スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あずさ「運命の人、み~つけた」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336303929/
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:34:22.81 ID:1JZFX8xc0

5月上旬/午後/765プロ事務所

春香「プロデューサーさん! クッキー作ってきたんですけど、食べませんか?」スッ

真「最近ちょっと仕事頑張り過ぎじゃないですか? 肩でも揉んであげますよ」サッ

P「お、お前ら最近、おかしくないか……?」

春香「な、何がですか……?」アセアセ

真「そ、そんな事ないですよっ!?」テレテレ

P「そ、そうかあ?」

伊織「何よ春香たち、ゾッコンじゃない」

やよい「ぞっこん……? どういう意味ですかあ?」キョトン

亜美「んっふっふ~。やよいっちにはまだ分かんないか→」

真美「よーするに、はるるんとまこちんは、兄(C)にラブって事だYO!」

やよい「へ……? そうだったんですかあ」

雪歩「ま、真ちゃあん……」シクシク


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:38:51.09 ID:1JZFX8xc0


あずさ「春香ちゃんたち、何だか楽しそうね~」

千早「はい。でも、いいんでしょうか?」

あずさ「……?」キョトン

千早「仮にも、アイドルがプロデューサーに恋心を抱くなんて……」

あずさ「あら。でも、プロデューサーさんは充分魅力的だと思うわよ~?」

千早「そ、そういう事ではなくてですね……」

あずさ「春香ちゃんも、真ちゃんも年頃の女の子なのよ~?」

千早「それは……そうですけど」

あずさ「恋のひとつやふたつ、経験しておいた方がいいんじゃないかしら?」

千早「あずささんは、恋愛した事はあるんですか?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:42:59.99 ID:1JZFX8xc0


あずさ「無くはないけれど……。あまり良い想い出はないわね~」ハア

千早「そうですか。何にせよ、変に関係が拗れなければ良いのですけど」

あずさ「プロデューサーさんなら、心配ないと思うわよ~?」

千早「そうでしょうか。確かに、頼りにはなりますけど」

あずさ「ねえ、千早ちゃんは、プロデューサーさんの事、好き?」

千早「へっ? ま、まあどちらかと言えば」

あずさ「そう……。わたしも好きなのよね~」

千早「…………」

千早(飽くまでも、プロデューサーとして、って事よね……?)

あずさ「恋、したいわね~」ポー

千早「…………」

――――

――


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:47:24.06 ID:1JZFX8xc0

休日/8:30/土手

あずさ「あら、ライアンちゃん、おはよう」ナデナデ

犬「わんっ!」ペロペロ

綾子「あずさちゃん。最近よく会うわね~」

あずさ「少し、早起きを心がけようと思いまして~」

綾子「そうなんだ。ね、リード持ってみる?」

あずさ「いいんですか~? それじゃあ」クイッ

犬「わんっわんっ!」タタタ

あずさ「あらあら。本当に元気ねえ~」ニコニコ

P「あ、あれ? あずささんじゃないですか」タッタッタ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:51:44.98 ID:1JZFX8xc0


あずさ「プロデューサーさん! 奇遇ですね~」ペコリ

P「ちょっと運動不足で……この辺を走っていたんです」ハアハア

綾子「あずさちゃん。この方は……?」

あずさ「わたしの、プロデューサーさんです♪」

P「いや、あずささんの他にも問題児は沢山居ますけどね」

綾子「あなたが……。私、上野綾子と申します」ペコリ

P「ど、どうもご丁寧に……。えーと、上野さんは、あずささんとはどういったご関係なんですか?」

綾子「この子のお散歩をしているときに、よく会うんです。時々こうして、お話をしているんですよ」

犬「わんわんっ!」

あずさ「挨拶しているのね~。偉いわライアンちゃん」ナデナデ



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:55:46.81 ID:1JZFX8xc0


P「そうなんですか。あずささん、迷子になったりしませんでした?」

あずさ「プロデューサーさん。私、そんなにドジじゃありません」プクーッ

綾子「と、時々ふら~っと居なくなるコトがありますね……」

P「やっぱり。あずささん、あまり迷惑をかけちゃダメですよ?」

あずさ「そうそう! この子お手とおかわり、同時に出来るんですよ~」ホワーン

P「聞いてないし……。それじゃ、俺はもう行きますね」

綾子「お気をつけて下さい」

あずさ「プロデューサーさんも、迷子にならないように、注意してくださいね~」

P「自宅に戻るだけなのに迷うわけないでしょー!」タッタッタ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:59:33.45 ID:1JZFX8xc0


