スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディケイド「サザエさんの世界か……」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343558817/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 19:46:57.31 ID:xFhkbd490

ナカジマ「イソノー! 野球しようぜ!」

カツオ「ナカジマ!」


カツオ「行ってきまーす」

サザエ「ちょっとカツオ、宿題終わったの?」

カツオ「あとでやるよ」タタッ!

サザエ「カツオー!」


鳴滝「……あの少年が、この世界の主人公か……」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 19:47:52.97 ID:xFhkbd490

カキーン!
「行ったぞー! 回れ回れー!」


……。

カツオ「……なあ、ナカジマ」

ナカジマ「? 何だよ、イソノ」


カツオ「僕達、前にもこんな風に野球をしてなかった?」

ナカジマ「へ?」


ナカジマ「そりゃ、野球は毎日のようにやってるし……」

カツオ「そうじゃないんだ」


カツオ「これと全く同じことを、何十年も続けてる気がするんだ……」

ナカジマ「熱でもあるんじゃないのか?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 19:49:15.51 ID:xFhkbd490

カツオ「なあ。僕達、一体いつまで小学生を続けるんだろうな?」

ナカジマ「イソノの言ってることが僕にはわからないよ」


カツオ「去年も、その前も、ずっと同じことを繰り返してる気がするんだ……」

ナカジマ「……イソノ」


鳴滝「私にはその理由がわかるぞ。カツオ君」

カツオ「! だ、誰!?」

鳴滝「それは、この世界に“ライダー”が紛れ込んだせいだ」

カツオ「ライダー?」


鳴滝「それもこれも、すべてはディケイド……あの悪魔のせいだ」

カツオ「ディケイド……?」


ナカジマ「……」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 19:52:05.36 ID:xFhkbd490

士「さて、また新たな世界に来たわけだが」

ユウスケ「なんだ士。小学生みたいな格好だな!」

夏海「今度は何の世界なんでしょう……」


士「さあな。とりあえず、この辺りをブラついてみるか……」


サザエ「ディケイド!」

士「あ?」


サザエ「ディケイド、あんた宿題ちゃんと終わらせたんでしょうねえ」

士「宿題? 何の話だ」

サザエ「そちらはお友達?」

士「お前の知ったことじゃないな」

サザエ「まあ! 姉さんに向かってなんて言葉遣いを!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 19:55:22.94 ID:xFhkbd490

ユウスケ「何だ何だ?」

夏海「士くん、妹さんの他にお姉さんもいたんですか?」

士「知らねえよ」


サザエ「反抗期にも程があるわー。お父さんに叱ってもらわないとっ!」

士「……」


サザエ「ちょっと、いらっしゃい!」

士「……何だかよくわからないが、行ってみるか。それでこの世界のことが分かるならな」


ユウスケ「じゃ、じゃあ、俺達は俺達で、この世界を調べてみるよ」

夏海「あとで合流しましょう」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 19:59:27.38 ID:xFhkbd490

士「だーかーらー、俺はこの家の子供じゃないし、小学生でもないっ!」

サザエ「ディケイド! 大人をおちょくると怒るわよー!」

士「もう怒ってるじゃねえか。少しは落ち着けよ、大人なら」

サザエ「ムッキー! なんですってー!」


フネ「まあまあ。放っておけば、じきに収まりますよ」

サザエ「でも、母さん!」

フネ「サザエだって反抗期はあったのよ」

サザエ「……それとこれとは」


士(どうやら俺は……この家族の子供としての役割を与えられてしまったようだな)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:02:28.79 ID:xFhkbd490

テクテク……
ユウスケ「ふーん。なんだか、平和そうな町だなー」

夏海「特に事件が起こってるようなそぶりも、ありませんね……」



カツオ「あ、イササカ先生。こんにちはー」

イササカ「ん? なんだ君は。私の患者……にしては若過ぎるな」

カツオ「はい?」

イササカ「こんな子供がガイアメモリを持っている筈がないか……」

カツオ「イササカ先生? どうしたんです?」

イササカ「さあ、そこをどいてくれ。私はドーパントの能力の研究で忙しいんだ」



ユウスケ「なんだあの人?」

夏海「さあ……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:06:26.38 ID:xFhkbd490

ナミヘイ「ただいま」

フネ「お帰りなさい」

サザエ「お父さんお帰りなさーい。ちょっと聞いてよ、ディケイドったら酷いのよー」

ナミヘイ「なんだなんだ。またイタズラでもしたのか」


士(一家の大黒柱のお帰りらしいな)

士(家族、か……。俺には無かったな、そういうの……)

ドスドスドス、バン!

