スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャスター「リュウノスケ、少し昔話をしましょう。」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341919052/
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:23:15.56 ID:XLz6bNUu0

龍之介「んだよ旦那~。畏まっちゃってさぁ」

キャスター「明日は最高のCOOLをお見せしましょう。」

キャスター「ですので、今日は二人で語らいましょうぞ」

龍之介「ん~。でも、たまにはこういうのもありかな。ずっと暗いとこにいたからね」

キャスター「あぁ!りゅうのすけぇぇ!今!見ましたか!?流れ星!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:30:47.56 ID:XLz6bNUu0

龍之介「で、旦那の昔話って何?」

キャスター「ふむ、我が聖処女の話です。」

龍之介「あぁ、ジャンヌ・ダルクだっけ?そういえば旦那はまだその話してくれてなかったけ」

キャスター「えぇ、是非お聞かせしましょう。」

――


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:39:27.35 ID:XLz6bNUu0

キャスター『我が祖国は王位継承をめぐる争いの最中にありました…』

キャスター『私にももちろん戦の火が飛んできました』

キャスター『我が祖父は私を富と権力の道具も同然に扱い…全く酷い仕打ちでした』

龍之介「ひでぇ!旦那を道具扱いするなんて!俺だったらゆるせぇ!」

キャスター「うぅ、龍之介!なんとありがたきお言葉!」

キャスター「それでは続けますよ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:51:14.89 ID:XLz6bNUu0

キャスター『そんな、ある日…私は運命の出会いをしたのです!!』

――宮廷

シャルル「是非、君に会ってもらいたい人がいてね」

キャスター「私に?」

シャルル「噂は聞いているかもしれないけど、さぁ奥の部屋で君を待っているよ」

キャスター「は、はぁ…」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:59:05.71 ID:XLz6bNUu0

キャスター「し、失礼します。私に何か」

ジャンヌ「やぁ、初めまして。」

キャスター「じょ、女性!?私は一応…婚約しています!お見合いなど」アセアセ

ジャンヌ「ちょっと!落ち着いて!お見合いなんかじゃないよ」

キャスター「では…何のご用件で」

ジャンヌ「決まっているだろ!現在我々は危機に直面している」

キャスター「イングランド軍による包囲ですか…。」

ジャンヌ「あぁ!我々は今こそ立ち上がるべきなんだ!」

キャスター「っむ、無茶です!民は今餓えに苦しみ…戦いなんて…とても…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:09:51.82 ID:XLz6bNUu0

ジャンヌ「大丈夫!私は神の声を聞いたんだ!」

ジャンヌ「神は言ったのです!今こそ国のために立ち上がるべきだと!」

キャスター「」ポカーン

ジャンヌ「な、なんだ!?私を信じてくれないのか?////」

キャスター「い、いやそういうわけでは…」

ジャンヌ「い、いいか!?神は我々に(ry」



キャスター『彼女はその後、無邪気な子供のように神の声について私にお話くださいました』

キャスター『その目は本当に美しく、希望に満ち溢れ輝いて見えました』




ジャンヌ「私と共に戦おう」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:15:13.32 ID:XLz6bNUu0

キャスター『その後、彼女の噂は町全体に広がり…』

キャスター『希望を求めて立ち上がったのです!』

――オルレアン包囲戦

キャスター「やはり、貴方もご出陣なさるのですか」

ジャンヌ「当たり前だ!兵はみな私に期待している。私がみなの希望だから…」

ジャンヌ「それに!私がいなくては!みな不安がるだろう?」ニコッ

キャスター「/////////」

キャスター「ふふ。ですが、兜が傾いておられる。」カチャカチャ

ジャンヌ「あ、ありがとう///」

キャスター「うむ、立派ですぞ。ジャンヌ」

ジャンヌ「では参ろう!!!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:22:24.85 ID:aeH/D/57O

Fateで学ぶ歴史の偉人


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:22:25.69 ID:XLz6bNUu0

キン キン ガチャ ワー ワー

――戦場

ジャンヌ「こ、これが…戦場」

兵「しねぇぇ!!」

兵「我が祖国のためにぃぃ!!」

ジャンヌ「きゃっ!」

キャスター「危ない!」

キン! グサッ

キャスター「何故!?剣を御抜きにならないのです!?」

ジャンヌ「」ガタガタ

キャスター「気をしっかりお持ちください!ジャンヌ!ジャンヌ!!」

ジャンヌ「わ、私は…」ガタガタ ブルブル


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:30:35.42 ID:XLz6bNUu0

ジャンヌ「こんなこと…こんなこと…」ガタガタ


キャスター『ジャンヌは酷く怯えていました。無理もありません。彼女はまだ10代少女…』



キャスター「ジャンヌ…今日のことは」

ジャンヌ「ごめんなさい…私…」

ジャンヌ「私にはできない…人殺しなんて」シクシク

キャスター「私が止めておくべきでした…。やはり貴方はご出陣なさるべきではありません」

ジャンヌ「それはだめだ!!同士は皆命がけで頑張っているんだ!」

ジャンヌ「私は希望だ!私が出向かなくては!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:41:06.73 ID:XLz6bNUu0

