スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊織「もう終わったことなのに」

引用元: ・
1: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 2012/08/28(火) 12:22:07.10 ID:dHvV0RVcO

視界の端に姿が見えて心臓のあたりがきゅうっと縮んだ。

伊織「だめね、わたし」

伊織「切り替えないと」

春香「プロデューサーさん、昨日お菓子作ったんです!良かったら食べてくださいーっ」

P「おお、ありがとう春香」

春香「……あれ、伊織も食べる?」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 12:23:03.94 ID:dHvV0RVcO

伊織「ありがとう、でも今は良いわ」

ガチャン

春香「羨ましそうな目をしてたけど欲しくなかったのかー」

P「……そんな雰囲気だったのか?」

春香「ええ、あっ、お菓子の作り方知りたかったのかな?」

P「かもな」

春香「んー冷たいですプロデューサーさん!」

P「や。わるい」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 12:25:46.40 ID:dHvV0RVcO

――屋上
伊織(吹く風の冷たさがわたしを責めているみたい)

ガチャッ

亜美「いおり→ん!!」

あずさ「そろそろ収録の時間ですよー」

伊織「ん、わかったわ」

亜美「ねえいおりん」

伊織「なあに」

亜美「最近元気ないね→?」

亜美「何かあったの?心配だよ?」

伊織「……ありがとう」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 12:27:40.23 ID:dHvV0RVcO

亜美「やっぱ悩んでんじゃーん!」

亜美「相談なら乗るし、亜美に出来ることがあるならするよ?」

伊織「ありがと。でもわたしのプライベート事だから……」

亜美「そうなの? ……うーん、何かやれることが出来たらどんどん言ってよね?」

あずさ「私も相談くらいなら聞けるし、お手伝いもするわよー」

伊織「ええ。お願いするわ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 12:29:35.66 ID:dHvV0RVcO

亜美「とりあえず、亜美今日はいつも以上に気合い入れてっちゃうよ→」

亜美「まあそんな時もあるさ明日は違うさだかんねー?」

伊織「何よそれ、脈絡ないじゃない」クスッ

亜美「ポジティブに行こうってことだよ、いおりん」

あずさ「そうね、前向きな気持ちは大事よね」

伊織(ポジティブになって状況は変わるのかしらね……)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 12:32:02.23 ID:dHvV0RVcO

――帰り道
春香「いおりー!」ドタバタ

伊織「……春香、どうしたの?」

春香「ちょうど、見掛けたからっ、走ってきちゃった」ゼーハー

伊織「大丈夫?息上がってるわよ。ちょっとそこのベンチに座りましょ」

春香「うん、ありがとう」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 12:35:53.97 ID:dHvV0RVcO

春香「あ、今日のことだけどね」

伊織「きょう?」

春香「伊織わたしのお菓子見てたでしょ?」

春香「レシピ書いといたから、これで作れるよ!」

伊織「ありがとう」

春香「作りたい時ってあるよね、お菓子」

伊織「そうね」

春香「あれ、お菓子じゃなかった?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 12:38:41.43 ID:dHvV0RVcO

伊織「いいえ、ちょっと興味があったから嬉しいわ」

伊織「ありがとう、春香」

春香「う、うーん。ごめんね伊織勘違いしたみたいで」

伊織「気にしないで、わたしが悪いんだから」

伊織「気に掛けてくれて嬉しかったわ」

伊織「そろそろ時間だから、じゃあね」

伊織(……だめね、みんなに迷惑かけて)

伊織(明日からはしっかりしていかなきゃいけないわ)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 12:41:36.37 ID:dHvV0RVcO

――次の日
伊織「おはよう、小鳥」

小鳥「あ、伊織ちゃん」

小鳥「今日のロケなんだけど、律子さんがちょっと他の仕事で忙しいみたいでPさんが代わりに車出してくれるわ」

伊織「……わかったわ」

小鳥「さっき来て下で待ってるみたいだから、いってらっしゃい」

伊織「いってくるわ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 12:42:36.38 ID:dHvV0RVcO

伊織(……二人きり、か)

P「おはよう、伊織。眠れたか?」

伊織「……おはよう」バタン

P「とりあえず高速乗るから適当に音楽流してくれ」

伊織「適当で良いわ」ピッ

~~ひーろい世界でーひーとり♪

伊織(……わたしのCD)

~~あなたが好きで良かった、それだぁけ♪

伊織(ムカつく歌い方ね)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 12:44:35.17 ID:dHvV0RVcO

伊織(自分は今、幸せだって思い込みが溢れているもの)

伊織「……思い出をありがとう」ボソボソ

伊織「勇気まで、貰えた」ボソボソ

P「……」

伊織(……今のほうがこの歌詞、気持ちがわかって上手く歌えるわね)

