スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シオ「ソーマ! オナカスイタ!」ソーマ「チッ」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344226940/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:22:20.84 ID:fI8bk3Zq0


ペイラー「おやおや、やはりシオは一番ソーマに懐いているようだね」

ソーマ「……知るか。面倒くさい」

ペイラー「そう言わずにまたシオの食事を頼むよ」

ソーマ「……チッ」

シオ「ソーマ、イタタダキマス、だな!」

ソーマ「……フン、行くぞ」

シオ「おー!」

ペイラー「ソーマも満更でもなさそうだね」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:22:52.30 ID:fI8bk3Zq0


ソーマ「ほら、荷電性のシユウを狩った……後は好きにしろ」

シオ「わーい! イタダキマス!」モグモグ

ソーマ「ったく、無邪気に食べやがって……」

シオ「ねぇソーマ」

ソーマ「……なんだ?」

シオ「シオ、ゴチソウ食べたいな」

ソーマ「……」

シオ「ソーマ、タベタイ」

ソーマ「……週に一回の約束だったはずだ」

シオ「……ダメ?」

ソーマ「……チッ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:23:34.37 ID:fI8bk3Zq0










ソーマ「分かってるとは思うが、これは俺とお前だけの秘密なんだからな」

シオ「ウン! ソーマとシオだけの秘密! ゴチソウイタダキマス!」







4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:23:38.81 ID:RvYsX5Bq0

あかんよ!シオちゃんでエロはあかんよ!


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:26:27.09 ID:JmqeM32t0

さすがロリコン疑惑の死神さんだな


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:27:00.05 ID:fI8bk3Zq0


ペイラー「最近シオは元気だねぇ」

シオ「シオ元気! オイシイモノ食べてるカラ!」

ペイラー「ふむ、興味深い。偏食であるはずなのにシオが美味しいもの、と定義して食事が出来るなんて」

ペイラー「何が好物なんだい?」

シオ「んとね、秘密!」

ペイラー「ほう、秘密にするということまで覚えたんだね。ますます興味深い」

ペイラー「何故秘密なんだい?」

シオ「ソーマとシオだけの秘密だから!」

ペイラー「ほう」キラン


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:29:42.11 ID:fI8bk3Zq0


ペイラー「やあソーマ、呼び出してすまないね」

ソーマ「……何のようだ。シオの件ならこの間行ったばかりだろう」

ペイラー「いや、気になることがあってね」

ソーマ「気になること?」

ペイラー「ソーマ、シオにこの間荷電性のシユウを食べさせたね?」

ソーマ「ああ、そういう話だったからな。そもそもあんたが用意した場所だろう」

ペイラー「そうなんだ。支部長の件もあるし、密かにかつ信頼できるものだけで調査して注意を払い、極力邪魔が無いよう配慮して選んでるつもりだよ」

ペイラー「それは実際に現場に向かっている君もわかるだろう?」

ソーマ「……ああ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:33:00.35 ID:fI8bk3Zq0




ペイラー「つまり、そこでシオが何を食べ、どうするかというのはおよそ検討がつく」

ソーマ「……」

ペイラー「でも彼女はどうやら君が与えた何かがえらくお気に入りのようでね」

ソーマ「……」

ペイラー「単刀直入に聞くよ、シオに何を食べさせたんだい?」

ソーマ「シオは?」

ペイラー「ソーマとの秘密だと言われたよ」

ソーマ「……」

ペイラー「で、教えてもらえるかな」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:37:02.28 ID:fI8bk3Zq0



ソーマ「聞いてどうする」

ペイラー「彼女は新たな可能性だ。でもアラガミじゃないわけじゃない。僕らの研究結果として、今オラクル細胞には偏食という嗜好があることがわかっている。君には言うまでもないよね」

