スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャルル「ルルーシュ!!家族でピクニックに行くぞぉぉ!!!」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336104470/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:07:50.32 ID:z/J17ql40
―――連休も半ばを過ぎた頃、ルルーシュの部屋の電話が鳴った。

ルルーシュ「はい。もしもし?」

シャルル『……ルルーシュか?』

ルルーシュ「……!!」

ルルーシュ(シャルル……!!なんだ……なぜ……電話を……!!)

シャルル『ルルーシュよ。休みは謳歌しているか?』

ルルーシュ(何が目的だ。また俺とナナリーを政治の道具に使うつもりか……?)

シャルル『なに?!どこも出ずにナナリーと家に篭っているだとぉ!?なぁんとも愚かぁ!!ルルーシュ!!』

ルルーシュ(どうする……。まだシャルルを殺す手段など……!!)

シャルル『よぉし!!そういうことならピクニックだぁ!!家族でピクニックにいくぞ!!ルルッーシュ!!』

シャルル『オール・ハイル・ブリタァァニア!!!』

ルルーシュ「……」

―――ルルーシュは受話器をそっと元に戻した。

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:14:02.09 ID:z/J17ql40
ナナリー「お兄様?誰からだったのですか?」

ルルーシュ「間違い電話みたいだ」

ナナリー「そうですか」

ルルーシュ(俺はともかくナナリーの身の安全は確保しなければ)

リリリリリン!!!

ナナリー「あ、また電話ですね」

ルルーシュ「……はい?」

シャルル『おい。何故、切った?まだ場所の説明もしていなというに』

ルルーシュ「何が目的だ」

シャルル『ぬあっはっは!!何を言っている、ルルーシュ。ピクニックに行くと行ったであろうが』

ルルーシュ「黙れ!!何がピクニックだ!!馬鹿馬鹿しい!!!」

シャルル『なに?景色のいい場所でシートを広げて、サンドウィッチを食べるのは好かんというか?』

ルルーシュ「俺はお前が好きじゃない!!」

シャルル『ぬぁに!?それはワシが皇帝であると知ったうえ―――』

ルルーシュ「うるさい!もうかけてくるな!!」ガチャン


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:19:12.39 ID:z/J17ql40

ナナリー「あの……お兄様……?」オロオロ

ルルーシュ「ああ、ごめん。ナナリー。なんでもないんだ……なんでも……」

ナナリー「……」

ルルーシュ(これ以上、ナナリーに心配をかけるわけにもいかない……!電話線を抜いておくか)

ルルーシュ(よしこれで―――)

ピリリリ

ルルーシュ(携帯が……知らない番号だな……)

ルルーシュ「はい?」

シャルル『電話線を抜きおったな、ルルーシュよ?』

ルルーシュ「いい加減にしろ!!」

シャルル『どうした?何故怒っている?ワシには理解できん』

ルルーシュ「あのなぁ……」

シャルル『そうか。ぬぁっはっはっは!!恥ずかしいのか!!ならば、友達も許可する!!』

ルルーシュ「黙れ……!!」

ナナリー「お兄様……」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:26:11.17 ID:z/J17ql40

シャルル『肝心の日時だがな、ルルーシュよ。今日か明日しか時間がとれんのだ』

ルルーシュ「聞いてない」

シャルル『ナナリーを人質にしてもいいのだぞ?』

ルルーシュ「貴様……!!やはり目的はナナリーか!?」

シャルル『聞いておるではないか、ルルーシュ』

ルルーシュ「ぐっ……」

シャルル『場所は―――』

ルルーシュ「……」ピッ

ナナリー「お兄様、一体……」

ルルーシュ「気にするな。ただの間違いだ」

ナナリー「そうですか……」

ルルーシュ(ナナリーだけは守る……)

ルルーシュ(携帯の電源は切っておくか)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:32:02.60 ID:z/J17ql40

ルルーシュ「気晴らしにテレビでも見るか」

ナナリー「……」

テレビ『―――番組の途中ですが、シャルル皇帝の臨時会見をお送りします』

ルルーシュ「なんだ?」

ナナリー「お父様……?」

ルルーシュ「どこのチャンネルも一緒か……」

ルルーシュ(何を言うつもりだ……シャルル……)

シャルル『マイクは?入っておるか?え?よし』

シャルル『うぉっほん!!!』

シャルル『我が息子ルルーシュよ!!!!そして我が娘ナナリーよぉ!!時は来た!!!』

シャルル『ピィックニックゥに行くぞぉぉぉ!!!!!!!』

シャルル『オール・ハイル・ブリタァァァニア!!!!!』

ルルーシュ「な……!?」

ナナリー「まぁ……」

ルルーシュ(俺たちが生きていることを平然と公表しただと……!!!)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:33:03.17 ID:5N/SGS3C0

どんだけピクニック行きたいんだよwww


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:35:34.23 ID:oFE/2U67i

親父必死すぎだろwww


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:38:22.74 ID:z/J17ql40

シャルル『―――日程、場所は以上だぁ!!友達は何人連れてきても構わん!!』

ナナリー「お兄様……これは……」

ルルーシュ「シャルルめ……!!」

シャルル『待っておるぞ、ルルーシュ!!ワシは逃げも隠れもせん!!』

シャルル『駅前広場で待っているからなぁ!!ルルーシュ!!!』

ルルーシュ「先手を打たれた……!!」

ナナリー「お兄様……どうされるのですか……?」

ルルーシュ(全国のテレビ中継までしたんだ。電話番号もばれているから住所も把握しているだろう)

ルルーシュ(待ち合わせに俺とナナリーが現れなければ、恐らく奴はここで、この部屋でピクニックを始める!!)

ルルーシュ(俺とナナリーの空間にあいつを入れることなんて、我慢できない)

ナナリー「お兄様?ピクニック、行くのですか?」

ルルーシュ「ナナリーは行きたいか?」

ナナリー「お兄様が行くなら、私も行きます」

ルルーシュ「そうか……。ちょっと考えてみるよ」

ルルーシュ(まずは仲間だ。奴と会えば戦争になる。頼れる仲間がいる……!!)


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:43:27.15 ID:z/J17ql40

―――生徒会室

ルルーシュ「悪い、いきなり呼び出して」

スザク「ルルーシュ」

カレン「突然、呼び出してどうかした?」

ルルーシュ「さっきの臨時放送みたか?」

スザク「……ああ」

カレン「あれって……やっぱり、ルルーシュのことなの?」

ルルーシュ「そうだ」

スザク「どうするんだ?ピクニックに行くのか?」

ルルーシュ「行かなければならないだろうな」

カレン「大丈夫なの?」

ルルーシュ「大丈夫ではないから二人を呼んだんだ」

スザク「それって」

カレン「あたしたちもピクニックに参加しろってこと?」

ルルーシュ「そうだ」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:46:49.12 ID:z/J17ql40

スザク「それは……」

ルルーシュ「迷惑なのは重々承知している!!だけど、俺一人じゃ……」

カレン「家族のピクニックでしょ?あたしたちがいていいわけ?」

ルルーシュ「むしろ居てほしい」

カレン「家族……嫌いなのね」

ルルーシュ「シャルルが嫌いなだけだ」

カレン「皇帝のほうが気をつかうんじゃ……」

ルルーシュ「あいつがそんな繊細なものか」

カレン「そうなの?」

スザク「ルルーシュ」

ルルーシュ「どうした?やはり……軍関係者としては……気が引けるか?」

スザク「いや。おやつは500円までかい?」

ルルーシュ「……ああ」

スザク「そうか」

カレン「そんな決まりあったの?じゃあ、考えて買わないと……」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:49:32.33 ID:VHWs/8Zo0

バナナがおやつに入るか否かの高度な駆け引きが今始まる……!


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:51:53.10 ID:z/J17ql40

ルルーシュ「行ってくれるのか?!」

スザク「ルルーシュの頼みを断るわけないだろ?それにこれは軍は関係ない」

カレン「ま、家族との付き合い……よね。多分」

ルルーシュ「助かる……。ありがとう……」

カレン「ちょっと。たのピクニックでしょ?なんでそんな深刻に……」

ルルーシュ「ただのピクニックじゃないから深刻なんだ!!」

カレン「そ、そう……」

スザク「色々あるんだよ、カレン」

カレン「まぁ……いいけど」

スザク「じゃあ、日時は会見で言っていた通りでいいんだね?」

カレン「えっと、明日の朝8時に駅前広場集合だったわね」

ルルーシュ「ああ。じゃあ、悪いけど必ず来てくれ」

カレン「あ、ちょっと」

ルルーシュ「どうした?」

カレン「お弁当……もって行ったほうがいいの?」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 13:56:17.16 ID:z/J17ql40

ルルーシュ「弁当か……」

スザク「カレン、作れるのか?」

カレン「サンドウィッチぐらいなら……」

スザク「僕もおにぎりぐらいなら」

ルルーシュ「……」

カレン「……た、たこさんウインナーはちょっと……」

ルルーシュ「いや。そこまでしなくてもいいと思うが」

スザク「でも、ルルーシュ側にだけ負担をかけるわけにも」

カレン「参加するならそういう役割分担は必要だと思うし」

ルルーシュ「……」

スザク「ところでバナナはおやつか?」

カレン「果物ってデザートでしょ?」

スザク「じゃあ、お弁当箱に入っていればセーフか」

カレン「多分ね。房のままだとアウトだけど」

スザク「なるほどね。気をつけるよ」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:00:43.35 ID:z/J17ql40

ルルーシュ「弁当はまぁ、咲世子と俺で作る」

スザク「ルルーシュ、いいのか?」

ルルーシュ「俺から誘ったんだ。それぐらいはな」

カレン「へー、ルルーシュってお弁当作ることできるの?」

ルルーシュ「ナナリーによく作っていたからな」

カレン「……うらやましい」

スザク「カレン、今からおやつでも買いに行こうか」

カレン「500円でしょ?結構、色々なもの買えるかな」

スザク「駄菓子ならかなり」

カレン「じゃ、いこっか」

スザク「ルルーシュ、また連絡するよ」

ルルーシュ「ああ。ありがとう」

カレン「また明日ね」

ルルーシュ「よし……。スザクとカレンという戦力は得た……」

ルルーシュ「あとは……」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:04:41.41 ID:z/J17ql40