士「! 何だ!?」

ナミヘイ「ディケイドっ! ちょっとわしの部屋に来なさいっ!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:10:30.13 ID:xFhkbd490

士「どうやらあんたが俺の親父らしいが」

ナミヘイ「そんなことは分かっておる。ちょっとそこに座りなさい」

士「あのサザエとかいう女が、何か言ったのか?」

ナミヘイ「そのこともだが。それより」


ナミヘイ「見ろっ。わしが大事に床の間に飾っておいた、全自動卵割り機がないっ!」

士「は?」

ナミヘイ「どうせお前の仕業だろう。どこに隠したんだ、言いなさい」

士「俺が知るかよ。そんなもの」

ナミヘイ「いい加減にせんか、ディケイド!」


ガミガミガミ……


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:12:48.72 ID:xFhkbd490

士「あーあ。やっと解放されたか」

サザエ「ちょっとディケイド! あんた、こんな時間にどこ行く気?」

士「散歩だよ。散歩」

サザエ「んもう!」


ツカツカ……
士「……しかし、何なんだ、この世界は……。一体俺は何をすればいいんだ」


海東「やあ、士。災難だったね」

士「海東! 相変わらず神出鬼没だな」

海東「あの家のお宝、全自動卵割り機。あれは僕が頂いておいた」

士「お前っ! お前のせいで俺は二時間もお説教を食らったんだぞ!」

海東「あはは。これはなかなかのお宝だよ、士。君も使ってみるかい?」

士「誰が使うか、そんなバカバカしいもの」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:15:01.94 ID:xFhkbd490

士「それで、この世界は何なんだ? お前のことだ、もう調べは付いてるんだろう」

海東「ああ。この世界ではなかなか面白いことが起こっているよ。タダで教えてやる気はないけどね」

士「……ふん」


海東「僕の代わりに親父さんから叱られてくれたお礼に、一つヒントは与えておこう」

士「ヒントだと?」

海東「この世界で起こっていることは、一つじゃない」

士「一つじゃ、ない……」


海東「それじゃあね、士。家族団欒を楽しんでくれたまえ」

士「お、おい!」


士「チッ。相変わらずだな、海東の奴……」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:19:04.18 ID:xFhkbd490

ユウスケ「おーい、士!」

夏海「士くん!」


士「お前ら。この世界について何かわかったのか?」

ユウスケ「いや、それが……」

夏海「特に何の変哲もない世界ですよ。どれだけ見ても」


夏海「この世界で、士くんのやるべき事はあるんでしょうか……」

士「さあな。ないならないで、たまにはラクができていい」


士「そろそろ家に戻ってみるか。お前らも来てみるか?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:22:57.26 ID:xFhkbd490

カツオ「姉さん! 家に入れてよー!」
バンバン!
サザエ「何言ってるのあなた? 悪ふざけもいい加減にしてちょうだい!」

カツオ「ひどいよー、姉さーん!」


士「……何だ?」

ユウスケ「あ、あの子、さっきの」

夏海「どうしたんでしょうか……」


カツオ「お仕置きでもあんまりじゃないか、こんなの!」

士「おい」

サザエ「あ、ディケイド!」

士「どうしたんだ。何だ、このガキは」

サザエ「知らないわよ。自分がこの家の子供だって言い張って聞かないのよ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:24:48.42 ID:xFhkbd490

ユウスケ「おい士。この子、まさか」

士「ああ」

夏海「この家の本当の子供、でしょうか……」


士「入れてやったらどうだ。多分こいつの方が本物だぜ」

サザエ「何バカなこと言ってるの!」

カツオ「ひどいよ姉さん、誰なんだよこいつら!」


士「……」


士「姉さんとやら。俺はもうしばらく、こいつと一緒に散歩してくる」

サザエ「えっ?」

士「ほら。来いよ、坊主」

カツオ「えっ」

サザエ「もう! ディケイドったら!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:29:41.15 ID:xFhkbd490