P「なあ、伊織」

伊織「……何」

P「すまなかった」


17: >>16 了解 2012/08/28(火) 12:49:15.11 ID:dHvV0RVcO

伊織「……」

P「今でもお前のことは」

伊織「うるさい」

P「う」

伊織「黙って」

伊織(……なら、別れなかったら良かっただけの話でしょう)

P「そうか」

伊織「……黙ってって言ったじゃないっ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 12:52:54.56 ID:dHvV0RVcO

伊織「アンタ、大人なんだから、自分のしたことくらい自分で責任持ちなさいよ」

伊織「いきなり別れ話なんかされた方の身にもなりなさい」

伊織「恨まれて、当然よ」

P「すまない」

伊織「その上、今でもって、アンタわたしのことこれ以上馬鹿にするつもり?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 12:57:56.39 ID:dHvV0RVcO

P「……」

伊織「それとも考えもせずに言ったわけ?」

伊織(何でわたし、こんな奴の事好きだったんだろう)

~~この気持ちを、あえて言葉にするなら♪

~~ありがとう、かな?♪

伊織(ありがとう?……何でこんなに割り切れるのよっ)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 13:02:20.97 ID:dHvV0RVcO

伊織「ねえ」

伊織「アンタ、わたしのこと本当に好きだったの?」

伊織「答えてよ」

P「……当たり前だろ?」

伊織「じゃあ」

伊織「じゃあ何で」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 13:08:16.61 ID:dHvV0RVcO

伊織「わたしの何が嫌だったのよ!」

伊織「あんだけ、好きって」

伊織「好きって言ってくれたじゃない……」グスッ

P「……」ポンッ

伊織「触らないで」

伊織「聞こえてる? 頭、触らないで」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 13:11:34.02 ID:dHvV0RVcO

伊織「そうやって、優しいフリだけしてっ」

伊織「でもわたしの事振っておいて!」

伊織「何?別れても彼氏面したいの?」

伊織「伊織を慰められるのは俺だけだ、とか思ってるんじゃないでしょうねっ?!」

伊織「そしてわたしが喜ぶとか?」

伊織「馬鹿にすんなっ!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 13:17:00.53 ID:dHvV0RVcO

P「……ごめんな」

伊織「もういいわ」

伊織「着いたら起こして」

P「……これ」

P「拭いとかないと、涙の跡がつくぞ」

伊織「……」

伊織(最初からそうやって仕事と割り切れば、わたしも楽なのに)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 13:21:07.72 ID:dHvV0RVcO

――事務所

小鳥「あら、伊織ちゃんお帰りなさい」

伊織「ただいま」

美希「デコちゃんおかえりなの」

美希「……ねえ、デコちゃん、今日泣いたの?目、腫れてるよ?大丈夫?」コソッ

伊織「……」

P「ただいま帰りました」

小鳥「おかえりなさいプロデューサーさん」

美希「ハニーっ!おかえりなのっ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 13:26:12.36 ID:dHvV0RVcO

P「こら、美希。やめなさい」

美希「やめないの。美希はハニーのことが好きだから仕方ないの」

伊織「……」

美希「あ、ねえハニーハニー、美希ね、今日新しいお仕事貰ったの。雑誌のモデルさん!」

P「ほー、偉いな」

美希「褒めて褒めて、なでなでしてー」

伊織「……っ」バタンッ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 13:40:56.76 ID:dHvV0RVcO

美希「……ねえ、今日デコちゃん何かあったの?」

美希「目、赤かったよ?」

P「……ちょっとな」

美希「ふーん。デコちゃんが泣くって相当な事だと思うんだけど、大丈夫なのかな」

P「そうだな」

美希「ハニー、デコちゃんに冷たいの。ちょっと可哀相かも、って思うなー」

P「俺が言っても状況が悪くなるだけなんだ」

美希「……ふーん」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 13:49:12.27 ID:dHvV0RVcO

――屋上

ガチャリ

響「おー伊織どうしたんだー?」

伊織「響、いたの。邪魔したわね」

響「別に何もしてないから大丈夫さー。伊織、どうかしたのかー、顔色悪いぞー?」

伊織「何でもないわ」

響「何でもないって言う時はたいてい何かあるんだ。自分に話みなよー」

伊織「あまり人に話したい事じゃないのよ」

響「そっかー」

響「最近伊織が元気ないって聞いてたけど本当だったんだ」

伊織「そうね」

響「みんな心配してるぞー」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 13:53:46.15 ID:dHvV0RVcO

響「春香も真美もあずさも、それにプロデューサーも伊織のこと気にしてたんだから」

響「まあ今日会って自分も心配になったから、なんかあったら言ってくれたら嬉しいさー」

響「じゃあ、伊織、自分仕事あるから行くね」パタパタ

伊織(Pがわたしのことを、心配ね)