―――総督府 コーネリア自室

コーネリア「……」

ピーピー

コーネリア「私だ」

『あの……ルルーシュと名乗る学生から―――』

コーネリア「繋げ!!」

『はい!!』

ルルーシュ『……姉上』

コーネリア「そろそろだと思っていた」

ルルーシュ『流石ですね』

コーネリア「どうする?」

ルルーシュ『姉上とユーフェミアを傍に置いておきたい』

コーネリア「……残念だが。私はいけない」

ルルーシュ『なに……』

コーネリア「行きたいのは山々だが、仕事だ。社会人は辛い」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:06:43.78 ID:ox/b4IAq0

楽しそうだなみんな


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:11:03.95 ID:z/J17ql40

ルルーシュ『なんとか休めないのか』

コーネリア「無茶をいうな」

ルルーシュ『姉上とユーフェミアがいれば……シャルルが俺に絡んでくる比率を大幅に減らせると思ったのに』

コーネリア「ユフィだけでも幾分マシだと思うが」

ルルーシュ『ユフィだとシャルルの威圧に押されて何も言えなくなるだろ』

コーネリア「むぅ……それもそうか」

ルルーシュ『だから、姉上の存在感が必要なんだ』

コーネリア「……だが」

ルルーシュ『ダメですか』

コーネリア「総督は椅子に踏ん反り返るだけではないのでな」

ルルーシュ『仕方ない……少し可哀相だが、ユフィだけでも』

コーネリア「ユフィは喜んでついていくだろう。伝えておく」

ルルーシュ『お願いします、姉上』

ピッ

コーネリア「……はぁ……ピクニック……いいな……」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:16:09.33 ID:z/J17ql40

―――ユーフェミアの自室

コーネリア「ユフィ、私だ」

ユフィ「どうぞ」

コーネリア「先ほどの放送は見たな?」

ユフィ「はい。皇帝のピクニック会見ですね」

コーネリア「ルルーシュがお前に来て欲しいと行って来―――」

ユフィ「おやつは買ってきました!!」バーン

コーネリア「……こうなることを分かっていたのか」

ユフィ「きっとルルーシュは困っていると思っていたので。私でも力になれるならと」

コーネリア「そうか。駅前広場までは護衛をつけるから」

ユフィ「あの。護衛は既にスカウトしたのですけど……」

コーネリア「なに?だれだ?」

ユフィ「えっと……枢木スザクを」

コーネリア「枢木スザクだと……?」

ユフィ「ご、ごめんなさい。スザクもちょうど一緒に行くとのことだったので……」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:21:35.08 ID:z/J17ql40

―――ルルーシュの自室

ルルーシュ「咲世子にも頼んでおいたし……これでいいか」

C.C.「……」ソワソワ

ルルーシュ「スザクにカレン、あとシャルルの絡みが俺とナナリーに集中しないようにユフィも同行する」

C.C.「……なぁ」

ルルーシュ「カードは揃った。これで布陣を敷けば……まだ戦いにはなるはず」

C.C.「ルルーシュ?」

ルルーシュ「ピクニックはおよそ5時間として……」

C.C.「おい」

ルルーシュ「なんだ!?」

C.C.「こっちとこっち、どちらの服がピクニックに向いていると思う?」

ルルーシュ「……」

C.C.「私自身としてはこのワンピースタイプの―――」

ルルーシュ「お前は留守番だ」

C.C.「な、なぜだ!?」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:27:15.24 ID:z/J17ql40

ルルーシュ「当然だ。カレンとスザクが居るんだぞ?二人の前に堂々と顔を晒す気か、貴様」

C.C.「ポニーテールにする」

ルルーシュ「だめだ」

C.C.「帽子もかぶる。目深にかぶる」

ルルーシュ「バレる」

C.C.「仮面をしていく」

ルルーシュ「怪しまれるだろ」

C.C.「プチ整形する」

ルルーシュ「そこまでするなら家にいろ!!!バカか貴様!!!」

C.C.「お前と私は共犯者だ!!ピクニックだって一緒だろ!!」

ルルーシュ「……」

C.C.「……」

ルルーシュ「そんなに行きたいのか?」

C.C.「……ああ」

ルルーシュ「……」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:34:07.85 ID:z/J17ql40

ルルーシュ「分かった。だが、一緒には行けない」

C.C.「そんなこというやつはだいっきらいだ」

ルルーシュ「まて。偶然を装えということだ」

C.C.「ほう」

ルルーシュ「お前は俺たちのあとをつけるようにしてこい。現地で偶然居合わせたように振舞え」

C.C.「はじめましてといえばいいかな?」

ルルーシュ「それでいい」

C.C.「わかったよ。それで妥協してやる」

ルルーシュ「おまえな……!!」

C.C.「一緒に電車に乗って、景色を見ながらワイワイいうのだってピクニックの楽しさなんだぞ?知らないのか?」

ルルーシュ「もういい!!早く寝ろ!!!寝坊したらおいていくからな!!」

C.C.「そんなことしたら契約破棄だ。ギアスを返してもらうからな。必死で起こせよ?」

ルルーシュ「くそ……!!魔女がぁ……!!!」

C.C.「それじゃあ、おやすみ」

ルルーシュ「はぁ……」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:39:49.72 ID:z/J17ql40

―――神根島 遺跡

V.V.「シャルル、ついに明日だね」

シャルル「ええ、兄さん」

V.V.「楽しみかい?」

シャルル「夜も眠れぬほどに」

V.V.「寝坊はダメだよ?」

シャルル「分かっています」

V.V.「……本当に来るかな?」

シャルル「来ますとも。必ず」

V.V.「……そのときはどうするの?」

シャルル「マリアンヌ」

アーニャ「なぁに?」

シャルル「頼むぞ?」

アーニャ「任せておいて」

シャルル「ぬぁっはっはっは!!!!ルルーシュ!!!明日が楽しみだな!!ルルーシュ!!!!」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:44:16.45 ID:z/J17ql40

―――翌日 ルルーシュの自室

ルルーシュ「ナナリー、準備はできたか?」

ナナリー「はい、お兄様」

ルルーシュ「……大丈夫か?」

ナナリー「お兄様が一緒なら……私は大丈夫です」

ルルーシュ「そうか……」

ナナリー「お兄様のほうこそ……手が震えています」ギュッ

ルルーシュ「心配しなくていい。俺がナナリーを守る」ギュッ

咲世子「ルルーシュ様……お気をつけて」

ルルーシュ「ああ。行こうか、ナナリー」

ナナリー「はい、お兄様」

咲世子「行ってらっしゃいませ」

C.C.「……」コソコソ

咲世子「あの、あまり接近するとナナリー様に気づかれてしまいますよ?」

C.C.「わかった」コソコソ


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:49:42.28 ID:z/J17ql40

―――カレンの自室

カレン「病弱キャラは封印でいいよね」

カレン「服はこれにしてっと……」

カレン「んー……まぁ、別にお洒落する意味はないかな」

カレン「にしても、お父さんが怖いだなんて……意外とかわいいかも……」

カレン「って、ルルーシュの場合は話が違うか」

カレン「ブリタニアの皇帝だしね……」

カレン「……隙があれば……殺す」シャキン

カレン「……」

カレン「……それは無理か」

カレン「ナイフは置いていこ」

カレン「財布よし!服よし!おやつよし!」

カレン「リュックも新調したし、大丈夫!!」

カレン「よっと。さ、いこっと」

カレン「ルルーシュ待ってるし……」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:53:58.86 ID:z/J17ql40

―――総督府 正面入り口

ユフィ「スザーク」テテテッ

スザク「ユフィ、そんなに慌てなくても」

ユフィ「はぁ……ご、ごめんなさい。すこし遅れちゃった」

スザク「気にしてないよ。それより僕が護衛でよかったの?」

ユフィ「いいえ。スザク以外に護衛は考えられないから」

スザク「……ありがとう。嬉しいよ」

ユフィ「でも、今日は覚悟しておいてね。相手は……」

スザク「わかっている。僕らからすれば雲の上……いや、神といってもいい人だ」

ユフィ「ええ」

スザク「……ポテリッチを2袋用意した。これでなんとか」

ユフィ「……」

スザク「ユフィ?どうかした?」

ユフィ「ううん。その様子なら大丈夫かなって」

スザク「え?」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 14:59:13.00 ID:z/J17ql40

―――駅前広場

ルルーシュ「まだ誰も来ていないな」

ナナリー「そうですか」

ルルーシュ(そもそも奴がどこから来るのか……)

カレン「ルルーシュ、おまたせ」

ルルーシュ「カレ―――え?」

ナナリー「おはようございます、カレンさん」

カレン「おはようナナリー」

ルルーシュ「おい、カレン……登山にいくんじゃないんだぞ?」

カレン「え?ピクニックでしょ?」

ルルーシュ「もういい……」

カレン「なによ……?」

ルルーシュ(カレンは貴重な戦力だ。下手をことをいって気分を害されたら困る……)

カレン「なによー?これそんなに変?ちゃんと雑誌みて買ったんだけど……」

ルルーシュ「そのまま富士にでも登ればいいんじゃないか?」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:00:51.09 ID:tCtogNmX0

どんなかっこで来たんだwww


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:03:33.08 ID:z/J17ql40

ユフィ「ルルーシュ!!」テテテッ

ルルーシュ「ユフィ」

ナナリー「ユフィ姉さま!!」

ユフィ「ナナリー、久しぶり!」

ナナリー「ユフィ姉さまもお変わりなく」

ユフィ「えへへ」

スザク「おはよう、ルルーシュ。カレン」

カレン「おはよ」

ルルーシュ「スザク……お前、なんで軍服なんだ?」

スザク「シャルル皇帝に会うんだ。私服はまずい」

ルルーシュ「軍は関係ないって自分で言ってたじゃないか」

スザク「それでも礼儀は大事だから」

ルルーシュ「ユフィ……?」

ユフィ「スザクの軍服姿、かっこいいよね」

ルルーシュ「もういい……。だが、あとは奴の到着を待つだけか……」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:09:10.09 ID:z/J17ql40

ルルーシュ「―――おそい!!!」

ナナリー「お兄様、落ち着いてください」

スザク「そうだ。まだ20分しか経っていないじゃないか」

ルルーシュ「約束の時間から20分もたっている!!こんなことしていたら日が暮れる!!!」

ユフィ「まぁまぁ」

ルルーシュ「まぁまぁじゃない!!」

カレン「ルルーシュ、冷静に。相手の作戦かもしれないし」

ルルーシュ「そうか。わざと約束の時間に遅れて、相手の冷静さを失わせる作戦か」

カレン「そうそう」

ルルーシュ「ちぃ……やってくれる……!!」

―――バババババババ!!!!!!

