スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒一「見崎を棺桶の中に閉じ込めてみた」

URL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336711360/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 13:42:40.36 ID:br8c3SOs0

――八月某日・夜見のたそがれ


鳴「そういえば榊原くん」

恒一「なに?」

鳴「自分が死者なんじゃないか、って疑ってみたって聞いたけど」

恒一「ああ……」

鳴「疑いは解けた?」

恒一「ん……まあ……」

鳴「……」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 13:43:59.02 ID:br8c3SOs0

鳴「」タッ

恒一「?」


タッタッタ…


恒一(……店の奥に走って行った?)

恒一「見崎? どこに行くの?」


タッタッ…


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 13:46:56.47 ID:br8c3SOs0

恒一(確かこっちの方に……)

恒一(カーテンの奥かな?)スッ

恒一「……あれ? これって……」


「――新しい人形が、この中に収められるみたい」


恒一「!?」ビクッ

恒一「……あっ」

鳴「……」

恒一(見崎……なんで棺桶の中に……?)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 13:50:34.80 ID:br8c3SOs0

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……安心して」

恒一「……」

鳴「死者じゃない」

恒一「……」

鳴「榊原くんは死者じゃn」恒一「えいっ」バタンッ

鳴「……」

鳴「……」

鳴「……えっ?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 13:53:24.03 ID:br8c3SOs0

恒一「……」

鳴「……ちょっと、榊原くん」

恒一「……」

鳴「何で棺桶の蓋閉めたの?」

恒一「……」

鳴「ねえ聞いてる?」

恒一「……」

鳴「ちょっと」

恒一「……」

鳴「……ねえ、返事してよっ」バンッ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 13:55:20.34 ID:8O/YyW6h0

恒一「ひっ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 13:55:48.80 ID:ogQ3SfqG0

どうなる?


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 13:57:10.92 ID:br8c3SOs0

鳴「どういうつもりなの? ねえ」

恒一「……」

鳴「……もしかして私に意地悪してるつもり?」

恒一「……」

鳴「だとしたらこんなの不毛ね。私は別にこのぐらいどうとも思わないもの」

恒一「……」

鳴「こんなの暗くて狭いだけ。少しも怖くないし、ちょっと息苦しいだけよ」

恒一「……」

鳴「だから早く私を出した方がいいよ。今なら怒らないであげるから」

恒一「……」

鳴「……ねえ」

恒一「……」

鳴「…………だから返事してよっ!」バンッ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:00:14.01 ID:br8c3SOs0

鳴「ねえ、ねえってば、榊原くんっ」バンバンバン

恒一「……」

鳴「っ……」

恒一「……」

鳴「……いいわ、なら自力で開けてみせ、るっ……!」グッ

恒一「っ!」

鳴「うううっ……!」グググ

恒一「……! くっ……」ググッ

鳴「や、やっぱり外から押さえつけ……棺桶の前からどいてっ!」ググググ

恒一「っ……」グググッ

鳴「あ・け・て〜〜〜っ……!!」グググググ

恒一「くぅっ……!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:02:20.62 ID:br8c3SOs0

鳴「ん〜〜〜……!!」ググググ

恒一「……!」ググググ

鳴「くっ……はぁっ」パッ

恒一「!」

鳴「はぁ、はぁ、はぁ……」ゼェハァ

恒一「ふぅ……」

鳴「はぁ……はぁ……」

恒一「……」

鳴「……どうやら意地でも開けてくれないみたいね」

恒一「……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:05:52.20 ID:br8c3SOs0

鳴「……なに? 恥ずかしいと思わないの? 非力な女の子をこんな棺桶に閉じ込めて」

恒一「……」

鳴「悪ふざけにしてもそろそろいい加減にした方がいいと思うんだけど?」

恒一「……」

鳴「榊原くんがこんなことする人だとは思わなかった……」

恒一「……」

鳴「ねえ、何とか言ったらどうなの榊原くん?」

恒一「……」

鳴「……お願いだから何か言ってよ」

恒一「……」ゴソゴソ

鳴「……? 何して――」

ガチャッ

鳴「!?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:08:39.05 ID:br8c3SOs0

鳴「……ねえ」

恒一「……」

鳴「今の音なに? ガチャって」

恒一「……」

鳴「もしかして鍵閉めた? 閉めたでしょ?」

恒一「……」

鳴「閉めたんでしょ棺桶の鍵」

恒一「……」

鳴「ねえ聞いてるの? ねえってば」

恒一「……」

鳴「……だから返事してよっ!」バンッ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:12:23.36 ID:br8c3SOs0

