スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真尋「最近ニャル子が冷たい」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341406548/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 21:55:48.88 ID:v5V8K3r/0

──朝 八坂家

真尋「ニャル子、おはよう」

ニャル子「ん?ああ、おはようございます」

真尋「あれ、ハス太とクー子は?」

ニャル子「ああ、その二人なら幻夢郷のお仕事とお父さんのお手伝いだそうです」

真尋「毎回そのパターンだから突っ込むのがめんどくさくなってきたな……」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 21:59:18.83 ID:v5V8K3r/0

真尋「とりあえず朝ごはんできたから食うか」

ニャル子「毎朝作ってもらってすいませんねえ……ではいただきます」

真尋「いただきます」

ニャル子「……」モグモグ

真尋「……」モグモグ

ニャル子「……醤油取ってもらえますか」

真尋「ん」

ニャル子「あ、どうも」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:02:39.05 ID:v5V8K3r/0

真尋「……」モグモグ

ニャル子「……あぁ、今日は一足先に学校へ行きたいのでもう行きますね」

真尋「ん?何かあるのか?」

ニャル子「いえ、真尋さんには関係のない事です」

真尋「ふーん」

ニャル子「ではごちそうさま……行ってきます」

真尋「ん、いってらっしゃい」

真尋(ニャル子が一人で登校なんて珍しいな……)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:05:54.12 ID:v5V8K3r/0

真尋「んじゃあいってきまーす」

………

真尋(家に誰も居ないのに言っちゃうのは僕だけじゃないはず……)

真尋(っていうかニャル子、今日は静かだったな)

真尋(必要最低限の会話しかしてないというかなんというか)

真尋(大人しくなってくれることに越した事はないけどさ……)

真尋(……なんなんだろう)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:09:37.21 ID:v5V8K3r/0

──教室

余市「おはよう八坂君」

真尋「おはよう余市」

余市「あれ?今日はニャル子さん達と一緒じゃないのかい?」

真尋「ニャル子は一人で早めに出てったよ、ハス太とクー子は風邪」

余市「ふーん……」

真尋「あれ?まだニャル子来てないのか?」

余市「ん~僕は見てないかな」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:13:50.55 ID:v5V8K3r/0

ニャル子「それでですね珠緒さん」

珠緒「ほうほう、それで──あ、八坂くんおはよー」

真尋「ん?あぁおはよう……ってニャル子も居るのか」 

ニャル子「ええ、珠緒さんと少々お話があったもので」

真尋「ふーん……」

珠緒「おやおや?内容が気になるのかな?」

真尋「どうせ僕には関係ないだろ」

珠緒「んーまあそうなんだけど」

真尋「ならいいじゃないか」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:17:39.51 ID:v5V8K3r/0

担任「ほら、お前ら席に付け」

珠緒「んふふーじゃあねぇーん」

真尋「はいはい」

担任「連絡事項は特にないが試験が──」

真尋(……)チラッ

ニャル子「zZZ...」

真尋(もう寝てやがる……)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:23:03.81 ID:v5V8K3r/0

真尋(今日のニャル子がやたらと大人しいお陰ですんなり昼休みだ)

真尋(いつもこうだといいんだけど……)

真尋「おいニャル子、さっさと食いに行くぞ」

ニャル子「ああ、すみませんが今日は珠緒さんと食べるので……」

真尋「え?」

ニャル子「お弁当も用意してないので購買でパンでも買ってください」

真尋「あぁ、そうなんだ……」

ニャル子「それで次はどうしたら──」

珠緒「んー……そうだねぇ──」

真尋(久し振りに余市と食うか)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:28:58.84 ID:v5V8K3r/0

真尋「よっ、余市」

余市「あれ?今日はニャル子さんと食べないのかい?」

真尋「今日はあの二人で食べたいんだと」

余市「へぇ~珍しいねぇ」

真尋「まぁ、なんかあの二人妙に仲良いしな」

余市「いいじゃないか、日本での友達が出来てニャル子さんも嬉しいんだよ」

真尋「そんなもんかねえ……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:34:38.81 ID:v5V8K3r/0

──午後の授業

教師「つまり、力こそパワーであるからでして──」

真尋「……」チラッ

ニャル子「zZZ...」

真尋(こいつが静かだとここまで授業に集中できるのか)