スザク「ん?ヘリだ」

ユフィ「しかもあれは皇族専用ヘリ……」

ルルーシュ「まさか……!!」

シャルル『ルルーシュ!!!!またせたなぁ!!!!!寝坊してしまぁった!!!ぬぁっはっはっはっは!!!!』


128: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 2012/05/04(金) 15:14:08.21 ID:eOS028s2i

結局寝坊したのかよw


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:15:10.36 ID:z/J17ql40

ナナリー「ひっ」ビクッ

カレン「あいつが……ブリタニアの皇帝……」

スザク「……」

ルルーシュ「あの……バカ……!!」ギリッ

シャルル「よっと。―――よく集まってくれた。皆のものよ」

スザク「い、いえ!!お招きいただき、光栄です!!」

シャルル「ん?おまえは……枢木スザクか?」

スザク「え?じ、自分の名前をご存知なのですか?!」

シャルル「上に立つもの、部下の顔と名前ぐらいは把握している」

スザク「なっ……」

シャルル「ルルーシュの親友だそうだな?これからもよろしく、たのむ」

スザク「イエス!!ユアマジェスティ!!」

ルルーシュ(早い!!もうスザクを懐柔するとは……シャルルめ……!!!)

ユフィ「あ、あの……お父様……」

シャルル「んー?ユーフェミアか……。久しいな」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:21:16.62 ID:z/J17ql40

ユフィ「は、はい……」

シャルル「コーネリアはどうした?」

ユフィ「お、お仕事が……お忙しいみたいで……」

シャルル「なぁに!?」

ユフィ「ひゃ」ビクッ

シャルル「それは……残念だ……」

ユフィ「は、はぁ……」

シャルル「……ん?おまえは?」

カレン「ど、どうも……。えっと……」

シャルル「そうか、ルルーシュのガァールフレンドか」

カレン「ち、ちがいます!!!」

シャルル「照れることはない。ルルーシュは頭がいい。浮気されたと感じたら、いつでも、ワシのところに来るがよい。助言はしてやる」

カレン「いや……そういう……関係じゃ……」

ルルーシュ「いい加減にしろ!!貴様!!!」

シャルル「おー!!ルルーシュよ!!久しいなぁ!!!しばらく会わぬうちに、マリアンヌそっくりになりおって!!ぬぁっはっはっは!!」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:29:02.00 ID:z/J17ql40

ルルーシュ「今更、なんのつもりだ!!これはぁ!!!」

シャルル「ピクニックだ」

ルルーシュ「何故、俺に会いに来た……」

シャルル「父親が息子に会うのには理由が……いるのか?初耳だな……」

ルルーシュ「捨てたくせにぃ!!」

スザク「よせ。ルルーシュ」

ルルーシュ「スザァク!!」

スザク「今日は全てを水に流そうとして来てくれたんだろう。そういう発言はよくない」

ルルーシュ「おま……!!」

シャルル「良く出来た友人をもったな、ルルーシュ。よかったではないか」

スザク「いえ!自分はそれほどできた人間ではありません!!」

ルルーシュ「ちぃ……!!!」

ナナリー「あぁ……あの……」オロオロ

シャルル「ナナリーか……。今日はよくきてくれたな」

ナナリー「は、はい……お、おひさし……ぶりです……」オロオロ


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:33:02.27 ID:Qs3oPRjn0

スザアアアアク!!


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:34:05.23 ID:DXwUxJ6p0

全然味方じゃなかった


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:36:08.64 ID:z/J17ql40

シャルル「辛いか?」

ナナリー「え?」

シャルル「目が見えぬこと……辛いか?」

ナナリー「いえ……私にはお兄様がいますから」

シャルル「そうか。―――ナナァリー!!!安心するがいい!!!」

ナナリー「な、なんですか……?」

ルルーシュ「おい!何をするつもりだ!!」

シャルル「今日はナナリーのために……アメをもってきた」

ナナリー「……アメ?」

シャルル「なめて……みよ」

ナナリー「はい……はむっ」

シャルル「どうだ?甘いか?」

ナナリー「とても」

シャルル「ぬぁっはっはっはっはっは!!!!!」

ナナリー「え?」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:41:09.81 ID:z/J17ql40

シャルル「では、いくぞ!!ついてこぉぉぉぉい!!!」

ナナリー「このアメは……?」オロオロ

スザク「イエス!!ユアマジェスティ!!!」

ルルーシュ(おのれ……既にスザクは寝返ったか……!!)

ユフィ「ルルーシュ、大丈夫?顔色悪いけど」

カレン「都合つけて帰る?」

ルルーシュ「それは無理だ……そんなことを言えば、俺の部屋でどんちゃん騒ぎになる」

ナナリー「それは嫌ですね」

ユフィ「確かに。お父様を部屋には入れたくないかも」

カレン「嫌われてるのね」

ルルーシュ「ああいう父親だからな」

ナナリー「お兄様、大丈夫でしょうか?」

ルルーシュ「無視するという手もあるが……」

カレン「それはちょっと、あとが怖いし」

ルルーシュ(なんとかこの地獄を切り抜ける策を……。だが、やつのことだ。既に全てにおいて先手をうっているだろう……)


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:47:34.13 ID:z/J17ql40

―――改札口

シャルル「皆に切符をくばぁる!!」

スザク「はっ!!」

ルルーシュ(C.C.は大丈夫か……?)


C.C.「うーん……切符か……いくらのを買えば……」

V.V.「これだよ」ピッ

C.C.「な……」

V.V.「久しぶり、C.C.」

C.C.「お前は……」

アーニャ「私も居るわよ」

C.C.「なんのつもりかな?」

アーニャ「ふふふ」

C.C.(まさか……狙いは私か……!!)

V.V.「じゃあ、行こうか。僕たちは僕たちで楽しもうよ、C.C.」

C.C.(悪い……ルルーシュ……やっぱりお留守番しておくべきだったよ……)


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 15:58:26.31 ID:z/J17ql40

―――ホーム

シャルル「いいか。車内ではあまり騒がないように」

スザク「イエス!!ユアマジェ―――」

シャルル「だまれぇい!!!」

スザク「……」

ルルーシュ「うるさいのはこの二人だ」

カレン「えっと、ユーフェミア……様……」

ユフィ「ふふ。カレンさん。ユフィで結構ですよ」

カレン「あ、そう?」

ユフィ「ルルーシュの恋人なんでしょ?いっぱい話を聞かせてほしいな」

カレン「ちがうちがう!!何言ってるの!?」

ユフィ「でもお父様が」

カレン「あれはあの人の勘違いだからっ!!!」

ルルーシュ「全く……何故こうも緊張感がないんだ……シャルルがいるというのに……」

ナナリー(お兄様……すごく辛そう……)


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:05:11.44 ID:z/J17ql40

『間もなくホームに車両がまいります』

シャルル「きたか……」

スザク「はい」

ルルーシュ「おい、スザク」

スザク「どうした?」

ルルーシュ「俺の味方じゃなかったのか?」

スザク「味方だよ。でも、ルルーシュの親友である前に僕は軍人だから」

ルルーシュ「お前……」

スザク「ごめん」

ルルーシュ(こんなことならシャーリーでも連れてくるべきだったか……!!)

ナナリー「お兄様、大丈夫ですか?飲み物です、どうぞ」

ルルーシュ「あ、ああ。ありがとう、ナナリー」

カレン「だからね、ルルーシュとはただの友達なの」

ユフィ「兼、恋人なのよね?」

カレン「ちっがうから!!」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:12:39.78 ID:z/J17ql40

―――車内

ざわざわ……

「あ、あれ……シャルル皇帝じゃないか……」

「すげ……!!なんで電車にのってるんだ?!」

「あれだよ、ピクニックだろ?」

「写メとろ」パシャ

シャルル「よいか!!皆のもの!!!」

ルルーシュ「うるさい!!車内では静かにしろ!!!」

シャルル「ぬぅ……では、静かに伝える!!!!」

ナナリー「あの、乗客のみなさん。もうしわけありません」オロオロ

ユフィ「あの。すぐに黙らせますから」ペコペコ

カレン「ごめんなさい、ごめんなさい」ペコペコ

シャルル「よいかぁ!!!人は平等ではなぁい!!!!」

ルルーシュ「しるか!!!」

スザク「ルルーシュ!みてくれ!向こうにアッシュフォード学園が見える!」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:23:17.59 ID:z/J17ql40

シャルル「こっちだ。こっちがすいている。座るぞ」

ルルーシュ(お前が入ってきたから乗客が他の車両に移動しただけだ……)

シャルル「ふー。やっと落ち着けるな」

スザク「シャルル皇て―――」

シャルル「スザクよ……」

スザク「は、はい」

シャルル「今日は無礼講だ。堅苦しい肩書きなど……今は持ち合わせておらぬ」

スザク「といいますと……?」

シャルル「今日は……シャルルおじさん、でよい」

スザク「そ、そんなこと!!自分には無理です!!」

シャルル「なんという愚かしさかぁぁ!!!軍人ならば!!ワシの命令を素直に、きけぇい!!」

スザク「イ、イエス!!ユアマジェスティ!!」

シャルル「うむ。ナナリー、ルルーシュ、ユーフェミアも……今日はワシのことを、パパと呼ぶことを許す」

ルルーシュ・ナナリー・ユフィ「「お断りします」」

シャルル「そうか……。流石に泣いてしまいそうだな……」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:29:47.00 ID:z/J17ql40