士「さて。何があったか話してもらおうか」

カツオ「そんなの僕が聞きたいよ! 一体どうしてこんなことに……」


カツオ「……いや、ひょっとして」


カツオ「ひょっとして、あれか……?」

夏海「何か心当たりがあるの?」

カツオ「で、でも、そんなこと……そんなこと本当にあるわけ……」

ユウスケ「何があったのか話してみてくれよ」


カツオ「……僕は」


キィン……キィン……

ユウスケ「! この音は?」

士「ミラーモンスターの接近音、か?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:33:09.38 ID:xFhkbd490

ガルドサンダー「グルルルッ……」


士「! 現れたな!」

カツオ「う、うわあっ! 何だあれ!?」


夏海「大丈夫、安心して。士くんはライダーだから!」

カツオ「ら、ライダー!?」


士「変身!」

【カメンライド――ディケーイ!】

ディケイド「行くぜ!」

シャキィン!


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:38:34.48 ID:xFhkbd490

ディケイド「ハッ!」
ガキィン!
ガルドサンダ―「グオオォッ!」



カツオ「ライダー、ライダーって……やっぱりあいつが!」

ユウスケ「何か知ってるのか?」

カツオ「あいつのせいで、僕はこんなことに!」

夏海「士くんのせい……?」


カツオ「僕は……ずっと、変な感じがしてたんだ」


カツオ「同じ時間を何度も繰り返してるような。ずっと同じことを繰り返してるような」

ユウスケ「そんなバカな……」

カツオ「そのバカなことから抜け出したくて。もう、繰り返しをやめたくてたまらなかったんだ!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:41:10.62 ID:WXMhsbZ/0

おのれディケイド!


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:41:15.00 ID:xFhkbd490

【カメンライド――リュウキ!】
ディケイド「はっ!」

ガキィンッ!
ガルドサンダー「ギャオッ!」



カツオ「だけど……いくらそう願ったからって、まさか僕が……」


カツオ「僕が、僕じゃなくなっちゃうなんて……!」

夏海「カツオ君……」

ユウスケ「で、でも、士が役目を終えて、この世界から帰れば! そうすればまた――」


鳴滝「それはできんよ」

夏海「! 鳴滝さん!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:47:06.88 ID:xFhkbd490

鳴滝「ディケイドは、この世界の無限ループに永遠に幽閉されるのだ」

ユウスケ「無限ループ、だって?」

鳴滝「何者かがこの世界の時空を歪めてしまっている。だが、それはむしろ好都合だな」


鳴滝「この世界に来たが最後、ディケイドは二度と抜け出すことができない!」

カツオ「ぼ、僕はどうなるんだよ!」

鳴滝「君の不幸はディケイドのせいだ。呪うならディケイドを呪うがいい」

カツオ「僕は戻れないの!?」


夏海「鳴滝さん、あんまりです! 何か元に戻す方法はないんですか!?」

鳴滝「無駄だよ。ディケイドはここで滅びる……はははははっ!」


ユウスケ「……居なくなった……」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:50:39.90 ID:xFhkbd490

【ファイナルアタックライド――リュリュリュリュウキ!】
ディケイド「ハッ! はあぁぁ……」

ドラグレッダー「ギャオオ!」


ガルドサンダ―「!」

ディケイド「ダアァァァッ!!」


ドガーン!!


士「……ま、こんなもんか」


夏海「士くん!」

士「なんだ夏ミカン、切羽詰まった顔で」

夏海「早く、この世界の異変を止めないと……カツオ君が、あまりに可哀想です!」

士「……ああ。まあ、そうだな」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:54:34.67 ID:xFhkbd490

士「海東の奴が言ってたな。この世界で起きてることは、一つじゃないって」

カツオ「一つじゃない?」

士「お前、感じてたんだろ? この世界の時間がループを繰り返してると」

カツオ「う、うん……」


士「俺とこいつが入れ替わったことが一つ。だが、もっと肝心なのは、そのループのことだ」

ユウスケ「だとしたら、それは……士が来る前から起きてたんだろ?」

夏海「一体誰が、何のためにそんなことを……」


士「今はわからない。……詳しいことはまた明日だな」

カツオ「えっ?」

士「ガキが起きてていい時間じゃないだろ。……夏ミカン、こいつは写真館に泊めてやってくれ」

ユウスケ「士はどうするんだ?」

士「俺はあの家に帰るさ。暖かい布団、ってやつを堪能するのも悪くない」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 20:57:53.18 ID:xFhkbd490

