スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響「ケータイ取り出しポパピプペー」

URL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339341900/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 00:25:00.24 ID:+MNE3KO8i

P「デートしてくれますか」

響「なななな何を急に言ってるんだプロデューサー!?」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 00:25:40.06 ID:D4J2LapN0

友達にメールできない響


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 00:26:06.60 ID:M+jyt26+O

返信たったの1件もない


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 00:26:35.34 ID:+MNE3KO8i

>>2>>4
屋上いこうか


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 00:32:52.15 ID:+MNE3KO8i

P「デートしよう。響」

響「二回も言わなくても聞こえてるよ!そう言う意味で聞き直したんじゃないさー!」

P「じゃあ何が言いたいんだ」

響「いや、ほら……ぷ、プロデューサーがアイドルとデートなんておかしいだろ?それにデートするなら美希とかもっと可愛くて楽しそうな女の子の方が……」

P「俺はな響。お前とデートがしたいんだ。プロデューサーとアイドル?知らんわそんなもん。そんな訳でこの後暇か?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 00:39:14.01 ID:+MNE3KO8i

響「えっと…スケジュールはプロデューサーの方が分かってると思うけど……」

P「わかってるけど響から聞きたいんだよ。この後暇か?デートしよう」

響「確かに暇だけど……プロデューサーは仕事あるんじゃないのか?」

P「響とデート行くために速攻で終わらせたに決まってるだろ」

響「プロデューサー頑張り過ぎさー……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 00:45:26.02 ID:+MNE3KO8i

P「で?どうなんだ。デートしてくれるのか?」

響「……変な所には連れていかないで欲しいさ……」

P「あたぼうよ!よし!行くか!」

響「あぁっ、ちょっと待ってよプロデューサー!自分まだ靴ちゃんと履いてないさー!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 00:50:28.72 ID:+MNE3KO8i

響「……で、どこに行くんだ?」

P「とりあえずご飯にしよう。ちょっと早いけど晩御飯だ」

響「その後は?」

P「動物園」

響「はい?」

P「動物園」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 00:54:23.57 ID:+MNE3KO8i

響「動物園って……ご飯食べ終わる頃にはもう暗くなってるぞ?いくら暗くなるのは遅くなってるとは言っても」

P「まぁ……ちょっとくらい大丈夫だろ。それに昼間だとほら……響のファンがいたら面倒だろ?」

響「それはそうだけど……」

P「まぁまぁとりあえずご飯食べようや響さんや」

響(……何か誤魔化してないか?)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 00:58:43.35 ID:+MNE3KO8i



P「いやー美味かったな。久しぶりにちゃんと晩御飯食べたよ」

響「いつもは食べれてないのか?」

P「最近はお前らが売れてきて忙しいからなぁ……嬉しい悲鳴だよ」

響「プロデューサーが悲鳴をあげて倒れたら誰も嬉しくないぞ……本当に大丈夫なのか?」

響「……あっ!そうだ!」

P「どうしたんだ?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 01:03:40.06 ID:+MNE3KO8i

響「いいこと思いついたぞ!自分がプロデューサーの晩御飯作ってあげればいいんだ!」

P「えっ…それは凄く惹かれるものがあるけど、響に迷惑じゃないか?それこそお前だって忙しい訳だし。今日はたまたま時間があったが」

響「忙しいって…プロデューサー程じゃないさー。それにいっつも自炊してるし、プロデューサーの分が増えるくらいなんて事ないさー!」

P「うーん……じゃあお世話になろうかな」

響「本当か!?」

P「うん。だけど無理はするなよ?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 01:07:36.59 ID:+MNE3KO8i

響「へへっ。ご飯作るだけだよ。無理なんてないさー!」

P「それもそうか……っと、動物園に到着だ」

響「な、なんか人多くないか?こんな時間に」

P「俺たちも人のことは言えんが……そうだな。予想外だ」

響「とりあえず中に入ろうよ!早くしないと動物達が寝ちゃうよ!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 01:11:43.79 ID:+MNE3KO8i

