スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穏乃「私も必殺技が欲しい!」 憧「は?」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1345985206/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 21:46:46.18 ID:5nXkz+z40

憧「いや、必殺技ってなによ……ゲームの話?」

穏乃「違うよ、麻雀の話! 私もここぞっていう時の必殺技が欲しいんだ!」

穏乃「場の流れが見える能力とか、ツモる牌が分かる能力とか、決まった種類の牌が必ず手牌に来る能力とか……」

憧「バッカねーしず。そんな能力なんてあるわけ……いや、あるか」

穏乃「だろ? だから、私も全国の猛者と互角に戦う為の必殺技とか能力が欲しいんだ」

憧「んなこと言われても……」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 21:51:30.64 ID:5nXkz+z40

穏乃「というわけで、憧。どうすれば能力を手に入れられるんだ?」

憧「あたしに言われても……そういうのは玄とか宥姉に聞いた方がいいんじゃないの?」

穏乃「うん。でもあの二人を見ていても何も得られなかった」

憧「そうなんだ……」

穏乃「というわけで、他校の生徒に聞きに行こう!」

憧「他校のって……マジでいってんの?」

穏乃「大マジだ! まずは>>6のところに行く!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 21:53:13.12 ID:65Nvhj0h0

すばら


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 21:58:24.27 ID:5nXkz+z40

穏乃「というわけで、まずは新道寺の花田さんのところへ行く!」

憧「花田さんって……誰よそれ」

穏乃「覚えてないのか。あのすばらすばら言う人」

憧「ああ、あの人か……。でもあの人って能力持ちじゃないんじゃ、」

穏乃「行くぞ! 新道寺へ!」

憧「……って聞いてないし!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:08:30.63 ID:5nXkz+z40

憧「……平然と来ちゃったわね。福岡」

穏乃「まぁ、そこは大人の事情って事で……こんにちはー! 阿知賀女子麻雀部の高鴨穏乃です!」

姫子「阿知賀……? おお、遠い所からお疲れ様ですばい」

穏乃「花田煌さん、いますかっ?」

姫子「花田? さっきまでいたとですが……なんの用事で?」

穏乃「はい! 実は花田さんの強さの秘訣を伝授していただきたく!」

姫子「花田の……それはやめときんさい」

穏乃「なんで……ですか?」

憧(うわぁ……リアル熊本弁や)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:13:57.65 ID:5nXkz+z40

穏乃「でも、名門新道寺の先鋒を任されてるんだから、よほどの強者かと……」

姫子「……けどな、やっぱり」

「私になんのご用ですかなー?」

憧「え!? どこから声が……」

穏乃「憧! 雀卓の下から変な毛が……!」

憧「え……? うわっ、きしょっ!」

「ふふふ……どこからともなく現れる……」

煌「すばらですっ!」

姫子「ど、どこから出てきよるんじゃ、アホっ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:19:45.45 ID:5nXkz+z40

煌「これはこれは、阿知賀のみなさん。遠いところから遠路はるばるお疲れ様で」

穏乃「花田さんっ! お願いがあります」

煌「はぁ……私に、ですか?」

穏乃「はい! 花田さんの強さの秘訣を、ずばり教えて下さい!」

煌「私の強さの秘訣……ですか」

穏乃「花田さんは、過去、一度も飛ばされたことはないと聞きました。つまり、それをなせるほどの秘密がなにかあるのではないかと」

煌「……いや、そんなのありませんし」

穏乃「ええっ!?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:23:12.04 ID:5nXkz+z40

煌「強さの秘訣なんてものがあったら、私が教えてほしいくらいですよ」

煌「それに、仮にそんなものがあるとしたら、他の部員に聞いた方が賢明ですよ」

姫子「花田……」

憧(あれ……? なんかノリで来たのに、すごい真面目な雰囲気になってるんだけど)

穏乃「でも……それでも、なにか、花田さんの支えになっているものが知りたいんです」

煌「……分かりました。そこまで言うならお教えしましょう」

穏乃「本当ですかっ!? ありがとうございます。では、その極意を……」

煌「ええ。その極意とは……」

穏乃「極意とは……?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:25:46.45 ID:5nXkz+z40