夏海「ほら、そこが私たちの家。光写真館ですよ」

カツオ「あれ? ここって三河屋さんじゃ……」


栄次郎「やあ、お帰り、夏海にユウスケ君。そっちの子供は?」

ユウスケ「今夜は泊めてあげてくれないかな」

栄次郎「そりゃ、全然構わないけどね。今日は大変だったんだよ、ここにお酒を買いに来る人がたくさん……」



カツオ「……僕、戻れるのかな」

夏海「大丈夫だって。士くんに任せておけば、きっとどうにかなりますよ」

カツオ「本当に?」

夏海「士くんは今までも、色んな世界を救ってきたんだから」

カツオ「……」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:00:50.62 ID:xFhkbd490

~翌日~

ナカジマ「ディケイドー! 野球しようぜ!」

士「野球?」


士(可能な限り、この世界の出来事に合わせてみるか……)

士「いいぜ。人数は多いほうが楽しいだろ、俺がおまけを連れてきてやる」

ナカジマ「? ディケイド、珍しいこと言うんだな」



~光写真館~

士「おーい、お前ら。出てこいよ、野球をやるぞ」

ユウスケ「野球? こんな朝っぱらから……」

夏海「私もやるんですか?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:04:27.64 ID:xFhkbd490

ユウスケ「カツオ君もやろうか、野球」

カツオ「野球は好きだけど、こんな時に遊んでる場合じゃ――」


カツオ「! な、ナカジマ!」

ナカジマ「?」

カツオ「ナカジマは僕を覚えてるだろ!? 僕がわかるよな、な!?」


ナカジマ「ディケイド、この子誰……?」

士「あ、ああ。俺の友達だ。お前も友達になってやったらどうだ」

ナカジマ「ふうん。僕を知ってるなんて、変なやつ」


カツオ「そ、そんな……ナカジマまで……」

夏海「カツオくん……」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:07:04.82 ID:xFhkbd490

カキーン!

ユウスケ「すげーな士、またホームランだ!」

士「まあな。俺にかかればこんなもの」


ナカジマ「……」

士「おい、どうした。俺にかっこよくホームランを打たれて落ち込んでるのか」

ナカジマ「……何か、違う気がする」

士「あ? 何が違うんだよ」


ナカジマ「わからないよ。だけど……何か、引っかかるんだ」


ナカジマ「ディケイド。僕は君と……ずっと、こんな風に野球をしてた筈なんだよね!?」

カツオ「な、ナカジマ! 違うんだ、君の友達は、本当は僕――」

ナカジマ「なんなんだ……この違和感は……!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:11:18.92 ID:xFhkbd490

キィィン……キィィィイン……!

ユウスケ「! ま、まただ!」

士「しつこいモンスターだな。下がってろ、お前ら」


ガルドミラージュ「グオオォ!」

ガルドストーム「ギャオオ!」


ナカジマ「う、うわぁっ!?」

カツオ「ま、また化け物が!」


士「変身!」

【カメンライド――ディケーイ!】

ユウスケ「夏海ちゃん、みんな、こっちへ!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:15:47.89 ID:xFhkbd490

ディケイド「ハッ! ヤアッ!」

シュバァッ!
ガルド「グオオ!」



ナカジマ「あ……そ、そうだ、僕は……」

カツオ「ナカジマ、どうしたんだ!?」

ナカジマ「! イ、イソノ! そうだ、君はイソノだ!」

カツオ「! お、思い出してくれたのか!?」


夏海「ナカジマ君、カツオ君のことがわかるんですか?」

ナカジマ「どうして……どうして僕は、分からなくなっていたんだ……!?」

ユウスケ「な、何にしても、記憶が戻ったならよかった!」

カツオ「わかるんだな!? ナカジマ、僕がわかるんだな!?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:21:43.05 ID:xFhkbd490

ナカジマ「教えてくれイソノ! どうして、どうして君とあのライダーが!?」

カツオ「それは――」


夏海「士くんが、カツオ君の役割を演じることになっちゃったからですよ」

ユウスケ「で、でも、君の記憶が戻ったってことは、他の人達も――」


ナカジマ「そうか……あのライダーが来たから、全てが狂ってしまったんだ……」

カツオ「? ナカジマ?」


ナカジマ「また、巻き戻さなきゃ……」

カツオ「!?」


ナカジマ「これを使って……また……」

夏海「そ、それって、ミラーライダーのカードデッキ――」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:26:23.19 ID:xFhkbd490