ソーマ「……」

ペイラー「もっと言えばオラクル細胞、アラガミには好物という嗜好が無い筈なんだ。食事という概念はあっても味に対して興味は無い。偏食故にね」

ペイラー「でもシオは今段々と人間に近づいてもいるように見える。それは僕にとってはとても喜ばしいことなんだ」

ペイラー「彼女がいかにして彼女の偏食嗜好から外れた物を好むようになったのか、とても興味深いよ」

ペイラー「もっとも、まだ偏食傾向から外れた、とはわからないけど。君がもともと何処かで狩っていたアラガミのコアか何かをシオに与えた可能性もあるし」

ソーマ「……」

ペイラー「だから良ければ彼女に何を与えたのかを聞かせてもらえないかな」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:40:42.49 ID:fI8bk3Zq0


ソーマ「断る」

ペイラー「……ほう? 何故だい? 良ければ理由を聞かせてもらえないかな」

ソーマ「言うつもりはない」

ペイラー「そうか。残念だけど仕方がないね。わかったよ。もし教えても良いと思ったらいつでも来てくれないか」

ソーマ「……妙な探りはやめろ」

ペイラー「わかっているよ。若い子達の秘密を土足で踏み込むような真似はしないさ」

ペイラー「昔から僕は科学者にしてはロマンチスト過ぎると言われる程だからね」

ペイラー「君がその気になるまで待っているよ」

ソーマ「……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:43:52.29 ID:fI8bk3Zq0


シオ「ソーマ! 一週間経ったよ! 今日はゴチソウの日だね!」

ソーマ「……」

シオ「ソーマ?」

ソーマ「今日は無しだ」

シオ「えー!? なんで!? どうして!? シオゴチソウ楽しみにしてたのに」

ソーマ「お前が約束を守らなかったからな」

シオ「?? シオ秘密にしてたよ」

ソーマ「秘密ってのは秘密にしてることも秘密にしなきゃ意味がないんだ」

シオ「そーなのかー」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:48:32.67 ID:fI8bk3Zq0


シオ「ごめん、シオえらくなかったな」

ソーマ「……」

シオ「謝るから、ソーマ食べちゃ、ダメ?」

ソーマ「……今日はダメだ」

シオ「ちょっとも、ダメか?」

ソーマ「ダメだ」

シオ「ツマミグイも?」

ソーマ「ダメだ」

シオ「うう~~」

ソーマ「……」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:52:05.19 ID:fI8bk3Zq0


ペイラー「やあ、呼び出してすまないね」

アリサ「いえ」

ペイラー「実はシオの様子が少しおかしくてね」

アリサ「え? シオちゃんの様子がおかしい?」

ペイラー「そうなんだ。ここ数日少しイライラしているようでね」

ペイラー「あまり人を寄せ付けなくて、こういうのは同じ女性の方が良いと思ってね。話を聞いてあげてくれないか」

ペイラー「正確にはシオは女性ではないかもしれないが、私は彼女を一人の女性として扱っているつもりでもあるんだ」

アリサ「わかりました。話してみます」

ペイラー「宜しく頼むよ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:52:53.90 ID:ADWEiSmaP

シオは一応成人並みの知能はある
死神さんのことをこのロリコンめ!と思ってるはず


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:56:55.05 ID:JmqeM32t0

>>26
ロリコンなんていう知識というか概念はさすがに得ないようにさせてるはず…たぶん


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 13:58:14.85 ID:fI8bk3Zq0


アリサ「シオちゃん?」

シオ「うううぅぅうぅうう」

アリサ「どうしたの? 機嫌悪いみたいだけど」

シオ「シオ、ゴチソウタベタイ」

アリサ「ゴチソウ? お腹が空いてるの? 博士は食事を用意してないのかな」

シオ「博士はゴハン用意してくれてる」つアラガミ

アリサ「うわ……グロ……っううん! じゃあ、それ食べないの?」

シオ「シオ、ゴチソウがいい」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:01:28.97 ID:fI8bk3Zq0



アリサ「ゴチソウ? ご馳走って何?」

シオ「……」

アリサ「シオちゃん?」

シオ「……」

アリサ「どうしたの? 何か言って?」

シオ「……言えない」

アリサ「どうして?」

シオ「……言えない」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:06:11.84 ID:fI8bk3Zq0



