スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽介「うーす相棒!なーに見てんだ? …はぁ?けいおん?」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344275446/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 02:50:46.54 ID:p9QiI8kX0

悠「知らないのか陽介? ジュネスの息子なのに」

完二「知らないんスか花村センパイ? ジュネスなのに」

陽介「うるせーな、あと俺そのものはジュネスじゃねー!」

陽介「…で、なんだよそれ」

完二「本当に知らないとかあり得ねっスよ、花村センパイ」

悠「けいおん!というのはいわゆる深夜アニメというものの中のタイトルの一つでな」

悠「等身大の女子高生達の日常を描いた作品だ」

悠「ほら、これがそれのDVD」

陽介「ふーん…面白いの?」

悠「個人的にはこれほど面白いかどうかは人それぞれと言いたくなる作品は無いと思ってる」

完二「ま、一度ハマったら抜け出せなくなるのは間違いねーな」

陽介「しょうなのぉ?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 02:57:48.65 ID:p9QiI8kX0

悠「興味があるならDVDを貸してやるが」

陽介「あーパスパス、俺あんまアニメとか興味ねーし」

完二「いやいや男ならここは見るべきっしょ!」

陽介「無くね?ここは男関係無くね?」

悠「良いか陽介、けいおん!の魅力というものはだな…」

一時間後

陽介「わ、分かったから!見るから!もう落ち着いて相棒!」

悠「見る気になったか?」

陽介「見る見る見ます!見せてください!」

完二「それでこそ花村センパイっスよ!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:04:21.97 ID:p9QiI8kX0

悠「とりあえずは一期からだな」

悠「ほら、持ってけ」

陽介「お、おうサンキュ」

完二「見終わったら、3人で語り合いましょーや」

陽介「へーへー」

自室

陽介「ふへー…今日もバイト疲れたぁ…」

陽介「さっさと寝っかな」

陽介「あ、そういや相棒からけいおん?だか借りてたんだっけ」

陽介「寝る前に少し見てみるか」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:10:51.66 ID:p9QiI8kX0

陽介「…」キョロキョロ

陽介「…クマとかに見られて無いよな」

陽介「アイツに俺がこんなん見てるってバレたら、ぜってーイジられるっつーの」

クマ『ぷぷー!ヨースケったらモテなさすぎて、とうとう二次元に逃げたクマね?』

陽介「…なんてことになりかねねーな」

陽介「さっさと見てさっさと返そう」

けいおん!

陽介「ん、始まったか」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:19:27.17 ID:p9QiI8kX0



陽介「…」

陽介「ずいぶんポップな感じのOPなのな」

陽介「こういうのわりと好きなんだよな俺」

陽介「…」

陽介「この天城っぽい子、可愛いな」

陽介「澪…だったか?」

陽介「で、このカチューシャが律だっけ」

陽介「特捜隊のメンバーで言ったら、里中あたりのイメージだな」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:25:22.18 ID:p9QiI8kX0

陽介「…」

陽介「この子がムギちゃん」

陽介「…」

陽介「なんか良いなこの子!天然おしとやか系っつーの?」

陽介「俺の周りにそーゆータイプ居ないから新鮮だな」

陽介「…」

陽介「最後に主人公の唯ちゃん」

陽介「この子も天然っぽいな」

陽介「ちょっと天然のベクトル違うけど」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:34:28.73 ID:p9QiI8kX0

陽介「…」

陽介「ちげーよ、唯!軽音ってそういう意味じゃねーよ!」

陽介「…」

陽介「お、結局入部するのな」

陽介「まぁ、入部しなきゃ廃部して終わっちゃうか」

だって本当は~♪

陽介「これで一話終わりか」

陽介「EDも良い曲だな、なんか頭に残る完二?」

陽介「…」

陽介「もちょっと見よ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:42:16.89 ID:p9QiI8kX0

陽介「…」

陽介「このアニメのタイトルってなんだっけ?」

陽介「…」

陽介「そーだそーだ、けいおん!だったな」

陽介「…」

陽介「全然、音楽やって無くね?」

陽介「ちょっと触ったか思えば、次の話じゃまるまる普通の日常のお話」

陽介「…」

陽介「え?そーゆーアニメなの?」

陽介「…」

陽介「次の巻、どこに置いたっけ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:48:24.34 ID:p9QiI8kX0

陽介「…」

陽介「もう二年生か、ってことはそろそろ新キャラが来てもおかしくねーな!」

陽介「…」

陽介「中野梓」

陽介「このちみっこさ、ちょっと大人ぶった感じ…」

陽介「どことなーくアイツに似てんな」

直斗「っくしゅん!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:56:16.31 ID:p9QiI8kX0

陽介「…」

陽介「うんうん分かるぜあずにゃん」

陽介「俺も最初はマジメに練習する音楽ものだと思ってたぜ」

陽介「ところがフタを開けてみれば軽音部とは名ばかりのお茶飲み部」

陽介「そりゃ、あずにゃんも怒るよなーはは」

陽介「…」

陽介「でもそのゆるーい感じが魅力的…なのかな?」

陽介「ふーむ」

陽介「…」

陽介「俺もお茶飲みたくなったな」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:06:36.90 ID:p9QiI8kX0

陽介「…」

陽介「最初はどうなっかと思ったけど、あずにゃんも打ち解けたようでなによりだな」

陽介「…」

陽介「学園祭でライブか、誰もが一度は夢見るよなー」

陽介「ん、学園祭?」

陽介「…」

陽介「おおぅ…トラウマ思い出しちまった…」

陽介「…」

陽介「この学園祭…一波乱来るぜ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:16:03.89 ID:p9QiI8kX0

陽介「…」

陽介「うーん…唯が風邪引いた時はやばいと思ってたけど」

陽介「ここぞで一歩踏み出した澪ちゃんカッケーよ!」

陽介「これは学園祭大成功で終了だな!」

陽介「あっ」

陽介「…縞パン」

陽介「…」

陽介「巻き戻し」ピッ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:23:30.50 ID:p9QiI8kX0

がちゃ

クマ「ヨースケ!さっきからぶつぶつうるさいでしょーが!」

クマ「クマが睡眠不足で自慢の毛並みが荒れちゃったら、どう責任取るクマ!」

陽介「ちょっ!?」

陽介「わー!クマきち!勝手に入って来んなバカ!」

クマ「バカとはなにクマか!大体今何時だとおもっ…」

クマ「…しましま?」

陽介「バッ!見んな!」

クマ「…」

クマ「はっはーん」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:29:59.08 ID:p9QiI8kX0

クマ「ヨースケ」

陽介「な、な、なんでございやがりますか?」

クマ「クマはヨースケのこと、大事なトモダチと思ってるクマよ」

クマ「ヨースケもそういうお年頃、クマは理解あるクマなのです」

クマ「でもほどほどにしないと体を壊すクマ」

陽介「いやっあのっ違っ!」

クマ「ちゃんと眠るクマよヨースケ」すたすた

がちゃ

陽介「ああ…あらぬ誤解が…いや、自業自得か…」よよよ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:35:41.71 ID:p9QiI8kX0

がちゃ

クマ「あとでクマにも貸してね」

がちゃ

陽介「ちげーよ!そんなんじゃねーよ!」

陽介「ぜってーちげーかんな!」

陽介「…」

陽介「ハァ…もう寝よ」

陽介「…」

陽介「相棒…まずは一期とか言ってたけど、ってことは二期もあんのか?」

陽介「明日…つか今日か?聞いてみるか」

陽介「ふわぁ…ぁぁ」

陽介「…ぐすっ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:46:41.42 ID:p9QiI8kX0



クマ「出たー!キャプテンルサンチマン改め、キャプテンパンチラマン・花村陽介だー!」

陽介「は?」

陽介「はああああ!?」

千枝「うわー引くわー…」

雪子「何度も何度も澪ちゃんのパンチラを巻き戻しして見て興奮するなんて…」

陽介「いやあれは出来心で!おいクマきち、どどどーゆーことだよ!」

クマ「ヨースケがミオチャンのパンチラを拝んでいるシーンはばっちり写真に取ったクマ」

クマ「もちろんあちこちにバラ撒いたクマよ!」

陽介「なななにいいい!?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:52:17.46 ID:p9QiI8kX0

悠「確かにあのシーンはドキっとする、男なら仕方ない」

悠「だが陽介、けいおん!ファンならば興奮より先に澪ちゃんの怪我を心配するべきだったな」

陽介「あ、相棒!?」

完二「花村センパイ…見損ないました」

陽介「か、完二まで!?」

りせ「キモイ」

直斗「もう近づかないで下さいね」

陽介「お前ら!?」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:54:26.31 ID:/fzMaxoV0

番長ホンマ紳士やで


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:55:48.72 ID:p9QiI8kX0

澪「陽介君」

陽介「み、澪ちゃん!?あれへ!?なんでココに!?」

ばちーん!