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:31:33.74 ID:5nXkz+z40

煌「……以上です」

穏乃「はい、ありがとうございました!」

憧「え? 今ので分かったの!?」

穏乃「もう十分。まさか憧、分からなかったのか?」

憧「いや、さっぱり……なによすばらって」

煌「ほぉ。これがすぐ理解できるとは、すばらですね。あなたとはとてもすばらな関係になれそうです」

穏乃「はい! 私もすばらに励むようがんばります!」

憧「もうついて行けないわ……」

姫子「同じくやけど、すばらの言葉を別の言葉に置き換えれば、理解できますばい」

憧「別の言葉……ね」

憧(今までのすばらをホモセクシャルに置き換えたとしたら……)

憧「なるほど。理解したわ」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:35:19.23 ID:bwmz9sWa0

えっ






えっ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:38:06.11 ID:5nXkz+z40

穏乃「っていうわけで、阿知賀にかえってきたぞ!」

憧「はやっ!? まぁいいわ。何か得るものがあったんでしょ?」

穏乃「当然! 早速、打ってみよう! 玄さーん、宥さーん!」

宥「……今から麻雀? いいけど……」

玄「なにか試したいことがあるの? 私でいいなら相手になるよ」

憧「よりによって、この能力姉妹か……」

穏乃「いいじゃないか、憧。敵は強い方がやりがいがあるってもんだよ。この展開……すばらです!」

憧「うわ……早速使ってるし」

穏乃「というわけで、玄さん、宥さん。手加減なしで来て下さいね!」

宥「よろしくお願いします……」

玄「お任せあれ!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:47:12.38 ID:5nXkz+z40

玄「……ツモ! ドラ7、8000オールです!」

穏乃「……」

憧「確かに、飛んでないわね。あと満貫一回で飛んでたけど」

穏乃「……うう、すごく……すばらじゃない……」

玄「穏乃ちゃん。もう一回やる?」

穏乃「いや、やりません」キッパリ

憧「こらこら。それじゃなんの意味もないでしょ」

穏乃「そもそも花田さんに聞いたのが間違いだったんだ。正直、すばらってなんなのか分からないし」

憧「分かんないのかよっ」

穏乃「憧は理解できたのか?」

憧「当然! 理解できて……ない、よ……」

穏乃「だよね。やっぱり人それぞれの世界観とかってあるし!」

憧「そ、そうよね!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:50:07.03 ID:5nXkz+z40

穏乃「というわけで、また別の師匠を捜しにいこう!」

憧「しず。もうやめない?」

穏乃「やめない! 私たちはもっと強くならないといけないんだ!」

穏乃「全国で和と遊ぶんだろ!?」

憧「そうだけどさ……」

穏乃「じゃあ、次は>>46に会いにいく!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:51:20.62 ID:7+fEkdKM0

白望と豊音


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:01:31.06 ID:5nXkz+z40

憧「誰?」

穏乃「ほら、宮守女子だよ。Bブロックの」

憧「ああ。そういえばいたわね……しずって、以外と他校のメンバー詳しいわね」

穏乃「いやぁ、それほどでも……んじゃ、行くか。岩手県!」

憧「北から南へと……大忙しだわ」



穏乃「こんにちわ! 小瀬川さんに姉帯さん、いますか-っ?」

「エッ……ダレデスカ」

憧「が、外国人!?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:07:45.64 ID:5nXkz+z40

穏乃「え、えーと……日本語、通じますよね……?」

「エート……」

憧「もしかして、あたしたち間違えて外国に来ちゃったんじゃないの?」

穏乃「いや、そんなはずは……確かにここは岩手のはず」

憧「とりあえず……名前は? じゃなくて……ワッツユアネーム?」

エイスリン「エイスリン……デス」

憧「エイスリンさん。だって。一応日本語通じるのね」

穏乃「エイスリンさん。小瀬川さんと姉帯さんっていますか?」

エイスリン「……シロ?」

穏乃「シロ? よくわかんないけど、多分その人」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:14:46.14 ID:5nXkz+z40

エイスリン「シロ……オキャクサン」

「お客さん? だる……」

穏乃「噂をすれば……小瀬川さん!」

白望「なに……なんかよう?」

穏乃「はい! 私を弟子にしてください!」

憧「単刀直入!?」

白望「やだ」

憧「しかも即、断られてるし」

エイスリン「……!」カキカキ

エイスリン「……」サッ

穏乃「? なんですか、この絵は」

白望「おととい来やがれ、だって」

憧「絵の意味、わかるの!?」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:21:49.47 ID:5nXkz+z40