カレン「……」

ユフィ「カレン、どうかした?」

カレン「え?いや……ちょっと輪に入りにくくて」

ユフィ「どうして?」

カレン「どうしてって。私以外はほら、皇帝陛下と繋がりがあるじゃない?」

ユフィ「あ、そういえば、そうね」

カレン「だから、距離が違うのよ。微々たるものでしょうけど」

ユフィ「でも、そんなことないと思う」

カレン「なんでよ?」

ユフィ「だって、カレンはルルーシュの恋人なのでしょう?」

カレン「だから―――」

ユフィ「恋人なら将来のお嫁様。お嫁になればルルーシュとも家族。ほら、お父様とも繋がりが生まれる」

カレン「あんたねえ……」

ユフィ「私とも姉妹になれる。それってすごく素敵なことじゃないかしら?」

カレン「……はいはい」


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:37:20.84 ID:z/J17ql40

シャルル「見ろ!!ルルーシュ!!総督府だぞ!!」

ルルーシュ「だまれ!!」

ナナリー「お兄様、大丈夫ですか?」

ルルーシュ「今にも貧血を起こしそうだ……」

ナナリー「飲み物は如何ですか?」

ルルーシュ「ありがとう……貰おうかな」

スザク「ナナリー、僕もほしいな」

ナナリー「はい。いいですよ」

シャルル「カレンよ」

カレン「は、はい?!」

シャルル「下世話なことではあるが……。ルルーシュと交際してから月日はどの程度だ?」

カレン「で、ですから!!あたしとルルーシュはそういう関係ではないんです!!」

シャルル「なに?ルルーシュでは物足りぬのか?」

カレン「そういうことでもないんですけど……」

シャルル「では、よいではないか。シャルル・ジ・ブリタニアが命じる!!ルルーシュを、喰え!!」


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:39:20.33 ID:Bn0oYfBC0

酔ってるだろこのおっさん


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:39:34.66 ID:VFx7GPLl0

パパ公認


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:42:04.76 ID:z/J17ql40

カレン「はぁ!?」

ルルーシュ「ぶー!!!」

ナナリー「きゃ?!」

スザク「ルルーシュ、飲み物をそんな霧吹きみたいにしちゃダメだよ」

シャルル「どうした?」

ルルーシュ「おまえ!!何を言い出すんだ!!!」

カレン「そ、そうよ!!」

シャルル「おー、怖いな。最近のキレる若者は」

ナナリー「うぅ……」

ユフィ「今、拭いてあげるからね」ゴシゴシ

ナナリー「ごめんなさい、ユフィ姉さま。このハンカチは洗って返しますから」

ユフィ「いいから。でも、カレンにルルーシュを喰えってどういうことかな?」

ナナリー「さぁ……」

スザク「ルルーシュ。ルルーシュはカレンにとってのおやつみたいなものか?」

ルルーシュ「お前も黙れ!!もうこれ以上、俺を責めるな!!」


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:45:47.97 ID:Bn0oYfBC0

脳筋のカレンが一番まとも


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:47:33.79 ID:z/J17ql40

―――ホーム

シャルル「よし、無事についたな……。番号!!!」

スザク「いちっ!!!」

ルルーシュ「悪かったな、ナナリー」

ナナリー「いえ、気にしないでください。大丈夫ですから」

ユフィ「ルルーシュは下品よねー?」

ナナリー「ふふ、そうですね」

ルルーシュ「あのなぁ……」

カレン「ルルーシュ、ちょっと」

ルルーシュ「どうした?やはり、帰るか?無理に付き合うことは……」

カレン「いや、むしろ居てあげる。このままじゃルルーシュが脳内出血起こしそうで不安だし」

ルルーシュ「そうか……助かる」

カレン「でも、ちゃんと私とあんたがそういう関係じゃないことは説明しておいて」

ルルーシュ「あ、ああ。わかった」

ルルーシュ(あいつが俺の話をまともに聞くとは思えないがな……)


232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:53:30.49 ID:z/J17ql40

シャルル「この道をまっすぐいけば、公園がある」

スザク「そこでピクニックを行うのですね」

シャルル「うむ!!楽しみよなぁ!!」

スザク「全くです」

ルルーシュ(せめてコーネリア……コーネリアがいれば……)

ユフィ「ところで先ほどはどんな内緒話を?」

カレン「え?な、なにが?」

ユフィ「ほら、駅のホームでルルーシュと」

カレン「ああ、あれね。いや、別に」

ユフィ「お父様のお許しが出たから、もう……?」

カレン「か、勘違いしないでったら!!」

ナナリー「お兄様、草花の匂いが強くなってきましたね。ここはもう目的地なのですか?」

ルルーシュ「ああ。国立公園だな。緑がいっぱいあるよ」

ナナリー「そうですか」

ルルーシュ(なんとかして……早く帰路に……どうする……)