鳴「ホント、そろそろ冗談じゃ済まない」

恒一「……」

鳴「ここから出たら酷いからね? 絶対に後悔することになるから」

恒一「……」

鳴「だから今の内に解放した方が榊原くんの身のためよ。これ以上閉じ込めるつもりなら、もっと酷いから」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……?」

恒一「……」

鳴「……ねえ、榊原くん?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:15:11.28 ID:br8c3SOs0

鳴「ねえ、そこにいるんだよね?」

恒一「……」

鳴「もしかしてこっそり何処かに行ったってこと、ないよね? 私を置いて」

恒一「……」

鳴「……い、いるよね? 棺桶の前に居るんだよね?」

恒一「……」

鳴「榊原くん、返事してよ」

恒一「……」

鳴「……さ、榊原くんっ、榊原くんっ!」バンッ

恒一「……」

鳴「返事してっ! そこにいるんでしょ!?」バンバンッ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:18:38.35 ID:br8c3SOs0

鳴「榊原くん! 榊原くんってば!」バンバンバンッ

恒一「……」

鳴「っ……わ、わかった。アレでしょ」

恒一「……」

鳴「このまま居なくなったフリして私を不安がらせる作戦なんだよね?」

恒一「……」

鳴「ふんっ、小学生みたいな発想ね。バレバレ」

恒一「……」

鳴「ほら、バレたんだから諦めて返事してみて? そこにいるんでしょ?」

恒一「……」

鳴「っ……!! 榊原くんっ!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:20:05.56 ID:47Z2wBqUi

かわいい


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:22:01.46 ID:sMonYcDQ0

かわいい


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:23:36.55 ID:br8c3SOs0

鳴「榊原くんっ、本当にいい加減にして!」バンッ

恒一「……」

鳴「私、本気で怒ってるんだからね? わかってるの?」

恒一「……」

鳴「もう絶対に許さない。今さらごめんなさいって謝ってきても遅いからね」

恒一「……」

鳴「例え土下座しても許さないからね」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……お願いだから、何か言ってよぉ……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:27:27.42 ID:br8c3SOs0

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……ねえ、私何かした?」

恒一「……」

鳴「榊原くんが嫌がるようなことした? もしかして知らない内に怒らせたりしてた?」

恒一「……」

鳴「だとしたわ謝るわ。榊原くんがこんなことするんだから、よっぽどのことだよね?」

恒一「……」

鳴「私何しちゃったの? 教えてくれればちゃんと謝るから」

恒一「……」

鳴「ねえ……教えてってば……」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:32:31.57 ID:br8c3SOs0

鳴「ねえ……」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「――もうっ! ホントいい加減にして!」バンッ

恒一「……」

鳴「怒らせるようなことしてたなら謝るって言ってるのに、どうして何も言わないの!?」

恒一「……」

鳴「私がここまで言ってるのに!」バンッ

恒一「……」

鳴「そこにいるんでしょっ! ねえっ! わかってるんだから!」バンバンバンッ

恒一「……」

鳴「おいっ! 榊原! 返事しろっ!!」バンッバンッバンッ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:36:19.33 ID:br8c3SOs0

鳴「おいっ、こらっ!」バンバン

恒一「……」

鳴「開けて! 開けろバカきばらっ!」バンッバンッ

恒一「……」

鳴「ねえっ……くっ」

恒一「……?」

鳴「うぅっ……ふ、蓋叩き過ぎて手のひら痛い……」ジンジン

恒一「……」

鳴「ふー、ふー……」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:39:06.29 ID:br8c3SOs0

鳴「ふー、ふー……」

恒一「……」

鳴「……」

鳴(ダメだ……言葉でどう言っても榊原くんは開けてくれない……)

鳴(ホントどういうつもりなの……? なんでこんなことするの……?)