穏乃「まぁ、弟子云々は嘘として、本当の理由は別にあるんです」

白望「だるいから、さっさと言って……」

穏乃「是非、小瀬川さんの強さの秘訣を教えて下さい!」

白望「秘密? 別にないけど……」

穏乃「またそのパターンか……」

憧「しず。もう諦めなよ」

穏乃「いや、能力を開花させる糸口を掴むまでは、阿知賀には帰れないよ」

白望「能力?」

穏乃「はい。能力です。とても欲しいと思います」

憧「なんでカタコト?」

白望「能力を求めてるんだったら、私よりもトヨネのほうがいい。ついてきて。案内してやる」

穏乃「本当ですかっ!? ありがとうございます!」

憧「なんか迷惑ばっかりかけてる気がする……」

白望「だる……」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:31:18.44 ID:5nXkz+z40

白望「トヨネー……いる?」

「いるよー」

白望「いるみたいだ。じゃあ、かえる……」

穏乃「はい。お世話になりました!」

穏乃「……失礼します! 阿知賀女子麻雀部の高鴨穏乃です! と、ついでに新子憧です」

憧「ついでは余計よ、ばか」

「はーい。何か用?」

穏乃「はい。実は小瀬川さんから能力のことを聞くなら姉帯さんのほうがいいって……って、でかっ!?」

豊音「能力? なんのことかなー」

穏乃「聞くところによると、姉帯さんはおっかけリーチの天才だとか」

豊音「おっかけか-。確かにそうとも言えなくはないねー。けど、私の能力は一つじゃないし」

穏乃「え? 他にもあるんですか?」

豊音「うん。多分ジャージさんにはこっちの方が合ってると思う。知りたい?」

穏乃「ぜひ、お願いしますっ!」

豊音「じゃあ、まずはね……」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:37:13.52 ID:5nXkz+z40

穏乃「そんなわけで、また阿知賀に帰って来ました」

憧「相変わらずの超展開ね。っていうか、あれからあたしを部屋から追い出して二人だけで特訓してたけど、なにしてたのよ」

穏乃「ふっふーん。秘密の特訓だよ」

憧「あんた、糸口を掴むまでは阿知賀に帰れないとか言ってたけど、今度はちゃんと得るものあったんでしょうね?」

穏乃「当然! なら、先に憧には見せておいてもいいかな……」

憧「自信満々ね……。なら、見せてみなさいよ」

穏乃「行くぞ……姉帯さん直伝。必殺、裸単騎!」

ジィ~ッ……バサッ!

憧「って、うわぁああぁぁあっ!? なにしてんのよバカしず!?」

穏乃「何って、裸単騎だよ。この一糸纏わない捨て身の裸体。これこそ、裸単騎の神髄だ!」

憧「神髄だ、じゃないわよ! 禁止、絶対禁止! 二度とやるな!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:39:42.97 ID:yTKdotoK0

しずのんの裸・・・///


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:39:30.91 ID:5nXkz+z40

穏乃「なんだよ-。憧のいじわる」

憧「当たり前でしょ。あんたこの歳で連行されたいの?」

穏乃「今回も失敗か-。めげずに次は>>65に行きますか!」

憧「その前に服を着ろっ!」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:40:39.27 ID:mU96QOSP0

永水


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:43:50.53 ID:48oNezVb0

はっちゃんに教わってまた裸単騎ですか・・・


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:47:27.90 ID:5nXkz+z40

穏乃「ついに来たか……永水女子」

憧「また九州か……。だったら新道寺にいったついでに来ればよかったでしょ」

穏乃「いいだろ。憧……大事なのは直感なんだ」

憧「はいはい。さっさと行くわよ。つーか、強豪校ばっか選ぶわね。その行動力は晴絵も顔負けだわ」

穏乃「憧。褒めても何も出ないぞ」

憧「いいから、さっさと結果を出しなさい」

穏乃「……こんにちはー。誰かいますか?」ガラッ

「はい。いますよー」

憧「うわ、巫女さんだ。生巫女さん!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:49:30.73 ID:mU96QOSP0

