スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜美「ぴよちゃんって彼氏いなさそうだよね~」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340121403/
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:00:46.41 ID:SVLW7gEt0

真美「いきなりどうしたのさぁ~、亜美ってば」

亜美「だってさぁ~、仕事中にずーっと妄想ばっかしてんだよ?」

亜美「亜美たちだってマジメなわけじゃないけど……あれは大人のオンナとしてナイっしょー」

真美「ん~、まぁねー。ぴよちゃんってけっこーフマジメだよねー」

亜美「うん、そーそー」

真美「そういや真美もこないださぁ……妄想のダシに使われちったよ」

亜美「どんなの?」

真美「シシュンキがどーのこーの言ってたけど……ちょっち手に負えないよね、やっぱり」

亜美「よーわからんかったかー」

真美「なんにしてもさぁー」

真美「ぴよちゃんの妄想もいいかげんにせいッって感じだよ~」


小鳥「……!」

小鳥(わ、私の話……?)

小鳥(二人とも気付いてないみたいだけど……)


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:05:28.50 ID:SVLW7gEt0

小鳥「……」コソッ

真美「ほんともう、ありゃダメだわ。もーそー事務員わ」

亜美「ほんとだよね~!彼氏の一人でも作ってそういうのから卒業してほし……」

亜美「……!!」

小鳥「!」

小鳥(あ、アハハー……亜美ちゃんは気付いてくれたのねー……)

小鳥「」ペコリ

亜美「…………」

真美「亜美どったの?」

亜美「え!?……い、いやぁ~……」

真美「ぴよちゃんってば兄ちゃんとかはるるんとか、妄想見境ナシじゃん!」

真美「やっぱアレはどうかと思うんだけども」

亜美「は、はは……そ、そうだねぇ~……」

亜美「亜美的には~……そ、そこまで気にする必要もないかなぁ~って」

真美「急になに言ってるのさぁ、亜美ってばぁ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:11:10.24 ID:SVLW7gEt0

小鳥(あ、亜美ちゃん……真美ちゃんを早く止めてあげて……)

亜美「…………は、はは……」

真美「前にさぁ、ぴよちゃんの机の中の本とか見たけど……」

真美「アレってばもう……男同士が抱き合ったりしてんだよ!?」

亜美「ま、真美……それ、く、くらいにしてさぁ……」

真美「だってアレまじで気持ち悪かったじゃん!」

小鳥(ううう……)ズーン

真美「理解フカノウな世界ってあるもんだなぁ~、ってそのとき思ったね」

真美「ぴよちゃんってば……オタクなだけじゃなくて変態さんだったんだよね」

真美「いくら真美たちの職場の事務員さんと言っても……アレはキモイっすよ~、亜美さん」

亜美「…………」

亜美「……………………フゥー」

亜美「そうだよねぇ~!超キモイよねー!」

小鳥「!!!???」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:15:39.73 ID:SVLW7gEt0

真美「ホントだよねー!」

真美「ひょっとしてさぁ、ああいう本があったってことは……」

真美「ああいうお店にも行ってんじゃないのぉ~!?……よく知らんけども」

亜美「なんだっけ、『げいばー』だっけ?」

真美「そうそうそう」

亜美「ぴよちゃん『げいばー』通ってそうじゃーん!」

亜美「ドラマで見たけどぉ、男の人のパンツに、お金ツッコむんだってよぉ!」

真美「うきゃぁ~!信じらんないよー!」

亜美「本だけじゃ飽き足らず、パンツに手をツッコむ小鳥さんですよぉ!」

真美「うわー!亜美マジ止めて!マジ止めて!ぴよちゃんのことまともに見れなくなっちゃうじゃーん!」

亜美「あっはっはっはっはー!」

亜美「……よっしゃ!じゃそろそろ行きますか!」

真美「オッケー」クルッ

真美「!!!!!」ギョッ

小鳥「…………」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:20:30.91 ID:SVLW7gEt0

亜美「」スタスタスタスタ

亜美「真美~はやくこっちき

小鳥「いやいやいやいやいやいやいや」

真美「…………」サァー

亜美「…………」

亜美「真美ってばはやく

小鳥「いやいやいやいやいやいや……」

亜美「…………」

小鳥「あ、亜美ちゃん……ちょ、……こ、こっちこっち、こっち来て」

真美「……ぴ、ぴよちゃん……?」

小鳥「……」

小鳥「………………ハァー」

小鳥「斬新すぎるわ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:25:05.58 ID:SVLW7gEt0