陽介「痛ッ!?」

澪「…最低」ぐすっ

陽介「う…」

陽介「うわああああああああ!」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:59:30.04 ID:p9QiI8kX0

陽介「ごめんなさああああい!」がばっ

陽介「…」

陽介「…夢か」

陽介「…」

陽介「なんつー夢見てんだ俺…」

陽介「社会的に本当に死んだかと思った…」

陽介「…」

陽介「学校行くかー…はは」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 05:06:32.92 ID:p9QiI8kX0

通学路

陽介「うん、良い天気だ!」

陽介「こんな日には嫌なことなんて忘れるに限んな!」

陽介「…」

陽介「夢とはいえ、澪ちゃんのビンタ超痛かったな…」

陽介「やたらスナップ効いてたぞアレ…」

陽介「…」

陽介「あれ?んなトコに楽器店なんてあったか?」

陽介「新しくオープンしたとかか?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 05:10:21.69 ID:p9QiI8kX0

陽介「つーか…」

陽介「やたら町並みが都会的になってるっつーか…」

陽介「ハイカラっつーか…」

陽介「…」

陽介「道間違えたかな」

陽介「…」

陽介「方角的にはこっちだよな…」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 05:16:53.51 ID:p9QiI8kX0

私立桜が丘女子高等学校前

陽介「…」

陽介「あ、あっれー?八高っていつから女子校になったんだっけー?」

陽介「おっかしーなーははっ」

陽介「…」

陽介「はああああああ!?」

陽介「何だよ!何だよコレ!」

陽介「どどどーゆーことだよぉ!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 05:25:59.90 ID:p9QiI8kX0

陽介「しかもこの高校名…」

陽介「見たことあんぞ…しかもかなり最近…」

さわ子「ちょっとそこの君!」

陽介「え?あれ?さわちゃん!?モノホン!?」

さわ子「なんで私の名前知ってるの?」

陽介「ああいや、えーと!」

さわ子「ここは女子校よ?何の用かしら?」

さわ子「あ、それとも女漁り?馬鹿ねー、そういうのは下校時を狙ってやりなさいよ」

陽介「いやあの、ここって八高じゃ…」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 05:33:01.67 ID:p9QiI8kX0

さわ子「八高…ああ!八十稲羽からの転校生って君のことね?」

陽介「へっ?」

さわ子「それならそうと早く言いなさいよ、こっちよ」

陽介「転…へっ?」

さわ子「あ、緊張してる?そりゃ女子校に男の子が混じるんだから仕方ないわね」

さわ子「大丈夫!こういうのは第一印象さえ良ければ上手く行くものよ」

さわ子「さぁ、こっちへ来た来た!」

陽介「いや!あの!ちょ!話を!む、無理矢理はやめてー!」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 05:39:51.01 ID:p9QiI8kX0

教室

さわ子「みんな、今日は以前から言っていた転校生を紹介するわよ」

律「おお!転校生!」

唯「どんな人かな~?」

紬「男の人って話よ~」

澪「(お、男の人…怖い人だったらどうしよう…)」ぷるぷる

律「え?男なのか?」

紬「うん」

律「女子校に男って良いの?」

紬「法律的には問題無いみたたい」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 05:43:29.35 ID:R/7Jsx8s0

陽介ってギター弾けるらしいな
見た感じそれっぽいけど


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 05:53:27.41 ID:p9QiI8kX0

教室前

陽介「(お父さん、お母さん、クマ、俺はまだ夢を見ているようです)」

陽介「(出来れば起こしてくれると助かります)」

陽介「…」

陽介「(はあああああ!?)」

陽介「(朝起きたら、けいおん!の世界に居ましただぁ?)」

陽介「(あり得ねーだろ!?)」

陽介「(ってかなんで俺なんだよ!こういうのは相棒の役目だろ!?)」



悠「っくしょい!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 05:58:41.07 ID:p9QiI8kX0

菜々子「おにいちゃん、風邪?」

悠「いや、大丈夫だよ菜々子」

悠「それよりお兄ちゃんと一緒に部屋で映画けいおん!!でも見ようか」

菜々子「うん!じゃあ菜々子、おーいお茶持ってくるね!」たたっ

悠「ああ」

悠「…」

悠「(頑張れ、陽介!)」ぐっ



陽介「っくしょん!」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 06:04:18.07 ID:p9QiI8kX0

陽介「うーティッシュ、ティッシュ…」

それじゃー転校生を呼ぶわねー

陽介「(うお、来たか!?)」

陽介「(とりあえず今日一日をなんとかして切り抜ける!)」

入って良いわよー

陽介「(どうやって元の世界に戻るかとかは後だ後!)」

陽介「(まずは第一印象!明るく面白い感じで!)」

陽介「よっし!」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 06:11:59.81 ID:w/jBs2L50

番長わかってんのかwww


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 06:13:16.86 ID:p9QiI8kX0

がらっ

陽介「ジュネスの御曹司にして爽やかイケメン!口を開けばガッカリ王子!」

陽介「花村陽介でっす!」キラッ



陽介「…」

唯「(お腹減ったなぁ)」

律「(自分でイケメンって)」

澪「(怖くは無いけど変な人…)」

紬「(じゅねす?ってなにかしら)」

陽介「(コ、コケたあああああ!)」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 06:23:24.86 ID:p9QiI8kX0

さわ子「やっちゃった」

陽介「言うな…何も言うな…」

律「さわちゃーん!花村君の席ここで良いですかー!」

さわ子「そうね…じゃあ花村君、そこの席へ」

陽介「はい…」

陽介「(イケると思ったのにな…相棒のキャッチフレーズにすりゃ良かったか?)」

律「転校生、転校生!いきなりやらかしたなー」

陽介「(りっちゃん…)」

陽介「そっとしといて…」

紬「(私は面白いと思ったけどなぁ)」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 06:35:06.51 ID:p9QiI8kX0

昼休み

陽介「…」

律「おーい授業もう終わってるぞー?」

陽介「はっ!」

陽介「マジか…気がつかなった」

律「そんなしょげるなよー、ほら一緒にお昼食べるぞー」

陽介「一緒?」

律「この時期に転校してきてしかも男なんて珍しいなんてもんじゃないからな」

律「あたしの友達が一緒にお昼食べがてら、話がしたいってさ」

陽介「…おっけ、行く行く」

律「おー、先にあっちに行って待ってるからな」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 06:44:30.74 ID:p9QiI8kX0

陽介「…」

陽介「(りっちゃん…良い子だ!ホント良い子だ…!)」

陽介「(俺、惚れっかも…)」

陽介「…」

陽介「なんてな」

陽介「今はそんなん考えてる場合じゃないよな」

陽介「(あくまでここはけいおん!世界だ、俺の世界じゃない)」

陽介「…」

陽介「っと、そろそろ行くか」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 06:50:07.88 ID:p9QiI8kX0

律「おっ、来た来た」

陽介「うーす!」

唯「うーす!」

紬「う~す!」

澪「はは初めまして…」

律「固いって、澪」

陽介「このたび、お呼びに預かりました花村陽介です!」

唯「私は平沢唯だよ!」ふんす

紬「琴吹紬です」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 06:57:41.32 ID:p9QiI8kX0

律「そういえば自己紹介してなかったな。あたしは田井中律、こっちが…」

澪「あ、秋山…澪です」

陽介「はは、これから宜しくな」

陽介「(本当にここはけいおん!世界なんだな、ようやく実感したぜ)」

唯「こっちに座って良いよー」

陽介「おっ、サンキュ!」

紬「じゃあ、みんな揃ったし食べましょう」

律「だな」

一同「「「「「いただきまーす!」」」」」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 07:06:56.64 ID:p9QiI8kX0

律「陽介ってさ、昼はパン派なの?」

陽介「いや、コレはジュネスの総菜パンがたまたま余ってたから持ってきただけ」むぐむぐ

陽介「…ごくん。つーかいきなり下の名前で呼ぶのな」

律「花村君だと他人行儀で堅苦しいじゃん」

陽介「へー、気遣ってくれてんのか?あんがとな」

律「いえいえ!」

紬「陽介君、一つ聞いて良い?」

陽介「ん、何?」

紬「じゅねすってなにかしら?」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 07:13:33.33 ID:p9QiI8kX0

陽介「あっそうか、ここじゃみんな知らないもんな」

紬「?」

陽介「俺ん家さ、スーパーやってんの。それの名前」

唯「そうなんだ!」

紬「へぇ~」

陽介「ま、やってるつっても親父が雇われ店長なだけだけどな」

律「ジュネス…そんなスーパーここら辺にあったっけか」

澪「…無かったと思う」

陽介「!」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 07:21:54.62 ID:p9QiI8kX0

陽介「こ、この前新しく出来たんだ!」

律「ここ最近で工事してた建物なんて見かけなかったけどなぁ」

陽介「え、えーと」

陽介「夜中に突貫工事で建てたの!」

陽介「いやー辛かったなー!」

律「陽介が建てたんじゃないだろ!」びしっ

陽介「そ、そうでしたーあはは!」

唯「陽介君面白いねー」

紬「ふふふ」

澪「…」もぐもぐ


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 07:31:23.70 ID:p9QiI8kX0

陽介「(みんなからしたら何も無かった所にいきなりジュネスが現れたんだもんな)」

陽介「(そりゃ変に思うよな)」

澪「…あ、あの」

陽介「澪ちゃん…て呼んで良いよな?なにかな?」

澪「…陽介君はなんでこの学校に来たの?」

陽介「!」

陽介「あっ、えっと…」

陽介「…」

陽介「(俺が聞きてーよ!)」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 07:41:45.73 ID:p9QiI8kX0

陽介「(ぐっ…上手いことごまかせ俺!)」

陽介「こ、ここの軽音部に興味があってさ!」

陽介「みんなが2年生の時の学園祭ライブ、俺も見てたんだ」

律「2年…ああ!澪が」

澪「言うな馬鹿!///」

陽介「あはは…(澪ちゃんごめん!)」

陽介「んで俺、なんかすっげー感動して!」

陽介「俺もこの軽音部に入れたらなーって思ってここへ来たんだ!」

陽介「(半分は嘘じゃないから大丈夫、ごまかせる!)」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 07:48:55.35 ID:p9QiI8kX0

