スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明彦「おいラビリス、何を持ってる?…なに?けいおん?」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1345341171/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 10:52:51.17 ID:kel5oone0

ラビリス「せや、けいおん!のDVDや」

明彦「なんだそれは」

ラビリス「色んな女の子が軽音部ゆう所で演奏しはったり、お茶したりするアニメなんよ」

ラビリス「アイギスからおもろいから見てやって勧められてな」

ラビリス「実際に見てみたら意外にハマってもーて、続きは無いか聞きに行くとこなんや」

明彦「そうか、引き留めて悪かったな」

ラビリス「もう行ってええ?」

明彦「ああ」じ~…

ラビリス「…」

ラビリス「…真田はん、興味あるん?」

明彦「…いや」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 10:58:12.92 ID:kel5oone0

ラビリス「じ~…ってDVD見とったで」

明彦「物珍しかっただけだ」

ラビリス「そないなこと言わへんで見てみたらどや?」

ラビリス「このアニメはたくさん女の子いるんやけど」

ラビリス「あずにゃん言うんが一番可愛いんよ!」

明彦「興味ない」

ラビリス「(さっきは物珍しいとか言うとった癖に…)」

ラビリス「ほんなら仕方あらへんな、無理には勧めへんよ」

ラビリス「なんとなく真田はんはこの手のは苦手そうやし」

明彦「!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 11:03:34.95 ID:kel5oone0

明彦「…今なんて言ったラビリス」

ラビリス「あずにゃん可愛い」

明彦「違う、その次だ!」

ラビリス「真田はんはこの手のは苦手そうやなって」

明彦「冗談じゃない!」

明彦「この俺が苦手なものがアイツ以外にいてたまるか!」

ラビリス「アイツ?」

明彦「…そのアニメDVDを貸してくれ、見事勝利してみせる」

明彦「見終わったらアイギスには俺から返しておく」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 11:09:45.54 ID:kel5oone0

ラビリス「(こないに簡単に挑発に乗ってくるとは思わへんかった)」

ラビリス「そういうことならええよ、ほい」

明彦「礼を言う」

カッ!

明彦「!?」

明彦「なんだ!?急に目の前が眩しく…!!」

明彦「(DVDが光っているのか!?)」

ラビリス「~」

明彦「なんだ?何を言っているラビリス!」

明彦「グッ…光が強く…!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 11:15:39.13 ID:kel5oone0

??? 謎の場所

明彦「…」

明彦「う…!」

明彦「ここは…?一体何が起こった…?」

明彦「…」

明彦「…人の気配がしないな」

明彦「罠か何かで何処かに飛ばされたのか?」

明彦「考えられるのはラビリスの持っていたDVDだが…」

明彦「ラビリスに罠を仕掛けられる程、俺が恨まれてるとは思えん」

明彦「…ふむ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 11:21:55.35 ID:kel5oone0

明彦「…」

?「もしもーし」

明彦「ッ!?誰だ!!」

明彦「(俺が気配を感じられなかっただと?)」

?「後ろから大変失礼しました」

?「私、名乗るほどの者では無いと申します」

明彦「…?」

?「貴方をこの世界へはお呼びしましたのは、何を隠そう私でございます」

明彦「何者だ」

?「ですから名乗るほどの者では無いと」

明彦「(…俺をおちょくっているのか?)」

明彦「…なぜ俺をここに連れてきた」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 11:28:04.92 ID:kel5oone0

?「貴方に興味があるのでございます」

?「…貴方はかつて、『命の答え』を導き出したあのお方と共に戦って来られた」

?「そのような強者が不意に右も左も分からない別世界へと旅だったとしたら…」

?「私、興味フラフラでございます」

明彦「…フラフラ?」

?「はて、ムラムラ?…メラメラ?」

明彦「…」

?「とにかくそういう訳でございます」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 11:32:56.35 ID:kel5oone0

明彦「話が見えんな」

?「悩むなよ、行けば分かるさでございます」すっ

明彦「!」

明彦「(落とし穴だと!?)」

?「さよな~らでございま~す」



明彦「一体何だと言うんだあああああ……!?」ひゅ~

明彦「…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 11:38:59.57 ID:kel5oone0

朝 桜高 職員室

   「…い」

   「…んせい」

明彦「…」

   「…だせんせい」

明彦「(うん…声?)」

さわ子「真田先生!」

明彦「!」がばっ

明彦「…ここは?」キョロキョロ

さわ子「寝ぼけてらっしゃるんですか?もうすぐ最初のHRでしょう?」

明彦「(なぜかスーツを着せられている…)」

明彦「(それに…こいつは今、真田『先生』と言ったか?)」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 11:45:47.34 ID:kel5oone0

さわ子「いくら教育実習ですからって、手を抜いて良い訳じゃ無いんですよ?」

明彦「(教育実習…真田先生…)」

明彦「!」

?『右も左も分からない別世界へと旅だったとしたら~』

明彦「…まさか」

さわ子「何がまさかなんですか?そろそろ行きますよ」

明彦「行く?」

さわ子「教室へでしょう!?ほら、行きますよ!」ぐいぐい

明彦「ま、待て!引っ張るな!」

明彦「まだ状況が色々…!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 11:54:43.52 ID:kel5oone0

朝 教室

明彦「(…まだ不明瞭な部分が多すぎるが)」

明彦「(どうやら俺は教育実習の先生としてここに実習しに来たことになっているらしい)」

さわ子「では紹介するわね」

さわ子「今日から三ヶ月間、教育実習としてこのクラスの副担任を勤める真田明彦先生です」

さわ子「イケメンだからって、手を出したりしないよーに」

律「それはむしろさわちゃん自身に言うべきだと思いまーす!」

さわ子「(あ?)」ギロッ

律「じ、冗談です」

唯「かっこいいね~」

澪「(なんかチラチラ傷跡が見えて怖い…)」

紬「わいるど系?って言うのかしら」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 12:01:30.48 ID:kel5oone0

さわ子「(真田先生、挨拶よ)」

明彦「(あ、ああ)」

明彦「あー…なぜか教育実習をすることになった真田明彦だ」

明彦「正直、何がなんだか分からないんだが…」

律「?」

明彦「やるからには全力でやらせてもらう」

明彦「これから宜しく」

唯「宜しくお願いしまーす!」ぱちぱち

澪「(なんだか変な挨拶だったな)」ぱちぱち

紬「わ~」ぱちぱち


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 12:06:41.39 ID:kel5oone0

さわ子「(それじゃ真田先生、後はお願いしますね)」

明彦「(…普通いきなり任せるか?)」

さわ子「(まだ書いてない書類が残ってるのよ)」

さわ子「(頑張って副担任!)」

がらっ

明彦「おい!」

律「…」にやにや

唯「?」

澪「…」じ~

紬「…」キラキラ

明彦「…えっとだな」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 12:13:00.25 ID:kel5oone0

明彦「(まずは授業…か?)」

明彦「(しかし授業と言ってもな…)」

明彦「(一応教えられるだけの学力はあるから問題無いと言えば無いが)」

律「さなちゃーん?」

明彦「…さなちゃん?」

律「真田先生だからさなちゃん!」

澪「さわちゃんと似て紛らわしいからやめろ」

紬「良いと思うけどなぁ」

明彦「(早速なめられているな…)」

明彦「(…よし!)」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 12:18:34.25 ID:kel5oone0

明彦「お前達、これから俺の最初の授業を始める」

明彦「言っておくが生半可な気持ちではついて来れないからな」

唯「(ど、どれだけ難しい勉強なのかな…)」

律「(意外に頭固いタイプだったかー?面倒臭いな)」

澪「(気合い入れて頑張るぞ)」

紬「(どんとこいです!)」

明彦「まずは制服を脱げ」

澪「は?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 12:23:25.08 ID:kel5oone0

唯「それって…」

澪「ななななな…」

紬「(今時、ストレートな人もいたものね~)」

律「セッ、セクハラ教師!?」

明彦「?何を言っている」

明彦「脱いだらジャージに着替えろ」

明彦「グラウンド50周だ」

律「なーんだ、てっきりあんなことやこんなことをさせるのかと…」

律「って、グラウンド50周!?」

明彦「まずは体づくりからだ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 12:29:23.83 ID:kel5oone0

唯「ごじゅっしゅうって美味しいの?澪ちゃん」

澪「唯が現実逃避を…」

紬「キツそうね…」

明彦「これが俺なりの授業だ」

明彦「考えるな、感じろ」

律「どこのカンフースターだよ…」

明彦「…」

律「…」

澪「…」

唯「…あのぅ」

紬「着替えたいのですけど…」

明彦「あっ、そうか」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 12:37:42.47 ID:kel5oone0

午前 グラウンド

唯「だ、駄目だもう…はっ…はしれなっ…」よろよろ

澪「頑張れ唯、まだ2周しかしてないぞ」たったっ

律「これをあと48回繰り返すのか…やばっ、泣きそう」たったっ

紬「あとでお茶をいれるから頑張りましょう?」たったっ

明彦「平沢…だったか?」たったっ

唯「さ、さなちゃん?」よろよろ

明彦「体力が無さすぎる、普段から運動する習慣を身につけろ」たったっ

明彦「特に足腰が弱いからそこを重点的にな」たったっ

唯「む、無理…」よろよろ

明彦「やる前から諦めてどうする、いいか…」たったっ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 12:42:33.09 ID:kel5oone0

律「…なぁ澪」たったっ

澪「どうした?」たったっ

律「これ何の授業だ?」たったっ

澪「…体育?」たったっ

律「体育ってより訓練だよ」たったっ

律「しかもいつの間にかさなちゃん上半身裸だし」たったっ

澪「(引っかき傷だらけだ…!)」ぷるぷる



明彦「あとたったの40周だ、きびきび走れ」たったっ

唯「」よろよろ


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 12:49:38.46 ID:kel5oone0

昼 教室

律「足痛い!腰痛い!もう体全部痛い!」

澪「走らされて終わりかと思ったら、今度はうさぎ飛びで30周だもんな…」

紬「だれか助けて!唯ちゃんが息をしていないの!」

唯「」

律「お前は頑張った…頑張ったぞ唯…!」

澪「もう良いから。それよりお弁当を食べよう?」

唯「お弁当!」がばっ

紬「生き返った!」

律「もー、食い意地張ってんだから」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 12:54:14.02 ID:kel5oone0

唯「だってお弁当ですから!」ふんす

律「訳が分からん」


明彦「~♪」


紬「あ、真田先生…」

澪「一人でご飯食べるのかな」

唯「一緒に食べようって誘おうか?」

律「だな、そして授業内容の改善を求めよう」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 12:59:24.94 ID:kel5oone0

律「さなちゃーん!」

明彦「ん?田井中か。どうした?」

紬「一緒にご飯を食べませんか?」

唯「真田先生のお話も聞きたいです!ね、澪ちゃん!」

澪「へっ?う、うん…」

明彦「構わないが…何も面白い話は出来ないぞ?」

唯「大丈夫だよ~それにね」

律「さなちゃんにちょ~っと言いたいことがございますことよ?」

明彦「?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 13:00:30.29 ID:qphvPbLyO

これだから肉は


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 13:06:27.41 ID:kel5oone0

明彦「なんだ?言いたいことってのは」ごくごく

律「あの地獄のような運動には一体なんの…って」

律「…何飲んでるの?」

明彦「プロテインだ」ごくごく

明彦「トレーニングの後にはこれが無いと始まらん」

律「今トレーニングって言ったよ、言質取ったよコレ、授業じゃなかったよアレ」

澪「(プロテインとご飯並べて食べる人初めて見た…)」

紬「(いったいどんな味なのかしら…)」うずうず

明彦「…ん?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 13:13:32.92 ID:kel5oone0

明彦「飲んでみるか、琴吹?」

紬「良いんですか!?」

明彦「ああ、たくさん常備してるからな。別に構わん」

明彦「ほら」さっ

紬「い、いただきます!」ごくっ

紬「!」

紬「なんだか不思議な味…それに力が湧くような感じがします!」むぎゅん!