綾子「……優しそうな人ね」

あずさ「ええ……。とっても親切で、良い人ですよ~」

綾子「あずさちゃん、結婚したいんでしょう? あの人なんか、いいんじゃない?」パアア

あずさ「わ、私なんかじゃムリですよ~。他に可愛い子、いっぱい居ますから」

綾子「でも、最近よく会うって言ってたじゃない?」

あずさ「それは……ただの偶然だと思います~」

綾子「もしかしたら、運命かもしれないわよ?」ニヤッ

あずさ「運命……ですか?」

綾子「だってこの前も……」

あずさ「……」

綾子「こんな都会で、あんな偶然有り得ないわよ~」

――――

 ――


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:03:16.66 ID:1JZFX8xc0


先日/10:00/街

P「あれ? あずささん?」

あずさ「プロデューサーさん。奇遇ですねえ~」トコトコ

P「こんな所で会うなんて、すごい偶然ですね」

あずさ「それはそうと、今日は良い天気ですね~」キラキラ

P「そ、そうですね……。それじゃあ、また」テクテク

あずさ「は~い」ノシ



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:06:57.10 ID:1JZFX8xc0


13:00/CDショップ

あずさ「あら、プロデューサーさん」トコトコ

P「わっ、あずささん。今日はよく会いますね~」ハハ

あずさ「本当ですね~。あら、それは……」

P「なんか久々に聴きたくなっちゃって」ハハハ

あずさ「いい曲ですよね~」ウンウン

P「あずささん、お一人なんですか?」

あずさ「ええ。たまには、ゆっくり出掛けたいなあと」

P「迷子にならなかったのは奇跡ですね……」

あずさ「えー? 私だって、もう大人なんですよ~?」プンッ

P「…………」

P「それじゃ、俺はもう行きます」クルリ

あずさ「はい。行ってらっしゃい」ニコッ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:10:58.64 ID:1JZFX8xc0


17:00/公園

P「……!? あ、あずささん?」

あずさ「あらあら、プロデューサーさん。三度目ですね~」トコトコ

P「いや……この遭遇率は異常ですよ」

あずさ「それはそうと、噴水、キレイですね~」

P「ま、またマイペースな……」

あずさ「…………」テクテク

P「…………」

あずさ「プロデューサーさん?」

P「はい?」

あずさ「プロデューサーさんって、恋人は居ないんですか~?」クルリ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:14:44.00 ID:1JZFX8xc0


P「ええっ!? 今は仕事が忙しいですし……。それに、居たら休日に一人で出掛けたりしませんよ」ハハ

あずさ「それもそうですね~」テクテク

P「あずささんは、どうなんですか?」

あずさ「私も、同じです」ニコッ

P「そうですか……」

あずさ「……~~♪」

P「あの、あずささん」

あずさ「何ですか~?」

P「一緒に夕食でも、どうですか?」

あずさ「あらあら、いいんですかあ?」クルリ

P「…………?」

あずさ「迷わないように、ちゃーんと連れて行って下さいね?」ニコッ

――

――――


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:19:05.52 ID:1JZFX8xc0


綾子「ほらあ。やっぱり運命じゃない?」

あずさ「そんな……。私じゃプロデューサーさんに相応しくないですよ~」

綾子「あずさちゃん。とっても美人なのに。っていうか」

あずさ「…………?」キョトン

綾子「もしかしたら、彼、あずさちゃんに気があるのかもしれないわよ?」パアア

あずさ「え、ええ~?」

綾子「たび重なる遭遇も、すべて図られていたのかも!」キラキラ

あずさ「そ、そんなこと……」

あずさ「……!!」ハッ

綾子「ん? どーしたのあずさちゃん」キョトン



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:23:30.43 ID:1JZFX8xc0


あずさ(そういえば……あの日の占い、恋愛運だけやけに良かった気がするわ……)

あずさ(ま、まさかプロデューサーさんが……?)カアア

綾子「あずさちゃん、結婚っていいものよ~」ウンウン

あずさ「け、結婚?」

綾子「それに、私もうすぐ赤ちゃん生まれるの……楽しみだなあ」

あずさ「あ、赤ちゃん……?」

あずさ「…………」

あずさ「…………///」ポワン

綾子「……あらら。あずさちゃんったら、可愛いわね」クスクス

 ――――

――


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:27:17.99 ID:1JZFX8xc0


翌週・休日/7:30/あずさ邸

あずさ「~~~~♪」チーン

あずさ「~~♪」コポコポ

あずさ「でーきた♪」

あずさ「やっぱり、朝はコーヒーとトーストに限るわね~」パクッ

あずさ「久しぶりに、早起きして良かったわ~」パクパク

あずさ「あ、占いが始まる時間」ポチッ

テレビ「は~い! 今日も元気に、亜美と真美がお兄ちゃんとお姉ちゃんの一日を占ってあげるコーナーいっくよ→」

テレビ「まずは~、おひつじ座から占っちゃお→」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:32:57.70 ID:1JZFX8xc0

