スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほむら「私の願い事?」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341741439/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:57:19.73 ID:FnE7HniB0

ほむら「まだ考えてるところよ。まどかは?」

まどか「私? 私は……内緒だよ」

ほむら「私に聞いておいて、それはずるいわ」

まどか「えへへ、後でのお楽しみ、ね」

ほむら「……楽しみにしてていいのね?」

まどか「そういう意味じゃないんだけど///」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:00:06.73 ID:FnE7HniB0

ほむら「いざ願い事って言われると難しいわね……」

まどか「例えば……なにかやりたいこととかないかな?」

ほむら「やりたいこと……こうやってまどかと手をつないで歩くこと、とか」

まどか「それはもう叶ってるよね///」

ほむら「そうね……じゃあもっと……」

まどか「もっと……?///」

ほむら「べ、別に変な意味じゃないわ///」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:03:11.29 ID:FnE7HniB0

まどか「あとはなりたいものとか……」

ほむら「まどかのお嫁さんになりたいわ///」

まどか「そ、それは……他に無いかな///」

ほむら「まどかのお婿さんでも……///」

まどか「ほ、他に///」

ほむら「それ以外に考えたことは無いわね」

まどか「……もう///」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:06:02.54 ID:FnE7HniB0

ほむら「あ、でも短冊はまどかの家の笹に飾るのよね」

まどか「うん、今年はみんなの分を飾りたいなって」

ほむら「それってまどかのお家の人も見るの?」

まどか「もちろん見ると思うよ。パパやママもお願い事を書いて短冊を飾るし」

ほむら「そう……」

まどか「だから、あんまり変なこと書いちゃダメだよ?」

ほむら「……変なことってどんなことかしら」

まどか「え? えっと、それは……///」

ほむら「どんなことを書いちゃいけないのかしら。わからないから教えて欲しいわ」

まどか「……ほむらちゃんのいじわる///」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:07:20.70 ID:FsGpx1SL0

変なことってどんなこと!?
ねぇどんなこと!!!?


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:09:03.14 ID:FnE7HniB0

ピンポーン

マミ「はーい……あ、いらっしゃい、二人とも」

まどか「こんにちは、マミさん」

ほむら「お邪魔するわ」

マミ「美樹さんと佐倉さんは?」

まどか「さやかちゃんは杏子ちゃんを探しに行ってます」

ほむら「時間差があった方が面白いからね」ボソッ

まどマミ「?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:11:58.52 ID:FnE7HniB0

ほむら「そうそう、今日は手土産を持ってきたわ」

マミ「珍しいわね、暁美さんが差し入れを持ってくるなんて」

ほむら「いつもケーキをご馳走になってるから、そのお返しよ」

マミ「そんなの気にしなくていいのに……」

ほむら「笹団子だけど、和菓子は口に合うかしら」

マミ「ええ、和菓子も好きよ。でも意外ね、暁美さんが和菓子なんて」

まどか「そうでもないですよ。ほむらちゃん、和風の物が結構好きなんです」

マミ「そうね、鹿目さんが言うならその通りなのよね」クスクス

まどか「あ、いえ、その///」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:14:45.46 ID:j525ve7c0

そろそろ浴衣のほむらちゃんを見たい季節になってきたよね


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:14:50.20 ID:FnE7HniB0

ほむら「でも今日は好きとか嫌いじゃなく、必要だからこれにしたの」

まどか「必要?」

ほむら「それと、なるべく早く食べてくれると助かるわ」

マミ「え? どうして?」

まどか「買ってきたばっかりだから賞味期限とかじゃないよね?」

ほむら「ええ、品質に問題はないわ。ただ、早めに食べて欲しいだけ」

マミ「まあ、そう言うなら……」

ほむら「少しだけ用意はしてあるから、焦らなくてもいいんだけど」ボソッ

まどまみ「?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:17:41.11 ID:FnE7HniB0

マミ「ねえ、暁美さんは何を言ってるの……?」

まどか「さあ、私にもさっぱり……」

ほむら「あとでわかるわ。今は気にしないで」

まどか「……ほむらちゃん、そういうの多いよね」

ほむら「あれこれ全部知るより、サプライズがあった方が面白いでしょう?」

マミ「貴女のサプライズにはろくな思い出が無いのだけど……」

ほむら「気のせいよ」ウフフ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:20:34.28 ID:FnE7HniB0

マミ「さっき暁美さんが言った言葉なのだけど……」モグモグ

ほむら「何かしら?」モグモグ

マミ「七夕で笹を飾るから笹団子なのかしら」モグモグ

ほむら「半分は正解ね」モグモグ

まどか「でも必要ってわけじゃないよね。別に笹団子食べる習慣はないし」モグモグ

ほむら「だから半分だけ正解なのよ」モグモグ

マミ「うーん……どういうことなのかしら」モグモグ

ほむら「すぐにわかるわよ」モグモグ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:23:05.41 ID:FnE7HniB0

ピンポーン

まどか「あ、さやかちゃんたちかな?」

マミ「迎えに行って来るわね」トタトタ

ほむら「……まどか、笹団子を袋に隠して」

まどか「え? さやかちゃんたちの分はあるんだよね?」

ほむら「それはちゃんとあるから……あ、食べた後の笹は置いておいて」ガサガサ

まどか「なんで袋から笹だけ出してるの? それ持って来たの?」

ほむら「あと一分もすればわかるわ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:25:45.47 ID:FnE7HniB0

<イラッシャイ、ミキサン、サクラサ…キャッ

<ドケ! ホムラハオクダナ!

<マミサン! チョットキョウコ!

<ウルセー!