明彦「ははっ、プロテインに速効性は無いぞ」

明彦「運動の後にプロテイン、これを続けていくことが大切だ」

紬(タルカジャ)「なるほど!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 13:14:16.49 ID:C+FzyjdI0

おい何飲ませた


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 13:19:53.32 ID:kel5oone0

唯「(なんかムギちゃんが心なしか、赤く光ってる気がする)」もぐもぐ

澪「…なんでそんなに体を鍛えてるんですか?」

明彦「…」

明彦「…昔、己の弱さを嫌というほど痛感したことがあってな」

明彦「それからだ、己を律して鍛え始めたのは」

明彦「これ以上はここで言うようなことじゃない」

澪「そうなんですか…」

澪「(今、ちょっとだけ悲しそうな顔した…)」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 13:30:17.35 ID:kel5oone0

明彦「…さて、逆に聞くがお前達は何か打ち込めるものはやっていないのか?」

唯律「「軽音!!」」

明彦「…けいおん?」

明彦「(どこかで聞いたな…)」

明彦「(!確かラビリスから借りようとしたDVDのタイトルがそれだったか)」

紬(タルカジャ)「私達全員、軽音部に入ってるんです」

明彦「(というか…ここにいる4人は皆、DVDのパッケージに描かれている奴らじゃないか?)」

唯「あ、ここにはいないけどもう一人部員がいてね…」

?『右も左も分からない別世界へ~』

明彦「(その別世界というのはもしや、あのアニメの世界ということか?)」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 13:40:10.97 ID:kel5oone0

唯「でねでね!あずにゃんったら、猫耳が本当に似合って…」

明彦「フッ…」がたっ

紬(タルカジャ)「どうかしましたか?」

明彦「思いがけず、楽しめそうじゃないか」

明彦「(こんな体験、そう出来るものじゃない)」

律「急に何を言って…」

明彦「そろそろ午後の授業だ、食べ終えたら体育館に集合しろ」すたすた

律「あ、ちょっと!」

澪「…授業の改善、頼みそびれたな」

律「しまった…!しかも体育館に集合ということは…!」

唯「お腹痛いから保険室行ってくるね!」だっ

紬(タルカジャ)「頑張ろうね、唯ちゃん!」がしっ


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 13:49:09.29 ID:kel5oone0

放課後 教室

澪「もう動けないよ…」くたっ

紬「私、バーベルって始めて上げた~」キラキラ

律「うちの学校にバーベルがあったことにまず驚きだよ…」

唯「う、腕が…がくっ」

明彦「全く、この程度で根をあげるとはな」

律「さなちゃんの基準がおかしいよ!なんでバーベルなんだよ!」

明彦「倉庫にあったからだ」

律「微妙に答えになってないよ!」

紬「汗もかいたし、部室でお茶にしましょう?」

澪「今回ばかりは賛成だ…」

紬「真田先生も一緒にどうですか?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 13:55:09.74 ID:kel5oone0

明彦「良いぞ、どうせ休憩を取るつもりだったからな」

唯「さ、さなちゃんにあずにゃん紹介してあげるね…」

律「唯…もう良い!もう良いだろぉ!」

澪「さっさと行くぞ…」

紬「行きましょうか」

明彦「ああ」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 14:02:30.28 ID:kel5oone0

放課後 部室

がらっ

唯「あずにゃ~ん!」

梓「あ、皆さんお疲れさまで……す」

梓「…後ろの人、誰ですか?」

明彦「真田明彦だ、教育実習の先生ということになっている」

梓「(…なっている?)」

梓「な、中野梓です。2年生です」

明彦「そうか、宜しくな」

明彦「…」

梓「あの…なにか?」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 14:08:48.28 ID:kel5oone0

明彦「いや、知り合いに似ていたものでな(声が)」

明彦「気にするな」

梓「はぁ…」

唯「あずにゃん、今日はさなちゃんと一緒にお茶会をするんだよ!」

梓「おちゃか…練習は…?」

澪「私もしたいのはやまやまなんだけどな…」

律「多分、今日はね…」

唯「ギー太が」

澪「エリザベスが」

律「スティックが」

唯澪律「「「持てない」」」

梓「?」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 14:16:45.94 ID:kel5oone0

かえさる!

梓「なるほど、そういうことですか」

唯「さなちゃんひどいよね!」

唯「おかげで足が棒だよ~」

明彦「あれぐらいこなせないでどうする、敵は待ってくれないぞ」

律「敵って誰だよ」

紬「敵…それは自分よりっちゃん!」

明彦「フッ…琴吹、良く分かってるじゃないか」

紬「真田先生…!」

梓「なんですかコレ」

澪「さぁ…」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 14:25:15.52 ID:kel5oone0

ぺるそな!

梓「…ところで一回だけでも合わせてみませんか?」

梓「さすがにお茶飲んで終わりはまずいですよ色々…」

律「そうかー?」

梓「そうですよ。学園祭も控えてるんですから」

澪「…そうだな、ここは頑張って練習するか」

紬「そうしましょう!」

唯「どれ演奏する?」

梓「ふでペンとかどうですか?」

澪「それにしようか」

明彦「(ほう、演奏か)」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 14:29:56.27 ID:kel5oone0

律「腕ちゃんと動かせっかなー…」

律「まぁ良いや、行くぞ?ワン、ツー…」カッカッ



唯「~♪」

澪「~♪」

梓「」♪

紬「」♪

律「」♪



明彦「これは…」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 14:39:06.11 ID:kel5oone0



澪「~かなり本気よ☆」

律「…うえー…腕いてー」

唯「どうだったさなちゃん?」

明彦「ふむ、率直に言わせてもらえば…」

明彦「あまり上手くないな」

明彦「腕がついていけて無いのが素人目にも分かったぞ」

律「誰のせいだ誰の」

明彦「だが…」

紬「?」

明彦「お前達の心が良く伝わった良い演奏だった」

明彦「グッジョブだ」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 14:46:03.37 ID:kel5oone0

澪「あ、ありがとうございます!」

明彦「素直に言ったまでだ」

明彦「きっとお前達はまだまだ伸びる」

明彦「日々の鍛錬を怠らなければ…だがな」

梓「日々の鍛錬…」ちらっ

律「な、なんであたしを見んだよ」

律「いつもお茶ばっかりなのはあたしだけのせいじゃないだろー!」

律「みんなだ、これはみんなが悪い」

唯「そう、誰かが悪い訳じゃないよ。時代が悪いんだよ」

澪「お前ら…」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 14:49:36.34 ID:kel5oone0

唯「~」

律「~」

梓「~!」



明彦「さて、俺はもう帰るぞ」

紬「もっとゆっくりしていっても…」

明彦「いや、この時間はロードワークが日課なんでな」

澪「じゃあ、また明日ですね」

明彦「またな」

がらっ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 14:58:05.75 ID:kel5oone0

放課後 部室前廊下

明彦「走りがてら、町の地形を確認するか」

明彦「どうせしばらくは戻れそうに無いからな」

明彦「…」

明彦「そういえば…俺の帰る家はどこだ?」

明彦「まぁ根無し草は今に始まったことじゃないが…」

カッ!

明彦「!?」

明彦「またあの時の光か…!!」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 15:04:45.02 ID:kel5oone0

??? 謎の場所

明彦「またお前か」

?「またお前でございます」

?「今回お呼び立てしましたのは貴方の身の回りについてでございます」

?「約三ヶ月の間、けいおん!世界で円滑にお過ごしになっていただく為に」

?「貴方の住居を町のはずれにご用意させていただきました」

明彦「ずいぶん気前の良いことだな」

?「これも私の探求の為です」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 15:10:38.72 ID:kel5oone0

明彦「…だがそんなこと言う為にわざわざ呼んだ訳でも無いだろう」

?「もちろんでございます」

?「本題はここから…貴方がけいおん!世界にいることによる影響についてです」

明彦「影響?」

?「本来貴方はけいおん!とは何も関係の無い人」

?「ですが、貴方が私の手によりけいおん!世界へ来たことで…」

?「けいおん!世界に少し変化が見られたようでございます」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 15:16:57.71 ID:kel5oone0

明彦「その変化とは?」

?「ナイショでございます」

明彦「…」

明彦「やはり貴様は信用ならんな、何が目的だ」

?「ですから、私の興味の為にと」

明彦「戯言は聞き飽きた…カエサル!」カッ!

バチィッ!!!

?「お手出しは厳禁でございます」

明彦「(無傷だと…)」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 15:22:55.10 ID:kel5oone0

?「ここで諍いをなさっても無意味かと」

明彦「…」

?「先ほども申し上げた通り、これは単純な興味」

?「…人の可能性を私はこの目で見たいのです」

明彦「…」

明彦「…フゥ」

明彦「毒気を抜かれた…どうにも食えん奴だお前は」

?「お褒めの言葉と受け取っておきましょう」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 15:28:22.16 ID:kel5oone0

?「…そろそろあちらの世界は夜を迎える頃のようです」

?「お戻りいただきましょう」

明彦「勝手な奴だ」

?「…我が主にも良く言われたものです」すっ

カッ!


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 15:35:38.96 ID:kel5oone0

夜 真田家(臨時)

明彦「…」

明彦「人の可能性を見る…か」

明彦「ずいぶん上からの物言いだったな」

?『貴方はかつて、『命の答え』を導き出したあの方と共に戦って来られた』

明彦「…命の答え」

明彦「(奴は俺に一体何をさせたいのか…)」

明彦「…」

明彦「有里、お前ならどうしただろうな…」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 18:29:35.32 ID:kel5oone0

2週間後 朝 教室

さわ子「…という訳で、もうすぐ京都へ修学旅行です」

さわ子「現地では節度ある行動を心がけるようにね」

明彦「まぁ高校生にもなれば無いとは思うが」

明彦「迷子にでもなったら、目も当てられんからな」

唯「さすがにそれは無いよさなちゃん」ふんす

律「そーそー」

澪「(不安だ…)」

紬「うふふ」

さわ子「はい、おしゃべりしない」

さわ子「周る順番とか良く考えておくようにね」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 18:36:45.51 ID:kel5oone0

昼 教室

紬「京都ってどんな所なのかしら?」

明彦「俺は一度行ったことがあるが…」

明彦「古い建物ばかりのイメージがあるが実際はそんなことは無い」

明彦「どちらかといえば都会よりの楽しむには良い街だ」

唯「ふーん、さなちゃんは京都行ったことあるのかぁ…」

明彦「ちょうど、お前達と同じ年の頃にな」

明彦「あの時は散々な目に…」

律「散々?」

澪「(遠い目だ…)」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 18:37:45.54 ID:sRA6y7EA0



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 18:38:17.90 ID:i3zuyt4/0

P4Uでお披露目になった処刑ですね


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 18:51:11.45 ID:kel5oone0

明彦「おっと、話が逸れたな」

明彦「とにかく、さっきも山中先生が言ったが回る順番はしっかり考えておけ」

明彦「そう時間は多くないからな、効率良く回らんと間に合わないぞ」

律「かといってギチギチにスケジュール詰め込むのもなぁ」

澪「じゃあ、どこから見ていく?」

紬「はい!やっぱり金閣寺は外せないと思うの!」

唯「だよね!」

律「あたしはさー…」



さわ子「真田先生、ちょっと…」

明彦「ん?」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 18:57:40.46 ID:kel5oone0

明彦「何か?」

さわ子「このプリント、あの子達に渡してくれない?」

さわ子「さっきみんなに渡すの忘れちゃってね」

明彦「そうですか」

さわ子「じゃ、他の子達にも探してプリント渡して来ますから」すたすた



明彦「全く…」チラッ

明彦「今度の修学旅行についてのプリントか」

明彦「!」

明彦「月光館学園との合同修学旅行だと?」

明彦「まさか…」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 19:06:07.65 ID:kel5oone0

二週間後 朝 新幹線 車内

律「唯ー!写真取ろうぜ写真!」

澪「こら、車内で騒ぐな」

唯「ムギちゃんお菓子食べる?」

紬「食べる~」あーん

澪「あまりお菓子ばかり食べ過ぎるなよ、唯」

唯「大丈夫だよ~」

律「あれ?」

紬「どうかした?りっちゃん」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 19:13:39.01 ID:kel5oone0

律「さわちゃんはいるけどさなちゃん見当たらないなって」

澪「やっぱり紛らわしいなそのあだ名…」

澪「でも本当だ、真田先生がいない」

澪「別の車両にいるのかな?」

律「でも隣は月高の車両だしな…」

紬「あれ、りっちゃん知らないの?真田先生は月高に在学してたのよ?」

律「そうなの?」

紬「この前、真田先生から聞いたの」

律「なんだ、じゃあ知り合いにでも会いに行ったのかな」

紬「多分ね」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 19:20:46.85 ID:kel5oone0

唯「…なんかさ、ちょっと変じゃない?」

律「何が?」

唯「急に縁もゆかりも無い知らない高校と合同旅行なんてさ」

澪「良く考えたらそうだな…色々唐突な気がする」

律「考えすぎじゃないの?」

紬「そうよ唯ちゃん」

唯「そうかな~」どさっ

唯「あ、お菓子落としちゃった」

澪「大丈夫か?ほら拾って」

唯「てへへ」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 19:26:57.15 ID:kel5oone0