律「なんだ陽介は既にあたし達のこと知ってたのか」

陽介「そ、そだな」

澪「(私達の演奏に…感動してくれたんだ)」

澪「…」

澪「(凄い嬉しい///)」

紬「軽音部に入りたい…ってことは陽介君は何か楽器が出来るの?」

陽介「ギターをな、ちょっとかじったくらいだけど」

唯「おお!私やあずにゃんと一緒だね!」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 07:58:22.70 ID:p9QiI8kX0

律「よっし!なら入部テストだな!」

陽介「へっ?」

律「ふっふっふ…軽音部に入りたい、その心意気は買おう」

律「だが!」

律「入るには並大抵の実力では入れないぞ陽介!」

唯「この試練を乗り越えるのだ!」

律唯「「ふははははは!」」

澪「お前らな…」

陽介「…良いぜ!売られたケンカは買ってやるよ!」

陽介「俺の実力見せてやるぜ!」

紬「どんとこいです!」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 08:09:21.67 ID:p9QiI8kX0

放課後

唯「ここが私達の部室だよ」

陽介「ここが…」

陽介「(まんまアニメのままだ…!やばっ!感動!)」

律「では早速、力を見せて貰おう!」

陽介「おうよ!」

澪「陽介君…ギターは?」

陽介「あっ!そうじゃん!俺ギター持ってないじゃん!」

紬「倉庫にさわ子先生が昔使ってたギターがあったはずよ、それを使いましょうか」

陽介「悪いな、じゃあそれ借りるわ」

澪「(さわ子先生…昔…)」ぷるぷる


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 08:15:04.66 ID:p9QiI8kX0

陽介「ん~、この重み!久しぶりだなぁ」

陽介「それじゃ、花村陽介で『The Junec Hero』!」



唯「りっちゃん…!これは!」

律「ああ…そうだな唯」

澪「…」

紬「むむ!」



陽介「っと!どうよ!」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 08:22:08.91 ID:p9QiI8kX0

律「ストレートに言うぜ陽介」

陽介「おう」

律「あ…梓「あんまり上手くないですね」

陽介「うおわっ!?」

唯「あずにゃん!」

澪「何時の間に…」

梓「来たのはほんのさっきです」

律「な~か~の~!あたしのセリフ遮んなぁ!」

梓「すみません、つい」

紬「みんな来ましたし、お茶にしましょう」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 08:31:04.77 ID:p9QiI8kX0

こぽぽぽ…

紬「陽介君、お茶どうぞ」

陽介「サンキュ」

陽介「…でさ、俺そんな下手だった?」

唯「うーん、ふわって感じだったかなー」

律「擬音で例えるな、意味ががわからない」

澪「…素質はあると思う」

紬「きっと単に練習不足なだけじゃないかしら」

梓「基本がなってなかったので、まずはそこからだと思います」

陽介「なにコレ、すげー恥ずかしい」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 08:37:31.23 ID:p9QiI8kX0

梓「ところで、どちら様ですか?」

陽介「今更かよ!」

唯「花村陽介君って言ってね、今日からここに転校してきたんだよ!」

梓「あれ、ここ女子校じゃ…」

紬「こまかいことは気にしちゃ駄目よ梓ちゃん」

律「ぜひ、軽音部に入りたいそうだ」

陽介「まぁ、そゆこと」

陽介「宜しくな、梓ちゃん」

梓「宜しくお願いします。えっと…花村センパイ」

陽介「おう!」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 08:47:32.62 ID:p9QiI8kX0

陽介「あ、結局テストの結果は…」

律「お、それ聞いちゃう?」

律「厳正なる審査の結果…」

陽介「ひ、ひとおもいにやってくれ!」

律「…」

律「明日の放課後からここへ来い!」

陽介「それってつまり…」

唯「合格だよ!陽介君!」

陽介「マジで!?よっしゃー!!」

律「荒削りだが光るものはあった」

澪「お前らそろそろいい加減にしろ!」ごん!

律「いたー!」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 08:54:49.16 ID:p9QiI8kX0

澪「何が入部テストだ、そもそもそんな制度無いだろ!」

陽介「はっ?」

澪「大体、審査する側にまわれる程上手くないくせに」

律「みおしゃん、ノリだよノリ」

紬「でも楽しかった~」

梓「そんなことがあったんですか」

陽介「あ…」

律「ごめんごめん陽介、じゃあこの入部届けにサインを…」

陽介「あんじゃそりゃーっ!!!」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 09:05:36.01 ID:p9QiI8kX0

自室

陽介「ふう…色々疲れた…」

陽介「まさかけいおん!の世界に来ることになるとはなぁ」

陽介「アイツらに連絡取ってみようと電話掛けたけどつながらねーし」

陽介「俺だけがこの世界に飛ばされたっぽいな」

陽介「…」

陽介「俺がこの世界に来た理由…それさえ分かれば戻れそうな気もするんだけど…」

陽介「今は良く分かんねーや…」

陽介「…」

陽介「も、寝よ」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 10:31:35.40 ID:p9QiI8kX0

部室

陽介「俺がこの世界に来てから一週間経った」

陽介「俺は無事に軽音部へ入部することが出来、3年生最後の学園祭に向けて日々練習に励んでいる」

陽介「汗を流しながらかき鳴らすギターと喉を潤す合間のティータイムに俺はどことなく充実感を得ていた」

陽介「だが、未だに俺がこの世界に来た理由は分からないままだった…」

陽介「…」

陽介「よっし、録音完了!」

陽介「へへ」

梓「何やってるんですか?」

陽介「わあっ!?だからいきなり出てくんな!」

梓「ちゃんとはノックはしたです」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 10:37:25.01 ID:p9QiI8kX0

梓「で、何をしていたんですか?」

陽介「記録だよ記録」

梓「なんの記録ですか?」

陽介「内緒」

梓「そうですか」

陽介「えっ!?気になんねーの!?」

梓「まぁ特に」

陽介「冷たくね?あずにゃん俺だけ冷たくね?」

梓「あずにゃん言わないで下さい!」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 10:43:43.17 ID:p9QiI8kX0

陽介「えー?唯はいつも『あずにゃあ~ん』とか言ってるじゃん?」

梓「…唯センパイは特別です」

陽介「…」

陽介「…梓ってさ、ソッチ系なの?」

梓「は…」

梓「ははははい!?ソッチってなんですか!?」

陽介「なんで豪快にキョドんだよ!?モノホンかよ!?」

梓「ちっ違うです!特別ってのはそういう意味じゃなくて!」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 10:55:46.53 ID:p9QiI8kX0

陽介「んじゃ、どーゆー意味だよ」

梓「…」

梓「唯センパイは普段はあんなですけど、いざという時はやってくれる人ですから…」

梓「私が一年の頃、初めてセンパイがたの演奏を聴いた時、唯センパイがとても輝いてるように見えて」

梓「私に音楽ってこんなにも楽しく出来るものなんだ…って教えてくれたのが唯センパイなんです」

梓「…尊敬、してるんです」

陽介「だから、唯にだけはなんて呼ばれようが抱きつかれようが構わないってか」

梓「…まぁ」

陽介「お前やっぱソッチ系じゃね?」

梓「ですから!」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 11:05:24.79 ID:p9QiI8kX0

陽介「はは、じょーだんだっての」

梓「…タチの悪い冗談です」

陽介「わりーって、でもさ」

陽介「いつかはみんな卒業すんだ、いつまでも唯にべったりじゃ駄目だぜ?」

梓「むしろ唯センパイが私にべったりなんです!」

陽介「俺にはどっこいどっこいに見えるけどな」

陽介「まぁ…」

陽介「唯の演奏を聴いて、梓が感動したように」

陽介「今度は梓がその感動を誰かに伝えられたらさ」

陽介「すっげーって思わねーか?」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 11:12:40.78 ID:p9QiI8kX0

梓「…つまり?」

陽介「要は学園祭、絶対に成功させようぜってこと!」

梓「…『良いこと』言おうとカッコつけてるんですね」

陽介「あ、バレた?」

梓「…ふふっ」

梓「…花村センパイこそ、ちゃんと頑張って下さい」

梓「今の所、一番下手なのは花村センパイなんですから」

陽介「…はい」

陽介「(相棒みたいにはいかねーな、はは)」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 11:19:24.42 ID:p9QiI8kX0

陽介「んー…」のび~

陽介「今日は他にもう誰も来ねーみたいだな」

陽介「俺もう帰っけど、梓はどうする?」

梓「私はもう少し残って練習してます」

陽介「分かった、あんま根詰めすぎんなよ」

梓「花村センパイは根詰めて下さい」

陽介「み、耳が痛い…」

陽介「…」

陽介「そんじゃ!」たたた

梓「もう!」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 11:26:07.19 ID:p9QiI8kX0

玄関前

陽介「あー腹減ったー!なんか買って帰っかなー…って」

陽介「あれ、澪ちゃん?」

陽介「下駄箱で何やってんだ?」

陽介「…」

陽介「声掛けてみっか」

陽介「うーす!今帰りか?」

澪「…陽介君か」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 11:32:57.14 ID:p9QiI8kX0