P「そうだな。行こ……そういえば響」

響「?」

P「あーいや無理だな」

響「何がだ!?」

P「いや、背低いから子供料金でいけるかなーと思ったけど。無理だな」

響「へ?なん……ってどこ見てるんだプロデューサー!セクハラだぞ!」

P「いやこれは不可抗力だろ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 01:15:15.82 ID:+MNE3KO8i

響「それに自分ちっちゃくないぞ!」

P「胸が?」

響「身長が!」

P「そうだなー。じゃあ早く動物園入るかー」

響「なんか納得いかないぞ……」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 01:24:45.19 ID:+MNE3KO8i




響「プロデューサー!毒ガエルですよ!毒ガエル!」

P「似てないからな。しかもなんで毒ガエルなんだよ」

響「綺麗じゃないか?赤とか青とか黄色とか。黒い体に色んな色が浮かんで、まるで花火みたいだ!」

P「……カエルはなぁ。いや苦手とかじゃないけど好んで触りたくはないな」

響「まぁ普通はそうなのかなぁ……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 01:28:12.92 ID:+MNE3KO8i



P「だいたい見て回ったか?」

響「うん!自分満足だぞ!今日はありがとうなプロデューサー!」

P「満足してくれて嬉しいが今日はこれで終わりじゃないんだなぁ……」

響「へ?まだ何かあるのか?」

P「おう。ついて来い」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 01:33:17.05 ID:+MNE3KO8i

響「動物園から出るのか?」

P「いんや。出口前の広場まで。今何時だ響」

響「えっ?えと……もう少しで8:30だ。2時間以上いたんだな。気付けは空も真っ暗だ」

P「OKOKいい感じだ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 01:44:13.43 ID:+MNE3KO8i

P「よっし広場到着!時間は8:37タイミングもバッチリ!」

響「これから何かあるのか?」

P「勿論。響、あれ見てみ?」

響「あれ?どこだー?なんも見えないぞプロデュー」ヒューーーーー

ドン!

響「サっ!?ななななななんだ!?」

P「あー低かったな」

響「何が!?」

P「ほらもう一個くるぞ響!」

響「え?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 01:47:12.03 ID:+MNE3KO8i



響「……花火だ」

P「おう。本日のメンイディッシュだ。綺麗だろ?」

響「……うん。凄く綺麗」

P「…………えーと。なぁ響」

響「なんだプロデューサー」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 01:51:14.00 ID:+MNE3KO8i

P「響がトップアイドルになったらさ……結婚しよう」

響「……へ?」

P「いやだから…結婚しよう」

響「二回も言わなくてもわかってるさー!」

P「じゃあなんで聞き返したんだよ」

響「いや…急でびっくりしたっていうか……きっと誰でも聞き返すさー」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 02:00:11.59 ID:+MNE3KO8i

P「まぁ急で悪かったとは思うけど……ずっと言おうと思ってたんだ。当たり前だけど中々機会が無くて言えなかったけど。それでその……できれば返事が聞きたい」

響「えと……自分もプロデューサーのことその……あぁもう!プロデューサー!ご飯作ってあげるって話したけど!自分しっかりお金取るからな!」

P「えっ?いや今このタイミングで急に言われても困るが…幾らだ?」

響「そうだな……最低でもプロデューサーの生涯賃金の半分は貰うさー」



おわり


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 02:05:41.18 ID:+MNE3KO8i

勢いでスレ立てて即興で書いちゃいけないことを学んだ
これからはROMになろう
響好きには殺されても文句言えない


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 02:11:56.95 ID:+MNE3KO8i

あ。最後の生涯賃金ネタは前になんかで見た奴をパクってきただけで自分で考えたネタじゃないですごめんなさい

おやすみなさい


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 02:08:21.67 ID:UtjCEiGs0

そう卑下したもんでもないと思うが乙


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 02:14:13.40 ID:lCjrJpMj0


またチャレンジしてほしいさー


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 02:15:31.27 ID:XEFTX2N80

乙また頼むぞ


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。