鳴(一体どうしたら開けてくれるんだろう……)

鳴(……)

鳴(……)

鳴(……そうだ!)ピーン!


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:43:09.24 ID:br8c3SOs0

鳴「……ねえ、榊原くん」

恒一「……」

鳴「私、ちょっとトイレ行きたいんだけど」

恒一「!?」

鳴「実はさっきからずっと我慢してたの、もう限界」

恒一「っ……!」

鳴「このままじゃここで漏らしちゃうわ。榊原くんは私がこんな所で漏らしてもいいの?」

恒一「……」

鳴「流石にまずいよね? だからここ開けてくれる?」

恒一「……」

鳴「ほら、早く開けないと私が悲惨なことになっちゃうよ?」

恒一「……」

恒一「……」

恒一(……声に余裕があるし、多分嘘だな)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:44:41.05 ID:8O/YyW6h0

嘘下手だな鳴ちゃん


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:47:26.02 ID:br8c3SOs0

鳴「……? ねえ、榊原くん?」

恒一「……」

鳴「……う、嘘だよね?」

恒一「……」

鳴「もしかしてこのまま漏らせって言うの? 冗談だよね?」

恒一「……」

鳴「流石に榊原くんはそこまで酷い人じゃないよね? 女の子にお漏らしさせるなんて……」

恒一「……」

鳴「っ……! あ、開けてよっ! 早く開けて!」バンッ

恒一「……」

鳴「漏らしちゃうから! お願いだからトイレ行かせて!」バンバン


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:52:58.03 ID:br8c3SOs0

鳴「開けて! 開けてってば!」バンバンバン

恒一「……」

鳴「〜〜〜っ……! このっ……変態!」

恒一「……」

鳴「女の子を閉じ込めただけじゃ飽きたらず、お漏らしまでさせようなんて……榊原くん、真正の変態だったのねっ」

恒一「……」

鳴「変態っ……鬼畜!」

恒一「……」

鳴「サド! サディスト! 榊原くんはドSの変態よっ!」

恒一「……」

鳴「っ……こ、ここまで言われてるんだから何とか言ったらどうなの!?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:55:01.29 ID:HdNbNobS0

閉所恐怖症の俺は想像するだけでもガクブル


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 14:58:01.23 ID:br8c3SOs0

鳴「ねえっ、何か言い返さないの? 自分の悪口言われてるんだよ?」

恒一「……」

鳴「悔しくないの? 変態なんて言われて」

恒一「……」

鳴「もしかして榊原くんは本当に変態なの? だから何も言い返さないわけ?」

恒一「……」

鳴「っ……このっ、バカ! バーカ!」

恒一「……」

鳴「榊原くんのもやし! 変態! 変態もやし!」

恒一「……」

鳴「ストーカー! 質問厨! 犯罪者予備軍っ!!」

恒一「……」

鳴「ぜぇ、はぁ……」

恒一「……」

鳴「……意地でも何も言わないつもりなのね」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:06:57.48 ID:br8c3SOs0

鳴「女の子にここまで言われて、本当に悔しくないの?」

恒一「……」

鳴「少しぐらいなら言い返してもいいんだよ? 眼帯オバケー、とかチビー、とか」

恒一「……」

鳴「今日は特別に許可するから。試しに言ってみてよ」

恒一「……」

鳴「ほら復唱して。『邪気眼女ーっ!』って」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「…………言えよっ!!」ガンッ