あずさ「あらあら。亜美ちゃんと真美ちゃん、こんなお仕事もしていたのね~」パク

テレビ「続いて、かに座の兄ちゃんと姉ちゃん!」

あずさ「……じーっ」パクパク

テレビ「今日は、最っ高の一日になるかもねっ! 特に……んっふっふ~♪ 恋愛運に恵まれてるようですなあ~」パチパチ

あずさ「やったあ♪」

テレビ「外でお買い物とかしてみたら、運命の相手と出会っちゃうかもよ→」

あずさ「……運命の相手ねえ~」パクパク

テレビ「それじゃ、しし座の……」

あずさ「……天気も良いし、出掛けてみようかしら~」ンーッ

――――

――


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:38:04.81 ID:1JZFX8xc0


9:30/街

あずさ(とりあえず家を出てみたけれど……)

あずさ(何処に行こうかしら~?)ウーン

あずさ(ショッピングは友美に付き合ってもらったばかりだし……)

あずさ(食べ歩きもいいけれど……)キョロキョロ

あずさ「……どうしようかしら?」

P「あれ? もしかして、あずささん?」トコトコ

あずさ「……あら! ぷ、プロデューサーさん?」

P「はは。どうしたんですか? そんなに慌てて」ニコッ

あずさ(……え、どうしてプロデューサーさんが?)

あずさ(もしかして……占いの『運命の相手』って……)ドキドキ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:41:47.69 ID:1JZFX8xc0


P「あずささんは、今日はお一人で買い物ですか?」

あずさ「そ、そうですね~。プロデューサーさんもですか~?」

P「ええ、まあ。今朝、テレビで占い観ていたら、めちゃめちゃ運勢が良かったもんで」ハハハ

あずさ「実は、私もなんです~。もしかして、かに座ですか?」

P「はい。7月生まれで。ひょっとして、あずささんも?」

あずさ「はい。占いの『運命の相手』が気になってしまって~」

P「ははは。あずささんらしいですね……」

あずさ「…………」

P「…………」

あずさ(ほんとに……、プロデューサーさんが……?)

P(最近よく会うなあと思っていたら……まさか……)

あずさ&P(目の前に居るこの人が……運命の相手?)




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:45:38.21 ID:1JZFX8xc0


あずさ「あの~……ぷ、プロデューサーさん?」

P「は、はい……。どうしました? あずささん」カチコチ

あずさ「今日は……お一人なんですか?」

P「え、ええ。考えなしにとりあえず出掛けただけなので……」

あずさ「実は……私もなんです~」

P「…………」

あずさ「…………」

P「よければ一緒に……」

あずさ「デート、しませんか?」

――――

――


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:49:37.37 ID:1JZFX8xc0


10:00/古着屋「Beside」

あずさ「これなんか、どうかしら~?」トテテ

P「へえ……これからの季節には、良さそうですね」

あずさ「プロデューサーさんは、どんな服が好みなんですか~?」

P「そうですね……。割とタイトめで、派手過ぎない感じですかね」

P「あずささんは、どんな服が好きですか?」

あずさ「今日みたいなぽかぽか陽気の日は、ゆったり着れるものがいいですね~」

P「確かに、今日の服は自然な感じですね。まるで妖精みたいな……って」

P(うわ~、何恥ずかしいこと言ってるんだ俺……)



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:53:43.89 ID:1JZFX8xc0


あずさ「あらあら。褒めていただいて、嬉しいです~」ニコニコ

P「そのファッション、最近流行ってましたよね? えーと、『林ガール』でしたっけ?」

あずさ「プロデューサーさん。それを言うなら、『森ガール』ですよ~」クスクス

P「ああそれだ。すみません疎くって。似合ってますよ、とっても」

あずさ「ファッションの勉強も、アイドルには必要なんです」エッヘン

P「俺も頑張らなきゃですね」

あずさ「ふふっ。じゃあ、私がカッコイイお洋服、選んであげますね~」ウキウキ

P「いいんですか? あずささんお洒落ですし、是非願いします」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:57:49.29 ID:1JZFX8xc0