真美「え、えと……?」

小鳥「いや、ある、あるわよ?こういうシーンとか……よくドラマであるわよね」

亜美「…………」

小鳥「でも本人来たら普通止めるでしょ!?」

小鳥「最後まで聞けちゃうとか……斬新すぎるわよ!」

真美「き、きいて……た……の?」サァー

小鳥「まぁ、ね」

真美「ちょ……!い、いまそこ

小鳥「いやいや、いいの!真美ちゃんはいいの!まずは一旦置いといて、ね!」

真美「……」

亜美「…………」

小鳥「亜美ちゃんの方よ……」

亜美「……」

小鳥「目ぇ合ったわよね!?」

亜美「…………まぁ、……うん」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:28:42.67 ID:SVLW7gEt0

亜美「合ったよね」

小鳥「あそこでしょう!」

小鳥「あそこで絶対止めるべきだよね!?」

真美「…………」

亜美「……ん、まぁ…………」

亜美「亜美もさぁ、あそこで最初止めるつもりだったんだけどぉ」

小鳥「そ、そう、そうだよね?」

小鳥「亜美ちゃんも最初の方はさ、なんか、……真美ちゃんにまぁまぁ、って感じだったわよね」

小鳥「その後!」

小鳥「その後!しばらくしてガーッて行ったわよね!ガーッて!」

小鳥「ガーッて!!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:32:12.27 ID:SVLW7gEt0

小鳥「戻ったわよね悪口に!ガーッて!」

小鳥「何アレ!?何あのターボ!」

小鳥「なに!?なんだったの!?」

亜美「…………」

亜美「………………」

亜美「もういっかぁー!って思って」

小鳥「……」

小鳥「………………いや、よくないでしょ……」

小鳥「絶対よくないでしょ……何、もういっかぁー!って」

真美「亜美……な、なんで教えてくれなかったのさぁ!?」

小鳥「……いや、そうよね」

小鳥「真美ちゃんは逆にもう……ある意味被害者よね」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:36:01.14 ID:SVLW7gEt0

小鳥「あそこで止めとけばあんなに聞かれてないからね、悪口」

真美「そ……そうだよぉ!」

小鳥「うん」

真美「な、なにそれぇ……信じらんないよぉ……」

亜美「……」

小鳥「あーあ、真美ちゃんが可哀想だわ」

小鳥「真美ちゃんが可哀想!!」

亜美「…………」

亜美「いや、でもさぁ……よくよく考えたらさぁ」

小鳥「うん」

亜美「途中で止めたところでぇ、まぁ最初に聞かれてるわけだから」

小鳥「はいはい」

亜美「……一緒かな!って」

小鳥「いやいやいやいやいやいや」

小鳥「一緒じゃない!一緒じゃないから!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:36:44.07 ID:R00ayOit0

どんな開き直りだwwww


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:42:30.27 ID:SVLW7gEt0

小鳥「ぜんっぜん一緒じゃないから!」

小鳥「あそこで止めとけば傷は浅く済んだわよ!?」

亜美「…………」

亜美「今、傷は深いの?

小鳥「深いわよぉおおおおお!?」

小鳥「ふっかいわよぉおおおおおおおお!?」

真美「深いのかぁ~~~~~~!!」ガックシ

真美「もう真美、言い逃れできないじゃんよぉお!!」

小鳥「深いわよぉおおおお真美ちゃん!?」

小鳥「『変態さん』は流石に傷つくわよぉおおおお!?」

真美「うわぁ~~~あ~~~~もーーーーーう!!」

小鳥「ハァ……行ってるしね、実際。ゲイバーも」

真美「……行ってんのかぁ~~~!ますます言い逃れできないじゃんよぉお!!」

亜美「…………ホントにパンツにお金ツッコむの?」

小鳥「うん、ツッコむ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:47:33.62 ID:SVLW7gEt0