陽介「なーにやってん…なんだソレ」

澪「…たぶん、ラブレターだと思う」

澪「…3年生は卒業が近いから、その前に想いを伝えようと考える子が最近多いんだ」

陽介「へぇ、女子校でもそんなんあんのか」

澪「…正直困るんだよな、こういうの」

澪「こういうのに構ってる場合じゃないのに」

陽介「そう言ってやるなよ、手紙出した本人は本気なんだからさ」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 11:38:18.73 ID:p9QiI8kX0

澪「だから余計困るんだ」

澪「…女同士なんだから、その想いに答えられる筈無いのにさ」

陽介「…」

陽介「男からなら良いってことか?」

陽介「なら俺とかどーよ!今度二人っきりで遊びいこーぜ!」

澪「そういう問題じゃない!///」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 11:45:08.18 ID:p9QiI8kX0

陽介「うっへ、バッサリ…」

澪「…」

澪「なんでフラれると分かってるのに私にラブレターなんて出すかな…」

澪「…お互い傷つくだけなのに」

澪「…だったら最初から好きになんてならなきゃ良いのに」

陽介「…」

陽介「ソレ、自分に向かって言ってんのか?」

澪「…そんな訳無い」

陽介「俺にはそんな風に聞こえたけどな」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 11:53:26.50 ID:p9QiI8kX0

陽介「…人様の恋愛にどーこー言う気はねーけどよ」

陽介「自分から壁作ってたら意味ねーと思う」

澪「…」

陽介「どっかで自分の気持ちにフタしたまんまじゃ、いつかボン!だ」

陽介「…自分の気持ちから逃げんな」

陽介「澪が手を伸ばせばさ、きっと欲しいものは掴める!絶対に掴める!」

澪「…陽介」

陽介「手ぇ届かなくなってからじゃ…遅いんだからさ」


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 11:55:27.42 ID:TnfUghFl0

小西先輩…


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 11:57:42.63 ID:/y+xTb/JO

陽介的にはこの手の話題は洒落にならないんだろうな
まだ引きずってそうだし


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:00:25.39 ID:p9QiI8kX0

陽介「澪はまだ間に合うはずだぜ?」

陽介「俺が保証してやる!」

澪「…ありがとう」

澪「こんな話したの、陽介が初めてだ」

澪「私の悩み…今まで誰にも気づいて貰えなかったし」

澪「気づいて貰おうとも思わなかったから…」

陽介「俺から言わせりゃバレバレだっつの」

陽介「澪が書いた歌詞見りゃ一目瞭然だ」


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:07:16.21 ID:p9QiI8kX0

澪「…そうかな?」

陽介「自覚無しかよ!あり得ねーだろ!」

澪「そこまで言わなくても良いだろ!」

陽介「…」

陽介「ははっ、顔真っ赤にしてやんの」

澪「うう…///」

陽介「(うわなにこの子超キャワイイ!)」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:11:21.18 ID:p9QiI8kX0

陽介「(そういや…)」

陽介「(こんな可愛い子を悩ませる、罪深い相手は一体誰なんだ?)」



クマ「っくしょいクマ!」

クマ「誰かクマの噂してるクマね…」

悠「お前じゃない」

クマ「センセイ?」

悠「お前じゃない」


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:17:48.84 ID:p9QiI8kX0

澪「陽介…私、このラブレター書いた子に会ってくる」

澪「結局、相手の想いに答えられないことには変わりないけど…」

澪「なんとなく、今までと違う一歩が踏み出せそうなんだ」

陽介「…そっか」

澪「行ってくるよ!」たたっ

陽介「なぁー!?励ましてやったんだから、お礼にデートしてくれても良いんじゃねー!?」

澪「駄目ー!私、好きな人いるからー!」にこっ

たたた…

陽介「うっへ、バッサリ…」

陽介「…」

陽介「へへっ」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:22:16.63 ID:p9QiI8kX0

陽介「じゃっ!帰りますか!」

陽介「…って、あー!?もうこんな時間かよ!」

陽介「夜からシフト入ってたんだった!」

陽介「長居しすぎたー!」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:30:35.00 ID:p9QiI8kX0

自室

陽介「あー疲れた…いくら遅れたからってビールケース300箱も運ばせなくても良いだろちくしょう…」

陽介「俺の足腰は限界だ…!」

陽介「はぁー…」

陽介「…そういえば明日から二日間合宿だっけ」

陽介「アニメのパターンだとムギちゃんが海沿いの別荘だかに連れてってくれるんだよな」

陽介「ってことは…」

陽介「これは期待しても良いんだよなーははっ!」

陽介「明日に備えてさっさと寝るか!」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:38:16.89 ID:p9QiI8kX0

翌日 屋久島行き渡航船 船上

唯「やー!」

律「くー!」

澪「し、しー!」

陽介「まーーーーー!!!」

梓「ちょっ!なんで叫ぶんですか!」

紬「潮風が気持ち良いわ~…」

陽介「テンション上げるなって方が無理だぜ梓!」

陽介「高い空!白い砂浜!青い海!そんで…」

陽介「(水着だろやっぱ!)」

ごん!

陽介「あ痛っ!」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:43:29.27 ID:p9QiI8kX0