伊織(自分のせいじゃないの)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 13:59:39.83 ID:dHvV0RVcO

伊織「……」

伊織(考えても仕方ないわね、帰ろうかしら)

トコトコ

ガチャン

美希「あ、デコちゃん」

伊織「何よ」

美希「ねえデコちゃん。今日何かあったの?」

美希「ううん、最近ずっと浮かばない顔してるよね?美希ちょっと心配かな」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 14:06:20.63 ID:dHvV0RVcO

伊織「大丈夫よ。心配かけて悪かったわ」

美希「んー、ますますいつものデコちゃんじゃない感じだね」

美希「ハ、……プロデューサーと何かあったんでしょ?」

美希「溜め込んでも良くないと思うな。美希に話してみなよ」

伊織「嫌よ。なんでアンタに」

美希「美希には嫌なの?」

伊織「誰にでもよ」

美希「ふーん」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 14:13:57.22 ID:dHvV0RVcO

美希「ねえデコちゃん」

伊織「何よ」

美希「ミキと恋バナしない?」

伊織「はあっ?」

美希「んーデコちゃんはまだお子ちゃまだから早かった?」

伊織「勝手にそう思っときなさいよ」

美希「たとえば、恋って人を成長させると思う?」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 14:23:57.28 ID:dHvV0RVcO

伊織「人それぞれでしょ」

伊織「成長する人もいるし、ダメになる人もいる。そんな感じだと思うわ」

美希「ミキもそう思うの」

美希「デコちゃんの場合はどうだったのかな?」

伊織「……」

美希「ハ、プロデューサーとデコちゃん、最近お話してないよね」

美希「前はあんま話自体はしなかったけど、話す時は仲良さそうだったの」

伊織「そう」

美希「ミキね、デコちゃんの事けっこう好きだよ? あ、恋とかじゃないから誤解しないでね」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 14:37:07.75 ID:dHvV0RVcO

美希「フツーに性格良いと思うし、カワイイし」

美希「アイドルとしてのオーラはミキの勝ちだとは思うけど」

美希「だからデコちゃんが悪いんじゃないと思うな」

伊織「……」

美希「引きずっても良いことないよ?」

美希「相性が悪かっだけなの」

美希「傷つく恋は良くないと思うな」

伊織「……アンタ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 14:53:02.59 ID:dHvV0RVcO

伊織「得意げに言うけど、プロデューサーとわたしが仲良くなるのを阻止したいだけでしょうがっ」

美希「違うよ? というかデコちゃんやっぱりハニーのこと好きだったの!」

伊織「そうよっ」

伊織「悪い?」

美希「やっとデコちゃんが正直に話してくれたの」

美希「ミキは別に邪魔しようとかはぜーんぜん思ってないよ?」

美希「それってちょっと違うなって思うし」

伊織「じゃあ何でそんなこと言うのよ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 14:57:31.38 ID:dHvV0RVcO

美希「今のデコちゃん、見ててかわいそうなの」

美希「ミキが言うのもなんだけど、人生恋愛だけじゃないって思うな」

伊織「……ンタ、ねえ」

伊織「人の彼氏に手出ししといて、それで別れさせて言うセリフ?」

美希「それってデコちゃんの魅力がミキ以下だったってことだと思うの」

美希「てか彼氏ってことは付き合ってたんだね?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 15:02:34.31 ID:dHvV0RVcO

伊織「……そうよ」

美希「それならそうと言って欲しかったの。さすがに友達の彼氏にはミキでも多少遠慮したよ?」

美希「デコちゃん、何で言わなかったの?」

伊織「それは……」

美希「ミキたちへの遠慮? ううん、それより独り占めしたって文句を言われるのが嫌だったと思うの」

美希「違う?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 15:16:24.89 ID:dHvV0RVcO

伊織「……そうかもしれないわ」

美希「もし二人が付き合ってるって言ってくれたら、ミキだってショックだけどさすがに諦めたと思うな」

美希「好き合ってる二人の邪魔をするのは趣味じゃないし、何よりデコちゃんとは友達でいたいの」

伊織「……」

美希「ねえ、デコちゃん、プロデューサーと付き合ってた時、楽しかった?」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 15:25:45.22 ID:dHvV0RVcO

伊織「……そりゃ、そうよ」

美希「ふーん」

美希「じゃあ、付き合ってる時に、事務所でみんなで話してる時は?」

伊織「……」

美希「あんま楽しくなかったみたいだよね。ミキたちへの後ろめたさとかあったと思うの」

美希「ねえ、それってデコちゃんだけかな?」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 15:43:19.84 ID:dHvV0RVcO