紬「あ、見て見て!富士山!」

律「うそ!どれどれ…」

律「本当だ!綺麗だなー!」

唯「私も見たい!」どさっ

澪「わ!また落としたぞ唯!」

紬「写真取りましょうか!」

律「よっし、ほらみんな集まって!」ぐいぐい

澪「ちょ、律!」

唯「わわっ」

紬「はい、チーズ!」パシャ


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 19:34:42.22 ID:kel5oone0

澪「いきなり何するんだよ!」

律「だって、富士山をバックに撮れなくなっちゃったら勿体無いじゃん」

澪「(帰りに撮れば良いだろ…)」

律「そう怒った顔するなよ澪ー、外の景色でも見て落ち着こうぜ?」

律「高い空、雄大な自然、綺麗な富士山、走るさなちゃん…」

律「ってさなちゃん!?」がばっ

澪「え!?」

紬「う、嘘!?」

昼 新幹線の外 線路沿い

明彦「ふっ…ふっ…ふっ…」たたたっ


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 19:41:48.27 ID:kel5oone0

昼 京都 駅のホーム

明彦「良し、全員いるな」

律「あ、あの、さなちゃん?」

明彦「なんだ?」

律「ど、どうやってこちらへ…?」

明彦「走ってだが」

律「やっぱりアレはさなちゃんか!」

澪「嘘だろ…」

明彦「なかなか良いトレーニングにはなったな」

唯「アレがトレーニング…」

明彦「帰りも走る予定だが、なんなら付き合うか?」

律「結構です!」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 19:52:31.50 ID:kel5oone0

昼 金閣寺

紬「綺麗ね~」

澪「凄いな…ピカピカだ」

唯「アレって本当に金で出来てるのかな?…じゃなくて、出来てるん?」

律「出来てる!…やで?」

明彦「なぜ急に訛るんだ」

唯「あ、こっちで抹茶が飲めるみたいだよ!あの苦いやつだよね?」

律「お菓子付きだってさ、飲んでく?」

澪「なんだかいつもと変わらないな…」

紬「でも楽しいじゃない?」

澪「…まぁ」

明彦「プロテインは…さすがに無いか」

律「このプロテインジャンキー!」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 20:03:21.44 ID:kel5oone0

昼 北野天満宮

明彦「ここが北野天満宮だ」

律「ここって…有名なの?」

唯「さぁ…」

明彦「あそこに牛の像があるだろ?アレを撫でると頭が良くなるそうだ」

澪「へぇ~」

紬「真田先生、詳しいんですね~」

明彦「ま、一度来たしな」

澪「一枚写真撮ろうっと」

明彦「…」

明彦「…平沢、田井中、撫でに行かなくて良いのか?」

唯律「「どういう意味やねん!」」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 20:14:30.83 ID:kel5oone0

昼 嵐山 モンキーパーク

唯「わー…高いねー!」

澪「良い景色だな…」

明彦「絶景かなって奴だ」

律「あー!あたしが言おうと思ってたのに!」

紬「ねぇ、あっちでお猿さんにエサをあげられるみたいなんだけど…」うずうず

律「行ってみるかー」たたたっ

澪「あ、待ってよ律!」たたたっ

唯「やっほー!」

山彦「っほー…」

明彦「…」

明彦「この落ち着きの無さは伊織以上だな…」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 20:20:38.05 ID:kel5oone0

明彦「(…しかし良い所だ)」

明彦「(こんなにのんびりしたのはどれくらいぶりだろうな)」

明彦「…」

明彦「…駄目だ、体が鈍って仕方が無い」

明彦「お前達、そろそろホテルに行くぞ。ダッシュで…」

明彦「…」

明彦「…いない?」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 20:27:58.62 ID:kel5oone0

夕方 帰り道

律「迷った」

澪「どーするんだよぉ…」

紬「さすがに真田先生に黙って帰ったのはまずかったかな…」

唯「でもあのままいたら『ホテルまでダッシュで帰るぞー』とか言いそうだったし…」

律「うんうん」

澪「もしかしてここで私は死ぬのか?そうなのか?」

紬「落ち着いて澪ちゃん」

律「なんとかなるって」

律「ほら、きっとこっちだ」すたすた


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 20:36:06.11 ID:kel5oone0

夜 繁華街

律「迷った」

紬「…思いっきり道を間違えちゃったみたい」

唯「人がいっぱいだ…」

澪「(なんか怖そうな人がたくさんいる…!)」ぷるぷる

律「あたしらどっから来たっけな…」

唯「本格的に暗くなって来たね…」



DQN A「ねーねー君達どこから来たの?」

DQN B「ここらへんじゃ見ない制服だね」

律「(うわ、面倒臭いのが…)」

澪「り、りつぅ…」ぎゅっ


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 20:43:40.72 ID:kel5oone0

DQN A「俺達と一緒に遊ぼーよ」

DQN B「楽しい所いっぱい知ってるよ?」へらへら

律「…なれなれしいんだよ、行くぞみんな」

DQN A「何その言い方、傷ついちゃったなー…」

DQN B「良いから来いってんだよ、こんな所に女の子がいるってことはそういうことだろ?」

紬「い、嫌です!」

澪「(そ、そういうことって…)」

DQN B「ほら来いよ!」ぐいっ

澪「きゃっ!」

唯「澪ちゃん!」



湊「やめなよ」すっ


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 20:51:41.45 ID:kel5oone0

DQN A「なんだテメ…ぶべらっ!」

湊「君達みたいな奴は心底どうでもいい」

DQN B「なんなん…ちにゃ!」

湊「ホントどうでもいい」

律「つ、強い…」

紬「あっという間…」

唯「いちげきだ…!」

澪「はわわ…」

湊「…怪我は無い?」

澪「う、うん。ありがとう」

澪「あの…君は?」

湊「有里湊、月高の2年生」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 20:58:38.32 ID:kel5oone0

湊「道に迷ってここまで来たら、君達を見かけてさ」

湊「その制服…桜高でしょ?今回の合同旅行の」

律「お、おう」

湊「…ホテルまでの帰り道…知らない?」

紬「実は私達も迷子なの…」

唯「困ったね…」

湊「そっか…」しゅん



明彦「ったく、アイツら…ホテルにも戻っていないとは…」たったっ

明彦「どこをほっつき歩いているんだ!」たったっ


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 21:01:17.60 ID:AVDUUZ4m0

キタローは無気力の割にやたらハイスペックだよな


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 21:04:39.67 ID:vfo1ujxW0

キタロースペック

ケンカ強い
料理上手い
コネ多い
話すだけでモテる
文武両道
ワイルド使える


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 21:09:52.06 ID:AVDUUZ4m0

>>151
ついでに顔もいいんだよな
話すだけでモテるは選ぶ選択肢にもよるし微妙だが


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 21:05:36.66 ID:kel5oone0

律「…うん?」

律「!な、なぁ!アレさなちゃんじゃないか!?」

澪「本当!?」

唯「ほんとだ!おーい!さなちゃーん!」


明彦「…いた!お前達!」たったっ


湊「知り合い?」

紬「私達の先生をやってるの。教育実習だけどね」



明彦「ぜぇ…ぜぇ…ようやく見つけたぞ…この馬鹿共」

律「ご、ごめんなさい…」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 21:13:31.84 ID:kel5oone0

明彦「離れるならせめて一言言っていけ」

明彦「…心配を掛けさせるな」

唯「ごめんなさい…」

明彦「無事に見つかったから良かったものの…」

明彦「こんな所をウロウロするものじゃない」

澪「実はその…道に迷っちゃって…」

紬「変な人に絡まれちゃって怖かった…」

明彦「変な…?おい、何かされたのか!?」

唯「ううん、すんでのトコで有里君が助けてくれたんだ」

明彦「…有里?」

湊「どうも」ぺこっ

明彦「!」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 21:49:24.23 ID:kel5oone0

明彦「…有里!有里か!?なぜここにいる!?」

湊「え?」

明彦「お前の為にどれだけみんなが…!」

湊「…あの、初めましてですよね?」

明彦「…何?」

明彦「(この気だるそうな雰囲気、力強い眼、どうみても有里だが…)」

律「さなちゃん、こいつ知ってるの?」

湊「??」

明彦「…いや、俺の勘違いだったようだ」

明彦「(…どういうことだ)」


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 21:59:00.55 ID:kel5oone0

すたすた

順平「お、いーたいた有里クン。こんなトコで何をやってるのかね?」

ゆかり「勝手にふらつかないでよね、探しちゃったじゃない」

湊「あっ、ゆかり」

唯「有里君のお友達?」

湊「うん」

明彦「(伊織に…岳羽…!?)」

明彦「(だが姿は昔のままだ…)」

ゆかり「…誰?その人達」

湊「桜高の人だよ、さっき知り合った」

順平「お前はホント、良いトコだけ持ってくのな!」

順平「消えたと思ったらこんな可愛い娘達とお知り合いになってるとかさ!」


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:06:32.65 ID:kel5oone0

湊「ごめんね」

順平「そのスカした余裕…あれだなムカつき侍だな」

ゆかり「馬鹿じゃないの」

澪「あ、あの…」

澪「そろそろホテルに戻らないか…?」

紬「わっ、もうこんな時間…」

唯「だね、さなちゃんもいるから帰れるし!」

明彦「…」

律「さなちゃん?」

明彦「…ああ、山中先生が心配しているしな」

湊「一緒に帰りましょうか」


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:17:40.86 ID:kel5oone0

夜 ホテル 明彦の部屋

明彦「(有里、伊織、岳羽…皆、当時の特別課外活動部の時の姿をしていた…)」

明彦「(…それに俺と面識があるようには見えなかった)」

明彦「(まぁ、この『ナリ』では分からないのも無理は無いかもしれんが)」

明彦「(どういうことだ?奴の話が正しければここはけいおん!とやらの世界のはず)」

明彦「(なぜアイツらがここへいる…)」


?『ですが貴方が私の手によりけいおん!世界へ来たことで…』

?『けいおん!世界に少し変化が見られたようでございます』


明彦「(これがその『変化』とやらか…?)」


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:24:29.40 ID:kel5oone0

明彦「…」

明彦「…これが『変化』なのであれば、この世界は別の世界の俺達が進んだ可能性…ということか?」

明彦「…」

明彦「…駄目だ。パラレルだのなんだのと考えてると頭がこんがらがってくる」

明彦「風呂にでも入って気分転換するか」


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:31:43.37 ID:kel5oone0

夜 露天風呂

綾時「ねぇ順平君」

順平「なんだい綾時クン」

綾時「もし僕達が露天風呂に入ってる時に入浴時間が男子から女子に変わっても」

綾時「それは不幸な事故だよね?」

順平「もちろん事故に決まってるじゃないか綾時クン」

湊「…」

明彦(過去)「おい…お前達、何を企んでる」

順平「企むなんて滅相も無い!」

綾時「ただお風呂に入ってるだけですよ」


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:37:10.28 ID:kel5oone0

明彦(過去)「こんな時間に風呂に入ろうと誘ったのそういう訳か」

綾時「いえいえ!偶然ですよ偶然!ねぇ湊君」

湊「どうでもいい」

順平「大体、時間が変わった瞬間に入ろうなんて女子がいるわ…」

がらっ

順平「えっ嘘っ?ホントに来た?」

湊「!」



明彦「ん?お前達は…」


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:44:04.67 ID:kel5oone0

湊「さなちゃん先生」

明彦「その名で呼ぶな」

綾時「知ってる人?」

湊「桜高の先生」

順平「あ、さっきは挨拶しないでスンマセンでした」

順平「俺、伊織順平っス!」

綾時「望月綾時です。女子校の先生なんて羨ましいなぁ…」

明彦(過去)「真田明彦です」

明彦「(なんだか変な気分だな…)」

明彦(過去)「先生のお名前は?」

明彦「…面倒だからさなちゃんで良い」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:52:35.53 ID:kel5oone0