ペイラー「そうか……」

アリサ「はい、何を聞いても言えない、ってそればっかりで」

ペイラー「言えない、か」

アリサ「すいません、力になれなくて」

ペイラー「ああいや、そんなことはないよ。シオには言えない事があるってことだ。それがわかっただけでも前進だよ」

ペイラー「それにそういうことがあったほうがより人間みたいだと思わないかい?」

アリサ「確かにそうですけど……」

ペイラー「今までが素直すぎたからね。親みたいな心境の僕らとしては寂しいけど、喜ばしいことでもあるよ」

アリサ「そう、ですね……あ、そういえば、ゴチソウが食べたいって言ってました」

ペイラー「……ゴチソウ、か」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:13:24.32 ID:fI8bk3Zq0


アリサ「何か心当たりがあるんですか?」

ペイラー「う~ん、前にちょっとね。ソーマがシオに何かを食べさせたらしくてね」

アリサ「じゃあソーマさんに聞けば」

ペイラー「それがソーマは話したがらなくてね」

アリサ「なんでですか?」

ペイラー「それはわからない。でも話したくないコトを無理に聞くわけにもいかないだろう?」

アリサ「でも何だかシオちゃんが可哀想です。食事もあまり摂ってないみたいだし」

ペイラー「なんだって!? 偏食のシオが、今までの食事を摂らない……これは……」ブツブツ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:14:03.90 ID:fI8bk3Zq0


アリサ「とりあえず私もソーマさんに話を聞いてみます」

ペイラー「ああ、くれぐれも無理は言わないようにね」

ペイラー「人には決して探られたくないことだってある」

アリサ「わかりました」スタスタ

ペイラー「しかしシオが食事を摂らないなんて……」

ペイラー「偏食の傾向が変わってきているのか? 特定のアラガミ、もしくは食物に嗜好が変動……」

ペイラー「しかし偏食因子では……いやそもそも細胞の……」

ペイラー「ううむ、実に興味深いね」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:19:13.30 ID:fI8bk3Zq0


アリサ「さて、どうしようかしら。あ、リーダー!」

リーダー「?」

アリサ「ソーマさん見てませんか? 話を聞きたくて」

リーダー「」フルフル

アリサ「そうですか」

リーダー「?」

アリサ「実はシオちゃんの様子がおかしくて」

リーダー「!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:20:00.97 ID:fI8bk3Zq0


アリサ「シオちゃん全然食べてなくてゴチソウがいいって言うんです」

リーダー「?」

アリサ「博士が言うにはソーマさんが前に食べさせたものが気に入ったみたいで。でもそれが何かソーマさんは言いたくないみたいなんです」

リーダー「……」

アリサ「なんだかシオちゃんほっとけなくて……」

アリサ「あの、リーダー、良ければ手伝ってもらえませんか?」

リーダー「」コクン

アリサ「ありがとうございます!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:26:12.28 ID:fI8bk3Zq0


アリサ「ソーマさん、いますか?」

ソーマ「……なんだ?」

アリサ「入りますね」

リーダー「……」

ソーマ「お前達か。何のようだ。デートなら他所でやれ」

アリサ「デッデデデエデートだなんてそんな! ち、違うんです! ねぇ?」

リーダー「」コクン

アリサ「あ、いやそんなきっぱり頷かなくても……」

リーダー「???」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:32:11.23 ID:fI8bk3Zq0


ソーマ「ふざけるなら出て行け」

アリサ「違うんです! シオちゃんのことでちょっとお聞きしたくて」

ソーマ「シオ?」

アリサ「最近シオちゃんの様子がおかしくて」

ソーマ「どういうことだ?」

アリサ「あまり食事をしたがらないみたいなんです」

アリサ「ゴチソウが食べたい、ってそればっかりで」

ソーマ「……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:36:17.12 ID:fI8bk3Zq0


アリサ「本人に聞いてもそのゴチソウがなんなのか教えてくれなくて」

アリサ「博士が言うにはゴチソウと言えば前にソーマさんが何か食べさせたみたいだ、って言ってましたから」

ソーマ「……」

アリサ「教えて下さい。何を食べさせたんですか? 手に入りにくい物ですか?」

ソーマ「……」

アリサ「私でも取ってこれるなら取ってきますから!」

ソーマ「……出て行け。話すことはない」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:42:06.72 ID:fI8bk3Zq0


