スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンジ「アスカをスマブラでボコボコにしたらマジ切れされた」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339432644/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/12(火) 01:37:24.23 ID:xKFVX0pW0

シンジ(久しぶりに64のスマブラでもやろう)ガサゴソ
シンジ(コンピューターでもレベル9三人相手ならまあまあ良い勝負になるし)



シンジ(アイテムは無しにして・・・ファルコンでいいかな)ポチポチ

ファルコンキィッ!

シンジ「・・・・・・」カチャカチャ

オーウ

シンジ「・・・・・・」カチャカチャ

シンジ(勝った。久しぶりだったけど覚えてるもんだなぁ)
シンジ(次はネスでやr)

ガラッ

シンジ「っ!?」ビクッ

アスカ「なにしてんの?」

シンジ「は、入るならノックくらいしてよ」

コンコン
アスカ「なにしてんの?」

シンジ「今したって意味ないよ・・・ゲームしてたんだ」


P「ピジョンの次なんだっけ?」北斗「コダックですよ」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338192073/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 17:01:13.72 ID:f2x3y1r+0

P「あぁコダックだったか」

北斗「コダック、コラッタ、ズバット、ギャロップでしたね」

冬馬「なんだよその適当なメンバー」

P「えっ冬馬知らないのか?」

北斗「ポケモン言えるかなだよ。昔流行っただろ?」

冬馬「俺の時代はダイパだし」

P「15年くらい前の歌だしな……」

P「じゃぁポケモン音頭は?」

冬馬「知らねーな」

黒井「ドッドッドガーッス!ドッドッガド!」

P「シャー!……ってやつだ」

冬馬「イカれちまったのかと思ったぜ……」


淡「宮永先輩、抱いてください」 照「しつこい」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340970614/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 20:50:14.36 ID:SrwcmOGO0

淡「なんでダメなんですか、それくらいはいいじゃないですか!」

照「『それくらい』じゃないし、ダメに決まってます」

淡「……あの、抱っこのほうです」

照「……紛らわしい」

淡「もしかして宮永先輩、別の方を想像しちゃいました? きゃー」

照「……してない」

淡「自分で『紛らわしい』って言っちゃったじゃないですか。 白状したも同然ですよ」

淡「先輩ったら耳年増ですね。 本の影響ですか?そうですか?」

照「うるさい」

淡「抱っこしてくれれば黙ります」

照「……はい」ポンポン

淡「嬉しい、ありがとうございます。 愛してます」

照「静かに」

淡「そういう約束でしたね」



照「清…原…?」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340994801/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 03:33:21.07 ID:swR6BmNB0

~白糸台高校麻雀部部室~


ガヤガヤ 

ガヤガヤ

新入部員A(ねえねえ、あれって弘世菫じゃない?)

新入部員B(えっ!?弘世菫ってあの帝央中学の!?)

新入部員A(そうそう、中学麻雀界最強の実績を誇る帝央中学でエースで主将
      確か2年の春季大会では全国優勝も果たしてる)

新入部員B(白糸台に入るって噂は聞いたことあったけど本当だったんだ)

新入部員A(何かオーラがあるよね)

新入部員B(オーラっていうか、威圧感…?)


岡部「まゆりの腋がスパイシーすぎる・・・」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340930251/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/29(金) 09:37:31.13 ID:5vyj2FhjO

岡部「まあ助手に比べたらマシだが」

紅莉栖「えっ」

岡部「流石に女の子なんだからもう少し気を使うよう指導しなければならんな」

紅莉栖「・・・」クンクン

岡部「それとなく伝えるにはどうしたらいいか・・・」

紅莉栖「ね、ねえ岡部」

岡部「なんだいたのか助手よ」

紅莉栖「ずっといたし助手じゃないし。ま、まゆりの腋ってそんなに気になる?」

岡部「この季節はな。仕方ないと言えば仕方ないが」

紅莉栖「そう・・・」クンクン

岡部「どうした?」

紅莉栖「なんでもない。ちょっとシャワー浴びて来る」


貴音「今日は、どこに食事に行くのですか?」小鳥「ひみつ」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340869348/
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/28(木) 16:53:37.66 ID:+N7r78PG0

小鳥「あっ、ここ」

貴音「ここは、らぁめん屋ではないのですね」

小鳥「そうっ、今日は……居酒屋さんでーす」

貴音「わたくし、まだ未成年なのですが……」

小鳥「大丈夫。お酒を飲むのは私と、これから来る人の二人だけで貴音ちゃんは飲まなくてもいいのよ」


岡部「もしも○○だったら!!」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340884663/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/28(木) 20:57:43.31 ID:bI7NEr0o0