まどか「え? え?」

ほむら「まどか、少しだけ私から離れた方がいいわ」

まどか「杏子ちゃん怒ってるみたいだよ!? 何したの!?」

ほむら「でもあんまり離れると寂しいからほどほどにね」

まどか「質問に答えてよー……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:28:17.70 ID:FnE7HniB0

杏子「ほむらぁー!」

ほむら「あんまり大きな声出さないで。まどかが怯えてしまうわ」

まどか「私、そこまで臆病じゃないよ……」

杏子「うるせー! 人を騙しやがって!」

ほむら「……何のことかしら?」

杏子「とぼけんじゃねぇ! 七夕は笹を食う日だなんてでたらめ言いやがって!」

まどか「それは騙されちゃダメだよ杏子ちゃん……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:30:51.10 ID:FnE7HniB0

マミ「暁美さん、佐倉さんにそんなこと吹き込んだの……」

さやか「笹をかじってる杏子を見つけた時は衝撃が走りましたよ」

ほむら「でたらめじゃないわ。本当の話よ」

杏子「この期に及んで何言ってやがる!」

ほむら「それがでたらめだなんて誰が言ったの?」

杏子「あん? さやかだよ」

ほむら「ふっ……それは貴女がさやかに騙されたのよ」

さやか「おい」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:33:40.34 ID:FnE7HniB0

ほむら「これを見なさい」

杏子「テーブルがどう……皿の上に笹の葉?」

ほむら「私たちはさっきまで笹を食べてたのよ」

まどか「あ! このために笹だムグッ!?」

ほむら「まどかは口が小さいから大変だったけどね」

まどか「~~~~」ムグムグ

ほむら「あと、残念ながら二人の分はマミが食べてしまったわ」

マミ「……さりげなく人を大食漢扱いしないでくれる?」

まどか「~~~~」ムグムグ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:36:09.18 ID:FnE7HniB0

杏子「そうだったのか……」

マミ「ち、ちょっと佐倉さん!?」

ほむら「杏子、私が嘘をつくわけ無いじゃない」

さやか「いや、あんたはしょっちゅう嘘ついてるだろ」

杏子「……悪かったな、疑って」

ほむら「気にしてないわ」

まどか「~~~~」ムグムグ

杏子「ってことは……さやかぁっ、よくも騙してくれたなぁ!」

さやか「ええい、めんどくさい騙され方すんなぁ!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:39:24.19 ID:FnE7HniB0

マミ「佐倉さん、落ち着いて聞いてね。実は……」

――――
――

杏子「やっぱり嘘ついたのお前じゃねぇか!」

ほむら「ええ、そうよ」

杏子「……あっさり認めんのかよ」

ほむら「これ以上引っ張っても面白くないもの」

さやか「あんたは人を暇つぶしの道具かなんかと勘違いしてない?」

まどか「~~~~」ムグムグ

マミ「ねえ、鹿目さんをそろそろ離してあげたら……?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:42:27.55 ID:FnE7HniB0

まどか「ぷはっ……もー、ひどいよほむらちゃん」

ほむら「あまりにも手が気持ちよかったからつい。ごめんなさい」

まどか「き、気持ちいいって……///」

ほむら「まどかの唇がもぞもぞ動いてて、くすぐったいようで気持ちよくて……」

まどか「そんな詳しく言わなくていいから///」

ほむら「まるで手のひらが性感帯になったような感覚だったわ」

まどか「な、何言ってるのほむらちゃん……///」

ほむら「よかったら、またして欲しいのだけど……」

まどか「……こ、今度ね///」



杏子「えーと、アタシ怒ってるんだけどそろそろ口挟んでいいかな?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:45:05.66 ID:FnE7HniB0

杏子「おい、よくも二回も騙してくれたな」

ほむら「悪かったわ。これあげるから機嫌直してくれる?」

杏子「なんだこれ?」

ほむら「笹団子よ。中にお団子が入ってるわ」

杏子「へー、美味そうだな」

ほむら「周りの笹ごと食べられるから、そのままどうぞ」

さやか「さらっと嘘ついてんなよ」

マミ「暁美さん、油断も隙も無いわね……」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:48:47.94 ID:FnE7HniB0

ほむら「……うーん」

まどか「……どうしたの? ほむらちゃん」

ほむら「まどかの口を押さえてたから手にまどかの唾液が……」

まどか「あ、洗ってきなよ///」

ほむら「それももったいないし……」

まどか「何がもったいないの!?」

マミ「水道代なんて気にしなくていいのに」

さやか「多分ほむらが言ってるのはそういう意味じゃないと思いますよ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:49:48.30 ID:LXd1iO3k0

ほむらさん流石やで…


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:51:50.96 ID:FnE7HniB0

まどか「もう、ほむらちゃん、洗いに行くよ」グイグイ

ほむら「あ、まどか、引っ張らなくてもちゃんと歩くから……」

まどか「はーやーくー」グイグイ

ほむら「わ、わかったから……」

マミ「あらあら、鹿目さんは尻に敷くタイプなのね」

さやか「まあ、まどかのママを見てると納得ですけどねー」

杏子「笹団子うめー」モグモグ

さやか「あ、あたしの分は!?」

杏子「うめー」モグモグ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:55:24.27 ID:FnE7HniB0

さやか「いやー、しかし杏子見つけたときはびっくりしたよ」

杏子「思い出さなくていい。忘れろ」

さやか「必死で笹かじってんだもん」

杏子「忘れろっての」

マミ「そういえば歯は大丈夫なの?」

杏子「ん? ああ、ほのほほひ」グイー

マミ「……佐倉さんの八重歯って可愛いわよね」

さやか「杏子のチャームポイントですよね」

杏子「二人とも何言い出すんだよ///」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:58:38.99 ID:FnE7HniB0

まどか「もう、私の唾液なんて舐めようとしないでよ///」

ほむら「舐めようなんて……」ジャー

まどか「……」ジー

ほむら「ごめんなさい、舐めようとしました」ジャー

まどか「もう、ほむらちゃんは変なことばっかり///」

ほむら「せっかくのチャンスだったのに……ん、洗い終わったわ」

まどか「ちゃんと洗ったよね」

ほむら「ええ……せっかくまどかの唇が触れてたのに……」

まどか「……ほ、ほむらちゃんは間接キス、したかったの?///」

ほむら「そ、そうだけど……///」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:01:56.39 ID:FnE7HniB0

さやか「でも杏子が七夕知らないとはね」

杏子「七夕は知ってるよ。ただ笹を食う習慣があるってのを知らなかった」

マミ「それは暁美さんの嘘だけどね」

さやか「普通は騙されないで気付くって」

杏子「甘い」

さやか「へ?」

杏子「あいつがどれだけ本気で騙しに来たのか知らないから言えるんだ」

マミ「本気でって……」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:05:00.76 ID:FnE7HniB0