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:11:17.02 ID:br8c3SOs0

鳴「私一人自虐みたいなこと言ってバカみたいじゃないっ! いい加減にして!」

恒一「……」

鳴「普段ローテンションの私でもそろそろ本気でキレるレベルだよ!? わかってるのっ?」

恒一「……」

鳴「キレた私は本当に凄いよ? 現象でも裸足で逃げ出す程なんだからっ!」

恒一「……」

鳴「だから、ほらっ、開けて! 棺桶の蓋っ!」

恒一「……」

鳴「キレた私なんて見たくないでしょ? なら開けてよ!」

恒一「……」

鳴「あー! けー! てーっ!!」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:12:35.18 ID:Z9M3cr+Z0

鳴ちゃんが寂しくないように俺も一緒に棺桶に入る


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:13:56.49 ID:RhV9SgVpi

>>70
そんな事したらお前専用の棺桶が必要になるぞ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:14:02.01 ID:br8c3SOs0

鳴「はぁ、はぁっ……」

恒一「……」

鳴「はぁ……はぁ……」

恒一「……」

鳴「……ねえ、何でここまで言っても開けてくれないの?」

恒一「……」

鳴「私、本当に何したの? ここまでされるようなこと、した?」

恒一「……」

鳴「ねえ榊原くん……」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:14:58.76 ID:br8c3SOs0

鳴「榊原くんってば……」

恒一「……」

鳴「榊原くん」

恒一「……」

鳴「さかっ……榊原、く……」

恒一「……」

鳴「さか……」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「…………グスッ」

恒一「!?」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:20:58.68 ID:br8c3SOs0

鳴「グスッ……うっ、うぇっ……」

恒一「っ……!?」

鳴「ひぐっ、うっ、うぇっ……」

恒一「っ……」

鳴「バカっ……さ、さかぎばらくんのバカぁっ……」

恒一「……」

鳴「あ、あやまっ、謝るって……言ってるのに゛ぃ……」

恒一「……」

鳴「うぇっ、ひっく……お、お願いだから……返事してよぉ……ぐすっ」

恒一「……」

鳴「さかきばらくぅん……」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:24:36.13 ID:br8c3SOs0

鳴「ぐすっ、うっ……うぇええ……」

鳴「うぇえええん……うぁああ……うぇええぇっ……」

鳴「ひぐっ……榊原ぐん……」

鳴「さかぎばらくん……榊原くんっ……」

鳴「開けて……開けてよぉ……ここから出してよぉ……」

鳴「お願いだからぁ……出して……」

鳴「榊原くん――」


――ガチャッ


鳴「……ふえっ?」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:27:40.24 ID:br8c3SOs0

ギィッ……


恒一「よい、しょっと……」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……さ、榊原、くん?」

恒一「……うん」

鳴「……あっ……」

鳴「……」

鳴「…………うぇっ」

鳴「……うっ、うぇええっ……」

鳴「やっど……やっと返事しでくれだぁ……」ボロボロ


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:32:47.11 ID:br8c3SOs0

鳴「うぇえっ……うぐっ、うぅっ……」

恒一「……」

鳴「ひぐっ、うっ、うぐっ……うぅっ……」

恒一「……み、見崎?」

鳴「ふぐっ、ふぅっ……うっ、うぇええっ……」

恒一「……ごめんね?」

鳴「うああっ……うっ、うああああっ……」

恒一「いや、まさか泣くとは思わなくってさ……」

鳴「うあああぁっ……うぇっ、うぇええええんっ……!」

恒一「……」

鳴「うっ、うぁっ……うあああああんっ!」

恒一「……あの」

鳴「うぇええええんっ!! うぐっ、ふっ、うぇええええんっ!!」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:35:03.26 ID:FZNw3oaS0

今更白々しいにも程があるだろwwwww


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:36:20.81 ID:b+EyCa440

恒一「うるさいな…もう少し入ってなよ」バタン


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:37:01.47 ID:8O/YyW6h0

>>93
鬼畜すぎるwwww


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:38:57.96 ID:br8c3SOs0

鳴「ばっ、ばがぁっ……さがぎばらぐんのばがぁっ……!!」ポロポロ

恒一「……いや、ホントごめん」

鳴「ばがッ、ばがぁっ……なにぞれぇ……榊原くんのばかぁっ!!」

恒一「最初はちょっと見崎をからかうだけのつもりだったんだけどさ」

鳴「うぇええっ……ぐすっ……か、からかう?」

恒一「うん……あの、見崎をこのまま棺桶に閉じ込めたらどうなるのかなーっ……って」

鳴「ぐすっ……ううぅっ……」

恒一「どういう反応するのか気になって、最初はすぐ開けるつもりだったんだけど」

鳴「うぐっ……すんっ」

恒一「そしたら途中から止めるに止められなくて……」

鳴「ぐすっ……」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:42:41.40 ID:br8c3SOs0