順平「意外にフレンドリーなんですねー!さなちゃん先生!」

明彦「(…この場で堂々と名乗れるか、ややこしいことこの上無い)」

綾時「こんな時間に露天風呂ということは、先生も事故狙いですか?」

明彦「…事故?」

明彦(過去)「やはりお前達はそんなことを…!」

順平「わー馬鹿馬鹿、綾時!正直に言っちゃ駄目でしょ!」

綾時「ここまで来たらみんな共犯だよ」

明彦「(この展開…覚えがあるぞ)」

湊「どうでもいい」

明彦(過去)「下らん、俺は上がるぞ」

がらっ


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:00:51.31 ID:kel5oone0

律「結構広いなー!」たたっ

風花「走ると危ないよりっちゃん」

美鶴「そうか、それで軽音部に?」

澪「そうなんです」

美鶴「いつか君達の演奏を聞きたいものだな」

ゆかり「すごーい…お嬢様なんだ」

紬「そうかしら?」

唯「アイギスちゃんってお風呂大丈夫なの?」

アイギス「耐水性の気持ちに切り替えたので問題無いであります」



順平「(ホントに来たよ。アレ?やばくない?)」


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:06:18.13 ID:kel5oone0

綾時「あ、みんな来たね。知らない子もいるけど」

綾時「可愛いからオッケーさ!おー…」

順平「ばっ、馬鹿!しー!」

綾時「むがもご」

明彦(過去)「おい、どうするんだ」

湊「どうで」

順平「もよくないから!マズイから!」


風花「今、声がしたような…」


明彦「とりあえず岩場の裏に隠れるぞ!」


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:13:18.79 ID:kel5oone0

夜 露天風呂 岩場の陰

順平「どうすんだよコレ、マジやべーよ」

綾時「なんでさ?目的は達成でしょ」

順平「桐条センパイがいるとは思わなかったんだよ!」

綾時「…そんなにマズイの?」

明彦 明彦(過去)「「処刑だな」」

湊「どんな?」

明彦 明彦(過去)「「とても口には出せん」」

綾時「シンクロしてる…」

順平「良いか、うまいことやり過ごす方法考えんぞ」


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:21:20.17 ID:kel5oone0

綾時「ならこんなのはどうかな?ほら、僕の髪をお湯で濡らして…」ぺたぺた

湊「!」

綾時「じゃん!どっちが本物の湊君でしょーか!って攪乱するの」

明彦「まとめて処刑されて終わりだな」

順平「…時間を勘違いしたフリして素直に出てくか?」

明彦(過去)「揃いも揃って勘違いしたなんて言い訳が通ると思うか?」

順平「そっスよね…」

湊「僕の溢れる魅力で僕だけ許してもらう」

順平「自分だけ助かる気か!あとホントに出来そうだからやめて」

綾時「…どうしたものかなー」



美鶴「…何をしている」


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:26:38.43 ID:kel5oone0

一同「「「「「!!!」」」」」

律「誰かいるのかー?…って」

唯「さなちゃん?」

風花澪「「ひゃあっ!?///」」ばしゃっ

ゆかり「ちょ、ちょっとアンタら…!」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁ」

美鶴「しょ…」

美鶴「処刑するーッ!!!///」カッ



アイギス「短いお付き合いでした」


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:33:40.90 ID:kel5oone0

深夜 露天風呂

明彦「(人は同じ過ちを繰り返す生き物というが…)」

明彦「(これではあまりに情けない…)」

明彦「(しかし、とっさに回避出来て良かった)」

明彦「(さすがに2回目だからな)」

明彦「だが…」


湊綾時順平明彦(過去)「「「「…」」」」カッチーン


明彦「どう溶かしたものやら…」


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:44:32.63 ID:kel5oone0

深夜 唯達の部屋

律「さっきはびっくりしたな…」

紬「先生達がお風呂場にいたのにも驚いたけど…」

澪「…一番驚いたのは美鶴さんだな」

唯「ぺんてしれあ?って叫んだ瞬間に有里君達が凍っちゃうなんてね!」

律「なんかの魔法だったりして」

紬「不思議ね~」

澪「(はっ!美鶴さんはもしかして…魔女!?)」

美鶴(魔女)『お~ほっほっほっ!』

澪「(ぷっ…)」



美鶴「」イライラ

風花「桐条センパイ?」


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:53:20.80 ID:kel5oone0

律「あとアイギスちゃんな、あの子ロボなんだって?」

唯「全然そうは見えないよね」

紬「うん、なんというか…ちゃんとあの子の『心』を感じた」

澪「私も思った。アイギスちゃんは普通の人間と何も変わらない気がする」

律「うんうん」

唯「ねぇ、明日、アイギスちゃん達も誘ってお土産買いに行こうよ!」

律「お、ソレ良いな!」

紬「楽しそうね!」キラキラ

澪「なら今日は早く寝て、明日に備えようか」

律「あーい」もぞもぞ


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:57:21.76 ID:kel5oone0

澪「…みんな布団に入ったな?電気消すぞ」

カチッ

律「…」

唯「…」

澪「…」

紬「…」

律「…プロテイン」ぼそっ

澪「…」

唯「…ぷっ」

紬「…くすっ」


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 00:00:38.75 ID:EvtV5+BU0

律「…」

唯「…」

澪「…」

紬「…」

律「プロッ…ティーン」ぼそっ

澪「…」

唯「…ぷくくっ!」

紬「…~!」ばんばん!

澪「(…馬鹿軍団か)」



226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 00:09:21.12 ID:EvtV5+BU0

翌日 昼 土産屋

律「なんか一泊二日って短すぎるよな」

ゆかり「意外に楽しかったし、もうちょっといたかったね」

風花「お土産どうしようかな…」

唯「この八橋美味しそうだね!」



順平「どうもこんにちは、伊織順平です…」

綾時「女の子が目を合わせてくれません…」

明彦(過去)「とばっちりだ俺は…」

湊「♪」シャカシャカ

明彦「…問題にならないだけマシと思うしかない」


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 00:19:32.38 ID:EvtV5+BU0

澪「梓の分のお土産はどうする?」

紬「何か形として残るものが良いんじゃないかしら」

澪「んー…形か…」

アイギス「コロマルさんにはこのドッグフードぶぶ漬け味を買っていくであります」

風花「それは暗に出てけってことになるからやめた方が…」

アイギス「ぶぶ漬けにはそんな意味が…なるほどなー」

美鶴「…」キョロキョロ

律「どうしたの?」

美鶴「いや、こういう所にはあまり来たことが無くて…」


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 00:28:19.82 ID:EvtV5+BU0

順平「なんか楽しそう…」

綾時「僕も混じろうとしたら澪ちゃんに汚いものを見るような目で見られたよ…嬉しかったけど」

順平「お前アブノーマルだな…」

明彦(過去)「…美鶴のあんな顔を見たのは人生で2度目だ」

明彦「…」

明彦「(土産か…俺も何か買っていくか)」

順平「ありゃ?そういや湊は?」



湊「生八橋の方が良いと思う」

風花「湊君もそう思う?」

ゆかり「天田君にだし、ここはベタで良いんじゃない?」


232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 00:35:05.03 ID:EvtV5+BU0

唯「こっちには焼き八橋ってのがあったよ!」

湊「それはどうでもいい」

唯「しどい!」

美鶴「な、なぁ有里。これはなんだ?」

湊「それはですね…」



順平「なんでアイツは混じれてんの?」

綾時「良いなー…ホント良いなー」

明彦「(そういえば、有里はそういう奴だったな)」

明彦「(不思議な魅力に溢れて…リーダーシップも兼ね備えた見所のある…な)」

明彦「…」


234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 00:45:06.35 ID:EvtV5+BU0

たったったっ

さわ子「そろそろ時間よー、桜高生も月高生も所定の位置に集合しなさーい」

律「みーお、時間だってさ」

澪「もう?」

ゆかり「そうみたいね」

美鶴「名残惜しいがお別れだな」

紬「ほんの少しだけど、一緒に過ごせてとても楽しかったです」

美鶴「フッ…それはこちらもだ」

風花「みなさんと友達になれて嬉しかったです!」

唯「私も嬉しかったよ!」

アイギス「一生忘れないであります」

律「いや、今生の別れみたいに言われても…」


235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 00:51:11.17 ID:EvtV5+BU0

綾時「あーあ、時間か」

順平「なんか…サンザンだったな」

明彦(過去)「全く…誰のせいだと」

明彦(過去)「…だがまぁ…面白い人と出会えて良かったとは思う」チラッ

順平「だな。ってか、さなちゃんがいなかったら俺達一生冷凍保存されたままだったしな」

綾時「あはは!それは言えてるね!」

明彦(過去)「笑い事じゃない!」



明彦「有里」

湊「はい?」


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 01:02:30.71 ID:EvtV5+BU0

明彦「あー…恐らく俺が何を言ってるか理解出来ないと思うが…」

明彦「…」

明彦「『もう一度』お前と出会えて良かった」

湊「…」きょとん

湊「…」

湊「…それは良かったですね」

明彦「フッ…」

明彦「またいつか…な」

湊「ええ…またいつか」

>真田明彦は『永劫』のアルカナを手に入れた


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 01:10:44.66 ID:EvtV5+BU0

明彦「良し!平沢!秋山!田井中!琴吹!帰りの新幹線までダッシュだ、続け!」

だだだだだっ

澪「えっ?ちょ、ちょっと待って!」

唯「お、お土産が重い…」ふらふら

律「買いすぎだ!」

紬「私が持ってあげるから急ぎましょう!」

だだだだだっ



湊「(昨日から思ってたけど、なんだか初めて会った気がしないな)」

湊「けどまぁ…」

湊「どうでもいいか」


241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 01:19:57.25 ID:EvtV5+BU0

一ヶ月後 放課後 教室

明彦「…ではこれで授業を終える、各自気を付けて帰るように」

  「ありがとうございましたー」

明彦「ああ」

明彦「(…今日で二ヶ月か。俺もずいぶん教師が板についたものだ)」

明彦「(意外に向いているのかもな)」

唯「りっちゃん、澪ちゃん、ムギちゃん、部室行こう?」

紬「今日はね、澪ちゃんの好きなガトーショコラを持ってきたの!」

澪「…ごめんムギ、今日は帰る」

律「あたしも、じゃーな」

がらっ


242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 01:25:57.71 ID:EvtV5+BU0

澪「…じゃ」

がらっ

唯「…二人ともどうしたのかな」

紬「喧嘩かしら…?」

がらっ

梓「澪センパイいますか?」

唯「あっ、あずにゃんだ!」

紬「澪ちゃんなら帰っちゃったみたい」

唯「あとりっちゃんもね」

梓「お二人同時に部活休みなんて珍しいですね…喧嘩ですか?」

唯「うーん…多分」


244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 01:34:57.45 ID:EvtV5+BU0

明彦「(喧嘩か…俺もシンジと良く下らないことで喧嘩したものだ)」



真次郎『この筋肉馬鹿が!何度言えば分かりやがる!』

真次郎『人のラーメンにプロテイン入れんじゃねぇ!』

明彦『お前の体が弱いから、心配して入れたんだ!』

明彦『強い肉体を持てばそれだけでどんな病気にもかから…』

真次郎『余計な世話だ!』

明彦『なんだと!?』

真次郎『大体テメェは…ゴホッゴホッ!』

明彦『それみたことか』

真次郎『るせぇ!』



明彦「今となっては良い思い出だな」


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 01:42:45.94 ID:EvtV5+BU0

梓「…あと一ヶ月で学園祭ですし、三人だけでも練習しましょうか」

紬「そうね…」

唯「ガトーショコラ食べてからね!」

梓「もう…唯センパイったら」

唯「じゃあ、あずにゃんはいらない?」

梓「…食べます///」

紬「ふふふっ」



明彦「(アイツらは大丈夫そうだな)」

明彦「(問題は秋山と田井中か)」


247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 01:48:23.78 ID:EvtV5+BU0

夕方 川沿い

すたすた

明彦「…これでしばらくはプロテインに困らないな」がさがさ

明彦「ここには安いスーパーがあって助かった」

明彦「向こうはどこも物価が高くてかなわん」

明彦「~♪」

明彦「…ん?」

明彦「あそこにいるのは…秋山か?」


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 01:53:54.07 ID:EvtV5+BU0

夕方 川辺

澪「…はぁ」

明彦「ため息とはらしくないな」

澪「!真田先生…」

明彦「夕暮れの川辺で体育座りなんてドラマでしか見たこと無いぞ」

澪「…///」ふしゅ~

明彦「何か悩みか?」

澪「…別に悩みなんて」

明彦「それとも田井中と喧嘩でもしたか」

澪「!」


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 01:59:28.24 ID:EvtV5+BU0

澪「…」

澪「私が悪いんだ…」

澪「私が律にひどいこと言ったから…」

明彦「…良ければ聞いてやる」

澪「…」

澪「…うん」



282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 05:50:16.56 ID:EvtV5+BU0

澪『なぁ律、この歌詞どうかな?』

律『ん?新曲?』

澪『学園祭も近いからな、色々書いてるんだ』

律『…なーんか澪らしくない歌詞だな』

律『ちょっと無いかなー』

澪『なんだよソレ…』

律『…』

律『…っていうかさ』

律『最後だからってそんな気張らなくても良いんじゃない?』

律『いつも通りで良いじゃん』

澪『あのな、私達に次の学園祭は無いんだぞ?』

澪『しっかり考えなきゃ駄目だろ』

律『…』


284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 05:56:40.93 ID:EvtV5+BU0

澪『大体、律はやる気が無さすぎる』

澪『最後の学園祭を良い思い出にしたいとは思わないのか?』

律『…思わない訳じゃない』

律『…でも』

澪『でも…なんだよ』

律『今はそーゆーの考えたくない』

澪『…本当にやる気が無いとは思わなかった』イライラ

澪『…なんでお前みたいなのが部長をやってるんだ』

律『…』

律『帰る』ぽろっ…

がちゃ ばたん!

