スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京太郎「まさかおれが迷子になるとは・・・」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343823046/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 21:10:46.81 ID:MB0iBBBj0

京太郎「まいったな…」

京太郎「控え室の場所がわからなくなった」

京太郎「しかもウロウロしてたら現在地もわからなくなっちまったしな」

京太郎「このままじゃいつも馬鹿にしてる咲にまで笑われちまう…」

京太郎「くそっ、ここは一体どこなんだぁーーー!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 21:15:42.77 ID:MB0iBBBj0

咏(なんだあの男子高校生)

咏(落ち着きがないっつうか、あわててるっつうか、、、知らんけど)

咏(……)

咏(なんか知らんけど困ってるっぽいし)

咏(いち社会人として助けてあげちゃいますかな)

咏「おーいそこの男子高校せーい」

京太郎「??」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 21:22:52.59 ID:MB0iBBBj0

京太郎「おれですか?」

咏「そだよ~」

京太郎「何か用でも?」

咏「う~ん用事っつうか」

咏「なんか困ってそうだったからさ~、知らんけど」

京太郎「あっ、そうだった」

京太郎「選手の控え室ってどこにあるかご存知ですか?」

咏「控え室ならあっちの棟だからむこうの渡り廊下渡ったらすぐだよ~、知らんけど」

京太郎(どっちだよ…)

京太郎「分かりました、ありがとうございます!」

タッタッタ

咏「いいことしたわ~」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 21:27:01.13 ID:MB0iBBBj0

~~~~~~~~~

京太郎「すいません遅れました…」

タコス「犬め、一体どこに行ってたんだじぇ」

京太郎「いや、トイレが結構混んでてさ…」

京太郎(迷子になってたなんて言えないよな…)

咲「みんな心配してたんだよ?」

京太郎「わるいわるい」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 21:30:58.03 ID:MB0iBBBj0

京太郎(にしてもさっきの人どっかで見たことあるような…)

TV<カイセツハミヒロギプロデス!

京太郎(ん?……あっ!)

京太郎(さっきのって三尋木プロじゃねえか!!)

京太郎(そうとは知らずにあいさつもせずに帰ってきちゃったな…)

京太郎(あとでもっかいお礼いいに行くか)


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 21:35:57.40 ID:MB0iBBBj0

~~~~~~~

久「みんなご苦労さま、今日の試合はこれで終わりだから」

久「あとは自由行動でいいわよ~」

四人「はいっ」

京太郎(やっと自由行動か)

京太郎「咲」

咲「??」

京太郎「おれちょっと行ってくるとこあるからみんなにも言っといてくれ」

咲「うん、わかったよ!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 21:39:30.21 ID:MB0iBBBj0


京太郎(たしかさっきはこのへんで会ったよな…)

京太郎(そんな都合よく見つかるわけないか…)

咏「」フラフラ

京太郎(いたっ!)

京太郎「三尋木プロ~!!」

咏「ん?」

咏「あぁ、さっきの男子高校生じゃん」





15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 21:45:51.52 ID:MB0iBBBj0

京太郎「はぁはぁ…やっと見つけた…」

咏「私のこと探してたの?……知らんけど」

京太郎「はい、さっきのお礼をもう一度言っておきたくて…」

咏「ええ、そんなのわざわざいいのに~」

京太郎「そういうわけにはいきません」

京太郎「というわけで、先程はありがとうございました!」

咏「フフ…」

京太郎「??、なんかおかしかったですか??」

咏「いやぁ、なんか元気いっぱいで高校生っぽいな~って、知らんけど」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 21:53:10.80 ID:MB0iBBBj0

京太郎「高校生っぽいってそんな…」

京太郎「そんなこと言ったら、三尋木プロだって高校生顔負けの若々しさじゃないですか~」

咏「えっ?」

咏「そ、そうかな~…エヘヘ」///

京太郎(照れてるとこ可愛いな…)

京太郎「はい、そこらへんの高校生よりよっぽど高校生らしいとおもいますよ?」

咏「大人をからかうのはよくないぞ~?」///

京太郎「そんなつもりありませんよ!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 21:57:49.24 ID:MB0iBBBj0

咏「そんなに褒めても何も出ないよ?」

京太郎「だからそんなつもりじゃないですって」

咏「そこまで言うかぁ…」

咏「むぅ…」

京太郎(急に静かになったな)

咏「ねぁ、きみ」

京太郎「??」

咏「お姉さんが晩御飯おごってあげようか?」

京太郎(おっ、何か出た…)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 22:04:17.13 ID:MB0iBBBj0

京太郎「そんな悪いですよ……」

咏「いいっていいって」

咏「なんか知らんけど私いまちょーご機嫌だし!」

京太郎「いや、でも……」

咏「いいからいいから、ほら行くよ?」

京太郎(ここまで言ってるんだし、まぁいっか……)