アリサ「そんな……」

ソーマ「……」

アリサ「でも、シオちゃんが……!」ガシッ

アリサ「!? リーダー?」

リーダー「」フルフル

アリサ「でも……いえ、わかりました。すいません」

リーダー「」ジッ

ソーマ「……なんだ?」

リーダー「」コク

ソーマ「チッ、わかったよ」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:46:58.54 ID:fI8bk3Zq0



シオ「あ、ソーマ!」パァ

ソーマ「獲物を狩りに行くぞ」

シオ「まだ一週間経ってないよ? よ?」

ソーマ「勘違いするな、狩りにいくだけだ」

シオ「うぅ」

ソーマ「……頑張れば、ご褒美をやる」

シオ「! うん! シオえらくなる! シオえらいえらいになる!」

ソーマ「……チッ」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:51:22.42 ID:fI8bk3Zq0








シオ「ソーマ? シオえらい?」

ソーマ「ああ」

シオ「じゃあ、ゴチソウ、良い? ソーマタベテイイ?」

ソーマ「……ああ」






サクヤ「ふぅ、ソロの仕事は終わり、っと。あら? あれはソーマとシオ? 何してるのかしら?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:51:48.61 ID:Gga0y8i30

おいww


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:51:52.39 ID:JmqeM32t0

オワタ


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:52:11.60 ID:fI8bk3Zq0

サクヤ「遠くてよく見えないけど、何か話してる?」






シオ「ソーマ、オイシイ!」

ソーマ「っ! あんまり、がっつく、な……! ウッ」

シオ「白いの、オイシイ!」






サクヤ「白いの?」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:52:53.95 ID:dHYCippj0

(アカン....)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:54:40.61 ID:TFl6QCKwO

(オワタ)


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 14:59:14.98 ID:fI8bk3Zq0



サクヤ「……ということがあって」

ペイラー「ふむ、そんなことが」

サクヤ「今の話を聞いてそれがきっとソーマが与えたものだと思うんですけど」

ペイラー「うーん、でも情報が足りないな。それに勝手にそういうことを調べるのは少し私の主義に反するね」

ペイラー「二人は秘密にしたいようだ。ならそっとしておこうじゃないか」

サクヤ「はぁ、まぁ博士がそう言うなら」

サクヤ(でも白いのって何かしら? オウガテイル?)

ペイラー(白いの……まさかね)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:02:56.04 ID:fI8bk3Zq0


シオ「うふふ~」ツヤツヤ

アリサ「なんかシオちゃんツヤツヤしてません?」

ペイラー「そうだね。昨日ソーマと狩りにいったから、そこでまた何かを食べさせて貰ったんだろう」

アリサ「あ~相変わらずソーマさんだけのスペシャルメニューかぁ。ずるいなあ、私もシオちゃんを喜ばせてあげたい」

アリサ「リーダーは心当たりありません?」

リーダー「」フルフル

シオ「? アリサも食べたいのか? ゴチソウ」

アリサ「え?」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:08:02.61 ID:fI8bk3Zq0


アリサ(食べさせてくれるのかしら?)

アリサ(でもアラガミを渡されて食べてって言われても困るし)

アリサ「ううん、良いのよ」

シオ「そっかー。オイシイのに」

アリサ「そんなに美味しいの?」

シオ「オイシイ!」

アリサ「そう」

アリサ(一体何を食べさせてもらってるのかしら?)