教師「力の象徴だな、つまりは──」

真尋「……」チラッ

ニャル子「zZZ...」

真尋(なんか落ち着かないな……)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:40:03.95 ID:v5V8K3r/0

──放課後

真尋「なんか妙に疲れたな……さっさと帰るか……おい、ニャル子」

ニャル子「ん?はい、なんでしょう?」

真尋「何って……さっさと帰るぞ」

ニャル子「あぁ、今日は珠緒さんと帰りますので」

真尋「え、あぁ……そう、なんだ」

ニャル子「ではお先に失礼します、真尋さん」

珠緒「じゃあねー……それでニャル子ちゃん、どうなの──」

ニャル子「それが中々──」

真尋「……」

真尋(まあそういう日もあるだろう)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:43:19.45 ID:v5V8K3r/0

──下校中

真尋(一人で帰るの久し振りだな……)

真尋(あいつらが来てからは毎日うるさかったのに……)

真尋(まあ、たまには静かで落ち着いた日があったっていいだろう……うん)

真尋(たまには……ね)

真尋(……)

真尋(……弁当、食べたかったな)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:46:46.16 ID:v5V8K3r/0

──八坂家

真尋「ただいまー」

…………

真尋(あれ、まだニャル子帰ってきて無いのか)

真尋(まあいいや、夕飯の準備をしよう)

真尋(今日は何がいいかな……たまにはニャル子の好きなもんでも……)

真尋(……そういえばニャル子の好きな食べ物って知らないな)

真尋(今度聞いておくか)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:49:41.16 ID:v5V8K3r/0

──夜

真尋(まだ帰って来ないのか……先に食べちゃうか)

真尋「いただきます」

真尋「……」モグモグ

真尋「……」モグモグ

真尋「…………」

真尋「……いつになったら帰ってくるんだよ」

真尋「遅くなるなら連絡しとけっての……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:53:09.34 ID:v5V8K3r/0

ニャル子「ただいま帰りましたー」

真尋「……!ず、随分遅かったじゃないか」

ニャル子「あぁすみません、色々あったので」

真尋「まあとりあえずさっさと食えよ、冷めちゃうから」

ニャル子「あー……連絡しておくべきでしたね……」

真尋「ん?」

ニャル子「夕飯ならもう済ませてきました」

真尋「…え」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:56:18.85 ID:v5V8K3r/0

ニャル子「なので、もったいないですが片付けちゃってください」

真尋「え……あ、うん……あ、風呂ならもう沸いてるから」

ニャル子「ああ、お風呂も済ませてきましたので結構です」

真尋「……は?」

ニャル子「では失礼しますね」

真尋「……え……」

真尋「………」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 22:59:54.84 ID:v5V8K3r/0

真尋(そ、そっか……食べてきちゃったのか……)

真尋(せっかく作ったのにもったいないな……)

真尋(前にあいつが美味しいって言ってくれたのを用意してあげたんだけどな……)

真尋(………)

真尋(……風呂を済ませてきたってなんだろ)

真尋(銭湯でも行ってきたのか……?)


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:04:20.37 ID:v5V8K3r/0

真尋(なんだろう……今日のニャル子はなんかおかしいというか機嫌が悪いというか)

真尋(僕なにかしたかなぁ……)

真尋(朝ごはんに嫌いなもんでも入ってたのかな)

真尋(それとも邪神にも生理とかあるのかな)

真尋(………)

真尋(……直接聞いてみるか)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:09:33.51 ID:v5V8K3r/0

真尋「おーい、ニャル子」コンコン

ニャル子「え?あ、はいどうぞー」

真尋「……相変わらず意外すぎるほどまともな部屋だな」ガチャ

ニャル子「なんですかそれ、文句でもあるんですか」

真尋「いや文句はないけど……ってなに読んでるんだ?」

ニャル子「ああ、これですか?お勧めのデートスポットを見てるんですよ」

真尋「デート?」

ニャル子「今度の日曜日にデートがあるのもで~えへへ」

真尋「僕は聞いてないぞ」

ニャル子「え?真尋さんには関係ないですよ?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:12:27.09 ID:irBlLkAw0

俺とか
ついに俺の時代が来たのか


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:13:18.16 ID:aVs/xCgE0

>>41
は?俺だよ


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:14:11.90 ID:d7vq48UV0

>>41
>>43

いまニャル子は俺の腰の上だぜ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:16:16.66 ID:v5V8K3r/0