京太郎「分かりました」

咏「やた~!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 22:10:32.96 ID:MB0iBBBj0

咏「んでいきたいところとかある?」

京太郎「おれ長野から来たばっかでどんな店あるか知らないんですよね……」

京太郎「三尋木プロはいい店しらないんですか?」

咏「いや~まったくわかんね~」

京太郎(結構テキトーだな、この人)

京太郎「そ、そうですか……」

咏「う~ん、とりあえずそのへんのファミレスでもいこっか?」

京太郎「分かりました」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 22:19:45.03 ID:MB0iBBBj0

~~~~~~

店員<イラッシャイマセー

咏「何食べんの~?」

京太郎「う~ん、俺はこのミートドリアですかね~」

京太郎「三尋木プロは??」

咏「私このハンバーグっ!!」ニコッ

京太郎(案外かわいいの食べるんだな~……)

京太郎「かわいいのたべるんですね~」

咏「えっ?」///

京太郎(しまった、おもっていたことがつい……)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 22:28:02.33 ID:MB0iBBBj0

咏「年上にむかってかわいいなんて失礼だぞ~?男子高校生」

京太郎「すいません、つい」

咏(高校生にかわいいっていわれた……)///

京太郎(うぅ、気まずい……)

京太郎「あの」

咏「??」

京太郎「み、水くんできます、三尋木プロもいりますか?」

咏「あ、うん、お願いしちゃおっかな~」

京太郎「じゃぁ、ちょっといってきます」

咏(しかも気の利くイケメン男子高校生に……)


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 22:37:38.20 ID:MB0iBBBj0

~~~~~~~~~

店員<こちらハンバーグとミートドリアです。

咏「お、やっと来たね~」

京太郎「ですね」

咏「んじゃいっただきま~す」

咏「熱そうだね~」フーフー

京太郎(かわいい……)

咏「そいえばさ~」

京太郎「は、はい!」ビックンチョ

咏「どしたの?」

京太郎「いえなんでも……」

京太郎(かわいいな、とか思ってる時に話しかけられたからかなり焦った……)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 22:45:13.59 ID:MB0iBBBj0

咏「それで、まだ君の名前聞いてなかったよね?」

京太郎「あぁ、そうでしたっけ?」

京太郎「おれは清澄高校の須賀京太郎です」

咏「清澄か、今日試合見たけどすごかったよね」

咏「特にあの大将なんか特に……」

咏「槓して引いてくるの全部有効牌とかありえなくね?知らんけど」

京太郎「確かに咲はすごいですよね」

京太郎「咲にはいっつもやられっぱなしで……」

~~~~~~~~~


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 22:53:23.13 ID:MB0iBBBj0

店員<アリガトーゴザイマシター


咏「ふ~おいしかった」

京太郎「おれもおなかいっぱいですよ」

咏「結構話せてよかったしね」

京太郎「はい」

咏「それでさ~」

京太郎「??」

咏「また誘ちゃっていいかな~、なんつって」

京太郎「もちらんいいに決まってるじゃないですか!!」

咏(やた!なんか知らんけどつぎも誘って良さそうだ)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 22:57:47.13 ID:MB0iBBBj0

京太郎「それじゃ時間遅いんで帰りましょうか」

咏「そだね」

京太郎「おうちまで送ってきますよ?」

咏「う~ん私はタクシーで帰るからいいや」

咏「それより京太郎くんは大丈夫なの?ホテルの場所とか知らんけど」

京太郎「ホテルならここから近いんで大丈夫です」

京太郎「じゃぁ、また今度」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 23:06:36.10 ID:MB0iBBBj0

咏(ん?)

咏(次も誘うって行った割には連絡先しらなくね?)

咏「ちょっと待ったー!」

京太郎「??」

咏「私また誘うって言った割には京太郎くんの連絡先しらなくね?」

京太郎「おっとそうでしたね」

京太郎「……はい、これ俺のアドレスと番号です」

咏「ありがと」

咏「んじゃ暇なときとかにまた連絡すっから」

京太郎「了解です、じゃあまた」

咏「ばいば~い」




咏(なんか知らんけど連絡先ゲット!!)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 23:17:36.95 ID:MB0iBBBj0

~~~翌日~~~

prrrrrrrr

咏「ん?だれだこんな時間に」

咏「……もしもし」

針生『もしもし、三尋木プロですよね?』

咏「えりちゃんじゃん、どしたの?」

針生『今日の試合なんですが、会場の配電に問題が生じたらしく延期になりました』

咏「じゃぁ私たちは?」

針生『当然今日はフリーってことになります』

咏「そっか、わかった、ありがとねえりちゃん♪」

針生『はい、ではこれで』

ガチャ

咏「」

咏「なんか知らんけど暇になった……」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 23:29:54.49 ID:MB0iBBBj0