そういえばアコチャーも実家神社だったっけか


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:50:22.19 ID:n+/iujAP0

>>72
そうそう


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:54:26.99 ID:5nXkz+z40

穏乃「憧……やけにテンション高くない?」

憧「いやぁ。親近感っての? あたしのうちも神社だし」

「そうですか。それはそれは……」

穏乃「あなたは確か……神代小蒔さんですよね!」

小蒔「はい。以前お会いしたことってありましたっけ?」

穏乃「いえいえ、有名ですよ。その神代さんに折り入ってお願いがありまして……」

小蒔「なんでしょう?」

穏乃「神代さんの全国区のその力の秘密を、教えていただきたくはるばる奈良から来ました!」

小蒔「……」

穏乃「なので、能力の秘密を教えて下さい!」

小蒔「……」

穏乃「……あの、」

小蒔「……はっ! すみません、寝てました」

憧「今の流れでっ!? 巫女と天然さんかー……典型的な萌えキャラね」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:58:33.66 ID:5nXkz+z40

神代「力の秘密ですか。いいですよ。お教えしましょう」

穏乃「本当ですか! ありがとうございます」

神代「では、まずこれに着替えて下さい」

憧「これって……」



憧「巫女服じゃん! なんか久々に着たなー……。しずはどう? 着られた?」

穏乃「ばっちし!」ドンッ!

憧「へぇ-、以外と……って、下をはきなさい! 下を!」

穏乃「いいだろ。この方がしっくりくるんだ」

憧「もうなんでもいいわ……」

小蒔「着替えましたか。では、まずはその石の上に座って下さい」

憧「こ、こう……?」

穏乃「以外と楽そうだな……」

小蒔「そのまま、12時間座り続けます」

憧「できるかっ!」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:03:24.06 ID:nV8mgDQK0

小蒔「できないのですか? これも初歩の初歩なのですけど」

穏乃「いやいや、12時間なんて無理ですって」

小蒔「そうですか……それでは修行になりませんね」

穏乃「もっと手っ取り早く出来る方法はないんですか!?」

小蒔「あるにはありますが……かなり過酷な修行になりますよ?」

穏乃「大丈夫ですっ! 絶対に耐え抜いてみせます!」

小蒔「分かりました。いい覚悟です。では、まずはその滝に飛び込んで下さい」

穏乃「えっ……!?」

憧「うわー……軽く10メートル以上はあるわね……」

穏乃「命綱とかってのは……」

小蒔「ないですね」

憧「しず、本気?」

穏乃「……! やっぱやめます。ごめんなさい」

憧「折れるの早っ!」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:07:43.53 ID:nV8mgDQK0

小蒔「まぁ、最初はそんなものですよ。でも続けていけば必ず覚悟がつきますから大丈夫です……5年後くらいには」

穏乃「5年!? そんなにかかるんですかっ?」

小蒔「当然です」

憧「巫女さんの道は甘くないわね……」

穏乃「すみません。実家に帰らせていただきます」

小蒔「わかりました。その巫女服は差し上げますので、また修行する気になったら来て下さいね。待ってます」




穏乃「……よし、憧。次いこうか」

憧「あんた……こりないわね」

穏乃「当然だ。>>82! そこに私の可能性がある!」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:08:58.23 ID:P8srOvhs0

そろそろニワカ先輩に王者の打ちしゅじを


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:24:35.09 ID:nV8mgDQK0

穏乃「こっばしりせんぱーいっ!」

やえ「おお、初瀬……じゃない! 誰だお前!」

穏乃「やだなー。地区予選で戦った中じゃないですか」

やえ「ああ。阿知賀のジャージの子か。巫女服着てるから誰だか分からんかったわ」

憧「初瀬、おひさー! 地元だから安心するわ」

初瀬「あ、憧……? な、なによ突然。まさか私に会いに来てくれたの?」

憧「うん?」

初瀬「ま、まぁ? そりゃ腐れ縁の私たちだし、たまにはこうして合うのもいいけどさっ? 全国行ってから何の連絡もないって、ちょっと……冷たすぎない?」

初瀬「いや、別におまえの連絡を待ってたとかそういうんじゃないからな!?」

憧「あーごめん。忘れてたわ。それに今日は小走さんに会いにきたわけだから、ついでに初瀬にもあえてよかったよ」

初瀬「ついで……ついでか-……」

憧「どしたの?」

初瀬「な、なんでもないわよ、ばかっ!」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:29:59.09 ID:nV8mgDQK0

