スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響「ただいまー!」美希「おかえりなさいなの」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1345901139/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:25:39.50 ID:n+yo4aDO0

-事務所-

響「おっ。帰ってきてるのは美希だけなのか」

美希「お仕事が終わって、ずっと寝てたの。あふぅ」

小鳥「あら響ちゃん。おかえりなさい」

響「ただいま、ぴよ子」

小鳥「暑かったでしょ。すぐお茶を入れるわね」

響「にふぇーでーびる!」

美希「ことりー美希もお願いなのー」

小鳥「はいはい、待っててね」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:31:12.63 ID:n+yo4aDO0

響「プロデューサーもいないのか?」

美希「ハニーなら春香を迎えに行ったの」

響「えっ」

美希「? どうしたの? 響」

響「い、いや、なんでもないぞ……」

響(どうして自分は迎えに来てくれないのに……)

美希「あー春香は今日クランクアップなの。だから挨拶もかねて迎えに行ったんだって思うな」

響「ふ、ふーん、なるほどね。……って、べ、べつにそんなこと気にしてないぞ!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:34:51.12 ID:n+yo4aDO0

美希「響の考えてることなんてまるわかりなの」ゴソゴソ

美希「ことりーっこのプリン食べてもいいかな?」

響「それ伊織のじゃないのか?」

小鳥「いいんじゃないかしら」

響「い、いいのか!?」

美希「でこちゃんなら許してくれるの!」パタン

響「自分、知らないぞー……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:39:18.82 ID:n+yo4aDO0

美希「んぅーっ美味しいのーっ!」パクパク

響「………」

美希「でこちゃんに感謝しなくちゃって思うな! あはっ☆」

響「………」

美希「響、こっちじーっと見て、どうしたの?」

響「へっ!? み、見てない、見てないぞ!」プイッ

美希「響、このプリンね、とーっても美味しいの!」

響「へ、へぇ~、そっかぁー」チラッ

美希「響はわかりやすすぎるの」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:44:20.31 ID:n+yo4aDO0

響「へあっ!?」

美希「しかたないの。一口あげるから、それでガマンするの」

美希「はい、あーんなの!」

響「じ、自分は……」ゴクリ

美希「はやくしないと美希が全部食べちゃうの。はい、あーん」

響「……っ、あーんっ!」パクッ

小鳥「キマシタワー!」

美希「ね? すっごく美味しいでしょ」

響「美味しい! 美味しいな! 美希!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:48:27.17 ID:n+yo4aDO0

美希「底のほうもまた違うカンジで美味しいの!」

響「………」ジーッ

美希「はい、あーんなの!」

響「あーん!」パクッ



響「やっちゃったぞ……ひとの食べ物を食べるなんて、自分サイテーだ……」ズーン

美希「そんなに気にしなくてもいいって思うな」

響「うぎゃー! 伊織に怒られるぞ!」

美希「でこちゃんはそんなことで怒らないってば」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:55:22.28 ID:n+yo4aDO0

響「いや、怒ってるだろいつも!」

美希「あれはなんとゆーか、んーっと、でこちゃんなりの愛情表現なの」

響「そ、そうなのか……?」

美希「そうなの! 美希、でこちゃんのデザートとかいっぱい食べてるけど、怒られたことないよ?」

響「そ、そっかぁー、よかったぁ……」

美希「いつだったか、間違えて律子のを食べちゃったらすっごい怒られたの。ひどいって思うな!」

響「『さん』ってつけないとまた怒られるぞ」

美希「もーっ響まで律子…さんみたいなこと言うの!」

響「ご、ごめんってば」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:01:23.20 ID:n+yo4aDO0

響「そういえば美希のあのCM、昨日見たぞ」

美希「あ、コンディショナーの?」

響「そうそう。なんかこう、ぴかーってして、さらさら~って感じだったぞ!」

美希「ホント!? 美希も、きらきら、ふわふわしてて、とっても良いって思ってたの!」

小鳥(ぜんぜんわからないわ……これがジェネレーションギャップ……!?)プルプル

美希「響もせっかく長い髪なんだし、ちょっと気をつければもっともっときらきらできるって思うな!」

響「へっ? い、いやぁ自分はいいさー」

美希「どうして?」

響「え、えっとぉ……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:09:05.68 ID:n+yo4aDO0

美希「?」

響「だって……なんか、恥ずかしぃ……」

美希「ど、どういうことなの!?」

響「じ、自分がそんな、きらきらなんて、似合わないし……」

美希「えっ?」

響「元気だね! って言われることはあるけど、可愛いねってあんまり言われないし」

響「似合わないのに力いれてたら恥ずかしいっていうか……」

美希「? 響は可愛いよ?」

響「え……?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:09:51.29 ID:uOMrxNHf0

響ちゃんかわいいよ!