咏(会場の都合でってことは清澄もオフになったってことだよね)

咏(……さっそく誘おうかな)

ピッピッピ

prrrrrrrrrrrrrr

京太郎『もしもし』

咏「あっ京太郎くん?おはよー」

京太郎『三尋木プロですか?』

咏「そだよ」

京太郎『おはよーございます、それでどうしました?』


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 23:37:00.59 ID:MB0iBBBj0

咏「今日なんだけどさ」

咏「試合延期になったし多分暇だよね?知らんけど」

京太郎『まぁ暇ですけど……』

咏「それじゃさ、今日も二人でどっか行こうよ!」

京太郎『分かりましたじゃぁいつぐらいに会いますか?』

咏「そだね~、じゃぁお昼過ぎに会場近くの駅前で」

京太郎「了解です」

咏「またあとでね~」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 23:45:46.53 ID:MB0iBBBj0

~~~~~~~~~

京太郎(ちょっと早く着きすぎたかな?)

咏「お、京太郎くーん」フリフリ

咏「ごめんごめん、なんか知らんけど準備に時間かかっちゃって」

京太郎「そんなに待ってないんで大丈夫ですよ」

咏「なら良かった、じゃあ早速いこっか?」

京太郎「そういえば今日はどこに行くんですか?」

咏「うんとね、今日は新しい下駄買おうと思ってんだよね~」

京太郎「下駄ですか?」

咏「うん、それでその下駄を選んでもらおうと京太郎くんよんだんだよね」

京太郎「そういうことですか」

咏「そゆことそゆこと、じゃあさくっといっちゃおっか」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 23:53:16.75 ID:MB0iBBBj0

~~~~~~~~

店員<イラッシャイマセー



咏「うっわ、なんか知らんけどいっぱい下駄あるし」

京太郎「夏だから結構ふえてるんじゃないですか?」

咏「そういうことか……」

咏「どれにしたらいいかわっかんねー」

京太郎(あそこにあるのとかよさげだな……)

京太郎「あれなんかどうですか?」

咏「ん、おぉけっこういいね」

咏「とりあえず履いてみよっかな」

咏「店員さーん」

店員「どうなさいました?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:01:50.44 ID:pS0LtJgl0

咏「これ履いてみたいんだけど」

店員「それではあちらの方におかけになってご試着になってください」

咏「ほーい」



咏「よいしょっと」

咏「どうかな?」

京太郎「浴衣にもあってますし」

京太郎「似合ってると思いますよ!」

咏「そ、そっか」///

京太郎(照れてるところかわいいな)

咏「じゃ、じゃあこれにしよっかな」

京太郎「えぇ!?もう決めちゃうんですか?」

咏「だ、だってほら京太郎くんが似合ってっるって言ってくれたし……」ゴニョゴニョ

京太郎(かわいすぎるだろこれは……)


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:10:50.27 ID:pS0LtJgl0

京太郎「まだそんなに店内見てないですし」

京太郎「もうちょっと見てからにしませんか?」

咏「う、うんそうしよっか……」

京太郎(とかいいつつ今の下駄右手にキープしちゃうんだよな~)

京太郎(そういうところもかわいいんだけども……)

京太郎「もうちょっと奥の方とか見てみますか」

咏「いいね!」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:19:10.89 ID:pS0LtJgl0

~~~~~~~~

店員<アリガトーゴザイマシター



京太郎「結局最初のやつ買っちゃいましたね」

咏「まぁ見て回るだけでも楽しかったしよくね?しらんけど」

京太郎「そですね」



ヒュ~~ドォ~ン


京太郎「?何の音です?」

咏「そいえば今日この近くで河川敷で祭りあるらしいよ、知らんけど」

京太郎「へぇ、ということは花火ですか、おもしろそうですね……」

咏(これは二人でお祭りに行くチャンスじゃね!?知らんけど)

咏「じゃあさ、今から行ってみる?」

京太郎「いいですね!」

咏(やった!)


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:26:05.16 ID:pS0LtJgl0

~~~~~~~~

京太郎「ついたはいいけど」

咏「人多くね?」

京太郎「これだけ多いと歩くのも大変そうだな……」

京太郎「すぐにはぐれちゃいそうですし」

咏「でもたこ焼き食べたいしなー……」

咏(あっ…)

咏(『手つなごっ!』とか言っちゃえばよくね?知らんけど)


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:32:00.87 ID:pS0LtJgl0

咏「あ、あのさ」

京太郎「??」

咏「えっとはぐれちゃうって言うんならさ」

咏「うんと、その……」

京太郎「どうしたんですか?」

咏「だから、あの……て、手とかつなげばよくね?」///

咏「知らんけど……」///



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:37:55.81 ID:pS0LtJgl0

京太郎(まじか……いいのか?)