真尋「………え?」

ニャル子「あれ……あ、言ってませんでしたね」

真尋「な、何を」

ニャル子「私、好きな人ができたんです」

真尋「……は?」

ニャル子「隣のクラスの男子なんですけどね、いや~情熱的な告白でして」

真尋「………」

ニャル子「今度の日曜日には彼の家に泊まろうかと思ってますので夕飯は要らないです」

真尋「………」

ニャル子「丁度よく両親が不在だそうなので……その、最後までしちゃおうかなぁと……いゃん///」

真尋「………」

ニャル子「真尋さん?」

真尋「……あ、お、お幸せに」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:17:21.68 ID:irBlLkAw0

おいニャル子俺のことばらすなよ恥ずかしいだろ


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:19:52.43 ID:m5Ho6ihp0

あ。
となりのクラスの男子っておれだから


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:21:13.64 ID:vfOppXgc0

お前らまず学校すらいけなかっただろ


59: ×紅白 ○告白 すまん   2012/07/04(水) 23:21:31.64 ID:v5V8K3r/0

ニャル子「いえいえどうも」

真尋「あ……あはは、良かったな……」

ニャル子「ありがとうございますぅ~♪真尋さんも、早いとこ彼女捕まえるんですよ?」

真尋「う、うん……善処する……」

ニャル子「そうですよ、前向きに検討したほうがいいですよ」

真尋「じゃ、じゃあな……しっかり計画立てるんだぞ……」ガチャ

ニャル子「どうもでーす」

ニャル子「……」

ニャル子「……泣いてましたね」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:27:35.88 ID:v5V8K3r/0

──真尋の部屋

真尋(そっか……彼氏が出来たのか……そうだよな……)

真尋(きっといい人なんだろう……)

真尋(僕なんか、好きって言ってくれてるのにフォークだもんな……)

真尋(そりゃあ他の男に行くよな)

真尋(ま、まあ、ニャル子の事は僕には関係ないじゃないか!)

真尋(ニャル子にはニャル子の人生があるんだし、ニャル子が誰と付き合おうが……)

真尋(……関係……ない……よな……)

真尋(……じゃあなんで……こんなにも泣きそうなんだろうな……)


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:31:58.18 ID:v5V8K3r/0

ニャル子「真尋さーん」コンコン

真尋「……!!ど、どうぞー……」

ニャル子「ちょっと話があるのですが」

真尋「なんだよデートの計画でも立ててろよ」

ニャル子「いえ、その事なのですが」

真尋「なんだよ僕には関係ないだろ二人でお幸せによろしくやってろよ……」

ニャル子「ま、真尋さん落ち着いて」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:36:08.14 ID:v5V8K3r/0

真尋「ぼっ……僕は落ち着いてるよ」

ニャル子「とても慌てているように見えますが……」

真尋「う、うるさいな!」

ニャル子「そんなに私に男が出来たのが気になるんですか?」

真尋「僕には関係ない!ニャル子がそうしたいならそうすればいいだろ!」

ニャル子「そ、そうですか」

真尋「そうだよ!一々言ってくんな」

ニャル子「……あのー、お話があるから来たのですが……よろしいですか?」

真尋「……言ってみろ」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:41:40.48 ID:v5V8K3r/0

ニャル子「あの、さっきの話なんですが」

真尋「もういいよその話は二人仲良く結婚でもすればいいだろこれ以上──」

ニャル子「……さっきの話、全部嘘ですよ?」

真尋「どうせ僕には一生縁のない──え?」

ニャル子「日曜日にデートはありませんし、隣の男子とはなんともありません」

真尋「……は?」

ニャル子「いやだからですね、全部嘘です」

真尋「ごめん意味がわからない」

ニャル子「じゃあ分かりやすく説明しますね」

真尋「三行で頼む」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:47:34.81 ID:v5V8K3r/0

ニャル子「真尋さんが中々振り向いてくれないので
珠緒さんに相談したところ
冷たく突き放して反応を伺えと言われたものでして……
拗ねた真尋さん超可愛いですぅ///」