陽介「澪か!?何しやがんだよ!」

澪「ご、ごめん陽介!なんとなく…」

陽介「訳分かんねーぞ!(こ、声出てたか俺?)」

澪「だからごめんって!」



唯「澪ちゃんと陽介君、いつの間に仲良くなったんだろ?」

律「む…」

紬「(二人とも呼び捨てになってる…)」

梓「…ちょっと酔ったかも」


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:50:23.58 ID:p9QiI8kX0

紬「大丈夫、梓ちゃん?中に入ろっか」

梓「そうします…」

唯「ムギちゃん…」

紬「唯ちゃん?どうかした?」

唯「貰い酔いした…うぷっ」

紬「大変!唯ちゃんも中に行きましょう!」

唯梓「「うー…」」



陽介「いきなり二名脱落か?だらしねーなーはは」

澪「脱落って、何と戦ってるんだお前は…」


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:56:24.22 ID:p9QiI8kX0

律「はいはいお二人さん!お熱いとこすんませーん!」

澪「あ、熱いって…そんなんじゃないぞ!///」

陽介「お、やっぱりそう見えちゃう?」

澪「調子に乗るな!」

陽介「げんこつは勘弁!」

律「むむ…」

澪「全く…付き合ってられるか」

澪「私も中で休んでくる」すたすた

陽介「た、助かった…」


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:03:22.60 ID:p9QiI8kX0

律「…」

律「…あのさ」

陽介「あんま、澪にちょっかい出すなってか?」

律「!」

陽介「安心しろ、そんなんじゃねーから」

律「まだ何も言ってないんだけど」

陽介「分かるっつーの」

陽介「澪とは幼馴染なんだろ?今までずっと一緒だったのに離れて行くのが気に入らない訳だ」


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:10:23.93 ID:p9QiI8kX0

律「…」

陽介「…友達ってさ、すっげー良いもんだよな」

陽介「嬉しい時は一緒に喜んでさ、悲しいときは一緒に泣いてくれる」

陽介「…でもさ、常に一緒に居るのが友達じゃねーだろ」

陽介「…お前は澪を常に目の届くとこに置きたがってるように見える」

律「っ!あたしは!」

陽介「それは澪を信頼してないからだ、そんなん友達じゃない…ただの依存だ」


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:15:58.78 ID:p9QiI8kX0

律「…」

律「だって…澪はあたしより綺麗で可愛くて…」

律「なんであたしなんかと一緒に居てくれるんだろって思うくらい良い子で…」

律「澪が居なくなったら…あたし何も残らないもん…」ぽろっ

陽介「…」

陽介「あーもう!この鈍感女!」

律「」びくっ


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:21:21.85 ID:p9QiI8kX0

陽介「もっと澪を信頼してやれよ!お前ん中の澪はそんな奴なのかよ!」

陽介「お前が澪と過ごしたこれまでの時間はそんなに信用出来ねーかよ!」

律「…」

陽介「澪の気持ちにちゃんと気づいてやれよ!向き合ってやれよ!」

陽介「なんで俺が先に気づいてんだ馬鹿!」

陽介「お前が気づいてやれ馬鹿!」

律「ば、馬鹿…」


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:28:23.84 ID:p9QiI8kX0

陽介「…心から互いが互いを信頼してやればさ」

陽介「それは『依存』から『大切』に変わる」

律「大切…」

陽介「自分と澪、二人に向き合って来いよ」

陽介「お前の気持ちを素直にぶつければ、澪はお前の望む答えをくれるさ」

陽介「俺が保証してやる」

陽介「なっ澪」

澪「…」

律「みお…」


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:32:28.12 ID:p9QiI8kX0

陽介「おら、行ってこい!じゃないと俺が美味しいトコ持ってくぞ!」

律「…うん!」

律「ありがとう、陽介!」

澪「律!」たたっ

律「澪!」たたっ

ぎゅっ

澪「馬鹿律…!」

律「ごめん…ごめん澪…!」


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:35:51.79 ID:p9QiI8kX0

陽介「…ずっと遠回りしてたんだ」

陽介「…その手、離すんじゃねーぞ」

陽介「へへっ」

陽介「…」

陽介「…おえっ!気持ち悪っ!大声出したせいで酔った…!」

陽介「」


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:42:14.83 ID:p9QiI8kX0

屋久島

唯「着いたー!」

梓「もう大丈夫なんですか唯センパイ…」

唯「乗り物さえ降りちゃえば平気だよ~」

律「澪、そこ段差あるから」

澪「ん」

紬「(りっちゃんと澪ちゃん…手を繋いでる…私が居ない間に一体何が?)」



陽介「もう吐くもんねーのに…空っぽなのに…おえぇ」

陽介「ちっくしょう…うぷ」


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:49:19.44 ID:p9QiI8kX0

紬「…とりあえず荷物を置きに行きましょうか」

紬「別荘はこっちよ~」

唯「ほーい」

澪「梓、私の背中に乗って」

梓「すみません澪センパイ…」

律「荷物はあたしが持つから」

陽介「あの~俺も助けて欲しいんだけど…」

一同「「「「男の子でしょ」」」」

陽介「…」

陽介「ちくしょう…良いことなんて一個も無い人生…!」


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:55:29.05 ID:p9QiI8kX0

陽介「…」

陽介「アイツらもう見えなくなってんな…」

陽介「ひでー…ひでーよ…!」

陽介「俺ここで死ぬのかなぁ…」

陽介「調子こいて、おっとっと段ボール一箱も持ってくんじゃなかったな」

陽介「…」

陽介「ん?…誰かこっちに戻ってきた?」

陽介「あれは…」

陽介「ムギだ!」


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 14:01:28.84 ID:p9QiI8kX0

陽介「ムギー!」

紬「やっぱり陽介君が心配で戻って来ちゃった」

陽介「女神だ…女神がココにいる!」

紬「それ重いでしょ?持ってあげる」

陽介「いやそれ、色々突っ込んでっから軽く20kgあ…」

紬「よっと」ふわっ ひょい

陽介「る…」

紬「早く行きましょ?みんな待ってるわ」にこっ

陽介「…マジで?」


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 14:10:06.63 ID:p9QiI8kX0

すたすた

陽介「わりーなムギ、色々持たせちまって」

紬「ううん、なんてことないわ~」

陽介「おまけに合宿先の手配やらなにやら全部ムギに任せちまってさ」

陽介「あ、あとこれはいつか言おうと思ってたんだけど」

紬「?」

陽介「いつも美味しいお茶とかお菓子とかありがとな!いつもすげーウメーよ」

紬「良いのよ、私が好きでやってるんだから///」

紬「それに…これくらいでしか役に立てないし」

陽介「…」


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 14:20:38.46 ID:p9QiI8kX0

陽介「それは違うと思うぜムギ」

紬「え?」

陽介「何も誰かの為に尽くすことだけが役立つってことじゃない」

陽介「そこに居てくれるだけで安心出来る人が居る」

陽介「そこに居てくれるだけで優しい気持ちになれる人が居る」

陽介「ムギはそんな力を持ってるんだよ」

紬「私が…?」

陽介「ああ」

陽介「みんなムギを必要としてる」

陽介「それってさ…信頼されてるからじゃねーの?」


234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 14:24:56.39 ID:p9QiI8kX0

陽介「そう自分を卑下する必要なんてないさ」

陽介「みんなはちゃんと『ムギ』を見てくれてる」



唯「ムギちゃーん!陽介くーん!」

律「早くしないと置いてくぞー!」

澪「おーい!二人ともー!」

梓「…セ、センパーイ」」


236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 14:30:20.65 ID:p9QiI8kX0

陽介「はは、なんやかんやで待っててくれたみてーだな」

陽介「…行こうぜ!」

紬「…うん」

紬「うん!」

たたたっ

陽介「ちょ!おっとっと!俺のおっとっとが段ボールから落ちてる!」

陽介「わー!おっとっとが波にさらわれてくー!」

紬「えっ!ごっ、ごめんなさ~い」

陽介「俺の潜水艦…」


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 14:37:48.63 ID:p9QiI8kX0

屋久島 別荘内

律「毎度のことながらでかいな~…」

唯「ここだけでサッカー出来るよ!」

陽介「んなこともあろーかと、サッカーボール持って来てんだなこれが!」

律「よっしゃ来い!陽介!」

陽介「行くぜ律!」

澪「せんでいい」ごんっ

律陽介「「あうっ」」

紬「気分はどう?梓ちゃん」

梓「大分楽になりました、ありがとうございます」

紬「いえいえ~」


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 14:46:29.66 ID:p9QiI8kX0

澪「大体なんで、サッカーボール持ってるんだ…」

陽介「それだけじゃない、バレーボールにバスケットボール」

陽介「ビーチボールに果てはゴルフボール!」

陽介「全部ジュネスオリジナルブランドだぜ!」

律「道理であんな大荷物…」

陽介「備えあれば憂いなしってな!」

澪「何に備えたらそうなるんだ」

唯「じゃあこのビーチボール持って海に行こうよ!」

梓「駄目です!もう午後ですし、今遊んだら練習出来なくなります!」

澪「梓の言うとおりだ」


240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 14:52:57.97 ID:p9QiI8kX0

律「…」

律「…そーだな、練習すっか」

唯「りっちゃんまで?」

陽介「…お前律か?」

律「いやさ…」

律「あたしら最後の一年だし…真面目にやろっかなってさ」

唯「あ…」

紬「…」

澪「…」

梓「最後…」

陽介「…」

陽介「…そ、そだな!練習すっか練習!」


241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:01:05.67 ID:p9QiI8kX0



梓「(なんか皆さん…)」

陽介「(バラバラだな…)」

律「…」

澪「(最後…か)」

紬「…」

唯「(放課後ティータイムも…いつか終わるのかな)」

唯「(そんなのイヤだけど…)」

陽介「(…唯が一番ズレてんな)」



陽介「ストップ、ストップ!休憩しよーぜ!もうぶっ続けで3時間だぞ!」


243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:09:06.12 ID:p9QiI8kX0

澪「もうそんなになるのか…」

律「あっという間だな」

紬「…晩ご飯にしましょうか」

陽介「だな、無理したって体ぶっ壊すだけだ」

梓「そうですね…」

唯「…」

陽介「…唯?」

唯「あっ…な、何?陽介君」

陽介「メシ、だってよ」

唯「そ、そうなの?楽しみだな~!」

陽介「(うん?)」


244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:16:41.51 ID:p9QiI8kX0

バイキング

陽介「うお…見たことねー食いもんばっかだな」

紬「たくさんあるから、どんどんおかわりしてね~♪」

律「良ーし、食うぞー!」

澪「律、まず手を洗ってからだろ」

梓「あ、これおしぼりです」

澪「ありがとな」

梓「はい、唯センパイも」

唯「…」

梓「唯センパイ?」

唯「あっうん!美味しそうだねあずにゃん!」

陽介「(んん?)」


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:24:25.28 ID:p9QiI8kX0

律「もぐもぐ…」

澪「むぐむぐ…」

梓「むしゃむしゃ…」

紬「遠慮しないで食べてね~♪」

陽介「がつがつばりばりむしゃもぐごっくん…」

陽介「超ウメー…マジ腹ぺこの小羊の気持ち分かるわ~」

陽介「うっし!おかわりおかわり!」がたっ

唯「もぐ…もぐ…ごくん、…ふぅ」

陽介「(ん~?)」


251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:33:09.01 ID:p9QiI8kX0

陽介「いや~食った食ったぁ」

陽介「これ以上はさすがに無理だな~あはは」

律「うわ、すげぇ腹出てるし」

澪「ああはなりたくないな…」

梓「醜いですね…」

紬「喜んで貰えてなによりです!」

陽介「だから冷たくね?梓俺だけ冷たくね?」

紬「あとはみんなでお風呂に入りましょうか」

陽介「お風呂!?みんな!?混浴!?」がばっ

澪「そんな訳あるか!///」


253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:34:31.08 ID:E3/T55E30

RPGでも番長に次いでステータスの高いジュネス


257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:48:32.10 ID:MRyl3psn0

>>253
だが運が壊滅的に・・・


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:39:08.45 ID:p9QiI8kX0

紬「ごめんね陽介君、お風呂は男女別なの」

律「いやいやムギ、謝らなくて良いから」

澪「当然だから」

梓「覗いたら…分かってますよね?」

陽介「はっ!はいっ!」

澪「唯、行くぞ」

唯「は~い…」

すたすた…

陽介「(う~ん?)」


256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:45:04.44 ID:p9QiI8kX0

 「おっきい露天風呂だね!」

 「おっきいといえばここにこんな巨大なものが二個もついてる人が!」

 「ちょっ!ドコ触ってるんだよぉ///」

 「うらやましいです…大きくて」

 「あなたは形が良いから素敵よ~?」

 「にゃっ!?」

 「ほれほれ~!」

 「待っ!んっ!///」



陽介「っとかやってんだろうなぁ!今ごろさぁ!」


258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:48:33.44 ID:p9QiI8kX0

陽介「…」

陽介「へっ!見るなと言われてはいそうですかって退けるかっての!」

陽介「ここで行かねーで、何が男だ!」

陽介「張り切って!」

陽介「行くぜコラーッ!」

だだだだだだ!


261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:54:12.59 ID:p9QiI8kX0

だだだだだだ!

陽介「アイツらのことだ、万が一俺が覗きに来る可能性も考えてるはず」

陽介「となると大量のトラップが予想される」

陽介「正面突破は不可能では無いが…音で気づき、逃げられる可能性もある」

陽介「ならば取るべきルートは!」

しゅばっ!

陽介「外だっ!」

陽介「ムーンサルトォ!」

くるくるくるくる…


265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:59:24.84 ID:p9QiI8kX0

陽介「まさか、俺が木から木へ飛び移って進入を試みるとは思わねーだろ!」

陽介「とぅっ!」

しゅたっ

陽介「大分回り道になっちまったけど、楽園は目の前だ!」

陽介「無論、カメラも抜かりは無い!」

陽介「順調過ぎて怖いくらいだぜ!」

がさっ…

陽介「(殺気!?)」

がきぃーん!