京太郎(こんなにかわいらしい人の手を……)ゴクリ

咏「ダメ、かな……?」ウワメヅカイ

京太郎(これは反則だろっ!)

京太郎「ダメなわけないじゃないですか!」

京太郎「むしろこっちからお願いしたいくらいです!」

咏(良かった……嫌とか言われたらどうしようかと思った……)

咏「そっか、じゃぁ握るよ?知らんけど」

ギュッ



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:43:16.04 ID:Q3sTgy880

かわいすぎるプロ


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:43:43.78 ID:I8fccAUa0

知らんけど言い過ぎでは?


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:45:58.76 ID:5PnQl5o80

>>88
解説の時はこれくらい言ってるんじゃないの? 知らんけど


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:47:00.74 ID:J0MU06Et0

>>88
照れ隠しとかじゃないか?知らんけど


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:48:19.40 ID:I8fccAUa0

>>90>>92
そうだったのか、知らんけど


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:45:53.78 ID:pS0LtJgl0

京太郎(おぉ、三尋木プロの手すごくちっさいのな……)

京太郎(それにすごく柔らかいし)


咏(京太郎君の手おっきいな、それになんか握っててすごく安心する感じ)

咏(男の人ってみんなこんなんなのかな、知らんけど)

京太郎「とりあえずたこ焼き買って人が少ない場所で花火見ましょうか」///

咏「そ、そうしようか」///


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:51:50.49 ID:pS0LtJgl0

~~~~~~~~~~~

京太郎「やっと買えた……」

咏「すっごい行列できてたね」

咏(その分いっぱい手つなげたから良かったんだけど……)

咏(でももちょっと手つないでたかったな)

咏(とか思ってみたり)

京太郎「あ、向こうに座れそうなところありますよ!」

咏「じゃあそこ行こっか?」

京太郎「ですね」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:01:53.88 ID:pS0LtJgl0


京太郎「やっと落ち着いて座れる」

咏「そだね」

ぐぅ~

京太郎「あっ……す、すいません」

咏「ずっと立ったままだったしお腹すいたよね」

咏(あっ!そうだ)

咏「しょうがないからお姉さんのたこ焼きをわけてあげよう」フフン

京太郎「ありがとうございます!」

京太郎「!!」

咏「食べんの?ほれあーん」

京太郎(これは……)

咏「そっか、熱すぎるか」

咏「フーフー」

咏「はいどうぞ」ニコッ

京太郎(役得すぎる!!)


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:03:00.24 ID:AxplXmuOP

すげえ犯罪臭がするんだが
これ見た目的には京ちゃんが捕まりそう


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:07:20.56 ID:pS0LtJgl0

パクッ

京太郎(おいしい……)

咏「どうかな?」

京太郎「すっごくおいしいです!」

咏「そ、そか……」///

咏(引かれたりしてないよね、知らんけど)

京太郎「あ」

京太郎「そろそろ大きい花火うち上がるみたいですよ」

咏「お、いいね~」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:12:57.89 ID:pS0LtJgl0

ヒュ~~ドォ~~ん

京太郎「きれいですね~」

咏「えっ?!」

京太郎「だからあの花火、すっごいきれいだなあーって」

咏「そ、そだよね」

咏(一瞬私のことかと思った……)

咏(京太郎くんは暇だからこうして付き合ってくれてるだけで)

咏(私のことなんかなんとも思ってなさそうなのにね、知らんけど)

咏「はぁ」


ヒュ~~ドォ~~~ン




108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:18:47.90 ID:pS0LtJgl0

~~~~~帰り道~~~~~~

京太郎「良かったですね、花火」

咏「うん」シュン

京太郎(なんか三尋木プロ元気ないな……)

咏「あのさ京太郎くん」

京太郎「?」

咏「ごめんね、この二日間連れ回したりしちゃって……」

咏「私に彼氏とかいたら京太郎くんを連れ回したりしなくてよかったんだけど」

京太郎「っ!」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:25:02.22 ID:pS0LtJgl0

京太郎「おれじゃダメでしたか?」

咏「え?」

京太郎「だから一緒にご飯食べたり花火見たりするのおれじゃダメでしたか?!」

咏「ぜんぜん、むしろ京太郎くんじゃないといやなくらい……」

京太郎「それなら」

京太郎「これからも今日や昨日みたいに三尋木プロと一緒にいさせてください!」

咏(これって告白ってことでいいんだよね……)

咏「京太郎くんっ!」

京太郎「はい!」

チュウ

京太郎「!!」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:35:12.91 ID:pS0LtJgl0