まどか「……ほむらちゃん///」

ほむら「何かしら」

まどか「……か、間接より……ちゃんとしたい、よね……///」

ほむら「……ちゃんと、って……も、もちろんしたいけど///」

まどか「ちゃんとしたら、私の唾液がどうとか、変なことしなくなるよね///」

ほむら「た、多分……」

まどか「……約束してくれなきゃしないもん///」

ほむら「わ、わかったわ。もう変なことはしないって約束する」

まどか「じゃあ……いいよ///」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:08:04.39 ID:FnE7HniB0

杏子「最初は笑い飛ばしたんだよ。笹なんか食えるかって」

さやか「まあ普通はそうだよね」

杏子「そしたら竹の子や細竹の話を出して、竹も食べられるって言い出して」

マミ「まあ確かに食べられるけど……うーん」

杏子「あと繊維質を取らないと栄養素の吸収がどうとか、血糖値がどうとか……」

さやか「難しい単語を並べて騙すのは詐欺の手段だよね」

杏子「だから笹も食えるんじゃないかって思っちまったんだよ」

マミ「それで騙されるのもどうかと思うけど……」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:10:45.73 ID:FnE7HniB0

ほむら「まどか……///」

まどか「ほむらちゃん……///」

ほむら「……んっ///」チュ

まどか「……んぅ///」チュ



さやか「遅いと思ったらなにやってんだ」ジー

マミ「覗き見はよくないわ」ジー

杏子「偶然視界に入っただけだよ」ジー


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:13:12.41 ID:FnE7HniB0

マミ「さあ、そろそろ始めましょうか」

まどか「そうですね」

杏子「何始めんだ?」

さやか「あ、いっけね。杏子に説明するの忘れてた」

ほむら「何やってるのよ……」

さやか「だってしょうがないじゃん。笹食ってる杏子を見たらびっくりしすぎちゃって」

杏子「もうそれは言うなっての」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:16:15.26 ID:FnE7HniB0

さやか「まどかの家に笹があるから、みんなで短冊を書いて飾ろうって話」

まどか「杏子ちゃんもどうかな?」

杏子「あー、アタシは別にどっちでもいいよ」

マミ「じゃあ書くってことよね」

杏子「だからどっちでもって……」

マミ「佐倉さんは嫌なら嫌って言うものね」

杏子「……ふん」プイ

ほむら「ツンデレ乙」

さやか「ツンデレ乙」

杏子「お前ら表出ろ」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:19:15.46 ID:FnE7HniB0

さやか「あたしは何書こうかなー。お金……成績……うーん……」

まどか「そんなこと言って、書くのは上条君のことだよね」

さやか「たはは、お見通しかー。さすがあたしの嫁」

まどか「だって、去年も上条君のこと書いて、こっそり飾ってたもんね」

さやか「げ、見つかってたのか」

ほむら「そんなの見なくたってわかりそうなもんだわ」

さやか「さすがあたしの嫁2号」

ほむら「誰が2号よ」

まどか(ほ、ほむらちゃんは私のお嫁さんになるのだー///)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:22:56.93 ID:FnE7HniB0

マミ「美樹さんはわかりやすいわよね」

杏子「アタシだってわかるっての」ケタケタ

さやか「時代は一さや多妻制!? こうなったらみんなあたしの嫁だー!」

ほむら「でも貴女のハーレムは織姫ばっかりで一番欲しい彦星がいないのね」

さやか「……痛いところをついてくれるじゃん」グヌヌ

ほむら「中沢くらいなら入れられるかもしれないけど」

さやか「それはノーサンキュー」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:26:27.99 ID:FnE7HniB0

さやか「よーし、じゃあ恭介に告白できますように、なーんて書いちゃうよー」

まどか「……ああ、うん」

ほむら「……そう」

マミ「……いいんじゃない」

杏子「……はぁ」

さやか「な、なにそのリアクション……」

まどほむまみあん(まだ言ってなかったんだ……)


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:29:44.13 ID:FnE7HniB0

杏子「さやか、お前まだ言ってなかったのか……?」

さやか「え? あー、それっぽいことは伝えたんだけど……」

ほむら「ちゃんと伝えなさいよ。あなたの子供が欲しい、って」

さやか「言えるかぁっ!」

マミ「暁美さんのは冗談だとしても……」

ほむら「冗談でもないのだけど。既成事実さえあれば……ねぇ?」

マミ「コホン。……想いはちゃんと伝えないとダメよ?」

さやか「だから今年こそはって……」

まどか「去年も同じこと言ってたよね」

さやか「うるさーい!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:32:36.54 ID:FnE7HniB0

さやか「まどかはどうせ当たり障りのない無難なこと書くんだよね」

まどか「あー、さやかちゃんひどーい」

さやか「じゃあ恋人が欲しい、とか書いちゃったり?」

まどか「そ、そんなこと書かないよー///」

マミ「鹿目さんにはもういるものね」

まどか「な、何言ってるんですか///」

ほむら「!?」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:35:14.70 ID:FnE7HniB0

ほむら「……まどか、それ、本当なの……?」

まどか「え?」

ほむら「まどかに恋人がいたなんて……」

まどか「え? え?」

ほむら「知らなかったわ……」

さやか「……鈍感にもほどがあるだろ……」

マミ「本気でショック受けてるわね……」

杏子「面倒なことになる前に誰かフォローしてやれよ……」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:38:35.95 ID:FnE7HniB0

まどか「えっと……すいません、ちょっと冷蔵庫から飲み物出してきます」

マミ「ええ、どうぞ」

さやか「ほむらもまどかを手伝ってきなよ」

ほむら「……かまわないわ……」

まどか「じゃあ、ほむらちゃん」

ほむら「……ええ」



さやか「どうしてこうなった」

マミ「わけがわからないわ」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:41:24.56 ID:FnE7HniB0