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:16:01.66 ID:n+yo4aDO0

美希「ミキ、響は可愛いって思うな!」

響「そ、そんなことないぞ……だってみんなそんなこと言わないし」グス

美希「それはね、響」

響「?」

美希「可愛いっていうのは、言わなくても可愛いからなの!」

美希「元気だねっていうのは、可愛くて、しかも元気だねってことなの!」

響「み、美希……」

美希「ミキがホショーしてあげるの! 響は可愛い!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:20:13.19 ID:n+yo4aDO0

響「……う」

美希「う?」

響「うぎゃーっ! 恥ずかしいぞー!」ダダッ

美希「響!? ……行っちゃったの」

小鳥(美希ちゃんGJ)



響「………」コソコソ

P「響、なにしてるんだ?」

響「うわひゃぁっ!?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:28:20.14 ID:n+yo4aDO0

響「ぷ、プロデューサー……!」ドキドキ

春香「ただいま! 響ちゃん」

響「おっおかえり!」

P「やー暑い暑い。響、早く事務所に入ろう」

響「あ、ごめん!」ガチャ

美希「響やっと帰ってきたの」

美希「あ! ハニー!」ガバッ

P「おお、美希。ただいま」

春香「美希、ただいま」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:33:44.02 ID:n+yo4aDO0

小鳥「おかえりなさい、プロデューサーさん、春香ちゃん」

春香「ただいまです!」

P「戻りました。なにかありました?」

小鳥「いえ、特には」

美希「ハニーハニーハニーハニー」

響「美希が壊れちゃったぞ……」

春香「美希? プロデューサーさんから離れなよ」

美希「さっきまでハニーとふたりっきりだった春香に言われたくないの!」

春香「ふ、ふたりっきりって……! そんなんじゃないから!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:38:36.70 ID:n+yo4aDO0

美希「ねーハニー」

P「どうした?」カチカチ

美希「ハニー……いい匂いなの……」クンクン

P「おいやめろ」

春香「美希はいつもどおりだねぇ」

響「いや、笑ってる場合じゃないレベルじゃないのか?」

P「よし、メールチェック終わり」ガタ

P「音無さん、またちょっと出てきます」

小鳥「はい、いってらっしゃい」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:43:55.12 ID:n+yo4aDO0

美希「えー! ハニー、もう行っちゃうの!?」

P「悪いな。春香、駅まで送るよ」

春香「はいっ!」

響「春香は帰るのか?」

春香「今日はちょっと用事があるんだ」

美希「また春香なの!? 美希もハニーとふたりっきりになりたいのーっ!」

P「はいはいまた今度な」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:48:44.71 ID:n+yo4aDO0

春香「だから美希、ふたりっきりとかじゃないってば!」

響「………」

P「それじゃ、いってくるな」ガチャ

美希「あぁっハニーに捨てられたの……!」

P「人聞きの悪いことを言うなって」

春香「また明日ね! ばいばい!」バタン

美希「ハニー、ミキ、ミキ、待ってるからね……!」

響「美希は楽しそうで良いな」

美希「フラれた女は不貞寝するの……」ポスン



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:54:46.76 ID:n+yo4aDO0

美希「………」グゥ

美希「おーなーかーすいたのーっ!」ガバッ

響「おわっ! び、びっくりしたぞ」

美希「響! ごはん食べにいこっ」

響「え、今からか?」

美希「膳は急げ、っていうでしょ? 小鳥ーごはんいこーっ」

小鳥「ごめんね、私は電話番しなくちゃいけないから」

美希「そっかぁ。じゃ、お土産買ってくるね!」

小鳥「ありがとね、美希ちゃん」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 00:00:43.93 ID:+GCTgHfu0

