スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真尋「丁寧語じゃないニャル子か…」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341761896/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 00:38:16.83 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「さあ、真尋さん!今日こそ私たちの愛を!」

真尋「おっ、おい!服を脱ぐな!!」

クー子「ニャル子…私と…一つになろう…」

ニャル子「なんであんたなんかと!私には真尋さんという人がいるんです!!」

ハス太「真尋くん…僕でもいいんだよ?」

ニャル子「ハスター君まで!真尋さんは私のものですよ!」

真尋「(……あれ?)」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 00:42:23.31 ID:O9SDsX+sI


真尋「なあ、ニャル子」

ニャル子「なんですか、もしかしてやる気になったんですか!?」

クー子「抜け駆けはダメ」

真尋「そんなわけないだろ!ちょっと気になることがあるんだ」

ニャル子「私のスリーサイズなr

真尋「とりあえず黙りなさい」

ニャル子「…はい」

クー子「ニャル子、早く…ハァハァ」

真尋「お前もだよ!!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 00:44:49.95 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「それで、気になることってなんですか?」

真尋「ああ、それは…」

ニャル子「……」ドキドキ

真尋「ニャル子ってなんでいつも丁寧語なんだ?」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 00:49:05.75 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「…は?」

真尋「いや、だってお前が丁寧語で喋ってないところは見たことないし」

クー子「それは気づかなかった…不覚」

ハス太「僕も聞いたことないなあ」

真尋「で、なんでいつも丁寧語なんだよ」

ニャル子「え~、それはですね…」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 00:51:53.06 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「…職業病?」ペロッ

クー子「ニャル子可愛い…抱きしめたい」

真尋「だから、お前は黙ってろよ!!」ザクッ!

クー子「エマージェンシー、エマージェンシー…」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 00:54:55.96 ID:O9SDsX+sI


真尋「ったく…」

クー子「痛い…少年は鬼という名の鬼畜」

真尋「いや、それは違いが分からん」

ハス太「それよりニャル子ちゃんのことは…」

真尋「話がずれたけど、じゃあ本題n

クー子「修正してやるっ!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 00:57:55.16 ID:O9SDsX+sI


真尋「……」

クー子「これは定番だから…大丈夫、問題ない」

真尋「…でさ、職業病ってどういうことだよ?」

ニャル子「えっと、それはですね…」

クー子「(放置プレイ…イイ)」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:00:50.68 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「課長とかと話してると、自然に丁寧語になったんですよ!」

真尋「嘘だろ」

ニャル子「……答えはWEBで!」

ハス太「無理しなくていいよ、ニャル子ちゃん…」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:02:27.52 ID:O9SDsX+sI


真尋「言いたくないんならまあいい」

ニャル子「ホッ…」

真尋「その代わりしばらく丁寧語を使うな、ニャル子!」

ニャル子「ええっ!?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:05:24.08 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「いやいや、状況が掴めないんですが」

真尋「だから、丁寧語じゃないニャル子を見たいんだよ!」

ニャル子「!!」

真尋「もし、やってくれたら添い寝してやるよ」

ハス太「そ、添い寝!?ずるいよニャル子ちゃん!」

真尋「まあ、嫌ならいいんだけど」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:10:29.14 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「分かりました、やります!」

真尋「じゃあ、どんな感じのキャラでするんだ?」

ニャル子「そこまでは決めてませんよ…」

クー子「もうすぐ新しい世界が見える…」

真尋「さあ、どんな感じにするかな…」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:16:37.37 ID:O9SDsX+sI


真尋「とりあえず、普通でいいか…」

ニャル子「普通って言われても、これが普通ですよ…」

真尋「お前はやたらとテンションが高いから、元気なキャラでいいや」

ハス太「真尋くんを呼ぶときはどうするの?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:19:01.88 ID:O9SDsX+sI


真尋「じゃあ、真尋くん、でいいか…単純に」

ニャル子「いつから始めるんでしょうか…?」

真尋「明日の朝からかな…そっから寝るまで」

ニャル子「えっ!?学校でもするんですか!?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:22:24.30 ID:O9SDsX+sI


真尋「当たり前だろ」

ニャル子「うう…私のキャラが崩壊しますよお…」

真尋「そんなことを気にするなよ」

クー子「気にしたら負け」

ニャル子「あう…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:26:22.90 ID:O9SDsX+sI

翌朝


ガチャ

ニャル子「おはようございます!真尋s…じゃない、真尋くん!」

真尋「ああ、おはよう、ニャル子」

ニャル子「さあさあ、一緒に学校行きまs…行こうよ!」

真尋「あ、うん(かなり無理してるな…)」

クー子「ニャル子…イイ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:30:04.49 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「ね、手を繋いで行きm…行こう?」

真尋「え?」

ニャル子「ダメ…かな…?」

真尋「いや、いいよ(ヤバい、可愛い)」

ニャル子「えへへへ…真尋くん大好き!!」

クー子「ニャル子…私にも言って」

ニャル子「やだ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:34:26.94 ID:O9SDsX+sI


クー子「意外と傷つく…くすん」

真尋「そこは変わらないのか」

ニャル子「もちろん!口調変えてるだけだから!」

ハス太「口調変えただけでこんなに変わるんだね…」

真尋「それだけ定着してたんだろうな」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:36:38.79 ID:pEdUi0or0

これぽぷらちゃんじゃね?