まどか「えっと……ほむらちゃん?」

ほむら「気を遣わなくても大丈夫よ。もう立ち直ったわ」

まどか「そうじゃなくて……」

ほむら「まどかが誰と付き合っても祝福する。うん、大丈夫」

まどか「なんか自己暗示みたいになってるよ?」

ほむら「大丈夫……大丈夫……でもちょっとダメかも……」

まどか「ほむらちゃん!?」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:45:22.99 ID:9ex065CqO

キスまでしておいてそりゃないっすよほむらさん…


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:45:35.76 ID:FnE7HniB0

まどか「もう……ほむらちゃん」ギュ

ほむら「まどか……?」

まどか「……さっきキスしたの忘れたの?///」

ほむら「わ、忘れるわけないわ///」

まどか「す、好きでもない人とあんなことしないよ///」

ほむら「でも、恋人って……」

まどか「私が好きなのはほむらちゃんだけだってば///」

ほむら「そうなの……?」

まどか「……信じてくれないの?」

ほむら「……いえ、まどかの言うことなら信じるわ」ギュ


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:49:51.67 ID:FnE7HniB0

まどか「マミさんが言った恋人って、ほむらちゃんのことだよ」

ほむら「でも、みんな知らないはずじゃ……」

まどか「え? バレてるの気付いてなかったの?」

ほむら「ええ……でもどうしてバレたのかしら……」

まどか「少しは自分の行動を振り返ろうよほむらちゃん……」

ほむら「いえ、私がまどかを好きなのはバレてても、まどかと付き合ってるのは……」

まどか「そ、それは……その……なんでだろうね」

まどか(私がさやかちゃんに口滑らせちゃったんだよね///)


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:53:07.47 ID:FnE7HniB0

まどか「でもひどいよ。キスまでしたのに他に恋人がいると思うなんて……」

ほむら「そ、それは……まどかに恋人がいるって聞いて、パニックになっちゃって……」

まどか「今は?」

ほむら「まどかが私一人を好きでいてくれるって、ちゃんとわかってるわ」

まどか「じゃ……ご褒美」ギュ

ほむら「……これだけ?」ギュ

まどか「……もう///」チュ

ほむら「……まどか///」チュ



さやか「まあ別に言わなくても気付いてたんですけどね」ジー

マミ「普段の言動でバレバレよね」ジー

杏子「隠すつもりがあるなら人の家でやるなっての」ジー


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:56:44.18 ID:FnE7HniB0

ほむら「見苦しいところを見せたわね」ファサ

杏子「お、復活したか」

さやか「まどかー、ほむらにどんな説得をしたんだー?」

まどか「どんなって、普通に誤解を解いただけだよ///」

マミ「それだけかしら? 実は人目がないことをいいことに……」

まどか「な、何もしてませんってば///」

さやか(やっぱりすぐ顔に出るんだよねえ)

さやか「どうなんだよ、ほむらー」

ほむら「な、何もなかったわよ///」

杏子(こっちもな)


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:59:36.84 ID:FnE7HniB0

さやか「さあ、作業再開ー。マミさんは短冊に何書くんですか?」

マミ「んー、そうね……」

ほむら「マミの分は私が書いておいたわ」

マミ「え?」

ほむら「貴女の願いなんてわかってるわよ」ニコッ

マミ「暁美さんが鹿目さん以外に向ける笑顔は裏があるのよね……」

まどか「そ、そんなことないですって///」

ほむら(……先読みされるとつまらないわね)


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:02:12.02 ID:FnE7HniB0

『今年こそダイエットが成功しますように   マミ』



マミ「なによこれ! これじゃまるで今まで失敗してるみたいじゃない!」

ほむら「じゃあ成功したの?」

マミ「……っ! 貴女には関係ないでしょう!」

さやか「まどかー、笑っちゃダメだよー」

まどか「わ、笑ってなんか……」

杏子「くっくっく……いいじゃん、それ採用しようぜ」

マミ「私のこと笑うなら、みんな死ぬしかないじゃない!」ジャキッ

さやか「うわわわわ、マミさん、ストップ! ストーップ!」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:05:17.06 ID:FnE7HniB0

マミ「失礼しちゃうわ」プンスカ

ほむら「ほんの冗談よ、気にしないことね」

さやか「そうそう、気にしちゃダメですって。ただの貧乳のひがみですよ」

ほむら「貴女も大概失礼ね……」

マミ「失礼なのは貴女でしょ……」

まどか「マミさんスタイルいいからダイエットなんて必要ないのに」

マミ「……でもね、今までそうだからってこれからもそうとは限らないのよ」

ほむら(それならケーキを控えればいいだけなのに)

杏子「よし、書けた」

さやか「ん? 杏子、書いてたの?」

杏子「ああ。見るかい?」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:08:14.48 ID:FnE7HniB0

『おっぱいが大きくなりますように  ほむら』



ほむら「杏子、覚悟はできてるんでしょうね……」

杏子「ほんの冗談だよ、気にすることないって」ニヒヒ

ほむら「……笹の件の仕返しのつもりかしら?」グヌヌ

さやか「これ、名前のところにまどかも足しておこうか」

まどか「さーやーかーちゃーん?」

マミ「もう、みんな胸の大きさなんてどうでもいいじゃない」タユン

まどか「……マミさんは黙っててもらえますか?」

ほむら「……マミ、貴女の身体に剣を刺して首を射出してもいいのよ?」

マミ「首は飛ばないわよ!?」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:11:17.36 ID:FnE7HniB0

さやか「ほむらは何書くんだー? まどかのことかー?」

ほむら「まどかが幸せでありますように、かしら」

さやか「……ひねりも何にもないなあ」

マミ「本当に鹿目さんのことばっかりね」

ほむら「ええ、まどかのことしか考えてないもの」

まどか「……ほむらちゃん」

さやか「もういっそまどかが欲しいって書けば?」

ほむら「当人の意思を無視したお願いはよくないわ」

杏子「なんで急に真面目なんだよ」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:15:26.16 ID:FnE7HniB0

マミ「自分のことでなにか願い事はないの?」

ほむら「私のことはどうでもいいわ。まどかさえ幸せなら、他はどうだって……」

まどか「……私、冷蔵庫から飲み物出してきますね」

マミ「え、また?」

まどか「さっきは持ってくるの忘れたので……ほむらちゃん、手伝って」

ほむら「? ええ、いいけど」



さやか「まどかのあの様子だと説教かな」

杏子「あん? ほむらのやつ、何か怒らせること言ったか?」

さやか「……んー、まどかもさ、いろいろと思うところがあるんだよ」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:18:40.52 ID:FnE7HniB0