やえ「それで、私に何の用だ。巫女コンビ」

穏乃「はい。小走先輩の力の秘密を……って、今思えば、もう聞く必要もないんですよね」

やえ「ど、どういうことだそれっ?」

穏乃「いや、だって……もう超えた相手ですし、強者は後ろを振り返らないといいましょうか」

やえ「ふん! にわかが言ってくれるじゃないか」

やえ「だが、確かに負けたことは事実だ……。いいだろう。この小走やえが、特別に王者の打ち筋を伝授してやろう!」

穏乃「本当ですか? わーい(棒)」

やえ「なんか気に食わんな……」

やえ「まぁ、いい。やるからには本気だ。巫女コンビ、初瀬。卓につけ!」

初瀬(まさか小走先輩から直に指導をしてもらえるなんて……! やった!)

憧「あたしもですか? まぁいいけど」

穏乃「よろしくお願いしまーす(棒)」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:34:06.47 ID:nV8mgDQK0

やえ「……じゃあ、今の感覚を忘れずに、全国のにわか共を打ち倒してこい!」

穏乃「ありがとうございました」




憧「結局、普通に指導麻雀をやって終わったわね」

穏乃「なんとなくそんな気はしてたよ。にわかだし」

憧「でも、久しぶりに初瀬に会えたからよかったな。初瀬元気そうでよかったわ」

穏乃「……憧」

憧「なによ、しず。妬いてんのー?」

穏乃「そろそろ巫女服脱がないか?」

憧「そ、そうね……」

穏乃「……よし、いつも通りのジャージに着替えたし、気を取り直して>>94!」

憧「そろそろ、為になる相手を選んでよね」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:35:09.82 ID:pgszPr8L0

シャープシューター★すみれさん


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:41:35.68 ID:nV8mgDQK0

穏乃「やっぱりにわかより、本物の王者だよな!」

憧「って、まさか……」

穏乃「決まってるだろ。王者白糸台高校のクールビューティー、弘世菫さんのところだ!」

憧「ちょっと……マジっ!?」




穏乃「というわけで、来ました。東京だよ、都だよ!」

憧「東京来るの久しぶりだなー。えーと、白糸台高校は……」

穏乃「こっちだ。んで、部室がこっちで……」

憧「なんでも知ってるのね、あんた」

穏乃「ここだ! 弘世さん。いますかー?」

「……なんだ。私に何か用か?」

穏乃「はい。阿知賀女子麻雀部の高鴨穏乃です! 弘世さんの強さの秘訣を教えて下さい!」

菫「阿知賀……あぁ、そういえばいたな。同じブロックに」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:44:45.47 ID:nV8mgDQK0

穏乃「というわけで、王者白糸台高校で次鋒をつとめる弘世さんに、強さの秘訣を一つ」

菫「断る。私は人に物を教える主義じゃないんだ」

穏乃「そこをなんとか……」

菫「見たところ、かなり思い詰めているようだな」

穏乃「はい。いろんな選手に聞き回っているんですが、得られたものがほとんど無くてですね……」

菫「わかった。わざわざ関西から来たんだ。ここで追い返すほど、私も人間ができていないわけじゃない」

穏乃「本当ですかっ!?」

菫「ただ、一つ条件がある」

穏乃「なんなりとっ」

菫「では、私とキスをしろ」

穏乃」「」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:48:18.66 ID:o9tQzZx80

なぜキス


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:48:51.28 ID:nV8mgDQK0

憧「いやいやいやいや、何言ってんですかっ! 絶対ダメ!」

菫「そうか? 見たところ、そのジャージの子。まだ女というものを知らないようだからな」

憧「当たり前でしょ! しずよっ?」

菫「まぁ、私としてはきみでもいいんだが……」

憧「あ、あたしっ?」

菫「そうだ。きみはそれなりにできそうだからな……」

憧「いや、あたしだって……でも、それでしずが報われるのなら……」

憧「……わかった。やります」

菫「そう。私は潔い子は好きだよ」

穏乃「ちょっと憧っ!」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:51:42.67 ID:nV8mgDQK0