亜美「フフ……ホントだってよ」

真美「もーだめだよぉ……真美たち絶対クビだよぉ~~~!」

小鳥「いや、クビは言いすぎだから……」

真美「もー……!……なんで!?」

真美「ぴよちゃんなんでゲイバーなんか行くの!?」

小鳥「いやぁソコは趣味だからぁ」

真美「もぉぉぉお……」

小鳥「そこは言わないでぇー?」

亜美「…………」

真美「もー、ダメ……絶対にダメ。真美たち絶対クビになるじゃん、こんなのぉ……」

小鳥「いや、クビにはしないから……ね?真美ちゃん」

小鳥「クビにはしなから、ね?」

真美「そんなこと言って絶対クビになるじゃーん……もうオシマイだよぉ……」

小鳥「いやいや、だいじょーぶ、大丈夫だからぁ」

真美「絶対クビだよぉ、こんなの……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:52:10.97 ID:SVLW7gEt0

小鳥「いやいや、もう元気出して?クビにはならないから!」

真美「もうダメだってぇ……」

亜美「……」

スタスタスタスタ

小鳥「真美ちゃん大丈夫だからぁ……ね、ほら」

小鳥「だいじょう

小鳥「!!!???」

小鳥「え、なんでなんでなんでなんで!?」

小鳥「」ガシッ

亜美「……」

小鳥「え、なんで!?何してるの!?え!?」

小鳥「なんで!?……なんで帰ろうとしたの今!?」

小鳥「いま私……自分の悪口言った相手を慰めてる最中なんですけどぉ!?」

亜美「…………」

小鳥「複雑な最中なんですけどぉ!?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:57:03.72 ID:SVLW7gEt0

小鳥「なんで!?どういうこと!?」

亜美「……ごめん」

小鳥「え、なんで!?どうして!?」

亜美「…………」

亜美「もういっかぁ!って

小鳥「また!?またそれなの!?……なんなの『もういっかぁ!』って」

小鳥「さっきからチョコチョコ挟んで来るけど……どういうこと!?」

亜美「…………」

小鳥「ていうか何でそんなに焦ってないの!?ねぇ」

小鳥「普通もうちょっと焦るでしょ!?」

亜美「いや、そりゃあ……ぴよちゃんと目ぇ合ったときはすっごい焦ったけどぉ」

小鳥「……いやいやいや……もうちょっと焦るでしょ!?」

小鳥「悪口、本人に聞かれてるのよ?目ぇ合ったのよ?」

小鳥「焦るでしょ『あーーーーー!』って……『あーーーーーーー!』ってさぁ!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:02:12.10 ID:SVLW7gEt0

小鳥「『あーーーー!ぴよちゃんあーーー!』って……」

小鳥「『真美、止めていますぐ!』……ってなるでしょ!?」

亜美「……ん~……はぁ、まぁ……」

小鳥「ピンと来てよぉ!もぉ!」

小鳥「……わかるでしょ!?目が合って『あーーー!』だから」

亜美「……」

亜美「いや、亜美にはわかんないです」

小鳥「わかるってば、目が合って『あーーー!』だもの」

亜美「…………亜美にはわかりません!」

小鳥「……」

小鳥「なんでそんなとこだけ誠実なのよ、亜美ちゃん」

小鳥「……わからない!?」

亜美「……わかりません!!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:59:56.75 ID:j29wJ/iu0

東京03の時間だー!!!


38: >>33 お、もう判明したか 2012/06/20(水) 02:07:31.76 ID:SVLW7gEt0

小鳥「ハァ……じゃあ亜美ちゃん一回出て行って、私と真美ちゃんで見本みせるから!」

小鳥「亜美ちゃんの悪口言ってるから、そこに入ってきて!?」

小鳥「そこで『あーーー!』のタイミング教えるから!」

亜美「はぁ……」

小鳥「ほら、早く行って!早く!」

グイグイ

小鳥「フゥ……じゃあ真美ちゃん」

真美「」グデーン

小鳥「真美ちゃん!?真美ちゃん、大丈夫!?」

真美「……なんだよぉ……ぴよすけ……」

小鳥「お、落ち着いて……どうしたの、ね?」

真美「もうほっといてよぉ……どうせクビなんでしょお!?」

小鳥「いや、ならないならない!ならないから!」

真美「そんなの信用できないよぉ!……もうオシマイだよ……」

小鳥「と……とりあえずもうちょっと元気出そっか?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:12:45.11 ID:SVLW7gEt0