キャスター『彼女にとって戦場は地獄そのものでした…』

キャスター『それでも彼女は必ず出陣した。ただ、旗を持ち、勇敢に戦場を駆けました』

キャスター『兵士達は彼女の鼓舞を見て勇気付けられました。もちろんこの私も』


キャスター『そして…我々は戦いに勝利したのです。』


ジャンヌ「これで!これでオルレアンは開放される!」

キャスター「えぇ、これも全て貴方のおかげですジャンヌ」

ジャンヌ「いえ、私はただ神の声に従ったまでです」

ジャンヌ「神はいつも我々を見守ってくださってる!」

ジャンヌ「どんなに絶望の淵へ追いやられても我々をお救いになるのです!」

キャスター「えぇ!もちろんですとも!」

キャスター「ジャンヌ!我が聖処女よ!貴方はその神にもっとも近いお方です!!」

ジャンヌ「それはちょっと言いすぎだよ///」

ジャンヌ「でも、君との出会いもきっと、神のおかげだとおもうな」ニコッ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:45:46.80 ID:XLz6bNUu0

キャスター『その後、オルレアンは開放されました。』

キャスター『しかし、宮廷のものとジャンヌにすれ違いが生じ…それは次第に大きくなっていきました。』

キャスター『それでも、ジャンヌは独り祖国のため戦い続けました…』


キャスター『そして…』


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:59:06.00 ID:XLz6bNUu0

キャスター『私はジャンヌの死を知りました…それはあまりに残酷なものでした。』

キャスター『彼女はもう肉体すら残っていませんでした。』

キャスター『ジャンヌは…神はおろか、人として死ぬことも許されなかったのです…』


キャスター「ふざけるな!何故だ!何故彼女が死ななくてはならない!」

キャスター「祖国を救ったのだぞ!我らに希望の光を与えてくださったのですぞ!!」

キャスター「あぁ…神よ!どうしてこのような惨いことを…」シクシク

キャスター「じゃんぬ…ジャンヌ、ジャンヌジャンヌジャンヌ!!」


ジャンヌ『どんなに絶望の淵へ追いやられても我々をお救いになるのです!』


キャスター「そうか、神…貴方は…」

キャスター「どれだけ…どれだけの絶望が生まれようとも!貴方はただ見ているだけなのですね!」


キャスター「ふふ、それでは…それではこのジル・ド・レェが!最高の絶望と恐怖をご覧に入れましょう!!!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:02:57.51 ID:XLz6bNUu0

キャスター「とまぁ、こういう」

龍之介「」グー カー

キャスター「あらら、寝ちゃっていましたか。」

キャスター(ジャンヌ…。明日には全てを思い出さしてあげましょう)

キャスター(そして、貴方を陥れた神に…最高の絶望を)


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:10:12.94 ID:XLz6bNUu0

キャスター『これは…夢?』

キャスター『あそこに小さい少年が…誰でしょう?どこかで見たような…』

キャスター『あれは…もしや…』

龍之介「あっち~。早く帰ろ」

キャスター『龍之介!?ではこの夢はリュウノスケの…』




キャスター『いや、違う…この夢は…』


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:16:37.01 ID:XLz6bNUu0

おわり


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:18:23.88 ID:yuNlRafe0

は?(憤怒)


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:22:15.81 ID:VrRlsTRw0

は?(迫真)


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:28:34.01 ID:CwtH5fBki

は?(威圧)


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:30:05.68 ID:+XgEbVHa0

ほう?(愉悦)


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:32:38.96 ID:XLz6bNUu0

――龍之介編

姉「おかえり!龍ちゃん!」

龍之介「ただいま~!」

姉「どう?蝉はいっぱい獲れた?」

龍之介「すっげぇ捕まえた!ほら!」 ガサガサ

姉「うわ!すごいね~!龍ちゃん」ナデナデ

龍之介「えへへ~」

姉「それじゃ、逃がしてあげましょ」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:38:49.91 ID:XLz6bNUu0

龍之介「えええ!どうしてだよ!折角捕まえたのに!」

姉「あのね、龍ちゃん。蝉は七日間しか生きられないのよ?」

姉「だから、死んじゃう前に逃がしてあげましょ」

龍之介「なんで?七日しか生きられないの?」

姉「え、えぇ…う~ん…わかんないなぁ」

龍之介「ふーん」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:41:33.82 ID:XLz6bNUu0

龍之介「やっぱりやだ!」

姉「えええ…」

龍之介「死ぬまで飼う!」

姉「なんでまた…」

龍之介「死ぬとこ見てみたい!」

姉「でも可哀想じゃない」

龍之介「何がー?気になるじゃんか!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:46:00.65 ID:XLz6bNUu0

姉(困ったなぁ…。でも、これで龍ちゃんに命の大切さを知ってもらえるんならいっか)