まどか「……ほむらちゃん、さっき言ったことは本当?」

ほむら「えっと……どの話かしら?」

まどか「自分のことはどうでもいいって。私が幸せなら他はどうでもいいって」

ほむら「ええ、本当よ。私は、まどかが幸せなら……」

まどか「本当にそう思ってるの……?」

ほむら「? 嘘じゃないわ」

まどか「……そんなの、私全然嬉しくないよ」

ほむら「……まどか?」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:22:21.70 ID:FnE7HniB0

まどか「ほむらちゃん、前に私に言ったよね。私を大切に想う人のことも考えて、って」

ほむら「……ええ、言ったわ」

まどか「だったら、ほむらちゃんも自分を大切に想う人のことも考えてよ」

まどか「自分のこと、どうでもいいなんて言わないでよ」

まどか「ほむらちゃんが幸せじゃなかったら、私は自分が幸せだって思えないよ……」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「まどか……ごめんね」ギュ

まどか「……やだ、許してあげない」ギュ


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:25:25.04 ID:FnE7HniB0

まどか「……一緒じゃ、ダメなの?」

ほむら「え?」

まどか「ほむらちゃんも一緒に幸せになるんじゃダメなの?」

ほむら「それは……ダメじゃない、わ……」

まどか「それなら……私は、ほむらちゃんと一緒に幸せになりたい」

ほむら「うん……私も、まどかと一緒に幸せになりたい」

まどか「……本当?」

ほむら「嘘じゃないわ」

まどか「じゃあ……許してあげる」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:28:24.45 ID:FnE7HniB0

まどか「一緒に幸せになろうね」

ほむら「そうね、がんばるわ」

まどか「違うよ。ほむらちゃんががんばるんじゃなくて、一緒にがんばるんだよ」

ほむら「まどか……」

まどか「わかってくれたかな、私の気持ち」

ほむら「ええ……」

まどか「それなら……またご褒美///」チュ

ほむら「ん///」チュ



さやか「説教かと思ったらそうでもなかった」ジー

マミ「うちのキッチンは逢引の場所じゃないんだけど……」ジー

杏子「堂々とリビングでやられるよりマシだろー」ジー


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:31:27.57 ID:FnE7HniB0

――――
――

マミ「そろそろみんな書き終わったみたいだし、全員発表しましょうか」

杏子「は!? 見せるのかよ!?」

さやか「でもここで発表しなくてもまどかには見られるんだよ?」

ほむら「そうね。まどかの家の笹に飾るのだし」

まどか「私はそれでもいいかなって……」

さやか「そんな不公平なことはあたしが許さーん!」

マミ「見られて困るようなことも書いてないでしょうし」

ほむら「書きたかったけどね」

まどか「ほむらちゃん///」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:34:03.74 ID:FnE7HniB0

『みんなが笑顔でいられますように  まどか』



マミ「鹿目さんはシンプルね」

まどか「はい。いろいろ考えたけど、これが一番かなって」

ほむら「まどからしくていいと思うわ。ステキよ」

まどか「えへへ……」

さやか「誰にでもいい顔したいまどかにぴったりだね」

まどか「……さやかちゃん、あれとかそれとかバラしてもいいの?」

さやか「どれのことかはわからないけど土下座で誠意を見せるよ」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:37:21.94 ID:FnE7HniB0

『まどかと私が幸せになりますように(ついでに杏子とマミとさやかも)  ほむら』


さやか「カッコの中小っさ! あたしの名前なんかギリギリ読めるかどうかだし!」

ほむら「書いてあるだけいいと思うけど」

まどか「あはは……」

マミ「まあ、おまけでも書いてもらえて嬉しい……のかしら?」

杏子「そこまでするんならもう一枚に分けて書けよ……」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:39:20.54 ID:g6e76aqg0

安定のほむら


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:40:09.28 ID:FnE7HniB0

『今年こそ恭介に告白できますように  さやか』



まどか「今年も去年と同じなんだね」

さやか「うっさい。来年は違うこと書いてやるから見てろよー」

杏子「来年は他の男の名前が……」

さやか「おいやめろ」

ほむら「来年は他の女の名前が……」

さやか「貴女とは違うんです」

マミ「来年はキュゥべえの名前が……」

さやか「マミさんまで!? っていうか生物的にダメです!」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:43:14.86 ID:FnE7HniB0

『みんなが仲良く、幸せになりますように  マミ』



さやか「さすがマミさん、マジ天使」

マミ「もう、言いすぎよ……///」

ほむら「確かに天使は言いすぎね」

マミ「……そう言われるのも釈然としないけど」

杏子「さすがマミ、マジ悪魔将軍」

マミ「なんでそこまで落とすの……?」

まどか(マミさんとお願い事の内容被った……)


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:46:02.32 ID:FnE7HniB0

杏子「甘いねえ。願いを他人のために使うなんてさ(さやか除く)」

さやか「なにー?」

杏子「他人のために願ったところで、ろくなことにはならないのさ」

まどか「そんなことないよ」

ほむら「じゃあ杏子はなんて書いたのよ」

杏子「……なんだっていいだろ」

さやか「見せろー」

杏子「うわ、やめろっての!」

マミ「力ずくは良くないわ」キリッ

杏子「それならなんで羽交い絞めにするんだよ!」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:49:03.40 ID:FnE7HniB0