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:14:25.08 ID:fI8bk3Zq0


アリサ「さて、それじゃそろそろお暇するわね、シオちゃん」

シオ「またなー」

アリサ「ええまた。じゃあ行きましょうリーダー」

リーダー「」コク

スタスタ

ペイラー「二人は行ってしまったね」

シオ「うん、でもゴチソウいらないのかー」

ペイラー「残念かい?」

シオ「うん、あんなにオイシイのになー。アリサならリーダーから食べられるよーもったいないー。でも一番はソーマのだなー」

ペイラー「……」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:17:53.91 ID:fI8bk3Zq0


アリサ「う~ん、一体なんなんでしょうね」

サクヤ「何の話?」

アリサ「シオちゃんですよ。ソーマさんから食べさせて貰ってるって」

サクヤ「ああ」

アリサ「私もシオちゃん喜ばせてあげたいですよ」

サクヤ「う~んそうねー、あ、寒冷地のオウガテイルでも持って行ってみる?」

アリサ「? どうしてですか?」




74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:33:26.41 ID:eUvp4YaB0

リーダー喋れ


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:37:25.16 ID:Y00Lm3ui0

>>74
リンドウイベントで喋ったやん
うおー(棒)


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:38:35.73 ID:hjR+kIRZ0

>>76
ニゲルナー


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:05:58.70 ID:aykyOQBu0

実はリーダーが喋っているのってリンドウイベントだけじゃないんだぜ

これ偏食因子を持ってるソーマだけの特権やな
一応皆も持ってるか


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:06:59.11 ID:Y00Lm3ui0

>>109
うそだろ?
最初にガシーンされた時の呻き声とか無しだぞ


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:08:50.94 ID:aykyOQBu0

>>110
違うよ
GEシナリオからGEBシナリオに移るムービーの時になんか説明してんのあるじゃん?
あれリーダーなんだぜ


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:37:00.44 ID:fI8bk3Zq0


サクヤ「私、この前偶然見ちゃったのよ」

アリサ「何をですか?」

サクヤ「シオに何かあげてるソーマを」

アリサ「ほんとですか!?」

サクヤ「遠目だったから何かは見えなかったけど、少しだけ会話が聞こえてね」

サクヤ「白いのオイシイ、って」

アリサ「白いの?」

サクヤ「ええ。そう言えばソーマはがっつくな、とかって言いながらくぐもった声を上げてたわね」

アリサ「白い物ですか……」


コウタ「おーい! 話してないで手伝えよー!」

リーダー「!!!!!」ブシュブシュ


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:37:54.96 ID:fI8bk3Zq0



アリサ「シオちゃーん! お土産ですよー!」

シオ「お土産? なにかな? なにかな?」

サクヤ「オウガテイルの頭と尻尾よ」

シオ「おうがている?」

アリサ「そう、シオちゃん好きじゃない?」

シオ「シオ、これいらない。シオおうがているはタベナイよ」

アリサ「え」

サクヤ「違ったのね。あと白い物っていうと……うーん」

シオ「?」




78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:38:25.90 ID:fI8bk3Zq0



シオ「ソーマこないかなー」

コウタ「シオはソーマが好きなんだな」

リーダー「」コクコク

シオ「うん好きーシオソーマダイスキー!」

コウタ「おお、これはこれは……あとでソーマの奴をからかってやろ」

シオ「ソーマオイシイ! ダイスキー!」

コウタ「しっかしシオ、知能は成人くらいあるって聞いてるけど、話方は治らないなー、舌足らずっていうか」

コウタ「ソーマがくれるものが美味しいんだろ?」

リーダー「」コク

ペイラー「……」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:39:07.77 ID:fI8bk3Zq0


ソーマ「……シオ、行くぞ」

シオ「あ! ソーマ! イクイクー!」

コウタ「お、ソーマさんのお出ましだ」

ソーマ「……チッ」

コウタ「そう嫌そうな顔するなよ。良かったじゃん」

ソーマ「何がだ」

コウタ「シオはソーマが大好き、ってさっきから言ってたんだぜ」

ソーマ「……チッ」

コウタ「お、照れてやがんのか? いつもよりフード深めに被り直して」

ソーマ「……うるさい」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:39:40.09 ID:fI8bk3Zq0


シオ「ソーマ! 行こう! 早く行こう!」

ソーマ「……ああ」

コウタ「俺も一緒に行こうかな」

シオ「ダメー! ソーマとシオ、二人じゃなきゃダメー!」

ソーマ「……」

コウタ「ヒュー、熱いね! わかったよ、二人の邪魔はしない。ソーマ!」

ソーマ「……なんだ」

コウタ「こういうの、変かもしれないけどさ、言っておくよ。おめでとう」

ソーマ「……チッお気楽野郎が」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:45:11.41 ID:fI8bk3Zq0