真美「…………」

小鳥「と、とりあえず……私と真美ちゃんで亜美ちゃんの悪口言うことになったから」

真美「亜美の悪口……?」

小鳥「そうそうそう……」

真美「なにそれぇ……どうせ真美をハメようとしてるんでしょお!?」

小鳥「ハメないハメない!ハメるってなーに?そんなのないわよぉ?」

小鳥「ホラ、私も言うから……だから大丈夫だからね?」

真美「もぉ……しょうがないなぁ……」

小鳥「よーしよし、いいこいいこ……大丈夫だから……」

真美「ぴよちゃん大丈夫大丈夫うるっさいよぉさっきから!」

小鳥「あーー!ごめんごめん!……ごめんなさい」

小鳥「だ、大丈夫かしらこの先……う、うまくやっていけるかしらねぇ……ほほほ」

小鳥「じゃ、じゃあやりましょうか……亜美ちゃん行くわよー!?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:15:48.59 ID:SVLW7gEt0

真美「……」

小鳥「いやぁ~しっかし……亜美ちゃんはダメねー」

真美「……そうだね」

小鳥「イタズラばっかし!みんなの迷惑になるのにねー!」

真美「真美が止めた後もやってるもんね」

小鳥「そうよねー!?マジメさが足りないわよねー!?」

真美「りっちゃんたちも大変そうだよね」

小鳥「そうそう!律子さんの苦労といったら」

小鳥「…………」

小鳥「ちょ、ちょっと待っててね!」

ダダダダダダッ



小鳥「え、なんで!?なんで帰ろうとしてるの!?」

亜美「……」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:22:17.14 ID:SVLW7gEt0

小鳥「言ったわよね、入ってきてって!」

小鳥「見える位置にいたから良かったけど……階段すごい速く降りたせいでコケたんだけど」

亜美「…………」

小鳥「ズゴーッて、ズゴーッてさぁ……。……なんで!?」

亜美「…………」

亜美「もう

小鳥「『もういっかぁ!』じゃないってば!」

小鳥「なに、なんなの!?本当にクビにしてもらうわよ!?」

真美「あああああああああ……」ガクガクガクガク

小鳥「!?ち、違う違う違う!真美ちゃんは違うわよ!?真美ちゃんはクビにならないわよぉ!?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:23:41.80 ID:SVLW7gEt0

真美「もう真美はオシマイなんだ……もうこれまでなんだよぉ……」

小鳥「だ、大丈夫だから……真美ちゃん大丈夫だから……」

小鳥「な……なに、なんなのこの板ばさみ!どうすればいいの!?」

亜美「…………」

亜美「……ぴよちゃん…………」

亜美「大変そうだね」

小鳥「誰のせいだと思ってるの!」





終了


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:29:05.45 ID:SVLW7gEt0

>>33の言ってくれた通り、東京03のコントを再現させてみました

↓が実際のコントね
http://www.youtube.com/watch?v=mycyXqG7EjY


笑い声とか、実際の演技とか入ると、
俺の駄文の何倍も面白くなります。とりあえず一度見てみてください。
個人的には03のコントの中で、「コンビニ強盗」「本当は?」と並んで好きな作品です。

最近カルーアスレで、
「面白いギャグSSを作るのが難しい」
という話題になってたんで、
「実際のコントをなぞってSS書いたら、どうなるのか」
を実験してみました。

まぁ面白くないとしたら、文章にした時の違いだけじゃなく、
自分の文才のせいが大部分でしょうけど。

とりあえず最後まで見てくれてありがとう


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:27:53.58 ID:e+lFpL7YO



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:33:21.97 ID:R00ayOit0

なるほど 意欲的だな 乙


49: さらに投下してみたり 2012/06/20(水) 02:35:52.31 ID:SVLW7gEt0

あずさ「……律子さん、今日はわざわざすいません」

律子「いえいえ。どうしたんです?」

あずさ「それがぁ……親友の友美が、今度結婚することになったんです」

律子「へぇ~、おめでたいじゃないですか」

あずさ「それで……結婚式のスピーチを頼まれてしまって……」

律子「はいはい」

あずさ「とりあえず作ってきたんですけど……不安なので」

律子「あぁ、私に確認してほしい、と」

あずさ「はい~」

律子「わかりました。……じゃあ流れで確認したほうがよさそうですね、スピーチなら」

律子「最初の方から実際に読み上げてもらって」

律子「おかしい点があったら、その都度確認していきましょう」

あずさ「わかりました。ありがとうございます~」

律子「……じゃあ、お願いします」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:39:55.27 ID:SVLW7gEt0