咏「ぷはぁ」

咏「それで京太郎くんが一緒にいてくれるのは嬉しいけど、だけど」

京太郎「だけど?」

咏「その……ちゃんと大切にしてくないとお姉さん怒っちゃうからね?知らんけど……」///

京太郎「もちろん!絶対大切にします!」

咏「うん、よろしい!」///

咏「そ、それじゃ私もう行くから!バイバイ」ダッ

京太郎「え?ちょっ……」

京太郎(すごいスピードで走っていった……)

京太郎(顔真っ赤だったな)

京太郎(にしても……彼女か……)

京太郎(なんか嬉しすぎて叫びそうだ、てか叫んじまうか……)スゥゥゥ

京太郎「よっしゃぁああああああああああ!」

カン!



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:36:41.69 ID:h2IlqZw00

乙 知らんけど


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:38:38.97 ID:3rU57LzI0

カン四つ揃えるんだろ?
つまり後日談下さいお願いします


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:41:53.81 ID:pS0LtJgl0

>>120,>>123

悪い疲れたから今日はキツイかも
またネタ思いついたらスレ立てるから勘弁してちょ


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:40:40.60 ID:AxplXmuOP

乙!でもまだカンできるよね!


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:05:40.44 ID:usRKRfch0

お疲れ。すばらだったよ!





京太郎「なんだかんだで八月か……」


引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343982484/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 17:28:04.52 ID:wC9w7iPb0

京太郎「まさかおれが迷子になるとは・・・」の続きだぴょん
前スレの最後に後日談要望あったんでかくぴょん


京太郎「あぁ、あっついな~」

京太郎「風が全くないわけじゃないんだけどな~」

咏「仮に風がなかったとしても流石にこれは暑すぎなんじゃね?」

京太郎「どっか涼しいところにいきたいな~」

咏「そだねぇ……」


みたいな感じで




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 17:33:21.03 ID:wC9w7iPb0

咏「どっかに涼しい所とかないかね」

京太郎(そいえば隣町に結構大きいプールが出来たって聞いたような……)

京太郎「あの三尋木プロ……」

咏「どしたい?」

京太郎「プール行きませんか?」

咏「えぇっ!プール!」

咏(プールってことは水着だよね……)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 17:40:37.35 ID:wC9w7iPb0

京太郎「いやでした?」

咏「ううん!全然嫌じゃないよ!」

咏「嫌じゃないんだけど……」

咏(私お世辞にもグラマラスって体型じゃないしなぁ……)

咏(まぁどうせいつか行きたいって思ってたし)

咏(結局遅いか早いかの問題だし、まいっか)

咏「まぁいいかな」

京太郎「ほんとですか!」ガタッ

咏(そんなに喜ばれたら悪い気しないしね!)

咏「うん!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 17:48:40.01 ID:wC9w7iPb0

~~~~~~~~

京太郎「着いたみたいですけど、結構並んでますね……」

咏「やっぱオープンしたばっかだからじゃね?知らんけど」

京太郎「みたいですね、まぁとりあえずあっち並びますか」

咏「そだね」

~~~~~~~~~~~

係員「何名様ですか?」

京太郎「一般二枚d 咏「中学生一枚と一般一枚!」

係員「分かりました」

係員「入場料は1800円になります」

京太郎「どうも…」

係員「ごゆっくりおたのしみください」

京太郎(三尋木プロのおかげで安付いたな)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 17:54:50.45 ID:wC9w7iPb0

咏「安くなってよかったね!」ニコッ

京太郎「そうですけど」

京太郎「てっきりおれは気にしてるんだと思ってましたよ」

咏「なにが?」

京太郎「三尋木プロがその、なんていうか、ちっちゃいのを……」

咏(ウッ…)グサッ

咏「いやぁ~、せっかく小さいんだから利用しないっと勿体無い気がするじゃん?知らんけど」

京太郎「ははっ、そうですよね~」

咏(うぅ……結構気にしてるのに……)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 18:01:51.50 ID:wC9w7iPb0

京太郎「やっと中に入れたことですし早速着替えてきますか!」

咏「う、うん、そだね…」

咏(いよいよか……)ゴクリ

~~~~~更衣室~~~~~~

咏(はぁ……)

咏(ちっちゃいって言われちゃったな……)ガクリ

咏(私だってできるなら小鍛冶プロみたいないい感じにエロチックな体つきがよかったのに……)

咏(しかも今から水着見せなきゃだし……)

咏(ほんとどうしよ……)



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 18:06:38.56 ID:t9MW4IdY0

小鍛冶プロがエロい......?


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 18:06:50.82 ID:wC9w7iPb0

~~~~男子更衣室~~~~

京太郎(三尋木プロの水着かぁ)

京太郎(どんなんなんだろ?)