268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:07:15.40 ID:p9QiI8kX0

ギギギ…

?「ほう…得物は『クナイ』ですか、なかなか面白い御仁だ」

陽介「だ、誰だテメー…!(つ、つえぇ…!)」

?「ふんっ!」

陽介「うおっと!」

すっ…

斉藤「私は琴吹家で紬様のサポートを仰せ仕っている、執事の斉藤と申します」

斉藤「ここより先はお通し出来ません」

陽介「執事…アンタが番人ってか、上等だぜ」

陽介「わりーけど、負けねーよ?」


271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:09:51.22 ID:p9QiI8kX0

斉藤「では決まりですな」

陽介「そうみてーだな」

じり…じり…

斉藤「はぁっ!」

陽介「だりゃあああ!」

ザシュッ


273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:15:00.25 ID:p9QiI8kX0




律「おーい、起きろー朝だぞー」

ゆさゆさ

陽介「んあ…朝?」

陽介「ふぁ…何時の間に寝てたんだ俺…」

律「さっさと顔洗って来いよ、朝ご飯出来てるから」

がちゃ たったったっ…

陽介「お?おー…」

陽介「…」

陽介「ここはどこだ?俺は誰?」


275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:18:57.00 ID:p9QiI8kX0

陽介「ってのは冗談だけど」

陽介「昨日の夜辺りの記憶が無い」

陽介「…」

陽介「んん?」

陽介「…」

陽介「頭にたんこぶ出来てる…」

陽介「もしかして俺、澪になんかしたか…?」

陽介「あり得るな…」


279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:27:33.85 ID:p9QiI8kX0

陽介「とりあえず食堂行くか…」

食堂

澪「むぅ…」

律「心辺りとか無いのか?」

澪「ううん、いつもこのくらいには来るはずなんだけど…」

紬「近場に病院があるから後で検査してみましょうか」

梓「なんともないと良いですね…」

すたすた

陽介「(やっぱり…澪が気難しい顔してんな、やはり昨日の俺は澪にやらかしたらしい)」

陽介「(ここは潔く土下座だ!)」


280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:32:20.43 ID:p9QiI8kX0

ばっ!

澪「陽介?」

陽介「すまん澪!俺、全く覚えてないけど、いま澪が悩んでることの原因はたぶんの俺のせいだ!」

唯「えっ?澪ちゃんの生理が来ないことがなんで陽介君のせいなの?」

澪律紬梓「「「「ブーーーーーッ!!!」」」」

陽介「えっ?」

陽介「…」

陽介「はあああああああああああ!?」


283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:36:49.79 ID:p9QiI8kX0

律「どどどーゆーことだ澪!」

澪「へ?え?いや、は?」

紬「あ、貧血…」ふらぁ

梓「ムギセンパイー!」

唯「?」

陽介「あ、俺終わった。死んだ、コレ死んだ」

陽介「あははー昨日の俺ー出て来ーい、ぶっ殺してやるー」


284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:43:20.74 ID:p9QiI8kX0

澪「ごめんな律、私知らない間に律を裏切ってしまったみたいだ」

澪「おわびに舌噛んで死ぬよ」あー…

律「わーわーわー!落ち着いて!とりあえず病院!そして検査!ね!?」

梓「ムギセンパイが目を覚まさないですー!」

唯「はわわわわわわ」

紬だったもの「」

陽介「どどどれが救急だ!?これか!?」

陽介「時報ってなんだよ!」バン!


291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:51:11.97 ID:p9QiI8kX0

病院 ロビー

律「…ただの生理不順でした」

澪「良かった…良かったよりつぅ…」よよよ

紬「ふっかつ!」

梓「澪センパイがなんともないと分かった瞬間、復活しましたね…」

陽介「マ、マジでか…良かったぁ…」へたり

澪「元はと言えばお前が変なこと言い出すから!」ごん!

陽介「だぁー!ダブルたんこぶー!」

陽介「つつ…いやマジ色々重なったせいっていうか…」 

陽介「(じゃあ一個目のたんこぶは誰が…?)」



斉藤「…ごほん!」


297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 17:00:09.21 ID:p9QiI8kX0

律「とにかくなんとも無くて良かったよ…もし何かあったら死体が一つ出来るトコだった」

梓「(怖っ)」

陽介「…テキトーこいてすみませんでした」

澪「全くだ馬鹿!」

唯「良かったね澪ちゃん!」

紬「本当に良かった…」

陽介「…仕方無い、迷惑掛けちまったし」

陽介「お詫びの品を渡さなきゃなーははっ!」

陽介「よっし!みんなは浜辺で待っててくれ!」

だだだっ

律「なんでお詫びの品を渡すのに、あんなに嬉しそうなんだ…?」


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 17:06:40.08 ID:p9QiI8kX0

屋久島 浜辺

澪「ここで待ってろって言ってたな…」

陽介「よう!遅かったな!」

梓「早っ」

陽介「ほら、みんな受け取ってくれー」ぽいぽいぽぽいっ

律「っと!」

唯「なあにこれ?」

澪「もしかして…」

紬「水着?」

梓「…ですね」

陽介「そう、水着!」

陽介「もちろんジュネスオリジナルブランドだ!」


303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 17:11:09.83 ID:p9QiI8kX0

澪「…ずっと持ってたのか?」

陽介「ろんもち!」

律「念がこもってそーだな」

唯「でもすごい可愛いよ、この水着」

梓「…確かに」

紬「せっかくだからいただきましょう?私、向こうで着替えて来るね」

唯「私も行く~」

梓「わ、私も!」


311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 17:16:13.83 ID:p9QiI8kX0

陽介「お前らはどうすんだ?」

律「…着替えてくる」

澪「…私も」

律「覗くなよ」

陽介「もうしねーよ!」

すたすた



律澪陽介「「「…ん?『もう』…?」」」


314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 17:22:13.31 ID:p9QiI8kX0

屋久島 浅瀬付近

陽介「海だー!うおっ冷てーははっ」

陽介「それに…」

律「みおーそっちボール行ったぞー!」

澪「今度は手加減しないからなー」

紬「わぁ…梓ちゃん真っ黒に焼けたわね」

梓「うう…毎年こうなんです」

陽介「…男の夢だなコレは」

陽介「あれ?」

陽介「唯を見かけねーな…」


316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 17:26:01.68 ID:p9QiI8kX0

屋久島 浜辺 岩陰

唯「…」

すたすた

陽介「お姉さん一人?なーにやってんの?」

唯「なんにも」

陽介「そっか」

陽介「じゃ、何考えてた?」

唯「…これからのことかな?」

陽介「…意外な言葉だな」


317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 17:34:05.11 ID:p9QiI8kX0

唯「もうすぐ卒業だから」

陽介「まーな」

唯「…」

唯「私…大事な後輩に何も残せなかったよ」

唯「いつもあずにゃんには迷惑を掛けて怒られてばっかりだったし」

唯「新入部員だって集められなかった」

唯「私達が卒業したらあずにゃん独りぼっちになっちゃうよ…」


319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 17:39:58.89 ID:p9QiI8kX0

陽介「そんで、昨日から上の空だったのか」

唯「うん…」

唯「私、ダメダメな先輩だね」

唯「…」

唯「…いつか大人になったら」

唯「…みんな忘れちゃうのかな」

唯「軽音部があって…HTTがあって…みんながいたこと」

唯「…忘れちゃうのかなぁ」


323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 17:44:12.77 ID:p9QiI8kX0

陽介「…唯はさ」

陽介「みんなのこと、どう思ってるよ」

唯「…」

唯「…大事な仲間」

陽介「ホントにぃ?」

唯「…うん」

陽介「マジで?」

唯「…うん」

陽介「ぜってー?」

唯「…うん」


325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 17:51:48.84 ID:p9QiI8kX0

陽介「忘れねーよ!」

唯「え?」

陽介「なら忘れねーよ」

陽介「大事なみんなと過ごした毎日はさ」

陽介「それにいずれ梓と離れても」

陽介「それだけ想ってるなら離れてても伝わるさ、唯の心は」

唯「そう…なのかな」

陽介「そうだよ」

陽介「それに唯は何も残してない訳じゃない」


327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 17:58:38.45 ID:p9QiI8kX0

唯「私が…?」

陽介「梓がさ、軽音部に入った一番の理由知ってっか?」

唯「…」ふるふる

陽介「唯、オメーだよ」

唯「!」

陽介「楽しそうにギターを引く唯に音楽の楽しさを再認識させられたんだとさ」

陽介「尊敬してる、とも言ってたぜ?すっげー嬉しそうな顔してさ、ははっ」

唯「あずにゃんが…」


329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 18:04:57.44 ID:p9QiI8kX0

陽介「…唯の姿は梓の心にちゃんと残ってる」

陽介「…いや、唯だけじゃない、軽音部全員だ」

陽介「みーんな梓ん中に残ってる!」

唯「残ってる…」

陽介「だから、んなシケた顔するなよ」

陽介「ちゃんと笑顔のままの唯で梓ん中に残してやれ!」にっ

唯「…うん!」にっ


332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 18:10:01.87 ID:p9QiI8kX0