あずさ「じゃあ、さっそく寸法を……」スッ

P「ちょ、ちょっとあずささん?」

あずさ「はい。何ですか? プロデューサーさん」ペタペタ

P「その……あまり近づかれるとですね……」

あずさ「はい……?」スッスッ

P(その果実のような、豊満なOPPAIが……)

P「…………」ドギマギ

あずさ「……はい。おしまい。それじゃ、ちょっと待っていて下さいね~」トテテ

P「は、はい……」

あずさ「…………♪」ルンルン

P「……」

P(……まあ、あずささんが楽しいならいいか)

――――

――


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:01:48.41 ID:1JZFX8xc0


11:10/レコード店「9:02pm」

P「へえ、あずささんってレコードとか聴くんですか?」

あずさ「いえ……。何だか、こういうお店って、覗いているだけで楽しくなりませんか~?」

P「ああ、わかります。ある種の赴きがありますよね~」

あずさ「はい。記念に、一枚買っていこうかしら~」テクテク

P「あ、あずささん。前見て歩いてくださいよ」

あずさ「大丈夫ですよ~……きゃっ」ドン

店員の女の子「わわっ!?」

バサバサ……、バラバラ……。

P「あーあ。大丈夫ですか?」タタタ

あずさ「はい~。あの……お怪我はありませんか?」ペコリ

店員の女の子「すみません……こっちこそボーッとしてしまって」ペコリ

あずさ「あらら、レコードが散らばっちゃった」サッサッ

P「すみません……。売り物なのに……」ッス


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:06:37.77 ID:1JZFX8xc0


店員の女の子「いえ……私の不注意ですので……」

あずさ「本当に、ごめんなさいね」

P「あずささん。気を付けてくださいね? 怪我でもしたら大変です。アイドルなんですから」

あずさ「はい。心配してくれて、ありがとうございます~」

店員の女の子「……あの、アイドルをされているんですかあ?」

あずさ「ええ。でも、まだ駆け出しなんですよ~」

店員の女の子「す、すごいですねっ! 良かったら、お名前をお聞きしてもいいですか? 私は、林田凛子っていいます」キラキラ

あずさ「凛子ちゃんね? 私は、三浦あずさと申します~」ペコ

店員の女の子「あずささん、ですか。私、応援しますね」パアア

あずさ「ふふっ。ありがとう。本当に、ごめんなさいね~」

店員の女の子「こちらこそスミマセンでした。お仕事、頑張って下さいねっ」ペコ


――――

――


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:10:11.16 ID:1JZFX8xc0


12:30/カフェ「Sweet Doughnuts」

あずさ「ここのお店、トレンドなんです~」ニコッ

P「うわあ……なんていうか、ファンシーですね」

あずさ「とっても可愛いんですよ~? 絵本を飾っていたり、内装も……」

P「基本的に木目調だし、アットホームで落ち着きますね」

あずさ「はい。それにメニューも、可愛くて美味しいものばかりなんです」

P「はは。あずささんは素敵な所、たくさん知ってますね」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:15:21.47 ID:1JZFX8xc0


あずさ「楽しむことくらいしか、取り柄がありませんからね~」クスクス

P「それじゃあ、何食べましょうか」ペラ

あずさ「私のオススメは、このトマトのグラタンですね~」

P「へえ……、スイーツも充実してますね」

あずさ「ここのカフェラテも、ほんわか美味しいですよ~」

P「じゃあ、それに決めます」

あずさ「ふふっ。それじゃあ、私も」ニコッ

P(はあ……。何か、幸せだなあ)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:20:48.91 ID:1JZFX8xc0

 
13:10/カフェ「Sweet Doughnuts」

P「そういえば、この間の……、上野さんでしたっけ? もともと知り合いというわけでは、無かったんですよね?」

あずさ「そうですね~。ワンちゃんが可愛くって、撫でさせてもらっているうちに仲良く」ニコッ

P「あずささんって、実は結構、顔が広いですよね~」

あずさ「そうですか~? あ、そうそう、綾子さんの旦那さんって、ブリーダーさんなんですよ?」

P「ブリーダー? って、何のですか?」

あずさ「ワンちゃんのです。コンテストなんかも、あるらしくって」

P「へえ~。世の中、いろんな人が居るもんですねえ」

あずさ「最近、子犬が生まれたそうなので、今度抱っこさせてもらいに行く約束もしているんですよ~」ニコニコ



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:24:32.51 ID:1JZFX8xc0


P「……なんか、あずささんって、本当に楽しそうに話をしますよね」

あずさ「そうですか~? あまり意識した事はないですよ~?」キョトン

P「いえ、何か……あずささんと居ると、こっちまで楽しくなってきます」ハハ

あずさ「そ、そうですか~?」テレテレ

P「はい。あ、俺会計してきますね」

あずさ「それじゃ、お金を……」ゴソゴソ

P「いや、俺が出しますよ」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:28:53.11 ID:1JZFX8xc0