京太郎(いつも浴衣姿しか見てない分ワクワクがおしよせてくるぜ!)

京太郎(あぁ~気になって仕方がない)

京太郎(さっさと着替え済ましていくか!)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 18:13:11.22 ID:wC9w7iPb0

~~~~~~~~

京太郎(はやく来すぎたか)

京太郎(待たせるよりはましだし良しとするか……)

咏「お、おまたせ……」オズオズ

京太郎「そんなに待ってないですよ」

京太郎(あれ?)

京太郎「なんでタオル巻いて出てきてるんですか?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 21:16:22.67 ID:wC9w7iPb0

咏(うぅ、人の気も知らないで……)

咏「だって、京太郎くんがその……」

咏「ちっちゃいとかうからっ」///

京太郎「えっ」

京太郎(やっぱり気にしてたんだ……)

京太郎(さっきはデリカシーのないこと言っちゃったな……)

京太郎「その、すいません」

京太郎「で、でもおれとしてはただでかいだけっていうのよりは」

京太郎「三尋木プロみたいにその……」

咏「??」

京太郎「ちっちゃくてもしまっていてスレンダーな人の方が好きですよ?」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 21:22:03.19 ID:wC9w7iPb0

咏「ほんとに?」ウルッ

京太郎(おぉ、これは……)

京太郎(いかんいかん、俺のせいでこんなになってるのに……)

京太郎「もちろんです!」

咏「ちっちゃくてもいいん?」

京太郎「全然大丈夫です!」

咏(ちっちゃくてもいいんた……すっげー安心したわ~)ホッ

咏(でもこのまま許しちゃうのはちょっとなぁ)


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 21:29:09.26 ID:wC9w7iPb0

咏(こっちとしてはすんごい悩んだわけだし)

咏(なにかやってやらないと気がすまないんだよねぇ……)

咏(むぅ……)

京太郎「急に黙ってどうしたんです?三尋木プロ?」

咏(そうだ!)

京太郎(やっぱりまだ怒ってるかな……)

咏「……だら許してあげる……」

京太郎「えっ?」

咏「だ、だから、私の事名前で呼んでくれたら許してあげるっ!!」///


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 21:35:41.43 ID:wC9w7iPb0

咏「前から疑問に思ってたんだよね~」

咏「付き合ってんのに『三尋木プロ』ってのはどうなん?てな具合にさ」

咏「だから、京太郎くんは今日から『三尋木プロ』は禁止ね?」

京太郎「わ、分かりました」

咏「うんうん、じゃあさっそく『咏ちゃん』って呼んでみ?」

京太郎「え? ちゃん、ですか?」

咏「そうそう」

京太郎「年上に流石に年上に『ちゃん』は……『咏さん』なら大丈夫ですけど……」

咏(むぅ、まぁ名前で呼んでもらえればなんでもいっか……)


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 21:44:44.46 ID:wC9w7iPb0

咏「じゃあそれでもいいよ!」

京太郎「分かりました」

京太郎(『咏さん』かぁ……間違えて『三尋木プロ』って呼んじゃいそうだな……)

咏「」ジー

京太郎「??」

京太郎(あ、そうか)

京太郎「咏さん」

咏「うん!どしたの?」ニコッ

咏(やた、なんか知らんけどやっと名前で呼んでもらえたー!)

京太郎「せっかく遊びに来てるんで早速いきますか?」

咏「そだねっ!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 21:49:32.54 ID:1h4OsiC30

可愛いな、しらんけど


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 21:54:42.88 ID:wC9w7iPb0

咏「じゃあ行こうか?」タオルトル

京太郎(おぉ……)

京太郎(みひろ……じゃなくて咏さんはああ言ってたけど)

京太郎(腰とかキュって締まってるし、脚なんかスラッとしてるし)

京太郎(鎖骨も結構くっきり浮き出てたりして)

京太郎(すごい……エロいな……)

咏(京太郎くんなんか知らんけどめっちゃ見てるし)

咏「あの、京太郎くん?」

京太郎「へ?」

咏「そんなにまじまじ見られるとその、恥ずかしい……」///


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:04:03.35 ID:wC9w7iPb0

京太郎「あっ、すいません!」

京太郎(つい見入ってしまった)

京太郎「綺麗だったんでつい……」

咏「えっ」///

咏「そんなこと言ってもなにも出ないよ?」///

京太郎(なんか前もこのやりとりあったな)

咏「」チラッ

京太郎「??」

咏「京太郎くんおなかすいてたりする?」

京太郎(やっぱり何か出た……)

咏「遠慮しなくてもいいよ?なんか知らんけど私いますんごく機嫌いいから!」ニコッ

京太郎(さっきあんなことあっただけにおごってもらうのはな……)


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:13:20.44 ID:wC9w7iPb0

京太郎(そうだ)

京太郎「三尋木プロ」

咏「」ジトッ

京太郎「…じゃなくて、咏さん!」

咏「うん、なに?」

京太郎「流石にご馳走になるのはあれなんで…」

京太郎「あのスライダーでどちらが早くゴールできるかを競って」

京太郎「負けた方が向こうの売店でソフトクリームを二人分買ってくるっていうのはどうですか?」

咏「おっ、それおもしろそうだね♪」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:19:46.32 ID:wC9w7iPb0