236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:00:25.87 ID:z/J17ql40

―――公園

シャルル「ここだぁ!!!ここが!!!我らの目的地であぁぁぁる!!!!!」

スザク「オール・ハイル・ブリタニア!!」

シャルル「枢木スザクよ!!シートを敷くのだ!!!」

スザク「イエス!!ユアマジェスティ!!」

シャルル「ルルーシュよ。この男は成長する。手放すな?」

ルルーシュ「ふん……言われなくても」

カレン「で、どうするの?お昼には早すぎるし」

ユフィ「そうですね。まだ10時……」

シャルル「ぬぁっはっはっはっは!!!ワシが!!このワシがぁ!!!何も持ってきていないと思うのかぁ!!!」

スザク「シャルルおじさん、何か遊具を?」

シャルル「うむ!!トランプ、オセロ、チェス、人生ゲームがあぁる!!」

ルルーシュ「ナナリーは遊ばせない気か?」

シャルル「ぬぅ……?!」

ナナリー「お、お兄様!!わ、私のことは気になさらず!!」オロオロ


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:01:57.15 ID:wgTE5jq9O

ここでシャルル痛恨のミス


244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:04:58.79 ID:z/J17ql40

シャルル「しまった……」

ルルーシュ「何がピクニックだ。所詮はその程度なんだよ、貴様は」

シャルル「……」

ナナリー「お兄様!!」

スザク「やめろ、ルルーシュ!!ちょっとした手違いだ!!」

ルルーシュ「お前は俺とナナリーを捨てた!!今更、父親面しようとするからだ!!」

カレン「ちょっと……」

ユフィ「ルルーシュ……」

シャルル「これは……あれだ……ケアレスミス……」

ルルーシュ「だまれ!!」

ナナリー「お兄様!!」

ルルーシュ「俺とナナリーは別行動をとる。昼になればここに戻ってくる」

スザク「ルルーシュ!!待つんだ!!」

カレン「ルルーシュ!!」

シャルル「……」


246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:05:36.15 ID:VovlCh1Pi

シャルルかわいそうになってきた


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:07:05.26 ID:EweodUXA0

おじさんのテンションだだ下がりwww


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:10:03.64 ID:ykrcEoAH0

でも自分をダイナミック育児放棄した親父がいきなりピクニックするぞだしな
ルルーシュだって些細なことでキレたくもなるわ


258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:11:12.14 ID:z/J17ql40

V.V.「C.C.、ピザが届いたよ」

C.C.「おぉ。来たか」

アーニャ「ここいいわね。涼しくて」

V.V.「残念だったね、C.C.。ルルーシュと一緒にいれなくて」

C.C.「まぁ、たまにはいいさ。でも……」

V.V.「分かってるよ。今日は手を出さない。シャルルにも言われているからね」

アーニャ「いただきまぁーす」

C.C.「あ、こら。そこは私が食べようと」

V.V.「どこも一緒じゃないか」

C.C.「違う!」

アーニャ「あれ?あそこにいるの、ルルーシュとナナリーじゃない?」

C.C.「なに?確かシャルルと一緒なんじゃなかったか?」

V.V.「どうせ、シャルルがルルーシュを怒らせたんでしょ?シャルル、トランプとかリュックに入れていたからね」

アーニャ「ああ、それはナナリーが遊べないわね」

C.C.「全く……シャルルめ」


259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:12:28.52 ID:OchZLicV0

こっちはこっちで和やかという


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:13:36.08 ID:CoiWdV0V0

V.V.気付いてたんなら教えてやれよwww


270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:18:46.01 ID:z/J17ql40

ナナリー「あの……お兄様……いくらなんでも……」

ルルーシュ「……分かっている。だけど、俺は……あいつを許すことはできない」

ナナリー「お兄様……」

ルルーシュ「母さんを救えたはずなのに……あいつは……」

ナナリー「……」

カレン「ルルーシュ!!」

ルルーシュ「カレンか」

カレン「ちょっと、戻ってきてよ。シャルル皇帝―――じゃなかった、シャルルおじさん、膝抱えちゃったんだけど」

ルルーシュ「しらん」

カレン「そういうわけにも……」

ナナリー「あの私はお兄様たちが遊んでいる声を聞いているだけでも十分に楽しいですから」

ルルーシュ「……」

カレン「ルルーシュ……」

ルルーシュ「悪い……すぐには戻れそうにない……」

カレン「じゃあ、仕方ないね。あたしも一緒にいていい?ルルーシュがいないと、あたしも緊張しちゃうし」


289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:26:33.51 ID:z/J17ql40

ルルーシュ「カレン……」

カレン「ナナリー、お花の髪飾りとか作ってみない?」

ナナリー「カレンさん、そういうことできるんですか?」

カレン「えーと……多少は……ね」

ルルーシュ「意外だな。お前にそんな少女趣味があったなんて」

カレン「どういう意味よ!!」

ナナリー「お兄様、そういう言い方は酷いです」

ルルーシュ「あ、悪い……」

カレン「ふふ、ルルーシュってホントにナナリーには弱いね」

ルルーシュ「うるさいな」

カレン「さ、ナナリー。作ってみよっか」

ナナリー「あの……私でも上手くできるでしょうか?」

カレン「大丈夫。結構簡単だから」

ナナリー「よろしくお願いします、カレンさん」

ルルーシュ「……涼しくて、気持ちいいな……ここは……」


302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:32:51.96 ID:z/J17ql40

シャルル「……ルルーシュ……ナナリー……はぁ……」

スザク「(ユフィ、どうしたらいい?)」

ユフィ「(どうしたらいいと言われても……。私もお父様とはそれほどお会いしたことないし)」

スザク「(……ここは僕が……いくしか……)」

ユフィ「(が、がんばって)」

スザク「皇帝陛―――いえ、シャルルおじさん」

シャルル「なんだ……?」

スザク「えっと……その……じ、自分は良いと思います!!」

シャルル「あー……?」

スザク「トランプもチェスもどれも素敵な遊戯ですし」

シャルル「愚かなり、枢木ぃぃぃ!!!!」

スザク「なっ……!?」

シャルル「ナナリーが遊べないものなど!!下の下ぇ!!!愚の最前線!!!」

スザク「あ、あの……」

シャルル「この様なもなど、いらぁぁん!!!」ポーイ


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:34:46.23 ID:BLSSrDm4P

スザクにしては頑張ったな
努力は認める


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:36:39.95 ID:tCtogNmX0

自分で用意したんじゃねーか


314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:37:45.65 ID:z/J17ql40

シャルル「ぬぅぅ……」

ユフィ「スザク、だめじゃない」

スザク「ごめん……」

ユフィ「はぁ……こんなときお姉様がいてくれれば……」

スザク「コーネリア総督か……」

ユフィ「……こ、ここは……私が行ってみる」

スザク「ユフィ……気をつけて」

ユフィ「お、お父様……?」

シャルル「なんだ……ユーフェミア?」

ユフィ「えっと……物を捨てるなんてダメです。ちゃんと持って帰りましょう」

シャルル「そうだな……。拾っておいてくれ」

ユフィ「はい」

ユフィ「……よっと。拾いました」

シャルル「下がってよい」

ユフィ「はい……失礼しました……」


315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:38:42.00 ID:CoiWdV0V0

説得の方向性がおかしいwwwww


316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:39:00.30 ID:sNmS1OIz0

自分で拾えwwww


322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:42:39.35 ID:z/J17ql40

スザク「ユフィ!!」

ユフィ「ごめんなさい……」

スザク「万事休すか……」

ユフィ「こうなったら……」サッ

スザク「ユフィ?どこに連絡を?」

ユフィ「……」トゥルルル

コーネリア『ユフィか?どうした?』

ユフィ「お姉様!!助けて!!」

コーネリア『なにがあった?』

ユフィ「そ、それが……ルルーシュとお父様が喧嘩してしまって」

コーネリア『なに……?』

ユフィ「もうどうしていいか……」

コーネリア『おい!!ギルフォード!!この業務はお前に任せていいか?え?ダメ?わかった』

コーネリア『すまない、ユフィ。仕事が終わり次第、すぐに向かうから、なんとか耐えてくれ』

ユフィ「そ、そんなぁ……お姉様……」


326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:43:40.37 ID:CoiWdV0V0

ギル厳しいなwww


329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:44:21.02 ID:ykrcEoAH0

社会人辛すぎワロタwww


336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:50:26.98 ID:z/J17ql40

カレン「でーきた」

ナナリー「本当ですか?触らせてください」

カレン「はい」

ナナリー「わぁ……素敵ですね」

カレン「ありがとう」

ルルーシュ「……」

C.C.「なんだ、浮かない顔をしているな」

ルルーシュ「なっ?!」

C.C.「初めまして。かな?」

ルルーシュ「……道にでも迷いましたか?」

C.C.「いいや。ちょっとした散歩をしていた」

ルルーシュ「そうか」

C.C.「シャルルと喧嘩でもしたのか?」

ルルーシュ「他人が家庭内事情に首を突っ込むのは感心しないな」

C.C.「それは失敬。でも、まぁ、仕方ないな。お前とシャルルは相性が悪いから」


340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 17:55:25.97 ID:z/J17ql40

ルルーシュ「何がいいたい?」

C.C.「事実だろ?」

ルルーシュ「そうだな。俺は奴を決して許すことはない」

C.C.「だが、話すことはできるはずだ」

ルルーシュ「……」

C.C.「怖いのか?坊や?」

ルルーシュ「黙れ」

C.C.「ふふ……本心を探られるとそれしか言わないな。お前は」

ルルーシュ「ちぃ……」

C.C.「もうすぐ昼だろ?戻ってやれ。膝を抱えているシャルルが面白すぎる」

ルルーシュ「……そうだな」

ナナリー「あれ?お兄様、今誰かが……」

ルルーシュ「誰もいないよ。ナナリー、カレン。もうすぐ昼だ。戻るか」

カレン「大丈夫なの?あんた」

ルルーシュ「どんなときでも腹は減るからな」


349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:00:03.49 ID:z/J17ql40

スザク「あ、ルルーシュ」

シャルル「なに……?」

ルルーシュ「昼だから戻ってきた」

ユフィ「ルルーシュ、お父様と仲直りを」

ルルーシュ「……」

ユフィ「……そうですか」

シャルル「おー!!ルルーシュ!!ナナリー!!そうか!!昼か!!!」

ナナリー「お父様?」

シャルル「なんだ?」

ナナリー「これ……お花の髪飾りなんです」

シャルル「え……?」

ナナリー「アメのお礼にしては不出来な物ですけど……どうぞ」

シャルル「これを……ワシに……?」

ナナリー「お、お気に召しませんでしたか……?」

シャルル「おぉぉ……ぉぉぉ……なんだ……なんだこれはぁぁぁぁぁ!!!!!!うひょぉぉ!!!!」


350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:00:33.52 ID:j15/WSu10

シャルルwwwwww


353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:00:56.60 ID:wgTE5jq9O

テンション高ぇwwwww


359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:05:01.34 ID:z/J17ql40

ナナリー「や、やはり……ダメでしたか?」オロオロ

シャルル「否!!ナナリー、ダメではない!!むしろ!!!!!―――よい」

ナナリー「よかったぁ……」

シャルル「頭に乗せておけばいいのか?」

ナナリー「是非」

シャルル「……これでよし」

カレン「……」プルプル

ルルーシュ「(カレン、笑うなよ)」

カレン「(わ、わかってる……)」

スザク「よくお似合いです!!シャルルおじさん!!」

シャルル「ぬぁっはっはっはっはっは!!!そうか!!いや、そうでなければ、おかしぃ!!」

ユフィ「とっても素敵です、お父様」


C.C.「あはははははは!!!!なんだあれは!!!あはははは!!!」

V.V.「C.C.、笑いすぎだよ。でも、確かに面白いから写真は撮っておくけど」パシャ

アーニャ「これはいいものを見たわ。私も写真とっておこっと」パシャ


389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:34:14.77 ID:G9FcqQ1T0




390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:34:41.34 ID:UOLTVBl20

>>389
はえーよww

393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:35:24.22 ID:AVUv7jCL0

>>389
仕事早すぎワロタwwwww

395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:36:03.71 ID:X7JVXKij0

>>389
すげぇwww


365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:10:25.52 ID:z/J17ql40

シャルル「さて、食事にするか」

ユフィ「はい……。えっと、ルルーシュが用意しているって言っていたけど」

ルルーシュ「ああ。早起きして作った。まぁ、大したものじゃないけどな」

スザク「いや、すごいよ。これ一人で?」

ルルーシュ「咲世子も手伝った」

カレン「いただき―――」

シャルル「まてぇ!!」

カレン「は、はい!!すいません!!」

ルルーシュ「なんだ?」

シャルル「おしぼりを配る」

スザク「あ、ありがとうございます」

ユフィ「はぁ……」

シャルル「さぁ、手を合わせろ!!!」パンッ

ナナリー「は、はい」パンッ

シャルル「ルルーシュと咲世子という者に感謝し!!いただぁきます!!!」


372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:16:15.69 ID:z/J17ql40

スザク「いただきます。―――ユフィ、どれがほしい?」

ユフィ「えっと……そのサンドと……おにぎり。あとは……卵焼きを」

カレン「ナナリー、取ってあげるよ」

ナナリー「ありがとうございます」

シャルル「……」チラッチラッ

ルルーシュ「……」モグモグ

シャルル「ぬぅ……ウインナーが遠いなぁ……」

ルルーシュ「―――どれがいいんだ?」

シャルル「ルルー……シュ……?」

ルルーシュ「一度に言え。何回も取るつもりはないからな」

シャルル「ほほぉ……では!!ルルーシュが作ったものを全てこの皿に載せろぉ!!」

ルルーシュ「いちいち叫ぶな!!唾が飛ぶだろう!!」

ナナリー「お兄様もですよ?」

ルルーシュ「ちっ……」

カレン「ふふ……」


377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:21:26.80 ID:z/J17ql40

シャルル「うまぁいな!!」

ルルーシュ「よかったな」

シャルル「どこでこのような技術を手に入れた?」

ルルーシュ「……お前に捨てられてから、苦労したな」

スザク「ルルーシュ!!」

ルルーシュ「なんだ!!」

スザク「(皇帝陛下を拗ねさせるような発言は控えろ!!)」

ルルーシュ「(お前はどっちの味方だ!!)」

ユフィ「ルルーシュ……」

カレン「仕方ないって。単純な親子喧嘩じゃないんだし」

ユフィ「そうだけど……。あ、その赤いのなに?」

カレン「梅干だけど……いる?」

ユフィ「うんっ。―――はむっ」

ユフィ「ひゃぅ!?」

カレン「まぁ、そうなるわね」


383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:27:10.21 ID:z/J17ql40

シャルル「うむ……満腹だ」

ルルーシュ「ゴミはこれでよし。ナナリー、行くか」

ナナリー「え?」

シャルル「おい……ルルーシュよ。いずこへ向かうというか?」

ルルーシュ「お前の顔が見えないところだ」

シャルル「……」

スザク「ルルーシュ。いい加減に……」

ルルーシュ「……」

スザク「……」

シャルル「わかった。ルルーシュよ。そこまでいうなら……良い遊びがある」

カレン「なんですか?」

シャルル「Hide and seekだ」

スザク「それって……」

カレン「かくれんぼ?」

ルルーシュ「バカか、貴様?」


386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:32:07.96 ID:wsv0tYPX0

「あれれー、シャルルくんが見つからないよ?」
「もう帰ったんじゃない?」
「きっとそうだね、帰ろっか」
「うん、ばいばーい」


387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:32:54.07 ID:nuR9yqHF0

>>386
やめろ


388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:33:03.75 ID:z/J17ql40

シャルル「なにをいう。ナナリーも参加できる。まぁ、鬼にはなれんが」

ユフィ「もしかし膝を抱えてどんな遊びがいいか考えていたのですか?」

シャルル「……」コクッ

ルルーシュ「この歳でかくれんぼだと……」

スザク「いいじゃないか、ルルーシュ、やろう。かくれんぼ。昔はよく遊んだじゃないか」

ルルーシュ「あのなぁ……!!」

カレン「(ルルーシュ。いいじゃない。シャルルおじさんと近くにいることなく、皆が遊べるんだし)」

ルルーシュ「くぅぅ……」

シャルル「だめか?」

ナナリー「い、いいと思います!!」

ルルーシュ「ナナリー?!」

ナナリー「ね?お兄様?」

ルルーシュ「……わかった。やってやる。ただし、鬼はお前だ、シャルル」

シャルル「よかろう」

ルルーシュ(考えてみればこれは好機だ。シャルルに見つからなければ、このまま帰宅時間になる)