あずさ「そんな、悪いです……」

P「今日は楽しませてもらってますから。ほんの気持ちですよ」

あずさ「それは私も同じですよ~」アセアセ

P「まあ、男ですから。これくらいは、させて下さいよ」ニコッ

あずさ「じゃあ、今回だけ……ですよ?」

P「はい。行ってきます」タタタ

あずさ「…………」

あずさ「優しいなあ、プロデューサーさん」

――――

――


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:33:43.71 ID:1JZFX8xc0


14:00/街

P「こうして、少し人混みから離れた道を歩くのも、良いもんですね」

あずさ「そうですね~。ぽかぽか暖かくて、気持ちいいです~」

P「よくよく見れば、いろんなお店があるんですね」

P「帽子屋、古着屋、靴屋、楽器屋……。個人で経営している店も、案外多いみたいだなあ」

あずさ「…………」ジーッ

P「……? どうしました、あずささん」

あずさ「プロデューサーさん。あのお店、入りませんか?」スッ

P「……占い?」

あずさ「私、占いには目がないんです~」

P「いいですよ。面白そうだし、行ってみましょうか」

――――

――


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:38:48.88 ID:1JZFX8xc0


14:00/占い屋「KING」

カランコロン……。

占い師「いらっしゃい。あらあら、素敵なカップルさんですね……」ニコニコ

あずさ「こんにちは~」

P「わ、綺麗ですね。これ」

あずさ「ほんとだわ~。この水晶玉を使って、占いをするんですか~?」

占い師「いろいろなやり方がありますよ。とりあえず、座ってください」

P「は、はい……座りましょう。あずささん」

あずさ「……」チョコン

お姉さん「さて、今日は何を占いましょう?」

P「あずささん、どうします? やっぱり仕事についてですかね?」

あずさ「う~ん……せっかくのデートだし……」

P「…………?」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:43:51.31 ID:1JZFX8xc0


あずさ「プロデューサーさんと私の、相性を占ってもらいましょう!」ポンッ

P「え、ええ!? 何か恥ずかしくないですか? それ」アセアセ

あずさ「嫌、なんですかあ?」シュン

P「そ、そんな事ないですよ!」

あずさ「それじゃあ、カップリング占いを……」

占い師「かしこまりました。それでは、まず手を繋いでください」

P「えええ!?」

あずさ「ぷ、プロデューサーさん」

P「わ、わかりました……」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:49:11.05 ID:1JZFX8xc0


ギュ……。

あずさ「……///」

P「…………」ドキドキ

占い師「続いて……そのまま向き合ってください」

あずさ「……」クルリ

P「……」

占い師「お互いの目を、よく見て下さい……」

あずさ「…………」ウルウル

P(や、やばい。あずささん可愛すぎる……)



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:55:07.99 ID:1JZFX8xc0


占い師「うぬぬぬ……はああ……ふう……」

占い師「ジューシー……ポーリー……」ブツブツ

あずさ(……イェイ)

P(これホントに当たるのかあ~?)

占い師「見えました……」

P「ふう……」

あずさ「そ、それで……どうだったんですかあ?」ドキドキ

占い師「…………」

P「……」ゴクッ

あずさ「……」ゴクッ

占い師「あなた方の相性は……」

――――

――


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:00:18.98 ID:1JZFX8xc0


15:30/公園・ベンチ

あずさ「陽射しが気持ちいいですね~」

P「そうですねえ。何だか眠くなります」

あずさ「プロデューサーさん。女の子と一緒にいるのに、お昼寝しちゃダメですよ~」メッ

P「す、すみません……。それより、さっきの占いですが……」

あずさ「……カップリング相性、91%……」カアア

P「あんなに高いとは、思いませんでした」ハハハ

あずさ(やっぱり……プロデューサーさんが、私の……?)ドキドキ

P「でも、良い結果が出てよかったですよね」ニコッ

あずさ「……そう、ですね……///」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:05:24.38 ID:1JZFX8xc0