『みんな幸せになれ  杏子』



さやか「おいおい、他人のために願ってもろくなことにならないんじゃないのかー」ウリウリ

杏子「うるせー。特に何も思いつかなかっただけだよ」

ほむら「素直じゃないわね、杏子」

杏子「お前が言うか!?」

まどか「ほむらちゃんは二人っきりだと素直だよね」

ほむら「ま、まどか……///」

マミ「佐倉さんも二人っきりだと……」

杏子「アタシは違う///」プイ


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:52:00.24 ID:FnE7HniB0

QB「変わったことをしているね」

マミ「あらキュゥべえ。あなたも書く?」

QB「こんなもので願いが叶うわけでもないのに、キミたちはよく夢中になれるね」カキカキ

QB「こういう無駄な徒労を好むなんて、人類という種は本当にわけがわからないよ」カキカキ

QB「はい、書き終わったよ、マミ」キュップイ

さやか「おい」

まどか「言ってることとやってることが……」

マミ「もう、なんでみんな素直になれないのかしらね」

ほむら「杏子、なんか言われてるわよ」

杏子「あ? ほむらのことだろ」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:55:38.18 ID:FnE7HniB0

『今年こそ契約が取れますように     QB』



さやか「あんたはどこのサラリーマンだ」

QB「切実なんだよ……さやか、誰か紹介してくれないかい?」

さやか「……海藻っぽいお嬢様ならいるけど」

まどか「ダメだよさやかちゃん!」

さやか「冗談だよ冗談。さすがにそれはないわー」

ほむら「貴女が言うと冗談に聞こえないのよ」

さやか「でも、仁美が契約すればあたしと条件は五分よね……」

杏子「おい、冗談じゃなかったのかよ」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:59:02.65 ID:FnE7HniB0

まどか「じゃあ、この短冊はちゃんと飾っておきますね」

マミ「ええ、お願いするわ」

杏子「アタシの分は燃やしちまってもいいぞー」

さやか「あんたは最後まで素直じゃないなあ……」

ほむら「私はまどかを送ってくわ」

まどか「うん、ありがとう」

さやか「さやかちゃんは空気を読んでついていかないことにするよ」

まどか「空気を読んでたら口に出して言わないよ///」

ほむら「まったく、ばかさやは///」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:02:40.30 ID:FnE7HniB0

ほむら「短冊を飾り終わったら戻ってくるわね」

杏子「ん?」

ほむら「今日もパトロールでしょ?」

マミ「……あ、ああ、そうそう。今日は中止にしたのよ」

ほむら「……そうなの?」

さやか「そーそー。たまには正義の味方も休息が必要、ってね」

ほむら「……そういうことなら、私はそのまま帰るわね」

マミ「ええ、そうしてちょうだい」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:05:20.01 ID:FnE7HniB0

ほむら「気を遣わせちゃったかしらね」

まどか「パトロールのこと?」

ほむら「……まどかも気づいてたの?」

まどか「さやかちゃん、後ろで笑ってたから」

ほむら「まあ、一日くらい好意に甘えさせてもらってもいいわよね」

まどか「ほむらちゃんはもっと甘えてもいいと思うけど」ボソッ

ほむら「ん? 何?」

まどか「何でもないよー」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:08:27.65 ID:FnE7HniB0

――――
――

まどか「これで全部飾り終わったかな?」

ほむら「そうね。気が進まないけど、インキュベーターのも飾ったし」

まどか「……ほむらちゃん、まだお家に帰らないの?」

ほむら「……まどかの方こそ、まだ家に入らないの?」

まどか「……」

ほむら「……」

まどか「……///」

ほむら「……///」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:11:08.95 ID:FnE7HniB0

まどか「……ほむらちゃん、こっそり短冊書いてたよね」

ほむら「……まどかこそ、隠して一枚持ってるわよね」

まどか「ねぇ、それって見られたら困っちゃうのかな?」

ほむら「まどかになら、見られてもいいわ」

まどか「私も、ほむらちゃんになら見られてもいいよ」

ほむら「じゃあ……せーので見せ合いましょう?」

まどか「う、うん」



まどほむ「せーのっ」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:14:55.01 ID:FnE7HniB0

まどか「///」

ほむら「///」

まどか「ふ、二人とも同じようなこと考えてたんだね///」

ほむら「そ、そうね。同じね///」

まどか「で、でもほむらちゃんのはまだちょっと早いかな///」

ほむら「そ、そうかしら///」

まどか「それに、パパやママに見られちゃうかも……///」

ほむら「あ……そ、そうだったわね///」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:17:44.31 ID:FnE7HniB0

ほむら「じ、じゃあ書き直してくるわ」

まどか「あ、待って……」ギュ

ほむら「?」

まどか「ほむらちゃんが見られてもいいなら……そのままでも……///」

ほむら「で、でもまどかはいいの?」

まどか「私はちょっと勇気が足りなかっただけで、気持ちは同じだから……///」

ほむら「まどかがいいなら……私も、いいわ///」

まどか「じゃあ……そのまま、一緒に飾ろ?」

ほむら「ええ」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:20:28.36 ID:FnE7HniB0

まどか「せっかくだから一番上の方に飾りたいね」

ほむら「上の方は届かないわ。脚立でも探して……」

まどか「……ね、ほむらちゃんが良かったら……肩車、してくれる?」

ほむら「え? え、ええ、まどかくらいなら肩車できるけど……」

まどか「じゃあ、いいかな?」

ほむら「えっと、まどかの脚をくぐって……いくわよ?」

まどか「うん」

ほむら「……んっ」

まどか「わ、わ、わ」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:23:24.12 ID:FnE7HniB0

ほむら「大丈夫?」

まどか「バランス取るからちょっと待って……」

ほむら「こ、こんな感じでどう?」

まどか「……うん、大丈夫。じゃあ笹に近づいて……」

ほむら「いい? 歩くわよ」

まどか「ゆ、ゆっくりね」

ほむら「う、うん……」

まどか「もうちょっと前……ストップ」

ほむら「……どう?」

まどか「……うん、付けられたよ」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:27:07.38 ID:FnE7HniB0

まどか「……ねえ、ほむらちゃん」

ほむら「なに? まどか」

まどか「こうやってさ、一緒にがんばるっていいよね」

ほむら「まどか……」

まどか「一人でがんばるんじゃなくて、二人の方がもっとがんばれるもんね」

ほむら「ええ、これからは一人でがんばったりしないわ。まどかと、一緒に」

まどか「うん。一緒に、がんばろうね」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:30:41.80 ID:FnE7HniB0