澪『おい、律!』

澪『…泣いてた?』



285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 06:05:01.72 ID:EvtV5+BU0

澪「…」

明彦「田井中に酷いことを言って後悔している…か」

澪「なんであんなこと言っちゃったんだろ…」

澪「あの時の私は歌詞が上手く書けなくて、それでイライラして…」

澪「律にあたっちゃって…」

明彦「ずっと友達だったからこそ、遠慮無く言い過ぎたんだな」

澪「…私は律のやる気の無い姿が許せなかったんだ」

澪「どうして最後くらい真面目にやってくれないんだろうって…」

澪「でも今は…それ以上に自分が許せない…」

明彦「…」


286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 06:13:20.51 ID:EvtV5+BU0

明彦「そう自分を責めるんじゃない」

明彦「お前は少し急ぎ過ぎただけだ」

澪「…」

澪「でも私は…り、律に…」ぽろっ

澪「あ、あんなひど、い、こと言って…」ぽろぽろ

明彦「…」

明彦「だから自分を責めるな」

明彦「それでは何も解決せん」

明彦「…まずは自分を許してやれ」

明彦「お前は充分、反省したはずだ」


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 06:22:26.10 ID:EvtV5+BU0

澪「わ、私は…でも…」

明彦「今、自分を許さなければ」

明彦「これから誰も許せなくなるぞ」

澪「!」

明彦「己の弱さと向き合え」

明彦「お前なら大丈夫だ」

澪「…」

明彦「…俺が言えるのは…まぁ、これくらいだ」

澪「…もう一度律と笑いあえるかな」

明彦「当然だ」

明彦「お前達は『友達』なんだからな」


290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 06:30:27.09 ID:EvtV5+BU0

澪「…話を聞いてくれてありがとう真田先生」

明彦「…で良い」

澪「え?」

明彦「…さ、さなちゃんで良いと言っているんだ」

明彦「もうこの方がしっくり来る」

澪「…」ポカーン

澪「…ふふっ」

明彦「な、何がおかしい!///」

澪「話を聞いてくれてありがとう、さなちゃん」

澪「凄く気が楽になった」

明彦「…そうか」

澪「今日はもう帰ります、それで…明日ちゃんと律に謝ってくる」


291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 06:39:48.76 ID:EvtV5+BU0

明彦「…」

明彦「きっと元に戻れるさ」

澪「…うん!」

澪「じゃあ…また明日ね、さなちゃん」

明彦「気を付けて帰れよ」

たったったっ…

明彦「…」

明彦「…どんなちっぽけな悩みも、一人で抱えたら重すぎるに決まってる」

明彦「田井中を大切にしてやれよ、秋山」


294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 06:47:41.60 ID:EvtV5+BU0

翌日 放課後 部室

がらっ

明彦「秋山はいるか?」

梓「澪センパイならさっき職員室に行きましたよ?」

梓「さわ子先生に呼ばれたみたいです」

明彦「そうか、入れ違いになったみたいだな」

梓「ここで待ってればそのうち戻ってくると思います」

明彦「なら待たせてもらうか」

梓「あ、掛けてください」さっ

明彦「む、すまないな」すっ

梓「…」

明彦「…」

梓「(ち、沈黙が気まずいですね…)」

梓「(良く考えたらそんなに話したこと無いですし…)」


296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 06:54:34.01 ID:EvtV5+BU0

明彦「…」がさごそ

梓「?」

明彦「…」すっ

梓「(ス、スーツの内ポケットからプロテイン!?)」

明彦「…」ごくごく

梓「(プロテインをあんなに美味しそうに飲む人初めてみました…)」

明彦「…」

明彦「飲むか?」

梓「い、いえ…」

明彦「そうか」ごくごく

梓「…」

明彦「ふう」

梓「(なんか一仕事終えたみたいな顔をしていますね…)」


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 07:02:05.19 ID:EvtV5+BU0

明彦「頑張れよ」

梓「へ?」

明彦「学園祭だ」

明彦「今のメンバーでやれる最後のライブなんだろう?」

梓「ああ…」

梓「そうですね…」

明彦「寂しいか?」

梓「寂しくないと言えば嘘になります」

梓「でも、センパイ達の思い出は心に残ってますから」

明彦「そうか」

梓「そういえば真田先生は…」

明彦「さなちゃんだ」

梓「へ?」

明彦「さなちゃんだ」


300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 07:12:58.97 ID:EvtV5+BU0

梓「さ、さなちゃん先生は学園祭の日に教育実習を終えるんですよね」

明彦「そうだ」

梓「その後はどうするんですか?」

明彦「分からん。正直ノープランだ」

明彦「ただ…俺がどんな道に進むとしても、ここで教鞭を取ったことは忘れん」

明彦「…ここは良い学校だ」

明彦「皆が心から笑いあえる、良い学校だ」

梓「…」

梓「…私もそう思います」

梓「みんなと出会わせてくれた…」

梓「そして大切なセンパイ達と出会わせてくれた良い学校です!」


301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 07:22:17.11 ID:EvtV5+BU0

明彦「フッ…」

明彦「良い顔をしているな、中野」

明彦「俺の授業を受けさせてやれないのが残念だ」

梓「それは遠慮しておきます」

梓「先生の授業は勉強も運動もハードだって、センパイ達から聞かされてますから」くすっ

明彦「何がハードだ」

明彦「せいぜい100キロ行軍したり、飛んでくる硬球を避けたりするだけだぞ」

梓「ハードなんてものじゃなかった!」

明彦「これでもレベルは落としているぞ」

梓「大丈夫なんですか?…教育委員会的に」

明彦「立ち塞がるなら倒すだけだ」

がらっ

純「あ、いたいた梓」


303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 07:28:42.36 ID:EvtV5+BU0

梓「純?どうしたの?」

純「お願い!テスト範囲教えて!」

梓「範囲って…今更?」

純「この通り!」

梓「もー…」

梓「あの…もう少しお話したかったんですけど…」

明彦「俺のことなら気にするな、行ってこい」

梓「すみません…では」

梓「ほら行くよ」

純「ありがと梓ー!」ぎゅっ

梓「ちょ、ちょっと!」

がらっ たったったっ…


304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 07:34:46.78 ID:EvtV5+BU0

明彦「…さて、プロテインでも」

がらっ

明彦「うん?忘れ物か?」

律「お、さなちゃん」

明彦「田井中だったか」

律「なにやってんの?」

明彦「プロテインを飲みつつ、秋山を待っている所だ」

律「澪か…」

律「やっぱ、今日は帰…」

明彦「待て」

律「なに?」

明彦「秋山と喧嘩したそうだな」

律「…」

明彦「ことのあらましは大体聞いている」


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 07:43:01.79 ID:EvtV5+BU0

明彦「確かに秋山は言い過ぎたかもしれないが」

明彦「ちゃんと反省はしている、だから許してや…」

律「違う」

律「…そんなことは気にしてない」

明彦「…?」

律「…」

律「…寂しかったんだ」

明彦「…」

律「あの時、澪が言った言葉…」

澪『あのな、私達に次の学園祭は無いんだぞ?』

澪『最後の学園祭を良い思い出にしたいとは思わないのか?』


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 07:52:59.88 ID:EvtV5+BU0

律「なんか『最後』って言葉が妙に心にきてさ」

律「ああ…もうすぐ終わっちゃうんだなって」

律「そう思ったら…なんか澪の顔が見辛くて…」

明彦「ふむ」

明彦「意外にナイーブなんだな」

律「…あたしだって乙女なんだぞー」

明彦「想像もつかんな」

律「…さなちゃん、女の子の扱い方が分かってないなぁ」

明彦「…余計な世話だ」


307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 08:04:28.56 ID:EvtV5+BU0

律「じょーだんだよ」

明彦「…」

明彦「田井中、終わりは嫌いか?」

律「…嫌い」

明彦「俺も嫌いだ」

明彦「月高にいた頃は何度、この時間が永遠ならばと思ったことか」

律「…何度も?」

明彦「ああ、あの時は毎日が辛くも楽しくてな」

明彦「…終わりや別れがあることなど考えもしなかった」

律「…」


308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 08:11:15.20 ID:EvtV5+BU0

明彦「田井中、どんなものにも必ず終わりは来る」

明彦「受け入れられなければこの先ずっと辛いままだぞ」

律「…」

律「…そんなの寂しいよ」

律「…寂しい」

明彦「…」

明彦「全く…そんな顔をするな」

明彦「良いか」

明彦「終わるということは、また始まりが来るということだ」

明彦「人は後ろを見ていては前に進めん」


312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 08:22:53.78 ID:EvtV5+BU0

明彦「学園祭が終わり、皆が卒業しても軽音部そのものが終わる訳じゃない」

明彦「また新しい軽音部がスタートするんだ」

明彦「お前は後ろを見たままで良いのか?皆は新しい一歩を踏みだそうとしているぞ」

律「…」

律「…あたしも…新しい軽音部にいたい」

明彦「なら前を向け!」

明彦「そして『今』と『未来』だけを見据えて歩くんだ」

明彦「『過去』にしがみつくにはお前は早すぎるだろう」

律「『今』と…『未来』…」


313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 08:34:52.02 ID:EvtV5+BU0

明彦「平沢に中野に琴吹、そして秋山」

明彦「皆、お前の大切な仲間で友達だろ」

律「…うん」

明彦「ならばいつか離れることがあっても大丈夫だ」

明彦「お前達の絆だけは何があろうと終わらない」

律「あたし達の絆だけは終わらない…」

明彦「…ほら、噂をすればなんとやらだ」

がらっ

澪「さなちゃんに…律?」

律「澪…」

明彦「(ちゃんと仲直りしてこい、俺は走り込みに行く)」

律「(さなちゃん…励ましてくれてありがとな)」

明彦「(お節介な説教をしただけだ)」すたすた

がらっ 


314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 08:39:02.95 ID:EvtV5+BU0

放課後 部室前廊下

明彦「今日は気持ち良くトレーニング出来そうだ」

明彦「さて、走りに行くか!」

たたたっ

明彦「…しまった、秋山に用があって待ってたんだった」

明彦「…」

明彦「まぁ、どうでもいいか」

たたたっ…


316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 08:47:21.19 ID:EvtV5+BU0

翌日 朝 真田家(臨時)

明彦「ふわぁ…ぁ」むくっ

明彦「…今日は休日か」

明彦「今日のトレーニングは基本だけやって後は体を休めよう」

明彦「たまにはこんな日も良いだろう」

明彦「まずは腹筋1000回を3セットだ」



317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 08:51:55.41 ID:EvtV5+BU0

昼 真田家(臨時)

明彦「ふぅ…こんな所か」

明彦「ん?もう昼を回っているのか」

明彦「…」ぐ~

明彦「牛丼でも食べに行くか」


318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 08:57:57.74 ID:EvtV5+BU0

昼 外

すたすた

明彦「今日は暖かいな」

明彦「これならもう少しトレーニングしても良かったか?」

明彦「…」

明彦「…今日の俺は独り言が多いな」

明彦「(アイツらの声を聞かないと少し寂しいのかもしれん)」

明彦「…」

明彦「…む?」

明彦「見た顔があそこにいるな」

明彦「あれは…琴吹か」


319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 09:05:21.82 ID:EvtV5+BU0

明彦「よっ琴吹、珍しいな]

紬「あっ、さなちゃん!」

明彦「買い物か?」

紬「ええ、お散歩しながら買い食いしてたの~」

明彦「ほう、面白そうなことをやってるじゃないか」

紬「さなちゃんは?」

明彦「昼飯に牛丼を食べに行く所だ」

紬「…牛丼!?」キラキラ

明彦「あ、ああ」


320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 09:11:31.39 ID:EvtV5+BU0

紬「…私も一緒に行って良いですか?」

紬「私、牛丼って食べたこと無いの…」

明彦「…なに?」

明彦「食べたことが無いだと?」

明彦「あんな美味いものを知らないとはもったいない…」

明彦「ついて来い琴吹、その眼をもっと輝かせてやる」

紬「はい!」キラキラ



327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 10:24:33.23 ID:EvtV5+BU0

昼 某牛丼チェーン店

店員「お待たせ致しました、牛丼の並と大盛りです」

店員「ごゆっくりどうぞ」

紬「これが牛丼…!」

明彦「好みで卵やネギ、紅しょうがを乗せると美味いぞ」もぐもぐ

紬「色んなバリエーションがあるんだ…」

紬「で、ではいただきます!」ぱく

紬「…」ぷるぷる

紬「美味しい~!」キラキラ

明彦「当然だ」

明彦「(牛丼一つでここまで嬉しそうな子は初めてだ)」

紬「お肉と玉葱の相性が素晴らしいわ~」キラキラ


328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 10:33:03.22 ID:EvtV5+BU0



明彦「ふー…美味かった」

紬「ごちそうさまでした!」

明彦「先に出ていろ、会計を済ませてくる」

紬「あ、私の分の代金を…」がさごそ

明彦「いい、要らん気を使うな。それにここは安い」ぺらっ

紬「…さなちゃん、この伝票に書かれてる代金…ゼロが一個足りないと思うんだけど」

明彦「それが普通だ」

紬「あんなに美味しいのに…採算取れるのかしら?」

明彦「…」

明彦「(この世間知らずさは美鶴を思い出させるな…)」

紬「?」


331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 10:42:04.07 ID:EvtV5+BU0

午後 外

紬「牛丼、ありがとうございました~」ぺこっ

明彦「こちらも楽しい時間だった」

紬「さなちゃんやみんなといると知らないことばかりでとっても楽しいです!」

明彦「見るもの全てが新鮮というのも羨ましいものだ」

紬「ふふっ、今度はさなちゃんに私がごちそうしてあげますね」

明彦「良いのか?俺は結構食うぞ」トントン

紬「どんとこいです!」むぎゅーん!