Q1.もしも、まゆりがツンデレだったら

まゆり「あー! オカリンってばまた夜更かししたでしょー!」

岡部「し、仕方なかろう! 混沌たる辺縁から忍び寄る刺客が、この俺を引きずりこまんと」

まゆり「オーカーリーン?!」

岡部「ゲームやってましたすいません」


絢辻「あなたをあたしのものにします」中多「ふぇ……?」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339343495/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 00:51:35.37 ID:pcdYuqxRP

絢辻(失態だわ……まさかこの数日間で2回も手帳を落とすなんて)

中多「あの、先輩? これ、先輩のですよね……?」

絢辻(しかもよりによって拾ったのが1年生なんて……橘君は同じクラスだからまだ監視しやすくてよかったのに)

中多「先、輩……? あ、あの……?」

絢辻(……そうよ、まだ焦る必要はないわ。問題は手帳の中身を見られたかどうかであって)

中多「そ、そのぉ……ぐすっ……」

絢辻「拾ってくれてありがとう。あなた、1年生よね? お名前は?」

中多「あ、な、中多です。1-Bの中多紗江です」

絢辻「私は絢辻詞。これ、すごく大切な手帳なの。拾ってくれて本当にありがとう、中多さん」

中多「え、えっと……ど、どういたしまして」


大河「士郎は私のだーっ!」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340036796/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 01:26:36.71 ID:8h8owu+G0

士郎「いって!」

士郎「何だ、蜂にでも刺されたかな?」

士郎「あれ、令呪がある・・」

セイバー「シロウ、これはあれです、聖杯戦争のフラグです」

士郎「もう解体したんじゃなかったっけ」

セイバー「だいぶ後の話ですよ、それは」

大河「あーあー、マスターたちに告ぐ・・・」

士郎「うおっ!?何だ何だっ!?」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 01:28:49.03 ID:V9v8/K7i0

SSF

江藤「おはよう榊原君!」 恒一「あ、おはよう江藤さん」

anotherキャラクター表
引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340786760/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/27(水) 17:46:00.28 ID:hGW7JAnc0

江藤「いやぁ今日もいい天気だね」

恒一「……………………」

江藤「どうしたの? 黙っちゃって。早く教室行かないと予鈴鳴っちゃうよ?」

恒一「……いや、なんだか最近江藤さんに話しかけられること多いからさ」

江藤「もしかして嫌だった?」

恒一「そんなことないよ。でも、なんでかなー、って」

江藤「決まってるじゃない。榊原君のことが好きだからだよ」

恒一「え!?」ドキ


あずさ「いえ~いっ!」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340567070/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/25(月) 04:44:30.84 ID:A4l4SB210

P「WOW WOW!」

あずさ「いえ~いっ!」

あずさ「目覚ましで飛び起きて、笑顔で着替え」



あずさ「ふぅ……プロデューサーさん、どうでしたか?」

P「すごく上手でしたよ。亜美真美の持ち歌ですけど、これはこれでアリですね」

あずさ「ほかの曲のリクエストありますか?」

P「ん~と、それじゃあ……」

P「って、何やってるんですかね、俺たち。こんな夜中にカラオケとか……」

あずさ「すみません。付き合わせてしまって……」

P「いえ、かまいませんけどね。どうせ、俺も明日はオフ ですし……」


怜「玄ってひとがあまりに落ち込んでるから激励会をやるで」

引用元: ・http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340887954/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/28(木) 21:52:34.44 ID:pExrvq7T0

怜「宮永照に対して歯が立たんかったのは仕方ない。ウチやって未来予知使ってもかなわんかったんや。それにあんたがいなかったらドラがあいつにいって、みんなとんでたかもわからん」

玄「……」

怜「あんたの姉ちゃんも心配しとったで。もうわすれーな。今日はおごったるさかい、パーッとやって忘れよ、な?」

すばら「怜さん、太っ腹、すばらですっ!」

怜「あんたには奢らへんで」

すばら「すばらっ!」


非力彩芽「ふぇぇ…こんなの重くて持てないよぉ…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 05:06:01 ID:JUGKWHgc

???「だったらあたしにまかせな!」

非力彩芽「ふぇ?お姉ちゃん…誰?」

怪力彩芽「アタイは怪力彩芽さ!」