まどか「あ、でも肩車だとやっぱりほむらちゃん一人でがんばってることになっちゃうかな?」

ほむら「まどかは上でバランス取ってるからいいのよ」

まどか「えへへ、そうかな」

ほむら「まどかはがんばってるわ。それは私が一番よく知ってるから」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「それに、まどかの太ももの感触が気持ちいいし」

まどか「も、もう/// なんで今そういうこと言うの///」

ほむら「……///」

まどか(あ、照れ隠しなんだ……)


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:33:07.74 ID:FnE7HniB0

まどか「ちゃんと飾れたかな」

ほむら「ええ、大丈夫だと思うわ」

まどか「二人の共同作業だね」

ほむら「まどか、それって……///」

まどか「え? あ、ち、違うよ? そういう意味じゃなくて……///」

ほむら「まどかとの共同作業……///」

まどか「く、繰り返さないでよー///」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:37:24.45 ID:FnE7HniB0

まどか「風が気持ちいいね……」

ほむら「本当……」

まどか「来年もこうして一緒に七夕やろうね」

ほむら「あ、それも願い事に書いておけばよかったかしら」

まどか「それなら、今から書こうよ」

ほむら「そうね、短冊はまだあったはずだし」

まどか「一枚でいいよね」

ほむら「え?」

まどか「二人の願い事だから、二人で一枚」

ほむら「ええ」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:39:45.61 ID:FnE7HniB0




『ほむらちゃんと、もっと、もっと、もっと仲良くなれますように  まどか』



『まどかと結ばれて、二人で幸せな毎日を送れますように  ほむら』



『来年も、その先も、ずっと一緒にいられますように  まどか ほむら』





おしまい


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:41:02.03 ID:dPI5QS9h0

乙乙


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:41:35.72 ID:yE5yA7lR0

癒された乙


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:42:16.56 ID:FnE7HniB0

おつかれさまでした
支援ありがとうございました

行事物書くと必ず一日遅れるのはなんでだろう

この後ちょっとだけおまけ


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:43:58.15 ID:RNAU2VSpi

ほらこいよ!!
ほら!ほら!カモン!嘉門!!


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:44:29.32 ID:RNAU2VSpi

ミスったカモン
達夫さん呼んでどうすんだよ俺


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:44:59.46 ID:w+Rn1+el0

ワラタw




169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:45:31.26 ID:FnE7HniB0

おまけ



詢子「お、飾り終わったのかい」

まどか「あ、ママ。今終わったよ」

ほむら「お邪魔してます」

詢子「お疲れ様。ほむらちゃんも帰る前に少し家で休んでいきなよ」

まどか「うん、それがいいよ。ほむらちゃん、何飲む?」

ほむら「えっと……まどかが入れてくれるなら何でも」

まどか「もう/// ママは?」

詢子「アタシはあんたらが何書いたのか楽しく見させてもらうよ」

まどか「あ……あんまり見ないでよ///」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:48:05.30 ID:FnE7HniB0

詢子「さーて、今年はどんなこと書いてるのかなー?」

知久「ボクも混ぜてくれるかい」

詢子「タツヤはもう寝かせてきたのかい?」

知久「ああ」

詢子「思春期の少女の短冊見るなんて、パパも悪いねえ」

知久「う……じゃあ遠慮しておこうかな」

詢子「冗談だよ。まどかたちだってパパに見られるのもわかって書いてるんだから」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:51:36.17 ID:FnE7HniB0

詢子「これはさやかちゃんだね……あれ? 去年と同じか……」

知久「あはは……それは触れないであげようよ」

詢子「うーん……まどかもほむらちゃんもマミちゃんも杏子ちゃんもみんな同じような感じだねぇ」

知久「やっぱりボクらが見るから、意識しちゃうんじゃないかな」

詢子「もっとはっちゃけてくれてもいいのにねぇ」

知久「それは難しいんじゃないかな……」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:54:24.01 ID:FnE7HniB0

詢子「あとは……」キラーン

知久「さっき肩車してつけてたやつかい? 見られたくないんじゃないかな」

詢子「甘い。ここにある以上、アタシが見ちゃいけないものはないはずさ」

知久「知らないよ……」

詢子「もちろんパパも共犯だよ」

知久「」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:56:19.61 ID:FnE7HniB0

詢子「じゃあパパを肩車して……」

知久「おいおい、ボクが上になるのかい?」

詢子「アタシはどっちでもいいんだけど」

知久「……娘も見てるしね、ボクが下になるよ」

詢子「じゃあよろしく頼むよ。ふらついてみっともないとこ見せないでね」

知久「あはは……がんばるよ」


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:57:50.79 ID:FnE7HniB0

知久「じゃあ持ち上げるよ……」

詢子「あ、その前に」

知久「なんだい?」

詢子「もし重いとか言ったり、よろけて倒れたりしたら……」

知久「したら?」

詢子「首を折る」

知久「」


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:01:06.64 ID:FnE7HniB0

――――
――

まどか「もう外真っ暗だね」

ほむら「日が延びたとはいえ、さすがにこの時間じゃね」

まどか「……もう帰るの?」

ほむら「あんまり遅くまでいるのも悪いし……」

まどか「うーん……」

ほむら(まどかが泊まって欲しそうにしてるけど、さすがにご家族もいるしね……)


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:04:20.37 ID:FnE7HniB0

ほむら「じゃあ、今日はそろそろ……」

まどか「あ、ママが戻ってきた」

詢子「お、なんだ、ほむらちゃんは帰るのかい?」

ほむら「ええ、遅くまでどうもすみませ……」

詢子「泊まっていけばいいじゃないか」

ほむら「え?」

詢子「二人で幸せな毎日を送りたいんだろ」

ほむら「///」

まどか「ちょ、ちょっとママ……」

詢子「まどかももっともっと仲良くなりたいんだもんな」

まどか「///」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:08:04.22 ID:FnE7HniB0

詢子「気にすることはないって。仲がいいのは良いことだ」

まどか「も、もう、ママってば///」

ほむら「え、ええと……///」

詢子「無理にとは言わないよ。ただ、泊まりたいならウチは全然かまわないって話さ」

まどか「ほむらちゃん、どうする?」

ほむら「じゃあ……その……お世話になります」

詢子「そんなに固くならなくてもいいって。いずれ家族になるみたいだしね」

まどほむ「///」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:10:07.30 ID:FnE7HniB0