明彦「はっはっ、楽しみにさせてもらう」

紬「それにしても本当に美味しかったわぁ~」

紬「お土産とかで持って帰れないかしら?」


333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 10:50:23.07 ID:EvtV5+BU0

明彦「そういうことなら…ほら」すっ

明彦「夜食に食べようとテイクアウトしていたんだが、お前にやろう」

紬「これは?」

明彦「さっき食べた牛丼だ」

紬「えっ…でも…良いんですか?」うずうず

明彦「あまりに美味しそうに食べていたからな」

明彦「お前に食べられるなら、この牛丼も本望だろう」

紬「さなちゃん…」キラキラ

紬「抱きしめて良かですか!?」ばっ

明彦「なっ!やめろ!誰かに見られでもしたら、要らん誤解が…」



唯「君を見てるといつもハートどきどき~♪」とてとて

唯「あれ?ムギちゃんとさなちゃん?」


335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 10:56:58.64 ID:EvtV5+BU0

明彦「ひ、平沢!」

紬「あ、唯ちゃん」

唯「!」

唯「…」

唯「ははぁ~ん、そういうことですな?」

明彦「おい…」

唯「禁断の恋でしょ!」

唯「まさかムギちゃんとさなちゃんがねぇ~」にやにや

明彦「な、ち、違う!…琴吹も何か言」

紬「///」

明彦「なぜ頬を赤らめる!?」


338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 11:05:46.63 ID:EvtV5+BU0

じおだいん!

唯「なーんだ、そうだったんだ」

明彦「全く…琴吹が要らん真似をするからだ」

紬「うふふ、つい~」

唯「ところで二人は何をしてたの?」

紬「さなちゃんと一緒に牛丼を食べてたの~」

唯「えー良いなー」

明彦「平沢には別の機会に奢ってやるさ」

唯「やっぱり良いや~太っちゃいそうだし」

明彦「おい」

紬「あ…もうこんな時間」

紬「ごめんなさい、私もう帰りますね」

明彦「どこまでだ?途中まで送ってやる」

紬「ううん、迎えが来ますから~。でもありがとうさなちゃん」

紬「それじゃあね!」たたっ


340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 11:12:13.61 ID:EvtV5+BU0

唯「ばいばいムギちゃん!」

明彦「気を付けろよ」

紬「またね~」

たたたっ…

唯「…」

明彦「…」

唯「あっ、私買い物に来てたんだった!」

唯「急がないと!またね、さなちゃん!」たったっ

明彦「お前も気を付けろよ」

唯「はーい」たったっ

明彦「…」

明彦「帰って寝るか」


341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 11:18:23.67 ID:EvtV5+BU0

たったっ

明彦「うん?戻ってきた?」

唯「ねぇさなちゃん」

明彦「どうした」

唯「私、何を買いに来てたんだっけ?」

明彦「なぜそれを俺に聞く」

唯「知ってるかなぁって」

明彦「なぜ余所の家の買い物事情を俺が把握していなきゃならないんだ」

唯「だよねぇ」

明彦「…」

唯「むー…」

明彦「…家の人に連絡してみたらどうだ」

唯「それだよ、さなちゃん!」

唯「えーっと…」

唯「あれ?」


342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 11:25:48.82 ID:EvtV5+BU0

明彦「今度はなんだ?」

唯「…ケータイ家に忘れちゃった」

明彦「お前は本当、どこか抜けているというか…」

唯「えへへ///」

明彦「褒めてないぞ」

明彦「…とにかく、そういうことなら一度家に戻るしか無いな」

唯「うーん…面倒だなぁ」

明彦「自分で撒いた種だろう」

唯「うぐっ!」

たたたっ…

?「~ん!」

唯「むむ?この声は…」


343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 11:36:33.00 ID:EvtV5+BU0

憂「お姉ちゃ~ん!忘れ物~!」たたたっ

唯「あ、憂だ!」

明彦「妹か?」

唯「うん!憂って言うんだよ!」

憂「はぁ…はぁ…駄目だよお姉ちゃん」

憂「財布も携帯も買い物メモも全部忘れちゃうんだもん…」

唯「これはうっかり侍でした」

明彦「伊織かお前は…」

憂「…お姉ちゃん、この人は?」

唯「真田明彦先生!略してさなちゃん先生だよ!」

明彦「教育実習生だがな」


345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 11:43:16.23 ID:EvtV5+BU0

憂「初めまして、私は平沢憂です」ぺこっ

憂「先生のことはお姉ちゃんからお話だけは良く聞いてます!」

明彦「ほう、どんな話だ?」

憂「えーっと…」

憂「なんにでもプロテインをかけるプロテイン依存症の先生って!」

唯「わわわ!う、憂!」あわあわ

明彦「…」

明彦「(俺はそんなにプロテインのイメージがあるか?)」


346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 11:50:34.26 ID:EvtV5+BU0

憂「それとですね…」

唯「も、もう良いよ憂!」

憂「そう?」

明彦「(強かだな)」

憂「そうそう、はい忘れ物」

憂「ちゃんと気を付けなきゃ、めっ!だよ?」

唯「えへへ、面目無い~」

明彦「(どちらが姉なのやら)」

唯「えっと、何を買うんだっけ…」ぺらっ

唯「そーだそーだ、お鍋の材料を買うんだった!」

明彦「鍋か…久しく食べてないな」

憂「なら、先生も一緒に食べませんか?」


348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 11:59:52.23 ID:EvtV5+BU0

憂「二人で食べるより三人で食べた方が美味しいですよきっと!」

明彦「…良いのか?なんだか催促したみたいで悪いが」

唯「さなちゃんなら全然おっけーだよ!」

憂「先生のお話、聞いてみたいです」

明彦「なら、ご相伴に預からせてもらおうか」

唯「じゃあ買う材料増やさないとね!」ふんす

憂「私は戻って、お出汁の準備してくるね」

明彦「俺も何か持っていくとするか」

憂「楽しみにしてます!」

唯「プロテインは駄目だよ、さなちゃん」

明彦「…」

明彦「(エスパーか平沢は…)」


355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 12:48:39.42 ID:EvtV5+BU0

夕方 スーパー

唯「まずは鳥肉でしょ?それに白菜にしらたきにチョコレート!」

明彦「おい」

唯「ギャグだよさなちゃん」

明彦「お前なら本当にやりかねない」

唯「さなちゃんの中の私はどんななのさ…」



唯『わたあめのベッドでごろごろしたいな~』

唯『おひさ~までて~♪』

唯『あははは~うふふふ~』



明彦「こんなの」

唯「…私、そんなに頭の中ふわふわ時間してないからね?」


356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 12:57:54.21 ID:EvtV5+BU0

明彦「!」

明彦「新発売のプロテインだと!?」

明彦「これは箱買いだな」

唯「またプロテイン?本当に好きだよねぇ…じゃんきーみたい」

明彦「ジャンキー…お前の中の俺はどんなイメージなんだ」



明彦『足りない!足りないぞぉ!俺に足りない物、それは!』

明彦『情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ!そしてなによりも!』

明彦『プロテインが足りないぃ!』



唯「こんなの」

明彦「…お前、今期の評定オール『2』な」

唯「職権乱用!?というか実習生が成績つけるの!?さわちゃんは何やってるのさ!?」


358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 13:04:17.26 ID:EvtV5+BU0

夜 平沢家

唯「ただいま~憂~」

明彦「お邪魔します」

ぱたぱた

憂「お姉ちゃんお帰り~!真田先生こんばんわ~!」

唯「頼まれた材料買ってきたよ!」

憂「ありがとうお姉ちゃん!」

明彦「すぐアイスコーナーに向かおうとするから大変だったぞ」

唯「さなちゃんだって精肉コーナーから離れなかったじゃん」ぶー

憂「あはは、楽しかったみたいですね」

憂「立ち話もなんですから、どうぞ上がって下さい」すっ

明彦「ありがとう」

明彦「(出来た子だな)」


359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 13:13:22.98 ID:EvtV5+BU0

憂「じゃあ材料入れるね」

唯「あーい」

憂「~♪…あれ?」

憂「お姉ちゃん、塩は?」

唯「え?入ってない?」

憂「どこにも無いよ?」がさごそ

明彦「買い忘れたみたいだな」

唯「お隣のお婆ちゃんから借りようか?」

憂「お姉ちゃん聞いてないの?お婆ちゃん、2、3日の間旅行に行くって言ってたよ?」

唯「そうだっけ?」

憂「どうしよう…コンビニだと高いしな…」

明彦「…」チラッ

>新発売 プロテイン 塩味 疲れた体に塩分を!

明彦「(これはアレか、そういうことなのか)」


361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 13:18:31.97 ID:EvtV5+BU0

たるんだ!

唯「まさか本当にプロテイン鍋になるなんてね…」

明彦「…こればかりは俺も本当にする気は無かったんだが」

憂「あ、案外、美味しいかもですよ?あはは…」

ぐつぐつ

唯「…食べる?」

憂「…食べようか」

明彦「食べ物を無駄にしたらバチがあたるしな…」

ぐつぐつ

唯憂明彦「「「…いただきます!」」」


362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 13:24:38.43 ID:EvtV5+BU0

唯「…あれ?」むぐむぐ

明彦「意外に…」むしゃむしゃ

憂「美味しい…!」もぐもぐ

唯(タルカジャ)「これは予想外だよ!」

明彦(タルカジャ)「何か力が漲る気がするな」

唯(タルカジャ)「ねー!」

唯(タルカジャ)「プロテインって凄いんだね!」

憂(ヒートライザ)「びっくりだねお姉ちゃん!」


363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 13:26:06.22 ID:IGHi1Tgri

色々上がっとるwww


371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 13:39:58.87 ID:EvtV5+BU0

すくんだ!