唯「なんかスッキリしたよ!」

陽介「俺もだ!」

唯「もうウジウジなんてしたりしない!」

陽介「そうそう!んな似合わねーことはやめとけ!」

唯「しどい!私だって女の子なのに!」

陽介「女の子ってより…子供?」

唯「がーん!」

陽介「ほら、そーゆートコがガキっぽいんだよ!」


334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 18:14:06.20 ID:p9QiI8kX0

唯「なにおぅ!」

陽介「やるか!?」

唯「…」

陽介「…」

唯陽介「「…ぶっ、あはははははは!」」

唯「はー…」

陽介「…日、落ちてきたな」

唯「みんなのトコに帰ろっか」

陽介「そうすっか!」


337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 18:23:59.42 ID:p9QiI8kX0

部室

陽介「こうして、波瀾万丈の二日間の合宿は終わった」

陽介「過ごした時は短いながらも軽音部の絆はより深まったと言える」

陽介「そして俺達は残り少ない時を惜しみながらも最後の学園祭に向けて練習を重ねた」

陽介「そして、数カ月の時が過ぎた」

陽介「…」

陽介「うし、録音完了」

陽介「そして梓!後ろにいるのは分かってるぜ!」ばっ

しーん

陽介「…」

陽介「…」

陽介「///」


338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 18:28:26.20 ID:p9QiI8kX0

がらっ

梓「あれ、まだ花村センパイだけですか?」

陽介「…おぅ」

梓「いよいよ明日ですね学園祭!先に打ち合わせしていましょうか」

陽介「…うん」

梓「…何か嫌なことでもあったんですか?」

陽介「…別に」


339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 18:29:54.68 ID:GSGXkSLA0

これは恥ずかしい


342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 18:35:12.22 ID:p9QiI8kX0

梓「まぁ、あったとしてもどうでも良いですが」

陽介「この後輩可愛くねぇ…」

がらっ

唯「陽介君!この歌詞の部分だけど…」

陽介「わっ!ちょ!おま!馬鹿!」がたっ

唯「むがもご…」

梓「?」

梓「歌詞がどうしたんでしか?」

陽介「い、いやなんでもない!ちょっと外出るわ!」

唯「むー!むー!」じたばた

がらっ

梓「?」


345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 18:41:23.60 ID:p9QiI8kX0

廊下

陽介「ここなら良いだろ…」ぱっ

唯「げっほ!げほっ!じぬがどおぼっだ…」

陽介「わりーわりー」

唯「なんか軽いよ謝り方が!」

陽介「てか、梓の前であの話すんなよな!」

陽介「全力でバレっとこだったぞ!」

唯「うっかり~してた~ごめ~ん」

陽介「軽ぃーぞ謝り方ぁ!」


347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 18:47:21.62 ID:p9QiI8kX0

陽介「…ちゃんと細心の注意を払っとけよな」

唯「了解です!よーちゃん隊員!」

陽介「うむ、しっかりするのだぞ平沢特攻兵」

唯「しどい!」

陽介「へへーんだ!」

すたすた

唯「…」

唯「陽介君も大概、子供じゃん…」


350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 18:51:16.66 ID:p9QiI8kX0

唯「あ、歌詞のこと聞くの忘れた」

すたすた

律「おっす唯」

澪「一人で何やってるんだ?」

唯「あ、りっちゃん!澪ちゃん!この歌詞の部分なんて読むの?」

澪「例の曲のか」

律「これはな、き…」


353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 19:00:11.44 ID:p9QiI8kX0

自室

陽介「んー!最後の最後に良い練習出来たな!」

陽介「まさに息ピッタリ!一心同体っての?」

陽介「これで明日は完璧だな!」

陽介「…」

陽介「しかし相変わらず俺がこの世界に来た理由が分からんままだな」

陽介「向こうに帰る手がかりもなんもねーし」

陽介「…」

陽介「なーんか心がざわつくな…」

陽介「…寝よう、明日は学園祭だ」

陽介「…」


356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 19:09:55.43 ID:p9QiI8kX0

翌日 学園祭

澪「凄い人の数だな…」

律「さすがのあたしも緊張してきた…」

紬「頑張ろうね!」ぐっ

梓「はいです!」

唯「あれ?陽介君は?」きょろきょろ

律「ああ、あそこでライブTシャツ配ってる」

陽介「らっしゃーせー!もれなく速が上がるライブTシャツはいかがっすかー!」


357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 19:15:39.65 ID:p9QiI8kX0

客「一枚下さい」

陽介「どもっす!」

客「これに描かれてるマスコットキャラ可愛いね、なんて言うの?」

陽介「ジラちゃんって言います!俺がデザインしました!」

客「良いセンスしてるよ、ただちょっと似てるよね、ミッ」

陽介「それ以上は駄目っす!」



澪「楽しそうだな」

律「自分の仕事じゃないのに良く働く奴だよ、おせっかいって奴?」


364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 19:24:31.42 ID:p9QiI8kX0



陽介「そろそろか…」

紬「うん!」

梓「やってやるです!」

澪「ああ!」

唯「だね!」

律「…あたし達でやれる最後の学園祭だ!気合い入れてくぞ!」

一同「「「「「「おーっ!」」」」」」


372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 19:31:49.44 ID:p9QiI8kX0

「最後は桜高軽音部、放課後ティータイムによる演奏です!」

たたたっ

陽介「どもどもー!桜高唯一の爽やかイケメン男子、花村陽介でっす!」

しーん…

陽介「乗れよオメーら!恥ずかしーだろーが!」


376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 19:37:02.07 ID:p9QiI8kX0

どっ

陽介「そーそー!」

陽介「えっとー俺はギターをやってまーす!」

陽介「全力でやってやっから、オメーらもちゃんと答えろよなー!」

おー!

陽介「次は…見た目はお転婆元気っ娘!一皮剥けば乙女みかん!田井中律だー!」

律「(なんだよソレ!聞いてないぞ!///)」


378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 19:42:58.06 ID:p9QiI8kX0

たたたっ

律「た、田井中律でーす!ドラムスを担当してまーす!」

律「ビシバシ叩いて会場を熱狂の渦に包んでやっからなー!覚悟しろー!」

おおおおおー!

陽介「俺より歓声凄くね?」

律「次は…ほんわかぽわぽわに騙されないで!私の力はむぎゅう1!琴吹紬だぁ!」


382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 19:50:25.54 ID:p9QiI8kX0

紬「(褒め過ぎよりっちゃん///)」

たたたっ

紬「キーボード担当の琴吹紬です」ぺこっ

紬「こんな大勢の人に集まってもらって、私は今とても感動してます!」

紬「そして、それに応えられるように精一杯演奏して行きます!」

うおおおおおー!

陽介「うおっすげっ!」

紬「次は…小さな体に十万馬力!その指がつまびくは生か死か!?中野梓ちゃん!」


384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:00:06.23 ID:p9QiI8kX0

梓「(私のだけ、物々しくないですか!?)」

たたたっ

梓「な、中野梓です!花村センパイと同じで、ギターを担当してます」

梓「まだまだ未熟ですけど、持てる全てを出し切って演奏してやるです!」

あずにゃあああああん!

陽介「えっ?広まってんの?」

梓「次は…見た目は大人で中身はピュア!合い言葉はM・M・Q!秋山澪センパイです!」


386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:09:21.05 ID:p9QiI8kX0

澪「(なんで梓が知ってるんだ!?///)」

たたたっ

澪「ベースの秋山澪です!」

澪「正直、今にも心臓がはちきれそうなくらい、ききき緊張してます!」

陽介「よっしゃアレいけ澪ー!」

澪「!(うううう!陽介ぇ~!悪ノリするな馬鹿!)」

澪「ハ、ハートを…ぶち抜くゾ?」

陽介「ぐふっ」

ぐふっ…

澪「さ、最後は歩く天然記念物!Going My Way平沢唯です!」


388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:15:30.09 ID:p9QiI8kX0

唯「よっし!」ふんす

たたたっ

唯「3人目のギター!平沢唯です!」

唯「あずにゃんを除いた他のメンバーはみんな3年生でね」

唯「その3年生達にとっては今日が最後のライブなんだ」

唯「だから悔いの無いように」

唯「後悔しないように」

唯「頑張るからね!」

おおおおおおおおおお!


389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:19:09.88 ID:p9QiI8kX0

陽介「悔いと後悔って意味被ってんだろ唯!」

唯「あっそうか」

陽介「でも気持ちは伝わったみてーだな!」

おおおおおおおおおお!

唯「うん!」

唯「一曲目!『ごはんはおかず』行くよー!」


397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:35:11.35 ID:p9QiI8kX0



唯「~」


陽介「(律、オメーはいっつも元気一杯な奴だったな)」

陽介「(こまごましたのが嫌いだとか、部長っぽくねー振る舞いしてっけどさ)」

陽介「(本当は誰よりもみんなを気にかけてるって俺は知ってる)」

陽介「(せっかく掴んだ澪の手、離すんじゃねーぞ)」


唯「~!」

♪…


399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:40:04.66 ID:p9QiI8kX0

>花村陽介は『剣』のアルカナを手に入れた

唯「まだまだ続けて二曲目行くよ!」

陽介「一気に曲調変えていくぜ!ついてこれるか!?」

おおおおおおおおおお!