~~~~~~~~~~

咏「準備はいい?」

京太郎「オッケーです」

咏「じゃあいくよ?よ~い……」

咏「ドンっ!」

咏「よっ」 京太郎「せいっ!」

ツルっ

京太郎(あいたっ)

京太郎(スタートでミスちまった……)



ザバァーン


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:27:21.33 ID:wC9w7iPb0

咏「あはははっ、京太郎くんすんごく遅くね?」

京太郎「くぅ、今日はちょっと調子が悪かっただけですよ……」

京太郎「でもまぁ、勝負は勝負なんでソフトクリーム買ってきますよ……」

咏「まって、私も行くっ!」

京太郎「え?ここで待っててもいいですよ?」

咏「でもほら、せっかく二人で来てるんだし二人で買いに行くほうがよくね?」

京太郎「まぁそうですね、じゃあ二人で行きますか」

咏「うん!」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:28:30.65 ID:g1oomrph0

見事にDQNのナンパフラグ回避


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:38:10.45 ID:wC9w7iPb0

~~~~~~~~~~~

京太郎「咏さんはどれ食べるんですか?」

咏「ん~、私は抹茶かな」

京太郎「じゃあ抹茶と普通のやつひとつずつ」

店員「かしこまりましたただ今お持ちいたします」

~~~~~~~~~~~

京太郎「おいしいですか?」

咏「すんごく美味しいよ」

京太郎「それは良かったです」

咏「そっちはどうなん?おいしい?」

京太郎「まぁおいしいですけど……」

咏「そ、そうなんだ……」チラッ

京太郎(食べたそうだな……)


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:45:27.99 ID:wC9w7iPb0

京太郎「ひとくち食べます?」

咏「いいの?」

京太郎「いいですよ」

咏「じゃあお言葉に甘えて」

ペロッ

咏「おぉ、こっちはこっちで美味しいね!」

咏「じゃあお礼ということでこっちのも、ほい」

京太郎「え?」

咏「だからお礼だって、ほれほれ」

京太郎(かわいいな……)

京太郎「じゃあ一口だけ」

ペロッ


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:50:34.08 ID:wC9w7iPb0

京太郎(ふむ、甘さのなかに引き立つ抹茶の芳醇な香りがなんとも……)

京太郎(それに咏さんの食べかけというのもあって……)

咏「どうかな?」

京太郎「すごくおいしいです!」

咏「そっか良かった……」

咏「じゃあささっとソフトクリーム食べちゃって次のところ行こっか」

京太郎「ですね!」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:00:33.55 ID:wC9w7iPb0

~~~~~~~~~~~

京太郎「つぎどこ行きます?」

咏「うんとね、次はあの流れるプールかな」

京太郎「分かりました」

~~~~~~~~~~

京太郎「じゃぁ入りますか」

咏「そだね」

咏「京太郎くん先に入っていいよ!」

京太郎「??」

京太郎(プールに先とか後とかあるのか?)

京太郎「じゃあお先に……」

ちゃぽん

咏(ニヤリ……)


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:10:33.01 ID:wC9w7iPb0

咏「とぉっ!」ピョン

ダキッ

京太郎「ニャバッち!!」ビクッ

咏「京太郎くん捕まえた!」

咏(にしてもおどろきかたすごいな……)

咏「えへへ、驚いた?」

京太郎「すごく驚きましたよ……」

京太郎(思わず変な声を出してしまった……)

咏「ごめんごめん、でも京太郎くんのこと驚かせたかったし」

京太郎「いや咏さん軽いしいいんですけど……」

京太郎(ってあれ?なんかここ急に流れが……)

京太郎(まずい、バランスがっ!!)

咏「うわっ、あぶなっ」

ザプーーーン



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:11:19.49 ID:XkkFNX7z0

俺も可愛い年上の人と結婚してえなぁ


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:27:27.79 ID:0TOXtTt50

>>92
可愛くて年上でスター選手ですっごいお金もってそうな完璧超人


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:33:44.62 ID:1FQCl1lc0

>>100



108: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/08/03(金) 23:48:41.92 ID:9DX1/WaI0

>>102
かわいい


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:16:55.44 ID:wC9w7iPb0

ゴポゴポ

京太郎「ぷはぁ」

京太郎「危なかった……ん?、咏さんはどこだ?」

咏「」プカーン

京太郎「あっ、咏さん!」

京太郎(マズイ、とりあえずプールから上げないと……)

咏(おお、このまま浮いてれば京太郎くんが助けてくれて)

咏(そのままじ、人工呼吸とかしてくれるんじゃね?)