詢子「そういえば、短冊見てるときに気付いたんだが……」

まどか「なに?」

詢子「知り合いにサラリーマンでもいるのかい?」

まどか「え? そんなのいないよ?」

詢子「契約がどうとか書いてあったのが一枚あったからさ」

まどか「あ、あはは……」

ほむら「……気にしないでください」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:13:12.31 ID:FnE7HniB0

まどか「……ところでパパは?」

詢子「首の骨が……いや、なんでもない」

まどか「パパ!?」

詢子「冗談だよ。お客さん用の布団を出してる」

まどか「ほむらちゃんの返事を聞く前から?」

詢子「ああ、どうせほむらちゃんが断っても、まどかが止めると思ったし」

まどか「……///」

ほむら(さすがにまどかの考えることはお見通しね)


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:15:52.97 ID:FnE7HniB0

詢子「ま、今日はゆっくりしていきな」

ほむら「はい、お言葉に甘えさせてもらいます」

詢子「なーに、その分のお返しは貰うからさ」

ほむら「……え」

まどか「ママ?」

詢子「夜は長いからねぇ。みんなで楽しくおしゃべりといこうじゃないか」


207: >>204修正 2012/07/08(日) 23:20:49.71 ID:FnE7HniB0

詢子「いろいろ聞きたいことはあるしね。二人がどこまでいってるのか、とか」

まどか「ど、どこまでって///」

ほむら「ま、まだそんな///」

詢子「まだ、ってことは、これからいろいろと……?」

ほむら「そ、それは……///」

まどか「ほ、ほむらちゃんにそんなこと聞いちゃダメだよ///」

詢子「じゃあ、まどかはほむらちゃんのことどう思ってるんだい?」

まどか「え? そ、その……親友、だよ///」

詢子「しーんーゆーうー?」

まどか「ほ、本当だよ。親友……よりもうちょっと仲がいい、けど……///」

詢子「ほほう、もうちょっとっていうのはどのくらいかな?」


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:20:17.82 ID:xnJt3j1/0

流石は詢子さん
ぐいぐい押すでぇ


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:23:07.03 ID:O9A2tkOa0

ドンドン逃げ道が埋まっていく!


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:24:56.73 ID:FnE7HniB0

まどか「ママ、もしかして酔ってる?」

詢子「残念ながらアルコールは一滴も入ってないんだな、これが」

ほむら「えーと……まどか、私、やっぱり……」

詢子「おっと、いまさら帰るのは無しだよほむらちゃん」ガシッ

まどか「ほむらちゃん、一人だけ逃げるのはずるいよー」

詢子「洗いざらい白状したら解放してあ・げ・る」

ほむら「まどかぁ……」

まどか「ほむらちゃん……」


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:28:09.62 ID:i+NqCxsQ0

さあ!白状するんだ!
さあ!!さあっ!!!!!


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:28:27.71 ID:FnE7HniB0

知久「布団出しておいたよ……」



ほむら「わ、私は本当にまどかのことが好きです、大好きです///」

詢子「よーし、さあ、次はまどかの番だよ」

まどか「え、ええ?」

詢子「なんだ、まどかはほむらちゃんのこと嫌いなのか」

まどか「そんなことないよ! 私もほむらちゃんのこと、す……好き……だもん///」


知久「ママ、無双してるなぁ……」


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:32:11.30 ID:FnE7HniB0

詢子「さーて、お互いに愛の告白が終わったところで、どこまでいってるのか聞かせてもらおうかな」

まどか「そ、そんなの言えないよぉ……///」

詢子「言わないのかい? 言わないと……ほむらちゃんのおっぱいを全力で揉んじゃうよ」

まどか「卑怯だよ、ママ!」

ほむら「まどか、私のことはかまわず逃げて……」

まどか「……逃げてもあんまり意味ないんだけど」



知久「こりゃ、長くなりそうだね。ボクは先に退散させてもらおうかね」


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:34:15.74 ID:FnE7HniB0

詢子「さあ、どうする?」

まどか「うぅ……」

ほむら「まどかぁ……」

詢子「ところでまどかはほむらちゃんのおっぱいを揉んだことは?」

まどか「えぇ? え、えっと……///」

ほむら「///」

詢子「あるのかないのか、どっちなんだい?」

まどか「……ゴニョゴニョ///」

ほむら「///」


232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:37:22.98 ID:FnE7HniB0

詢子「じゃあ次の質問は……」

まどか「も、もう勘弁してー!」

ほむら「いっそもう全部ぶちまけた方が……」

まどか「だ、ダメだよ/// ママに知られるのって結構恥ずかしいんだから///」

詢子「娘のことはなんでも知っておきたいじゃないか」

まどか「娘はいろいろと知られたくないんだよ///」

詢子「ほむらちゃん、まどかの秘密と引き換えにしゃべる気は無いかい?」

ほむら「何なりと」

まどか「ほむらちゃん!?」



おまけおしまい


243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:40:23.16 ID:FnE7HniB0

おまけ長すぎて疲れた
やっぱりまどほむは書いてて楽しい


それでは皆様おやすみなさい。
またどこかのスレでお会いしましょう。

次は何を書こうかな。


236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:39:00.17 ID:SQTgJpay0

乙であった


241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:40:02.49 ID:xnJt3j1/0


ほむほむまどっ子


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:44:10.87 ID:FnE7HniB0

あと没ネタ。最初の方でつっこまれるかと思ってたんだけど



ほむら「ところで今日は七夕よね」

まどか「え?」

ほむら「七夕なのよね」

まどか「えっと……うん、そうだね」

ほむら「今日は七夕なの……七夕なのよ……」

まどか「ほむらちゃん……もうそれくらいで……」

ほむら「七夕って言ったら七夕なのよ……」



行事物は期日を守ろう


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:55:21.47 ID:aXe0ubpyP


ずっとニヤニヤが止まらんかった


258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 00:05:22.65 ID:N0z3ClqA0

大変良かった乙
また書いてくれ


252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 23:51:57.38 ID:iKI2FQTJO

期日?なにそれおいしいの?


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。