スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怜「仮面ライダーゼ玄ス?」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341898601/
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 14:40:39.36 ID:/0econX00


怜「ってなんやのん?新しいライダーなん?」

竜華「えーーー!!怜知らんの!?今奈良で大人気のご当地雀士ライダーやで!?」

怜「いや知らんがな・・・てかその・・・これなんて読むん?」

竜華「ゼ玄スと書いてゼ○ロスや。」

怜「えらいまたギリギリなん持ってきたなぁ・・・。」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 14:44:02.24 ID:/0econX00

竜華「んでこれがなー!めっちゃおもろいねん!OPがめっちゃ印象的でなー!」

怜「なんかもうそれ以上はホンマあかん気ぃするからやめとき。」

竜華「電撃稲妻熱風!電撃稲妻熱風!ドラゴンロードをとばっせ~♪ドラゴンロードをとばっせ~♪」

怜「竜華ーーーーー!!!アカン!それ以上はホンマあかんて!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 14:47:57.94 ID:/0econX00

竜華「えーなんでーなー、あ!VHSもあんねん!せっかくやし一緒にみよ!」

怜「なんでご当地ライダーにOPがあってしかもVHSまででてんねん・・・、つか古いなVHS!」

怜「てか今更やけど雀士ライダーってなんやねん!仮にもヒーローが賭博すんなや!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 14:50:00.81 ID:/0econX00

竜華「もー、怜は細かいこと気にしすぎやでー?ほらほら♪はじまりはじまりー!」

怜「う~・・・、まあとりあえず見てみよか・・・。」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 14:53:13.54 ID:/0econX00

あくの秘密結社アチガとは、恐怖の麻雀力を持ち、麻雀帝国の野望を追うキヨスミの残党である!

その総指揮者レジェンゴ大使は、(シライトダイ)のアラフォー大使の親戚であり、全ての卓相手を飛ばす最終兵器、「亜空カン装置」を開発し、麻雀界消滅を企んだ。

配牌の自由の為に戦う10人の雀士ライダー達は、今宮永峠で、アチガの再生雀士達と最後の決戦に挑んでいた!


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 14:55:20.21 ID:/0econX00

OP ドラゴン・ロード 歌手:松実 玄

デーデーデーデッデッデデ♪デーデーデーデッデッデデ♪

デーデーデーデッデッデデ♪デーデーデーデッデッデデ♪

(以下略




ごめんねZX知らないと全く内容わからないねごめんね


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 14:57:26.01 ID:/0econX00

怜「おいいぃぃぃぃぃぃ!!!これは絶対アウトやろ!!!」

竜華「ど、どうしたん怜!?さっきからなんかおかしいで?」

怜「これモロやん!モロパクリやん!竜華はゼク○ス知らんの!?」

竜華「え?ゼ玄スってこれのことちゃうん?」

怜「」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 14:58:38.53 ID:/0econX00

竜華「怜はさっきから何をいっちょるんや?あ!ゼ玄スの紹介はじまるで!」

怜「いやだから・・・もうええわ、うん、はいはいゼ玄スゼ玄ス。」

~~~~~~~~~~~~

そして、10人目の雀士ライダー、ゼ玄スとは一体・・・


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:00:14.52 ID:/0econX00

中部地方長野で、当時高校生だった松実 玄は旅館の女将である姉、宥と一緒にリンシャンマシーンの噂を追って、長野の奥地へ徒歩で向かっていった。

その時、突如現れたリンシャンマシーンの強烈なカンにより、対音波と光の激痛で気を失った。

意識を取り戻した二人は、電撃リーチ棒の処刑にかけられ、アチガの秘密をしった姉は、玄の目の前で殺された。


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:02:35.17 ID:/0econX00

玄は、脳だけを残して改造され、アチガの強化サイボーグ雀士として生まれ変わった!

その後、なんやかんやで記憶を取り戻しなんやかんやでアチガに復讐することにしたのだ。