真尋「……は?」

ニャル子「えーっとですね……要するに気を引きたかっただけと言いますか……」

真尋「……はぁあああああああ!?」

ニャル子「ひぅ!?」

真尋「お前ふざけんじゃねえよ僕がどんだけ悩んだと思ってんだよ僕の気持ち考え──」

ニャル子「と、とりあえず落ち着いて」

真尋「バカ野郎これが落ち着いていられるか!?」

ニャル子「うぅ……」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:48:13.86 ID:irBlLkAw0

おおお俺の存在はうそだったのかそうなのか
吊ってくる


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:54:25.00 ID:v5V8K3r/0

真尋「僕が……どれだけ……」

ニャル子「ま、真尋さん?」

真尋「気軽に……そういう事……言うなよな……」

ニャル子「私も信用ないんですねぇ……」

真尋「……?」

ニャル子「私が真尋さん以外を愛する訳がないじゃないですか」

真尋「……ニャル子……」

ニャル子「真尋さん……」

真尋「……ったく……だったら二度とそういう事言うな……」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:55:09.58 ID:0XLbkSZX0

真尋さんはチョロいなぁ!


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 23:59:21.04 ID:v5V8K3r/0

ニャル子「いやだってね?真尋さん私に興味を示してくれないじゃないですか」

真尋「それとこれは話が別だ」

ニャル子「うぅ……真尋さん、怒ってます?」

真尋「当たり前だろ喧嘩売ってんのか」

ニャル子「ひぅ……ご、ごめんなさい……」

真尋「謝って済むなら保護機構なんざ要らないんだよ」

ニャル子「ならどうしたら許してくれるんですか……」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 00:03:05.58 ID:NMmQeQ2F0

真尋「膝枕」

ニャル子「………はい?」

真尋「膝枕」

ニャル子「……真尋さん」

真尋「なんだよ」

ニャル子「色んなSekaiSenで膝枕なでなでを見たことがあるのですが」

真尋「それが?」

ニャル子「いえ……なんでも」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 00:07:38.10 ID:NMmQeQ2F0

真尋「とっととやれ太郎」

ニャル子「そ……それが人にものを頼む態度ですか……」

真尋「うっさい」

ニャル子「分かりましたよ……ほら」ぽんぽん

真尋「ん」

ニャル子「……真尋さん」なでなで

真尋「……なんだよ」

ニャル子「膝枕好きなんですか」なでなで

真尋「今はその話関係ないだろ」

ニャル子「大いに関係しているような……」

真尋「手止まってる」

ニャル子「あぁすいません」なでなで


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 00:11:56.80 ID:NMmQeQ2F0

真尋「……」

ニャル子「……」なでなで

真尋「……ニャル子」

ニャル子「は……はい?」なでなで

真尋「……本当にさっきの話は嘘なんだよな?」

ニャル子「本当ですって信じてください」なでなで

真尋「そっか……」

ニャル子「そんなに心配だったんですか?」なでなで

真尋「……うん」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 00:16:30.89 ID:NMmQeQ2F0

ニャル子「真尋さん、まだお若いのに心配性ですね」なでなで

真尋「当たり前だろ……バカ……」

ニャル子「えへへ……ありがとうございます……」なでなで

真尋「………」

ニャル子「ですが……これだけは誓います」

真尋「……なんだよ」

ニャル子「私は真尋さんだけを愛しているんです……他の人に興味はありませんよ……」

真尋「……ならいいよ」 

ニャル子「ふふっ……ありがとうございます……」なでなで


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 00:22:32.56 ID:NMmQeQ2F0

真尋「なら……明日からまた普通にしてくれよ?」

ニャル子「あれー?そんなに寂しかったですかー?」

真尋「……お前が大人しいと調子狂うんだよ」

ニャル子「んふふ~大丈夫ですよ、真尋さんの、頼みですからね」

真尋「なら明日は弁当作ってくれるよな?」

ニャル子「……あ」

真尋「なんだよ」

ニャル子「お弁当の事なのですが……」

真尋「ことなのですが?」

ニャル子「あれ……素で作り忘れてました……」

真尋「……おい」

おわり


137: 忍法帖【Lv=38,xxxPT】 2012/07/05(木) 00:24:07.49 ID:+rdjPf+L0

>>135
乙だ


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 00:24:43.33 ID:zGApjWrY0



141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 00:24:51.31 ID:TK1CHaQZI

乙でした


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。