ディケイド「! どういうことだ!? 何故あいつがデッキを持ってる!」


ユウスケ「ナ、ナカジマ君、それをどこで!?」

カツオ「そうだよナカジマ! また巻き戻すって、どういう意味だよ!」


しゅぃぃぃいん!
アポロガイスト「それは、我々が与えたのだ」


ディケイド「お前、大ショッカーの!」

アポロガイスト「また会ったなディケイド。だが、この世界が貴様の見納めとなろう」

ディケイド「大ショッカーが手を引いてやがったのか。何のつもりだ!」


アポロガイスト「おいおい、人聞きが悪いな。我々はその少年の望みを叶えてやっただけだぞ」

ディケイド「何……?」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:29:42.06 ID:xFhkbd490

ナカジマ「僕は……この時間をずっと生きていたかったんだ」

カツオ「ナカジマ!」


ナカジマ「最初は、日曜日が終わらなければいいって願っただけだった。月曜日なんて来なきゃいいって。
     そしたら、大ショッカーの怪人が現れて……これを使って時間を巻き戻せ、って」


ナカジマ「知ってる? このタイムベントのカード。これを使えば時間が巻き戻せるんだよ」

ディケイド「お前……」


ナカジマ「これを使って日曜日を繰り返している内に、気付いたんだ……
     僕が生きてるこの時間、全部……全部繰り返せばいいんだって!」


アポロガイスト「そうだ。その少年の願いで、この世界はループを続けていたのだ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:32:45.62 ID:xFhkbd490

カツオ「ナカジマ! お前、どうしてそんなこと!?」

ナカジマ「君と野球がしたかったからだよ、イソノ……。決まってるだろ?」


ナカジマ「中学生になって、高校生になって……大人になったら……
     こんなふうに、毎日楽しく野球で遊ぶなんて、できなくなるんだ」


ディケイド「そのために、子供の時間をいつまでも繰り返そうとしたってわけか」

アポロガイスト「素晴らしいだろう! この世界での実験は、実に上手く行った!」


アポロガイスト「感謝しているよ、ナカジマ君。君のおかげで、この世界はディケイドを幽閉する牢獄となった」


アポロガイスト「だが、ここで再び時間を巻き戻されては迷惑だ。デッキは返してもらうぞ」

ナカジマ「!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:38:24.98 ID:xFhkbd490

ナカジマ「い、嫌だ! このままじゃ、イソノとディケイドが入れ替わったままじゃないか!」

アポロガイスト「それでいいのだ。我々の目的は、最初からそれだったのだから」

ナカジマ「そんな!」


アポロガイスト「と、いうことだ、ディケイド。お前は繰り返される時間の中で、役割を演じ続けるのだ」

ディケイド「ふん。ごめんだな」


カツオ「ずるいよ、ナカジマ。そんな……時間を繰り返して、楽しい時だけを送りたいだなんて」

ナカジマ「イ、イソノ!? 何を言うんだ!? 君だってその方が――」

カツオ「月曜日からの辛い一週間があるからこそ、日曜日って楽しいんじゃないのかな……?」


ディケイド「ま、そういうことだな」


ディケイド「よく聞けお前ら。楽しい時間を繰り返したいなんて、大人になりきれてない証拠なんだ!」

アポロガイスト「なに?」

ナカジマ「……!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:39:20.88 ID:xFhkbd490

(あの音楽)

ディケイド「確かに人は、今の時間が永遠に続けばいいと思うこともある。次の日が来なければいいのにと願うこともある」


ディケイド「だが本当は、辛い時間と楽しい時間が交互に続くからこそ、人は楽しく生きていけるんだ!」


ナカジマ「!」

カツオ「ディケイド……!」


ディケイド「そうして紡がれていく日々のことを……俺達は、日常、と呼ぶんじゃないのか!」


アポロガイスト「貴様……生意気に語らいおって! 一体何様のつもりだ!?」

ディケイド「通りすがりの仮面ライダーだ。覚えておけ!」


アポロガイスト「クッ……やれっ!」

ガルドミラージュ・ガルドストーム「グオオォッ!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:41:20.35 ID:xFhkbd490

【クウガ! アギト! リュウキ! ファーイズ! ブレーイ! ヒビキ! カブト! デンオー! キバ!】
【ファイナルカメンライド――ディケーイ!】

ディケイド「はあぁっ!」

ガキィンッ!