~~~~~~~~~~~~~


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:04:49.35 ID:/0econX00

怜「なんやかんやってなんやねん!そこ一番重要なとこやないか!」

竜華「まあ所詮ご当地モンやしなぁ~、そんな真剣に怒らんでも。」

怜「いやこれはファンに失礼すぎるやろ・・・ある意味馬鹿にしてるといっても過言ちゃうんやないかこれ。」

竜華「もう!さっきからなにゆってるかよーわからんわぁ、あ!ほら!次は秘密結社アチガの紹介やで!」

~~~~~~~~~


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:07:32.98 ID:/0econX00

アチガは、恐怖の秘密兵器「亜空カンシステム」を開発した。

使用されれば、次元を超越し山との牌を交換することで、一瞬にして自牌を全てカンすることが出来る。

この亜空カンシステムの完成は、麻雀界の壊滅を意味するのだ!

悪の秘密結社アチガのレジェンゴ大使は、完成を控えこのシステムの威力をためすため、実験を開始しようとしていた!



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:10:30.89 ID:/0econX00

レジェンゴ「ついに完成したな・・・ファッハッハッハ。」

レジェンゴ「アラタ博士、今から実験をみせてもらうぞ。」

アラタ「で、でもはるt・・・レジェンゴ大使!そんなことをしたら!」

レジェンゴ「かまわん、スイッチを入れろ。」

シズノ「はっ。」

ポチッ

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

カン!カン!カン!マージャンッテタノシイヨネ!イッショニタノシモウヨ!

カン!カン!モイッコカン!


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:12:34.95 ID:/0econX00

レジェンゴ「うむ、実験は成功だ。」

レジェンゴ「ご苦労だった、世は満足じゃ。」

レジェンゴ「システムの1万分の1でこの威力!」

レジェンゴ「完成が楽しみじゃ。」

シズノ「後はシステムの仕上げに使う、タコスニウム84を運ぶだけです。」

レジェンゴ「急げよ!」

シズノ「はっ!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:14:37.63 ID:/0econX00

アラタ「・・・大変なものを作ってしまった・・・。」

アラタ「なんとかここを脱出して、早く誰かに知らせないと!」

~~~~~~~~~~~~


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:17:06.80 ID:/0econX00

竜華「あわわわわわ、どないしよ~怜ぃ、こんなんされたらウチら麻雀打たれへんなってまう~。」

怜「いや、これフィクションやから・・・しかしお粗末な出来やなー、実験のとこなんかダンボールで作ったやつに牌を合成してるだけやし。」

怜「おまけに擬音全部人の声やったで・・・それくらいSE使えや・・・。」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:19:22.92 ID:/0econX00

竜華「このチープな感じがまた人気の秘訣なんや!いかにも頑張って作ってますって伝わってくるやろ!」

怜「いや、頑張ってるというかめっちゃ手ぇぬいとるっちゅーか・・・。」

怜「なぁ、もう帰ってええ?ツッコミいれるの疲れてきたわ・・・。」

竜華「えー!!これからおもろくなるとこやのに!」

怜「いや、ウチこれの元ネタ知ってるし・・・オチも分かってるから・・・。」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:21:26.76 ID:/0econX00

竜華「ほんなら最後!一番熱いとこだけみよ!」

怜「えー・・・おもろなかったらどうしてくれるん?」

竜華「そんときは膝枕でも腕枕でも胸枕でもなんでもしたるわ!」

怜「(絶対おもろないって言ったろ。)」

~~~~~~~~~~~


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:24:02.42 ID:/0econX00


玄はタコスニウム84を守るため、先輩雀士達のいる宮永峠へと向かっていた。

しかし!そこに一人の少女が立ちはだかるのであった!

それはアチガでの唯一の友でありライバル、高鴨穏乃ことシズノである!

玄「・・・シズノちゃん。」

シズノ「久しぶりだね、玄さん。」

玄「うん・・・、元気だった?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:25:26.11 ID:/0econX00

シズノ「玄さん、あなたとはこんな風に会いたくなかった。」

シズノ「私は、アチガにこの命を捧げた。」

シズノ「アチガに歯向かう奴は、たとえ大事な先輩でも許せない!」

玄「シズノちゃん!」

シズノ「こい!玄さん!」

玄「お願い!行かせてシズノちゃん!私はあなたと戦いたくない!」

シズノ「行きたかったら・・・私をトバしてからいくんだね!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:26:05.70 ID:/0econX00

バリバリバリバリ!!(土中から現れる麻雀卓)

シズノ「ウウウゥゥゥゥゥゥゥ!!ウキィィーーーーーーッッッ!!」

なんと!玄のかつての友人シズノは再生雀士、モンキーロイドへと姿を変えたのだ!

モンキー「ウッキー!ポン!ポン!チー!ロン!喰いタンのみ!」

モンキーロイドの容赦ない喰いタン攻撃になすすべもない玄!

玄「うぅ・・・このままではやられてしまう、やるしかないのね。」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:28:14.56 ID:/0econX00

玄「行くわよシズノちゃん!変~~~~~~~身!!」

デーデーデーデッデッデデ♪デーデーデーデッデッデデ♪
デーデーデーデッデッデデ♪デーデーデーデッデッデデ♪

玄「ゼーーーほにゃららーーーーーほんにゃらーーーーースーーーーーー!」(一部不適切な擬音が入っております。)

玄「ゼ玄ス!」

チャキーン!チャキーン!チャキーン!(効果音


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:30:28.14 ID:/0econX00

モンキー「ゼ玄スめぇ・・・!いくぞぉ!」

ゼ玄ス「待って!モンキーロイド!目を覚まして!」

ゼ玄ス「あなたは悪の秘密結社アチガに忠誠を尽くすことはない!」

モンキー「能力に頼りきったこの麻雀界に善も悪もない!」

モンキー「強いものこそ勝ち残る!勝ち残ったものが善なのだぁ!」

ゼ玄ス「くっ!このわからずやーーーーー!!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:32:35.21 ID:/0econX00

モンキー「さあいくぞ!」

モンキー「ポン!」バシュウゥゥゥ

モンキー「ポン!」ブッシャァァァ

モンキー「ポン!」ドゴォォォ

モンキー「ポン!どうだ!トイトイ確定の裸単騎だぞ!この速さでは読めまい!」

ゼ玄ス「くっ!速い・・・!」

ゼ玄ス「(モンキーロイドの鳴き速度は0.7秒、なら0.7秒の隙を突くしかない!)」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:34:47.34 ID:/0econX00

スチャ

ゼ玄ス「ドラ爆集中爆弾!!ロン!!三暗刻ドラ6」

バコォォォォォォン!!!

モンキー「グウワァァァァァ!!!!」

モンキー「うぅ、おのれぇぇぇ!!」

スッ

ゼ玄ス「モミアゲチェーン!!」

ガチィッ!

モンキー「グゥ!手が痺れて理牌が・・・!?」

ゼ玄ス「とどめよ!シズノちゃん・・・いえ!モンキーロイド!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:37:42.47 ID:/0econX00

ゼ玄ス「とどめよ!シズノちゃん・・・いえ!モンキーロイド!」

ゼ玄ス「とおっ!!」

ゼ玄スが高く飛び上がると同時にゼ玄スの体が真っ赤に輝く!

その姿はそう!天に高く昇る龍の様に!

松実 玄は今ゼ玄スとして!龍となりドラゴンロードを駆け昇る!

そしてそのまま右足を軸に、モンキーロイドめがけて勢いよく降下する!



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:39:56.19 ID:/0econX00

それは雀士ライダーなら誰もが持つ必殺技!

その名は!!


ゼ玄ス「ゼ玄ーーーーーース!!!!キィィィィィィック!!!!」

バキィィィィッ!!

モンキー「ギャアアアアアアアアアアアア!!!」

ガッゴッザラザラザラザラ!!(岩肌から転げ落ちる音


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:42:09.32 ID:/0econX00

シズノ「ぐっ・・・私はまだ・・・ぐあぁっ!」

バタッ

ゼ玄ス「・・・シズノちゃん。」

シズノ「玄さん・・・わた・・・しの、ま・・・け・・・ガクッ」

ゼ玄ス「シズノちゃん・・・ごめんね・・・。」