美希「それじゃれっつごーなの!」ガシッ

響「わわっ、ちょっと待ってくれー!」バタバタ



-商店街-

響「たるき亭じゃないのか?」

美希「せっかくなんだから響とのデートを楽しむの!」

響「でっデートなのか!?」

美希「響ってば動揺しすぎなの! あはっ☆」

響「もぉ~っからかわないでほしいぞ!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 00:08:02.57 ID:+GCTgHfu0

響「といっても、こんな中途半端な時間だと、ファミレスとか喫茶店とかしかないんじゃないか?」

美希「ふふふ。甘いの、響。さっきのプリン並に甘いの」

美希「これから響を、ミキのとっておきのお店に連れて行ってあげるの!」

響「とっておき? それは楽しみだぞ!」

美希「響はお腹すいてる?」

響「いや、現場でお弁当もらったから、そんなには」

美希「むむぅ~それなら何個も食べられないかなぁ」

響「何個?」

美希「厳選する必要があるの……これは難しいの……」ムムム


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 00:18:43.12 ID:Yd7fwgLI0

美希「ここなの!」

響「『御握屋』……おにぎり専門店なのか?」

美希「そうなの! ここがミキの、えーっと、ゆ、ゆー、ゆーとくいなり? なの!」

響「ワケがわからないぞ……」

美希「細かいことはいいの! おばちゃーん!」ガラッ

おばちゃん「あら美希ちゃん今日も来てくれたの? 相変わらず可愛いわねぇ。今日はお友達も一緒なのね! いらっしゃい!」

響「はいさい! 自分、我那覇響だぞ!」

おばちゃん「まぁまぁ響ちゃんも可愛いわねぇ。おばちゃんの若いころに似てるわね! なんちゃってねオホホ!」

美希「響ーこっちこっち」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 00:24:25.78 ID:Yd7fwgLI0

美希「メニューはあそこにあるの」

響「カウンターに座っておにぎりを食べるのか……」

おばちゃん「はいはいどれにしましょうかね! どれも美味しいよ!」

美希「響ははじめてだから、やっぱりスタンダードに梅干から始めるべきかなぁ……」

響「は、はじめてって、自分、おにぎりくらい食べたことあるぞ!」

美希「響」

響「は、はい! な、なんか美希が怖いさー……」

美希「ミキはね、おにぎり大好きなの」

響「し、しってる」

美希「おにぎりくらい、なんて言われると、悲しくなっちゃうな」

響「ご、ごめん。自分が悪かったぞ……」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 00:31:50.13 ID:Yd7fwgLI0

おばちゃん「オススメはねー! これね! すじこ! 美味しいわよ!」

響「す、すじこってなんだ?」

美希「簡単に言うとばらばらになってないイクラなの」

美希「っておばちゃんさらっと一番高いやつ薦めないでほしいの!」

響「一番……? うわっ高っ」

おばちゃん「あらら、ばれちゃった? でも美味しいんだから食べてほしいな~」クネクネ

美希「美味しいのは知ってるの。でもミキだって月に一回だって決めてるんだからね」

響「美希はおにぎりのことになるとすごいな……」

美希「よし! 響には高菜でいくの!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 00:37:16.51 ID:Yd7fwgLI0

響「あれ、自分に決めさせてくれるんじゃ……」

美希「甘いの! さっき食べたプリン並みに甘いの!」

響「気に入ったのか? そのフレーズ」

美希「何事も段階を踏むべきだって思うな!」

響「それ、プロデューサーに抱きついたりほおずりしてる美希に言われたくないぞ」

美希「あれはアレなの、スキンシップなの」

美希「そんなことは今はいいの! ミキは塩辛おねがい!」

おばちゃん「はいよー!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 00:43:47.63 ID:Yd7fwgLI0

おばちゃん「はいお待ちィ!」

響「早いな! いや、おにぎりだから早くて当たり前なのか?」

美希「いただきまーす!」パクッ

響「いただきまーす!」パクッ

響「うわ、なんだこれ、すごい美味しいぞ!」

美希「ふふふ、響もおにぎりの魅力にめろめろなの」

響「ごはんが熱々ふっくらで、高菜の食感との相性がバツグンだぞ!」

美希「塩辛も相変わらず美味しーの!」

美希「おばちゃん、次はミキ、昆布が食べたいな!」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 00:49:40.54 ID:Yd7fwgLI0

