スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あずさ「コーヒー」貴音「こぉひぃ」

URL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338726865/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 21:34:25.30 ID:ZVmaW/wBi

あずさ「~♪」ゴソゴソ

貴音「あずさ、あずさ」チョイチョイ

あずさ「うん?」

貴音「何ですか、それは」

あずさ「これ?コーヒーミルよ」ジャーン

貴音「こぉひぃ見るよ?」メンヨウナ

あずさ「コーヒー豆を挽く機械の事ね」

貴音「成る程」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 21:37:58.01 ID:ZVmaW/wBi

あずさ「この上の部分に豆を入れて」カラカラ

貴音「ふむ」

あずさ「このハンドルを回すと」ゴリゴリ

貴音「おぉ!」

あずさ「豆を挽く事が出来るの」

貴音「あずさ、私に!」ソワソワ

あずさ「はい、どうぞ?」ハイ

貴音「おお~」ゴリゴリ

貴音「おおぉ~」ゴリゴリ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 21:38:21.97 ID:j1ZUOmPr0

貴音さんかわええwww


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 21:42:36.55 ID:ZVmaW/wBi

貴音「.....全て挽き終えました」ドヤァ

あずさ「ふふっ、お疲れ様です」

あずさ「そして、下の引き出しを開けると...」カパッ

あずさ「挽いた豆がここに溜まっているのです~」ジャジャーン

貴音「おおっ!」

あずさ「挽きたての豆はいい香りよ?」スッ

貴音「.....」スンスン

貴音「おぉふ....」ヨキカナー


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 21:47:48.82 ID:ZVmaW/wBi

あずさ「さ、この豆を使って早速コーヒーを淹れましょう」

貴音「おぉ」オー


あずさ「まずは、使う容器を軽くお湯で温めます」

貴音「ふむ」

あずさ「ドリッパーにフィルターを二重にしてセットします」

貴音「何ゆえ二重に?」ホワイ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 21:52:35.73 ID:ZVmaW/wBi

あずさ「こうすると、ネルで淹れた時に近い風味が出るそうよ?」

貴音「風味豊かになる、と言う事ですか」

あずさ「そうよ」イエス


あずさ「そして、フィルターに豆を入れます」サラサラ

貴音「私の挽いた豆です」フンス

あずさ「そうですよー?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 21:58:43.62 ID:ZVmaW/wBi

あずさ「そして、真ん中を少しへこませて、すり鉢状にしましょう」

貴音「ふむふむ」

あずさ「そして、お湯を少しづつ窪みに注ぎましょう」

貴音「少しづつ、ですね」

あずさ「ええ、一気にお湯を注いじゃダメですよ?」

貴音「ええ、肝に命じておきましょう」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 22:05:31.69 ID:ZVmaW/wBi


あずさ「そうして、人数分コーヒーが落ちたら出来上がりです」

貴音「まだ落ち切って無いようですが」

あずさ「これは雑味が多いから、捨てちゃいましょう」

貴音「何やら勿体無い気もしますね」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 22:08:59.67 ID:ZVmaW/wBi

あずさ「これまた温めておいたカップに注いで出来上がりです~」

貴音「おぉ!良い香りが!」

あずさ「さ、冷めないうちにどうぞ?」

貴音「では、早速....」



貴音「........にがいです」

あずさ「あらあら」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 22:12:50.24 ID:ZVmaW/wBi

あずさ「ミルクを入れるといいわよ?」

貴音「.....おぉ、まろやかになりました」

あずさ「苦味の強いコーヒーにはミルクはよく合うの」

あずさ「逆に酸味の強いコーヒーにはそんなに合わないみたいね」

貴音「ほう」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 22:18:41.91 ID:ZVmaW/wBi

貴音「それはそうと、こぉひぃを飲んでしまうと夜眠れなくなると言います」

貴音「この時間に飲んでしまっては」

あずさ「焙煎の強い、つまり深煎りのコーヒーほどカフェインは少ないのよ」

あずさ「だから、平気だと思うわ」

貴音「苦いほど眠れなくなる、というのは間違いでしたか」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 22:26:11.95 ID:ZVmaW/wBi

貴音「...まこと、良きこぉひぃでした」

あずさ「ふふっ、喜んでもらって何よりだわ」


貴音「しかし、何ゆえ事務所にこぉひぃみるを持って来たのですか」

あずさ「家に帰るつもりが、何を間違えたのか事務所に来ちゃってて」

貴音「道を間違えたのですね」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 22:26:59.61 ID:tOMMMv560

あぁ飲みたくなって来た


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 22:33:12.32 ID:ZVmaW/wBi

あずさ「しばらくは事務所に置いておこうかしら」

貴音「では...これから度々使わせて頂きますか」

あずさ「ええ、好きにしていいわよ」

貴音「貴女にも美味しいこぉひぃを飲ませられるよう、精進しましょう」

あずさ「ふふっ、期待してるわね?」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 22:38:16.48 ID:ZVmaW/wBi



貴音「あなた様、こぉひぃです」

P「ありがとう」

P「.....ん、美味しいな」

貴音「ふふっ、ある方に習った淹れ方です」

P「そうなのか、また飲みたくなったら頼むとしようかな」

貴音「ええ、お任せください」


end


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。