P「…………」

あずさ「…………」

あずさ&P「「あ、あの……」」

P「あ、あずささんからどうぞ……」

あずさ「そ、その……」

P「…………?」

あずさ「て、手を……」モジモジ

女子高生「あ! あずささん!」トテテ

あずさ「きゃあっ!?」

P「うわあっ!?」

女子高生「ど、どうしたんですかあ?」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:10:39.55 ID:1JZFX8xc0


あずさ「り、凛子ちゃん……」

P「レコード店で会った……」

子「……もしかして、お邪魔でした?」ニヤッ

あずさ「そ、そんなことないわよ~。ね、プロデューサーさん?」ドギマギ

P「え、ええ。ただ休んでいただけですし……」アセアセ

凛子「そうですか。あの、ちょっとだけお話しませんか?」チョコン

あずさ「あらあら。良いですか?」

P「構いませんよ」

凛子「ありがとうございます。あずささんっ!」

――――

――



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:17:27.84 ID:1JZFX8xc0


凛子「実は……、ちょっと進路の事で悩んでいるんです」シュン

あずさ「凛子ちゃんって、高校生だったのね~」

凛子「はい。何か、イマイチ受験勉強に打ち込めなくって……。バイトばかりしちゃって」

あずさ「そうだったの。プロデューサーさんは、高校生の頃は何をしていたんですかあ?」

P「う~ん。俺はバンドやってましたね。まあ、三年になってからは、予備校に通い詰めでしたけど」

凛子「へえ~、あずささんの彼氏さん、楽器が出来るんですかあ~」キラキラ

P「か、彼氏!?」

あずさ「そ、そう見えるかしら~?」テレテレ
 
凛子「へ? 違うんですかあ? 私てっきり……」

P「ち、違いますよ。俺はあずささんのプロデューサーなんです」

凛子「なーんだ。傍から見れば完璧にカップルでしたよ~?」

あずさ「ええ~? もう、困っちゃいますね、プロデューサーさん」テレテレテレ

P「あ、あずささん?」

凛子「あずささん可愛いですね~」ダキッ

あずさ「ちょ、ちょっと凛子ちゃん?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:21:46.18 ID:1JZFX8xc0


凛子「……あずささんが、お姉ちゃんだったらいいのになあ」

あずさ「……どうしたの?」

凛子「私……、一人っ子なんですよ。パパもママも共働きで、遅くまで帰らないんです。だから、ちょっとだけ寂しくって」

あずさ「そうだったの……」

凛子「何も無いんですよ、わたし」

P「……どういうこと?」

凛子「やりたい事が、見つからないんです」

凛子「友達とかは、それぞれ将来の目標とか、夢とか持ってて」

凛子「それが……羨ましいんです……」

凛子「先が……見えないんです」

あずさ「凛子ちゃん……」

P「…………」

凛子「あーあ、世の中って、幸せなことばかりじゃないんですよね~」

凛子「魔法みたいに、楽しいことだけなら、いいのになあ」ハア



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:25:44.70 ID:1JZFX8xc0


あずさ「……ねえ、私がどうしてアイドルになったか、教えてあげよっか?」ニコ

凛子「わあ、聞かせてください!」

あずさ「私を見つけてくれる、運命の人を探すため……」

凛子「へ……? 何だか間接的な理由ですね……」

あずさ「お仕事を頑張って、テレビとかに出ていれば、いつか出逢えるかなあって、始めたのよね~」

凛子「何だか、純粋なんですね。あずささんって」

あずさ「そんなことないわよ~。ねえ、プロデューサーさん?」

P「いや……何故そこで俺に振るんですか」

凛子「あはは。本当に、幸せそうですね」

あずさ「そうかしら~? でも、今日は特に楽しいことが多かったわね~」ニコニコ

凛子「この人と一緒だったからですかあ?」ニヤニヤ

あずさ「そ、そういうわけじゃ……///」

凛子「あ、赤くなった~」

あずさ「もうっ! からかわないで~」プンプン

凛子「ご、ごめんなさ~い」テヘペロ


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:29:47.82 ID:1JZFX8xc0


あずさ「……ね、凛子ちゃん」

凛子「はい?」

あずさ「私は、近道をしても、良いと思うわ」

凛子「近道、ですか?」キョトン

あずさ「ええ。私ね、アイドルを始めてから、いろいろ学んだ事があってね?」

凛子「…………」

あずさ「人には、それぞれに合った生き方があると思うの」

あずさ「辛い時や、悲しい時にね? 少しくらい立ち止まって、他の道を歩いてみても良いんじゃないかしら? 見つけたいモノを探すの」

凛子「見つけたいモノ?」

あずさ「そうやって、幸せを掴めたらいいなって。自分で考えて、やってみる事で、結果的にそれが、近道になるかもしれないでしょう?」ニコニコ

凛子「あずささん……」

凛子「……そう、ですね。何だか、少しだけスッキリした気がします」ニパッ

あずさ「自分のペースで、歩いていけば大丈夫」ブイッ

P「まあ、あずささんは少々マイペース過ぎですけどね」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:33:55.64 ID:1JZFX8xc0