ソーマ「シオ」

シオ「んー? なーに?」

ソーマ「お前は、俺のことを……いや、やっぱりいい」

シオ「ソーマ?」

ソーマ「何でもない、忘れろ」

シオ「ソーマ、シオはソーマ、好きだよ?」

ソーマ「……」

シオ「ハカセよりもゴハンよりもリーダーよりもソーマ、好きだよ?」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:49:33.42 ID:fI8bk3Zq0


ソーマ「……そうか」

シオ「えへへー、シオえらいか?」

ソーマ「……どうかな」

シオ「シオえらくない?」

ソーマ「……わからないな」

シオ「ソーマわからない?」

ソーマ「ああ」

シオ「じゃあシオと一緒だ」

ソーマ「そうだな」

シオ「ソーマ、シオと一緒! フフフ」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:52:05.04 ID:fI8bk3Zq0


シオ「ソーマ~」ベタベタ

サクヤ「なんだかすっかりシオはソーマに懐いちゃってるわね」

アリサ「そうですね」

ソーマ「……チッ、離れろシオ」

シオ「イヤ~」

コウタ「いいじゃんいいじゃん、仲良きことは美しきかなって言うし」

アリサ「コウタの口から出るには相応しくない言葉ですね」

コウタ「なんだよそれ! 良いだろ別に。まぁ確かに昨日のバガラリーで言ってた言葉だけどさ」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:55:38.10 ID:fI8bk3Zq0


ソーマ「……全く、あいつら好き勝手言いやがって」

ペイラー「良いじゃないかソーマ、それだけうち解けているということだよ」

ソーマ「チッ」

ペイラー「特にシオについては驚かされてばかりだよ。君も満更じゃないのが嬉しいね」

ソーマ「……」

ペイラー「……ソーマ」

ソーマ「なんだよ」

ペイラー「シオをよろしく頼むよ」

ソーマ「……なんで俺に言う?」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 15:58:52.97 ID:fI8bk3Zq0



ペイラー「深い意味は無いけど、シオは特別君に懐いているからね」

ソーマ「……」

ペイラー「珍しく私が断言しよう。シオは君を好いている」

ソーマ「……知ったことか」

ペイラー「不安かい?」

ソーマ「……」

ペイラー「こうして一緒にいると私はシオが娘のように思えてね。もっともそれはソーマ君も同じコトだけど」

ソーマ「……」

ペイラー「だからこそ、君たちには悲しい結末にだけはなって欲しくない」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:03:49.69 ID:fI8bk3Zq0



ペイラー「喧しい説教をするつもりはないよ」

ペイラー「ただ納得のいく行動をして欲しい。それだけさ」

ペイラー「まあ老婆心ながらの言葉だよ」

ソーマ「……ふん」スタスタ

ペイラー「……」

ペイラー(私の考えが正しければ彼は彼女に……)

ペイラー「アイーシャ、私は黙認するべきなのかね……」




115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:08:56.08 ID:fI8bk3Zq0



ソーマ(このままじゃいけないのはわかってる……くそ)

ソーマ(俺はどうすりゃいい……)

ソーマ(怯えてるのか? 俺が?)

ソーマ(ちくしょう……)

ソーマ(……あ、あいつは)

リーダー「……」スタスタ

ソーマ「おい」

リーダー「?」

ソーマ「話がある」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:10:50.94 ID:fI8bk3Zq0




ソーマ「俺がシオに何かやってる、ってのは知ってるな?」

リーダー「」コクン

ソーマ「俺はこれを誰かに言うつもりは無かった」

ソーマ「いずれシオも俺に興味を無くすと思っていた」

ソーマ「だがシオはより俺を求めるようになった」

リーダー「……」

ソーマ「このままじゃいけない、そう俺も思ってる」

ソーマ「俺は……俺がシオに与えてるのは……」スッ

リーダー「!!」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:12:32.96 ID:fI8bk3Zq0