399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:37:01.77 ID:z/J17ql40

シャルル「時間は10でいいか?」

ルルーシュ「100だ」

シャルル「長いな……」

ルルーシュ「数えろ」

シャルル「仕方ないか……いーち、にー、さーん―――」

ルルーシュ「全く……」

スザク「ルルーシュ、どこに隠れる?」

ルルーシュ「一人で隠れろ。俺はナナリーと一緒に隠れる」

ユフィ「スザクは私と隠れましょうか」

スザク「え、は、はい」

カレン「……あたしはどうしよう……」

シャルル「じゅーいち、じゅーに、じゅーさん―――」

ナナリー「お兄様?もしかして、このまま隠れきるおつもりですか?」

ルルーシュ「それがいいだろ」

ナナリー「……」


400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:42:23.63 ID:z/J17ql40

―――公園内 池周辺

ルルーシュ「―――シャルルが俺の半径100メートル以内に来たら伝えろ」キィィン

通行人「わかりました」

ルルーシュ(これでよし)

ナナリー「お兄様?ここでいいのですか?隠れているような感じではないですけど」

ルルーシュ「俺が見張っておくから。それに草むらに身を潜めるなんて、ナナリーには出来ないだろ?」

ナナリー「そうですけど」

ルルーシュ「ここでゆっくりしておけばいい」

ナナリー「はい」

ルルーシュ「……酷い兄だと思うか?」

ナナリー「いいえ。お兄様の態度は仕方ないと思っています」

ルルーシュ「……」

ナナリー「でも……折角歩み寄ってくれたお父様を無碍にするのは……」

ルルーシュ「分かっている……。分かっているが……どうしても……心が邪魔をする」

ナナリー「お兄様……」


403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:47:19.93 ID:z/J17ql40

C.C.「んー……これだっ」バッ

V.V.「はい。ジョーカーだね」

C.C.「またか……」

アーニャ「C.C.はジョーカーに好かれてるのね」

C.C.「そういう女なのかもな」

V.V.「お似合いだと思うよ」

C.C.「なんだと?」

シャルル「どーこだー?ルルーシュ!!ナナリー!!ユーフェミアー!!スザーク!!カレーン!!」

アーニャ「あら?」

V.V.「かくれんぼを始めたみたいだ」

C.C.「となると……坊やは逃げ切る算段を立てているな」

V.V.「途中で帰る選択肢は?」

C.C.「ナナリーが止めるから選ばないだろう」

V.V.「そっか」

C.C.「けれど……さすがにこのままっていうのも、シャルルが不憫だな。あんな探し方では永久に見つけられない」


411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:52:31.13 ID:z/J17ql40

―――草むら

スザク「ここに隠れましょう」

ユフィ「ええ」ガサガサ

スザク「ああ、ユフィ。あまり奥にいくと服が汚れるから」

ユフィ「へーきへーき」

スザク「だめだって。君は皇女なんだから」

ユフィ「今はただのユフィだから、いーの」

スザク「全く……」

ユフィ「それに……お父様……もう一緒に遊ぶのこ諦めてるみたいだから」

スザク「え?」

ユフィ「わざとゆっくり数えていたし、それに……あんなに大声だして自分の居場所を教えているし」

スザク「まさか……皇帝陛下は……」

ユフィ「きっと、ルルーシュとナナリーに気を遣って……」

スザク「そんなの間違っている!!」

ユフィ「でも、どうしようもないってルルーシュもお父様も分かってるんだと思う。心の問題だし……」


412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:53:34.48 ID:VFx7GPLl0

なんか辛くなってきたぞ


415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 18:57:26.02 ID:z/J17ql40

