!!」

生徒A「なっ!?」

生徒B「てめー、ナメんのもいい加減に・・・」

がしっ

生徒B「!?」

魔梨威「こっからは、あたしの出番だな」

魔梨威「ケンカなら、買ってやるよ」


25: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 22:23:09.43 ID:5E08sCah0

魔梨威「あたた」

魔梨威「一発、いいのもらっちまった」

木胡桃「あ、あの、大丈夫ですか?」

魔梨威「心配なら、あっちの心配してやりなって」

魔梨威「それに、散々脅しつけてやったから」

魔梨威「もう、悪さなんてしないだろ」

木胡桃「なんで、わたしの為にこんな」

魔梨威「別に、あんたの為じゃないよ」

魔梨威「あーゆーのって、ムカツクじゃんか」


28: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 22:29:31.97 ID:5E08sCah0

木胡桃「ぷっ」

魔梨威「な、なんで笑うんだい!」

木胡桃「だって、そんなことだけでケンカしちゃうの?」

木胡桃「それに、その話し方って」

魔梨威「これかい?」

魔梨威「あたしは、落語家に憧れてるんだよ」

木胡桃「落語家?」

魔梨威「あたしのしゃべりで、みんなが笑顔になる」

魔梨威「素敵なことだと、思わないかい?」にっ


29: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 22:33:11.23 ID:5E08sCah0

そうして
その女のコは去って行きました
聞けたのは
県外から、テスト休みで法事に来たこと
そして
落語家に憧れてること
それだけでした

ほどなく
わたしは、学校に行くようになりました
あの二人がわたしにちょっかいを出すことは
もちろん、ありませんでした


30: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 22:37:24.22 ID:5E08sCah0

わたしは、ずっと彼女を探し続けました
来る日も来る日も
落語と名のつくHPを漁り
来る日も来る日も
書店に並んだ雑誌に、目を通したりしました
そして
ついに見つけたのです

蕪羅亭魔梨威

彼女は、夢をかなえていました
そこに載っていた写真は
あの時の笑顔のままでした


31: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 22:39:29.15 ID:5E08sCah0



37: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 22:45:03.89 ID:5E08sCah0

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

木胡桃「そして、わたしも頑張って」

木胡桃「ようやく同じとこに、わたしの旗竿を立てることが出来たよ」

木胡桃(あなたの憧れた世界が)

木胡桃(どんな所なのか、知りたかったから)

木胡桃「ま、マリーさんはあの時のことなんて」

木胡桃「ぜんっぜん、覚えてないみたいだけど」

くるっ

木胡桃「・・・あ」

生徒A「お、お前は」

生徒B「なんだよ、そのカッコ?」


38: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 22:49:20.64 ID:5E08sCah0

木胡桃「あの、これは」

木胡桃「・・・・・・」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

魔梨威『あんたの口は、なんの為についてんだい!』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

木胡桃「・・・うん」

木胡桃「わたし、落語家になったんだよ」

木胡桃「よかったら、一席聞いてってよ」

木胡桃「損はさせないからさ」にこっ


41: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 22:52:43.09 ID:5E08sCah0

魔梨威「へぇ、キグも言うようになったね」

木胡桃「マリーさん!?」

魔梨威「あの頃から、ちっとは成長したってことかねぇ」

木胡桃「・・・あの頃?」

木胡桃「あの頃って、まさか!」

木胡桃「マリーさん、気付いてたの!?」


42: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 22:57:31.93 ID:5E08sCah0

魔梨威「バカにすんなよ」

魔梨威「これでも、記憶力はいい方なんだぞ?」

木胡桃(・・・気付いてた)

木胡桃(マリーさん、覚えてくれてた)

木胡桃(覚えてくれてたんだ!)

木胡桃「・・・・・・」じわっ

魔梨威「き、キグ!?」

魔梨威「なんで泣くんだよ、おい」おろおろ

魔梨威「勘弁してくれよ」

魔梨威「なんでだよぉ!」


44: ◆1BrjSSUSHI 2012/09/14(金) 23:02:51.33 ID:5E08sCah0

わたしは、波浪浮亭木胡桃
落語家をやってます
女のコが落語家なんて珍しい
そう思う人が、多いかもしれません
でも
これが、結構やりがいあるんです

いま
わたしには夢があります
それは
マリーさんの口から、こう言わせることです

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

魔梨威『バカにすんなよ』

魔梨威『キグの気持ちなんて、とっくに気づいてたぞ?』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*





お後がよろしいようで


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 23:03:55.58 ID:WpJ5B9p+0

おつかれちゃん


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 23:06:26.85 ID:J2gAMkI90



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 23:07:16.91 ID:QjufaRax0

おつおつ


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。