鳴「……じゃ、じゃあっ、私は何も……ぐすっ……し、してないってこと?」

恒一「うん……別に見崎は何も悪いことしてないよ」

鳴「……ホントに?」

恒一「うん」

鳴「私、榊原くんを怒らせるようなことしてない?」

恒一「うん……見崎は何もしてないよ」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「…………――か」

恒一「え?」

鳴「――バカぁっ!!」バチンッ

恒一「ぶっ!?」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:47:44.99 ID:br8c3SOs0

鳴「バカっ……榊原くんのバカ!」

恒一「うっ、うおおっ……ほ、頬に思いっきり……」

鳴「私本当に不安だったんだからっ……!」

恒一「めっ目の中で火花が……」

鳴「私、さっ、榊原くんに……知らずに酷いことしたんじゃないかって、不安でっ……」

恒一「うああ……ち、チカチカする……」

鳴「傷つけてたんじゃないかって思って……わ、私っ……! ぐすっ……」

恒一「いてぇ……ぜ、絶対腫れてるよこれ……」

鳴「わだしっ……さ、榊原くんに謝らなきゃって……うっ、うぇっ……」

恒一「誰か氷、氷を……」

鳴「聞いてるのっ!?」

恒一「っ!! はい! き、聞いてますっ!!」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:53:11.14 ID:br8c3SOs0

鳴「ぐすっ……」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……あ、あの……見崎」

鳴「……許さないからね」

恒一「えっ?」

鳴「言ったでしょ、土下座しても許さないって」

恒一「……あ、あの」

鳴「――正座」

恒一「へっ?」

鳴「取りあえず、そこに正座して」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:55:55.36 ID:br8c3SOs0

恒一「せ、正座って……」

鳴「いいから早くしてっ!」

恒一「!? は、はいっ!」サッ

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……み、見崎?」

鳴「……」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:57:47.41 ID:br8c3SOs0

恒一「……」

鳴「……」

恒一「あの……」

鳴「……」

恒一「ね、ねえ見崎」

鳴「……」

恒一「いつまでこうしてればいいの……?」

鳴「……」

恒一「ち、ちょっと足が痺れてきたんだけど……」

鳴「……」

恒一「……見崎?」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 15:58:39.83 ID:RhV9SgVpi

おやおやぁ〜?


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:00:00.44 ID:br8c3SOs0

鳴「……ねえ、榊原くん」

恒一「っ! な、なに?」

鳴「私が棺桶に閉じ込められてたのって、時間どのぐらいだった?」

恒一「え? じっ……時間?」

鳴「そう、時間」

恒一「えーっと……十分から十五分ぐらいだと思うけど……」

鳴「そう……じゃあその十倍ね」

恒一「え?」

鳴「今から百五十分、そのままね」

恒一「………………え?」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:00:14.94 ID:FZNw3oaS0

ざまあwwwww


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:02:54.16 ID:br8c3SOs0

鳴「少しでも動いたらダメだから」

恒一「えっ……え、ちょ、ちょっと待って!?」

鳴「その間私は自分の部屋で本でも読んでるわね」

恒一「ま、待ってよ! もしかして正座したまま二時間以上も!?」

鳴「そうだけど、何か問題?」

恒一「い、いや……あの」

鳴「……」

恒一「さっ、流石にそれはきついかな〜……って」

鳴「……」

恒一「……見崎?」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:05:11.11 ID:br8c3SOs0