~~~~~~~~~~~~~~~~


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:44:16.20 ID:/0econX00

竜華「うう・・・え~話やっだなぁ・・・ずびーっ。」

怜「ちょっ!ウチの制服でかまんといて!あぁ~もう洗濯せなあかんやんか・・・。」

竜華「で、どうやった?面白かったやろ?」

怜「・・・・・・・・・」

竜華「ん?どうしたん怜?」

怜「いや、なにから突っ込んでいこうなって思ったら思わず考えてもーてな・・・。」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:46:31.24 ID:/0econX00

怜「まず!これホンマにモロぱくりやからね!○クロスの!麻雀に置き換えただけで後全部展開同じやん!」

怜「次に最後のシーン!なんで最初麻雀ぽい戦いしてんのに最後物理攻撃やねん!今までの麻雀の設定とか戦闘意味ないがな!」

竜華「お、おお・・・、怒涛のツッコミやな、とても病弱アピしてるいつもの怜とは思われへん。」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:48:52.29 ID:/0econX00

怜「誰のせいや思ってんねん!そしてこれ最後!ずっっっっと言いたかったんやけど!!」

怜「これどう考えても阿知賀の人らやん!レジェンゴって監督のあの人やしアラタってオカッパの子やろ!」

怜「途中はるって本名ちょっと言うてるし!そこはそのまま流すなや!」

怜「ていうか玄って完全にウチが戦ったドラの子やんけ!なんでこれにでててしかも主役はってんねん!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:50:55.50 ID:/0econX00

竜華「だって、ほらここに書いてるし。」

怜「え?どこどこ?んん~~・・・?」

雀士ライダーゼ玄ス 特別出演:阿知賀女子学院麻雀部の皆様 SE:松実 玄(肉声)

怜「特別出演ってレベルじゃねええええええええええ!!!!」バシィィッ!

怜「ていうかSEまであんたかぁぁぁぁい!!!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:53:03.83 ID:/0econX00

竜華「あああっ!!人のVHSになにしてんのん!」

怜「ご、ゴメン・・・思わず勢い余って投げてしもーたわ。」

竜華「もう!これ借りもんなんやから大事にしてや!」

怜「え”、借りもんやったんか?そらホンマごめん。」

竜華「まあ別に傷も付いてないし、玄さんも優しいから怒れへんやろ。」

怜「本人に借りたんかい!!!」

おわり


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 15:55:45.88 ID:/0econX00

支援くれたり参考動画はってくれたりありがとでした。

SSはじめてだけどめちゃめちゃ短いねゴメンね。

それとZXマイナーすぎだよね、こんどから仮面ライダー玄(BLACK)にするね。


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 16:09:15.60 ID:BdC2kAoA0


ゼクロス初めて知ったわ


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 16:13:00.78 ID:/etWz+S50

乙でした!


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 16:57:42.44 ID:roV9rSZz0

SEが玄…アリですね


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。