陽介「良い返事だぁ!」

陽介「二曲目『Reach Out To The Truth』!」


407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:48:27.64 ID:p9QiI8kX0



澪「~」


陽介「(ムギ、お前がいてくれただけでどれほど俺が救われたか分からない)」

陽介「(女子校に男子一人っつーあり得ねー状況で内心ビクビクしてた俺を)」

陽介「(いつもお袋みてーな優しさで包み込んでくれた)」

陽介「(こんなことでしか役に立てないんじゃない、こんなことでもムギは役に立てるんだ)」

陽介「(ソレを忘れんなよ)」


澪「~!」

♪…


411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:51:27.83 ID:p9QiI8kX0

>花村陽介は『金貨』のアルカナを手に入れた

澪「どんどん行くぞー!」

律「おー!」

唯「三曲目『カレーのちライス』!」

陽介「よっしゃー!」


414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:58:24.28 ID:p9QiI8kX0



唯「~」


陽介「(梓は軽音部一の努力家だ)」

陽介「(自分にプラスになるものはどんどん取り込んでくスポンジみてーな感じ?)」

陽介「(ちょっと例えが変か?ははっ)」

陽介「(今度はその技術を梓が伝えていく番だ)」

陽介「(良い後輩が出来っと良いな!)」


唯「~!」

♪…


417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:04:29.31 ID:p9QiI8kX0

>花村陽介は『杯』のアルカナを手に入れた

梓「後半戦いくですー!」

紬「テンション上がってきちゃったー!」

陽介「またまたガラッと曲調変えんぞ!」

陽介「四曲目『Beauty of Destiny』!」


423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:09:47.88 ID:p9QiI8kX0



澪「~」


陽介「(澪はカッコいい女の子だ!可愛いじゃなくてカッコいい!)」

陽介「(だってそうだろ?いくら恥ずかしくても怖がっていても、必ず一歩を踏み出していく)」

陽介「(頭で分かってる奴はいても本当に一歩踏み出せる奴はそういねーよ)」

陽介「(律が伸ばした手、ちゃんと握り返してやれよ)」


澪「~!」

♪…


426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:13:51.52 ID:p9QiI8kX0

>花村陽介は『杖』のアルカナを手に入れた

唯「名残惜しいけど泣いても笑ってもこれがラスト!」

陽介「まさかここで声枯れた奴はいねーよなー!」

おおおおおおおおおお!

紬「上等!」

唯「最後は『U&I』!」

律「いくぞー!」」


434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:22:41.77 ID:p9QiI8kX0



唯「~」


陽介「(唯、オメーは良い先輩とは言えなかったな)」

陽介「(でもまぁ、何も誰かの手本になるだけが先輩の役割じゃない)」

陽介「(後輩と一緒に同じペースで歩く先輩がいたっていい)」

陽介「(全部を大切にしたいから、そうやって生きてんだろ?)」

陽介「(上等じゃねーか!唯、オメーが諦めないかぎりオメーは無敵だ!)」


唯「~!」

♪…


437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:27:39.47 ID:p9QiI8kX0

>花村陽介は『愚者』のアルカナを手に入れた

唯「みんなありがとー!」

おおおおおおおおおお!

陽介「俺達は!」

律澪紬梓「「「「いつまでも!」」」」

唯「放課後です!」


439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:31:47.63 ID:QdcsM1SSO

主人公の素質に目覚めた


441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:33:25.49 ID:R6Sau3FX0

>>439
そ れ は な い


440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:33:01.66 ID:p9QiI8kX0

学園祭 終了後 ステージ前

梓「終わりましたね…」

梓「でも不思議と悲しくは無いです」

梓「むしろとても良い気持ちです!」

唯「ふっふっふ…」

陽介「なーに言ってんだ梓!」

陽介「まだライブは終わってねーだろ!」

梓「えっ?」


443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:36:51.25 ID:p9QiI8kX0

紬「これから卒業する私達から」

律「大事な後輩へ」

澪「歌をプレゼントするよ」

陽介「聞いて下さい」

唯「『Never More』」


448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:42:29.10 ID:p9QiI8kX0



梓「この歌…」



唯「忘れないよ大事な みんなと過ごした毎日♪」

唯「NEVER MORE 暗い闇も一人じゃないさ♪」

唯「見つけだすよ 大事ななくしたものを♪」

唯「NEVER MORE キミの声がきっとそう ボクを導くよ♪」


449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:45:17.86 ID:p9QiI8kX0

唯「いまもおぼえてる♪」

唯「きみにふれたよるを それは♪」

唯「すてきなおもいで♪」

唯「いつもおぼえてる…♪」


♪…


450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:48:30.82 ID:p9QiI8kX0

梓「…」

梓「…」

梓「…ひぐっ」

梓「ず…るいです…センパ…イがたは…」ぽろ…

梓「最後の最…後でこんな…の…卑怯…です」ぽろぽろ


453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:52:25.17 ID:p9QiI8kX0

唯「でも、どうしてもプレゼントしたかったんだ」

澪「みんな梓が大好きで」

律「大切に思ってるからさ」

紬「私達はもうすぐいなくなるけど…」

陽介「俺達に結ばれた絆は消えない…だってそうだろ」

陽介「俺達はずっと放課後なんだからさ!」


455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:57:08.84 ID:p9QiI8kX0

梓「はい…!はい…!!」ぐすっ

陽介「もう泣くなよ、キレイな顔が台無しだ」

陽介「いまハンカチ貸してや…」

陽介「!」

陽介「…」

律「よよ陽介!その手!」

紬「透け…てる」

唯「な、なに!?」

陽介「そっか…鍵は絆…か」

陽介「粋な真似してくれるじゃねーか」


463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:02:55.52 ID:p9QiI8kX0

澪「おい、どんどん消えて…!どういうことだよ!」

陽介「…わり、説明してる時間無いっぽい」

梓「花村センパイ!」

陽介「これ、先輩から後輩にやるよ」

梓「花村センパイのヘッドホン…?」

陽介「あんま良いのじゃねーけど」

陽介「こんぐらいしか残せるのなくてさ、はは」

梓「」ふるふる

梓「大切に!大切にします!」


476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:09:08.03 ID:p9QiI8kX0

陽介「そっか、俺は良い後輩を持ったんだな…」

梓「ひぐっ…ぐす…」

唯「陽介君…うう…」

紬「ぐすっ…いきなり…すぎるわよ…」

澪「私、陽介のおかげで…変われて…感謝してて…」

律「あ、あたしだって…馬鹿陽介」

陽介「…みんな泣くなよ、一足早い俺だけの卒業式だ」

陽介「笑って送ってくれよ!」

陽介「じゃねーと俺まで…」


485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:14:16.90 ID:p9QiI8kX0

唯「陽介君!」

陽介「うお!いきなり叫ぶなよ!びっくりすんだろーが!」ぐすっ

唯「これ、あげる!」

陽介「これ…ギー太のピックか?大切にしてんだろ?」

唯「陽介君に持ってて欲しい」

唯「私たちからの」

唯「卒業証書だよ!」


490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:19:06.71 ID:p9QiI8kX0

※陽介は高三設定

陽介「ははっ…そっか」

陽介「…あんがとな」

陽介「お…オ…ーらのこ…大…きだっ…ぜ!」

唯「陽介君!」

律「陽介!」

澪「陽介ぇ!」

紬「陽介君…!」

梓「陽介センパイ!」


499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:25:18.93 ID:p9QiI8kX0



唯「…消えちゃった」

律「いきなりやってきて、いきなり消えて…台風みたいな奴だったな」

梓「…そうですね」

紬「…でも不思議と悲しく…ない」

澪「うん、きっとまた…すぐに会えるような気がする」

唯「私達は放課後で…」

唯梓律澪紬「「「「「つながってるから」」」」」


503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:28:44.98 ID:p9QiI8kX0

自室

陽介「…」

陽介「…ん」

陽介「んおっ!?」がばっ

陽介「…」きょろきょろ

陽介「俺の部屋…」

陽介「戻ったのか…?」

陽介「そだ!テレビテレビ!」


505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:32:46.25 ID:p9QiI8kX0

ピッ

TV「…八十稲羽市は今日から明日にかけて晴れのち…」

ピッ

TV「りせにはムリ!キライ!シン」

ピッ!

TV「稲羽名物、謎のビフテ」

ぷつん

陽介「…戻ってる」

陽介「…元の世界に戻ってる!」


508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:36:47.06 ID:p9QiI8kX0

陽介「それとも…夢だったのか…」

陽介「…けいおん!か」

陽介「…」

陽介「…相棒にDVD返さなきゃな」

チャラン

陽介「?」

陽介「ポケットになんか…」

陽介「!」

陽介「ギー太の…ピック」

陽介「…」


515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:43:34.82 ID:p9QiI8kX0

がさごそ ぴっぴっ ぷるるる…

陽介「あーもしもし!相棒か!?」

陽介「バンド組むぞバンド!」

陽介「あーそうだよ!影響されたよ!感化されたよ!」

陽介「…計算通り?マジでか」

陽介「バンド名?もちろん考えたぜ!」


519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:46:16.25 ID:p9QiI8kX0

陽介「その名も放課後特別捜査隊!」

陽介「略して…」

陽介「『HTST』!」



>花村陽介は『軽音』のアルカナを手に入れた

おしまひ


522: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/08/07(火) 22:47:11.76 ID:z3l2Z6iH0

乙した!


532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:49:29.00 ID:eW822oB50

乙っしたー!!陽介がこんなにピックアップされるの珍しいから嬉しかったよ!


543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:54:26.06 ID:oHLn7TL60

おつー
いい陽介だった


546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:55:13.94 ID:rqebR+QY0



547: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:57:14.15 ID:bbumMuJv0


陽介馴染みすぎててワロタよ


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。