響「自分、自分はえーとえーとっ」

響「うぎゃーっどれも美味しそうで決められないぞ!」

美希「その気持ちはとーってもよくわかるの」

おばちゃん「すじこなんてどうだい? 響ちゃん」

美希「天丼なの!」

響「ん? きゃらぶき、って、なんだ?」

美希「フキの柄を甘辛く煮たものだよ」

響「ようし! きゃらぶきおねがいします!」

おばちゃん「はいよー!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 00:57:28.43 ID:Yd7fwgLI0

―――
――


ガラッ

美希「美味しかったのー!」

響「た、食べ過ぎたぞ……」ヨロ

美希「でも美味しかったでしょ?」

響「それはもう、美希の言うとおりだったぞ! 肉味噌おにぎりとかすっごいボリューミーだったし」

響「あう、お腹一杯で動けないぞ……」

美希「あはっ☆ 響ってば食いしん坊さんなの!」

響「しょうがないだろー美味しいんだからー」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:05:12.25 ID:Yd7fwgLI0

美希「ちょっとそこのベンチで一休みするの」

響「賛成さー」

美希「ふうっ! いい天気だね、響!」

響「そうだなー。沖縄は晴れてるかなー」

美希「沖縄! ミキも沖縄行ってみたいって思うな!」

響「沖縄はいいぞぉー! 海も空もきれいだし、ご飯もおいしいし!」

美希「飛行機でどれくらいかかるのかな?」

響「本島までなら2時間くらいだったと思うぞ」

美希「それくらいならぐっすり寝られてちょうどいいの!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:11:50.63 ID:Yd7fwgLI0

美希「ミキはねぇー沖縄にいったらゴーヤおにぎり食べたいの!」

響「お、おにぎりかぁ、あるかなぁ?」

美希「なければ作ればいいの! ……?」

男A「うわぁー君、かっわいいねぇー!」

男B「マジマジ! やばいでしょこれマジで!」

響「う、うわ、ナンパってやつだぞ……」

美希「ミキが可愛いって? そんなこと知ってるの!」

男A「小悪魔系いいねー! ちょっと俺らとご飯でも行こうよー」

男B「美味しいところ、おごっちゃうぞー!」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:19:58.87 ID:Yd7fwgLI0

美希「残念だけど、ミキたちお腹一杯なの」

男A「あれ、そうなの? そんじゃ腹ごなしにカラオケとかどうよー」

男B「いいねぇカラオケ、行こう行こう!」

響「ね、美希」

美希「? どうしたの? 響」

響「も、もう休憩はいいから、どっか行かないか? なんか怖いぞ……」

美希「あはっ☆ わかったの!」

男A「そっちの君も可愛いねぇ! なでなでしたいね!」

男B「ポニーテールいいねぇマジヤバイ」

美希「ミキの歌を聴くなら、ライブに来てほしいって思うな! それじゃね!」スタスタ


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:25:54.02 ID:Yd7fwgLI0

響「ご、ごめんだぞ!」タタッ

男A「あっちゃあフラれちゃったよ! 今度は遊びに行こうね!」

男B「後ろ姿もマジ可愛いねぇ」



響「追っては来なかったか、よかったぞ」

美希「響は気にしすぎなの。あっちも遊びなんだから、てきとーにあしらっとけばいいの」

響「なんか美希がやけにかっこよく見えるぞ……!」

美希「自分、完璧だからなっ! あはっ☆」

響「あーッ、それ、自分のセリフだぞーっ!」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:32:35.54 ID:Yd7fwgLI0

響「いい天気なのはいいけど、ちょっと暑いなー」

美希「そうかな? ミキ的には、ひなたぼっこが気持ちよさそうだって思うな!」

響「自分、暑いのは苦手さー」

美希「沖縄生まれなのに、響ってばおもしろいね! もしかして、沖縄生まれってウソなの?」

響「うっウソじゃないぞ! 正真正銘のうちなーんちゅさ!」

美希「あははっジョーダンなの!」

美希「それじゃ、そこの喫茶店にでも入って涼もっ?」

響「そーするさー」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:39:26.37 ID:Yd7fwgLI0

美希「キャラメルマキアートひとつなの!」

響「えっと、ジャスミンティーおねがいします」

美希「静かでいいところだね!」

響「こういう静かなお店に入ったこと、あんまりないから緊張するぞ……」

美希「? 何も気にすることないの」

響「美希はマイペースだなー」

美希「そうかな? よくわかんないの」

響「そういうとこ、ちょっと羨ましいなぁ」

美希「完璧な響にしては珍しいね! あはっ☆」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:42:55.88 ID:Yd7fwgLI0