あずさ「ぷ、プロデューサーさん?」ムーッ

P「ははは。冗談ですよ」

携帯『ぷるるる、ぷるるるる』

あずさ「あら? 誰からかしら?」パカッ

電話『もしもし? 綾子でーす』

あずさ『あらあら、綾子さん。どうしたんですか~?』

綾子『今から少し、時間ないかしら? 子犬、抱っこさせてあげようかと思って』

あずさ『いいんですか~? ちょ、ちょっと待って下さいね』

P「どうしました?」

あずさ「綾子さんが、今から子犬を触りに来ないかって」

P「良かったじゃないですか」ニコ

あずさ「もちろん、プロデューサーさんも、来てくれますよね?」

P「え、いいんですか?」

あずさ「一緒がいいです。それと……」

あずさ「凛子ちゃんも、子犬、抱っこしたくない?」ニコッ


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:38:33.73 ID:1JZFX8xc0


凛子「わ、わたしも行っていいんですか?」

あずさ「きっと大丈夫だと思うわ」

凛子「ありがとうございます。私、ワンコ大好きなんですっ!」キラキラ

あずさ「あらあら。それじゃ、住所聞くわね~」

P「ま、待ってください。住所聞くなら、俺が替わります」アセアセ

凛子「へ? どうしてですか?」

P「あずささんは、人類一の方向音痴なんですよ……」

あずさ「た、確かによく迷子になるけれど……。プロデューサーさん?」プクー

P「はいはい。文句を言うなら、これからは真っ直ぐ事務所に着けるようにしてくださいね?」

あずさ「……ごめんなさい」シュン

P「わかればよろしい」

P『あ、もしもし……僕、前にお会いしたあずささんの……』

凛子「ほんとに、可愛いひとですね。あずささんって」クスクス

――――

――


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:43:02.34 ID:1JZFX8xc0


18:00/上野邸

P「どうも、お邪魔しました」ペコリ

あずさ「綾子さん。またいつかの朝に」

綾子「あずさちゃんも、お仕事ガンバってね」

あずさ「ふふっ。プロデューサーさんが居るから、大丈夫です~」

P「ま、任せてくださいっ!」グッ

凛子「綾子さん、私まで押しかけてしまって、ありがとうございました」ペコ

綾子「いいえ。あの子たちも楽しかったみたい。勿論、私もよ? またいつでも来てね?」ニコッ

凛子「はいっ!」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:46:27.23 ID:1JZFX8xc0


凛子「それじゃあ、私は本屋に寄ってから帰りますので、あずささんも、いろいろと頑張ってくださいね」パチン

あずさ「……いろいろ? ふふっ、凛子ちゃんもね」ニコッ

凛子「はいっ! 今日は、本当にお世話になりました~!」タッタッタ

P「元気になったみたいで良かったですね」

あずさ「はい。それじゃあ、私たちも、帰りましょうか?」

P「ええ。帰りましょう」

――――

――


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:53:51.39 ID:1JZFX8xc0


18:20/土手・並木道

 昼間、私たちをぽかぽかと照らしていた太陽も、そろそろ眠りにつくようだった。

 プロデューサーさんと、爽やかな風を受けながら、並木道を歩く。

 時折、私のほうをちらりと見て、歩調を合わせようとしてくれる気遣いとその距離感が、暖かくて嬉しかった。

P「なんだか、今日は色々ありましたね~」

あずさ「はい。とっても幸せな一日になりました」ニコ

P「ホント、あずささんって、すごいですよね」

あずさ「ええ~? 何がですか?」

P「なんて言うか、自然と人が集まるんですよね。周りに」

あずさ「そうですかあ?」

P「そうですよ。こうやって、人の輪をつくれる人って、素敵だと思いますよ」

あずさ「あ、ありがとうございます……///」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 23:58:36.55 ID:1JZFX8xc0