カツオ「ナカジマ。もう、やめてくれないか。時間を戻すのは」

ナカジマ「……僕は」


バッ!

ナカジマ「!?」

海東「そうだよ、少年。このお宝は、君が持つには荷が重すぎる」

ナカジマ「か、カードデッキを!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:43:13.82 ID:xFhkbd490

海東「こんなもの……この世界に存在しちゃいけない」

バキュンッ!
パリーン!

ナカジマ「ああっ、デッキが!」


海東「……」


ゴルトフェニックス「キュオオォォッ!!」


海東「士あー。敵が増えたよー」

ディケイド「ああ?」


ガルドミラージュ・ガルドストーム「ギャオオ!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:44:36.57 ID:xFhkbd490

ディケイド「チッ……」


【リュウキ! カメンライド――サバイブ】
【ファイナルアタックライド――リュリュリュリュウキ!】

ディケイド「せやあっ!!」

バシュッ!ズバァッ!

ガルドミラージュ「グオォォッ!」

ガルドストーム「ギャアアァッ!」


ドカーン!!


ディケイド「……後はあれか」


ゴルトフェニックス「キュオォォォォ!!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:46:14.62 ID:xFhkbd490

ディケイド「カツオ!」

カツオ「えっ!?」


【ファイナルフォームライド――カカカカツオ!】
ディケイド「ちょっとくすぐったいぞ。我慢しろよ」

カツオ「な、何だよ!?」


にょいーん

ガシッ!

ディケイド「よぉし……」
ブンブンッ


ナカジマ「! イソノが――」

夏海「野球のバットに……!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:47:21.02 ID:xFhkbd490

ディケイド「でっかいホームランをお見舞いしてやるぜ」


【ファイナルアタックライド――カカカカツオ!】

ゴルトフェニックス「キュオオォォッ!」


ディケイド「ハアァッ!」


カキ――ン!!


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:48:43.50 ID:xFhkbd490

ゴルトフェニックス「ギャアアァァァッ!!」


ディケイド「命中っ……」





59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:51:46.68 ID:xFhkbd490

………。


サザエ「カツオ! あんた、どこ行ってたの!」

カツオ「姉さん! 姉さあーん!」

サザエ「ちょっ、ちょっと、何よ!?」



士「これで、この世界も元通り……か」


ナカジマ「……ディケイド」

士「ん」

ナカジマ「ごめん、僕は……どうかしていたんだ。あんなことを」

士「いいんじゃねえか。少しは大人になっただろ。お前も……あいつもな」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 21:54:34.85 ID:xFhkbd490

海東「やれやれ。今回も僕は骨折り損だったよ」


海東「あの“全自動卵割り機”だけどね。実際使ってみたら、あんなもの何の役にも立たなかった」

士「そりゃそうだろ。普通に手で割った方が早い」

海東「この世界にもお宝は無かったってことか……いや」



ナミヘイ「カツオ! こっちへきて座りなさい!」
ガミガミ……
カツオ「お父さーん、ごめんなさいー!」



海東「ああいう平凡な日々が。案外、お宝なのかもしれないな」

士「……ふん」


ユウスケ「行こうぜ、士」

夏海「次の世界が待ってますよ」


士「……ああ」




(おしまい)


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 22:04:13.33 ID:xFhkbd490

次回、仮面ライダーディケイド!


「俺の役目は……フロシャイムの戦闘員?」


       「俺の勝てねえ敵がいるなんて。もう……ヒーローはやめだ」


 「ただのご当地ヒーローなど、我が大ショッカーの敵ではないわ!」


   「レッドさん! こんなことで落ち込むなんて、レッドさんらしくないですよっ!」


 「立てよ、ヒモ野郎。お前が守らないで、誰がこの街を守るんだ」




次回、『バトルするなら溝ノ口』

――全てを破壊し、全てを繋げ!


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 22:06:23.14 ID:xFhkbd490

ありがとうございました!
サンレッドのレスが一番多かったので、次回はサンレッド編をお送りします。

ディケイド関係は、以下のサイトにも置いていますので、もしよかったら見てみてくださいー。
http://www.geocities.jp/hibikigaiden/

それでは!


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 22:13:22.40 ID:blz70cNi0

おっつおつ
サンレッド超楽しみ!


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 22:15:33.07 ID:rqgD9Uvb0




次→ディケイド「サンレッドの世界か……」

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。