ソーマ「……すまない、だまって聞いてもらえて助かった。誰かに聞いて貰いたかった」

リーダー「」フルフル

ソーマ「……悪いな、助かった。出来ればこの事は誰にも言わないで欲しい」

リーダー「」コク

ソーマ「……フッ、ひよっこだったお前に頼ることになるなんてな」

ソーマ「とにかく肩の荷が下りたよ、じゃあな」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:13:12.12 ID:fI8bk3Zq0


アリサ「あ~もう! 一体どのアラガミなんですか!」

サクヤ「一通り試したけどどれもシオのお眼鏡には適わないわね」

アリサ「くぅ! 一体何を上げてるんですかソーマさんは!」

サクヤ「こればっかりは本人に聞いてみないとね」

アリサ「でも教えてくれませんでしたし、リーダーにも無理矢理はいけないって感じで諭されました」

サクヤ「う~ん、こうなったら、後を付けてみる?」

アリサ「え?」

サクヤ「私も気になるし、今度の二人の狩りを影からこっそりと」

アリサ「で、でも……」

サクヤ「ちょっとだけよ、ね?」

アリサ「……はい」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:15:44.65 ID:fI8bk3Zq0


ソーマ「……シオ」

シオ「?」

ソーマ「お前は、綺麗ってわかるか?」

シオ「綺麗? わかるよ! 掃除してると綺麗!」

ソーマ「それだけじゃない。空を見てみろ」

シオ「空? わあ! おっきいなー!」

ソーマ「ああいうのも綺麗って言うんだ」

シオ「ソーマは物知りだなー」

ソーマ「……」



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:17:29.01 ID:fI8bk3Zq0



シオ「お月様はオイシイかなー」

ソーマ「さあな」

シオ「でもシオはソーマのほうがいいなー」

ソーマ「……」

シオ「ソーマ」

ソーマ「……ああ」

シオ「イタダキマース!」



サクヤ「」コソッ
アリサ「」コソッ



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:18:09.66 ID:fI8bk3Zq0


サクヤ「まだちょっと遠いわね」

アリサ「でもこれ以上近づくとバレる可能性もありますよ」

ザッ

アリサ「!?」サクヤ「!?」

リーダー「……」ジロ

アリサ「リ、リーダー?」

サクヤ「どうしてここに……」

リーダー「」フルフル


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:18:48.16 ID:fI8bk3Zq0


アリサ「戻れってことですか」

リーダー「」コクン

サクヤ「でも……」

リーダー「」チラ

アリサ「う……すいませんリーダー。ごめんなさいサクヤさん、私は下ります」

サクヤ「アリサ……」

サクヤ(アリサはリーダー一筋だもんね。仕方ないか)

リーダー「」ジッ

サクヤ「わかったわよ、もうやめとくわ」

リーダー「」ホッ

コウタ「ん? お前等こんなとこでなにやってんのー?」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:16:42.95 ID:LaFdQluo0

ソーマの白い奴…












髪の毛だよな…


141: ば れ た 2012/08/06(月) 16:19:18.05 ID:fI8bk3Zq0


サクヤ「コウタ!?」

アリサ「え」

コウタ「あ、あれソーマとシオじゃん? おーい!」

アリサ「あ、バカッ!」

コウタ「え?」

シオ「!?」

ソーマ「!?」

コウタ「あれ? ソーマの奴フード、取って……え」

ソーマ「」ツルピカリーン

アリサ「ハ?」

サクヤ「ゲ?」

リーダー「……」



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:19:45.85 ID:5MWqX9Ub0

なんてこった・・・


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:19:56.41 ID:fI8bk3Zq0


ソーマ「っ! お、お前等……!」

コウタ「え? 何お前ハゲだったの!?」

ソーマ「うるせえ違う!」

シオ「あー見つかっちゃったなー、ソーマの髪、ゴチソウなのになー」

アリサ「なん」

サクヤ「ですって……」

リーダー「……」フゥ

ソーマ「」



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:20:31.05 ID:m/oGQQR/i

えっ……えっ?