カレン「……おかしい」

シャルル「どこだー?」

カレン「シャルル皇帝……殆ど、動かない……」

カレン「探す気がないみたいな……」

シャルル「おらんか……」

カレン「……」

カレン「そういうこと……」

カレン「……シャルルおじさん!!」

シャルル「ぬぅ!?みつけたぞぉ!!!」

カレン「ルルーシュを探しにいかないんですか?」

シャルル「……いま、探している」

カレン「ルルーシュはかなり遠くまで移動しましたよ?」

シャルル「そうか」

カレン「……」

シャルル「なんだ?」


458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:26:56.58 ID:z/J17ql40

カレン「どっちも逃げているんですね」

シャルル「なにを言う?ワシは皇帝シャルル・ジ・ブリタァニア!!誰から逃げるという!!」

カレン「自分からです」

シャルル「……」

カレン「ルルーシュもそう。自分から逃げています。そういうところは親子ですね」

シャルル「小娘が……楯突くか」

カレン「今のアンタは怖くないから」

シャルル「ぬぅ……」

カレン「あたしも母親から目を背けていましたから」

シャルル「なに?」

カレン「その所為であたしのお母さんは……潰れて……壊れて……。あの人はずっとあたしのことを見ていたのに……」

シャルル「そうか……」

カレン「だから、ルルーシュにも逃げないで欲しい。貴方にも逃げないで欲しいんです」

シャルル「耳にとどめておこう。―――いけ。ワシはもう一度、数を数えなおす!!」

カレン「はい。分かりました」


468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:31:05.88 ID:z/J17ql40

―――池周辺

ナナリー「お兄様。できました」

ルルーシュ「え?また作ったのか」

ナナリー「貰っていただけますか?花飾りを」

ルルーシュ「ああ、ありがとう」

ナナリー「残念です。私の花飾りをつけているお兄様をこの目でみたかった……」

ルルーシュ「ナナリー……」

ナナリー「あ、ご、ごめんなさい」

ルルーシュ「……」

カレン「はぁ……はぁ……ここにいたんだ……」

ルルーシュ「カレン。なんだ?」

カレン「ちょっと休憩……」

ナナリー「カレンさん。カレンさんに習った花飾り、もう一度作ってみたんです」

カレン「え?ああ、ルルーシュ、良く似合ってるよ。なんか花嫁みたい」

ルルーシュ「な、なんだと?!」


526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:20:24.00 ID:Y0NwtCqS0




528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:21:19.76 ID:D8Zr1h2s0

>>526
その花冠でその顔止めろwwwwww

534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:23:29.15 ID:AVUv7jCL0

>>526
シャルルより破壊力控えめだけどワロタwww

535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:23:42.55 ID:JEdTbyV80

結構似合ってるのがまた

476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:36:29.41 ID:z/J17ql40

シャルル「ひゃくぅ!!よし!!いくぞ!!」クルッ

アーニャ「どこに?」

シャルル「……マリアンヌか」

C.C.「中々、楽しませてもらったよ、シャルル?」

V.V.「うん。そんなに子煩悩だとは思わなかったけど」

シャルル「どけ。今は忙しいのでな」

アーニャ「ルルーシュ、ナナリー、カレンは池のほう。スザク、ユフィは向こうの草むらでイチャイチャしてたわよ」

シャルル「そうか」

C.C.「じゃあ、私たちは向こうで花札をしておくから。暇があれば覗いてくれ」

シャルル「それはできぬ……相談よ」

V.V.「息子娘と遊ぶので精一杯だからね、シャルルは」

アーニャ「がんばってね」

シャルル「うむ……」

C.C.「どうやら、余計な世話だったようだな」

V.V.「そうだね。さ、花札しようか。こいこいって知ってる?」


484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:44:12.32 ID:z/J17ql40

カレン「ねえ……ルルーシュ?」

ルルーシュ「なんだ?」

カレン「許すとか許さないとかじゃなくてさ……。今は楽しめばいいんじゃない?」

ルルーシュ「何も知らないくせに……」

カレン「知らないけど、あんたがただ逃げてるのはわかるよ。前のあたしと同じだから」

ルルーシュ「過去のことを水に流すのが逃げないことなのか?」

カレン「そうじゃない。―――向き合うのが逃げないことだ」

ルルーシュ「向き合うだと?奴とか?あいつは救えるはずだった俺の母さんを見殺しにしたんだぞ!!!」

ナナリー「お兄様……」

ルルーシュ「そんなやつと向き合う?ふざけたこというな!!!」

カレン「でも、向き合わないと解決しない」

ルルーシュ「……」

カレン「どうして見殺しにしたのか知るには、あの人と向き合うしかないと思うよ?」

ルルーシュ「分かっている……。お前たちがいなければ……殴ってでも……訊ねていた……のに……」

カレン「それならあたしたちを誘わず、一人で行けばよかったのに。……あんたは訊くのが怖かったんでしょ?あの人に直接訊くのが」


489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:50:34.55 ID:z/J17ql40

ルルーシュ「知ったふうに言うな!!!」

カレン「……ごめん」

ナナリー「お兄様……」

ルルーシュ「……そうだ。怖かった。ずっと知りたかったことなのに……突然降って沸いたチャンスに動揺した」

ルルーシュ「そうしたら……色々と怖くなった……真実を知るのが……」

カレン「だから、訊ねられない理由をあたしたちに押し付けた。他人が居ればそういうことをいうほうが空気読めてないから」

ルルーシュ「……」

カレン「今日は逃げちゃったから、もう次の機会しかない。でも……楽しむことはまだできるはず」

ルルーシュ「悪かったな……。気を遣わせて」

カレン「別にいいよ。どうする?逃げる?」

ルルーシュ「……」

通行人「あの。シャルル皇帝陛下がお見えになりました」

ルルーシュ「そうか」

カレン「え?誰?」

ルルーシュ「気にするな。向こうから来るなら、動かなくてもいいな」


493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:54:50.70 ID:z/J17ql40

カレン「で、その花冠。ずっとつけておくわけ?」

ルルーシュ「そうだな……」

ナナリー「外すのですか?」

ルルーシュ「え……いや……」

ナナリー「お兄様……外すのですか……?」

カレン「……無理だね」

ルルーシュ「いや、これはカレンにつけたほうがいい!!」

カレン「ちょ!?なんであたしなのよ!?」

ルルーシュ「いいから……」ググッ

カレン「ちょっと……やめて……!!」ググッ

ルルーシュ「おま……えが……つければ……」

カレン「いや……ルルーシュも……似合ってるし……」

シャルル「なんだルルーシュよ。やはり、その女にしたのか?お前にはぴったりだな」

ルルーシュ「シャルル?!」

カレン「あ、いや!?これは違うんです!!」


498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:59:18.58 ID:z/J17ql40

シャルル「皆まで言うな。分かっておる」

ルルーシュ「お前は……!!」

シャルル「ナナリーよ。二人の時間を邪魔しないように向こうにいこう。スザクとユーフェミアを探しにいく」

ナナリー「そうですね」

カレン「ちょっと待ってください!!!」

ルルーシュ「俺たちは見つかった!!一緒にいく!!」

シャルル「よい!!シャルル・ジ・ブリタニアが命じる!!!キィィスしろぉぉ!!」

カレン「なっ!?」

ルルーシュ「バカだな?!お前、やはりバカだ!!!」

シャルル「こういう気遣いもできぬようでは……皇帝、失格よ」

ナナリー「そうですね、お父様」

ルルーシュ「余計なお世話だ!!!」

カレン「あの!!だからぁ!!!」

シャルル「30分後にはおやつタぁぁぁイムだから、戻って来い」

ルルーシュ「シャルルぅぅ……!!!」ギリッ


501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:02:58.37 ID:z/J17ql40

―――草むら

スザク「あの……ユフィ?」

ユフィ「なに?」

スザク「そろそろ足が痺れてきたんだけど……」

ユフィ「だーめ」

スザク「それに僕で膝枕なんて、筋肉で硬いだけじゃ……」

ユフィ「これがいいんです」

スザク「ユフィ……」

ユフィ「こういこと……普段はできないから……」

スザク「確かに」

ガサガサガサ……

スザク「シャルルおじさんか」

ユフィ「おとうさ―――」

コーネリア「なにをしている?枢木ぃぃぃぃ!!!!!!」

スザク「な、んで……!?」


503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:04:28.48 ID:tCtogNmX0

コーネリアなんちゅうタイミングでwwww


505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:05:24.69 ID:Bn0oYfBC0

スザク死亡確認


508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:06:46.28 ID:z/J17ql40

ぎゃぁぁぁぁ!!!!!

シャルル「なんだ?」

ナナリー「スザクさんの声ですね」

シャルル「よし……行ってみるか」

コーネリア「こちらにこい!!!貴様ぁぁぁ!!!!」

スザク「も、申し訳ありません!!!」

ユフィ「やめてください!!お姉様!!!」

コーネリア「よくも!!私の居ないところでユフィを!!!!」

スザク「あの……」

コーネリア「せっかくギルフォードの目を盗んで抜け出してきたというのに!!!なんだこれはぁぁぁ!!!!」

スザク「申し訳ありません!!!」

ユフィ「お姉様!!スザクは悪くないんです!!!」

コーネリア「ユフィは黙って―――」

シャルル「なんたる愚かしさぁ!!!なんたる醜態かぁぁ!!!!コォォネリアァァ!!!!」

コーネリア「ひっ」ビクッ


510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:08:03.80 ID:Bn0oYfBC0

バンッ


518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:13:19.76 ID:z/J17ql40

スザク「シャルルおじさん……」

ユフィ「お父様……」

シャルル「この憩いの公園で罵声を飛ばすとは、ブリタニア皇族としての自覚がないと見えるな」

コーネリア「あ……これは……だって……その……」ガタガタ

シャルル「コーネリアよ……衆目にその身を晒しながらの蛮行……許しがたし!!!」

コーネリア「も、申し訳ありま―――」

シャルル「否ぁぁ!!!謝罪などここには不要!!!」

コーネリア「あぁ……そ、そんな……」

シャルル「妹の恋路に口出す権利などない!!」

コーネリア「で、でも……枢木スザクは身分も……」

シャルル「スザクほど出来た人間はおらん!!口を慎めぇ!!!」

コーネリア「は、はいぃ!!」

シャルル「スザク、悪かったな。我が娘がお前の時間を穢したようで」

スザク「い、いえ!!気にしておりません!!!」

シャルル「器のでかい男よ。ぬぁっはっはっはっは!!!」


524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:19:31.63 ID:z/J17ql40

カレン「……で、なんか言いたいことある?」

ルルーシュ「何を言えっていうんだ?」

カレン「いや……もうなんか……あたしたちの勘違い……といてくれそうにないし」

ルルーシュ「そうだな。帰りにもう一度、説明しておくか」

カレン「え?」

ルルーシュ「嫌なんだろ?俺とお前がそういう関係と思われるの」

カレン「あ、いや。もう勘違いさせとこうよ。いちいち説明するのも疲れるし」

ルルーシュ「いいのか?」

カレン「いいの!!」

ルルーシュ「しかし……」

カレン「なによ……ルルーシュは迷惑だっていうの?」

ルルーシュ「迷惑というか、結婚の話が持ち上がったとき、カレンが第一候補になるんだぞ?」

カレン「えっ……?」

ルルーシュ「本当にいいのか?」

カレン「まぁ……そのときは……そのときで……いいような……悪いような……」


538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:25:21.87 ID:z/J17ql40

ルルーシュ「なんだそれ?」

カレン「と、とにかく!!もういいじゃない!!この話は!!うん!!」

ルルーシュ「お前がそういうなら。俺もあいつと話すのは、もういい」

カレン「逃げるんだ」

ルルーシュ「ああ。俺は卑怯でずるい人間なんだよ」

カレン「さいてーね」

ルルーシュ「そうだな」

カレン「そんな自分に酔ってるところなんて、本当にクズって感じ」

ルルーシュ「そこまで言うか!!」

カレン「そんな花飾りつけたままで言われても、怖くない」

ルルーシュ「ぬぅぅ……!!こんなもの―――」

カレン「外せるの?妹思いのルルーシュが?」

ルルーシュ「ぐぅぅ……!!!くそぉ!!!」

カレン「ほら、いこうよ。もう30分経ってるし」

ルルーシュ「シャルルにあげたのと同じものを作るナナリーもナナリーだな……全く……」


545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:33:26.51 ID:z/J17ql40

―――広場

C.C.「猪鹿蝶ができた。でも、ここはこいこいだな」

V.V.「ずいぶん強気だね、C.C.」

C.C.「三光が完成するのにここで終わらせるのは勿体無いだろ?」

V.V.「そうかな?―――はい、くず」

C.C.「な!?」

V.V.「役は役だからね。僕の勝ちだよ、C.C.」

C.C.「そんな勝ち方で楽しいのか?!」

アーニャ「C.C.、ワイン空になったわー。新しいのとって」

C.C.「お前な?その体は未成年なんだぞ?」

アーニャ「いいからいいから」

C.C.「ほら」

アーニャ「ありがとう。―――向こうはおやつタイムに入ったみたいね」

C.C.「ルルーシュ……戻ってきたか。よかった」

V.V.「次は野球盤でもしよっか。僕、先攻ね」


550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:39:17.55 ID:z/J17ql40

シャルル「きたか、ルルーシュ」

ルルーシュ「おやつの時間だからな」

スザク「シャルルおじさん、ポテリッチを献上いたします」

シャルル「ポテリッチとな?」

スザク「ポテトチップスよりも高級なポテトチップスです」

シャルル「ほう?それは面白い」

ルルーシュ「ん?コーネリア、来ていたのか」

コーネリア「ついさっきな」

ユフィ「お姉様ったら、仕事をさぼってまで来たのよ?」

コーネリア「こら!それを言うな!!」

ルルーシュ「社会人が聞いて呆れるな」

コーネリア「すぐに戻ると置手紙もおいてきた。心配はない」

カレン(こんなやつが総督だなんて……)