唯「もう食べられない…けぷ」

明彦「なかなかに美味かったな」

憂「お姉ちゃんお腹いっぱい?デザートのアイスどうする?」

唯「食べる!」しゅたっ

明彦「腹一杯なんじゃ無かったのか?」

唯「アイスは別腹です!」ふんす

憂「じゃあ持ってくるね」とてとて



明彦「…本当に良い子だな憂ちゃんは」

唯「自慢の妹だからね」


372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 13:45:53.71 ID:EvtV5+BU0

明彦「妹、か」

明彦「…」

唯「さなちゃん?」

明彦「憂ちゃんにばかり頼らず、少しは自分で頑張れよ?」

明彦「なんでも任せっきりじゃ駄目だ」

唯「…憂は優しいからつい、甘えちゃうんだよねぇ」


373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 13:54:29.62 ID:EvtV5+BU0

明彦「甘えるのは構わん、ただ憂ちゃんが甘えたい時にお前がしっかり受け止められるか?」

明彦「人は知らん所で傷ついたりするものだ」

明彦「憂ちゃんが傷ついた時はお前がしっかり甘えさせてやらなければならん」

明彦「それが『お姉ちゃん』の役目だ」

唯「…」

唯「私に出来るかな…」

明彦「自信が無いか?」

唯「…ちょっとね」

唯「私、おっちょこちょいだし…忘れっぽいし…」


374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 14:03:15.98 ID:EvtV5+BU0

明彦「ならば強くなれ」

明彦「強くなればそれは自信につながる」

唯「でも私、運動も苦手だし…」

明彦「なにも鍛えるだけが強くなる方法じゃない」

明彦「まずは自分の力でなんでもやってみろ」

明彦「憂ちゃんに任せていたことを少しずつ自分でやってみるんだ」

唯「自分で…」

明彦「たとえ失敗したって良い、経験に勝るものは他に無いからな」


376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 14:12:19.93 ID:EvtV5+BU0

唯「…つまり?」

明彦「まぁ、要約すれば」

明彦「妹を守れるくらいに強くなれ!…ってことだ」

明彦「失ってから大切さに気付くのは馬鹿のやることだ」

明彦「…お前はそんな馬鹿になるな」

唯「さなちゃん…」

とてとて

憂「お姉ちゃん、アイス持ってき…」

唯「…」

憂「お姉ちゃん?」


377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 14:19:24.99 ID:EvtV5+BU0

明彦「長居し過ぎたな、俺はもう帰ろう」

憂「え?もっとゆっくりしていっても…」

明彦「気持ちは有り難いが、この時間はいつもロードワークをしているんだ」

明彦「それに今俺は邪魔だろうからな」

憂「そうですか…」

明彦「美味しい食事を有り難う」

明彦「それじゃあな、唯、憂」

すたすた

憂「また来て下さいね~!」


379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 14:23:24.66 ID:B05kjxng0

P3組は人生の経験値のレートがちょっとおかしいからな
伊織ですら恋と命を天秤にかけるような場面を経験してるし


380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 14:25:32.97 ID:EvtV5+BU0

憂「…」

憂「楽しい人だったねお姉ちゃん!」

憂「本当に先生になって欲しいくらいだよ~」

唯「…」

憂「あ、アイス溶けちゃうよお姉ちゃん」

憂「早く食べないと…」

ぎゅっ

唯「憂!」

憂「へ!?お、お姉ちゃん!?///」

唯「私…憂を守れるくらい強くなるからね!」

唯「絶対に強くなるからね!」


381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 14:33:15.11 ID:EvtV5+BU0

夜 帰り道

明彦「全く…ガラでも無いことを俺はペラペラと…」

明彦「人に説教出来るほど偉い訳でも無いのにな」

明彦「でもな、これできっとアイツは変わる」

明彦「俺と同じ目に合うことは無いだろうさ」

明彦「…」

明彦「ああ、そうだな…お前の言うとおりだよシンジ」

明彦「格好悪いな俺は…」



383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 14:42:38.01 ID:EvtV5+BU0

2週間後 放課後 部室

律「学園祭まであと2週間ちょっとか」

澪「気合い入れて練習しないとな!」

梓「気合いと言えば、最近の唯センパイは凄く練習熱心ですよね」

紬「うん、気迫を感じるっていうか…ちょっと人が変わったって言うか…」


唯「~♪」ギュイギュイギュイーン!


律「なんとなく方向性を間違えてる気もするけどな」

澪「唯も頑張ってるんだよ」

梓「(凄いな…)」

紬「唯ちゃん格好良い~」


384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 14:52:05.87 ID:EvtV5+BU0

律「そういえば、学園祭の日にさなちゃんも実習終わりなんだっけ」

紬「寂しくなるわね…」

澪「授業はいつも厳しかったけど、終わるとなると名残惜しいよな」

梓「私は話した回数は少ないですけど、とても生徒思いな先生なのは知ってます」

梓「出来るならこのまま本物の先生になって欲しいです」

律「そうだなー…さなちゃんが本当に先生になったら楽しいよなー」

澪「なぁ、最後の日に何かさなちゃんにプレゼントしてあげたくないか?」

紬「プレゼント?」

澪「うん、三ヶ月間ありがとうございましたって」


385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 14:59:36.18 ID:EvtV5+BU0

律「それ良いかもな!」

紬「賛成~!」

澪「じゃあ、何をあげたら喜ぶか考えようか」

梓「…パッとすぐに思いつくのはプロテインですね」

律「梓もか、あたしもだ」

紬「でも最後の日にプロテインってどうなのかしら」

澪「考えたらシュールだな」

律「ならトレーニング器具とか?」

澪「そういうのって結構するんじゃないのか?」

紬「それにさなちゃんってその手のは大体持ってそう」

梓「ですね」


387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 15:04:55.78 ID:EvtV5+BU0

律「うーん…どうすっかな」

澪「困ったな」

梓「どうしましょうか」

紬「むー…」


唯「…歌にしよう!」しゅばっ


澪「歌?」

唯「私達は軽音部なんだよ?」

唯「なら歌しか無いよ!」

梓「歌ですか…」


388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 15:09:57.45 ID:EvtV5+BU0

唯「さなちゃんが確かにここにいて、私達と同じ時を過ごしたことを」

唯「歌にしてさなちゃんに届けよう!」

澪「おお…!」

律「ゆ、唯が唯してない!」

梓「唯センパイに賛成します!」

紬「私も!」

唯「決まりだね!」


390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 15:17:26.21 ID:EvtV5+BU0

澪「ならどんな歌にする?」

唯「実は私、もう歌詞を考えてるんだ」

唯「だからムギちゃんに音をつけて欲しいんだけど…」

律「マジで?歌詞見せて見せて!」

唯「ちょっと待ってね…」がさごそ

唯「はい」ぺらっ

澪「どれどれ…」

梓「…これ、本当に唯センパイが?」

律「ゆ、唯がまたもや唯してないだと…?」

紬「すごーい…」

唯「えへへ///」


391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 15:26:35.59 ID:EvtV5+BU0

澪「良い詩だよとっても、嫉妬するくらいだ」

律「うんうん、凄いぞ唯」

紬「絶対にぴったりのメロディ考えてくるね唯ちゃん!」

梓「素敵な歌詞だと思います!」

唯「ほ、褒めすぎだよぉ」

唯「ただ、さなちゃんのことを思って書いたらそうなっただけだよ」



律「…良し!桜高軽音部、放課後ティータイムは
  この歌をさなちゃんにプレゼントすることをここに宣言します!」

唯梓澪紬「「「「おー!」」」」


392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 15:34:59.77 ID:EvtV5+BU0

同時刻 職員室

明彦「…」カリカリ

明彦「…」ぺらっ

明彦「…」カリカリ

すたすた

さわ子「真田先生」

明彦「…む、山中先生?」

さわ子「あ、邪魔だったかしら」

明彦「いえ、一段落着いた所です」

さわ子「あらそう?」

さわ子「…もうすぐ実習期間が終了するけど、三ヶ月間どうだったかしら?」

明彦「…最初は本当に戸惑いましたが、とても楽しかったですよ」


394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 15:40:55.01 ID:EvtV5+BU0

明彦「この学校の生徒は皆良い子ばかりです」

明彦「ここで過ごした思い出はきっと一生忘れられない」

明彦「…特にあの5人はな」

さわ子「軽音部のみんなね?」

明彦「ええ」

明彦「…」

明彦「(…もうすぐ別れ…か)」


395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 15:48:35.04 ID:EvtV5+BU0

明彦「(思い返せば色々なことがあったな)」

明彦「(唐突にこの世界に飛ばされ…)」

明彦「(アイツらと出会い…)」

明彦「(俺が心のどこかで望んでいたかもしれない普通の日常を過ごして…)」

明彦「(そうだ、有里ととも会ったな)」

明彦「(あの有里は俺が知っている有里では無かったが…)」

明彦「(それでも再び出会えたことに感謝したい)」


396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 15:57:08.86 ID:EvtV5+BU0

明彦「…」

明彦「フッ…らしくないぞ俺」

さわ子「…真田先生?」

明彦「…おっと」

さわ子「思い出に浸ってた?」

明彦「まさか、そんな訳が無い」

明彦「(そうだ、まだ振り返るには早すぎる)」

明彦「(俺は最後までアイツらの先生でいなければな)」


397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 16:05:24.53 ID:EvtV5+BU0

2週間後 学園祭当日 講堂

律「うわ、凄い人の数だな!」

澪「今まで一番多いんじゃないか…?」

唯「それでこそがやりがいがあるよ!」ふんす

梓「そうですね!」

紬「(なんだか、たくましい唯ちゃんも素敵ね)」

すたすた

明彦「お前達、準備は出来てるのか?」

律「お、さなちゃん」

唯「バッチリ!」ぐっ


398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 16:11:36.67 ID:EvtV5+BU0

明彦「梓以外は最後の、そして俺も最初で最後の学園祭だ」

明彦「絶対に成功させろよ!」

澪「はい!」

律「おうよ!」

梓「はいです!」

紬「任せて!」

唯「大丈夫だよ!」

明彦「良い返事だ」


401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 16:18:36.60 ID:EvtV5+BU0

『次は放課後ティータイムによる演奏です』

明彦「…もう出番みたいだな」

明彦「客席で見ててやるからキッチリ決めてこい」

唯「うん!」

明彦「それじゃ、またな」すたすた



律「…」

律「みんな、絶対に成功させるぞ!」

唯梓澪紬「「「「おうよー!!!」」」」


402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 16:26:28.49 ID:EvtV5+BU0

学園祭 講堂 客席

唯「それじゃあまずは一曲目、ふわふわ時間!」





明彦「…」

明彦「相変わらず楽しそうに演奏するな、アイツらは」

明彦「学園祭を部活の延長線上かなにかと思っているんじゃないか?」

明彦「将来、大物になったりしてな」


404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 16:31:46.36 ID:EvtV5+BU0

  「おい、もう始まってんぞ!急げって!」

   「じゅーぶん急いでるわよ!」

  「わ、私…もう走れません」

    「私につかまるであります」

  「ぼ、僕ももう駄目みたい…」

  「全く、体力が無いなお前は」

  「急ぐぞ!」

 「どうでも…はよくないか」



明彦「?…どこかで聞いた声だな」


405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 16:40:09.70 ID:EvtV5+BU0



だだだっ

順平「よっしゃ!なんとか間にあったみたいだぜ?」

綾時「わぁー!みんなおめかしして綺麗だねぇ」

湊「こんにちは」

明彦「お前達!どうしてここに…」

風花「実はりっちゃんから連絡をもらったんです」

風花「私達最後の学園祭ライブを見に来て欲しいって」

ゆかり「それで急いで飛んできたんです」

明彦(過去)「本当はもっと早く着くはずでしたが、伊織が電車の時間を間違えてな…」

順平「あれはホントにうっかり侍」


406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 16:45:12.91 ID:EvtV5+BU0



美鶴「しかし間に合って良かった」

美鶴「こんな素晴らしい演奏を聞き逃しては悔やんでも悔やみきれない」

アイギス「私は機械の身ではありますが…」

アイギス「今ここに感動している自分がいるであります」

明彦「…ああ、良い歌だ」

湊「そうですね」


408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 16:55:26.45 ID:EvtV5+BU0

綾時「ねぇ、湊君はどの子が一番可愛いと思う?」

綾時「僕的にはあのツインテールの子が良いと思うんだけど」

湊「どうでもいい」

綾時「またそれぇ?便利な言葉だよね」

順平「俺はやっぱり澪ちゃんかな~」

順平「真田サンは?」

明彦(過去)「…強いていうなら唯だ」

綾時「おお…攻めますね!」

明彦「みんな可愛いに決まってるだろう」ぼそっ

綾時「え?」

明彦「…」


411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 17:08:35.88 ID:EvtV5+BU0

ゆかり「馬鹿なこと言ってないで、ちゃんと聴きなさいよ」

アイギス「ふでペンFUFU~♪が頭から離れないであります」

美鶴「彼女達の歌はキャッチーで親しみやすいな」

美鶴「まさにブリリアントだ」

明彦「ああ、それがアイツらの持ち味だからな」

明彦「大した奴らだ」

風花「あっ」

風花「次が最後の曲みたいですよ?」


412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 17:19:55.74 ID:EvtV5+BU0

唯「みんなありがとー!次が最後の曲だよ」

唯「この歌はね、今日でお別れするある人の為に作ったんだ」

唯「その人はね、いっつも無茶なことさせたり、プロテインばっかり飲んでるけど」

唯「誰かが悩んでたら励ましてくれたり…」

唯「誰かが困ってたらそっと手を差し伸べて…」

唯「とっても面倒見が良い人なんだ」

唯「私達はその人と過ごした日々を絶対に忘れません!」

唯「別れは悲しいけれど…きっとその別れがまた新たな出会いをくれると信じて」

唯「この歌を歌います」

唯「『キミの記憶』」


413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 17:28:20.95 ID:EvtV5+BU0




唯「眩しく 輝く ひと時みんなと一緒だった♪」

澪「かけがえのない 時と知らずに 私は過ごしていた♪」

律「今はただ大切に偲ぶよう♪」

梓「I fill unblessed feeling…♪」

唯「キミはね 確かに あの時 私のそばにいた♪」

紬「いつだって いつだって いつだって すぐ横で笑っていた♪」

澪「失くしても 取り戻す キミを♪」

梓「I've never leave you…♪」


♪…


414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 17:32:44.52 ID:EvtV5+BU0

明彦「アイツら…」

明彦「…」

湊「…」

湊「泣いてる?」

明彦「泣いてない!」

順平「おーおー肩震わせちゃって」

明彦「うるさい!」

風花「とっても素敵な曲…」

ゆかり「先生はとても想われてるんですね」


415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 17:38:20.71 ID:EvtV5+BU0

唯「みんなーありがとー!!!」

唯「そしてさなちゃん!!!」

唯梓律澪紬「「「「「三ヶ月間楽しかったです!!!」」」」」

唯梓律澪紬「「「「「ありがとう!!!」」」」」

わああああああああああ!!!