憧「なによ、しず。邪魔しないで」

穏乃「邪魔するに決まってるだろっ!? 憧の貞操が奪われようとしてるんだぞ!」

憧「分かってるわよ……。でも、それでしずが強くなれるんだから、安い犠牲よ」

穏乃「だってしず……初めてなんだろっ?」

憧「……。しずは黙ってて」

穏乃「もういい……勝手にしろっ!」



菫「覚悟は決まったのか?」

憧「はい……いつでもいいですよ」

穏乃「……」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:56:26.96 ID:nV8mgDQK0

菫「じゃあ、こちらからいかせてもらう」

憧「は、はやくしなさいよ……」

穏乃(憧バカ……憧のバカっ! 人の気持ちも知らないで……)

菫「やる前に先に行っておくが……舌を入れてもかまわないな?」

憧「し、舌っ?」

菫「そうだ。ただ唇同士を付け合う子どものキスじゃない。舌と舌、体液と体液が絡み合う大人のキスだ」

憧「す、好きにしなさいよっ……」

菫「いい子だ。では……」

憧「あっ……!」

穏乃「うわぁぁああああーーーーーーーーーーーっ!!」

ドンッ!

菫「痛いな。なにをする」

憧「し、しず?」

穏乃「やっぱりダメだぁーーーっ!!」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:59:21.20 ID:EhBiRPcF0

憧穏を絡めてくるとは・・・できるっ


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:02:23.29 ID:nV8mgDQK0

憧「な、なにすんのよしず。あんたいきなりなにを、」

穏乃「うるさい! 帰るぞ憧」

憧「痛っ!? ちょっと引っ張らないでよっ」

菫「くくっ……あははっ!」

穏乃「なにがおかしいっ!」

菫「いや。面白い反応をしてくれた、と思ってな」

穏乃「人をからかって……!」

菫「そうだ。からかった。もともとキスなんてするつもりはなかったさ。けど、合格だ」

穏乃「は……合格?」

菫「いくら私でも、見ず知らずの人といきなり接吻などしない。もとから寸止めで止めるつもりだった」

菫「まぁ、そこまでいってもジャージのきみが動かなかったら、その時点でさよなら、だったけどな」

穏乃「意味がよく分からないです」

菫「つまり、二人の仲と人間性を試したということさ。少なくとも、つまらない人間でないことは分かった。力になってやろう」

穏乃「……?」

憧「要するに、認めてもらったって事よ」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:04:42.42 ID:nV8mgDQK0

穏乃「はぁ……ありがとうございます?」

菫「気にするな。ここは怒っていいところだぞ」

穏乃「いや、なんか怒るを通り越して力が抜けたと言いますか……」

菫「でも、ツインテールの子とキスしたかったのは本当だ。もしよければ、いつでも相手になるよ」

穏乃「やっぱり怒ります! うがーっ!」

菫「ははは。面白いやつらだ」

憧「あはは……」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:08:52.83 ID:nV8mgDQK0

菫「……ふむ。全国の相手と対等に戦う為に、特殊な力が欲しいと」

穏乃「はい。今まで会って来た人達は話しにならなくてですね……。それで、ついに王者白糸台高校にまで行き着いたわけですよ」

菫「そうか。それは懸命な判断だな。けど、私はそれを伝授することはできない」

穏乃「なっ……! どうしてですかっ?」

菫「どうしてかって……? 簡単だ。まだ阿知賀編の単行本では、私の実力が顕わになっていないからだ!」ドヤァ

憧「うわ、そう来たか……」

菫「それともう一つ、我が校には私よりも異能なやつがいるからな。そいつに聞いた方が早い」

穏乃「それって……!」

菫「そうだ。入ってこい……照!」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:11:21.68 ID:nV8mgDQK0

照「……」

穏乃(照……宮永照……! 高校生最強の人だ……!)

照「……誰だ」

菫「ん?」

照「私のプリン……食いやがったの」

憧「ぷ、プリン……?」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:15:24.91 ID:nV8mgDQK0

菫「そこのジャージの子が食べた」

照「……そうか」

穏乃「え……はぁっ?」

照「プリン……返してもらおうか」ギュルルル……

穏乃「なにを言っているのかさっぱり……って、うわぁっ!」

菫「……ってのは冗談だ。本当は淡が食べた」

照「……そう。後でお仕置きしないとな」

穏乃(た、助かった……のか? ていうかなんだあの右手……あれがあの人の能力……?)