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:39:11.51 ID:O9SDsX+sI

教室


真尋「(ニャル子にとってはここからが大変だな…)」

余市「おはよう、八坂君」

真尋「おはよう、余市」

余市「ところで、彼女はどうしたんだい?かなり変わった気がするけど」

真尋「ニャル子のことか?…ああ、あれは…」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:43:01.50 ID:O9SDsX+sI


真尋「なんというか…ゲームみたいな?」

余市「丁寧語を使わないニャル子さんって新鮮だね」

真尋「まあな」

珠緒「ねえ、八坂君!ニャル子ちゃんどうしたの!?」

真尋「次はお前か…」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:45:31.41 ID:O9SDsX+sI


珠緒「いや、だってなんかキャラが違うじゃん!」

真尋「ただの気分転換だから気にするな」

珠緒「?…でもそれはそれで楽しそうだね~!」

真尋「…だろうな(お前と同じようなタイプの口調だし)」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:51:05.98 ID:O9SDsX+sI

屋上

真尋「ここで食べるのも定番化したな…」

ニャル子「真尋くん!あーん」

真尋「ちょっと待てニャル子。変な食材使ってないよな?」

ニャル子「当たり前だよ、真尋くんには美味しいもの食べてほしいもん!」

真尋「あ、うん、それならいいんだ(なんなんだこのドキドキは!?)」

クー子「ニャル子、私にもあーんして…」

ニャル子「うん、それ無理♪」

クー子「」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 01:57:18.90 ID:O9SDsX+sI

帰り道


真尋「やっと帰れるな(なんで僕がこんなに疲れてるんだ?)」

ニャル子「手…繋いで?」

真尋「分かった」ギュッ

ニャル子「えへへへ…真尋くんの手、あったかい…」

ハス太「ニャル子ちゃんばっかりずるいよ、僕もキャラ変えようかな…」

真尋「お前が変えると混沌(カオス)になりそうだからやめろ」

クー子「ああ、もうすぐ一日が終わる…」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:00:56.31 ID:O9SDsX+sI


ガチャ

真尋「ただいま~」

ニャル子「じゃあ、私は晩ご飯作るね」

真尋「ありがとう、助かるよ」

ニャル子「愛する真尋くんの為ならなんでもするよ!」

真尋「(やっぱり変わらないな、これだけは)」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:04:56.01 ID:O9SDsX+sI


真尋「晩ご飯も食べたし、風呂に入ってくるよ」

ニャル子「行ってらっしゃーい」

真尋「…手は振らなくてもいいぞ」

ニャル子「体が勝手に動いちゃうんだよ」

真尋「はいはい(こんな仕草、今まであったか?)」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:07:44.23 ID:O9SDsX+sI


真尋「やれやれ…」

真尋「口調を変えただけであんなにキャラって変わるんだな…なんか行動も変わったし」

真尋「ニャル子のやつ、なんか可愛くなったし…」

真尋「って、何を考えてるんだ僕は!!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:09:52.97 ID:O9SDsX+sI


ガラッ

ニャル子「やっほ~」

真尋「なんで入ってきたんだよお前!」

ニャル子「その……ね?」モジモジ

真尋「(ニャル子が照れた…だと……)」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:13:04.28 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「一緒に入りたかったんだよ、真尋くんと」

真尋「……」

ニャル子「どうせ結婚するんだからいいでしょ?」

真尋「いや、まだそれは…」

ニャル子「私は真尋くんのこと大好きなんだけどな…」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:17:37.49 ID:O9SDsX+sI


真尋「(どうすればいいんだよ!?いつものニャル子ならフォーク刺すけどさ!)」

真尋「(なんというか、刺そうにも刺せないし…)」

真尋「(…今更だけど、丁寧語のニャル子も可愛いのかもしれないな…)」

ニャル子「ゴメンね、無理ならいいんだよ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:21:29.92 ID:O9SDsX+sI


真尋「いや、いいよ。お前が居たいんなら」

ニャル子「お~、真尋くんがデレた~!」

真尋「デレてないっ!!」

ニャル子「可愛いなあ、真尋くんは」

真尋「(くそっ!こういうところは変わってねえ!!)」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:24:25.52 ID:O9SDsX+sI

居間

真尋「うん、もう丁寧語に戻っていいぞ」

ニャル子「え~、もう終わり?」

クー子「そんな…新しい扉が消えてゆく…」

真尋「ニャル子、いろいろ付き合わせて悪かったな。もう元に戻れよ」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:26:34.90 ID:MCCuZVL/0

これがギャップ萌えか


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:27:05.78 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「……」

ニャル子「はいっ!這いよる混沌、ニャルラトホテプだよっ!!」

真尋「……え?」

ハス太「あれ?ニャル子ちゃん?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:28:53.21 ID:O9SDsX+sI


真尋「おーい、ニャル子~?もういいんだよ」

ニャル子「え?これが素じゃないの?」

真尋「え?」

ニャル子「え?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:29:22.16 ID:Qnkj2hNo0

お?