 プロデューサーさんに素敵だと褒められて、少しだけ頬が上気するのを感じた。

 今は夕日のおかげで隠せるけれど、何だか気恥ずかしく思う。

P「不思議な一日でしたね。示し合わせたわけじゃないのに……」

あずさ「ですね……。でも、少しだけ、予感はしてました」

P「へ……?」

 今朝に観た、テレビの占い番組。数分眺めるだけで、幸せになれる魔法のおかげ。

 もしかしたら、先日のように出会うのではないかと、私はひそかに思っていた。

あずさ「……お昼の占い、どう……思いますか?」カアア

P「え、ええと……まあ、素直に嬉しいですよ」

あずさ「……私もです」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:05:07.73 ID:79l0xd400


 探していた、運命の人。

特別な出会いや、容姿や、財産などには、興味はなかった。

ただ、自分が一緒に過ごしていて、心から好きと思える人。

 そして、愛して欲しい人は、今、隣を歩いているこの人なのかもしれない。

あずさ「プロデューサーさん?」

P「はい。何ですか? あずささん」

あずさ「私……、アイドルを辞めちゃうかもしれません」

P「え、えええ!?!? どうしてですか?」アセアセ

あずさ「……だって」

あずさ「もう、運命の人、見つけちゃったんですもの」

P「へ……? そ、それはどういう……」

あずさ「ふふっ。冗談ですよ、プロデューサーさん」

P「あ、あずささん! 驚かせないで下さいよ!」

あずさ「ごめんなさい」

P「まったく……寿命が縮みましたよ……」ハアア


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:09:17.13 ID:79l0xd400


あずさ「ねえ、プロデューサーさん」

P「……はい?」

あずさ「少しだけ、近道しちゃダメかしら?」ググッ

P「……!?」チュッ

 私より背が高いプロデューサーさん。

 その唇に届かせるために、ちょっとだけ背伸びをする。

 この人はプロデューサーなのに……という理性と、言いようのない充足感が心の中で葛藤する。

それでも、自然と、体が動いてしまった。

彼を求めてしまっていた。

あずさ「プロデューサーさんのこと、好きです」

P「……また、冗談ですか?」

あずさ「いいえ。私、運命の人、見つけちゃいました」

P「すみません」

あずさ「…………」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:12:39.61 ID:79l0xd400


P「プロデューサーだってのに、すみません」

あずさ「…………?」

P「俺も、大好きですよ、あずささんのこと」

 まるで、テレビドラマのラストシーンみたいに、私は抱きしめられていた。

 ただひたすらに心地よくて、泣けるほどに暖かくて。

 私がアイスクリームだったら、トロトロに溶けてしまいそうだった。

あずさ「一緒に、幸せを掴めたら……良いですね」

P「はい……。これからも、あずささんの隣、歩きたいです」

 この人と一緒なら、どんな事があっても、楽しく過ごせると思った。

 もし、毎日がつまらなくなって、何かに負けそうになったとしても。

 目を開いていれば、幸せはきっと訪れる。

 だから、これからもずっと、二人で歩きましょう。

 たくさん、たくさん、近道をしながら。

 ――――

 ――


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:16:13.30 ID:79l0xd400


翌日/午後/765プロ事務所

春香「プロデューサーさん! 今日はドーナツを作ってきたんですよ♪ 是非、食べてくださいっ」キャイキャイ

真「ボク、耳かき得意なんです! プロデューサー、横になってください」キャピキャピ

P「お、お前らなあ……」

あずさ「春香ちゃん、真ちゃん」

春香「へっ? 何ですか? あずささん」キョトン

真「なんだか、怒ってるような……?」

あずさ「プロデューサーさんは、私の運命の人なんだから、ちょっかい出しちゃだめよ~」プクー

P「ちょ、ちょっとあずささん! その事は……」アセアセ


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:19:27.47 ID:79l0xd400


春香「ど、どいうことですか? 詳しく聞かせてください!」

真「あっ! 逃がしませんよ~! プロデューサー!」タタタ

P「あずささーん! 助けてくださいよ~」ドタドタ

あずさ「あらあら……」

千早「……更に拗れてますね……」ハア

あずさ「あ、そうだわ!」トコトコ

亜美「んー、どしたのあずさお姉ちゃん」キョトン

真美「真美たちに何か用事?」キョトン

あずさ「2人とも、ありがとう」ニコッ

亜美&真美「「な、なんのこと→?」」


あずさ『運命の人、み~つけた』 ―take a shorter route―


FIN


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:24:31.18 ID:CbLhU68T0

おつおつ


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:30:02.24 ID:DSLr3xcN0


相変わらずアイマス愛を感じさせるSSだ
次も楽しみにしてる


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:40:23.29 ID:ov3BK4aL0



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。