スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穏乃「憧に告白したら泣かれた」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346705956/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 05:59:16.94 ID:4E0tLS3K0

憧「ほんとにっ……、本当に、あたしでいい、の……?」

穏乃「う、うん」

憧「シズぅぅ……」ギュッ

穏乃(冗談のつもりだったのに後に引けなくなった)


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 06:48:57.89 ID:9NPkZNFa0

灼「おめでとう」スッ

穏乃「灼さん!?なんでそんなとこから!?」

赤土「おめでとう、憧」ヌッ

穏乃「先生まで!?」

宥「おめでと~」スッ

玄「おめでとうございます、お二人とも」スッ

憧「みんな…ありがと~…」グスッ

穏乃(憧、みんなが隠れてたことに疑問を感じないのか…)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 08:20:54.57 ID:9NPkZNFa0

穏乃(みんなに祝福された手前、後に引けなくなった)

穏乃「でも…みんなはどうして物陰とかに…?」

赤土「ああ、憧が誰かに呼び出されたとかで、怖いから隠れて見守ってて欲しいとか言うもんだから教育者として見過ごせなくてね」

灼「部長として」

宥「先輩として~」

玄「同じく!」

穏乃(ああ、呼び出しの手紙に名前書いてなかったもんな…)

赤土「でもまさかこんなことになるなんてな」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 08:29:21.33 ID:9NPkZNFa0

玄「憧ちゃん、頑張ってね!応援するよ!」

宥「うん~」

赤土「世間じゃ認められる恋じゃないし、辛いこともあるだろうが負けるんじゃないぞ」

憧「はい…!」

灼「憧、穏乃を泣かせたら許さないからね」

憧「言われなくとも…!」

穏乃(あれれー、どうしてこうなった…)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 08:42:14.93 ID:9NPkZNFa0

憧「しず、何放心状態になってんのよ?」

赤土「おーい、しずー?」

玄「きっと告白が受け入れられたのが信じられなくてぼんやりしちゃってるんだよ」

憧「そ、そっか…///」

宥「それじゃ、二人の邪魔しちゃ悪いし私たちはもう帰るねー」

灼「それじゃ」

憧「う、うん」

赤土「あ、それと」ヒョコッ

赤土「高校生らしい付き合いをするんだぞ?ハメを外しすぎないように、なっ」グッ

憧「な、何言って…///」

憧「まったく、晴絵ったら下世話なんだから…」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 17:19:13.84 ID:9NPkZNFa0

憧「それにしてもしずと恋人同士か…」

憧「えへへ、実は小学校の頃からずっとしずのこと好きだったんだよね」

穏乃(こんな幸せそうな憧に、やっぱりドッキリだったなんて言えるのか…!?)

穏乃(確かに憧のことは好きだけど、それは恋人とかそういうんじゃなくて…)

穏乃(だから、憧と付き合うのは失礼だ…!)

穏乃「あ、あのね、憧…」

憧「な、何…?」ドキドキ

憧(いつもバカっぽいけど、こんな風にたまに見せる真剣な顔がカッコイイのよね…///)

穏乃「ごめん、実は…」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 17:31:11.78 ID:9NPkZNFa0

穏乃「さっきの告白なんだけど…」

憧「え…何…?」サーッ…

穏乃(うわっ、すごい青ざめてる…。ダメだ、私には…)

穏乃「私を受け入れてくれてありがとっ!」

憧「ま、まったく、ドキドキさせんじゃないわよ!ふぅー、てっきりやっぱなしとか言うんじゃないかと思って損したわ」

穏乃(憧…)

憧「とりあえず今日はもう遅いし帰りましょ。あ、あと明日は学校も休みなんだし…」チラッ

穏乃「わかった。どっか遊びにいこっか」

憧「うんっ♪」

穏乃(あ…しまったー!!恋人同士で遊びに行くって、完全にデートじゃんか!?なんかどんどん引き返しにくくなってきてるぞ…)

穏乃(どうしよう…)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 17:32:27.86 ID:nXvOkFWo0

もう引き返さなくてもいいんじゃないかな……?


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 17:49:06.25 ID:9NPkZNFa0

穏乃「ねえー、おかーさーん。明日遊びに行くときどんな服着てったらいいかなー?」

穏乃母「どうせまた山で土だらけにしてくるんでしょ?ジャージでいいじゃない。というかジャージしか持ってないでしょあんた」

穏乃「あー、そういえばそうだった…。まだ暗くなるまで時間あるし、デートに恥ずかしくない服買ってこよ」

穏乃母「デート!?まさかあんたがデートとはねぇ…。これ持ってきなさい」

穏乃「おお!三万円もある!いいの、お母さん!?」

穏乃母「無駄遣いするんじゃなくて、ちゃんと明日の為の服を買うのよ?」

穏乃「はーい。ありがとう!」

穏乃(でも、デートの服なんていってもどんなの買ったらいいかわかんないな…)

穏乃(誰かに一緒に来てもらって一緒に選んでもらおう。電話電話っと…)トゥルルルルル


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 19:03:34.04 ID:9NPkZNFa0

玄「お待たせー」

穏乃「そんな、全然待ってないですよ玄さん」

玄「憧ちゃんと明日デートするんだって?」

穏乃「あはは、まあ…。それで、普段ジャージしか着ないからデート用の服を一緒に選んでもらおうかと」

玄「ふぅ~む、なるほどなるほどなるほど~…。そういうことならお洋服選びはお任せあれ!」

穏乃「ありがとっ、玄さん!」

玄「うふふふ~、いいのいいの~」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 19:21:27.21 ID:9NPkZNFa0