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:29:43.84 ID:pEdUi0or0

ん?


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:31:16.13 ID:4SmuIshWO

さすが無貌の神


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:31:23.33 ID:O9SDsX+sI


真尋「おい、ちょっと待てよ。もしかして…」

クー子「ニャル子は元のキャラを忘れた…」

ハス太「ギャップがすごすぎたのかな…」

真尋「おい、マジかよ…」

ニャル子「ね、なんでみんな難しい顔してるの?」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:36:16.08 ID:O9SDsX+sI


ルーヒー「あなたたち、困っているみたいね」

真尋「ルーヒー!?なんであんたが?」

ルーヒー「なんか説明役らしいわ、だからわざわざ来たのよ」

真尋「何の説明だよっ!?」

クー子「少年…亀の甲は歳の功…ふふっ」

ルーヒー「どういう意味かしら、それ?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:39:43.45 ID:O9SDsX+sI


ルーヒー「まあ、いいわ。それより彼女を治す方法だけど…」

真尋「あるのか!?」

ルーヒー「一応あるわよ」

真尋「教えてくれよ!僕は元のニャル子に戻したいんだ!」

ハス太「真尋くん…かっこいい…」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:43:29.65 ID:O9SDsX+sI


ルーヒー「どうやって白雪姫が眠りから覚めたか…分かるわよね」

真尋「つまり、どういうことなんだよ!」

ルーヒー「それと同じことをすればいいだけよ。これで私の役目は終わったわ、後はあなた次第ね」

クー子「なんという出落ち…」

ハス太「それ、言っちゃダメ!」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:47:13.30 ID:O9SDsX+sI


真尋「……」

ニャル子「難しい顔してるけど、大丈夫?真尋くん」

真尋「…なあ、ハス太。つまり…キスしろってこと…だよな」

ハス太「ぼ、僕は知らないよっ!」

クー子「私がニャル子の初めてをもらう…」

真尋「お前はキスだけじゃ済まないだろ」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:50:43.52 ID:O9SDsX+sI


真尋「まあ、そういうことだから…部屋に行くよ」

ニャル子「行こう、まっひろくん!」

真尋「やれやれ…」

バタンッ

クー子「……」

ハス太「……僕たちも出落ちっぽいね…」

クー子「気にしたら負け」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:53:02.58 ID:O9SDsX+sI

部屋


真尋「ニャル子…」

ニャル子「なあに?真尋くん」

真尋「僕は元のお前が好きだ、だから…」

ニャル子「……」

真尋「目を…瞑っててくれないか?」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:55:07.31 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「……うん」

真尋「ごめんな…僕の勝手で」

真尋「……」

チュッ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:56:45.51 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「……」

真尋「ニャル…子?」

ニャル子「…真尋さん?」

真尋「元の…ニャル子なのか?」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 02:59:09.58 ID:O9SDsX+sI


ニャル子「はい、私は這いよる混沌、ニャルラトホテプです」

真尋「それなら…いいんだ」

ニャル子「それにしても…真尋さんとやっとキスできて…死にそうです…」

真尋「…はあ?」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 03:04:03.89 ID:O9SDsX+sI


真尋「おい、お前。どういうことなんだよ?」

ニャル子「今日の朝から寝るまで、って真尋さんが言ったでしょう?まだ寝てませんよ?」

真尋「はあっ!?」

ニャル子「それにしても…真尋さんからしてくれるなんて…私、嬉しいです」

真尋「つまり、全部演技だったと…」

ニャル子「そりゃあもちろん、私は無貌の神ですから」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 03:07:03.40 ID:O9SDsX+sI


真尋「ニャル子ぉぉ…」スッ

ニャル子「ご、ごめんなさい!フォークはやめてください!」

真尋「…分かったよ、その代わり条件がある」

ニャル子「条件…?」

真尋「今夜は僕と一緒に寝よう」

ニャル子「……はいっ」




終わり


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 03:08:04.73 ID:O9SDsX+sI

これで終わりです
ニャル子の声の脳内再生って難しいな
見てくれた人ありがとう


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 03:09:15.43 ID:MCCuZVL/0

なんかあれだな あれだわ あれ
よかったよ乙


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 03:29:38.82 ID:wGHIqLs10

おおおお
乙、よかった


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 03:44:29.76 ID:YO2eSrfY0

ニャル子可愛いよニャル子


この記事へのコメント

- 名無しさん - 2013年10月27日 06:16:48

ニャル子がご褒美しかもらってない・・・だがそれでいい!

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。