あずさ「はい……」コホン

律子「……」

あずさ「え~……こんなおめでたい日に、下着姿で失礼します」

あずさ「本日は

律子「い、いやいやいや!ちょっとちょっと!」

あずさ「……どうかしましたか?」

律子「いや、そりゃするでしょう!……なんで下着姿なんですか!」

あずさ「え!?……それはもう、サプライズのつもりで」

律子「そんなサプライズありません!」

あずさ「え、無いんですか!?」

律子「あるわけないでしょう!」

あずさ「あらあら~……」

律子「あずささん……冠婚葬祭を何だと思ってるんですか」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:45:36.19 ID:SVLW7gEt0

律子「とにかく、下着はやめてくださいよ!」

あずさ「わかりました~。上はちゃんと着ますね」

律子「下も穿いてくださいよ」

律子「パンツ丸見えじゃないですか。余計に変ですよ」

あずさ「……じゃ、じゃあ続けますね」

律子「フゥー……はい、お願いします」

あずさ「友美さん、直人さん。ご結婚おめでとうございます」

律子「フムフム」

あずさ「慣れない呼び方だとスピーチが上手くいきそうにないので、いつもの呼び方にしてもいいですか?」

律子「あー、そういうの良いですね。その方が実際楽でしょうし」

あずさ「友美、そしてプレデター」

律子「どんな顔してるんですか、新郎は」

あずさ「え?」

律子「プレデターって……え、口が大きいとかそういうことですか!?」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:51:00.74 ID:SVLW7gEt0

あずさ「いえ~、エイリアンさんと仲がよろしくないみたいで」

律子「そっち!?ていうかエイリアンと仲悪いって、そっちから来てるんですか!?」

律子「と、とりあえず続けてください……」

あずさ「はい……え、えーと……本日は晴天に恵まれ、足元の悪い中」

律子「どっちですか」

あずさ「え、というと?」

律子「晴天なのに足元悪いんですか?……前の日に降ったんですか?」

律子「……そ、そこは……当日考えたほうがいいんじゃないですか?」

あずさ「当日……ですか?」

律子「そうですね。その方が……」

あずさ「ヘェー……わっかりましたぁ!」

律子「なんで急にテンション上がってるんですか。このタイミングで」

あずさ「……続けますね」

律子「どうぞ」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 02:56:37.72 ID:SVLW7gEt0

あずさ「私が友美と出会ったのは、今日が初めてではありません」

律子「あたりまえでしょうが!」

律子「親友としてスピーチしてるんだから今日が初めてなわけないでしょう!」

あずさ「……今でも、いろいろなことを思い出します」

あずさ「小学生の頃、遠足のお弁当を忘れた私に、そっとエビフライをわけてくれたこと」

律子「へぇ~、エビフライねぇ」

あずさ「体育の時間、体操着を忘れた私に、そっとエビフライをわけてくれたこと」

律子「なにに使うんですかエビフライを」

律子「体育の時間どう使う気ですか。なに?穿いたの?衣を穿いたんですか?」

あずさ「…………」

律子「急にサラッと流さないで下さいよ」

あずさ「えー……そして中学に入り、私と友美は出会いました」

律子「出会ってなかった!?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 03:01:30.92 ID:SVLW7gEt0

律子「出会ってなかったんですか!?友美さんと」

あずさ「え、えぇ」

律子「じゃあ今までの誰のエピソードなんですか!」

あずさ「それは加奈子ですよぉ」

律子「……加奈子さんだか何だか知らないけど、そこはカットしてください」

律子「友美さん1ミリも関係ないですから……カットで」

あずさ「わ、わかりました」

あずさ「えーと……これから二人は、人生のパートタイマーとして」

律子「『パートナー』でしょうが」

あずさ「あ、あれ?パートナーでしたっけ?」

律子「パートナー!……パートタイマーって」

律子「なんで二人一緒にいて時給が発生してるんですか」

あずさ「ぱ、パートナーとして」

律子「そうそう、パートナーとして」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 03:02:41.82 ID:ZVPy+BZF0

これサンドウィッチマンだっけ?