伊織「何が言いたいのよ」

美希「プロデューサーはどうだったのかなーって。多分、デコちゃんと同じくらい、ううん、もっと後ろめたかったと思うな」

伊織「……」

美希「ま、ミキ、撮影だからもう行くね」

美希「行ってきますなの」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 16:00:34.40 ID:dHvV0RVcO

伊織「……そっか」

伊織「なぁんだ、わたしが悪いんじゃない」

伊織「プロデュースしているアイドルを一人だけ特別扱いさせて」

伊織「でもわたしがみんなには内緒って言うから、ずっと堪えさせちゃって」

伊織「我慢出来なくなったって言ってたわね、別れ話の時」

伊織「そういうことだったのね」

伊織「ばっかみたい」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 16:19:06.74 ID:dHvV0RVcO

ゴマエーゴマエー

伊織「メール…?」

『でこちゃんでこちゃん』
『難しく考えないで、簡単に考えたら良いと思うな』

伊織「……」

ポチポチ

『簡単とか難しいとか抽象的過ぎるわよ』
『……ありがとう』


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 16:32:38.89 ID:dHvV0RVcO

――数日後、765プロ事務所

響「久しぶりに全員集合だぞーっ」

千早「最近は全然オフが重ならなかったものね」

春香「うん、わたし今日興奮してケーキ焼いて来ちゃいました!」ドンッ

貴音「これは……重畳ですね」

………

美希「デコちゃん今日は明るい表情してるね?」

美希「お通じ良かった?」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 16:39:57.78 ID:dHvV0RVcO

伊織「変なこと言わないでよ!」

伊織「まあでもそれに近いわ。アンタのお陰でつっかえてたものがなくなったもの」

伊織「となるとアンタ、下剤ね、下剤」

美希「……デコちゃんちょっと汚いの」

伊織「アンタが振ってきたんでしょうが! ……まあ、ありがと」

美希「どういたしましてなの」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 16:59:27.20 ID:dHvV0RVcO

P「おーいみんなー。社長からお話がるそうだ、集まってくれー」

一同「はーい」

P「じゃあ社長を呼んでくるから……」

伊織「待ちなさいっ」

P「どうした伊織」

伊織「前のこと、悪かったわ……反省してるわ……」

伊織「……でね」

伊織「わたし、アンタのことが好き。だから恋人になってくれないかしら」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 17:15:24.21 ID:dHvV0RVcO

P「……」

一同「……」ザワザワ

伊織「……」

P「俺はお前の事が好きだ、でもな……」

美希「デコちゃん!おめでとうなのっ!」

春香「み、美希?」

P「……そうか。……伊織、俺の恋人になってくれ。頼む」

伊織「うんっ! ……ありがとう」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 17:19:55.92 ID:dHvV0RVcO

一同「……」ザワザワ

亜美「あーっ! いおりんが最近ちょ→し悪かったの、恋の病のせいか!」

あずさ「あらあら~」

響「てっきり……伊織、自分心配したんだぞ! まあでも良かったさー!」

貴音「そうですね。まことに、仲良きことは美しき哉、ですから」

小鳥「ぴよぴよー」

春香「でも、伊織がプロデューサーさんのことそんなに好きだなんて知らなかったよー」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 17:27:53.88 ID:dHvV0RVcO

やよい「わたしもですー」

千早「……でも美希、貴方、良かったの?」

美希「うーん。告白が失敗してたら美希も頑張ってたよ?」

美希「でもまあデコちゃんは友達だし応援してたからね、それはそれで良かったの」

真「へー、美希が応援ね。ライバル相手に恋のキューピッドだったのか」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 17:31:35.48 ID:dHvV0RVcO

美希「うーん。キューピッドというより、下剤かな? あふぅ」
伊織「美希聞こえてるわよ!変な事言わないで頂戴っ」

真美「おぉっと?いおりん、下剤とはどういうことだ→」

亜美「ほらほら、素直に言いなYO」

伊織「……まあでもその理屈で言えばアンタたち、全員が下剤よ」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 17:36:45.32 ID:dHvV0RVcO

春香「えっ、ええー」

伊織「でも、みんなに感謝しているのは本当よ」

伊織「……嫌われるかと思ったわ」

響真「なんでさぁ」

亜美真美「そうだそうだー」

美希「美希たちがデコちゃんのコト、嫌いになることなんてないと思うの」

伊織「……どうしてよ?」

春香「だって、みんな――」



fin.


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 18:07:35.00 ID:dHvV0RVcO

保守等々ありがとうございました。
本当はもうちょっとフラれた伊織の心理を書きたかったけど、上手に書けなかったから断念。無念。


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 17:49:21.73 ID:fUTFfcbuO



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 18:10:37.45 ID:W7MpBfaA0

おっつおっつ


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 18:10:44.00 ID:7bSntl5qO

気丈ないおりんかわいいかわいい
乙でした。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。