明彦「…」

明彦「全く…本当に全く…」

明彦「アイツらは…」


417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 17:46:55.34 ID:EvtV5+BU0

美鶴「…これ以上は邪魔だな、我々は別の出し物を見て回ろう」

順平「そっスね」

明彦(過去)「彼らだけで話したいこともあるだろうしな」

綾時「ねぇ、どこ見に行こうか?」

風花「そうですかね… 」



湊「…」


419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 17:54:01.37 ID:EvtV5+BU0

湊?「…」

湊?「真田先輩も手に入れたんですね…絆を」

湊?「…答えを」

湊?「…」

湊?「ふふっ」

湊「でもまぁ」

湊「どうでもいいか」


459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 20:37:45.94 ID:EvtV5+BU0

学園祭終了後 ステージ裏

すたすた

明彦「…」

律「来ると思ったぜ、さなちゃん」

澪「私達のステージ、どうだったかな」

明彦「…」

明彦「あー…その、なんだ」

明彦「…グッジョブだ」

明彦「それと…」

明彦「歌、有り難うな」

唯「私達からのプレゼントだよ、さなちゃん」

紬「喜んでもらえたみたいで良かった~」

梓「練習した甲斐、ありましたね」


460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 20:44:52.69 ID:EvtV5+BU0

明彦「…とても嬉しかった」

律「!」

律「おんや~?さなちゃん、おめめが真っ赤ですわよん?」

紬「…感動しちゃった?」

明彦「ええい、泣いてない!」

明彦「この俺がそう簡単に泣いてたまるか!」

律「背を向けながらその台詞いっても説得力ゼロだぞー」

澪「ふふ、さなちゃんも泣くんだぁ…」ぽろっ

梓「あっ…」

唯「澪ちゃん、もらい泣きしてるよ?」

澪「へ?うそ!」ごしごし

明彦「…」


462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 20:56:31.31 ID:EvtV5+BU0

明彦「…中野梓!」

梓「!」

梓「はっ、はい?」

明彦「…これからお前は一人で軽音部に残ることになるが」

明彦「きっと新たな出会いがお前を持ってる」

明彦「そしてその出会いはお前に光をくれるはずだ」

明彦「それを願ってこれをやる」すっ

梓「あ、ありがとうございます…キーホルダー?」

明彦「京都に言った時に、ちょっとな」

>真田明彦は『杯』のアルカナを手に入れた

>『ブ』


466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 21:03:13.10 ID:EvtV5+BU0

明彦「田井中律!」

律「お、おぅ」

明彦「以前も言ったが、終わりは新たな始まりのスタートだ」

明彦「そしてお前はそのスタートラインに立ち始めた」

明彦「その道の先がお前に取って幸せに続いてることを願って…これをやる」すっ

律「…なんか照れくさいな」

律「ありがとう」

>真田明彦は『剣』のアルカナを手に入れた

>『ョ』『ブ』


469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 21:09:42.37 ID:EvtV5+BU0

明彦「秋山澪!」

澪「はい!」

明彦「どんなに辛く、苦しいことがあろうと」

明彦「それを一緒に分かちあってくれる友がいれば不安など無いに等しい」

明彦「そんな友をお前は4人も持っている」

明彦「…大切にしろ。…ほら」すっ

澪「ありがとう、さなちゃん」

澪「なぁ、このキーホルダーってもしかして…」

>真田明彦は『杖』のアルカナを手に入れた

>『ジ』『ョ』『ブ』


471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 21:17:27.58 ID:EvtV5+BU0

明彦「琴吹紬!」

紬「はいっ!」

明彦「…お前はいつも笑顔だったな」

明彦「なんでもない様なことで笑ったり…感動したり…」

明彦「その笑顔は自らのみならず、誰かをも幸せに出来る笑顔だ」

明彦「その笑顔が絶えることが無いように…ほれ」すっ

紬「大切にします…とっても嬉しい…!」

>真田明彦は『金貨』のアルカナを手に入れた

>『ッ』『ジ』『ョ』『ブ』


473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 21:27:08.38 ID:EvtV5+BU0

明彦「最後…平沢唯!」

唯「…はい!」

明彦「良い眼をするようになったな」

明彦「お前はこれからどこまでも強くなるだろう」

明彦「だが強くなると言ってもそれは物理的な強さという意味ではない」

明彦「…何があっても折れない意志が、だ」

明彦「限りある全てを大切にして生きろ」すっ

唯「えへへ…私達がプレゼントしたはずなのに、私達までプレゼントもらっちゃった」

>真田明彦は『愚者』のアルカナを手に入れた

>『グ』『ッ』『ジ』『ョ』『ブ』


478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 21:37:10.66 ID:EvtV5+BU0

明彦「良いか、お前達に渡した『ソレ』は一つでは意味を成さない」

明彦「5人が揃うことで初めて意味を成す」

明彦「お前達の絆だけは…終わらないことを心より願う」

唯「…ありがとう」

唯「ありがとう、さなちゃん!」

澪「せ、せんせぇ~」ぽろぽろ

律「み、澪!顔が凄いことになってるぞ!ほらティッシュ!」

梓「5人が揃って…初めて意味を…」

紬「さなちゃんって意外にロマンチストなんですね」

明彦「フッ、抜かせ」


479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 21:43:51.46 ID:EvtV5+BU0

明彦「…さて、少し出かけてくる」

澪「ど、どこへ…?」ぐしゅっ

律「これから部室で、さなちゃんの送別会をやる予定になってるんだぞ?」

紬「美味しいケーキを焼いてきたの!」

梓「メインが欠席してどうするんですか」

唯「そーだよ、さなちゃん」

明彦「なに、少し走ってくるだけだ」

明彦「きっと戻る」

たったったっ…

唯「さなちゃん!」


482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 21:48:40.09 ID:EvtV5+BU0

明彦「…どうした?平沢」

唯「…」

唯「いつか…」

唯「いつか絶対戻ってきてね!」

唯「約束だよ!」

明彦「平沢…」

明彦「…」

明彦「当然だ」b

たったったっ…

唯「…」

唯「…ぐすっ…ずず…」


492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 22:21:52.92 ID:EvtV5+BU0

夕方 外

明彦「…」

明彦「良い時間だった。まるで夢のようだ」

明彦「…だが夢ならばいつか覚めなければならん」

明彦「過去や夢に捕らわれたままでは一歩も前に進めない」

明彦「…だから振り返るのはこれが最初で最後だ」

くるっ

明彦「この三ヶ月、楽しかったぞ」

明彦「…放課後ティータイム」



カッ!


494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 22:29:44.68 ID:EvtV5+BU0

唯「…さなちゃん」

唯「…」

すたすた

澪「唯?」

唯「!」ぐしぐし

唯「なに?澪ちゃん」

澪「いや、さなちゃんを追っかけたきり戻ってこないからさ…」

澪「みんな心配してるぞ」

唯「そっか…ごめん」

澪「ううん…それよりさ、さなちゃんが戻ってくる前にまたなにかサプライズをやりたいんだ」

澪「唯も一緒に考えてくれないか?」

唯「…」

唯「…うん!戻ってきたらびっくりさせないとね!」


497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 22:39:07.19 ID:EvtV5+BU0

??? 謎の場所

明彦「…」

?「お見事でございます」

?「三ヶ月という短い期間ながらも、貴方は6つのアルカナを覚醒致しました」

?「『永劫』『剣』『金貨』『杯』『杖』…そして『愚者』」

?「貴方からは十二分に人の可能性を見せていただきました、感謝致します」

明彦「…」

明彦「…幾つ絆を得たかは問題ではない」

明彦「大切なのは…どう絆を紡いだか、だ」

明彦「それが分からないようじゃ、お前もたいしたことない」


499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 22:49:18.09 ID:EvtV5+BU0

?「たいしたことない…でございますか」

?「私、少々ショックでございます…」しゅん

明彦「芝居はよせ、そんなキャラでも無いだろう」

?「それもそうでした」

?「…しかし、本当に興味深い結果でございました」

?「特にこの『永劫』のアルカナ…」

?「このアルカナの持ち主があの方とは…少々、いえ、大変驚きでございます」

明彦「…」

?「なぜこのアルカナなのか…そしてなぜこのアルカナが貴方に芽生えたのか…」

?「興味が尽きません」


502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 22:58:05.56 ID:EvtV5+BU0

明彦「さぁ…なぜだろうな」

明彦「ただ一つ言えるのは…」

明彦「ヤツはどこかの誰かとは同じ道を辿らなかった」

?「…それは貴方がけいおん!世界に来た影響で…ということでしょうか?」

明彦「知らんな」

?「…むぅ、そうでございますか」

明彦「…さて、もう良いか?」


503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:05:53.09 ID:EvtV5+BU0

?「ええ、このままですといつまでもお話してしまいそうです」

?「貴方を元の世界にお戻し致しましょう」

明彦「勝手に人をモルモットにするのはもう止すんだな」

?「…そこは反省でございます」

?「先ほども我が主にたっぷり絞られたばかりでございます」

明彦「…」

明彦「だが…まぁ」

明彦「悪くはなかった」フッ


504: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:09:53.30 ID:EvtV5+BU0

?「左様でございますか」

?「それはなによりでござ」

明彦「良いから早く帰せ」

?「…」ぷー

?「…それでは、またいつか遠い日にお会い致しましょう」



カッ!


508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:15:14.53 ID:EvtV5+BU0

シャドウワーカー本部 廊下

    「~ん!」

    「~田はん!」

明彦「…」

ラビリス「真田はん!」

明彦「!」

ラビリス「急に黙りはってどないしたんよ?」

ラビリス「びっくりしたわ…」

明彦「帰ったのか…」

ラビリス「…なんやの?帰った?」

明彦「…いや」

明彦「ちょっと目眩がしただけだ」


510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:20:47.08 ID:EvtV5+BU0

ラビリス「…大丈夫やの?」

明彦「問題ない、少しその辺を走れば直る」

たったっ…

ラビリス「あ、ちょい待ちぃ!」

ラビリス「けいおん!のDVD借りて見るんやあらへんのー?!」

明彦「…」ぴたっ

明彦「(けいおん!か)」

明彦「いや、DVDはもういい」


511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:25:15.34 ID:EvtV5+BU0

ラビリス「…なんでなん?」

明彦「けいおん!ならもうこの眼で『見てきた』からな」

ラビリス「…?」

明彦「じゃあな」

たったったっ…

ラビリス「…」

ラビリス「…変な真田はん」


514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:34:47.25 ID:EvtV5+BU0

たったったっ…

明彦「(…決めたぞ俺は)」

明彦「(やはり俺は警察官の道を目指す)」

明彦「(教師の道も悪くは無かったが…)」

明彦「(俺は自分の力を誰かの笑顔を守る為に使いたい)」

明彦「(中野のようにひたむきで…)」

明彦「(田井中のように快活で…)」

明彦「(秋山のように綺麗で…)」

明彦「(琴吹のように朗らかで…)」

明彦「(平沢のように純真な笑顔を守る為に)」


515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:43:43.58 ID:EvtV5+BU0

明彦「(だがまだまだこんな細腕では何も守れはしない)」

明彦「(俺はもっと強くなる!強くならなければならん!)」

明彦「(でなければ俺はアイツらと胸を張って再会出来ない)」

明彦「…」

明彦「フッ…面白くなってきたじゃないか」

明彦「どこまでも付き合ってもらうぞ、カエサル!」

だだだだだだだ…



>真田明彦は『軽音』のアルカナを手に入れた

>そして…

>真田明彦は『放課後』のアルカナを手に入れた

これで本当におしまひ


516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:44:54.86 ID:dPxb2ybm0

乙ンダ……いや、乙カジャ


517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:45:22.70 ID:iVwUikcw0

>>1グッジョブ


520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:49:59.77 ID:4BDxP1bM0

>>1乙乙
ブリリアント!すばらしい!


523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:51:13.81 ID:MM/FBqlt0

素晴らしかった!乙!


525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 23:54:08.83 ID:9p3SY3OH0



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。