玄「この辺だと、センスのいい流行の服はここでみんな買うんだよー」

穏乃「おおっ、来たことないや…」

玄「しずちゃんにはどれが似合うかな~」

穏乃「お手柔らかにお願いします」

玄「うふふ、しずちゃんはちっちゃくて可愛いから、可愛い系でいこっかな~」

穏乃「わわっ、私がこんな服ですか!?」




憧「明日はしずと恋人になってからの初デート!服も新調しよっかな~♪…あれ、しず…。玄も一緒だ…。なんで…」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 19:35:48.31 ID:9NPkZNFa0

玄『しずちゃんはちっちゃくて可愛いからこんなの似合うんじゃない?』

穏乃『わわっ、こんなの似合わないですって!』

キャッキャウフフ



憧「うそ…。しず、私と遊ぶときなんかいつもジャージなのに…」

憧「…帰ろう」テクテク



穏乃「あれ?さっき誰かに見られてたような…」

玄「むむっ、近辺に怪しい人影は…」キョロキョロ

玄「店員さんしかいないみたいだよ」

穏乃「気のせいだったか」

玄「しずちゃんはいつも山にこもってるから敏感なんだよきっと」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 19:50:12.52 ID:9NPkZNFa0

……



穏乃「何だよ、憧の奴遅刻かー?電話かけてみよう」

憧『もしもし…』

穏乃「もしもしじゃないよ!今何時だと思ってるんだよ!待ち合わせの時間過ぎてるだろ!」

憧『ごめん、しず…。ちょっと体調悪いから今日はパスで…。それじゃ』プツッ

穏乃「なんなんだよ、憧の奴…」

穏乃「でも、デートしなくて済んだのか…」

穏乃「………」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 20:01:27.54 ID:9NPkZNFa0

……



ドンドンドンドンドン

憧「うるさいなー、もう!今日は出かけるのなしにするって朝に言ったで…しょ…?」

穏乃「やっほー」

憧「し、しず!?何勝手に入ってきてんのよ!?」

穏乃「一応家の人の許可は取ったんだけどな」

憧「ちょっとあっち向いてなさいよ」スッ スッ

穏乃「あはは、そんな慌てて身だしなみ整えなくても憧は可愛いのに」

憧(昨日あんなの見ちゃったけど、やっぱりしずが好き…。しずの前で身だしなみ気にしないなんてありえないから…。しずのバカ…)


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 20:13:52.46 ID:9NPkZNFa0

憧「で、何しに来たのよ」

穏乃「何しにって、待ち合わせに憧が来ないから御見舞い…とか」

憧「そう…」

穏乃「でも、元気そうでよかったよ。電話での声、元気なかったし、てっきりもっと具合悪いのかと」

憧「………」イラッ

憧(どうせ今日のその服、昨日玄と買った奴なんでしょ!確かに可愛いけど…!よし、しずに意地悪してみるか…)


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 20:25:48.24 ID:9NPkZNFa0

憧「昨日は玄とずいぶん仲良さそうだったじゃない、しず」

穏乃「あ、もしかして憧、昨日あそこに居たの?」

憧「まあね。で、その服はどうしたの?どうせ玄と一緒に買った奴なんだろうけど」

穏乃「うん。憧とデートするのに、どんな服選んだらいいかわかんなくて、昨日は玄さんに一緒に見てもらったんだ」

憧「えっ…。玄とデートしてたんじゃないの…?」

穏乃「えっ…?何で私が玄さんとデート?そんなわけないじゃん。生まれてから一度もデートなんかしたことないってのに」

憧「あ、あはは、そうだよね!あははは」

憧(あたしったらしずに対してなんてことを…。しずがそんな奴じゃないって知ってたのに…)


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 20:44:01.72 ID:9NPkZNFa0

穏乃「あ、あのさ、憧…。実はあの告白なんだけど、最初は憧をからかうつもりでしたんだよね…」

憧「えっ…」

穏乃「ほら、憧ってモテるでしょ?だから、どんな反応するのかなーって」

憧「………」

穏乃「でもさ、あれから色々考えたんだ…。そしたら、私、憧のこと…」

憧「えっ!?」

穏乃「最初はわかんなかったんだ。憧への自分の気持ちが…。中学が別々になってすごく寂しかった」

憧「うん…」

穏乃「離れ離れになって、憧はすっごく可愛くなったし、県下でも有数の進学校に進学するっていってすっごく距離を感じてた」

憧「そんな!それは…!」

穏乃「わかってる。だから最後まで言わせて」

憧「うん」

穏乃「高校でまた一緒になれたときは嬉しかった。憧は全然変わってなんかいなかったんだってわかったし」

憧「そんな、それはしずだって…」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 20:49:44.83 ID:9NPkZNFa0

穏乃「でも、憧が変わんなくても周りは憧をそうは見ない…。きっと誰か憧を好きになる…。だから、私は憧の気を惹きたかったんだと思う」

憧「自分の気持ちにも気付かないだなんて、しずらしいよね」

穏乃「あはは、それはバカってことなのかな?」

憧「そ。しずは大バカよ」

穏乃「ふぅ…。改めて告白するけど、憧…。私と付き合ってくれないかな」

憧「そんなの…もちろんオーケーに決まってるじゃない!」

穏乃「えへへ、憧…大好きだよ」

憧「うん…。なんか昔に戻ったみたい」

穏乃「よし、じゃあこれからデートだ!」グイッ

憧「ちょっ、せめて着替えさせなさいよ!」

穏乃「早く早くー」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 20:52:09.57 ID:4E0tLS3K0

乙乙ー


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 21:01:06.33 ID:63NQd5B7O

おつおつ


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 21:12:04.13 ID:aZLqgbcg0

乙!


この記事へのコメント

- 名無しさん - 2012年11月22日 21:40:10

うわあああああああああああああああああああああああああああああ(´Д⊂ppp 俺と比べたら死ぬ

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。