ナナリー「お兄様、オレンジジュースは如何ですか?」

ルルーシュ「ああ、貰おうかな」


553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:44:07.75 ID:z/J17ql40

ユフィ「お姉様、実はクッキーを焼いてきたんです」

コーネリア「なんだと!?ユフィの手作りか!?」

ユフィ「はい」

スザク「へえ、おいしそうだね」

ユフィ「みなさんもどうぞ」

カレン「いただきまーす」

ルルーシュ「うん……美味しいな」

ユフィ「ありがとう」

コーネリア「ユフィ……いつもの……してくれるか?」

ユフィ「もうお姉様ったら……はい、あーん」

コーネリア「あー……」

ギルフォード「見つけましたよ、姫様」

コーネリア「ギ、ギルフォード?!」

ギルフォード「さぁ!!まだ山のように書類がのこっているのです!!帰りましょう!!!」グイッ

コーネリア「やめろぉ!!!ユフィのクッキー!!!クッキィィィ!!!!」


554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:45:31.14 ID:CoiWdV0V0

ギルさんマジ鬼畜眼鏡


557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:46:03.70 ID:Mk/SGIGw0

いつもなのかよ


565: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:48:51.41 ID:z/J17ql40

ナナリー「コーネリア姉さま……」

ルルーシュ「自業自得だ」

シャルル「うまい!!うまいな!!!」バリバリ

スザク「お口に合ったようで嬉しいです」

シャルル「偶には庶民の駄菓子も悪くない」

ルルーシュ「汚い食べ方をするな」

シャルル「しかし、フォークで刺そうにも砕けてしまうからなぁ」

ルルーシュ「もういい」

カレン「あのシャルルおじさん、おしぼりを」

シャルル「気が利くな。勝気な女だと思わせておいて、この気配り。ルルーシュが惚れるものやむなしか」

ルルーシュ「おい!!!」

カレン「……」モジモジ

ルルーシュ「カレン!!否定しろ!!」

ナナリー「お兄様こそ、肯定してあげればいいですのに」

ルルーシュ「ナナリーまで……!!くそ……!!半日たらずで俺が孤立無援に陥るとは……シャルルめ……!!」


566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:50:46.06 ID:UzvGYZz50

カレンきゃわわ


572: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:54:54.26 ID:z/J17ql40

シャルル「―――そろそろ終わりか」

ユフィ「そうですね……」

スザク「では、自分が片づけを」

カレン「あたしも手伝うよ」

ナナリー「お兄様、ゴミはこの袋の中にお願いしますね」

ルルーシュ「ああ。おい、シャルル」

シャルル「なんだ?」

ルルーシュ「少しは手伝え」

シャルル「そうだな」

ルルーシュ「……楽しかった」

シャルル「……え?なんかいったかぁ?」

ルルーシュ「聞こえただろうが!!!」

シャルル「一度、言ってみたかっただけだ」

ルルーシュ「この……!!!」

シャルル「楽しめたのならよい。ここに来た価値は十分にあった」


578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:01:20.53 ID:z/J17ql40

―――電車内

ナナリー「すぅ……すぅ……」

カレン「すぅ……」

ユフィ「スザクぅ……むにゃ……」

スザク「みんな寝ちゃったね」

ルルーシュ「……ふん。あいつもな」

シャルル「ぐぉー……ぐぉー……」

スザク「多分、陛下が一番疲れたんだと思うよ」

ルルーシュ「どうして?」

スザク「ルルーシュとナナリーと遊ぶなんてもうないかもしれないから、一生分楽しんだんじゃないかな?」

ルルーシュ「自分の野望のために奔走していて、子どもにまで時間が割けないだけだ」

スザク「そうかもしれないけど……。僕、よくわかったよ。皇帝陛下はすごい人だってことは」

ルルーシュ「すごくなければ、俺の父親ではない」

スザク「実は大好きなんだろ?シャルルおじさんのこと」

ルルーシュ「黙れ。虫唾が走る」


580: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:05:34.30 ID:Gv1VwwB10

※ただし親子の頭には花の冠があります


582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:06:44.95 ID:z/J17ql40

―――駅前広場

シャルル「では!!!ここで各自解散とするぅ!!!おつかれさまだ!!!!」

スザク「お疲れ様でした!!!」

ユフィ「たのしかったぁ!また行こうね、ナナリー?」

ナナリー「はい!」

ユフィ「カレンも今日は楽しかった」

カレン「うん。あたしも。また一緒に遊びにいけるならいきたいかな」

ユフィ「絶対、行こうね」

―――バババババ……!!!

シャルル「ヘリが来たか」

ルルーシュ「お前……」

シャルル「分刻みのスケジュールなのでなぁ!!!ワシはこれで去る!!!何か言い残したことはあるかぁ!?」

ルルーシュ「ない!!消えうせろ!!!」

シャルル「ぬぁっはっはっはっはっはっは!!!!ワシはある!!!―――ルルーシュ、ナナリー、愛しておるぞぉぉ!!!!」

ルルーシュ「早く帰れ!!!」


592: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:10:55.07 ID:z/J17ql40

カレン「なーんだ。いいお父さんじゃない」

ユフィ「いいなぁ……ルルーシュばっかり」

ルルーシュ「やめろ!!本当に虫唾が走る!!」

ナナリー「うふふ」

スザク「ユフィ、護衛していくよ」

ユフィ「お願い、スザク。―――ルルーシュ、ナナリー、カレン!また会いましょう!!必ず!!」

スザク「みんな!また連休明けに学校で!」

ルルーシュ「ああ」

ナナリー「さようなら!!ユフィ姉さま!!スザクさん!!」

カレン「またね」

ルルーシュ「カレン、家まで送っていこうか?」

カレン「え?いいの?」

ルルーシュ「ついでだ」

カレン「ふーん。ま、いいけど」

ナナリー「カレンさんも素直じゃないんですね」


603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:15:51.16 ID:z/J17ql40

―――シュタットフェルト邸前

カレン「ここでいいよ」

ルルーシュ「そうか。じゃあ、またな」

カレン「うん」

ナナリー「それでは、カレンさん」

カレン「あ。ルルーシュ!!」

ルルーシュ「なんだ?」

カレン「その……花飾り、もらってもいい?」

ルルーシュ「ナナリー?」

ナナリー「私に訊ねなくてもいいですよ?お兄様?」

ルルーシュ「じゃあ……」スッ

カレン「……あ、ありがとう……」

ルルーシュ「またな。カレン。生徒会もあるからすぐに会うだろうけど」

カレン「うん。またね」

ナナリー「カレンさん、さようなら」


615: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:21:07.75 ID:z/J17ql40

―――総督府 コーネリアの部屋

ギルフォード「さあ、まだまだありますからね!!」

コーネリア「いや……ちょっとは手伝ってくれても……」

ユフィ「お姉様、ただい―――わぁ。すごいですね。これ全部お姉様の書類ですか?」

コーネリア「おかえり、ユフィ。ああ。もう目が回りそうで……」

ユフィ「ふふ……お姉様っ。はい、あーんしてください」

コーネリア「そ、それはユフィのクッキーか!?」

ユフィ「きちんとおいておきました」

コーネリア「ユフィィィ……」ウルウル

ユフィ「はい、あーん」

コーネリア「はむっ……うん……うまい……うまいぞ……」ポロポロ

ユフィ「もう、大げさなんですから」

コーネリア「ようし!!もう怖いものなんてない!!うおぉぉぉぉ!!!!」シュババババ

ギルフォード「(ありがとうございます。仕事をしなくて困っていたので)」

ユフィ「(これでも私は副総督ですからっ)」エッヘン


618: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:22:40.03 ID:FnwzJSH7O

ネリ様チョロい


622: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:25:15.82 ID:z/J17ql40

―――技術部

セシル「おかえり、スザクくん」

スザク「申し訳ありません。急に予定を入れてしまって」

ロイド「ほんとだよ。こっちも忙しいっていうのに。一人だけたのしんじゃってさぁ」

スザク「本当に申し訳ありません」

セシル「気にしなくていいわよ。ロイドさん、スザクくんに妬いてるだけだから」

スザク「え?」

セシル「ロイドさんもスザクくんとピクニック行きたかったんだって」

スザク「そうなんですか?!」

ロイド「それ、セシルくんも、でしょ?」

セシル「ま、そうなんだけどね」

スザク「じゃあ、今度行きましょうか。三人で」

ロイド「ほんと?!いやぁ!!やったぁ!!これで広い場所でランスロットをうごかせる!!おめでと~」

セシル「結局、そっちですか!?」

スザク「あははは」


626: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:31:17.97 ID:z/J17ql40

―――カレンの部屋

カレン「花の冠……」

カレン「……」

ルルーシュ『カレン……良く似合ってるよ?』

カレン『そ、そう?』

ルルーシュ『俺の花嫁に相応しい』

カレン『あ、ありがとう……』

ルルーシュ『さぁ。誓いのキスを……』

シャルル『シャルル・ジ・ブリタニアが命じる!!!キィィスしろぉい!!!』

カレン『ルルーシュ……』

ルルーシュ『カレン……』

カレン「―――って、なんて妄想!?わぁー!!!」

カレン「落ち着けカレン……お義父さんに認めてもらっただけ……ってちがーう!!!」

カレン「……やばい……これじゃあシャーリーと一緒じゃないの……!!」

カレン「でも……まぁ……はぁ……いいか……今だけは……す、好きっぽいし……あいつのこと……」


627: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:31:40.11 ID:TY7DRE4p0

カレンかわいいよおおおおおおおおおおおおお


635: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:35:18.01 ID:z/J17ql40

―――ルルーシュの部屋

咲世子「おかえりなさいませ」

ルルーシュ「ああ、ただいま」

ナナリー「ただいま戻りました」

咲世子「楽しかったですか?」

ナナリー「はい。とっても」

咲世子「ルルーシュ様も?」

ルルーシュ「まぁ……普通かな」

ナナリー「ウソばっかりですね、お兄様」

咲世子「本当ですね」

ルルーシュ「な……!!」

ナナリー「咲世子さん、今日の夕飯はなんでしょうか」

咲世子「今日はですね―――」

ルルーシュ「まて!!俺は本当にそんなに楽しんでない!!!」

ルルーシュ「ないぞぉ!!!」


637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:40:11.68 ID:z/J17ql40

―――黄昏の間

V.V.「シャルル、楽しかった?」

シャルル「ええ。兄さんも充実した1日だったようですね」

V.V.「そうでもないよ。あの子が酔いつぶれたからね」

シャルル「ん?」

アーニャ「ぅごー……んごー……」

シャルル「それは災難でしたね、兄さん」

V.V.「でも、こんな戯れはもう終わりでしょ?」

シャルル「勿論ですよ。時間が……あまりないですから」

V.V.「……寂しい?」

シャルル「そんなわけ……ある」

V.V.「嘘のない世界……時には恥ずかしい思いをしなきゃいけないね」

シャルル「考えものか……」

V.V.「今更、それはないよ?シャルル?」

シャルル「わかって……いますよ。約束、ですからね。兄さんとの」


639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:43:50.80 ID:z/J17ql40

―――ルルーシュの自室

C.C.「楽しかったようだな、坊や」

ルルーシュ「黙れ魔女」

C.C.「図星をつかれると黙れしかいえないのか?」

ルルーシュ「黙れ!!」

C.C.「またいった」

ルルーシュ「シャラップ!!」

C.C.「はいはい」

ルルーシュ「全く……」

C.C.「でも、楽しかったんだろ?よかったじゃないか」

ルルーシュ「これっきりにしてほしいな」

C.C.「もうないよ。こんな奇跡は」

ルルーシュ「そうだな。シャルルとはいずれ……」

C.C.「お前が修羅の道を歩む限り……どこかで倒さなくてはならない相手だ」

ルルーシュ「覚悟はできている。―――俺はゼロ。世界を壊し、創造する男だからな」


644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:48:44.17 ID:z/J17ql40

―――数ヵ月後 ルルーシュの部屋の電話が鳴り響いた。

ルルーシュ「はい?」

シャルル『ルルーシュか?』

ルルーシュ「……なんだ?」

シャルル『なに?!夏季休暇に入ったにも関わらず、部屋から一歩もでていなぁいだと!?』

ルルーシュ「……」

シャルル『何たる愚かしさ!!!ルルゥゥゥシュよ!!!!いくぞ!!海か?!山かぁぁぁ!?』

ルルーシュ「……」

ガチャン

ナナリー「お兄様?どなたからでした?」

ルルーシュ「ナナリー?海と山ならどっちがいい?」

ナナリー「んー……海です!」

ルルーシュ「……わかった。伝えておく」

―――もう一度、電話が鳴り響く。ルルーシュは受話器をそっと手に取り、「海だ」と告げた。


おしまい。


647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:49:30.24 ID:EOzF28io0



658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:50:24.12 ID:zMtx37uui

乙、読んでて楽しかったよ


660: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:50:31.11 ID:2J/cwWGRO


皇帝陛下の水着姿か・・・


665: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:51:12.53 ID:/m8NqI2+0


次は潜水艦で来そうだな陛下


681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:55:54.06 ID:G9FcqQ1T0

乙.乙.


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。