店員「お待たせしましたー」

美希「ありがとうなの!」

響「ありがとうだぞ」

美希「んーっ美味しいの」

響「うん!」

美希「さてと」

響「? どうしたんだ? 美希」

美希「そろそろ本題に入るの」

響「何の話だ?」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:51:17.35 ID:Yd7fwgLI0

美希「あのね、響はハニーのこと、好き?」

響「っ!?」

美希「ね、ハニーのこと、どう思ってるの?」

響「ぷ、プロデューサーは、えっと、さ、最近頼りになるようになってきて、助かるさー!」

美希「美希はね、ハニーのこと大好きだよ? 響は違うの?」

響「み、美希……えぇっと、」

響「自分、自分は……プロデューサーが……」

美希「まぁ、ホントはわかってるの」

響「えっ!?」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:58:39.14 ID:Yd7fwgLI0

美希「だって響、わかりやすいんだもん。ハニーのこと気にしてるの、ばればれなの! あはっ☆」

響「そんなことないっ! と、思うぞ……」

美希「だって帰ってきてすぐハニー探したし、迎えに来てほしそうだったし」

美希「ミキがハニーに抱きついてたら羨ましそうにしてたし、ふたりっきりって話をしてたらずうっとハニーのこと見てたし」

響「うがっ!?」

美希「おにぎり屋さんでも、ミキのあとでハニーの分のお土産買ってたでしょ」

響「ば、バレてた!?」

美希「ホントに隠してたつもりだったの!?」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:04:30.44 ID:Yd7fwgLI0

美希「それで、やっぱり響はハニーのことが好きなんだよね?」

響「うぅっ……。そ、そうかもしれないぞ……」

美希「かも?」

響「わぁーっわかった! 自分、プロデューサーのことが大好きだぞー!」ガタッ

美希「ひっ響、落ち着いてなの!」

響「はっ! ご、ごめん」ストッ

響「って、自分ってば、何言ってるんだー恥ずかしいー」

美希「なにも恥ずかしいことじゃないの」

響「自分にはそうじゃないさー……」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:12:33.85 ID:Yd7fwgLI0

響「ごめん美希……自分もプロデューサーのことが、す、す、簀巻き!」

美希「ごまかすのが遅いの、響」

響「うぅ……」

美希「それに、どうして謝るの?」

響「い、いや、それは、だって、美希が、えっと……」

美希「ミキ? 響がハニーのことを好きなのと、ミキは関係ないでしょ?」

響「えっ? そ、そうなのかな?」

美希「うん。関係ないって思うな」

響「そっかー」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:19:28.42 ID:Yd7fwgLI0

響「ち、ちなみに、美希はプロデューサーのどこが好きなんだ?」

美希「ミキをきらきらさせてくれるからなの!」

響「即答……!」

美希「それに先生も保証してくれたの」

響「先生?」

美希「カモ先生なの。それじゃ、響はハニーのどこが好きなの?」

響「自分は……、うーん、けっこう難しいな、それ」

響「むむむ……」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:25:42.01 ID:Yd7fwgLI0

美希「さっき、頼りになる、って言ってたの。それは違うの?」

響「それはそうなんだけど、それだけじゃなくて、なんというか、な、なでなでしてほしい……っ」

美希「こ、これは! 涙目で見上げてくるなんて、破壊力高すぎなの、響!」

響「うぎゃーっ自分、さっきから恥ずかしいことばっかり言ってるぞー!」

美希「そういえば、響はハニーにどんなアピールしてるの?」

響「アピール?」

美希「だから、自分のことを好きになってもらうために、どんなことをしてるのかなって」

響「うが?」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:30:54.83 ID:Yd7fwgLI0

美希「もうっ! 響はハニーに好きになってほしくないの!?」

響「プロデューサーに、好きに……プロデューサーが自分のことを好き……」ボッ

響「ふわあぁぁ」

美希「想像するだけで真っ赤になったの……」

響「ううぅ……」ゴクゴク

響「ちょっと、自分には早すぎるみたいだぞ……」

美希「響って年上だよね?」

響「それは言わないでほしいさー……」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:36:34.25 ID:Yd7fwgLI0