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:21:27.90 ID:fI8bk3Zq0



アリサ「ごめんなさい」

サクヤ「ごめんなさい」

コウタ「ご、ごめん」

ソーマ「……チッ」

リーダー「」ペコリ

アリサ「リーダーは悪くないんです! 私達を止めようと立ちふさがって……」

サクヤ「もう諦めようってなった時に」

コウタ「俺が来ちゃったのか……」

シオ「やっちゃったナー」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:21:53.42 ID:8V9Fkgrh0

どうせ変態のお前らはソーマミルクとか思ってたんだろ?
俺は髪の毛って最初からわかってたよ(震え声)


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:23:58.02 ID:JmqeM32t0

>>153
そそそそそそんな下品なこと考えるわけなな、ないだろ


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:22:30.42 ID:fI8bk3Zq0



コウタ「でも、だからそんなにしょっちゅうはあげられなかったのか」

サクヤ「それでも週一って結構なペースよね」

アリサ「白いのって髪だったんですねー」

コウタ「一週間でも驚きの速度だけど」

ソーマ「……くそ」

シオ「ソーマ怒らないでー、怒らないソーマが好きー!」

ソーマ「……チッ、帰るぞ」

リーダー「」ペコリ

ソーマ「お前が悪くないのはわかってる、何度も頭を下げるな」



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:23:27.65 ID:fI8bk3Zq0



リーダー「……」

ソーマ「気を使わせて悪かったな」

リーダー「」フルフル

コウタ「まあこれで隠し事もなくなったし、アナグラに戻ろうぜ! そういや博士がソーマに渡す物があるって言ってたし!」

サクヤ「いつもフード被ってるとは思ってたけど、最近余計に深く被ってる気がしてたのよね」

アリサ「一気に謎は解けましたけど、凄く悪いことをした気分です。やっぱりちゃんとリーダーの言うことは聞くべきでした」

ソーマ「ふん、これに懲りたらお前等、二度とこんな真似するんじゃねぇ」

サクヤ「悪かったわ」

アリサ「はい……」

シオ「あ、そーだ」


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:24:25.58 ID:fI8bk3Zq0


リーダー「?」

アリサ「?」

サクヤ「?」

コウタ「?」

ソーマ「?」

シオ「秘密ばれちゃったなら今度からはいつでもいーい?」

ソーマ「! ちょ、ちょっと待てシオ……」

アリサ「いや、それは伸びるまで待たないと……」

サクヤ「そうよねぇ」

シオ「? 上じゃないよー」


「「「「!?」」」」



ソーマ「」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:24:41.49 ID:EIoSHytD0

!?


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:25:25.52 ID:fI8bk3Zq0


ペイラー「ふふふ、これで「強力な増毛剤が出来るぞ」

ペイラー「これで二人の助けになればいいんだが……」

ペイラー「何故だろう、私はこれがいらないんじゃないかと思い始めたよ」

ペイラー「いや、それにしても実に興味深いね、シオの偏食傾向は」

ペイラー「シオの偏食傾向がまさか、ソーマそのものに向くなんて。ソーマの細胞を食べているんだね。アラガミの偏食ならではかな。アラガミは偏食で食べた物を吸収、取り込み……」

ペイラー「ん? 待てよ。ということは……私は何かを見落としているような……



シオ「?? お腹イタイ……?」




おわり


あえて何がどうなってるかはご想像にお任せ。
だがエロいことを考えた奴は終末補食されろ。


……ウギャアアアアーーー!!!


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:28:02.33 ID:aykyOQBu0



お、俺は大丈夫です


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:30:16.74 ID:YUMJLr650

おい、まて。これはつまりおめで



177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:31:44.75 ID:m/oGQQR/i



つまり下からの白いのを飲んでにんし……いや、なんでもない


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 16:35:59.57 ID:GQjSimyk0

ゴッドイーターはさっぱりだが悪くなかった。乙
シ、シタカー、ナンダロウナー脛毛カナー


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06(月) 17:00:58.99 ID:TFl6QCKwO



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。