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:25:46.09 ID:wC9w7iPb0

~~~~~~~~~~~

京太郎「咏さん大丈夫ですか!?」

咏「」

京太郎(返事がない、これって結構まずいんじゃ……)

咏(むぅ、人工呼吸まだかな?)チラッ

京太郎(ん?……いま目開かなかったか?)

京太郎「咏さん?」

咏「」チラッ

京太郎(これ、もしかして……)

京太郎「咏さん、おきてますよね?」

咏「え?」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:36:20.48 ID:wC9w7iPb0

京太郎「起きてるならなんで返事してくれなかったんですか!」

京太郎「本気で心配したんですから……」

咏(あぅ……悪い事しちゃったな)

咏「ご、ごめん……」シュン

京太郎(ぐはっ!、くそぅそんな顔されると怒れなくなる……)

京太郎「まぁ、無事だったからいいんですけど」

京太郎「でも今度からはこういうの止してくださいよ?」

咏「うん……」

咏(でも京太郎くんに人工呼吸して欲しかった……)

京太郎(少し落ち込んじゃったかな?)

京太郎「じゃあ気を取り直して次のとこ行きますか?」

咏「そだね……」シュン


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:45:49.26 ID:wC9w7iPb0

~~~数時間後~~~

京太郎「ふぅ、結構遊びましたね~」

咏「そだね、久しぶりに遊んだ、って感じだわ」

咏(人工呼吸できなかったのは残念だったけど……)

咏「そろそろ疲れてきたしもう行こっか?」

京太郎「そですね」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:58:33.96 ID:wC9w7iPb0

~~~帰り道~~~

京太郎「今日は楽しかったですね~」

咏(人工呼吸、人工呼吸……)

京太郎「??」

京太郎「咏さん?」

咏「えっ?」

京太郎「今日は楽しかったですね」

咏「あ、うんでもやっぱり人工呼吸が……あっ」

京太郎「え?」

咏(人工呼吸で頭いっぱいだったからつい……)


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:05:37.90 ID:/mVHKYCt0

京太郎(人工呼吸って……)

京太郎(だからあの時……)

京太郎「えっと、なんかすいません……」

咏「京太郎くんは悪くないけどさ……」

咏「でもこっちとしては結構待ってたんだよね?」

京太郎「うぅ、申し訳ない……」

咏(あれ?京太郎くんまで落ち込んでね?知らんけど)

咏(あ、そだ)

咏「じゃあ京太郎くんがひとついうこと聞いてくれたら許してあげよう!」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:11:47.43 ID:/mVHKYCt0

京太郎「ひとつですか?」

咏「そそ、ひとつだけひとつだけ」

京太郎「で何をすれば?」

咏「うんとね、とりあえず目閉じて」

京太郎「分かりました」メヲトジル

咏「ちゃんととじてる?見えてない?」

京太郎「大丈夫です」

咏「そっかじゃあいくよ?」

京太郎「はい……」

京太郎(一体何されるんだ?)

チュウっ

京太郎「っ!」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:12:46.82 ID:+eTehGxe0

えんだあああああああああああああ


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:14:29.62 ID:tsAfQmLj0

咲「いやああああああああああああああああああああ」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:16:11.85 ID:FXQcRMso0

和「宮永さん、落ち着いてください。さあ、私と一緒に行きましょう」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:16:27.39 ID:/mVHKYCt0

咏「ん……ふっ」

咏「ぷはっ」

咏「フフフ、これで許してあげる!」///

京太郎「……」ポカーン

咏「あ、そうそう」

京太郎「??」

咏「私からのキスは京太郎くんからキスしてくれるまでお預けだからね?」

京太郎「え?」

咏「じゃ、そういうことで、がんばってね♪」

京太郎(また不意打ちをくらってしまった……)

京太郎(……)

京太郎(こういうのなら……まいっか……)


おしまい!



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:18:33.39 ID:/mVHKYCt0

保守してくれた皆様、支援してくれた皆様ありがとうございました!
それではおいとまするぴょん!


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:19:29.62 ID:QzA7nprl0

激しく乙 
 
また書いてねー


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:23:51.86 ID:3u5Ue1oe0

乙である


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:25:35.67 ID:TXEmJ5cv0

京太郎マジで爆発しろ


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:30:40.75 ID:Iv6nlswS0


この記事へのコメント

- 名無しさん - 2012年09月18日 21:10:53

続きないのかしらん

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。