恒一「ど、どうしたの? 顔がどんどん怖くなってるんだけど――」

鳴「……わかった」

恒一「え?」

鳴「更に追加して二百分間にしましょう」

恒一「はあっ!?」

鳴「榊原くんはどうも反省が足りないみたいだから」

恒一「えっ……ま、待って! ちょっと待って!」

鳴「――絶交」

恒一「!?」

鳴「もし出来なかったら、絶交ね」

恒一「っ……!!」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:06:46.61 ID:ogQ3SfqG0

この場合絶交したら鳴ちゃんが泣いちゃうだろ


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:08:19.50 ID:br8c3SOs0

鳴「それじゃ、また後……三時間と二十分後にね」

恒一「……」

鳴「時々様子見に来るから、ズルしたらダメだよ?」

恒一「……」

鳴「途中でお茶でも持ってきてあげるから……頑張ってね? さ・か・き・ば・ら・くん」


スタスタスタ……ガチャッ バタン


恒一「……」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:09:33.03 ID:H7rFxz1U0

恒一「もう絶交でいいから帰るね」

鳴「」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:11:21.31 ID:SMsydxQ+0

時々様子見にくるだけで可愛いから困る


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:12:05.50 ID:br8c3SOs0

恒一「……」

恒一「……」

恒一「……」

恒一「……」

恒一「……」

恒一「……うぅっ」モゾッ

恒一「くっ……あ、足が痺れっ……」モゾモゾ

恒一「っ……」

恒一「……」

恒一「……」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:20:42.66 ID:br8c3SOs0

――一時間後


恒一「……」

恒一「……」

恒一「……」


ガチャッ


恒一「!」ビクッ

恒一「うぐっ……! あ、足に振動がっ……!!」

鳴「調子はどう? 榊原くん」スタスタスタ

恒一「み、見ての通りだよ……」

鳴「ふーん……」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:24:08.83 ID:br8c3SOs0

恒一「もう痺れ通り越して大分感覚が無くなってきたんだけどさ……」

鳴「そうなの?」

恒一「うん……最初じんじんしてたのが今は皮膚の感覚すら曖昧と言うか」

鳴「へえ……」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……」

鳴「……」

恒一「……み、見崎?」

鳴「――えいっ」ツンッ

恒一「いいいい゛っ!!?」ビクゥッ!


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:27:43.33 ID:br8c3SOs0

恒一「ちょ、ちょっ……待っ……!!」

鳴「ダメだよ榊原くん、動いたら」

恒一「いやいやいや……こ、これはダメ……マジでダメな奴だから……」

鳴「動くたびに時間十分追加ね」

恒一「はあっ!?」

鳴「それっ」ツンッ

恒一「はうあああっ!?」ビクゥンッ!

鳴「そーれ」ツンツン

恒一「ふおっほお!? や、止めっ……!!」

鳴「それそれ」ツンツン

恒一「やめてーっ!?」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:28:54.97 ID:br8c3SOs0


――結局

その後、僕が解放されたのは五時間後

日が暮れて、家から携帯に電話が掛かってくるまでだった


それまでの間、見崎に痺れる足をつつかれたり足の裏をくすぐられたり

挙句の果てに膝の上に乗っかられたりと色々あったのだけど

それらを伝える気力は、今の僕にはもう無い


……一つ、誓ったことと言えば

もう二度と、見崎に悪戯は仕掛けない、と言うことだろう




おわれ


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:30:31.34 ID:br8c3SOs0

見てくれた人ありがとう

最後尻切れ蜻蛉でごめんね

もうバイトの時間だから仕方ないね

お疲れ様でした


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:30:48.65 ID:RhV9SgVpi



鳴ちゃん可愛い


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:33:12.61 ID:P0PEHp/ei


好きな子は虐めたくなる


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/11(金) 16:34:47.07 ID:YYPWQ9QC0



この記事へのコメント

- 名無しさん - 2012年06月06日 23:42:02

スレタイわろた

- M.cc - 2012年11月03日 13:50:05

鳴ちゃんwwwww

トラックバック

URL :

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめサイト様新着記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。