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 03:06:33.16 ID:SVLW7gEt0

あずさ「……えぇと、『結婚生活とは、長い会話である』」

律子「ほぉ」

あずさ「これはニーチェの言葉です」

律子「ああ、そういう格言みたいなのいいですよ」

あずさ「また、『夫婦とは、結婚している一組の男女』」

あずさ「これは金田一京助の言葉であり

律子「それ辞書でしょ!?」

あずさ「はい?」

律子「金田一京介って辞書作ってる人でしょうが!『夫婦』って調べたら出てくる言葉でしょ!?」

律子「それはその人の言葉とは言いません!」

あずさ「そ、そうだったんですかぁ……」

律子「そうですよ、もう!」

あずさ「えー……結婚には、大事な袋が108つあると言われていて

律子「多すぎる!多すぎます!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 03:11:52.82 ID:SVLW7gEt0

律子「108つは煩悩の数ですから!……3つ、3つです」

あずさ「えぇと……大事な袋が3つあると言われていて」

律子「そう、そうです」

あずさ「まず給料袋、次に堪忍袋」

律子「はいはい」

あずさ「そしてコブクロ」

律子「違います」

あずさ「違いますか?」

律子「ぜんぜん違います。『お袋』です」

律子「コブクロは良い歌をうたう二人組です」

あずさ「えぇと……お袋、ですね」

あずさ「そうですねぇ……なんとなく、こう……二人で力を合わせて……結婚生活を乗り切って」

律子「急にザックリしすぎでしょ。いきなりボンヤリ応援されても」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 03:17:03.60 ID:SVLW7gEt0

あずさ「力を合わせて……30人31脚で

律子「2人3脚ですよ!?」

あずさ「あ、2人3脚でした」

律子「あとの28人はどこから連れてきたんですか!?ムカデじゃないんだから」

あずさ「2人3脚で……えぇ、支えあっていって下さい」

律子「そうそう、そんな感じで」

あずさ「あ……!遅くなりましたが、ただいまご紹介いただきました三浦と申し

律子「遅すぎるでしょうが!」

あずさ「遅すぎますか?」

律子「もうスピーチもいいとこ終盤ですよね!?遅すぎますよ!」

あずさ「じゃ、じゃあいつ言えば……」

律子「そういうのは最初に言ってくださいよ!」

あずさ「あ、そうだったんですか……最初に言ってくださいよぉ、律子さんってば」

律子「最初に言え、はこっちのセリフですよ」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 03:21:14.43 ID:SVLW7gEt0

あずさ「えー……最後になりますが」

律子「やっぱり最後の方なんじゃないですか」

あずさ「人生の先輩として」

律子「同級生でしょ!?」

律子「いつから先輩になったんですか……ていうか友美さん結婚するんでしょ?」

あずさ「……まぁ」

律子「じゃあむしろちょっと、あっちの方が人生の先輩ですよ」

あずさ「えー……こんな言葉を贈ろうと思います」

律子「最後は綺麗に締めて下さいよ」

あずさ「結婚、それは君が見た光」

律子「はいはい、いいですよ」

あずさ「僕が見た希望」

律子「…………」

あずさ「幸せの、青い雲」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 03:27:17.38 ID:SVLW7gEt0

あずさ「……青雲」

律子「そうですね、青雲です」

律子「途中から、アレなんかおかしいなーとは思いましたけど……『青雲』です」

あずさ「ダメだったでしょうか……」

律子「人の結婚式でお線香の話してどうするんですか」

律子「却下ですよ却下!」

律子「もう……とりあえず最後までお願いします」

あずさ「はい……えー、友美、直人さん、プレデター」

律子「3人になっちゃっいましたけど」

律子「……最終的に3人になっちゃいましたけど」

あずさ「結婚おめでとうございます!……以上、三浦あずさ……下着姿でお送りしました」

律子「何でもいいからせめて服は着て下さい」






終了


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 03:30:57.43 ID:SVLW7gEt0

このコントは>>59の言うとおり、サンドウィッチマンのネタです

↓が実際のコント
http://www.youtube.com/watch?v=RTXOPIhVe4s&feature=related



伊達ちゃんのツッコミは演技力も含めて天才的なので、
文章で表すのはやはり苦しかったかもしれません。
とりあえず雰囲気だけでも伝わっていれば幸いです


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。