姉「その代わり、最後までちゃんと責任もって育てるのよ?」

龍之介「うん!」

数日後

龍之介「死んじゃった」

姉「そうね…埋めてあげよ?」

龍之介「うん!」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:53:35.54 ID:XLz6bNUu0

龍之介「ねぇ」 ヨイショ ヨイショ

姉「ん?」

龍之介「死んだらどうなるの?」

姉「えぇ…」(またまた、難しい質問だ…)

姉「死んだら~?えぇ…」アセアセ

龍之介「俺たちも死んじゃうの?」

姉「」(悩む龍ちゃん、可愛い///)

姉「うん、いつかは死んじゃうかな」ギュッ

龍之介「ぐ、そっか姉ちゃんも?」

姉(龍ちゃんをこれ以上怖がらせるわけにはいかん!)

姉「うん、もちろん。でも、怖いことでもないと思うよ」

龍之介「そうなの?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:57:29.07 ID:XLz6bNUu0

龍之介「へー。そうなんだ」


――数年後

龍之介(つまんねぇこの映画。どうせCGだしなぁ)

龍之介「あぁ、ゲームもどうせゲームだし!」

龍之介「俺はどうすりゃいいんだ~」バサッ

龍之介「はぁ…誰か殺してぇ」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:07:10.94 ID:XLz6bNUu0

姉「龍ちゃん。ご飯だよ」

龍之介「はいよ~。今行く」



姉「お父さんとお母さん、帰ってくる日もうちょっと延びるって」

龍之介「へぇ、そうなんだ」(チャンス!これってチャンスじゃん!)

姉「ふふ、昔は泣いて嫌がってたのに~♪もう親離れしちゃった?」

龍之介「まぁ、さすがに泣かねーよ」

姉「じゃぁ、お姉ちゃん。お風呂に入ってくるね!」(龍ちゃんも大人になったなぁ…うんうん)




龍之介「すっげぇわくわくする!どうやって殺そうかな!?」

龍之介「包丁でぶっさす?いやでも…ここは首絞めたほうが」

龍之介「あぁぁ悩む!!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:13:16.76 ID:XLz6bNUu0

姉「龍ちゃ~ん!お風呂上がったよ~」

姉「龍ちゃんも明日早いんでしょ?って、あれ?龍ちゃんどこぉ?」

姉「寝ちゃったかなぁ…。う~ん…龍ちゃ~ん」

龍之介「」スッ

姉「あ、龍ちゃ、ぐ…ぐはっ」

ギュギュギュギュ

姉「ぎゃ、がはっ」ジタバタ

姉(龍ちゃん?どうして?)

ギュギュギュギュギュ

姉「やめ…ぐるじ」ジタバタ

姉(どうしてなの?龍ちゃん…)

姉「ど…し…て」

ギュギュギュギュギュ

姉「」バタリッ


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:17:46.50 ID:XLz6bNUu0

龍之介「はぁ…すげぇ」

姉「」

龍之介「何だよ…ちょっと首絞めただけだぜ?」

龍之介「なのになんだよ!この感覚…超COOLじゃん!」

龍之介「あぁ、もっと殺してぇ!」

龍之介「もっと色んな殺しかたをしよう!」

龍之介「こんなの飽きるわけないじゃん!!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:26:58.37 ID:XLz6bNUu0

キャスター「はっ!今の夢は…リュウノスケのお姉さまの…」

龍之介「ん?どうしたの旦那?俺、寝てた?」

キャスター「起こしてしまって申し訳ございません。」

龍之介「な~んか変な夢見たよ」

キャスター「夢?」

龍之介「超!熱い夢!マジで!火炙りってやつだよ!ありゃぁ!」

キャスター「リュウノスケェ…」

龍之介「なぁ、死ぬ間際って一体何考えるんだろう」

キャスター「そうですねぇ…こればっかりは死んでみないとわかりませんね」

龍之介「死人に口なしか~。」

キャスター「…」(少なくとも…彼女らは…)


ジャンヌ『熱い、熱い…どうして…こんな…――あぁ、ジル・ド・レェ。もう君に会うことは…』

姉『龍ちゃん…龍ちゃん…ごめんね…きっとあたしのせいだよね』


キャスター(最愛の人を想うのでしょう…)
おわり


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:33:20.89 ID:XLz6bNUu0

かなり即興で作ったんで内容は単純です
ごめんね。最後までみてくれてありがとう


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:30:06.39 ID:ADToRXA00

良い終わり方ジャマイカ


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:30:16.43 ID:FgZPX4sH0

おっつ
綺麗に終わったな


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:33:56.91 ID:7YEiMdd0O


なんだか複雑な心境


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:43:52.10 ID:g/Lqm5Av0

良かったよ


この記事へのコメント

- 名無しさん - 2012年07月27日 10:10:16

この二人って実際間逆の感性をしてるんだよな
キャスターにとって殺人は神の裁きを受けるための手段に過ぎなかったけど
龍之介にとっては殺人自体が娯楽だし

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。