美希「それじゃあミキがアピール方法を伝授するの!」

響「でもそれで美希はプロデューサーに好きになってもらったのか?」

美希「グサッ、なの……。なかなか痛いところを突くの、響」

美希「たしかにまだミキはハニーの心を奪えているとは言いがたい状況なの」

響「そもそも、プロデューサーには好きな人がいるのかなぁ?」

美希「ミキなの!」

響「言ってることが真逆だぞ美希!」

美希「うーん、ハニーの好きな人……ハニーを好きな人ならたくさんいるんだけどなぁ」

響「えっ!?」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:41:36.60 ID:Yd7fwgLI0

美希「響、そんなことも気付いてなかったの?」

響「ほ、ホントなのか? たとえば誰が?」

美希「春香とか千早さんとかなの。あと最近、真美も意識しだしたみたいなの」

響「ぜんぜん知らなかったぞ……。どうやってわかるんだ?」

美希「見てればわかるの! 響はハニーばっかり見てて、ぜんぜん周りを見てないんだね。あはっ☆」

響「プロデューサーにべったりな美希にそんなことを言われるとは思わなかったぞ……」

響「って、べ、別にプロデューサーばっかり見てるわけじゃないぞ!」

美希「響。いまさらなの」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:47:13.60 ID:Yd7fwgLI0

―――
――


美希「それじゃ、事務所に帰ってさっそく実践なの!」

響「こ、こんなこと、恥ずかしすぎるぞ……」

美希「もう夕方だね! 夕陽がきれいなのー」

響「ぷ、ぷろ、プロデューサー、な、な、あうぅ……」ボソボソ



美希「ただいまなのー!」

響「た、ただいまだぞー!」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:52:17.89 ID:Yd7fwgLI0

P「おかえり、二人とも」

小鳥「おかえりなさい」

美希「小鳥! これお土産なのー!」

小鳥「わぁ、ありがとう美希ちゃん!」

美希「そんでもってハニー! ただいまのチューなのー!」ガバッ

P「はいはい、律子にやってやれな」

律子「どうしてそこで私に振りますかね」

伊織「ちょっと美希! あんた私のプリン食べたでしょ!」

美希「あ、でこちゃん! あれすっごく美味しかったのー」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:57:28.47 ID:Yd7fwgLI0

伊織「でこちゃんゆーな!」

美希「はい、これあげるの」

伊織「な、なによ。おにぎり?」

美希「うん! とっても美味しいから、でこちゃんにも食べてほしいの!」

伊織「そこまで言うなら、食べてあげるわよ……ってでこちゃんっていうなってば!」

P「はは、なんか一気ににぎやかになったなぁ。俺も仕事に戻るか……ん?」

響「……ぷ、プロデューサーっ!」

P「響? どうした?」

響「えっと、こ、これっ!」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 03:02:22.65 ID:Yd7fwgLI0

P「おぉ、おにぎりか。ここのやつ美味いんだよな。ありがとう、響」

響「そ、それで、えっと、お、お願いが、あるんだけどっ」

P「? なんだ?」

響「うぅー……」

P「響?」

響「じッ自分のことなでなでしてほしい!」

「「「!」」」

P「ん? あぁ。ありがとな、響」ナデナデ

響「! えへへ……」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 03:06:16.21 ID:Yd7fwgLI0

美希「あーっハニー! ミキも! ミキもなでなでしてほしいの!」

伊織「わ、私もなでなでして、いいのよ? 今だけ特別なんだから!」

美希「じゃあミキはキスしてほしいって思うな!」

P「なんだよお前ら……。ほら仕事に戻るから散った散った」

美希「ぶーっ」

響「えへへ……」

響(やっぱり自分はプロデューサーのことが好きなんだ)

響(今は声に出していえないけど、いつか、きっと……)

響(プロデューサー、かなさんどー!)






おしまい


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 03:09:07.63 ID:Yd7fwgLI0

また遅くまでかかってしまった…
ありがとござましたー


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 03:08:14.64 ID:ld9EGwZT0

うーん、実にいい絡みだった!



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 03:09:57.49 ID:t0w1v1Ds0

いや、良かった良かった


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 03:29:04.91 ID:lSSBqJ07O

この二人の絡みはもっと増えていいと思う。乙でした。


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 03:59:41.05 ID:39fhZrzO0

乙。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。