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:19:16.60 ID:nV8mgDQK0

菫「……というわけで、照に来てもらったんだが、なにかアドバイスしてやれよ」

穏乃「よろしくお願いしますっ!」

照「……」

憧「あのー……。宮永さんって、確かもっとこう、しゃきしゃきしてる人でしたよね」

照「……それがなにか」

憧「いや、インタビューの時と全然印象が違うなーって……。まさか、別人……妹とか?」

照「ふん……」スクッ

菫(あ、また出るぞ、あれが……)

憧「ど、どうしたんですか、いきなり立ち上がって……。変なこといったのなら謝りますけど……」

照「私に……」



照「私に妹などいない!!!!」ドンッ!



憧「あ、そうですか……」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:23:03.87 ID:nV8mgDQK0

穏乃「それは置いといて……宮永さん! 是非、あなたの能力の秘訣を教えて下さい!」

穏乃「私もっと……強くなりたいんです!」

照「そうか。では一つだけ聞こう……」

穏乃「はいっ!」

照「お前に……妹はいるか」

穏乃「へ……?」

照「妹はいるかと聞いている」

穏乃「いや、いないですけど……」

照「そうか……。もう何も言うことはない。帰れ」

穏乃「なんでですかっ!?」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:29:30.39 ID:nV8mgDQK0

照「妹にいないやつは、最強になんてなれやしない」

照「ましてや、姉のいないやつに最強を目指す資格などない……そうだよね、咲ぃ」

穏乃「は、はぁ……」

憧「なんか私の知ってる宮永さんのイメージとだいぶ違うなぁ……」

菫「これが素の照だ。知っている人間はごく僅かだけどな」

穏乃「じゃあ、私は……私はどうすれば強くなれるんですか!?」

照「仲間と共に……切磋琢磨」

穏乃「え……?」

照「今いる仲間を大事にして、みんなで強くなれ。お前は一人で強くなることはできない。限界がある」

照「だから、みんなで強くなって、そして私たちをチーム全員の力で倒しにこい」

穏乃「宮永さん……。はい、分かりました、ありがとうございましたっ!」

憧「宮永照……。やっぱりチャンピオンは言うことが違うわね……。敵わないわ」

照「まぁ、私たち姉妹の絆には敵わないけどな……。待っててね、咲ぃ」

憧「……あれ?」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:34:57.97 ID:nV8mgDQK0

穏乃「ありがとうございましたーっ! また全国で会いましょう!」

菫「ああ。がんばれよ。新子憧ちゃん、だったな。また今度、二人でお茶でもしようか」

憧「遠慮します。お世話になりました」

菫「そうか。残念だ」

照「早く会いたいよ……咲ぃ」




憧「やっぱりさ、行き着く所は仲間、なのよね」

穏乃「そうだな。私、小さな事に囚われていて、周りが見えなくなってた」

憧「分かればいいのよ。さ、部室に戻って練習しましょ……みんなで」

穏乃「待って、憧」

憧「へ?」

穏乃「みんなの所に行く前に……憧に言いたいことがあるんだ」

憧「そ、それって……」

穏乃「憧……。私……」

憧「いや、ちょっとダメだって……まだ、心の準備が……」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:39:03.58 ID:nV8mgDQK0



穏乃「やっぱり裸単騎が一番効果あると思うんだ! 裸単騎!」


憧「えーと……何?」

穏乃「だから裸単騎だよ! 姉帯さんに教わっただろっ? やっぱりあれが一番、何かを得られた感じがするんだ」

穏乃「生まれながらの姿になることで、神経が研ぎ澄まされ、牌が見える……これだ、これだよ!」

憧「……はぁ」

穏乃「な、どうだ憧! よければ憧も一緒に!」

憧「ちょっとは、学習と反省をしろっ!」ゴツッ!

穏乃「いたぁっ!? なにすんだよ憧!」

憧「ふーん。もうしずなんてしらないんだからっ! べー!」

穏乃「な、そういう言い方ないだろっ! 待てよ、憧-!」


おわり


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:42:35.97 ID:533q3+JR0

おつおつー


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:44:57.61 ID:EhBiRPcF0

おつおつしずしず


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 02:12:55.79 ID:Ncri1S1y0

おつおつ また時間あるときにでもつづけてーな


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 02:18:11.26 ID:P8srOvhs0

おつおつ


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。